2022/08/22 更新

写真a

ハシグチ シユウヘイ
橋口 周平
HASHIGUCHI Shuhei
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士 (工学) ( 2004年3月   理工学研究科 )

研究キーワード

  • バクテリオファージ

  • 免疫制御

  • ワクチン

  • 神経変性疾患

  • インフルエンザ

  • アレルギー

  • 抗体

  • ワクチン

  • ファージ療法

  • ファージワクチン

  • ファージディスプレイ

  • バクテリオファージ

  • スギ花粉症

  • アレルギー

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

▼全件表示

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム   助教

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻   助教

    1997年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本時間生物学会

    2017年10月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2017年9月 - 現在

  • 日本アレルギー学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本免疫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

  • 日本獣医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本アレルギー学会

▼全件表示

委員歴

  • 科学技術・学術政策研究所、科学技術動向研究センター   専門調査員  

    2013年7月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    文部科学省

 

論文

  • Kubota T, Hamazoe Y, Hashiguchi S, Ishibashi D, Akasaka K, Nishida N, Katamine S, Sakaguchi S, Kuroki R, Nakashima T, Sugimura K. .  Direct evidence of generation and accumulation of β-sheet-rich prion protein in ScN2a cells de novo illuminated by human IgG1 antibody recognizing β-form but not α-form of prion protein. .  Journal of Biological Chemistry287 ( 17 ) 14023 - 14039   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, Nishimura M, Yamaguchi Y, Hashiguchi S, Takiguchi S, Yamaguchi M, Tahara H, Gotanda T, Abe R, Ito Y, Sugimura S .  A mimotope peptide of Aβ42 fibril-specific antibodies with Aβ42 fibrillation inhibitory activity induces anti-Aβ42 conformer antibody response by a displayed form on an M13 phage in mice. .  Journal of Neuroimmunology236   27 - 38   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuhei Hashiguchi, Yuya Yamaguchi, Osamu Takeuchi, Shizuo Akira, Kazuhisa Sugimura .  Immunological basis of M13 phage vaccine: Regulation under MyD88 and TLR9 signaling. .  Biochem Biophys Res Commun402 ( 1 ) 19 - 22   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jiupian Yang, Reiko Yoshida, Yuki Kariya, Xu Zhang, Shuhei Hashiguchi, Toshihiro Nakashima, Yasuo Suda, Ayato Takada, Yuji Ito, Kazuhisa Sugimura .  Characterization of human single-chain antibodies against highly pathogenic avian influenza H5N1 viruses: mimotope and neutralizing activity. .  J Biochem148 ( 4 ) 507 - 515   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinaga K, Matsumoto M, Torikai M, Sugyo K, Kuroki S, Nogami K, Matsumoto R, Hashiguchi S, Ito Y, Nakashima T, Sugimura K .  Ig L-chain shuffling for affinity maturation of phage library-derived human anti-human MCP-1 antibody blocking its chemotactic activity. .  J. Biochem.143 ( 5 ) 593 - 601   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshihara T, Takiguchi S, Kyuno A, Tanaka K, Kuba S, Hashiguchi S, Ito Y, Hashimoto T, Iwatsubo T, Tsuyama S, Nakashima T, Sugimura K. .  Immunoreactivity of phage library-derived human single-chain antibodies to amyloid beta conformers in vitro. .  J. Biochem.143 ( 4 ) 475 - 486   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ken Sasaki, Jyoti Gaikwad, Shuhei Hashiguchi, Toshiya Kubota, Kazuhisa Sugimura, Werner Kremer, Hans Robert Kalbitzer, and Kazuyuki Akasaka .  Reversible monomer-oligomer transition in human prion protein. .  PRION2 ( 3 ) 118 - 122   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, S. Uchida, T. Yoshihara, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Sugimura .  Biopanning of antibody-phage clones using immunoplates coated with gel slices of electrophoresis, immunogel-biopanning. .  Biol. Pharm. Bull30 ( 8 ) 1361 - 1364   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, S. Hashiguchi, Y. Ito, Z. Kato*, K. Nakanish*, T. Nakashima*, K. Sugimura .  Human Anti-Human IL-18 Antibody Recognizing the IL-18-Binding Site 3 with IL-18 Signaling Blocking Activity .  J.Biochem138 ( 4 ) 433 - 442   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • R. Matsumoto, K. Fujino*, Y. Nagata, S. Hashiguchi, Y. Ito, Y. Aihara*, Y. Takahashi*,K. Maeda*, K. Sugimura .  Molecular characterization of a 10-kDa buckwheat molecule reactive to allergic patients' IgE .  Allergy59 ( 5 ) 533 - 538   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi S, Nakashima T, Nitani A, et al .  Human Fc epsilon RIalpha-specific human single-chain Fv (scFv) antibody with antagonistic activity toward IgE/Fc epsilon RIalpha-binding .  J. Biochem.133 ( 1 ) 43 - 49   2003年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gejima R, Tanaka K, et al .  Human single-chain Fv (scFv) antibody to human IL-6 with the inhibitory activity on IL-6-signaling .  Hum. Antibodies11 ( 4 ) 121 - 129   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaji M, Ikari M, Hashiguchi S, et al .  Peptide mimics of monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) with an antagonistic activity .  J. Biochem.129 ( 4 ) 577 - 583   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 杉村和久ほか .  HIV-1: エントリーインヒビターとスキン免疫 .  日本臨床免疫学会誌23 ( 6 ) 592 - 596   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirai T, Hashiguchi S, et al .  Intranasal sensitization of Japanese cedar pollen by the co-administration of low doses of cholera toxin but not its recombinant B subunit to mice .  Microbiol. Immunol.44 ( 4 ) 259 - 266   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata Y, Fujino K, Hashiguchi S, et al .  Molecular characterization of buckwheat major immunoglobulin E-reactive protein in allergic patients .  Allergol. Int.49 ( 2 ) 117 - 124   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi S, Hino K, Taniguchi Y, et al .  Determination of seven regions of a major allergen, Cry j 2, of Japanese cedar pollen for T-cell immunity .  Allergy51 ( 9 ) 621 - 632   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugimura K, Hashiguchi S, Takahashi Y, et al .  Th1/Th2 responses profiles to the major allergens Cry j 1 and Cry j 2 of Japanese cedar pollen .  Allergy51 ( 10 ) 732 - 740   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Devanthéry T. .  Structure of a heptose-containing polysaccharide derived from Komagataeibacter europaeus NBRC 3261 .  Carbohydrate Research492   107989   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Carbohydrate Research  

    DOI: 10.1016/j.carres.2020.107989

    Scopus

    PubMed

  • Hashimoto Masahito, Matsumoto Taichi, Tamura-Nakano Miwa, Ozono Mami, Hashiguchi Shuhei, Suda Yasuo .  Acetobacter pasteurianus NBRC3283の外膜小胞の特徴の解析(Characterization of outer membrane vesicles of Acetobacter pasteurianus NBRC3283) .  Journal of Bioscience and Bioengineering125 ( 4 ) 425 - 431   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生物工学会  

  • 脇 純平, 今大路 浩之, 大薗 まみ, 橋口 周平, 桑原 知巳, 橋本 雅仁 .  <i>Bacteroides fragilis</i>の莢膜多糖画分中のTLR2活性化物質 .  エンドトキシン・自然免疫研究21 ( 0 ) 18 - 22   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本エンドトキシン・自然免疫研究会  

    <p> <i>Bacteroides fragilis</i> is a member of normal intestinal flora and is known as an opportunistic infectious bacterium causing intraperitoneal abscess or septicemia. It has been shown that the bacterium activates the intestinal innate immune system via Toll-like receptor 2 (TLR2), and the relation with intestinal disease has been drawing attention.</p><p> The cell surface of this bacterium is composed of capsular polysaccharide (CPS), lipopolysaccharide (LPS) and lipoprotein (LP). Capsular polysaccharide A (PSA), a type of CPS, is a zwitterionic polysaccharide and is known to induce regulatory T cells in the intestinal tract and inhibit enteritis. In recent years, it has been reported that PSA activates TLR2 which is an innate immune receptor. However, the structure of PSA is largely different from the general recognition structure of TLR2, and the possibility of contamination could be considered. In this study, we separated the PSA fraction from <i>B</i>. <i>fragilis</i> and examined the substances involved in TLR2 activation.</p><p> <i>B</i>. <i>fragilis</i> cells were subjected to hot water-phenol extraction and followed by hydrophobic chromatography separation to obtain a PSA fraction having the ability to activate TLR2. The fraction was further subjected to SDS-PAGE separation based on their molecular weight. TLR2-stimulating activity was scarcely observed in the high molecular mass area where PSA was present, and high activities were observed in the low molecular mass area. The active substances were found to be proteins because they were digested with proteolytic enzymes. These results indicate that contaminating proteins are substances responsible for TLR2 activation in the PSA fraction derived from <i>B</i>. <i>fragilis</i>.</p>

    DOI: 10.24753/jeiis.21.0_18

  • Hashimoto M, Waki J, Nakayama-Imaohji H, Ozono M, Hashiguchi S, Kuwahara T .  TLR2-stimulating contaminants in glycoconjugate fractions prepared from Bacteroides fragilis. .  Innate Immun.23 ( 5 ) 449 - 458   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Innate Immunity  

    DOI: 10.1177/1753425917714313

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Masahito Hashimoto, Mami Ozono, Maiko Furuyashiki, Risako Baba, Shuhei Hashiguchi, Yasuo Suda, Koichi Fukase, Yukari Fujimoto .  Characterization of a novel D-glycero-D-talo-oct-2-ulosonic acid-substituted lipid a moiety in the lipopolysaccharide produced by the acetic acid bacterium Acetobacter pasteurianus NBRC 3283 .  Journal of Biological Chemistry291   21184 - 21194   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.751271

  • Gondaira S, Higuchi H, Iwano H, Nakajima K, Kawai K, Hashiguchi S, Konnai S, Nagahata H. .  Cytokine mRNA profiling and the proliferative response of bovine peripheral blood mononuclear cells to Mycoplasma bovis. .  Veterinary Immunology and Immunopathology165   45 - 53   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vetimm.2015.03.002

  • Ryohei Shioya, Ryuji Miyahara, Yoshitsugu Shoji, Kazuhisa Sugimura, Shuhei Hashiguchi .  Development of universal phage vaccine displaying extracellular domains of M2e derived from human influenza A viruses. .  Peptide Science 2014   265 - 266   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsurumaru T, Oda R, Osako T, Uehara K, Gotanda T, Hashiguchi S, Sugimura K. .  Influenza virus vaccine using phage display technology. .  Peptide Science 2012   263 - 264   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawabata S, Osako T, Abe R, Hashiguchi S, Nakagawa S, Sugimura K. .  B6-C15 peptide motif as a probe for immunotherapy and biomarker for Alzheimer's Disease. .  Peptide Science 2012   241 - 244   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Osako T, Kawabata S, Tsurumaru T, Uehara K, Hashiguchi S, Sugimura K. .  Phage vaccine displaying an epitope peptide for immunotherapy of Alzheimer's Disease. .  Peptide Science 2012   237 - 240   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomari D, Shioya R, Hashiguchi S, Sugimura K. .  Desensitization effecrts of cedar pollinosis by pre administration of allergic epitope displaying M13 phage. .  Peptide Science 2012   265 - 268   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kai S, Hashiguchi S, Sugimura K .  Desensitization vaccine strategy using M13 phage whose g8p display a B cell IgG epitope of Cry j 1 as a major allergen of Japanse cedar pollen .  Peptide Science 2011   269 - 270   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yang J-P, et al .  Mimotope analysis of human single chain antibodies corss-reacted to both H1 (H1N1) and H5 (H5N1) subtype influenza viruses .  Peptide Science 2010   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi S, Yamaguchi Y, Tahara H, et al .  Immunological basis of M13 phage vaccines: an effective vaccine design tested in a mouse model of Alzheimer's disease .  Peptide Science 2010   2011年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satomi K, Yamada T, et al .  Preparation of M13 phage displaying g8p coat protein fused with a conformational mimotope of amyloind-beta 42 fibril .  Peptide Science 2010   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, Abe R, Yamaguchi Y, et al .  Mimotope peptide of amyloid-beta42 fibril-specific antibodies bind to amyloid plaques in brain sections of Alzheimer's disease model mouse, J20 .  Peptide Science 2010   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asada T, Muraoka S, Hashiguchi S, Ijichi S, Sugimura K .  Characterization of human antibody light chain-displaying phage library .  Peptide Science 2009   465 - 466   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kariya Y, et al .  Analysis of sugar-binding peptide motifs of influenza H5 hemagglutinin using phage-display library .  Peptide Science 2009   53 - 54   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka T, et al .  Affinity purification of IgG by specific peptide-conjugated column .  Peptide Science 2009   259 - 260   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, et al .  Amyloid beta42 fibril mimotope-peptides bind to deposited amyloid beta in brain section of Alzheimer's disease model mouse, J20 .  Peptide Science 2009   293 - 296   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamino T, et al .  Phage-library displaying toll-like receptor as leucine-rich repeat (LRR) protein scaffold .  Peptide Science 2009   309 - 310   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yang J-P, et al .  Mimotope analysis of human single chain antibodies inhibiting the binding of influenza H5 to MDCK cells .  Peptide Science 2009   377 - 380   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda M, Ito Y, Hatanaka T, et al .  Regulation of T cell response by blocking the ICOS signal with the B7RP-1-specific small antibody fragment isolated from human antibody phage library .  MAbs1 ( 5 ) 453 - 461   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Muraoka, Yuji Ito, Masaki Kamimura, Masanori Baba, Naomichi Arima, Yasuo Suda, Shuhei Hashiguchi, Masaharu Torikai, Toshihiro Nakashima, Kazuhisa Sugimura .  Effective Induction of Cell Death on Adult T-Cell Leukaemia Cells by HLA-DRb-Specific Small Antibody Fragment Isolated from Human Antibody Phage Library. .  J Biochem145 ( 6 ) 799 - 810   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka T, Ito Y, Soni P, et al .  Effective elimination of a particular conformation of human IgG from antibody solution by a peptide affinity column .  Peptide Science 2008   477 - 478   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, Nishimura M, Takiguchi S, et al. .  Amyloid beta42 fibril mimic peptides inhibit the amyloid beta42 fibrillation by binding to prefibriller soluble oligomers .  Peptide Science 2008   67 - 70   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Tanaka, T. Yoshihara, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Sugimura .  Specific binding of A beta 42 mimic peptides to prefibrillar soluble oligomer resulting in inhibition of A beta 42-fibrillation .  International Psychogeriatrics, Cambridge University Press19 ( S1 ) 316   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • S. Takiguchi, T. Yoshihara, K. Tanaka, A. Kyuno, S. Kuba, S. Hashiguchi, T. Nakashima, Y. Ito, K. Sugimura .  Snapshots of amyloid beta 1-42 conformers by human antibody-displaying phage library .  International Psychogeriatrics, Cambridge University Press19 ( S1 ) 418   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Yoshihara, S. Takiguchi, S. Kuba, M. Kimata, S. Hashiguchi, Y. Ito, T. Nakashima, K. Sugimura .  Snapshots of amyloid beta 1-42 conformers by human antibody-displaying phage library .  Neurodegenerative Dis4 ( S1 ) 189   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Sakamoto, Y. Ito, S. Hashiguchi, T. Mori*, K. Sugimura .  HUMAN IMMUNOGLOBULIN G-SPECIFIC MOTIFS BY SCREENING OF A RANDOM PEPTIDE T7-PHAGE LIBRARY .  Peptide Science 2005   473 - 474   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Muraoka, K. Sakamoto, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Sugimura .  Construction of T7 phage displaying fluorescence protein and its application for immuno detection .  Peptide Science 2005   473 - 474   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Hashiguchi, M. Yamamoto, S. Kitamoto, T. Nakashima*, H. Yamanaka*, D. Ishibashi*, S. Sakaguchi*, S. Katamine*, Y. Ito, K. Sugimura .  Prion-conformation-specific human antibodies established from phage display library .  PRIONS: Food and Drug Safety, (T. Kitamoto Ed.), pp.191-192, Springer   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Sakamoto, Y. Ito, S. Muraoka,H. Waki, S. Hashiguchi, K. Sugimura .  Isolation of lactoferrin binding peptide by T7-phage display and its immunoregulatory activities .  Peptide Science 2004   357 - 358   2005年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Hashiguchi, T. Hayashi, Y. Ito,K. Sugimura .  Binding Epitope of Human Anti-FcεRI α-chain Receptor Antibody, RE51, with the Blocking Activity on IgE-mediated Histamine Release .  Immunology2004   541 - 544   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Y. Ito, S. Yamashita, A. Tomichi,M. Maeda, S. Hashiguchi, K. Sakamoto, M. Torikai*,T. Nakashima*, K. Sugimura .  Blockade of costimulatory signals by anti B7RP-1 scFv antibodies from a human antibody phage library .  Immunology2004   467 - 470   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Hamasaki, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Nakanishi*, K. Sugimura .  Human antibody recognizing the epitope of Interleukin-18 Binding Site III for IL-18 receptor .  Immunology2004   481 - 484   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tanaka K, et al .  Affinity maturation of IL-6 mimic peptide IL-6/37 isolated from phage library .  Peptide Science 2003   347 - 350   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi S, Nakashima T, Nitani A, Yoshihara T, Yoshinaga K, Ito Y, Maeda Y, Sugimura K .  遺伝子工学を用いたアレルギー制御法の基礎研究 .  Human Fc epsilon RIalpha-specific human single-chain Fv (scFv) antibody with antagonistic activity toward IgE/Fc epsilon RIalpha-binding. 133   43 - 49   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    健常人の末梢血Bリンパ球から単離したmRNAから抗体のH鎖とL鎖の抗原結合部位である可変部ドメインを一本のポリペプチド鎖にしたヒト一本鎖抗体遺伝子を作製し、ファージ表面に提示させ抗体ファージライブラリを構築、標的分子とのスクリーニングを経て高親和性IgE レセプターと特異的に結合しアンタゴニスト活性を有するヒト抗体を作製することに成功し、健常人由来の抗体ライブラリから自己成分に対するヒト抗体を単離できることを明らかにした。

  • Ito Y, Gejima R, et al .  Structure-activity relationship of cytokine-mimic peptide from phage library .  Peptide Science 2001   113 - 116   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ikari M, Yamamoto M, et al .  Isolation of phage library clones selected by anti-IL-5 monoclonal antibody (TB-13) .  Peptide Science 1999   383 - 384   2000年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaji M, Ikari M, Hashiguchi S, et al .  Analysis of peptide motifs recognized with anti-MCP-1 monoclonal antibody .  Peptide Science 1999   33 - 36   2000年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito Y, Takeda S, Mineyama J, Hashiguchi S, Sugimura K .  Ligand binding activity of the recombinant antigen fused with CTLA-4 mimicking motif .  Peptide Science 1999   379 - 382   2000年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kajihara Y, Hashiguchi S, Ito Y, Sugimura K .  Th2-type immune response induced by a phage clone displaying a CTLA4-binding domain .  Gene Ther. Mol. Biol.5   29 - 36   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ezaki K, Ito Y, Hashiguchi S, Sugimura K .  Effect of a CTLA4 mimicking motif fused to hen egg white lysozymes on the immune response .  Peptide Science 1998   325 - 328   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi S, Okuzono T, Ito Y, Sugimura K .  Peptide motif analysis of anti-TNF-alpha monoclonal antibodies using a phage display library .  Peptide Science 1998   385 - 386   1999年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akasaki S, Hashiguchi S, Ito Y, Sugimura Y .  FACS analysis of the gene 3 protein derived from a phage library clone with T-cell proliferation-augmenting activity .  Peptide Science 1998   317 - 320   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oomura Y, Ito Y, et al .  Affinity maturation of peptide motif mimicking CTLA4 binding domain .  Peptide Science 1998   321 - 324   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugimura K, Fukumoto T, Torigoe N, Ito Y, Hashiguchi S .  Peptide mimics of the CTLA4-binding doamin stimulate T-cell proliferation .  The 10th International Congress of Immunology   373 - 378   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Hashiguchi S, Akasaki S, Ito Y, Sugimura K .  FACS analysis of the gene 3 protein derived from a phage library clone with T-cell proliferation-augmenting activity .  The 10th International Congress of Immunology   383 - 386   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Hashiguchi S, Hino K, Taniguchi Y, et al .  Determination of T cell epitope of a Japanese cedar pollen allergen, Cry j 2 .  Peptide Chemistry 1995   409 - 412   1996年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 医学のあゆみ Vol. 279, No. 10

    橋口周平( 範囲: 細菌に感染するバクテリオファージを担体とするファージワクチン設計)

    医歯薬出版  2021年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:1047-1052   記述言語:日本語

  • 医薬品開発における創薬スクリーニング関連技術開発

    橋口周平( 担当: 共著 ,  範囲: 創薬スクリーニングにおけるファージディスプレイ法について)

    情報機構  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線《普及版》

    橋口周平、杉村和久( 担当: 共著 ,  範囲: 新規分子骨格を用いた分子標的分子のデザイン -新規なスキャフォールドの利用-)

    シーエムシー出版  2019年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:130-136   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線

    橋口周平、杉村和久( 担当: 共著 ,  範囲: 新規分子骨格を用いた分子標的分子のデザイン -新規なスキャフォールドの利用-)

    シーエムシー出版  2013年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:130-136   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗体実験マニュアル―免疫染色、免疫沈降、フローサイトメトリー、タンパク質精製など抗体を用いた実験の原理とコツ、抗体医療の最新トピックス

    旭由香里、伊東祐二、橋口周平、杉村和久( 担当: 共著 ,  範囲: ヒト抗体をディスプレイするバクテリオファージ:抗体ファージライブラリー)

    羊土社  2008年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:11   担当ページ:211-221   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • タンパク質研究のための抗体実験マニュアル

    伊東祐二、橋口周平、杉村和久( 担当: 共著 ,  範囲: ヒト抗体をディスプレイするバクテリオファージ)

    羊土社  2004年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:181-187   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 【ワクチン設計のサイエンス】Phage vector 細菌に感染するバクテリオファージを担体とするファージワクチン設計

    橋口 周平

    医学のあゆみ   279 ( 10 )   1047 - 1052   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    ファージ(バクテリオファージ)は細菌に感染して増殖するウイルスである。ファージを担体としたワクチン開発は古くから研究されているが、ファージは哺乳動物には感染することがなくヒトへの投与実験において安全であることが示されており、アジュバントを用いることなく体液性免疫および細胞性免疫の両者を誘導できる、非侵襲的な投与も可能、物理化学的に過酷な条件でも安定であるなどの利点により、ファージを担体としたワクチン開発が注目されつつある。ファージワクチンには、(1)ワクチン抗原をファージ表面に提示させたファージ粒子をワクチンとして利用する試みと、(2)ファージをDNAワクチンの運搬体として利用する試みがある。本稿では、ファージディスプレイ法を利用した繊維状ファージワクチン研究の話題を中心に、この領域の概要を述べる。(著者抄録)

  • Bacteroides fragilisの莢膜多糖画分中のTLR2活性化物質

    脇 純平, 今大路 浩之, 大薗 まみ, 橋口 周平, 桑原 知巳, 橋本 雅仁

    エンドトキシン・自然免疫研究   21   18 - 22   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本エンドトキシン・自然免疫研究会  

  • 黒酢中の自然免疫活性化物質と酢酸菌由来リポ多糖

    橋本 雅仁, 馬場 梨沙子, 大薗 まみ, 橋口 周平, 隅田 泰生, 深瀬 浩一, 藤本 ゆかり

    エンドトキシン・自然免疫研究   20   57 - 59   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本エンドトキシン・自然免疫研究会  

  • 分子標的素子デザインにおけるファージライブラリー法

    橋口 周平 , 宮原 隆二 , 岸本 聡, 伊東 祐二

    生物工学会誌   93 ( 5 )   289 - 292   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生物工学会  

  • ファージディスプレイとBeyond antibody: ~抗体様分子による分子標的~ 査読

    橋口周平、伊東祐二、田中孝一、松木園美穂、村岡賢、杉村和久

    生化学・日本生化学会   82 ( 8 )   710 - 726   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 低分子化抗体、ヒト抗体と小分子医薬品をつなぐ

    橋口周平、杉村和久

    細胞工学   26 ( 3 )   263 - 267   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:秀潤社  

  • ヒト化抗体作製の進歩

    杉村和久、橋口周平、伊東祐二

    Molecular Medicine   40 ( 10 )   1150 - 1158   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:中山書店  

  • ヒト抗体エンジニアリングと分子標的医療

    伊東祐二、田中孝一、橋口周平ほか

    バイオインダストリー   20 ( 7 )   34 - 42   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:シーエムシー出版  

  • 皮膚に塗るDNAワクチン

    橋口周平、杉村和久

    臨床免疫   36 ( 6 )   949 - 952   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:科学評論社  

  • スギ花粉症の免疫療法に用いるペプチドアレルゲンの分子設計に関する基礎的研究

    杉村和久、橋口周平、平井照正、鳥越直彦、杉町恵子、伊東祐二

    臨床薬理の進歩   19   39 - 50   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Th1/Th2と抗原刺激様式

    橋口周平、杉村和久

    臨床免疫   29 ( 3 )   358 - 365   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:科学評論社  

  • スギ花粉抗原の分子生物学的解析とエピトープの同定

    橋口周平、杉村和久

    日本臨床   54 ( 8 )   2233 - 2242   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床社  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 牧百合恵、大薗まみ、橋口周平、橋本雅仁 .  酢酸菌由来外膜小胞による免疫細胞刺激 .  第92回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜、横浜市  

  • 牧百合恵、橋口周平、橋本雅仁 .  酢酸菌由来OMVによる免疫系活性化の検討 .  2019年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎大学文教キャンパス、長崎市  

  • 橋本雅仁、馬場梨沙子、牧百合恵、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の免疫調整能 .  第92回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌コンベンションセンター、札幌市  

  • Akikazu Murakami, Shuhei Hashiguchi, Shuhei Yonamine, Yumi Suenari, Ryuji Miyahara, Masahito Hashimoto, Hidehiro Kishimoto .  Bacteriophage-delivered peptide vaccine capable of inducing immediate and strong IgG antibody production .  CU-UCSD, US-Japan Immunology and IIMVF Symposium on Mucosal Immunology, Allergy and Vaccines: Impact on Mucosal Diseases and Global Health  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, USA  

  • Kei Nakagawaji, Shuhei Hashiguchi, Akikazu Murakami, Masahito Hashimoto .  Preferential uptake of M13 phage vaccine by murine macrophages without the production of proinflammatory cytokines .  第47回日本免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場、福岡市  

  • Narutoshi Tsukahara, Nozomi Kitade, Shuhei Yonamine, Shuhei Hashiguchi, Akikazu Murakami, Hidehiro Kishimoto .  Development of rapid identification of vaccine candidate peptides by fusing two different phage display systems .  第47回日本免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場、福岡市  

  • Waki J, Fukudome M, Hashiguchi S, Uchiumi T, Hashimoto M .  Outer membrane vesicles production of Mesorhizobium loti and plant response .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 橋本雅仁、松元太一、中村佳祐、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の収量改善の検討 .  第70回日本生物工学会大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西大学千里山キャンパス、吹田市  

  • 中村 佳祐、松元 太一、橋口 周平、橋本 雅仁 .  酢酸菌外膜小胞回収の効率化の検討 .  平成30年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部百年講堂、福岡市  

  • 橋本雅仁、松元太一、中村佳祐、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平 .  Acetobacter pasteurianus 由来外膜小胞の分離と免疫刺激能 .  2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸ポートアイランド、神戸市  

  • 橋口周平、辻村誠一 .  Diurnal variations in humoral immune response against bacteriophage in mice .  日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学吉田キャンパス、京都市  

  • 辻村誠一、橋口周平 .  Development of a multi-primary illumination system for independent stimulation of photoreceptors in mice .  日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学吉田キャンパス、京都市  

  • 橋口周平、辻村誠一 .  メタマー光環境がマウスのアクティビティに与える影響に関する検討 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学、鹿児島市  

  • 宮原隆二、篠崎太亮、中西美加、中川路けい、橋本雅仁、橋口周平、 .  抗原エピトープ特異的IgG抗体を誘導するファージワクチンの分子設計法 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学、鹿児島市  

  • 橋本雅仁、松元太一、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の産生と性質 .  第69回日本生物工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学 西早稲田キャンパス  

  • 宮原隆二、樋口雄介、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージペプチドワクチンの設計法:抗原提示方法の改良による抗原性の増強 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮日会館、宮崎市  

  • 中川路けい、宮原隆二、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージを担体としたワクチンによる自己抗体誘導の可能性 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮日会館、宮崎市  

  • 松元太一、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平、橋本雅仁 .  Acetobacter pasteurianus 由来外膜小胞の産生と性質 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学清武キャンパス  

  • 脇純平、今大路治之、大薗まみ、橋口周平、桑原知巳、橋本雅仁 .  Bacteroides fragilis 由来自然免疫活性化物質の検討 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮日ホール、宮崎市  

  • 橋本雅仁、松元太一、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の免疫刺激能 .  第90回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター  

  • Ryuji Miyahara, Yui Matsushita, Akiko Shimotsu, Taisuke Shinozaki, Masahito Hashimoto, Kazuhisa Sugimura, Shuhei Hashiguchi .  M13 phage vaccine for Alzheimer’s disease that induce T-cell independent IgG response against Aβ peptide .  第45回日本免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄コンベンションセンター、ラグナガーデンホテル、沖縄県宜野湾市  

  • 宮原隆二、下津尭子、松下由依、篠崎太亮、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージペプチドワクチンの設計法:抗原分子の提示方法の違いと抗原性 .  ファージ・環境ウイルス研究合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:JAMSTEC横浜本部(神奈川県横須賀市)  

  • 橋口周平、宮原隆二、塚田舞、岸本聡、篠崎太亮、橋本雅仁、加藤太一郎、伊東祐二 .  抗体ライブラリを用いたin vivoパニングによる血液脳関門透過性抗体の探索 .  ファージ・環境ウイルス研究合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:JAMSTEC横浜本部(神奈川県横須賀市)  

  • 下津尭子、中西美加、宮原隆二、松下由依、篠崎太亮、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージ不活化ワクチンが誘導する抗体応答の検討 .  第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島県指宿市  

  • 松下由依、宮原隆二、下津尭子、篠崎太亮、中西美加、橋本雅仁、橋口周平 .  ヘルパーT細胞エピトープを欠損したM13ファージの構築 .  第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島県指宿市  

  • Ryuji Miyahara, Akiko Shimotsu, Yui Matsushita, Mai Tsukada, Masahito Hashimoto, Kazuhisa Sugimura, Shuhei Hashiguchi .  Immunogenicity of M13 phage vaccine displaying N-terminal region of amyloid beta peptide: comparison of M13 phage vaccine expressed as g3p fusion and g8p fusion .  International Congress of Immunology 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne, Australia20  

  • 宮原隆二、下津尭子、松下由衣、篠崎太亮、橋本雅仁、橋口周平 .  抗アミロイドβ抗体を誘導するアルツハイマー認知症ファージワクチンの開発 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス  

  • 下津尭子、松下由衣、宮原隆二、篠崎太亮、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージが誘導する抗体の抗原特異性に関する検討 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス  

  • 篠崎太亮、宮原隆二、松下由衣、下津尭子、橋本雅仁、橋口周平 .  M13ファージを担体としたスギ花粉症脱感作ワクチンの設計:抗原分子の提示方法の違いと抗原性 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス  

  • 宮原隆二, 下津尭子、 松下由依、塩屋亮平、庄司 恵二、杉村 和久、橋口 周平 .  M13ファージを担体に用いたアルツハイマー認知症ワクチンの開発 .  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 橋口周平 .  アジュバントの添加を必要としない繊維状ファージ (M13) を担体としたファージワクチンの開発 .  第158回日本獣医学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北里大学獣医学部  

  • 橋口周平 .  自然免疫を活性化するM13ファージを担体としたファージワクチン .  第2回ファージセラピー臨床応用検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大すずかけ台キャンパス  

  • 橋口周平、泊大介、宮原隆二、塩屋亮平、杉村和久 .  スギ花粉アレルゲンCry j 1のIgE結合エピトープを提示したファージワクチンによる脱感作効果の検討 .  第64回日本アレルギー学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール  

  • Kazuhisa Sugimura, Ryuji Miyahara, Daisuke Tomari, Ryohei Shioya, Yoshitsugu Shoji, Masaya Toyonaga, Shuhei Hashiguchi. .  M13 bacteriophage for a vaccine vehicle. .  Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2013  Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2013

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:Chiba, Japan.  

    国内学会

  • Masaya Toyonaga, Shoji Yoshitsugu, Shuhei Hashiguchi, Kazuhisa Sugimura. .  Medical application of peptide-displaying M13 phage for vaccine vehicle. .  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium and 50th Japanese Peptide Symposium (APIPS2013)  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium and 50th Japanese Peptide Symposium (APIPS2013)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Osaka, Japan  

    国際学会

  • Shuhei Hashiguchi and Kazuhisa Sugimura .  M13 bacteriophage for a vaccine vehicle. .  Phage2013  Phage2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Oxford, UK  

    国際学会

  • Shuhei Hashiguchi, Masaya Toyonaga, Yoshitsugu Shoji, Takuma Gotanda, Kazuhisa Sugimura. .  Characterization of antibody responses to M13 phage vaccine: MyD88-dependent and T-cell independent IgG subclass responses. .  International Congress of Immunology 2013  International Congress of Immunology 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Milan, Italy  

    国際学会

  • Sugimura K, Osako T, Kawabata S, Miyahara R, Tsurumaru T, Oda R, Tomari D, Shioya R, Hashiguchi S. .  Immunological characterization of M13 phage vaccine. .  International Congress of Immunology 2013  International Congress of Immunology 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Milan, Italy  

    国際学会

  • Shuhei Hashiguchi, Takuma Gotanda, Masaya Toyonaga, Kenji Uehara, Teppei Osako, Tsuyoshi Tsurumaru, Daisuke Tomari, Kazuhisa Sugimura .  Immunological basis of M13 phage vaccine. .  第40回日本免疫学会総会・学術集会  第40回日本免疫学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 豊永将也、橋口周平、五反田卓摩、上原健嗣、杉村和久 .  遺伝子組み換えM13ファージの不活化の検討とワクチンへの応用 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 濱添勇太、橋口周平、杉村和久、石橋大輔、西田教行 .  プリオン阻害活性を示す抗プリオンタンパク質抗体による非感染神経芽腫細胞内でのPK抵抗性プリオンオリゴマーの生成 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kawabata S, Osako T, Abe R, Hashiguchi S, Nakagawa S, Sugimura K. .  B6-C15 peptide motif as a probe for immunotherapy and biomarker for Alzheimer's Disease. .  第49回ペプチド討論会  第49回ペプチド討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Tsurumaru T, Oda R, Osako T, Uehara K, Gotanda T, Hashiguchi S, Sugimura K. .  Influenza virus vaccine using phage display technology. .  第49回ペプチド討論会  第49回ペプチド討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 橋口周平、豊永将也、五反田卓摩、上原健嗣、大迫哲平、鶴丸 毅、泊 大介、杉村和久 .  自然免疫を活性化するM13バクテリオファージのワクチンへの応用 .  第4回ファージ研究会  第4回ファージ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:群馬  

    研究会

  • Hashiguchi S, Gotanda T, Hamazoe Y, Tsurumaru T, Sugimura K. .  Strong innate immunity to M13 bacteriophage: Implication for vaccine development. .  5th Vaccine and ISV Annual Global Congress  5th Vaccine and ISV Annual Global Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:シアトル、アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Sugimura K, Hashiguchi S, Osako T, Kawabata S, Abe R. .  M13 bacteriophage for vaccine vehicle of Alzheimer's disease. .  Phage2011  Phage2011国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:オックスフォード、イギリス  

    国際学会

  • 橋本 雅仁, 松元 太一, 中村 佳祐, 大薗 まみ, 橋口 周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の収量改善の検討 .  日本生物工学会大会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本生物工学会

  • 橋本 雅仁, 馬場 梨沙子, 牧 百合恵, 大薗 まみ, 橋口 周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の免疫調整能(Immunomodulatory effects of outer membrane vesicles from acetic acid bacteria) .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 橋本 雅仁, 松元 太一, 馬場 梨沙子, 大薗 まみ, 橋口 周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の免疫刺激能(Immunostimulatory effects of outer membrane vesicles from acetic acid bacteria) .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 橋本 雅仁, 牧 百合恵, 大薗 まみ, 橋口 周平 .  酢酸菌由来外膜小胞による免疫細胞刺激 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 宮原 隆二, 篠崎 太亮, 中西 美加, 中川路 けい, 橋本 雅仁, 橋口 周平 .  抗原エピトープ特異的IgG抗体を誘導するファージワクチンの分子設計法 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 橋口 周平, 辻村 誠一 .  メタマー光環境がマウスのアクティビティに与える影響に関する検討 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • Nakagawaji Kei, Hashiguchi Shuhei, Murakami Akikazu, Hashimoto Masahito .  ウイルス感染 炎症性cytokine産生のないマウスマクロファージによるM13ファージワクチンの選択的取込み(Virus infection Preferential uptake of M13 phage vaccine by murine macrophages without the production of proinflammatory cytokines) .  日本免疫学会総会・学術集会記録  2018年12月  (NPO)日本免疫学会

  • Tsukahara Narutoshi, Kitade Nozomi, Yonamine Shuhei, Hashiguchi Shuhei, Murakami Akikazu, Kishimoto Hidehiro .  ウイルス感染 二つの異なるphage display systemの融合によるワクチン候補peptide迅速同定システムの開発(Virus infection Development of rapid identification system of vaccine candidate peptides by fusing two different phage display systems) .  日本免疫学会総会・学術集会記録  2018年12月  (NPO)日本免疫学会

  • 三輪 龍馬, 橋口 周平, 橋本 雅仁 .  Bacteroides fragilis莢膜多糖の研究 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 橋本 雅仁, 松元 太一, 中村 佳祐, 馬場 梨沙子, 大薗 まみ, 橋口 周平 .  Acetobacter pasteurianus由来外膜小胞の分離と免疫刺激能 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 馬場 梨沙子, 池田 剛, 橋口 周平, 橋本 雅仁 .  Acetobacter pasteurianus由来リポ多糖のO抗原多糖の化学構造解析 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 馬場 梨沙子, 池田 剛, 橋口 周平, 橋本 雅仁 .  Acetobacter pasteurianusリポ多糖の多糖画分の化学構造解析 .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • 牧 百合恵, 大薗 まみ, 橋口 周平, 橋本 雅仁 .  酢酸菌由来外膜小胞のアジュバント活性 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

知的財産権

  • 対象における活動時間及び/又は活動量を増加させる方法

    橋口周平、辻村誠一

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-208484  出願日:2017年10月

    公開番号:特開2019-80620  公開日:2019年5月

共同研究・競争的資金等の研究

  • 網膜メラノプシン細胞による生体への影響の解明:心理学・生物学・工学の手法を用いて

    研究課題/領域番号:20H00614  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    辻村 誠一, 沼野 利佳, 樋口 重和, 鯉田 孝和, 太田 英伸, 橋口 周平

      詳細を見る

    配分額:44070000円 ( 直接経費:33900000円 、 間接経費:10170000円 )

    2000年頃、網膜にメラノプシン細胞と呼ばれる新たな光受容器が発見された。メラノプシン細胞は概日リズムや瞳孔の対光反射、明るさの知覚等、様々な影響を生体に与えることが報告されている。研究代表者は先行研究においてメラノプシン細胞のみを選択的に刺激することが可能な刺激装置を開発し、メラノプシン細胞の生体への機能解明に取り組んでいる。本研究課題では、メラノプシン細胞の生体への影響を実験心理学、生物学、工学的手法を用いて包括的に解明することを目指す。2020年度は、辻村らが開発した多原色光源刺激装置を用いて、メラノプシン細胞のみを選択的に刺激し、明るさ知覚への寄与に関する実験を立ち上げた。従来の刺激条件よりも自然光に近いスペクトラムを用いた。このことにより、より自然環境に近い光環境で実験を進めることが可能となることが期待される。この実験環境によって、心理物理学実験を実施し、基礎的なデータを取得した。国立台湾大学とメラノプシン細胞の視聴覚統合過程への影響に関する論文、および高知工科大学とメラノプシン細胞の明るさ知覚への寄与についての論文をまとめた。
    さらに国立台湾大学との共同研究を進め、メラノプシン細胞の明るさコントラスト感度への寄与について、詳細にデータを解析し現在論文の執筆中である。工学的研究ではこれまでに得られた知見をもとに新たな多原色光源刺激装置を試作した。従来の装置と比較して、光源を安定化させることにより、高精度の刺激の提示が可能になることが期待される。2021年度には装置の性能をより詳細に検証し、引き続き開発を実施する予定である。

  • 天然ファージを利用したファージ製剤の開発に向けた研究

    2019年10月 - 2020年2月

    民間企業  一般受託研究 

  • ファージワクチンの免疫応答誘導メカニズムの解明とB細胞移入療法への応用の試み

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ファージワクチンの免疫応答誘導メカニズムの解明とB細胞移入療法への応用の試み

    研究課題/領域番号:19K06386  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    橋口 周平, 岩野 英知, 村上 明一

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では、細菌に感染するバクテリオファージ(ファージ)の医療応用を目的として、ファージが生体に与える影響について解析するとともに、ファージワクチンやファージ療法への応用について検討を行っている。本年度は繊維状の形態のM13ファージに加えて、緑膿菌を溶菌するファージおよび黄色ブドウ球菌を溶菌するファージを取得しマウスへの投与実験を行った。外来のペプチド分子を提示させたM13ファージを用いてTLR9欠損マウスに投与し抗体応答の解析を行った結果、野性型のC57BL/6マウスで誘導されるIgGサブクラスに加えて、C57BL/6マウスではほとんど検出されないIgG1クラスの抗体が、TLR9欠損マウスにおいて一次応答の段階から強く増強された。一方、MyD88欠損マウスにおいては抗体応答が惹起されなかった。これらの結果は、野性型M13ファージを免疫した以前の研究と同様の結果であり、TLR9がIgG1サブクラス応答にどのように寄与するか、現在も引き続き検討を進めている。また、緑膿菌、黄色ブドウ球菌などの細菌株を用いて自然環境中から単離したファージクローンのマウスへの投与実験においては、M13ファージと同様に、ファージ投与による顕著な体温変化および体重変化は認められなかった。この結果より、環境中から単離したファージの哺乳動物への投与は安全であることが示唆された。現在、溶菌活性を有するファージクローンに対する免疫応答についても解析を進めている。

  • 天然ファージを利用したファージ製剤の開発に向けた研究

    2018年10月 - 2019年2月

    民間企業  国内共同研究 

  • 次世代型ファージ療法の開発と臨床応用

    研究課題/領域番号:17H01506  2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    岩野 英知, 樋口 豪紀, 岩崎 智仁, 鈴木 一由, 藤木 純平, 橋口 周平, 萩原 克郎, 村田 亮, 山下 和人, 臼井 優, 前原 誠也

      詳細を見る

    配分額:42640000円 ( 直接経費:32800000円 、 間接経費:9840000円 )

    本研究では、薬剤耐性化が進む細菌感染症に対して、細菌にのみ感染し死滅させるバクテリオファージを用いた次世代型のファージ療法を開発する。薬剤耐性化が進む細菌感染症において、ファージを使用したファージ療法への期待は大きくなっているが、その治療応用においては検討すべき課題が多い。本年度は、当初計画していた「犬膿皮症へのファージセラピー応用に向けた検証」については、ファージとファージ由来エンドライシンにより病態のコントロールが可能ではないかという結論にいたり、論文公表を行った。また、「ウシ子宮内膜炎へのファージセラピー応用に向けた検証について」もファージセラピーの効果が確認され論文執筆中である。さらに、本年度は、子宮内膜炎のマウスモデルを用いて、ファージによる子宮内膜炎への発症予防効果を検証する。「ファージの攻撃によりファージ耐性化を獲得した宿主細菌の変化 ~病原性、薬剤感受性におけるtrade-off~」について検証をおこなった。その結果以下の成果を得た。
    ①MRSAに対してファージによって耐性化した細菌株を複数分離した。
    ②得られた細菌株は、病原性、薬剤感受性が変化していることが明らかとなった。
    ③上記表現系に関わると考えられるゲノム変異を複数同定した。
    以上のことから、病原細菌は、ファージによる持続的な感染に伴い、ファージから逃れ耐性化することができるが、その一方で何らかの代償を払うtrade-offがあり、病原性や薬剤感受性が変化しうることが明らかとなった。つまりファージに耐性化することは、我々にとって有利に働くとも考えることができる。次年度は、その詳細なメカニズムについて検証していく予定である。

  • M13ファージワクチンによるB細胞活性化機構の解明とワクチン効果の検討

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • M13ファージワクチンによるB細胞活性化機構の解明とワクチン効果の検討

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金、基盤研究(C) 

    橋口周平

      詳細を見る

  • T細胞非依存的にIgG抗体応答を誘導するアルツハイマー認知症ファージワクチン

    2016年4月 - 2017年3月

    九州大学  一般受託研究 

  • ロイシンリッチリピートを分子骨格とした新規抗体の創出とその応用に関する基礎研究

    研究課題/領域番号:15K06588  2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    吉永 圭介, 橋口 周平

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    通常の免疫グロブリンとは構造や抗原認識部位が異なる新規の抗体をロイシンリッチリピート骨格をもとに設計し、そのライブラリ構築をおこなった。抗体医薬やバイオ医薬品の探索候補となるライブラリの作製において、新たな作製手法を考案しその有用性をライブラリの作製とその性状評価により検証した。本法は複数の変異導入モジュールを1段階で導入する方法であり、操作の容易さ、ライブラリの質の維持しやすさの面から、とくにモジュール構造が繰り返されたタンパク質のライブラリ化に適している。

  • M13ファージの生体における影響に関する免疫学的解析とワクチンへの応用

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 2. プリオン抗原をディスプレイするファージワクチンによる自己抗体の誘導と免疫制御

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • コンフォメーション特異的抗体による簡便で高精度なBSE診断法の開発研究

    2010年4月 - 2012年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 抗体エンジニアリングによるプリオン病の早期診断法の開発

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 5. 抗体エンジニアリングによる免疫制御分子の開発

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 遺伝子工学

    機関名:鹿児島大学

  • 医工学概論

    機関名:鹿児島大学

  • 分子生物学

    機関名:鹿児島大学