Updated on 2023/10/10

写真a

 
KOYANAGI Eriko
 
Organization
Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Assistant Professor
Title
Assistant Professor

Degree

  • 博士(歯学) ( 2021.9   鹿児島大学 )

Research Interests

  • 味覚

  • 味蕾

Research Areas

  • Life Science / Physiology

  • Life Science / Oral biological science

Research History

  • Kagoshima University   Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course   Assistant Professor

    2016.7

Professional Memberships

  • 日本味と匂学会

  • 歯科基礎医学会

 

Papers

  • 三浦裕仁、小栁江梨子、小野瑞祈 .  味蕾細胞のターンオーバーの仕組みを理解する .  鹿児島県歯科医師会会報160   10 - 12   2022.6味蕾細胞のターンオーバーの仕組みを理解する

     More details

    Publishing type:Research paper (other academic)  

  • Koyanagi-Matsumura E, Miura H, Saito M, Harada S .  Type II/III cell composition and NCAM expression in taste buds. .  Cell and tissue research   2021.5Type II/III cell composition and NCAM expression in taste buds.Reviewed International journal

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Doctoral thesis  

    DOI: 10.1007/s00441-021-03452-5

    PubMed

  • KOYANAGI-MATSUMURA Eriko, MIURA Hirohito, SAITO Mitsuru, HARADA Shuitsu .  Taste bud-associated expression of fibroblast growth factors in the circumvallate papillae in adult mice. .  J South Kyusyu Dent Soc2 ( 1 ) 1 - 11   2021.4Taste bud-associated expression of fibroblast growth factors in the circumvallate papillae in adult mice.Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author  

  • Hiroshi Tomonari, Hirohito Miura, Ayumi Nakayama, Eriko Matsumura, Makoto Ooki, Yuzo Ninomiya, Shuitsu Harada .  Gα-gustducin is extensively co-expressed with sweet and bitter taste receptors in both the soft palate and fungiform papillae but has a different functional significance .  Chem Senses37 ( 3 ) 241 - 251   2012.3Gα-gustducin is extensively co-expressed with sweet and bitter taste receptors in both the soft palate and fungiform papillae but has a different functional significanceReviewed International journal

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 松村江梨子,三浦裕仁,中山歩,友成博,大木誠,原田秀逸 .  マウス味蕾における線維芽細胞増殖因子Fgfおよびその受容体FgfrのRT-PCR解析 .  日本味と匂学会誌16 ( 3 ) 291 - 292   2009.12マウス味蕾における線維芽細胞増殖因子Fgfおよびその受容体FgfrのRT-PCR解析Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 友成博,三浦裕仁,中山歩,松村江梨子,大木誠,進藤洋一郎,日下部裕子,Robert F Margolskee,二ノ宮裕三,原田秀逸 .  軟口蓋味蕾の味覚受容体発現パターンとgustducinKOマウスの軟口蓋味蕾の味覚応答解析 .  日本味と匂学会誌16 ( 3 ) 319 - 320   2009.12軟口蓋味蕾の味覚受容体発現パターンとgustducinKOマウスの軟口蓋味蕾の味覚応答解析Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中山歩,友成博,三浦裕仁,松村江梨子,原田秀逸 .  大錐体神経と鼓索神経とをつなぎ換えて再生させた味蕾の細胞分化 .  日本味と匂学会誌15 ( 3 ) 357 - 358   2008.12大錐体神経と鼓索神経とをつなぎ換えて再生させた味蕾の細胞分化Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 友成博,三浦裕仁,中山歩,松村江梨子,進藤洋一郎,日下部裕子,Robert F Margolskee,二ノ宮裕三,原田秀逸 .  軟口蓋味蕾の味覚受容体発現パターンとgustducinノックアウトマウスの軟口蓋味蕾の味覚応答解析 .  日本味と匂学会誌15 ( 3 ) 419 - 422   2008.12軟口蓋味蕾の味覚受容体発現パターンとgustducinノックアウトマウスの軟口蓋味蕾の味覚応答解析Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

MISC

  • 味覚の新たな方向性 味蕾細胞分化の調節因子

    2019   44 - 44   2019.10

     More details

    Language:Japanese  

Presentations

  • 味蕾細胞分化の制御機構  

    2020.9 

     More details

    Event date: 2020.9 - 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 味蕾細胞分化の調節因子  

    2019.10 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 味蕾細胞分化の調節因子  

    2019.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  • Hirohito Miura, Eriko Koyanagi, Shuitsu Harada   Regulation of taste cell maturation  

    The 17th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory perception  2018.12 

     More details

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

Awards

  • 【第16回先端歯学スクール 最優秀賞】

    2021.8   先端歯学国際教育研究 ネットワーク  

  • 【医歯学奨励賞】

    2021.7   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • 【優秀プレゼンテーション賞】

    2021.3   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 第14回桜ヶ丘地区基礎系発表会  

  • 【口腔先端科学最優秀賞】

    2020.12   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 口腔先端科学教育研究センター 第13回歯系研究発表会  

Research Projects

  • 味蕾ターンオーバーの実態解明

    2023.4 - 2025.3

    公益財団法人ロッテ財団  奨励研究助成A  

    小栁江梨子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3000000 ( Direct Cost: \3000000 )

  • 細胞構成の精密解析で見える新しい味蕾像:前駆細胞の分化状態と供給量変動の解明

    Grant number:22K17005  2022.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

    小栁 江梨子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 味蕾基底細胞の再定義:「細胞型分化の解明」と「味蕾オルガノイド評価系の確立」

    Grant number:20K09892  2020.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三浦 裕仁, 小柳 江梨子, 原田 秀逸, 山中 淳之

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

  • 味蕾細胞分化メカニズムの解明:Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ型の枠を越えて味覚機能を制御する転写因子

    Grant number:17K11647  2017.4 - 2020.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三浦 裕仁, 小柳 江梨子, 原田 秀逸, 大木 誠

      More details

    Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

    味蕾は、甘味/うま味/苦味/酸味/塩味(5基本味)の味受容細胞を含む数10~100個の細胞が集まった味覚受容器である。味蕾細胞は上皮幹細胞から生み出され、平均すると10~14日という短い寿命で次々と置き換わっている(味蕾細胞のターンオーバー)。健康な状態では、味蕾細胞の新生・分化と細胞死がバランスよく進行し、味蕾に含まれる細胞の数と性質はほぼ一定で、正常な味覚機能が保たれる。味蕾のターンオーバーの異常は味覚障害を引き起こすため、その分子機構の解明は味覚障害の予防法や治療法の開発にたいへん重要である。しかし、その詳細は大部分不明のままである。私達は、これまでに味蕾が形成される最も初期の段階(胎生期の味蕾原基)から、成体の味蕾に至るまで、ほぼ全ての味蕾細胞に発現し続ける転写因子(遺伝子発現の調節因子)を明らかにした。本研究では、この転写因子の遺伝子ノックアウトマウスの解析を進めて、味蕾が小さくなっていることを明らかにした。本年度は、発生過程の解析を進めて、味蕾原基の形成には異常は認められず、味蕾細胞のターンオーバーの変化によって味蕾の形態変化が生じていることを明らかにした。また、味覚行動解析によって、苦味に対する忌避に加えて、塩味に対する忌避性の感受性が大きく低下していることを明らかにした。甘味、酸味に対する感受性の低下も確認した。また、舌先端、舌基部、軟口蓋の3つの部位の味蕾について比較解析を進めて、軟口蓋の味蕾に最も大きな変化が生じていることを明らかにした。