2021/04/30 更新

写真a

ミツイ カオル
三井 薫
Kaoru MITSUI
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • 博士(医学) ( 2000年3月   久留米大学 )

  • 修士(学術) ( 1996年3月   筑波大学 )

研究キーワード

  • 再生医療

  • ES細胞

  • iPS細胞

  • ウイルスベクター

研究分野

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学  / 再生医学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学  / 遺伝子治療・再生医学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学  / 幹細胞生物学

  • ライフサイエンス / 解剖学  / 組織学

  • ライフサイエンス / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

▼全件表示

学歴

  • 久留米大学   医学研究科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 筑波大学   バイオシステム研究科

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 山梨大学   教育学部   総合科学課程(理数コース)

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   大学院 医歯学総合研究科   准教授

    2019年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院 医歯学総合研究科   講師

    2009年7月 - 2018年12月

  • 埼玉医科大学   ゲノム医学研究センター   助教

    2006年4月 - 2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 山梨大学   教育学部   非常勤講師

    2005年

  • 国立遺伝学研究所   系統生物研究センター   助教

    2003年5月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 奈良先端科学技術大学院大学   遺伝子教育研究センター   助教

    2000年4月 - 2003年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本解剖学会

    2013年6月 - 現在

  • 再生医療学会

    2000年3月 - 現在

  • 分子生物学会

    1996年3月 - 現在

 

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • iPS細胞の安全・高品質な作製技術

    三井 薫、小戝健一郎、他( 担当: 共著 ,  範囲: 第1章 iPS細胞作製・培養時における細胞のがん化メカニズムと検出・評価 【第5節 ウイルスを用いたがん化細胞(腫瘍化原因細胞)の除去技術の開発】)

    技術情報協会  2016年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:494   担当ページ:38-45   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • iPS細胞培養からがん化の恐れのある細胞を死滅させる方法

    三井 薫、小戝 健一郎

    PHARMSTAGE   15 ( 12 )   10 - 15   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:技術情報協会  

  • 多能性幹細胞の腫瘍化原因細胞をがん特異的制限増殖型アデノウイルスにより特異的に除去する新技術

    三井 薫、小戝 健一郎

    バイオインダストリー   33 ( 2 )   11 - 18   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:シーエムシー出版  

    本稿では、我々が独自開発したがん治療薬の「多因子制御によるがん特異的増殖型アデノウイルスベクター(m-CRA)」技術を応用した、多能性幹細胞の中の腫瘍化原因細胞の新たな除去技術を紹介する。m-CRAは腫瘍化原因細胞中のみで増殖し、これらを直接・特異的に殺傷・除去できるため、再生医療における腫瘍化阻止の新たな技術として期待される。

講演・口頭発表等

  • Ide K, Mitsui K, Kosai K .  A novel construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells from pluripotent stem cells. .  Internatinal Society for Stem Cell Research (ISSCR) 2018 Annual Meeting  Internatinal Society for Stem Cell Research (ISSCR)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne, Australia  

  • 三井薫、井手佳菜子、豊留宗一郎、小戝健一郎 .  多能性幹細胞由来腫瘍を直接殺傷除去する革新的なウイルスベクター技術の開発 .  第35回日本ヒト細胞学会学術集会  日本ヒト細胞学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:種子島、鹿児島県  

  • Mitsui Kaoru, Ide Kanako, Kosai Ken-ichiro .  Viral Vector-based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Cells: Novel Technologies for Safer Clinical Application of Pluripotent Stem Cell?based Regenerative Medicine .  第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会  日本遺伝子細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会  日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県長崎市  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化阻止のための新規レンチウイルスベクター技術の開発 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会  日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県長崎市  

  • 小戝 健一郎、三井 薫、井手 佳菜子、伊地知 暢広、入江 理恵 .  遺伝子治療、再生医療の独自開発技術の臨床応用と発生学への展望 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会  日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県長崎市  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化細胞を同定・殺傷する新規レンチウイルスヘ゛クターの効率的作製法の開発 .  第16回日本再生医療学会総会  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の多因子制御増殖型アデノウイルスによる多能性幹細胞の腫瘍化阻止の新技術?心筋分化系での検討 .  第16回日本再生医療学会総会  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞による再生医療の腫瘍化を根絶する新戦略:腫瘍化原因細胞を直接標的治療する独自ウイルスベクター技術の開発 .  第1回 日本遺伝子治療学会若手研究会セミナー  日本遺伝子治療学会若手研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化細胞を同定・標的殺傷する新規レンチウイルスヘ゛クターの開発 .  第39回 日本分子生物学会年会  日本分子生物学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川県横浜市  

  • 小戝 健一郎、三井 薫、井手 佳菜子 .  革新的か゛ん治療と幹細胞再生医療の腫瘍化克服を実現する独自開発の遺伝子治療・ウイルスヘ゛クター技術と応用 .  第39回 日本分子生物学会年会  日本分子生物学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川県横浜市  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の増殖制御型アテ゛ノウイルスヘ゛クターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発 .  第39回 日本分子生物学会年会  日本分子生物学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川県横浜市  

  • Shiori Waki, Hisashi Sahara, Kaoru Mitsui, Mitsuhiro Sekijima, Takahiro Murokawa, Takehiro Iwanaga, Yurika Ichinari, Kenichiro Kosai, Kazuhiko Yamada .  Efficacious combination of substrate and medium for feeder-free culture of naive porcine iPS .  The 26th International Congress of The Transplantation Society  The Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

  • Kaoru Mitsui, Kanako Ide, Ken-ichiro Kosai .  Conditionally replicating adenovirus specifically eliminates pluripotent stem cell-derived tumorigenic cells without adverse effects to differentiated cardiomyocytes .  第22回日本遺伝子細胞治療学会  日本遺伝子細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Kanako Ide, Kaoru Mitsui, Ken-ichiro Kosai .  A Novel System to Efficiently Construct Lentiviral Vectors that Identify and Eliminate Tumorigenic Cells in Pluripotent Stem Cells .  第22回日本遺伝子細胞治療学会  日本遺伝子細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Ken-ichiro Kosai, Kanako Ide, Kaoru Mitsui .  AN EFFICIENT CONSTRUCTION OF LENTIVIRAL VECTORS THAT IDENTIFY AND ELIMINATE TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  International Society for Stem Cell Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

  • Kaoru Mitsui, Kanako Ide, Ken-ichiro Kosai .  A NOVEL METHOD USING CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUS FOR SPECIFICALLY KILLING TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  International Society for Stem Cell Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

  • Kanako Ide, Kaoru Mitsui, Ken-ichiro Kosai .  An Efficient Construction of Lentiviral Vectors That Identify and Eliminate Tumorigenic Cells in Pluripotent Stem Cells .  ASGCT 19th Annual Meeting  The American Society of Gene & Cell Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington, DC  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  ヒトES/iPS細胞における再生医療の課題を克服する独自ウイルスベクターの開発 .  第121回日本解剖学会総会全国学術集会  日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福島県郡山市  

  • 井手 佳菜子,三井 薫,小戝 健一郎 .  ES/iPS細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチウイルスベクターの開発と治療効果 .  第15回日本再生医療学会総会  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによるES/iPS細胞の腫瘍化細胞治療技術の発展 .  第15回日本再生医療学会総会  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Kanako Ide, Kaoru Mitsui, Ken-ichiro Kosai .  多能性幹細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチウイルスヘ゛ クターの効率的作製法の開発 .  第74回日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県名古屋市  

  • Kaoru Mitsui, Kanako Ide, Ken-ichiro Kosai .  癌特異的増殖制御型アデノウイルスm-CRAによる腫瘍化多能性幹細胞の殺傷効果 .  第74回日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県名古屋市  

     Incomplete abolition of tumorigenicity creates potential safety concerns in clinical trials of regenerative medicine based on human pluripotent stem cells (hPSCs). Previously, we demonstrated that survivin-responsive conditionally replicating adenoviruses regulated with multiple factors (Surv.m-CRAs), which selectively replicate in and kill a broad range of cancer-cell types, are promising anticancer agents. Here we examined the therapeutic potentials of m-CRAs against hPSCs. The survivin promoter was more active in undifferentiated hPSCs than the TERT promoter, whereas both promoters were minimally active in differentiated normal cells. Accordingly, Surv.m-CRA killed undifferentiated hPSCs more efficiently than Tert.m-CRAs; both m-CRAs exhibited efficient viral replication and cytotoxicity in hPSCs, but not in co-cultured differentiated normal cells. Pre-infection of hPSCs with m-CRA abolished in vivo teratoma formation in a dose-dependent manner following hPSC implantation into mice. Thus, m-CRAs, in particular Surv.m-CRAs, are potentially useful as both potent anticancer drugs and as novel antitumorigenic agents in hPSC-based regenerative medicine.

  • Ide K., Mitsui K., Matsushita Y., Kosai K. .  An efficient construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells in pluripotent stem cells. .  第21回日本遺伝子治療学会総会  日本遺伝子治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Mitsui K., Ide K., Takayama A., Wada T., Irie R., Wang Y., Kosai K. .  Conditionally replicating adenovirus kills tumorigenic pluripotent stem cells. .  第21回日本遺伝子治療学会総会  日本遺伝子治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    Human pluripotent stem cells (hPSCs), including human embryonic stem cells (hESCs) and human induced pluripotent stem cells (hiPSCs), are promising sources of material for use in cell transplantation therapy. However, the risk of formation of tumors, including teratomas and cancers originating from contaminating undifferentiated and transformed cells, represents the most critical obstacle to the safe clinical application of hPSC-based regenerative medicine. Multiple approaches have been taken to improve safety by reducing the risk of carcinogenesis. However, most previous studies focused on improving generation of hiPSCs by eliminating potential oncogenic factors, such as the oncogene c-myc, or by integrating the reprogramming transgenes into chromosomes. Although these sorts of strategies, classified here as the first safety approach, reduce the reprogramming-associated oncogenic potential of hiPSCs, they cannot completely eliminate tumorigenic potentials due to the intrinsic characteristics of hPSCs. We previously developed a novel method (adenoviral conditional targeting) that securely isolated target cells from other cell types and undifferentiated hPSCs (Mol Ther. 14(5): 673-683. 2006 ; Cover & News in the issue of the journal). This method, which can increase the efficacy and safety of hPSC-based regenerative medicine by decreasing tumorigenicity, is classified here as the second safety approach. Strategies that can directly target and kill, rather than merely inhibit, tumorigenic cells are classified here as the third safety approach (See Ide’s presentation). Conditionally replicating adenoviruses (CRAs), also called oncolytic adenoviruses, can selectively replicate in and kill cancer cells; consequently, CRAs represent attractive anticancer drugs. Previously, we developed a method for generating CRAs that can target cancers with multiple cancer-specific factors (m-CRAs); this approach further increased cancer specificity without reducing the anticancer effects. We also demonstrated that among candidate m-CRAs, survivin-responsive m-CRA (Surv.m-CRA) is one of the most promising anticancer agents, in two respects: superior cancer specificity (i.e., safety) and therapeutic efficacy relative to clinically tested telomerase reverse transcriptase (TERT)-responsive m-CRAs (Tert.m-CRAs), and strong anticancer effects against currently incurable cancer stem cells. Based on our careful and extensive preclinical studies, we have a plan to start the investigator initiated first-in-human clinical trial of Surv.m-CRA for malignant orthopedic tumors after J-IND approval, hopefully, this year (as presented in a preclinical symposium session). Here, we demonstrate that m-CRAs may also be useful as novel antitumorigenic agents in hPSC-based therapy. We show that the survivin promoter was more active in undifferentiated hPSCs than the TERT promoter, whereas both promoters were minimally active in differentiated normal cells. Accordingly, Surv.m-CRA killed undifferentiated hPSCs more efficiently than Tert.m-CRA; both m-CRAs exhibited efficient viral replication and cytotoxicity in undifferentiated hPSCs, but not in co-cultured differentiated normal cells. Pre-infection of hPSCs with Surv.m-CRA or Tert.m-CRA abolished in vivo teratoma formation in a dose- dependent manner following hPSC implantation into mice. Thus, we demonstrate that m-CRAs, in particular Surv.m-CRAs, are potentially useful as both potent anticancer drugs and as novel antitumorigenic agents in hPSC-based regenerative medicine; in the latter context, the viruses act by specifically killing contaminating undifferentiated hPSCs.

  • 三井薫、井手佳菜子、高山明子、和田忠久、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たなES/iPS細胞の腫瘍化細胞治療技術の開発 .  第14回日本再生医療学会総会  第14回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 井手佳菜子、三井薫、松下洋平、小戝健一郎 .  ES/iPS細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチウイルスベクターの効率的作製法の開発 .  第14回日本再生医療学会総会  第14回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 三井薫、井手佳菜子、王宇清、入江理恵、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた新たなES/iPS細胞の腫瘍化細胞除去方法の開発 .  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 三井薫、高橋知之、井手佳菜子、小戝健一郎 .  アデノウイルスベクターでのヒト多能性幹細胞への高効率遺伝子導入技術の開発 .  第13回日本再生医療学会総会  第13回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 松下洋平、井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞の再生医療応用における新規腫瘍化阻止技術の開発(2)マウス ES 細胞 での検証 .  第7回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第7回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞の再生医療応用における新規腫瘍化阻止技術の開発(1)ヒト ES 細胞での検証 .  第7回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第7回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  増殖型アデノウイルスベクターを用いた安全なヒトES/iPS細胞治療の開発 .  第6回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第6回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Kiyonori Tanoue, Yuqing Wang, Minako Ikeda, Kaoru Mitsui, Takao Setoguchi, Setsuro Komiya, Shoji Natsugoe and Ken-ichiro Kosai. .  SURVIVIN-RESPONSIVE CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUS EFFICIENTLY KILLS RHABDOMYOSARCOMA-INITIATING CELLS: APROMISING m-CRA STRATEGY FOR TREATING CANCER STEM CELLS .  第18回日本遺伝子治療学会学術集会  第18回日本遺伝子治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 田上聖徳、王宇清、池田美奈子、三井薫、瀬戸口啓夫、小宮節郎、夏越祥次、小戝健一郎 .  独自開発の増殖型アデノウイルスベクターで癌幹細胞は効果的に治療できる .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小戝健一郎、三井薫、王宇清、高橋知之 .  ヒトES/iPS細胞での再生医療の課題を克服する独自のアデノウイルスベクターの発現技術の開発 .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 三井薫、井手佳菜子、高山明子、小戝健一郎 .  増殖型アデノウイルスベクターを用いた安全なヒトES/iPS細胞治療の開発 .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 尾形 彰, 三井 薫, 小戝 健一郎 .  同定・単離技術を中心としたヒトES 細胞/iPS 細胞による再生医学の研究 .  第5回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第5回 桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 高山明子、和田忠久、田上聖徳、王宇清、三井薫、武田泰生、山田勝士、小戝健一郎 .  革新的な癌治療薬を目指したオリジナルの癌特異的増殖型アデノウイルスの開発 .  第27回 日本薬学会九州支部大会  第27回 日本薬学会九州支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Mitani K, Mitsui K, Suzuki K, Aizawa E, Kawase E, Suemori H, Nakatsuji N. .  Gene targeting in human pluripotent stem cells with adeno-associated virus vectors .  第16回 日本遺伝子治療学会学術集会  第16回 日本遺伝子治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 三谷幸之介, 鈴木啓一郎, 三井薫, 相澤絵美 .  ヒト多能性幹細胞におけるウイルスベクターを用いた遺伝子ターゲッテッング .  第9回日本再生医療学会総会  第9回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • Ko Mitani, Keiichiro Suzuki, Yuka Hirabayashi, Kaoru Mitsui, Emi Aizawa .  Comparison of viral veetors for gene repair therapy of inherited disorders using human induced pluripotent stem cells .  第1回アジア先天代謝異常学会会議  第1回アジア先天代謝異常学会会議国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 山本 芳丈, 三井 薫, 小戝 健一郎, 宮脇 正一 .  骨芽細胞へのiPS細胞分化過程におけるES細胞と比較したMsx2の影響 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2017年10月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ウイルスベクターを用いた相同組換えによるヒトES細胞の染色体操作法の開発と研究用モデル細胞の創製

    2006年

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

 

担当経験のある授業科目

  • 再生・移植学

    機関名:鹿児島大学医歯学総合研究科(修士)

  • 人体の構造と機能

    機関名:鹿児島大学医歯学総合研究科(修士)

  • 医学生物学

    機関名:鹿児島大学医学部

  • 解剖学I

    機関名:鹿児島大学医学部

  • 最先端医療を創出するバイオ研究

    機関名:鹿児島大学(共通教育)

  • 幹細胞と再生医学

    機関名:鹿児島大学

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 韮崎高等学校SSH 鹿児島科学研修

    役割:講師

    韮崎高等学校SSH  2016年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 鹿児島実業高等学校 出前授業

    役割:講師

    鹿児島実業高等学校  鹿児島実業高校  2015年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    「幹細胞と再生医学」の講義

  • 宮崎第一中学高等学校 出前授業

    役割:講師

    宮崎第一中学高等学校  宮崎第一中学高等学校  2015年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    「幹細胞と再生医学」の講義

  • 韮崎高等学校SSH 鹿児島科学研修

    役割:講師

    韮崎高等学校SSH  2015年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    「幹細胞と再生医学」についての講義

  • 韮崎高等学校SSH 鹿児島科学研修

    役割:講師

    韮崎高等学校SSH  2014年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    「幹細胞と再生医学」についての講義

  • 韮崎高等学校SSH 鹿児島科学研修

    役割:講師

    韮崎高等学校SSH  2013年3月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    「幹細胞と再生医学」についての講義

▼全件表示