Updated on 2021/11/12

写真a

 
KANDA Hideaki
 
Organization
Research Field in Medicine and Health Sciences, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Cardiovascular and Respiratory Disorders Assistant Professor
Title
Assistant Professor

Degree

  • 医学博士 ( 2021.3   鹿児島大学 )

Research Interests

  • adult heart

  • cardiovascular surgery

Education

  • Kagoshima University

    2017.4 - 2021.3

Research History

  • Kagoshima University   Assistant Professor

    2021.4

  • Kagoshima University   Research Field in Medicine and Health Sciences, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Cardiovascular and Respiratory Disorders   Assistant Professor

    2017.9 - 2021.3

Professional Memberships

  • 日本外科学会

    2003.9

  • 日本心臓血管外科学会

    2010.10

  • 日本血管外科学会

    2006.12

Qualification acquired

  • 心臓血管外科専門医

  • 日本外科学会外科専門医

  • Doctor

  • 日本外科学会指導医

 

Papers

  • Kanda H. .  Dynamic changes in platelets caused by shear stress in aortic valve stenosis .  Clinical Hemorheology and Microcirculation77 ( 1 ) 71 - 81   2021Reviewed

     More details

    Publisher:Clinical Hemorheology and Microcirculation  

    DOI: 10.3233/CH-200928

    Scopus

    PubMed

  • Mukaihara K. .  Evaluation of VEGF-A in platelet and microRNA-126 in serum after coronary artery bypass grafting .  Heart and Vessels   2021

     More details

    Publisher:Heart and Vessels  

    DOI: 10.1007/s00380-021-01855-6

    Scopus

    PubMed

  • 小田原 晃, 山本 裕之, 今釜 逸美, 上田 英昭, 川井田 啓介, 大野 文也, 井本 浩 .  気管支動脈瘤塞栓術により生じたカテーテル遺残に対し外科的抜去を要した1例 .  鹿児島県臨床外科学会誌31   8 - 10   2020.3気管支動脈瘤塞栓術により生じたカテーテル遺残に対し外科的抜去を要した1例Reviewed

     More details

    Publisher:鹿児島県臨床外科学会  

    78歳女性。気管支動脈瘤の塞栓術中にマイクロカテーテルが固着して抜去できなくなった。本症例では血管損傷のリスクがあったため、カテーテルを途中で切断して血管内に残し、後日改めて外科的抜去する方針とした。CTでカテーテルは右下甲状腺動脈からL4レベルの腹部大動脈まで遺残していたが、右鎖骨上アプローチで抜去することができた。抜去後は横隔神経障害による右横隔膜挙上がみられたが徐々に改善し、術後10日目に軽快退院となった。

  • 緒方 裕樹, 上田 英昭, 松葉 智之, 山下 雄史, 永冨 脩二, 立石 直毅, 川井田 啓介, 豊川 建二, 今釜 逸美, 井本 浩 .  左側相同を伴い37年後に再手術を要した遺残心房中隔欠損の1例 .  日本心臓血管外科学会雑誌48 ( 5 ) 313 - 315   2019.9左側相同を伴い37年後に再手術を要した遺残心房中隔欠損の1例Reviewed

     More details

    Publisher:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    心房中隔欠損(atrial septal defect:ASD)の閉鎖術ではシャント遺残に気をつけなければならないが、欠損孔の下縁がない場合には特に注意を要する。初回手術から37年後にASDの遺残短絡に対し再手術を行った症例を経験した。17歳時に他院でASD閉鎖術を受けた54歳女性で、労作時の息切れを主訴に前医を受診し当院に紹介となった。精査の結果、左側相同および心房中隔欠損の遺残短絡とそれに伴う肺高血圧症と診断し手術を行った。術中所見では肝静脈の開口部に跨がるように遺残ASDを認めた。欠損孔の上縁から頭側に向かって前回手術時に直接閉鎖を試みたと思われる縫合線を認めた。いわゆる"下縁欠損ASD"に対し下端の閉鎖が不完全であったための遺残短絡と考えられた。再閉鎖を行い、術後は心合併症なく自宅退院した。ASD下縁の閉鎖は特に確実に行うよう心掛け、術後のチアノーゼ、心不全の発生に留意する必要がある。(著者抄録)

  • 永冨 脩二, 松本 和久, 向原 公介, 上田 英昭, 立石 直毅, 緒方 裕樹, 井本 浩 .  Papillary heads optimizationによる僧帽弁形成術を行った僧帽弁閉鎖不全症 .  胸部外科72 ( 3 ) 184 - 189   2019.3Papillary heads optimizationによる僧帽弁形成術を行った僧帽弁閉鎖不全症Reviewed

     More details

    Publisher:(株)南江堂  

    病因の異なるtetheringを呈する3例に対してpapillary heads optimizationによる僧帽弁形成術を行った。いずれもCarpentier機能分類でtype IIIbに分類される機能的僧帽弁閉鎖不全症であり、症例1(66歳男)の病因は慢性僧帽弁閉鎖不全症(MR)による左室拡大、症例2(72歳男)は虚血性心筋症、症例3(74歳男)は拡張型心筋症であった。エコー像による計測では、3例とも術前後で前尖角度と接合部までの距離が減少し、症例1、2は術後経過中に各計測値の変化はなく、MRの改善がみられたが、症例3では術後経過中に後尖角度が増大傾向を示し、左室径の増大とMRの再発・増悪を認めた。

  • Imoto Y. .  Reimplantation of an anomalous left coronary artery with a malignant course .  Asian Cardiovascular and Thoracic Annals26 ( 6 ) 473 - 475   2018.7Reviewed

     More details

    Publisher:Asian Cardiovascular and Thoracic Annals  

    DOI: 10.1177/0218492318782263

    Scopus

    PubMed

  • 重久 喜哉, 松葉 智之, 上田 英昭, 緒方 裕樹, 井本 浩 .  Supra-annular MVRを行った乳幼児の2例 .  日本心臓血管外科学会雑誌47 ( 4 ) 157 - 161   2018.7Supra-annular MVRを行った乳幼児の2例Reviewed

     More details

    Publisher:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    乳幼児の僧帽弁疾患で僧帽弁形成術が困難な症例では僧帽弁置換術(MVR)が必要となるが、弁輪より過大な人工弁を用いてMVRを行うためには大きさの違いを解消するための工夫を要する。今回われわれはSungらの方法を参考にし、expanded polytetrafluoroethylene(ePTFE)graftを人工弁のスカートとして使用した弁輪上部僧帽弁置換手術(Supra-annular MVR)を2例の乳幼児に施行した。症例1は1歳4ヵ月、6.7kg、Shone症候群、僧帽弁狭窄症、パラシュート僧帽弁、大動脈縮窄症、心室中隔欠損症の男児。大動脈縮窄症修復術、心室中隔欠損閉鎖術後に僧帽弁狭窄症が顕在化しMVRを行った。症例2は5ヵ月、4.9kg、多脾症、中間型房室中隔欠損症、左側房室弁閉鎖不全症の女児。3ヵ月時に心内修復術を行ったが、術後徐々に左側房室弁狭窄兼閉鎖不全症が進行し弁置換術を施行した。いずれの症例も術後の人工弁機能は良好であり、今回行った方法によるSupra-annular MVRは乳幼児の狭小な僧帽弁輪に対し有用な手術手技と考えられた。(著者抄録)

  • 上田 英昭, 藏元 慎也, 松葉 智之, 重久 喜哉, 井本 浩 .  ファロー四徴症術後48年間に複数の後遺症および再手術を経験した1例 .  日本心臓血管外科学会雑誌47 ( 3 ) 95 - 99   2018.5ファロー四徴症術後48年間に複数の後遺症および再手術を経験した1例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Tateishi Naoki, Matsumoto Kazuhisa, Taniguchi Kenjiro, Nagatomi Shuji, Kanda Hideaki, Imoto Yutaka .  A Case of Surgical Ventricular Restoration with Heparin-Induced Thrombocytopenia Type II .  Japanese Journal of Cardiovascular Surgery47 ( 6 ) 280 - 283   2018Reviewed

     More details

    Publisher:The Japanese Society for Cardiovascular Surgery  

    <p>A 67-year-old man with dilated cardiomyopathy was admitted to our hospital for treatment of cardiac failure. After using heparin because cerebral infarction developed during hospitalization, in acknowledgment of thrombocytopenia, we reach the diagnosis of HIT. We judged surgery to be necessary because heart failure had difficulty with catecholamine secession and the left ventricular dilation progressed rapidly, and performed left ventriculoplasty, mitral valve plasty. There were no complications such as the thrombosis during cardiopulmonary bypass, and the postoperative course was good without leading to re-thoracotomy due to bleeding. He passes without a heart failure symptom by the follow of one year 6 months after surgery at home.</p>

    DOI: 10.4326/jjcvs.47.280

  • Imoto Y. .  Post-RV-PA conduit repair .  Adult Congenital Heart Disease: Focusing on Intervention   127 - 141   2017.7Reviewed

     More details

    Publisher:Adult Congenital Heart Disease: Focusing on Intervention  

    DOI: 10.1007/978-981-10-4542-4_9

    Scopus

  • 上田 英昭, 金城 玉洋, 久 容輔 .  自己心膜を用いて僧帽弁前尖を再建した急性期感染性心内膜炎の1例 .  胸部外科70 ( 7 ) 507 - 509   2017.7自己心膜を用いて僧帽弁前尖を再建した急性期感染性心内膜炎の1例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上田 英昭, 森山 由紀則, 井本 浩, 福元 祥浩, 上野 隆幸, 寺園 和哉 .  鎖骨下動脈起始異常を伴うKommerell憩室の4手術例 .  日本心臓血管外科学会雑誌46 ( 4 ) 173 - 176   2017.7鎖骨下動脈起始異常を伴うKommerell憩室の4手術例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Kanda H, Moriyama Y, Fukumoto Y, Ueno T .  Takayasu's arteritis with total occlusion of the distal thoraco-abdominal aorta involving multiple visceral arteries. .  European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery51 ( 6 ) 1208   2017.6Takayasu's arteritis with total occlusion of the distal thoraco-abdominal aorta involving multiple visceral arteries.Reviewed

     More details

  • 上田 英昭, 森山 由紀則, 福元 祥浩, 上野 隆幸, 岩元 智, 山下 正文, 四元 剛一, 向原 公介 .  超音波メスを使用した滲出性収縮性心外膜炎に対する外科治療の1例 .  超音波メスを使用した滲出性収縮性心外膜炎に対する外科治療の1例68 ( 4 ) 317 - 319   2015.4超音波メスを使用した滲出性収縮性心外膜炎に対する外科治療の1例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:胸部外科  

  • 上田 英昭, 山本 裕之, 久 容輔, 重久 喜哉, 川津 祥和, 井本 浩 .  腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後II型エンドリークに対して開腹下結紮術を行った1例 .  日本心臓血管外科学会雑誌43 ( 3 ) 105 - 107   2014.5腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後II型エンドリークに対して開腹下結紮術を行った1例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上田 英昭, 久 容輔, 山本 裕之, 峠 幸志, 重久 喜哉, 川津 祥和, 山元 文晴, 井本 浩 .  心房中隔欠損症に合併した大動脈弁乳頭状弾性線維腫の1例 .  日本心臓血管外科学会雑誌42 ( 2 ) 148 - 150   2013.3心房中隔欠損症に合併した大動脈弁乳頭状弾性線維腫の1例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上田 英昭, 門野 潤, 石崎 直樹, 大迫 政彦, 田畑 峯雄, 井本 浩 .  オクトレオチド投与が難治性乳糜腹水に著効をみた2例 .  日本臨床外科学会雑誌72 ( 8 ) 2139 - 2142   2011.8オクトレオチド投与が難治性乳糜腹水に著効をみた2例Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上田 英昭, 中村 好宏, 永田 俊行, 福森 和彦, 井本 浩, 田畑 和宏, 中山 博史 .  肺癌との鑑別が困難であった肺放線菌症の1例 .  胸部外科64 ( 9 ) 864 - 867   2011.8肺癌との鑑別が困難であった肺放線菌症の1例Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

MISC

Presentations

  • Hideaki Kanda, Munekazu Yamakuchi, Kazuhisa Matsumoto, Kosuke Mukaihara, Yoshiya Shigehisa, Shuji Tachioka, Masashi Okawa, Kazunori Takenouchi, Yoko Oyama, Teruto Hashiguchi and Yutaka Imoto   The significance of platelet dynamics in perioperative period of aortic valve replacement for aortic valve stenosis   International conference

    Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis 2021  2021.3 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • 山口 宗一, 上田 英昭, 大川 政士, 向原 公介, 重久 善哉, 松本 和久, 竹之内 和則, 大山 陽子, 東 貞行, 藤崎 知園子, 井本 浩, 橋口 照人   microRNAによる血管平滑筋石灰化制御の検討  

    臨床病理  2020.10  (一社)日本臨床検査医学会

     More details

    Event date: 2020.10

  • 山口 宗一, 向原 公介, 上田 英昭, 重久 善哉, 大川 政士, 松本 和久, 竹之内 和則, 大山 陽子, 井本 浩, 橋口 照人   冠動脈バイパス術周術期における血小板内VEGF-Aの変化についての検討  

    臨床化学  2020.10  (一社)日本臨床化学会

     More details

    Event date: 2020.10

  • 山口 宗一, 向原 公介, 上田 英昭, 重久 善哉, 大川 政士, 松本 和久, 竹之内 和則, 大山 陽子, 東 貞行, 藤崎 知園子, 井本 浩, 橋口 照人   冠動脈バイパス術周術期におけるmicroRNA-126についての検討  

    臨床病理  2020.10  (一社)日本臨床検査医学会

     More details

    Event date: 2020.10

  • 上田 英昭, 山口 宗一, 松本 和久, 大川 政士, 向原 公介, 重久 喜哉, 橋口 照人, 井本 浩   マイクロRNAが血管平滑筋の石灰化に与える影響の解析  

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020.8  (一社)日本外科学会

     More details

    Event date: 2020.8

  • 向原 公介, 山口 宗一, 松本 和久, 上田 英昭, 重久 喜哉, 大川 政士, 橋口 照人, 井本 浩   冠動脈バイパス術周術期における血小板内VEGFの推移  

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020.8  (一社)日本外科学会

     More details

    Event date: 2020.8

  • 松葉 智之, 山下 雄史, 永冨 脩二, 立岡 修治, 川井田 啓介, 川津 祥和, 上田 英昭, 豊川 建二, 今釜 逸美, 松本 和久, 山本 裕之, 井本 浩   術前3Dモデルが有用であったcriss-cross heart心内修復術の1例  

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020.3  (NPO)日本心臓血管外科学会

     More details

    Event date: 2020.3

  • 上田 英昭, 山口 宗一, 松本 和久, 竹之内 和則, 大山 陽子, 橋口 照人, 井本 浩   大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術前後での末梢血、凝固系の検討  

    日本臨床検査自動化学会会誌  2019.8  (一社)日本医療検査科学会

     More details

    Event date: 2019.8

  • 永冨 脩二, 松本 和久, 立石 直毅, 上田 英昭, 豊川 建二, 山本 裕之, 井本 浩   Hydrofitの急性A型大動脈解離における有効性の検討  

    日本血管外科学会雑誌  2019  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2019

  • 豊川 建二, 山本 裕之, 今釜 逸美, 川井田 啓介, 緒方 裕樹, 永冨 脩二, 立石 直毅, 松葉 智之, 上田 英昭, 松本 和久, 井本 浩   当院におけるホモグラフトを用いた感染性大動脈疾患の治療成績  

    日本血管外科学会雑誌  2019  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2019

  • 緒方 裕樹, 松葉 智之, 上田 英昭, 上野 健太郎, 櫨木 大祐, 中江 広治, 井本 浩   ACTH療法中による心筋肥厚によってRV-PA conduit下狭窄を来たした1例  

    日本小児循環器学会雑誌  2018.7  (NPO)日本小児循環器学会

     More details

    Event date: 2018.7

  • 上田 英昭, 山口 宗一, 竹之内 和則, 大山 陽子, 井本 浩, 橋口 照人   大動脈弁狭窄症における弁置換術前後の末梢血の推移  

    臨床化学  2018.7  (一社)日本臨床化学会

     More details

    Event date: 2018.7

  • 豊川 建二, 山本 裕之, 荒田 憲一, 今釜 逸美, 緒方 裕樹, 永冨 脩二, 立石 直毅, 松葉 智之, 上田 英昭, 松本 和久, 井本 浩   B型大動脈解離に対するステントグラフト治療戦略 遠隔期瘤径拡大からみたre-entry閉鎖の必要性  

    日本血管外科学会雑誌  2018.6  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2018.6

  • 荒田 憲一, 今釜 逸美, 豊川 建二, 山本 裕之, 松本 和久, 上田 英昭, 松葉 智之, 立石 直毅, 永冨 脩二, 緒方 裕樹, 樋渡 啓生, 井本 浩   重症虚血肢における下腿病変に対する膝窩病変に対する膝窩-足部バイパス術の成績とその評価  

    日本血管外科学会雑誌  2018.6  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2018.6

  • 山本 裕之, 豊川 建二, 松本 和久, 荒田 憲一, 今釜 逸美, 上田 英昭, 松葉 智之, 永冨 脩二, 緒方 裕樹, 立石 直毅, 井本 浩   Uncomplicated Type B急性大動脈解離の治療戦略 DeBakey分類からみたre-entry閉鎖の必要性  

    日本血管外科学会雑誌  2018.6  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2018.6

  • 上田 英昭, 松本 和久, 向原 公介, 重久 喜哉, 立石 直毅, 井本 浩, 山口 宗一, 橋口 照人   大動脈弁狭窄症における弁置換術前後の末梢血の推移  

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018.4  (一社)日本外科学会

     More details

    Event date: 2018.4

  • 荒田 憲一, 今釜 逸美, 豊川 建二, 山本 裕之, 松本 和久, 上田 英昭, 松葉 智之, 立石 直毅, 永冨 脩二, 緒方 裕樹, 樋渡 啓生, 井本 浩   糖尿病性透析重症虚血肢の治療成績とその評価  

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018.4  (一社)日本外科学会

     More details

    Event date: 2018.4

  • 上田 英昭, 重久 喜哉, 向原 公介, 井本 浩, 山口 宗一, 橋口 照人   せん断応力が大動脈弁狭窄における血小板分布幅に及ぼす影響(The Impact of Shear Stress on Platelet Distribution Width in Aortic Stenosis)  

    日本循環器学会学術集会抄録集  2018.3  (一社)日本循環器学会

     More details

    Event date: 2018.3

  • 荒田 憲一, 今釜 逸美, 豊川 建二, 山本 裕之, 松本 和久, 上田 英昭, 松葉 智之, 立石 直毅, 永冨 脩二, 緒方 裕樹, 樋渡 啓生, 井本 浩   SFAのCTO病変に対する治療 重症虚血肢血行再建におけるTASCII-D SFA CTOに対するバイパス術の成績と評価  

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2018.2  (NPO)日本心臓血管外科学会

     More details

    Event date: 2018.2

  • 今釜 逸美, 荒田 憲一, 豊川 建二, 山本 裕之, 松本 和久, 向原 公介, 上田 英昭, 立石 直毅, 松葉 智之, 緒方 裕樹, 井本 浩   当科における急性下肢動脈閉塞32肢の検討  

    脈管学  2017.10  (一社)日本脈管学会

     More details

    Event date: 2017.10

  • 荒田 憲一, 今釜 逸美, 豊川 建二, 山本 裕之, 松本 和久, 向原 公介, 上田 英昭, 立石 直毅, 松葉 智之, 緒方 裕樹, 井本 浩   心臓手術と下肢血行再建術を行った重症虚血肢CLI症例の検討  

    脈管学  2017.10  (一社)日本脈管学会

     More details

    Event date: 2017.10

  • 上田 英昭, 川津 祥和, 山本 裕之, 向原 公介, 豊川 健二, 松本 和久, 井本 浩, 白桃 雄太, 四元 剛一   Mal-perfusionを伴うB型急性大動脈解離に対してTEVARを施行した3例  

    日本血管外科学会雑誌  2017.6  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2017.6

  • 荒田 憲一, 今釜 逸美, 山本 裕之, 松本 和久, 向原 公介, 重久 喜哉, 上田 英昭, 川津 祥和, 松葉 智之, 山下 健太郎, 井本 浩   重症虚血肢に対するHybrid血行再建術の検討  

    日本血管外科学会雑誌  2017.6  (NPO)日本血管外科学会

     More details

    Event date: 2017.6

  • 松葉 智之, 山下 健太郎, 川津 祥和, 上田 英昭, 重久 喜哉, 向原 公介, 松本 和久, 山本 裕之, 井本 浩   成人先天性心疾患患者におけるメイズ手術の成績  

    日本成人先天性心疾患学会雑誌  2017.1  日本成人先天性心疾患学会

     More details

    Event date: 2017.1

  • 山下 健太郎, 松葉 智之, 川津 祥和, 上田 英昭, 重久 喜哉, 向原 公介, 松本 和久, 山本 裕之, 井本 浩   成人期右室二腔症の手術経験  

    日本成人先天性心疾患学会雑誌  2017.1  日本成人先天性心疾患学会

     More details

    Event date: 2017.1

  • 山口 宗一, 上田 英昭, 向原 公介, 松本 和久, 大川 政士, 竹之内 和則, 大山 陽子, 東 貞行, 藤崎 知園子, 井本 浩, 橋口 照人   血管平滑筋細胞石灰化のmiRNA依存性制御機構の検討  

    日本血栓止血学会誌  2021.5  (一社)日本血栓止血学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 山口 宗一, 向原 公介, 上田 英昭, 大川 政士, 松本 和久, 竹之内 和則, 大山 陽子, 東 貞行, 藤崎 知園子, 井本 浩, 橋口 照人   血中microRNA-126と血小板VEGF-Aの相互関連性についての検討  

    医療検査と自動化  2021.8  (一社)日本医療検査科学会

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Research Projects

  • 大動脈弁狭窄症による全身血管変化の分子機序解明ーずり応力による血小板活性化の役割

    2020.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 小児心臓手術の人工心肺が活性化白血球を介して全身へ与える影響の分子メカニズム解明

    2019.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    井本 浩、山口 宗一,上野 健太郎,上田 英昭,橋口 照人,松葉 智之

  • 大動脈弁狭窄症におけるエクソソームが石灰化、病態に与える影響の解析

    2018.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  若手研究(A)