2021/06/21 更新

写真a

ハナヤ リヨウスケ
花谷 亮典
HANAYA Ryosuke
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(医学) ( 1998年3月   広島大学 )

研究キーワード

  • 機能脳神経外科

  • 脳神経外科

  • てんかん

研究分野

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   准教授

    2019年1月 - 現在

  • 鹿児島大学病院   脳神経外科

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島大学病院   脳神経外科   診療准教授

    2011年11月 - 2017年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 脳・神経センター   講師

    2008年4月 - 2018年12月

所属学協会

  • 日本小児神経学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本脳卒中学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本神経減圧術学会

    2011年4月 - 現在

  • 日本脳腫瘍の外科学会

    2009年9月 - 現在

  • 日本臨床神経生理学会

    2009年4月 - 現在

  • 日本臨床薬理学会

    2008年10月 - 現在

  • 日本定位・脳機能神経外科学会

    2008年9月 - 現在

  • American Epilepsy Society

    2007年5月 - 現在

  • 日本脳神経外科コングレス

    1996年9月 - 現在

  • 日本薬理学会

    1995年2月 - 現在

  • 日本てんかん外科学会

    1994年10月 - 現在

  • 日本てんかん学会

    1994年5月 - 現在

  • 日本脳神経外科学会

    1990年6月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 鹿児島県てんかん治療医療連携協議会委員会   てんかん治療医療連携協議会委員  

    2019年12月 - 現在   

 

論文

  • Thohar Arifin M. .  Initiating an epilepsy surgery program with limited resources in Indonesia .  Scientific Reports11 ( 1 ) 5066   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84404-5

    Scopus

    PubMed

  • Katagiri M. .  Interpersonal communication skills related to seizure outcomes in pediatric patients with vagus nerve stimulation .  Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management24   2021年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management  

    DOI: 10.1016/j.inat.2020.101080

    Scopus

  • 山崎文之,高安武志,花谷亮典 .  高齢者グリオーマ .  脳神経外科49 ( 3 ) 647 - 659   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11477/mf.1436204439

    PubMed

  • Mizobuchi Y. .  Prospective, Multicenter Clinical Study of Microvascular Decompression for Hemifacial Spasm .  Neurosurgery88 ( 4 ) 846 - 854   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurosurgery  

    DOI: 10.1093/neuros/nyaa549

    Scopus

    PubMed

  • MUCHAMAD Galih Ricci, YOSHIMOTO Koji, HANAYA Ryosuke, MARUYAMA Shinsuke, YONEE Chihiro, HOSOYAMA Hiroshi, BABA Yusei, SATO Masanori, SANO Nozomi, OTSUBO Toshiaki .  Effects of Vagus Nerve Stimulation on Sustained Seizure Clusters: A Case Report .  NMC Case Report Journal8 ( 1 ) 123 - 128   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外科学会  

    <p>Seizure clusters (SCs) are acute repetitive seizures with acute episodes of deterioration during seizure control. SCs can be defined as a series of grouped seizures with short interictal periods. Vagus nerve stimulation (VNS) is a treatment option for drug-resistant epilepsy. We present a case where VNS suppressed epileptic SCs, which had persisted for several months. A 13-year-old boy with congenital cerebral palsy and mental retardation had drug-resistant epilepsy with daily jerking movements and spasms in both sides of his body. The seizures were often clustered, and he experienced two sustained SC episodes that persisted for a few months even with prolonged use of continuous intravenous midazolam (IV-MDZ). The patient underwent VNS device placement at the second sustained SC and rapid induction of VNS. Because the tapering of IV-MDZ did not exacerbate the SC, midazolam was discontinued 4 weeks after VNS initiation. Non-refractory SCs also disappeared 10 months after VNS. The seizure severity was improved, and the frequency of seizures reduced from daily to once every few months. The epileptic activity on electroencephalography (EEG) significantly decreased. This case highlights VNS as an additional treatment option for SC. VNS may be a therapeutic option if SC resists the drugs and sustains. Additional studies are necessary to confirm our findings and to investigate how device implantation and stimulation parameters affect the efficacy of VNS.</p>

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2020-0137

    CiNii Article

  • Arifin M.T. .  Surgery for Radiologically Normal-Appearing Temporal Lobe Epilepsy in a Centre with Limited Resources .  Scientific Reports10 ( 1 ) 8144   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-64968-4

    Scopus

    PubMed

  • Arifin M.T. .  Preoperative sensory aura predicts risk for seizure in temporal lobe epilepsy surgery .  Epilepsy and Behavior111   107255   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Epilepsy and Behavior  

    DOI: 10.1016/j.yebeh.2020.107255

    Scopus

    PubMed

  • Combined Transcranial-supraorbital and Transconjunctival Approach for Optic Nerve Coloboma with Ophthalmic Dysplasia Associated with Rheumatoid Arthritis .    7 ( 1 ) 1 - 4   2020年1月

  • Hasegawa M, Hatayama T, Kondo A, Nagahiro S, Fujimaki T, Amagasaki K, Arita K, Date I, Fujii Y, Goto T, Hanaya R, Higuchi Y, Hongo K, Inoue T, Kasuya H, Kayama T, Kawashima M, Kohmura E, Maehara T, Matsushima T, Mizobuchi Y, Morita A, Nishizawa S, Noro S, Saito S, Shimano H, Shirane R, Takeshima H, Tanaka Y, Tanabe H, Toda H, Yamakami I, Nishiyama Y, Ohba S, Hirose Y, Suzuki T .  Prosthesis Used in Microvascular Decompressions: A Multicenter Survey in Japan Focusing on Adverse Events .  World Neurosurgery130   e251 - e258   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Fujio S, Takajo T, Kinoshita Y, Hanaya R, Arimura H, Sugata J, Sugata S, Bohara M, Hiraki T, Yoshimoto K, Arita K .  Sellar Xanthogranuloma: A Quest Based on Nine Cases Assessed with an Anterior Pituitary Provocation Test .  World Neurosurgery130   e150 - e159   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Katagiri M, Iida K, Ishihara K, Nair D, Harada K, Kagawa K, Seyama G, Hashizume A, Kuramoto T, Hanaya R, Arita K, Kurisu K .  Anti-seizure effect and neuronal activity change in the genetic-epileptic model rat with acute and chronic vagus nerve stimulation .  Epilepsy Research155   106159   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Kashida Y, Usui N, Matsuda K, Terada K, Baba K, Kondo A, Hirozawa D, Tottori T, Mihara T, Hanaya R, Arita K, Inoue Y .  Is additional mesial temporal resection necessary for intractable epilepsy with cavernous malformations in the temporal neocortex? .  Epilepsy and Behavior92   145 - 153   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Karki P, Yamagami M, Takasaki K, Bohara M, Hosoyama H, Hanada T, Yamasaki F, Hanaya R, Arita K. .  Microvascular Decompression in Patients Aged 30 Years or Younger .  Asian J Neurosurg14 ( 1 ) 111 - 117   2019年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Komasaku Soichiro, Hanaya Ryosuke, Yonenaga Masanori, Kubo Fumikatsu, Eiraku Naoto, Yamasaki Fumiyuki, Arita Kazunori, Yoshimoto Koji .  Symptomatic Developmental Venous Anomaly with an Increased β2-microglobulin Level in Cerebrospinal Fluid: A Case Report .  Hiroshima Journal of Medical Sciences68 ( 1 ) 13 - 18   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:広島大学医学出版会  

    症例は56歳女性で、構音障害を主訴とし、拡散強調画像(DWI)により、右前頭葉病変周囲に高強度領域が描出された。虚血性脳血管障害として治療を行ったところ、3日で症状の鎮静が得られたが、7日後のMRI検査で高強度領域の拡大が観察された。また、ガドリニウム(Gd)造影MRIでは、延髄細静脈に異常に大きな静脈が描出され、髄液中β2-ミクログロブリン(β2MG)濃度は2061μg/ lにまで上昇した。悪性腫瘍との鑑別を要したが、術後23日目のMRIにより、病変部の完全消失とDWI上での高輝度領域減少が認められたことから、本例に観察された発生学的静脈形成異常(DVA)は灌流障害による症候性と判断された。

  • 上笹 貫太郎, 花田 朋子, 花谷 亮典, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  角膜混濁と眼痛で発見に至ったcolobomatous cystの1例 .  日本眼科学会雑誌123 ( 1 ) 39 - 44   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花谷 亮典, 細山 浩史, 佐藤 雅紀, 飯田 幸治 .  てんかん外科のススメ 治療選択を広げるために .  てんかん研究36 ( 3 ) 657 - 662   2019年1月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Karki P, Yamagami M, Takasaki K, Bohara M, Hosoyama H, Hanada T, Yamasaki F, Hanaya R, Arita K .  Microvascular Decompression in Patients Aged 30 Years or Younger. .  Asian journal of neurosurgery14 ( 1 ) 111 - 117   2019年1月

     詳細を見る

  • Arifin M.T. .  Hemispherotomy for drug-resistant epilepsy in an Indonesian population .  Epilepsy and Behavior Reports12   100337   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Epilepsy and Behavior Reports  

    DOI: 10.1016/j.ebr.2019.100337

    Scopus

    PubMed

  • 大坪 宏, 石川 そでみ, 鈴木 皓晴, 細山 浩史, 花谷 亮典 .  てんかんはzoneかnetworkか? .  Epilepsy12 ( 2 ) 77 - 82   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ono T. .  A companion to the preclinical common data elements and case report forms for rodent EEG studies. A report of the TASK3 EEG Working Group of the ILAE/AES Joint Translational Task Force .  Epilepsia Open3 ( S1 ) 90 - 103   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Epilepsia Open  

    DOI: 10.1002/epi4.12260

    Scopus

    PubMed

  • Kashida Y, Niiro M, Maruyama H, Hanaya R .  Cerebral Paragonimiasis With Hemorrhagic Stroke in a Developed Country .  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases27 ( 10 ) 2648 - 2649   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 花谷 亮典, 細山 浩史, 有田 和徳 .  Synaptic vesicle glycoprotein 2Aとてんかん .  てんかん研究36 ( 1 ) 3 - 16   2018年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosoyama H, Hanaya R, Otsubo T, Sato M, Kashida Y, Sugata S, Katagiri M, Iida K, Arita K .  Application of Rubber Band with Hooks on Both Ends for Vagus Nerve Stimulator Implantation .  World Neurosurgery111   258 - 260   2018年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 花谷 亮典, 榎添 理恵子 .  てんかんの薬物治療と看護 総論 .  Brain Nursing33 ( 12 ) 1161 - 1163   2017年12月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishimuta Y. .  Long-term outcome after endovascular treatment of cavernous sinus dural arteriovenous fistula and a literature review .  Acta Neurochirurgica159 ( 11 ) 2113 - 2122   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Acta Neurochirurgica  

    DOI: 10.1007/s00701-017-3336-4

    Scopus

    PubMed

  • Fujio S, Hirano H, Yamashita M, Usui S, Kinoshita Y, Tominaga A, Hanada T, Yamahata H, Tokimura H, Hanaya R, Kurisu K, Arita K .  Preoperative and postoperative pituitary function in patients with tuberculum sellae meningioma: Based on pituitary provocation tests .  Neurologia Medico-Chirurgica57 ( 10 ) 548 - 556   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hosoyama H, Matsuda K, Mihara T, Usui N, Baba K, Inoue Y, Tottori T, Otsubo T, Kashida Y, Iida K, Hirano H, Hanaya R, Arita K .  Long-term outcomes of epilepsy surgery in 85 pediatric patients followed up for over 10 years: A retrospective survey .  Journal of Neurosurgery: Pediatrics19 ( 5 ) 606 - 615   2017年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Uchida H. .  Radiologic and histologic features of the T2 hyperintensity rim of meningiomas on magnetic resonance images .  Neuroradiology Journal30 ( 1 ) 48 - 56   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neuroradiology Journal  

    DOI: 10.1177/1971400916678228

    Scopus

    PubMed

  • Yonezawa H, Hirano H, Uchida H, Habu M, Hanaya R, Oyoshi T, Sadamura Y, Hanada T, Tokimura H, Moinuddin F, Arita K .  Efficacy of bevacizumab therapy for unresectable malignant glioma: A retrospective analysis .  Mol Clin Oncol6 ( 1 ) 105   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R, Niantiarno FH, Kashida Y, Hosoyama H, Maruyma S, Sugata S, Otsubo T, Tanaka K, Ishii A, Hirose H, Arita K .  Vagus nerve stimulation for generalized epilepsy with febrile seizures plus (GEFS+) accompanying seizures with impaired consciousness. .  Epilepsy & Behavior Case Reports7   16 - 19   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • FUJIO Shingo, HANAYA Ryosuke, KURISU Kaoru, ARITA Kazunori, HIRANO Hirofumi, YAMASHITA Mami, USUI Satoshi, KINOSHITA Yasuyuki, TOMINAGA Atsushi, HANADA Tomoko, YAMAHATA Hitoshi, TOKIMURA Hiroshi .  Preoperative and Postoperative Pituitary Function in Patients with Tuberculum Sellae Meningioma -Based on Pituitary Provocation Tests- .  Neurologia medico-chirurgica57 ( 10 ) 548 - 556   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外科学会  

    <p>Given the anatomical proximity of tuberculum sellae meningioma (TSM) to the hypothalamo-pituitary system, pituitary function impairments are of great concern. We retrospectively investigated pituitary function changes following surgery in patients with TSM using pituitary provocation tests (PPTs). Thirty-one patients (27 females and 4 males) with TSM underwent initial transcranial surgery (29 patients) or transsphenoidal surgery (two patients); surgeries were performed carefully to avoid injuring the pituitary stalk. In 24 patients, the PPTs were performed via a triple bolus injection with regular insulin, thyrotropin-releasing hormone (TRH), and luteinizing hormone releasing hormone (LH-RH). Seven patients underwent a quadruple test (growth-hormone-releasing factor, corticotrophin-releasing hormone, TRH, and LH-RH). The preoperative and postoperative target hormone levels of the anterior pituitary were normal in 93.5% and 96.8% of patients, respectively. At least one hormonal axis demonstrated impaired PPT responses in two patients (6.5%) preoperatively and in one patient (3.2%) postoperatively. The growth hormone (GH) response was also well preserved. A compromised GH peak level was only observed in one patient (3.2%) preoperatively. Postoperatively, transient diabetes insipidus and transient hyponatremia were observed in four (12.9%) and eight (25.8%) patients, respectively. No patients needed permanent postoperative hormone replacement. The preoperative pituitary function was well preserved in most patients, including those with large tumors pushing against the pituitary stalk considerably or embedded in it. After careful surgery to avoid damaging the pituitary stalk, pituitary function was preserved. However, transient postoperative hyponatremia occurred in 25.8% of patients; thus, surgeons should pay careful attention to this issue.</p>

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2017-0079

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Maruyama S, Okamoto Y, Toyoshima M, Hanaya R, Kawano Y .  Immunoglobulin A deficiency following treatment with lamotrigine .  Brain and Development38 ( 10 ) 947 - 949   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 花谷 亮典, 丸山 慎介, 有田 和徳 .  専門医に求められる最新の知識 小児 小児てんかんに対する手術療法のエビデンス .  脳神経外科速報26 ( 10 ) 1089 - 1096   2016年10月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花谷 亮典, 有田 和徳 .  処置・手術編 (11章)眼窩手術 眼窩腫瘍摘出術 .  眼科ケア2016秋季増刊   260 - 264   2016年10月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花谷 亮典, 有田 和徳 .  処置・手術編 (11章)眼窩手術 吹き抜け骨折の手術 .  眼科ケア2016秋季増刊   265 - 267   2016年10月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujio S, Takano K, Arimura H, Habu M, Bohara M, Hirano H, Hanaya R, Nishio Y, Koriyama C, Kinoshita Y, Arita K .  Treatable glomerular hyperfiltration in patients with active acromegaly .  European Journal of Endocrinology175 ( 4 ) 325 - 333   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Kashida Y, Otsubo T, Hanaya R, Kodabashi A, Tsumagari N, Sugata S, Hosoyama H, Iida K, Nakamura K, Tokimura H, Fujimoto T, Arita K .  Determination of hemispheric language dominance using functional magnetic resonance imaging and the Shiritori (Japanese word chain) task in patients with epilepsy: Comparison with the Wada test .  Epilepsy Research124   16 - 22   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Katagiri M, Iida K, Kagawa K, Hashizume A, Ishikawa N, Hanaya R, Arita K, Kurisu K .  Combined surgical intervention with vagus nerve stimulation following corpus callosotomy in patients with Lennox-Gastaut syndrome .  Acta Neurochirurgica158 ( 5 ) 1005 - 1012   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hashizume A, Akimitsu T, Iida K, Kagawa K, Katagiri M, Hanaya R, Arita K, Kurisu K .  Novel software for performing leksell stereotactic surgery without the use of printing films: Technical note .  Neurologia Medico-Chirurgica56 ( 4 ) 193 - 197   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Arita K .  The new antiepileptic drugs: Their neuropharmacology and clinical indications .  Neurologia Medico Chirurgica 56 ( 4 ) 205 - 220   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Hirabaru M, Fujio S, Higashi M, Yonezawa H, Karki P, Hanaya R, Hirano H, Tokimura H, Arita K .  Choroid plexus tumors: Experience of 10 cases with special references to adult cases .  Neurologia Medico-Chirurgica55 ( 12 ) 891 - 900   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Karki P, Hirano H, Yamahata H, Fujio S, Yonezawa H, Iida K, Bohara M, Oyoship T, Hanaya R, Arita K .  Solitary cranial langerhans cell histiocytosis: Two case reports .  Hiroshima Journal of Medical Sciences64 ( 4 ) 59 - 63   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 飯田 幸治, 花谷 亮典, 香川 幸太, 片桐 匡弥 .  基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード 側頭葉てんかんの基本的手術 Anterior temporal lobectomyの進め方 .  脳神経外科速報25 ( 5 ) 468 - 474   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawano H, Hirano H, Yonezawa H, Yunoue S, Yatsushiro K, Ogita M, Hiraki Y, Uchida H, Habu M, Fujio S, Oyoshi T, Bakhtiar Y, Sugata S, Yamahata H, Hanaya R, Tokimura H, Arita K .  Improvement in treatment results of glioblastoma over the last three decades and beneficial factors .  British Journal of Neurosurgery29 ( 2 ) 206 - 212   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Yunoue S, Hanaya R, Arita K .  Intraoperative continuous monitoring of facial motor evoked potentials in acoustic neuroma surgery .  Neurosurgical Review37 ( 4 ) 669 - 676   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Yamahata H, Tokimura H, Hirahara K, Ishii T, Mori M, Hanaya R, Arita K .  Lateral suboccipital retrosigmoid approach with tentorial incision for petroclival meningiomas: Technical note .  Journal of Neurological Surgery, Part B: Skull Base75 ( 4 ) 221 - 224   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hirano H, Yokoyama S, Yunoue S, Yonezawa H, Yatsushiro K, Yoshioka T, Hanaya R, Tokimura H, Arita K .  MRI T2 hypointensity of metastatic brain tumors from gastric and colonic cancers .  International Journal of Clinical Oncology19 ( 4 ) 643 - 648   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Awa R, Campos F, Arita K, Sugiyama K, Tominaga A, Kurisu K, Yamasaki F, Karki P, Tokimura H, Fukukura Y, Fujii Y, Hanaya R, Oyoshi T, Hirano H .  Neuroimaging diagnosis of pineal region tumors - Quest for pathognomonic finding of germinoma .  Neuroradiology56 ( 7 ) 525 - 534   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 花田 朋子, 花谷 亮典, 時村 洋, 有田 和徳 .  腫瘍性疾患 髄膜の腫瘍 原発性黒色腫系腫瘍 悪性黒色腫 .  日本臨床別冊神経症候群III   315 - 317   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirano H, Yonezawa H, Yunoue S, Habu M, Uchida H, Yoshioka T, Kishida S, Kishida M, Oyoshi T, Fujio S, Sugata S, Yamahata H, Hanaya R, Arita K .  Immunoreactivity of Wnt5a, Fzd2, Fzd6, and Ryk in glioblastoma: Evaluative methodology for DAB chromogenic immunostaining .  Brain Tumor Pathology31 ( 2 ) 85 - 93   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Hanaya R, Tokimura H, Arita K .  The assessment of relationship between the skull base development and the severity of frontal plagiocephaly after bilateral fronto-orbital advancement in the early life .  Child's Nervous System30 ( 1 ) 155 - 159   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Kagawa K, Iida K, Kakita A, Katagiri M, Nishimoto T, Hashizume A, Kiura Y, Hanaya R, Sugiyama K, Arihiro K, Arita K, Kurisu K .  Electrocorticographic-histopathologic correlations implying epileptogenicity of dysembryoplastic neuroepithelial tumor .  Neurologia Medico-Chirurgica53 ( 10 ) 676 - 687   2013年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Campos F, Fujio S, Sugata S, Tokimura H, Hanaya R, Bohara M, Arita K .  Effect of thrombin concentration on the adhesion strength and clinical application of fibrin glue-soaked sponge .  Neurologia medico-chirurgica (Tokyo)53 ( 1 ) 17 - 20   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yan HD, Ishihara K, Seki T, Hanaya R, Kurisu K, Arita K, Serikawa T, Sasa M .  Inhibitory effects of levetiracetam on the high-voltage-activated L-type Ca2+ channels in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rat (SER) .  Brain Research Bulletin90 ( 1 ) 142 - 148   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamahata H, Yunoue S, Tokimura H, Hanaya R, Hirano H, Tokudome M, Karki P, Yonezawa H, Sugata S, Kawahara K, Maruyama I, Arita K .  Immunohistochemical expression of thrombomodulin in vestibular schwannoma .  Brain Tumor Pathology30 ( 1 ) 28 - 33   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 辻 貞俊, 兼本 浩祐, 花谷 亮典, 寺田 清人 .  てんかん治療における合理的併用療法 .  Pharma Medica31 ( 1 ) 118 - 123   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Hanaya R, Okamoto H, Fujimoto A, Ochi A, Go C, Snead CO 3rd, Widjaja E, Chuang SH, Kemp SM, Otsubo H .  Total intravenous anesthesia affecting spike sources of magnetoencephalography in pediatric epilepsy patients: Focal seizures vs. non-focal seizures .  Epilepsy Research105 ( 3 ) 326 - 336   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamahata H, Tokimura H, Hirahara K, Ishii T, Hanada T, Hirano H, Hanaya R, Sugata S, Mamitsuka K, Arita K .  Entry Point to the Sylvian Fissure for the Pterional Transsylvian Approach .  Journal of Neurological Surgery A Cent Eur Neurosurg74 ( 4 ) 228 - 233   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bakhtiar Y, Hanaya R, Tokimura H, Hirano H, Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Arita K .  Genometric survey on magnetic resonance imaging of growth hormone producing pituitary adenoma .  Pituitary17 ( 2 ) 142 - 149   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujio S, Tokimura H, Hirano H, Hanaya R, Kubo F, Yunoue S, Bohara M, Kinoshita Y, Tominaga A, Arimura H, Arita K .  Severe growth hormone deficiency is rare in surgically-cured acromegalics .  Pituitary 16 ( 3 ) 326 - 332   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanada T, Yamahata H, Hanaya R, Kurono Y, Nagano H, Kitajima S, Hiraki T, Arita K .  A patient with sinonasal leiomyoma presenting with exophthalmos: Case report and review of the literature .  Neurology Asia18 ( 3 ) 327 - 330   2013年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hirano H, Yoshioka T, Yunoue S, Fujio S, Yonezawa H, Niiro T, Habu M, Oyoshi T, Sugata S, Kamezawa T, Arimura H, Hanaya R, Tokimura H, Tokudome M, Arita K .  TLR4, IL-6, IL-18, MyD88 and HMGB1 are highly expressed in intracranial inflammatory lesions and the IgG4/IgG ratio correlates with TLR4 and IL-6 .  Neuropathology32 ( 6 ) 628 - 637   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山崎文之, 渡邊陽祐, 高安武志, 野坂 亮, 梶原佳則, 花谷亮典, 富永 篤, 杉山一彦, 栗栖 薫 .  大脳のびまん性血流低下を示した小脳性無言症の1例 .  Brain and Nerve64 ( 12 ) 1431 - 1433   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R, Hosoyama H, Sugata S, Tokudome M, Hirano H, Tokimura H, Kurisu K, Serikawa T, Sasa M, Arita K .  Low distribution of synaptic vesicle protein 2A and synaptotagimin-1 in the cerebral cortex and hippocampus of spontaneously epileptic rats exhibiting both tonic convulsion and absence seizure .  Neuroscience221   12 - 20   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Niiro T, Tokimura H, Hanaya R, Hirano H, Fukukura Y, Sugiyma K, Eguchi K, Kurisu K, Yoshioka H, Arita K .  MRI findings in patients with central neurocytomas with special reference to differential diagnosis from other ventricular tumours near the foramen of Monro .  Journal of Clinical Neuroscience19 ( 5 ) 681 - 689   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinsato Y, Hanada T, Kisanuki T, Yonezawa H, Yunoue S, Yoshioka T, Hanaya R, Tokimura H, Hirano H, Arita K .  Primary malignant melanoma in the pineal region treated without chemotherapy .  Surgical Neurology International3   123   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bakhtiar Y, Yonezawa H, Bohara M, Hanaya R, Okamoto Y, Sugiyama K, Yoshioka T, Arita K .  Posterior fossa immature teratoma in an infant with trisomy 21: A case report and review of the literature .  Surgical Neurology International3   100   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kagawa K, Iida K, Katagiri M, Nishimoto T, Hashizume A, Kiura Y, Hanaya R, Arita K, Kurisu K .  Successful treatment of mesial temporal lobe epilepsy with bilateral hippocampal atrophy and false temporal scalp ictal onset: a case report .  Hiroshima Journal of Medical Science61 ( 2 ) 37 - 41   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Awa R, Hanaya R, Hirano H, Tokimura H, Francia C, Yunoue Y, Kitajima S, Arita K .  Gangliocytoma of the medulla oblongata demonstrating high tracer uptake on positron emission tomography .  Journal of Neurooncology106 ( 1 ) 201 - 202   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujio S, Tokimura H, Hanaya R, Hirano H, Arita K, Yunoue S, Bohara M, Arimura H, Kinoshita Y, Tominaga A .  Gradual declination of IGF-1 over a year after transsphenoidal adenomectomy of GH producing pituitary adenomas .  Endocrine Journal58 ( 12 ) 1087 - 1091   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Kiura Y,Serikawa T,Kurisu K,Arita K,Sasa M .  Modulation of abnormal synaptic transmission in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rats (SER) by levetiracetam .  Brain Research Bulletin86 ( 56 ) 334 - 339   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki F,Kurisu K,Kajiwara Y,Watanabe Y,Takayasu T,Akiyama Y,Saito T,Hanaya R,Sugiyama K .  Magnetic resonance spectroscopic detection of lactate is predictive of a poor prognosis in patients with diffuse intrinsic pontine glioma .  Neuro Oncology13 ( 7 ) 791 - 891   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchida H, Arita K, Yunoue S, Yonezawa H, Shinsato Y, Kawano H, Hirano H, Hanaya R, Tokimura H. .  Role of sonic hedgehog signaling in migration of cell lines established from CD133-positive malignant glioma cells. .  Journal of Neurooncology104 ( 3 ) 697 - 704   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugata S, Hanaya R, Kumafuji K, Tokudome M, Serikawa T, Kurisu K, Arita K, Sasa M .  Neuroprotective effect of levetiracetam on hippocampal sclerosis-like change in spontaneously epileptic rats .  Brain Research Bulletin86 ( 1-2 ) 36 - 41   2011年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Kinoshita Y, Tominaga A, Arita K, Sugiyama K, Hanaya R, Hama S, Sakoguchi T, Usui S, Kurisu K .  Post-operative hyponatremia in patients with pituitary adenoma: post-operative management with a uniform treatment protocol .  Endocrine Journal58 ( 5 ) 373 - 379   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamahata H, Tokimura H, Hanaya R, Tajitsu K, Hirabaru M, Yamagami M, K Arita .  Microvascular decompression for trigeminal neuralgia due to compression by the vertebral artery: Report of 3 cases .  Minimally Invasive Neurosurgery54 ( 2 ) 79 - 82   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Karki P, Bohara M, Yonezawa H, Tokimura H, Hirano H, Hanaya H, Arita K .  Cerebellopontine angle endodermal cyst presenting with hemifacial spasm: a case report .  Brain Tumor Pathology28 ( 4 ) 371 - 374   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Hirano H, Tokimura H, Hanaya R, Yonezawa H, Campos F,Sugiyama K, Sugata S, Arita K .  Pineal mixed germ cell tumor with a synchronous sellar lesion in the sixth decade .  Brain Tumor Pathology28 ( 2 ) 163 - 166   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sadamura Y,Sugiyama K,Uchida H,Hanaya R,Eguchi K,Kurisu K,Arita K,Hirano H .  Intracranial Germinoma Presenting With Hemiatrophy- Follow-up Results and Literature Review .  Neurologia Medico-Chirurgica (Tokyo)51 ( 2 ) 148 - 152   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Yonezawa H, Hanaya R, Takeshita S, Sumida M, Arita K .  Posterior fossa epidermoid cysts presenting with unusual radiological appearances -Two case reports- .  Neurologia Medico-Chirurgica (Tokyo)51 ( 1 ) 85 - 88   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shirozu H, Iida K, Hashizumea A, Hanaya R, Kiura Y, Kurisu K, Arita K, Otsubo H .  Gradient magnetic-field topography reflecting cortical activities of neocortical epilepsy spikes. .  Epilepsy Research90 ( 42006 ) 121 - 131   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 有田 和徳, 時村 洋, 花谷 亮典, 菅田 真生, 秋光 知英, 飯田 幸治, 杉山 一彦, 栗栖 薫 .  視床下部過誤腫の病態と治療 .  脳神経外科ジャーナル19 ( 4 ) 296 - 303   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 藤尾 信吾,平野 宏文,川野 弘人,花谷 亮典,大吉 達樹,新納 正毅,有田 和徳 .  小児の第四脳室に発生した脈絡叢乳頭腫の3例 .  脳神経外科38 ( 2 ) 149 - 155   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fumiyuki Yamasaki,Kazuhiko Sugiyama,Megu Ohtaki,Yukio Takeshima,Nobukazu Abe,Yuuj,Akiyama,Junko Takaba,Vishwa Jeet Amatya,Taiichi Saito,Yoshinori Kajiwara,Ryosuke Hanaya,Kaoru Kurisu .  Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging .  European Journal of Radiology73 ( 3 ) 532 - 537   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryosuke Hanaya, Masashi Sasa, Sei Sugata, Mai Tokudome, Tadao Serikawa, Kaoru Kurisu, Kazunori Arita .  Hippocampal cell loss and propagation of abnormal discharges accompanied with the expression of tonic convulsion in the spontaneously epileptic rat .  Brain Research1328   171 - 180   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroshi Shirozu, Koji Iida, Akira Hashizume, Ryosuke Hanaya, Yoshihiro Kiura, Kaoru Kurisu, Kazunori Arita, Hiroshi Otsubo .  Gradient magnetic-field topography reflecting cortical activities of neocortical epilepsy spikes. .  Epilepsy Research90 ( 1-2 ) 121 - 131   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花谷亮典、時村 洋、平野宏文、山崎文之、杉山一彦、栗栖 薫、有田和徳 .  松果体近傍腫瘍に対する後頭経テント接近法における最近の工夫 .  脳腫瘍の外科 2010   228 - 233   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 橋本尚美,山根冠児,沖井則文,石之神小織,恩田秀賢,田路浩正,花谷亮典 .  自家血硬膜外注入療法後に昏睡を伴う慢性硬膜下血腫を生じた特発性脳脊髄液減少症例 .  脳神経外科ジャーナル18 ( 7 ) 525 - 530   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Koning E,Ferrandon A,Nehlig A .  The role of the inherited genetic background on the consequences of lithium-pilocarpine status epilepticus: study in Genetic Absence Epilepsy Rats from Strasbourg and Wistar audiogenic rats .  Neurobiology of Disease31 ( 3 ) 451 - 458   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Doskaliyev A,Yamasaki F,Kenjo M,Shrestha P,Saito T,Hanaya R,Sugiyama K,Kurisu K .  Secondary anaplastic oligodendroglioma after cranial irradiation: a case report .  Journal of Neuro-oncology88 ( 3 ) 299 - 303   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Koning E,Ferrandon A,Schweitzer A,Andrieux A,Nehlig A .  The deletion of the STOP gene, a microtuble stabilizing factor, leads only to discrete cerebral metabolic changes in mice .  Journal of Neuroscience Research83 ( 4 ) 813 - 820   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Kiura Y,Kurisu K,Sakai N,Serikawa T,Sasa M .  N-acetyl-L-aspartate activates hippocampal CA3 neurons in rodent slice preparations .  Brain Research Bulletin75 ( 5 ) 663 - 667   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okazaki T, Magaki T, Takeda M, Kajiwara Y, Hanaya R, Sugiyama K, Arita K, Nishimura M, Kato Y, Kurisu .  Intravenous administration of bone marrow stromal cells increases survivin and Bcl-2 protein expression and improves sensorimotor function following ischemia in rats .  Neuroscience Letter430 ( 2 ) 109 - 114   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shibukawa M,Hanaya R,Ito Y,Wakasa T,Arita K,Kurisu K .  Treatment of Meningioma in a Patient with Congenital Immunodeficiency Disorder .  Hiroshima Journal of Medical Science56 ( 42067 ) 41 - 44   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashizume A, Kurisu K, Iida K, Hanaya R, Shirozu H, Otsubo H .  Comparison of animated spatial filtered MEG data for epileptic discharges .  International Congress Series1300   641 - 644   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hashizume A, Iida K, Shirozu H, Hanaya R, Kiura Y, Kurisu K, Otsubo H .  Gradient magnetic-field topography for dynamic changes of epileptic discharges .  Brain Research1144   175 - 179   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Boehm N,Nehlig A .  Dissociation of the immunoreactivity of synaptophysin and GAP-43 in the lithium-pilocarpine model of epilepsy in the immature and adult rat .  Experimenta neurology204 ( 2 ) 720 - 732   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yan HD,Ishihara K,Hanaya R,Kurisu K,Serikawa T,Sasa M .  Voltage-dependent Calcium Channel Abnormalities in Hippocampal CA3 Neurons of Spontaneously Epileptic Rats .  Epilepsia48 ( 4 ) 758 - 764   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashizume A, Shrestha P, Arita K, Sugiyama K, Iida K, Hanaya R, Kiura Y, Yamasaki F, Shirozu H, Kurisu K .  Functional brain mapping and localizing epileptic zone with magnetencephalography: a review of two cases with illustrations .  Nepal Journal of Neuroscience4   106 - 109   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanaya R,Arita K,Itoh Y,Kiura Y,Iida K,Kurisu K .  Zygomatic osteotomy for resection of cavernous angioma in dominant hemispheric temporal lobe .  Hiroshima Journal of Medical Science55 ( 1 ) 39 - 43   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki F, Kurisu K, Satoh K, Arita K, Sugiyama K, Ohtaki M, Takaba J, Tominaga A, Hanaya R, Yoshioka H, Hama S, Ito Y, Kajiwara Y, Yahara K, Saito T, Thohar MA .  Apparent diffusion coefficient of human brain tumors at MR imaging .  Radiology235 ( 3 ) 985 - 991   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 有田 和徳, 栗栖 薫, 杉山 一彦, 富永 篤, 江口 国輝, 飯田 幸治, 花谷 亮典, 魚住 徹 .  合併症の推移から見た,末端肥大症におけるConsensus Meeting Criteria of Cure"の意義" .  日本内分泌学会雑誌79 ( Supple ) 48 - 49   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山崎 文之, 栗栖 薫, 有田 和徳, 山中 正美, 大庭 信二, 花谷 亮典, 渋川 正顕, 岐浦 禎展, 坂本 繁幸, 岡崎 貴仁, 高羽 順子, 安部 伸和 .  造影後FLAIR画像による脳静脈性血管腫の診断 2症例の報告 .  脳と神経55 ( 6 ) 537 - 541   2003年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Kiura Y, Hanaya R, Serikawa T, Kurisu K, Sakai N, Sasa M .  Involvement of Ca2+channels in abnormal excitability of hippocampal CA3 pyramidal cells in noda epileptic rats .  Journal Pharmacological Sciences91 ( 2 ) 137 - 144   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 笹 征史, 花谷 亮典 .  薬物とニューロン 抗てんかん薬の作用メカニズムを中心に .  臨床神経生理学31 ( 1 ) 13 - 19   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashizume A, Kurisu K, Arita K, Hanaya R .  Development of magnetoencephalography-magnetic resonance imaging integration software - Technical note .  Neurologia Medico-Chirurgica42 ( 10 ) 455 - 457   2002年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Sasa M, Kiura Y, Ishihara K, Serikawa T, Kurisu K .  Epileptiform burst discharges in hippocampal CA3 neurons of young but not mature Noda epileptic rats (NER) .  Brain Research950 ( 1-2 ) 317 - 320   2002年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Sasa M, Kiura Y, Serikawa T, Kurisu K .  Effects of vigabatrin on epileptiform abnormal discharges in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rats (SER) .  Epilepsy Research50 ( 3 ) 223 - 231   2002年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 笹 征史, 花谷 亮典 .  薬物とニューロン 抗てんかん薬の作用メカニズムを中心に .  日本薬物脳波学会雑誌4 ( 1 ) 48 - 51   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugiyama K, Arita K, Tominaga A, Hanaya R, Taniguchi E, Okamura T, Itoh Y, Yamasaki F, Kurisu K .  Morphologic features of human chorionic gonadotropin- or alpha-fetoprotein-producing germ cell tumors of the central nervous system: histological heterogeneity and surgical meaning. .  Brain tumor pathology18 ( 2 ) 115 - 122   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Arita K, Kurisu K, Iida K, Hanaya R, Sugiyama K, Akimitsu T, Takeshita S, Kiura Y .  Surgical treatment for intractable epilepsy caused by cavernous angioma in the temporal lobe of the dominant hemisphere .  Neurologia Medico-Chirurgica40 ( 8 ) 439 - 445   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 笹 征史, 秋光 知英, 花谷 亮典, 栗栖 薫 .  てんかんの基礎研究 Noda epileptic rat(NER)の特徴 .  医学のあゆみ193 ( 6 ) 511 - 514   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akimitsu T, Kurisu K, Hanaya R, Iida K, Kiura Y, Arita K, Matsubayashi H, Ishihara K, Kitada K, Serikawa T, Sasa M .  Epileptic seizures induced by N-acetyl-L-aspartate in rats: In vivo and in vitro studies .  Brain Research861 ( 1 ) 143 - 150   2000年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 有田 和徳, 栗栖 薫, 富永 篤, 杉山 一彦, 井川 房夫, 花谷 亮典, 飯田 幸治, 魚住 徹 .  機能性腺腫の治癒基準と長期治療予後 GH産生下垂体腺腫各種緩解基準の臨床的意義 長期追跡の結果から .  ホルモンと臨床47   27 - 30   1999年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 有田 和徳, 栗栖 薫, 富永 篤, 花谷 亮典, 飯田 幸治, 江口 国輝, 川本 仁志, 溝上 達也, 魚住 徹 .  残存・再発下垂体腺腫に対する治療 成長ホルモン産生下垂体腺腫の術後残存と再発の管理 長期追跡の結果から .  ホルモンと臨床46 ( 特別増刊 ) 51 - 54   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 笹 征史, 石原 熊寿, 松林 弘明, 花谷 亮典, 飯田 幸治, 秋光 知英, 芹川 忠夫, 栗栖 薫 .  てんかんの基礎 .  神経研究の進歩42 ( 6 ) 947 - 953   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arita K, Kurisu K, Iida K, Hanaya R, Akimitsu T, Hibino S, Pant B, Hamasaki M, Shinagawa S .  Subsidence of seizure induced by stereotactic radiation in a patient with hypothalamic hamartoma. Case report .  Journal of Neurosurgery89 ( 4 ) 645 - 648   1998年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Iida K, Sasa M, Serikawa T, Noda A, Ishihara K, Akimitsu T, Hanaya R, Arita K, Kurisu K .  Induction of convulsive seizures by acoustic priming in a new genetically defined model of epilepsy (Noda epileptic rat: NER) .  Epilepsy Research30 ( 2 ) 115 - 126   1998年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Sasa M, Ujihara H, Ishihara K, Serikawa T, Iida K, Akimitsu T, Arita K, Kurisu K .  Suppression by topiramate of epileptiform burst discharges in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rat in vitro .  Brain Research789 ( 2 ) 274 - 282   1998年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 吉岡宏幸, 迫田勝明, 河野宏明, 羽田 浩, 花谷亮典, 有田和徳, 栗栖 薫 .  神経線維腫症1型 にmeningocele, 血管奇形を合併した1例 .  脳と神経50 ( 3 ) 279 - 283   1998年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Sasa M, Ishihara K, Akimitsu T, Iida K, Amano T, Serikawa T, Arita K, Kurisu K .  Antiepileptic effects of 20-hydroxyecdysone on convulsive seizures in spontaneously epileptic rats .  Japanese Journal of Pharmacology74 ( 4 ) 331 - 335   1997年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 笹 征史, 花谷 亮典, 飯田 幸治, 他 .  新しいてんかん動物モデル(NER) .  日本神経精神薬理学雑誌17 ( 1 ) 35 - 38   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 有田 和徳, 栗栖 薫, 花谷 亮典, 他 .  成長ホルモン産生下垂体腺腫の術後寛解と再発 経蝶形骨洞手術後5年以上の長期追跡の結果から .  ホルモンと臨床44 ( 春季増刊 ) 62 - 67   1996年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花谷亮典, 五石惇司, 曽我部貴士, 佐藤 斉, 溝上達也 .  産褥期に生じた皮質盲の1例 .  日本救急医学会雑誌7 ( 2 ) 76 - 80   1996年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 笹 征史, 天野 託, 松林弘明, 石原熊寿, 飯田幸治, 花谷亮典, 藤田泰彦, 芹川忠夫 .  てんかん動物(SERとNER)を用いた抗てんかん薬の評価 .  日本薬理学雑誌108 ( SUPPL. 1 ) 35 - 40   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • Hanaya R, Sasa M, Ujihara H, Fujita Y, Amano T, Matsubayashi H, Serikawa T, Uozumi T .  Effect of Antiepileptic Drugs on Absence‐Like Seizures in the Tremor Rat .  Epilepsia36 ( 9 ) 938 - 942   1995年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  • 花谷亮典, 五石惇司, 曽我部貴士, 佐藤 斉, 溝上達也 .  Ethylene vinyl alcohol copolymer(EVAL)を用いた術中塞栓術を併用し全摘出できた大脳基底核脳動静脈奇形再出血例の経験 .  日赤医学45 ( 3 ) 227 - 230   1993年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三上貴司, 大谷美奈子, 岡林清司, 藤岡泰博, 住田公昭, 城山和久, 岡本太郎, 盛生倫夫, 有田和徳, 河野宏明, 花谷亮典, 魚住 徹 .  重症肺挫傷に対する膜型人工肺(ECLA)の使用経験:肺挫傷合併例における問題点 .  救急医学16 ( 5 ) 605 - 607   1992年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 武智昭彦, 魚住 徹, 向田一敏, 栗栖 薫, 有田和徳, 矢野 隆, 広畑泰三, 小笠原英敬, 恩田 純, 花谷亮典, 小田 清, 桧田俊英, 原 均 .  同一細胞よりGHとTSHの分泌をみた下垂体腺腫の1例 -二重免疫染色による検討- .  脳と神経43 ( 8 ) 775 - 779   1991年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

▼全件表示

書籍等出版物

  • 神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理 ホスフェニトインによる実践集

    花谷亮典 平野宏文 有田和徳( 範囲: V 脳腫瘍の周術期管理)

    ライフサイエンス  3015年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:180-183   記述言語:日本語

  • 臨床てんかん学

    花谷亮典 有田和徳( 範囲: 第10章 検査 B 画像診断 1.脳の形態(CT, MRI))

    医学書院  2015年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:302-308   記述言語:日本語

  • 臨床てんかん学

    花谷亮典 有田和徳( 範囲: 第13章 てんかん外科手術 D 病態ごとに適した手術術式と手術予後 2.脳内腫瘤を伴う焦点性てんかん)

    医学書院  2015年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:564-566   記述言語:日本語

  • Neurosurgery Trick of the Trade - Cranial

    Arita K, Hanaya R( 範囲: Occipital transtentorial approach for pineal region tumor)

    Thieme Medical Publisher, New York  2013年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:2019-222   記述言語:英語

  • 脳神経外科 周術期管理の全て

    有田和徳,花谷亮典( 担当: 共著 ,  範囲: 電解質異常)

    メジカルビュー  2009年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:518-528   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • GABA: Receptors, Transporters and Metabolism

    Sasa Masashi,Tsujiyama Shuji,Ishihara Kumatoshi,Hanaya Ryosuke,Fujita Meiko,Kurisu Kaoru,Yajin Koji,Serikawa Tadao( 担当: 共著)

    Birkhauser Verlag, Basel, Switzerland   1996年 

     詳細を見る

    担当ページ:185-194   記述言語:英語

▼全件表示

MISC

  • てんかん外科のススメ 治療選択を広げるために

    花谷 亮典, 細山 浩史, 佐藤 雅紀, 飯田 幸治

    てんかん研究   36 ( 3 )   657 - 662   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

  • てんかんはzoneかnetworkか?

    大坪 宏, 石川 そでみ, 鈴木 皓晴, 細山 浩史, 花谷 亮典

    Epilepsy: てんかんの総合学術誌   12 ( 2 )   77 - 82   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • Synaptic vesicle glycoprotein 2Aとてんかん

    花谷 亮典, 細山 浩史, 有田 和徳

    てんかん研究   36 ( 1 )   3 - 16   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

    シナプス小胞糖タンパク2A(synaptic vesicle glycoprotein 2A:SV2A)は、シナプス小胞に特異的に発現する膜タンパクで、即時放出可能プールのシナプス前膜への融合、プライミング、synaptotagmin-1との相互作用などの、エキソサイトーシス機構を調節することにより、神経伝達物質の放出を制御すると考えられている。抗てんかん薬レベチラセタム(LEV)がSV2Aに結合することが発見されて以来、SV2Aとてんかん発現との関連が注目されてきた。疾患モデルやヒトでのてんかん研究ではSV2A発現が低下するとの報告が多く、てんかんの発現には抑制系のSV2Aが関連していることが推測される。一方で、LEVの作用機序に関する報告は、LEVが興奮系のSV2Aを介して作用することを示唆する。SV2Aは興奮性と抑制性シナプスの両方に存在し、また実験系や背景疾患などによってSV2A発現に相違があるため、その役割を現時点で明確に特定することは難しい。SV2Aの生理的機構や関連する病態の解明に向けて研究の発展が望まれる。(著者抄録)

  • 【もう慌てないけいれん・てんかん 発作時の対応・治療・日常生活支援までバッチリわかる!】てんかんの薬物治療と看護 総論

    花谷 亮典, 榎添 理恵子

    Brain Nursing   33 ( 12 )   1161 - 1163   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 視床下部過誤腫の病態と治療 査読

    有田 和徳, 時村 洋, 花谷 亮典, 菅田真生, 秋光知英, 飯田 幸治, 杉山一彦, 栗栖 薫

    脳神経外科ジャーナル   19   296 - 303   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 花谷亮典 .  年間活動報告 .  第14回国立てんかん外科ネットワーク  第14回国立てんかん外科ネットワーク

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 花谷亮典, 田中俊一, 菅田真生, 時村 洋, 有田和徳 .  顔面けいれんroot exit zone同定における顔面神経刺激の有用性 .  第15回日本脳神経減圧術学会  第15回日本脳神経減圧術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 花谷亮典, 大坪俊昭, 細山浩史, 菅田真生, 中村克己, 藤元登四郎, 飯田幸治, 有田和徳 .  てんかん外科術前評価における11C-Methionine PETの役割 .  第36回日本てんかん外科学会  第36回日本てんかん外科学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:岡山  

    国際学会

  • 花谷亮典, 細山浩史, 菅田真生, 大坪俊昭, 藤元登四郎, 飯田幸治, 有田和徳 .  難治性新皮質てんかんにおける発作間歇期FDG-PET集積低下とSV2A発現低下との関連性 .  第46回日本てんかん学会  第46回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典, 大坪俊昭, 細山浩史, 菅田真生, 新里能成, 湯之上俊二, 中村克巳, 飯田幸治, 藤元登四郎, 有田和徳 .  てんかん原性領域を超えるFDG-PET低集積部位の評価 (シンポジウム) .  第71回日本脳神経外科学会  第71回日本脳神経外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 花谷亮典, 久保文克, 米澤 大, ユーリツ・バクティアル, 内田裕之, 山畑仁志, 平野宏文, 時村 洋, 有田 和 .  側脳室・第3脳室近傍腫瘍手術における術中MRIの有用性 .  第17回脳腫瘍の外科学会  第17回脳腫瘍の外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 花谷亮典 大坪俊昭 細山浩史 菅田真生 高田橋篤史 藤元登四郎 有田和徳 .  小児てんかん外科術前評価における鎮静薬の影響 .  第37回鹿児島てんかん研究会  第37回鹿児島てんかん研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 花谷亮典, 大坪俊昭, 細山浩史, 菅田真生, 高田橋篤史, 藤元登四郎, 有田和徳 .  難治性てんかん患児の脳磁図検査におけるチアミラールの影響 .  第7回日本てんかん学会九州地方会  第7回日本てんかん学会九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 花谷亮典, 細山浩史, 菅田真生, 大坪俊昭, 藤元登四郎, 飯田幸治, 笹 征史, 有田和徳 .  新皮質てんかんにおけるシナプス小胞放出機構障害:外科切除組織による検討 .  第35回日本てんかん外科学会  第35回日本てんかん外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典, 花田朋子, 時村 洋, 西郷輝彦, 有田和徳 .  責任血管が上錐体静脈上面をまわりこみ走行した三叉神経痛の2症例 .  第14回日本脳神経減圧術学会  第14回日本脳神経減圧術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典, 大坪俊昭, 細山浩史, 菅田真生, 飯田幸治, 藤元登四郎, 有田和徳 .  難治性内側側頭葉てんかんの診断治療におけるFCD‐PETの有用性-ECD‐/IMP‐/IMZ‐SPECTとの比較による検討- (シンポジウム) .  第70回日本脳神経外科学会  第70回日本脳神経外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 花谷亮典 .  完全静脈麻酔が小児てんかん患者の脳磁図に及ぼす影響;局在関連性と非局在関連性てんかんとの比較 .  第45回日本てんかん学会  第45回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 花谷亮典, 八代一孝, 山畑仁志, 菅田真生, 内田裕之, 東 拓一郎, 江口国輝, 時村 洋, 栗栖 薫, 有田和 .  脳幹海綿状血管腫に対するアプローチ選択 .  第16回日本脳腫瘍の外科学会  第16回日本脳腫瘍の外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Ryosuke Hanaya .  Result of surgery and rehabilitation after epilepsy surgery .  Workshop on the developing epilepsy surgery team at teaching hospital  Workshop on the developing epilepsy surgery team at teaching hospital国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    開催地:インドネシア  

    国際学会

  • Ryosuke Hanaya .  Result of surgery and After epilepsy surgery .  Epilepsy Surgery Lecture in Jakarta  Epilepsy Surgery Lecture in Jakarta国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    開催地:インドネシア  

    国際学会

  • 花谷亮典 米澤 大 新納忠明 湯之上俊二 平野宏文 時村 洋 有田和徳 .  脳機能温存のための覚醒下手術 .  第27回鹿児島高次脳機能研究会  第27回鹿児島高次脳機能研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 花谷亮典 .  てんかん外科のエビデンス .  ラミクタール発売記念発表会  ラミクタール発売記念発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 花谷亮典 菅田真生 大坪俊昭 西本武史 香川幸太 飯田幸治 中村克巳 藤元登四郎 栗栖 薫 有田和徳 .  難治性内側側頭葉てんかんにおける知能指成分の特徴 .  第33回日本てんかん外科学会  第33回日本てんかん外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典 菅田真生 大坪俊昭 山田康一郎 香川幸太 飯田幸治 中村克巳 藤元登四郎 栗栖 薫 有田和徳 .  難治性内側側頭葉てんかん患者にみられる知能指数低下要因の検討 .  第43回日本てんかん学会  第43回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:弘前  

    国内学会

  • 花谷亮典 山崎文之 武田正明 森重水貴 杉山一彦 栗栖 薫 有田和徳 .  Occipital transtentorial approachにおける同名半盲予防の工夫 -Visual evoked potentialモニタリングの導入- .  第68回日本脳神経外科学会  第68回日本脳神経外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典 時村 洋 平野宏文 山崎文之 杉山一彦 栗栖 薫 有田和徳 .  松果体近傍腫瘍に対する後頭葉経テント接近法における最近の工夫 .  第14回脳腫瘍の外科学会  第14回脳腫瘍の外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ryosuke Hanaya Sei Sugata Toshiaki Otsubo Koji Iida Kaoru Kurisu Kazunori Arita .  How should we treat the irritative temporal cortex in mesial temporal lobe epilepsy? Histopathological study. .  XIV Congress of WFNS  XIV Congress of WFNS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Ryosuke Hanaya Sei Sugata Toshiaki Otsubo Hiroshii Shirozu Koji Iida Kaoru Kurisu Kazunori Arita .  Prognosis after surgical treatment for temporal lobe epilepsy in older patient .  XIV Congress of WFNS  XIV Congress of WFNS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Ryosuke Hanaya Fumiyuki Yamasaki Kazuhiko Sugiyama Kaoru Kurisu Kazunori Arita .  Postoperative course after first surgical treatment of meningioma in the elderly .  XIV Congress of WFNS  XIV Congress of WFNS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 花谷亮典 笹 征史 芹川忠夫 有田和徳 .  N-Acetyl-L-aspartate (NAA)による神経興奮の誘発 .  第7回鹿児島ニューロフォーラム  第7回鹿児島ニューロフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Ryosuke Hanaya Sei Sugata Toshiaki Otsubo Katsumi Nakamura Toshiro Fujimoto Hiroshii Shirozu Koji Iida Kaoru Kurisu Kazunori Arita .  Surgical treatment for mesial temporal lobe epilepsy in older patient .  The 3rd Asian Epilepsy Surgery Congress  The 3rd Asian Epilepsy Surgery Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Osaka  

    国際学会

  • 花谷亮典 大坪俊昭 中村克巳 菅田真生 藤元登四郎 朝倉哲彦 栗栖 薫 有田和徳 .  迷走神経刺激術後の長期経過観察 .  第4回日本てんかん学会九州地方会  第4回日本てんかん学会九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:久留米  

    国内学会

  • 花谷亮典 菅田真生 大坪俊昭 中村克巳 藤元登四郎 山田康一郎 飯田幸治 有田和徳 .  内側側頭葉てんかん手術症例における術前ウェックスラー式知能検査の検討 .  第26回鹿児島高次脳機能研究会  第26回鹿児島高次脳機能研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 花谷亮典 米澤 大 粟 隆志 湯之上俊二 平野宏文 有田和徳 .  高齢者神経膠芽腫に対するテモゾロマイドの使用経験 (シンポジウム) .  第22回日本老年脳神経外科学会  第22回日本老年脳神経外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 花谷亮典 山崎文之 杉山一彦 栗栖 薫 有田和徳 .  高齢者髄膜腫初回手術後の経過 -生命表を用いた生命予後調査- (シンポジウム) .  第22回日本老年脳神経外科学会  第22回日本老年脳神経外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 花谷亮典 菅田真生 八代一孝 有田和徳 大坪俊昭 中村克巳 朝倉哲彦 .  施術後15年目における迷走神経刺激術の効果判定 .  第16回九州山口てんかん外科研究会、福岡  第16回九州山口てんかん外科研究会、福岡

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 花谷亮典 .  てんかん外科から学ぶこと .  Brain Talk研究会  Brain Talk研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 花谷亮典 菅田真生 有田和徳 大坪俊昭 中村克己 藤元登四郎 白水洋史 岐浦禎展 橋詰 顕 飯田幸治 栗栖薫 .  年長者に施行した側頭葉てんかん手術例の治療予後 .  第42回日本てんかん学会  第42回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典,熊藤健太,菅田真生,有田和徳,栗栖薫,芹川忠夫,笹征史 .  自然発症てんかんラット海馬の硬化性変化に対するレベチラセタムの抑制作用 .  第42回日本てんかん学会  第42回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 花谷亮典 .  てんかんの治療 -最近の動向ー .  日本てんかん協会九州支部シンポジウム  日本てんかん協会九州支部シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 花谷亮典,菅田真,有田和徳,大坪俊昭,中村克己,藤元登四郎,白水洋史,橋詰顕,飯田幸治,栗栖薫 .  難治性てんかんに対する脳梁離断施行症例の検討 .  第33回鹿児島てんかん研究会、  第33回鹿児島てんかん研究会、

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 花谷亮典,菅田真生,笹征史,芹川忠夫,有田和徳 .  自然発症てんかんラットを用いた抗てんかん薬の薬効・作用機序評価 .  第6回鹿児島ニューロフォーラム  第6回鹿児島ニューロフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 花谷亮典,菅田真生,有田和徳,大坪俊昭,中村克己,藤元登四郎,白水洋史,岐浦禎展 橋詰顕,飯田幸治,栗栖薫 .  年長側頭葉てんかん患者に対する手術治療予後の検討 .  第3回日本てんかん学会九州地方会、  第3回日本てんかん学会九州地方会、

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 花谷亮典 菅田真生 大坪俊昭 西本武史 香川幸太 飯田幸治 中村克巳 藤元登四郎 栗栖 薫 有田和徳 .  難治性内側側頭葉てんかんにおける知能指成分の特徴 .  第33回日本てんかん外科学会  第33回日本てんかん外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ryosuke Hanaya,Masashi Sasa,Kenta Kumafuji,Tadao Serikawa,Kaoru Kurisu .  Neuroprotective effect of levetiracetam in spontaneously epileptic rats (SER) .  61th Annal meeting of American Epilepsy Society  61th Annal meeting of American Epilepsy Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 花谷亮典,笹征史,芹川忠夫,栗栖薫 .  加令に伴い進行する自然発症てんかんラット海馬の硬化性変化 .  第41回日本てんかん学会  第41回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 花谷亮典,岐浦禎展,笹征史,芹川忠夫,栗栖薫 .  自然発症てんかんラット海馬の異常興奮性獲得に伴うCA3細胞の減少と苔状線維発芽 .  第40回日本てんかん学会  第40回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 花谷亮典,Estelle Koning,Arielle Ferrandon,Annie Schweitzer,Annie Andrieux,Astrid Nehlig .  STOP蛋白の欠損により誘導される統合失調症マウスに生じる糖代謝異常 .  第79回日本薬理学会  第79回日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 花谷亮典,Estelle Koning,Arielle Ferandon,Astrid Nehlig .  リチウムピロカルピン誘発てんかん形成における欠神発作と聴原性発作の遺伝性素因の役割 .  第39回日本てんかん学会  第39回日本てんかん学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Ryosuke Hanaya Nelly Boehm Astrid Nehlig .  Synaptophysin immunoreactivity in the lithium-pilocarpine model of temporal lobe epilepsy in adult and immature rats .  26the International Epilepsy Congress  26the International Epilepsy Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 細山 浩史, 花谷 亮典, 川原 隆, 厚地 正道, 高崎 孝二, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  高齢発症てんかんの臨床的特徴と診断 .  てんかん研究  2019年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 細山 浩史, 樫田 祐美, 丸山 慎介, 中村 克己, 藤元 登四郎, 有田 和徳 .  頭皮脳波所見と画像所見との解離がみられた内側側頭葉てんかん .  てんかん研究  2017年1月  (一社)日本てんかん学会

  • 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 津曲 倫子, 樫田 祐美, 菅田 真生, 丸山 慎介, 佐藤 雅紀, 中村 克己, 藤元 登四郎, 有田 和徳 .  難治性側頭葉てんかん患者における術前から術後2年までのIQ・記銘力の変遷 .  てんかん研究  2017年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 佐藤 雅紀, 花谷 亮典, 東 拓一郎, 細山 浩史, 丸山 慎介, 米衛 ちひろ, 大坪 俊昭, 吉本 幸司 .  重度知的障害を伴う薬剤抵抗性てんかん患者に対する成人期でのVNS導入 .  てんかん研究  2020年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 片桐 匡弥, 飯田 幸治, 石原 熊寿, 原田 佳奈, 香川 幸太, 瀬山 剛, 岡村 朗健, 橋詰 顕, 庫本 高志, 花谷 亮典, 有田 和徳, 栗栖 薫 .  遺伝性てんかんモデルラットにおける迷走神経刺激による急性および慢性発作減少効果に関するメカニズム(The Mechanism of Acute and Chronic Anti-seizure Effect of Vagus Nerve Stimulation in The Genetic-epileptic Model Rat) .  てんかん研究  2019年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 佐藤 雅紀, 花谷 亮典, 細山 浩史, 大坪 俊昭, 丸山 慎介, 樫田 祐美, 吉本 幸司 .  迷走神経刺激術によるてんかん重積抑制作用の検討 .  てんかん研究  2018年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 細山 浩史, 樫田 祐美, 佐藤 雅紀, 丸山 慎介, 飯田 幸治, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  薬剤抵抗性側頭葉てんかんに対する手術後の抑うつ・不安・気分プロフィール評価 .  てんかん研究  2018年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 細山 浩史, 佐藤 雅紀, 樫田 祐美, 丸山 慎介, 飯田 幸治, 津曲 倫子, 藤元 登四郎, 有田 和徳 .  薬剤抵抗性てんかんに対する外科手術前後における前頭葉遂行機能の変化 .  てんかん研究  2017年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 大坪 俊昭, 高田橋 篤史, 川添 瑞絵, 車田 真里子, 齋藤 友子, 藤元 登四郎, 花谷 亮典, 細山 浩史, 樫田 祐美, 丸山 慎介, 佐藤 雅紀, 八代 一孝, 有田 和徳 .  脳磁図の再評価とさらなる発展を目指して 電流双極子によるてんかん波形の解釈 藤元総合病院における脳磁図の現状 .  日本生体磁気学会誌  2018年6月  日本生体磁気学会

  • 岩元 博史, 花谷 亮典, 細山 浩史, 佐藤 雅紀, 大坪 俊昭, 岡本 裕嗣, 梅原 藤雄, 吉本 幸司 .  神経ベーチェット病に併発した内側側頭葉てんかんに対する手術経験 .  てんかん研究  2019年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 瀬山 剛, 飯田 幸治, 香川 幸太, 片桐 匡弥, 花谷 亮典, 有田 和徳, 栗栖 薫 .  焦点局在が困難な前頭葉てんかんに対する脳梁離断術の有用性 .  てんかん研究  2018年6月  (一社)日本てんかん学会

  • 佐藤 雅紀, 細山 浩史, 丸山 慎介, 大坪 俊昭, 藤元 登四郎, 花谷 亮典, 有田 和徳 .  海綿状血管腫摘出術後に生じた薬剤抵抗性てんかんに対する外科治療 .  てんかん研究  2018年1月  (一社)日本てんかん学会

  • 丸山 慎介, 花谷 亮典, 細山 浩史, 大坪 俊昭, 河野 嘉文, 有田 和徳 .  早期外科治療を行った限局性皮質異形成の1男児例 .  てんかん研究  2017年1月  (一社)日本てんかん学会

  • 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 樫田 祐美, 丸山 慎介, 佐藤 雅紀, 藤元 登四郎, 有田 和徳 .  抗てんかん薬内服時と非内服時で側方性が異なった側頭葉てんかんの1例 .  てんかん研究  2017年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 丸山 慎介, 馬場 悠生, 細山 浩史, 花谷 亮典 .  当院小児科におけるペランパネル導入例の効果について .  てんかん研究  2018年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 馬場 悠生, 米衛 ちひろ, 丸山 慎介, 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 河野 嘉文 .  当院での難治性てんかんの小児に対する脳梁離断術の検討 .  日本小児科学会雑誌  2020年8月  (公社)日本小児科学会

  • 馬場 悠生, 米衛 ちひろ, 丸山 慎介, 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭 .  当院での小児に対する脳梁離断術の検討 .  てんかん研究  2019年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 吉国 ひかる, 波野 史典, 松井 宏樹, 成 千代子, 樋渡 千愛, 岡山 英樹, 野口 慶久, 花谷 亮典 .  当院てんかんセンターにおける検査部の取り組みについて .  日臨技九州支部医学検査学会  2017年10月  日臨技九州支部医学検査学会

  • 花谷 亮典 .  小児難治性てんかんに対する外科治療 .  日本小児科学会雑誌  2017年12月  (公社)日本小児科学会

  • 花田 朋子, 花谷 亮典, 米澤 大, 吉本 幸司 .  円蓋部髄膜腫術後2年の経過で診断された痙攣性発声障害の1例 .  日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集  2019年12月  (一社)日本定位・機能神経外科学会

  • 馬場 悠生, 丸山 慎介, 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 有田 和徳, 河野 嘉文 .  乳児期早期のてんかん外科手術で発作消失した皮質形成異常の2例 .  日本小児科学会雑誌  2017年12月  (公社)日本小児科学会

  • 丸山 慎介, 花谷 亮典, 佐藤 雅紀, 細山 浩史, 米衛 ちひろ, 佐野 のぞみ, 大坪 俊昭, 吉本 幸司 .  てんかん発作群発に対する迷走神経刺激術が奏功した1例 .  てんかん研究  2019年1月  (一社)日本てんかん学会

  • 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 樫田 祐美, 佐藤 雅紀, 丸山 慎介, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  てんかん発作と判断し難い発作に対する診断的治療介入の意義 .  てんかん研究  2018年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 細山 浩史, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 樫田 祐美, 佐藤 雅紀, 丸山 慎介, 吉本 幸司 .  てんかん発作と判断し難い発作に対する診断的治療介入 .  てんかん研究  2019年1月  (一社)日本てんかん学会

  • 佐藤 雅紀, 細山 浩史, 樫田 祐美, 花谷 亮典, 大坪 俊昭, 丸山 慎介, 有田 和徳 .  てんかん外科手術前後における就学・就労状況の変化 .  てんかん研究  2017年9月  (一社)日本てんかん学会

  • 花谷 亮典, 細山 浩史, 佐藤 雅紀, 馬場 悠生, 米衛 ちひろ, 大坪 俊昭, 吉本 幸司 .  Wadaテストを用いた記銘優位半球評価による薬剤抵抗性側頭葉てんかんの焦点側と術後転帰の予測 .  てんかん研究  2019年9月  (一社)日本てんかん学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 小児タオパチーに伴うてんかん原性病変におけるてんかん原性獲得機序の解明

    研究課題/領域番号:19K09460  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • 内因性光学的計測法を用いた脳神経手術支援技術の創出

    研究課題/領域番号:18K19933  2018年6月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

  • 磁気刺激介入による失語症治療法確立を目的とした臨床的研究

    研究課題/領域番号:16K10791  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

  • 難治性てんかんにおけるSV2Aおよびシナプス小胞放出機構障害の検討

    研究課題/領域番号:24592169  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  科学研究費補助金

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

  • ヒトの言語ー運動連関のメカニズムの磁気刺激を用いた解明および機能回復への応用

    研究課題/領域番号:24591301  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

  • Web会議、ITカルテシステムを用いた脳神経外科診療・教育ネットワークの形成

    研究課題/領域番号:23590605  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    Web会議、ITカルテシステムを用いた脳神経外科診療・教育ネットワークの形成

  • ノダてんかんラット(NER)の発作型同定と発作モニタリング法の確立

    研究課題/領域番号:14771336  2002年4月 - 2004年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2700000円 ( 直接経費:2700000円 )

    ノダてんかんラット(NER)の発作型同定と発作モニタリング法の確立

▼全件表示