2022/07/27 更新

写真a

オクヤ コウスケ
奥谷 公亮
OKUYA Kosuke
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士 (獣医学) ( 2021年3月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 動物衛生学

  • ウイルス学

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

学歴

  • 北海道大学   国際感染症学院

    2017年4月 - 2021年3月

  • 鹿児島大学   農学部   獣医学科

    2010年4月 - 2017年3月

経歴

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   助教   研究准教授

    2022年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター   助教

    2021年6月 - 現在

  • 北海道大学   人獣共通感染症国際共同研究所   博士研究員

    2021年4月 - 2021年5月

  • 独立行政法人日本学術振興会   特別研究員 (DC1)

    2018年4月 - 2021年3月

  • ウィスコンシン大学マディソン校   Influenza Research Institute   Honorary Fellow

    2015年3月 - 2016年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

所属学協会

  • 日本ウイルス学会

    2018年 - 現在

  • 日本獣医学会

    2013年9月 - 現在

留学歴

  • 2019年5月 - 2019年7月   世界保健機関 (WHO) ベトナムオフィス  

  • 2015年3月 - 2016年2月   ウィスコンシン大学マディソン校   客員研究員

取得資格

  • 人獣共通感染症対策専門家 (ZCE)

  • 獣医師

  • JGAP指導員

 

論文

  • Hattori T, Saito T, Okuya K, Takahashi Y, Miyamoto H, Kajihara M, Igarashi M, Takada A .  Human ACE2 Genetic Polymorphism Affecting SARS-CoV and SARS-CoV-2 Entry into Cells. .  Microbiology spectrum   e0087022   2022年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1128/spectrum.00870-22

    PubMed

  • Okuya K, Mine J, Tokorozaki K, Kojima I, Esaki M, Miyazawa K, Tsunekuni R, Sakuma S, Kumagai A, Takadate Y, Kikutani Y, Matsui T, Uchida Y, and Ozawa M .  Genetically Diverse Highly Pathogenic Avian Influenza A(H5N1/H5N8) Viruses among Wild Waterfowl and Domestic Poultry, Japan, 2021 .  Emerging Infectious Diseases28 ( 7 )   2022年7月査読 国際共著

     詳細を見る

  • Khalil A, Kojima I, Fukunaga W, Okajima M, Mitarai S, Fujimoto Y, Matsui T, Kuwahara M, Masatani T, Okuya K and Ozawa M .  Improved method for avian influenza virus isolation from environmental water samples .  Transboundary Emerging Diseases   2022年6月

     詳細を見る

  • Okuya K, Hattori T, Saito T, Takadate Y, Sasaki M, Furuyama W, Marzi A, Ohiro Y, Konno S, Hattori T, Takada A .  Multiple Routes of Antibody-Dependent Enhancement of SARS-CoV-2 Infection. .  Microbiology spectrum   e0155321   2022年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1128/spectrum.01553-21

    PubMed

  • Saito T, Hattori T, Okuya K, Manzoor R, Miyamoto H, Kajihara M, Takada A .  Molecular Mechanisms Underlying the Cellular Entry and Host Range Restriction of Lujo Virus. .  mBio   e0306021   2022年2月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1128/mbio.03060-21

    PubMed

  • Seikai T, Takada A, Hasebe A, Kajihara M, Okuya K, Sekiguchi Yamada T, Kakuguchi W, Konno S, Ohiro Y .  Gargling with povidone iodine has a short-term inhibitory effect on SARS-Cov-2 in COVID-19 patients. .  The Journal of hospital infection   2022年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2022.01.001

    PubMed

  • Kida Y, Okuya K, Saito T, Yamagishi J, Ohnuma A, Hattori T, Miyamoto H, Manzoor R, Yoshida R, Nao N, Kajihara M, Watanabe T, Takada A .  Structural Requirements in the Hemagglutinin Cleavage Site-Coding RNA Region for the Generation of Highly Pathogenic Avian Influenza Virus. .  Pathogens (Basel, Switzerland)10 ( 12 )   2021年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pathogens  

    DOI: 10.3390/pathogens10121597

    Scopus

    PubMed

  • Harima H, Okuya K, Kajihara M, Ogawa H, Simulundu E, Bwalya E, Qiu Y, Mori-Kajihara A, Munyeme M, Sakoda Y, Saito T, Hang'ombe BM, Sawa H, Mweene AS, Takada A .  Serological and molecular epidemiological study on swine influenza in Zambia. .  Transboundary and emerging diseases   2021年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transboundary and Emerging Diseases  

    DOI: 10.1111/tbed.14373

    Scopus

    PubMed

  • Harima H, Sasaki M, Orba Y, Okuya K, Qiu Y, Wastika CE, Changula K, Kajihara M, Simulundu E, Yamaguchi T, Eto Y, Mori-Kajihara A, Sato A, Taniguchi S, Takada A, Saijo M, Hang'ombe BM, Sawa H .  Attenuated infection by a Pteropine orthoreovirus isolated from an Egyptian fruit bat in Zambia. .  PLoS neglected tropical diseases15 ( 9 ) e0009768   2021年9月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS Neglected Tropical Diseases  

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0009768

    Scopus

    PubMed

  • Manzoor R, Eguchi N, Yoshida R, Ozaki H, Kondoh T, Okuya K, Miyamoto H, Takada A .  A Novel Mechanism Underlying Antiviral Activity of an Influenza Virus M2-Specific Antibody. .  Journal of virology95 ( 1 )   2020年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Virology  

    DOI: 10.1128/JVI.01277-20

    Scopus

    PubMed

  • Isono M, Furuyama W, Kuroda M, Kondoh T, Igarashi M, Kajihara M, Yoshida R, Manzoor R, Okuya K, Miyamoto H, Feldmann H, Marzi A, Sakaitani M, Nanbo A, Takada A .  A biaryl sulfonamide derivative as a novel inhibitor of filovirus infection. .  Antiviral research183   104932 - 104932   2020年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antiviral Research  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2020.104932

    Scopus

    PubMed

  • Harima H, Sasaki M, Kajihara M, Gonzalez G, Simulundu E, Bwalya EC, Qiu Y, Okuya K, Isono M, Orba Y, Takada A, Hang'ombe BM, Mweene AS, Sawa H .  Characterization of mammalian orthoreoviruses isolated from faeces of pigs in Zambia. .  The Journal of general virology101 ( 10 ) 1027 - 1036   2020年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of General Virology  

    DOI: 10.1099/jgv.0.001476

    Scopus

    PubMed

  • Saito T, Maruyama J, Nagata N, Isono M, Okuya K, Takadate Y, Kida Y, Miyamoto H, Mori-Kajihara A, Hattori T, Furuyama W, Ogawa S, Iida S, Takada A .  A Surrogate Animal Model for Screening of Ebola and Marburg Glycoprotein-Targeting Drugs Using Pseudotyped Vesicular Stomatitis Viruses. .  Viruses12 ( 9 )   2020年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Viruses  

    DOI: 10.3390/v12090923

    Scopus

    PubMed

  • Ulaankhuu A, Bazarragchaa E, Okamatsu M, Hiono T, Bodisaikhan K, Amartuvshin T, Tserenjav J, Urangoo T, Buyantogtokh K, Matsuno K, Hattori T, Kondoh T, Sato M, Takadate Y, Torii S, Isono M, Okuya K, Saito T, Kasajima N, Kida Y, Maruyama J, Igarashi M, Takada A, Kida H, Batchuluun D, Sakoda Y .  Genetic and antigenic characterization of H5 and H7 avian influenza viruses isolated from migratory waterfowl in Mongolia from 2017 to 2019. .  Virus genes56 ( 4 ) 472 - 479   2020年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virus Genes  

    DOI: 10.1007/s11262-020-01764-2

    Scopus

    PubMed

  • Okuya K, Eguchi N, Manzoor R, Yoshida R, Saito S, Suzuki T, Sasaki M, Saito T, Kida Y, Mori-Kajihara A, Miyamoto H, Ichii O, Kajihara M, Higashi H, Takada A .  Comparative Analyses of the Antiviral Activities of IgG and IgA Antibodies to Influenza A Virus M2 Protein. .  Viruses12 ( 7 ) 780 - 780   2020年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Viruses  

    DOI: 10.3390/v12070780

    Scopus

    PubMed

  • Okuya K, Yoshida R, Manzoor R, Saito S, Suzuki T, Sasaki M, Saito T, Kida Y, Mori-Kajihara A, Kondoh T, Sato M, Kajihara M, Miyamoto H, Ichii O, Higashi H, Takada A .  Potential Role of Nonneutralizing IgA Antibodies in Cross-Protective Immunity against Influenza A Viruses of Multiple Hemagglutinin Subtypes. .  Journal of virology94 ( 12 )   2020年6月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Virology  

    DOI: 10.1128/JVI.00408-20

    Scopus

    PubMed

  • Harima H, Kajihara M, Simulundu E, Bwalya E, Qiu Y, Isono M, Okuya K, Gonzalez G, Yamagishi J, Hang'ombe BM, Sawa H, Mweene AS, Takada A .  Genetic and Biological Diversity of Porcine Sapeloviruses Prevailing in Zambia. .  Viruses12 ( 2 )   2020年2月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Viruses  

    DOI: 10.3390/v12020180

    Scopus

    PubMed

  • Kajihara M, Hang'ombe BM, Changula K, Harima H, Isono M, Okuya K, Yoshida R, Mori-Kajihara A, Eto Y, Orba Y, Ogawa H, Qiu Y, Sawa H, Simulundu E, Mwizabi D, Munyeme M, Squarre D, Mukonka V, Mweene A, Takada A .  Marburgvirus in Egyptian Fruit Bats, Zambia. .  Emerging infectious diseases25 ( 8 ) 1577 - 1580   2019年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerging Infectious Diseases  

    DOI: 10.3201/eid2508.190268

    Scopus

    PubMed

  • Ozawa M, Matsuu A, Khalil AM, Nishi N, Tokorozaki K, Masatani T, Horie M, Okuya K, Ueno K, Kuwahara M, Toda S .  Phylogenetic variations of highly pathogenic H5N6 avian influenza viruses isolated from wild birds in the Izumi plain, Japan, during the 2016-17 winter season. .  Transboundary and emerging diseases66 ( 2 ) 797 - 806   2019年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transboundary and Emerging Diseases  

    DOI: 10.1111/tbed.13087

    Scopus

    PubMed

  • Okuya K, Matsuu A, Kawabata T, Koike F, Ito M, Furuya T, Taneno A, Akimoto S, Deguchi E, Ozawa M .  Distribution of gene segments of the pandemic A(H1N1) 2009 virus lineage in pig populations. .  Transboundary and emerging diseases65 ( 6 ) 1502 - 1513   2018年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transboundary and Emerging Diseases  

    DOI: 10.1111/tbed.12887

    Scopus

    PubMed

  • Nakagawa H, Okuya K, Kawabata T, Matsuu A, Takase K, Kuwahara M, Toda S, Ozawa M .  Genetic characterization of low-pathogenic avian influenza viruses isolated on the Izumi plain in Japan: possible association of dynamic movements of wild birds with AIV evolution. .  Archives of virology163 ( 4 ) 911 - 923   2018年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archives of Virology  

    DOI: 10.1007/s00705-017-3698-1

    Scopus

    PubMed

  • Okuya K, Kanazawa N, Kanda T, Kuwahara M, Matsuu A, Horie M, Masatani T, Toda S, Ozawa M .  Genetic characterization of an avian H4N6 influenza virus isolated from the Izumi plain, Japan. .  Microbiology and immunology61 ( 11 ) 513 - 518   2017年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology and Immunology  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12545

    Scopus

    PubMed

  • Masatani T, Ozawa M, Yamada K, Ito N, Horie M, Matsuu A, Okuya K, Tsukiyama-Kohara K, Sugiyama M, Nishizono A .  Contribution of the interaction between the rabies virus P protein and I-kappa B kinase ϵ to the inhibition of type I IFN induction signalling. .  The Journal of general virology97 ( 2 ) 316 - 326   2016年2月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The P protein of rabies virus (RABV) is known to interfere with the phosphorylation of the host IFN regulatory factor 3 (IRF-3) and to consequently inhibit type I IFN induction. Previous studies, however, have only tested P proteins from laboratory-adapted fixed virus strains, and to the best of our knowledge there is no report about the effect of P proteins from street RABV strains or other lyssaviruses on the IRF-3-mediated type I IFN induction system. In this study, we evaluated the inhibitory effect of P proteins from several RABV strains, including fixed and street virus strains and other lyssaviruses (Lagos bat, Mokola and Duvenhage viruses), on IRF-3 signalling. All P proteins tested inhibited retinoic acid-inducible gene-1 (RIG-I)- and TANK binding kinase 1 (TBK1)-mediated IRF-3-dependent IFN-β promoter activities. On the other hand, the P proteins from the RABV street strains 1088 and HCM-9, but not from fixed strains Nishigahara (Ni) and CVS-11 and other lyssaviruses tested, significantly inhibited I-kappa B kinase ϵ (IKKϵ)-inducible IRF-3-dependent IFN-β promoter activity. Importantly, we revealed that the P proteins from the 1088 and HCM-9 strains, but not from the remaining viruses, interacted with IKKϵ. By using expression plasmids encoding chimeric P proteins from the 1088 strain and Ni strain, we found that the C-terminal region of the P protein is important for the interaction with IKKϵ. These findings suggest that the P protein of RABV street strains may contribute to efficient evasion of host innate immunity.

    DOI: 10.1099/jgv.0.000362

    PubMed

  • Ozawa M, Kawabata T, Okuya K, Nagano K, Kanda T, Kanazawa N, Tsukiyama-Kohara K, Taneno A, Deguchi E .  Full genome sequences of torque teno sus virus strains that coinfected a pig with postweaning multisystemic wasting syndrome in Japan: implications for genetic diversity. .  Archives of virology160 ( 12 ) 3067 - 74   2015年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We determined the complete genome sequences of torque teno sus viruses (TTSuVs) detected in pigs with postweaning multisystemic wasting syndrome (PMWS) and in healthy pigs in Japan. Unexpectedly, we found coinfection of a PMWS-affected pig in Japan with one strain of TTSuV1, five strains of TTSuV2, and one strain of PCV2. Full-genome sequencing of each of these strains, followed by phylogenetic analysis, revealed broad genetic diversity in the TTSuV2 strains infecting the PMWS-affected pig. These results suggest that the geographical bias in the available genetic information about TTSuVs has a limited impact on the evaluation of their genetic diversity.

    DOI: 10.1007/s00705-015-2593-x

    PubMed

  • Okuya K, Kawabata T, Nagano K, Tsukiyama-Kohara K, Kusumoto I, Takase K, Ozawa M .  Isolation and characterization of influenza A viruses from environmental water at an overwintering site of migratory birds in Japan. .  Archives of virology160 ( 12 ) 3037 - 52   2015年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Izumi plain in Kagoshima prefecture, Japan, is an overwintering site of more than 10,000 cranes. The wet paddy areas are artificially created to provide roosting sites for the cranes every winter. Since wild ducks, known to be a natural reservoir of influenza A viruses, also overwinter in this area, the cranes' roost water likely serves as a source of influenza A virus infection. To assess this potential risk, we collected 126 water samples from the cranes' roost in the 2012/2013 winter season for virus isolation. We isolated six influenza viruses of three subtypes (H3N8, H4N6, and H4N8) from the water samples collected in the months of November and December. Genetic analysis of our isolates indicated that these viruses were genetically similar to the low-pathogenic avian influenza viruses circulating among Eurasian waterfowl. These findings suggest the possibility of the cranes becoming infected with the avian influenza viruses that are present in their roost water.

    DOI: 10.1007/s00705-015-2610-0

    PubMed

  • Ozawa M, Matsuu A, Yonezawa K, Igarashi M, Okuya K, Kawabata T, Ito K, Tsukiyama-Kohara K, Taneno A, Deguchi E .  Efficient isolation of Swine influenza viruses by age-targeted specimen collection. .  Journal of clinical microbiology53 ( 4 ) 1331 - 8   2015年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The control of swine influenza virus (SIV) infection is paramount for increasing the productivity of pig farming and minimizing the threat of pandemic outbreaks. Thus, SIV surveillance should be conducted by region and on a regular basis. Here, we established a microneutralization assay specific for SIV seroprevalence surveillance by using reporter gene-expressing recombinant influenza viruses. Growth-based SIV seroprevalence revealed that most sows and piglets were positive for neutralizing antibodies against influenza viruses. In contrast, the 90-day-old growing pigs exhibited limited neutralizing activity in their sera, suggesting that this particular age of population is most susceptible to SIV infection and thus is an ideal age group for SIV isolation. From nasal swab specimens of healthy pigs in this age population, we were able to isolate SIVs at a higher incidence (5.3%) than those of previous reports. Nucleotide sequencing and phylogenetic analysis of the hemagglutinin (HA) genes revealed that the isolated SIVs have circulated and evolved in pigs but not have been recently introduced from humans, implying that a large number of SIV lineages may remain "undiscovered" in the global porcine populations. We propose that the 90-day-old growing pig-targeted nasal swab collection presented in this study facilitates global SIV surveillance and contributes to the detection and control of SIV infection.

    DOI: 10.1128/jcm.02941-14

    PubMed

  • Ozawa M, Matsuu A, Tokorozaki K, Horie M, Masatani T, Nakagawa H, Okuya K, Kawabata T, Toda S .  Genetic diversity of highly pathogenic H5N8 avian influenza viruses at a single overwintering site of migratory birds in Japan, 2014/15. .  Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin20 ( 20 )   2015年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We isolated eight highly pathogenic H5N8 avian influenza viruses (H5N8 HPAIVs) in the 2014/15 winter season at an overwintering site of migratory birds in Japan. Genetic analyses revealed that these isolates were divided into three groups, indicating the co-circulation of three genetic groups of H5N8 HPAIV among these migratory birds. These results also imply the possibility of global redistribution of the H5N8 HPAIVs via the migration of these birds next winter.

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「鶏の研究」2022年1月号

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 家禽農場における高病原性鳥インフルエンザの制御)

    鶏の研究・木香書房   2022年1月 

  • 「鶏の研究」2021年12月号

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 野鳥における鳥インフルエンザサーベイランスの重要性)

    鶏の研究・木香書房  2021年12月 

MISC

講演・口頭発表等

  • 齋藤健, 奥谷公亮, 服部貴成, 梶原将大, 高田礼人 .  Molecular mechanisms underlying the cellular entry and host range restriction of Lujo virus .  第68回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 服部貴成, 斎藤健, 高館佳弘, 奥谷公亮, 笠島和, 梶原亜紀奈, 宮本洋子, 梶原将大, 高田礼人 .  Single nucleotide polymorphisms in human angiotensin-converting enzyme 2 receptor and cell susceptibility to SARS-CoV-2 .  第68回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 児島一州, 尾野本浩司, 内藤清惟, 奧谷公亮, 岡島美鈴, 伊藤直人, 杉山誠, 小澤真, 米山光俊, 藤田尚志, 正谷達謄 .  Stress granule formation mechanism related to amino acid substitution at position 95 in rabies virus matrix protein .  第68回日本ウイルス学会学術集会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 児島一州、尾野本浩司、内藤清惟、岡島美鈴、奧谷公亮、伊藤直人、杉山誠、小澤真、米山光俊、藤田尚志、正谷達謄 .  狂犬病ウイルスM蛋白質95位のアミノ酸はストレス顆粒形成に関与する .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 播磨 勇人、梶原 将大、佐々木 道仁、Simulundu Edgar、Bwalya Eugene、邱 永晋、奥谷 公亮、大場 靖子、Hang'ombe Bernard M、Mweene Aaron S、高田 礼人、澤 洋文 .  ザンビアのブタにおける消化管ウイルスの疫学調査 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ahmed Magdy Khali、奥谷 公亮、藤本 佳万、児島 一州、江崎 真南、李 京河、西 奈津子、正谷 達謄、松井 勉、小澤 真 .  野鳥渡来地の環境水から紐解く鳥インフルエンザウイルスの流行動態 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、吉田玲子、マンズールラシッド、齊藤慎二、鈴木忠樹、市居修、東秀明、高田礼人 .  A型インフルエンザウイルスの亜型間交差感染防御における非中和IgA抗体の役割 . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • A potential role of non-neutralizing IgA antibody for cross-protective immunity against influenza A viruses .  第67回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Okuya K, Eguchi N, Manzoor R, Higashi H, Suzuki T, Yoshida R, Takada A .  Comparative analyses of the antiviral activity between M2-specific IgG and IgA antibodies against influenza A viruses .  the 6th Sapporo Symposium for One Health  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 8. Okuya K, Eguchi N, Manzoor R, Higashi H, Suzuki T, Yoshida R, Takada A .  Comparative analyses of the antiviral activity between M2-specific IgG and IgA antibodies against influenza A viruses . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、江口直、マンズール ラシッド、東秀明、鈴木忠樹、吉田玲子、高田礼人 .  A型インフルエンザウイルスにおける抗M2タンパク質IgGおよびIgA 抗体による抗ウイルス活性の比較解析 .  第15回日本ウイルス学キャンプin湯河原 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Makoto Ozawa,Aya Matsuu,Natsuko Nishi,Kaori Tokorozaki,Tatsunori Masatani, Masayuki Horie,Kosuke Okuya,Kosei Ueno,Shigehisa Toda .  Genetic composition of highly pathogenic H5N6 avian influenza viruses isolated at the Izumi plain, Kagoshima, Japan . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、 松鵜彩、小澤真 .  豚インフルエンザウイルスの遺伝的特性の解明 .  平成28年度獣医学術九州地区学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、 八田正人、小澤真、Gabriele Neumann、河岡義裕 .  A型インフルエンザウイルスにおけるH5亜型の抗原性決定部位の探索 .  日本生化学学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松鵜 彩、所崎 香識、寸田 祐嗣、森田 剛仁、川口 博明、堀江 真行、正谷 達謄、中川 寛子、奥谷 公亮、川畑 淑子、戸田 重久、小原 恭子、小澤 真 .  2014-15年冬季に鹿児島県出水平野で分離されたH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの解析と感染野鳥における特徴 .  第158回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小澤 真、松鵜 彩、米澤 弘毅、五十嵐 学、奥谷 公亮、川畑 淑子、伊藤 公人、小原 恭子、種子野 章、出口 栄三郎 .  豚インフルエンザウイルスの効率的なサーベイランス方法の検討 .  第62回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Tupaia belangeri for HBV persistent infection . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、川畑淑子、永野希織、小原恭子、楠元勇、高瀬公三、小澤真 .  ツルのインフルエンザウイルスに対する感受性の検討 .  第157回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小澤 真、川畑 淑子、奥谷 公亮、永野 希織、神田 雄大、金澤 伯弘、小原 恭子、出口 栄三郎 .  豚トルクテノウイルスの遺伝的多様性 .  第157回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 池 海英、Ezzikouri, S.、真田 崇弘、永野 希織、山口 千穂、神田 雄大、金澤 伯弘、奥谷 公亮、上野 晃聖、中川 寛子、Nkogue, C.N.、小澤 真、小原 道法、小原 恭子 .  ツパイを用いたHCV感染・発症モデル系並びに治療評価系の開発 .  第51回日本ウイルス学会九州支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小澤 真、奥谷 公亮、川畑 淑子、永野 希織、 楠元 勇、高瀬 公三、小原 恭子 .  ツル越冬地の水からのインフルエンザウイルスの分離 .  第61回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 奥谷公亮、川畑淑子、永野希織、小原恭子、楠元勇、高瀬公三、小澤真 .  ツルのねぐらにおけるインフルエンザウイルスの分離 .  第156回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 養豚場における豚インフルエンザウイルスの感染流行動態の解明

    研究課題/領域番号:22K14995  2022年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 鳥インフルエンザウイルスの迅速な塩基配列解析法の開発 国際共著

    研究課題/領域番号:21K20610  2021年10月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • A型インフルエンザウイルスの亜型間交差感染防御免疫に携わるIgA抗体の機能解析 国際共著

    研究課題/領域番号:18J20917  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    奥谷 公亮

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ウイルス特異的IgA抗体が従来の中和活性とは異なるメカニズム (ウイルス出芽阻害) によって、A型インフルエンザウイルスの亜型間交差感染防御免疫に寄与することがこれまでの研究から示唆されてきた。本研究は、HA亜型間で交差反応性を有するが、中和活性を持たない (非中和) IgA抗体に着目し、その抗ウイルス活性を検証している。
    複数の異なる亜型のHAに結合能を有する非中和抗体の可変領域の遺伝子配列を元に構築した抗体発現プラスミドを用いて、同じ可変領域をもつIgGおよびIgA抗体を作出した。IgA抗体はさらに単量体と多量体に分画した。IgGとIgA抗体との間で、6株の異なるHA亜型 (H1, H2, H5, H6, H11, H12) のA型インフルエンザウイルスに対するウイルス出芽阻害活性を比較した。その結果、多量体IgA抗体を加えた場合に、H2亜型ウイルス以外のウイルス株の出芽量がIgG抗体を加えた場合と比較して有意に減少した。多量体IgA抗体存在下ではウイルス粒子が感染細胞表面に集積している像が電子顕微鏡で確認された。作出した抗体はいずれのウイルス株に対してもNA阻害活性を有さなかったことから、多量体IgA抗体は細胞表面上とウイルス粒子表面上のHAに結合することで、ウイルス粒子の放出を阻害することが示唆された。さらに、ウイルス増殖の指標であるプラークサイズを比較したところ、多量体IgA抗体存在下では、IgG抗体存在下と比較して、H2亜型ウイルス以外のウイルス株のプラークサイズが有意に小さくなった。以上から、非中和多量体IgA抗体はウイルスの放出を阻害することでウイルスの増殖を阻害することが示された。