2022/05/31 更新

写真a

サカオ コズエ
坂尾 こず枝
Kozue Sakao
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 助教
職名
助教

学位

  • 博士(農学) ( 2009年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 食品化学

  • 有機化学

  • 有機合成

  • 分析化学

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学

学歴

  • 鹿児島大学   連合農学研究科

    2004年4月 - 2009年9月

  • 九州工業大学   大学院   物質工学研究科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州工業大学   工学部   物質工学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物資源化学科   助教

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • アメリカ癌学会(AACR)

    2015年10月 - 現在

  • 日本フードファクター学会(JSoFF)

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

留学歴

  • 2010年2月 - 2013年3月   ピッツバーグ大学, アメリカ合衆国   ポストドクター

 

論文

  • Miyata T, Minamihata K, Kurihara K, Kamizuru Y, Gotanda M, Obayashi M, Kitagawa T, Sato K, Kimura M, Oyama K, Ikeda Y, Tamaki Y, Lee JM, Sakao K, Hamanaka D, Kusakabe T, Tachibana M, Ibrahim HR .  Highly efficient protein expression of Plasmodium vivax surface antigen, Pvs25, by silkworm and its biochemical analysis. .  Protein expression and purification195-196   106096   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.pep.2022.106096

    PubMed

  • Chen K, Nakasone Y, Yi S, Ibrahim HR, Sakao K, Hossain MA, Hou DX .  Natural Garlic Organosulfur Compounds Prevent Metabolic Disorder of Lipid and Glucose by Increasing Gut Commensal <i>Bacteroides acidifaciens</i>. .  Journal of agricultural and food chemistry70 ( 19 ) 5829 - 5837   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.2c00555

    PubMed

  • Pan X, Xie K, Chen K, He Z, Sakao K, Hou DX .  Involvement of AMP-activated Protein Kinase α/Nuclear Factor (Erythroid-derived 2) Like 2-iniatived Signaling Pathway in Cytoprotective Effects of Wasabi 6-(Methylsulfinyl) Hexyl Isothiocyanate. .  Journal of cancer prevention27 ( 1 ) 58 - 67   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.15430/JCP.2022.27.1.58

    PubMed

  • Nakano H, Wu S, Sakao K, Hara T, He J, Garcia S, Shetty K, Hou DX .  Bilberry Anthocyanins Ameliorate NAFLD by Improving Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients12 ( 11 )   2020年10月

     詳細を見る

  • Kun Xie, Xi He, Keyu Chen, Kozue Sakao, De-Xing Hou .  Ameliorative effects and molecular mechanisms of vine tea on western diet-induced NAFLD .  Food Function11 ( 7 ) 5976 - 5991   2020年7月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0fo00795a.

  • Xie K, He X, Chen K, Sakao K, Hou DX .  Ameliorative effects and molecular mechanisms of vine tea on western diet-induced NAFLD. .  Food & function11 ( 7 ) 5976 - 5991   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>VTP might prevent WD-induced NAFLD by balancing fatty acid oxidation and lipogenesis, hepatic oxidative stress, and the gut microbiome.</p>

    DOI: 10.1039/d0fo00795a

    PubMed

  • Chen K, Nakasone Y, Xie K, Sakao K, Hou DX. .  Modulation of Allicin-Free Garlic on Gut Microbiome .  Molecules.   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen K, Nakasone Y, Xie K, Sakao K, Hou DX .  Modulation of Allicin-Free Garlic on Gut Microbiome. .  Molecules (Basel, Switzerland)25 ( 3 )   2020年2月

     詳細を見る

  • Xie K, He X, Chen K, Chen J, Sakao K, Hou DX. .  Antioxidant Properties of a Traditional Vine Tea, Ampelopsis grossedentata .  Antioxidants (Basel)   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Xie K, He X, Chen K, Chen J, Sakao K, Hou DX .  Antioxidant Properties of a Traditional Vine Tea, <i>Ampelopsis grossedentata</i>. .  Antioxidants (Basel, Switzerland)8 ( 8 )   2019年8月

     詳細を見る

  • Chen K, Xie K, Liu Z, Nakasone Y, Sakao K, Hossain A, Hou DX. .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients .   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen K, Xie K, Liu Z, Nakasone Y, Sakao K, Hossain A, Hou DX .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  Nutrients11 ( 6 )   2019年5月

     詳細を見る

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX .  Involvement of ERK1/2-mediated ELK1/CHOP/DR5 pathway in 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate-induced apoptosis of colorectal cancer cells. .  Bioscience, biotechnology, and biochemistry83 ( 5 ) 960 - 969   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <jats:title>ABSTRACT</jats:title>
    <jats:p>6-(Methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate (6-MSITC) is a major bioactive compound in Wasabi. Although 6-MSITC is reported to have cancer chemopreventive activities in rat model, the molecular mechanism is unclear. In this study, we investigated the anticancer mechanisms using two types of human colorectal cancer cells (HCT116 p53+/+ and p53−/−). 6-MSITC caused cell cycle arrest in G2/M phase and induced apoptosis in both types of cells in the same fashion. Signaling data revealed that the activation of ERK1/2, rather than p53, is recruited for 6-MSITC-induced apoptosis. 6-MSITC stimulated ERK1/2 phosphorylation, and then activated ERK1/2 signaling including ELK1 phosphorylation, and upregulation of C/EBP homologous protein (CHOP) and death receptor 5 (DR5). The MEK1/2 inhibitor U0126 blocked all of these molecular events induced by 6-MSITC, and enhanced the cell viability in both types of cells in the same manner. These results indicated that ERK1/2-mediated ELK1/CHOP/DR5 pathway is involved in 6-MSITC-induced apoptosis in colorectal cancer cells.</jats:p>
    <jats:p>Abbreviations: CHOP: C/EBP homologous protein; DR5: death receptor 5; ELK1: ETS transcription factor; ERK1/2: extracellular signal-regulated kinase 1/2; JNK: Jun-N-terminal kinase; MAPK: mitogen-activated protein kinase; MEK1/2: MAP/ERK kinase 1/2; 6-MSITC: 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate; MTT: 3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyltetrazolium bromide; PARP: poly(ADP-ribose) polymerase.</jats:p>

    DOI: 10.1080/09168451.2019.1574206

    PubMed

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX. .  Wasabi 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate induces apoptosis in human colorectal cancer cells through p53-independent mitochondrial dysfunction pathway. .  BioFactors (Oxford, England)   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yano S, Wu S, Sakao K, Hou DX .  Wasabi 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate induces apoptosis in human colorectal cancer cells through p53-independent mitochondrial dysfunction pathway. .  BioFactors (Oxford, England)   2018年5月

     詳細を見る

  • Wu S, Yano S, Chen J, Hisanaga A, Sakao K, He X, He J, Hou DX. .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. Berry Inhibit LPS-Induced Inflammation through Dual Modulation of Inflammatory and Antioxidant Mediators. .  Journal of Agricultural and Food Chemistry65 ( 25 ) 5133 - 5141   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.7b01599.

  • Wu S, Yano S, Chen J, Hisanaga A, Sakao K, He X, He J, Hou DX .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. Berry Inhibit LPS-Induced Inflammation through Dual Modulation of Inflammatory and Antioxidant Mediators. .  Journal of agricultural and food chemistry65 ( 25 ) 5133 - 5141   2017年6月

     詳細を見る

  • Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry attenuate experimental nonalcoholic steatohepatitis by inhibiting proinflammatory cytokines productions and lipid peroxidation. .  Molecular nutrition & food research61 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

  • Trio PZ, Kawahara A, Tanigawa S, Sakao K, Hou DX. .  DNA Microarray Profiling Highlights Nrf2-Mediated Chemoprevention Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in HepG2 Cells. .  NUTRITION AND CANCER69 ( 1 ) 105 - 116   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wu S, Yano S, Hisanaga A, He X, He J, Sakao K, Hou DX. .  Polyphenols from Lonicera caerulea L. berry attenuate experimental nonalcoholic steatohepatitis by inhibiting proinflammatory cytokines productions and lipid peroxidation. .  Molecular Nutrition & Food Research61 ( 4 )   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mnfr.201600858.

  • Trio PZ, Kawahara A, Tanigawa S, Sakao K, Hou DX .  DNA Microarray Profiling Highlights Nrf2-Mediated Chemoprevention Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in HepG2 Cells. .  Nutrition and cancer69 ( 1 ) 105 - 116   2017年1月

  • Trio PZ, Fujisaki S, Tanigawa S, Hisanaga A, Sakao K, Hou DX .  DNA Microarray Highlights Nrf2-Mediated Neuron Protection Targeted by Wasabi-Derived Isothiocyanates in IMR-32 Cells. .  Gene Regulation and Systems Biology10   73 - 83   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/GRSB.S39440.

  • Hisanaga A, Mukai R, Sakao K, Terao J, Hou DX .  Anti-inflammatory effects and molecular mechanisms of 8-prenyl quercetin. .  Mol Nutr Food Res.   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sogo T, Terahara N, Hisanaga A, Kumamoto T, Yamashiro T, Shusong Wu, Sakao K, Hou DX. .  Anti-inflammatory aaaactivity and molecular mechanism of delphinidin 3-sambubioside, a Hibiscus anthocyanin. .  BioFactors41 ( 1 ) 58 - 65   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K, Vyas AR, Chinni S, Amjad AI, Parikh R, Singh SV. .  CXCR4 Is a Novel Target of Cancer Chemopreventative Isothiocyanates in Prostate Cancer Cells. .  Cancer Prev Res   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sogo T, Kumamoto T, Ishida H, Hisanaga A, Sakao K, Terahara N, Wada K, Hou DX. .  Comparison of the inhibitory effects of delphinidin and its glycosides on cell transformation. .  Planta Med. 81 ( 1 ) 26 - 31   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Sakao K, Hashimoto F, Morishita A, Fujii M,Wada K, Hou DX. .  Antioxidant and Anti-inflammatory Activities of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  The Journal of Functional Foods in Health and Disease3   447 - 461   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Yano S, Sakao K, Hashimoto F, Nakano T, Fujii M, Hou DX. .  In vitro anticancer activity of loquat tea by inducing apoptosis in human leukemia cells. .  Biosci Biotechnol Biochem.78 ( 10 ) 1731 - 1737   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sehrawat A, Sakao K, Singh SV. .  Notch2 activation is protective against anticancer effects of zerumbone in human breast cancer cells. .  Breast Cancer Res Treat. 146 ( 3 ) 543 - 555   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arakawa T, Tsuboi T, Sattabongkot J, Sakao K, Torii M, Miyata T .  Tricomponent complex loaded with a mosquito-stage antigen of the malaria parasite induces potent transmission-blocking immunity .  Clinical and Vaccine Immunology 21 ( 4 ) 561 - 569   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zar PP, Morishita A, Hashimoto F, Sakao K, Fujii M, Wada K, Hou DX .  Anti-inflammatory Effects and Molecular Mechanisms of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  Journal of Functional Foods6   523 - 533   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hahm ER, Sakao K, Singh SV. .  Honokiol activates reactive oxygen species-mediated cytoprotective autophagy in human prostate cancer cells. .  Prostate. 74 ( 12 ) 1209 - 1221   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 論文 I-9Zar PPK, Sakao K, Hashimoto F, Morishita A, Fujii M, Wada K, Hou DX .  Antioxidant and anti-inflammatory activities of loquat (Eriobotrya japonica) tea .  Functional Foods in Health and Disease3 ( 11 ) 447 - 461   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Singh S. V. , Kim S. H. , Sehrawat A , Arlotti J. A. , Hahm E. R. , Sakao K. , Beumer J. H. , Jankowitz R. C. , Chandra-Kuntal K. , Lee J. , Powolny A. A. , Dhir R. .  Biomarkers of phenethyl isothiocyanate-mediated mammary cancer chemoprevention in a clinically relevant mouse model .  The Journal of the National Cancer Institute104 ( 16 ) 1228 - 1239   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K. , Desineni S. , Hahm E. R. , Singh S. V. .  Phenethyl isothiocyanate suppresses inhibitor of apoptosis family protein expression in prostate cancer cells in culture and in vivo .  The Prostate72 ( 10 ) 1104 - 1116   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakao K. , Singh S. V. .  D,L-sulforaphane-induced apoptosis in human breast cancer cells is regulated by the adapter protein p66 Shc .  Journal of Cellular Biochemistry113 ( 2 ) 599 - 610   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kim S. H. , Sehrawat A , Sakao K. , Hahm E. R. , Singh S.V. .  Notch activation by phenyl isothiocyanate attenuates its inhibitory effect on prostate cancer cell migration .  PLoS One6 ( 10 ) e26615   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kozue Sakao, Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Clarification of the role of quercetin hydroxyl groups in superoxide generation and cell apoptosis by chemical modification .  Biosci Biotechnol Biochem73 ( 9 ) 2048 - 2053   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kozue Sakao, Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Acetyl derivate of quercetin increases the sensitivity of human leukemia cells toward apoptosis .  BioFactors35 ( 4 ) 399 - 405   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Effects and Mechanisms of Acylated Flavonoid on Cancer Chemopreventive Activity 査読

    Kozue Sakao & De-Xing Hou

    Current Pharmacology Reports   6   286 - 305   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Chemopreventive functions and molecular mechanisms of garlic organosulfur compounds. 査読

    Trio PZ, You S, He X, He J, Sakao K, Hou DX

    Food & Function   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 中村瑞樹、侯德興、坂尾こず枝 .  ケルセチン亜鉛錯体の合成および生理活性評価 .  2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会(第332回講演会)  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎大学  

  • 牟禮野乃華、侯德興、坂尾こず枝 .  ケルセチンのアセチル修飾の位置と数による生理活性の変化 .  2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会(第332回講演会)  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • Garlic as potential prebiotics to prevent gut microbiota dysbiosis and dyslipidemia .  2020年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

  • Keyu Chen, Kozue Sakao, De-Xing Hou .  Preventive Effects and Mechanisms of Garlic on Dyslipidemia and Gut Microbiome Dysbiosis. .  日本農芸化学会2020大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kozue Sakao .  Terpenes induce structure dependent autophagy and apoptosis in human colon cancer cells .  7th International Conference on Food Factors(ICoFF2019)  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kozue Sakao .  Clarifying the structure-activity relationship and cancer chemopreventive effects of terpenes in human colon cancer cells. .  Food for Health International Conference2018,   招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kozue Sakao and De-Xing Hou .  Synthesis and structure activity relationships of quercetin derivatives against human cancer cells. .  Food for Health International Conference 2017  Food for Health International Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Hunan Agricultural University  

  • Kozue Sakao, Akimi Imamura, Taichi Hara, and De-Xing Hou .  Acetylated quercetin enhanced induction of programmed cell death in human colon carcinoma .  The 8th International Conference on Polyphenols and Health  Laval University国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Quebec convention center  

  • 坂尾こず枝, 侯徳興 .  アセチル化ケルセチンはヒト乳がん細胞におけるアポトーシス誘導能を増強する .  第21回日本フードファクター学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • K. Sakao, D.X. Hou .  Apoptosis induction of quercetin derivatives in human breast cancer cells. .  The International Conference on Biosciences 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kozue Sakao, Akimi Imamura, Taichi Hara, and De-Xing Hou .  Quercetin derivatives induced programmed cell death in HCT116 human colon carcinoma. .  Food for Health International Conference 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • K. Sakao and D.X. Hou .  Quercetin derivatives induced p53 independent apoptosis in HCT116 human colon carcinoma .  International Conference on Polyphenols and Health (ICPH 2015)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tours, France  

  • K. Sakao and D.X. Hou .  Apoptosis induction of Quercetin derivatives in human colon carcinoma cells .  International Symposium on Current Advances in Radiobiology, Stem Cells and Cancer Research  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語  

    開催地:New Delhi, India  

  • Kozue Sakao, Chiyomi Okuyama and De-Xing Hou .  In vitro anticancer activity of quercetin derivatives by inducing apoptosis in HCT116 human colon carcinoma. .  5th Annual Conference of the American Council for Medicinally Active Plants  5th Annual Conference of the American Council for Medicinally Active Plants国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Northdacota ・USA  

    国際学会

  • 宇都菜央、吉崎由美子、奥津果優、坂尾こず枝、髙峯和則、鮫島吉廣 .  ヒト結腸がん細胞株Caco-2に対する高温液化麹成分の機能性評価 .  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 赤川郁美、森下暁子、坂尾こず枝、向井理恵、寺尾純二、侯徳興 .  ヒト大腸癌細胞におけるプレニル化ケルセチンのアポトーシス誘導機構の解析 .  第17回日本フードファクター学会大会  第17回日本フードファクター学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 久永絢美、十合貴之、坂尾こず枝、陳継華、伍樹松、侯徳興 .  Quercetin及びQuercetin改変体の抗炎症作用及び分子機構の解析 .  第17回日本フードファクター学会大会,  第17回日本フードファクター学会大会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • Sakao K, Desineni S, Hahm ER, Singh SV .  Phenethyl isothiocyanate suppresses inhibitor of apoptosis family protein expression in prostate cancer cells in culture and in vivo. .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Singh SV , Kim SH , Sehrawat A , Arlotti JA , Hahm ER , Sakao K , Beumer JH , Jankowitz RC , Chandra-Kuntal K , Lee J , Powolny AA , Dhir R .  Biomarkers of phenethyl isothiocyanate-mediated mammary cancer chemoprevention in a clinically relevant mouse model. .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kim SH, Sehrawat A, Sakao K, Hahm ER, Singh SV .  Notch activation by phenyl isothiocyanate attenuates its inhibitory effect on prostate cancer cell migration .  AACR 103rd ANNUAL MEETING  AACR 103rd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Hiroko Kuwata, Kozue Sakao, Eri Mukai, Junji Terao, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Jihua Chen, De-Xing Hou .  Prenylated quercetin enhances the inhibitory effects on inflammatory mediators .  International Conference of Food Factor 2011(ICoFF2011)  International Conference of Food Factor 2011(ICoFF2011)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • Kozue Sakao , Singh SV .  D,L-Sulforaphane-induced apoptosis in human breast cancer cells is regulated by growth factor adaptor protein p66Shc .  AACR 102nd ANNUAL MEETING  AACR 102nd ANNUAL MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 桑田広子、坂尾こず枝、向井理恵、寺尾純二、河村知志、根本尚夫、藤井 信、侯 徳興 .  プレニル化ケルセチンの機能性解析:炎症性因子の抑制およびその分子機構 .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 奥山 千代美, 坂尾 こずえ, 藤井 信, 侯 徳興 .  構造改変によるケルセチンの大腸癌細胞増殖抑制の分子機構の解析 .  第33回日本分子生物学会年会  第33回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 十合貴之、坂尾こず枝、藤井 信、侯 徳興 .  ケルセチンのヒドロキシル基がMEK1の抑制に関与する .  第15回日本フードファクター学会  第15回日本フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 坂尾 こず枝、藤井 信、侯 徳興 .  化学修飾によるケルセチンの構造活性の解析 .  日本農芸化学会2010年大会  日本農芸化学会2010年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kozue Sakao , Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Clarification of Structure-Activity Relationship of Quercetin by Chemical Modification .  The 2nd Joint Meeting of Kagoshima University (Japan) Chosun University (Korea) on Relationship between Protein Activity Control and Natural Products  The 2nd Joint Meeting of Kagoshima University (Japan) Chosun University (Korea) on Relationship between Protein Activity Control and Natural Products国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Gwangju, Korea  

    国際学会

  • Kozue Sakao , Makoto Fujii, De-Xing Hou .  Chemical modification and the structure-activity relationships of quercetin derivatives .  日本農芸化学会2009年大会  日本農芸化学会2009年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kozue Sakao, Mayumi Kubo, Makoto, Fujii, De-Xing Hou .  Ampelopsin induces apoptosis in HL-60 cell through ROS-mediated mitochondrial death pathway .  3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007)  3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Kozue Sakao, Mamoru Hashimoto , Kazunori Sakata .  Synthesis and molecular recognition of tetraaza[14]annulene nickel(II) complex dimers bearing asymmetric cavities .  PACIFICHEM 2005  PACIFICHEM 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 坂尾こず枝、 橋本守、 坂田一矩 .  ピンセット型分子及び不斉場を有するアヌレンの合成と機能評価 .  日本化学会西日本大会  日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 坂尾こず枝、 橋本守、 坂田一矩 .  ピンセット機能を有するテトラアザ[14]アヌレンの合成と分子認識 .  第41回化学関連支部合同九州大会  第41回化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 村上 愛, 坂尾 こず枝, 章 超, 高瀬 良和, 岩井 謙一, 侯 徳興 .  サツマイモ焼酎により作製したチャーガスピリッツの抗炎症能解析 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2017年4月  (公社)日本栄養・食糧学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • フラボノイド類の乳がん転移予防効果を最大限に活かすには?

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 基盤研究(C) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • アセチル化ケルセチンの生理活性増強の原因の解明

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ケルセチン誘導体を用いたヒトがん細胞死誘導メカニズムの解明

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

 

担当経験のある授業科目

  • 分子食品学

    2013年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動

  • 甲南高校スーパーグローバルハイスクール事業

    役割:助言・指導

    2016年6月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    甲南高校課題研究における指導・助言