Updated on 2023/05/31

写真a

 
HOSHIKA Tomohiro
 
Organization
Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Oral and Maxillofacial Rehabilitation Lecturer
Title
Lecturer

Degree

  • 博士(歯学) ( 2011.3   岡山大学 )

Research Interests

  • 接着, 保存, 歯内療法,修復

Education

  • Okayama University

    2000.4 - 2006.3

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University   Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Oral and Maxillofacial Rehabilitation   Lecturer

    2017.10

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Advanced Dentistry Center   Lecturer

    2016.8 - 2017.9

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Advanced Dentistry Center   Assistant Professor

    2016.4 - 2016.7

Professional Memberships

  • 日本歯科医学教育学会

    2014.4

  • 日本歯科審美学会

    2012.12

  • 日本歯科理工学会

    2009.5

  • 日本歯内療法学会

    2009.3

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)

    2009.1

  • 岡山歯学会

    2007.8

  • 日本接着歯学会

    2007.7

  • 日本再生歯科医学会

    2007.4

  • 日本歯科保存学会

    2006.12

▼display all

Studying abroad experiences

  • 2011.10 - 2012.3   Georgia Health Sciences University   Visiting research scholar

  • 2009.8 - 2010.2   Medical College of Georgia   Visiting research scholar

 

Papers

  • 勝俣愛一郎,星加知宏,西谷佳浩. .  白金ナノコロイドが1ステップボンディング材と健全・脱灰象牙質せん断接着強さに及ぼす影響. .  日本再生歯科医学会誌20 ( 1 ) 1 - 8   2022.3白金ナノコロイドが1ステップボンディング材と健全・脱灰象牙質せん断接着強さに及ぼす影響.Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Sato T. .  Distribution of alpha-synuclein in the rat cranial sensory ganglia, and oro-cervical regions .  Annals of Anatomy238   151776   2021.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Annals of Anatomy  

    DOI: 10.1016/j.aanat.2021.151776

    Scopus

    PubMed

  • NISHITANI Tomiko, TATSUYAMA Shoko, TAKASHI Yuko, KATSUMATA Aiichiro, HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Yoshihiro .  Dentin shear bond strengths and Releasing of calcium ion of experimental pulp capping materials .  Journal of the Japanese Association of Regenerative Dentistry19 ( 1 ) 1 - 9   2021

     More details

    Publisher:Japanese Association of Regenerative Dentistry  

    <p>We prepared experimental pulp capping materials those were consist of Mineral Trioxide Aggregate (MTA) and a hydrophilic monomer in order to develop an adhesive pulp capping material. The purpose of this study was to investigate dentin shear bond strengths and releasing of calcium ions of those experimental or commercial pulp capping materials.</p><p>As a result, two experimental pulp capping materials had excellent marginal sealing property than commercial pulp capping agents, even higher shear bond strengths. In a comparison between experimental pulp capping agents having different composition ratios of monomer and MTA, the group with a relatively large amount of monomer showed higher shear bond strengths. The group with a large amount of MTA showed no penetration of dye in the dye penetration canal and releasing amount of calcium ion was higher than the group with a small amount of MTA. The composition ratio of MTA and a hydrophilic monomer may affect the basic property of the pulp capping material.</p><p>More research is required to determine the ideal composition ratio of MTA/monomer to develop an adhesive pulp capping material that has excellent dentin marginal sealing property and exhibits highest adhesive strength.</p>

    DOI: 10.11223/jard.19.1

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 西谷 登美子, 高 裕子, 勝俣 環, 根本 章, 伊藤 誠之, 岩田 知幸, 林 宏昌, 永山 雅大, 永山 祥子, 西谷 佳浩 .  新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について .  日本歯科保存学雑誌62 ( 4 ) 208 - 214   2019.8新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    目的:覆髄剤として水酸化カルシウム製剤やmineral trioxide aggregate(MTA)等が用いられるが,これらの覆髄剤には歯質や修復物に対する接着性はなく,修復治療後の強度や微小漏洩のリスクが存在する.そこで本研究では歯質接着性を有する覆髄剤の開発を目的として,MTAの主成分であるポルトランドセメントにレジンを添加した新規覆髄剤と市販の覆髄剤を比較・検討した.材料と方法:ポルトランドセメントとメタクリル酸2-ヒドロキシプロピルを配合した新規覆髄剤(PCX-TBB,サンメディカル)を実験に供し,市販の覆髄剤であるセラカルLC(BISCO Dental Products,USA)およびダイカル(Dentsply Sirona,USA)を比較対象とした.各材料のディスクを作製後,蒸留水中に浸漬し,24,48,72時間ごとに水を交換しつつ,pHおよびカルシウムイオン濃度を測定した.次に,ヒト歯髄由来細胞DPCs(Dental Pulp Cells,AD010-F-RA,DV Biologics)を24穴プレートに播種・培養後,ディスクとDPCsを共培養した.その後,培養24,48,72時間後に細胞数を測定した.また新鮮ウシ抜去下顎前歯30本を用い,研削した象牙質面を被着面とし,その半数の象牙質試料を脱灰させ,脱灰象牙質として被着面に用いた.象牙質に内径2.6mmのモールドを設置し,モールド内に各種覆髄剤を填入・硬化させた.その後,接着試料体に対し,剪断接着試験を行った.成績:すべての覆髄剤において蒸留水中のpHは10.5以上を示した.また,すべての時間でPCX-TBB,セラカルLCはともにダイカルよりカルシウムイオン徐放積算値は有意に高く,72時間後ではPCX-TBBが最も高い値を示した.細胞増殖への影響については,コントロール群と比較した場合,各覆髄剤群での細胞数は有意に低く,72時間ではコントロール群に次いでPCX-TBB群が多く,セラカルLC・ダイカルでは細胞数は有意に少なかった.ウシ象牙質との剪断接着強さにおいて,PCX-TBBは健全・脱灰象牙質条件いずれにおいても,ほかの材料と比較して有意に高い値を示した.またPCX-TBBとセラカルLCでは健全象牙質と比較し,脱灰象牙質で有意に高い剪断強さを示した.一方,ダイカルでは健全象牙質・脱灰象牙質条件ともに低い値を示した.結論:本研究によりPCX-TBBは,現在市販されている覆髄剤と同程度の高いpHをもちながら,それらの製品以上のカルシウム徐放性を有し,歯質との接着性のある覆髄剤となりうる可能性を示した.今後,成分分析やEDXなどのさらなる物性の確認や歯髄組織などへの影響を検討するとともに,接着試料の長期経過後の観察などを行う予定である.(著者抄録)

  • 達山 祥子, 高 裕子, 勝俣 愛一郎, 梶原 武弘, 星加 知宏, 今井 弘一, 西谷 佳浩 .  ポルトランドセメント含有接着性根管充填用シーラーの細胞増殖への影響 .  日本再生歯科医学会誌15 ( 1 ) 3 - 9   2017.12ポルトランドセメント含有接着性根管充填用シーラーの細胞増殖への影響

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本再生歯科医学会  

    抜髄後の根管充填においては、接着性を有する根管充填用シーラーを使用することが再感染防止の点で有利である。Mineral trioxide aggregate(MTA)は、殺菌作用と硬組織誘導能を有する水硬性セメントであり、直接覆髄、断髄、アペキシフィケーション、アペキソゲネーシス、パーフォレーション部の修復等の臨床応用が行われている。本研究では、MTAの効果を有する接着性根管充填用シーラーの開発を目的として、MTAの主成分であるポルトランドセメントを用いて、ポルトランドセメント含有試作根管充填用シーラーが細胞増殖に及ぼす影響について検討を行った。その結果、ポルトランドセメント含有量が10wt%以下においては、試作シーラーから溶出した成分を含む培養液中においてもヒト歯根膜細胞の生存する細胞数に変化はなかった。また培養液のpHおよび培養液中に溶出するCaイオン濃度はポルトランドセメントの含有量依存性に上昇した。今後は本試作シーラーの根尖部における硬組織誘導能について検討を行う予定である。(著者抄録)

  • Katsumata Aiichiro, Saikaew Pipop, Ting Shihchun, Katsumata Tamaki, Hoshika Tomohiro, Sano Hidehiko, Nishitani Yoshihiro .  象牙質に結合した新規ユニバーサルアドヒーシブの微小引張り強さ(Microtensile Bond Strength Bonded to Dentin of a Newly Universal Adhesive) .  Journal of Oral Tissue Engineering15 ( 1 ) 18 - 24   2017.9象牙質に結合した新規ユニバーサルアドヒーシブの微小引張り強さ(Microtensile Bond Strength Bonded to Dentin of a Newly Universal Adhesive)

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    実験的なユニバーサルアドヒーシブ(UA)であるK5D(トクヤマデンタル)の象牙質への微小引張り強さ(μTBS)と、その接着界面の微小形態を、スコッチボンドUA(SBU、3M ESPE)と比較した。平坦化したヒト臼歯の象牙質表面を600番のシリコンカーバイド紙で処理した8種類の試料を調製し、上記両UAの間で2種類の複合レジン(CR)、レジンコア(CO)および2種類のレジンセメント(CE)によるμTBSを比較した。また、COとCEについては光照射の有無で光の影響を比較した。その結果、μTBSは両UAによるCR接着体の間で有意な差を認めず、CO接着体との間では光照射の有無による有意な差は見られなかった。また、両UAによるCE接着体の間では、無照射SBUが、照射SBU、無照射/照射K5Dに比べ有意に低いμTBSを示した。以上より、無照射SBUはμTBSに負の影響を及ぼすが、K5Dは上記条件下で影響を受けないと考えられた。

  • Long-term durability of dental adhesive restoration materials .    37   15 - 19   2017.3Long-term durability of dental adhesive restoration materials

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • KATSUMATA Aiichiro, NISHITANI Yoshihiro, KATSUMATA Tamaki, HOSHIKA Shuhei, HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Tomiko, YAJIMA Takehiro, SATO Tadasu, ICHIKAWA Hiroyuki, SANO Hidehiko .  Dentin Bond Strength of the Universal Adhesives using the Colloidal Platinum Nanoparticles .  Journal of Oral Tissue Engineering15 ( 1 ) 11 - 17   2017

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    &lt;p&gt;The purpose of this study was to investigate the effect of colloidal platinum nanoparticles on dentin bond strength. One bonding system was tested CLEARFIL Universal Bond (CUB) and tested following two kinds as a surface treatment agent: 1 K ETCHANT Syringe (Ech), 2 the thing which mixed with phosphoric acid by a colloidal platinum nanoparticles (CPN). Dentin surfaces were subjected to one of the following treatments: NE(only CUB), E(Ech and CUB), CPN-E(CPN and CUB). After resin composite build-up, each specimen was sectioned after water storage at 37°C for 24 hours to obtain beams with a bonded area of 1 mm&lt;sup&gt;2&lt;/sup&gt;. µTBS test was performed using half of the beams from each group. Rest of the beams were tested after 6 months. The bond strength did not decrease only CPN-E in six months later. This study indicated that adhesion long-term durability is provided when use CUB and CPN together.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11223/jarde.15.11

  • 清水裕久、星加知宏、西谷佳浩、吉山昌宏 .  各種象牙質知覚過敏抑制材の象牙細管封鎖性について 象牙質および外来刺激が及ぼす影響の検討 .  日本歯科保存学会雑誌59 ( 3 ) 249 - 258   2016.6各種象牙質知覚過敏抑制材の象牙細管封鎖性について 象牙質および外来刺激が及ぼす影響の検討Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Imai Koichi, Akiyama Mari, Tamura Isao, Morita Shosuke, Iseki Tomio, Yoshida Hiroaki, Matsumoto Kazuhiro, Shida Muneyasu, Ogawa Fumiya, Sawai Hirofumi, Ohkubo Tadashi, Hoshika Tomohiro, Nishitani Yoshihiro .  ステレオリソグラフィーのための光硬化レジンが細胞分化と細胞生存率に及ぼす影響(Effects on Cell Differentiation and Cell Survival Rate of the Photocurable Resins for Stereolithography) .  Nano Biomedicine7 ( 2 ) 81 - 86   2015.12ステレオリソグラフィーのための光硬化レジンが細胞分化と細胞生存率に及ぼす影響(Effects on Cell Differentiation and Cell Survival Rate of the Photocurable Resins for Stereolithography)

     More details

    Language:English   Publisher:ナノ・バイオメディカル学会  

    生物学的リスクの少ない歯科鋳造用・光造形法用の光硬化レジン(PCR)を開発するため、2種類のエポキシPCRと代表的アクリル酸PCRがES-D3細胞の分化率とBulb/c 3T3細胞の生存率に及ぼす影響を評価した。両エポキシPCRは128倍希釈で細胞分化を認めず、アクリル酸PCRは64倍未満で殆ど細胞分化を認めなかったが、128倍希釈では細胞分化率が33%となった。両エポキシPCRでは培養1時間後の生存率が低く(15%と24%)、2時間培養後にはさらに低下し、24時間後には全細胞が死滅した。一方、アクリル酸PCRではエポキシPCRより高い生存率を認め、1、2および24時間培養後の生存率はそれぞれ79、32および15%であった。以上より、両エポキシPCRはアクリル酸PCRより大きな生物学的リスクを及ぼし、生物学的により安全なアクリル酸PCRは、医療用・歯科用使用に利用できると思われた。

  • Imai Koichi, Nishitani Yoshihiro, Hoshika Tomohiro, Akiyama Mari, Morita Shosuke, Iseki Tomio, Yoshida Hiroaki, Matsumoto Kazuhiro, Tamura Isao, Shida Muneyasu, Sawai Hirofumi, Ohkubo Tadashi, Suese Kazuhiko .  酸と人工唾液を使った腐食による市販の歯科用金銀パラジウム合金の胚毒性の研究(Study of Embryotoxicity of Commercial Dental Gold-silver-palladium Alloy by Corrosion using Acid and Artificial Saliva) .  Journal of Oral Tissue Engineering13 ( 2 ) 77 - 84   2015.12酸と人工唾液を使った腐食による市販の歯科用金銀パラジウム合金の胚毒性の研究(Study of Embryotoxicity of Commercial Dental Gold-silver-palladium Alloy by Corrosion using Acid and Artificial Saliva)

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    生物的に高い安全性を示す歯科用金銀パラジウム合金を開発するため、2種の市販合金(Primucast 12とMorita Kinpara Nice 12)の表面を耐水研磨紙で研磨し、塩酸、硫酸または人工唾液で腐食させ、その胚毒性を調べた。胚毒性は胚幹細胞試験(EST)プロトコルに使用される、マウスES-D3細胞の心筋細胞への分化率とアルカリ性ホスファターゼ(ALP)活性に基づいて評価した。表面腐食のない合金と比較して、酸または人工唾液により腐食した合金は、ES-D3細胞の分化率をわずかながら低下させた。すべてのES-D3細胞ではALP染色されず、腐食のALP活性への影響は認められなかった。2種の合金に差は認められなかった。日本ではこれらの歯科用合金は最も多く使用されており、いろいろな金銀パラジウム合金のプロトタイプのデータを解析し、胚毒性のリスクの低い合金組成を検討する必要があると考えられた。

  • Hoshika Tomohiro, Nishitani Yoshihiro, Takahashi Kei, Ogata Haruka, Ohara Naoko, Kajihara Takehiro, Yoshiyama Masahiro .  ヒドロキシアパタイトを含む実験的接着剤を用いた長期間の樹脂のミネラル化(Mineralization of Resin Using Experimental Adhesives Containing Hydroxyapatite in Long Term) .  Journal of Oral Tissue Engineering13 ( 2 ) 85 - 95   2015.12ヒドロキシアパタイトを含む実験的接着剤を用いた長期間の樹脂のミネラル化(Mineralization of Resin Using Experimental Adhesives Containing Hydroxyapatite in Long Term)

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    酸腐食象牙質への樹脂の浸透が不完全な場合は、ハイブリッド層に水分の多い、樹脂の少ない領域(隙間)が残ってしまい、樹脂や微細繊維の分解を引き起こすと推測される。実験的樹脂にヒドロキシアパタイト(Hap)を加えると、微小隙間をリン酸カルシウムで満すことができると考え、その仮説について検証した。0、5、10wt%のHApを加えた樹脂を作成した。この樹脂について、水分吸着と可溶性評価、カルシウム沈着誘導の評価、走査型電子顕微鏡観察とエネルギー分散X線分析、引張り試験を行った。その結果、HApは象牙質への樹脂の浸透には効果がなかったが、歯科用接着剤にHApを添加するとハイブリッド層の下に結晶を形成させ、強いアンカーになることが示唆された。

  • 吉田 登志子, 山中 玲子, 菅原 康代, 伊原木 聰一郎, 村上 隆, 村田 尚道, 志茂 剛, 柳田 剛志, 縄稚 久美子, 星加 知宏 .  早期見学実習の一環として実施した振り返りを取り入れたエスコート実習の評価 過去8年間の検討 .  日本歯科医学教育学会雑誌31 ( 1 ) 16 - 24   2015.4早期見学実習の一環として実施した振り返りを取り入れたエスコート実習の評価 過去8年間の検討

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本歯科医学教育学会  

    医療系大学においては、全人的医療教育やコミュニケーション教育を目標として患者に付き添う実習が導入されている。しかしながら、その実習内容に振り返りを取り入れた報告は散見するにすぎない。岡山大学歯学部では、早期見学実習の一環として学生が何を学び、感じたかを分かち合う振り返りを取り入れ、外来初診患者を対象としたエスコート実習を実施してきた。本エスコート実習を受講した学生および実習に協力が得られた患者を対象にアンケートを実施し、本実習がどのように評価されているかを検討した。1年次生370名および患者422名の回答を分析した結果、以下の結論を得た。大多数(96.5%)の学生は本実習を有意義だと評価しており、学生は本実習により患者の視点を理解し、医療人にふさわしいコミュニケーションの技能も理解していた。また、本実習が学生にとって医療人を目指す者としての態度の修得や自覚をもつことを促す動機づけになっていた。大多数(96.4%)の患者が学生の態度について肯定的に評価をしており、85.0%がこの実習は有意義なものであると評価していた。その主な理由として、学生が患者の視点や医療人にふさわしいコミュニケーションの技能を理解できることなどが挙げられていた。以上より、本実習は学生が患者の視点を理解し、医療人を目指す者としての態度や自覚を身につけるという学習目標を達成しており、学生および患者から高く評価されていることが示唆された。(著者抄録)

  • Influence of Incorporating Sodium Fluoride on Flexural Strength, Water Absorption and Solubility of Adhesive Resin Cements .    58 ( 1 ) 10 - 16   2015Influence of Incorporating Sodium Fluoride on Flexural Strength, Water Absorption and Solubility of Adhesive Resin CementsReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Effects on Cell Differentiation and Cell Survival Rate of the Photocurable Resins for Stereolithography .    7 ( 2 ) 81 - 86   2015Effects on Cell Differentiation and Cell Survival Rate of the Photocurable Resins for StereolithographyReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Mineralization of Resin Using Experimental Adhesives Containing Hydroxyapatite in Long Term .    13 ( 2 ) 85 - 95   2015Mineralization of Resin Using Experimental Adhesives Containing Hydroxyapatite in Long TermReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Study of Embryotoxicity of Commercial Dental Gold-silver-palladium Alloy by Corrosion using Acid and Artificial Saliva .    13 ( 2 ) 77 - 84   2015Study of Embryotoxicity of Commercial Dental Gold-silver-palladium Alloy by Corrosion using Acid and Artificial SalivaReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Tomohiro Hoshika, Yoshihiro Nishitani, Masahiro Yoshiyama, William O. Key, William Brantley, Kelli A. Agee, Lorenzo Breschi, Milena Cadenaro, Franklin R. Tay, Frederick Rueggeberg, David H. Pashley .  Effects of quaternary ammonium-methacrylates on the mechanical properties of unfilled resins. .  DENTAL MATERIALS30 ( 11 ) 1213 - 1223   2014.11Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:ELSEVIER SCI LTD  

    Objective. Adding antimicrobial/anti-MMP quaternary ammonium methacrylates (QAMs) to comonomer blends should not weaken the mechanical properties of dental resins. This work evaluated the degree conversion and mechanical properties of BisGMA/TEGDMA/HEMA(60: 30: 10) containing 0-15 mass% QAMs A-E (A: 2-acryloxyethyltrimethyl ammonium chloride; B: [3-(methacryloylamino) propyl] trimethylammonium chloride; C: [2(methacryloxy) ethyl] trimethyl ammonium chloride; D: diallyldimethyl ammonium chloride; E: 2-(methacryloyloxy) ethyltrimethyl ammonium methyl sulfate.
    Methods. Unfilled resins with and without QAM were placed on ATR-FTIR and light-polymerized for 20 s in a thin film at 30 degrees C. Unfilled resin beams were casted from square hollow glass tubings. Half of the beams were tested after 3 days of drying (control); the other half were tested wet after 3 days of water storage.
    Results. Addition of QAMs in control resins significantly increased conversion 600 s after light termination, with the exception of 5% MAPTAC (p &lt; 0.05). Increase of QAM content within a formulation significantly increased conversion. Control beams gave dry Young's moduli of similar to 700 MPa. Addition of 5, 10 or 15 mass% QAMs produced significant reductions in dry Young's moduli except for 5% B or C. 15 mass% A, B and C lowered the wet Young's moduli of the resin beams by more than 30%. The ultimate tensile stress (UTS) of control dry resin was 89 +/- 11 MPa. Addition of 5-10 mass% QAMs had no adverse effect on the dry UTS. After water storage, the UTS of all resin blends fell significantly (p &lt; 0.05), especially when 15 wt% QAMs was added. Control dry beams gave fracture toughness (K-IC) values of 0.88 +/- 0.1 MPa m(1/2). Wet values were significantly higher at 1.02 +/- 0.06 (p &lt; 0.05). K-IC of dry beams varied from 0.85 +/- 0.08 at 5% QAMs to 0.49 +/- 0.05 at 15% QAMs. Wet beams gave K-IC values of 1.02 +/- 0.06 MPa m(1/2) that fell to 0.23 +/- 0.01 at 15% QAMs.
    Significance. Addition of 10% QAMs increased the degree of conversion of unfilled resins, but lowered wet toughness and UTS; addition of 15% QAMs lowered the mechanical properties of wet resins below acceptable levels. (C) 2014 Academy of Dental Materials. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dental.2014.08.365

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 田中 久美子, 徳善 英紀, 大原 直子, 星加 知宏, 高橋 圭, 神農 泰生, 伊澤 俊次, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏 .  Tooth Wearに対してコンポジットレジンによる審美修復を行った症例 .  岡山歯学会雑誌33 ( 1 ) 1 - 5   2014.6Tooth Wearに対してコンポジットレジンによる審美修復を行った症例

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山歯学会  

    症例は36歳女性で、主訴は上顎前歯部の色調と形態不良による審美障害であった。上下顎の中切歯と側切歯のエナメル質の損耗を認め、唇側歯頸部にう蝕を認めた。プラークコントロールは良好であった。パノラマ・デンタルX線で上顎中切歯は切縁のエナメル質が欠落し、歯冠長の短い像を認めた。問診で過去に摂食障害で嘔吐の繰り返しがあり、現在はパイナップル、梅酒、酢の物を好んで摂取していた。象牙質う蝕を併発した酸蝕と診断し、食生活の見直しとして酸性食の摂取量を控えるように指導し、唇面の歯質欠損とう蝕に対しては上顎で右側第一小臼歯から左側第一小臼歯までの8本、下顎で右側第一小臼歯から左側第二小臼歯までの9本、合計17本にコンポジットレジンによる修復処置を行った。臼歯部咬合面と前歯部舌面は症状がなく、臼歯部の咬合が安定しており修復処置は行わず経過観察とした。

  • 大原 直子, 田中 久美子, 垣内 伸子, 星加 知宏, 高橋 圭, 神農 泰生, 伊澤 俊次, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏 .  垂直歯根破折歯を口腔外接着再植法にて保存した症例 .  岡山歯学会雑誌33 ( 1 ) 7 - 11   2014.6垂直歯根破折歯を口腔外接着再植法にて保存した症例

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山歯学会  

    症例は51歳女性で、主訴は下顎左側第二小臼歯の歯根破折の接着治療であった。同歯は近遠心方向に垂直破折し、破折間隔が生じて頬側歯質は動揺していた。根管長は12mm、破折部のプロービングデプスは10mmで根尖に達していると思われた。X線で歯根が二分して根尖部でずれが生じ、歯根周囲の骨吸収像を認めた。歯根膜を損傷しないように同歯を抜歯し、破折面、根管内の汚染を超音波スケーラーで清掃して10%クエン酸3%塩化第2鉄溶液を塗布し、レジンセメントにて接着した。セメントの硬化前に根管にガッタパーチャポイントを挿入した。抜歯窩の炎症性肉芽を掻爬して接着した破折歯を180°回転して再植し、隣在歯、周囲歯肉とレジンセメントにて固定した。歯肉に接したセメントは1週後に抜去し、隣在歯との固定部分は1ヵ月間継続した。その後、コンポジットレジンにて支台築造後にテンポラリークラウンを装着し、紹介元医院にて最終補綴物を装着した。

  • IZAWA Shunji, YAMAJI Kozo, HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Yoshihiro, YOSHIYAMA Masahiro .  Induction of ES cells from Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells: Epigenetic Control and Initialization of the Cells .  Journal of Oral Tissue Engineering11 ( 3 ) 220 - 226   2014

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    Tissue regeneration is an important issue in the field of operative dentistry. In a series of previous studies, we demonstrated that tumor necrosis factor (TNF)-α activates the potential for totipotency in human mesenchymal stem cells (hMSCs) and leads to the regeneration of target cells or tissues in the presence of appropriate environmental factors. We proposed that TNF-α is an essential activator of totipotency for hMSCs to differentiate into various types of cells. In this study, we focused on epigenetic control that is closely associated with initialization of cells and examined the expression levels of Oct4, which is a marker of initialization of epigenetic control using the transcription factor set of TNF-α and Activin A. Our results indicate that this transcription factor set induces initialization of hMSCs to ES cells.

    DOI: 10.11223/jarde.11.220

  • Effects of chlorhexidine in self-etching adhesive: 24 hours results. .    32 ( 3 ) 420 - 424   2013Effects of chlorhexidine in self-etching adhesive: 24 hours results.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • IZAWA Shunji, YAMAJI Kozo, HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Yoshihiro, YOSHIYAMA Masahiro .  Study of Pluripotency and Activation of Totipotency in Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells .  Journal of Oral Tissue Engineering10 ( 2 ) 95 - 103   2012

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    Tissue regeneration is the important issue in the field of operative dentistry. We demonstrated in series of studies that human bone marrow mesenchymal stem cells (hMSCs) can differentiate into odontblasts under the certain conditions (Izawa S <i>et al</i>., 2009). Mesenchymal stem cells can differentiate into multiple types of cells derived from mesenchyme (Liechty KW <i>et al</i>., 2000). At the same time odontblasts are primarily derived from mesenchyme; thus, we expected that mesenchymal stem cells can differentiate into odontblasts.The results in series of our study indicated that TNFα is necessary for hMSCs to differentiate into odontblasts and suggest that TNFα activates potential totipotency of hMSCs and the activation can lead to the regeneration of target cells or tissues.

    DOI: 10.11223/jarde.10.95

  • Arzu Tezvergil-Mutluay, Kelli A. Agee, Tomohiro Hoshika, Toshikazu Uchiyama, Leo Tjaderhane, Lorenzo Breschi, Annalisa Mazzoni, Jeremy M. Thompson, Courtney E. McCracken, Stephen W. Looney, Franklin R. Tay, David H. Pashley .  Inhibition of MMPs by alcohols. .  DENTAL MATERIALS27 ( 9 ) 926 - 933   2011.9Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:ELSEVIER SCI LTD  

    Objectives. While screening the activity of potential inhibitors of matrix metalloproteinases (MMPs), due to the limited water solubility of some of the compounds, they had to be solubilized in ethanol. When ethanol solvent controls were run, they were found to partially inhibit MMPs. Thus, the purpose of this study was to compare the MMP-inhibitory activity of a series of alcohols.
    Methods. The possible inhibitory activity of a series of alcohols was measured against soluble rhMMP-9 and insoluble matrix-bound endogenous MMPs of dentin in completely demineralized dentin. Increasing concentrations (0.17, 0.86, 1.71 and 4.28 mol/L) of a homologous series of alcohols (i.e. methanol, ethanol, propanols, butanols, pentanols, hexanols, the ethanol ester of methacrylic acid, heptanols and octanol) were compared to ethanediol, and propanediol by regression analysis to calculate the molar concentration required to inhibit MMPs by 50% (i.e. the IC(50)).
    Results. Using two different MMP models, alcohols were shown to inhibit rhMMP-9 and the endogenous proteases of dentin matrix in a dose-dependent manner. The degree of MMP inhibition by alcohols increased with chain length up to 4 methylene groups. Based on the molar concentration required to inhibit rhMMP-9 fifty percent, 2-hydroxyethylmethacrylate (HEMA), 3-hexanol, 3-heptanol and 1-octanol gave the strongest inhibition.
    Significance. The results indicate that alcohols with 4 methylene groups inhibit MMPs more effectively than methanol or ethanol. MMP inhibition was inversely related to the Hoy&apos;s solubility parameter for hydrogen bonding forces of the alcohols (i.e. to their hydrophilicity). (C) 2011 Academy of Dental Materials. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dental.2011.05.004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 西谷 佳浩, 糸田 俊之, 星加 知宏, 高橋 圭, 田中 久美子, 森本 紗也子, 伊澤 俊次, 山路 公造, 鳥井 康弘, 吉山 昌宏 .  う蝕除去法の異なる象牙質へのセルフエッチングシステムの接着 .  日本歯科保存学雑誌54 ( 4 ) 276 - 288   2011.8う蝕除去法の異なる象牙質へのセルフエッチングシステムの接着

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    本研究では,3種のセルフエッチング接着システム,G-Bond(ジーシー),One-up Bond F(トクヤマデンタル),Clearfil Mega Bond(クラレメディカル)を用いて,う蝕除去法の違いが象牙質引張接着強さに及ぼす影響について検討を行った.高速回転切削器具,Er:YAGレーザー照射および超音波振動装置によってう蝕を除去した象牙質を用いて,微小引張接着強さの測定ならびに微細構造の走査電子顕微鏡観察を行った.その結果,高速回転切削器具によるう蝕除去で生成されるスミヤー層が,Er:YAGレーザー照射および超音波振動装置の場合には生成されなかった.Clearfil Mega Bondは,Er:YAGレーザー照射によってう蝕を除去した象牙質に比較して,高速回転切削器具および超音波振動装置を用いた場合の象牙質に対して高い接着強さを示した.One-up Bond Fは,超音波振動装置を用いた場合に他の除去法よりも高い接着強さを示した.以上のことから,セルフエッチング接着システムを用いる場合には,超音波振動装置によるう蝕除去法が有用な可能性が示唆された.(著者抄録)

  • Umemura S. .  Synchronous double primary lung cancers with different response to pemetrexed .  Anti-Cancer Drugs22 ( 5 ) 473 - 476   2011.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Anti-Cancer Drugs  

    DOI: 10.1097/CAD.0b013e328344a964

    Scopus

  • 星加 知宏 .  ハイドロキシアパタイトを配合した新規ボンディング材による象牙質の再石灰化の可能性に関する研究 .  岡山歯学会雑誌30 ( 1 ) 1 - 12   2011.6ハイドロキシアパタイトを配合した新規ボンディング材による象牙質の再石灰化の可能性に関する研究

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山歯学会  

    象牙質に接着性材料を用いるうえで、被着面への脱灰処理は必須である。しかし、その一方で、う蝕の残存した象牙質切削面や、3ステップ接着システムにおける歯面処理後の接着性レジンの浸透が不十分なため残存した脱灰象牙質の存在、あるいは未重合レジンの溶出などによって、接着界面に微小な空隙が生じることが報告されている。この構造欠陥であるナノスペースの存在は、コラーゲン線維やレジンの加水分解、レジンの溶出などを促進することから、接着界面の経時的劣化の起始点となり、重大な影響を与える可能性が示唆されている。そこで今回、経時的劣化の起始点である構造欠陥を抑制するために、ナノサイズのハイドロキシアパタイト粒子を配合した新規ボンディング材を使用し、これにより歯質の石灰化が促進され、接着界面に生じたナノスペースが石灰化物で封鎖されるなどの効果が得られるか実験的に検討した。結果、その効果が認められ、本ボンディング剤の使用は接着界面の耐久性向上に寄与することが示唆された。

  • Arzu Tezvergil-Mutluay, Kelli A. Agee, Tomohiro Hoshika, Marcela Carrilho, Lorenzo Breschi, Leo Tjaderhane, Yoshihiro Nishitani, Ricardo M. Carvalho, Stephen Looney, Franklin R. Tay, David H. Pashley .  The requirement of zinc and calcium ions for functional MMP activity in demineralized dentin matrices. .  DENTAL MATERIALS26 ( 11 ) 1059 - 1067   2010.11Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:ELSEVIER SCI LTD  

    The progressive degradation of resin-dentin bonds is due, in part, to the slow degradation of collagen fibrils in the hybrid layer by endogenous matrix metalloproteinases (MMPs) of the dentin matrix. In in vitro durability studies, the storage medium composition might be important because the optimum activity of MMPs requires both zinc and calcium.
    Objective. This study evaluated the effect of different storage media on changes in matrix stiffness, loss of dry weight or solubilization of collagen from demineralized dentin beams incubated in vitro for up to 60 days.
    Methods. Dentin beams (1 mm x 2 mm x 6 mm) were completely demineralized in 10% phosphoric acid. After baseline measurements of dry mass and elastic modulus (E) (3-point bending, 15% strain) the beams were divided into 5 groups (n = 11/group) and incubated at 37 degrees C in either media containing both zinc and calcium designated as complete medium (CM), calcium-free medium, zinc-free medium, a doubled-zinc medium or water. Beams were retested at 3, 7, 14, 30, and 60 days of incubation. The incubation media was hydrolyzed with HCl for the quantitation of hydroxyproline (HOP) as an index of solubilization of collagen by MMPs. Data were analyzed using repeated measures of ANOVA.
    Results. Both the storage medium and the storage time showed significant effects on E, mass loss and HOP release (p &lt; 0.05). The incubation in CM resulted in relatively rapid and significant (p &lt; 0.05) decreases in stiffness, and increasing amounts of mass loss. The HOP content of the experimental media also increased with incubation time but was significantly lower (p &lt; 0.05) than in the control CM medium, the recommended storage medium.
    Conclusions. The storage solutions used to age resin-dentin bonds should be buffered solutions that contain both calcium and zinc. The common use of water as an aging medium may underestimate the hydrolytic activity of endogenous dentin MMPs. (c) 2010 Academy of Dental Materials. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dental.2010.07.006

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Arzu Tezvergil-Mutluay, Kelli A. Agee, Tomohiro Hoshika, Franklin R. Tay, David H. Pashley .  The inhibitory effect of polyvinylphosphonic acid on functional matrix metalloproteinase activities in human demineralized dentin. .  ACTA BIOMATERIALIA6 ( 10 ) 4136 - 4142   2010.10Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:ELSEVIER SCI LTD  

    This study has examined the use of polyvinylphosphonic acid (PVPA) as a potential matrix metalloproteinase (MMP) inhibitor and how brief cross-linking of demineralized dentin matrix that did not affect its mechanical properties enhanced the anti-MMP activity of PVPA The anti-MMP potential of five PVPA concentrations (100-3000 mu g ml(-1)) was initially screened using a rhMMP-9 colorimetic assay Demineralized dentin beams were treated with the same five concentrations of PVPA to collagen and then aged for 30 days in a calcium- and zinc-containing medium. The changes in modulus of elasticity, loss of dry mass and dissolution of collagen peptides were measured via three-point bending, precision weighing and hydroxyproline assay, respectively All tested PVPA concentrations were highly effective (P &lt; 0.05) in inhibiting MMP-9 Ageing in the incubation medium did not significantly alter the modulus of elasticity of the five PVPA treatment groups Conversely, aged dentin beams from the control group exhibited a significant decline in their modulus of elasticity (P &lt; 0.05) over time. Mass loss from the dentin beams and the corresponding Increase in hydroxyproline in the medium in the five PVPA treatment groups were significantly lower than for the control (P &lt; 0.05). PVPA is a potent inhibitor of endogenous MMP activities in demineralized dentin. It may be used as an alternative to chlorhexidine to prevent collagen degradation within hybrid layers to extend the longevity of resin-dentin bonds. (C) 2010 Acta Materialia Inc. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved

    DOI: 10.1016/j.actbio.2010.05.017

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • YAMAJI Kozo, NISHIMURA Maiko, NISHITANI Yoshihiro, IZAWA Shunji, HOSHIKA Tomohiro, SHIODE Shintaro, YOSHIYAMA Masahiro .  Effects of Ultrasound on Bone Formation Induced by BMP-2 .  Journal of Oral Tissue Engineering8 ( 1 ) 47 - 51   2010

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) is therapeutic instrument of improving bone healing, and Bone Morphogenetic Protein-2 (BMP-2) has been demonstrated to enhance bone formation. The present study was designed to evaluate the effects of LIPUS on bone formation induced by BMP-2 at palatal subperiosteal sites in Wister rats. Alginated gel (AG) contained BMP-2 (1.0&micro;g/&micro;L) was implanted into the palatal left site (BMP site), and AG alone was the right site (AG site). The rats were divided into two groups; LIPUS group, ultrasound (1MHz, 160mW, 5 min) was performed every three days, and non-LIPUS group. At 3 weeks after surgery, thickness of new bone of BMP site was significantly higher than that of AG site (P<0.05). Newly formed bone of BMP site was continuous with the original bone at non-LIPUS group, whereas it was almost integrated with the original bone at LIPUS group.<br>These results suggest that LIPUS has the ability to enhance the maturation of newly formed bone induced by BMP-2.

    DOI: 10.11223/jarde.8.47

  • HOSHIKA Tomohiro, NISHITANI Yoshihiro, TAKAHASHI Kei, TANAKA Kumiko, NAKATA Takashi, YAMAJI Kozo, YOSHIYAMA Masahiro .  A study of flow on flowable resin composite .    27 ( 3 ) 118 - 124   2009.12

     More details

    Language:Japanese  

  • 田中 久美子, 西谷 佳浩, 高橋 圭, 星加 知宏, 吉山 昌宏 .  ワンボトルセルフエッチングシステムの脱灰および再石灰化象牙質に対する接着 .  日本歯科保存学雑誌52 ( 1 ) 94 - 102   2009.2ワンボトルセルフエッチングシステムの脱灰および再石灰化象牙質に対する接着

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    口腔内において脱灰・再石灰化を繰り返し,難溶性のう蝕結晶体が沈着したう蝕影響象牙質は,耐酸性が強い.そのため,脱灰力が弱いセルフエッチングシステムでは,象牙質表層の脱灰効果が低く,その結果,モノマーの浸透性が低下するために,接着強さが低下するといわれている.人工脱灰象牙質に対するコンポジットレジンの接着性を向上させる手段として,2-hydroxyethyl methacrylate(HEMA)による前処理が報告されている.また,硬化した象牙質表面処理の際にagitationを行うことで意図的にモノマーを浸透させる方法が知られている.そこで本研究では,ワンボトルワンステップセルフエッチングシステムであるClearfil Tri-S Bond(トライエスボンド)を用いて,う蝕影響象牙質に対するモノマーの浸透性を評価し,接着性について検討を行うことを目的とした.HEMA含有前処理溶液として,50wt%HEMAと50wt%1,2-propanediolからなる混合溶液(H/P溶液)を作製した.人工脱灰象牙質と,脱灰後に再石灰化の影響を受けた人工再石灰化象牙質をう蝕影響象牙質のモデルとした.健全ヒト抜去小臼歯に作製した健全・脱灰・脱灰後1週間(1W)再石灰化および4週間(4W)再石灰化象牙質に対して,歯面処理を行う際,メーカー指示どおりに処理を行うcontrol群,H/P溶液による前処理を行った後にトライエスボンドで処理を行うH群およびH/P溶液による前処理後にトライエスボンドをagitationするH/A群に分け,それぞれについて微小引張り接着強さを測定した.また,共焦点レーザー顕微鏡(CLSM)を用いて,3群それぞれの象牙質界面に対するモノマーの浸透性の評価を行った.control群において,健全および脱灰象牙質の接着強さは同等の値を示し,再石灰化象牙質の接着強さは低い値を示した.また,脱灰および再石灰化象牙質では,健全象牙質と比較して象牙質表層下へのモノマーの浸透性が低下していた.健全および再石灰化象牙質においては,H/P溶液による前処理を行うことで接着強さは向上した.H/P溶液による前処理に加え,歯面処理の際にagitationを応用することによる接着強さの向上は,本研究では認めなかった.健全および再石灰化象牙質接着に関してトライエスボンドを使用するにあたり,H/P溶液による前処理が接着性の向上に有効であることが示唆された.(著者抄録)

  • Dentin Regeneration by the Differentiated Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells .    7 ( 1 ) 47 - 55   2009Dentin Regeneration by the Differentiated Human Bone Marrow Mesenchymal Stem CellsReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yamaji Kozo, Takahashi Kei, Nishitani Yoshihiro, Izawa Shunji, Horikawa Gen, Nishimura Maiko, Hoshika Tomohiro, Yoshiyama Masahiro .  口蓋領域に移植したBMP-2の骨形成に対する効果(Effects of BMP-2 Injected into the Palatal Sites on Bone Formation) .  Journal of Oral Tissue Engineering6 ( 1 ) 62 - 66   2008.9口蓋領域に移植したBMP-2の骨形成に対する効果(Effects of BMP-2 Injected into the Palatal Sites on Bone Formation)

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    Wistar系ラットの口蓋骨膜に組み換えヒトBMP-2(rhBMP-2)を移植し、骨形成に与える効果の評価を行った。移植領域を4群に分け、各群に0、0.1、0.5、1.0μgのrhBMP-2を移植した。移植の3日後に組織病理観察と新生骨形成の評価を行った。全群において移植物は消失しており、0.1、0.5、1.0μg群において新生骨形成がみられた。0.5、1.0μg群では新生骨と元から存在した骨が連続していた。0〜0.5μgでは濃度の増加と共に新生骨の厚さが増加していたが、0.5μg群と1.0μg群では新生骨の厚さに有意差はみられなかった。口蓋骨膜へのrhBMP-2の移植は新生骨形成を誘導し、その効果はrhBMP-2濃度によって異なることが分かった。

  • Effect of one-bottle bonding material "Absolute 2" on adhesion to contaminated dental hard tissues .    26 ( 2 ) 99 - 105   2008Effect of one-bottle bonding material "Absolute 2" on adhesion to contaminated dental hard tissuesReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Effects of resin hydrophilicity on dentin bonds .    26 ( 2 ) 92 - 98   2008Effects of resin hydrophilicity on dentin bondsReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • YAMAJI Kozo, TAKAHASHI Kei, NISHITANI Yoshihiro, IZAWA Shunji, HORIKAWA Gen, NISHIMURA Maiko, HOSHIKA Tomohiro, YOSHIYAMA Masahiro .  Effects of BMP-2 Injected into the Palatal Sites on Bone Formation .  Journal of Oral Tissue Engineering6 ( 1 ) 62 - 66   2008

     More details

    Language:English   Publisher:日本再生歯科医学会  

    This study was designed to evaluate the effects of recombinant human BMP-2 (rhBMP-2) injected into the palatal periosteal sites in Wister rats on bone formation. The implant sites were separately divided into four groups according to the dosage of rhBMP-2 : 0 &micro;g, 0.1 &micro;g, 0.5 &micro;g and 1.0 &micro;g. The rats were sacrificed at 3 weeks after implantation, followed by histopathologic observation and histometric evaluation of new bone. Implants had disappeared at every group and new bone formation was observed at 0.1 &micro;g, 0.5 &micro;g and 1.0 &micro;g. New bone was continuous with the original bone at 0.5 &micro;g and 1.0 &micro;g. Thickness of new bone increased as the dosage increased from 0 &micro;g to 0.5 &micro;g (P<0.05), and did not significantly change as the dosage increased from 0.5 &micro;g to 1.0 &micro;g. These results suggested that rhBMP-2 injected into the palatal periosteal sites could lead to induce new bone formation, although its effects varied according to the dosage of rhBMP-2.

    DOI: 10.11223/jarde.6.62

  • 大前 正範, 星加 知宏, 末松 亮, 西村 綾乃, 美甘 真, 穴吹 優佳, 神谷 絵里子, 岸本 麻実, 林 真千子, 神農 泰生, 吉山 昌宏 .  ホワイトニング前後における歯質への着色量の変化に関する研究 .  日本歯科保存学雑誌50 ( 6 ) 675 - 680   2007.12ホワイトニング前後における歯質への着色量の変化に関する研究

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    歯に対するホワイトニングの効果は永久的なものではなく,経時的に色が元に戻ってくることが報告されている.そのため,ホワイトニングの効果が長く続くようにホワイトニング直後の着色飲食物の摂取を控えることが推奨されている.また,ホワイトニングを行うと歯面表層が粗【造】になることが報告されていることから,ホワイトニング後の歯面は着色飲食物による色調変化が大きくなる可能性がある.そこで,ホワイトニング前後における着色飲食物による色調変化について検討を行った.抜去したヒト上顎切歯をコーヒーにて着色後,ホワイトニング処置を行った.ホワイトニング処置はオフィスホワイトニング処置を1週間ごとに約30分間,ホームホワイトニング処置は毎日3時間,それぞれ3週間行った.色調の測定はホワイトニング前,着色後,ホワイトニング処置時および再着色後に行った.結果として,ホワイトニング前および着色後の色差に比べ,ホワイトニング後および再着色後の色差は有意に低い値を示した.すなわち,ホワイトニングを行った歯はホワイトニングを行う前よりも着色されにくいことが示された.(著者抄録)

  • HOSHIKA Tomohiro, OMAE Masanori, SHINO Yasuo, KAMIYA Eriko, TAKAHASHI Kei, NISHITANI Yoshihiro, YOSHIYAMA Masahiro .  The studies of bleaching and staining on color change of tooth .    50   2007.5

     More details

    Language:Japanese  

  • Hoshika T. .  Hardness distribution of molybdenum alloys which performed carbonization treatment .  Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy49 ( 1 ) 32 - 36   2002.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy  

    DOI: 10.2497/jjspm.49.32

    Scopus

▼display all

Books

  • MUST OF INITIAL TREATMENT

    西谷佳浩 星加知宏,他 23名:( Role: Joint author)

    株式会社デンタルダイヤモンド社  2018.9 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

MISC

  • マイクロテンサイル法(微小引張接着試験)について

    西谷 佳浩, 星加 知宏

    日本歯科保存学雑誌   63 ( 5 )   351 - 355   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    歯科用接着材料の接着試験に、0.5〜1.0mm2ぐらいの小さな接着面に試料を作製する微小引張接着試験(マイクロテンサイル法)が用いられるようになり、それまで測定が困難であった同一歯内での異なる部位やう蝕に罹患した部位についても接着試験を行うことが比較的容易になった。象牙質の接着試験について概説し、北海道大学と東京医科歯科大学で行ったマイクロテンサイル法の試料作製を詳しく紹介した。

  • 【コンポジットレジン2020アップデート】オールインワンの汎用性獲得/ユニバーサル化(多用途化)にみるレジン接着システムのポイント

    西谷 佳浩, 星加 知宏

    日本歯科評論   80 ( 7 )   44 - 51   2020.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

  • 接着技術を応用した歯内治療関連材料開発への取り組みについて Reviewed

    西谷佳浩,星加知宏

    日本歯内療法学会雑誌   40 ( 2 )   76 - 79   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 密着性シーラーと接着性シーラー Reviewed

    西谷佳浩 星加知宏,他 23名

    MUST OF INITIAL TREATMENT   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:株式会社デンタルダイヤモンド社  

Presentations

  • ⑤ 星加知宏, 池田正臣, 髙 裕子 , 西谷登美子, 勝俣 環, 永山祥子, 勝俣愛一郎, 西谷佳浩.   ピロリドンカルボン酸を配合した歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究-第2報-.  

    日本歯科保存学会2022年度秋季学術大会(第157回)  2022.11 

     More details

    Event date: 2022.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • Tomohiro HOSHIKA, Ker-Kong CHEN, Yoshihiro NISHITANI   Short-time sealing property of the new hydraulic cement   International coauthorship International conference

    International Dental Material Congress 2022  2022.10 

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • 星加知宏,西谷佳浩   ポルトランドセメント含有覆髄剤の象牙質せん断接着強さに対する血液の影響について.  

    第43回日本歯内療法学会学術大会  2022.7 

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Tomohiro Hoshika, Aiichiro Katsumata, Yoshihiro Nishitani.   The effect of blood on the hardening of pulp capping agents.   International conference

    IAD2022@Sapporo  2022.6 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  • 髙 裕子, 達山祥子, 富田和男, 星加知宏, 佐藤友昭, 西谷佳浩   歯髄細胞へのストレス はアクアポリン9の発現を低下させる  

    日本歯科保存学会2022年度春季学術大会(第156回)  2022.6 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 髙 裕子, 宮下桂子, 達山祥子, 星加知宏, 西谷佳浩   ストレス誘導性細胞死に対するアクアポリンの関与  

    第152回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2020.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:神戸(誌上開催)  

  • Tomohiro Hoshika, Aiichiro Katsumata, Yoshihiro Nishitani   Print precision in the dental SLA 3D printer   International conference

    the 2019 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • 星加知宏,池田正臣,西谷佳浩   義歯洗浄剤が義歯裏装材表面に及ぼす影響について  

    日本歯科理工学会第73回学術講演会 

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京  

  • 勝俣愛一郎,根本 章,髙 裕子,勝俣 環,西谷登美子,丁 群展,達山祥子,星加知宏,西谷佳浩   塩酸含有歯科用口腔清掃材のエナメル質表面に及ぼす影響  

    第18回美容口腔管理学会総会・学術講演会 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪  

  • A KATSUMATA, T HOSHIKA, Y NISHITANI   The Effect Of Dentin Remineralization By Pulp-cappin Materials   International conference

    The 66th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Hokkaido, Japan  

  • 勝俣 環,根本 章,髙 裕子,西谷登美子,丁 群展,永山祥子,勝俣愛一郎,星加知宏,西谷佳浩   亜鉛含有グラスアイオノマーセメントに対するStreptococcus mutans初期付着性  

    第149回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都  

  • 星加 知宏,池田 正臣,高 裕子,西谷 登美子,勝俣 環,永山 祥子,勝俣 愛一郎,保坂 啓一,田上 順次,西谷 佳浩   ピロリドンカルボン酸を配合した新規歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究  

    第149回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都  

  • Tomohiro Hoshika, Yoshihiro Nishitani   Influence of Tannic Acid on Mechanical Properties of Dentin and Bonding Strength   International conference

    32th International Association for Dental research, South East Asia Division 29th South East Asia Association for Dental Education 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Da nang, Vietnam  

  • 西條詩織、佐藤匡、矢島健太、島崎健一郎、西谷登美子、星加知宏、西谷佳浩、市川 博之   Alpha-synucleinの感覚神経節における分布  

    第60 回歯科基礎医学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

  • 星加知宏,勝俣愛一郎,丁 群展,勝俣 環,西谷登美子,永山祥子,西谷佳浩   MMPS活性抑制効果を持つ接着システムの象牙質に対する影響について  

    第148回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:横浜、神奈川  

  • 西谷登美子,星加知宏,勝俣愛一郎,丁 群展,林 宏昌,勝俣 環,永山祥子,西谷佳浩   試作覆髄剤の象牙質剪断接着強さ  

    第148回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:横浜、神奈川  

  • Tomohiro Hoshika, Aiichiro Katsumata, Chun-Chan Ting, Yoshihiro Nishitani.   Influence of the cross-linker on mechanical properties of the decalcified dentin   International conference

     More details

    Event date: 2017.10 - 2017.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Piracicaba, SP, Brazil  

  • 西谷佳浩、中田和彦、星加知宏、梶原武弘、徳田雅行、山下(森元)陽子、川上克子   硬組織誘導能・象牙質封鎖性を有するセメントの開発ー象牙質封鎖性についてー  

    第37回日本歯内療法学会学術大会 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 星加知宏   象牙質接着界面における石灰化誘導の応用  

    第8回日本再生歯科医学会シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:鹿児島大学  

  • T.Hoshika, Y.Nishitani, K.Takahashi, H.Ogata, T.Kajihara, M.Yoshiyama   The evaluation of new all-in-one self-etchin adhesives   International conference

    94th General Session & Exhibition of the IADR 

     More details

    Event date: 2016.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 中田 貴, 神農 泰生, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質再生に関する研究 リアルタイムRT-PCR法による遺伝子発現解析  

    日本再生歯科医学会誌  2009.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究 全能性賦活因子の探索  

    日本再生歯科医学会誌  2011.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 中田 貴, 神農 泰生, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究 全能性の同定のための遺伝子発現比較分析  

    日本再生歯科医学会誌  2010.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いたES細胞の誘導に関する研究 エピジェネティック制御と細胞の初期化  

    日本再生歯科医学会誌  2013.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ヒト脂肪由来幹細胞を用いたES細胞の誘導に関する研究 エピジェネティック制御と細胞の初期化  

    日本再生歯科医学会誌  2014.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 岩田 知幸, 長岡 紀幸, 星加 知宏, 西谷 佳浩   ハイブリッドレジンブロックに対するシラン処理が接着強さに与える影響  

    日本歯科理工学会誌  2021.9  (一社)日本歯科理工学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ハイドロキシアパタイトを配合した試作接着システムの象牙質再石灰化についての検討(第2報)  

    日本再生歯科医学会誌  2012.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   ハイドロキシアパタイトを配合した試作接着システムの象牙質再石灰化についての検討  

    日本再生歯科医学会誌  2011.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 西村 麻衣子, 山口 亜佐子, 高橋 圭, 星加 知宏, 吉山 昌宏, 伊澤 俊次, 安井 秀子, 福池 まち子   セルフエッチング接着システムのう蝕象牙質および唾液・血液汚染歯質への接着性  

    地域医療  2014.3 

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 高橋 圭, 星加 知宏, 田中 久美子, 西村 麻衣子, 岸本 麻実, 堀川 元, 伊澤 俊次, 山路 公造, 吉山 昌宏   セルフエッチングプライマーによる象牙質中のゼラチン分解酵素の活性化  

    岡山歯学会雑誌  2010.6  岡山歯学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 山路 公造, 高橋 圭, 吉山 昌宏   セルフアドヒーシブレジンセメントにおける前処理の効果  

    接着歯学  2007.10  (一社)日本接着歯学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 森本 紗也子, 渋谷 和彦, 田中 久美子, 大原 直子, 吉山 昌宏   セルフアドヒーシブレジンセメントにおける前処理が微小引張接着強さに及ぼす影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • Chen Ker-Kong, Hoshika Tomohiro, Ting Chun-Chan, Nishitani Yoshihiro, Yoshiyama Masahiro   シランカップリング剤含有セルフエッチング接着剤がコンポジットレジンを接着する能力(The Bond Ability of Silane Coupling Agent-containing Self-etching Adhesive to Composite resin)  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2015.6  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:English  

  • 森本 紗也子, 西谷 佳浩, 星加 知宏, 吉山 昌宏   クロルヘキシジン配合セルフエッチングアドヒーシブのStreptococcus mutansに対する抗菌性  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2012.5 

     More details

    Language:Japanese  

  • 山路 公造, 西村 麻衣子, 星加 知宏, 堀川 元, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   SRモノマー配合新規レジンコアシステムの象牙質接着強さ  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2009.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 塩出 信太郎, 山路 公造, 伊澤 俊次, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   S-PRGフィラー配合試作レジンセメントの象牙質接着性  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2013.5 

     More details

    Language:Japanese  

  • Watanabe Taizo, Wanibe Harumasa, Yamamoto Mitsunori, Nakata Kazuhiko, Hoshika Tomohiro, Nishitani Yoshihiro, Yoshiyama Masahiro, Kawai Tatsushi, Nakamura Hiroshi   Development of adhesive root canal sealer containing Mineral Trioxide Aggregate (MTA)  

    Abstracts of the General Sessions of the Japanese Society for Dental Materials and Devices  2009 

     More details

    Language:Japanese  

    本研究の目的は硬組織形成能を有する接着性根管充塡用シーラーの開発である。Mineral Trioxide Aggregate(MTA)とSuper Bond Sealer(SBS)を配合比(MTA wt/%: 50, 33, 20, 10, 5%)で混合し各試料とした。これらを疑似体液(SBF)に2週間浸漬後、表面性状をFE-SEMにて観察した。さらに、表面に析出した結晶物をEDSにて組成分析した。その結果、全ての試料表面に析出物を認め、それらが主にリンとカルシウムを含み、少量のMgやNaも含んだアパタイト(カルシウム欠損型リン酸カルシウム塩)であることを確認した。これらの結晶物は生体内で、デンチンブリッジやセメント質の再生など生体硬組織形成に寄与し、臨床応用が可能な材料であると期待された。

  • 渡邊 泰三, 鰐部 春昌, 山本 光徳, 中田 和彦, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏, 河合 達志, 中村 洋   Mineral Trioxide Aggregate(MTA)含有接着性根管充填用シーラーの開発  

    歯科材料・器械  2009.9  (一社)日本歯科理工学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 澁谷 和彦, 大原 直子, 星加 知宏, 田中 久美子, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   MDPおよびフッ化ナトリウムの配合が試作レジンセメントの象牙質接着強さに及ぼす影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 大前 正範, 穴吹 優佳, 岸本 麻実, 星加 知宏, 神谷 絵里子, 林 真千子, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   Er:YAGレーザー照射象牙質の元素解析に関する研究  

    日本歯科保存学雑誌  2008.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 星加 知宏, 山田 三良, 冨士谷 盛興, 千田 彰, 吉山 昌宏   Er:YAGレーザー照射が象牙質ゼラチナーゼ活性に及ぼす影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011.9  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 大前 正範, 田中 久美子, 岸本 麻実, 穴吹 優佳, 星加 知宏, 西村 麻衣子, 高橋 圭, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   Er:YAGレーザーを照射したう蝕影響象牙質へのレジン接着強さに関する研究  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2008.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 星加 知宏, 山本 光徳, 鰐部 春昌, 中田 和彦, 中村 洋, 吉山 昌宏   EDTA処理が根管象牙質のマトリックス分解活性に及ぼす影響  

    日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2011.7  日本歯内療法学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 西谷 登美子, 永山 祥子, 西谷 佳浩   レジン添加型覆髄剤の象牙質に対する剪断接着強さについて  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2019.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 中田 貴, 神農 泰生, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙芽細胞分化・象牙質再生に関する研究  

    日本再生歯科医学会誌  2008.12  日本再生歯科医学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 伊澤 俊次, 山路 公造, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   骨髄間葉系幹細胞を用いたES細胞の誘導に関する研究 免疫賦活因子および初期化因子の探索  

    日本再生歯科医学会誌  2012.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 佐藤 匡, 矢島 健大, 島崎 健一郎, 西谷 登美子, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 市川 博之   頸部におけるalpha-synuclein含有感覚神経の分布と機能  

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2019.10  (一社)歯科基礎医学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 山路 公造, 塩出 信太郎, 西谷 佳浩, 伊澤 俊次, 西村 麻衣子, 星加 知宏, 吉山 昌宏   超音波療法がBMPによる骨形成に及ぼす効果  

    日本再生歯科医学会誌  2012.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 清水 裕久, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   象牙質知覚過敏抑制材の象牙質透過性の検討  

    日本再生歯科医学会誌  2012.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 高橋 圭, 西谷 佳浩, 星加 知宏, 山路 公造, 吉山 昌宏   象牙質知覚過敏抑制材の歯ブラシ摩耗と耐着色性の評価  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2012.5 

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 登美子, 岩田 知幸, 伊藤 誠之, 永山 雅大, 山下 未来, 達山 祥子, 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 西谷 佳浩   試作覆髄剤のカルシウムイオン徐放について  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2019.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 高橋 圭, 李 相紅, 星加 知宏, 田中 久美子, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   試作ワンステップボンディング材GBA400の歯質表面粗さの違いによる接着強さへの影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2008.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 澁谷 和彦, 堀川 元, 星加 知宏, 西村 麻衣子, 竹内 晶子, 塩出 信太郎, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   術者の経験が接着性レジンの象牙質への接着強さに及ぼす影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2009.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 堀川 元, 西村 麻衣子, 星加 知宏, 高橋 圭, 田中 久美子, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   術者の経験が接着性レジンの象牙質への接着強さに及ぼす影響  

    岡山歯学会雑誌  2010.6  岡山歯学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 岩田 知幸, 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 西谷 佳浩   血液汚染後の歯冠修復物の接着強さ  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2020.11  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 中田 和彦, 星加 知宏, 梶原 武弘, 徳田 雅行, 山下 陽子[森元], 川上 克子   硬組織誘導能・象牙質封鎖性を有するセメントの開発 象牙質封鎖性について  

    日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2016.6  日本歯内療法学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷佳浩, 中田和彦, 星加知宏, 梶原武弘, 徳田雅行, 山下(森元)陽子, 川上克子   硬組織誘導能・象牙質封鎖性を有するセメントの開発―象牙質封鎖性について―  

    日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2016.6 

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 星加 知宏, 森本 紗也子, 渡邊 泰三, 鰐部 春昌, 山本 光徳, 中田 和彦, 高橋 圭, 河合 達志, 中村 洋, 吉山 昌宏   硬組織誘導能を有する接着性根管充填用シーラーの開発  

    歯科材料・器械  2009.9  (一社)日本歯科理工学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 川上克子, 山下(森元)陽子, 梶原武弘, 星加知宏, 徳田雅行, 西谷佳浩   矯正治療後に歯根吸収が生じた歯に対する再根管治療の一症例  

    日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2016.6 

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩   熱可塑性樹脂シートに対する各種洗浄剤の物性への影響  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2021.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 梶原武弘, 星加知宏, 川上克子, 達山祥子, 徳田雅行, 西谷佳浩   海洋接着ペプチドの臨床応用の可能性  

    日本再生歯科医学会シンポジウム要旨集  2016.7 

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 高橋 圭, 吉山 昌宏   歯面処理方法の違いが新規ワンステップボンディング材の象牙質微小引張強さに及ぼす影響について  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2015.6  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷 佳浩, 星加 知宏, 高橋 圭, 田中 久美子, 森本 紗也子, 西内 佐織, 吉山 昌宏   最新の自己接着性レジンに関する研究  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2010.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 西内 佐織, 森本 紗也子, 星加 知宏, 竹内 晶子, 高橋 圭, 田中 久美子, 伊澤 俊次, 山路 公造, 西谷 佳浩, 鳥井 康弘, 吉山 昌宏   新規象牙質知覚過敏抑制材に関する微細形態学的研究  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2009.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 竹内 晶子, 西村 麻衣子, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   新規支台築造用レジンコアシステムに関する研究  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011.9 

     More details

    Language:Japanese  

  • 西谷佳浩, 星加知宏, 梶原武弘, 徳田雅行, 達山祥子   新規接着材の3種の修復方法に対する象牙質微小引張強さについて  

    日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web)  2016.10 

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 勝俣 環, 西谷 佳浩   新規接着性レジンセメントを用いた象牙質とレジンブロックの微小引張接着強さについて  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加知宏, 梶原武弘, 達山祥子, 徳田雅行, 西谷佳浩   新規接着性レジンセメントのガラスセラミックスにおける象牙質微小引張強さについて  

    日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web)  2016.10 

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 勝俣 環, 西谷 佳浩   新規接着性レジンシステムを用いた象牙質とコンポジットレジンの微小引張接着強さについて  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 山路 公造, 塩出 信太郎, 西谷 佳浩, 田中 久美子, 大原 直子, 高橋 圭, 星加 知宏, 吉山 昌宏   新規化学重合型プライマーの象牙質接着性  

    接着歯学  2011.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 高橋 圭, 西谷 佳浩, 星加 知宏, 吉山 昌宏   新規光硬化型動揺歯固定材料の耐着色性の評価  

    歯科審美  2014.3 

     More details

    Language:Japanese  

  • 高橋 圭, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   新規光硬化型動揺歯固定材料の接着強さと耐着色性の評価  

    接着歯学  2012.11 

     More details

    Language:Japanese  

  • 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 丁 群展, 勝俣 環, 西谷 佳浩   新規亜鉛含有バイオアクティブガラスによる象牙質脱灰抑制効果の検討  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩, 高橋 圭, 吉山 昌宏   新規ワンステップボンディング材における象牙質微小引張接着強さについて  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2014.10 

     More details

    Language:Japanese  

  • 森本 紗也子, 西谷 佳浩, 星加 知宏, 山路 公造, 吉山 昌宏   新規ボンディング材Absolute 3の接着性について  

    歯科材料・器械  2009.9  (一社)日本歯科理工学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 三浦 滉毅, 星加 知宏, 西谷 佳浩   接着性根管充填用シーラーを用いる再治療をシミュレートした根管封鎖性についての評価  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2021.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 西谷 佳浩   市販義歯洗浄剤による義歯に付着したカンジダ菌の除去効果について  

    日本歯科衛生学会雑誌  2020.8  日本歯科衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 前田茂, 西谷佳浩, 武田宏明, 杉本恭子, 星加知宏, 鳥井康弘, 宮脇卓也, 窪木拓男   在宅歯科診療教育のためのシミュレーション実習の試み  

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2015.7 

     More details

    Language:Japanese  

  • 清水 裕久, 西谷 佳浩, 星加 知宏, 吉山 昌宏   各種象牙質知覚過敏抑制材の象牙質透過抑制に関する研究  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2013.5 

     More details

    Language:Japanese  

  • 清水 裕久, 星加 知宏, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   各種象牙質知覚過敏抑制材の象牙質透過性の検討  

    日本歯科理工学会誌  2012.3 

     More details

    Language:Japanese  

  • 丁 羣展, 西谷 登美子, 高 裕子, 勝俣 環, 達山 祥子, 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 松口 徹也, 西谷 佳浩   各種覆髄剤がヒト歯髄由来細胞の増殖におよぼす影響  

    日本再生歯科医学会誌  2017.12  日本再生歯科医学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 高橋 圭, 星加 知宏, 横山 章人, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   各種セルフアドヒーシブセメントのフッ素徐放性ならびに酸中和能の評価  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2015.6 

     More details

    Language:Japanese  

  • 田中 久美子, 高橋 圭, 星加 知宏, 中田 貴, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   再石灰化象牙質に対するワンステップ接着システムの接着性  

    接着歯学  2008.12  (一社)日本接着歯学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 星加 知宏   再生医療のこれまでとこれから 象牙質接着界面における石灰化誘導の応用  

    日本再生歯科医学会誌  2016.12 

     More details

    Language:Japanese  

  • 田中 久美子, 星加 知宏, 澁谷 和彦, 大原 直子, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏   共焦点レーザー顕微鏡(CLSM)によるレジン-象牙質接着界面の観察  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011.5  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 勝俣 環, 根本 章, 高 裕子, 西谷 登美子, 丁 群展, 永山 祥子, 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 西谷 佳浩   亜鉛ガラス含有グラスアイオノマーセメントに対するStreptococcus mutans初期付着性  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2018.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Research Projects

  • 接着性覆髄剤を応用した新たなコンポジットレジン修復法の開発

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • MMP活性抑制剤を配合した新規接着剤の研究

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)