2022/04/15 更新

写真a

ウノ セイイチ
宇野 誠一
UNO Seiichi
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター 教授
職名
教授

学位

  • 博士(水産学) ( 1997年3月   東京水産大学 )

研究キーワード

  • メタボロミクス

  • 微量分析

  • 環境汚染物質の体内動態

  • 農薬

  • 石油汚染

  • ニトロアレーン

  • 多環芳香族炭化水素

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター   教授

    2018年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 水産資源利用学    

    2004年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター   准教授

    2004年1月 - 2018年9月

所属学協会

  • 日本環境化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本環境毒性学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Oky Setyo Widodo; Makoto Etoh; Emiko Kokushi; Seiichi Uno; Osamu Yamato; Dhidhi Pambudi; Hiroaki Okawa; Masayasu Taniguchi; Mirni Lamid; Mitsuhiro Takagi .  Practical Application of Urinary Zearalenone Monitoring System for Feed Hygiene Management of a Japanese Black Cattle Breeding Herd—The Relationship between Monthly Anti-Müllerian Hormone and Serum Amyloid A Concentrations .  Toxins14 ( 2 ) 143   2022年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins14020143.

  • 仲山 慶, 池田 踏青, 黒川 大輔, 北條 裕也, 宇野 誠一 .  魚類初期生活段階毒性試験の海産魚モデルとしてのクサフグの利用可能性について .  環境毒性学会誌25   1 - 9   2022年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Naoya Sasazaki, Seiich Uno, Emiko Kokushi, Katsuki Toda, Hiroshi Hasunuma, Daisaku Matsumoto, Ayaka Miyashita, Osamu Yamato, Hiroaki Okawa, Masayuki Ohtani, Johanna Fink-Gremmels,Masayasu Taniguchi, Mitsuhiro Takagi. .  Mitigation of sterigmatocystin exposure in cattle by difructose anhydride III feed supplementation and detection of urinary sterigmatocystin and serum amyloid A concentrations. .  Arch. Anim. Breed.64   257 - 264   2021年1月査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Honda M. .  Correlation between polycyclic aromatic hydrocarbons in wharf roach (Ligia spp.) and environmental components of the intertidal and supralittoral zone along the japanese coast .  International Journal of Environmental Research and Public Health18 ( 2 ) 1 - 16   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Environmental Research and Public Health  

    DOI: 10.3390/ijerph18020630

    Scopus

    PubMed

  • Amano H. .  Development of specific enzyme-linked immunosorbent assays for multiple vitellogenins in marbled sole, Pleuronectes yokohamae .  General and Comparative Endocrinology281   67 - 72   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:General and Comparative Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2019.05.012

    Scopus

    PubMed

  • Billah M. .  Distribution, Geochemical Speciation, and Bioavailable Potencies of Cadmium, Copper, Lead, and Zinc in Sediments from Urban Coastal Environment in Osaka Bay, Japan .  Water, Air, and Soil Pollution230 ( 7 )   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Water, Air, and Soil Pollution  

    DOI: 10.1007/s11270-019-4196-8

    Scopus

  • Koyama T. .  A SNP in a Steroidogenic Enzyme Is Associated with Phenotypic Sex in Seriola Fishes .  Current Biology29 ( 11 ) 1901 - 1909.e8   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Current Biology  

    DOI: 10.1016/j.cub.2019.04.069

    Scopus

    PubMed

  • BILLAH Md. Masum, KOKUSHI Emiko, UNO Seiichi .  Metal bioavailability and bioaccumulation in the polychaete <i>Perinereis nuntia</i>: relationship between predictions using chemical analysis and accumulation through actual exposures .  環境毒性学会誌22 ( 2 ) 41 - 52   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本環境毒性学会  

    <p>In the present study, we have examined whether the predicted bioavailability for heavy metals in sediments obtained through chemical analysis reflected the actual accumulation by the polychaete, <i>Perinereis nuntia</i>. In this study, <i>P. nuntia</i> was exposed to sediments collected from two sites of Kagoshima Bay, Japan, for 28 days. The polychaete adsorbed metals such as copper (Cu) and zinc (Zn) from sediments. Biomagnification factors from sediment to polychaete for Cu and Zn were 0.002–0.052 and 0.062–0.066, respectively, and Zn tended to be in higher concentrations in polychaete than Cu. Additionally, we measured metal content in geochemical fractions to predict the bioavailability through chemical analysis and was found to be 2–4% for Cu, and 16–21% for Zn. The prediction of bioavailability through chemical analysis could roughly reflect the actual absorbance of metals in the polychaete. Therefore, we conclude that the prediction of metal bioavailability through geochemical speciation is useful to reliably estimate actual bioaccumulation in the benthic organism.</p>

    DOI: 10.11403/jset.22.41

  • 河合 兆治, 國師 恵美子, 宇野 誠一 .  海産魚類に対する沿岸域底質影響評価 .  マリンエンジニアリング54 ( 6 ) 865 - 870   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会  

    <p>  Anthropogenic substances reach sea areas, absorb particles and finally pile up on sediments. Although previous studies investigated the distribution of pollutants and detected a high concentration of pollutant residues in Japanese coastal areas, the effects of these residues on benthic organisms have been almost unknown. In fact, methods to assess sediment toxicity have not been established, and it is not easy to assess the toxicity of sediments collected from the sea bottom. In this study, we worked to assess the maximum impact of toxic sediments on benthic organisms by exposing marine medaka to extracts from sediments collected from five sites in Tokyo Bay, Japan. The results showed that sediments collected at two sites caused fatal effects on marine medaka. Furthermore, marine medaka were also exposed to three fractionation processes of varying polarity extracts. The results of these exposure tests indicated the possibility that such sediment extracts may have caused antagonistic effects.</p>

    DOI: 10.5988/jime.54.865

  • 関 圭樹, 宇野 誠一 .  メタボロミクスによる化学物質の魚類に対する影響評価法 .  マリンエンジニアリング54 ( 6 ) 871 - 874   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会  

    <p>  Metabolomics allows for comprehensive assessment of the current state of organisms by collecting information on variations on low₋molecular₋metabolites, which can take different forms to maintain homeostasis even under the influence of chemical exposures or external stressors. Metabolomics workflows include chemical analysis designed to obtain the assessment of metabolites, statistical analysis, research on the metabolic state of organisms and the prediction of their health trajectories. Until now, we have examined and assessed the effects of pollutants on Japanese medaka through the metabolomics approach. In this publication, we describe the metabolomics approach with GC/MS analysis, which includes fish treatment procedures, and its assessment process.</p>

    DOI: 10.5988/jime.54.871

  • 宇野 誠一, 仲山 慶, 橋本 百花, 河合 兆治, 國師 恵美子 .  ジャワメダカ胚を用いた広島湾底質のリスク影響評価 .  マリンエンジニアリング54 ( 6 ) 860 - 864   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会  

    <p>The effects of chemicals in sediments in coastal areas on environmental organisms are almost unknown, although a number of investigations on the distribution of pollutants in these sediments were performed, often resulting in the detection of chemical residues with high concentrations. In this study, toxicities of sediments collected from 11 locations in Hiroshima Bay, Japan, was assessed using embryos of Java medaka, <i>Oryzias javanicus</i>. The embryos were placed on sediments containing a little pore water without adding overlying water. The results showed that as high as 37% of the embryos exposed to sediments collected near Hatsukaichi City died. Additionally, the mortality was 33% at a site distant slightly from an industrial area in Otake City. Delayed hatching was observed at six locations. Thus, the certain effects of exposure to sediments collected from the bay in the embryos were observed, and the authors concluded that these effects are most likely to have been caused by chemicals in the sediments. </p>

    DOI: 10.5988/jime.54.860

  • Toda K. .  Fructo-oligosaccharide (DFA III) feed supplementation for mitigation of mycotoxin exposure in cattle—clinical evaluation by a urinary zearalenone monitoring system .  Toxins10 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Toxins  

    DOI: 10.3390/toxins10060223

    Scopus

    PubMed

  • Honda M. .  The Wharf Roach, Ligia sp., A Novel Indicator of Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Contamination in Coastal Areas .  International Journal of Environmental Research12 ( 1 )   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Environmental Research  

    DOI: 10.1007/s41742-017-0063-x

    Scopus

  • Takagi M. .  Measurement of urinary concentrations of the mycotoxins zearalenone and sterigmatocystin as biomarkers of exposure in mares .  Reproduction in Domestic Animals53 ( 1 ) 68 - 73   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Reproduction in Domestic Animals  

    DOI: 10.1111/rda.13054

    Scopus

  • M. Honda, X. Qiu, J. Koyama, S. Uno, SL. Undap, Y. Shimasaki, Y. Oshima .  The wharf roach, Ligia sp.: a novel indicator of polycyclic aromatic hydrocarbon contamination in coastal areas. .  International Journal of Environmental Research.12   1 - 11   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Takagi, S. Uno, E, Kokushi, F. Sato, M. M. P. Wijayagunawardane, J. Fink-Gremmels .  Measurement of urinary concentrations of the mycotoxins zearalenone and sterigmatocystin as biomarkers of exposure in mares. .  Reproduction in Domestic Animalsin print   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawano M. .  Effects of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons on the early life stages of Japanese medaka .  Environmental Science and Pollution Research24 ( 36 ) 27670 - 27677   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Environmental Science and Pollution Research  

    DOI: 10.1007/s11356-016-6917-5

    Scopus

    PubMed

  • Uno S. .  Toxic evaluations of sediments in Tokyo Bay, Japan, using Japanese medaka embryos .  Environmental Science and Pollution Research24 ( 36 ) 27702 - 27709   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Environmental Science and Pollution Research  

    DOI: 10.1007/s11356-016-7581-5

    Scopus

    PubMed

  • Kokushi E. .  Evaluation of 2,4-dichlorophenol exposure of Japanese medaka, Oryzias latipes, using a metabolomics approach .  Environmental Science and Pollution Research24 ( 36 ) 27678 - 27686   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Environmental Science and Pollution Research  

    DOI: 10.1007/s11356-016-6425-7

    Scopus

    PubMed

  • 臼井 力, 宇野 誠一, 前田 広人, 吉田 純一 .  食品中の多環芳香族炭化水素に関する調査研究 .  鹿児島県環境保健センター所報 ( 18 ) 47 - 54   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県環境保健センター  

    発がん性を疑われるベンゾピレン(BaP)を含有する多環芳香族炭化水素(PAH)4を含むPAH16物質の分析法を確立し、市販されている食用植物油脂19検体、さつま揚げ17検体、食肉加工食品15検体のPAH含有量を調査した。その結果、PHA4は食用植物油脂10検体から検出され、そのうち8検体はごま油であった。さつま揚げからは検出されなかった。食肉加工品は燻製・焼き豚9検体からPHA4は検出されなかったが、鶏肉製品6検体全てで高濃度のPHA類が検出され、PHA4総量はEU基準値の24〜66倍、特にBaPはEU基準値の55〜176倍であった。また、市販の活性炭6種類を用いて菜種油中のPAH除去効果を検討した結果、活性炭の粒径が小さいほどPAH除去率が高い傾向であった。

  • Uno S. .  Distributions of nitrated polycyclic aromatic hydrocarbons in the sediment of Osaka Bay, Japan .  Marine Pollution Bulletin124 ( 2 ) 1014 - 1019   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Marine Pollution Bulletin  

    DOI: 10.1016/j.marpolbul.2017.02.062

    Scopus

    PubMed

  • Bacolod E.T. .  Oxidative stress and genotoxicity biomarker responses in tilapia (Oreochromis niloticus) exposed to environmental concentration of 1-nitropyrene .  Marine Pollution Bulletin124 ( 2 ) 786 - 791   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Marine Pollution Bulletin  

    DOI: 10.1016/j.marpolbul.2017.01.077

    Scopus

    PubMed

  • Uno S. .  Oil spill off the coast of Guimaras Island, Philippines: Distributions and changes of polycyclic aromatic hydrocarbons in shellfish .  Marine Pollution Bulletin124 ( 2 ) 962 - 973   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Marine Pollution Bulletin  

    DOI: 10.1016/j.marpolbul.2017.03.062

    Scopus

    PubMed

  • Toda K. .  Gas chromatography-mass spectrometry for metabolite profiling of Japanese black cattle naturally contaminated with zearalenone and sterigmatocystin .  Toxins9 ( 10 )   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Toxins  

    DOI: 10.3390/toxins9100294

    Scopus

    PubMed

  • S. Uno, E. Kokushi, M. Kawano, A.E. McElroy, J. Koyama .  Toxic evaluations of sediments in Tokyo Bay, Japan, usingJapanese medaka embryos. .  Environ. Sci. Pollut. Res.24 ( 36 ) 27702 - 27709   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E. Kokushi, A. Shintoyo, J. Koyama, S. Uno .  Evaluation of 2,4-dichlorophenol exposure of Japanese medaka, Oryzias latipes, using a metabolomics approach. .  Environ. Sci. Pollut. Res.24 ( 36 ) 27678 - 27686   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kawano, S. Uno , J. Koyama, E. Kokushi, A. McElroy .  Effects of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons on the early life stages of Japanese medaka. .  Environ. Sci. Pollut. Res. 24 ( 36 ) 27670 - 27677   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Toda, E. Kokushi, S. Uno, A. Shiiba, H. Hasunuma, Y. Fushimi, M. P. B. Wijayagunawardane, C. Zhang, O. Yamato, M. Taniguchi, J. Fink-Gremmels, M. Takagi .  Gas chromatography-mass spectrometry for metabolite profiling of Japanese black cattle naturally contaminated with zearalenone and sterigmatocystin. .  Toxins9   294 - 307   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E. T. Bacolod, S. Uno, S. S. Villamor, J. Koyama .  Oxidative stress and genotoxicity biomarker responses in tilapia (Oreochromis niloticus) exposed to environmental concentration of 1-nitropyrene. .  Marine Pollution Bulletin124   786 - 791   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Uno, E. Kokushi, N. C. Añasco, T. Iwai, K. Ito, J. Koyama .  Oil spill off the coast of Guimaras island, Philippines: distributions and changes of polycyclic aromatic hydrocarbons in shellfish. .  Marine Pollution Bulletin124   962 - 973   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Uno, H. Tanaka, E. Kokushi, E. T. Bacolod, J. Koyama .  Distributions of nitrated polycyclic aromatic hydrocarbons in the sediment of Osaka Bay, Japan. .  Marine Pollution Bulletin124   1014 - 1019   2017年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nurulnadia M.Y. .  Bioaccumulation of sedimentary endocrine disrupting chemicals (EDCs) by the benthic fish, Pleuronectes yokohamae .  Malaysian Journal of Analytical Sciences21 ( 3 ) 535 - 543   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Malaysian Journal of Analytical Sciences  

    DOI: 10.17576/mjas-2017-2103-03

    Scopus

  • M. Y. Nurulnadia, J. Koyama, S. Uno, H. Amano .  Biomagnification of endocrine disrupting chemicals (EDCs) by Pleuronectes yokohamae: Does P. yokohamae accumulate dietary EDCs? .  Chemosphere144   185 - 192   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Koyama, S. Uno, Y. Nagai, B. Anukorn .  Early monitoring of spilled oil contamination in Rayong, Thailand. .  Japanese Journal of Environmental Toxicology.19   25 - 33   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Koyama, S. Nigaya, A. Takenouchi, E. Kokushi, S. Uno .  Bioaccumulation of environmental organotin compounds in translocated rock shell Thais clavigera in Kagoshima Bay. .  Fishries Science82   975 - 982   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 河野真知、宇野誠一、國師恵美子、小山次朗 .  ゲンタマイシン腹腔内暴露により腎障害を誘発したコイの血漿中代謝物変動 .  環境毒性学会誌18   25 - 37   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K Ito, S Uno, H Tanaka, S Miki, E Kokushi, M Yamamoto, J Koyama, N C Anasco .  Distribution of parent and alkylated PAHs in bivalves collected from Osaka Bay, Japan. .  Japanese Journal of Environmental Toxicology18   11 - 24   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Fushimi, M. Takagi, D. Monniaux, S. Uno, E. Kokushi, U. Shinya, C. Kawashima, T. Otoi, E. Deguchi, J. Fink-Gremmels .  Effects of dietary contamination by zearalenone and its metabolites on serum anti-müllerian hormone: impact on the reproductive performance of breeding cows. .  Reproduction in Domestic Animals50   834 - 839   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuo Fushimi, Mitsuhiro Takagi, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Masayuki Nakamura, Hiroshi Hasunuma, Urara Shinya, Eisaburo Deguchi, Johanna Fink-Gremmels .  Measurement of Sterigmatocystin Concentrations in Urine for Monitoring the Contamination of Cattle Feed. .  Toxins6   3117 - 3128   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nunal, S. N., Santander-de, L., Sheila, M. S., Bacolod, E., Koyama, J., Uno, S., Hidaka, M., Yoshikawa, T., Maeda, H. .  Bioremediation of Heavily Oil-Polluted Seawater by a Bacterial Consortium Immobilized in Cocopeat and Rice Hull Powder. .  Biocontrol Science. 19 ( 1 ) 11 - 22   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Miki, S. Uno (double author), K. Ito, J. Koyama, H. Tanaka. .  Distributions of polycyclic aromatic hydrocarbons and alkylated polycyclic aromatic hydrocarbons in Osaka Bay, Japan. .  Mar. Poll. Bull.85   487 - 493   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Y. Nurulnadia, J. Koyama, S. Uno, A. Kito, E. Kokushi, E. T. Bacolod, K. Ito, Y. Chuman. .  Accumulation of endocrine disrupting chemicals (EDCs) in the polychaete Paraprionospio sp. from the Yodo River mouth, Osaka Bay, Japan. .  Environ Monit Assess. 186   1453 - 1463   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Fushimi, M. Takagi, H. Hasunuma, S. Uno, E. Kokushi, U. Watanabe, J. Liu, M. Marey, A. Miyamoto, T. Otoi, E. Deguchi, and J. Fink-Gremmels. .  Application of mycotoxin adsorbent to cattle herd naturally contaminated with zearalenone: Urinary zearalenone excretion and association with anti-Mullerian hormone. .  Word Mycotoxin J.7   367 - 378   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Dasgupta, A. Cao, B. Mauer, B. Yan, S. Uno, A. McElroy. .  Genotoxicity of oxy-PAHs to Japanese medaka (Oryzias latipes) embryos assessed using the comet assay. .  Environ. Sci. Pollut. Res. 21   13867 - 13876   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Koyama, C. Imakado, S. Uno, T. Kuroda, S, Hara, T. Majima, H. Shirota, N. C. Anasco. .  Simulated Distribution and Ecotoxicity-Based Assessment of Chemically-Dispersed Oil in Tokyo Bay. .  Mar. Poll. Bull.85   487 - 493   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. B. Eugene, S. Uno, H. Tanaka, J. Koyama. .  Micronuclei and nuclear abnormalities induction in erythrocytes of marbled flounder, Pleuronectes yokohamae, exposed to dietary nitrated polycyclic aromatic hydrocarbons. .  Jpn. J. Environ. Toxicol. 16   79 - 89   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. B. Eugene, S. Uno, H. Tanaka, S. Miki, E. Kokushi, M. Fukunaga, J. Koyama. .  Bioconcentration of waterborne nitroarenes in marbled flounder Pleuronectes yokohamae. .  Jpn. J. Environ. Toxicol. 16   91 - 105   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sambuu R, Takagi M, Namula Z, Nii M, Taniguchi M, Uno S, Kokushi E, Tshering C, Santos RR, Fink-Gremmels J, OTOI T, .  Effects of long-term in vitro exposure of ejaculated boar sperm to zearalenone and α-zearalenol in sperm liquid storage medium. .  Animal Science Journal 84   28 - 34   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E. Kokushi, S. Uno, S. Pal, J. Koyama .  Effects of Chlorpyrifos on the Metabolome of the Freshwater Carp, Cyprinus Carpio. .  Environmental toxicology30   253 - 260   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Y. Nurulnadia, J. Koyama, S. Uno, E. Kokushi, E. T. Bacolod, K. Ito, Y. Chuman .  Bioaccumulation of Dietary Endocrine Disrupting Chemicals (EDCs) by the Polychaete, Perinereis nuntia. .  Bull. Environ. Contam. Toxicol.91 ( 4 ) 372 - 376   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 國師恵美子,宇野誠一,小山次朗 .  コイ血漿メタボロミクスによるカーバメート系殺虫剤BPMCの有害性評価 .  環境毒性学会誌16 ( 1 ) 1 - 11   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Takagi, T. Hirai, S. Shiga, S. Uno, E. Kokushi, T. Otoi, E. Deguchi, C. Tshering. .  Relationship between urinary zearalenone concentration and embryo production in superovulated cattle. .  Archives Animal Breeding36   360 - 366   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M.Takagi, S. Shiga, S. Uno, E. Kokushi, T. Otoi, C. Tshering, E. Deguchi, J. Fink-Gremmels. .  Periodic Alteration in Urinary Zearalenone Excretion in a Dairy Cattle Herd. .  Animal Nutrition and Feed Technology.13   303 - 310   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Koyama, A. Kitoh, M. Nakai, K. Kohno, H. Tanaka, S. Uno .  Relative Contribution of Endocrine-disrupting Chemicals to the Estrogenic Potency of Marine Sediments of Osaka Bay, Japan. .  Water Air Soil Pollut224   1570 - 1579   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sambuu R, Takagi M, Namula Z, Nii M, Taniguchi M, Uno S, Kokushi E, Tshering C, dos Santos RR, Fink-Gremmels J, Otoi T. .  Effects of long-term in vitro exposure of ejaculated boar sperm to zearalenone and α-zearalenol in sperm liquid storage medium. .  Animal science journal 84 ( 1 ) 28 - 34   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mohd Yusoff Nurulnadia, Jiro Koyama, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Eugene Tan Bacolod, Kazuki Ito, Yasutaka Chuman .  Bioaccumulation of Dietary Endocrine Disrupting Chemicals (EDCs) by the Polychaete, Perinereis nuntia .  Bull Environ Contam Toxicol91   372 - 376   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno,Sandipan Pal,Jiro Koyama, .  Effects of chlorpyrifos on the metabolome of the Freshwater Carp, Cyprinus carpio .  Environ Toxicolin press   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nurulnadia MY, Koyama J, Uno S, Kito A, Kokushi E, Bacolod ET, Ito K, Chuman Y. .  Accumulation of endocrine disrupting chemicals (EDCs) in the polychaete Paraprionospio sp. from the Yodo River mouth, Osaka Bay, Japan. .  Environmental monitoring and assessment.in press   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Pal, E. Kokushi, J. Koyama, S. Uno, A. R. Ghosh .  Histopathologicalalterations in gill, liver and kidney of common carp exposed to chlorpyrifos .  Journal of Environmental Science and Health, Part B: Pesticides47   180 - 195   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Aoi Shintoyo, Emiko Kokushi, Masataka Yamamoto, Kei Nakayama, Jiro Koyama .  Gas chromatography-mass spectrometry for metabolite profiling of Japanese medaka (Oryzias latipes) juveniles exposed to malathion .  Environmental Science and Pollution Research19   2595 - 2605   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Koyama, A. Takenouchi, S. Nigaya, E. Kokushi, S. Uno .  Organotin residues in Rock Shell, Thais clavigera, and their sources in Kagoshima Bay, Japan. .  Aquatic Ecosystem Health & Management.15   260 - 266   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasunuma, H., Takagi, M., Shiga, S., Uno, S., Kokushi, E., Mukai, S., Kuriyagawa, T., Takagaki, K., Matsumoto, D., Okamoto, K., Deguchi, E., and Fink-Gremmels, J. .  Monitoring Natural Feed Contamination in Beef Cattle by Measurements of Urinary Zearalenone Concentrations after Oral Administration of Mycotoxin Adsorbents as a top Dressing. .  Journal of Applied Animal Research39 ( 3 ) 292 - 295   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Masayo Murakami, Emiko Kokushi, Jiro Koyama .  Inter-Species Differences in the Accumulation of Tributyltin and its Metabolites under Dietary Exposure in Sea perch, Lateolabrax japonicus, and Red Sea Bream, Pagrus major. .  Environ. Toxicol.26   29 - 36   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Harold Modoc Monteclaro, Kazuhiko Anraku, Seiichi Uno, Jiro Koyama, Tatsuro Matsuoka, Hong Young Yan .  Sensitivity of crayfish antennules to hydrodynamic stimuli is reduced during diazinon exposure .  Zoological Studies50   145 - 154   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rentsenkhand Sanbuu, Mitsuhiro Takagi, Satoshi Shiga, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Zhao Namula, Takeshige Otoi, Akio Miyamoto, Eisaburo Deguchi, and Johanna Fink-Gremmels .  Detection of Zearalenone and Its Metabolites in Naturally Contaminated Porcine Follicular Fluid by Using Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry. .  J. Reprod. Dev.57   303 - 306   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Takagi, S. Uno, E. Kokushi, S. Shiga, S. Mukai, T. Kuriyagawa, K. Takagaki, H. Hasunuma, D. Matsumoto, K. Okamoto, F. Shahada, T. Chenga, E. Deguchi, and J. Fink-Gremmels .  Measurement of urinary zearalenone concentrations for monitoring natural feed contamination in cattle herds - on-farm trials .  J. Anim. Sci. 89   287 - 296   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボローム解析を用いた絶食下コイCyprinus carpio L. の血漿中代謝物変動評価 .  日本水産学会誌77 ( 1 ) 75 - 83   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Tomohiro Harada, Jiro Koyama .  1H-NMR based Metabolomics Approach to Assess Toxicity of Bunker A Heavy Oil to Freshwater Carp .  Eviron. Toxicol.in print   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Hiroyuki Tanaka, Shizuho Miki, Emiko Kokushi, Kazuki Ito, Masataka Yamamoto and Jiro Koyam .  Bioaccumulation of nitroarenes in bivalves at Osaka Bay, Japan .  Marine Pollution Bulletine63 ( 42136 ) 477 - 481   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sandipan Pal, Emiko Kokushi, Joseph O.Cheikyula, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Histopathological effects and EROD induction in common carp exposed to dietary heavy oil. .  Ecotoxicology and Environmental Safety74   307 - 314   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasunuma H., Takagi M., Kawamura O., Taniguchi C., Nakamura M., Chuma T.,Uno S., Kokushi E., Matsumoto D., Tshering C., Deguchi E. and Fink-Gremmels J. .  Natural contamination of dietary rice straw with zearalenone and urinary zearalenone concentrations in a cattle herd. .  J Anim Sciin press   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Song, K. Nakayama, E. Kokushi, K. Ito, S. Uno, J. Koyama, H. Rahman, Y. Murakami, S. Kitamura .  Effect of heavy oil exposure on antibacterial activity and expression of immune-related genes in Japanese flounder Paralichthys olivaceus .  Environmental Toxicology and Chimistryin print   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nathaniel C. Anasco, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Pesticide Residues in Coastal Waters Affected by Rice Paddy Effluents Temporarily Stored in a Wastewater Reservoir in Southern Japan .  Archives of Environmental Contamination and Toxicology58   352 - 360   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nathaniel Anasco, Seiichi Uno, Jiro Koyama, Tatsuro Matsuoka, Naoya Kuwahara .  Assessment of Pesticide Residues in Freshwater Areas Affected by Rice Paddy Effluents in Southern Japan .  Environmental Monitoring and Assessment160   371 - 383   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shizuho Miki, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Optimization of pressurized liquid extraction for simultaneous analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons and alkylated polycyclic aromatic hydrocarbons in sediments. .  Fresen. Environ. Bull.19   1544 - 1551   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Jiro Koyama, Emiko Kokushi, Harold Monteclaro, Sheryll Santander, J. Orkuma Cheikyula, Shizuho Miki, Nathaniel Anasco, Ida G. Pahila, Hilario S. Taberna Jr., Tatsuro Matsuoka .  Monitoring of PAHs and Alkylated PAHs in Aquatic Organisms after One Month from Solar I Oil Spill off the Coast of Guimaras Island, Philippines .  Environmental Monitoring and Assessment165   501 - 515   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uno,Seiichi,Kokushi Emiko,Pahila Ida G.,Koyama Jiro .  Changings of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Aquatic Organisms and Sediment at Guimaras after Oil Spill .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   63 - 66   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshikawa, Takeshi,Murata, Kei,Uno, Seiichi,Koyama, Jiro,Maeda, Hiroto,Hayashi, Masazumi,Sadaba, Resurreccion B .  Biodegradation of Heavy C Oil by Alcanivorax sp. a1 Strain Isolated from Recovered Bunker Oil Spilt in the “Solar I” Accident .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   67 - 73   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Monteclaro, Harold,Anraku, Kazuhiko,Uno, Seiichi,Koyama, Jiro,Matsuoka, Tatsuro,Quinitio, Gerald F. .  Water Quality Degradation and its Effect on Fishing Activities .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   47 - 51   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Pahila, Ida G.,Taberna, Hilario Jr.,Sadaba, Resurreccion Jr.,Gamarcha, Leandro,Koyama, Jiro,Uno, Seiichi .  Assessment of Residual Petroleum Hydrocarbon Two Years After the M/T Solar I Oil Spill in Southern Guimaras, Central Philippines .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   59 - 62   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 江幡恵吾、宇野誠一、吉川毅、丸儀雅孝、東輝、谷和博、塩満曉洋、税所誠一、池田利光、若松憲二郎、達山智成、川井田博 .  焼酎粕を有効活用したコンクリート魚礁の開発 .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   66 - 71   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Jiro Koyama, Masayo Murakami, Seiichi Uno .  Immunotoxicity of tributyl tin to Japanese sea bass, Lateolabrax japonicus and red sea bream, Pagrus major, in relation to their body burden .  Jpn. J. Environ. Toxicol,12   123 - 133   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cheikyula, J. O., Koyama, J., Uno, S. .  S. Comparative study of Bioconcentration and EROD activity induction in the Japanese flounder, red sea bream, and Java medaka exposed to polycyclic aromatic hydrocarbons, Environmental Toxicology. .  Environmental Toxicology23   354 - 362   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jiro Koyama, Miki Kawamata, Shoko Imai, Miho Fukunaga, Seiichi Uno, Akira Kakuno .  Java medaka: a proposed new marine test fish for ecotoxicology .  Environmental Toxicology23   354 - 362   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Orkuma Cheikyula, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Bioaccumulation of dietary polycyclic aromatic hydrocarbons and EROD induction in the red sea bream and Java medaka .  Jpn.J.Environ.Toxicol.11   99 - 115   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J.Orkuma Cheikyula, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Micronuclei and other Nuclear Abnormalities Formation in the Red Sea Bream, Pagrus major, Exposed to Polycyclic Aromatic Hydrocarbons .  Jpn.J.Environ.Toxicol.12   33 - 39   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitsuhiro Takagi, Shuhei Mukai, Toshiyuki Kuriyagawa, Katsuhito Takagaki, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Takeshige Otoi, Agung Budiyanto, Koumei Shirasuna, Akio Miyamoto, Osamu Kawamura, Koji Okamoto, Eisaburo Deguchi .  Detection of zearalenone and its metabolites in naturally contaminated follicularfluids by using LC/MS/MS and in vitro effects of zearalenone on oocyte maturation in cattle .  Reproductive Toxicology26   164 - 169   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宇野誠一、國師恵美子、小山次朗 .  魚類血漿を用いた有害化学物質の1H-NMRメタボロミクス影響評価 .  環境毒性学会誌11   63 - 67   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Emiko Kokusi, Shizuho Miki, Nathaniel C. Anasco, Jiro Koyama, Harold Monteclaro .  Preliminary survey of chemical pollution in coastal area of Panay Iskand, Philippines. .  UPV J.Nat.Sci.12   9 - 24   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Jiro Koyama, Seiichi Uno, Kumiko Kohno .  Polycyclic aromatic hydrocarbon contamination and recovery characteristics in some organisms after the Nakhodka oil spill. .  Marine pollution Bulletin.49 ( 11月12日 ) 1054 - 1061   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宇野誠一、小山次朗、田中博之、山田久、白石寛明 .  超臨界抽出法を用いた魚介類中の有機塩素系農薬の分析 .  環境化学会誌13   427 - 437   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yutaka Okumura, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  The relationship between logPow and molecular weight of polycyclic aromatic hydrocarbons and EC50 values of marine microalgae .  La mer41   182 - 191   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Jiro Koyama, Kumiko Ikeda .  Polycyclic aromatic hydrocarbons in liver and their metabolites in bile of founder (Paralichthys oivevaceus) orally exposed to crude oil and heavy fuel oil. .  Jpn. J. Environ. Toxicol.6   53 - 64   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Horiguchi, Z. Li, S. Uno, M. Shimizu, H. Shiraishi, M. Morita, J.A.J. Thompson, C.D. Levings .  Contamination of organotin compounds and imposex in mollusks from Vancouver, Canada. .  Marine Environmental Research57   75 - 88   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Hiroaki Shiraishi, Shigehisa Hatakeyama, Akira Otsuki, Jiro Koyama .  Accumulative characteristics of pesticide residues in organs of bivalves (Anodonta Woodiana and Corbicula leana) under natural conditions .  Arch. Environ. Contam. Toxicol.40   35 - 47   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Jiro Koyama, Hisashi Yamada .  Organochlorine and polyaromatic hydrocarbon residues in English sole, Pleuronectes vetulus, at Vancouver Harbour .  PICES Scientific Report16   30 - 35   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Seiichi Uno, Jiro Koyama, Hisashi Yamada .  Organochlorine and polyaromatic hydrocarbon residues in bivalves at Vancouver Harbour. .  PICES Scientific Report16   35 - 42   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Toshihiro Horiguchi, Seiichi Uno, Makoto Shimizu, Hiroaki Shiraishi, Masatoshi Morita .  Contamination of organotin compounds and imposex in mollusks from Vancouver, Canada .  PICES Scientific Report16   53 - 56   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Seiichi Uno, Yun, Ji Hyun, Masaki Kaneniwa, Jiro Koyama, Hisashi Yamada, Kumiko Ikeda .  Lipid class and fatty acid composition of mussel, Mytilus trossulus, Vancouver Harbour .  PICES Scientific Report16   43 - 47   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Shigehisa Hatakeyama, Hiroaki Shiraishi, Seiichi Uno .  Overall pesticide effects on growth and emergence of two species of Ephemeroptera in a model stream carrying pesticide-polluted river water .  Ecotoxicology6   167 - 180   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Hiroaki Shiraishi, Shigehisa Hatakeyama, Akira Otsuki .  Uptake and depuration kinetics and BCFs several pesticides in three species of shellfish (Corbicula leana, Corbicula Japonica, and Cipangopludina chinensis): Comparison between field and laboratory experiment. .  Aquatic Toxicology39   23 - 43   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Hiroaki Shiraishi, Shigehisa Hatakeyama, Akira Otsuki .  Histological changes in gills of freshwater shellfish induced by pesticides. .  日米農薬残留ワークショップ-プロシーディング   152 - 157   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Toxicological Effects of Heavy Oil on Carp by NMR-based Metabolic Profiling of Plasma.

    Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Jiro Koyama( 担当: 共著)

    Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Biological Responses to Chemical Pollutants, Eds., Y. Murakami, K. Nakayama, S.-I. Kitamura, H. Iwata and S. Tanabe by TERRAPUB  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 化学物質の生態リスク評価と規制-農薬編ー3.3貝類の農薬類生物濃縮

    編著者:畠山成久( 担当: 共著)

    日本環境学会監修アイピーシー発行  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 北米で増加する奇形カエル

    宇野誠一

    化学と工業   51   920   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 新野 竜大、宇野 誠一 .  医薬品の生態毒性評価-作用機序に基づく新たな視点の必要性 .  日本水環境学会シンポジウム  日本水環境学会シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Koyama J, Handoh IC, Kitamura S-I. .  Transcriptomic and metabolomic changes caused by the effects of single and combined environmental stressors .  International Conference on Environmental OMICS  International Conference on Environmental OMICS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • Uno S, Nakayama K, Kitamura S-I, Murakami Y, Kokushi E, Shintoyo A, Ito K, Koyama J. .  Toxicity evaluations for individual and mixed exposures of phenanthrene and pyrene in medaka (Oryzias latipes) alevin with metabolomics and transcriptomics .  International Conference on Environmental OMICS  International Conference on Environmental OMICS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 仲山 慶,宇野誠一,半藤逸樹,北村真一 .  複合的な環境要因に対する生体応答の検出と影響の評価 .  衛生薬学・環境トキシコロジー  衛生薬学・環境トキシコロジー

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 仲山 慶,宇野誠一,國師恵美子,新豊 葵,小山次朗,村上安則,北村真一 .  多環芳香族炭化水素の単独・複合暴露に対する生体応答の解析 .  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宇野誠一,仲山 慶,北村真一,國師恵美子,新豊 葵,小山次朗 .  PAH類に暴露したヒメダカ稚魚のメタボロームとトランスクリプトームの変動の比較 .  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Uno S, Nakayama K, Nino T, Kokushi E, Koyama J. .  Metabolomics approach to evaluate effects of environmental contaminants in fish .  International Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology  International Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:愛媛  

    国際学会

  • 宇野誠一,新野竜大,大堀祐司,國師 恵美子,小山次朗 .  メタボロミクスを用いたメダカ(Oryzias latipes)の胚に対するクロロフェノール類の影響評価 .  第20回環境化学討論会  第20回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • S. Uno, A. Shintoyo, E. Kokushi, M. Yamamoto1 and J. Koyama .  METABOLIC PROFILING OF JAPANESE MEDAKA (ORYZIAS LATIPES) EXPOSED TO ORGANOPHOSPHOROUS PESTICIDE USING GAS CHROMATOGRAPHY MASS SPECTROMETRY .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Uno S, Nakayama K, Kokushi E, Shintoyo A, Yamamoto M, Murakami Y, Kitamura SI, Koyama J. .  Toxicity assessment of polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in Japanese medaka (Oryzias latipes) based on metabolomic analyses. .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Shintoyo A, Yamamoto M, Koyama J, Murakami Y, Kitamura SI .  Toxicity assessment of polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in Japanese medaka (Oryzias latipes) based on transcriptomic data .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • 國師 恵美子,宇野誠一,小山次朗 .  コイ(Cyprinus carpio)の尿を用いたGC/MSメタボロミクスによるクロルピリホスの有害性評価 .  第20回環境化学討論会  第20回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 宇野誠一・木藤麻美・小山次朗・田中博之 .  内湾底質のエストロゲン様物質分布とその生物濃縮 .  H23日本水産学会春期大会  H23日本水産学会春期大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Eugene T. BACOLOD, Seiichi UNO, Jiro KOYAMA .  Accumulation &amp; toxicity in marbled flounder, Pleuronectes yokohamae, exposed to dietary nitroarenes .  H23日本水産学会春期大会  H23日本水産学会春期大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Handoh IC, Kitamura SI. .  Transcriptome and metabolome changes by multiple environmental stressors. .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • S. Uno, E. Kokushi, H. Monteclaro, S. Santander, I. G. Pahila, J. Koyama .  Monitoring of oil pollution recovery in shellfish and sediment in Guimaras Island, Philippines after Solar I tanker oil spill .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Masataka Yamamoto, Tatsuhiro Niino, Yuji Ohori, Jiro Koyama .  Toxicity assessment of dichlorophenols on medaka (Oryzias latipes) embryo by metabolomics approach .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 志賀慧、高木光博、宇野誠一、國師恵美子、蓮沼浩、 松本大策、岡本光司、出口栄三郎 .  牛尿中ゼアラレノン濃度を指標とした給与飼料中ゼアラレノン浸潤動態モニター法の確率 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Jiro Koyama .  Assessment of Effects of Starvation on Freshwater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach. .  The 39th Scientific Symposium of UJNR Aquaculture Panel Meeting  The 39th Scientific Symposium of UJNR Aquaculture Panel Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Koyama J., Takenouchi A., Nigaya,S., Murakami M, Kokushi E. and Uno S. .  Bioaccumulation of organotins by fish and rock shell and their effects .  First International Conference on Managing Ecosystem Health of Tropical Seas: Environmental Management in Coastal Ecosystems  First International Conference on Managing Ecosystem Health of Tropical Seas: Environmental Management in Coastal Ecosystems国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:マレーシア  

    国際学会

  • 山元優孝、宇野 誠一、小山 次朗 .  メタボロミクスによる多環芳香族炭化水素のメダカ胚に対する影響評価 .  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 宇野 誠一、E.T.Bacolod、小山 次朗、田中博之 .  海産魚によるニトロアレーンの生物濃縮 .  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、山元優孝、新豊葵、小山 次朗 .  メダカ稚魚を用いたメタボロミクスによる化学物質影響評価の試み .  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 新野 竜大, 宇野 誠一, 國師 恵美子, 山元 優孝, 小安 純子, 大堀 祐司, 斎藤 穂高 .  魚胚に対するエコトキシコメタボロミクスの医薬品環境影響評価への応用 .  第37回日本トキシコロジー学会学術年会  第37回日本トキシコロジー学会学術年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Jiro Koyama .  Assessment of Metabolite Variations in Starved Freshwater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach .  TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MARINE POLLUTION AND ECOTOXICOLOGY  TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MARINE POLLUTION AND ECOTOXICOLOGY国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • S. Uno, H. Tanaka, E. Kokushi, K. Ito, M. Yamamoto, J. Koyama .  Monitoring OF NITROARENES IN BIVALVES FROM OSAKA BAY, JAPAN .  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • S. Uno, H. Tanaka, E. Kokushi, K. Ito, M. Yamamoto, J. Koyama .  Monitoring of nitroarenes in bivalves from Osaka Bay, Japan .  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • 伊藤一輝, 宇野誠一, 田中博之, 國師恵美子, 山元優孝, 三木志津帆, 小山次朗 .  大阪湾沿岸域における二枚貝中のアルキル化多環芳香族炭化水素類及び多環芳香族炭化水素類のモニタリング .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 宇野誠一、國師恵美子、 小山次朗 .  フィリピンギマラス島における石油流出事故の石油汚染モニタリング-II .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  メタボロミクスによるヒメダカに対する多環芳香族炭化水素類の影響評価 .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 志賀慧、髙木光博、宇野誠一、蓮沼浩、岡本光司、出口栄三郎 .  牛尿中ゼアラレノン濃度を指標とした給与飼料中ゼアラレノン浸潤動態モニター法の確立 .  平成21年度日本獣医師会学会年次大会  平成21年度日本獣医師会学会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 小山次朗 土寄大地 宇野誠一 .  海産ヨコエビによる生態毒性試験 .  第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宋準榮 仲山慶 村上安則 北村真一、宇野誠一 小山次朗 .  重油暴露が魚類ウイルス性疾病の発生に与える影響 .  第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • S. Uno, E. Kokushi, I. G. Pahila, H. S. Taberna Jr., J. Koyam .  Changings of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in AquaticOrganisms and Sediment at Guimaras after Oil Spill. .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • M. Yamamoto, J. Koyama, S. Uno .  Toxicity assessment of PAHs on medaka embryo by 1H-NMR metabolomics approach .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • E. Kokushi, S. Uno, J. Koyaa .  Assessment of Effects of Starvation on Freswater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • K. Murata, S. Uno, J. Koyama, T. Yoshikawa and H. Maeda .  Degradation of Heavy Oil for Bioremediation by Alkanivorax Strain a1. .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • K. Ito, J. Koyama and S. Uno . .  Bioaccumulation of Dietary PAHs and Alkylated PAHs byMussel. .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • K. Anraku, et al., H. Monteclaro, G. F. Quinitio, S. Uno and J. Koyama .  Disturbance in sensory modality by water quality. .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • T. Yoshikawa, R. B. Sadaba, J. Koyama, S. Uno and H. Maeda .  Analysis of Microbial Communities in a Bunker OilBioremediation Setup at Taklong Island, Guimaras, Philippines .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • I. G. Pahila, H. S. Taberna Jr., L. T. Gamarcha, R. Sadaba Jr., J. Koyama and S. Uno .  Assessment of Petroleum Hydrocarbon Two Years after the M/TSolar 1 Oil Spill in Southern Guimaras, Central Philippines .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Nathaniel C. Anasco, Jiro Koyama, Seiichi Uno, Naoya Kuwahara .  BIOACCUMULATION OF PESTICIDES BY COASTAL BIVALVES Barbatia virescens, Saccostrea mordax and Mytilus galloprovincialis .  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • Koyama J., Takenouchi A., Nigaya S. Kokushi E. and Uno S. .  BIOACCUMULATION OF ORGANOTINS AND IMPOSEX INDUCTION IN ROCK SHELL THAIS CLAVIGERA .  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 木藤麻美・宇野誠一・小山次朗,田中博之 .  大阪湾底泥中エストロゲン様物質の分布とそのエストロゲン活性に関する研究 .  第11回環境ホルモン学会研究発表会  第11回環境ホルモン学会研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Nathaniel Anasco, Jiro Koyama and Seiichi Uno .  CONCENTRATIONS OF PESTICIDES IN TRANSPLANTED AND NATIVE MARINE BIVALVES FROM A COASTAL AREA AFFECTED BY RICE PADDY EFFLUENT IN SOUTHERN JAPAN .  第5回世界水産学会  第5回世界水産学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、小山 次朗 .  流出油および油処理剤の水産生物に対する影響 .  平成20 年度日本水産学会九州支部大会セミナー  平成20 年度日本水産学会九州支部大会セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 田中博之,宇野誠一,三木志津帆,河野久美子,市橋秀樹,小山次朗 .  大阪湾におけるニトロアレーンの挙動 .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボロミクス法を用いた殺虫剤BPMCの魚類に対する有害性評価に関する研究 .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 田中博之、宇野誠一、三木志津帆、河野久美子、市橋秀樹、小山次朗 .  大阪湾におけるニトロアレーンの挙動 .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語  

    開催地:兵庫  

    国際学会

  • Nathaniel C. Anasco, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Occurrence and Spatio-Temporal Distribution of Pesticide Residues in Coastal Waters Affected by Rice Paddy Effluents in Southern Japan .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 宇野誠一、田中博之、小山次朗、三木志津帆 .  大阪湾底質におけるニトロアレーンの分布 .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • S. Uno, E. Kokushi, J. Koyama .  Toxicological Effects of Heavy Oil on Carp by NMR-based Metabolic Profiling of Plasma .  International Symposium on Biological Responses to Chemical Pollutants: Toward Establishing an Asian Network of Environmental Toxicology  International Symposium on Biological Responses to Chemical Pollutants: Toward Establishing an Asian Network of Environmental Toxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

    開催地:愛媛  

    国際学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  淡水魚の尿を用いたメタボロミクスによる環境汚染物質の有害性評価 .  第14回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第14回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Emiko. Kokushi, Seiichi. Uno, Jiro Koyama .  Metabolomics Approach on the Effects of Heavy Oil to Cyprinus carpio using 1H-NMR spectroscopy .  Seminar on the management of inshore environment and utilization of fisheries resources  Seminar on the management of inshore environment and utilization of fisheries resources国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Jiro Koyama, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Shizuho Miki and Ida Pahila .  Monitoring of oil spill impacts on coastal environment of Guimaras from September 2006 to March 2007 .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Emiko KOKUSHI, Seiichi UNO, Jiro KOYAMA .  Metabolomics Approach on the Effects of Heavy Oil to Cyprinus capio using 1H-NMR spectroscopy .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Shizuho Miki, Seiichi Uno, Hiroyuki Tanaka and Jiro Koyama .  Distribution of polycyclic aromatic hydrocarbons and alkylated polycyclic aromatic hydrocarbons in the sediments of Osaka Bay .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Nathaniel Anasco, Jiro Koyama, Seiichi Uno and Naoya Kuwahara .  CONCENTRATIONS OF PESTICIDES IN TRANSPLANTED AND NATIVE MARINE BIVALVES FROM A COASTAL AREA AFFECTED BY RICE PADDY-WASTEWATER RESERVOIR RUNOFFS .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • J. O. Cheikyula, J. Koyama and S. Uno .  Comparative Study of Bioconcentration and EROD Activity Induction in the Japanese Flounder, Red Sea Bream, and Java Medaka Exposed to Water Borne Polycyclic Aromatic Hydrocarbons .  13th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT  13th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

    開催地:富山  

    国際学会

  • Shoko Imai, Jiro Koyama, Seiichi Uno and Kazunori Fujii .  Effects of 17β-estradiol on sperm motility of Java medaka (Oryzias javanicus) .  13th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT  13th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

    開催地:富山  

    国際学会

  • 三木志津帆・宇野誠一・小山次朗・田中博之 .  大阪湾底泥中のアルキル化PAH及びPAH類の分布 .  第13回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第13回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、ANASCO Nathaniel、Moteclaro Harold、Satander Sheryl .  フィリピンギマラス島における石油流出事故の石油汚染モニタリング-I .  第16回環境化学討論会  第16回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボロミクス法による魚類化学物質影響評価法の研究 .  第16回環境化学討論会  第16回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小山次朗・竹之内綾・國師恵美子・二茅早世子・宇野誠一 .  鹿児島湾有機スズ汚染と巻貝インポセックスの経年変化 .  平成19年度日本水産学会春季大会  平成19年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宇野誠一・小山次朗・國師恵美子・三木志津帆・J.O. Cheikyula .  フィリピンギマラス島重油流出事故の影響評価 .  平成19年度日本水産学会秋季大会  平成19年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 今井祥子, 金子容子, 宇野誠一, 小山次朗, 藤井一則 .  ジャワメダカ(Oryzias javanicus)に及ぼす17β-エストラジオールおよびエストロン混合暴露の影響 .  第9回環境ホルモン学会研究発表会  第9回環境ホルモン学会研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 栗谷川俊之、高木光博、岡本光司、宇野誠一、大塚彰、出口栄三郎 .  飼養形態の違いが牛尿中ゼアラレノン濃度に与える影響 .  平成18年度日本産業動物獣医学会  平成18年度日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • J.Koyama, A.Kakuno, J.O.Cheikyula and S.Uno .  Toxicity of heavy fuel oil, dispersant, and oil-dispersant mixtures to a marine fish, Pagrus major .  SETAC Asia-Pacific  SETAC Asia-Pacific国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 國師恵美子・村上雅代・宇野誠一・小山次朗 .  スズキ及びマダイの有機スズ類蓄積性比較に関する研究 .  第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 三木志津帆、宇野誠一、小山次朗 .  高速溶媒抽出法を用いた底質中多環芳香族類及びアルキル化多環芳香族類の同時分析法の開発 .  第15回環境化学討論会  第15回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 小山次朗・村上雅代・宇野誠一 .  スズキ及びマダイ免疫能に対する有機スズの影響 .  平成18年度日本水産学会  平成18年度日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    国内学会

  • 高垣勝仁、高木光博、岡本光司、宇野誠一、大塚彰、出口栄三郎 .  給与飼料の違いがウシ尿中ゼアラレノン濃度に与える影響 .  平成17年度日本産業動物獣医学会  平成17年度日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 磯部 友彦, 仲山 慶, 宇野 誠一, 大野 暢亮, 半藤 逸樹, 国末 達也 .  環境モニタリングデータのためのオープンデータプラットフォーム「ChemTHEATRE」 .  環境ホルモン学会研究発表会要旨集  2018年12月  環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会)

▼全件表示