2022/07/25 更新

写真a

サハラ ヒサシ
佐原 寿史
SAHARA Hisashi
所属
総合科学域共同学系 先端科学研究推進センター 生命科学動物実験ユニット・ 大動物研究推進部門 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2011年1月   京都大学 )

研究キーワード

  • 虚血再灌流傷害

  • 異種移植

  • 肺移植

  • ミニブタ

  • 虚血再灌流障害

  • 肺移植

  • 硫化水素

  • 異種移植

  • 免疫寛容

  • 一酸化炭素

  • ミニブタ

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器外科学

経歴

  • 鹿児島大学   先端科学研究推進センター 生命科学動物実験ユニット 大動物研究推進部門   准教授

    2022年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医用ミニブタ・先端医療開発研究センター   准教授

    2014年4月 - 2022年3月

  • 鹿児島大学   准教授

    2012年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本臓器保存生物医学会

    2010年5月 - 現在

  • 日本臓器保存生物医学会

    2010年5月 - 現在

  • 日本移植学会

    2008年9月

  • 国際移植学会

    2008年6月 - 現在

  • 国際異種移植学会

    2008年6月 - 現在

  • International Xenotransplantation Association

    2008年6月 - 現在

  • The Transplantation Society

    2008年6月 - 現在

  • アメリカ移植学会

    2006年10月 - 現在

  • American Society of Transplantation

    2006年10月 - 現在

  • 国際心肺移植学会

    2005年2月 - 現在

  • The International Society of Heart & Lung Transplantation

    2005年2月 - 現在

  • 日本外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本呼吸器外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本胸部外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本呼吸器外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本胸部外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本外科学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本先進医工学ブタ研究会

  • 日本異種移植研究会

▼全件表示

委員歴

  • 日本先進医工学ブタ研究会   世話人  

  • 日本呼吸器外科学会   評議員  

  • 日本臓器保存生物医学会   異種移植プロジェクト委員・国際交流委員  

  • 日本臓器保存生物医学会   理事  

  • 日本異種移植研究会   世話人  

 

論文

  • 関島 光裕, 佐原 寿史, 尊田 和徳, 白石 幸三 .  特集 油断大敵! 透析医療-泌尿器科医が知っておくべき危機管理からトラブル対処法まで 〈透析時のトラブル対処法〉 アクセス瘤に対する治療戦略 .  臨床泌尿器科75 ( 8 ) 574 - 578   2021年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1413207292

  • Murokawa T, Sahara H, Sekijima M, Pomposelli T, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K. .  The protective effects of carbon monoxide against hepatic warm ischemia-reperfusion injury in MHC-inbred miniature swine. .  J Gastrointest Surg24 ( 5 ) 974 - 982   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Gastrointestinal Surgery  

    DOI: 10.1007/s11605-019-04283-0

    Scopus

    PubMed

  • Watanabe H, Ariyoshi Y, Pomposelli T, Takeuchi K, Ekanayake-Alper DK, Boyd LK, Arn SJ, Hawley RJ, Sahara H, Shimizu A, Ayares D, Lorber MI, Sykes M, Sachs DH, Yamada K. .  Intra-bone bone marrow transplantation from hCD47 transgenic pigs to baboons prolongs chimerism to >60 days and promotes increased porcine lung transplant survival. .  Xenotransplantation27 ( 1 ) e12552   2020年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Xenotransplantation  

    DOI: 10.1111/xen.12552

    Scopus

    PubMed

  • Sekijima M, Sahara H, Shimizu A, Iwanaga T, Murokawa T, Ariyoshi Y, Pomposelli T, Khosravi Maharlooei M, Sykes M, Yamada K. .  Preparation of hybrid porcine thymus containing non-human primate thymic epithelial cells in miniature swine. .  Xenotransplantation26 ( 6 ) e12543   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Xenotransplantation  

    DOI: 10.1111/xen.12543

    Scopus

    PubMed

  • Wakamatsu M, Yamanouchi H, Sahara H, Iwanaga T, Kuroda R, Yamamoto A, Minami Y, Sekijima M, Yamada K, Kajiya K. .  Catechin and caffeine contents in green tea at different harvest periods and their metabolism in miniature swine. .  Food Science & Nutrition7 ( 8 ) 2769 - 2778   2019年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Food Science and Nutrition  

    DOI: 10.1002/fsn3.1143

    Scopus

    PubMed

  • Watanabe H, Sahara H, Nomura S, Tanabe T, Ekanayake-Alper DK, Boyd LK, Louras NJ, Asfour A, Danton MA, Ho SH, Arn SJ, Hawley RJ, Shimizu A, Nagayasu T, Ayares D, Lorber MI, Sykes M, Sachs DH, Yamada K. .  GalT-KO pig lungs are highly susceptible to acute vascular rejection in baboons, which may be mitigated by transgenic expression of hCD47 on porcine blood vessels. .  Xenotransplantation25 ( 5 ) e12391   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/xen.12391

  • Sahara H, Sekijima M, Ariyoshi Y, Kawai A, Miura K, Waki S, Nathan L, Tomita Y, Iwanaga T, Nakano K, Matsunari H, Date H, Nagashima H, Shimizu A, Yamada K. .  Effects of carbon monoxide on early dysfunction and microangiopathy following GalT-KO porcine pulmonary xenotransplantation in cynomolgus monkeys .  Xenotransplantation25 ( 1 )   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sahara H, Watanabe H, Pomposelli T, Yamada K. .  Lung xenotransplantation .  Curr Opin Organ Transplant22 ( 6 ) 541 - 548   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MOT.0000000000000465

  • Sekijima M, Sahara H, Miki K, Villani V, Ariyoshi Y, Iwanaga T, Tomita Y, Yamada K. .  Hydrogen sulfide prevents renal ischemia-reperfusion injury in CLAWN miniature swine. .  J Surg Res219   165 - 172   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 110.1016/j.jss.2017.05.123.

  • Tanabe T, Watanabe H, Shah JA, Sahara H, Shimizu A, Nomura S, Asfour A, Danton M, Boyd L, Dardenne Meyers A, Ekanayake-Alper DK, Sachs DH, Yamada K. .  Role of intrinsic (graft) versus extrinsic (host) factors in the growth of transplanted organs following allogeneic and xenogeneic transplantation. .  American Journal of Transplantation17 ( 7 ) 1778 - 1790   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ajt.14210

  • Miura K, Sahara H, Waki S, Kawai A, Sekijima M, Kobayashi T, Zhang Z, Wakai T, Shimizu A, Yamada K. .  Development of the intestinal transplantation model with major histocompatibility complex inbred CLAWN miniature swine. .  Transplantation Proceedings48 ( 4 ) 1315 - 1319   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2016.01.023.

  • Miura K, Sahara H, Sekijima M, Kawai A, Waki S, Nishimura H, Setoyama K, Clayman ES, Shimizu A, Yamada K. .  Protective effect of neutralization of the extracellular high-mobility group box-1 on renal ischemia-reperfusion injury in miniature swine. .  Transplantation98 ( 9 ) 937 - 943   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sekijima, M. Waki, S. Sahara, H. Tasaki, M. Wilkinson, R. A. Villani, V. Shimatsu, Y. Nakano, K. Matsunari, H. Nagashima, H. Fishman, J. A. Shimizu, A. Yamada, K .  Results of life-supporting GalT-KO kidneys in cynomolgus monkeys using two different sources of GalT-KO swine. .  Transplantation98 ( 4 ) 419 - 426   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimatsu Y, Yamada K, Horii W, Hirakata A, Sakamoto Y, Waki S, Sano J, Saitoh T, Sahara H, Shimizu A, Yazawa H, Sachs DH, Nunoya T .  Production of cloned NIBS (Nippon Institute for Biological Science) and α-1, 3-galactosyltransferase knockout MGH miniature pigs by somatic cell nuclear transfer using the NIBS breed as surrogates .  Xenotransplantation20 ( 3 ) 157 - 164   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐原寿史、脇 詩織、関島光裕、三浦宏平、河合昭浩、清水 章、山田和彦 .  常温体外肺循環回路(EVLP)下での一酸化炭素吸入によるミニブタ移植肺への効果. .  今日の移植25 ( 6 ) 495 - 499   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oku M, Okumi M, Shimizu A, Sahara H, Setoyama K, Nishimura H, Sada M, Scalea J, Ido A, Tsubouchi H, Yamada K .  Hepatocyte growth factor sustains Tregs and prolongs the survival of kidney allografts in MHC-inbred CLAWN-miniature swine. .  Transplantation93 ( 2 ) 148 - 155   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Veillette GR, Sahara H, Meltzer AJ, Weiss MJ, Iwamoto Y, Kim KM, Rosengard BR, Allan JS, Houser SL, Sachs DH, Benichou G, Madsen JC .  Autoimmune sensitization to cardiac myosin leads to acute rejection of cardiac allografts in miniature swine. .  Transplantation91 ( 11 ) 1187 - 1191   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sahara H, Shimizu A, Setoyama K, Oku M, Okumi M, Nishimura H, Oriyanhan W, Tasaki M, Scalea J, Wada H, Bando T, Date H, Yamada K .  Beneficial effects of perioperative low-dose inhalation of carbon monoxide on pulmonary allograft survival in MHC-inbred CLAWN miniature swine .  Transplantation90 ( 12 ) 1336 - 1343   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sahara H, Shimizu A, Setoyama K, Okumi M, Oku M, Samelson-Jones E, Yamada K .  Carbon monoxide reduces pulmonary ischemia-reperfusion injury in miniature swine. .  J Thorac Cardiovasc Surg139 ( 6 ) 1594 - 1601   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakai H, Nakano Y, Muro S, Hirai T, Takubo Y, Oku Y, Hamakawa H, Takahashi A, Sato T, Chen F, Sahara H, Fujinaga T, Sato K, Sonobe M, Shoji T, Miyahara R,Okubo K, Bando T, Hirata T, Date H, Mishima M .  Age-related changes in the trachea in healthy adults .  Adv Exp Med Biol662   115 - 120   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Weiss MJ, Guenther DA, Mezrich JD, Sahara H, Ng CY, Meltzer AJ, Sayre JK, Cochrane ME, Pujara AC, Houser SL, Sachs DH, Rosengard BR, Allan JS, Benichou G, Madsen JC .  The indirect alloresponse impairs the induction but not maintenance of tolerance to MHC class I-disparate allografts .  Am J Transplant9 ( 1 ) 105 - 113   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 【油断大敵! 透析医療-泌尿器科医が知っておくべき危機管理からトラブル対処法まで】透析時のトラブル対処法 アクセス瘤に対する治療戦略

    関島 光裕, 佐原 寿史, 尊田 和徳, 白石 幸三

    臨床泌尿器科   75 ( 8 )   574 - 578   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ・アクセス瘤の治療においては,緊急性の判断が重要である.・短期的・長期的合併症を考慮し,機能温存を目指した再建術を図る.・アクセス瘤の予防のための管理・ケアが必要である.

  • 【腎移植の現況と残された課題】異種移植のヒトへの応用

    関島 光裕, 佐原 寿史, 山田 和彦

    腎と透析   87 ( 1 )   128 - 131   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 腎移植の現況と残された課題. 異種移植のヒトへの応用.

    関島光裕, 佐原寿史, 山田和彦

    #I腎と透析#IR   87 ( 1 )   128 - 131   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 夢ではなくなった異種臓器移植と免疫寛容誘導戦略の重要性 :独自の免疫寛容誘導療法による異種移植の臨床応用への試み

    山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕

    #IOrgan Biology#IR   25 ( 2 )   169 - 175   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【糖尿病と腎疾患2015】糖尿病性腎症の病理と基礎研究の最前線. 新たな膵臓、膵ラ氏島移植による糖尿病性腎症の制御

    山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕

    #I腎と透析#IR   78 ( 6 )   131 - 137   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【毒ガス?いいえ治療薬です】新たな治療薬としての一酸化炭素への期待.

    佐原寿史, 関島光裕, 山田和彦

    #I臨床麻酔#IR   39 ( 6 )   855 - 864   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 異種移植は前臨床大動物実験成果としてすでに数ヵ月から年単位の臓器生着に至っている

    佐原寿史, 松本慎一, 山田和彦

    #IOrgan Biology#IR   22 ( 1 )   23 - 30   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【移植医療の未来像-次の半世紀へ向けて-】異種移植の未来動向

    佐原寿史, 関島光裕, 山田和彦

    #I移植#IR   50 ( 1 )   323 - 330   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【腎移植にかかわる医療従事者の役割と最新の知識】 異種間移植の展望

    山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕

    #I腎と透析#IR   78 ( 1 )   139 - 146   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【移植・再生医学最前線】移植医療の現状と展望. 異種移植. 臨床応用をめざした前臨床研究の進歩

    佐原寿史, 山田和彦

    #I消化器外科#IR   37 ( 8 )   1279 - 1285   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【移植医療の新たな展開】異種移植はどこまできたか

    佐原寿史, 山田和彦

    #IMedical Science Digest#IR   40 ( 12 )   582 - 585   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 大動物を用いた前臨床虚血再灌流障害モデルの作製とマージナルドナー活用戦略

    山田和彦, 佐原寿史

    #IOrgan Biology#IR   20 ( 2 )   122 - 130   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ドナーに対する一酸化炭素吸入療法による移植肺生着延長効果-前臨床ミニブタモデルを用いた新たな臓器保存方法への発展

    佐原寿史, 山田和彦

    #IOrgan Biology#IR   19 ( 1 )   25 - 28   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【臓器移植の新時代】 研究の新しい展開 異種臓器移植の臨床応用をめざして: 前臨床異種移植はここまで進んでいる

    山田和彦, 佐原寿史

    #I医学のあゆみ#IR   237 ( 5 )   559 - 566   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 佐原寿史. .  ワークショップ 呼吸器1「肺移植における抗HLA抗体と抗体関連拒絶反応」「抗体関連拒絶反応を理解するための大動物モデル確立の重要性」 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋市  

  • Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A. .  Upregulation of intragraft inflammatory cytokine is associated with pulmonary allograft rejection in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 40th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal  

  • 佐原寿史. .  シンポジウム「前臨床異種肺移植研究の現状と課題」 .  第22回日本異種移植研究会.   招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台市  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦. .  MHC 確立ミニブタを用いた慢性移植実験系の意義. .  第72回日本胸部外科学会定期学術集会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 岩永健裕, 市成ゆりか, 山田和彦. .  慢性評価を可能とするブタ同所性肝移植モデル-MHC確立CLAWN系ミニブタを用いた前臨床研究-. .  第7回日本先進医工学ブタ研究会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:今治市  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 有吉勇一, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦. .  MHC確立CLAWNミニブタを用いた長期生存ブタ同所性肝移植モデルの確立. .  第55回日本移植学会総会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 近藤晃, 佐多荘司郎, 持田康子, 永野武志, 尊田和徳, 白石幸三, 山田和彦. .  短期留置型および永久留置型カテーテル透析における脱血不全と再循環率の検討.. .  第23回日本アクセス研究会学術集会・総会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • Ariyoshi Y, Takeuchi K, Pomposelli T, Ekanayake-Alper D, Schuetz C, Sahara H, Arn S, Boyd L, Estime E, Arn S, Ayares D, Lorber M, Sykes M, Sachs D, Yamada K. .  Newly-revealed antibody targets lead to the early loss of triple knockout pig kidneys in a pig to baboon model. .  American Transplant Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston  

  • Sahara H, Ariyoshi Y, Sekijima M, Iwanaga T, Shimizu A, Yamada K. .  Effects of static subnormothermic preservation of extended warm ischemic porcine kidneys assessed by ex-vivo Machine perfusion and renal transplant model. .  American Transplant Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston  

  • 山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕, 渡邉洋之助, 有吉勇一, 竹内和博 .  シンポジウム「What additional genes should be altered and what immunologic strategy should be included for successful clinical xeno transplantation」 .  第21回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:沖縄県  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 室川剛廣, 有吉勇一, 岩永健裕, 市成ゆりか, 山田和彦. .  ブタ・霊長類間異種免疫寛容を目指したハイブリッド胸腺の確立とその有用性. .  第21回日本異種移植研究会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:那覇市  

  • 佐原寿史 .  スポンサードセミナー1「異種肺移植成績向上を目指した挑戦 ~日米における前臨床異種移植実験から見えてきた課題」 .  第35回日本肺および心肺移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:長崎県  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 山田和彦, 尊田和徳, 白石幸三. .  当施設におけるヘパリン共有結合型e-PTFE人工血管と従来型e-PTFE人工血管との開存率の比較・検討. .  第21回日本アクセス研究会学術集会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島市  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 山田和彦 .  シンポジウ2「医療用ブタの産業化にまつわる課題」「固形臓器の異種移植の展望」. .  第6回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡県  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 小川勇一, 三木克幸, 室川剛廣, 三浦宏平, 岩永健裕, 市成ゆりか, 渕之上昌平, 清水 章, 山田和彦. .  肝・小腸移植による新たな免疫寛容誘導戦略の確立-MHC確立クラウン系ミニブタを用いた評価. .  第6回日本先進医工学ブタ研究会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島市  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 小川勇一, 三木克幸, 室川剛廣, 三浦宏平, 岩永健裕, 市成ゆりか, 渕之上昌平, 清水 章, 山田和彦 .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた肝・小腸移植モデルにおける免疫寛容誘導の確立. .  第54回日本移植学会総会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 関島光裕, 佐原寿史, 有吉勇一, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦. .  ブタ・霊長類間異種免疫寛容を目指したハイブリッド胸腺の確立とその有用性. .  第54回日本移植学会総会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Murokawa T, Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K. .  Inhalation of carbon monoxide protects liver against warm ischemia-reperfusion injury in CLAWN miniature swine. .  TTS2018 (27th International Congress of The Transplantation Society)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Madrid  

  • Sekijima M, Ariyoshi Y, Sahara H, Kawai A, Iwanaga T, Murokawa T, Ichinari Y, Shimizu A, Kusaka M, Yamada K. .  Effects of static subnormothermic preservation on extended warm ischemic porcine kidneys assessed by normothermic machine perfusion and renal transplantation. .  TTS2018 (27th International Congress of The Transplantation Society)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Madrid  

  • Sahara H, Sekijima M, Murokawa T, Iwanaga T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K. .  Induction of tolerance to fully allogeneic pulmonary allograft by adenosine A2A receptor agonist in MHC-defined CLAWN miniature swine. .  TTS2018 (27th International Congress of The Transplantation Society)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Madrid  

  • Watanabe H, Nomura S, Sahara H, Pomposelli T, Ariyoshi Y, Boyd KL, Ekanayake-Alper D, Tanabe T, Glor H, Arn S, Hawley RJ, Shimizu A, Ayares D, Lorber M, Sykes M, Sachs DH, Yamada K. .  Transgenic expression of hCD47 on vessels in porcine GalTKO lung grafts in baboons may mitigate acute vascular rejection in baboons: Up to 13 days graft survival in baboons. .  TTS2018 (27th International Congress of The Transplantation Society)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Madrid  

  • Murokawa T, Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K. .  Carbon monoxide can ameliorate hepatic warm ischemia-reperfusion injury in a preclinical miniature swine model. .  ILTS (International Liver Transplantation Society) 2018 Annual Congress  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦. .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた慢性肺移植実験基礎モデル. .  第35回日本呼吸器外科学会定期学術集会.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

  • Sekijima M, Hachisuka K, Ide H, Morita S, Masaki N, Sata S, Sonda K, Shiraishi K, Sahara H, Yamada K. .  Effect of heparin bonded e-polytetrafluoroethylene (e-PTFE) grafts (PROPARTENR) on the improvement of long-term patency rates in hemodialysis patients. .  Vascular Access for Hemodialysis Symposium2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: New Orleans  

  • 山田和彦, 佐原寿史. .  独自免疫寛容誘導療法を用いたブタ・ヒヒ間異種腎・異種肺移植-6か月以上の正常ブタ腎機能とブタ特異的免疫無反応ならびに世界最長のブタ肺生着. .  第20回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市  

  • 関島光裕, 井出大志, 佐多荘司郎, 佐原寿史, 山田和彦, 尊田和徳, 白石幸三. .  ACUSEALR を用いた静脈?静脈バイパス術における当院の取り組みとその成果. .  第23回バスキュラーアクセスインターベンション治療(VAIVT)研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Murokawa T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K. .  The beneficial role of adenosine A2A receptor agonist on tolerance induction to fully allogeneic pulmonary allograft in large animal model. .  The 15th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cebu, Philippines  

  • Sekijima M, Kawai A, Ariyoshi Y, Sahara H, Iwanaga T, Murokawa T, Ichinari Y, Shimizu A, Kusaka M, Yamada K .  Beneficial effects of static subnormothermic preservation of extended warm ischemic kidneys assessed by ex-vivo machine perfusion and orthotopic renal transplant model in CLAWN miniature swine. .  The 15th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cebu, Philippines  

  • Murokawa T, Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Effects of exogenous administration of carbon monoxide on ameliorating hepatic warm ischemia-reperfusion injury in CLAWN miniature swine. .  The 15th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cebu, Philippines  

  • Iwanaga T, Sahara H, Sekijima M, Murokawa T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  MHC-defined CLAWN miniature as a valuable model for preclinical translational research in transplantation. .  The 15th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cebu, Philippines  

  • 山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕 .  シンポジウム7「異種移植」「夢ではなくなった異種臓器移植と免疫寛容誘導戦略の重要性」 .  第44回日本臓器保存生物医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪市  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水章, 山田和彦. .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた慢性肺移植実験基礎モデル. .  第35回日本呼吸器外科学会定期学術集会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 山田和彦 .  シンポジウム7「異種移植」「世界最長の GalT-KO ブタ・霊長類間異種移植肺生着への道のりと今後の課題」 .  第44回日本臓器保存生物医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪市  

  • Sahara H. .  招待講演Session 2: Regenerative biomedical research using Minipig: Translational transplantation research using MHC-defined CLAWN miniature swine. .  2017 KIT Minipig International Forum  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Korea  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 有吉勇一, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦 .  シンポジウム3「創薬・医療機器開発におけるブタの利用」「クラウン系ミニブタを用いた産学共同医療機器開発前臨床研究から実用化への展望」. .  第5回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡県  

  • 山田和彦, 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 有吉勇一, 岩永健裕, 市成ゆりか, 清水 章. .  シンポジウム1「異種移植・再生医療研究領域での研究開発と課題」「先進医工学ブタを用いた異種移植・再生医療研究の進展」. .  第5回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡県  

  • 関島光裕, 棈松昌彦, 佐原寿史, 岩永健裕, 脇 詩織, 室川剛廣, 三浦直樹, 市成ゆりか, 小宮節郎, 山田和彦. .  クラウン系ミニブタ脊髄損傷モデル. .  第5回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島市  

  • 室川剛廣, 佐原寿史, 関島光裕, 岩永健裕, 有吉勇一, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦. .  肝温虚血再灌流障害に対する一酸化炭素吸入の有効性~クラウン系ミニブタを用いた前臨床研究. .  第5回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島市  

  • 佐原寿史, 渡邊洋之助, 土肥良一郎, 清水 章, 永安 武, 山田和彦 .  GalT-KOブタ・霊長類間異種肺移植の成績向上. .  第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市  

  • Watanabe H, Sahara H, Nomura S, Tanabe T, Doi R, Ekanayake-Alper D, Boyd L, Danton M, Arn J, Hawley J, Shimizu A, Lorber M, Sykes M, Sachs D, Yamada K. .  Histologically proven survival of porcine lung xenografts in baboons for up to 10 days using double transgenic hCD47/hCD55 GalT-KO donors. .  14th Congress IXA (International Xenotransplantation Association 2017)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Baltimore  

  • Yamada K, Tanabe T, Lanaspa M, Watanabe H, Rivard C, Sekijima M, Shah J, Tasaki M, Sahara H, Shimizu A, Sachs D, Johnson R. .  The roles of CD80 upregulation and human CD47 expression on glomerular podocytes in development of proteinuria following pig-to baboon renal xenotransplantation. .  14th Congress IXA (International Xenotransplantation Association 2017)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Baltimore  

  • 佐原寿史, 岩永健裕, 瀬戸山健太郎, 関島光裕, 室川剛廣, 有吉勇一, 市成ゆりか, 山田和彦 .  シンポジウム「実験動物としてのブタ-最新の応用例から動物福祉まで-」「MHC確立クラウン系ミニブタを用いた前臨床同種・異種移植研究の実際」 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島市  

  • 室川剛廣, 佐原寿史, 関島光裕, 岩永健裕, 有吉勇一, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦 .  クラウン系ミニブタを用いた肝虚血再灌流障害(IRI)に対する一酸化炭素(CO)の有効性評価. .  第53回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:旭川市  

  • 関島光裕, 有吉勇一, 佐原寿史, 岩永健裕, 室川剛廣, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦 .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた慢性大動物移植実験による常温灌流保存法(NMP法: Normothermic Machine Perfusion)の有効性評価 .  第53回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:旭川市  

  • 山田和彦, 田邉 起, 佐原寿史, 関島光裕, 田﨑正行 .  臓器横断的シンポジウム7「移植後における免疫寛容の誘導」「独自の胸腺移植併用による異種腎移植と遺伝子改変による6か月以上のブタ・ヒヒ間正常異種腎機能と免疫学的抗体ドナー無反応の達成」 .  第53回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:旭川市  

  • 佐原寿史, 岩永健裕, 関島光裕, 有吉勇一, 室川剛廣, 市成ゆりか, 清水 章, 山田和彦 .  臓器横断的シンポジウム7「移植後における免疫寛容の誘導」「MHC確立クラウン系ミニブタ脳死肺移植モデルを用いた新たな免疫寛容誘導戦略」 .  第53回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:旭川市  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 岩永健裕, 市成ゆりか, 山田和彦 .  MHC確立クラウンミニブタを用いたアデノシンA2A受容体アゴニスト(CGS21680)投与による移植肺免疫寛容誘導. .  第34回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

  • Ariyoshi Y, Sekijima M, Sahara H, Murokawa T, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of hydrogen sulfide (H2S) on renal ischemia-reperfusion Injury (IRI) in CLAWN miniature swine. .  AUA2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston  

  • Sahara H, Sekijima M, Murokawa T, Ariyoshi Y, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Successful induction of tolerance of fully allogeneic lung graft with adenosine A2A receptor (A2AR) agonist in MHC-defined CLAWN miniature swine. .  American Transplant Congress 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月 - 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago  

  • Ariyoshi Y, Sekijima M, Sahara H, Murokawa T, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of hydrogen sulfide (H2S) on renal ischemia-reperfusion Injury (IRI) in CLAWN miniature swine. .  American Transplant Congress 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月 - 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago  

  • Sahara H, Sekijima M, Murokawa T, Ariyoshi Y, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Effect of perioperative treatment with adenosine A2A receptor agonist on pulmonary allograft survival in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 37th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego  

  • 佐原寿史, 関島光裕, 室川剛廣, 有吉勇一, 岩永健裕, 市成ゆりか, 齋藤敏樹, 中野和明, 松成ひとみ, 長嶋比呂志, 山田和彦 .  シンポジウム1「先端医療技術の開発」「臨床実施を目指したミニブタ・霊長類間前臨床異種移植研究の推進. .  第4回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京都  

  • 有吉勇一、佐原寿史、関島光裕、室川剛廣、岩永健裕、市成ゆりか、山田和彦 .  温虚血腎に対する移植前常温持続灌流の有用性-MHC確立クラウン系ミニブタを用いた慢性腎移植. .  第4回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県  

  • 室川剛廣、佐原寿史、関島光裕、有吉勇一、岩永健裕、市成ゆりか、清水章、山田和彦 .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた肝移植モデルの確立. .  第4回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県  

  • 佐原寿史、関島光裕、室川剛廣、有吉勇一、岩永健裕、市成ゆりか、清水 章、山田和彦 .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた前臨床肺移植実験モデル展開 .  第69回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月 - 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

  • Ariyoshi Y, Sahara H, Sekijima M, Murokawa T, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Effects of brain death (BD) or cardiac death (DCD) on allogeneic lung graft survival in preclinical MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  26th International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong  

    国際学会

  • Sekijima M, Sahara H, Morita S, Ogawa Y, Miki K, Murokawa T, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Hydrogen sulfide prevents the kidney from ischemia ?reperfusion injury in CLAWN miniature swine. .  26th International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

    国際学会

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Murokawa T, Iwanaga T, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Nakano K, Matsunari H, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide reduces acute pulmonary dysfunction in GalT-KO pig-to-cynomolgus monkey orthotopic lung transplantation. .  26th International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong  

    国際学会

  • Murokawa T, Sahara H, Iwanaga T, Sekijima M, Ariyoshi Y, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  DNA-typed, MHC-inbred CLAWN miniature swine represent a highly-valuable species for the development of preclinical translational research in transplantation and regenerative medicine. .  26th International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong  

    国際学会

  • Waki S, Sahara H, Mitsui K, Sekijima M, Murokawa T, Iwanaga T, Ichinari Y, Kosai K, Yamada K .  Efficacious combination of substrate and medium for feeder-free culture of naive porcine iPS. .  26th International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

    国際学会

  • 佐原寿史、関島光裕、室川剛廣、岩永健裕、市成ゆりか、山田和彦 .  前臨床異種肺移植実験の課題と展開 .  第33回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Sahara H, Sekijima M, Iwanaga T, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  MHC-inbred CLAWN miniature swine as preclinical large animal model for lung transplantation. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 36th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington DC  

  • 佐原寿史、関島光裕、三浦宏平、河合昭浩、田﨑正行、岩永健裕、清水 章、山田和彦 .  前臨床異種移植実験の進歩と今後の展開 .  第116回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 関島光裕、佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム10. Translational Research. 「硫化水素による新規腎臓保護戦略:臨床応用に向けた大動物実験」 .  第49回日本臨床腎移植学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:米子市  

  • 佐原寿史, 渡邊洋之助, 田邉起, 野村俊一郎, 清水章, 山田和彦 .  GalT-KOブタ・ヒヒ間異種肺移植―早期異種移植肺廃絶の回避とその生着. .  第19回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 佐原寿史、関島光裕、三浦宏平、河合昭浩、田﨑正行、岩永健裕、清水 章、山田和彦 .  前臨床異種移植実験の進歩と今後の展開 .  第18回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • 関島光裕、佐原寿史、室川剛廣、岩永健裕、市成ゆりか、山田和彦 .  ブタ-ヒヒ異種腎移植モデルにおけるporcine-CMV感染の早期拒絶反応に対する影響 .  第18回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • 田邉 起、室川剛廣、関島光裕、渡邉洋之助、佐原寿史、山田和彦 .  ブタ・霊長類間異種腎移植:蛋白尿とCD80 up-regulation .  第18回日本異種移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • Sahara H, Waki S, Mitsui K, Sekijima M, Iwanaga T, Ichinari Y, Kosai K, Yamada K .  Establishment of feeder free culture of naive state of porcine iPS cells .  IPITA - IXA - CTS 2015 Joint Congress  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Melbourne  

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Ichinari Y, Iwanaga T, Nakano K, Matsunari H, Date H, Shimizu A, Yamada K .  Effects and mechanisms of carbon monoxide on reducing hyperacute dysfunction and microangiopathy in GalT-KO pulmonary xenotransplantation .  IPITA - IXA - CTS 2015 Joint Congress  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Melbourne  

  • 関島光裕、佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム (3).前臨床ブタ・霊長類間移植成績向上戦略:遺伝子改変ブタ+新規免疫抑制療法+ドナーブタサイトメガロウィルス(pCMV)排除による 90 日間以上の異種移植腎生着 .  第42回日本臓器保存生物医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:盛岡市  

  • 小林 篤、大原絵里、三浦清豊、徳長 靖、山崎 彬、佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム3「畜産研究から実験用ブタへの橋渡しおよび応用研究」高圧下過冷却状態での革新的臓器保存法-前臨床クラウン系ミニブタモデルを用いた産学共同前臨床研究 .  第3回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京都  

  • 佐原寿史、関島光裕、岩永健裕、市成ゆりか、山田和彦 .  シンポジウム5「実験用ブタを用いた各種応用研究」Medical Gasを用いた新たな移植医療:硫化水素の有用性 .  第3回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京都  

  • 関島光裕、佐原寿史、田﨑正行、岩永健裕、市成ゆりか、清水 章、山田和彦 .  シンポジウム4「遺伝子改変ブタの開発と研究応用」ミニブタ・霊長類間異種移植成績を向上させるためには .  第3回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京都  

  • 佐原寿史、関島光裕、三浦宏平、河合昭浩、脇 詩織、岩永健裕、市成ゆりか、清水 章、山田和彦 .  臓器横断的ワークショップ1「臓器移植における新規技術・機器の導入」高圧下過冷却状態での革新的臓器保存法-前臨床クラウン系ミニブタモデルによる開発 .  第51回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:熊本市  

  • Yamada K, Sekijima M, Kawai A, Sahara H, Shimizu A .  Chimeric thymus versus antigen presenting thymus for the induction of tolerance: donors DCs in vascularized thymus grafts play an essential role in the induction of tolerance. .  The 14th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

  • Sekijima M, Tasaki M, Sahara H, Shimizu A, Yamada K .  Thymic transplantation to determine mechanisms of thymic involution: Insulin-like growth factor 1 receptor and forkhead box protein N1 in the thymus play a role in maintaining the juvenile thymus. .  The 14th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

  • Sahara H, Sekijima M, Ichinari Y, Iwanaga T, Waki S, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of hydrogen sulfide on reducing ischemia-reperfusion injury and prolonging pulmonary allograft survival of fully MHC-disparate lung in CLAWN miniature swine. .  The 14th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

  • Sahara H, Iwanaga T, Sekijima M, Waki S, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  MHC-inbred CLAWN miniature swine as preclinical large animal model for transplantation. .  The 14th Congress of the Asian Society of Transplantation  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Miura K, Kawai A, Waki S, Nakano K, Matsunari H, Date H, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide attenuates hyperacute dysfunction and microangiopathy in GalT‐KO pulmonary xenotransplantation. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 35th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nice  

  • Sahara H, Sekijima M, Waki S, Ichinari Y, Shimizu A, Yamada K .  Hydrogen sulfide (H2S) prevents ischemia‐reperfusion injury (IRI) and prolongs survival of the fully MHC‐disparate lung graft in CLAWN miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 35th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nice  

  • 佐原寿史、山田和彦 .  「医用ミニブタを用いた前臨床研究」クラウンミニブタを用いた移植モデルとMedical Gas .  先進医用ミニブタの開発と前臨床研究拠点プロジェクト第3回シンポジウム  先進医用ミニブタの開発と前臨床研究拠点プロジェクト第3回シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 関島光裕、佐原寿史、山田和彦 .  膵島移植シンポジウム.Induction of tolerance by composite islet-kidney grafts in non-human primates. .  第42回日本膵・膵島移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京都  

  • 佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム(7)「異種移植」.前臨床異種移植研究の進歩と課題 .  第41回日本臓器保存生物医学会学術集会  第41回日本臓器保存生物医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム「医薬品および医療機器開発へのブタの活用と今後」.前臨床移植実験としての異種移植研究の進歩と課題 .  第2回日本先進医工学ブタ研究会  第2回日本先進医工学ブタ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:三島  

    研究会

  • 脇 詩織、佐原寿史、関島光裕、市成ゆりか、三井 薫、三浦直樹、瀬戸山健太郎、棈松昌彦、山田和彦 .  移植医療の新規開発を目指したMHC確立クラウン系ミニブタを用いた前臨床移植実験 .  第2回日本先進医工学ブタ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島市  

  • 関島光裕、佐原寿史、脇 詩織、市成ゆりか、清水 章、山田和彦 .  シンポジウム「医薬品および医療機器開発へのブタの活用と今後」.移植医療の新規開発を目指したMHC確立クラウン系ミニブタを用いた前臨床移植実験 .  第2回日本先進医工学ブタ研究会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:三島市  

  • Sahara H, Miura K, Waki S, Kawai A, Shimizu A, Yamada K. .  Establishment of clinically applicable strategy of CO therapy - Beneficial effects of inhaled carbon monoxide to brain-dead donors on prolonging pulmonary allograft survival in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  World Transplant Congress 2014  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Sahara H, Miura K, Waki S, Kawai A, Shimizu A, Yamada K. .  Hydrogen sulfide therapy prolongs survival of the fully MHC-disparate lung graft from brain-dead donors in CLAWN miniature swine. .  World Transplant Congress 2014  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 佐原寿史、山田和彦 .  シンポジウム「肺移植の現況と将来展」GalT-KOブタ・カニクイザル間異種肺移植実験の現状 - 異種腎臓移植との比較による治療標的の解明と対策 .  第31回日本呼吸器外科学会総会  第31回日本呼吸器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 佐原寿史、三浦宏平、河合昭浩、脇 詩織、清水 章、山田和彦 .  MHC確立ミニブタ肺移植モデルを用いた新規ドナー臓器保護剤としての硫化水素の可能性評価 .  第31回日本呼吸器外科学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐原寿史 .  MHC確立クラウンミニブタによる新規治療・医療機器開発を目指す前臨床試験 .  BIO tech 2014 アカデミーフォーラム  BIO tech 2014 アカデミーフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京  

    その他

  • Sahara H, Miura K, Kawai A, Waki S, Shimizu A, Yamada K .  Medical gas (carbon monoxide, hydrogen sulfide) therapy prolongs survival of the fully MHC-disparate lung graft from brain-dead donors in miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 34th Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 34th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • 三浦宏平、佐原寿史、河合昭浩、脇 詩織、清水 章、山田和彦 .  MHC 確立クラウンミニブタ小腸移植手技の工夫 .  第114回日本外科学会定期学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 佐原寿史、岩永健裕、山田和彦 .  シンポジウム2「各系統実験用ブタ紹介」MHC確立クラウン系ミニブタを用いた同種移植実験 .  第1回日本先進医工学ブタ研究会  第1回日本先進医工学ブタ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

    研究会

  • Sahara H, Nagashima H, Miura K, Waki S, Kawai A, Nakano K, Matsunari H, Arai Y, Sekijima M, Tasaki M, Setoyama K, Shimizu A, Date H, Yamada K .  Attenuation of hyperacute dysfunction and microangiopathy by the treatment of carbon monoxide in GalT-KO pulmonary xenotransplantation. .  12th Congress IXA (International Xenotransplantation Association 2013)  12th Congress IXA (International Xenotransplantation Association 2013)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Sahara H, Yamada K .  Symposium. Recent progress in major research laboratories in East Asia - Preclinical Study - “Preclinical large animal xenotransplantation projects in Kagoshima”. .  The 2nd Symposium of the East Asia Xenotransplantation Association   The 2nd Symposium of the East Asia Xenotransplantation Association 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • 佐原寿史、三浦宏平、河合昭浩、脇詩織 清水 章、山田和彦 .  MHC確立クラウンミニブタを用いた肺移植実験系によるドナーコンディションと移植後成績の評価およびドナー臓器保護に基づく新規治療法の開発 .  第66回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  • 佐原寿史、三浦宏平、河合昭浩、脇詩織 清水 章、山田和彦 .  ドナー臓器修復に基づく新たな移植成績向上戦略のMHC確立クラウンミニブタ肺移植モデルによる評価と有用性 .  第49回日本移植学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月 - 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

  • 河合昭浩、佐原寿史、関島光裕、三浦宏平、脇詩織、清水章、山田和彦 .  MHC確立ミニブタ前臨床腎移植モデルを用いた温虚血障害腎に対する常温臓器保存の有効性の検討 .  第49回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 脇詩織、佐原寿史、三浦宏平、河合昭浩、田崎正行、清水章、山田和彦 .  GalT-KOブタ・霊長類間異種腎臓移植の拒絶反応におけるブタサイトメガロウィルス(pCMV)の関与 .  第49回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

  • 三浦宏平、佐原寿史、脇詩織、河合昭浩、清水章、山田和彦 .  脳死ドナーに対する一酸化炭素(CO)吸入によるMHC完全不適合クラウンミニブタ移植肺生着延長効果 .  第49回日本移植学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Tasaki M, Setoyama K, Matsunari H, Nakano K, Date H, Shimizu A, Yamada K .  Attenuation of hyperacute dysfunction and coagulopathy in GalT-KO pulmonary xenotransplantation. .  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Sahara H, Miura K, Kawai A, Waki S, Okumi M, Sekijima M, Tasaki M, Oku M, Nishimura H, Shimizu A, Yamada K .  MHC-inbred CLAWN miniature swine is a highly valuable preclinical model for transplantation and regenerative medicine. .  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Miura K, Sahara H, Waki S, Kawai A, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of inhaled carbon monoxide (CO) to brain-dead (BD) donors on prolonging pulmonary allograft survival in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Kawai A, Sahara H, Sekijima M, Miura K, Waki S, Shimizu A, Yamada K .  Potential benefit of subnormothermic preservation for transplanting kidneys which experience extended warm ischemic time in large animal model. .  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation  The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 佐原寿史、三浦宏平、河合昭浩、脇詩織、清水 章、山田和彦 .  ドナー臓器修復に基づく新たな移植成績向上戦略のMHC確立クラウンミニブタ肺移植モデルによる評価と有用性 .  第49回日本移植学会総会  第49回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Sahara H, Miura K, Kawai A, Waki S, Sekijima M, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide (CO) inhalation prolongs survival of the fully MHC-disparate lung graft from brain death donors in miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 33rd Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 33rd Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • 山田和彦、佐原寿史 .  シンポジウム4「臓器保存から臓器蘇生へ-温度を考える」Strategies to reduce ischemia-reperfusion injury (IRI) for expansion of usage of marginal donor organs in a preclinical large animal model of CLAWN miniature swine .  第39回日本低温医学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 山田和彦、佐原寿史 .  教育講演Ⅱ.大動物を用いた前臨床虚血再灌流傷害モデルの作成とマージナルドナー臓器活用戦略 .  第39回日本臓器保存生物医学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福島市  

  • 佐原寿史、関島光裕、田﨑正行、奥見雅由、屋万栄、西村博昭、瀬戸山健太郎、三浦宏平、河合昭浩、脇詩織、清水章、山田和彦 .  虚血再灌流障害が移植肺長期生着に及ぼす影響のMHC適合間ミニブタ肺移植モデルによる検討 .  第65回日本胸部外科学会定期学術集会  第65回日本胸部外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 佐原寿史、関島光裕、田﨑正行、三浦宏平、河合昭浩、脇 詩織、長嶋比呂志、伊達洋至、清水 章、山田和彦 .  ワークショップ【臓器移植に対する先端研究-次世代の実現を目指す戦略-】臓器特異性に基づく新たな異種免疫反応制御戦略-前臨床ブタ・サル移植モデルによる検討. .  第48回日本移植学会総会  第48回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • Sahara H, Shimizu A, Sekijima M, Setoyama K, Oku M, Nishimura H, Yamada K .  High-Mobility Group Box-1 as a novel therapeutic target for reducing pulmonary ischemia-reperfusion injury in CLAWN miniature swine. .  24th International Congress of the Transplantation Society  24th International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • Sahara H, Sekijima M, Tasaki M, Oku M, Nishimura H, Iwanaga T, Iwanaga T, Sekijima A, Setoyama K, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide administered only to the donor is sufficient to prolong pulmonary allograft survival across a fully MHC-mismatched barrier in CLAWN miniature swine. .  24th International Congress of the Transplantation Society  24th International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Tasaki M, Setoyama K, Matsunari H, Nakano K, Date H, Shimizu A, Yamada K .  Attenuation of hyperacute dysfunction and coagulopathy in GalT-KO pulmonary xenotransplantation. .  24th International Congress of the Transplantation Society  24th International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • Sekijima M, Sahara H, Nishimura H, Oku M, Shimizu A, Yamada K .  High-mobility group box-1 release induced by renal warm ischemia mediates progression of ischemia-reperfusion injury in miniature swine. .  24th International Congress of the Transplantation Society  24th International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • Sekijima M, Sahara H, Shimizu A, Iwanaga T, Iwanaga T, Oku M, Yamada K. .  Effects of static subnormothermic preservation following warm ischemia on ischemia-reperfusion injury and long-term outcome of the renal allograft in CLAWN miniature swine. .  24th International Congress of the Transplantation Society  24th International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • 佐原寿史、清水 章、関島光裕、田﨑正行、瀬戸山健太郎、長嶋比呂志、伊達洋至、山田和彦 .  GalT-KOブタ肺による急性期グラフト機能不全抑制効果の体外循環肺移植モデルによる評価 .  第29回日本呼吸器外科学会総会  第29回日本呼吸器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • Sahara H, Shimizu A, Sekijima M, Setoyama K, Oku M, Nishimura H, Yamada K .  Protective effect of anti-high-mobility group box-1 (HMGB1) antibody on pulmonary ischemia-reperfusion injury in miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 32nd Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 32nd Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:チェコ  

    国際学会

  • Sahara H, Shimizu A, Tasaki M, Sekijima M, Oku M, Nishimura H, Iwamoto E, Setoyama K, Yamada K .  Donor preconditioning with carbon monoxide (CO) prolongs lung graft survival in miniature swine. .  International Society for Heart and Lung Transplantation 32nd Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 32nd Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:チェコ  

    国際学会

  • 佐原寿史、関島光裕、田﨑正行、屋万栄、瀬戸山健太郎、清水章、山田和彦 .  平成 22 年度日本臓器保存生物医学会研究奨励賞 受賞記念講演 「移植肺生着延長に寄与するドナー臓器保護方法としての一酸化炭素(CO)投与療法-前臨床ミニブタモデルを用いた新たな臓器保存方法への発展」 .  第38回日本臓器保存生物医学会学術集会  第38回日本臓器保存生物医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • Sahara H, Nagashima H, Sekijima M, Tasaki M, Setoyama K, Matsunari H, Nakano K, Date H, Shimizu A, Yamada K .  Prevention of hyper-acute pulmonary xenograft dysfunction using GalT-KO swine in an ex-vivo lung perfusion model .  CTS (Cell Transplant Society) -IXA (International Xenotransplantation Association) 2011 Joint Congress  CTS (Cell Transplant Society) -IXA (International Xenotransplantation Association) 2011 Joint Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Tasaki M, Sahara H, Okitsu T, Oku M, Nishimura H, Sekijima M, Setoyama K, Shimizu A, Yamada K .  Prolongation of xenoegeneic islet function using an HGF-based immunosuppressive regimen in a CLAWN miniature swine-to-cynomologous monkey model .  CTS (Cell Transplant Society) -IXA (International Xenotransplantation Association) 2011 Joint Congress  CTS (Cell Transplant Society) -IXA (International Xenotransplantation Association) 2011 Joint Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 佐原寿史、清水 章、関島光裕、田﨑正行、瀬戸山健太郎、長嶋比呂志、伊達洋至、山田和彦 .  体外循環回路を用いたEx-vivo GalT-KOブタ肺移植モデルによる急性期グラフト機能不全抑制効果の評価 .  第64回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐原寿史、長嶋比呂志、齋藤敏樹、島津美樹、伊達洋至、清水 章、山田和彦 .  シンポジウム2.次世代の移植医療に向けて:先端技術を応用した移植医療の開発 「臨床応用を目指したブタ・サル間異種移植実験」 .  第47回日本移植学会総会  第47回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • Iwanaga T, Sahara H, Okumi M, Iwanaga T, Tasaki M, Sekijima M, Tottori J, Yamada K .  MHC-inbred CLAWN miniature swine: a highly valuable preclinical model for transplantation .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Iwamoto E, Sahara H, Nishimura H, Sekijima M, Sekijima A, Oku M, Scalea J, Shimizu A, Yamada K .  Anti-high-mobility group box-1 antibody reduces renal ischemia-reperfusion injury in miniature swine .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Sekijima M, Tasaki M, Sahara H, Shimizu A, Oku M, Nishimura H, Scalea J, Tsubouchi H, Yamada K .  Xenogeneic islet transplantation using an HGF-based immunosuppressive regimen in a CLAWN miniature swine-to-cynomologous monkey model .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Sekijima M, Sahara H, Oku M, Shimizu A, Okumi M, Nishimura H, Scalea J, Tsubouchi H, Yamada K .  Hepatocyte growth factor sustains Tregs and prolongs the survival of kidney allografts in MHC-inbred CLAWN-miniature swine .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Sahara H, Shimizu A, Tasaki M, Sekijima M, Oku M, Nishimura H, Iwamoto E, Setoyama K, Yamada K .  Donor preconditioning with carbon monoxide prevents pulmonary allograft injury and prolongs survival in miniature swine .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Sahara H, Shimizu A, Setoyama K, Oku M, Nishimura H, Yamada K .  Protective effect of neutralization of the extracellular high-mobility group box-1 on pulmonary ischemia-reperfusion injury in miniature swine .  12th Congress of the Asian Society of Transplantation  12th Congress of the Asian Society of Transplantation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 佐原寿史、田﨑正行、屋 万栄、関島光裕、瀬戸山健太郎、清水 章、山田和彦 .  ドナー一酸化炭素吸入のみでのミニブタ移植肺生着延長効果 .  第28回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府市  

  • Sahara H, Shimizu A, Tasaki M, Oku M, Nishimura N, Setoyama K, Yamada K .  Treatment of only the donor with carbon monoxide (CO) prolongs pulmonary allograft survival in miniature swine .  International Society for Heart and Lung Transplantation 31st Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 佐原寿史、田﨑正行、西村博昭、屋 万栄、瀬戸山健太郎、清水 章、山田和彦 .  一酸化炭素(CO)吸入療法によるミニブタ移植肺生着延長効果:臨床応用を目指した治療戦略 .  第63回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市  

  • 佐原寿史、屋 万栄、田﨑正行、西村博昭、瀬戸山健太郎、Oriyanhan Wunimenghe、奥見雅由、清水 章、山田和彦 .  「ワークショップ5.移植免疫における新たな試み」MHC確立クラウン系ミニブタ大動物同種移植モデルを用いた移植免疫学的機序にに基づく新たな治療戦略の確立 .  第46回日本移植学会総会  第46回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 山田和彦、島津美樹、田﨑正行、堀井 渉、西村博昭、齋藤敏樹、佐原寿史、布谷鉄夫 .  国内初のミニブタ(NIBS系)をクローン胚移植用レシピエントとしたGalT-KOミニブタの作出とGalT-KOブタ・サル異種間腎移植 .  第46回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 田﨑正行、西村博昭、興津 輝、屋 万栄、佐原寿史、山田和彦 .  ブタ・サル異種間膵島移植:クラウンブタ膵島異種移植後2ヶ月間の正常血糖維持 .  第46回日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • Sahara H, Yamada K .  Symposium 3. Basic, kidney, liver. Translational research of carbon monoxide (CO) therapy for prolonging pulmonary allograft survival using MHC-inbred CLAWN miniature swine .  The 8th Japan-Korea Transplantation Forum  The 8th Japan-Korea Transplantation Forum国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Yamada K, Nishimura H, Sahara H, Okitsu T, Setoyama K, Oku M, Tasaki M, Wunimenghe O, Griesemer A, Tsubouchi H, Shimizu A .  Hepatocyte growth factor regimen in a life supporting xenoegeneic islet transplantation CLAWN miniature swine-to-cynomolgus monkey model .  XXIII International Congress of the Transplantation Society  XXIII International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • Sahara H, Oku M, Setoyama K, Tasaki M, Nishimura H, Oriyanhan W, Okumi M, Shimizu A, Yamada K .  Anti-high mobility group box-1 antibodies reduce pulmonary ischemia reperfusion injury in miniature swine .  XXIII International Congress of the Transplantation Society  XXIII International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • Sahara H, Tasaki M, Setoyama K, Nishimura H, Oku M, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of perioperative low-dose inhalation of carbon monoxide on pulmonary allograft survival in MHC-inbred CLAWN miniature swine .  XXIII International Congress of the Transplantation Society  XXIII International Congress of the Transplantation Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • 佐原寿史 .  招待講演:肺移植の臨床及び最先端研究の紹介 .  日本移植者協議会第53回移植セミナー  日本移植者協議会第53回移植セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 佐藤寿彦、阪井宏彰、陳 豊史、佐原寿史、藤永卓司、庄司 剛、園部 誠、宮原 亮、板東 徹、大久保憲一、伊達洋至 .  「シンポジウム2.間質性肺炎合併肺癌の手術」間質性肺炎合併肺癌の手術 間質性肺炎合併肺癌手術症例の検討 .  第27回日本呼吸器外科学会総会  第27回日本呼吸器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 佐原寿史、瀬戸山健太郎、西村 博昭、田﨑正行、屋 万栄、清水 章、山田和彦 .  移植肺生着延長効果を目指した至適一酸化炭素(CO)吸入療法のミニブタ肺移植モデルによる検討 .  第27回日本呼吸器外科学会総会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • 藤永卓司、中島大輔、阪本 仁、石川将史、森川洋匡、山田 徹、高橋鮎子、里田直樹、佐藤寿彦、陳 豊史、佐原寿史、庄司 剛、園部 誠、阪井宏彰、宮原 亮、大久保憲一、板東 徹、伊達洋至 .  造血幹細胞移植後閉塞性細気管支炎に対して施行した生体肺移植症例の検討 .  第27回日本呼吸器外科学会総会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  • Sahara H, Setoyama K, Nishimura H, Oriyanhan W, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide (CO) prolongs survival of pulmonary allografts in MHC-inbred CLAWN miniature swine .  International Society for Heart and Lung Transplantation 30th Annual Meeting  International Society for Heart and Lung Transplantation 30th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 佐原寿史 .  シンポジウム:MHC確立クラウン系ミニブタを用いた移植実験-すでにここまで進んでいる .  先進医用ミニブタの開発と前臨床研究拠点プロジェクト第1回シンポジウム  先進医用ミニブタの開発と前臨床研究拠点プロジェクト第1回シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Oriyanhan W, Nishimura H, Okitsu T, Setoyama K, Sahara H, Oku M, Tsubouchi H, Ishikawa Y, Shimizu A, Yamada K .  Life supporting xenogeneic islet transplantation with a regimen including hepatocyte growth factor in a clawn miniature swine-to-cynomologous monkey .  Joint Meeting of the International Pancreas and Islet Transplant Association (IPITA) and the International Xenotransplantation Association (IXA)  Joint Meeting of the International Pancreas and Islet Transplant Association (IPITA) and the International Xenotransplantation Association (IXA)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • 佐原寿史、瀬戸山健太郎、西村博昭、W. Oriyanhan、屋 万栄、奥見雅由、清水 章、山田和彦 .  「シンポジウム心・肺移植における長期生着阻害因子とその対策」移植肺生着阻害因子としてのMHC差異・虚血再灌流障害(IRI)及び一酸化炭素(CO)吸入を用いた拒絶抑制効果-MHC確立ミニブタ肺移植モデルによる検討 .  第45回日本移植学会総会  第45回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 山田和彦、石川義典、佐原寿史 .  「特別シンポジウム:臓器移植における免疫寛容の誘導」 膵島移植免疫寛容誘導の独自戦略:Strategy to induce tolerance to islets .  第45回日本移植学会総会  第45回日本移植学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Nishimura H, Oku M, Sahara H, Okumi M, Griesemer A, Shimizu A, Yamada K .  Hepatocyte growth factor prolongs allograft survival with maintenance of Treg population in MHC-inbred CLAWN miniature swine .  American Transplant Congress 2009  American Transplant Congress 2009国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月 - 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Nishimura H, Oku M, Okumi M, Sahara H, Setoyama K, Oriyanhan W, Shimizu A, Yamada K .  Hepatocyte growth factor prolongs allograft survival with maintenance of Treg population in MHC-inbred CLAWN miniature swine .  104th American Urological Association Annual Meeting  104th American Urological Association Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Sahara H, Oku M, Okumi M, Setoyama K, Shimizu A, Yamada K .  Carbon monoxide inhalation reduces pulmonary ischemia-reperfusion injury in miniature swine .  International Society for Heart and Lung Transplantation 28th Annual Meeting and Scientific Sessions  International Society for Heart and Lung Transplantation 28th Annual Meeting and Scientific Sessions国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 佐原寿史, 奥見雅由, 屋 万栄, 瀬戸山健太郎, 西村博昭, Oriyanhan W, 清水 章, 山田和彦 .  「シンポジウム」クラウン系ミニブタモデルを用いた一酸化炭素吸入の肺虚血再灌流障害抑制効果及び HMGB1に焦点をあてた作用機序の解明一早期臨床応用を目指した大動物モデルによる検討とその発展. .  第35回日本臓器保存生物医学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Oku M, Okumi M, Sahara H, Griesemer A, Tsubouchi H, Shimizu A, Yamada K .  Hepatocyte growth factor sustains the Treg population and prolongs survival of kidney allografts in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  The American Society of Nephrology Renal Week 2008  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Oku M, Okumi M, Sahara H, Tsubouchi H, Shimizu A, Sada M, Yamada K .  Maintenance of Treg population and prolongation of allograft survival by hepatocyte growth factor in MHC-inbred CLAWN miniature swine. .  XXII International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Sahara H, Oku M, Okumi M, Setoyama K, Shimizu A, Yamada K .  Beneficial effects of carbon monoxide on ischemia-reperfusion injury of lung in miniature swine. .  XXII International Congress of the Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 有吉 勇一, 関島 光裕, 河合 彰浩, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 清水 章, 日下 守, 山田 和彦, 佐原 寿史 .  高度温虚血腎移植に対する22℃臓器保存の有効性 MHC確立クラウン系ミニブタを用いた体外機械灌流および腎移植モデルによる評価 .  Organ Biology  2021年10月  (一社)日本臓器保存生物医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 渡邉 洋之助, 佐原 寿史, 土谷 智史, 土肥 良一郎, 畑地 豪, 宮崎 拓郎, 松本 桂太郎, サックス・ディビッド , サイクス・メーガン , 山田 和彦, 永安 武 .  臨床応用を目指した異種肺移植研究におけるhCD47の役割、特にacute vascular rejectionおよび既存抗体への作用への検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 土谷 智史, 佐原 寿史, 渡邉 洋之助, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 溝口 聡, 田上 幸憲, 高村 佑馬, 松本 桂太郎, 宮崎 拓郎, 土肥 良一郎, 朝重 耕一, 永安 武 .  脱細胞化気管移植モデルにおける脂肪由来間葉系幹細胞投与の効果 .  気管支学  2022年5月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩永 健裕, 佐原 寿史, 関島 光裕, 市成 ゆりか, 清水 章 .  肺虚血再灌流障害に対するアルゴン吸入の治療効果 クラウン系ミニブタを用いた検討 .  Organ Biology  2021年10月  (一社)日本臓器保存生物医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 佐原 寿史, 関島 光裕, 岩永 健裕, 清水 章 .  肺移植における抗HLA抗体と抗体関連拒絶反応 抗体関連拒絶反応を理解するための大動物モデル確立の重要性 .  日本胸部外科学会定期学術集会  2020年10月  (一社)日本胸部外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 佐原 寿史, 関島 光裕, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 清水 章 .  肺移植における予後改善に向けての取組 異種肺移植の成績向上を目指した前臨床実験の展望 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2021年5月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 佐原 寿史, 関島 光裕, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 渡邉 洋之助, 清水 章 .  肺移植におけるドナー不足にどう取組むか ドナー臓器不足克服のための異種肺移植研究の現状と課題 .  移植  2021年9月  (一社)日本移植学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 有吉 勇一, 関島 光裕, 河合 彰浩, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 清水 章, 日下 守, 山田 和彦, 佐原 寿史 .  当院で施行した先行的腎移植症例の検討 .  Organ Biology  2021年10月  (一社)日本臓器保存生物医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 渡邉 洋之助, 佐原 寿史, 谷口 大輔, 土肥 良一郎, 宮崎 拓郎, 松本 桂太郎, 土谷 智史, サックス・デイビット , サイクス・メーガン , 永安 武, 山田 和彦 .  ブタ・ヒヒ間の異種肺移植においてブタ肺内の血管内皮におけるhCD47発現は急性拒絶を抑制する .  日本呼吸器外科学会雑誌  2019年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩永 健裕, 佐原 寿史, 関島 光裕, 市成 ゆりか, 清水 章 .  アルゴンガス吸入によるミニブタ肺虚血再灌流障害抑制効果 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2021年5月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 関島 光裕, 近藤 晃, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 竹内 和博, 清水 章, 佐原 寿史 .  MHC確立クラウン系ミニブタを用いた肝臓同時移植による小腸移植拒絶反応抑制効果の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2022年4月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 関島 光裕, 佐原 寿史, 三木 克幸, 小川 勇一, 近藤 晃, 岩永 健裕, 市成 ゆりか, 山田 和彦 .  MHC確立CLAWNミニブタを用いた長期生存ブタ同所性肝移植モデルの確立 .  移植  2019年9月  (一社)日本移植学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Iwanaga Takehiro, Sekijima Mitsuhiro, Ichinari Yurika, Shimizu Akira, Sahara Hisashi .  CLAWNミニブタにおいてアルゴン吸入は肺虚血再灌流障害を軽減する(Argon inhalation reduces pulmonary ischemia-reperfusion injury in CLAWN miniature swine) .  Experimental Animals  2021年6月  (公社)日本実験動物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ミニブタを用いた移植腎内3次リンパ組織形成と慢性移植腎障害進展機序の解明

    研究課題/領域番号:22K08737  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    関島 光裕, 佐原 寿史, 奥見 雅由, 岩永 健裕, 有吉 勇一

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • マージナルドナー腎移植成績向上を目指した酸素供給下持続低温灌流法の探索

    研究課題/領域番号:22K09462  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    日下 守, 河合 昭浩, 佐原 寿史, 市成 ゆりか

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • 国際研究ネットワークの構築に基づく異種移植実用化戦略の確立

    研究課題/領域番号:21KK0154  2021年10月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:19110000円 ( 直接経費:14700000円 、 間接経費:4410000円 )

  • 加齢グラフト内誘導性気管支関連リンパ節の形成過程と大動物移植肺拒絶への関与の解明

    研究課題/領域番号:21K19536  2021年7月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    佐原 寿史, 関島 光裕, 岩永 健裕, 有吉 勇一

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

  • 脂肪幹細胞による肺胞バリア機能強化とALI/ARDSへの新たな細胞治療の基礎研究

    研究課題/領域番号:21K08907  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石井 光寿, 宮崎 拓郎, 土谷 智史, 永安 武, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  • 桜島大根由来成分による血管内皮機能改善効果の作用機序解明

    研究課題/領域番号:20H02936  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    加治屋 勝子, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    循環器疾患の予防のためには強くしなやかに伸び縮みする血管を維持することが不可欠であり、これまでに桜島大根由来トリゴネリンが血管内皮細胞層から放出される一酸化窒素(NO)の産生量を増加させ、血管の収縮・弛緩を制御している血管内皮機能を改善することを明らかにした。本研究では、トリゴネリンの特性解析をおこなうことで植物体内での位置付けを解明すると共に、これまでに明らかにしたトリゴネリンのNO産生機構の全容解明をおこない、真の循環器疾患予防を実現することを研究全体の目標としている。また、最終的にヒトが摂取する食材であることから、臨床試験により血管内皮機能の向上に必要な桜島大根の最適量及び摂取期間を科学的に証明し、トリゴネリンの実質必要量を明らかにする。
    2020年度は、トリゴネリンの特性解析として、①-1:桜島大根にトリゴネリンが安定蓄積する理由、①-2:桜島大根に含まれるトリゴネリン量の産地別・品種別の違い、①-3:桜島大根以外の血管内皮機能改善効果を持つ食材の探索、の3項目を実施した。①-1の結果、トリゴネリン合成酵素が関与していることを明らかにでき、次年度の作物で確認をおこなう。①-2の結果、産地別としては鹿児島県内の8箇所、県外の3箇所において、品種別については4品種7農家分において、桜島大根中のトリゴネリン量の測定が終了した。①-3の結果、既に400種類のスクリーニングが終了している。当初計画以上に研究が進んだことから、次年度実施予定だった研究を前倒しでおこなっている。

  • アルゴンによる移植腎保護効果と至適投与法の前臨床ミニブタ実験による解明

    研究課題/領域番号:20K08964  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    昇 修治, 関島 光裕, 岩永 健裕, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    移植医療における絶対的臓器不足は依然深刻であり、ドナー拡大は移植医の社会的責務である。戦略の一つとして、脳死下提供とともに、心停止ドナーからの献腎提供推進などの適応拡大が必須であるが、適応拡大ドナーからの移植の長期成績は健常ドナーからの生体腎移植成績に及ばず、特に虚血再灌流障害(IRI)を代表とする急性腎障害の発症対策は必須である。
    近年、化学的には不活性な希ガスによる細胞保護効果が示されているが、特に大動物実験による報告では、有効性と無効性の相反する結果が示されているのが現状である。そこで我々は、希ガスによる細胞保護効果を、移植医療へ応用することが可能であるのかという点について評価するため、大動物腎IRIモデルを用いたアルゴンの吸入効果および安全性を評価した(目的1)。
    クラウン系ミニブタを用い、これまでに我々の研究チームが論文報告した手法(左腎動静脈遮断よる温虚血120分後に遮断を開放し、IRIを誘発)を用いて評価を行った。アルゴン吸入群では30%酸素+70%アルゴン、対照群では30%酸素+70%窒素を虚血前60分、虚血中120分、再灌流後120分の計300分間吸入した。各群について、副作用の有無とともに、腎障害の程度は、血清クレアチニンの推移、腎生検によって、術後28日まで経時評価を行った。この結果、アルゴン吸入に伴う明らかな副作用は認めなかったものの、血清クレアチニンの推移に関しては、現時点では明らかな有効性は認めていない。今後症例を重ねるとともに血清や組織のサイトカインあるいは酸化ストレスマーカーなどの評価を行い、アルゴン吸入の有効性について結論を得たいと考える。

  • 顎骨間葉系幹細胞を用いた再生医療実現のための基盤研究

    研究課題/領域番号:20H03881  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    西村 正宏, 石井 正和, 小戝 健一郎, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    顎骨骨髄中に存在する間葉系幹細胞(MBMSC)は高い骨分化能を有し、顎骨増生療法に有望なセルソースであると考えられる。一方でMBMSCの骨増生能には個体差が大きく、移植による骨増生効果を一定に保つことが困難であるため、細胞移植前に骨増生能のポテンシャルを予見することが重要である。しかし現時点で細胞移植前に骨増生能を事前に評価する技術は確立されていない。そこで、本研究では、MBMSCの生体内での骨形成能を事前に予測しうる分子マーカーの探索を実施した。7名の患者より採取したMBMSCを準備し、免疫不全マウスの頭頂骨部へ移植をおこない、in vivoでの骨増生効果について評価をおこなった。また、移植した7株のMBMSCにおいて培養上清中に分泌される因子について、プロテインアレイ法、ELISA法により網羅的解析をおこなった結果、in vivoで骨増生効果が低いMBMSC群において、キチナーゼ-3様タンパク質1(CHI3-L1)が高骨増生効果を示すMBMSCに比べ高発現していることが見出された。また、CHI3-L1の機能について評価をおこなったところ、CHI3-L1は血管内皮細胞の遊走促進、および線維芽細胞の細胞増殖と遊走促進作用を示すことが明らかとなった。さらに、CHI3-L1高発現(低骨増生)MBMSCを移植群では、移植部位に繊維組織が多いことが判明した。以上のことから、MBMSCからのCHI3-L1分泌レベルがin vivoでの骨形成能力の予測可能なマーカーとして使用できることが見出された。
    また、当該年度は、抗菌性ペプチドLL-37の新規作用としてリンパ管新生促進作用を見出し、植物由来成分による間葉系幹細胞の分化制御作用、およびリンパ管新生促進作用についても明らかにした。

  • 脱細胞・再細胞による再生医療と異種移植によるハイブリッド気道移植モデルの開発

    研究課題/領域番号:20K08983  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    渡邉 洋之助, 土谷 智史, 永安 武, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    ・脂肪幹細胞の単離・培養: まず、カニクイサルの腹部・鼠径部脂肪から、全身麻酔下に脂肪組織を無菌的に採取し、得られた組織から脂肪幹細胞の単離・培養に成功した。培養された細胞の増殖能は、投与に必要とする量に2週間程度で達することができた。ブタ気管支の脱細胞処理: 家畜ブタ由来の気管支を、左右いずれかの主気管支より1~2cm程度採取し、SDSを用いた浸透培養による脱細胞処理を行った。脱細胞化については、我々のプロトコールにより、脱細胞組織においては、上皮細胞が十分に除去され軟骨成分が主となっていることを、組織学的検査により確認を行った。 ・移植手術実験系の確立: ブタ脱細胞気管支を、サル気管上部に移植する実験においては、気管前壁を面状に切離し、結節縫合によるブタ脱細胞気管支グラフトの移植を行った。移植後に、携帯型細径気管支鏡による観察が可能であることを確認し、形態学的な検討を移植後も行えることを確認できた。いずれの症例でも覚醒はスムーズであり、覚醒直後も含めて特に周術期合併症は認められなかった(n=4)。 ・術後の免疫抑制療法は、ステロイド、タクロリムス、MMFの3剤療法であった。食思不振や汎血球減少は認めず、感染症の発症を疑うようなエピソードも認めなかったため、十分にフィージビリティがあるものと考えられた。
    ・移植後、定期的に鎮静下の気管支鏡による移植グラフトの観察を行うことができた.
    脂肪幹細胞非投与群と比して、投与群において、グラフトの色調の改善傾向や再上皮化が認められた。・移植後1ヶ月の時点でレシピエントを犠牲死させ、グラフトを摘出し、病理学的検査を含む検討を行った。病理学的検査からは、脂肪幹細胞非投与群と比較して、投与群において、リンパ球浸潤が少ない・軟骨破壊が少ない、など拒絶反応が少ない傾向にあることが確認され、脂肪幹細胞の拒絶抑制効果が示唆された。

  • 前臨床大動物モデルによる希ガスを用いた新規移植肺保護戦略の確立

    研究課題/領域番号:20K09169  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岩永 健裕, 佐原 寿史, 関島 光裕, 有吉 勇一

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    移植医療における臓器不足を克服するための条件の悪いドナーへの適応拡大の際は、虚血再灌流障害(IRI)による急性臓器不全だけでなく、免疫学的因子の活性化による急性・慢性拒絶の増加が懸念される。化学的には不活性なヘリウムやアルゴン(Ar)、キセノンなどの希ガスによる抗炎症・抗アポトーシス作用などを介した細胞保護効果が示されているが、大動物モデルでの評価は十分ではない。そこで我々は、希ガスによる細胞保護効果の移植医療への応用性を評価するため、大動物肺IRIモデルを用いた吸入効果および安全性を評価した(研究計画の目的1)。今年度は希ガスとして、世界的なヘリウムガス供給不足、キセノンが高価であるという点を考慮し、入手のしやすいArを用いて検討を行った。
    <BR>
    クラウン系ミニブタを用い、左肺動静脈および主気管支遮断による温虚血90分後に遮断を開放し、IRIを誘発した。Ar吸入群では30%酸素+70%Ar、対照群では30%酸素+70%窒素を虚血前150分、虚血中90分、再灌流後120分の計360分間吸入した。各群について、副作用の有無とともに、肺障害の程度は動脈と肺静脈(PV)血液ガス分析、胸部X線、肺生検を主として、術後28日まで経時評価を行った。
    <BR>
    この結果、Ar吸入に伴う腎機能や肝機能障害、血圧低下、麻酔覚醒遷延などを始め、明らかな副作用は認めなかった。動脈血を用いた血液ガス評価では、90分間の温虚血によって、対照群では動脈血P/F比が虚血前から再灌流2時間後にかけて有意に低下したものの、Ar吸入群では、良好に維持された。また障害肺の機能を直接評価するため肺静脈穿刺によるPVガス評価を行ったところ、Ar吸入群で有意に良好なP / F比を示した。また術後早期の胸部X線評価や再灌流後2時間および2日の生検による組織学的評価では、Ar吸入群で良好な所見が示された。

  • ガス状シグナル物質の複合的投与による移植腎保護効果と機序の解明をはかる前臨床実験

    研究課題/領域番号:20K09542  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    有吉 勇一, 佐原 寿史, 関島 光裕, 岩永 健裕

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、臨床医療に即した心停止ドナーからの臓器移植を想定した前臨床ミニブタ腎移植実験モデルを用いて、ドナー臓器保存時にガス状シグナル物質である一酸化炭素(CO)や硫化水素(H2S)を複合的に直接投与する高い安全性のもとで、虚血再灌流障害(IRI)抑制に代表される急性障害のみならず、臓器生着期間の延長効果の評価と作用機序の解明をはかるものである。COやH2Sは相互に有効性を補完しうる一方で、投与部位や環境によって、複雑なクロストークから作用を減ずる可能性もあるため、大動物を用いた前臨床移植実験として、どのような投与が効果的であるのかを明らかにする実験を行う。
    <BR>
    今年度は移植手術に先立ち、クラウン系ミニブタを用いて、すでに確立している簡便な腎IRIモデルを基に、COの有効性を評価する実験に着手した。腎IRI実験では、これまでの論文報告から、H2S放出物質の腎動脈への選択的投与が効果的であることを明らかにしていたが、この実験は100%酸素投与下の実験であり、かつ若い個体を使用して実験を行っていた。CO投与の効果だけでなく安全性を評価する際には、高濃度酸素下では血中COHbの解離が進みやすく安全である一方、長時間の高濃度麻酔では肺障害が懸念されること、また動物の年齢により腎血管の加齢変化や腎実質変化によってIRIの程度も異なる可能性があることなどを考慮して、前臨床実験としてより適切な実験条件の探索を行った。この結果、100%酸素投与下と30%酸素投与下での腎IRIの程度に差はみられないことを明らかにした。一方高齢になるに従い、腎IRIはやや遷延する傾向が認められた。従って本研究テーマを臨床応用に近づけるためには、特に動物の年齢も考慮に含めた検討が必要であることが明らかとなり、これを勘案した実験計画を立案する方針である。

  • 組織骨格を利用した再生臓器におけるハイブリッド型血管ニッチの確立と移植研究

    研究課題/領域番号:19H03747  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    土谷 智史, 山本 和子, 鳴瀧 彩絵, 湯川 博, 諸藤 陽一, 李 桃生, 永安 武, 佐原 寿史, 土肥 良一郎

      詳細を見る

    配分額:15470000円 ( 直接経費:11900000円 、 間接経費:3570000円 )

    脱細胞化骨格に自己の細胞を生着させる技術は、臓器の微細構造を維持した臓器そのものを再生できる点で画期的である。この手法で再生された臓器はそのまま移植可能で、自己の細胞で再生できれば理論的には生涯にわたる免疫抑制剤は不必要となる。しかしながら、この手法で作成された再生臓器は、血管網の再構築が完全でなく、毛細血管を含む成熟した血管網の再構築が、この研究の鍵となる。
    本研究はその問題点を克服するため、1) 改良型Transwellによる透過性の評価、ナノファーバーによるコーティング技術を駆使してin vitroで血管ニッチを伴う疑似肺胞壁を組織工学的に再構築する。そして2) その条件で脱細胞化肺に再構築された血管網を、ex vivoで灌流圧の測定やマイクロビーズによるリアルタイムイメージングによって評価して完成度を高める。3) 最終的に実験動物に再生臓器を移植し、in vivoで再生臓器の生着を評価して、臨床応用への可能性を探りたい。また、本研究では毛細血管の破綻が直接臓器障害に関与する、肺を研究対象とした。
    まず1)の研究を行った。ナノファーバーによるコーティングは、2つのコーティング剤を使用したが、いずれもうまくいかず、現在新たなものを開発中である。一方、改良型Transwellによる透過性の評価では、in vitroでのハイブリッド血管壁と疑似肺胞壁の透過性を最適化し、最高TEER1600Ω・cm2を達成した。この細胞の組み合わせと播種のタイミングを調整し、ex vivoの研究に移ったが、肺胞上皮細胞の肺胞マトリックスへの生着が不完全であり、in vitroの実験系でもバリア機能を再現できなかったため、細胞接着の増強を兼ねた工夫を行っている段階である。

  • 自然・獲得免疫系を繋ぐ肺胞マクロファージの機序解明による同種・異種肺移植成績向上

    研究課題/領域番号:19H03748  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐原 寿史, 清水 章, 関島 光裕, 山田 和彦

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    肺に豊富に存在する免疫担当細胞であり、かつ自然免疫系亢進と獲得免疫系活性化の双方に重要な役割を果たすマクロファージのうち、移植後長期にドナー肺に存在し、拒絶反応に重要な役割を果たしうる肺胞マクロファージに着目した実験を前年度に続き進めた。
    <BR>
    令和2年度は、虚血再灌流障害の際の肺胞マクロファージの動態を明らかにするため、自然免疫系の関与を主として評価を行うために、最も簡便なモデルを用いて試験を実施した。クラウン系ミニブタを用いて、90分間の温虚血による再灌流障害モデル(左肺動脈、左肺静脈および左主気管支を90分間遮断した後に再灌流を行うことで障害を惹起)を用い、再灌流2時間、2日後、7、14、28日後に画像解析とともに、経時的に肺生検を実施し、胸部X線や生検、あるいは血液ガスをもとにした虚血再灌流障害の病態の程度と、病理標本における肺胞マクロファージとの相関関係を評価した。障害の程度とマクロファージの数には一定の関係があるものの、表面マーカー染色によって更にマクロファージのサブタイプ解析を行うことよって、肺胞マクロファージの働きについてより詳細な評価を進めている。また異種移植研究においては、マクロファージの働きを制御する遺伝子導入を行った異種肺移植モデル(ブタをドナーし霊長類に移植)の結果から、マクロファージの制御が、拒絶抑制に重要な働きを示すという成果を得ているが、その抑制効果については十分でなく、肺胞マクロファージのみを標的とする治療方針、あるいは他の標的も加えた治療法の検討の必要性が示唆される結果であると考える。

  • マージナルグラフトに対する移植前臓器蘇生に関する前臨床研究

    研究課題/領域番号:19K09722  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    日下 守, 佐原 寿史, 関島 光裕, 山田 和彦

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    灌流保存を行う際に、どのような条件で保存を行うのがよいのかという点について、特に、最適な灌流温度や酸素投与などに焦点をあてたMHC確立クラウン系ミニブタを用いた研究を継続した。常温灌流保存の際には酸素投与が必須であるが、低温灌流保存法については酸素投与の必要性あるいは有効性について検討の余地がある。昨年度までに、常温灌流保存法と低温灌流保存法については手法を確立していたが、昨年度実施した研究では、低温灌流保存については市販の器機の使用による無酸素下での保存であったため、今年度は酸素投与下の低温灌流保存法を行う手法の確立を目指し研究を進めた。まず常温灌流保存を行う人工心肺回路を用いて検討したところ、低圧・低流量で安定した腎灌流を行うことができなかった(常温灌流では85 mmHgという高圧力下での灌流保存となるが、低温灌流では灌流圧は25 mmHg程度の圧力下での低流量となる)。これは、灌流に使用する回路が長いため低圧力・低流量での安定灌流が難しいためと考えて、低温灌流保存に使用する装置を用いた検討へと方針を変更した。文献を参照に、酸素投与を可能とする簡易的な人工肺回路を回路に接続し、安定した酸素投与下での灌流保存が行えるように改良を行った。その結果、酸素投与・血液添加下でも腎臓がない状態では安定した灌流が得られることを確認し、装置の改良は完成したと考える。今後この改良装置を用いて、強い温虚血にさらされたドナー腎を用いた腎移植実験を行い、至適灌流臓器保存法の決定を行い、目的を達成しいと考える。

  • 前臨床モデルでの移植片対宿主反応(LGVHR)に基づく革新的小腸移植免疫寛容誘導

    研究課題/領域番号:19H03717  2019年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    山田 和彦, 清水 章, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    本課題の初年度研究期間で、本研究課題に必須となる以下2点を評価し、以下の成果を得た。
    (1)これまでの移植後験動物検体を用いたキメラの検討: クラウン系ミニブタ2系統(C1、C2)のMHCはSigma-Aldrich社に依頼・合成したSLA class1をターゲットとしたプライマーを用いたDNAタイピングで判別可能である。今回、各組織から抽出したRNAからRT-PCR法によりc-DNAを合成し、q-PCR法を用いてキメラ解析を行った。C1‐C2不適合下で行った小腸並びに肝臓・小腸移植4症例から術後DNAキメリズムを末梢血単核球、骨髄細胞、腸間膜リンパ節、肝臓などの検体を用い検討した。症例数が少ないことから結論を得るには至らなかったものの、レシピエント(C2)においてドナー(C1)タイプのDNAを確認し、キメラが確立を示唆する結果を得た。
    (2)多臓器移植無肝期の循環維持のためのY字バイパス体外循環の確立: Outputとして12Frのカニューレを2本用い、1本を体循環バイパス目的に腹部腎静脈下方のIVCに端側吻合した静脈グラフトから挿入、もう1本を門脈循環バイパス目的に脾静脈から挿入し、Y字コネクターで接合した。またInputとして14Frのカニューレを左外頸静脈に挿入した。小児用体外循環ポンプを用いて1000-1250rpm(300-500ml/min)の条件下に体外循環を行った。横隔膜下IVC並びに門脈、肝臓下部IVCをクロスクランプすることで無肝期を誘導し、酸素飽和度、動脈血圧、心拍数を5分間隔で測定し、更に血液検体としてAST, ALT、LDH、動脈血液ガス分析を測定した。結果として、無肝期状態における体循環・門脈循環のY字バイパス体外循環によって2時間の安定したバイタル経過と組織障害およびアシドーシスの抑制を得ており、今後の研究の第一歩としての情報を得たと考える。

  • 動脈硬化促進遺伝子導入MHC確立ミニブタを用いた移植心冠動脈病変進展機序の解明

    研究課題/領域番号:18K08544  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    関島 光裕, 山田 和彦, 佐原 寿史, 岩永 健裕

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    移植心冠動脈病変CAVは慢性期心機能低下に大きな影響を与えるため、病変進展機序の解明と治療戦略の開発は最重要課題である。本研究では、拒絶に重要な主要組織適合性抗原MHCが確立したブタを用いて、免疫学(自然/獲得免疫)と非免疫学(動脈硬化/面齢)的因子が複雑に絡むCAV発症機序の解明を図ることを目的とした。実験の結果、MHC適合間移植モデルでは、CAVは発症せず、獲得免疫反応や動脈硬化・加齢などの重要性が示唆された。今後、緩徐に拒絶反応が進行するMHC完全不適合間心移植モデルの作成による獲得免疫系の関与、動脈硬化誘発動物の使用による非免疫学的因子の関与をもとにCAV発症機序を明確する必要がある。

  • RNA干渉を用いたドナー臓器修復・免疫寛容誘導戦略の前臨床大動物実験による開発

    研究課題/領域番号:17K10520  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    昇 修治, 山田 和彦, 佐原 寿史, 関島 光裕

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    臓器移植治療におけるドナー不足の問題について、マージナル脳死・心停止ドナーへ適応拡大の際は、虚血再灌流障害 (IRI)に伴う急性臓器不全や、免疫活性化による急性・慢性拒絶反応誘発が懸念され、本研究では small in terfering RNA(siRNA)を用いた保存臓器の保護・修復についての開発を目的とした 。主要組織適合性抗原 MHC 確立ミニブタ脳死ドナー腎臓に対し、独自開発の siRNA を直接投与し、ドナー臓器 内の炎症・拒絶惹起因子 HMGB1、IL-6、CD40 を中心とする発現制御について検討した。

  • 自己体性幹細胞の多軸的制御と可視的評価による委縮顎骨の増生治療開発

    研究課題/領域番号:17H04394  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    西村 正宏, 石井 正和, 朝比奈 泉, 山田 和彦, 小戝 健一郎, 佐原 寿史

      詳細を見る

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

    顎骨骨髄中に存在する間葉系幹細胞(MBMSC)は顎骨増生のための有望なセルソースである。MBMSCの特性解析により、MBMSCは腸骨骨髄由来MSC(IBMSC)に比べ、骨・軟骨分化能は同等であるが、脂肪分化能が低いことが判明した。またMBMSCとIBMSCにおいて多数のmiRNA発現パターンが異なることが判明した。また、リンパ管新生因子であるVEGF-CにMSCの遊走促進効果があることが見出された。さらに、ホウレンソウ由来糖脂質にLPS誘導性の血管炎症の抑制効果があることが示された。これらの研究成果をMBMSCによる骨増生療法に応用することにより、治療効果を向上させる可能性が示唆される。

  • 腎臓常温灌流保存法によるグラフト修復から生着延長:MHC確立ミニブタによる検討

    研究課題/領域番号:17K11201  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    有吉 勇一, 山田 和彦, 佐原 寿史, 関島 光裕

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    深刻なドナー不足を背景に、厳しい臨床条件のマージナルドナーへと適応拡大を行うことは、虚血再灌流障害による急性臓器不全の増悪や、免疫因子の活性化による急性・慢性拒絶誘発が懸念される。本研究では障害臓器の修復・治療から、移植医療の向上を目指す戦略を開発するため、常温灌流保存NMP法に着目した実験を実施した。主要組織適合性抗原MHC確立ミニブタを用いて、温虚血にさらされた腎臓を用いた常温灌流保存実験およびMHC適合動物に対する慢性移植実験を実施し、NMP法の手技確立、温虚血腎臓の移植前腎機能評価法としてのNMP法の有用性、NMPを用いたより積極的な臓器修復法の開発の可能性、という3点を明らかにした。

  • 前臨床サル移植モデルによる革新的膵島・腎移植法を用いた糖尿病性腎症根治療法の確立

    研究課題/領域番号:16H05403  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    山田 和彦, 佐原 寿史, 清水 章

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本課題はサルを用いた骨髄移植を併用した同種膵島腎移植免疫寛容移植実験であり、その最終目的は自己免疫疾患1型糖尿病性腎症に対する根治療法の確立、即ち自己免疫の制御を含めた戦略の確立である。助成3年間で、最終目的への道筋として、免疫寛容誘導免疫抑制療法において3段階の発展的改良を加えた。第1世代で、すでに200日を越える移植膵島腎生着を得たが、免疫抑制剤の膵島毒性と一過性末梢血キメラにとどまり、第2世代で膵島毒性の軽減、更に平成30年度は第3世代として、Leukapheresisの確立によって、30%を超える末梢血キメラが6週間以上継続し、更に骨髄キメラも確認しうるという成果を得た。

  • 血管内皮障害に基づく炎症・自然免疫活性化の制御による同種・異種肺移植成績向上戦略

    研究課題/領域番号:16H05432  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐原 寿史, 山田 和彦, 清水 章, 関島 光裕

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    臓器不足の抜本的解消と長期予後の改善には、血管内皮障害を契機とする炎症・凝固系/自然免疫系の活性化を制御することは必須である。本研究では、同種・異種肺移植時の障害により生ずる炎症促進因子の制御に着目した研究を実施した。1)前臨床MHC確立ミニブタ肺移植モデルを用いて、移植肺生着延長効果を認める薬剤を同定し(一酸化炭素、アデノシンA2A受容体アゴニスト)、2)異種肺移植研究に応用した結果、一酸化炭素による炎症軽減を介して組織学的に良好な結果が得られ、さらに、3)マクロファージ活性を制御するためのヒトCD47導入が、異種肺移植生着延長に寄与する(世界最長の異種移植肺生着)という成果を得た。

▼全件表示