2022/07/29 更新

写真a

シオザキ カズヒロ
塩﨑 一弘
Kazuhiro Shiozaki
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 2005年3月   東北大学 )

研究キーワード

  • 小型魚類

  • シアリダーゼ

  • 糖鎖

  • 健康機能性

  • 高血圧

  • 複合糖質

  • 胃潰瘍

  • 糖脂質

  • 糖尿病

  • 糖タンパク

  • 水産化学

  • 天然物

  • 大腸

  • メダカ

  • ヒスタミン

  • ティラピア

  • シアル酸

  • シアリダーゼ

  • がん

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

経歴

  • 鹿児島大学   水産学部 食品生命科学分野   准教授

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   水産学部   助教

    2010年4月 - 2015年3月

所属学協会

  • 日本糖質学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本水産学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Ikeda A, Yamasaki C, Kubo Y, Doi Y, Komamizu M, Komatsu M, Shiozaki K .  Alteration of the neuronal and glial cell profiles in Neu1-deficient zebrafish. .  Glycoconjugate journal   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10719-022-10074-8

    PubMed

  • Sahashi D, Kubo Y, Ishii M, Ikeda A, Yamasaki C, Komatsu M, Shiozaki K .  Neu1 deficiency increases the susceptibility of zebrafish to Edwardsiella piscicida infection via lysosomal dysfunction. .  Gene836   146667 - 146667   2022年6月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gene.2022.146667

    PubMed

  • Vo LK, Tran NT, Kubo Y, Sahashi D, Komatsu M, Shiozaki K .  Enhancement of Edwardsiella piscicida infection, biofilm formation, and motility caused by N-acetylneuraminate lyase. .  Glycoconjugate journal39 ( 3 ) 429 - 442   2022年6月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10719-022-10045-z

    PubMed

  • Tran NT, Vo LK, Komatsu M, Shiozaki K .  Involvement of N-acetylneuraminate cytidylyltransferase in Edwardsiella piscicida pathogenicity. .  Fish & shellfish immunology124   534 - 542   2022年5月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsi.2022.04.033

    PubMed

  • 河辺 ももこ, 堀田 千穂子, 西田 拓未, 久保 友理奈, 小松 正治, 塩﨑 一弘 .  疾患モデルゼブラフィッシュを用いた糖転移ヘスペリジンの抗不安活性解析 .  応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌12 ( 1 ) 43 - 44   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本応用糖質科学会  

    DOI: 10.5458/bag.12.1_43

  • Ikeda A, Komamizu M, Hayashi A, Yamasaki C, Okada K, Kawabe M, Komatsu M, Shiozaki K .  Neu1 deficiency induces abnormal emotional behavior in zebrafish. .  Scientific reports11 ( 1 ) 13477 - 13477   2021年6月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-92778-9

    PubMed

  • Oishi K, Morise M, Vo LK, Tran NT, Sahashi D, Ueda-Wakamatsu R, Nishimura W, Komatsu M, Shiozaki K .  Host lactosylceramide enhances Edwardsiella tarda infection. .  Cellular microbiology23 ( 9 ) e13365   2021年5月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cmi.13365

    PubMed

  • Honda A, Hayasaka O, Mio K, Fujimura K, Kotani T, Komatsu M, Shiozaki K .  The involvement of Nile tilapia (Oreochromis niloticus) Neu4 sialidase in neural differentiation during early ontogenesis. .  Biochimie185   105 - 116   2021年3月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biochi.2021.03.008

    PubMed

  • Kawabe M, Hayashi A, Komatsu M, Inui A, Shiozaki K .  Ninjinyoeito improves anxiety behavior in neuropeptide Y deficient zebrafish. .  Neuropeptides87   102136 - 102136   2021年3月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.npep.2021.102136

    PubMed

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Hideaki Matsui, Nguyen Xuan Truong, Kenzo Sakaguchi, Hirofumi Kawaji, Manabu Ishikawa, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Enrichment effects of fermented by-product of Shochu distillery on Brachionus plicatilis sp. rotifer and larviculture performance in Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) .  AQUACULTURE535   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    The effective use of distillery by-products of the shochu sweet potato has long been considered as a rich source of protein, fiber, amino acids, fatty acids, probiotics with a great potential as a functional feed for animals. This study applied fermented by-product of Shochu distillery (FBPSD) and salmon roe emulsion oil for rotifer enrichment to evaluate its effects on the: (i) nutritional composition of rotifers and (ii) feeding responses of Paralichthys olivaceus larvae when fed with enriched rotifers. The salmon roe oil enrichment was set as a control diet and FBPSD was supplemented at different doses (1, 5 and 10 % based on the salmon roe oil amount). The results showed that the rotifers supplemented with FBPSD at 5 and 10 % significantly enhanced protein, carbohydrate, and HUFA content. Similarly, the activity and expression profiles of targeted enzymes including trypsin, chymotrypsin, lipase and amylase effectively responded at early and middle-metamorphosis of the larvae to 5 and 10 % enrichment regiment. These two treatments were also found to be better supported in energy metabolism evidenced by Cytochrome-C-Oxidase (cox) and ATPase-pk (atp) gene expression in the larvae. Moreover, the expression levels of immune-related genes (IL-10, IL-1 beta, TNF-alpha, P2Y(6)) and antioxidant-related genes (SOD, CAT) were significantly improved at 5 and 10 % of FBPSD. Cessation of feeding and delay in growth during the metamorphic process was also molecularly demonstrated. Larvae suffered low survival (24.5-25.3 %) in control and 1 % supplementation of FBPSD, but significantly improved at 5 and 10 % (36.4-38.7%). However, the growth performance of larval fish was not remarkable after 40 days of culture. The results of this study revealed that FBPSD could be considered as a potential supplementary enrichment for live feed in fish larviculture, especially at 5 and 10 % rotifer enrichment dosage.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2021.736352

    Web of Science

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  An integrative description of the digestive system morphology and function of Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) during early ontogenetic development .  AQUACULTURE531   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    A good understanding of the morphological and functional changes during early larval fish ontogeny is essential for the enhancement of larviculture techniques. This study applied an integrative approach to describe the ontogenetic development of the Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) emphasizing the changes in histology and related functions of its digestive system. Changes in histological structures of the digestive tract, expression and activity of digestive enzymes (trypsin, chymotrypsin, lipase, pepsin, amylase), expression of energy metabolism (ATP synthase (atp), cytochrome-c-oxidase (cox), regulatory factors (neuropeptide Y (npy), cholecystokinin (cck)) and growth (insulin like growth factor 1 (igf1), growth hormone (GH)) were investigated and linked to larval biometrics. The larvae absorbed nutrients from its yolk upon hatching until mouth opening (3 DAH), before beginning its exogenous nutritional phase. The digestive tract differentiations were histologically observed at 5 DAH. The results showed that the targeted enzymes were genetically programmed and activated from hatching, except pepsin which was detected at 25 DAH coinciding with visible development of the gastric glands. The larval stages (3-5 DAH) were marked with high mortality at exogenous feeding transition and also at the onset of metamorphosis (20-30 DAH). Energy metabolism, growth and peptide regulatory factor related genes were transcribed and translated at hatching to assist upon the onset of exogenous feeding. Less feeding and growth delay were noticed between 20 and 30 DAH. The digestive system was fully developed by 35 DAH and larvae transited to settlement life.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2020.735855

    Web of Science

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Oki Hayasaka, Hideaki Matsui, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kentaro Nakajima, Hirofumi Yamashita, Manabu Ishikawa, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Changes in early digestive tract morphology, enzyme expression and activity of Kawakawa tuna (Euthynnus affinis) .  AQUACULTURE530   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    Kawakawa tuna (Euthynnus affinis) is a novel target species for aquaculture in Japan and currently there is very limited knowledge on its early ontogenetic development in captivity. The ontogeny of E. affinis larvae from hatching to 20 days after hatching (DAH) was illustrated in the present study through an integrated approach of histology, biochemistry and molecular approaches. Larvae were fed enriched L-type rotifer Brachionus plicatilis species complex from 2 to 10 DAH, followed by enriched Artemia nauplii. Target digestive enzymes; trypsin, pepsin, lipase and amylase were assessed in order to evaluate nutritional condition. The larvae began exogenous feeding from 2 DAH, coinciding with the opening of the oral capacity and anus. The yolk sac was rapidly consumed and completely resorbed at 3 DAH, while the oil globule disappeared by 5 DAH. Enzymatic activity and expression of the target enzymes were detectable at hatching, except pepsin. With the development of the gastric glands, pepsin activity was then detected at 10 DAH, which was followed by rapid increase in pepsin activity at 15 DAH. The larvae showed rapid growth, however, high mortality also occurred at 6-10 DAH which has been highlighted as a critical stage in the larviculture of E. affinis. From 15 to 20 DAH, the histological structures of the digestive tract were completely segmented with the digestive tract resembling that of its juvenile stages. The activity of trypsin, pepsin, and lipase tended to increase sharply, while amylase dramatically dropped, possibly indicating a change in dietary preference. Findings from the present study provides a preliminary insight into the early development of the digestive system and associated digestive enzymes of E. affinis larvae and establishes an initial step towards the rearing and feeding protocol optimization of this novel target species.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2020.735935

    Web of Science

  • Tran, NDK., Waqalevu, V., Honda, A., Shiozaki, K., Kotani, T. .  An integrative description of the digestive system morphology and function of Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) during early ontogenetic development .  Aquaculture531   735855   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiozaki, K., Uezono, K., Hirai, G., Honda, A., Minoda, M., Wakata R .  Identification of novel fish sialidase genes responsible for KDN-cleaving activity. .  Glycoconjugate Journal   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tran, NDK., Hayasaka, O., Matsui, H., Waqalevu, V., Honda, A., Nakajima。K., Yamashita, H., Ishikawa, M., Shiozaki, K., Kotani, T. .  Changes in early digestive tract morphology, enzyme expression and activity of Kawakawa tuna (Euthynnus affinis) .  Aquaculture   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiozaki K, Uezono K, Hirai G, Honda A, Minoda M, Wakata R .  Identification of novel fish sialidase genes responsible for KDN-cleaving activity. .  Glycoconjugate journal37 ( 6 ) 745 - 753   2020年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10719-020-09948-6

    PubMed

  • Okada K, Takase R, Hamaoka Y, Honda A, Ikeda A, Hokazono Y, Maeda Y, Hayasaka O, Kotani T, Komatsu M, Shiozaki K .  Establishment and characterization of Neu1-knockout zebrafish and its abnormal clinical phenotypes. .  The Biochemical journal477 ( 15 ) 2841 - 2857   2020年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Portland Press Ltd.  

    <jats:p>Mammalian sialidase Neu1 is involved in various physiological functions, including cell adhesion, differentiation, cancer metastasis, and diabetes through lysosomal catabolism and desialylation of glycoproteins at the plasma membrane. Various animal models have been established to further explore the functions of vertebrate Neu1. The present study focused on zebrafish (Danio rerio) belonging to Cypriniformes as an experimental animal model with neu1 gene deficiency. The results revealed that the zebrafish Neu1 desialyzed both α2–3 and α2–6 sialic acid linkages from oligosaccharides and glycoproteins at pH 4.5, and it is highly conserved with other fish species and mammalian Neu1. Furthermore, Neu1-knockout zebrafish (Neu1-KO) was established through CRISPR/Cas9 genome editing. Neu1-KO fish exhibited slight abnormal embryogenesis with the accumulation of pleural effusion; however, no embryonic lethality was observed. Although Neu1-KO fish were able to be maintained as homozygous, they showed smaller body length and weight than the wild-type (WT) fish, and muscle atrophy and curvature of the vertebra were observed in adult Neu1-KO fish (8 months). The expression patterns of myod and myog transcription factors regulating muscle differentiation varied between Neu1-KO and WT fish embryo. Expression of lysosomal-related genes, including ctsa, lamp1a, and tfeb were up-regulated in adult Neu1-KO muscle as compared with WT. Furthermore, the expression pattern of genes involved in bone remodeling (runx2a, runx2b, and mmp9) was decreased in Neu1-KO fish. These phenotypes were quite similar to those of Neu1-KO mice and human sialidosis patients, indicating the effectiveness of the established Neu1-KO zebrafish for the study of vertebrate Neu1 sialidase.</jats:p>

    DOI: 10.1042/BCJ20200348

    PubMed

  • Hideaki Matsui, Kazuhiro Shiozaki, Yutaka Okumura, Manabu Ishikawa, Viliame Waqalevu, Oki Hayasaka, Akinobu Honda, Tomonari Kotani .  Effects of phosphorous deficiency of a microalga Nannochloropsis oculata on its fatty acid profiles and intracellular structure and the effectiveness in rotifer nutrition .  ALGAL RESEARCH-BIOMASS BIOFUELS AND BIOPRODUCTS49   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER  

    DOI: 10.1016/j.algal.2020.101905

    Web of Science

  • Honda A, Chigwechokha PK, Takase R, Hayasaka O, Fujimura K, Kotani T, Komatsu M, Shiozaki K .  Novel Nile tilapia Neu1 sialidases: Molecular cloning and biochemical characterization of the sialidases Neu1a and Neu1b. .  Gene742   144538 - 144538   2020年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gene.2020.144538

    Web of Science

    PubMed

  • Shiozaki K, Kawabe M, Karasuyama K, Kurachi T, Hayashi A, Ataka K, Iwai H, Takeno H, Hayasaka O, Kotani T, Komatsu M, Inui A .  Neuropeptide Y deficiency induces anxiety-like behaviours in zebrafish (Danio rerio). .  Scientific reports10 ( 1 ) 5913 - 5913   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62699-0

    Web of Science

    PubMed

  • Oishi K, Miyazaki M, Takase R, Chigwechokha PK, Komatsu M, Shiozaki K .  Regulation of triglyceride metabolism in medaka (Oryzias latipes) hepatocytes by Neu3a sialidase. .  Fish physiology and biochemistry46 ( 2 ) 563 - 574   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10695-019-00730-6

    Web of Science

    PubMed

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Comparative study on early digestive enzyme activity and expression in red sea bream (Pagrus major) fed on live feed and micro-diet .  AQUACULTURE519   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER  

    The use of live feed to meet larval nutritional requirements has caused a bottleneck in marine fish larviculture whilst the use of micro-diets has had limited success in completely replacing live feeds. In this study, the variations in enzyme activity and its related gene expressions during early ontogenetic development of red sea bream (Pagrus major) were investigated. The experiment included four treatments: (i) using live feed (enriched L-type rotifers of the Brachionus plicatilis sp. complex) until 15 days after hatching (DAH) and gradually switching to Anemia; (ii) using micro-diet only; (iii) co-feeding diet (using both live feed and micro-diet) and, (iv) starvation (no food supplied). This study lasted 40 days and the activity and expression of digestive enzymes (trypsin (try), chymotrypsin (ctrb), pepsin (pep), amylase (amy2 alpha), pancreatic lipase (pl), expression of energy metabolism (ATP synthase (atp), cytochrome-c-oxidase (cox1), cholecystokinin (cck) and growth (insulin like growth factor 1 (igf1)) were linked to larval biometrics. After 40 DAH, no significant difference was observed in growth (igf1), energy metabolism (cox1, atp) and survival rate between live feed and co-feeding diet treatments. However, there were significantly higher differences observed when these were compared to the starvation and micro-diet only treatments. The pancreatic enzymes and cck were regulated by dietary compositions and detectable from hatching and fluctuated throughout larval ontogeny. While pep was initially observed only after 15 DAH. Limits of larval survival and low enzyme activity were observed when the larvae were subjected to starvation for 10 days and were able to adapt to micro-diet only after 15 DAH accompanied with a 5-day co-feeding transitionary period.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2019.734721

    Web of Science

  • Matsui, H., Shiozaki, K., Okumura, Y., Ishikawa, M., Waqalevu, V., Hayasaka, V., Honda, A., Kotani, T. .  Effects of phosphorous deficiency of a microalga Nannochloropsis oculata on its fatty acid profiles and intracellular structure and the effectiveness in rotifer nutrition. .  Algal Res   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiozaki, K, Kawabe, M., Karasuyama, K., Kurachi, T., Hayashi, A., Ataka, K., Iwai, H., Takeno, H., Hayasaka, O., Kotani, T., Komatsu, M., Inui, A .  Neuropeptide Y deficiency induces anxiety-like behaviours in zebrafish (Danio rerio). .  Sci. Rep10   NO:5913   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Honda, A., Chigwechikha, PK., Takase, R., Hayasaka, O., Fujimura, K., Kotani, T., Komatsu, M., Shiozaki, K., .  Novel Nile tilapia Neu1 sialidases: Molecular cloning and biochemical characterization of the sialidases Neu1a and Neu1b .  Gene742   Article:144538   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oishi, K., Miyazaki, M., Takase, R., Chigwechokha, KP., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Regulation of triglyceride metabolism in medaka (Oryzias latipes) hepatocytes by Neu3a sialidase. .  Fish Physiol. Biochem46   563 - 574   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okada, K., Takase, R., Hamaoka, Y., Honda, A., Ikeda, A., Hokazono, Y., Maeda, Y., Hayasaka, O., Kotani, T., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Establishment and characterization of Neu1-knockout zebrafish and its abnormal clinical phenotypes .  Biochemical Journal477   2841 - 2857   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto M, Kubota T, Fujita S, Shiozaki K, Kishida S, Yamamoto A .  Elucidation of the Interleukin 12 Production Mechanism during Intracellular Bacterial Infection in Amberjack, <i>Seriola dumerili</i>. .  Infection and immunity87 ( 11 )   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00459-19

    Web of Science

    PubMed

  • Vo LK, Tsuzuki T, Kamada-Futagami Y, Chigwechokha PK, Honda A, Oishi K, Komatsu M, Shiozaki K .  Desialylation by Edwardsiella tarda is the initial step in the regulation of its invasiveness. .  The Biochemical journal476 ( 21 ) 3183 - 3196   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Portland Press Ltd.  

    <jats:title>Abstract</jats:title>
    <jats:p>Edwardsiella tarda is a gram-negative bacterium causing significant economic losses to aquaculture. E. tarda possesses NanA sialidase which removes sialic acids from α2–3 sialo-glycoprotein of host cells. However, the relationship between NanA sialidase activity and E. tarda invasiveness remains poorly understood. Furthermore, the pathway of sialic acid metabolism in E. tarda remains to be elucidated. We studied sialidase activity in several E. tarda strains and found that the pathogenic strains exhibited higher sialidase activity and greater up-regulation of the NanA mRNA level than non-pathogenic strain. Pathogenic strains also showed higher rates of infection in GAKS cells, and the infection was drastically suppressed by sialidase inhibitor. Additionally, NanA gene overexpression significantly increased infection and treatment of E. tarda with free sialic acid enhanced the rate of infection in GAKS cells. Sialic acid treatment enhanced mRNA levels of two N-acetylneuraminate lyases and one N-acetylneuraminate cytidylyltransferase. E. tarda uses sialic acid as a carbon source for growth via N-acetylneuraminate lyases. The strains with high N-acetylneuraminate cytidylyltransferase level showed greater sialylation of the lipopolysaccharides and glycoproteins. Our study establishes the significance of desialylation by E. tarda sialidase in the regulation of its invasiveness.</jats:p>

    DOI: 10.1042/BCJ20190367

    Web of Science

    PubMed

  • Tran Nguyen Duy Khoa, Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Early ontogenetic development, digestive enzymatic activity and gene expression in red sea bream (Pagrus major) .  AQUACULTURE512   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER  

    Red sea bream (Pagrus major) is an important aquaculture species in Japan. This study aimed to determine the ontogenetic development of the digestive system, enzyme activity and related gene expressions of red sea bream larvae from hatching to post-metamorphosis (40 days after hatching, DAH). The larvae were fed with the euryhaline rotifer Brachionus plicatilis species complex L-type enriched with Chlorella vulgaris containing DHA from 3 to 15 DAH followed by Anemia nauplii from 16 to 40 DAH. Post culture analysis included, histological analysis of the larval gut, enzyme assays (trypsin, chymotrypsin, lipase, pepsin) and real time PCR with larvae sampled from 1 to 40 DAH. M hatching, the larval digestive tract was undifferentiated and resembled a straight tube. There was low detection of enzyme activity and gene expression of trypsin, chymotrypsin, lipase, and amylase during yolk-sac stage, before mouth opened. At 3 DAH, the mouth opened and the larvae began to exogenous feeding followed by the differentiation of the digestive tract into buccopharyngeal capacity and intestine at 5 DAH. The pancreas, liver, and gallbladder were functional indicating the transition from endogenous to exogenous feeding. The enzyme activity and gene expression of trypsin, chymotrypsin, lipase, and amylase increased and fluctuated throughout the larval development, a pattern that is common among marine fish species. Pepsin activity and gene expression were not detected until 15 DAH and strongly increased from 20 DAH. Metamorphosis was complete by 40 DAH following the regular arranging of microvilli and the abundance of vacuoles in intestine.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2019.734283

    Web of Science

  • Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Serge Dossou, Tran Nguyen Duy Khoa, Hideaki Matsui, Kumbukani Mzengereza, Hanlin Liu, Manabu Ishikawa, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Effect of oil enrichment on Brachionus plicatilis rotifer and first feeding red sea bream (Pagrus major) and Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) .  AQUACULTURE510   73 - 83   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER  

    Euryhaline rotifer belonging to the genera Brachionus are often used as live feed for first feeding marine finfish larviculture. Two common rotifer enrichments, a single usage of docosahexaenoic acid (DHA)-enriched Chlorella vulgaris and a combination of DHA-enriched C. vulgaris and salmon roe emulsion oil were used to assess: (i) nutritional status of rotifers and, (ii) performance when rotifers were fed to Pagrus major and Paralichthys olivaceus larvae from 2 to 15 days after hatching (DAH). Both rotifer enrichment treatments were found to be nutritionally effective with high unsaturated fatty acid (HUFA) content, especially in the combined treatment with significantly higher eicosapentaenoic acid (EPA). Despite deficient levels of EPA, DHA-enriched C. vulgaris was found to be a suitable enrichment for rotifer and also had positive response in survival, growth and trypsin activity in both P. major and P. olivaceus. DHA-enriched C. vulgaris only treatment had higher rotifer population growth (13% higher), egg bearing capacity (7% higher), almost double the soluble protein content and generally higher free amino acid content. Oxidation of lipids in the combined diet due to its high-saturated fatty acid content could be a possible cause to the inferior performance of the combined treatment. Both P. major (20.1 +/- 10.1%) and P. olivaceus (12.3 +/- 3.87%) suffered low survival and lower gut content in the combined treatment especially during periods of significant growth in both species (7-11 DAH). Despite high HUFA content in the combined treatment, this study revealed that consideration of free amino acids and soluble protein content as parameters of nutritional indicators for first feeding P. major and P. olivaceus should not be discounted.

    DOI: 10.1016/j.aquaculture.2019.05.039

    Web of Science

  • Hayasaka O, Takeuchi Y, Shiozaki K, Anraku K, Kotani T .  Green light irradiation during sex differentiation induces female-to-male sex reversal in the medaka Oryzias latipes. .  Scientific reports9 ( 1 ) 2383 - 2383   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-38908-w

    Web of Science

    PubMed

  • Tran, NDK., Waqalevu, V., Honda, A., Shiozaki, K., Kotani, T .  Comparative study on early digestive enzyme activity and expression in red sea bream (Pagrus major) fed on live feed and micro-diet. .  Aquaculture519   734721   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vo, KL., Tsuzuki, T., Kamada-Futagami, Y., Chigwechokha KP., Honda, A., Oishi, K., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Desialylation by Edwardsiella tarda is the initial step in the regulation of its invasiveness. .  Biochem. J476   3183 - 3196   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto, M., Kubota, T., Fujita, S., Shiozaki, K., Kishida, S., Yamamoto., A .  Elucidation of the Interleukin 12 production mechanism during intracellular bacterial infection in amberjack, Seriola dumerili. .  Infect. Immun87   e00459-19,   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tran, NDK., Waqalevu, V., Honda, A., Shiozaki, K., Kotani, T .  Early ontogenetic development, digestive enzymatic activity and gene expression in redseabream (Pagrus major) .  Aquaculture512   734283   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Waqalevu, V., Honda, A., Dossou, S., Tran, NDK., Matsui, H.,Mzengereza, K., Hanlin, L., Ishikawa, M., Shiozaki, K., Kotani, T .  Effect of oil enrichment on Brachionus plicatilis rotifer and first feeding red seabream (Pagrus major) and Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) .  Aquaculture510   73 - 83   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Waqalevu, VP., Matusi, H., Honda, A., Dossou, S., Yamamoto, A., Shiozaki, K., Kotani, T., .  Population growth, fatty acid composition and protein content of two types of Brachionus plicatilis sp. Complex rotifers fed four common Japanese nutritional enrichment diets. .  Aquacult. Sci67   139 - 156   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayasaka, O., Takeuchi, Y., Shiozaki, K., Anraku, K., Kotani, T .  Green light irradiation during sex differentiation induces female-to-male sex reversal in the medaka Oryzias latipes .  Sci. Rep9   2383   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩﨑 一弘, 大石 一樹, 本田 晃伸 .  魚類シアリダーゼの生理機能とその魚種間における多様性 .  Trends in Glycoscience and Glycotechnology31 ( 178 ) J7 - J14   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)  

    <p>シアリダーゼは複合糖質の非還元末端からシアル酸を遊離させる酵素である。これまで脊椎動物シアリダーゼの性状や生理機能の報告は、そのほとんどが哺乳類に関するものであり、魚類を含む他の脊椎動物シアリダーゼの意義についてはほとんどわかっていなかった。最近、魚類のゲノム解析が進んだことで、魚類シアリダーゼの研究が行われるようになった。そこでダツ目、スズキ目およびコイ目の3つの目に注目し、その性状を比較した。</p><p>メダカ受精卵をNeu1標的モルフォリノオリゴで処理したところ、α2-3シアロ糖タンパク質が蓄積し、心拍数、胚サイズ、孵化率、遊泳行動などに異常が認められ、Neu1が胚発生に重要な因子であることが明らかとなった。</p><p>またNeu3およびNeu4シアリダーゼの性状が、魚種間で異なる事がわかってきた。メダカ、ティラピアのNeu3が、ヒト同様に形質膜局在シアリダーゼであるのに対し、ゼブラフィッシュNeu3.1は小胞体に局在して、その至適pHは2.6前後とかなり極端に酸性側である。同様に、魚類Neu4は魚種間によりその性状が大きく異なっており、ゼブラフィッシュは小胞体、メダカはリソソームに局在するが、ティラピアは核に存在し、その局在には核輸送タンパク質Importinとの相互作用が重要であった。これらの結果は、魚種間でのシアリダーゼの機能の多様性を示しており、今後さらに多くの魚種での研究が必要である。</p>

    DOI: 10.4052/tigg.1518.1J

    Web of Science

    CiNii Books

  • Viliame Waqalevu, 松井 英明, 本田 晃伸, Serge Dossou, 山本 淳, 塩崎 一弘, 小谷 知也 .  各種栄養強化剤を摂取した広塩性ツボワムシ <i>Brachionus plicatilis</i> 複合種2種の個体群増殖,脂肪酸組成およびタンパク質含量の比較 .  水産増殖67 ( 2 ) 139 - 155   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:水産増殖談話会  

    <p><i>Brachionus plicatilis </i>複合種 SS および L 型に及ぼす3 種の栄養強化剤(DHA 強化クロレラ,冷凍ナンノクロロプシスおよび乳化筋子油)の餌料効果を比べた(対照区:濃縮淡水クロレラ)。両型ワムシの増殖速度と脂肪酸含量は試験区間で変化した。 非極性脂質と極性脂質の含量はワムシ型間で変化した。可溶性タンパク質は両型で DHA 強化クロレラおよび生クロレラ給餌で多かった。冷凍ナンノクロロプシスを除いた全ての試験区で,SS 型の可溶性タンパク質含量は L 型よりも高かった。 ワムシ型に応じて,培養方法,強化剤の投与量および脂肪酸要求量を考慮する必要がある。</p>

    DOI: 10.11233/aquaculturesci.67.139

    CiNii Books

    その他リンク: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010928154

  • Viliame Waqalevu, Akinobu Honda, Hideaki Matsui, Kazuhiro Shiozaki, Tomonari Kotani .  Proteolytic digestive enzyme response in Japanese flounder larvae Paralichthys olivaceus fed two types of rotifers Brachionus plicatilis species complex .  FISHERIES SCIENCE84 ( 6 ) 1037 - 1049   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Two common live feeds, the Brachionus plicatilis species complex SS-type and L-type were used to assess whether there were any differences in protein hydrolysis and digestive trypsin activity in first feeding Japanese flounder. There were no significant differences in hydrolysis activity at 2, 3 and 7 days after hatching (DAH). At 5 DAH, hydrolysis activity was significantly higher in larvae fed SS-type (p < 0.05) at 50 kDa in 1.5- and 3-h incubation whereas L-type treatment had not completely hydrolyzed the proteins after 3 h at the same molecular weight. Larvae fed SS-type had significantly higher (p < 0.05) trypsin activity at 3, 5, 6, 7 DAH. Contribution of live prey to trypsin fraction in larvae showed significantly higher (p < 0.05) fraction for SS-type at 5 DAH (2.18 +/- 0.44%) and 6 DAH (2.04 +/- 0.29%) and the effect of exogenous trypsin from live prey was relatively low when compared to the total trypsin activity in larvae. This study discusses the differences in ability to digest proteins in Japanese flounder when fed different rotifer morphotypes and highlights the adaptability of this species to alternative rotifer morphotypes during its early developmental stages.

    DOI: 10.1007/s12562-018-1241-2

    Web of Science

  • Megumi Matsumoto, Mahumoud Tanekey Amer, Kyosuke Araki, Atsushi Nishitani, Kazuma Hayashi, Yutaka Takeuchi, Kazuhiro Shiozaki, Atsushi Yamamoto .  Amberjack Seriola dumerili interleukin-10 negatively suppresses host cell-mediated immunity .  FISHERIES SCIENCE84 ( 5 ) 857 - 867   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Interleukin-10 (IL-10) is an anti-inflammatory cytokine and negatively regulates cell-mediated immunity (CMI) induction by inhibiting cytokine production in type 1 T helper cells. IL-10 genes have been isolated from several fish, and inflammatory cytokine inhibition by IL-10 has been well examined. However, a CMI regulator of IL-10 in fish has not yet been identified. In this study, we cloned the IL-10 gene in amberjack Seriola dumerili and analyzed its function using its recombinant protein (rIL-10). In an in vitro culture experiment, gene expression of inflammatory cytokines was suppressed in leukocytes incubated with rIL-10 compared with cells that only received Nocardia seriolae stimulation. This result suggests amberjack IL-10 has conserved function as an inflammatory cytokine inhibitor. Bactericidal activity of amberjack cells against intracellular pathogen stimulation was decreased in a rIL-10 dose-dependent manner. Furthermore, a significant reduction in the T-bet/GATA-3 ratio was observed in N. seriolae living cell (LC) + rIL-10-injected fish. Taken together, these results suggest amberjack rIL-10 suppresses CMI induction both in vitro and in vivo. In addition, the number of IgM(+) cells among spleen leukocytes in N. seriolae + rIL-10-injected fish was higher than in only N. seriolae LC, suggesting that Th2-dominant immunity was induced by adding rIL-10.

    DOI: 10.1007/s12562-018-1223-4

    Web of Science

  • Matsumoto M, Araki K, Nishimura S, Kuriyama H, Nakanishi T, Shiozaki K, Takeuchi Y, Yamamoto A .  Adjuvant effect in aquaculture fish of cell-wall glycolipids isolated from acid-fast bacteria. .  Developmental and comparative immunology85   142 - 149   2018年8月

  • Honda A, Chigwechokha PK, Kamada-Futagami Y, Komatsu M, Shiozaki K .  Unique nuclear localization of Nile tilapia (Oreochromis niloticus) Neu4 sialidase is regulated by nuclear transport receptor importin α/β. .  Biochimie149   92 - 104   2018年6月

  • Waqalevu, VP., Honda, A., Matsui, H., Shiozaki, K., Kotani, T .  Proteolytic digestive enzyme response in Japanese flounder larve Paralichthys olivaceus red two types of rotifers Brachionus plicatilis species complex. .  Fish Sci84   1037 - 1049   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto, M., Amer, MT., Araki, K., Nishitani, A., Hayashi, K., Takeuchi, Y., Shiozaki, K., Yamamoto, A .  Amberjack Seriola dumerili interleukin-10 negatively suppresses host cell-mediated immunity .  Fish Sci84   857 - 867   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto, M., Araki, K., Nishimura, S., Kuriyama, H., Nakanishi, T., Shiozaki, K., Takeuchi, Y., Yamamoto, A. .  Adjuvant effect in aquaculture fish of cell-wall glycolipids isolated from acid-fast bacteria. .  Dev. Comp. Immunol.85   142 - 149   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • . Honda, A., Chigwechokha, P., Kamada-Futagami, Y., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Unique nuclear localization of Nile tilapia (Oreochromis niloticus) Neu4 sialidase is regulated by nuclear transport receptor importin alpha/beta. .  Biochimie142   94 - 104   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyagi, T., Takahashi, K., Yamamoto, K., Shiozaki, K., Yamaguchi, K .  Biological and Pathological Roles of Ganglioside Sialidases. .  Prog. Mol. Biol. Transl. Sci156   121 - 150   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyagi T, Takahashi K, Yamamoto K, Shiozaki K, Yamaguchi K .  Biological and Pathological Roles of Ganglioside Sialidases. .  Progress in molecular biology and translational science156   121 - 150   2018年

  • Matsumoto, M., Araki, K., Hayashi, K., Takeuchi, Y., Shiozaki, K., Suetake, H., Yamamoto, A. .  Adjuvant effect of recombinant interleukin-12 in the Nocardiosis formalin-killed vaccine of the amberjack Seriola dumerili .  Fish Shellfish Immunol67   263 - 269   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto M, Araki K, Hayashi K, Takeuchi Y, Shiozaki K, Suetake H, Yamamoto A .  Adjuvant effect of recombinant interleukin-12 in the Nocardiosis formalin-killed vaccine of the amberjack Seriola dumerili. .  Fish & shellfish immunology67   263 - 269   2017年8月

  • akumi, S., Shimono, T., Ikema, S., Hotta, Y., Chigwechokha, P., Shiozaki, K., Sugiyama, Y., Hashimoto, M., Furukawa T., Komatsu, M .  Overexpression of Carboxylesterase Contributes to the Attenuation of Cyanotoxin Microcystin-LR .  oxicity. Comp. Biochem. Physiol. C Toxicol. Pharmacol194   22 - 27   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryuzono S, Takase R, Kamada Y, Ikenaga T, Chigwechokha PK, Komatsu M, Shiozaki K .  Suppression of Neu1 sialidase delays the absorption of yolk sac in medaka (Oryzias latipes) accompanied with the accumulation of α2-3 sialo-glycoproteins. .  Biochimie135   63 - 71   2017年4月

  • Takumi S, Shimono T, Ikema S, Hotta Y, Chigwechokha PK, Shiozaki K, Sugiyama Y, Hashimoto M, Furukawa T, Komatsu M .  Overexpression of carboxylesterase contributes to the attenuation of cyanotoxin microcystin-LR toxicity. .  Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP194   22 - 27   2017年4月

  • Kazuhiro Shiozaki, Minori Yoshikawa, Saori Kiguchiya, Asami Ikeda, Yuko Kamada, Petros Kingstone Chigwechokha, Masaharu Komatsu .  Matrix metalloproteinase-7 inhibitory activity of lipid extract from dwarf gulper shark (Centrophorus atromarginatus) through down-regulation of gene transcription .  JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS30   90 - 96   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Deep-sea living dwarf gulper shark (Centrophorus atromarginatus) is industrially important resource with lots of squalene in the liver, used as the resource for cosmetic ingredients, while consumption of shark muscle is limited because of ammonia smell caused by bacterial urease. Here, effect of shark muscle lipid on matrix metalloproteinase-7 (MMP-7) activity was estimated to develop the new application of shark muscle. Treatment of shark lipid toward HT-29 cells attenuated MMP-7 activity in conditioned medium accompanied with its decreased extracellular secretion. Ganglioside types in shark lipid were investigated by thin layer chromatography. Among shark gangliosides, GDIa and GM1 attenuated MMP-7 activity. GDla negatively regulated MMP-7 polypeptide and its gene expression in HT-29 cells, whereas MAPKs signaling pathways were not altered. GDIa suppressed c-jun expression in HT-29 cells, which could negatively regulate mmp-7 transcription. This study indicated the possibility of dwarf gulper shark muscle as a material of functional food. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jff.2017.01.013

    Web of Science

  • Shinyoshi S, Kamada Y, Matsusaki K, Chigwechokha PK, Tepparin S, Araki K, Komatsu M, Shiozaki K .  Naringenin suppresses Edwardsiella tarda infection in GAKS cells by NanA sialidase inhibition. .  Fish & shellfish immunology61   86 - 92   2017年2月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsi.2016.12.018

    Web of Science

    PubMed

  • Shiozaki, K., Yoshikawa, M., Kiguchiya, S., Ikeda, A., Kamada, Y., Chigwechokha, P., Komatsu, M .  Matrix metalloproteinase-7 inhibitory activity of lipid extract from dwarf gulper shark (Centrophorus atromarginatus) through down-regulation of gene transcription. .  J. Funct. Food30   90 - 96   2017年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryuzono, S., Takase, R., Kamada, Y., Ikenaga, T., Chigwechokha, P., Komatsu, M., Shiozaki. K .  Suppression of Neu1 sialidase delays the absorption of yolk sac in medaka (Oryzias latipes) accompanied with the accumulation of alpha 2-3 sialo-glycoproteins .  Biochimie   2017年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinaga, A., Kajiya, M., Oishi, K., Kamada, Y., Ikeda, A., Chigwechokha, P., Kibe, T., Kishida, M., Kishida, S., Komatsu, M., Shiozaki, K .  NEU3 inhibitory effect of naringin suppresses cancer cell growth by attenuation of EGFR signaling through GM3 ganglioside accumulation .  European Journal of Pharmacology782   21 - 29   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanouchi. H., Kakimoto. T., Nakano. H., Nakai. Y., Shiozaki. K., Akikoka. K., Otomaru. K., Matsumoto. M., Nagano. M .  The brewed rice vinegar Kurozu increases HSPA1A expression and ameliorates cognitive dysfunction in aged P8 mice .  PLOS ONE4   e0150769   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiozaki, K., Harasaki, Y., Fukuda, M., Yoshinaga, A., Ryuzono, S., Chigwechokha, P., Komatsu M., Miyagi, T. .  Positive regulation of myoblast differentiation by medaka Neu3b sialidase through ganglioside desialylation .  Biochimie123   65 - 72   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Funahashi, A., Komatsu, M., Furukawa, T., Yoshizono, Y., Yoshizono, H., Orikawa, Y., Takumi, S., Shiozaki, K., Hayashi, S., Kaminishi, Y., Itakura, T .  Eel green fluorescent protein is associated with resistance to oxidative stress .  Comp. Biochem. Physiol. C181-182   35 - 39   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryuzono, S., Takase, R., Oishi, K., Ikeda, A., Chigwechokha, P., Funahashi, A., Komatsu, M., Miyagi, T., Shiozaki, K .  Lysosomal localization of Japanese medaka (Oryzias latipes) Neu1 sialidase and its highly conserved enzymatic profiles with human. .  Gene575   513 - 523   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chigwechokha, P., Tabata, M., Shinyoshi, S., Oishi, K., Araki, K., Komatsu, M., Itakura, T., Shiozaki, K .  Recombinant sialidase NanA (rNanA) cleaves alpha 2-3-linked sialic acid of host cell surface N-linked glycoprotein to promote Edwardsiella tarda infection .  Fish and Shellfish Immunology47   34 - 45   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ikema, S., Takumi, S., Maeda, Y., Kurimoto, T., Bohda, S., Chigwechokha, P., Sugiyama, Y., Shiozaki, K., Furukawa, T., Komatsu M., .  Okadaic acid is taken-up into the cells mediated by human hepatocytes transporter OATP1B3 .  Food Chem Toxicol83   229 - 236   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asami Ikeda, Hayato Ichino, Saori Kiguchiya, Petros Chigwechokha, Masaharu Komatsu, Kazuhiro Shiozaki .  Evaluation and identification of potent angiotensin-I converting enzyme inhibitory peptide derived from dwarf gulper shark (Centrophorus atromarginatus). .  J Food Proc Pres39   107   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shota Takumi, Satoshi Ikema, Tamami Hanyu, Yusuke Shima, Takashi Kurimoto, Kazuhiro Shiozaki, Yasumasa Sugiyama, Ho-Dong Park, Seiichi Ando, Tatsuhiko Furukawa, Masaharu Komatsu .  Naringin attenuates the cytotoxicty of hepatotoxin microcystin-LR by the curious mechanisms to OATP1B1- and OATP1B3-expressing cells .  Environ Toxicol Pharmacol39   974 - 981   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koji Yamamoto, Kohta Takahashi, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Setsuko Moriya, Masahiro Hosono, Hiroshi Shima, Taeko Miyagi .  Potentiation of epidermal growth factor -mediated oncogenic transformation by sialidase NEU3 leading to Src activation. .  PloS ONE10   e0120578   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Kohta Takahashi, Masahiro Hosono, Kazunori Yamaguchi, Keiko Hata, Momo Shiozaki, Rosaria Bassi, Alessandro Prinetti, Sandro Sonnino, Kazuo Nitta and Taeko Miyagi .  Phosphatidic acid-mediated activation and translocation to the cell surface of sialidase NEU3, promoting signaling for cell migration .  FASEB Jin press   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keiko Hata, Tatsuo Tochigi, Ikuro Sato, Sadafumi Kawamura, Kazuhiro Shiozaki, Tadashi Wada, Kohta Takahashi, Setsuko Moriya, Kazunori Yamaguchi, Masahiro Hosono and Taeko Miyagi .  Increased sialidase activity in serum of cancer patients: identification of sialidase and inhibitor activities in human serum .  Cancer Sciin press   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Petros Chigwechokha, Masaharu Komatsu, Takao Itakura, Kazuhiro Shiozaki .  Nile Tilapia Neu3 sialidases: molecular cloning, functional characterization and expression in Oreochromis niloticus .  Gene552   155 - 164   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Takano, Shota Takumi, Satoshi Ikema, Nozomi Mizoue, Yuki Hotta, Kazuhiro Shiozaki, Yasumasa Sugiyama, Tasuhiko Furukawa, Masaharu Komatsu .  Microcystin-LR Induces Anoikis Resistance to the Hepatocyte Uptake Transporter OATP1B3-expressing Cell Lines .  Toxicology326   53 - 61   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Sena Ryuzono, Naoto Matsushita, Asami Ikeda, Kazuki Takeshita, Petros Chigwechokha, Masaharu Komatsu, Taeko Miyagi .  Molecular cloning and biochemical characterization of medaka (Oryzias latipes) lysosomal neu4 sialidase .  Fish Physiol Biochem40   1461 - 1472   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masaharu Komatsu, Naoki Ichiyama, Takashi Kurimoto, Shota Takumi, Kazuhiro Shiozaki, Yasumasa Sugiyama, Tatsuhiko Furukawa, Seiichi Ando, Saki Itonori, Hiroaki Saito .  Ceramide aminoethylphosphonate from jumbo flying squid Dosidicus gigas attenuates the toxicity of cyanotoxin microcystin-LR .  Fish Sci79   313 - 320   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Kazuki Takeshita, Mako Ikeda, Asami Ikeda, Yusuke Harasaki, Masaharu Komatsu, Shoji Yamada, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  Molecular cloning and biochemical characterization of two novel Neu3 sialidases, neu3a and neu3b, from medaka (Oryzias latipes) .  Biochimie95   280 - 289   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazunori Yamaguchi, Kazuhiro Shiozaki, Setsuko Moriya, Koichi Koseki, Tadashi Wada, Hiroo Tateno, Ikuro Sato, Masahide Asano, Yoichiro Iwakura, Taeko Miyagi .  Reduced susceptibility to colitis-associated colon carcinogenesis in mice lacking plasma membrane-associated sialidase .  PLoS One7 ( 7 ) e41132   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohta Takahashi, Junya Mitoma, Masahiro Hosono, Kazuhiro Shiozaki, Chihiro Sato, Kazunori Yamaguchi, Ken Kitajima, Hideyoshi Higashi, Kazuo Nitta, Hiroshi Shima, Taeko Miyagi1 .  Sialidase NEU4 hydrolyzes polysialic acids of neural cell adhesion molecules and negatively regulates neurite formation by hippocampal neurons .  J Biol Chem287   14816 - 14826   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahiro Oku, Seiichi Ando, Hsin-Chun Tsai, Yusuke Yamashita, Hiroshi Ueno, Kazuhiro Shiozaki, Ryuichiro Nishi, Shoji Yamada .  Purification and identification of two carnosine-cleaving enzymes,carnosine dipeptidase I and Xaa-methyl-His dipeptidase, from Japanese eel(Anguilla japonica) .  Biochimie94   1281 - 1290   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Kohta Takahashi, Setsuko Moriya, Taeko Miyagi .  Regulation of sialyl lewis antigen expression in colon cancer cells by sialidase NEU4 .  J Biol Chem286 ( 24 ) 21052 - 21061   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahiro Oku, Seiichi Ando, Takehiko Hayakawa, Kyoko Baba, Ryuichiro Nishi,Kazuhiro Shiozaki, Shoji Yamada .  Purification and identification of a novel primitive secretory enzyme catalyzingthe hydrolysis of imidazole-related dipeptides in the jawless vertebrateLethenteron reissneri .  Peptides32   648 - 655   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Momo Shiozaki, Junko Masuda, Akiko Yamauchi, Shuichi Ohwada, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamaguchi, Tadao Saito, Koji Muramoto, Minoru Sato .  Identification of oyster-derived hypotensive peptide acting as angiotensin I converting enzyme inhibitor .  Fish Sci76 ( 5 ) 865 - 872   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Kazunori Yamaguchi, Momo Shiozaki, Hisashi Narimatsu, Taeko Miyagi .  Developmental change of sialidase Neu4 expression in murine brain and its involvement in the regulation of neuronal cell differentiation. .  J Biol Chem284   21157 - 21164   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Ikuro Sato, Taeko Miyagi .  Plasma membrane-associated sialidase (NEU3) promotes formation of colonic aberrant crypt foci in azoxymethane-treated transgenic mice. .  Cancer Sci100   588 - 594   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takuji Uemura, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Kaoru Miyazaki, Susumu Satomi, Kengo Kato, Taeko Miyagi .  Contribution of sialidase NEU1 to suppression of metastasis of human colon cancer cells through desialylation of integrin beta 4. .  Oncogene28   1218 - 1229   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taeko Miyagi, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Kazuhiro Shiozaki, Ikuro Sato, Yoichiro Kakugawa, Hideaki Yamanami, Tsuneaki Fujiya .  Human sialidase as a cancer marker .  Proteomics8   3303 - 3311   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taeko Miyagi, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Keiko Hata, Kazuhiro Shiozaki .  Plasma membrane- associated sialidase as a crucial regulator of transmembrane signaling. .  J Biochem144   279 - 285   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Hideaki Yananami, Kazunori Yamaguchi, Tadashi Wada, Taeko Miyagi .  Down-regulation of Sialidase NEU4 in colon cancer and its involvement in expression of malignant properties .  Glycoconjugate J24   381   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tadashi Wada, Keiko Hata, Kazunori Yamaguchi, Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Setsuko Moriya, Taeko Miyagi .  A crucial role of plasma membrane-associated sialidase in the survival of human cancer cells .  Oncogene26   2483 - 2490   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideaki Yamanami, Kazuhiro Shiozaki, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Takuji Uemura, Yoichiro Kakugawa, Tsuneaki Fujiya, Taeko Miyagi .  Down-regulation of sialidase NEU4 may contribute to invasive properties of human colon cancers .  Cancer Sci98   299 - 307   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Kazunori Yamaguchi, Momo Shiozaki, Taeko Miyagi .  Developmental change of Neu4 expression in mouse brain and its involvement in neuronal cell differentiation .  Trends Glycosci Glycotech18   S43   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Minoru Sato, Zhihua Tao, Kazuhiro Shiozaki, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamaguchi, Takehiko Yokoyama, Nobuhiro Kanno, Eizou Nagahisa .  A simple and rapid method for the analysis of fish histamine by paper electrophoresis .  Fish Sci72   889 - 892   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Akiko Fujii, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamaguchi, Minoru Sato .  Inhibitory effects of hot water extract of the stevia stem on the contractile response of the smooth muscle of the guinea pig ileum. .  Biosci Biotechnol Biochem70   489 - 494   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazunori Yamaguchi, Keiko Hata, Koichi Koseki, Kazuhiro Shiozaki, Hirotoshi Akita, Tadashi Wada, Setsuko Moriya, Taeko Miyagi .  Evidence for mitochondrial localization of a novel human sialidase (NEU4) .  Biochem J390   85 - 93   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamaguchi, Minoru Sato, Naohiko Sato .  The protective effect of stevia extract on the gastric mucosa of rainbow trout Oncorhynchus mykiss (Walbaum) fed dietary histamine. .  Aquacult Res35   1421 - 1428   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhiro Shiozaki, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamagushi, Minoru Sato .  Metabolism of exogenous histamine in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) .  Fish Physiol Biochem29   289 - 295   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minoru Sato, Zhihua Tao, Kazuhiro Shiozaki, Toshiki Nakano, Toshiyasu Yamaguchi, Tsutomu Kumagai, Takehiko Yokoyama, Nobuhiro Kanno, Eizou Nagahisa .  A rapid method for histamine analysis of seafoods by paper electrophoresis .  ITE lett Batt New technol Med3   68 - 70   2002年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Mammalian Sialidase and Tumor Development

    Taeko Miyagi, Kohta Takahashi, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi( 担当: 共著)

    Sugar Chains  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Mammalian Sialidase Assays

    Taeko Miyagi, Kohta Takahashi, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi( 担当: 共著)

    Glycoscience:Biology and Medicine  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • 魚類シアリダーゼの生理機能とその魚種間における多様性 査読

    塩崎一弘, 大石一樹, 本田晃伸

    Trend. Glycosci. Glycotech.   31   j7 - j14   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 令和元年度日本水産学会九州支部大会,例会および若手交流会

    大富 潤, 小谷 知也, 石川 学, 塩﨑 一弘

    日本水産学会誌   86 ( 3 )   227 - 229   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本水産学会  

    DOI: 10.2331/suisan.WA2718

    CiNii Books

  • Functional characterization of fish sialidases and their diversity among different orders. 査読

    Trend. Glycosci. Glycotech

    Trend. Glycosci. Glycotech   31   E7 - E13   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 糖鎖関連分子に注目した養殖魚エドワジエラ症の新規予防・治療薬開発に関する研究

    塩﨑 一弘

    サンケイ科学振興財団研究報告   ( 29 )   33 - 40   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:サンケイ科学振興財団  

    CiNii Books

  • 各種栄養強化剤を摂取した広塩性ツボワムシ <i>Brachionus plicatilis</i> 複合種2種の個体群増殖,脂肪酸組成およびタンパク質含量の比較

    Viliame Waqalevu, 松井 英明, 本田 晃伸, Serge Dossou, 山本 淳, 塩崎 一弘, 小谷 知也

    水産増殖   67 ( 2 )   139 - 155   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:水産増殖談話会  

    <p><i>Brachionus plicatilis </i>複合種 SS および L 型に及ぼす3 種の栄養強化剤(DHA 強化クロレラ,冷凍ナンノクロロプシスおよび乳化筋子油)の餌料効果を比べた(対照区:濃縮淡水クロレラ)。両型ワムシの増殖速度と脂肪酸含量は試験区間で変化した。 非極性脂質と極性脂質の含量はワムシ型間で変化した。可溶性タンパク質は両型で DHA 強化クロレラおよび生クロレラ給餌で多かった。冷凍ナンノクロロプシスを除いた全ての試験区で,SS 型の可溶性タンパク質含量は L 型よりも高かった。 ワムシ型に応じて,培養方法,強化剤の投与量および脂肪酸要求量を考慮する必要がある。</p>

    DOI: 10.11233/aquaculturesci.67.139

    CiNii Books

    その他リンク: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010928154

  • NodularinはOATP1B3発現細胞に対して上皮間葉転換様の形質転換を誘導する

    富岡優, 内匠正太, 杉山靖正, 塩崎一弘, 古川龍彦, 小松正治

    日本生化学会大会(Web)   90th   ROMBUNNO.1P‐0567 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

  • Plasma membrane-associated sialidase confers cancer initiation, promotion and progression

    Taeko Miyagi, Kohta Takahashi, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, M Hosono

    Adv Exp Med Biol   842   139 - 145   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • シアリダーゼによる細胞接着の制御

    高橋耕太、塩崎一弘、宮城妙子

    生体の科学   64 ( 3 )   273 - 278   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Sialidase significance for cancer progression

    Taeko Miyagi, Kohta Takahashi, Keiko Hata, Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi

    Glycoconj J   29   567 - 577   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Altered Expression of Sialidases in Human Cancer

    Taeko Miyagi, Kohta Takahashi, Setsuko Moriya, Keiko Hata, Kazunori Yamamoto, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Kazuhiro Shiozaki

    Adv Exp Med Biol   749   257 - 267   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 癌の浸潤・転移と糖鎖

    宮城妙子、上村卓嗣、 塩崎一弘、 山口壹範

    実験医学   25   1042 - 1048   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 高瀬 諒、本田晃伸、小松正治、塩﨑一弘 .  脊椎動物モデルへの応用を目指した魚類オートファジー・リソソーム分解系における脱シアリル化機構の解明 .  第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大石一樹・宮崎未奈・小松正治・塩﨑一弘 .  肥満の発症におよぼすガングリオシド脱シアリル化の意義 .  39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 堀田 夕貴、内匠 正太、橋本 海理、塩崎 一弘、池田 龍二、古川 龍彦、小松 正治 .  マイクロシスチンLRが誘導するアノイキス抵抗性細胞の低酸素応答 .  第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 橋本 海理、青木 俊二、池田 龍二、堀田 夕貴、塩崎 一弘、古川 龍彦、内匠 正太、小松 正治 .  アクテオシドを用いたマイクロシスチンLRおよびファロイジンの細胞毒性の抑制 .  第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塩崎一弘 .  柑橘が持つがん・感染症予防機能の検証と鹿児島での展開 .  第六回食と健康に関するシンポジウム 健康長寿をかなえる 鹿児島の食と健康  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 本田晃伸、Petros Chigwechokha、鎌田裕子、小松正治、塩崎一弘 .  ティラピアNeu4は核に局在するシアル酸水解酵素である .  平成28年度日本水産学会秋季大会, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩崎一弘、龍薗せな、高瀬 諒、鎌田裕子、大石一樹、宮崎未奈、小松正治、池永隆徳 .  胚発生におけるリソソームシアリダーゼNeu1、Neu4の重要性 .  平成28年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩崎一弘、新吉沙弥香、松崎光輝、鎌田裕子、荒木亨介、小松正治 .  柑橘由来フラボノイドのEdwardsiella tarda感染抑制効果 .  平成28年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山本晃司、高橋耕太、塩崎一弘、山口和範、島礼、宮城妙子 .  形質膜シアリダーゼNEU3のEGFR活性化機構 .  第89回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 松本 萌、西村沙也香、早志和真、塩崎一弘、中西照幸、山本 淳、荒木亨介 .  魚類ミコバクテリア症原因菌が合成する糖脂質の細胞性免疫誘導型アジュバント としての有効性 .   平成28年度魚病学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yoshinaga, A., Oishi, K., Kamada, Y., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Naringin suppresses cancer cell growth through the up-regulation of GM3 ganglioside .  Food for Health International Conference (FOHIC2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kanouchi, H., Suzuki, M., Kakimoto, T., Nakano, H., Nakai, Y., Shiozaki, K., Nagano, M., Matsumoto. M .  Kurozu, brewed rice vinegar, induce heat shock protein 70 and ameliorates congnitive dysfunction in aged SAM P8 mice .  Food for Health International Conference (FOHIC2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 塩崎 一弘 .  シアル酸分解阻害を介したカンキツ由来フラバノンの機能性 .  第2回鹿児島の黒膳 機能性食と健康シンポジウム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kanouchi, H., Suzuki, M., Kakimoto, T., Nakano, H., Nakai, Y., Shiozaki, K., Nagano, M., Matsumoto. M .  Kurozu, brewed rice vinegar, feeding ameliorates cognitive dysfunction in aged SAM P8 mice .  The 6th International Conference on Food Factors – ICoF  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新吉沙弥香、若松麗菜、Petros Kingstone Chigwechokha、松崎光輝、荒木亨介、小松正治、塩崎一弘 .  E.tardaの感染予防を目的としたシアリダーゼNanA阻害物質の探索 .  平成27年度日本水産学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 吉永綾奈、大石一樹、小松正治、塩崎一弘 .  シアリダーゼNEU3を標的としたフラボノイドの新規機能性 .  平成27年度日本水産学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 高瀬 諒、龍薗せな、若松麗菜、Petros Kingstone Chigwechokha、本田晃伸、荒木亨介、小松正治、塩崎一弘 .  魚類肝臓におけるシアリダーゼNeu1の意義 .  平成27年度日本水産学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 龍薗せな、高瀬 諒、大石一樹、小松正治、塩崎一弘 .  魚類オートファジーにおける糖タンパク質分解の活性化機構とその重要性 .  平成27年度日本水産学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塩崎一弘、Petros Chigwechokha、新吉沙弥香、大木麗菜、荒木亨介、小松正治 .  Edwardsiella tarda感染における宿主細胞のN型糖タンパク糖鎖構造変化の重要性 .  平成27年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大石一樹、小松正治、塩崎一弘 .  魚類ガングリオシドシアリダーゼNeu3aの形質膜局在機構 .  平成27年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 龍薗せな、高瀬諒、大石一樹、池田麻美、舟橋亜希、小松正治、塩崎一弘 .  魚類リソソームにおける脱シアリル化機構の解明とその意義 .  平成27年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩崎 一弘 .  水棲生物を利用した健康機能性研究 .  第3回日本統合医療学会鹿児島支部学術大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Kakimoto, K., Nakano, H., Nakai, Y., Shiozaki, K., Akikoka, K., Otomaru, K., Nakamura, T., Matsumoto, M., Nagano, M., Sugimoto, Y., Kanouchi, H .  Kurozu increases HSPA1A expression and ameliorates cognitive dysfunction in aged SAM P8 mice .  The 29th Annual Symposium of The Protein Soc  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Petros Chigwechokha、新吉沙弥香、本田晃伸、大木麗菜、荒木亨介、小松正治、宮城妙子、塩崎一弘 .  Edwardsiella tarda感染による脱シアリル化機構とその意義 .  第34回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 池間 智、内匠正太、Petros Chigwechokha、杉山靖正、塩崎一弘、古川龍彦、小松正治 .  下痢性解読オカダ酸はOATP1B1およびOATP1B3の輸送基質として細胞毒性を発現する .  第8回トランスポーター研究会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 池間 智、内匠正太、塩崎一弘、杉山靖正、古川龍彦、小松正治 .  ナリンジンは肝臓毒マイクロシスチンLRのOATP1B1およびOATP1B3を介した毒性発現を様々なメカニズムで減弱する .  第8回トランスポーター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 橋本海理、池間 智、内匠正太、青木俊二、池田龍二、杉山靖正、塩崎一弘、古川龍彦、小松正治 .  生薬を用いたマイクロシスチンLRおよびオカダ酸中毒の発現抑制 .  第8回トランスポーター研究会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 堀田夕貴、高野博之、池間 智、内匠正太、杉山靖正、塩崎一弘、古川龍彦、小松正治 .  肝臓毒マイクロシスチンLRはOATP1B3発現細胞にアノイキス抵抗性を誘導する .  第8回トランスポーター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩﨑一弘、龍薗せな、大石一樹、高瀬諒、吉永綾奈、小松正治、宮城妙子 .  ニホンメダカにおける脱シアリル化機構の解明 .  第34回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 龍薗せな、高瀬諒、大石一樹、小松正治、宮城妙子、塩崎一弘 .  メダカリソソームシアリダーゼの胚発生における意義 .  第34回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塩崎 一弘 .  鹿児島県特産品を利用した機能性食品の開発 .  機能性食と健康シンポジウム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩崎 一弘 .  鹿児島県近海の未利用資源をターゲットにした機能性研究 .  第19回フードファクター学会  第19回フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 吉永綾奈、原崎裕介、小松正治、塩崎一弘 .  がん糖脂質を標的にしたカンキツ類の細胞増殖抑制効果 .  第19回フードファクター学会  第19回フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Chigwechokha, P., Itakura T., Komatsu, M., Shiozaki, K .  Molecular cloning and characterization of gaglioside specific sialidase in tilapia .  平成26年度日本水産学会秋季大会  平成26年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 原崎裕介、池田麻美、龍薗せな、吉川みのり、大石一樹、小松正治、塩崎一弘 .  筋分化におけるメダカシアリダーゼNeu3bの機能解析 .  平成26年度日本水産学会秋季大会  平成26年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 池間 智、橋本海里、堀田夕貴、杉山靖正、塩崎一弘、内匠正太、小松正治 .  生薬ウコンによるマイクロシスチンLRおよびオカダ酸の毒性抑制 .  平成26年度日本水産学会秋季大会  平成26年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 龍薗せな、池田麻美、原崎裕介、大石一樹、小松正治、宮城妙子、塩崎一弘 .  ニホンメダカOryzias latipesのシアリダーゼ研究におけるモデル動物としての有用性 .  第33回日本糖質学会年会  第33回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 塩崎一弘、龍薗せな、池田麻美、原崎裕介、福田みどり、小松正治、宮城妙子 .  メダカシアリダーゼneu4の遺伝子クローニングおよび胚発生における発現解析 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 宮城妙子、高橋耕太、細野雅祐、山本晃司、和田 正、秦 敬子、森谷節子、塩崎一弘、山口壹範、仁田一雄 .  シアリダーゼNEU3によるがん化能の制御 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 塩崎一弘 .  鹿児島近海に生息するサメ類の有効利用法の検討 .  研究コアプロジェクト「島嶼」、「環境」、「食と健康」 ~その現状と将来への展望~  研究コアプロジェクト「島嶼」、「環境」、「食と健康」 ~その現状と将来への展望~

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 塩崎一弘、竹下一輝、池田麻美、原崎裕介、小松正治、山田章二、宮城妙子 .  メダカシアリダーゼneu3a、neu3bの性状解析とその生理的役割の検討 .  第31回日本糖質学会年会  第31回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 前川継徳、池田麻美、安部洋平、加治屋夏希、小松正治、山田章二、塩崎一弘 .  サメ筋肉に由来する健康機能性ペプチドの探索 .  平成24年度日本水産学会秋季大会  平成24年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 堂免康人、森山史、高野博之、直江昌宏、塩崎一弘、山田章二、杉山靖正、林征一、小松正治 .  魚類血清を用いた代替細胞培養法の検討 .  平成24年度日本水産学会秋季大会  平成24年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 秦 敬子, 森谷節子, 細野雅祐, 和田 正, 塩崎一弘, 仁田一雄, 宮城妙子 .  ヒト担がんにおけるシアリダーゼ活性の同定 .  第31回日本糖質学会年会  第31回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 竹下一輝、池田真子、池田麻美、小松正治、山田章二、塩崎一弘 .  新規メダカシアリダーゼolNeu3a、olNeu3bのクローニングと性状解析 .  平成23年度日本水産学会九州支部会大会  平成23年度日本水産学会九州支部会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 塩崎一弘、前川継徳、市野隼人、中村好成,、波江野皆樹、小松正治、山田章二 .  鹿児島近海に生息するサメ類由来の健康機能性ペプチド探索 .  平成23年度日本水産学会九州支部大会  平成23年度日本水産学会九州支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 塩崎一弘、竹下一輝、池田真子、小松正治、山田章二、山口壹範、宮城妙子 .  メダカシアリダーゼNeu3のクローニングおよび性状解析 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 秦敬子、和田正、横井則貴、川崎ナナ、塩崎一弘、山口壹範、高橋耕太、森谷節子、細野雅佑、仁田一雄、宮城妙子 .  形質膜シアリダーゼNEU3の膜トポロジーに関する研究 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 高橋耕太、三苫純也、塩崎一弘、山口壹範、細野雅佑、佐藤ちひろ、北島健、東秀好、仁田一雄、宮城妙子 .  シアリダーゼNeu4はポリシアル酸分解を触媒し、海馬ニューロンの伸長を抑制する .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 宮城妙子, 和田 正, 山口壹範, 秦 敬子, 森谷節子, 塩崎一弘, 高橋耕太, 山本晃司 .  がんで過剰発現する形質膜シアリダーゼNEU3 の悪性化進展機構 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 塩崎一弘 .  未利用資源の利用を目指した機能性食品の開発 .  ミニシンポジウム「与論島における水産食品資源活用ならびに藻場造成」  ミニシンポジウム「与論島における水産食品資源活用ならびに藻場造成」

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 高橋耕太、塩崎一弘、山口壹範、森谷節子、宮城妙子 .  シアリダーゼNeu4による神経接着分子NCAMポリシアル酸分解の制御 .  第83回日本生化学会大会  第83回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 秦敬子、和田正、山口壹範、高橋耕太、森谷節子、塩崎一弘、宮城妙子 .  シアリダーゼNEU3によるEGFRシグナリング活性化機構の解析 .  第83回日本生化学会大会  第83回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 塩崎一弘、前川継徳、佐藤實 .  水産物由来の降圧ペプチドの開発と今後の展開 .  平成22年度日本水産学会九州支部会  平成22年度日本水産学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Kohta Takahashi, Taeko Miyagi .  Sialidase NEU4 attenuates E-selectin derived signaling in colon cancer cells .  Sialoglyco meeting.  Sialoglyco meeting.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • 塩崎一弘、山口壹範、宮城妙子 .  シアリダーゼNEU3はフォスファチジン酸により活性化される .  生理学研究所研究会 糖鎖機能研究会  生理学研究所研究会 糖鎖機能研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡崎  

    研究会

  • Kazuhiro Shiozaki, Keiko Hata, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  Activation of plasma membrane-associated sialidase NEU3 by phospholipid .  The 28th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I] Functions and Disease Mechanisms  The 28th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I] Functions and Disease Mechanisms国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 山口壹範、塩崎一弘、森谷節子、秦 敬子、和田 正、宮城妙子 .  形質膜シアリダーゼノックアウトマウスにおける大腸がん発症の抑制 .  第3回東北糖鎖研究会  第3回東北糖鎖研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    研究会

  • 秦敬子、 塩崎桃、 山口壹範、 塩崎一弘、 和田正、 森谷節子、 宮城妙子 .  形質膜シアリダーゼによるEGF レセプターシグナリング活性化の分子機構 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 塩崎一弘、秦敬子、和田正、塩崎桃、山口壹範、宮城妙子 .  NEU3とリン脂質の相互作用による細胞運動亢進の分子機構 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 高橋耕太、山口壹範、塩崎一弘、森谷節子、宮城妙子 .  シアリダーゼによるCD44 の機能制御 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 塩崎一弘、山口壹範、和田正、秦敬子、森谷節子、宮城妙子 .  神経細胞の分化におけるシアリダーゼの役割 .  第29回日本糖質学会年会  第29回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 塩崎一弘、秦敬子、山口壹範、宮城妙子 .  リン脂質によるシアリダーゼの活性化機構 .  第75回日本生化学会東北支部会  第75回日本生化学会東北支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Momo Shiozaki, Kazuhiro Shiozaki, Setsuko Moriya, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  NEU3 possibly interacts with EGFR at cytoplasmic side of plasma membrane .  第81回日本生化学会大会  第81回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Keiko Hata, Momo Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  A possible mechanism of NEU3 activation at plasma membrane .  第81回日本生化学会大会  第81回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 塩崎一弘、山口壹範、宮城妙子 .  Activation of Met receptor-derived signaling by plasma membrane-associated sialidase (NEU3) .  第67回日本癌学会学術総会  第67回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 塩崎一弘、上村卓嗣、山口壹範、宮城妙子 .  シアリダーゼNEU1によるがん細胞の浸潤・転移抑制機構 .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Ikuro Sato, Taeko Miyagi .  Increased incidence of aberrant crypt foci (ACF) in mice overexpressing plasma membrane-associated sialidase NEU3 .  第80回日本生化学会大会  第80回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 山口壹範、塩崎一弘、小関弘恵知、宮城妙子 .  がんで高発現するシアリダーゼNEU3の発現調節機構の解析 .  第1回東北糖鎖研究会  第1回東北糖鎖研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    研究会

  • Momo Shiozaki, Kazunori Yamaguchi, Keiko Hata, Kazuhiro Shiozaki, Taeko Miyagi .  Plasma membrane-asociated sialidase NEU3 interacts with EGF receptor in specific domains .  第80回日本生化学会大会  第80回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Hidaki Yamanami, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  Down-regulation of sialidase NEU4 in colon cancer and its involvement of malignant phenotypes .  XIX International Symposium on Glycoconjugates  XIX International Symposium on Glycoconjugates国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 塩崎一弘、小関弘恵知、山口壹範、宮城妙子 .  シアリダーゼNeu4は神経細胞の分化を抑制する .  第72回日本生化学会東北支部会  第72回日本生化学会東北支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 塩崎一弘、山並秀章、山口壹範、宮城妙子 .  Sialidase NEU4は大腸がんの悪性形質を制御する .  生理学研究所研究会 病態糖鎖研究会  生理学研究所研究会 病態糖鎖研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Kazuhiro Shiozaki, Hideaki Yamanami, Takuji Uemura, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Taeko Miyagi .  Novel sialidase NEU4 suppresses cell motility of colon cancer cells through attenuation of E-selectin-derived signaling .  The 11th International Congress of Metastasis Research Society Jointed with the 15th Annual Meeting of Japanese Association for Metastasis Research  The 11th International Congress of Metastasis Research Society Jointed with the 15th Annual Meeting of Japanese Association for Metastasis Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:徳島  

    国際学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Kazunori Yamaguchi, Momo Shiozaki, Taeko Miyagi .  Developmental change of Neu4 expression in mouse brain and its involvement in neuronal cell differentiation .  Sialoglycoscience 2006  Sialoglycoscience 2006国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語  

    開催地:静岡  

    国際学会

  • 塩崎一弘、山並秀章、上村卓嗣、和田正、山口壹範、宮城妙子 .  新規シアリダーゼ(NEU4)による大腸がん細胞の接着・運動能の抑制とその機構 .  第26回日本糖質学会年会  第26回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Kazunori Yamaguchi, Momo Shiozaki, Taeko Miyagi .  Expression of sialidase Neu4 in mouse brain development and its functional significance .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 塩崎一弘、山並秀章、和田正、山口壹範、宮城妙子 .  新規シアリダーゼ(NEU4)によるヒト大腸がん細胞の接着・運動能の制御 .  第71回日本生化学会東北支部会  第71回日本生化学会東北支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • 塩崎一弘、中野俊樹、山口敏康、佐藤 実 .  ニジマスに対するヒスタミンの影響とステビア成分の解毒機構 .  平成17年度日本水産学会東北支部会  平成17年度日本水産学会東北支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Kazuhiro Shiozaki, Hideaki Yamanami, Tadashi Wada, Kazunori Yamaguchi, Tsuneaki Fujiya, Taeko Miyagi .  Down- regulation of sialidase NEU4 in human colon cancer and its pathological significance .  第78回日本生化学会大会  第78回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 塩崎一弘、中野俊樹、山口敏康、佐藤 実 .  キク科植物ステビア抽出物の養殖魚におけるヒスタミン解毒作用 .  財)漢方医薬研究振興財団 漢方医薬研究報告会  財)漢方医薬研究振興財団 漢方医薬研究報告会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Kazunori Yamaguchi, Tadashi Wada, Keiko Hata, Setsuko Moriya, Kazuhiro Shiozaki, Koichi Koseki, Taeko Miyagi .  Characterization of the NEU4 sialidase .  第77回日本生化学会大会  第77回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 塩崎一弘、中野俊樹、山口敏康、佐藤実、佐藤直彦 .  ニジマスのヒスタミン代謝に及ぼすステビア抽出物の添加 .  平成16年度日本水産学会大会  平成16年度日本水産学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 塩崎一弘、中野俊樹、山口敏康、佐藤実、佐藤直彦 .  ステビア抽出物のニジマスにおけるヒスタミン代謝酵素に与える影響について .  平成15年度日本水産学会大会  平成15年度日本水産学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 塩崎一弘、藤井晃子、高橋計介、中野俊樹、山口敏康、佐藤実、竹内昌昭、渡辺和夫、佐藤直彦 .  ニジマスにおけるステビア抽出物のヒスタミン解毒有効画分とその作用 .  平成12年度日本水産学会大会  平成12年度日本水産学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井  

    国内学会

  • 佐藤實、滝浪哲郎、塩崎一弘、山口敏康、熊谷勉、奚印慈、佐藤直彦 .  ステビア抽出物の抗酸化性分 .  第15回和漢医薬学会大会  第15回和漢医薬学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 塩崎一弘、藤井晃子、佐藤実、高橋計介、渡辺和夫、佐藤直彦 .  ニジマスにおけるステビア抽出物のヒスタミン解毒有効画分とその作用 .  第15回和漢医薬学会大会  第15回和漢医薬学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • E. tarda感染における魚類細胞の糖鎖リモデリングの意義解明

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • E. tarda感染における魚類細胞の糖鎖リモデリングの意義解明

    研究課題/領域番号:19K06223  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    塩崎 一弘

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本年度は、Edwardsiella tardaのNanAシアリダーゼとシアル酸代謝に注目して解析を行った。病原性の異なる菌株を用い、その感染能とNanAシアリダーゼ活性を比較したところ、病原性の高い株ほどNanA活性が高いことが明らかとなった。また、E. tardaゲノムをin silicoで解析したところ、2種のシアル酸代謝経路が予想された。ゲノム上では2つのN-neuraminate lyaseが存在しており、そのうち1つはNanA活性が低い株で高い発現が認められた。そこでシアル酸を培地に添加してE. tardaの増殖を検討したところ、グルコースの約半分の効率で栄養源として利用できることが分かり、Lyaseによるシアル酸分解が増殖に重要であることが明らかとなった。
    また、NanAにより遊離したシアル酸をCMPと結合させるCMP-NANA合成酵素の遺伝子発現を解析したところ、病原性の高い株で発現が亢進していた。そこで、E. tardaの菌体をリポ多糖(LPS)、糖タンパク質、糖脂質に分画し、そのシアル酸量を測定したところ、CMP-NANA合成酵素の発現パターンと同じく、高病原性株で高いシアル酸量を示した。興味深いことに、E. tardaのLPSにはかなりのシアル酸が含まれていることが判明し、他のバクテリアの報告と合わせて考えると、このシアル酸は宿主の免疫系細胞からの逃避に関与していることが推察された。本研究により、E. tardaのシアル酸を介した病原性発現のメカニズムが明らかになったことで、シアル酸代謝を標的としたE. tardaの感染抑制、治療薬の開発において有効な知見となると考えられる。

  • エドワジエラ症感染阻害物質を見つけだす迅速簡便な評価方法の開発

    研究課題/領域番号:19H00295  2019年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究  奨励研究

    二神 裕子, 塩崎 一弘

      詳細を見る

    配分額:540000円 ( 直接経費:540000円 )

    E. tarda感染能評価のため1)GFP遺伝子導入E. tardaをGAKS細胞に感染2)E. tardaをGAKS細胞に感染後、DAPIでゲノムDNAを染色3)NanAシアリダーゼ活性染色の3つを比検討した。in vitroでは1)が感評価に適しており、in vivoではreal-time PCRでGFP遺伝子の検出を行う方法が適していた。またゼブラフィッシュ仔魚で同じ実験を行ったところ、体が透明なためGFP導入E. tardaの観察が容易で、迅速簡便な評価方法としてより適していた。

  • 糖鎖関連分子に注目した養殖魚エドワジエラ症の新規予防・治療薬開発に関する研究

    2018年4月 - 2019年3月

    サンケイ科学振興財団  研究助成 

    塩崎 一弘

      詳細を見る

  • 魚類の摂餌行動に関与するpH感受性の分子細胞基盤の解明

    研究課題/領域番号:17K07943  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    池永 隆徳, 清原 貞夫, 塩崎 一弘

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    底棲性の海産真骨魚類であるゴンズイは海水の僅か0.1のpHの変化を感知し、これをゴカイなどの底質中の餌の探索に利用している。しかしながら、この鋭敏なpH感受性を担う受容体や細胞の種類は不明である。本研究では、この鋭敏なpH感受性を担う細胞や神経、および受容体を明らかにすることを目的としている。感覚刺激に対する細胞の応答は、生きた標本を用いた生理学的手法の他に、固定した標本において最初期遺伝子の一種であるc-fos遺伝子の発現を指標とする方法が利用されている。本年度は昨年度決定したゴンズイのc-fos遺伝子のcDNA配列をもとに作成したプローブを用いたin situ hybridization法を実施した。今回作成したプローブを用いたin situ hybridization法によって、神経細胞の活動依存的に発現するc-fos遺伝子の検出が可能であるかを検討するために、ペンチレンテトラゾール(PTZ) で処理したゴンズイ脳におけるc-fos遺伝子の発現をin situ hybridization法で検出することを試みた。また、未処理のゴンズイ脳に対しても同様にin situ hybridization法を実施し、これをPTZ処理したものと比較した。その結果、PTZで処理したゴンズイでは終脳や間脳を始め、脳全体でc-fos遺伝子を発現する細胞の数が増えていた。このことから、ゴンズイにおいてもc-fosの発現を指標に脳内の神経細胞の活動を検出することが可能であることが明らかとなった。また、触鬚より精製したmRNAを用いたトランスクリプトーム解析を開始した。

  • 魚類の摂餌行動に関与するpH感受性の分子細胞基盤の解明

    2017年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金:基盤(C) 

    池永隆徳

      詳細を見る

  • ゲノム編集技術を用いた魚類リソソームシアリダーゼの機能解析

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ゲノム編集技術を用いた魚類リソソームシアリダーゼの機能解析

    2016年4月 - 2019年3月

    文部科学省  科学研究費補助金:基盤(C) 

    塩崎 一弘

      詳細を見る

  • ゲノム編集技術を用いた魚類リソソームシアリダーゼの機能解析

    研究課題/領域番号:16K07876  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    塩崎 一弘

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    シアリダーゼは糖タンパク質や糖脂質のシアル酸を遊離させる糖鎖分解酵素である。そのうちNeu1シアリダーゼはリソソームに局在しており、哺乳類ではオートファジーや免疫、シアリドーシスに関係することが分かっている。一方、魚類ではリソソームシアリダーゼに関する知見が無いことから、本研究では魚類Neu1の生理機能解析を行った。
    Neu1の酵素学的性状は魚種間で保存されていた。Neu1ノックダウンメダカでは胚発生に異常が見られ、卵黄吸収抑制が認められた。ゲノム編集によりNeu1を欠失させたゼブラフィッシュでは、骨や筋肉関連の遺伝子発現が変化しており、成長に伴い骨の異常が多くみられるようになった。

  • 魚類における複合糖鎖および関連酵素の生理機能解析

    2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • Expression of sialidase in cancer and its significance

    JST Basic Research Programs (Core Research for Evolutional Science and Technology :CREST) 

      詳細を見る

  • シアリダーゼ制御による新規がん治療法・診断法の開発

    厚生労働省  厚生労働省科学研究費補助金 

    塩崎 一弘

      詳細を見る

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 高度分析・調査実習BCH

    機関名:鹿児島大学水産学研究科

  • 食品科学基礎実験

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 食品化学

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 食品・資源利用学特別指導

    機関名:鹿児島大学水産学研究科

  • 資源利用学演習

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 生物化学実験

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 水産食品科学

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 水産学とキャリア

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 情報活用

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 応用生命科学特論

    機関名:鹿児島大学連合農学研究科

  • 大学と地域

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 初年次セミナーI

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • 分子生物学

    機関名:鹿児島大学水産学部

  • Latest Analytical and Experimental Method (Biochemistry)

  • Fisheries Products Utilization

  • Fisheries Production Science

▼全件表示