2021/06/02 更新

写真a

スギムラ ミツタカ
杉村 光隆
SUGIMURA Mitsutaka
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1999年7月   広島大学 )

研究キーワード

  • 歯科麻酔学

  • 全身管理学

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学  / 歯科麻酔,全身管理

学歴

  • 北海道大学

    - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座   教授

    2016年4月 - 現在

取得資格

  • 歯科医師

 

論文

  • Higa Y, Kashiwadani H, Sugimura M, Kuwaki T .  Orexinergic descending inhibitory pathway mediates linalool odor-induced analgesia in mice. .  Scientific reports11 ( 1 ) 9224   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-88359-5

    Scopus

    PubMed

  • Kashiwadani H, Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T .  Linalool odor-induced analgesia is triggered by TRPA1-independent pathway in mice. .  Behavioral and brain functions : BBF17 ( 1 ) 3   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Behavioral and brain functions : BBF  

    DOI: 10.1186/s12993-021-00176-y

    Scopus

    PubMed

  • Kojima Y. .  Superior Laryngeal Nerve Block for Intubation in Patients With COVID-19 .  Anesthesia progress68 ( 1 ) 50 - 51   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anesthesia progress  

    DOI: 10.2344/anpr-68-01-09

    Scopus

    PubMed

  • Kojima Yuki, Sendo Ryozo, Ohno Sachi, Sugimura Mitsutaka .  Ultrasound-guided inferior alveolar nerve block for trismus during dental treatment: a case report(和訳中) .  JA Clinical Reports6   1 of 4 - 4 of 4   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Kojima Y. .  Ultrasound-guided inferior alveolar nerve block for trismus during dental treatment: a case report .  JA Clinical Reports6 ( 1 ) 94   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:JA Clinical Reports  

    DOI: 10.1186/s40981-020-00400-0

    Scopus

    PubMed

  • Yamashita K. .  General Anesthesia During Lip Repair and Palatoplasty After Glenn Surgery .  Anesthesia progress67 ( 2 ) 107 - 108   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anesthesia progress  

    DOI: 10.2344/anpr-67-02-05

    Scopus

    PubMed

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 鈴木 甫, 千堂 良造, 杉村 光隆 .  口腔乾燥を伴う舌痛に漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方30   37 - 41   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    70歳代、男性の口腔乾燥を伴う舌痛に対して、補中益気湯と唾液腺マッサージの治療が奏効した症例を経験した。臨床所見で、食欲不振、泡沫唾液が認められ気陰両虚と診断して補中益気湯を投与し、唾液腺マッサージ刺激、廉泉などの経穴刺激を継続したところ、唾液分泌量の回復が認められた。補中益気湯により脾胃を立て直し、気虚を改善することで、陰液の増加を図ったことと、唾液腺に対する理学療法が唾液分泌量の回復につながったものと考えられた。(著者抄録)

  • 千堂 良造, 山口 孝二郎, 新田 英明, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  不安障害患者の特発性歯痛に対して漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方30   56 - 61   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    特発性歯痛(非定型歯痛)は原因不明であるものの、心理的ストレスと末梢の組織刺激により発症するという仮説が提唱されている疾患である。今回、不安障害に対し抗精神病薬や抗不安薬を内服中である患者の特発性歯痛に、加味逍遙散が奏効した症例を経験した。本症例では、加味逍遙散によって痛みが軽快し、心理検査における抑うつ傾向や不安も軽減した。加味逍遙散はオレキシン神経系に作用することで抗ストレス作用があり、この効果により痛みが軽減したと考えられた。(著者抄録)

  • Yamashita K. .  The State Anxiety Inventory Is Useful for Predicting the Autonomic Nervous System State of Patients Before the Extraction of an Impacted Mandibular Third Molar .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery78 ( 4 ) 538 - 544   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.joms.2019.11.030

    Scopus

    PubMed

  • Yamagata K. .  Anesthetic Management of a Patient With a Vagal Nerve Stimulator .  Anesthesia progress67 ( 1 ) 16 - 22   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anesthesia progress  

    DOI: 10.2344/anpr-66-03-02

    Scopus

    PubMed

  • Yamashita K. .  Difference in the Effects of Lidocaine With Epinephrine and Prilocaine With Felypressin on the Autonomic Nervous System During Extraction of the Impacted Mandibular Third Molar: A Randomized Controlled Trial .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery78 ( 2 ) 215.e1 - 215.e8   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.joms.2019.09.019

    Scopus

    PubMed

  • Uchino M. .  Effects of intravenous sedation on autonomic nerve activity and the psychological state during tooth extraction: A prospective non-randomized controlled trial .  Oral Science International   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oral Science International  

    DOI: 10.1002/osi2.1094

    Scopus

  • Kaoru Yamashita, Toshiro Kibe, Kanae Aoyama, Sachi Ohno, Atsushi Kohjitani, Mitsutaka Sugimura .  The State-Trait Anxiety Inventory Is Useful for Predicting the Autonomic Nervous System State of Patients Before the Extraction of an Impacted Mandibular Third Molar. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 2019 .  J Oral Maxillofac Surg 78 ( 4 ) 538 - 544   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    歯科治療前の自律神経機能を予測するために、STAI-Sによる心理テストは有用である。

    DOI: 10.1016/j.joms.2019.11.030.

  • 千堂 良造, 山口 孝二郎, 山下 薫, 遠矢 明菜, 山形 和彰, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  漢方療法が奏効した口腔乾燥症および心因性舌痛症の併存した1例 .  日本口腔顔面痛学会雑誌11 ( 1 ) 43 - 47   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本口腔顔面痛学会  

    症例の概要:31歳女性。主訴:口腔乾燥および舌痛の精査加療。現病歴:智歯抜歯4本施行、2ヵ月後より舌痛を自覚するようになる。3ヵ月後口腔乾燥感を認め、五苓散の投与を受けるも口腔乾燥感および舌痛は改善せず、漢方センターを受診した。臨床検査成績:Visual Analogue Scale(VAS)43。抗SS-A抗体陰性、抗SS-B抗体陰性、サクソンテスト1.2g/2分、CMI領域II易怒性、SDS47、STAI状態不安48(IV)、特性不安47(IV)。全身的現症:頭痛、四肢の冷え、全身倦怠感、強い生理痛を認める。臨床診断:口腔乾燥症および心因性舌痛症。処置並びに経過:サクソンテストは1.2g/2分で口腔乾燥に起因する舌痛も考えられたため、補中益気湯5g/日+当帰芍薬散5g/日を投与開始した。35日後サクソンテストは1.9g/2分に改善した。しかし舌痛VAS43で神経症傾向もあるため加味逍遙散5g/日に変更し、56日後舌痛VAS0となり治療終了した。考察:本症例は気虚(基礎代謝低下)、陰虚(体液損耗)、お血(末梢循環不全)、気鬱(不安神経症状)が混在していた。そのため漢方で気・血を補い、水のコントロールを行った後、不安神経症状に対応するという2段階の治療で症状が改善したものと思われた。結論:口腔乾燥症と舌痛症が併存した場合は治療方針の決定に難渋する事があるが、心理テストの利用、漢方を投与することで治療効果が上がる症例も存在すると考えられる。(著者抄録)

  • Kaoru Yamashita, Toshiro Kibe, Sachi Ohno, Minako Uchino, Yurina Higa, Ayako Niiro, Norifumi Nakamura, Mitsutaka Sugimura .  Time to Recovery of Feeding After Alveolar Bone Graft Is Associated With Postoperative Nausea and Vomiting Within 2 Hours in Children. .  Clin Med Insights Pediatr 13   1 - 7   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全身麻酔後の悪心・嘔吐の発現状況が術後経口摂取開始時期に影響を及ぼす。

    DOI: 10.1177/1179556519855387.

  • Yamashita K, Kibe T, Ohno S, Kohjitani A, Sugimura M. .  The Effects of Music Listening During Extraction of the Impacted Mandibular Third Molar on the Autonomic Nervous System and Psychological State. .  J Oral Maxillofac Surg77 ( 6 ) 1153.e1 - 1153.e8   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    智歯抜歯中の音楽聴取が自律神経系と心理状態に及ぼす影響を解析し、その有効性を認めた。

    DOI: 10.1016/j.joms.2019.02.028.

    Scopus

    PubMed

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 糀谷 淳, 比嘉 憂里奈, 新納 彩子, 内野 美菜子, 青山 歌奈絵, 四道 瑠美, 橋口 浩平, 杉村 光隆 .  グレン循環患児における口唇形成・口蓋形成術に対する全身麻酔経験 .  日本歯科麻酔学会雑誌47 ( 2 ) 65 - 67   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    在胎週数34週、帝王切開で出生した児。当院NICUで管理されていた。出生後14日目に両側肺動脈絞扼術が施行され、術後に左室流出路狭窄が懸念されたため、単心室修復を行う方針となり、4ヵ月時にノーウッド手術が施行され、11ヵ月時にグレン術が施行された。さらに、1歳2ヵ月時に口唇形成術、1歳10ヵ月時に口蓋形成術を行った。口唇形成術時、麻酔は酸素2L/分、空気4L/分、セボフルラン1.5〜2.0%、フェンタニルクエン酸塩で維持し、局所麻酔薬は20万倍希釈アドレナリン含有0.5%リドカインを用いた。口蓋形成術に際しては、抜管後にSpO2が55%まで低下したため、純酸素でマスク換気を行い、患児の体動を抑えるためにセボフルランを吸入させた。マスク換気は可能であったが、SpO2が改善せず口腔内を確認したところ出血を認めたため、吸引後再挿管を行いICU管理とした。

  • Yamashita K, Kibe T, Ohno S, Uchino M, Higa Y, Niiro A, Nakamura N, Sugimura M .  Time to Recovery of Feeding After Alveolar Bone Graft Is Associated With Postoperative Nausea and Vomiting Within 2 Hours in Children. .  Clinical medicine insights. Pediatrics13   1179556519855387   2019年

     詳細を見る

  • 山下 薫, 杉村 光隆, 岐部 俊郎, 糀谷 淳, 比嘉 憂理奈, 新納 彩子, 内野 美菜子, 青山 歌奈絵, 四道 瑠美, 橋口 浩平 .  グレン循環患児における口唇形成・口蓋形成術に対する全身麻酔経験 .  日本歯科麻酔学会雑誌47 ( 2 ) 65 - 67   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本歯科麻酔学会  

    <p>  In patients with single ventricle heart disease, non-cardiac surgery using the Glenn procedure can be performed to alleviate cyanosis prior to repair using the Fontan procedure. We performed general anesthesia management during lip repair and palatoplasty in a patient with left ventricular hypoplasia following a Glenn procedure.</p><p>  The patient underwent lip repair at an age of 1 year and 2 months and a palatoplasty at the age of 1 year and 10 months. During the preoperative examinations, hemorrhagic diathesis, hypoxemia, and secondary polycythemia were observed.</p><p>  General anesthesia was induced using midazolam, fentanyl, and remifentanil and was maintained using fentanyl and sevoflurane in oxygen (F<span style="font-variant: small-caps;">io</span><sub>2</sub>=0.47). Low blood pressure was treated with the administration of an α1 receptor stimulant or volume expansion with infusion to prevent an increase in pulmonary vascular resistance and to maintain the pulmonary blood flow. In addition, pulmonary blood flow was maintained by increased oxygen administration and mild hyperventilation, inhibiting any deterioration in oxygenation through the maintenance of blood flow. After the palatoplasty, hypoxemia and intraoral bleeding were observed, and reintubation was performed.</p><p>  Patients who are scheduled to undergo a palatoplasty have a high risk of bleeding because the wound surface remains in front of the palate. In addition, the risk of bleeding increases in patients with cyanosis because of the use of antithrombotic drugs, the increase in collateral blood flow, and the presence of secondary polycythemia.</p><p>  In conclusion, the risks of increased pulmonary vascular resistance, hypoxemia, and increased bleeding must be considered for safe anesthesia during a palatoplasty in patients with cyanotic heart disease.</p>

    DOI: 10.24569/jjdsa.47.2_65

  • Yamashita K, Kohjitani A, Miyata M, Ohno S, Tohya A, Ohishi M, Sugimura M. .  Predictive Factors of Postoperative Blood Pressure Abnormalities Following a Minor-to-Moderate Surgery. .  Int Heart J59 ( 6 ) 1359 - 1367   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 インターナショナル・ハート・ジャーナル刊行会  

    <p>Myocardial ischemic events after non-cardiac surgery is still a serious problem, especially in older, high-risk patients. However, the prevalence and risk factors of blood pressure (BP) abnormalities, which may possibly lead to myocardial ischemic attack, have not been reported. Our aim is to elucidate predictive factors of postoperative BP abnormalities following a minor-to-moderate surgery, employing preoperative left ventricular diastolic function. Patients who underwent cardiac echocardiogram examination and received oral and maxillofacial surgery under general anesthesia were enrolled. The echocardiographic parameters of diastolic function were compared between patients who had postoperative BP abnormalities (hypertension-systolic blood pressure [SBP] ≥ 170 mmHg-or hypotension-SBP < 80 mmHg-episode) that required therapeutic interventions until 7 days after surgery and those who had no BP abnormalities. Of the 173 patients analyzed, 25 (14.4%) had BP abnormalities. BP abnormalities patients were older, having a larger proportion of diabetes mellitus, lower E/A ratio and e', and larger E/e' and left atrial dimension than those without BP abnormalities. Subanalyses revealed that the independent risk factors responsible for hypertension episodes (14 patients) were the mean e' (odd ratio [OR]: 0.434; 95% confidence interval [CI]: 0.229-0.824), diabetes mellitus (OR: 5.018; 95% CI: 1.030-24.436), SBP at hospitalization (OR: 1.099; 95% CI: 1.036-1.165), and operation time (hour; OR: 1.326; 95%CI: 1.109-1.586), while hypotension episodes (11 patients) were associated solely with operation time (OR: 1.206; 95% CI: 1.046-1.391). In conclusion, left ventricular diastolic dysfunction, increased insulin resistance, boosted SBP at hospitalization, and prolonged operation should be taken into consideration as risk factors of postoperative BP abnormalities, especially hypertension, following minor-to-moderate surgery.</p>

    DOI: 10.1536/ihj.17-612.

    Scopus

    PubMed

  • Yamashita Kaoru, Kohjitani Atsushi, Miyata Masaaki, Ohno Sachi, Tohya Akina, Ohishi Mitsuru, Sugimura Mitsutaka .  小手術〜中等度手術後の術後血圧異常の予測因子(Predictive Factors of Postoperative Blood Pressure Abnormalities Following a Minor-to-Moderate Surgery) .  International Heart Journal59 ( 6 ) 1359 - 1367   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会  

    心エコー検査と全身麻酔で口腔・顎顔面手術を施行された患者173例を対象とする後ろ向き単施設観察症例対照研究を行い、術後血圧異常の予測因子を調べた。術後に血圧異常を認め術後7日目までに治療的介入を行った患者と、血圧異常のなかった患者で拡張機能の心エコーパラメータを比較した。173例のうち25例(14.4%)に血圧異常を認めた。血圧異常群は非血圧異常群と比較して高齢であり、糖尿病である割合が高く、E/A比およびe'が低く、E/e'および左房径が大きかった。サブ解析では、高血圧エピソード(14例)に対する独立リスク因子は平均e'、糖尿病、入院、手術時間であった。一方、低血圧エピソード(11例)は手術時間のみに関連した。以上から、小手術〜中等度手術後の左室拡張機能障害、インスリン抵抗性の亢進、入院時の上昇収縮期血圧、長時間の手術は、術後高血圧異常、特に高血圧のリスク因子であることが示唆された。

  • Ohno S, Kohjitani A, Miyata M, Tohya A, Yamashita K, Hashiguchi T, Ohishi M, Sugimura M. .  Recovery of Endothelial Function after Minor-to-Moderate Surgery Is Impaired by Diabetes Mellitus, Obesity, Hyperuricemia and Sevoflurane-Based Anesthesia. .  Int Heart J59 ( 3 ) 559 - 565   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 インターナショナル・ハート・ジャーナル刊行会  

    <p>Endothelial dysfunction is observed in several cardiovascular diseases, where endothelium-dependent vasodilation is impaired by oxidative stress. However, the time course of endothelial function during the perioperative period of a minor-to-moderate surgery, and the effects of atherosclerotic risk factors and employed general anesthetics on recovery of endothelial function, are unknown. Endothelial function of 30 patients was evaluated as the reactive hyperemia index (RHI) of reactive hyperemia peripheral arterial tonometry. RHI was measured on day before surgery (control), immediately after surgery (Day 0), day after surgery (Day 1), and day 4 after surgery (Day 4) in patients with no functional limitations who were scheduled for oral and maxillofacial surgery of around 3 hours. Sevoflurane- or propofol-based anesthesia supplemented with an opioid analgesic remifentanil was employed. The control RHI was 2.26 ± 0.64. The RHI significantly decreased to the lowest level on Day 0 (1.52 ± 0.28), recovered on Day 1 (2.07 ± 0.58), and improved further on Day 4 (2.55 ± 0.83). Multiple linear regression analysis revealed that recovery of the RHI from Day 0 to Day 4 was impaired by diabetes mellitus (<i>P</i> = 0.0313), obesity (BMI ≥ 25; <i>P</i> = 0.0166), hyperuricemia (uric acid ≥ 6.0 mg/dL; <i>P</i> = 0.0416) and sevoflurane-based anesthesia (<i>P</i> = 0.0308). These findings suggest that endothelial function as evaluated by the RHI is severely suppressed on the day of a minor-to-moderate surgery, and that it improves until the 4th postoperative day on average. Recovery of endothelial function is impaired by diabetes mellitus, obesity, hyperuricemia, and sevoflurane-based anesthesia.</p>

    DOI: 10.1536/ihj.17-143.

    Scopus

    PubMed

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 杉村 光隆, 杉浦 剛, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 園田 拓郎, 乾 明夫 .  持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方28巻   113 - 118   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  【医療事故(予期せぬ死亡)の再発防止に向けて】 歯科治療中の全身的偶発症に対する歯科医院での対応処置 .  小児歯科臨床23巻 ( 5号 ) 19 - 27   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 杉村 光隆, 杉浦 剛, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 園田 拓郎, 乾 明夫 .  持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方28   113 - 118   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して補中益気湯と当帰芍薬散が奏効した症例を経験した。症例は70歳代女性で、下顎前歯部の難治性疼痛があり、歯科治療にも抵抗性があるため当科を受診した。東洋医学的に気血両虚、寒証、気鬱と診断し、補中益気湯7.5gと当帰芍薬散7.5gを併用し投与したところ、約2週でVASおよび口腔粘膜の平均表面温度の改善がみられ、3ヵ月で軟口蓋の挙上運動が良好となり、改善が認められた。持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対しては、冷えが関与する場合もあり、補気・補血による温裏、補陽を考えた方剤も有効な治療法の一つと考えられた。(著者抄録)

  • Ohno Sachi, Kohjitani Atsushi, Miyata Masaaki, Tohya Akina, Yamashita Kaoru, Hashiguchi Teruto, Ohishi Mitsuru, Sugimura Mitsutaka .  小〜中等度手術後の血管内皮機能の回復は糖尿病、肥満、高尿酸血症、セボフルランベースの麻酔によって障害される(Recovery of Endothelial Function after Minor-to-Moderate Surgery Is Impaired by Diabetes Mellitus, Obesity, Hyperuricemia and Sevoflurane-Based Anesthesia) .  International Heart Journal59 ( 3 ) 559 - 565   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会  

    小〜中等度手術の周術期における血管内皮機能の時間経過と、アテローム動脈硬化症の危険因子および全身麻酔が血管内皮機能の回復に及ぼす影響を調べた。3時間程度の口腔および顎顔面手術を行い、レミフェンタニルを追加したセボフルランまたはプロポフォールベースの麻酔を行った18歳以上の患者を対象とした。血管内皮機能は反応性充血末梢動脈圧力測定の反応性充血指標(RHI)によって手術前日、手術直後、1、4日後に評価した。30例(男性13例、女性17例、平均48.3±18.4歳)のデータ解析を行った。平均RHIは手術前日が2.26±0.64で、手術直後に1.52±0.28と最も低く、術後1日では2.07±0.58と回復し、4日目には更に改善して2.55±0.83となった。重回帰分析により、RHIの術後の改善は糖尿病、肥満、高尿酸血症、セボフルランベースの麻酔によって障害されることが示された。

  • 山下 薫, 糀谷 淳, 岐部 俊郎, 大野 幸, 佐古 沙織, 杉村 光隆 .  精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の智歯抜歯術における全身麻酔経験 .  障害者歯科39巻 ( 1号 ) 28 - 32   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山下 薫, 糀谷 淳, 岐部 俊郎, 大野 幸, 佐古 沙織, 杉村 光隆 .  精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の智歯抜歯術における全身麻酔経験 .  障害者歯科39 ( 1 ) 28 - 32   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    18p-症候群は、18番染色体短腕の欠失により生じる染色体異常症候群であり、精神遅滞や言語の遅れが報告されている。また、全身麻酔に関しては心臓血管疾患の評価が推奨されている。われわれは精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の全身麻酔管理下での下顎埋伏智歯抜歯術を経験したので報告する。患者は22歳男性で、かかりつけ歯科医で下顎両側埋伏智歯周囲炎の診断を受けた。歯科医は患者の行動を管理することが困難と判断し、当院口腔外科に紹介され、行動管理目的に全身麻酔管理下での抜歯が計画された。本症例は精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者であった。そのため、心臓血管内科医に術前の循環動態の評価を依頼し、麻酔中の循環動態の管理についても入念に術前検討を行った。また、精神遅滞に伴う興奮による循環動態の変動を防ぐために麻酔前後の行動管理の方法に関して小児科医とも十分に協議した。入室時の興奮を避け、肺血管抵抗の上昇による肺高血圧症の悪化を避けるために鎮静下で手術室に入室した。肺高血圧症の管理に準じた麻酔管理下で下顎埋伏智歯抜歯を行った。本症例を通じて、精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者に安全な全身麻酔下での治療を行うためには、患者の精神愛護に配慮し循環動態の変動を避けることが重要であり、その周術期の管理計画立案については各専門診療科医との術前の協議が不可欠であると考えられた。(著者抄録)

  • Tohya A, Kohjitani A, Ohno S, Yamashita K, Manabe Y, Sugimura M. .  Effects of glucose-insulin infusion during major oral and maxillofacial surgery on postoperative complications and outcomes. .  JA Clin Rep4 ( 1 ) 9   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40981-018-0148-3.

    PubMed

  • Tohya Akina, Kohjitani Atsushi, Ohno Sachi, Yamashita Kaoru, Manabe Yozo, Sugimura Mitsutaka .  Effects of glucose-insulin infusion during major oral and maxillofacial surgery on postoperative complications and outcomes(和訳中) .  JA Clinical Reports4   1 of 6 - 6 of 6   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • 千堂 良造, 山口 孝二郎, 山下 薫, 遠矢 明菜, 山形 和彰, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  漢方療法が奏効した口腔乾燥症および心因性舌痛症の併存した1例 .  日本口腔顔面痛学会雑誌11 ( 1 ) 43 - 47   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本口腔顔面痛学会  

    症例の概要:31歳女性.主訴:口腔乾燥および舌痛の精査加療.現病歴:智歯抜歯4 本施行,2か月後より舌痛を自覚するようになる.3か月後口腔乾燥感を認め,五苓散の投与を受けるも口腔乾燥感および舌痛は改善せず,漢方センターを受診した.<br>臨床検査成績:Visual Analogue Scale(VAS)43.抗SS-A抗体陰性,抗SS-B抗体陰性,サクソンテスト1.2g/2分,CMI領域Ⅱ易怒性,SDS47,STAI状態不安48(Ⅳ),特性不安47(Ⅳ).<br>全身的現症:頭痛,四肢の冷え,全身倦怠感,強い生理痛を認める.<br>臨床診断:口腔乾燥症および心因性舌痛症.<br>処置並びに経過:サクソンテストは1.2g/2分で口腔乾燥に起因する舌痛も考えられたため,補中益気湯5 g/日+当帰芍薬散5g/日を投与開始した.35 日後サクソンテストは1.9g/2分に改善した.しかし舌痛VAS43で神経症傾向もあるため加味逍遙散5g/日に変更し,56日後舌痛VAS0 となり治療終了した.<br>考察:本症例は気虚(基礎代謝低下),陰虚(体液損耗),瘀血(末梢循環不全),気鬱(不安神経症状)が混在していた.そのため漢方で気・血を補い,水のコントロールを行った後,不安神経症状に対応するという2 段階の治療で症状が改善したものと思われた.<br>結論:口腔乾燥症と舌痛症が併存した場合は治療方針の決定に難渋する事があるが,心理テストの利用,漢方を投与することで治療効果が上がる症例も存在すると考えられる.

    DOI: 10.11264/jjop.11.43

  • 山下 薫, 糀谷 淳, 岐部 俊郎, 大野 幸, 佐古 沙織, 杉村 光隆 .  精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の智歯抜歯術における全身麻酔経験 .  日本障害者歯科学会雑誌39 ( 1 ) 28 - 32   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本障害者歯科学会  

    <p>18p-症候群は,18番染色体短腕の欠失により生じる染色体異常症候群であり,精神遅滞や言語の遅れが報告されている.また,全身麻酔に関しては心臓血管疾患の評価が推奨されている.われわれは精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の全身麻酔管理下での下顎埋伏智歯抜歯術を経験したので報告する.</p><p>患者は22歳男性で,かかりつけ歯科医で下顎両側埋伏智歯周囲炎の診断を受けた.歯科医は患者の行動を管理することが困難と判断し,当院口腔外科に紹介され,行動管理目的に全身麻酔管理下での抜歯が計画された.</p><p>本症例は精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者であった.そのため,心臓血管内科医に術前の循環動態の評価を依頼し,麻酔中の循環動態の管理についても入念に術前検討を行った.また,精神遅滞に伴う興奮による循環動態の変動を防ぐために麻酔前後の行動管理の方法に関して小児科医とも十分に協議した.</p><p>入室時の興奮を避け,肺血管抵抗の上昇による肺高血圧症の悪化を避けるために鎮静下で手術室に入室した.肺高血圧症の管理に準じた麻酔管理下で下顎埋伏智歯抜歯を行った.</p><p>本症例を通じて,精神遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者に安全な全身麻酔下での治療を行うためには,患者の精神愛護に配慮し循環動態の変動を避けることが重要であり,その周術期の管理計画立案については各専門診療科医との術前の協議が不可欠であると考えられた.</p>

    DOI: 10.14958/jjsdh.39.28

  • Toyama M, Kudo C, Mukai C, Inoue M, Oyamaguchi A, Hanamoto H, Sugimura M, Niwa H. .  Trigeminal nervous system sensitization by infraorbital nerve injury enhances responses in a migraine model. .  Cephalalgia37 ( 14 ) 1317 - 1328   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0333102416678387.

    PubMed

  • 杉村 光隆 .  超高齢社会における安心・安全な歯科臨床を担保する歯科麻酔学的考察 有病・高齢・認知症の歯科患者への静脈内鎮静法から学ぶこと .  鹿児島大学歯学部紀要37巻   43531   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morimoto Y, Ohyamaguchi A, Inoue M, Yokoe C, Hanamoto H, Imaizumi U, Sugimura M, Niwa H. .  Airway management for glossopexy in infants with micrognathia and obstructive breathing. .  J Clin Anesth36   127 - 132   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Anesthesia  

    DOI: 10.1016/j.jclinane.2016.10.019.

    Scopus

    PubMed

  • Toyama M, Kudo C, Mukai C, Sugimura M, Niwa H et al .  Trigeminal nervous system sensitization by infraorbital nerve injury enhances responses in a migraine model .  Cephalalgia   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: pii: 0333102416678387

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/0333102416678387

  • Yamagata K, Sugimura M, Yoshida M, Sekine S, Kawano A, Oyamaguchi A, Maegawa H, Niwa H. .  Estrogens Exacerbate Nociceptive Pain via Up-Regulation of TRPV1 and ANO1 in Trigeminal Primary Neurons of Female Rats. .  Endocrinology157 ( 11 ) 4309 - 4317   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hiroshi Hanamoto, Aiji Boku, Mitsutaka Sugimura, Hitoshi Niwa et al .  Premedication with midazolam in intellectually disabled dental patients: intramuscular or oral administration? A retrospective study .  Med Oral Patol Oral Cir Bucal21 ( 4 ) e470 - e476   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4317/medoral.21086

  • 大山口 藍子, 杉村 光隆, 高畑 沙世, 田中 義基, 丹羽 均 .  ビスホスホネート製剤関連顎骨壊死に対し漢方治療を試みた1症例 .  痛みと漢方26巻   146 - 150   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aiji Boku, DDS, PhD,* Mika Inoue, DDS, PhD, Mitsutaka Sugimura, DDS, PhD,† and Hitoshi Niwa, DDS, PhD† .  Effective Dosage of Midazolam to Erase the Memory of Vascular Pain During Propofol Administration .  Anesthesia Progress   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2344/15-00034.1.

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5011957/

  • Boku A, Inoue M, Hanamoto H, Oyamaguchi A, Kudo C, Sugimura M, Niwa H. .  Effective Dosage of Midazolam to Erase the Memory of Vascular Pain During Propofol Administration. .  Anesth Prog63 ( 3 ) 147 - 155   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2344/15-00034.1.

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 歯科麻酔学(第8版)

    1) 福島和昭監修、一戸達也、北畑 洋、嶋田昌彦、丹羽 均、宮脇卓也( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 臨床歯科麻酔学(第5版)

    丹羽 均、入舩正浩、小長谷光、澁谷 徹、深山治久( 担当: 分担執筆)

    永末書店  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 鹿児島大学歯学部紀要

    杉村光隆( 担当: 単著)

    鹿児島大学  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

講演・口頭発表等

  • 5. Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Descending orexinergic inhibition contributes to the linalool odor-induced analgesia in mice. .  FAOPS  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 1. Yamashita K, Kibe T, Sugimura M, .  Relationship between anesthesia types and postoperative quality of life after iliac crest bone grafting of the alveolar cleft. .  IFDAS  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 4. Uchino M, Katsuura G, Kawamura N, Inui A, Asakawa A, Sugimura M .  Pain induction suppresses sucrose preference in mice. .  IFDAS  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Duration of linalool odor-induced analgesia in mice. .  IFDAS  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 2. Niiro A, Ohno S, Sako S, Yamagata K, Sendo R, Aoyama K, Sugimura M, .  An analysis of diurnal variation in pain sensitivity in trigeminal areas using an animal model of acute and persistent pain. .  IFDAS  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 四道 瑠美, 糀谷 淳, 大野 幸, 遠矢 明菜, 眞鍋 庸三, 杉村 光隆 .  歯科・口腔外科手術患者の左室拡張機能と血液生化学バイオマーカーの関連 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

  • 真鍋 庸三, 山下 薫, 千堂 良造, 遠矢 明菜, 山形 和彰, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  直線偏光近赤外線の星状神経節近傍照射が心臓自律神経系に与える影響 .  (一社)日本顎関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 千堂 良造, 杉村 光隆, 糀谷 淳, 眞鍋 庸三, 山形 和彰, 山下 薫, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節における組織透明化の応用と細胞体局在の検討 .  (一社)日本顎関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 三島 優美子, 後藤 雄一, 別府 真広, 山下 薫, 濱田 倫史, 坂元 亮一, 今村 晴幸, 杉村 光隆, 杉浦 剛 .  口腔癌術治療時に著明な低ナトリウム血症を認め診断治療に苦慮した2例 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 糀谷 淳, 宮田 昌明, 山下 薫, 四道 瑠美, 大石 充, 杉村 光隆 .  術前の左室拡張機能と、歯科・口腔外科手術後の血圧異常の関連について .  (NPO)日本高血圧学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • Yamashita K, Kibe T, Sugimura M. .  Effect for autonomic nervous system and psychological condition by the combination of nitrous oxide inhalation sedation and listening to music. .  International Society for Autonomic Neuroscience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 杉村 光隆 .  亜酸化窒素吸入鎮静法と音楽聴取の併用が脳波・自律神経活動と心理状態に与える影響 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 高橋 美菜子, 糀谷 淳, 大野 幸, 佐古 沙織, 山下 薫, 杉村 光隆 .  術前の左室拡張機能と歯科・口腔外科手術後の循環器系合併症の関連について 多項ロジスティック回帰分析を用いたリスク因子の同定 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 遠矢 明菜, 真鍋 庸三, 大野 幸, 岩本 繁, 杉村 光隆 .  鹿児島大学病院全身管理歯科治療部における日帰り全身麻酔システムの新規導入 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 大野 幸, 新納 彩子, 千堂 良造, 杉村 光隆 .  三叉神経節における時計遺伝子の発現について .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 佐古 沙織, 糀谷 淳, 大野 幸, 比嘉 憂里奈, 杉村 光隆 .  僧帽弁逆流・大動脈弁逆流が、左室拡張能および歯科・口腔外科手術後の循環器系合併症に及ぼす影響 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 千堂 良造, 真鍋 庸三, 遠矢 明菜, 是枝 清孝, 新納 彩子, 岩本 繁, 杉村 光隆 .  鹿児島大学病院歯科診療部門におけるRapid Response System導入に向けたコールの基準、バイタルサイン測定に関する意識調査 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 山口 孝二郎, 糀谷 淳, 真鍋 庸三, 千堂 良造, 杉村 光隆 .  漢方療法が奏効した口腔乾燥症および心因性舌痛症の併存した1例 .  (一社)日本顎関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語  

  • 糀谷 淳, 山下 薫, 宮田 昌明, 大石 充, 杉村 光隆 .  全身麻酔下で行った中程度侵襲手術の周術期における血管内皮機能の推移 .  (NPO)日本高血圧学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 遠矢 明菜, 真鍋 庸三, 岩本 繁, 大野 幸, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  ロクロニウムを希釈することによる血管痛減少効果 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 大内 謙太郎, 千堂 良造, 藤原 茂樹, 怡土 信一, 坂本 英治, 横山 武志, 杉村 光隆 .  デクスメデトミジン添加局所麻酔薬の鎮静効果の検討 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 千堂 良造, 大野 幸, 杉村 光隆 .  ラット三叉神経節における体部位局在の三次元解析 とくに侵害受容細胞に注目して .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 大野 幸, 糀谷 淳, 山下 薫, 杉村 光隆 .  術前の左室拡張機能と口腔外科手術後の循環器系合併症の関連について .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 是枝 清孝, 大野 幸, 山下 薫, 千堂 良造, 遠矢 明菜, 岐部 俊郎, 真鍋 庸三, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  静脈内鎮静法におけるRoot(Sed-Line+Radical-7)の使用経験 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 糀谷 淳, 大野 幸, 遠矢 明菜, 山下 薫, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  左室拡張機能と加速度脈波パラメータ群の関係について .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 千堂 良造, 岩井 治樹, 倉本 恵梨子, 吉村 成美, 山口 留奈, 山中 淳之, 豊留 宗一郎, 杉村 光隆, 後藤 哲哉 .  組織透明化と神経トレース技術によるラット三叉神経節細胞の三次元的体部位局在の解析 .  (一社)歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 大山口 藍子, 杉村 光隆, 瀧 邦高, 廣田 博子, 丹羽 均 .  ビスホスホネート製剤関連顎骨壊死に対する漢方治療の試み .  日本歯科東洋医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

  • 瀧 邦高, 杉村 光隆, 大山口 藍子, 廣田 博子, 丹羽 均 .  若年性Paget diseaseに伴う口腔顔面領域の疼痛に対する漢方治療 .  日本歯科東洋医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

  • 工藤 千穂, 杉村 光隆, 花本 博, 三浦 麻衣, 丹羽 均 .  川西市歯科医師会訪問歯科センター、要介護高齢者歯科診療所における歯科麻酔医の役割 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  • 山形 和彰, 杉村 光隆, 吉田 好紀, 朴 會士, 大貫 智崇, 北元 芙美, 丹羽 均 .  ラット三叉神経節でTRPV1、ANO1発現量に及ぼすエストロゲンの影響 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  • 吉田 好紀, 杉村 光隆, 山形 和彰, 大山口 藍子, 前川 博治, 丹羽 均 .  エストロゲンがラット眼窩下神経領域の神経障害性疼痛に与える影響 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  • 小島 佑貴, 杉村 光隆 .  エアロゾル対策ボックス(KS type)の有効性の検討 .  日本臨床麻酔学会誌  2020年10月  日本臨床麻酔学会

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 四道 瑠美, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  エピネフリン添加リドカインとフェリプレシン添加プリロカインによる局所麻酔が自律神経系と循環動態に与える影響の評価 ランダム化比較試験 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • Higa Yurina, Sugimura Mitsutaka, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスにおけるリナロール臭気誘発性鎮痛への下降性オレキシン作動性疼痛抑制の関与(Descending orexinergic inhibition contributes to the linalool odor-induced analgesia in mice) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • Higa Yurina, Sugimura Mitsutaka, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスにおけるリナロール香による鎮痛の持続(Duration of linalool odor-induced analgesia in mice) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 千堂 良造, 杉村 光隆, 糀谷 淳, 眞鍋 庸三, 山形 和彰, 山下 薫, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節における組織透明化の応用と細胞体局在の検討 .  日本顎関節学会雑誌  2018年7月  (一社)日本顎関節学会

  • 千堂 良造, 杉村 光隆, 糀谷 淳, 眞鍋 庸三, 山形 和彰, 山下 薫, 後藤 哲哉 .  ラット三叉神経節における組織透明化の応用と細胞体局在の検討 .  日本歯科心身医学会雑誌  2018年12月  (一社)日本歯科心身医学会

  • 比嘉 憂里奈, 杉村 光隆 .  リナロール香気誘発性鎮痛に対するオレキシン性下降性疼痛抑制系の関与の検証 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 比嘉 憂里奈, 杉村 光隆 .  リナロール香気誘発性鎮痛のメカニズムにオレキシン性下降性疼痛抑制系の関与の検証 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 青山 歌奈絵, 大野 幸, 新納 彩子, 杉村 光隆 .  三叉神経節における時計遺伝子の発現 .  時間生物学  2020年10月  日本時間生物学会

  • 大野 幸, 新納 彩子, 千堂 良造, 杉村 光隆 .  三叉神経節における時計遺伝子の発現について .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 杉村 光隆 .  亜酸化窒素吸入鎮静法と音楽聴取の併用が脳波・自律神経活動と心理状態に与える影響 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 佐古 沙織, 糀谷 淳, 大野 幸, 比嘉 憂里奈, 杉村 光隆 .  僧帽弁逆流・大動脈弁逆流が、左室拡張能および歯科・口腔外科手術後の循環器系合併症に及ぼす影響 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 大野 幸, 青山 歌奈絵, 山下 薫, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  口唇形成術を目的とした乳児における全身麻酔中の酸素化に影響を与える因子の検討 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 三島 優美子, 後藤 雄一, 別府 真広, 山下 薫, 濱田 倫史, 坂元 亮一, 今村 晴幸, 杉村 光隆, 杉浦 剛 .  口腔癌術治療時に著明な低ナトリウム血症を認め診断治療に苦慮した2例 .  日本口腔科学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本口腔科学会

  • Niiro Ayako, Ohno Sachi, Sako Saori, Yamagata Kazuaki, Sendo Ryozo, Aoyama Kanae, Sugimura Mitsutaka .  急性および持続性疼痛の動物モデルを用いた三叉神経領域における疼痛感受性の昼間変動の解析(An analysis of diurnal variation in pain sensitivity in trigeminal areas using an animal model of acute and persistent pain) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 新納 彩子, 大野 幸, 青山 歌奈絵, 山形 和彰, 杉村 光隆 .  急性持続性疼痛の動物モデルを用いた、三叉神経支配領域における痛みの日内変動の解析 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 新納 彩子, 大野 幸, 青山 歌奈絵, 山形 和彰, 杉村 光隆 .  急性持続性疼痛の動物モデルを用いた、三叉神経支配領域における痛みの日内変動の解析 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 新納 彩子, 大野 幸, 青山 歌奈絵, 杉村 光隆 .  急性持続性疼痛の動物モデルを用いた三叉神経支配領域における痛みの日内変動の解析 .  時間生物学  2020年10月  日本時間生物学会

  • 四道 瑠美, 糀谷 淳, 山下 薫, 大野 幸, 杉村 光隆 .  歯科・口腔外科手術患者のバイオマーカー、加速度脈波加齢指数と左室拡張能および術後循環器系異常との関連 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 四道 瑠美, 糀谷 淳, 山下 薫, 大野 幸, 杉村 光隆 .  歯科・口腔外科手術患者のバイオマーカーと、左室拡張能・術後循環器系異常との関連 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 四道 瑠美, 糀谷 淳, 大野 幸, 遠矢 明菜, 眞鍋 庸三, 杉村 光隆 .  歯科・口腔外科手術患者の左室拡張機能と血液生化学バイオマーカーの関連 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 大野 幸, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  歯科治療中の神経学的評価モデルの確立 下顎埋伏智歯抜歯中の音楽介入は自律神経系と心理状態に影響を与える .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 小島 佑貴, 杉村 光隆 .  歯科麻酔医とは何者なのか? 10年目がマイナー×マイナーの存在意義について考えてみた .  日本臨床麻酔学会誌  2020年10月  日本臨床麻酔学会

  • 山口 孝二郎, 糀谷 淳, 真鍋 庸三, 千堂 良造, 杉村 光隆 .  漢方療法が奏効した口腔乾燥症および心因性舌痛症の併存した1例 .  日本顎関節学会雑誌  2017年7月  (一社)日本顎関節学会

  • 内野 美菜子, 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 杉村 光隆, 浅川 明弘 .  炎症性疼痛モデルマウスでのhedonicおよびmotivational response障害のメカニズムの解析 .  肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • Uchino Minako, Katsuura Goro, Kawamura Namiko, Inui Akio, Asakawa Akihiro, Sugimura Mitsutaka .  疼痛誘発はマウスのショ糖嗜好性を抑制する(Pain induction suppresses sucrose preference in mice) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 千堂 良造, 橋口 浩平, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  病悩期間の短い舌痛症に漢方薬が著効した一症例 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 真鍋 庸三, 山下 薫, 千堂 良造, 遠矢 明菜, 山形 和彰, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  直線偏光近赤外線の星状神経節近傍照射が心臓自律神経系に与える影響 .  日本顎関節学会雑誌  2018年7月  (一社)日本顎関節学会

  • 真鍋 庸三, 山下 薫, 千堂 良造, 遠矢 明菜, 山形 和彰, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  直線偏光近赤外線の星状神経節近傍照射が心臓自律神経系に与える影響 .  日本歯科心身医学会雑誌  2018年12月  (一社)日本歯科心身医学会

  • 糀谷 淳, 宮田 昌明, 山下 薫, 四道 瑠美, 大石 充, 杉村 光隆 .  術前の左室拡張機能と、歯科・口腔外科手術後の血圧異常の関連について .  日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集  2018年5月  (NPO)日本高血圧学会

  • 高橋 美菜子, 糀谷 淳, 大野 幸, 佐古 沙織, 山下 薫, 杉村 光隆 .  術前の左室拡張機能と歯科・口腔外科手術後の循環器系合併症の関連について 多項ロジスティック回帰分析を用いたリスク因子の同定 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 小島 佑貴, 平林 和也, 杉村 光隆 .  頬骨弓骨折観血的整復術における超音波ガイド下上顎神経ブロックの術後鎮痛効果の検討 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • Yamashita Kaoru, Kibe Toshiro, Sugimura Mitsutaka .  顎裂部への腸骨稜移植術における麻酔タイプと術後QOLとの関連性(Relationship between anesthesia types and postoperative quality of life after iliac crest bone grafting of the alveolar cleft) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 遠矢 明菜, 真鍋 庸三, 大野 幸, 岩本 繁, 杉村 光隆 .  鹿児島大学病院全身管理歯科治療部における日帰り全身麻酔システムの新規導入 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 千堂 良造, 真鍋 庸三, 遠矢 明菜, 是枝 清孝, 新納 彩子, 岩本 繁, 杉村 光隆 .  鹿児島大学病院歯科診療部門におけるRapid Response System導入に向けたコールの基準、バイタルサイン測定に関する意識調査 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2017年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 小島 佑貴, 山形 和彰, 千堂 良造, 山下 薫, 大原 由紀子, 青山 歌奈絵, 四道 瑠美, 大野 幸, 杉村 光隆 .  鹿児島大学病院歯科麻酔科・全身管理歯科治療部における新型コロナウイルス感染症対策について .  日本歯科麻酔学会雑誌  2020年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 三叉神経領域の痛覚日内変動機構の解明 – 効果的な時間薬物療法の確立に向けて –

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • パーキンソン病モデルラットにおける口腔領域の痛覚過敏のメカニズムの解明

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)