2021/06/30 更新

写真a

タカシ ユウコ
髙 裕子
TAKASHI Yuko
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 成人系歯科センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(歯学) ( 2021年2月   鹿児島大学 )

  • 学士(歯学) ( 2000年3月   鹿児島大学 )

学歴

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科

    - 2021年2月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座   助教

    2020年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 成人系歯科センター   助教

    2017年10月 - 2019年12月

 

論文

  • NISHITANI Tomiko, TATSUYAMA Shoko, TAKASHI Yuko, KATSUMATA Aiichiro, HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Yoshihiro .  試作覆髄剤の象牙質接着強さとカルシウムイオン徐放について .  日本再生歯科医学会誌19 ( 1 ) 1 - 9   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    <p> 接着性を有する覆髄剤の開発を目的として,Mineral trioxide aggregate (MTA) と親水性モノマーで重合硬化させる覆髄剤を試作した.MTA とモノマーの比率が異なる2種の試作覆髄剤および市販の覆髄剤を実験に供した.材料の基本性能となる象牙質と試作覆髄剤のせん断接着強さ,象牙質辺縁封鎖性および試作覆髄剤からのカルシウムイオン徐放について検討を行った.その結果,本研究で試作した覆髄剤は,市販の覆髄剤よりも良好な象牙質辺縁封鎖性を示し,接着強さも高かった.またモノマーとMTAの配合比が異なる試作覆髄剤間での比較では,相対的にモノマーの比率が高い方が接着強さは高く,MTAの比率が高い覆髄剤では象牙質辺縁封鎖性に優れ,材料からのカルシウムイオン徐放量が多くなる可能性が示唆された.MTAとモノマーの配合比率が覆髄剤の基本性能に影響する可能性があることから,今後さらに,象牙質辺縁封鎖性に優れた高い接着強さが得られる配合比率について検討を行う予定である.</p>

    DOI: 10.11223/jard.19.1

    CiNii Article

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Mitochondrial dysfunction promotes aquaporin expression that controls hydrogen peroxide permeability and ferroptosis .  Free Radical Biology and Medicine   60 - 70   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Y. .  Mitochondrial dysfunction promotes aquaporin expression that controls hydrogen peroxide permeability and ferroptosis .  Free Radical Biology and Medicine161   60 - 70   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Free Radical Biology and Medicine  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.09.027

    Scopus

    PubMed

  • Tomita K. .  Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA .  Cancer Science110 ( 9 ) 2856 - 2866   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14132

    Scopus

    PubMed

  • Tomita Kazuo, Takashi Yuko, Ouchi Yuya, Kuwahara Yoshikazu, Igarashi Kento, Nagasawa Taisuke, Nabika Hideki, Kurimasa Akihiro, Fukumoto Manabu, Nishitani Yoshihiro, Sato Tomoaki .  mtDNAが欠落した癌細胞株では、脂質が過酸化を受けることで過酸化水素の透過性が増大し細胞死を生じる(Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA) .  Cancer Science110 ( 9 ) 2856 - 2866   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ヒトの子宮頸癌細胞株および口腔扁平上皮癌細胞株を用いてミトコンドリアDNA(mtDNA)を持たない細胞を確立し、それらの細胞における活性酸素種の作用を調べた。これらのmtDNA欠落癌細胞株ではそれらの親株に比べ過酸化水素への感受性が高く、脂質過酸化物産生も高いレベルにあることが示された。酸化脂質の存在量によって過酸化水素の透過性は変化し、酸化脂質を添加すると過酸化水素処理後に生じる細胞死はより著しいことも明らかになった。mtDNA欠落癌細胞株ではリポキシゲナーゼ遺伝子類(ALOX5、ALOX12、ALOX15など)の発現レベルが上方制御されていた。本研究で得られた結果から、過酸化水素に対する感受性に関し脂質過酸化状態が重要であること、そしてALOX15は脂質過酸化状態に関与していることが明らかになった。

  • Tomita Kazuo、Takashi Yuko、Ouchi Yuya、Kuwahara Yoshikazu、Igarashi Kento、Nagasawa Taisuke、 Nabika Hideki、Kurimasa Akihiro、Fukumoto Manabu、Nishitani Yoshihiro、Sato Tomoaki .  Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA .  Cancer Science   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 西谷 登美子, 髙 裕子, 勝俣 環, 根本 章, 伊藤 誠之, 岩田 知幸, 林 宏昌, 永山 雅大, 永山 祥子, 西谷 佳浩 .  新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について .  日本歯科保存学雑誌   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長澤 大成, 西山 信好, 栗政 明弘, 佐藤 友昭, 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 髙 裕子, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 竹村 基彦 .  過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析 .  日本薬理学会年会要旨集92 ( 0 ) 2 - P-122   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>&lt;purpose&gt;</p><p>Hydrogen peroxide is known as one of ROS which gives oxidative stress to cells and induces apoptosis. However, details of the mechanism for cancer cells by hydrogen peroxide is still unknown.We have established "hydrogen peroxide resistant (HR) cancer cells" that are resistant to high concentration hydrogen peroxide. The mechanism of resistance to hydrogen peroxide acquired by HR cancer cells has not yet been elucidated, however if the mechanism becomes clear, it could be applied to cancer treatment. In this study, therefore, we aimed to elucidate its hydrogen peroxide resistance mechanism and carried out the following experiment.</p><p>&lt;method&gt;</p><p>Cell lines that continued to survive against graded hydrogen peroxide treatment of HeLa (up to 70 μM) and SAS (up to 35 μM) were subjected to hydrogen peroxide at the concentrations of 0, 25, 50, 75 and 100 μM respectively, and the cell viability was examined by WST assay. Subsequently, the endogenous catalase enzymatic activity of HR cancer cells was measured using Catalase Assey Kit (SIGMA).Furthermore, lipid peroxidation of HR cancer cells was analyzed by immunofluorescence using 4-hydroxynonenal (HNE) and 5-lipoxygenase (5-LOX) antibody. HNE is typical lipid peroxidation marker and 5-LOX is known as lipid peroxidase. </p><p>&lt;results and discussion&gt;</p><p>In HeLa and SAS parental cells, they survived to the extent of 25 μM by hydrogen peroxide treatment. On the other hand, stepwise hydrogen peroxide-treated cells survived up to100 μM (HeLa) and 50 μM (SAS), showingresistance to hydrogen peroxide. Analysis of catalase enzyme activity showed significant increase in HeLa HR cells compared with the HeLa parent, but there were no significant differences in SAS cells.</p><p>Furthermore, HNE and 5-LOX expression levels in HR cells were significantly decreased compared with the parental cells byimmunofluorescent staining. </p><p>As mentioned above, the membrane lipid peroxidation is regulated by the expression of 5-LOXrather than a catalase activity. The decreased 5-LOX expression may suppress lipids peroxidation in plasma membrane and leadto retention viability to hydrogen peroxide in HR cells.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_2-P-122

    CiNii Article

  • 星加 知宏, 林 宏昌, 永山 雅大, 永山 祥子, 西谷 佳浩, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 西谷 登美子, 髙 裕子, 勝俣 環, 根本 章, 伊藤 誠之, 岩田 知幸 .  新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について .  日本歯科保存学雑誌62 ( 4 ) 208 - 214   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本歯科保存学会  

    <p> 目的 : 覆髄剤として水酸化カルシウム製剤やmineral trioxide aggregate (MTA) 等が用いられるが, これらの覆髄剤には歯質や修復物に対する接着性はなく, 修復治療後の強度や微小漏洩のリスクが存在する. そこで本研究では歯質接着性を有する覆髄剤の開発を目的として, MTAの主成分であるポルトランドセメントにレジンを添加した新規覆髄剤と市販の覆髄剤を比較・検討した.</p><p> 材料と方法 : ポルトランドセメントとメタクリル酸2-ヒドロキシプロピルを配合した新規覆髄剤 (PCX-TBB, サンメディカル) を実験に供し, 市販の覆髄剤であるセラカルLC (BISCO Dental Products, USA) およびダイカル (Dentsply Sirona, USA) を比較対象とした. 各材料のディスクを作製後, 蒸留水中に浸漬し, 24, 48, 72時間ごとに水を交換しつつ, pHおよびカルシウムイオン濃度を測定した.</p><p> 次に, ヒト歯髄由来細胞DPCs (Dental Pulp Cells, AD010-F-RA, DV Biologics) を24穴プレートに播種・培養後, ディスクとDPCsを共培養した. その後, 培養24, 48, 72時間後に細胞数を測定した. また新鮮ウシ抜去下顎前歯30本を用い, 研削した象牙質面を被着面とし, その半数の象牙質試料を脱灰させ, 脱灰象牙質として被着面に用いた. 象牙質に内径2.6mmのモールドを設置し, モールド内に各種覆髄剤を塡入・硬化させた. その後, 接着試料体に対し, 剪断接着試験を行った.</p><p> 成績 : すべての覆髄剤において蒸留水中のpHは10.5以上を示した. また, すべての時間でPCX-TBB, セラカルLCはともにダイカルよりカルシウムイオン徐放積算値は有意に高く, 72時間後ではPCX-TBBが最も高い値を示した.</p><p> 細胞増殖への影響については, コントロール群と比較した場合, 各覆髄剤群での細胞数は有意に低く, 72時間ではコントロール群に次いでPCX-TBB群が多く, セラカルLC・ダイカルでは細胞数は有意に少なかった.</p><p> ウシ象牙質との剪断接着強さにおいて, PCX-TBBは健全・脱灰象牙質条件いずれにおいても, ほかの材料と比較して有意に高い値を示した. またPCX-TBBとセラカルLCでは健全象牙質と比較し, 脱灰象牙質で有意に高い剪断強さを示した. 一方, ダイカルでは健全象牙質・脱灰象牙質条件ともに低い値を示した.</p><p> 結論 : 本研究によりPCX-TBBは, 現在市販されている覆髄剤と同程度の高いpHをもちながら, それらの製品以上のカルシウム徐放性を有し, 歯質との接着性のある覆髄剤となりうる可能性を示した. 今後, 成分分析やEDXなどのさらなる物性の確認や歯髄組織などへの影響を検討するとともに, 接着試料の長期経過後の観察などを行う予定である.</p>

    DOI: 10.11471/shikahozon.62.208

    CiNii Article

  • 富田 和男, 竹村 基彦, 西山 信好, 福本 学, 西谷 佳浩, 栗政 明弘, 佐藤 友昭, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 並河 英紀, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠 .  がんの治療抵抗性・感受性を制御する細胞膜酸化状態とALOXの関与 .  日本薬理学会年会要旨集92 ( 0 ) 2 - O-12   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Although radiation therapy is one of the choices to treat cancers and is an excellent local treatment method, existence of radiation resistant cell is a major problem. We established clinically relevant radioresistant (CRR) cells that can survive exposing to 2 Gy/day X-rays for more than 30 days. However, the mechanism to obtain resistance has not been elucidated yet. We investigated the relationships between resistant mechanism to hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>) and plasma membrane state in CRR cells. </p><p> CRR cells showed resistance to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>, but catalase enzyme activity was down-regulated. Plasma membrane potential were low, no internal H<sub>2</sub>O<sub>2 </sub>increase and no lipid peroxidation were seen even after 2 hours of H<sub>2</sub>O<sub>2 </sub>treatment in CRR cells. Administration of oxidized lipid led to further cell death after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment in CRR cells. The lipoxygenase (ALOX) gene and protein expressions were down-regulated in CRR cells. We also established stress-sensitive ρ<sup>0</sup> cells that lack mitochondrial DNA. Gene and protein expressions of ALOX were up-regulated in ρ<sup>0</sup> cells. Expression of cyclooxygenase-2 does not seem to be involved in this mechanism. </p><p> These results suggest that the involvement of ALOX in resistance or sensitivity of cancer treatment.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_2-O-12

    CiNii Article

  • Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Nabika H, Igarashi K, Nagasawa T, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T .  Data on the aquaporin gene expression differences among ρ<sup>0</sup>, clinically relevant radioresistant, and the parental cells of human cervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma. .  Data in brief20   402 - 410   2018年10月

     詳細を見る

  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T .  Clinically relevant radioresistant cells exhibit resistance to H2O2 by decreasing internal H2O2 and lipid peroxidation .  Tumor Biology   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K. .  Clinically relevant radioresistant cells exhibit resistance to H<inf>2</inf>O<inf>2</inf> by decreasing internal H<inf>2</inf>O<inf>2</inf> and lipid peroxidation .  Tumor Biology40 ( 9 ) 1010428318799250   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Tumor Biology  

    DOI: 10.1177/1010428318799250

    Scopus

    PubMed

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Hideki Nabika, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Data on the aquaporin gene expression differences among ρ0, clinically relevant radioresistant, and the parental cells of humancervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma .  Data in Brief   2018年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Yuko, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Nishitani Yoshihiro, Sato Tomoaki, Tomita Kazuo, Kuwahara Yoshikazu, Yamanishi Sayuri, Nabika Hideki, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ<sup>0</sup> cells and involvement of membrane status .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO4 - 6-14   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Mitochondria have been recognized as ¨Powerhouse of the Cell¨ for a long time. Lately, mitochondria have also been shown as the primary site of reactive oxygen species (ROS) generation and to be involved in apoptosis. Mitochondria have its own DNA (mtDNA) and mtDNA encodes 13 mitochondrial structure protein.It has been shown that mtDNA damage by ROS causes various types of diseases such as cancer. Therefore, these damaged cells will provide valuable cell models to study oxidative stress and overcome ROS derived diseases. We established mtDNA depleted ρ<sup>0</sup> cells from HeLa and SAS cell lines and investigated the effect of ROS, especially hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>) sensitivity. First, we performed H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment on HeLa and SAS ρ<sup>0</sup> cells at a concentration of 0 to 100 μM. Next, we investigated catalase gene expression and catalase enzyme activity. As a result, ρ<sup>0</sup> cells showed high sensitivity to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> compared with its parental cells, even though the catalase activity of ρ<sup>0</sup> cells were up-regulated. We investigated cell membrane potential by DiBAC4 (3), lipid peroxidation by HNE immunostaining, endogenous H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount by HYDROP and uptake of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> by stable isotope-containing H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. The result showed that the membrane potential of ρ<sup>0</sup> cells was lower than their parental cells, the amount of HNE was elevated in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells, internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount was significantly increased only in ρ<sup>0</sup> cells after 50 μM H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment for 1 h and uptake of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> were increased in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells. These changes in the membrane state, particularly lipid peroxidation, occurred in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells, leads to increase membrane permeability of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. And the timing of the intracellular H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> concentration will be advanced. In conclusion, ρ<sup>0</sup> cells are considered to be more susceptible to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> than their parental cells because the membrane statuses change.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO4-6-14

    CiNii Article

  • Furukawa Minami, Nishiyama Nobuyoshi, Nishitani Yoshihiro, Miyawaki Shouichi, Sato Tomoaki, Tsukahara Takao, Yamanishi Sayuri, Tomita Kazuo, Takashi Yuko, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 1-49   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Early life stress leads to neurodevelopmental disorders. The excitatory-to-inhibitory functional switch of γ-aminobutyric acid (GABA switch) normally occurs on the up-regulation of K<sup>+</sup>-Cl<sup>-</sup> cotransporter-2 (KCC2) in the first to the second postnatal week. GABA switch is necessary for normal construction of neural circuit. Therefore, early life stress may induce behavioral abnormalities through the influence of GABA switch. </p><p> The purpose of this study is to examine the effect of maternal separation (MS) on the timing of GABA switch and on the adolescent behavior. </p><p> Neonatal C57BL/6J male mice were divided into control group (Ctl) and experimental group. Experimental (MS) group was subjected to maternal separation for 3 hours a day during postnatal day 1 (P1) to P21. Then both groups were weaned at P22. We conducted quantification of KCC2 immunoreactivity (IR) at P7, 14, 21 and 35, and analyzed the timing of GABA switch by Ca<sup>2+</sup> imaging method during P2 to P15. Behavioral analyzes such as open field, novel object recognition, elevated cross maze, attack action tests, were conducted from P35 to P38. MS resulted in a decrease in perimembrane KCC2-IR in the CA1 and CA3 regions at P7, 14, 21 and 35. NKCC1-IR in CA1 and CA3 were no significant difference between the Ctl and MS groups. Next, we analyzed the timing of GABA switch by Ca<sup>2+</sup> imaging method. 10 μM of muscimol induced Ca<sup>2+</sup> responses present in a higher percentage of neurons in the MS than in the Ctl on P8 and P11. The Ca<sup>2+</sup> responses induced by muscimol were completely inhibited by pre-treatment with 10 μM of bicuculline. Compared to mice in the Ctl group on P35, MS group had decreased amounts of perimembrane KCC2 in hippocampal CA1 and CA3. There were no significant differences in NKCC1 in both groups on P35. We also found cognition and attention defects in MS group by behavioral analyzes. </p><p> Taken together, neonatal MS inhibited the expression of perimembrane KCC2 for a long lasting period, leading to the delay timing of GABA switch in the hippocampus. The disrupted KCC2 expression could be associated with abnormal behaviors during adolescence.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-1-49

    CiNii Article

  • Tomita Kazuo, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Fukumoto Manabu, Nishitani Yoshihiro, Kurimasa Akihiro, Sato Tomoaki, Kuwahara Yoshikazu, Takashi Yuko, Yamanishi Sayuri, Nabika Hideki, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 7-32   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Radiation therapy is one of the choices to treat malignant tumors. Although radiation therapy has been established as an excellent local treatment for malignant tumors, existence of radiation resistant cell is a major problem to overcome. To reveal radioresistant mechanism, we investigated using clinically relevant radioresistant (CRR) cells that had been obtained by exposing to 2 Gy/day X-rays for more than 30 days. CRR cells show not only radioresistance but also resistant to anticancer drug docetaxel. CRR cells also show low frequency of DNA double strand breaks, low mitochondrial membrane potential and produce little amount of reactive oxygen species (ROS). However, the molecular mechanism to obtain radio-resistant is not clear. So, we try to reveal the resistant ability to other oxidative stress such as hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>). First, we investigated the resistance of CRR cells against H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> using WST assay. As a result, these cells showed resistant to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. Next, we examined gene expression and enzyme activity of catalase that is H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> catabolic enzyme. Catalase expression was up-regulated in CRR cells. However, catalase enzyme activity was down-regulated. We also investigated mitochondrial DNA (mtDNA) copy number. It was shown that the mtDNA copy number was decreased in CRR cells. In addition, the amount of ATP, ATPase gene expressions and plasma membrane potential were investigated in CRR cells. It was shown that the amount of ATP decreased, ATPase gene expressions were up regulated and plasma membrane potential were low in CRR cells. Furthermore, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation was investigated. As a result, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation were seen in parental cells 2h after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> administration. On the other hand, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation were not seen in CRR cells 2h after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> administration. These results suggest that the decrease of cell response through plasma membrane component is the main factor rather than internal oxidative stress scavenging enzyme activity to obtain resistance against oxidative stress in CRR cells.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-7-32

    CiNii Article

  • Tomita K. .  Sensitivity of mitochondrial DNA depleted ρ0 cells to H<inf>2</inf>O<inf>2</inf> depends on the plasma membrane status .  Biochemical and Biophysical Research Communications490 ( 2 ) 330 - 335   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.06.044

    Scopus

    PubMed

  • 達山 祥子, 高 裕子, 勝俣 愛一郎, 梶原 武弘, 星加 知宏, 今井 弘一, 西谷 佳浩 .  ポルトランドセメント含有接着性根管充填用シーラーの細胞増殖への影響 .  日本再生歯科医学会誌15 ( 1 ) 3 - 9   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    <p>抜髄後の根管充填においては,接着性を有する根管充填用シーラーを使用することが再感染防止の点で有利である,Mineral trioxide aggregate (MTA)は,殺菌作用と硬組織誘導能を有する水硬性セメントであり,直接覆髄,断髄,アペキシフィケーション,アペキソゲネーシス,パーフォレーション部の修復等の臨床応用が行われている.本研究では,MTAの効果を有する接着性根管充填用シーラーの開発を目的として,MTAの主成分であるポルトランドセメントを用いて,ポルトランドセメント含有試作根管充填用シーラーが細胞増殖に及ぼす影響について検討を行った.その結果,ポルトランドセメント含有量が10 wt%以下においては,試作シーラーから溶出した成分を含む培養液中においてもヒト歯根膜細胞の生存する細胞数に変化はなかった.また培養液のpHおよび培養液中に溶出するCaイオン濃度はポルトランドセメントの含有量依存性に上昇した.今後は本試作シーラーの根尖部における硬組織誘導能について検討を行う予定である.</p>

    DOI: 10.11223/jard.15.3

    CiNii Article

▼全件表示

MISC

  • 細胞膜鉄動態と酸化ストレス抵抗性 査読

    富田 和男,桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 西谷 佳浩, 漆原 佑介,宮脇 正一, 栗政 明弘,福本 学, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態 査読

    富田 和男,桑原 義和, 高 裕子, 並河 英紀, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 山西 沙祐里, 古川 みなみ、宮脇 正一, 栗政 明弘,福本 学, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

講演・口頭発表等

  • 髙 裕子, 宮下桂子, 達山祥子, 星加知宏, 西谷佳浩 .  ストレス誘導性細胞死に対するアクアポリンの関与 .  第152回日本歯科保存学会学術大会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸 (誌上開催)  

  • 高 裕子 .  酸化ストレス誘導性がん細胞死はミトコンドリアによるアクアポリン発現制御を介したフェロトーシスである .  第13回鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター歯系研究発表会  2020年12月  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   

  • 富田 和男, 桑原 義和, 鳥居 征司, 五十嵐 健人, 髙 裕子, 長澤 大成, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 栗政 明弘, 西谷 佳浩, 西山 信好, 竹村 基彦, 佐藤 友昭 .  ALOXによる酸化ストレス抵抗性制御 .  第73回日本薬理学会西南部会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本 (WEB開催)  

  • Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Kento Igarashi, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Mitochondrial dysfunction enhances hydrogen peroxide-induced ferroptosis by up-regulating the expression of aquaporin3, 5, and 8 .  第62回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島 (WEB開催)  

  • 富田 和男, 桑原 義和,五十嵐健人, 髙 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 栗政 明弘, 宮脇 正一, 西谷 佳浩, 西山 信好, 竹村 基彦, 福本 学, 佐藤 友昭 .  CRR細胞の酸化ストレス抵抗性に対する細胞内遊離鉄の関与 .  第93回日本薬理学会年会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪 (誌上開催)  

  • 髙 裕子 .  過酸化水素処理によるがん細胞死における鉄イオンとアクアポリンの関係 .  第12回鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター歯系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐 健人、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、 北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、福本 学、 佐藤 友昭 .  ρ0細胞における酸化ストレス誘導死はAktシグナルを介する .  第72回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

  • 髙 裕子、富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、長澤 大成、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞細胞死はAQP3と鉄イオンが関与する .  第72回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄  

  • Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Kent Igarashi, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  ALOXs control lipid peroxidation and H2O2 intake in ρ0 cells .  第61回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 富田 和男,桑原 義和,五十嵐 健人,髙 裕子,長澤 大成,山西 沙祐里,漆原 佑介,宮脇 正一,栗政 明弘,西谷 佳浩,福本 学,佐藤 友昭 .  miR-7-5pは細胞内Fe2+抑制を介して放射線抵抗性を制御する .  第21回応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡  

  • 長澤 大成,富田 和男,桑原 義和, 五十嵐 健人,髙 裕子,佐藤 友昭 .  過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析 .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 富田 和男,桑原 義和, 五十嵐 健人,髙 裕子,長澤 大成,並河 英紀,田中 康一,北中 純一,北中 順惠,竹村 基彦, 西山 信好, 福本 学, 西谷 佳浩,栗政 明弘,佐藤 友昭 .  がんの治療抵抗性・感受性を制御する細胞膜酸化状態とALOXの関与 .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 勝俣愛一郎,根本 章,髙 裕子,勝俣 環,西谷登美子,丁 群展,達山祥子,星加知宏,西谷佳浩 .  塩酸含有歯科用口腔清掃材のエナメル質表面に及ぼす影響 .  第18回美容口腔管理学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 髙 裕子,富田 和男,桑原 義和,五十嵐 健人,長澤 大成,並河 英紀,田中 康一,西谷 佳浩,西山 信好,佐藤 友昭 .  過酸化水素処理におけるρ0細胞の膜状態変化とアクアポリン 3, 8, 9 の発現 .  第71 回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 富田 和男,桑原 義和,髙 裕子,五十嵐 健人,長澤 大成,並河 英紀,田中 康一,北中 純一,北中 順惠,栗政 明弘,西谷 佳浩,西山 信好,竹村 基彦,福本 学, 佐藤 友昭 .  細胞膜酸化状態はがんの治療耐性を制御する .  第71 回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 勝俣 環,根本 章,髙 裕子,西谷登美子,丁 群展,永山祥子,勝俣愛一郎,星加知宏,西谷佳浩 .  亜鉛含有グラスアイオノマーセメントに対するStreptococcus mutans初期付着性 .  第149回日本歯科保存学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 星加 知宏,池田 正臣,高 裕子,西谷 登美子,勝俣 環,永山 祥子,勝俣 愛一郎,保坂 啓一,田上 順次,西谷 佳浩 .  ピロリドンカルボン酸を配合した新規歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究 .  第149回日本歯科保存学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Kento Igarashi, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ0 cells and involvement of membrane status .  第60 回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Kento Igarashi, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Analysis of oxidative stress response in Clinically Relevant Radioresistant cells .  第60回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 富田和男,桑原義和,髙裕子,五十嵐健人,長澤大成,山西沙祐里,大内裕也,並河英紀,田中康一,北中純一,北中順惠,漆原佑介,宮脇正一,栗政明弘,西谷佳浩,福本学,佐藤友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  第20回応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita , Yoshikazu Kuwahara , Sayuri Yamanishi ,Hideki Nabika,  Koh-ichi Tanaka , Junichi Kitanaka , Nobue Kitanaka , Motohiko Takemura , Nobuyoshi Nishiyama , Shouichi Miyawaki , Yoshihiro Nishitani , Tomoaki Sato .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ0 cells and involvement of membrane status .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Minami Furukawa, Takao Tsukahara, Sayuri Yamanishi, Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Koh-ichi Tanaka, Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Yoshihiro Nishitani, Shouichi Miyawaki, Tomoaki Sato .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Kazuo Tomita , Yoshikazu Kuwahara , Yuko Takashi, Sayuri Yamanishi ,Hideki Nabika,  Koh-ichi Tanaka , Junichi Kitanaka , Nobue Kitanaka , Motohiko Takemura , Nobuyoshi Nishiyama , Shouichi Miyawaki ,Manabu Fukumoto , Yoshihiro Nishitani , Akihiro Kurimasa,Tomoaki Sato .  Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 髙 裕子 .  CRR細胞とρ0細胞における膜状態の差異と過酸化水素に対する感受性の比較検討 .  第10回鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター歯系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

▼全件表示

受賞

  • 口腔先端科学優秀賞(口演発表 大学院生部門)

    2020年12月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター   酸化ストレス誘導性がん細胞死はミトコンドリアによるアクアポリン発現制御を介したフェロトーシスである

    高 裕子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • アクアポリンを制御するミトコンドリア移植法による新しい歯髄保存・再生療法の開 発

    2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    髙 裕子、佐藤友昭、西谷佳浩、富田和男、達山 祥子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  • 放射線耐性は膜の状態によって規定されるか?-臨床的治療耐性細胞によるアプローチ-

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    髙 裕子、桑原義和、佐藤友昭、並河英紀、西谷佳浩、富田和男