2021/06/03 更新

写真a

ササキ フミサト
佐々木 文郷
Fumisato Sasaki
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 消化器センター 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
佐々木 文郷
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2015年6月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   消化器内科   講師

    2021年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 消化器センター   助教

    2014年4月 - 2021年3月

 

論文

  • Iwaya H, Fukukura Y, Hashimoto S, Tanoue S, Kawahira M, Hinokuchi M, Fujita T, Komaki Y, Arima S, Sasaki F, Kanmura S, Higashi M, Tamada K, Ido A .  Prognostic significance of extracellular volume fraction with equilibrium contrast-enhanced computed tomography for pancreatic neuroendocrine neoplasms. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]21 ( 4 ) 779 - 786   2021年6月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Komaki Y, Iwaya H, Kumagai K, Mawatari S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Sameshima Y, Ono Y, Ohi H, Ido A .  Increased Gene Copy Number of DEFA1A3 Is Associated With the Severity of Ulcerative Colitis. .  Clinical and translational gastroenterology12 ( 4 ) e00331   2021年4月

  • Ito S, Nishiguchi A, Sasaki F, Maeda H, Kabayama M, Ido A, Taguchi T .  Robust closure of post-endoscopic submucosal dissection perforation by microparticle-based wound dressing. .  Materials science & engineering. C, Materials for biological applications123   111993   2021年4月

     詳細を見る

  • Komaki Y, Kanmura S, Yutsudo K, Kuwazuru K, Komaki F, Tanaka A, Nishimata N, Sameshima Y, Sasaki F, Ohi H, Nakamura Y, Tokushige K, Sameshima Y, Ido A .  Infliximab therapy intensification based on endoscopic activity is related to suppress treatment discontinuation in patients with Crohn disease: A retrospective cohort study. .  Medicine100 ( 6 ) e24731   2021年2月

     詳細を見る

  • Ono S, Kawada K, Dohi O, Kitamura S, Koike T, Hori S, Kanzaki H, Murao T, Yagi N, Sasaki F, Hashiguchi K, Oka S, Katada K, Shimoda R, Mizukami K, Suehiro M, Takeuchi T, Katsuki S, Tsuda M, Naito Y, Kawano T, Haruma K, Ishikawa H, Mori K, Kato M .  Linked Color Imaging Focused on Neoplasm Detection in the Upper Gastrointestinal Tract : A Randomized Trial. .  Annals of internal medicine174 ( 1 ) 18 - 24   2021年1月

     詳細を見る

  • 矢野 弘樹, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵体部癌との鑑別に難渋し、切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.(著者抄録)

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 小吉 尚裕, 福迫 哲史, 藤田 浩, 菰原 義弘, 井戸 章雄 .  高齢化の進む地域中核病院における85歳以上の超高齢者の胃内視鏡的粘膜下層剥離術の現状と問題点 .  日本消化管学会雑誌4 ( 1 ) 25 - 30   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化管学会  

    【目的】85歳以上の超高齢者に対する胃内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の安全性、有効性を検討した。【対象と方法】2012年4月から2019年12月に当院でESDを施行した早期胃癌病変149例165病変を対象とした。85歳以上の21症例の超高齢者群と84歳以下の非超高齢者群に分けて治療成績、ESD後の経過観察、3年生存率を検討した。【結果】治療成績は両群間で有意差は認めなかった。超高齢者群は、3年以内に通院の自己中断例が有意に多く、経過が追えた8症例の3年生存率は100%であった。【結語】85歳以上の超高齢者への胃ESDは比較的安全に施行できた。しかし、通院の自己中断に留意する必要がある。(著者抄録)

  • Tanaka A, Sasaki F, Kanmura S, Ido A .  Magnified endoscopic imaging of a Peutz-Jeghers-type polyp in the jejunum. .  Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   2020年6月

     詳細を見る

  • Tanaka A, Kanmura S, Morinaga Y, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Takeshita M, Takeda S, Ido A .  Oral administration of Lactobacillus plantarum 06CC2 prevents experimental colitis in mice via an anti‑inflammatory response. .  Molecular medicine reports21 ( 3 ) 1181 - 1191   2020年3月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Tanaka A, Yutsudou K, Kuwazuru K, Komaki F, Komaki Y, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Significance of Linked Color Imaging for Predicting the Risk of Clinical Relapse in Ulcerative Colitis. .  Gastroenterology research and practice2020   3108690   2020年

     詳細を見る

  • 矢野 弘樹, 井戸 章雄, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代 .  膵体部癌との鑑別に難渋し,切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本膵臓学会  

    <p>症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.447

  • Hiraishi N, Kanmura S, Oda K, Arima S, Kumagai K, Mawatari S, Tanoue S, Sasaki F, Hashimoto S, Ido A .  Extract of <i>Lactobacillus plantarum</i> strain 06CC2 induces JNK/p38 MAPK pathway-mediated apoptosis through endoplasmic reticulum stress in Caco2 colorectal cancer cells. .  Biochemistry and biophysics reports20   100691   2019年12月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Hamamoto H, Tanaka A, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Higashi M, Ido A .  Diagnostic utility of linked color imaging in the evaluation of colonic mucosal inflammation in ulcerative colitis: a pilot study. .  Endoscopy international open7 ( 8 ) E937 - E943   2019年8月

     詳細を見る

  • Nishiguchi A, Sasaki F, Maeda H, Kabayama M, Ido A, Taguchi T .  Multifunctional Hydrophobized Microparticles for Accelerated Wound Healing after Endoscopic Submucosal Dissection. .  Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)15 ( 35 ) e1901566   2019年8月

     詳細を見る

  • Fujita T, Hashimoto S, Tanoue S, Tsuneyoshi K, Nakamura Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Taguchi H, Kanmura S, Ido A .  Factors Associated with the Technical Success of Bilateral Endoscopic Metallic Stenting with Partial Stent-In-Stent Placement in Patients with Malignant Hilar Biliary Obstruction. .  Gastroenterology research and practice2019   5928040   2019年

     詳細を見る

  • Komaki Y, Kanmura S, Sasaki F, Maeda H, Oda K, Arima S, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Mawatari S, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer. .  Digestion99 ( 3 ) 227 - 238   2019年

     詳細を見る

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤, 井戸 章雄 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    65歳男性。進行胃癌術後3年目に、嘔吐、体重減少が出現した。各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた。(1)壮年層の発症、(2)短い有症状期間、(3)著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし、二次性アカラシアを疑った。原因として胃癌術後再発を疑い、審査腹腔鏡にて確定診断に至った。二次性アカラシアの診断には、Tucker's criteriaが有用であると考えられた。(著者抄録)

  • 樺山 雅之, 井戸 章雄, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    <p>65歳男性.進行胃癌術後3年目に,嘔吐,体重減少が出現した.各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた.①壮年層の発症,②短い有症状期間,③著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし,二次性アカラシアを疑った.原因として胃癌術後再発を疑い,審査腹腔鏡にて確定診断に至った.二次性アカラシアの診断には,Tucker's criteriaが有用であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.115.394

    PubMed

  • Taguchi H, Kanmura S, Maeda T, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Helicobacter pylori eradication improves the quality of life regardless of the treatment outcome: A multicenter prospective cohort study. .  Medicine96 ( 52 ) e9507   2017年12月

     詳細を見る

  • Nakanishi H, Doyama H, Ishikawa H, Uedo N, Gotoda T, Kato M, Nagao S, Nagami Y, Aoyagi H, Imagawa A, Kodaira J, Mitsui S, Kobayashi N, Muto M, Takatori H, Abe T, Tsujii M, Watari J, Ishiyama S, Oda I, Ono H, Kaneko K, Yokoi C, Ueo T, Uchita K, Matsumoto K, Kanesaka T, Morita Y, Katsuki S, Nishikawa J, Inamura K, Kinjo T, Yamamoto K, Yoshimura D, Araki H, Kashida H, Hosokawa A, Mori H, Yamashita H, Motohashi O, Kobayashi K, Hirayama M, Kobayashi H, Endo M, Yamano H, Murakami K, Koike T, Hirasawa K, Miyaoka Y, Hamamoto H, Hikichi T, Hanabata N, Shimoda R, Hori S, Sato T, Kodashima S, Okada H, Mannami T, Yamamoto S, Niwa Y, Yashima K, Tanabe S, Satoh H, Sasaki F, Yamazato T, Ikeda Y, Nishisaki H, Nakagawa M, Matsuda A, Tamura F, Nishiyama H, Arita K, Kawasaki K, Hoppo K, Oka M, Ishihara S, Mukasa M, Minamino H, Yao K .  Evaluation of an e-learning system for diagnosis of gastric lesions using magnifying narrow-band imaging: a multicenter randomized controlled study. .  Endoscopy49 ( 10 ) 957 - 967   2017年10月

     詳細を見る

  • Hashimoto S, Taguchi H, Higashi M, Hatanaka K, Fujita T, Iwaya H, Nakazawa J, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Nasu Y, Kanmura S, Ido A .  Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis. .  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society29 ( 5 ) 608 - 616   2017年7月

     詳細を見る

  • Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease. .  BMC gastroenterology17 ( 1 ) 40   2017年3月

     詳細を見る

  • 橋口 正史, 玉井 努, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 東 美智代, 肱黒 薫, 二渡 久智, 重田 浩一朗, 長谷川 将, 井戸 章雄 .  内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic submucosal dissection)の1年10ヵ月後に異時性肝転移をきたした胃神経内分泌癌(neuroendocrine carcinoma)の1例 .  日本消化器病学会雑誌114 ( 2 ) 238 - 247   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    症例は77歳男性。胃噴門部O-IIc病変にESDを施行、病理診断は深達度SMの分化型優位混在癌、垂直断端(±)のため追加外科切除を施行した。1年10ヵ月後、肝腫瘍を認め肝部分切除を施行、NECと診断された。ESD病変は病理再検討により、胃NECと診断した。Stage IAのR0手術であったが、肝転移再発をきたした。肝切後の補助療法はS-1投与が有効で、1年4ヵ月無再発生存中である。(著者抄録)

  • 橋口 正史, 井戸 章雄, 玉井 努, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 東 美智代, 肱黒 薫, 二渡 久智, 重田 浩一朗, 長谷川 将 .  内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic submucosal dissection)の1年10カ月後に異時性肝転移をきたした胃神経内分泌癌(neuroendocrine carcinoma)の1例 .  日本消化器病学会雑誌114 ( 2 ) 238 - 247   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    <p>症例は77歳男性.胃噴門部0-IIc病変にESDを施行,病理診断は深達度SMの分化型優位混在癌,垂直断端(±)のため追加外科切除を施行した.1年10カ月後,肝腫瘍を認め肝部分切除を施行,NECと診断された.ESD病変は病理再検討により,胃NECと診断した.Stage IAのR0手術であったが,肝転移再発をきたした.肝切後の補助療法はS-1投与が有効で,1年4カ月無再発生存中である.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.114.238

    PubMed

  • Maeda T, Sakiyama T, Kanmura S, Hashimoto S, Ibusuki K, Tanoue S, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Taguchi H, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Low concentrations of human neutrophil peptide ameliorate experimental murine colitis. .  International journal of molecular medicine38 ( 6 ) 1777 - 1785   2016年12月

     詳細を見る

  • 前田 英仁, 橋元 慎一, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 門野 潤, 東 美智代, 井戸 章雄 .  胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow band imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例 .  膵臓31 ( 4 ) 638 - 645   2016年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    症例は76歳女性。CTで主膵管の拡張と多房性の嚢胞性病変、総胆管の拡張を認めた。精査目的で紹介、混合型IPMNと診断された。主膵管から胃への穿破があったことから瘻孔より拡大内視鏡を挿入、粘液の除去とCO2送気下での観察を行った。NBI併用拡大観察にて膵管内の結節と絨毛状構造が明瞭となり、通常観察では一見正常に見えた膵管上皮においても絨毛状構造が描出されたことから病変の連続性を評価し得た。直視下にて結節部分より生検を行い、術前にIPMCと診断、膵全摘術を施行し、手術標本で膵管内進展を確認した。IPMN症例の内視鏡観察において腫瘍形態と血管像が良悪性度診断に重要とされている。今回、NBI併用拡大観察で主膵管内の腫瘍形態、血管像を詳細に観察し、膵管進展評価と術前病理診断ができたIPMCの一例を経験した。(著者抄録)

  • 井上 和彦, 嵜山 敏男, 瀬戸山 香苗, 岩下 祐司, 齋藤 誠哉, 花田 法久, 菰原 義弘, 佐々木 文郷, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  血便を契機に発見された成人空腸消化管重複症の1例 .  日本消化器病学会雑誌113 ( 4 ) 662 - 671   2016年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    症例は56歳の男性。食欲不振、動悸、起立性失神、血便を認め、入院となった。造影CT検査で上部空腸に造影剤漏出をともなう憩室を認め、空腸憩室出血と診断した。経口的ダブルバルーン内視鏡検査で空腸憩室の入口部に露出血管をともなう小潰瘍を認め、内視鏡的に止血した後、待機的に腹腔鏡補助下小腸部分切除術を施行した。憩室は本来の消化管と連続した平滑筋層を有する真性憩室であり、空腸消化管重複症と診断した。(著者抄録)

  • 北薗 巌, 門野 潤, 基 俊介, 井上 真岐, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 井本 浩 .  胃GISTに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の経験 .  鹿児島県臨床外科学会誌27   13 - 16   2016年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県臨床外科学会  

    79歳男性。71歳時に急性大動脈解離に対しステントグラフト内挿術が施行され経過観察中であった。今回、胸腹部CTにて胃噴門部周囲の胃粘膜下腫瘤を指摘され、上部消化管内視鏡にて胃体上部前壁に径40mm大の胃粘膜下腫瘤が認められた。そこで、超音波内視鏡下穿刺吸引術を行ったところ、gastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。以後、手術が行われることとなったが、術前、心房細動による慢性心不全を指摘され、循環器内科での治療を経て、消化器外科へ紹介となった。腹部造影CTでは胃体上部前壁には最大径40mm大で、内部低吸収域を伴うダンベル型の胃粘膜下腫瘤を認めた。以上より、胃GISTとの診断で腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術が施行された。術中所見では胃体上部前壁には腹腔内に突出する腫瘍性病変が確認されたが、播種や転移などの異常所見は認められなかった。摘出標本は50×40×20mm大の表面整・弾性軟で内部に白色充実性腫瘤を認め、HE染色では紡錘形細胞が錯綜性に密に増生していた。また、免疫染色ではc-kit、CD34陽性で、Fletcher分類(腫瘍径5cm、核分裂数1個/50視野)は低リスクであり、病理組織学的に断端陰性であった。尚、術後はPPIの静注を行い、経口摂取開始後に内服に変更し、術後4日目より食事を開始、ドレーンは術後5日目に抜去して、術後10日目に患者は軽快退院となった。

  • Kanmura S, Hamamoto H, Morinaga Y, Oda K, Fujita T, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Hashimoto S, Taguchi H, Setoyama H, Ido A .  Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis. .  Digestion93 ( 4 ) 300 - 8   2016年

     詳細を見る

  • 前田 英仁, 門野 潤, 東 美智代, 井戸 章雄, 橋元 慎一, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁 .  胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow band imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例 .  膵臓31 ( 4 ) 638 - 645   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本膵臓学会  

    <p>症例は76歳女性.CTで主膵管の拡張と多房性の嚢胞性病変,総胆管の拡張を認めた.精査目的で紹介,混合型IPMNと診断された.主膵管から胃への穿破があったことから瘻孔より拡大内視鏡を挿入,粘液の除去とCO<sub>2</sub>送気下での観察を行った.NBI併用拡大観察にて膵管内の結節と絨毛状構造が明瞭となり,通常観察では一見正常に見えた膵管上皮においても絨毛状構造が描出されたことから病変の連続性を評価し得た.直視下にて結節部分より生検を行い,術前にIPMCと診断,膵全摘術を施行し,手術標本で膵管内進展を確認した.IPMN症例の内視鏡観察において腫瘍形態と血管像が良悪性度診断に重要とされている.今回,NBI併用拡大観察で主膵管内の腫瘍形態,血管像を詳細に観察し,膵管進展評価と術前病理診断ができたIPMCの一例を経験した.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.31.638

  • 井上 和彦, 井戸 章雄, 嵜山 敏男, 瀬戸山 香苗, 岩下 祐司, 齋藤 誠哉, 花田 法久, 菰原 義弘, 佐々木 文郷, 沼田 政嗣 .  血便を契機に発見された成人空腸消化管重複症の1例 .  日本消化器病学会雑誌113 ( 4 ) 662 - 671   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    症例は56歳の男性.食欲不振,動悸,起立性失神,血便を認め,入院となった.造影CT検査で上部空腸に造影剤漏出をともなう憩室を認め,空腸憩室出血と診断した.経口的ダブルバルーン内視鏡検査で空腸憩室の入口部に露出血管をともなう小潰瘍を認め,内視鏡的に止血した後,待機的に腹腔鏡補助下小腸部分切除術を施行した.憩室は本来の消化管と連続した平滑筋層を有する真性憩室であり,空腸消化管重複症と診断した.

    DOI: 10.11405/nisshoshi.113.662

    PubMed

  • Sasaki F, Kumagai K, Uto H, Takami Y, Kure T, Tabu K, Nasu Y, Hashimoto S, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Sakiyama T, Tsubouchi H, Ido A .  Expression of glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B in macrophages infiltrating injured mucosa is associated with the severity of experimental colitis in mice. .  Molecular medicine reports12 ( 5 ) 7503 - 11   2015年11月

     詳細を見る

  • 白桃 雄太, 門野 潤, 中薗 俊博, 安田 洋, 佐々木 文郷, 井本 浩 .  Marfan症候群に合併した急性胃軸捻転の1例 .  日本腹部救急医学会雑誌35 ( 7 ) 913 - 916   2015年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例はMarfan症候群による大動脈解離に対し,Bentall手術,胸腹部大動脈人工血管置換術の既往がある47歳の男性で,左側腹部痛を主訴に紹介医を受診した。CTで胸部下行から腹部大動脈の人工血管置換部周囲に血腫を認めた。人工血管吻合部からの遅発性出血と判断し,開胸止血を行った。術前から胃拡張を認めていたが,この術後に上部消化管内視鏡検査と同時に行った透視検査にて短軸性胃軸捻転と診断された。内視鏡的整復を行ったが,すぐに再発した。絶食で経過観察中に敗血症を併発し,CTで非閉塞性腸管膜虚血(NOMI)を疑い緊急手術を行った。実際にはNOMIは認めず,胃前庭部が短軸方向に捻転していた。捻転を解除し,胃体部を腹壁に縫合固定した。敗血症は長期絶食によるbacterial translocationが原因と考えられた。Marfan症候群に発症した胃軸捻転はまれで,発症の機序を中心に報告する。(著者抄録)

  • Makino T, Kanmura S, Sasaki F, Nasu Y, Funakawa K, Tanaka A, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Preoperative classification of submucosal fibrosis in colorectal laterally spreading tumors by endoscopic ultrasonography. .  Endoscopy international open3 ( 4 ) E363 - 7   2015年8月

     詳細を見る

  • FUMISATO SASAKI1, KOTARO KUMAGAI1, HIROFUMI UTO1, YOICHIRO TAKAMI2, TAKESHI KURE1, KAZUAKI TABU1, YUICHRO NASU1, SHINICHI HASHIMOTO1, SHUJI KANMURA1, MASATSUGU NUMATA1, AKIHIRO MORIUCHI3, TOSHIO SAKIYAMA1, HIROHITO TSUBOUCHI3,4 and AKIO IDO .  Expression of glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B in macrophages infiltrating injured mucosa is associated with the severity of experimental colitis in mice .      2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Ibusuki K, Sakiyama T, Kanmura S, Maeda T, Iwashita Y, Nasu Y, Sasaki F, Taguchi H, Hashimoto S, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Human neutrophil peptides induce interleukin-8 in intestinal epithelial cells through the P2 receptor and ERK1/2 signaling pathways. .  International journal of molecular medicine35 ( 6 ) 1603 - 9   2015年6月

     詳細を見る

  • 佐々木 文郷, 沼田 政嗣, 川平 正博, 鮫島 洋一, 軸屋 賢一, 中澤 潤一, 上村 修司, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  難治性直腸狭窄に対しRadial Incision and Cutting(RIC)法を用いた狭窄解除術が有効であった1例 .  Gastroenterological Endoscopy57 ( 2 ) 159 - 164   2015年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    症例は52歳、男性。直腸狭窄による大腸イレウスを発症し当院に入院。直腸Ra部に高度狭窄を認めた。同病変に対し、数回の内視鏡的バルーン拡張術を施行するも改善ないため、難治性直腸狭窄の診断にて、Radial Incision and Cutting法(RIC法)を用いた狭窄解除術を施行した。以降、再狭窄症状なく経過している。難治性直腸狭窄に対するRIC法による内視鏡的狭窄解除術は有効な治療法であると考え報告した。(著者抄録)

  • Funakawa K, Uto H, Sasaki F, Nasu Y, Mawatari S, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Kanmura S, Setoyama H, Numata M, Tsubouchi H, Ido A .  Effect of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms and risk factors for postoperative stricture. .  Medicine94 ( 1 ) e373   2015年1月

     詳細を見る

  • Sasaki F, Kanmura S, Nasu Y, Hashimoto S, Taguchi H, Numata M, Ido A .  Double-balloon enteroscopy-assisted closure of perforated duodenal diverticulum using polyglycolic acid sheets. .  Endoscopy47 Suppl 1 UCTN   E204 - 5   2015年

     詳細を見る

  • Kumagai K, Tabu K, Sasaki F, Takami Y, Morinaga Y, Mawatari S, Hashimoto S, Tanoue S, Kanmura S, Tamai T, Moriuchi A, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Glycoprotein Nonmetastatic Melanoma B (Gpnmb)-Positive Macrophages Contribute to the Balance between Fibrosis and Fibrolysis during the Repair of Acute Liver Injury in Mice. .  PloS one10 ( 11 ) e0143413   2015年

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 沼田 政嗣, 川平 正博, 鮫島 洋一, 軸屋 賢一, 中澤 潤一, 上村 修司, 船川 慶太, 藤田 浩 .  難治性直腸狭窄に対しRadial Incision and Cutting(RIC)法を用いた狭窄解除術が有効であった1例 .  日本消化器内視鏡学会雑誌57 ( 2 ) 159 - 164   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器内視鏡学会  

    症例は52歳,男性.直腸狭窄による大腸イレウスを発症し当院に入院.直腸Ra部に高度狭窄を認めた.同病変に対し,数回の内視鏡的バルーン拡張術を施行するも改善ないため,難治性直腸狭窄の診断にて,Radial Incision and Cutting法(RIC法)を用いた狭窄解除術を施行した.以降,再狭窄症状なく経過している.難治性直腸狭窄に対するRIC法による内視鏡的狭窄解除術は有効な治療法であると考え報告した.

    DOI: 10.11280/gee.57.159

  • 白桃 雄太, 門野 潤, 中薗 俊博, 安田 洋, 佐々木 文郷, 井本 浩 .  Marfan症候群に合併した急性胃軸捻転の1例 .  日本腹部救急医学会雑誌35 ( 7 ) 913 - 916   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例はMarfan症候群による大動脈解離に対し,Bentall手術,胸腹部大動脈人工血管置換術の既往がある47歳の男性で,左側腹部痛を主訴に紹介医を受診した。CTで胸部下行から腹部大動脈の人工血管置換部周囲に血腫を認めた。人工血管吻合部からの遅発性出血と判断し,開胸止血を行った。術前から胃拡張を認めていたが,この術後に上部消化管内視鏡検査と同時に行った透視検査にて短軸性胃軸捻転と診断された。内視鏡的整復を行ったが,すぐに再発した。絶食で経過観察中に敗血症を併発し,CTで非閉塞性腸管膜虚血(NOMI)を疑い緊急手術を行った。実際にはNOMIは認めず,胃前庭部が短軸方向に捻転していた。捻転を解除し,胃体部を腹壁に縫合固定した。敗血症は長期絶食によるbacterial translocationが原因と考えられた。Marfan症候群に発症した胃軸捻転はまれで,発症の機序を中心に報告する。

    DOI: 10.11231/jaem.35.913

  • 小薗 雅哉, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  【高齢者消化管疾患の現状と対策】高齢者に対する大腸ESDの治療成績と安全性の検討 .  消化器内科58 ( 1 ) 47 - 52   2014年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

    当院で大腸ESDを行った大腸腫瘍性病変91例94病変を対象として、75歳以上の高齢者群30例31病変と75歳未満の非高齢者群61例63病変に分け、その病変背景や治療成績を比較検討した。その結果、高齢者群は非高齢者群と比べ、盲腸+結腸病変が有意に多く、基礎疾患保有率や抗血栓薬・抗凝固薬の内服率が有意に高かった。治療成績では、一括切除率は高齢者群96.7%、非高齢者群96.8%で、両群間で有意差はなく、いずれも良好な成績であった。また、治癒率、平均入院期間、偶発症発症率も両群間で有意差を認めず、大腸ESDは高齢者においても安全な手技であると考えられた。

  • Tsubouchi N, Uto H, Kumagai K, Sasaki F, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Hayashi K, Kusumoto K, Shimoda K, Stuver SO, Tsubouchi H .  Impact of antibody to hepatitis B core antigen on the clinical course of hepatitis C virus carriers in a hyperendemic area in Japan: A community-based cohort study. .  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology43 ( 11 ) 1130 - 8   2013年11月

     詳細を見る

  • Nasu Y, Ido A, Tanoue S, Hashimoto S, Sasaki F, Kanmura S, Setoyama H, Numata M, Funakawa K, Moriuchi A, Fujita H, Sakiyama T, Uto H, Oketani M, Tsubouchi H .  Hepatocyte growth factor stimulates the migration of gastric epithelial cells by altering the subcellular localization of the tight junction protein ZO-1. .  Journal of gastroenterology48 ( 2 ) 193 - 202   2013年2月

     詳細を見る

  • 上村 修司, 船川 慶太, 岩屋 博道, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 井戸 章雄 .  下咽頭表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD) 後出血のリスクの検討 .  耳鼻咽喉科展望56 ( 4 ) 218 - 218   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:耳鼻咽喉科展望会  

    DOI: 10.11453/orltokyo.56.218

  • Imakiire K, Uto H, Sato Y, Sasaki F, Mawatari S, Ido A, Shimoda K, Hayashi K, Stuver SO, Ito Y, Okanoue T, Tsubouchi H .  Difference in serum complement component C4a levels between hepatitis C virus carriers with persistently normal alanine aminotransferase levels or chronic hepatitis C. .  Molecular medicine reports6 ( 2 ) 259 - 64   2012年8月

     詳細を見る

  • Hashimoto S, Uto H, Kanmura S, Sakiyama T, Oku M, Iwashita Y, Ibusuki R, Sasaki F, Ibusuki K, Takami Y, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Human neutrophil peptide-1 aggravates dextran sulfate sodium-induced colitis. .  Inflammatory bowel diseases18 ( 4 ) 667 - 75   2012年4月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Uto H, Sato Y, Kumagai K, Sasaki F, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Nagata K, Hayashi K, Stuver SO, Tsubouchi H .  The complement component C3a fragment is a potential biomarker for hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma. .  Journal of gastroenterology45 ( 4 ) 459 - 67   2010年4月

     詳細を見る

  • Uto H, Stuver SO, Hayashi K, Kumagai K, Sasaki F, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Hasegawa S, Oketani M, Ido A, Kusumoto K, Hasuike S, Nagata K, Kohara M, Tsubouchi H .  Increased rate of death related to presence of viremia among hepatitis C virus antibody-positive subjects in a community-based cohort study. .  Hepatology (Baltimore, Md.)50 ( 2 ) 393 - 9   2009年8月

     詳細を見る

  • Kodama M, Uto H, Numata M, Hori T, Murayama T, Sasaki F, Tsubouchi N, Ido A, Shimoda K, Tsubouchi H .  Endoscopic characterization of the small bowel in patients with portal hypertension evaluated by double balloon endoscopy. .  Journal of gastroenterology43 ( 8 ) 589 - 96   2008年

     詳細を見る

  • 齊藤 昇, 田畑 直人, 安藤 好久, 鵜島 雅子, 齊藤 三郎, 佐々木 文郷, 岩満 章浩, 堀 剛, 西山 省二 .  脆弱性骨折の女性入院患者における骨形成および骨吸収マーカーと血清マグネシウム .  マグネシウム26 ( 2 ) 57 - 67   2007年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本マグネシウム学会  

    高齢女性入院患者の長管骨における脆弱性骨折と関節リウマチについて、骨吸収マーカーと血清マグネシウム(Mg)の変動を主に調べた。高齢女性入院患者延べ74例を対象とした。大腿骨頸部の脆弱性骨折11例と骨折なしの35例と比較し、脆弱性骨折例で尿I型コラーゲン架橋N端テロペプチド(NTx)/血清クレアチニン(Cr)が増加し、血清MgとAlbが減少した。関節リウマチ7例と骨折なし5例との比較では、関節リウマチ例で尿NTx/Crが増加し、血清MgとAlbが減少した。急性脆弱性骨折5例の経過では急性骨折の1〜3ヵ月後に尿NTx/Crがピークとなり、このピーク時にMgOを使用していない2例の血清Mgは最低値となった。尿DPd/Crは5例中4例において尿NTx/Crとピークの時期が同じであった。急性脆弱性骨折4例と骨折なしの7例の比較では、急性脆弱性骨折例で尿NTx/Crが増加し、血清Mgは減少した。

  • 佐々木 文郷, 山本 章二朗, 沼田 政嗣, 宮田 義史, 熊谷 公太郎, 木村 友昭, 林 克裕, 坪内 博仁 .  白血球除去療法とメサラジン注腸療法の組み合わせ治療にて緩解導入が得られた潰瘍性大腸炎の1例 .  宮崎県医師会医学会誌28 ( 1 ) 68 - 71   2004年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)宮崎県医師会  

    41歳女.約半年前に近医にて全大腸型の潰瘍性大腸炎(UC)と診断され,メサラジン,プレドニゾロンにて加療されていた.しかし,症状および大腸内視鏡検査(CS)所見の改善が得られず,紹介・入院となった.入院時のCUでは,下行結腸遠位部より直腸にかけて発赤,浮腫,小びらん,粘膿性分泌物の付着を認めた.3ヵ月以上のステロイド治療にもかかわらず内視鏡的に中等度の活動性があり,患者からもステロイド剤増量への同意は得られず,白血球除去療法(LCAP)を施行した.LCAP5回後のCSでは,下行結腸〜S状結腸の病変は改善していたが,直腸には粘膿性分泌物の付着,びらんが残存していた.また,症状も軽度残存しており,メサラジン注腸を追加した.メサラジン注腸開始後5日目には便に付着する粘液が減少し,注腸開始2ヵ月後のCSではほぼ寛解状態となった.LCAPとメサラジン注腸療法の組み合わせは,治療抵抗性のUCの治療法の一つになり得る可能性が示唆された

▼全件表示

MISC

  • 【IPMN大全】診断 EUS 結節の評価、壁肥厚の意義、併存膵癌の診断

    岩屋 博道, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 川平 真知子, 有馬 志穂, 藤野 悠介, 児島 一成, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1267 - 1274   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    2017年に改訂されたIPMN/MCN国際診療ガイドラインの診療方針選択アルゴリズムにおいて、壁在結節、隔壁肥厚、主膵管径、嚢胞径は重要な悪性化予測因子として位置付けられている。それらを画像で評価するうえで、EUSの果たす役割は大きく、全観察期間において必須のmodalityとなりつつある。壁在結節≧5mmと壁肥厚の所見はIPMNの切除適応を判断する際に幅広く活用されているが、現状においても術後病理結果がlow grade dysplasiaであった症例が少なからず存在するため、悪性化の鑑別についてはさらなる工夫が必要である。近年、IPMN併存膵癌が注目されているが、現行ガイドラインにおける嚢胞サイズに応じた経過観察法はIPMN自体の悪性化に主眼が置かれており、そのため、IPMN併存膵癌を含めたスクリーニング法の構築が今後の課題である。(著者抄録)

  • 【上部消化管感染症-最近の話題を含めて】ノート 咽頭,食道のHPV感染と癌

    佐々木 健, 大堀 純一郎, 佐々木 文郷, 宮下 圭一, 尾本 至, 野田 昌宏, 内門 泰斗, 夏越 祥次

    胃と腸   54 ( 12 )   1663 - 1665   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>頭頸部癌の主な危険因子は従来,飲酒や喫煙とされてきたが,近年,ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の持続感染が頭頸部癌,特に中咽頭癌に関与していることが明らかとなり注目されている.頭頸部癌におけるHPV陽性率は年々増加傾向にあり,HPV由来の癌遺伝子高発現に伴う癌抑制遺伝子であるp53およびRbの不活性化が発癌に関与すると考えられている.HPV陽性の中咽頭癌は,HPV陰性の中咽頭癌に比べ,若年で飲酒・喫煙歴が少ない,重複癌の合併が少ない,予後良好であるなどの臨床的特徴を有しており,HPV感染の有無に応じた新たな治療戦略が必要である.

  • Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる

    指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   101 - 103   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    我々は炎症性腸疾患の患者血清を用いたプロテオーム解析により、human neutrophil peptide(HNP)が活動期の潰瘍性大腸炎(UC)患者で上昇しており、UCのバイオマーカーになりうることを報告した。HNPは主に好中球のアズール顆粒から分泌される、抗菌的作用を持つ蛋白であるが、HNPの腸管上皮細胞に対する作用は十分明らかになっていない。我々は高濃度のHNPが腸管上皮細胞のIL-8、ICAM-1発現を亢進させることを見いだした。大腸粘膜に多量の好中球が集簇しているUCでは、HNPがさらなる好中球の遊走を促進させ、炎症を持続させている可能性が示唆された。(著者抄録)

  • グルタミンによる腸管上皮細胞Heat shock protein発現誘導はポリアミンにより制御されている

    岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   98 - 100   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    グルタミンは腸管上皮細胞の主たるエネルギー源であり、腸管粘膜の保護作用を有している。グルタミンによる腸管保護作用の一つにHeat shock protein(Hsp)の発現誘導があるが、その誘導メカニズムは十分明らかになっていない。我々は、グルタミン除去により低下した腸管上皮細胞Hsp発現がポリアミン添加で回復すること、グルタミンを含む培地でもポリアミン合成の阻害によりHsp発現が低下することを見いだした。グルタミンは腸管上皮細胞のポリアミン合成を促進させることでHsp発現を増強し、腸管の恒常性を保っていることが示唆された。(著者抄録)

  • 炎症性腸疾患治療の分子標的を探る マクロファージに発現するオステオアクチビンは腸炎を軽減する

    佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 岩下 祐司, 指宿 和成, 隈元 亮, 上村 修司, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   2 - 4   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    オステオアクチビン(OA)は障害肝のマクロファージに発現しており、最近、炎症の調節因子として作用していることが報告された。我々は実験腸炎モデルを用いて腸管におけるOAの役割を検討し、OAが大腸炎の進展に伴って腸管マクロファージで誘導されること、OA変異マウスでは野生型マウスに比して腸炎が有意に悪化し、腸管のIL-1β、IL-6発現が増加することを見いだした。OAはサイトカイン産生を抑制して抗炎症的に作用していることが示唆された。(著者抄録)

  • 【SNPが変える肝胆膵診療】C型肝炎経過に関連する遺伝子多型ENDP1、INSIG2 肝炎多発地域における研究から

    井戸 章雄, 佐々木 文郷, 上村 修司, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 坪内 博仁

    肝胆膵   59 ( 6 )   1155 - 1161   2009年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之 .  産学・医工連携による内視鏡診療へのイノベーション ESD後潰瘍に対する新規潰瘍被覆材の非臨床POCの確立 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年8月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 田島 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  生活習慣病と肝疾患 慢性肝疾患診療におけるアルデヒド呼気テストの有用性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 矢澤 省吾, 塩見 一剛, 大井 長和, 長町 茂樹, 杉本 精一郎 .  球麻痺を伴った急性小脳失調症の一例 .  臨床神経学  2002年7月  (一社)日本神経学会

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 森内 昭博, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁 .  炎症性腸疾患における炎症のフィードバック調節因子osteoactivinの役割の解明 .  日本消化器病学会雑誌  2010年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 橋元 慎一, 宇都 浩文, 上村 修司, 屋 万栄, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 森内 昭博, 藤田 浩, 長谷川 将, 山元 隆文, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  潰瘍性大腸炎患者血中に上昇するHuman Neutrophil Peptide-1の病態への関与 .  日本消化器病学会雑誌  2009年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎の内視鏡的活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎における便中ヒト好中球ペプチド濃度の臨床的意義 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 井戸 章雄 .  消化管の拡大内視鏡診断の最新の知見 食道・咽頭 咽頭表在癌の厚さ評価についての検討 EUS vs.IEE併用拡大観察 .  Gastroenterological Endoscopy  2019年5月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 西口 昭広, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 井戸 章雄, 田口 哲志 .  消化管がん術後の線維化を抑制する接着性創傷被覆粒子の創出 .  日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 西口 昭広, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 井戸 章雄, 田口 哲志 .  消化管がん術後の組織再生を促進する接着性創傷被覆粒子の開発 .  人工臓器  2019年10月  (一社)日本人工臓器学会

  • 川田 研郎, 小野 尚子, 土肥 統, 北村 晋治, 小池 智幸, 堀 伸一郎, 岡田 裕之, 道下 厚子, 勝木 伸一, 塩谷 昭子, 八木 信明, 佐々木 文郷, 中尾 一彦, 田中 信治, 堅田 和弘, 下田 良, 村上 和成, 樋口 和秀, 春間 賢, 石川 秀樹, 加藤 元嗣, LCI-FIND trial Group .  消化管がん患者を対象として新画像強調処理(LCI)を用いた上部消化管腫瘍性病変の検出能に関するランダム化試験 .  Gastroenterological Endoscopy  2019年5月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 川平 正博, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  消化器癌に対する集学的治療 切除不能膵癌に対する化学療法の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  消化器内視鏡診療のinnovation 高接着性ゼラチンシートのESD後潰瘍に対する作用 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 軸屋 賢一, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 矢野 弘樹, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  放射線化学療法後の食道表在癌再発病変に対するsalvage ESDの安全性・有用性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 牧野 智礼, 佐々木 文郷, 船川 慶太, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 山路 尚久, 田ノ上 史郎, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  抗凝固薬・抗血小板薬服用患者のESD治療におけるリスクの検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 坪内 直子, 佐々木 文郷, 三池 忠, 山本 章二朗, 蓮池 悟, 永田 賢治, 堀 剛, 宇都 浩文, 林 克裕, 坪内 博仁 .  慢性肝疾患症例におけるダブルバルーン内視鏡の安全性と有用性の検討 .  肝臓  2006年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 岩屋 博道, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  悪性胆道・十二指腸狭窄に対するEUSガイド下胆道ドレナージと十二指腸ステンティング併用治療の成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 磯部 亮太, 井野 裕治, 近藤 佳恵, 三澤 恭平, 佐々木 文郷, 矢野 智則, 山本 博徳, 菅野 健太郎 .  急性腹症を契機として発見されたSLEに腸管気腫性嚢胞症を合併した1例 .  日本内科学会関東地方会  2012年7月  日本内科学会-関東地方会

  • 樋渡 啓生, 北薗 巌, 槐島 健太郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 井本 浩 .  当院における胃GISTに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術10例の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 宮田 生弥子, 鮫島 洋一, 水流 弘文, 徳元 攻, 牧野 智礼, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当院における潰瘍性大腸炎関連colitic cancerの現況 .  日本消化器病学会雑誌  2013年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 船川 慶太, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 坪内 直子, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当院における内視鏡的乳頭切除術の臨床的検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 樋之口 真, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱本 ひとみ, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院における乳幼児の消化管内視鏡検査・治療の現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 大井 秀久, 佐々木 文郷, 藤田 浩, 中馬 豊, 帆北 修一, 石澤 隆 .  当院におけるクローン病の肛門病変に対する治療の現況 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2010年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 有馬 志穂, 中澤 潤一, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院での切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の現状 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 北薗 巌, 門野 潤, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 基 俊介, 井戸 章雄, 井本 浩 .  当院おける腹腔鏡・内視鏡合同手術の導入と課題 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科の大腸ESD断念例の検討とその対策 .  日本消化器病学会雑誌  2014年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 井戸 章雄 .  当科の大腸ESDの現状および断念例の検討とその対策 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2015年4月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 濱元 ひとみ, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 中澤 潤一, 船川 慶太, 井戸 章雄 .  当科のMM以深食道表在癌に対する治療の妥当性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 大井 秀久, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科における高齢発症潰瘍性大腸炎の臨床的特徴についての検討 .  日本消化器病学会雑誌  2010年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科における超高齢者胃腫瘍に対するESDの安全性と有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田ノ上 史郎, 船川 慶太, 牧野 智礼, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 山元 隆文, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  当科における膵仮性嚢胞に対するEUSガイド下ドレナージ術の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 船川 慶太, 大重 彰彦, 小田 耕平, 今中 大, 馬渡 誠一, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 玉井 努, 森内 昭博, 藤田 浩, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 加治 建, 松藤 凡, 井戸 章雄 .  当科における胆道閉鎖症術後の小児食道胃静脈瘤出血例に対する治療経験 .  肝臓  2014年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 哲仁, 藤田 俊浩, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科における胃ESDの後出血に関する危険因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科における消化器内視鏡時の抗血栓療法患者の取り扱いの現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 船川 慶太, 嵜山 敏男, 佐々木 文郷, 山路 尚久, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 牧野 智礼, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 坪内 博仁 .  当科における大腸ESDの現状について .  日本消化器病学会雑誌  2012年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩屋 博道, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 有馬 志穂, 坪内 直子, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科における咽喉頭表在癌に対する内視鏡的深達度診断の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科における下咽頭・頸部食道表在癌に対するESDの現状 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるダブルバルーン内視鏡下でのEPLBDの検討 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるMM/SM1食道扁平上皮癌に対する内視鏡治療後の成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 樋之口 真, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるEST/EPSTの現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 上村 修司, 有馬 志穂, 田中 啓仁, 坪内 直子, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科での食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断について .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小牧 祐雅, 船川 慶太, 小野 陽平, 田中 啓仁, 牧野 智礼, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 坪内 直子, 那須 雄一郎, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科での未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の現状と今後の課題 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 宮原 広典, 相良 誠二, 橋元 慎一, 佐々木 文郷, 上村 修司, 福田 芳生, 藤田 浩, 山元 隆文, 坪内 博仁, 堀内 正久 .  家族性HDL欠損症に合併したクローン病の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2008年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  大腸隆起性腫瘍に対するESDにおけるEUS専用機術前診断とPocket Creation Methodの有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 北島 信一, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  大腸側方発育型腫瘍に対するESD前生検の必要性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESD前の局注有無による線維化および手技難度への影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年8月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 那須 雄一郎, 上村 修司, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  大腸ESDを困難にさせる因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 林 芳和, 砂田 圭二郎, 新畑 博英, 佐藤 博之, 三浦 義正, 井野 裕治, 矢野 智則, 竹澤 敬人, 北村 絢, 秋元 正年, 高橋 治夫, 長谷川 浩之, 佐々尾 航, 磯部 亮太, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎 .  大腸ESDは、径5cm超の病変でも径2-5cmの病変と同等に、安全かつ確実に施行可能であった .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 坪内 直子, 橋元 慎一, 那須 雄一郎, 上村 修司, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  大腸ESDにおける術前生検の影響についての検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 前田 拓郎, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESDにおけるPocket Creation Methodは高度線維化を有する病変に有用である .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 今中 大, 森内 昭博, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 池田 大輔, 池田 徹, 井戸 章雄 .  地域中核病院における急性肝不全診療の現状 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 樺山 雅之, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 黒野 祐一, 井戸 章雄 .  喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫 .  耳鼻咽喉科展望  2019年2月  耳鼻咽喉科展望会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌ESD患者における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定は、咽頭・食道扁平上皮癌診断の新たなバイオマーカーとして有用である .  日本消化器病学会雑誌  2020年7月  (一財)日本消化器病学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 馬渡 誠一, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の慢性肝疾患診療における有用性の検討 .  肝臓  2018年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 藤田 俊浩, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  各種プロトンポンプ阻害薬が胃ESD後潰瘍の後出血に及ぼす影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡的切除及び腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS:laparoscopic-endoscopic cooperative surgery)の有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 佐久間 真友子, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡治療(EMR/ESD)と腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小牧 祐雅, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 山路 尚久, 田ノ上 史郎, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 藤田 浩, 坪内 博仁 .  十二指腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の有用性と安全性 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 将久, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 井上 和彦, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸神経内分泌腫瘍に多発性の腹腔内リンパ節腫大を合併し、治療方針の決定に苦慮した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 沼田 政嗣, 児玉 眞由美, 坪内 直子, 佐々木 文郷, 有馬 志穂, 三池 忠, 蓮池 悟, 永田 賢治, 堀 剛, 宇都 浩文 .  化学療法後の小腸絨毛萎縮をダブルバルーン内視鏡にて経過観察をした悪性リンパ腫の1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2006年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 柴田 絵莉子, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 上村 修司, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  化学療法が著効し、サルベージESDが可能となった大腸SM高度浸潤癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 小野 陽平, 田中 啓仁, 牧野 智礼, 小薗 雅哉, 岩屋 博通, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 坪内 直子, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  分化型・未分化型組織混在胃癌に対するNBI併用拡大観察の有用性と問題点 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 船川 慶太, 井戸 章雄 .  内視鏡治療と外科治療の接点 十二指腸非乳頭部腫瘍に対する治療の現状と課題 LECS(D-LECS)の有用性と限界 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 矢野 弘樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡治療と外科治療の接点 下咽頭表在癌に対する頭頸部外科と行う合同ESDの成績と工夫 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡検査・治療の周術期管理の標準化の工夫 食道表在癌に対する全身麻酔下ESDの有用性についての検討 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 那須 雄一郎, 井戸 章雄, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 森内 昭博, 藤田 浩, 山元 隆文, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 坪内 博仁 .  傷害胃粘膜の再生・修復過程におけるHGFの粘膜上皮細胞tight junction proteinに及ぼす影響 .  日本消化器病学会雑誌  2009年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  健診受診者におけるアルデヒド呼気試験の有用性の検討 .  糖尿病  2019年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 井戸 章雄 .  九州から発信する消化管癌に対する内視鏡診断と治療 高接着性ゼラチンシートはESD後潰瘍の粘膜下層および固有筋層の炎症、線維性肥厚を抑制する .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 大井 秀久, 花園 幸一, 帆北 修一, 中馬 幸一, 石澤 隆 .  中毒性巨大結腸症の経過を辿った診断困難な大腸炎の一例 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 上村 修司, 船川 慶太, 岩屋 博道, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 井戸 章雄 .  下咽頭表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後出血のリスクの検討 .  耳鼻咽喉科展望  2013年8月  耳鼻咽喉科展望会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史朗, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  下咽頭表在癌に対するESDの有用性と後出血対策 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  上部消化管癌の内視鏡治療 医用ミニブタの胃ESD後潰瘍におけるHexanoyl group-modified alkaline-treated gelatin porous filmsの作用 .  日本消化器病学会雑誌  2018年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 坪内 博仁 .  上部消化管内視鏡診断の新たな展開 動画で見る拡大・画像強調内視鏡 食道拡大内視鏡新分類の深達度診断における有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  上部消化管のadvanced diagnostic endoscopy 十二指腸腫瘍(腺腫・癌)のNBI併用拡大内視鏡診断の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  レーザー内視鏡を用いた消化管診断 咽頭表在癌に対するレーザー経鼻内視鏡を用いた観察の有用性の検討 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 仮屋 遥香, 藤野 悠介, 上原 翔平, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 矢野 弘樹, 田中 啓仁, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 有上 貴明, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  リンパ節転移を認めた多発性胃神経内分泌腫瘍の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 船川 慶太, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁 .  マウスDSS実験腸炎モデルおけるオステオアクチビンの役割 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  ポケット法による十二指腸ESDとクリップ+PGAフェルト+フィブリン糊併用法による術後偶発症予防の可能性 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  ヘリコバクター・ピロリ感染症の現状と課題 胃ESD症例におけるH.pylori除菌後胃癌の臨床的特徴 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 濱元 ひとみ, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  ヘリコバクターピロリ除菌が上腹部症状、QOLにもたらす効果について .  日本消化器病学会雑誌  2015年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 児玉 眞由美, 宇都 浩文, 村山 貴信, 宮内 明美, 岩満 章浩, 坂元 秀壮, 稲田 由起子, 堀 剛, 沼田 政嗣, 坪内 直子, 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  ダブルバルーン内視鏡を用いた門脈圧亢進症患者における小腸病変の評価 .  肝臓  2008年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 田原 良博, 佐々木 文郷, 村山 貴信, 坪内 直子, 三池 忠, 安倍 弘生, 上村 修司, 中澤 潤一, 堀 剛, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 下田 和哉 .  ダブルバルーン内視鏡による門脈圧亢進性小腸症の内視鏡所見の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2007年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 児玉 眞由美, 坪内 直子, 沼田 政嗣, 山本 章二朗, 堀 剛, 坪内 博仁 .  ダブルバルーン内視鏡による炎症性腸疾患の小腸病変に対する有用性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2006年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 指宿 和成, 岩下 祐司, 隈元 亮, 香月 稔史, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 今給黎 和幸, 宮原 広典, 福田 芳生, 船川 慶太, 藤田 浩, 山元 隆文, 井戸 章雄, 坪内 博仁, 駿河 幸男, 美園 俊明 .  シェーグレン症候群に蛋白漏出性胃腸症を合併した1例 .  日本消化器病学会雑誌  2009年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  グルタミンによる腸管上皮Heat shock protein発現誘導機構の解明 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 藤田 浩, 橋元 慎一, 佐々木 文郷, 上村 修司, 宮原 広典, 福田 芳生, 山元 隆文, 坪内 博仁, 大井 秀久 .  クローン病の術後経過には吻合法が関与する .  日本消化器病学会雑誌  2008年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 勇一, 徳重 浩一, 井戸 章雄 .  クローン病に対するinfliximabの二次無効に関する予測因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小野 陽平, 上村 修司, 小田 耕平, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  クローン病におけるアポトーシス抑制因子AIMの臨床的意義 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 福田 芳生, 藤田 浩, 佐々木 文郷, 上村 修司, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 宮原 広典, 山元 隆文, 野妻 智嗣, 稲森 由恵, 岡本 裕嗣, 有村 公良, 坪内 博仁 .  カプセル内視鏡により多彩な所見を観察し得た里吉病の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2008年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  アルデヒド呼気試験は、咽頭食道扁平上皮癌の重複・多重患者を非侵襲的に抽出する .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  アルデヒド呼気テストの肝疾患診療における有用性の検討 .  肝臓  2019年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 上村 修司, 西口 昭広, 田口 哲志, 井戸 章雄 .  あたらしい内視鏡診断、治療法をめざして-腫瘍性疾患、機能性疾患を含め- 噴霧型疎水化ミクロ粒子のESD後潰瘍に対する作用 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  日本消化管学会雑誌  2020年1月  (一社)日本消化管学会

  • 児玉 眞由美, 宇都 浩文, 平峯 靖也, 堀 剛, 今村 也寸志, 村山 貴信, 岩満 章浩, 坂元 秀壮, 稲田 由紀子, 高橋 将史, 和田 俊介, 村田 光宏, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 白土 明美, 坪内 直子, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  VP3以上の門脈腫瘍塞栓を伴った進行肝細胞癌患者の食道胃静脈瘤破裂に対する内視鏡的緊急止血術の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 児玉 眞由美, 宇都 浩文, 岩満 章浩, 村山 貴信, 稲田 由紀子, 坂元 秀壮, 村田 光宏, 高橋 将文, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 白土 明美, 坪内 直子, 堀 剛, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  VP3以上の門脈腫瘍塞栓を伴った進行肝細胞癌患者の食道胃静脈瘤破裂に対する内視鏡的緊急止血術の有用性 .  肝臓  2011年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄 .  Pocket-creation method(PCM)を用いた大腸ESDは、粘膜下層の高度線維化を有する症例で有用である .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 庄野 孝, 芦塚 伸也 .  JNET分類を用いた大腸腫瘍診断は、内視鏡経験によらずT1b病変の拾い上げに有用である 多施設研究 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 義孝, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  Interventional EUSの偶発症とその対策 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 嵜山 敏男, 藤田 浩, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 岩下 祐司, 大井 秀久, 中村 勇一, 美園 俊明, 青崎 真一郎, 重田 浩一郎, 鮫島 由規則, 児玉 眞由美, 坪内 博仁 .  Infliximab+azathioprine併用維持療法はinfliximab単独維持療法に比べ貧血を改善させる .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 西俣 伸亮, 鮫島 洋一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 大井 秀久, 中村 勇一, 徳重 浩一, 鮫島 由規則, 井戸 章雄 .  IBD診療における新たな展開 クローン病のインフリキシマブ効果減弱例に対する強化療法の有効性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 宇都 浩文, 上村 修司, 楠元 寿典, 林 克裕, 藤田 浩, 山元 隆文, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  HCV高感染地区におけるHCV抗体陽性者の血清C3a濃度と生命予後の関連 .  日本内科学会雑誌  2008年2月  (一社)日本内科学会

  • 重田 早紀子, 藤野 悠介, 児島 一成, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNA施行1週間後に後出血を認めた膵尾部癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 田口 宏樹, 牧野 智礼, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  EUS-FNAにて診断しえた転移性膵腫瘍の3例 .  日本消化器病学会雑誌  2012年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 笠井 亜衣, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 濱元 ひとみ, 井上 和彦, 牧野 智礼, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 畠中 真吾, 東 美智代, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断に至った膵悪性リンパ腫の3例 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 濱元 ひとみ, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中澤 潤一, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 沼田 政嗣, 蔵原 弘, 又木 雅弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断し得た神経鞘腫の3例 .  日本消化器病学会雑誌  2015年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 鉾之原 基, 橋元 慎一, 矢野 弘樹, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断した転移性膵腫瘍の検討 .  超音波医学  2016年1月  (公社)日本超音波医学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 東 美智代, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで得られた膵腫瘤性病変の検体におけるliquid-based cytology法の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAが診断に有用であったSolid-pseudopapillary neoplasmの二例 .  超音波医学  2016年1月  (公社)日本超音波医学会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 井戸 章雄 .  ESD全盛時代における功罪 大腸SM癌に対する完全生検としての大腸ESDの役割 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 井戸 章雄 .  ESD Update 手技とデバイスの進歩からみた新たな可能性は? 下部消化管 隆起性病変に対する大腸ESDの成績と工夫 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  ESD Update 手技とデバイスの進歩からみた新たな可能性は? 上部消化管 十二指腸ESDの安全性・偶発症予防策の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 竹田 志郎, 竹下 正彦 .  DSS誘発腸炎マウスモデルにおけるLactobacillus plantarum 06CC2の腸炎予防効果の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2015年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 坂元 秀壮, 堀 剛, 佐々木 文郷, 稲田 由起子, 岩満 章浩, 蓮池 悟, 永田 賢治, 宇都 浩文, 林 克裕, 坪内 博仁 .  Denver腹腔・静脈シャント術の治療成績および工夫 .  肝臓  2006年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 宇都 浩文, 佐藤 悠子, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 森内 昭博, 長谷川 将, 桶谷 真, 井戸 章雄, 中島 知明, 岡上 武, 坪内 博仁 .  C型肝炎ウイルス感染ALT正常持続者血清のプロテオーム解析 .  肝臓  2008年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 知念 崇, 軸屋 賢一, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 森田 喜紀, 吉元 英之, 川崎 大輔, 平峯 聖久, 眞田 純一, 馬之段 彩, 熊谷 雄一, 柳 正和, 谷本 昭英, 坪内 博仁 .  病的骨折を契機に診断された高Ca血症を伴う進行食道癌の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2011年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 福田 芳生, 中村 義孝, 前田 英仁, 井戸 章雄 .  鹿児島県におけるバレット食道腺癌の10年間の推移を含めた臨床的特徴の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  高齢者食道表在癌患者に対するESDの意義 .  日本消化器病学会雑誌  2020年7月  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  高齢者消化器疾患に対する治療戦略 高齢化の進む地域中核病院における高齢者の胃ESDの現状と問題点 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 齊藤 昇, 齊藤 三郎, 鵜島 雅子, 戸田 理一郎, 安藤 好久, 田畑 直人, 内野 勝子, 佐々木 文郷, 稲田 由起子, 坂元 秀壮, 岩満 章浩, 堀 剛 .  高齢入院患者の血清CuとZn値の臨床的評価 .  栄養-評価と治療  2006年4月  (株)メディカルレビュー社

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  高齢・女性の食道表在癌患者の特徴の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 森内 昭博, 田口 哲志, 井戸 章雄 .  高接着性ゼラチンシートはESD後潰瘍の粘膜下層および固有筋層の炎症、線維性肥厚を抑制する 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 隈元 亮, 宇都 浩文, 田ノ上 史郎, 熊谷 公太郎, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 玉井 努, 森内 昭博, 嵜山 敏男, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  高フルクトース食は高脂肪食よりもジエチルニトロサミン投与による肝腫瘍発症を促進する .  肝臓  2010年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 坪内 博仁 .  食道表在癌に対するESD+α療法の治療成績 当科での食道MM以深SCCに対するESD+αの治療法の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 田中 啓仁, 上村 修司, 福田 芳生, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 井戸 章雄 .  食道疾患に対する治療法の進歩とその成績 鹿児島県におけるESDを施行したバレット食道腺癌患者の経時的変化も含めた臨床背景と治療成績の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 嵜山 敏男, 山路 尚久, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 牧野 智礼, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 坪内 博仁 .  食道ESD術後狭窄予防におけるトリアムシノロン局注療法の有効性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  非切除肝門部悪性胆道狭窄の両葉ドレナージにおける細径デリバリーシステムの有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 上村 修司, 沼田 政嗣, 田中 啓仁, 小園 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  難治性腸管ベーチェット病に対する抗TNFα抗体製剤投与例の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 坂江 貴弘, 小牧 蕗子, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  離島拠点病院における炎症性腸疾患の現状 .  日本消化器病学会雑誌  2014年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 中澤 潤一, 山元 隆文, 軸屋 賢一, 鮫島 洋一, 佐々木 文郷, 坪内 博仁 .  閉塞性黄疸症例に対する離島拠点病院での現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2011年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 児玉 眞由美, 宇都 浩文, 村山 貴信, 岩満 章浩, 坂元 秀壮, 稲田 由起子, 堀 剛, 沼田 政嗣, 坪内 直子, 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  門脈圧亢進症における画像診断の進歩 ダブルバルーン内視鏡を用いた肝硬変患者における小腸病変の評価 .  日本門脈圧亢進症学会雑誌  2008年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

  • 田平 悠二, 小牧 祐雅, 古賀 甲菜, 湯通堂 和樹, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 揖宿 敦子, 金蔵 拓郎, 井戸 章雄 .  長期ステロイド投与患者に合併した腸管気腫症にメトロニダゾールが著効した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 中野 緩奈, 有馬 志穂, 羽田 明生, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 中澤 潤一, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  超音波内視鏡下穿刺生検法(EUS-FNA)で診断した卵巣癌腹膜転移の1例 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2014年7月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 大塚 薫行, 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  術後再建腸管の総胆管結石性胆管炎、胆石性膵炎に対しEUS下順行性治療が有用であった一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 湯通堂 和樹, 那須 雄一郎, 川畑 活人, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  術前診断でカルチノイド腫瘍を疑い内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による一括切除を行った結腸Granular cell tumorの一例 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2014年7月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  膵術後のPancreatic fluid collectionに対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージの成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 有馬 志穂, 中村 義孝, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 槐島 健太郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  膵癌の腹膜播種とEUS-FNAは関連するか?膵手術施行例と播種の有無に関する後方視的検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  腹腔内高度癒着症例に対して大腸LECS(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)を行った2例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 川畑 活人, 上村 修司, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  腸管恒常性維持機構に対するフルクトース過剰摂取の影響 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 中島 麻里, 小牧 祐雅, 山科 絵莉子, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 千堂 一樹, 小野 陽平, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸石イレウスに対しイレウス管を介したコーラ溶解療法が著効した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 山本 章二朗, 安倍 弘生, 宮田 義史, 木村 友昭, 佐々木 文郷, 中西 千尋, 沼田 政嗣, 堀 剛, 井戸 章雄, 林 克裕, 坪内 博仁 .  腸型ベーチェット病と単純性潰瘍の臨床的検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2004年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 柿原 敦子, 川平 真知子, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 大井 城一郎, 井戸 章雄 .  脈絡膜転移を契機に診断したBarrett食道腺癌の臨床経過 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 坪内 直子, 佐々木 文郷, 堀 剛, 児玉 眞由美, 沼田 政嗣 .  胆管空腸吻合術後の門脈狭窄による空腸静脈瘤を,ダブルバルーン内視鏡と血管造影で診断し得た1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2006年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胆管内粘液産生による胆道閉塞に対してEUS下胆道ドレナージ(EUS-BD)が効果的であった粘液産生胆管癌の2例 .  胆道  2016年8月  日本胆道学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 牧野 智礼, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 山路 尚久, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  胃腺腫と胃癌の鑑別におけるNBI併用拡大観察の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 井戸 章雄 .  胃・十二指腸腫瘍の低侵襲治療 当科における十二指腸非乳頭部腫瘍(SNADET)に対する治療の現状と課題 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 北薗 巌, 門野 潤, 基 俊介, 大川 政士, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 井本 浩 .  胃・十二指腸腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術の治療戦略 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 前田 英仁, 橋元 慎一, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 沼田 政嗣, 東 美智代, 門野 潤, 井戸 章雄 .  胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow-band-imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD症例における同時性・異時性多発胃腫瘍(腺腫・癌)の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 岩屋 博道, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例 .  日本胃癌学会総会記事  2019年2月  (一社)日本胃癌学会

  • 藤野 悠介, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄 .  肝門部悪性胆道狭窄に対する金属ステントの両葉留置成功に関する検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 宇都 浩文, 上村 修司, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 重信 秀峰, 森内 昭博, 長谷川 将, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 永田 賢治, 坪内 博仁 .  肝細胞癌のバイオマーカーとして同定した血清中Complement Component 3a(C3a)fragmentの臨床的意義 .  肝臓  2007年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  肝細胞増殖因子は、ラット食道粘膜傷害モデルにおいて食道粘膜修復を促進し、狭窄を抑制する .  日本消化器病学会雑誌  2018年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  肝疾患に対する非侵襲的診断法の進歩 アルデヒド呼気テストによる非侵襲的アルコール代謝能評価の有用性の検討 .  肝臓  2019年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 熊谷 公太郎, 井戸 章雄, 呉 建, 高見 陽一郎, 佐々木 文郷, 小田 耕平, 最勝寺 晶子, 橋口 正史, 馬渡 誠一, 玉井 努, 森内 昭博, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 坪内 博仁 .  肝炎の進展過程における炎症の調節因子オステオアクチビンの役割 .  肝臓  2011年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 小牧 祐雅, 船川 慶太, 牧野 智礼, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 山路 尚久, 田ノ上 史郎, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  繰り返す胆道出血に対しアルゴンプラズマ凝固法(APC)を行ったRendu-Osler-Weber病の1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 平岡 友二, 牛尾 純, 矢野 智則, 佐々尾 航, 北村 絢, 秋元 正年, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 佐々木 文郷, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 畑中 恒, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 五十嵐 高広, 本間 浩一 .  繰り返す肛門周囲膿瘍(高位筋間膿瘍)で発症し、ダブルバルーン内視鏡での全小腸検査により術前診断し得たメッケル憩室の1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 山内 拓真, 樺山 雅之, 前田 英仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 才原 哲史, 井戸 章雄 .  経時的変化が追えた胃底腺型胃癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 桑水流 康介, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  粘膜治癒を目指した炎症性腸疾患治療の新たな展開と今後の課題 当科における小児期発症潰瘍性大腸炎の現状 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 古賀 甲菜, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 樺山 雅之, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 又木 雄弘, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  策状物の関与が疑われた狭窄型虚血性小腸炎の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  直腸肛門部の隆起性腫瘍に対するEUS専用機の有用性およびESDの工夫 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 軸屋 賢一, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 井戸 章雄 .  直腸癌に対する低侵襲治療の最前線 結腸ESDと比較した直腸ESDの治療成績 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

▼全件表示