2021/06/29 更新

写真a

コタニ トモナリ
小谷 知也
KOTANI Tomonari
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • 博士(学術) ( 1999年9月   長崎大学 )

研究キーワード

  • 仔魚

  • カイアシ類

  • ワムシ

  • 生物餌料

  • 餌料生物

  • 養殖

  • 遺伝子

  • 種苗生産

  • 生物餌料

  • 生物機能

  • 株間交雑

  • 増養殖

  • 品種改良

  • 両性生殖

  • ワムシ

  • シオミズツボワムシ

  • カイアシ類

  • larval rearing

研究分野

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学  / 水産増殖学

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学  / 種苗生産

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学  / 養殖

学歴

  • 長崎大学   水産学部   水産学科

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科   教授

    2018年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   学術研究院農水産獣医学域水産学系   教授

    2018年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科   准教授

    2010年10月 - 2018年9月

  • 鹿児島大学水産学部   准教授

    2010年10月 - 2018年9月

  • 福山大学   生命工学部   准教授

    2004年4月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 長崎県産業振興財団   研究員

    2002年5月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • Asian Fisheries Society

    2015年10月 - 現在

  • European Aquaculture Society

    2015年10月 - 現在

  • World Aquaculture Society

    2015年10月 - 現在

  • 日本魚病学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本プランクトン学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本水産増殖学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本水産学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本水産学会

  • 日本水産増殖学会

  • 日本プランクトン学会

  • 世界養殖協会

  • ヨーロッパ養殖学会

▼全件表示

 

論文

  • Akinobu Honda, Oki Hayasaka, Kenjiro Mio, Koji Fujimura, Tomonari Kotani, Masaharu Komatsu, Kazuhiro Shiozaki .  The involvement of Nile tilapia (Oreochromis niloticus) Neu4 sialidase in neural differentiation during early ontogenesis .  Biochimie185   105 - 116   2021年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochimie  

    DOI: 10.1016/j.biochi.2021.03.008

    Scopus

    PubMed

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Hideaki Matsui, Nguyen Xuan Truong, Kenzo Sakaguchi, Hirofumi Kawaji, Manabu Ishikawa, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Enrichment effects of fermented by-product of Shochu distillery on Brachionus plicatilis sp. rotifer and larviculture performance in Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) .  Aquaculture535   736352 - 736352   2021年3月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aquaculture  

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2021.736352

    Scopus

  • Hideaki Matsui, Taku Sasaki, Toru Kobari, Viliame Waqalevu, Kazuma Kikuchi, Manabu Ishikawa, Tomonari Kotani .  DHA accumulation in the polar lipids of the euryhaline copepod Pseudodiaptomus inopinus and its transfer to red sea bream Pagrus major larvae .  Frontiers in Marine Science8   632876 - 632876   2021年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Marine Science  

    DOI: 10.3389/fmars.2021.632876

    Scopus

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  An integrative description of the digestive system morphology and function of Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) during early ontogenetic development .  Aquaculture531   735855   2021年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aquaculture  

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2020.735855

    Scopus

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Oki Hayasaka, Hideaki Matsui, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kentaro Nakajima, Hirofumi Yamashita, Manabu Ishikawa, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Changes in early digestive tract morphology, enzyme expression and activity of Kawakawa tuna (Euthynnus affinis) .  Aquaculture530   735935   2021年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aquaculture  

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2020.735935

    Scopus

  • Oki Hayasaka, Kazuhiko Anraku, Yuya Akamatsu, Yung-Che Tseng, Miguel Vazquez Archdale, Tomonari Kotani .  Threshold and spectral sensitivity of vision in medaka Oryzias latipes determined by a novel template wave matching method .  Comparative Biochemistry and Physiology -Part A : Molecular and Integrative Physiology251   110808 - 110808   2021年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Comparative Biochemistry and Physiology -Part A : Molecular and Integrative Physiology  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2020.110808

    Scopus

    PubMed

  • Hideaki Matsui, Modesto Melden Briones Intoy, Viliame Waqalevu, Manabu Ishikawa, Tomonari Kotani .  Suitability of Tisochrysis lutea at different growth phases as an enrichment diet for Brachionus plicatilis sp. complex rotifers .  Journal of Applied Phycology32 ( 6 ) 3933 - 3947   2020年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Phycology  

    DOI: 10.1007/s10811-020-02216-y

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10811-020-02216-y/fulltext.html

  • Hideaki Matsui, Kazuhiro Shiozaki, Yutaka Okumura, Manabu Ishikawa, Viliame Waqalevu, Oki Hayasaka, Akinobu Honda, Tomonari Kotani .  Effects of phosphorous deficiency of a microalga Nannochloropsis oculata on its fatty acid profiles and intracellular structure and the effectiveness in rotifer nutrition .  Algal Research49   144538   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Keiji Okada, Ryo Takase, Yurie Hamaoka, Akinobu Honda, Asami Ikeda, Yoichiro Hokazono, Yutaro Maeda, Oki Hayasaka, Tomonari Kotani, Masaharu Komatsu, Kazuhiro Shiozaki .  Establishment and characterization of Neu1-knockout zebrafish and its abnormal clinical phenotypes .  Biochemical Journal477 ( 15 ) 2841 - 2857   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical Journal  

    DOI: 10.1042/BCJ20200348

    Scopus

    PubMed

  • Akinobu Honda, Petros Kingstone Chigwechokha Chigwechokha, Ryo Takase, Oki Hayasaka, Koji Fujimura, Tomonari Kotani, Masaharu Komatsu, Kazuhiro Shiozaki .  Novel Nile tilapia Neu1 sialidases: Molecular cloning and biochemical characterization of the sialidases Neu1a and Neu1b .  Gene742   144538   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Kazuhiro Shiozaki, Momoko Kawabe, Kiwako Karasuyama, Takayoshi Kurachi, Akito Hayashi, Koji Ataka, Haruki Iwai, Hinako Takeno, Oki Hayasaka, Tomonari Kotani, Masaharu Komatsu, Akio Inui .  Neuropeptide Y deficiency induces anxiety-like behaviours in zebrafish (Danio rerio) .  Scientific Reports10   5913   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Comparative study on early digestive enzyme activity and expression in red sea bream (Pagrus major) fed on live feed and micro-diet .  Aquaculture519   734721   2020年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Early ontogenetic development, digestive enzymatic activity and gene expression in red sea bream (Pagrus major) .  Aquaculture519   734283   2019年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Viliame Waqalevu,Akinobu Honda,Serge Dossou,Tran Nguyen Duy Khoa,Hideaki Matsui,Kumbukani Mzengereza,Hanlin Liu,Manabu Ishikawa,Kazuhiro Shiozaki,Tomonari Kotani .  Effect of oil enrichment on Brachionus plicatilis rotifer and first feeding red sea bream (Pagrus major) and Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) .  Aquaculture510   73 - 83   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Viliame Waqalevu,Hideaki Matsui,Akinobu Honda,Serge Dossou,Atsushi Yamamoto,Kazuhiro Shiozaki,Tomonari Kotani .  Enrichment effect on two Brachionus plicatilis sp. complex morphotypes fed three nutritional enrichment diets .  Aquaculture Science67 ( 2 ) 139 - 155   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oki Hayasaka,Hideaki Matsui,Midori Matsuoka,Morihiko Yamada,Tomonari Kotani .  Sex change in protogynous fish red-belted anthias Pseudanthias rubrizonatus (Serranidae) in Kagoshima Bay, Japan .  Journal of Ichthyology59 ( 3 ) 366 - 371   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oki Hayasaka,Yutaka Takeuchi,Kazuhiro Shiozaki,Kazuhiko Anraku,Tomonari Kotani .  Green light irradiation during sex differentiation induces female-to-male sex reversal in the medaka Oryzias latipes .  Scientific Reports9   2383   2019年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideaki Matsui,Kazuhiko Anraku,Tomonari Kotani .  Spectrophotometry can monitor changes in algal metabolism triggered by nutrient deficiency in Nannochloropsis oculata cultured under various light-emitting diode light regimes .  Fisheries Science85 ( 1 ) 167 - 176   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Viliame Waqalevu, 松井 英明, 本田 晃伸, Serge Dossou, 山本 淳, 塩崎 一弘, 小谷 知也 .  各種栄養強化剤を摂取した広塩性ツボワムシ <i>Brachionus plicatilis</i> 複合種2種の個体群増殖,脂肪酸組成およびタンパク質含量の比較 .  水産増殖67 ( 2 ) 139 - 155   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:水産増殖談話会  

    <p><i>Brachionus plicatilis </i>複合種 SS および L 型に及ぼす3 種の栄養強化剤(DHA 強化クロレラ,冷凍ナンノクロロプシスおよび乳化筋子油)の餌料効果を比べた(対照区:濃縮淡水クロレラ)。両型ワムシの増殖速度と脂肪酸含量は試験区間で変化した。 非極性脂質と極性脂質の含量はワムシ型間で変化した。可溶性タンパク質は両型で DHA 強化クロレラおよび生クロレラ給餌で多かった。冷凍ナンノクロロプシスを除いた全ての試験区で,SS 型の可溶性タンパク質含量は L 型よりも高かった。 ワムシ型に応じて,培養方法,強化剤の投与量および脂肪酸要求量を考慮する必要がある。</p>

    DOI: 10.11233/aquaculturesci.67.139

    Scopus

  • Viliame Waqalevu,Akinobu Honda,Hideaki Matsui,Kazuhiro Shiozaki,Tomonari Kotani .  Proteolytic digestive enzyme response in Japanese flounder Paralichthys olivaceus fed two types of rotifers Brachionus plicatilis species complex .  Fisheries Science84 ( 6 ) 1037 - 1049   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本水産学会  

  • 早坂央希, 永田兼大, 垣内美由紀, 宮本真規子, 石崎宗周, 小谷知也 .  コロンビア・マグダレナ大学での新たな養殖プロジェクト創出と学生派遣によるJICA大学間連携ボランティアプログラムの役割について .  農学国際協力16   31 - 40   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学農学国際教育研究センター  

  • 早坂 央希, 永田 兼大, 垣内 美由紀, 宮本 真規子, 石崎 宗周, 小谷 知也 .  コロンビア・マグダレナ大学での新たな養殖プロジェクト創出と学生派遣によるJICA大学間連携ボランティアプログラムの役割について .  農学国際協力16 ( 0 ) 31 - 40   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学農学国際教育協力研究センター  

    <p>鹿児島大学は、JICAとの連携協定の下、コロンビアの大学との協力ボランティア事業を展開してきている。本報告では、コロンビア北部マグダレナ県にあるマグダレナ大学水産学科で行ってきた海産魚養殖技術開発・改良事業について紹介する。この大学間ボランティア事業は、2015年のJICAと鹿児島大学との連携にかかわる覚書締結をきっかけに始まり、2016年2月以降、これまでに3回の派遣が行われた。現地にて取り組んだ活動内容は、海産魚介類の種苗生産と海産カニ親個体養成の基礎技術を確立することである。その結果、種苗生産に必要不可欠なワムシを汽水湖(シエナガ・グランデ)から単離し、培養するまでに至った。また、抱卵したカニを汽水湖(シエナガ・グランデ)から採集し幼生を孵化させることに成功した。</p>

    DOI: 10.50907/jicad.16.0_31

  • Hideaki Matsui, Ryo Okawa, Kazuhiko Anraku, Tomonari Kotani .  Application of spectrophotometry to estimate optimum condition of Nannochloropsis oculata batch culture for a diet of zooplankton .  Aquaculture Science65 ( 3 ) 209 - 219   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本水産増殖学会  

  • Tomonari Kotani, Takumi Haraguchi, Yuta Yamazaki, Tatsuya Doi, Hideaki Matsui, Saichiro Yokoyama, Manabu Ishikawa, Shunsuke Koshio .  Effect of the length of nutritional enrichment on the fatty acid composition of polar lipids of euryhaline rotifers Brachionus and larviculture performance of red sea bream Pagrus major .  Aquaculture Science65 ( 2 ) 133 - 144   2017年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本水産増殖学会  

  • 小谷 知也, 原口 拓己, 山崎 悠太, 土井 達也, 松井 英明, 横山 佐一郎, 石川 学, 越塩 俊介 .  広塩性ツボワムシ類に対する栄養強化時間が脂肪酸組成及びマダイ仔魚飼育成績に与える効果 .  水産増殖65 ( 2 ) 133 - 144   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:水産増殖談話会  

    本研究は栄養強化時間の異なる広塩性ツボワムシ類(以下ワムシ)の餌料価値とマダイ仔魚への給与効果を明らかにすることを目的とした。強化実験には S 型及び L 型ワムシを使用した。ワムシは <I>n</I>-3HUFA 含有クロレラで12時間または24時間強化した。さらに,<I>n</I>-3HUFA 含有クロレラを一次培養過程から給餌し続けるワムシ(常時強化)も準備した。マダイはふ化後20日齢までの体長を測定し,20日齢時点の生残尾数を計数,24時間強化ワムシと常時強化ワムシの給餌群を比較した。S 型及び L 型ワムシの EPA と DHA 含量は12時間強化区と24時間強化区では差が無かった。しかし,L 型ワムシの極性脂質中の EPA 及び DHA 含量は常時強化区で高くなった。マダイの生残率は24時間強化ワムシ区給餌群より常時強化区ワムシ給餌群で高く(<I>P</I><0.05),体長の成長速度も常時強化ワムシ給餌群で速くなった。

    DOI: 10.11233/aquaculturesci.65.133

    Scopus

  • 松井 英明, 大川 諒, 安樂 和彦, 小谷 知也 .  Nannochloropsis oculata のバッチ培養における動物プランクトンの餌料として好適な培養状態を推定するための分光光度法の応用 .  水産増殖65 ( 3 ) 209 - 219   2017年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:水産増殖談話会  

    微細藻類 <I>Nannochloropsis oculata</I> の収穫を適当な時期に行い,ワムシに給餌することによって効率的なワムシ栄養強化を行うことができる。現在,<I>N. oculata</I> の適切な収穫時期は細胞数の計数に基づいて判断されており,餌料価値を正確に判断することは困難である。そこで,本研究では分光光度計を用いて簡便な収穫時期判断手法を開発することを目的とした。<I>N. oculata</I> の培養液中の細胞密度,栄養塩濃度(硝酸態窒素とリン酸)と培養個体群の吸光度(360-780 nm)を毎日測定した。対数増殖期はリン酸が消費され濃度が4.0 &mu;g/m<I>l</I> 以下になった時点で終了した。490 nm と680 nm の吸光度比は実験開始時から上昇傾向を示し,対数増殖期開始時に減少傾向に転じた後,リン酸が枯渇する時期に再び上昇傾向に転じた。定常期はリン酸枯渇後に見られる硝酸態窒素枯渇時に開始した。つまり,吸光度比は増殖パターンよりリン酸枯渇に対応して上昇することが明らかとなった。分光光度法は将来的に培養状態推定手法となる可能性がある。

    DOI: 10.11233/aquaculturesci.65.209

    Scopus

  • Tomonari Kotani,Hiroyuki Imari,Aki Miyashima,Hiroshi Fushimi .  Effects of feeding with frozen freshwater cladoceran Moina macrocopa on the performance of red sea bream Pagrus major larviculture .  Aquaculture International24 ( 1 ) 183 - 197   2016年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    The feeding effects of freshwater cladoceran Moina macrocopa to the larvae and juveniles of red sea bream were investigated. M. macrocopa was mass-cultured with freshwater Chlorella as feed and was enriched nutritionally with a commercial enrichment diet. Because M. macrocopa die in seawater within a few minutes, the cladocerans were frozen after nutritional enrichment. The survival rates, growth rates and stress tolerances of fish fed with enriched M. macrocopa were compared with those fed with enriched Artemia and with zooplankton harvested from open seawater. The fatty acid composition of each type of zooplankton was analyzed. Mass-cultured M. macrocopa could be enriched with a commercial enrichment diet. The DHA/EPA ratio of M. macrocopa was inferior to that of enriched Artemia nauplii and wild zooplankton. Although the growth and stress tolerance of fish fed on frozen M. macrocopa were inferior to those fed with enriched Artemia nauplii and wild zooplankton, their survival rate was superior. It was concluded that frozen and enriched M. macrocopa could be fed to red sea bream larvae and juveniles. However, it is necessary to improve its fatty acid composition, particularly the DHA content.

    DOI: 10.1007/s10499-015-9918-3

  • 米山和良,國澤慎太郎,外薗博人,小谷知也,今村昭則,松岡達郎 .  画像解析による水槽内を遊泳するクロマグロ稚魚の3次元位置の検出 .  数理水産科学 12   51 - 61   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:数理水産科学研究会  

  • Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi, Yuka Ohta, Aki Miyashima, Ken-suke Sudoh, Masahiro Hayashi, Nobumitsu Satoh, Shuichi Satoh .  Effect of graded levels of dietary DHA included in rotifers Brachionus plicatilis on larviculture performance of red sea bream Pagrus major .  Aquaculture Science61 ( 4 ) 321 - 330   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aki Miyashima,Tomonari Kotani, Hirohito Tawa, Hiroshi Fushimi .  Relationship between oxygen consumption, growth and survival of larval fish .  Aquaculture Research43 ( 5 ) 679 - 687   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yutaka Haga, Shao-Jun Du, Shuichi Satoh, Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi, Toshio Takeuchi .  Analysis of mechanism of skeletal deformity in fish larvae using vitamin A-induced bone deformity model .  Aquaculture315 ( 42006 ) 26 - 33   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi .  Determination of the appropriate feeding schedule in finfish larviculture, relating to diurnal feeding rhythm .  Aquaculture315 ( 42006 ) 104 - 113   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Masashi Yokota, Hiroshi Fushimi, Seiichi Watanabe .  How to determine the appropriate mortality in experimental larval rearing? .  Fisheries Science77 ( 2 ) 255 - 261   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Yoshiyuki Wakiyama, Tatsuhiro Imoto, Hiroshi Fushimi .  Improved larviculture of ocellate puffer Takifugu rubripes through control of stocking density .  Aquaculture312 ( 42008 ) 95 - 101   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Teruhisa Genka, Mari Tanabe, Aki Miyashima, Hiroshi Fushimi, Masahiro Hayashi .  Effect of nutritional enrichment method on fatty acid contents of rotifer Brachionus plicatilis .  Journal of the World Aquaculture Society41 ( 6 ) 884 - 892   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi .  Diel Feeding rhythm of finfish larvae and establishment of appropriate feeding schedule .  Larvi’09 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 38, Oostende, Belgium   207 - 208   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Yutaka Haga, S.-J. Du, Shuichi Satoh, Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi, Toshiro Takeuchi .  Analysis of skeletal deformity in fish vitamin A- induced bone deformity model .  Larvi’09 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 38, Oostende, Belgium   149 - 150   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Aki Miyashima, Tomonari Kotani, Hirohito Tawa, Hiroshi Fushimi .  Relationship among oxygen consumption, growth and survival of larval fishes .  Larvi’09 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 38, Oostende, Belgium   269 - 271   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Nguyen Van Tien, Seiji Matsumoto, Yutaka Haga, Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi, Shuichi Satoh .  Development of zinc and manganese enrichment methods in live food and nutritional importance in marine fish larvae .  Larvi’09 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 38, Oostende, Belgium   465   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomonari Kotani, Teruhisa Genka, Hiroshi Fushimi, Masahiro Hayashi, Kristof Dierckens, Patrick Sorgeloos .  Effect of primary cultivation method on nutritional enrichment of euryhaline rotifer Brachionus plicatilis .  Fisheries Science75 ( 4 ) 975 - 984   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Yoshiyuki Wakiyama, Tatsuhiro Imoto, Hisahide Suzuki, Hiroshi Fushimi .  Effect of initial stocking density on larviculture performance of the ocellate puffer Takifugu rubripes .  Journal of the World Aquaculture Society40 ( 3 ) 383 - 393   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiji Matsumoto, Shuichi Satoh, Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi .  Examination of practical method on zinc enrichment of euryhaline rotifer (Brachionus plicatilis) .  Aquaculture286 ( 42006 ) 113 - 120   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Teruhisa Genka, Hiroshi Fushimi, Masahiro Hayashi .  Effect of nutritional enrichment methods on activity and fatty acid contents of euryhaline rotifer Brachionus plicatilis .  Proceedings of 5th World Fisheries Congress, TerraPub, Tokyo   2c_0358   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Van Tien Nguyen, Shuichi Satoh, Yutaka Haga, Hiroshi Fushimi, Tomonari Kotani .  Effect of Zn and Mn supplementation on growth and vertebral deformity in red sea bream .  Aquaculture285 ( 42008 ) 184 - 192   2008年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小谷知也、北本恵理、倉田修、平山敬大、伏見浩、佐藤秀一、畑井喜司雄、宮嶋暁、能味堂郎、嶋田貴志 .  Enterococcus faecalis FK-23加熱製剤投与によるトラフグおよびヒラメへのワクチン接種効果の向上 .  水産増殖56 ( 3 ) 375 - 382   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maria Vivian Camacho Grageda, Tomonari Kotani, Yoshitaka Sakakura, Atsushi Hagiwara .  Effects of feeding copepod and Artemia on early growth and behaviour of the self-fertilizing fish, Rivulus marmoratus, under laboratory conditions .  Aquaculture281 ( 42008 ) 100 - 105   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小谷知也、源河輝久、伏見浩、林雅弘 .  シオミズツボワムシの栄養強化成績に対する一次培養の方法と個体群増殖フェーズの影響 .  福山大学生命工学部年報6   35 - 49   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Atsushi Hagiwara, Koushiro Suga, Atsushi Akazawa, Tomonari Kotani, Yoshitaka Sakakura .  Development of rotifer strains with useful traits for rearing fish larvae .  Aquaculture268 ( 42008 ) 44 - 52   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Kazuhiko Ihara, Atsushi Hagiwara .  Cross-mating of euryhaline rotifer Brachionus plicatilis strains as a means to develop useful strains for larval food .  Aquaculture261 ( 2 ) 495 - 500   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小谷知也 .  海産ツボワムシ類Brachionusの分類とその手法 .  福山大学生命工学部年報5   17 - 26   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Hiroshi Fushimi, Tomonari Kotani, Hisahide Suzuki, Masahiro Hayashi .  Developmental stage and morphogenesis of finfish larvae, with special reference to improvement of larval health .  Larvi’05 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 36, Oostende, Belgium   157 - 159   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomonari Kotani, Atsushi Hagiwara, Terry W. Snell, Manuel Serra .  Euryhaline Brachionus strains (Rotifera) from tropical habitats: morphology and allozyme patterns .  Hydrobiologia546 ( 1 ) 161 - 167   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi, Hisahide Suzuki .  Cultivation and application of copepods and cladocerans for larval rearing in Japan: past, present, and future .  Larvi’05 -Fish & Shellfish larviculture Symposium. European Aquaculture Society, Special Publication No. 36, Oostende, Belgium   256 - 257   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomonari Kotani, Atsushi Hagiwara .  Fertilization between the rotifer Brachionus plicatilis strains at different temperatures .  Fisheries Science69 ( 5 ) 1078 - 1080   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Hagiwara, Wenresti G. Gallardo, Mavit Assavaaree, Tomonari Kotani, Adriana B. de Araujo .  Live food production in Japan: recent progress and future aspects .  Aquaculture200 ( 42006 ) 111 - 127   2001年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Mitsuru Ozaki, Kazumi Matsuoka, Terry W. Snell, Atsushi Hagiwara .  Reproductive isolation among geographically and temporally isolated marine Brachionus populations .  Hydrobiologia446/447 ( 1 ) 283 - 290   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小谷知也、萩原篤志 .  海産ツボワムシ類2種の性フェロモン性状 .  長崎大学水産学部研究報告81   63 - 68   2000年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小谷知也、萩原篤志 .  海産ワムシ類の分類と性フェロモンの性状 .  日本プランクトン学会報47 ( 1 ) 71 - 75   2000年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari Kotani, Atsushi Hagiwara .  Mate recognition of the rotifer Brachionus plicatilis Muller at different temperatures .  Bulletin of Faculty of Fisheries, Nagasaki University80   55 - 59   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tomonari Kotani, Atsushi Hagiwara, Terry W. Snell .  Genetic variation among marine Brachionus strains and function of mate recognition pheromone (MRP) .  Hydrobiologia358 ( 42007 ) 105 - 112   1997年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Hagiwara, Tomonari Kotani, Terry W. Snell, Mavit Assava-Aree, Kazutsugu Hirayama .  Morphology, genetics, and mating behavior of small tropical marine Brachionus strains (Rotifera) .  Journal of Experimental Marine Biology and Ecology194 ( 1 ) 25 - 37   1995年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecotoxicology

    Tomonari Kotani( 担当: 単著 ,  範囲: Enrichment of rotifers, and its effect on the growth and survival of fish larvae)

    Springer Singapore  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:180   担当ページ:47-62   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecotoxicology

    Tomonari Kotani( 担当: 単著 ,  範囲: The current status of the morphological classification of rotifer strains used in aquaculture)

    Springer Singapore  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:180   担当ページ:3-13   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecotoxicology

    Tomonari Kotani( 範囲: The current status of the morphological classification of rotifer strains used in aquaculture)

    Springer Singapore  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:180   担当ページ:3-13  

    In order to improve the survival and growth of aquacultured finfish larvae, nutritional enrichment of rotifers is necessary. In the development of methodologies for material and process, n-3HUFAs especially EPA and DHA were the main focused nutrients for enrichment. Although the addition of those fatty acids to rotifer was conducted in vitro, the enrichment of DHA or EPA to phospholipid was suggested recently, as well as the optimum ratio among DHA, EPA and arachidonic acid. On the other hand, other nutrients, e.g., taurine, vitamin A and some minerals have also been suggested to enrich rotifers. These means that not only specific nutrients but also the balance among nutrients are important to enrich rotifers nutritionally, and improve the performance of cultured finfishes. Moreover, the influence by rotifer culture method and protocol, and the development of enrichment method should be taken into consideration for improving the efficiency of enrichment. Future studies should investigate whether rotifers can acquire all these nutrients from the balanced nutrition.

  • Early development and metabolism

    Manuel Yufera, Luis E. C. Conceicao, Stephen Battaglene, Hiroshi Fushimi, Tomonari Kotani( 担当: 共著)

    Sparidae: Biology and Aquaculture of Gilthead Sea Bream and Other Species. Blackwell Publishing Ltd. UK.  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Intensive cultivation of a subtropical paracalanid copepod, Parvocalanus sp., as prey for small marine fish larvae

    Robin J. Shields, Tomonari Kotani, Augustin Molnar, Kimo Marion, Jon Kobashigawa, Larren Tang( 担当: 共著)

    Copepods in Aquaculture. Blackwell Publishing. Ames, USA  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • 松井英明, 曹陽, 豊村兼伍, 垣内美由紀, 永田兼大, 柿崎智広, 築地新光子, 小谷知也 .  ワムシの解凍処理を駆使したウナギ類の初期餌料の開発 .  令和元年度 日本水産学会九州支部大会.  2020年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県鹿児島市   国名:日本国  

  • Oki Hayasaka, Yutaka Takeuchi, Akinobu Honda, Estefany García-Cruz, Yoji Yamamoto, Junji Kawakami, Motonobu Chikata, Kazuhiro Shiozaki, Kazuhiko Anraku, Tomonari Kotani .  Irradiation using middle- to long-wavelength light induces overexpresstion of gsdf and male-specific gonadal differentiation in genetic female medaka Oryzias latipes .  Aquaculture Europe 19  2019年10月  European Aquaculture Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Berlin, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  • Hideaki Matsui, Satoshi Kono, Kazuki Okita, Tomonari Kotani .  The microalga Isochrysis as an enrichment diet for rotifers: effects of harvest timing on rotifer vitality and fatty acid profiles .  Aquaculture Europe 19  2019年10月  European Aquaculture Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Berlin, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  • 早坂央希,竹内裕,本田晃伸,川上純司,塩崎一弘,安樂和彦,小谷知也 .  緑色光照射によりメダカの雄性化性転換が誘導される時期の推定とgsdfの発現量変化について .  平成31年度 日本水産学会 春季大会  2019年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • Duy Khoa Tran Nguyen, Tomonari Kotani .  Effects of microdiet on growth, survival rate, gene expression and activity of digestive enzymes of Pargus marjor larvae .  平成31年度 日本水産学会 春季大会  2019年3月  日本水産学会国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 神野聖士,沖田一貴,松井英明,小谷知也 .  Isochrysis sp. タヒチ株を給餌したワムシの生物餌料としての有用性の評価 .  平成31年度 日本水産学会 春季大会  2019年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 松井英明, 沖田一貴, 神野聖士, 小谷知也 .  微細藻類Isochrysis sp.タヒチ株の培養細胞を用いたワムシ栄養強化効果の改善 .  平成30年度 日本水産学会九州支部大会  2018年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県鹿児島市   国名:日本国  

  • Liu Hanlin, Tomonari Kotani .  Related gene expressions as stress indicators of red sea bream larvae Pagrus major .  平成30年度 日本水産学会九州支部大会  2018年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県鹿児島市   国名:日本国  

  • 金棒千明, 漁野葉月, 安樂和彦, 小谷知也 .  マダイ仔魚の各色オプシン遺伝子発現と摂餌特性との関係について .  平成30年度 日本水産学会九州支部大会  2018年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県鹿児島市   国名:日本国  

  • 川村守生, 中島潔, 一ノ瀬武宏, 藤田知一, 小谷知也 .  飼育水中の酸素濃度制御によるヒラメ種苗生産飼育成績の向上について .  平成30年度 日本水産学会九州支部大会  2018年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県鹿児島市   国名:日本国  

  • 垣内美由紀,永田兼大,築地新光子,塩崎一弘,小谷知也 .  微細藻類給餌ワムシ解凍処理物のウナギ類仔魚に対する餌料価値 .  平成30年度 日本水産学会秋季大会  2018年9月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島県東広島市   国名:日本国  

  • 松井英明, 小谷知也 .  水産餌料用藻類Nannochloropsis oculataの生体膜の性状と高度不飽和脂肪酸蓄積の関係 .  平成30年度 日本水産学会 秋季大会  2018年9月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島県東広島市   国名:日本国  

  • Oki Hayasaka, Yutaka Takeuchi, Taku Sasaki, Atsushi Yoshinari, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Green LED light irradiation during sex differentiation induced functional sex reversal in medaka Oryzias latipes .  11th International Symposium on Reproductive Physiology of Fish  2018年6月  International Symposium on Reproductive Physiology of Fish国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ブラジル・マナウス   国名:ブラジル連邦共和国  

  • 川村守生, 片山大祐, 中島潔, 一ノ瀬武宏, 藤田知一, 小谷知也 .  飼育水中の酸素濃度制御によるマダイ種苗生産飼育成績の向上について .  平成30年度 日本水産学会 春季大会  2018年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 松井英明, 小谷知也 .  栄養塩欠乏下で熟せされたHUFA含有微細藻類2種はワムシの栄養強化の効率を向上させる .  平成30年度 日本水産学会 春季大会  2018年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 早坂央希, 竹内裕, 塩崎一弘, 小谷知也 .  緑色光照射による近交系メダカ(HdrR-II)の性転換誘導 .  平成30年度 日本水産学会 春季大会  2018年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 安樂和彦, 服部智也, 勝田海, 永田兼大, 小谷知也 .  ニホンウナギにおける成長と網膜分光吸収特性の変化 .  平成30年度 日本水産学会 春季大会  2018年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 金棒千明, 漁野葉月, 安樂和彦, 小谷知也 .  マダイ仔魚の網膜組織の発達と摂餌特性との関係について .  平成30年度 日本水産学会 春季大会  2018年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 金棒千明, 須藤七海, 安樂和彦, 小谷知也 .  マダイおよびヒラメ仔魚の網膜組織の発達と摂餌特性との関係について .  第24回魚類生理学研究会  2017年12月  魚類生理学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口県下関市   国名:日本国  

  • 早坂央希, 竹内裕, 小谷知也 .  緑色光照射によって作出した性転換メダカOryzias latipesを用いた交配試験 .  第24回魚類生理学研究会  2017年12月  魚類生理学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口県下関市   国名:日本国  

  • 早坂央希, 竹内裕, 小谷知也 .  緑色光照射による性転換メダカ Oryzias latipesの作出 .  平成29年度日本水産学会九州支部大会  2017年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県長崎市   国名:日本国  

  • Viliame Waqalevu, Shojiro Miyauchi, Shuo Zhang, Tomonari Kotani .  Nutritional evaluation of two types of euryhaline rotifers Brachionus plicatilis sp. complex and digestive enzyme response at first feeding in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus .  10th Indo-Pacific Fish Conference  2017年10月  Indo-Pacifique Fish Conference国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:フランス領ポリネシア、タヒチ   国名:フランス領ポリネシア  

  • Daisuke Katayama, Kiyoshi Nakajima, Takehiro Ichinose, Tomokazu Fujita, Tomonari Kotani .  Effect of high concentration of dissolved oxygen in the rearing water on the rearing performance and stress response in red sea bream and Japanese eel .  The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium  2019年9月  日本水産学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • Hideaki Matsui, Mitsuharu Matsumoto, Tomonari Kotani .  The comparison of intracellular structure and eicosapentaenoic acid accumulation of Nannochloropsis oculata cells between nutrient-repleted and -depleted phases .  The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium  2019年9月  日本水産学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区  

  • Tomonari Kotani, Kazuma Kikuchi, Taku Sasaki, Hideaki Matsui .  How finfish larvae prefer copepods? .  7th Fish & Shellfish Larviculture Symposium  2017年9月  Ghent University国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ベルギー王国ゲント市   国名:ベルギー王国  

  • Hideaki Matsui, Kazuhiko Anraku, Tomonari Kotani .  Using spectrophotometry can determine the optimal harvest timing of microalgae for efficient enrichment of rotifer .  7th Fish & Shellfish Larviculture Symposium  2017年9月  Ghent University国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ベルギー王国ゲント市   国名:ベルギー王国  

  • 松井英明, 安樂和彦, 小谷知也 .  微細藻類Nannochloropsis oculataの吸光特性を活かした細胞内の形態変化の推定および海産ツボワムシ類Brachionus plicatilisのEPA強化効率の向上 .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 早坂央希, 小谷知也 .  LEDライトを用いた特定の光波長によるメダカの肝臓への影響 .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 永田兼大, 竹内裕, 小谷知也 .  収容尾数とハウスの有無が性分化期のニホンウナギに与える影響について .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 片山大祐, 宮内翔二郎, 川村守生, 中島潔, 一之瀬武宏, 藤田知一, 小谷知也 .  高濃度溶存酸素がマダイ仔稚魚の飼育成績に与える影響について .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 宮内翔二郎, 江幡恵吾, 小谷知也 .  魚類仔魚の飼育成績に対する水槽形状およびフローパターンの効果 .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中村隆太郎, 小谷知也 .  マグロ類仔魚の餌料種による摂餌選択性の違いについて .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • Viliame Waqalevu, Shojiro Miyauchi, Zhang Shuo, Tomonari Kotani .  Comparison of growth ratio and fatty acid content in Brachionus rotundiformis and B. plicatilis fed three common Japanese nutritional enrichment diets .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会国際共著

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 菊地一真, 佐々木拓, 桑原侑佑, 小谷知也 .  培養した汽水産カイアシ類Pseudodiaptomus inopinusをマダイ仔魚は好んで摂餌するか? .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 菊地一真, 高木翔太, 佐々木拓, 小谷知也 .  汽水産カイアシ類Pseudodiaptomus inopinusの培養方法の検討と培養個体群の化学組成分析 .  平成29年度 日本水産学会 春季大会  2017年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 早坂央希, 小谷知也 .  耳石を用いたアカオビハナダイの性転換年齢の推定 .  第28回 魚類生態研究会  2017年2月  魚類生態研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市   国名:日本国  

  • 佐々木拓, 桑原侑佑, 小谷知也 .  海産ツボワムシ類と培養したカイアシ類を混合給餌した時のマダイ仔魚の飼育成績について .  平成28年度 日本水産学会九州支部大会  2016年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市   国名:日本国  

  • 松井英明, 安樂和彦, 小谷知也 .  微細藻類 Nannochloropsis oculata の吸光特性を活かした海産ツボワムシ類Brachionus plicatilis の栄養強化効率の向上 .  平成28年度 日本水産学会九州支部大会  2016年12月  日本水産学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市   国名:日本国  

  • 松井英明,尾方美月,安樂和彦,小谷知也 .  有用微細藻類Nannochloropsis oculataとIsochrysis sp.タヒチ産株の吸光特性を用いた栄養塩利用形態の変化時期の推定 .  平成28年度 日本水産学会秋期大会  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 工永泰裕,小谷知也,赤松佑哉,大川 諒,安樂和彦 .  フィリピン産ウナギAnguilla bicolor bicolor飼育時に用いる照明光波長の違いによる成長への影響 .  平成28年度日本水産学会春季大会  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  • 松井英明,小谷知也,安樂和彦 .  微細藻類Nannochloropsis oculataの増殖および生化学組成に対する光波長の影響 .  平成28年度日本水産学会春季大会  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  • 佐々木 拓,小谷知也 .  培養した海産カイアシ類Pseudodiaptomus inopinusのみの給餌がマダイ仔魚に与える効果 .  平成28年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  • 原口拓己、小谷知也 .  海産ツボワムシ類極性脂質中n-3HUFAの強化方法の検討 .  平成25年度日本水産学会春季大会  平成25年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京   国名:日本国  

    国内学会

  • 宮嶋暁、神谷高広、伏見浩、小谷知也、佐藤信光、伊藤暁、草野孝 .  クロマグロの健苗育成技術開発研究II-19 ワムシ中のEPA含量はヒラメ稚魚の干出耐性に影響するか? .  平成25年度日本水産学会春季大会  平成25年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮嶋暁、伏見浩、川谷司、古川隆一、矢田滋久、小谷知也、佐藤信光、伊藤暁、草野孝 .  クロマグロの健苗育成技術開発研究II-18 試作栄養強化剤を用いたマダイ仔魚のワムシ中のEPA要求量の検討 .  平成25年度日本水産学会春季大会  平成25年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 菊地一真、舩越亮平、小谷知也 .  微細藻類種および細胞密度が浮遊性カイアシ類の産卵数に与える効果 .  平成25年度日本水産学会春季大会  平成25年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 菊地一真,舩越亮平,小谷知也 .  微細藻類種および細胞密度が浮遊性カイアシ類の産卵数に与える効果 .  平成25年度 日本水産学会 春季大会  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 原口拓己、小谷知也 .  海産ツボワムシ類S型の培養経過に伴うサイズ分布と栄養強化成績との関係 .  平成24年度日本水産学会秋季大会  平成24年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 伏見浩、小谷知也、宮嶋暁、秋山偉作、豊田健一、佐藤信光、草野孝 .  ワムシ摂餌期におけるマダイ仔稚魚のワムシ中のDHA要求量の検討(クロマグロ健病育成技術開発研究II-16) .  平成24年度日本水産学会秋季大会  平成24年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 宮嶋暁、伏見浩、神谷高広、小谷知也、佐藤信光、佐藤秀一、芳賀穣、神村祐司、斎藤誠、赤澤敦司 .  クロマグロの健苗育成技術開発研究 II-11 試作栄養強化剤を用いたヒラメ仔魚のワムシ中のDHA要求量の検討 .  平成24年度日本水産学会春季大会  平成24年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮嶋暁、福田靖子、伏見浩、小谷知也、Nguyen Van Tien、芳賀穣、佐藤秀一 .  ワムシの栄養価の違いがヒラメ仔稚魚の発育に伴う体組成におよぼす影響 .  平成23年度日本水産学会秋季大会  平成23年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 福島英司、宮嶋暁、伏見浩、小谷知也、芳賀穣、佐藤秀一、佐藤信光、伊藤暁、草野孝 .  試作栄養強化剤を用いたシオミズツボワムシの栄養強化成績と持続性 .  平成23年度日本水産学会秋季大会  平成23年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 小谷知也、今利浩之、伏見浩 .  冷凍淡水産ミジンコ給餌がトラフグ仔稚魚飼育に与える効果について .  平成22年度日本水産学会秋季大会  平成22年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小谷知也、中谷真子、宮嶋暁、伏見浩 .  クロマグロ健苗育成技術開発研究-19. クロマグロ種苗量産技術開発のためのワムシの栄養強化法の検討-1 栄養強化成績に及ぼす水温と強化時間の影響 .  平成22年度日本水産学会春季大会  平成22年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小谷知也、太田有香、須藤健介、宮嶋暁、伏見浩、佐藤秀一 .  クロマグロ健苗育成技術開発研究-20. クロマグロ健苗育成技術開発のためのワムシ栄養強化剤の開発-1 強化剤の試作とマダイヘの適用 .  平成22年度日本水産学会春季大会  平成22年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小谷知也、上林久記、須藤健介、榎本翔太、井本達弘、伏見浩 .  マダイ仔稚魚の成長に伴う日周摂餌リズムの変化 .  平成21年度日本水産学会秋季大会  平成21年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手県  

    国内学会

  • Tomonari Kotani, Hiroshi Fushimi .  Diel Feeding rhythm of finfish larvae and establishment of appropriate feeding schedule .  5th Fish & Shellfish Larviculture Symposium  5th Fish & Shellfish Larviculture Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:ベルギー  

    国際学会

  • 小谷知也、田邊茉莉、板倉大樹、伏見浩 .  クロマグロの健苗育成技術開発研究-15.栄養強化方法を変えればワムシ脂肪酸組成は変化するか? .  平成21年度日本水産学会春季大会  平成21年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 小谷知也、今利浩之、伏見浩、林雅弘 .  冷凍淡水産ミジンコのトラフグ仔稚魚に対する餌料価値 .  平成21年度日本水産学会春季大会  平成21年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Tomonari Kotani, Hiroyuki Imari, Hiroshi Fushimi .  Effect of feeding of frozen freshwater cladoceran Moina macrocopa on red sea bream larvae .  8th Japan-Korea, Korea-Japan Joint Symposium on Aquaculture  8th Japan-Korea, Korea-Japan Joint Symposium on Aquaculture国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地:和歌山  

    国際学会

  • Tomonari Kotani, Teruhisa Genka, Hiroshi Fushimi, Masahiro Hayashi .  Effect of nutritional enrichment method on activities and fatty acid contents of euryhaline rotifer Brachionus plicatilis .  5th World Fisheries Congress  5th World Fisheries Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • Tomonari Kotani, Teruhisa Genka, Hiroshi Fushimi, Masahiro Hayashi, Kristof Dierckens, Patrick Sorgeloos .  Effect of primary cultivation method and population growth phase on nutritional enrichment of euryhaline rotifer Brachionus plicatilis .  Asian-Pacific Aquaculture 2007  Asian-Pacific Aquaculture 2007国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

    開催地:ベトナム  

    国際学会

▼全件表示

知的財産権

  • 水棲動物用餌料の製造方法

    小谷知也,永田兼大,垣内美由紀,松井英明,石堂博司

     詳細を見る

    出願番号:2018-079526  出願日:2018年4月

    出願国:国内  

  • 魚類の性転換誘導方法、魚類の性転換誘導装置及び魚類の性統御方法

    小谷知也,早坂央希,竹内裕

     詳細を見る

    出願番号:2018-048113  出願日:2018年3月

    出願国:国内  

  • 水生生物の飼育システム及び水生生物の飼育方法

    小谷知也,片山大祐,宮内翔二郎,中島潔,一ノ瀬武宏,藤田知一,深川光介

     詳細を見る

    出願番号:2017-043542  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

  • ウナギ飼育方法

    小谷知也,永田兼大

     詳細を見る

    出願番号:2017-042392  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

  • 微細藻類の培養方法及びデータ解析装置

    小谷知也,松井英明

     詳細を見る

    出願番号:2017-038263  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

  • 微細藻類の培養方法及びデータ解析装置

    小谷知也,松井英明,安樂和彦,下野正美

     詳細を見る

    出願番号:2016-060575  出願日:2016年3月

    出願国:国内  

  • 真正眼点藻類の培養装置および真正眼点藻類の培養方法

    小谷知也,松井英明,安樂和彦,中池里樹

     詳細を見る

    出願番号:2016-050897  出願日:2016年3月

    出願国:国内  

  • ウナギ飼育装置、ウナギ飼育方法および該飼育方法で飼育されたウナギ

    小谷知也,工永泰裕,安樂和彦,今利浩之,田代恭一,江川公浩,新村久男

     詳細を見る

    出願番号:2015-065332  出願日:2015年3月

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 種苗生産学

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 生物海洋学

    機関名:福山大学生命工学部

  • 水産学概論

    機関名:福山大学生命工学部