2023/02/09 更新

写真a

ヨシダ リイチロウ
吉田 理一郎
YOSHIDA Riichiro
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 農学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学) ( 1996年3月   東北大学 )

研究キーワード

  • ソラマメ

  • アイスプラント

  • トマト

  • 植物間相互作用

  • シグナル伝達

  • 環境ストレス

研究分野

  • その他 / その他  / 植物生理学・生化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

経歴

  • 鹿児島大学   園芸生産学   准教授

    2011年1月 - 現在

所属学協会

  • 日本生物環境工学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本植物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本植物生理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本園芸学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Tsuruda T, Yoshida R .  L-Glutamate activates salicylic acid signalling to promote stomatal closure and PR1 expression in Arabidopsis. .  Physiologia plantarum   e13858   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/ppl.13858

    PubMed

  • Aisyah A.S., Hamaguchi Y., Yoshida R., Hamanaka D. .  Improving postharvest quality of tomato with the application of electric field treatment .  Acta Horticulturae1336   167 - 172   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Acta Horticulturae  

    This study was conducted to determine the effect of electric field (EF) treatment on improving postharvest quality and storage life of tomatoes, as well as to measure the polygalacturonase (PG) enzyme activity and the related gene expression. The fruit was continuously treated with alternating current (AC) and direct current (DC) of field strength at 20 V cm-1until 3 weeks of storage at 10°C. While the fruit kept in an EF environment with target AC and DC at 0 V was served as a control. Tomato fruit were sampled during storage on weeks 1, 2 and 3 for evaluating skin color, firmness, weight loss, total acidity, pH, total soluble solids (TSS), sugar-acid ratio, ascorbic acid, and PG activity. The result showed that AC-EF treatment improved the firmness and L∗ value of tomato fruit throughout 3 weeks of storage. In conclusion, AC-EF had the potential to be used to extend the shelf-life and to suppress the PG expression level of tomato fruit.

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2022.1336.22

    Scopus

  • Wakamatsu A. .  Possible roles for phytohormones in controlling the stomatal behavior of Mesembryanthemum crystallinum during the salt-induced transition from C<inf>3</inf> to crassulacean acid metabolism .  Journal of Plant Physiology262   153448   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Plant Physiology  

    DOI: 10.1016/j.jplph.2021.153448

    Scopus

    PubMed

  • Takaki K. .  Function of plasma and electrostatics for keeping quality of agricultural produce in post-harvest stage .  Japanese Journal of Applied Physics60 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    DOI: 10.35848/1347-4065/abcc13

    Scopus

  • 吉田理一郎 .  植物におけるアミノ酸シグナリングの可能性 .  植物の生長調節54 ( 1 ) 26 - 32   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 志水 勝好, 西 修平, 中村 信駿, 東 弘菜, 遠城 道雄, 朴 炳宰, 吉田 理一郎 .  コダチボタンボウフウの発芽率向上に関する研究 .  日本作物学会講演会要旨集248 ( 0 ) 82 - 82   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本作物学会  

    DOI: 10.14829/jcsproc.248.0_82

  • 吉田 理一郎 .  植物におけるアミノ酸シグナリングの可能性 .  植物の生長調節54 ( 1 ) 26 - 32   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 植物化学調節学会  

    <p>Amino acids, an essential component that constitutes proteins <i>in vivo</i>, are also known to play as a signaling molecule that regulates various physiological functions in the living organism. Ionotropic glutamate receptors (iGluRs) are ligand-gated channels that specifically transmit amino acid signals in the central nervous system. Surprisingly, homologs of iGluRs, known as glutamate receptor-like channels (GLRs), were also found in higher plant genomes. However, their physiological roles or molecular functions are still obscure. Here, I review the latest research of plant GLRs and discuss their roles in plant signaling including environmental adaptation and cell-to-cell communications.</p>

    DOI: 10.18978/jscrp.54.1_26

  • Ueno Y. .  WRKY45 phosphorylation at threonine 266 acts negatively on WRKY45-dependent blast resistance in rice .  Plant Signaling and Behavior12 ( 8 ) e1356968   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plant Signaling and Behavior  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1356968

    Scopus

    PubMed

  • Ueno Y, Matsushita A, Inoue H, Yoshida R, Jiang CJ, Takatsuji H .  WRKY45 phosphorylation at threonine 266 acts negatively on WRKY45-dependent blast resistance in rice .  Plant Signaling & Behavior12   e1356968   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Mori IC, Kamizono N, Shichiri Y, Shimatani T, Miyata F, Honda K, Iwai S .  Glutamate functions in stomatal closure in Arabidopsis and fava bean. .  Journal of Plant Research129 ( 1 ) 39 - 49   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno Y, Yoshida R, Kishi-Kaboshi M, Matsushita A, Jiang CJ, Goto S, Takahashi A, Hirochika H, Takatsuji H .  Abiotic stresses antagonize the rice defense pathway through the tyrosine-dephosphorylation of OsMPK6. .  PLoS Pathogens11   e1005231   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Honda K, Yamada N, Yoshida R, Ihara H, Sawa T, Akaike T, Iwai S .  8-Mercapto-cyclic GMP mediates hydrogen sulfide-induced stomatal closure in Arabidopsis .  Plant & Cell Physiology56   1481 - 1489   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池澤 和広, 遠城 道雄, 吉田 理一郎, 山本 雅史, 岩井 純夫 .  湛水処理がサトイモの光合成に及ぼす影響 .  日本作物学会紀事84 ( 2 ) 150 - 154   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    筆者らは,一般的に畑地で栽培されているサトイモ品種「大吉」が湛水状態でポット栽培することにより増収することを既報により報告した.そこで,湛水処理がサトイモの光合成に及ぼす影響を明らかにするために,畑地条件(畑地区)と葉身が2~3枚出葉した時期から湛水処理を開始した湛水条件(湛水区)でサトイモをポット栽培し,検討した.畑地条件下と比較して, 湛水条件下では,気孔コンダクタンスが高くなるとともに蒸散速度が速まり,さらには光合成に必須な葉緑素含量が増加し,光合成速度が高まることが認められた.また,湛水条件下では,蒸散量の増加が,日中の葉面温度の上昇を抑制し,高温による光合成速度の低下を軽減したと考えられた.

    DOI: 10.1626/jcs.84.150

  • 池澤和広,遠城道雄,吉田理一郎,山本雅史,岩井純夫 .  湛水処理がサトイモの光合成に及ぼす影響 .  日本作物学会紀事   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akagi A, Fukushima S, Okada K, Jiang CJ, Yoshida R, Nakayama A, Shimono M, Sugano S, Yamane H, Takatsuji H .  WRKY45-dependent priming of diterpenoid phytoalexin biosynthesis in rice and the role of cytokinin in triggering the reaction. .  Plant Molecular Biology86 ( 42006 ) 171 - 183   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池澤和広,福元伸一,遠城道雄,吉田理一郎,岩井純夫 .  ポット栽培における湛水処理がサトイモ‘大吉’(Clocasia esculenta Scott cv. 'Daikichi')の生育と収量に及ぼす影響 .  園芸学研究13 ( 1 ) 35 - 40   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池澤 和広, 福元 伸一, 遠城 道雄, 吉田 理一郎, 岩井 純夫 .  ポット栽培における湛水処理がサトイモ‘大吉’(<i>Clocasia esculenta</i> Schott cv.‘Daikichi’)の生育と収量に及ぼす影響 .  園芸学研究13 ( 1 ) 35 - 40   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    湛水処理がサトイモ‘大吉’の生育,収量および蒸散に及ぼす影響について,ポット栽培において検討した.湛水処理開始後約120日目の‘大吉’の葉柄長は1.3~1.9倍に伸長し,地上部の生育が促進された.また,蒸散量も約2倍に増加した.収量は,畑地栽培用品種の‘大吉’は親芋重が1.3~4.4倍,分球芋重が1.6~3.7倍と増収し,湛水栽培用品種の‘田芋’同様,湛水栽培における適応性が高いことが示唆された.

    DOI: 10.2503/hrj.13.35

  • Ueno Y, Yoshida R, Kishi-Kaboshi M, Matsushita A, Jiang CJ, Goto S, Takahashi A, Hirochika H, Takatsuji H .  MAP kinases phosphorylate rice WRKY45 .  Plant Signaling & Behavior8 ( 6 )   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahashi F, Mizoguchi T, Yoshida R, Ichimura K, Shinozaki K .  Calmodulin-dependent activation of MAP kinase for ROS homeostasis in ArabidopsisMolecular Cell41 ( 6 ) 649 - 660   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tajima T, Yoshida R, Oda A, Mizoguchi T .  Possible involvement of FLC in natural variation of activity to enhance the late flowering phenotype of the clock mutant lhy cca1 under continuous light. .  Plant Biotechnology27 ( 5 ) 455 - 461   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jiang CJ, Shimono M, Sugano S, Kojima M, Yazawa K, Yoshida R, Inoue H, Sakakibara H, Takatsuji H .  Abscisic acid interacts antagonistically with salicylic acid-signaling pathway in rice-Magnaporthe grisea interaction. .  Molecular Plant Microbe Interactions23 ( 6 ) 791 - 798   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kato K, Yoshida R, Kikuzaki A, Hirai T, Kuroda H, Hiwasa-Tanase K, Takane K, Ezura H, Mizoguchi T .  Molecular breeding of tomato lines for mass production of miraculin in a plant factory. .  Journal of Agricultural and Food Chemistry58 ( 17 ) 9505 - 9510   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rym F, Miyata K, Yoshida R, Ezura H, Mizoguchi T .  Isolation of suppressors of late flowering and abnormal flower shape phenotypes caused by overexpression of the SHORT VEGETATIVE PHASE gene in Arabidopsis thaliana. .  Plant Biotechnology26 ( 2 ) 217 - 224   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Rym F, Fujiwara S, Oda A, Miyata K, Tomozoe Y, Nakagawa M, Niinuma K, Hayashi K, Ezura H, Coupland G, Mizoguchi T .  Possible role of EARLY FLOWERING 3 (ELF3) in the clock-dependent floral regulation by SHORT VEGETATIVE PHASE (SVP) in Arabidopsis thaliana. .  New Phytologist182   838 - 850   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujiwara S*, Oda A*, Yoshida R*, Niinuma K, Tomozoe Y, Tajima T, Nakagawa M, Hayashi K, Coupland G, Mizoguchi T (*: These authors contributed equally to this work.) .  Circadian clock proteins LHY and CCA1 regulate SVP protein accumulation to control flowering in Arabidopsis. .  The Plant Cell20   2960 - 2971   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki Y, Takahashi K, Oono Y, Seki M, Yoshida R, Shinozaki K, Uemura M .  Characterization of growth phase-specific responses to cold in Arabidopsis thaliana suspension cultures cells. .  Plant, Cell & Environment31 ( 3 ) 354 - 365   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahashi F, Yoshida R, Ichimura K, Mizoguchi T, Seo S, Yonezawa M, Maruyama K, Shinozaki-Yamaguchi K, Shinozaki K .  Dissecting the jasmonate signaling pathway by a novel MAP kinase cascade, MKK3-MPK6, in Arabidopsis. .  The Plant Cell19   805 - 818   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Umezawa T, Mizoguchi T, Takahashi S, Takahashi F, Shinozaki K .  The regulatory domain of SRK2E/OST1/SnRK2.6 interacts with ABI1 and integrates abscisic acid (ABA) and osmotic stress signals controlling stomatal closure in Arabidopsis. .  The Journal of Biological Chemistry281   5310 - 5318   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Furihata T, Maruyama K, Fujita Y, Umezawa T, Yoshida R, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K .  Abscisic acid-dependent multisite phosphorylation regulates the activity of a transcription activator AREB1. .  Proceedings of the National Academy of the Sciences of the United States of America103 ( 6 ) 1988 - 1993   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umezawa T, Yoshida R, Maruyama K, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  SRK2C, a SNF1-related protein kinase 2, improves drought tolerance by controlling stress-responsive gene expression in Arabidopsis thaliana. .  Proceedings of the National Academy of the Sciences of the United States of America101 ( 49 ) 17306 - 17311   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Park JH, Ishikawa Y, Yoshida R, Kanno A, Kameya T .  Expression of AODEF, a B-functional MADS-box gene, in stamens and inner tepals of the dioecious species Asparagus officinalis L. .  Plant Molecular Biology51 ( 6 ) 867 - 875   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Hobo T, Ichimura K, Mizoguchi T, Takahashi F, Alonso J, Ecker JR, Shinozaki K .  ABA-activated SnRK2 protein kinase is required for dehydration stress signaling in Arabidopsis. .  Plant & Cell Physiology43 ( 12 ) 1473 - 1483   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uno Y, Furihata T, Abe H, Yoshida R, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K .  Arabidopsis basic leucine zipper transcription factors involved in an abscisic-acid-dependent signal transduction pathway under drought and high salinity conditions. .  Proceedings of the National Academy of the Sciences of the United States of America97 ( 21 ) 11632 - 11637   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichimura K, Mizoguchi T, Yoshida R, Yuasa T, Shinozaki K .  Various abiotic stresses rapidly activate Arabidopsis MAP kinases AtMPK4 and AtMPK6. .  The Plant Journal24 ( 5 ) 655 - 665   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Sato T, Kanno A, Kameya T .  Streptomycin mimicks the cool temperature response in rice plants. .  Journal of Experimental Botany49 ( 319 ) 221 - 227   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Kanno A, Sato T, Kameya T .  Cool temperature-induced chlorosis in rice plants. I. Relationship between the induction and a disturbance of etioplast development. .  Plant Physiology110   997 - 1005   1996年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida R, Kanno A, Kameya T .  Cool temperature-induced chlorosis in rice plants. II. Effects of cool temperature on the expression of plastid-encoded genes during shoot growth in darkness. .  Plant Physiology112   585 - 590   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • II. 植物ホルモン応答と形態形成.2. アブシジン酸応答

    吉田理一郎、保浦徳昇、篠崎一雄( 担当: 共著)

    植物の環境応答と形態形成のクロストーク・シュプリンガーフェアラーク東京  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Protein phosphorylation and dephosphorylation in environmental stress responses in plants.

    Ichimura K, Mizoguchi T, Yoshida R, Yuasa T, Shinozaki K( 担当: 共著)

    Advances in botanical research 32, Plant Protein Kinases. Academic Press, London  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • MAP kinase cascades in Arabidopsis: Their roles in stress and hormone responses

    Mizoguchi T, Ichimura K, Yoshida R, Shinozaki K( 担当: 共著)

    Results and problems in cell differentiation 27, MAP kinases in plant signal transduction, Springer-Verlag, Berlin  1999年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

講演・口頭発表等

  • 吉田理一郎,鶴田寿彦,岩井純夫 .  グルタミン酸を介した遺伝子発現および気孔閉鎖応答に関わるシグナル伝達 .  日本植物学会  日本植物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 本田健二,吉田理一郎,山田直隆,本澤仁晃,岩井純夫 .  硫化水素による気孔開閉 .  日本植物学会  日本植物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • Takahashi F, Mizoguchi T, Yoshida R, Ichimura K, Shinozaki K .  Convergence Mechanism between Calsium and Phosphorylation Signal via MPK8 in Mechanical Wounding .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Akagi A, Fukushima S, Okada K, Yoshida R, Yamane K, Takatsuji H .  Role of WRKY45 in the regulation of diterpenoid phytoalexin biosynthesis in rice .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Yoshida R, Kamizono N, Shichiri Y, Shimatani T, Miyata F, Iwai S .  Possible Roles of Glutamate Receptor-like Genes in Guard Cell Signaling .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 高橋史憲、溝口剛、吉田理一郎、市村和也、篠崎一雄 .  傷害応答におけるカルシウムおよびリン酸化で制御を受けるMPK8 の機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 加藤一幾、吉田理一郎、Rym Fekih、江面浩、溝口剛 .  トマトにおけるMADS-box遺伝子群の解析 .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 加藤一幾、吉田理一郎、菊崎綾子、平井正良、黒田浩文、高根健一、棚瀬(日和佐)京子、江面浩、溝口剛 .  ミラクリン生産を目的とした植物工場用組換えトマトの開発 .  日本植物細胞分子生物学会  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Miyata K, Suzuki S, Niinuma K, Yoshida R, Sugiyama H, Atsumi T, Mizoguchi T .  Possible regulation of organ elongation and chlorophyll accumulation by circadian clock proteins LHY and CCA1 in Arabidopsis. .  21th International Conference on Arabidopsis Research  21th International Conference on Arabidopsis Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 吉田理一郎、姜昌杰、井上晴彦、高辻博志 .  WRKY45の制御に関わるイネのサリチル酸経路特異的MAPキナーゼカスケードの同定と機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 姜昌杰、霜野真幸、菅野正治、小嶋美紀子、矢澤克美、吉田理一郎、井上晴彦、榊原均、高辻博志 .  アブシジン酸はイネ-いもち病菌相互作用においてサリチル酸シグナル伝達を抑制する .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Kato K, Yoshida R, Hirai T, Kikuzaki A, Kuroda H, Takane K, Hiwasa-Tanase K, Fukuda N, Kakuta H, Ezura H, Mizoguchi T .  Increasing miraculin production through cross breeding between transgenic tomato (cv. Moneymaker) expressing miraculin gene and dwarf tomato (cv. Micro-Tom) in the closed-cultivation system. .  The 6th International Symposium on Solanaceae Genome Research 2010  The 6th International Symposium on Solanaceae Genome Research 2010国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:宮城  

    国際学会

  • 加藤一幾、吉田理一郎、Rym Fekih、江面浩、溝口剛 .  中性植物トマトにおける花成制御と形態形成に関わる遺伝子群に関する研究 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 高橋史憲、溝口剛、吉田理一郎、市村和也、篠崎一雄 .  カルモジュリンおよびリン酸化で制御を受けるMPK8の機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 加藤一幾、吉田理一郎、平井正良、菊崎綾子、黒田浩文、高根健一、棚瀬(日和佐)京子、江面浩、溝口剛 .  ミラクリン生産を目的とした植物工場用組換えトマトの開発 .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • 加藤一幾、吉田理一郎、平井正良、江面浩、溝口剛 .  植物工場での栽培に適した組換えトマトの開発 .  日本植物細胞分子生物学会  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 高橋史憲、溝口剛、吉田理一郎、市村和也、篠崎一雄 .  植物でのカルモジュリンによるMAPKK非依存的なMAPK活性化機構の解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Fekih R, Yoshida R, Okabe R, Kato K, Oda A, Ezura H, Mizoguchi T .  Floral reversion by overexpression of SVP in Arabidopsis and Micro-Tom. .  第11回日仏植物科学会議  第11回日仏植物科学会議国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • 小田篤、Stephan Wenkel、Hugo Konjin、吉田理一郎、花野滋、Seth Davis、溝口剛、George Coupland .  シロイヌナズナDi19によるフィトクロムシグナリングとGIGANTEAの発現制御 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 高橋史憲、溝口剛、吉田理一郎、市村和也、篠崎一雄 .  植物でのカルモジュリンによるMAPKK非依存的なMAPK活性化機構の解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 新沼協、中道範人、吉田理一郎、鎌田博、水野猛、溝口剛 .  概日時計変異体prr9prr7prr5が示す器官特異的な伸長制御 .  日本植物細胞分子生物学会  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Takahashi F, Yoshida R, Ichimura K, Mizoguchi T, Seo S, Yonezawa M, Maruyama K, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  Dissecting the jasmonate signaling pathway by a novel MAP kinase cascade, MKK3-MPK6, in Arabidopsis. .  18th International Conference on Arabidopsis Research  18th International Conference on Arabidopsis Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 高橋史憲、吉田理一郎、市村和也、溝口剛、瀬尾茂美、圓山恭之進、篠崎和子、篠崎一雄 .  ジャスモン酸シグナル伝達に関わるシロイヌナズナMAPキナーゼカスケードMKK3-MPK6の機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • 新沼協、藤原すみれ、小田篤、田島武臣、Martin Calvino、大越友里、吉田理一郎、中道範人、水野猛、鎌田博、溝口剛 .  光周性花成と植物器官運動における概日時計の役割 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 高橋史憲、吉田理一郎、市村和也、溝口剛、瀬尾茂美、圓山恭之進、篠崎和子、篠崎一雄 .  ジャスモン酸シグナル伝達に関わるシロイヌナズナMAPキナーゼカスケードMKK3-MPK6の機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 佐々木裕、高橋和恵、大野陽子、吉田理一郎、関原明、篠崎一雄、上村松生 .  シロイヌナズナ培養細胞の低温馴化機構 .  日本植物学会東北支部  日本植物学会東北支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • Yoshida R, Shinozaki K .  Arabidopsis SnRK2 plays important roles in both ABA and osmotic stress signaling. .  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • Takahashi F, Yoshida R, Ichimura K, Mizoguchi T, Yonezawa K, Maruyama K, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  A novel MAP kinase cascade, MKK3-MPK6, regulates jasmonate signaling in Arabidopsis. .  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • Umezawa T, Yoshida R, Maruyama K, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  An osmotic-stress activated protein kinase SRK2C mediates stress signaling in Arabidopsis. .  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005  Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • 中島一雄、藤田泰成、降旗敬、吉田理一郎、梅澤泰史、桂幸次、圓山恭之進、関原明、篠崎一雄、篠崎和子 .  シロイヌナズナにおけるABI3とABI5の転写活性化能に関する研究 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 佐々木裕、吉田理一郎、関原明、篠崎一雄、上村松生 .  培養細胞と植物体が示す低温応答の比較による低温馴化機構の解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 高橋史憲、吉田理一郎、市村和也、溝口剛、圓山恭之進、篠崎和子、篠崎一雄 .  シロイヌナズナにおける新規MAPキナーゼカスケードMKK3-MKP6の解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 吉田理一郎、梅澤泰史、高橋史憲、篠崎一雄 .  シロイヌナズナSRK2E/OST1プロテインキナーゼのC末端領域におけるABA応答の調節 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 梅澤泰史、吉田理一郎、篠崎一雄 .  シロイヌナズナSnRK2プロテインキナーゼSRK2Cの高浸透圧およびABAによる活性化の差異 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • Umezawa T, Yoshida R, Maruyama K, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  SRK2C, a SnRK2 protein kinase that improves drought tolerance by controlling stress-responsive gene expression in Arabidopsis thaliana. .  2005 Keystone Symposia on Plant Cell Signaling: in vivo and omics Approaches  2005 Keystone Symposia on Plant Cell Signaling: in vivo and omics Approaches国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Sasaki Y, Yoshida R, Shinozaki K, Seki M, Oono Y, Uemura M .  Characterization of cold acclimation process in Arabidopsis T87 suspension cultured cells. .  2005 Gordon Research Conference on Temperature Stress in Plants  2005 Gordon Research Conference on Temperature Stress in Plants国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Sasaki Y, Yoshida R, Shinozaki K, Uemura M .  Temporary increase in freezing tolerance of Arabidopsis T87 suspension cultured cells during cold acclimation. .  7th International Plant Cold Hardiness Seminar  7th International Plant Cold Hardiness Seminar国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

    開催地:北海道  

    国際学会

  • Yoshida R, Shinozaki K .  Osmotic-stress-activated SnRK2 protein kinases in abiotic stress signaling. .  2004 Gordon Research Conference on Salt and Water Stress in Plants  2004 Gordon Research Conference on Salt and Water Stress in Plants国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 吉田理一郎、梅澤泰史、高橋史憲、篠崎一雄 .  シロイヌナズナSRK2EプロテインキナーゼはABA・浸透圧ストレス双方で活性化される .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 佐々木裕、吉田理一郎、篠崎一雄、上村松生 .  シロイヌナズナ培養細胞の凍結耐性増大カイネティクスの解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 降旗 敬,吉田理一郎,梅澤泰史,篠崎一雄,篠崎和子 .  bZIP型転写因子AREB1の転写活性化制御 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 高橋史憲、市村和也、吉田理一郎、溝口剛、篠崎一雄 .  シロイヌナズナにおける新規MAPキナーゼカスケードの解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 梅澤泰史、吉田理一郎、園山恭之進、篠崎和子、篠崎一雄 .  シロイヌナズナSRK2Cプロテインキナーゼの浸透圧および低温ストレスによる活性化とシグナル伝達 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Umezawa T, Yoshida R, Shinozaki K .  Functional analysis of osmotic stress-activated SnRK2 protein kinases in Arabidopsis. .  2004 Keystone Symposia Conference on Plant Response to Abiotic Stress.  2004 Keystone Symposia Conference on Plant Response to Abiotic Stress.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Yoshida R, Umezawa T, Hobo T, Ichimura K, Mizoguchi T, Jose Alonso, Joseph R Ecker, Shinozaki K .  SnRK2 protein kinase is required for water stress signaling in Arabidopsis. .  2004 Keystone Symposia Conference on Plant Response to Abiotic Stress.  2004 Keystone Symposia Conference on Plant Response to Abiotic Stress.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 吉田理一郎、梅澤泰史、保浦徳昇、市村和也、溝口剛、高橋史憲、Jose Alonso、Joseph R. Ecker、篠崎一雄 .  ABAにより活性化されるシロイヌナズナSnRK2プロテインキナーゼの機能解析 .  日本分子生物学会  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 梅澤泰史、吉田理一郎、片桐健、高橋史憲、篠崎一雄 .  浸透ストレスによって活性化されるシロイヌナズナSnRK2プロテインキナーゼの機能解析 .  日本分子生物学会  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 吉田理一郎、保浦徳昇、市村和也、溝口剛、高橋史憲、Jose Alonso、Joseph R. Ecker、篠崎一雄 .  ABAにより活性化されるシロイヌナズナSnRK2プロテインキナーゼの機能解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 高橋史憲、溝口剛、市村和也、吉田理一郎、佐藤忍、篠崎一雄 .  シロイヌナズナMAP kinase新規カスケードAtMKK3-AtMKK8の解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • Yoshida R, Hobo T, Ichimura K, Mizoguchi T, Takahashi F, Jose Alonso, Joseph R Ecker, Shinozaki K .  ABA-activated SnRK2 protein kinase is required for dehydration stress signaling in Arabidopsis. .  2003 Gordon Reserch Conference on Temperature stress in Plants.  2003 Gordon Reserch Conference on Temperature stress in Plants.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Yoshida R, Ichimura K, Shinozaki K .  ABA-dependent protein kinases are activated in Arabidopsis roots. .  2002 Keystone Symposia Conference on Specificity and Crosstalk in Plant Signal Transduction.  2002 Keystone Symposia Conference on Specificity and Crosstalk in Plant Signal Transduction.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 降旗敬、宇野雄一、安部洋、吉田理一郎、梅澤泰史、篠崎一雄、篠崎和子 .  シロイヌナズナbZIP型転写因子AREBによるABAを介した乾燥応答性遺伝子発現制御機構 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 吉田理一郎、市村和也、溝口剛、篠崎和子、篠崎一雄 .  シロイヌナズナABA依存性プロテインキナーゼの精製と生化学的解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 降旗敬、宇野雄一、安部洋、Mohamad M.Parvez、吉田理一郎、篠崎一雄、篠崎和子 .  シロイヌナズナにおける乾燥応答性およびABA誘導性遺伝子発現に関わるbZIP型転写因子AREBの解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 市村和也、吉田理一郎、溝口剛、篠崎一雄 .  環境ストレスによるシロイヌナズナMAPキナーゼAtMPK4の活性化 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Yoshida R, Ichimura K, Mizoguchi T, Yamaguchi-Shinozaki K, Shinozaki K .  Analysis of protein kinase specifically activated by abscisic acid in Arabidopsis cultured cells. .  1999 Gordon Reserch Conference on Temperature stress in Plants.  1999 Gordon Reserch Conference on Temperature stress in Plants.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 吉田理一郎、市村和也、溝口剛、篠崎和子、篠崎一雄 .  アブシジン酸により特異的に活性化されるプロテインキナ-ゼの解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 市村和也、吉田理一郎、溝口剛、篠崎一雄 .  シロイヌナズナにおけるストレス誘導性MAPキナーゼの生化学的解析 .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 吉田理一郎、菅野 明、佐藤雅志、亀谷寿昭 .  イネの低温クロロシス感受性とストレプトマイシン感受性との関連性 .  日本育種学会  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 吉田理一郎、菅野 明、佐藤雅志、亀谷寿昭 .  イネ低温クロロシス症状に伴う36kDエチオプラストタンパク質NADPH-プロトクロロフィリド酸化還元酵素(POR)の蓄積阻害について .  日本植物学会  日本植物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 吉田理一郎、菅野 明、藤川清三、佐藤雅志、亀谷寿昭 .  低温により誘導されるイネ実生のクロロシスに認められる色素体形成異常について .  日本植物生理学会  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:島根  

    国内学会

  • 吉田理一郎、佐藤雅志、亀谷寿昭 .  イネ黄化植物体形成における低温効果とその遺伝様式 .  日本育種学会  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 吉田理一郎、佐藤雅志、 亀谷寿昭 .  イネにおける低温クロロシスの遺伝生理学的研究 I. 幼苗期のクロロシスと黄化について .  日本育種学会  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

▼全件表示

受賞

  • Journal of Plant Research論文賞

    2017年9月   日本植物学会   Glutamate functions in stomatal closure in Arabidopsis and fava bean.

    Yoshida R, Mori IC, Kamizono N, Shichiri Y, Shimatani T, Miyata F, Honda K, Iwai S

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 植物間の情報伝達からコンパニオンプランティングの科学的有効性を検証する

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 植物のグルタミン酸受容体は気孔閉鎖シグナリングとして機能し得るか?

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • シロイヌナズナSnRK2プロティンキナーゼを介した環境ストレス応答の機能解析

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • RNAiを用いた植物の環境ストレス・ホルモン応答性プロテインキナーゼ遺伝子の解析

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)