2021/06/17 更新

写真a

アンドウ マサコ
安藤 匡子
Masako ANDOH
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 准教授
総合科学域総合研究学系 研究推進機構 国際島嶼教育研究センター 兼務教員
職名
准教授

研究キーワード

  • 人獣共通感染症学

  • Zoonotic diseases

  • Veterinary Public Health

学歴

  • 岐阜大学大学院   連合獣医学研究科   応用獣医学

    - 2004年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 山口大学   農学部   獣医学科

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 国際島嶼教育研究センター   兼務教員

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 内閣府食品安全委員会   微生物・ウイルス専門調査会   専門委員

    2015年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立感染症研究所   ウイルス第一部第五室(リケッチア・クラミジア室)   協力研究員

    2013年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科   准教授

    2013年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京農工大学   農学部獣医学科   助教

    2007年11月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • Texas A&M University Health Science Center   ポスドク研究員

    2004年4月 - 2007年11月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  • テキサスA&M大学ヘルスサイエンスセンター   ポスドク研究員

  • 国立感染症研究所   ウイルス第一部 リケッチア・クラミジア室

▼全件表示

所属学協会

  • 日本公衆衛生学会

    2020年9月 - 現在

  • American Society for Microbiology

    2015年10月 - 現在

  • リケッチア研究会

    2015年10月 - 現在

  • 日本衛生動物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2015年10月 - 現在

  • 人と動物の共通感染症研究会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

取得資格

  • 獣医師

 

論文

  • Yoshiyuki Tomino, Masako Andoh, Yuta Horiuchi, Jiye Shin, Ryunosuke Ai, Takaki Nakamura, Mizuki Toda, Kenzo Yonemitsu, Ai Takano, Hiroshi Shimoda, Ken Maeda, Yuuji Kodera, Ichiro Oshima, Koji Takayama, Takayasu Inadome, Katsunori Shioya, Motoki Fukazawa, Kanako Ishihara, Takehisa Chuma .  Surveillance of Shiga toxin-producing Escherichia coli and Campylobacter spp. in wild Japanese deer (Cervus nippon) and boar (Sus scrofa) .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 9 ) 1287 - 1294   2020年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獣医学会  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0265

    PubMed

  • Nonoka Matsunaga, Mariko Suzuki, Masako Andoh, Moe Ijiri, Kemi Ishikawa, Takeshi Obi, Takehisa Chuma, Yoshikazu Fujimoto .  Analysis of fecal samples from Amami rabbits (Pentalagus furnessi) indicates low levels of antimicrobial resistance in Escherichia coliEuropean Journal of Wildlife Research66 ( 84 )   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s10344-020-01424-8

  • Remil Galay, Melbourne Talactac, Bea Ambita, Dawn Chu, Lali dela Costa, Cinnamon Salangsang, Darwin Caracas, Florante Generoso, Jonathan Babelonia, Joeneil Vergano, Lena Berana, Kristina Sandalo, Billy Divina, Cherry Alvarez, Emman Mago, Masako Andoh, Tetsuya Tanaka. .  Molecular detection of Rickettsia spp. and Coxiella burnetii in cattle, water buffaloes, and Rhipicephalus (Boophilus) microplus ticks in Luzon Island of the Philippines .  Tropical Medicine and Infectious Disease5 ( 2 ) 54   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3390/tropicalmed5020054

  • Tetsuo ASAI, Masaru USUI, Michiyo SUGIYAMA, Kazuhiro IZUMI, Tomoyuki IKEDA, Masako ANDOH .  Antimicrobial susceptibility of Escherichia coli isolates obtained from wild mammals between 2013 and 2017 in Japan .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 3 ) 345 - 349   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獣医学会  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0554

    PubMed

  • Kota Inoue, Masashi Tsujio, Makoto Matsubayashi, Ryota Inoue, Hitoshi Hatai, Masako Andoh, Keisuke Abe, Toshihiro Matsui, Tomohide Matsuo .  Susceptibility to various coccidiostats in the murine coccidian parasite Eimeria krijgsmanni .  Acta Parasitologica64 ( 2 ) 418 - 422   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/s11686-019-00052-w

    PubMed

  • Thu MJ, Qiu Y, Matsuno K, Kajihara M, Mori-Kajihara A, Omori R, Monma N, Chiba K, Seto J, Gokuden M, Andoh Masako, Oosako H, Katakura K, Takada A, Sugimoto C, Isoda N, Nakao R .  Diversity of spotted fever group rickettsiae and their association with host ticks in Japan .  Scientific Reports9 ( 1500 )   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-018-37836-5

  • 佐藤 寛子, 藤田 博己, 安藤 匡子, 安藤 秀二 .  後方視的調査によって秋田県で初めて確認された紅斑熱群リケッチア症の1例 .  秋田県健康環境センター年報 ( 13 ) 36 - 38   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:秋田県健康環境センター  

    近隣県である宮城、青森、新潟では近年、紅斑熱群リケッチア症患者が確認されているが、秋田県ではこれまでに患者発生報告はない。本症は、症状がつつが虫病と酷似するため、両者は鑑別が必要な疾患に挙げられているが、これまで当センターにおいては、つつが虫病疑い例に対する紅斑熱群リケッチア症の検査は未実施であった。そこで、本県における紅斑熱群リケッチア症の潜在性を探るため、1992年4月〜2011年3月に臨床的につつが虫病が疑われながらも抗体検査において否定された123例197検体を対象に、血清抗体価測定による後方視的調査を実施した。その結果、過去に紅斑熱群リケッチア症患者が県内で発生していたことが判明した。患者は1995年4月に発病し、つつが虫病疑いとして治療され、治癒していた。これまで、秋田県を含めた東北地方におけるリケッチア症は、つつが虫病が代表的であったが、今後は紅斑熱群リケッチア症の啓発をつつが虫病と併せて実施すると共に、検査体制の整備について検討する必要があると思われる。(著者抄録)

  • Galay RL, Manalo AAL, Dolores SLD, Aguilar IPM, Sandalo KAC, Cruz KB, Divina BP, Andoh M, Masatani T, Tanaka T .  Molecular detection of tick-borne pathogens in canine population and Rhipicephalus sanguineus (sensu lato) ticks from southern Metro Manila and Laguna, Philippines. .  Parasites & Vectors11 ( 1 ) 643   2018年12月

     詳細を見る

  • 1. Yada Y, Talactac RM, Kusakisako K, Hernandez PE, Galay LR, Andoh M, Fujisaki K, Tanaka T .  Hemolymph defensin from the hard tick Haemaphysalis longicornis attacks Gram-positive bacteria .  J Invertebrate Pathology156   14 - 18   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jip.2018.07.005

    PubMed

  • 佐藤寛子,村井博宜,石田晋之介,藤田博己,安藤匡子,安藤秀二 .  秋田県のマダニ刺咬3症例における紅斑熱群リケッチア感染の検索 .  衛生動物69 ( 2 ) 49 - 54   2018年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7601/mez.69.49

  • Iwabu-Itoh Y, Bazartseren B, Naranbaatar O, Yondonjamts E, Furuno K, Lee K, Sato K, Kawabata H, Takada N, Andoh M, Kajita H, Oikawa Y, Nakao M, Ohnishi M, Watarai M, Shimoda H, Maeda K, Takano A .  Tick surveillance for Borrelia miyamotoi and phylogenetic analysis of isolates in Mongolia and Japan .  Ticks and Tick Borne Diseases8 ( 6 ) 850 - 857   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ttbdis.2017.06.011

    PubMed

  • Masatani T, Hayashi K, Andoh M, Tateno M, Endo Y, Asada M, Kusakisako K, Tanaka T, Gokuden M, Hozumi N, Nakadohzono F, Matsuo T .  Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan .  Ticks and Tick Borne Diseases8 ( 4 ) 581 - 587   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ttbdis.2017.03.007

  • 3. Ishihara K, Chuma T, Andoh M, Yamashita M, Asakura H, Yamamoto S .  Effect of climatic elements on Campylobacter colonization in broiler flocks reared in southern Japan from 2008 to 2012 .  Poultry Science   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3382/ps/pew354

  • Suzuki J, Hashino M, Matsumoto S, Takano A, Kawabata H, Takada N, Andoh M, Oikawa Y, Kajita H, Uda A, Watanabe K, Shimizu T, Watarai M .  Detection of Francisella tularensis and analysis of bacterial growth in ticks in Japan .  Letters in Applied Microbiology63 ( 4 ) 240 - 246   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Akiko Sakata, Ai Takano, Hiroki Kawabata, Hiromi Fujita, Yumi Une, Koichi Goka, Toshio Kishimoto, Shuji Ando .  Detection of Rickettsia and Ehrlichia spp. in ticks associated with exotic reptiles andamphibians imported into Japan .  PLoS One9 ( 8 ) e104532   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Yumiko Ogasawara, Akiko Sakata, Takuya Ito, Hiromi Fujita,Hiroki Kawabata, Shuji Ando .  Isolation of the rickettsial agent genetically similar to Candidatus Rickettsia kotlanii, from Haemaphysalis megaspinosa in Japan .  Vector-borne and Zoonotic Diseases14 ( 9 ) 681 - 684   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ai Takano, Kochi Toyomane, Satoru Konnai, Kazuhiko Ohashi, Minoru Nakao, Takuya Ito, Masako Andoh, Ken Maeda, Masahisa Watarai, Kozue Sato, Hiroki Kawabata .  Tick surveillance for relapsing fever spirochete Borrelia miyamotoi in Hokkaido, Japan .  PLOS One9 ( 8 ) e104532   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ai TAKANO, Hiromi FUJITA, Teruki KADOSAKA, Mamoru TAKAHASHI, Takeo YAMAUCHI, Fubito ISHIGURO, Nobuhiro TAKADA, Yasuhiro YANO, Yosaburo OIKAWA, Toshiro HONDA, Mutsuyo GOKUDEN, Takashi TSUNODA, Miyako TSURUMI, Shuji ANDO, Masako ANDOH, Kozue SATO, Hiroki KAWABATA .  Construction of a DNA database for ticks collected in Japan: application of molecular identification based on the mitochondrial 16S rDNA gene .  Medical Entomology and Zoology65 ( 1 ) 13 - 21   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Ryoko Andoh, Keiji Teramoto, Tomoyoshi Komiya, Takashi Kaneshima, Ai Takano, Hideki Hayashidani, Shuji Ando .  Survey of Coxiella burnetii in ticks collected from dogs in Japan .  Journal of Veterinary Medical Science75 ( 8 ) 1115 - 1117   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroki Kawabata, Ai Takano, Teruki Kadosaka, Hiromi Fujita, Yoshiki Nitta, Mutsuyo Gokuden, Toshiro Honda, Junko Tomida, Yoshiaki Kawamura, Toshiyuki Masuzawa, Fubito Ishiguro, Nobuhiro Takada, Yasuhiro Yano, Masako Andoh, Shuji Ando, Kozue Sato, Hideyuki Takahashi, Makoto Ohnishi .  Multilocus sequence typing and DNA similarity analysis implicate Borrelia valaisiana-related sp. isolated in Japan is distinguishable from European B. valaisiana .  Journal of Veterinary Medical Science75 ( 9 ) 1201 - 1207   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Ishihara, R. Takahashi, M. Andoh, K. Makita, S. Kamiji, H. Ueno, Y. Muramatsu, Y. Tamura .  Effect of climatic elements on Campylobacter-contaminated chicken products in Japan .  Epidemilogy and Infection140   991 - 996   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanako Ishihara, Ryuta Takahashi, Masako Andoh, Hiroshi Ueno, Yasukazu Muramatsu, Yutaka Tamura .  Seasonal variation in Campylobacter-contaminated retail chicken products: A year-round investigation in Japan .  Journal of Veterinary Medical Science74 ( 1 ) 117 - 120   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kasi E. Russell-Lodrigue, Masako Andoh, Mark W. J. Poels, Heather R. Shive, Brad R. Weeks, Guoquan Zhang, Claudia Tersteeg, Toshiaki Masegi, Tsuyoshi Yamaguchi, Hideto Fukushi, Katsuya Hirai, David N. McMurray, James E. Samuel .  Coxiella burnetii isolates cause genogroup-specific virulence in mouse and guinea pig models of acute Q fever .  Infection and Immunity77 ( 12 ) 5640 - 5650   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Paul A. Beare, Nathan Unsworth, Masako Andoh, Daniel E. Voth, Anders Omslnd, Stacey D. Gilk, Kelly P. Williams, Bruno W. Sobral, John J. Kupko III, Stephen F. Porcella, James E. Samuel, Robert A. Heinzen .  Comparative genomics reveal extensive transposon-mediated genomic plasticity and diversity among potential effector proteins within the genus Coxiella .  Infection and Immunity77 ( 2 ) 642 - 656   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heather L. Briggs, Nicolein Pul, Rekha Seshadri, Mary J. Wilson, Claudia Tersteeg, Kasi E. Russell-Lodrigue, Masako Andoh, Andreas J. Baumler, James E. Samuel .  Limited role for iron regulation in Coxiella burnetii pathogenesis .  Infection and Immunity76 ( 5 ) 2189 - 2201   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Guoquan Zhang, Kasi E. Russell-Lodrigue, Heather R. Shive, Brad R. Weeks, James E. Samuel .  T cells are essential for bacterial clearance, and gamma interferon, tumor necrosis factor alpha, and B cells are crucial for disease development in Coxiella burnetii infection in mice .  Infection and Immunity75 ( 7 ) 3245 - 3255   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Guoquan Zhang, Kasi E. Russell-Lodrigue, Masako Andoh, Yan Zhang, Laura R. Hendrix, James E. Samuel .  Mechanisms of vaccine-induced protective immunity against Coxiella burnetii infection in BALB/c mice .  Journal of Immunology179   8372 - 8380   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Kasi E. Russell-Lodrigue, Guoquan Zhang, James E. Samuel .  Comparative virulence of Phase I and II Coxiella burnetii in immunodeficient mice .  Annals of the New York Academy of Sciences1063   167 - 170   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Takashi Naganawa, Tsuyoshi Yamaguchi, Hideto Fukushi, Katsuya Hirai .  In vitro susceptibility to tetracycline and fluoroquinolones of Japanese isolates of Coxiella burnetii .  Microbiology and Immunology48 ( 9 ) 661 - 664   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Hiromi Nagaoka, Tsuyoshi Yamaguchi, Hideto Fukushi, Katsuya Hirai .  Comparison of Japanese isolates of Coxiella burnetii by PCR-RFLP and sequence analysis .  Microbiology and Immunology48 ( 12 ) 971 - 975   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masako Andoh, Takashi Naganawa, Akitoyo Hotta, Tsuyoshi Yamaguchi, Hideto Fukushi, Toshiaki Masegi, Katsuya Hirai .  SCID mouse model for lethal Q fever .  Infection and Immunity71 ( 8 ) 4717 - 4723   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • The Tokara Islands. Culture, Society, Industry and Nature

    Masako Andoh, Mutsuyo Gokuden, Toshiro Honda, Hiromi Fujita, Seigo Yamamoto, Teruki Kadosaka, Ai Takano, Yasuhiro Yano, Nobuhiro Takada, Hiroki Kawabata, Shuji Ando( 担当: 共著)

    Kagoshima University International Center for Island Studies (KUICIS)  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:163   担当ページ:130   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Surveillance of Tsutsugamushi Disease and Acari-borne Diseases in the Tokara Islands.

MISC

  • ニホンアナグマからの志賀毒素産生性大腸菌およびサルモネラ分離

    安藤匡子,戸田美都季,中村昂紀,畑井仁

    獣医畜産新報   71 ( 4 )   256 - 257   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 野生鳥獣由来食肉の安全性確保に関する研究(2015-2017)

    高井伸二,前田健,安藤匡子,壁谷英則,岡林佐知,杉山宏,朝倉宏

    日本鹿研究   ( 8 )   27 - 32   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 家畜のアナプラズマ科リケッチアおよびコクシエラ科細菌感染症

    安藤匡子

    鹿児島県獣医師会会報   ( 55 )   5 - 9   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:鹿児島県獣医師会  

  • 人獣共通感染症の動向と対策 Q熱

    安藤匡子

    臨床と微生物   42 ( 1 )   45 - 50   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Q熱

    安藤匡子,安藤秀二

    臨床と微生物   41 ( 1 )   39 - 44   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新生児の日本紅斑熱症の一例~長崎県

    島崎綾子,濱口陽,原口康平,里龍晴,白川俊彦,中富明子,中嶋有美子,森内浩幸,安藤秀二,安藤匡子

    病原微生物検出情報   33 ( 11 )   304 - 305   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • Q熱(コクシエラ症)起因菌Coxiella burnetiiの最近の知見 招待

    安藤匡子

    モダンメディア   55 ( 3 )   59 - 69   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Q熱(コクシエラ症)

    平井克哉、安藤匡子

    化学療法の領域   20 ( 5 )   19 - 24   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Q熱(コクシエラ症)

    平井克哉、安藤匡子、山口剛士、福士秀人

    畜産の研究   58 ( 1 )   119 - 124   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Q熱診断ー今後の問題点

    安藤匡子、平井克哉

    臨床医   29 ( 10 )   1819 - 1823   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Q熱の新しい動物モデル

    安藤匡子、平井克哉

    感染と抗菌薬   6 ( 1 )   107 - 109   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Q熱に関する最近の知見

    安藤匡子、平井克哉

    感染と抗菌薬   6 ( 1 )   99 - 102   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 安藤匡子 .  Q熱の診断について .  第12回日本リケッチア症臨床研究会・第26回リケッチア研究会  リケッチア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀  

  • 高井伸二, 前田健, 安藤匡子, 岡林佐知, 壁谷英則, 杉山広, 朝倉宏 .  野生鳥獣由来食肉(ジビエ)の安全性確保に関する研究 .  第162回日本獣医学会学術集会微生物分科会企画シンポジウム感染症のリスク因子としての野生動物.  日本獣医学会微生物分科会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:茨城  

  • 池田智行, クォンヒョンミン, 安藤匡子 .  野生動物が保有する薬剤耐性大腸菌 .  第162回日本獣医学会学術集会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城  

  • 安藤匡子, 池田智行, 中村昂紀, 畑井仁 .  トカラ列島口之島のジネズミ由来Candidatus Neoehrlichia mikurensis .  第27回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー  SADI

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本  

  • 安藤匡子, 池田智行, 中村昂紀 .  Candidatus Neoehrlichia mikurensisの免疫不全マウス実験感染 .  第71回日本衛生動物学会大会  日本衛生動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口  

  • 井口純,茂田万沙美,小椋義俊,中島遥子,秋山由美,安藤匡子,磯部順子,小川和洋,壁谷英則,木口祐子,木村恵梨子,水流奈己,中嶋洋,中本有美,野村恭晴,原田誠也,松本裕子,吉田彩子,吉野修司,三澤尚明,林哲也 .  ニホンジカから分離される腸管出血性大腸菌O146のゲノム解析 .  第13回日本ゲノム微生物学会年会  日本ゲノム微生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 中村昂紀,安藤匡子 .  野生動物からのコクシエラ科、リケッチア科、アナプラズマ科細菌の遺伝子検出 .  第25回リケッチア研究会  リケッチア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 池田智行, 中村昂紀, 安藤匡子 .  Candidatus Neoehrlichia mikurensis分離の試み .  第25回リケッチア研究会  リケッチア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 井口純,茂田万沙美,小椋義俊,中島遥子,秋山由美,安藤匡子,磯部順子,小川和洋,壁谷英則,木口祐子,木村恵梨子,水流奈己,中嶋洋,中本有美,野村恭晴,原田誠也,松本裕子,吉田彩子,吉野修司,三澤尚明,林哲也 .  ニホンジカから分離される腸管出血性大腸菌O146のゲノム解析 .  第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 井口純,茂田万沙美,小椋義俊,秋山由美,安藤匡子,磯部順子,小川和洋,金澤祐子,壁谷英則,木村恵梨子,水流奈己,中嶋洋,中本有美,野村恭晴,原田誠也,松本裕子,吉田彩子,吉野修司,三澤尚明,林哲也 .  野生シカとヒトから分離される腸管出血性大腸菌O146の関係 .  第39回日本食品微生物学会学術集会  日本食品微生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 中村昂紀,米満研三,髙野愛,前田健,安藤匡子 .  野生動物におけるコクシエラ科、リケッチア科、アナプラズマ科細菌の検出 .  第161回日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城(つくば国際会議場)  

  • 中村昂紀、戸田美都季、冨野由通、御供田睦代、山本正悟、藤田博己、藤田信子、畑井仁、安藤匡子 .  野生動物における志賀毒素産生性大腸菌保有状況 .  第91回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡(福岡国際会議場)  

  • 安藤匡子、松村隆之、阿戸学、安藤秀二 .  Orientia tsutsugamushi7血清型のマウスに対する病原性比較 .  第24回リケッチア研究会  リケッチア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京(国立感染症研究所)  

  • 中村昂紀、戸田美都季、冨野通由、御供田睦代、穂積和佳、岩元由佳、中堂園文子、山本正悟、藤田博己、藤田信子、本田俊郎、角坂照貴、門馬直太、島崎裕子、糸川健太郎、石原加奈子、畑井仁、安藤匡子 .  鹿児島県の野生動物における志賀毒素産生性大腸菌保有状況 .  第21回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島(県医師会館)  

  • 中村昂紀、戸田美都季、御供田睦代、山本正悟、藤田博己、藤田信子、本田俊郎、石原加奈子、安藤匡子 .  トカラ列島口之島の野生動物およびマダニにおける病原性細菌保有調査 .  第67回日本衛生動物学会南日本支部大会  日本衛生動物学会南日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島(奄美市AiAi広場)  

  • 戸田美都季,中村昂紀,畑井仁,安藤匡子 .  ニホンアナグマの志賀毒素産生性大腸菌およびサルモネラの保菌状況 .  第17回人と動物の共通感染症研究会  人と動物の共通感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立感染症研究所  

  • 安藤匡子, 松村隆之, 阿戸学, 安藤秀二 .  「古くて新しい?節足動物媒介性感染症?」:つつが虫病の理解にむけて .  第160回日本獣医学会学術集会  日本獣医学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 戸田美都季, 中村昂紀, 畑井仁, 安藤匡子 .  ニホンアナグマの志賀毒素産生性大腸菌およびサルモネラの保菌状況 .  第160回日本獣医学会学術集会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 安藤匡子 .  Q熱~マダニが有するCoxiellaに関するピットホール .  第23回リケッチア研究会  日本リケッチア研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立感染症研究所  

  • 冨野由通、堀内雄太、申ジエ、米満研三、高野愛、安藤匡子、中馬猛久 .  ジビエとなるシカ、イノシシからの志賀毒素産生性大腸菌の分離および分離株の性状解析 .  第159回日本獣医学会学術集会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川(日本大学生物資源学部)  

  • 安藤匡子、本田俊郎、御供田睦代、藤田博己、矢野泰弘、正谷達謄、田中哲也、松尾智英、遠藤泰之、安藤秀二、川端寛樹 .  鹿児島県屋久島のヒゲナガチマダニから分離されたリケッチアHKT-1株の遺伝子解析 .  第68回日本衛生動物学会大会  日本衛生動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:栃木(栃木県総合文化センター)  

  • 安藤匡子、冨野由通、堀内雄太、申ジエ、高野愛、中馬猛久 .  狩猟肉となる野生シカ、イノシシにおける食中毒菌の保有状況 .  第15回人と動物の共通感染症研究会  人と動物の共通感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京(国立感染症研究所)  

  • 安藤匡子 .  家畜におけるリケッチア類感染症 .  鹿児島県家畜疾病診断研究会  鹿児島県家畜疾病診断研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島市(黎明館)  

  • 安藤匡子,松村隆之,阿戸学,安藤秀二 .  マウスにおけるOrientia tsutsugamushi血清型の病原性比較 .  第156回日本獣医学会学術集会  第156回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 安藤 匡子, Kwon MyoungHyun, 明石 尚美, 本田 俊郎 .  甑島列島におけるリケッチア感染症のベクター調査 .  衛生動物  2021年3月  日本衛生動物学会

  • 高井 伸二, 前田 健, 安藤 匡子, 岡林 佐知, 壁谷 英則, 杉山 広, 朝倉 宏 .  感染症のリスク因子としての野生動物 野生鳥獣由来食肉(ジビエ)の安全性確保に関する研究 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2019年8月  (公社)日本獣医学会

  • 安藤 匡子, 松村 隆之, 阿戸 学, 安藤 秀二 .  古くて新しい〜節足動物媒介性感染症〜 つつが虫病の理解にむけて .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 屋田 友里花, 草木迫 浩大, Talactac Melbourne R., Hernandez Emmanuel P., 前田 大輝, 安藤 匡子, 望月 雅美, 藤崎 幸蔵, 田仲 哲也 .  フタトゲチマダニヘモリンフ由来ディフェンシンの同定とその抗菌作用 .  衛生動物  2017年7月  日本衛生動物学会

  • 安藤 匡子, 池田 智行, 中村 昂紀, 畑井 仁 .  Candidatus Neoehrlichia mikurensisの免疫不全マウスでの増殖試験 .  衛生動物  2019年3月  日本衛生動物学会

▼全件表示

受賞

  • American Society for Rickettsiology travel award 2006

    2006年9月   American Society for Rickettsiology  

    Masako Andoh

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国