2023/05/30 更新

写真a

サカオ コズエ
坂尾 こず枝
Kozue Sakao
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 農学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学) ( 2009年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 有機合成

  • 食品化学

  • 有機化学

  • 分析化学

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • その他 / その他  / 食品機能化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

▼全件表示

学歴

  • 鹿児島大学   連合農学研究科

    2004年4月 - 2009年9月

  • 九州工業大学   大学院   物質工学研究科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州工業大学   工学部   物質工学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物資源化学科   助教

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本フードファクター学会(JSoFF)

    2015年10月 - 現在

  • アメリカ癌学会(AACR)

    2015年10月 - 現在

留学歴

  • 2010年2月 - 2013年3月   ピッツバーグ大学, アメリカ合衆国   ポストドクター

 

論文

  • Yi S, Chen K, Sakao K, Ikenaga M, Wang Y, Hou DX .  Assessment of Areca Nut Bioactivities in Western Diet-Induced Mice NAFLD Model. .  Nutrients15 ( 10 )   2023年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/nu15102403

    PubMed

  • Yi S, Zou L, Li Z, Sakao K, Wang Y, Hou DX .  In Vitro Antioxidant Activity of Areca Nut Polyphenol Extracts on RAW264.7 Cells. .  Foods (Basel, Switzerland)11 ( 22 ) 3607 - 3607   2022年11月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/foods11223607

    PubMed

  • Miyata T, Minamihata K, Kurihara K, Kamizuru Y, Gotanda M, Obayashi M, Kitagawa T, Sato K, Kimura M, Oyama K, Ikeda Y, Tamaki Y, Lee JM, Sakao K, Hamanaka D, Kusakabe T, Tachibana M, Ibrahim HR .  Highly efficient protein expression of Plasmodium vivax surface antigen, Pvs25, by silkworm and its biochemical analysis. .  Protein expression and purification195-196   106096 - 106096   2022年8月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pep.2022.106096

    PubMed

  • Chen K, Nakasone Y, Yi S, Ibrahim HR, Sakao K, Hossain MA, Hou DX .  Natural Garlic Organosulfur Compounds Prevent Metabolic Disorder of Lipid and Glucose by Increasing Gut Commensal <i>Bacteroides acidifaciens</i>. .  Journal of agricultural and food chemistry70 ( 19 ) 5829 - 5837   2022年5月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.2c00555

    PubMed

  • Pan X, Xie K, Chen K, He Z, Sakao K, Hou DX .  Involvement of AMP-activated Protein Kinase α/Nuclear Factor (Erythroid-derived 2) Like 2-iniatived Signaling Pathway in Cytoprotective Effects of Wasabi 6-(Methylsulfinyl) Hexyl Isothiocyanate. .  Journal of cancer prevention27 ( 1 ) 58 - 67   2022年3月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15430/JCP.2022.27.1.58

    PubMed

  • Nakamura, K, Shimamoto, S, Yamamoto, M, Sakao, K, Ohtsuka, A, Ijiri, D .  Effects of supplementation with thinned Tankan (Citrus tankan Hayata) on the lipid peroxidation, drip-loss, and color of the pectoralis major muscle of broiler chickens . .  Journal of Warm Regional Society of Animal Science65 ( 1 ) 17 - 24   2022年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 坂尾 こず枝 .  Effects of Supplementation with Thinned Tankan (Citrus tankan Hayata) on the Lipid Peroxidation, Drip-loss, and Color of the Pectoralis Major Muscle of Broiler Chickens. .  Journal of Warm Regional Society of Animal Science-   2022年招待 査読

  • 中村 桐子, 島元 紗希, 山本 雅史, 坂尾 こず枝, 大塚 彰, 井尻 大地 .  タンカン摘果果実の飼料添加がブロイラーの浅胸筋の脂質過酸化度、ドリップロス、ならびに色調に及ぼす影響 .  日本暖地畜産学会報65 ( 1 ) 17 - 24   2022年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本暖地畜産学会  

    <p>本研究では,タンカン摘果果実がニワトリの骨格筋の脂質過酸化度,ドリップロスならびに色調に及ぼす影響を調べた.トウモロコシと大豆粕を主体とした飼料(基礎飼料)またはタンカン摘果果実の乾燥粉末添加飼料(2.0%添加飼料および4.0%添加飼料)をチャンキー系(Ross308)雄ヒナに15日齢から14日間給与し,その間の体重と飼料摂取量を測定した.28日齢時にと殺し,浅胸筋,大腿部,腹腔内脂肪組織,心臓および肝臓の重量を測定した.試験期間中の増体量,飼料摂取量ならびに試験終了時の体重および組織重量にはタンカン摘果果実の飼料給与の影響は認められなかったが,飼料要求率は4.0%添加区で有意に高くなった.一方,浅胸筋の脂質過酸化度は,タンカン摘果果実の飼料添加により有意に低下した.浅胸筋のドリップロスは,タンカン摘果果実の飼料添加濃度に依存して低下し,4.0%添加区において有意に低くなった.加えて,タンカン摘果果実の飼料添加は,浅胸筋の赤色度およびα-トコフェロール含量を有意に増加させた.以上の結果より,タンカン摘果果実の飼料添加は,飼養成績には影響しなかったが,浅胸筋の脂質過酸化度およびドリップロスを低下させ,その赤色度およびα-トコフェロール含量を高めることが明らかとなった.</p>

    DOI: 10.11461/jwaras.65.17

  • Nakano H, Wu S, Sakao K, Hara T, He J, Garcia S, Shetty K, Hou DX .  Bilberry Anthocyanins Ameliorate NAFLD by Improving Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients12 ( 11 )   2020年10月

     詳細を見る

  • Kun Xie, Xi He, Keyu Chen, Kozue Sakao, De-Xing Hou .  Ameliorative effects and molecular mechanisms of vine tea on western diet-induced NAFLD .  Food Function11 ( 7 ) 5976 - 5991   2020年7月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0fo00795a.

  • Xie K, He X, Chen K, Sakao K, Hou DX .  Ameliorative effects and molecular mechanisms of vine tea on western diet-induced NAFLD. .  Food & function11 ( 7 ) 5976 - 5991   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>VTP might prevent WD-induced NAFLD by balancing fatty acid oxidation and lipogenesis, hepatic oxidative stress, and the gut microbiome.</p>

    DOI: 10.1039/d0fo00795a

    PubMed

  • Chen K, Nakasone Y, Xie K, Sakao K, Hou DX. .  Modulation of Allicin-Free Garlic on Gut Microbiome .  Molecules.   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen K, Nakasone Y, Xie K, Sakao K, Hou DX .  Modulation of Allicin-Free Garlic on Gut Microbiome. .  Molecules (Basel, Switzerland)25 ( 3 )   2020年2月

     詳細を見る

  • Xie K, He X, Chen K, Chen J, Sakao K, Hou DX. .  Antioxidant Properties of a Traditional Vine Tea, Ampelopsis grossedentata .  Antioxidants (Basel)   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Xie K, He X, Chen K, Chen J, Sakao K, Hou DX .  Antioxidant Properties of a Traditional Vine Tea, <i>Ampelopsis grossedentata</i>. .  Antioxidants (Basel, Switzerland)8 ( 8 )   2019年8月

     詳細を見る

  • Chen K, Xie K, Liu Z, Nakasone Y, Sakao K, Hossain A, Hou DX. .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients .   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen K, Xie K, Liu Z, Nakasone Y, Sakao K, Hossain A, Hou DX .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients11 ( 6 )   2019年5月

     詳細を見る

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX .  Involvement of ERK1/2-mediated ELK1/CHOP/DR5 pathway in 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate-induced apoptosis of colorectal cancer cells. .  Bioscience, biotechnology, and biochemistry83 ( 5 ) 960 - 969   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <jats:title>ABSTRACT</jats:title>
    <jats:p>6-(Methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate (6-MSITC) is a major bioactive compound in Wasabi. Although 6-MSITC is reported to have cancer chemopreventive activities in rat model, the molecular mechanism is unclear. In this study, we investigated the anticancer mechanisms using two types of human colorectal cancer cells (HCT116 p53+/+ and p53−/−). 6-MSITC caused cell cycle arrest in G2/M phase and induced apoptosis in both types of cells in the same fashion. Signaling data revealed that the activation of ERK1/2, rather than p53, is recruited for 6-MSITC-induced apoptosis. 6-MSITC stimulated ERK1/2 phosphorylation, and then activated ERK1/2 signaling including ELK1 phosphorylation, and upregulation of C/EBP homologous protein (CHOP) and death receptor 5 (DR5). The MEK1/2 inhibitor U0126 blocked all of these molecular events induced by 6-MSITC, and enhanced the cell viability in both types of cells in the same manner. These results indicated that ERK1/2-mediated ELK1/CHOP/DR5 pathway is involved in 6-MSITC-induced apoptosis in colorectal cancer cells.</jats:p>
    <jats:p>Abbreviations: CHOP: C/EBP homologous protein; DR5: death receptor 5; ELK1: ETS transcription factor; ERK1/2: extracellular signal-regulated kinase 1/2; JNK: Jun-N-terminal kinase; MAPK: mitogen-activated protein kinase; MEK1/2: MAP/ERK kinase 1/2; 6-MSITC: 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate; MTT: 3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyltetrazolium bromide; PARP: poly(ADP-ribose) polymerase.</jats:p>

    DOI: 10.1080/09168451.2019.1574206

    PubMed

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX. .  Wasabi 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate induces apoptosis in human colorectal cancer cells through p53-independent mitochondrial dysfunction pathway. .  BioFactors (Oxford, England)   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX .  Wasabi 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate induces apoptosis in human colorectal cancer cells through p53-independent mitochondrial dysfunction pathway. .  BioFactors (Oxford, England)   2018年5月

     詳細を見る

  • Wu S, Yano S, Chen J, Hisanaga A, Sakao K, He X, He J, Hou DX. .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. Berry Inhibit LPS-Induced Inflammation through Dual Modulation of Inflammatory and Antioxidant Mediators. .  Journal of Agricultural and Food Chemistry65 ( 25 ) 5133 - 5141   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.7b01599.

  • Wu S, Yano S, Chen J, Hisanaga A, Sakao K, He X, He J, Hou DX .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. Berry Inhibit LPS-Induced Inflammation through Dual Modulation of Inflammatory and Antioxidant Mediators. .  Journal of agricultural and food chemistry65 ( 25 ) 5133 - 5141   2017年6月

     詳細を見る

  • Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry attenuate experimental nonalcoholic steatohepatitis by inhibiting proinflammatory cytokines productions and lipid peroxidation. .  Molecular nutrition & food research61 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

  • Trio PZ, Kawahara A, Tanigawa S, Sakao K, Hou DX. .  DNA Microarray Profiling Highlights Nrf2-Mediated Chemoprevention Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in HepG2 Cells. .  NUTRITION AND CANCER69 ( 1 ) 105 - 116   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX. .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry attenuate experimental nonalcoholic steatohepatitis by inhibiting proinflammatory cytokines productions and lipid peroxidation. .  Molecular Nutrition & Food Research61 ( 4 )   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mnfr.201600858.

  • Trio PZ, Kawahara A, Tanigawa S, Sakao K, Hou DX .  DNA Microarray Profiling Highlights Nrf2-Mediated Chemoprevention Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in HepG2 Cells. .  Nutrition and cancer69 ( 1 ) 105 - 116   2017年1月

  • Trio PZ, Fujisaki S, Tanigawa S, Hisanaga A, Sakao K, Hou DX .  DNA Microarray Highlights Nrf2-Mediated Neuron Protection Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in IMR-32 Cells. .  Gene Regulation and Systems Biology10   73 - 83   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/GRSB.S39440.

  • Hisanaga A, Mukai R, Sakao K, Terao J, Hou DX .  Anti-inflammatory effects and molecular mechanisms of 8-prenyl quercetin. .  Mol Nutr Food Res.   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K, Vyas AR, Chinni S, Amjad AI, Parikh R, Singh SV. .  CXCR4 Is a Novel Target of Cancer Chemopreventative Isothiocyanates in Prostate Cancer Cells. .  Cancer Prev Res   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sogo T, Terahara N, Hisanaga A, Kumamoto T, Yamashiro T, Shusong Wu, Sakao K, Hou DX. .  Anti-inflammatory aaaactivity and molecular mechanism of delphinidin 3-sambubioside, a Hibiscus anthocyanin. .  BioFactors41 ( 1 ) 58 - 65   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sogo T, Kumamoto T, Ishida H, Hisanaga A, Sakao K, Terahara N, Wada K, Hou DX. .  Comparison of the inhibitory effects of delphinidin and its glycosides on cell transformation. .  Planta Med. 81 ( 1 ) 26 - 31   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Sakao K, Hashimoto F, Morishita A, Fujii M,Wada K, Hou DX. .  Antioxidant and Anti-inflammatory Activities of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  The Journal of Functional Foods in Health and Disease3   447 - 461   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Yano S, Sakao K, Hashimoto F, Nakano T, Fujii M, Hou DX. .  In vitro anticancer activity of loquat tea by inducing apoptosis in human leukemia cells. .  Biosci Biotechnol Biochem.78 ( 10 ) 1731 - 1737   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sehrawat A, Sakao K, Singh SV. .  Notch2 activation is protective against anticancer effects of zerumbone in human breast cancer cells. .  Breast Cancer Res Treat. 146 ( 3 ) 543 - 555   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arakawa T, Tsuboi T, Sattabongkot J, Sakao K, Torii M, Miyata T .  Tricomponent complex loaded with a mosquito-stage antigen of the malaria parasite induces potent transmission-blocking immunity .  Clinical and Vaccine Immunology 21 ( 4 ) 561 - 569   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Morishita A, Hashimoto F, Sakao K, Fujii M, Wada K, Hou DX .  Anti-inflammatory Effects and Molecular Mechanisms of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  Journal of Functional Foods6   523 - 533   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hahm ER, Sakao K, Singh SV. .  Honokiol activates reactive oxygen species-mediated cytoprotective autophagy in human prostate cancer cells. .  Prostate. 74 ( 12 ) 1209 - 1221   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 論文 I-9Zar PPK, Sakao K, Hashimoto F, Morishita A, Fujii M, Wada K, Hou DX .  Antioxidant and anti-inflammatory activities of loquat (Eriobotrya japonica) tea .  Functional Foods in Health and Disease3 ( 11 ) 447 - 461   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Singh S. V. , Kim S. H. , Sehrawat A , Arlotti J. A. , Hahm E. R. , Sakao K. , Beumer J. H. , Jankowitz R. C. , Chandra-Kuntal K. , Lee J. , Powolny A. A. , Dhir R. .  Biomarkers of phenethyl isothiocyanate-mediated mammary cancer chemoprevention in a clinically relevant mouse model .  The Journal of the National Cancer Institute104 ( 16 ) 1228 - 1239   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K. , Desineni S. , Hahm E. R. , Singh S. V. .  Phenethyl isothiocyanate suppresses inhibitor of apoptosis family protein expression in prostate cancer cells in culture and in vivo .  The Prostate72 ( 10 ) 1104 - 1116   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K. , Singh S. V. .  D,L-sulforaphane-induced apoptosis in human breast cancer cells is regulated by the adapter protein p66 Shc .  Journal of Cellular Biochemistry113 ( 2 ) 599 - 610   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kim S. H. , Sehrawat A , Sakao K. , Hahm E. R. , Singh S.V. .  Notch activation by phenyl isothiocyanate attenuates its inhibitory effect on prostate cancer cell migration .  PLoS One6 ( 10 ) e26615   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kozue Sakao, Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Clarification of the role of quercetin hydroxyl groups in superoxide generation and cell apoptosis by chemical modification .  Biosci Biotechnol Biochem73 ( 9 ) 2048 - 2053   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kozue Sakao, Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Acetyl derivate of quercetin increases the sensitivity of human leukemia cells toward apoptosis .  BioFactors35 ( 4 ) 399 - 405   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Effects and Mechanisms of Acylated Flavonoid on Cancer Chemopreventive Activity 査読

    Kozue Sakao & De-Xing Hou

    Current Pharmacology Reports   6   286 - 305   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Chemopreventive functions and molecular mechanisms of garlic organosulfur compounds. 査読

    Trio PZ, You S, He X, He J, Sakao K, Hou DX

    Food & Function   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 西村啓矢, 中村瑞樹, 何子煜, 侯德興, 坂尾こず枝 .  ケルセチン亜鉛錯体の合成および機能性評価 .  2022年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小田莉央, 井尻大地, 片渕歩美, 侯德興, 坂尾こず枝 .  ケルセチン及びケルセチン配糖体の似生体環境下における挙動解明 .  2022年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 坂尾こず枝 .  ポリフェノールの化学修飾にともなう生理活性と代謝の変化 .  2022年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  2022年11月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 内村望空, 釘丸朋樹, 山本雅史, 井尻大地, 侯徳興, 坂尾こず枝 .  カンキツ成分の食用油抽出による、美白効果増強油の簡易作成法 .  第76 回日本栄養・食糧学会大会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牟禮野乃華、侯德興、坂尾こず枝 .  ケルセチンのアセチル修飾の位置と数による生理活性の変化 .  2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会(第332回講演会)  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • 中村瑞樹、侯德興、坂尾こず枝 .  ケルセチン亜鉛錯体の合成および生理活性評価 .  2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会(第332回講演会)  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎大学  

  • Garlic as potential prebiotics to prevent gut microbiota dysbiosis and dyslipidemia .  2020年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

  • Keyu Chen, Kozue Sakao, De-Xing Hou .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  日本農芸化学会2020大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牟禮野乃華, 侯徳興, 侯徳興, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝 .  ケルセチンのアセチル修飾の位置と数による生理活性の変化 .  日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  • 中村瑞樹, 侯徳興, 侯徳興, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝 .  ケルセチン亜鉛錯体の合成および生理活性評価 .  日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  • 山下智代, 坂尾こず枝, 賀喜, 侯徳興 .  脂質代謝および腸内細菌叢におけるローズマリーの影響に関する研究 .  日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会講演要旨集  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  • Kozue Sakao .  Terpenes induce structure dependent autophagy and apoptosis in human colon cancer cells .  7th International Conference on Food Factors(ICoFF2019)  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kozue Sakao .  Clarifying the structure-activity relationship and cancer chemopreventive effects of terpenes in human colon cancer cells. .  Food for Health International Conference2018,   招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 濱元志穂美, 侯徳興, 侯徳興, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝 .  ヒト乳がん細胞においてQuercetinのアセチル化はアポトーシス誘導を増強する .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  • 猿渡春菜子, 侯徳興, 侯徳興, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝 .  ヒト肝臓がん細胞におけるケルセチンとその誘導体の細胞死誘導メカニズムの解明 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  • 楢本龍之介, 高山耕二, 坂尾こず枝, 侯徳興 .  メタボローム解析による薩摩黒鴨の肉質特徴の解明 .  日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会講演要旨集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  • 新村麻弥華, 木戸めぐみ, 木戸めぐみ, 坂尾こず枝, 侯徳興 .  調理加工における黒豆の機能性の変化に関する研究 .  日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会講演要旨集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  • 栗田志保, 久永絢美, 伍樹松, 矢野敏史, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝, 橋本文雄, 橋本文雄, 侯徳興, 侯徳興 .  茶プルプロガリンの抗炎症機能及び細胞内分子機構に関する研究 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  • Kozue Sakao and De-Xing Hou .  Synthesis and structure activity relationships of quercetin derivatives against human cancer cells. .  Food for Health International Conference 2017  Food for Health International Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Hunan Agricultural University  

  • Kozue Sakao, Akimi Imamura, Taichi Hara, and De-Xing Hou .  Acetylated quercetin enhanced induction of programmed cell death in human colon carcinoma .  The 8th International Conference on Polyphenols and Health  Laval University国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Quebec convention center  

  • 村上 愛, 坂尾 こず枝, 章 超, 高瀬 良和, 岩井 謙一, 侯 徳興 .  サツマイモ焼酎により作製したチャーガスピリッツの抗炎症能解析 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2017年4月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 中野拓宜, WU Shusong, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝, HOU De-Xing, HOU De-Xing .  ビルベリーによる非アルコール性脂肪性肝炎の予防効果及び作用機構 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

  • 矢野敏史, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝, HOU De-Xing, HOU De-Xing .  ワサビ機能性成分の抗癌作用および抗癌剤との併用効果の解析 .  日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

  • 坂尾こず枝, 侯徳興 .  アセチル化ケルセチンはヒト乳がん細胞におけるアポトーシス誘導能を増強する .  第21回日本フードファクター学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • K. Sakao, D.X. Hou .  Apoptosis induction of quercetin derivatives in human breast cancer cells. .  The International Conference on Biosciences 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kozue Sakao, Akimi Imamura, Taichi Hara, and De-Xing Hou .  Quercetin derivatives induced programmed cell death in HCT116 human colon carcinoma. .  Food for Health International Conference 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • K. Sakao and D.X. Hou .  Quercetin derivatives induced p53 independent apoptosis in HCT116 human colon carcinoma .  International Conference on Polyphenols and Health (ICPH 2015)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tours, France  

  • 章 超, 坂尾 こず枝, 廣 眞梨子, 高瀬 良和, 岩井 謙一, 侯 徳興 .  芋焼酎のチャーガスピリッツの機能性解析 .  日本生物工学会大会講演要旨集  2015年9月  (公社)日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  • K. Sakao and D.X. Hou .  Apoptosis induction of Quercetin derivatives in human colon carcinoma cells .  International Symposium on Current Advances in Radiobiology, Stem Cells and Cancer Research  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語  

    開催地:New Delhi, India  

  • 章 超, 坂尾 こず枝, 廣 眞梨子, 高瀬 良和, 岩井 謙一, 侯 徳興 .  3P-122 芋焼酎のチャーガスピリッツの機能性解析(食品科学,食品工学,一般講演) .  日本生物工学会大会講演要旨集  2015年  日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

  • Kozue Sakao, Chiyomi Okuyama and De-Xing Hou .  In vitro anticancer activity of quercetin derivatives by inducing apoptosis in HCT116 human colon carcinoma. .  5th Annual Conference of the American Council for Medicinally Active Plants  5th Annual Conference of the American Council for Medicinally Active Plants国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Northdacota ・USA  

    国際学会

  • 矢野敏史, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  MEK1/2は死のシグナルとしてワサビ6‐MSITCによるアポトーシスやオートファジーに働く .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 山城隆明, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  バイカレインはERKを介したp53の活性化により癌細胞のアポトーシスを誘導する .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 乗富紀久子, 後藤梨々子, 森下暁子, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  トリテルペン化合物によるヒト大腸癌細胞の細胞死誘導機序に関する研究 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 章超, 章超, 坂尾こず枝, 坂尾こず枝, 矢野敏史, 小野友愛, 久永絢美, 高瀬良和, 岩井謙一, HOU De-Xing, HOU De-Xing .  サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の抗癌活性 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • 久永絢美, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  サスペンションアレイシステムを用いたケルセチン誘導体による炎症性サイトカインの抑制効果及び分子機構 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 黒江宥冶, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  ケルセチン及びその誘導体によるヒト大腸癌細胞のオートファジー誘導機構の解析 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 大脇美香, 入角順平, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  ビルベリーによる非アルコール性脂肪肝の予防効果解析 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 畠田優美, 橋本文雄, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  鹿角霊芝は抗癌剤DOXおよび5‐FUとの併用により大腸癌細胞増殖に対して異なる抑制効果を示す .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 野屋靖奈, 泊奈緒子, 坂尾こず枝, HOU De‐Xing .  誘導体を用いたケルセチンの細胞抗酸化機構の解析 .  日本フードファクター学会学術集会講演要旨集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 宇都菜央、吉崎由美子、奥津果優、坂尾こず枝、髙峯和則、鮫島吉廣 .  ヒト結腸がん細胞株Caco-2に対する高温液化麹成分の機能性評価 .  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宇都菜央, 吉崎由美子, 奥津果優, 坂尾こず枝, 高峯和則, 鮫島吉廣 .  ヒト結腸がん細胞株Caco‐2に対する高温液化麹成分の機能性評価 .  応用糖質科学  2013年8月  (一社)日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

  • Kozue Sakao, Eun-Ryeong Hahm, Shivendra V. Singh .  Chemoprevention of mammary and prostate cancer by phenethyl isothiocyanate in vivo is associated with suppression of vimentin protein expression. .  CANCER RESEARCH  2013年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

  • 入角 順平, 十合 貴之, 坂尾 こず枝, 山本 雅史, 福留 弘康, 川口 昭二, 冨永 茂人, 侯 徳興 .  ブルーベリー(Vaccinium spp.)の品種間における組成および抗酸化能の解析 .  鹿児島大学農学部学術報告  2013年3月  鹿児島大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    ブルーベリー(Vaccinium spp.)はアントシアニンを多く含み,機能性食品として注目されている。一方,アントシアニンの組成は品種問で異なると報告されている。本研究では機能性食品利用の視点で,鹿児島大学農学部附属農場唐湊果樹園で栽培されている12品種のブルーベリーについて,溶媒のアントシアニン抽出効率やポリフェノール含量,アントシアニン組成,抗酸化能(DPPH法,ORAC法)を検討した。その結果,50%酢酸一50%エタノールは1%塩酸一99%メタノールとほぼ同等の高い効果を示した。品種間の比較では,ポリフェノール含量,アントシアニン含量,抗酸化能などではジョージアジムが低い値となったが,他の品種間に有意な差は見られなかった。また,ポリフェノール含量と抗酸化能の間には中位・高位の正の相関が認められた。Blueberry (Vaccinium spp.) contains higher amounts of anthocyanins and is reported to be benefit to human health. Onthe other hand, there are differences on amounts and compositions of anthocyanins among the cultivars of blueberry, whichconcerns the functionality. In the present study, we first examined the extract-efficiency of the anthocyanins with the solventsavailable for food utilization, and then investigated anthocyanin compositions and antioxidant capacity (DPPH andORAC) in 12 cultivars of blueberry cultivated in the Toso Orchard, Experimental Farm of the Faculty. The results revealedthat the solvent consisting of 50% acetic acid - 50% ethanol showed the same extract efficiency as that with the solvent of1% hydrochloric acid - 99% methanol, a classic solvent for anthocyanin extracts but not available for food utilization. Thereare no significant differences on the contents of polyphenols and anthocyanins„ and antioxidant capacity except Georgiagemblueberry showed the lower activity. Moreover, positive correlations of middle to high degree were observed between thepolyphenol content and the antioxidant capacity.

  • 宇都 菜央, 吉崎 由美子, 奥津 果優, 坂尾 こず枝, 高峯 和則, 鮫島 吉廣 .  Dp-8 ヒト結腸がん細胞株Caco-2に対する高温液化麹成分の機能性評価(糖質の生理機能,一般講演,日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)) .  応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌  2013年  一般社団法人 日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語  

  • 山城隆明, 谷川俊祐, 隈元拓馬, 坂尾こず枝, 候徳興 .  クルクミンによるアポトーシス誘導はUBE1活性阻害及びp53の安定化が必要である .  日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語  

  • 赤川郁美、森下暁子、坂尾こず枝、向井理恵、寺尾純二、侯徳興 .  ヒト大腸癌細胞におけるプレニル化ケルセチンのアポトーシス誘導機構の解析 .  第17回日本フードファクター学会大会  第17回日本フードファクター学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 久永絢美、十合貴之、坂尾こず枝、陳継華、伍樹松、侯徳興 .  Quercetin及びQuercetin改変体の抗炎症作用及び分子機構の解析 .  第17回日本フードファクター学会大会,  第17回日本フードファクター学会大会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • Sakao K, Desineni S, Hahm ER, Singh SV .  Phenethyl isothiocyanate suppresses inhibitor of apoptosis family protein expression in prostate cancer cells in culture and in vivo. .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Singh SV , Kim SH , Sehrawat A , Arlotti JA , Hahm ER , Sakao K , Beumer JH , Jankowitz RC , Chandra-Kuntal K , Lee J , Powolny AA , Dhir R .  Biomarkers of phenethyl isothiocyanate-mediated mammary cancer chemoprevention in a clinically relevant mouse model. .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kim SH, Sehrawat A, Sakao K, Hahm ER, Singh SV .  Notch activation by phenyl isothiocyanate attenuates its inhibitory effect on prostate cancer cell migration .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Shivendra V. Singh, Su-Hyeong Kim, Anuradha Sehrawat, Julie A. Arlotti, Kozue Sakao, Joomin Lee, Kumar Chandra-Kuntal, Eun-Ryeong Hahm .  Biomarkers of phenethyl isothiocyanate-mediated mammary cancer prevention in MMTV-neu mouse model .  CANCER RESEARCH  2012年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

  • Kozue Sakao, Sudhakar Desineni, Eun-Ryeong Hahm, Shivendra V. Singh .  Phenethyl isothiocyanate suppresses inhibitor of apoptosis family protein expression in prostate cancer cells in culture and in vivo .  CANCER RESEARCH  2012年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

  • Su-Hyeong Kim, Anuradha Sehrawat, Kozue Sakao, Eun-Ryeong Hahm, Shivendra V. Singh .  Notch1 and Notch2 activation by phenethyl isothiocyanate hinders its inhibitory effect on prostate cancer cell migration .  CANCER RESEARCH  2012年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

  • Julie A. Arlotti, Su-Hyeong Kim, Anuradha Sehrawat, Eun-Ryeong Hahm, Anna A. Powolny, Joomin Lee, Jan H. Beumer, Kozue Sakao, Shivendra V. Singh .  Chemoprevention of mammary cancer in MMTV-neu transgenic mice by dietary administration of cruciferous vegetable constituent phenethyl isothiocyanate .  CANCER RESEARCH  2012年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

  • 赤川郁美, 森下暁子, 坂尾こず枝, 向井理恵, 寺尾純二, 候徳興 .  プレニル化ケルセチンによるヒト大腸癌細胞アポトーシス誘導能の増強 .  日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Hiroko Kuwata, Kozue Sakao, Eri Mukai, Junji Terao, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Jihua Chen, De-Xing Hou .  Prenylated quercetin enhances the inhibitory effects on inflammatory mediators .  International Conference of Food Factor 2011(ICoFF2011)  International Conference of Food Factor 2011(ICoFF2011)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • Kozue Sakao , Singh SV .  D,L-Sulforaphane-induced apoptosis in human breast cancer cells is regulated by growth factor adaptor protein p66Shc .  AACR 102nd ANNUAL MEETING  AACR 102nd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kozue Sakao, Shivendra V. Singh .  D,L-Sulforaphane-induced apoptosis in human breast cancer cells is regulated by growth factor adaptor protein p66Shc .  CANCER RESEARCH  2011年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語  

  • 桑田広子、坂尾こず枝、向井理恵、寺尾純二、河村知志、根本尚夫、藤井 信、侯 徳興 .  プレニル化ケルセチンの機能性解析:炎症性因子の抑制およびその分子機構 .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 桑田広子, 坂尾こず枝, 向井理恵, 寺尾純二, 河村知志, 根本尚夫, 藤井信, 侯徳興 .  プレニル化ケルセチンの機能性解析:炎症性因子の抑制およびその分子機構 .  日本農芸化学会大会講演要旨集  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 奥山 千代美, 坂尾 こずえ, 藤井 信, 侯 徳興 .  構造改変によるケルセチンの大腸癌細胞増殖抑制の分子機構の解析 .  第33回日本分子生物学会年会  第33回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 奥山 千代美, 坂尾 こず枝, 藤井 信, 侯 徳興 .  構造改変によるケルセチンの大腸癌細胞増殖抑制の分子機構の解析 .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2010年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

  • 十合貴之、坂尾こず枝、藤井 信、侯 徳興 .  ケルセチンのヒドロキシル基がMEK1の抑制に関与する .  第15回日本フードファクター学会  第15回日本フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 坂尾 こず枝、藤井 信、侯 徳興 .  化学修飾によるケルセチンの構造活性の解析 .  日本農芸化学会2010年大会  日本農芸化学会2010年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kozue Sakao , Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Clarification of Structure-Activity Relationship of Quercetin by Chemical Modification .  The 2nd Joint Meeting of Kagoshima University (Japan) Chosun University (Korea) on Relationship between Protein Activity Control and Natural Products  The 2nd Joint Meeting of Kagoshima University (Japan) Chosun University (Korea) on Relationship between Protein Activity Control and Natural Products国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Gwangju, Korea  

    国際学会

  • Kozue Sakao , Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Chemical modification and the structure-activity relationships of quercetin derivatives .  日本農芸化学会2009年大会  日本農芸化学会2009年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kozue Sakao, Mayumi Kubo, Makoto, Fujii, De-Xing Hou .  Ampelopsin induces apoptosis in HL-60 cell through ROS-mediated mitochondrial death pathway .  3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007)  3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Kozue Sakao, Mamoru Hashimoto , Kazunori Sakata .  Synthesis and molecular recognition of tetraaza[14]annulene nickel(II) complex dimers bearing asymmetric cavities .  PACIFICHEM 2005  PACIFICHEM 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 坂尾こず枝、 橋本守、 坂田一矩 .  ピンセット型分子及び不斉場を有するアヌレンの合成と機能評価 .  日本化学会西日本大会  日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 坂尾こず枝、 橋本守、 坂田一矩 .  ピンセット機能を有するテトラアザ[14]アヌレンの合成と分子認識 .  第41回化学関連支部合同九州大会  第41回化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 村上 愛, 坂尾 こず枝, 章 超, 高瀬 良和, 岩井 謙一, 侯 徳興 .  サツマイモ焼酎により作製したチャーガスピリッツの抗炎症能解析 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2017年4月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 内村 望空, 釘丸 朋樹, 山本 雅史, 井尻 大地, 侯 徳興, 坂尾 こず枝 .  カンキツ成分の食用油抽出による、美白効果増強油の簡易作成法 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2022年5月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中野 拓宜, 坂尾 こず枝, 侯 徳興 .  非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)におけるビルベリー及びアントシアニン代謝産物による予防効果 腸内細菌叢の視点から .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2022年5月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • シィクワーサーなど南西諸島在来カンキツの独自性・多様性・有用性の解明

    研究課題/領域番号:22K12544  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 雅史, 山本 宗立, 坂尾 こず枝

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  • アントシアニンパラドックス解明に挑む: アントシアニンと腸内細菌の相互作用の研究

    研究課題/領域番号:20K05928  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    侯 徳興, 坂尾 こず枝

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    初年度は、アントシアニンの生体調節機能と腸内細菌叢への影響を明らかにするため、15種類アントシアニンを含むブルーベリーアントシアニン抽出物(BA)を研究材料に用いた。動物実験は国立大学法人鹿児島大学における動物実験に関する規則に従い、動物実験委員会の審査・承認(承認番号: 第 A19011 号 )を得て実施した。5 週齢のC57BL6/Nマウスは日本エスエルシー株式会社より購入した。異なる食事状態をシミュレーションするため、標準食(ND)及びウェスタンダイエット(WD)を設定し、その上に標準食 + BA(NDBA)及びウェスタンダイエット+ BA(WDBA)をそれぞれ設けて4群にした。マウスは23℃、12 時間明暗周期、飼料及び水は自由摂食とし3か月間飼育した。実験終了時、各群マウスの血液、肝臓及び糞便等を回収し、研究分析に使用した。
    3つの結果が得られた。①脂質改善及び肝機能保護効果:WDBA はWDにより増加した体重、肝臓重量及び肝臓脂肪率を顕著に低減させた。また、WDBA はWDにより増加した血中脂質(T-Cho、LDL)、肝機能損傷(AST、ALT)及び炎症指標(MCP-1)の値を顕著に低減させた。②体内抗酸化能の増強効果:WDBA はWDにより低下した抗酸化転写因子Nrf2及び抗酸化酵素SOD2のレベルを顕著に増加させ、肝脂質酸化(TBARS)及び肝線維化指標(α-SMA)の値を顕著に低減させた。③腸内細菌叢の改善効果:WDBAは、WDにより増加した肥満関連指標であるF/B比を低減させ、腸管バリア機能に関わるg_Akkermansia菌種を増加させた。また、炎症に関わる菌種もBAの摂取により低減した。
    以上の結果は、BAが腸内細菌叢を調整し、ウェスタンダイエット食で引き起こされた脂質代謝異常及び酸化損傷を改善することが明らかになった。

  • フラボノイド類の乳がん転移予防効果を最大限に活かすには?

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 基盤研究(C) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • フラボノイド類の乳がん転移予防効果を最大限に活かすには?

    研究課題/領域番号:19K05931  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坂尾 こず枝, 侯 徳興

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    前年度までに実施した、がん細胞の遊走や浸潤に対する抗転移能の各種測定の結果より、高い抗転移効果を示したケルセチンとアセチル化ケルセチンを用いて、より詳細の転移抑制のメカニズムを解明するために、がん細胞転移の重要なプロセスの一つである上皮から間葉への移行(EMT)の活性化の抑制への関与についてウェスタンブロッティング法を用いてタンパク質発現レベルでの解析を行った。結果、ケルセチンならびにアセチル化ケルセチンはMDA-MB-231細胞においてE-cadherinの発現を6時間、24時間で増加させ、Vimentinの発現を24時間で減少させた。また、E-Cadherinの発現を抑制する転写因子Snail1の減少が関与することも明らかになった。これらはPCR解析による結果と一致した。また、抗血管新生効果についてヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC細胞)を用い、3次元血管新生能評価を実施した。結果、ケルセチンならびにアセチル化ケルセチンはVEGF で誘導したHUVEC の増殖を抑制し、その効果はアセチル化誘導体の方が高かった。また、内皮細胞において膜に局在するCD31がケルセチンならびにアセチル化ケルセチン処理により減少したことから、血管内皮細胞の機能を失ったことが示唆された。これらより、ケルセチンならびにアセチル化ケルセチンが血管新生を抑制することが示唆された。さらに、抗転移効果が高かった3種類のフラボノイドについては、さらにアセチル基の修飾数の異なるアセチル化フラボノイドを新規合成し、抗転移効果との構造相関の解明も試みた。結果、興味深いことに、フラボン類とフラボノール類では、アセチル基の数による抗転移効果への寄与が異なる可能性が示唆された。

  • アセチル化ケルセチンの生理活性増強の原因の解明

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ケルセチン誘導体を用いたヒトがん細胞死誘導メカニズムの解明

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 分子食品学

    2013年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動

  • 甲南高校スーパーグローバルハイスクール事業

    役割:助言・指導

    2016年6月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    甲南高校課題研究における指導・助言