2021/04/30 更新

写真a

タガワ ヨシアキ
田川 義晃
TAGAWA Yoshiaki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学)(京都大学) ( 1999年7月   京都大学 )

研究キーワード

  • 神経科学

学歴

  • 京都大学   生理学専攻

    1994年4月 - 1997年11月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 京都大学   医学科

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会

  • 日本生理学会

    2017年7月 - 現在

  • 日本神経科学会

    2004年4月 - 現在

  • 北米神経科学会(Society for Neuroscience)

    1999年4月 - 現在

留学歴

  • 2000年10月01日 - 2004年02月29日   アメリカハーバード大学(Harvard Medical School)   研究員

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Kenta M Hagihara, Ayako Wendy Ishikawa, Yumiko Yoshimura, Yoshiaki Tagawa, Kenichi Ohki .  Long-Range Interhemispheric Projection Neurons Show Biased Response Properties and Fine-Scale Local Subnetworks in Mouse Visual Cortex .  Cerebral Cortex31 ( 2 ) 1307 - 1315   2020年

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cerebral Cortex  

    DOI: 10.1093/cercor/bhaa297

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33063102/

  • Bando Y, Irie K, Shimomura T, Umeshima H, Kushida Y, Kengaku M, Fujiyoshi Y, Hirano T, & Tagawa Y. .  Control of spontaneous Ca2+ transients is critical for neuronal maturation in the developing neocortex. .  Cerebral Cortex26 ( 1 ) 106 - 117   2016年1月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhu180

    PubMed

  • Hagihara KM, Murakami T, Yoshida T, Tagawa Y, Ohki K. .  Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity. .  Nature Neuroscience18 ( 12 ) 1780 - 1788   2015年12月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn.4155

    PubMed

  • Bando Y, Hirano T, Tagawa Y. .  Dysfunction of KCNK potassium channels impairs neuronal migration in the developing mouse cerebral cortex. .  Cerebral Cortex24 ( 4 ) 1017 - 1029   2014年4月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhs387

    PubMed

  • Hayashi Y, Tagawa Y, Yawata S, Nakanishi S, Funabiki K. .  Spatio-temporal control of neural activity in vivo using fluorescence microendoscopy. .  European Journal of Neuroscience36 ( 6 ) 2722 - 2732   2012年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2012.08191.x

    PubMed

  • Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y. .  Pre-synaptic and post-synaptic neuronal activity supports the axon development of callosal projection neurons during different post-natal periods in the cerebral cortex. .  European Journal of Neuroscience31 ( 3 ) 410 - 424   2010年2月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2009.07070.x

    PubMed

  • Ageta-Ishihara N, Takemoto-Kimura S, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Suzuki K, Kamijo S, Fujii H, Mano T, Blaeser F, Chatila TA, Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y, Okuno H, Bito H. .  Control of cortical axon elongation by a GABA-driven Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase cascade. .  The Journal of Neuroscience29 ( 43 ) 13720 - 13729   2009年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3018-09.2009

    PubMed

  • Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y. .  Evidence for activity-dependent cortical wiring: Formation of interhemispheric connections in neonatal mouse visual cortex requires projection neuron activity. .  The Journal of Neuroscience27 ( 25 ) 6760 - 6770   2007年6月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1215-07.2007

    PubMed

  • Tagawa Y, Kanold PO, Majdan M, & Shatz CJ. .  Multiple periods of functional ocular dominance plasticity in mouse visual cortex. .  Nature Neuroscience8 ( 3 ) 380 - 388   2005年3月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn1410

    PubMed

  • Tagawa Y, Sawai H, Ueda Y, Tauchi M, Nakanishi S. .  Immunohistological studies of metabotropic glutamate receptor-subtype 6-deficient mice show no abnormality of retinal cell organization and ganglion cell maturation. .  The Journal of Neuroscience19 ( 7 ) 2568 - 2579   1999年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    Immature retinal ganglion cells (RGCs) initially show a multistratified dendritic pattern, and, during the postnatal period, these dendrites gradually monostratify into ON and OFF sublaminae. The selective agonist of group III metabotropic glutamate receptors (mGluR), L-2-amino-4-phosphonobutyrate (L-AP-4), hyperpolarizes ON bipolar cells and reduces glutamate release. On the basis of L-AP-4-evoked inhibitory effects on ON-OFF segregation of developing RGCs, it has been hypothesized that glutamate-mediated synaptic activity is crucial for formation of the ON-OFF network. Gene-targeted ablation of mGluR6 specifically expressed in ON bipolar cells blocks normal ON responses but has been predicted to enhance glutamate release from ON bipolar cells. The mGluR6 knock-out mouse therefore provides a unique opportunity to investigate whether glutamate release and ON responses are important factors in the development of ON-OFF segregation. The combination of several different morphological analyses indicates that ON bipolar cells, as well as several distinct amacrine cells, in mGluR6 knock-out mice are normally distributed and correctly extend their terminals to defined retinal laminae. Importantly, both alpha and delta RGCs in adult mGluR6 knock-out mice are found monostratified into cell type-specific layers. Furthermore, no difference between wild-type and mGluR6 knock-out mice is observed in the maturation and dendritic stratification of developing RGCs. Hence, despite a deficit in normal ON responses, mGluR6 deficiency causes no abnormality in the retinal cellular organization nor in the stratifications of both ON bipolar cells and developing and mature RGCs. Based on these findings, we discuss several possible mechanisms that may underlie ON-OFF segregation of RGCs.

    PubMed

  • Tagawa Y, Sawai H, Ueda Y, Tauchi M, & Nakanishi S. .  Immunohistological studies of metabotropic glutamate receptor-subtype 6-deficient mice show no abnormality of retinal cell organization and ganglion cell maturation. .  The Journal of Neuroscience19 ( 7 ) 2568 - 2579   1999年4月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hashimoto T, Inazawa J, Okamoto N, Tagawa Y, Bessho Y, Honda Y, & Nakanishi S. .  The whole nucleotide sequence and chromosomal localization of the gene for human metabotropic glutamate receptor subtype 6. .  European Journal of Neuroscience9   1226 - 1235   1997年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Masu M, Iwakabe H, Tagawa Y, Miyoshi T, Yamashita M, Fukuda Y, Sasaki H, Hiroi K, Nakamura Y, Shigemoto R, Takada M, Nakamura K, Nakao K, Katsuki M, & Nakanishi S. .  Specific deficit of the ON response in visual transmission by targeted disruption of the mGluR6 gene. .  Cell80 ( 5 ) 757 - 765   1995年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Sasai Y, Kageyama R, Tagawa Y, Shigemoto R, & Nakanishi S. .  Two mammalian helix-loop-helix factors structurally related to Drosophila hairy and Enhancer of split. .  Genes & Development 6   2620 - 2634   1992年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • スタンフォード 神経生物学

    柚崎通介、岡部繁男、幸田和久、掛川渉、松田信じ、金田誠、田川義晃、千原崇裕、田淵克彦、渡部文子、西真弓、坂場武史、竹田扇、松井広( 担当: 共訳 ,  範囲: 視覚系神経回路の配線)

    メディカル サイエンス インターナショナル  2017年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:736   担当ページ:p169-210   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC

  • 自発神経活動と視覚系神経回路のスクラップ&ビルド

    田川 義晃

    生体の科学70 ( 1 ) 23 - 27   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医学書院  

  • 【脳神経回路のダイナミクスから探る脳の発達・疾患・老化】自発神経活動と視覚系神経回路のスクラップ&ビルド

    田川 義晃

    生体の科学70 ( 1 ) 23 - 27   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)金原一郎記念医学医療振興財団  

  • Activity-dependent callosal axon projections in neonatal mouse cerebral cortex. 査読

    Tagawa Y & Hirano T.

    Neural Plasticity2012 ( 797295 ) 1 - 10   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    DOI: 10.1155/2012/797295

    PubMed

  • Activity-dependent development of interhemispheric connections in the visual cortex. 査読

    Tagawa Y, Mizuno H, Hirano T.

    Reviews in the Neurosciences19 ( 1 ) 19 - 28   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    PubMed

講演・口頭発表等

  • 田川義晃 .  神経活動に依存したスクラップアンドビルドによる大脳長距離神経回路の形成 .  新学術領域「スクラップビルド」班会議  新学術領域「スクラップビルド」

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月18日 - 2019年8月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松  

  • Yoshiaki Tagawa et al., .  Activity-dependent formation and restoration of callosal axon projections in developing neocortex .  Principles of Neocortical Development and Evolution  東京都医学総合研究所

    招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都医学総合研究所  

  • Yoshiaki Tagawa, Yuta Tezuka, Kenta Hagihara, Kenichi Ohki, Tomoo Hirano .  Activity-dependent formation and restoration of callosal axon projections in developing neocortex. .  FAOPS Congress in conjunction with the 96th Annual meeting of the Physiological Society of Japan.  日本生理学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月28日 - 2019年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場  

  • Yoshiaki Tagawa .  Activity-dependent callosal axon projections in the developing neocortex. .  哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム  国立遺伝学研究所

    招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月20日 - 2018年12月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立遺伝学研究所  

  • 田川義晃 .  Activity-dependent callosal axon projections in developing neocortex .  新学術領域「スクラップ&ビルド」班会議  新学術領域「スクラップ&ビルド」

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月20日 - 2018年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府箕面市  

  • Yoshiaki Tagawa .  Activity-dependent formation and restoration of callosal axon projections in developing neocortex .  Cold Spring Harbor Asia meeting  Cold Spring Harbor Asia

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月25日 - 2018年9月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県淡路市  

  • 田川義晃 .  自発神経活動による大脳神経回路の形成機構 .  生理学研究所「情動研究会」  生理学研究所

    招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月19日 - 2018年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県岡崎市  

  • 田川義晃 .  マウス大脳の マクロな領域間投射と局所回路をつなぐ構築ロジック .  鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月23日 - 2018年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県指宿市  

  • 田川義晃 .  神経活動による大脳神経回路の形成 .  鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

    招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 田川義晃 .  Activity-dependent formation and restoration of callosal axon projections in the developing mouse neocortex. .  スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御  領域会議

    招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月25日 - 2017年8月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原(山梨県北杜市)  

  • Tagawa Y .  脳神経回路の形成と再建に向けた新しいアプローチ .  第40回日本神経科学大会  日本神経科学会

    招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月20日 - 2017年7月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:幕張メッセ(千葉県千葉市)  

  • Tagawa Yoshiaki, Tezuka Yuta, Hagihara Kenta, Ohki Kenichi, Hirano Tomoo .  発達期の新皮質における脳梁軸索投射の活動依存的形成と回復(Activity-dependent formation and restoration of callosal axon projections in developing neocortex) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • 中川 直, 水野 秀信, 田川 義晃 .  脳梁投射軸索のダイナミクスに関するtime-lapseイメージング(Time-lapse imaging of callosal axon projection dynamics in vivo) .  日本生理学雑誌  2021年2月  (一社)日本生理学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 神経活動に依存したスクラップアンドビルドによる大脳長距離神経回路の形成

    2019年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

  • 自発神経活動に依存した大脳長距離軸索投射の形成・再編・再生

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

  • ---

    2016年07月 - 2017年06月

    民間企業  国内共同研究 

      詳細を見る

  • 同期・非同期の自発神経活動による大脳皮質神経回路の形成とその障害

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 哺乳期マウスの神経活動操作・記録実験による生後初期神経活動の役割の解明

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

  • 活動依存的メカニズムに基づく大脳皮質長距離軸索投射の再建

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 皮質2/3層興奮性細胞の特徴的な形態・機能獲得における神経活動の役割

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

  • 大脳皮質の機能的神経回路の構築原理の解明

    2010年10月 - 2016年03月

    文部科学省  特色ある大学教育支援プログラム 

    大木研一、田川義晃

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 大脳皮質の層特異的回路網構築における神経活動の役割

    2009年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

  • Cross-modal可塑性における代謝型グルタミン酸受容体の役割の解明

    2006年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

  • 神経ネットワークにおけるグルタミン酸受容体結合蛋白質の役割の解明

    2000年04月 - 2001年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    田川義晃、金子鋭

      詳細を見る

▼全件表示