2021/06/02 更新

写真a

カワハラ コウイチ
河原 康一
Kohichi Kawahara
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 2000年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 薬剤耐性

  • 抗癌剤

  • 核小体ストレス

  • p53

  • PTEN/PI3K/AKTシグナル経路

学歴

  • 大阪大学   生物科学専攻

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   准教授

    2018年10月 - 現在

  • 2015年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻   講師

    2012年4月 - 2018年9月

所属学協会

  • がんと代謝研究会

    2018年7月 - 現在

  • 日本癌治療学会

    2017年5月 - 現在

  • 日本細胞生物学会

    2017年4月 - 現在

  • 日本化学会

    2016年5月 - 現在

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

    2016年2月 - 現在

  • 日本癌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本薬学会

    2014年8月 - 現在

  • 日本がん分子標的治療学会

    2014年5月 - 現在

  • 米国癌学会

    2014年1月 - 現在

  • 日本生化学会

    2013年12月 - 現在

  • 日本分子生物学会

    2013年11月 - 現在

  • 南九州腫瘍研究会

    2012年4月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • がんと代謝研究会   事務局長  

    2016年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 南九州腫瘍研究会   幹事  

    2013年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

留学歴

  • 2003年10月 - 2005年3月   カリフォルニア大学サンディエゴ校   客員研究員

 

論文

  • Jingushi K, Aoki M, Ueda K, Kogaki T, Tanimoto M, Monoe Y, Ando M, Matsumoto T, Minami K, Ueda Y, Kitae K, Hase H, Nagata T, Harada-Takeda A, Yamamoto M, Kawahara K, Tabata K, Furukawa T, Sato M, Tsujikawa K .  ALKBH4 promotes tumourigenesis with a poor prognosis in non-small-cell lung cancer. .  Scientific reports11 ( 1 ) 8677   2021年4月

     詳細を見る

  • Kogaki T, Ohshio I, Ura H, Iyama S, Kitae K, Morie T, Fujii S, Sato S, Nagata T, Takeda AH, Aoki M, Ueda K, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Furukawa T, Sato M, Ueda Y, Jingushi K, Tozuka Z, Saigusa D, Hase H, Tsujikawa K .  Development of a highly sensitive method for the quantitative analysis of modified nucleosides using UHPLC-UniSpray-MS/MS. .  Journal of pharmaceutical and biomedical analysis197   113943   2021年4月

     詳細を見る

  • Kawahata T, Kawahara K, Shimokawa M, Sakiyama A, Shiraishi T, Minami K, Yamamoto M, Shinsato Y, Arima K, Hamada T, Furukawa T .  Involvement of ribosomal protein L11 expression in sensitivity of gastric cancer against 5-FU. .  Oncology letters19 ( 3 ) 2258 - 2264   2020年3月

     詳細を見る

  • Hirano T, Shinsato Y, Tanabe K, Higa N, Kamil M, Kawahara K, Yamamoto M, Minami K, Shimokawa M, Arigami T, Yanagita S, Matushita D, Uenosono Y, Ishigami S, Kijima Y, Maemura K, Kitazono I, Tanimoto A, Furukawa T, Natsugoe S. .  FARP1 boosts CDC42 activity from integrin αvβ5 signaling and correlates with poor prognosis of advanced gastric cancer. .  Oncogenesis9 ( 2 ) 13 - 13   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41389-020-0190-7

    PubMed

  • Higa N, Shinsato Y, Kamil M, Hirano T, Takajo T, Shimokawa M, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Yonezawa H, Hirano H, Furukawa T, Yoshimoto K, Arita K. .  Formin-like 1 (FMNL1) Is Associated with Glioblastoma Multiforme Mesenchymal Subtype and Independently Predicts Poor Prognosis. .  Int J Mol Sci20 ( 24 )   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms20246355

    PubMed

  • Nishizawa Y, Ikeda R, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Nitta M, Terazono H, Akiyama SI, Furukawa T, Takeda Y. .  5-Aza-2-deoxycytidine Enhances the Sensitivity of 5-Fluorouracil by Demethylation of the Thymidine Phosphorylase Promoter. .  Anticancer Research39 ( 8 ) 4129 - 4136   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13571

    PubMed

  • Hirono T, Jingushi K, Nagata T, Sato M, Minami K, Aoki M, Takeda AH, Umehara T, Egawa H, Nakatsuji Y, Kitae K, Ueda Y, Hase H, Yamamoto M, Shinsato Y, Kawahara K, Furukawa T, Tsujikawa K .  MicroRNA-130b functions as an oncomiRNA in non-small cell lung cancer by targeting tissue inhibitor of metalloproteinase-2. .  Scientific reports9 ( 1 ) 6956   2019年5月

     詳細を見る

  • Kamil M, Shinsato Y, Higa N, Hirano T, Idogawa M, Takajo T, Minami K, Shimokawa M, Yamamoto M, Kawahara K, Yonezawa H, Hirano H, Furukawa T, Yoshimoto K, Arita K .  High filamin-C expression predicts enhanced invasiveness and poor outcome in glioblastoma multiforme. .  British journal of cancer120 ( 8 ) 819 - 826   2019年4月

     詳細を見る

  • Li Y, Kobayashi K, Murayama K, Kawahara K, Shima Y, Suzuki A, Tani K, Takahashi A. .  FEAT enhances INSL3 expression in testicular Leydig cells. .  Genes to Cells23 ( 11 ) 952 - 962   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12644.

  • Furukawa T, Tabata S, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Shimokawa M, Akiyama SI .  Thymidine phosphorylase in cancer aggressiveness and chemoresistance. .  Pharmacological research132   15 - 20   2018年6月

     詳細を見る

  • Tabata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Toyoda Y, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI. .  Thymidine catabolism promotes NADPH oxidase-derived reactive oxygen species (ROS) signalling in KB and yumoto cells. .  Scientific Reports8 ( 1 ) 6760   2018年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-25189-y

    PubMed

  • Kamijo Y, Kawahara K, Yoshinaga T, Kurata H, Arima K, Furukawa T. .  A novel isolation method for cancer prognostic factors via the p53 pathway by a combination of in vitro and in silico analyses. .  Oncoscience.5 ( 3-4 ) 88 - 98   2018年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncoscience.411

    PubMed

  • Tabata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI .  Thymidine Catabolism as a Metabolic Strategy for Cancer Survival. .  Cell reports19 ( 7 ) 1313 - 1321   2017年5月

  • Tanabe K, Shinsato Y, Furukawa T, Kita Y, Hatanaka K, Minami K, Kawahara K, Yamamoto M, Baba K, Mori S, Uchikado Y, Maemura K, Tanimoto A, Natsugoe S. .  Filamin C promotes lymphatic invasion and lymphatic metastasis and increases cell motility by regulating Rho GTPase in esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncotarget8 ( 4 ) 6353 - 6363   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.14087.

  • Moinuddin FM, Shinsato Y, Komatsu M, Mitsuo R, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Hirano H, Arita K, Furukawa T. .  ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration. .  Oncotarget7. ( 16 ) 22779 - 22790   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.8059.

  • Murata Y, Kotani T, Supriatna Y, Kitamura Y, Imada S, Kawahara K, Nishio M, Daniwijaya EW, Sadakata H, Kusakari S, Mori M, Kanazawa Y, Saito Y, Okawa K, Takeda-Morishita M, Okazawa H, Ohnishi H, Azuma T, Suzuki A, Matozaki T .  Protein tyrosine phosphatase SAP-1 protects against colitis through regulation of CEACAM20 in the intestinal epithelium .  Proc Natl Acad Sci U S A112 ( 31 ) E4264 - E4271   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1510167112

  • Minami K, Shinsato Y, Yamamoto M, Takahashi H, Zhang S, Nishizawa Y, Tabata S, Ikeda R, Kawahara K, Tsujikawa K, Chijiiwa K, Yamada K, Akiyama S, Perez-Torras S, Pastor-Anglada M, Furukawa T, Yasuo T. .  Ribonucleotide reductase is an effective target to overcome gemcitabine resistance in gemcitabine-resistant pancreatic cancer cells with dual resistant factors .  J Pharmacol Sci127 ( 3 ) 319 - 325   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minami K, Kamijo Y, Nishizawa Y, Tabata S, Horikuchi F, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Tachiwada T, Chen ZS, Tsujikawa K, Nakagawa M, Seki N, Akiyama S, Arima K, Takeda Y, Furukawa T .  Expression of ABCB6 Is Related to Resistance to 5-FU, SN-38 and Vincristine .  Anticancer Res34 ( 9 ) 4767 - 4773   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maehama T, Kawahara K, Nishio M, Suzuki A, Hanada K .  Nucleolar Stress Induces Ubiquitination-Independent Proteasomal Degradation of PICT1 .  J. Biol. Chem289 ( 30 ) 20802 - 20812   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamura K, Takayama K, Kawahara K, Harada T, Nishio M, Otsubo K, Ichijo K, Kohno M, Iwama E, Fujii A, Ota K, Koga T, Okamoto T, Suzuki A, Nakanishi Y .  PICT1 expression is a good prognostic factor in non-small cell lung cancer .  ONCOSCIENCE 1 ( 5 ) 375   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinsato Y, Furukawa T, Yunoue S, Yonezawa H, Minami K, Nishizawa Y, Ikeda R, Kawahara K, amamoto M, Hirano H, Tokimura H, and Arita K .  Reduction of MLH1 and PMS2 confers temozolomide resistance and is associated with recurrence of glioblastoma .  Oncotarget4 ( 12 ) 2261 - 2270   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchi R, Kogo R, Kawahara K, Sudo T, Yokobori T, Eguchi H, Sugimachi K, Maehama T, Mori M, Suzuki A, Komune S, Mimori K. .  PICT1 regulates TP53 via RPL11 and is involved in gastric cancer progression .  British Journal of Cancer109 ( 8 ) 2199 - 2206   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liao J, Marumoto T, Yamaguchi S, Okano S, Takeda N, Sakamoto C, Kawano H, Nii T, Miyamato S, Nagai Y, Okada M, Inoue H, Kawahara K, Suzuki A, Miura Y, Tani K .  Inhibition of PTEN Tumor Suppressor Promotes the Generation of Induced Pluripotent Stem Cells .  Molecular Therapy21 ( 6 ) 1242 - 1250   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kahori Miyoshi* ,Shigehisa Yanagi* , Kohichi Kawahara, Miki Nishio,Hironobu Tsubouchi, Yoshifumi Imazu, Ryusuke Koshida, Nobuhiro Matsumoto, Akiko Taguchi, Shu-ichi Yamashita, Akira Suzuki, and Masamitsu Nakazato .  Epithelial Pten Controls Acute Lung Injury and Fibrosis by Regulating Alveolar Epithelial Cell Integrity .  American Journal of Respiratory and Critical Care MedicineEpub ahead of print   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miki Nishio, Koichi Hamada*, Kohichi Kawahara*, Masato Sasaki, Fumihito Noguchi, Shuhei Chiba, Kensaku Mizuno, Satoshi O. Suzuki, Youyi Dong, Masaaki Tokuda, Takumi Morikawa, Hiroki Hikasa, Jonathan Eggenschwiler, Norikazu Yabuta, Hiroshi Nojima, Kentaro Nakagawa, Yutaka Hata, Hiroshi Nishina, Koshi Mimori, Masaki Mori, Takehiko Sasaki, Tak W. Mak, Toru Nakano, Satoshi Itami and Akira Suzuki ( *: Equally contribution) .  Cancer susceptibility and embryonic lethality in Mob1a/1b double-mutant mice .  The Journal of Clinical Investigation 122 ( 12 ) 4505 - 4518   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryunosuke Kogo, Teppei Shimamura, Koshi Mimori, Kohichi Kawahara, Seiya Imoto, Tomoya Sudo, Fumiaki Tanaka, Kohei Shibata, Akira Suzuki, Shizuo Komune, Satoru Miyano, and Masaki Mori .  Long non-coding RNA HOTAIR regulates Polycomb-dependent chromatin modification and is associated with poor prognosis in colorectal cancers .  Cancer Research71 ( 20 ) 6320 - 6326   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masato Sasaki*, Kohichi Kawahara*, Miki Nishio, Koshi Mimori, Ryunosuke Kogo, Koichi Hamada, Bunsho Itoh, Jia Wang, Yukako Komatsu, Yong Ryoul Yang, Hiroki Hikasa, Yasuo Horie, Takayuki Yamashita, Takehiko Kamijo, Yanping Zhang, Yan Zhu, Carol Prives, Toru Nakano, Tak Wah Mak, Takehiko Sasaki, Tomohiko Maehama, Masaki Mori & Akira Suzuki ( *: Equally contribution) .  Regulation of the MDM2-p53 Pathway and Tumor Growth by PICT1/GLTSCR2 via Nucleolar RPL11 .  Nature Medicine17 ( 8 ) 944 - 951   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tae Inoue-Narita, Koichi Hamada, Takehiko Sasaki, Sachiko Hatakeyama, Sachiko Fujita, Kohichi Kawahara, Masato Sasaki, Hiroyuki Kishimoto, Satoshi Eguchi, Itaru Kojima, Friedrich Beermann, Tetsunori Kimura, Masatake Osawa, Satoshi Itami, Tak Wah Mak, Toru Nakano, Motomu Manabe, and Akira Suzuki .  Pten deficiency in melanocytes results in resistance to hair graying and susceptibility to carcinogen-induced melanomagenesis .  Cancer Reseach68 ( 14 ) 5760 - 5768   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shoko Kuroda, Miki Nishio, Takehiko Sasaki, Yasuo Horie, Koichi Kawahara, Masato Sasaki, Miyuki Natsui, Takashi Matozaki, Hiroyuki Tezuka, Toshiaki Ohteki, Irmgard F rster, Tak W. Mak, Toru Nakano and Akira Suzuki .  Effective clearance of intracellular Leishmania major in vivo requires Pten in macrophages .  European Journal of Immunology38 ( 5 ) 1331 - 1340   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohichi Kawahara, Makoto Hashimoto, Pazit Bar-On, Gilbert J. Ho, Leslie Crews, Hideya Mizuno, Edward Rockenstein, Syed Z. Imamand Eliezer Masliah .  alpha-Synuclein aggregates interfere with Parkin solubility and distribution: role in the pathogenesis of Parkinson disease. .  The Journal of Biological Chemistry283 ( 11 ) 6979 - 6987   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shigehisa Yanagi, Hiroyuki Kishimoto, Kohichi Kawahara, Takehiko Sasaki, Masato Sasaki, Miki Nishio, Nobuyuki Yajima, Koichi Hamada, Yasuo Horie, Hiroshi Kubo, Jeffrey A. Whitsett, Tak Wah Mak, Toru Nakano, Masamitsu Nakazato, and Akira Suzuki .  Pten controls lung morphogenesis, bronchioalveolar stem cells, and onset of lung adenocarcinomas in mice .  The Journal of Clinical Investigation 117 ( 10 ) 2929 - 2940   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Kishimoto, Toshiaki Ohteki, Nobuyuki Yajima, Koichi Kawahara, Miyuki Natsui, Satoru Kawarasaki, Koichi Hamada, Yasuo Horie, Yoshiaki Kubo, Seiji Arase, Masaru Taniguchi, Bart Vanhaesebroeck, Tak Wah Mak, Toru Nakano, Shigeo Koyasu, Takehiko Sasaki, Akira Suzuki show all authors .  The Pten/PI3K pathway governs the homeostasis of Valpha14iNKT cells., .  Blood109 ( 8 ) 3316 - 3324   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroshi Tsuruta, Hiroyuki Kishimoto, Takehiko Sasaki, Yasuo Horie, Miyuki Natsui, Yoshiko Shibata, Koichi Hamada, Nobuyuki Yajima, Koichi Kawahara, Masato Sasaki, Norihiko Tsuchiya, Katsuhiko Enomoto, Tak Wah Mak, Toru Nakano, Tomonori Habuchi, and Akira Suzuki .  Hyperplasia and carcinomas in Pten-deficient mice and reduced PTEN protein in human bladder cancer patients .  Cancer Reseach66 ( 17 ) 8389 - 8396   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohichi Kawahara, Tsuyoshi Morishita, Tsutomu Nakamura, Fumihiko Hamada, Kumao Toyoshima and Tetsu Akiyama .  Downregulation of beta-catenin by The Colorectal Tumor Suppressor APC Requires Association with Axin and beta-catenin .  The Journal of Biological Chemistry 275 ( 12 ) 8369 - 8374   2000年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsutomu Nakamura, Fumihiko Hamada, Takao Ishidate, Ken-ichi Anai, Kohichi Kawahara, Kumao Toyoshima, Tetsu Akiyama .  Axin, an inhibitor of the Wnt signaling pathway, interacts with beta-catenin, GSK-3beta and APC and reduces the beta-catenin level .  Genes to Cells 3 ( 6 ) 395 - 403   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 河原康一、植月太一、斎藤泉、吉川和明 .  ニューロン特異的核蛋白質necdinの機能解析 .  神経化学35 ( 3 ) 374 - 375   1996年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Thymidine phosphorylase in cancer aggressiveness and chemoresistance. 査読

    Furukawa T, Tabata S, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Shimokawa M, Akiyama SI.

    Pharmacol Res   135   15 - 20   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    DOI: 10.1016/j.phrs.2018.03.019.

  • 【知られざるp53の肖像 がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで】臨床応用されるp53研究 現状と今後の課題 核小体によるp53制御とがん治療薬開発の新展開

    河原 康一, 古川 龍彦

    実験医学   35 ( 14 )   2365 - 2367   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)羊土社  

  • 核小体によるp53制御とがん治療薬開発の新展開

    河原康一、古川龍彦

    実験医学   35 ( 14 )   2365 - 2367   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:羊土社  

  • 核小体ストレス応答機構による腫瘍化進展制御と抗がん治療戦略

    河原 康一

    JAMTTC News Letter   19 ( 2 )   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 核小体ストレス応答と腫瘍化進展制御ーあらたな抗癌治療薬開発をめざして

    河原 康一、古川 龍彦

    医学のあゆみ   254 ( 5 )   375 - 381   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:医歯薬出版株式会社  

    DOI: N.A

  • Ribosomal protein-p53-MDM2 signaling by nucleolar stress response and drug discovery 査読

    Kawahara K, Kawahata T, Horikuchi F, Kamijo Y, Yamamoto M, Shinsato Y, Minami K, Arima K, Hamada T, Furukawa T

    Cancer Research   75 ( 15 supplement )   5420 - 5420   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • 核小体ストレス応答によるp53-MDM2経路の制御

    河原康一

    生化学   85 ( 3 )   152 - 159   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 核小体を起点としp53を制御する新規分子PICT1による細胞増殖制御機構 査読

    西尾美希, 河原康一, 佐々木雅人, 前濱朝彦, 佐々木雄彦, 三森功士, 森正樹, 鈴木聡

    実験医学   31 ( 2 )   257 - 264   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PICT1による核小体ストレス経路を介したp53と腫瘍進展制御 -腫瘍予後マーカーや今後の創薬応用に向けて-

    河原康一・西尾美希・佐々木雅人・前濱朝彦・佐々木雄彦・古後龍之介・三森功士・森 正樹・鈴木 聡

    遺伝子医学MOOK   ( 22 )   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A new PICTure of nucleolar stress 査読

    Akira Suzuki, Ryunosuke Kogo, Kohichi Kawahara, Masato Sasaki, Miki Nishio, Tomohiko Maehama, Takehiko Sasaki, Koshi Mimori, Masaki Mori

    Cancer Science   103 ( 4 )   632 - 637   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PICT1/GLTSCR2 is a critical nucleolar binding partner of RPL11 that regulates the MDM2-p53 pathway and tumor growth 査読

    Kawahara K, Sasaki M, Nishio M, Mimori K, Kogo R, Maehama T, Mori M, Suzuki A

    Cancer Research   71 ( 18 supplement )   PR9 - PR9   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • がん抑制遺伝子PTEN異常による各種疾患~PTEN欠損マウスが教えてくれたもの~

    河原康一、佐々木雄彦。西尾美希、鈴木聡

    生化学   80 ( 11 )   1017 - 1025,   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PTEN/PI3K経路による血管制御

    河原康一、濱田浩一、佐々木雄彦、鈴木聡

    医学のあゆみ   27 ( 5 )   480 - 485   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The role of α-synuclein assembly and metabolism in the pathogenesis of Lewy body disease 査読

    Makoto Hashimoto, Kohichi Kawahara, Pazit Bar-On, Edward Rockenstein, Leslie Crews and Eliezer Masliah

    Journal of Molecular Neuroscience   24 ( 3 )   343 - 352   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 中村 清志朗、河原 康一、古川 龍彦 .  トポイソメラーゼ阻害剤のがん治療感受性機構の検討 .  日本薬学会 第141年会  2021年3月  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  腫瘍細胞優先的にP53経路を活性する新たな機構の解明とがん分子標的治療薬の 開発の試み .  第41回日本臨床薬理学会学術総会  2020年12月  日本臨床薬理学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答によりP53経路を活性化する新たながん分子標的治療薬の創生 .  第79回日本癌学会学術総会   2020年10月  日本癌学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島(オンライン)   国名:日本国  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  腫瘍優先的にP53応答を引き出す小児白血病の新たな分子標的治療戦略 .  第58回日本癌治療学会学術集会  2020年10月  日本癌治療学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  腫瘍優先的にp53経路の活性化を起こす新たな分子標的治療薬の開発 .  第42回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 河原 康一, 下川 倫子, 古川 龍彦 .  腫瘍細胞へ優先的にp53応答を引き出す新たながん分子標的治療薬の創生 .  第57回日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原康一、川畑拓斗、山本雅達、新里能成、古川龍彦 .  腫瘍細胞に優先的にp53応答を引き出す新たながん分子標的治療薬の創生 .  第78回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原康一, 下川倫子, 川畑拓斗, 古川龍彦 .  癌抑制遺伝子p53を活性化する新たながん分子標的治療薬の創生 .  第92回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原 康一、下川 倫子、古川 龍彦 .  腫瘍細胞へ優先的にp53応答を来す新たながん分子標的治療薬 .  第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原 康一、川畑 拓斗、下川 倫子、白石 岳大、朝日 汰一 古川龍彦 .  核小体による細胞分裂監視と腫瘍化進展制御 .  平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム 成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原康一、川畑拓斗、下川倫子、朝日汰一、古川龍彦 .  核小体による細胞分裂制御 .  第 36 回 染色体ワークショップ、第 17 回 核ダイナミクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原康一、川畑拓斗, 朝日汰一,古川 龍彦 .  分裂期核小体の再形成によって制御される分裂監視機構と腫瘍化制御 .  第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原 康一、川畑拓斗, 朝日汰一,古川 龍彦 .  核小体ストレス応答による分裂期監視と癌治療戦略 .  第77回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  核小体再編成により細胞分裂を監視する新たなオルガネラストレス応答 .  第91回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原康一 .  癌抑制因子p53 を制御する機構の解明と新たな癌治療戦略 .  JSBi 九州地域部会セミナー鹿児島2018  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原 康一、古川 龍彦 .  核小体を標的とした p53 活性化機構による新たな癌治療 .  第22回日本がん分子標的治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河原 康一,川畑 拓斗,古川 龍彦 .  Mitotic regulation by nucleolar stress response .  第76回日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、上條 陽平、白石 岳大、朝日 汰一、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、武井 孝行、吉田 昌弘、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  分裂異常監視機構としての核小体の新たな役割 .  先端モデル動物支援プラットフォーム 若手支援技術講習会  文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茅野市  

  • Kohichi Kawahara, Takuto Kawahata, Michiko Shimokawa, Takehiro Shiraishi, Taichi Asahi, Tatsuhiko Furukawa .  A novel reporter system of nucleolar stress response for developing a new class cancer therapy .  The 17th International p53 Workshop  International p53 Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore, Singapore  

  • 下川 倫子、河原 康一、川畑 拓斗、上條 陽平、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体による細胞分裂監視 .  第21回日本がん分子標的治療学会学術集会  日本がん分子標的治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

  • 河原 康一,川畑 拓斗,下川 倫子,白石 岳大,濱田 季之, 有馬 一成,古川 龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス 応答と腫瘍化進展制御 .  第69回日本細胞生物学会大会  日本細胞生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

  • 白石 岳大,有馬 一成,河原 康一,川畑 拓斗,下川 倫子,山本 雅達,新里 能成,南 謙太朗,濵田 季之,古川 龍彦、 .  核小体を起点とした新たな分裂制御機構の解明と癌治療戦略 .  平成29年度 日本生化学会九州支部会  日本生化学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • 下川倫子, 河原康一, 川畑拓斗, 上條陽平, 白石岳大, 山本雅達, 新里能成, 南謙太朗, 有馬一成, 濱田季之, 古川龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と癌治療薬の開発 .  第89回生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、白石 岳大、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答の分裂期チェックポイント機構としての役割の解明とこの応答を標的とした新たな抗がん剤の開発 .  平成28年度新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」若手支援技術講習会  新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:蓼科  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  エネルギー代謝を制御する核小体ストレス応答の分裂期チェックポイント機構としての新たな役割の解明 .  第4回がんと代謝研究会  がんと代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 濱崎健吾、河原康一、川畑拓斗、下川倫子、白石岳大、山本雅達、新里能成、南謙太朗、有馬一成、濱田季之、武井 孝行、吉田 昌弘、古川龍彦 .  核小体ストレス応答を利用した新たな抗癌剤の開発 .  第4回がんと代謝研究会  がんと代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 河原 康一、川畑 拓斗、下川 倫子、上條 陽平、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答による細胞分裂監視機構と抗癌剤の開発 .  第20回日本がん分子標的治療学会 学術集会  日本がん分子標的治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府  

  • 下川 倫子、河原 康一、川畑 拓斗、上條 陽平、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  バイオイメージング技術による細胞分裂期チェックポイントとしての核小体ストレス応答の役割の解明 .  第20回日本がん分子標的治療学会 学術集会  日本がん分子標的治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府  

  • 濱崎 研悟、河原 康一、川畑 拓斗、下川 倫子、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濵田 季之、武井 孝行、吉田 昌弘、古川 龍彦 .  核小体を起点としたストレス応答の新たな生理機能の解明と抗がん剤の開発 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 白石岳大、有馬 一成、河原 康一、上條 陽平、川畑 拓斗 、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、濵田 季之、古川 龍彦 .  バイオインフォマティクス技術を用いた急性リンパ性白血病の再発に関与する遺伝子の探索 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、上條 陽平、白石 岳大、堀口 史人、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体の完全性維持機構による細胞分裂制御と抗腫瘍薬の開発 .  日本薬学会 第136年会  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • Yohey Kamijo, Kohichi Kawahara, Takuto Kawahata, Takehiro Shiraishi, Fumito Horikuchi, Masatatsu Yamamoto, Yoshinari Shinsato, Kentaro Minami, Toshiyuki Hamada, Kazunari Arima, Tatsuhiko Furukawa .  Identification of novel regulatory genes on nucleolar stress response by combination analysis of shRNA library screening in vitro and cancer patient gene expression data base in silico .  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics  AACR, JCA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii, USA  

  • Takuto Kawahata, Kohichi Kawahara, Fumito Horikuchi, Yohei Kamijyo, Takehiro Shiraishi, Masatatsu Yamamoto, Yoshinari Shinsato, Kentaro Minami, Kazunari Arima, Toshiyuki Hamada, Tatsuhiko Furukawa .  Discovery of Tumor Suppressive Function and Therapeutics by a Novel Reporter System for Nucleolar Stress Response .  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics  AACR, JCA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii, USA  

  • 川畑拓斗、河原康一、上條陽平 、白石岳大、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太朗、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  癌抑制因子p53を制御する核小体ストレス応答の可視化レポーターシステムの構築と新たな生理作用の解明 .  BMB2015  日本生化学会、日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 上條陽平、河原康一、川畑拓斗、白石岳大、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太朗、濱田季之、有馬一成、古川龍彦 .  shRNAライブラリーとがん患者遺伝子発現データベースを組み合わせた解析による核小体ストレス応答機構の制御基盤の解明 .  BMB2015  日本生化学会、日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 河原 康一 .  核小体ストレス応答機構を標的とした癌治療基盤 .  第3回鹿児島がんフォーラム  鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学医歯学総合研究科 鶴陵会館  

  • 河原康一、川畑拓斗、古川龍彦 .  核小体ストレス応答による腫瘍化進展制御と治療薬の開発 .  第10回臨床ストレス応答学会大会  臨床ストレス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 河原康一、川畑拓斗、上條陽平、白石岳大、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太郎、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  核小体ストレス応答の可視化レポーターシステムの構築とバイオイメージングによる新たな生理作用の解明 .  第24回 日本バイオイメージング学会 学術集会  日本バイオイメージング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 川畑拓斗、濵田季之、河原康一、堀口史人、上條陽平、白石岳大、有馬一成、鬼束聡明、岡村浩昭、古川龍彦 .  核小体ストレス応答を標的とした抗癌性天然有機化合物スクリーニングシステムの開発 .  第57回 天然有機化合物討論会  天然有機化合物討論会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 川畑拓斗、河原康一、上條陽平、白石岳大、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太郎、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  核小体ストレス応答機構による腫瘍化進展制御とこれを標的とした新規抗癌剤の開発 .  平成27年度がん若手研究者ワークショップ  文部科学省新学術領域研究『がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動』 若手支援委員会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:蓼科  

  • 川畑拓斗、河原康一、上條陽平、白石岳大、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太郎、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  エネルギー代謝を制御する核小体ストレス応答と新たな抗がん治療の試み .  第3回がんと代謝研究会  がんと代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢  

  • 河原康一、川畑拓斗、堀口史人、上條陽平、新里能成、南謙太郎、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  核小体ストレス応答機構による腫瘍化進展制御と抗癌治療 .  第19回日本がん分子標的治療学会学術集会  日本がん分子標的治療学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山  

  • Kawahara K, Kawahata T, Horikuchi F, Kamijo Y, Yamamoto M, Shinsato Y, Minami K, Arima K, Hamada T, Furukawa T .  Ribosomal protein-p53-MDM2 signaling by nucleolar stress response and drug discovery .  American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2015  AACR国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Philadelphia, USA  

  • 河原康一 .  核小体ストレス応答による生体防御と疾患治療薬の創生 .  東京都医学研セミナー  東京都医学研セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 河原康一 .  新規な癌抑制経路を標的としたスクリーニング系の構築と創薬シードの同定 .  JST発 ライフイノベーション 新技術説明会  JST発 ライフイノベーション 新技術説明会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 川畑 拓斗, 河原 康一, 堀口 史人, 上條 陽平, 山本 雅達, 新里 能成, 南 謙太朗, F.M MOINUDDIN, 田辺 寛,藤本 啓汰, 土屋 理佐子, 有馬 一成, 濱田 季之, 古川 龍彦 .  核小体ストレス応答による腫瘍進展制御と革新的抗癌治療薬の創生 .  日本薬学会 第135年会  日本薬学会 第135年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • Kawahata T, Kawahara K, Horikuchi F, Arima K, Hamada T, Furukawa T .  Sptio-temporal assessment of nucleolar stress response by a novel visualized reporter system and its application of antitumor drug discovery .  International Symposium on Multi-dimensional Fluorescence Live Imaging of Cellular Functions and Molecular Activities  International Symposium on Multi-dimensional Fluorescence Live Imaging of Cellular Functions and Molecular Activities国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto  

    国際学会

  • 河原康一、堀口史人、上條陽平、山本雅達、新里能成、南謙太朗、エフ・エム・モイヌディン、有馬一成、西尾美希、佐々木雅人、前濱朝彦、鈴木聡、古川龍彦 .  生体イメージング技術による核小体ストレス応答の制御基盤の解明 .  日本生化学会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 堀口 史人、河原 康一、上條 陽平、 山本 雅達、 新里 能成、 南 謙太郎、 エフ・エム モイヌディン、 有馬 一成、 古川 龍彦 .  Fluoppi技術を用いた核小体ストレス応答の生体イメージングとこれを利用した抗がん治療薬探索 .  日本生化学会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 河原康一、有馬一成 .  核小体ストレス応答を起点とした新規がん関連分子の同定と創薬 .  第21回 BMIRC研究会  第21回 BMIRC研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • Kawahara K, Kamijo Y, Horikuchi F, Yamamoto M, Shinsato Y, Minami K, Nishizawa Y , Moinuddin F.M, Arima K, Furukawa T .  Development of imaging technology for the spatio-temporal assessment of the nucleolar stress response .  THE 37th NAITO CONFERENCE ON Bioimaging―a paradigm shift for the life sciences  THE 37th NAITO CONFERENCE ON Bioimaging―a paradigm shift for the life sciences国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Hokkaido Niseko  

    国際学会

  • 堀口史人、河原康一、上條陽平、新里能成、南謙太朗、有馬一成、古川龍彦 .  核小体ストレス応答の新規制御機構の解明とこれを利用した抗癌治療薬探索系の構築 .  日本がん分子標的治療学会  日本がん分子標的治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 河原康一、上條陽平 堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太朗、西澤由紀彦、鈴木聡、有馬一成、古川龍彦 .  p53経路を制御する核小体ストレス応答を標的とした癌治療薬スクリーニング系の構築 .  化学療法基盤支援活動 第3回シンポジウム  化学療法基盤支援活動 第3回シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    研究会

  • 河原康一、上條陽平、堀口史人、山本雅達、新里能成、南謙太朗、西澤由紀彦、エフ・エム・モイヌディン、有馬一成、古川龍彦 .  核小体ストレス応答を標的とした抗がん剤のスクリーニング系の構築 .  日本薬学会総会  日本薬学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 堀口史人、河原康一、上條陽平、山本雅達、新里能成、南謙太朗、西澤由紀彦、エフ・エム・モイヌディン、有馬一成、古川龍彦 .  FRETを用いた核小体ストレス応答可視化技術の確立 .  新学術領域研究 蛍光生体イメージ Vivid workshop  新学術領域研究 蛍光生体イメージ Vivid workshop

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    研究会

  • 西尾美希、濱田浩一、河原康一、佐々木雅人、佐々木雄彦、三森功士、森 正樹、鈴木 聡 .  遺伝子改変マウスを利用したがん抑制遺伝子の破綻病態研究 .  個体レベルでのがん研究支援活動 ワークショップ  個体レベルでのがん研究支援活動 ワークショップ

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 前濱朝彦、 河原康一、 西尾美希、 鈴木聡、 花田賢太郎 .  核小体ストレスに応答した癌制御因子PICT1のプロテアソーム依存性・ユビキチン非依存性分解 .  日本生化学会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 西尾美希、濱田浩一、河原康一、森川琢海、板見智、鈴木聡 .  MOB1による個体発生と腫瘍発症制御~ヒト外毛根鞘癌の原因遺伝子の同定~ .  宮崎サイエンスキャンプ  宮崎サイエンスキャンプ

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • Nishizawa Y, Ikeda R, Tabata S, Tajitsu Y, Kawahara K, Yamamoto M, Shinsato Y, Minami K, Akiyama S, Furukawa T, Takeda Y .  5-AZa-2-deoxycytidine (5-Aza-CdR)enhance the sensitivity of 5-fluorouracil(5-FU)in KB3-1 human carcinoma cells .  International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research  International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Minami K, Yamamoto M, Ikeda R, Komatsu M, Kawahara K, Shinsato Y, Tabata S, Yamada K, Akiyama S, Takeda Y, Furukawa T .  Expression of CNT1 and RRM1 are involved in gemcitabine resistant of pancreatic cancer cells .  International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research  International Charles Heidelberger Symposium on Cancer Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 山本雅達、有村博、福重智子、河原康一、中川昌之、金蔵拓郎、古川龍彦 .  生体内シグナル分子としての機能 Abcb10はHeme合成に必須であって、その欠損マウスはヒトErythropoietic protoporyphyriaと類似の病態を示す .  日本生化学会大会  日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 南謙太朗、山本雅達、藤本勝巳、河原康一、小松正治、池田龍二、西澤由紀彦、田畑祥、秋山伸一、山田勝士、加藤幸夫、武田泰生、古川龍彦 .  膵癌細胞のgemcitabine耐性にDEC2が関与する .  日本薬理学会西南部会  日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 古川龍彦、南 謙太朗、西澤由紀彦、新里能成、山本雅達、河原康一、小松正治、田畑 祥、秋山伸一、池田龍二 .  DEC2によるgemcitabine耐性の抑制 .  日本癌学会学術総会  日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 南 謙太朗、山本雅達、河原康一、小松正治、池田龍二、田畑 祥、秋山伸一、山田勝士、武田泰生、古川龍彦 .  Gemcitabine耐性膵癌細胞でのCNT1とRRM1の役割 .  トランスポーター研究会九州部会  トランスポーター研究会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 西尾美希、河原康一、佐々木雅人、佐々木雄彦、前濱朝彦、三森功士、森正樹、鈴木聡 .  PICT1によるT細胞性腫瘍の抑制 .  日本癌学会学術総会  日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小林恭介、河原康一、鈴木聡、谷憲三郎、高橋淳 .  個体におけるFEAT機能の解析 .  日本癌学会学術総会  日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 鈴木聡、西尾美希、濱田浩一、河原康一、佐々木雅人、鈴木論、日笠弘基、水野健作、佐々木雄彦、板見智 .  Mob1A/1Bによるがんの発症・進展制御 .  日本癌学会学術総  日本癌学会学術総

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 丸本朋稔、廖紀元、山口沙織、岡野慎士、竹田直樹、三浦由恵、二井偉暢、坂本千香、河野紘隆、永井陽子、河原康一、鈴木聡、谷憲三郎 .  PTEN機能抑制による高効率人工多能性幹細胞作製法 .  日本癌学会学術総会  日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 河原 康一、佐々木雅人、西尾美希、三森功士、古後龍之介、佐々木雄彦、前濱朝彦、森正樹、鈴木聡 .  核小体を起点とする新規p53経路制御因子PICT1による腫瘍化進展制御 .  南九州腫瘍研究会  南九州腫瘍研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 南謙太朗、山本雅達、河原康一、小松正治、池田龍二、田畑 祥、秋山伸一、山田勝士、武田泰生、古川龍彦 .  Gemcitabine耐性膵癌細胞でのCNT1とRRM1の関わり .  医療薬学フォーラム2012 クリニカルファーマシーシンポジウム  医療薬学フォーラム2012 クリニカルファーマシーシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 山本雅達、有村博史、福重智子、河原康一、中川昌之、金蔵拓郎、古川龍彦 .  Abcb10はHeme合成に必須であって、その欠損マウスはヒトErythropoietic protoporphyria と類似の病態を示す .  トランスポーター研究会年会  トランスポーター研究会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    研究会

  • 河原康一、佐々木雅人、西尾美希、三森功士、古後龍之介、佐々木 雄彦、前濱朝彦、森 正樹、鈴木 聡 .  核小体を起点とする新規p53経路制御因子PICT1による腫瘍制御 .  第8回宮崎サイエンスキャンプ  第8回宮崎サイエンスキャンプ

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • Kohichi Kawahara, Masato Sasaki, Miki Nishio, Koshi Mimori, Ryunosuke Kogo, Tomohiko Maehama, Takehiko Sasaki, Masaki Mori , Akira Suzuki .  PICT1/GLTSCR2 is a Critical Nucleolar Binding Partner of RPL11 that Regulates the MDM2-p53 Pathway and Tumor Growth .  The 21st Hot Spring Harbor Symposium with 9th Global COE International Symposium  The 21st Hot Spring Harbor Symposium with 9th Global COE International Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • Kohichi Kawahara, Masato Sasaki, Miki Nishio, Koshi Mimori, Ryunosuke Kogo, Tomohiko Maehama, Takehiko Sasaki, Masaki Mori , Akira Suzuki .  PICT1, a PTEN stabilizing protein, is a critical nucleolar latch of RPL11 to regulate MDM2-p53 pathway and tumor growth, .  International Symposium New Aspects of Phospholipid Biology and Medicine,  International Symposium New Aspects of Phospholipid Biology and Medicine,国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 河原康一、西尾美希、三森功士、古後龍之介、濱田浩一、佐々木雅人、前濱朝彦、森 正樹、鈴木 聡 .  核小体を起点とする新規p53経路制御因子PICT1とその異常による腫瘍制御 .  第70回日本癌学会学術集会  第70回日本癌学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • Kohichi Kawahara, Masato Sasaki, Miki Nishio, Koshi Mimori, Ryunosuke Kogo, Tomohiko Maehama, Masaki Mori , Akira Suzuki .  PICT1/GLTSCR2 is a Critical Nucleolar Binding Partner of RPL11 that Regulates the MDM2-p53 Pathway and Tumor Growth., .  Second AACR International Conference on Frontiers in Basic Cancer Research  Second AACR International Conference on Frontiers in Basic Cancer Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 河原康一 .  核小体を起点としたp53を制御する新規分子PICT1による腫瘍進展制御 .  東京大学分子細胞生物学研究所セミナー.  東京大学分子細胞生物学研究所セミナー.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 河原康一、西尾美希、三森功士、古後龍之介、濱田浩一、佐々木雅人、前濱朝彦森 正樹、鈴木 聡 .  新規遺伝子PICT1(GLTSCR2) によるp53経路や腫瘍進展の制御~核小体を起点とするp53制御機構~ .  「がん研究支援班」個体レベル研究のワークショップ  「がん研究支援班」個体レベル研究のワークショップ

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    研究会

  • 河原康一、西尾美希、佐々木雅人、古後龍之介、三森功士、佐々木雄彦、前濱朝彦、森正樹、鈴木聡 .  Idetification of a novel gene PICT1/GLTSCR2 which regulates MDM2-p53 pathway and tumor growth .  BMB学術集会  BMB学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 河原康一、佐々木雅人、西尾美希、濱田浩一、前濱朝彦、佐々木雄彦、鈴木聡 .  PTEN結合分子PICT1の機能解析 .  第68回日本癌学会学術総会  第68回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 河原康一、佐々木雅人、西尾美希、濱田浩一、前濱朝彦、佐々木雄彦、鈴木聡., .  新規PTEN結合分子によるアポトーシス制御機構の解析 .  第18回日本アポトーシス研究会学術集会  第18回日本アポトーシス研究会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    研究会

  • Kohichi Kawahara, Makoto Hashimoto, Pazit Bar-On, Gilbert J. Ho, Edward Rockenstein, Eliezer Masliah .  alpha-Synuclein aggregates interfere with Parkin solubility and distribution: role in the pathogenesis of Parkinson disease .  34th Annual Meeting of Society for Neuroscience  34th Annual Meeting of Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 河原康一、森下 剛、中村 勉、濱田文彦、豊島久真男、秋山 徹 .  癌抑制遺伝子 APC による b-catenin の分解制御機構の解析 .  分子生物学会  分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 河原康一、森下 剛、中村 勉、濱田文彦、豊島久真男、秋山 徹 .  癌抑制遺伝子 APC による b-catenin の分解制御機構の解析 .  第58回日本癌学会  第58回日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 河原康一、植月太一、斎藤泉、吉川和明 .  ニューロン特異的核蛋白質necdinの機能解析 .  神経化学学会  神経化学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 山本 雅達, 新里 能成, 古川 龍彦 .  腫瘍細胞へ優先的にp53応答を引き出す新たながん分子標的治療薬の創生(A new class of p53-activating cancer therapeutics with minimum side effects) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 下川 倫子, 古川 龍彦 .  腫瘍細胞へ優先的にp53応答を引き出す新たながん分子標的治療薬の創生 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 南 謙太朗, 山本 雅達, 新里 能成, 河原 康一, 関原 和正, 佐藤 雅美, 古川 龍彦 .  腫瘍抑制因子BHLHE41のユビキチン プロテアソーム経路による分解(Degradation of tumor suppressor BHLHE41 by ubiquitin-proteasome pathway in lung adenocarcinoma) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 古川 龍彦 .  腫瘍優先的にP53応答を引き出す小児白血病の新たな分子標的治療戦略 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 吉永 拓真, 河原 康一, 西俣 寛人, 古川 龍彦, 武井 孝行, 吉田 昌弘 .  胃がんバイオマーカーとしてのp53制御因子PICT1 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 川畑 拓斗, 河原 康一, 下川 倫子, 上條 陽平, 白石 岳大, 朝日 汰一, 山本 雅達, 新里 能成, 南 謙太朗, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 有馬 一成, 濱田 季之, 古川 龍彦 .  細胞分裂の異常を監視する核小体の新たな役割 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 河原 康一, 下川 倫子, 川畑 拓斗, 古川 龍彦 .  癌抑制遺伝子p53を活性化する新たながん分子標的治療薬の創生 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 河原 康一, 古川 龍彦 .  核小体再編成により細胞分裂を監視する新たなオルガネラストレス応答 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 古川 龍彦 .  核小体ストレス応答による分裂期監視と癌治療戦略(Mitotic surveillance by nucleolar stress response and its role in cancer therapy) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 古川 龍彦 .  核小体ストレス応答によりP53経路を活性化する新たながん分子標的治療薬の創生 .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 古川 龍彦 .  核小体を起点とするストレス応答による細胞分裂制御 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 下川 倫子, 白石 岳大, 濱田 季之, 有馬 一成, 古川 龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と腫瘍化進展制御 .  日本細胞生物学会大会講演要旨集  2017年5月  (一社)日本細胞生物学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 下川 倫子, 古川 龍彦 .  核小体による細胞分裂制御と癌治療戦略 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 下川 倫子, 河原 康一, 川畑 拓斗, 古川 龍彦 .  核小体によるストレス応答を利用したがん治療薬の創生 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 古川 龍彦, 田畑 祥, 山本 雅達, 南 謙太朗, 河原 康一 .  がん代謝 チミジン異化代謝とがん(Cancer metabolism Thymidine catabolism and Cancer) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 下川 倫子, 白石 岳大, 濱田 季之, 有馬 一成, 古川 龍彦 .  「それぞれの癌」癌治療標的の同定と臨床応用を目指して 核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と癌治療戦略 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 南 謙太朗, 山本 雅達, 新里 能成, 河原 康一, 佐藤 雅美, 古川 龍彦 .  DEC2は肺腺癌においてオートファジー細胞死を誘導する(DEC2 induces autophagic cell death in lung adenocarcinoma) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 古川 龍彦, 南 謙太朗, 山本 雅達, 河原 康一, 新里 能成 .  BHLHE41は肺腺がんの予後良好な因子であり、オートファジー細胞死を誘導する .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 古川 龍彦, 新里 能成, 小松 正治, 南 謙太朗, 山本 雅達, 河原 康一 .  ATP7Bの発現はドキソルビシンの核から後期エンドゾームへの再局在と抗がん剤耐性に関与する .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 河原 康一, 古川 龍彦 .  AMED-BINDSによるアカデミア創薬研究推進へ向けた取り組み 腫瘍細胞優先的にP53経路を活性する新たな機構の解明とがん分子標的治療薬の開発の試み .  臨床薬理  2020年10月  (一社)日本臨床薬理学会

▼全件表示

知的財産権

  • 抗がん剤の感受性及び癌の予後に対する診断マーカー

    河原康一、古川龍彦、下川倫子、川畑拓斗、白石岳大、濱崎研悟

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-172195  出願日:2016年9月

    特許番号/登録番号:6679517  登録日:2020年10月 

    権利者:鹿児島大学   出願国:国内  

  • 核小体ストレス応答を誘導する薬剤の探索のためのポリペプチドの組み合わせ及びスクリーニング系の提供

    河原康一、古川龍彦、有馬一成、上條陽平、堀口史人

     詳細を見る

    出願人:鹿児島大学

    出願番号:特願 2015-217200  出願日:2013年10月

    公開番号:特開 2015-97523  公開日:2015年5月

    特許番号/登録番号:6323868  登録日:2018年4月 

    権利者:鹿児島大学   出願国:国内  

  • Combination of polypeptides for screening for agents to induce nucleolar stress response and screening method

    河原 康一、古川 龍彦、有馬 一成、上條 陽平、堀口 史人

     詳細を見る

    出願人:Kagoshima University

    出願番号:62165548  出願日:2015年5月

    出願国:外国  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 腫瘍優先的にP53応答を引き出す小児白血病の新たな分子標的治療戦略

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    河原康一、岡本康裕

  • リボソームタンパク質を標的としP53経路を活性化する癌分子標的治療薬の創生

    2020年4月 - 2021年3月

    厚生労働省  橋渡し研究戦略的推進プログラム 

    河原康一、古川龍彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 腫瘍細胞へ優先的にp53応答を来す新たな癌分子標的治療薬の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    厚生労働省  橋渡し研究戦略的推進プログラム 

    河原康一、古川龍彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 核小体ストレス応答による新たな治療薬の創生

    2018年12月 - 2019年3月

    厚生労働省  橋渡し研究戦略的推進プログラム 

    河原康一、古川龍彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 核小体を起点とした分裂期チェックポイント機構の解明と新規抗癌剤の開発

    2017年12月 - 現在

    民間財団等  新日本先進医療研究財団 助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 核小体を起点とした新たな分裂監視機構の解明と癌治療応用

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • RPL11およびRPL5に対するモノクローナル抗体の取得による新規がん診断技術の開発

    2017年1月 - 現在

    民間企業  国内共同研究 

  • p53を制御する新たなストレス応答を活用したがん治療薬の探索研究

    2016年9月 - 現在

    科学研究費補助金  日本医療研究開発機構(AMED) 創薬総合支援事業

    河原 康一、古川 龍彦

  • 新たなストレス応答機構を利用した抗がん治療薬の開発

    2015年11月 - 2016年3月

    鹿児島大学  南九州先端医療開発教育センターの体制整備事業による研究費支援 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 網羅的な創薬ス クリーニング基盤プラットホームに向けた試行的研究

    2015年4月 - 現在

    民間企業  国内共同研究 

  • 核小体ストレスを標的とした新規抗がん剤の探索

    2015年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  文部科学省 最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備

  • 核小体ストレスを標的とした新規抗がん剤の探索

    2014年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  文部科学省 最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備

      詳細を見る

    核小体ストレスを標的とした新規抗がん剤の探索

  • 生体イメージングによるストレス応答の調節機構の解明と創薬基盤技術の確立

    2014年3月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 核小体ストレスを標的とした新規抗がん剤の探索

    2013年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  文部科学省 最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備

      詳細を見る

    核小体ストレスを標的とした新規抗がん剤の探索

  • PICT1によるグリオーマ進展制御と治療戦略

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • PICT1遺伝子の機能解析研究~核小体における細胞増殖・個体の運命決定機構~

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 自然科学(生物)

    機関名:鹿児島工業高等専門学校

  • JTW留学生研究指導

    機関名:九州大学

  • 研究体験クラス「馬出入門」

    機関名:九州大学

  • 基礎配属学生の研究指導

    機関名:九州大学、秋田大学

  • 生化学実験

    機関名:秋田大学

  • 初年度ゼミ

    機関名:秋田大学

  • チュートリアル指導

    機関名:秋田大学

  • 個体の構成と機能~遺伝と遺伝子

    機関名:秋田大学

  • 自主研究

    機関名:鹿児島大学

  • 先端科学特別講義

    機関名:鹿児島大学

  • 環境化学プロセス工学セミナー

    機関名:鹿児島大学

  • 医工学概論

    機関名:鹿児島大学

  • 分子腫瘍学II

    機関名:鹿児島大学

  • 分子薬理・創薬科学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 血液腫瘍学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 分子腫瘍学I

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 診断治療基礎

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 生命科学

    機関名:鹿児島国際大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 環境科学I

    機関名:鹿児島国際大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 出前授業 がんはなぜ起こるのか?

    役割:講師

    鹿児島県立加治木高校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出前授業 がんはなぜ起こるのか?

    役割:講師

    鹿児島玉龍高校  鹿児島玉龍高校  2017年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出前授業 がんはなぜ起こるのか?

    役割:講師

    指宿高校  2016年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出前授業 がんはなぜ起こるのか?

    役割:講師

    鹿児島純心女子高校  2015年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出前授業 がんはなぜ起こるのか?

    役割:講師

    鹿児島中央高校  2015年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • スパーサイエンスハイスクール講師(池田高等学校)

    役割:講師

    2012年8月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

▼全件表示