2022/06/02 更新

写真a

オカモト ミカ
岡本 実佳
OKAMOTO Mika
所属
総合科学域共同学系 先端科学研究推進センター 特任教授
医歯学域医学系 医学部  
職名
特任教授

学位

  • 博士(医学) ( 1997年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • HIV-1

  • AIDS

  • SARS-CoV-2

  • COVID-19

  • diagnostics

  • medicine

  • treatment

  • gene therapy

  • BVDV

  • HCV

  • HTLV-1

  • ATL

  • compound

  • antiviral

研究分野

  • ライフサイエンス / ウイルス学  / HIV-1, AIDS, SARS-CoV-2, COVID-19, HTLV-1, ATL, BVDV, HCV, 薬剤、治療、遺伝子治療

学歴

  • 鹿児島大学   大学院 医学研究科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 福島県立医科大学   医学部   医学科

    - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   准教授

    2013年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医学部附属難治性ウイルス疾患研究センター   講師

    2003年1月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • (英国)医学研究評議会   分子生物学研究所   研究員

    2002年1月 - 2002年5月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 鹿児島大学   医学部附属難治性ウイルス疾患研究センター   助手

    2001年5月 - 2001年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ルーバンカソリック大学   レガ医学研究所   研究員

    2000年5月 - 2001年4月

      詳細を見る

    国名:ベルギー王国

  • 鹿児島大学   医学部附属難治性ウイルス疾患研究センター   研究員

    1997年5月 - 2000年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本ウイルス学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際抗ウイルス学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本エイズ学会

    2015年10月 - 現在

留学歴

  • 2002年1月 - 2002年5月   Medical Research Council Laboratory of Molecular Biology(英国)   客員研究員

  • 2000年5月 - 2001年5月   ルーバンカトリック大学 レガ医学研究所(ベルギー)   客員研究員

 

論文

  • Okamoto M, Toyama M, Baba M. .  The chemokine receptor antagonist cenicriviroc inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro .  Antiviral Research182   104902   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antiviral Research  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2020.104902

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M, Chono H, Hidaka A, Toyama M, Mineno J, Baba M. .  Induction of E. coli-derived endonuclease MazF suppresses HIV-1 production and causes apoptosis in latently infected cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications530 ( 3 ) 597 - 602   2020年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.07.103

    Scopus

    PubMed

  • Yokota R, Hashimoto S, Watanabe I, Kishimoto S, Toyama M, Okamoto M, Yoshimitsu M, Ishitsuka K, Ito Y, Baba M. .  Novel anti-CD70 antibody drug conjugate for the treatment of adult T-cell leukemia (ATL) .  Anticancer Research40 ( 8 ) 4471 - 4479   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14452

    Scopus

    PubMed

  • Furukawa Y, Hamada H, Kamikawaji K, Unoki T, Inoue H, Tashiro Y, Okamoto M, Baba M, Hashiguchi T. .  Successful treatment of an AIDS patient with prolonged Mycobacterium avium bacteremia, high HIV RNA, HBV infection, Kaposi's sarcoma and cytomegalovirus retinitis .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 2 ) 279 - 281   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.08.012

    Scopus

    PubMed

  • Toyama M, Sakakibara N, Takeda M, Okamoto M, Watashi K, Wakita T, Sugiyama M, Mizokami M, Ikeda M, Baba M. .  Pyrimidotriazine derivatives as selective inhibitors of HBV capsid assembly .  Virus Research271   197677   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2019.197677

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Baba M. .  Galectin-3 is involved in HIV-1 expression through NF-κB activation and associated with Tat in latently infected cells .    260   86 - 93   2019年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2018.11.012

    Scopus

    PubMed

  • Baba M, Toyama M, Sakakibara N, Okamoto M, Arima N, Saijo M. .  Establishment of an antiviral assay system and identification of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus inhibitors .  Antivir Chem Chemother.25   83 - 89   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Olufunmilayo G. Oyero, Masaaki Toyama, Naoki Mitsuhiro, Abdulfatah A. Onifade, Akemi Hidaka, Mika Okamoto, Masanori Baba .  SELECTIVE INHIBITION OF HEPATITIS C VIRUS REPLICATION BY ALPHA-ZAM, A Nigella sativa SEED FORMULATION .  African Journal of Traditional, Complementary and Alternative Medicines13   144 - 148   2016年10月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito W, Toyama M, Okamoto M, Ikeda M, Watashi K, Wakita T, Hashimoto Y, Baba M. .  Isolation and characterization of hepatitis C virus resistant to a novel phenanthridinone derivative. .  Antivir Chem Chemother.24   148 - 154   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Hosoya T, Yamamoto M, Hagiwara M, Baba M. .  Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039. .  Antiviral Research123   1 - 4   2015年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakakibara N, Balboni G, Congiu C, Onnis V, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Kato Y, Maruyama T, Toyama M, Okamoto M, Baba M. .  Design, synthesis, and anti-HIV-1 activity of 1-substituted 3-(3,5-dimethylbenzyl)triazine derivatives. .  Antivir Chem Chemother.24   62 - 71   2015年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Design, synthesis, and anti-HIV-1 activity of 1-aromatic methyl-substituted 3-(3,5-dimethylbenzyl)uracil and N-3,5-dimethylbenzyl-substituted urea derivatives .    24   3 - 18   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toyama Masaaki, Aoyama Hiroshi, Mukai Risa, Nakamura Masaharu, Yoshimura Koji, Mika Okamoto, Ohsima Takayuki, Hashimoto Yuichi, Masanori Baba .  A Novel Tetramethylnaphthalene Derivative Selectively Inhibits Adult T-Cell Leukemia (ATL) Cells In Vitro .  Anticancer Research34 ( 4 ) 1771 - 1778   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto Mika, Chono Hideto, Kawano Yasuhiro, Saito Naoki, Tshuda Hiroshi, Inoue Koichi, Kato Ikunoshin, Mineno Junichi, Masanori Baba .  Sustained Inhibition of HIV-1 Replication by Conditional Expression of the E. coli-Derived Endoribonuclease MazF in CD4(+) T cells. .  Human Gene Therapy Methods24   94 - 103   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamasaki Takayuki, Okamoto Mika, Baba Masanori .  Identification of novel inhibitors of human immunodeficiency virus type 1 replication by in silico screening targeting cyclin T1/Tat interaction. .  Antimicribial Agents and Chemotherapy57   1323 - 1331   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toyama Masaaki, Hamasaki Takayuki, Uto Tomofymi, Aoyama Hiroshi, Okamoto Mika, Yuichi Hashimoto, Baba Masanori .  Synergistic inhibition of HTLV-1-infected cell proliferation by combination of cepharanthine and a tetramethylnaphthalene derivative. .  Anticancer Research32   2639 - 2645   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamasaki Takayuki, Toyama Masaaki, Aoyama Hiroshi, Yohann White, Okamoto Mika, Arima Naomichi, Hashimoto Yuichi, Baba Masanori .  Selective Inhibition of HTLV-1-infected Cell Proliferation by a Novel Tetramethylnaphthalene Derivative .  Anticancer Research31   2241 - 2247   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aoyama Hiroshi, Sugita Kazuyuki, Nakamura Masahiko, Aoyama Atsushi, Mohammed T.A. Salim, Okamoto Mika, Baba Masanori, Hashimoto Yuichi .  Fused heterocyclic amido compounds as anti-hepatitis C virus agents .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 19   2675 - 2687   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mohammed T.A. Salim, Aoyama Hiroshi, Sugita Kazuyuki, Watashi Kouichi, Wakita Takaji, Hamasaki Takayuki, Okamoto Mika, Urata Yasuo, Hashimoto Yuichi , Baba Masanori .  Potent and selective inhibition of hepatitis C virus replication by novel phenanthridinone derivatives .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 415   714 - 719   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mohammed T.A. Salim, Goto Yukinori, Hamasaki Takayuki, Okamoto Mika, Aoyama Hiroshi, Hashimoto Yuichi, Simone Musiu, Jan Paeshuyse, Johan Neyts, Matheus Froeyen, Piet Herdewijn, Baba Masanori .  Highly potent and selective inhibition of bovine viral diarrhea virus replication by γ-carboline derivatives .  Antiviral Research83   263 - 268   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Masahiko, Aoyama Atsushi, Mohammed T.A. Salim, Okamoto Mika, Baba Masanori, Miyachi Hiroyuki, Hashimoto Yuichi, Aoyama Hiroshi .  Structural development studies of anti-hepatitis C virus agents with a phenanthridinone skeleton .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 18   2402 - 2411   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mohammed T.A. Salim, Okamoto Mika, Hosoda Shinnosuke, Aoyama Hiroshi, Baba Masanori, Hashimoto Yuichi .  Anti-bovine viral diarrhoea virus activity of novel diphenylmethane derivatives. .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy20   193 - 200   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misawa T, Salim MTA, Okamoto M, Baba M, Aoyama H, Hashomoto Y, Sugita K. .  Synthesis and anti-hepatitis C virus activity of morpholino triazine derivatives. .  Heterocycles81   1419 - 1426   2010年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Sakai M, Goto Y, Salim MTA, Baba C, Goto K, Watashi K, Shimotohno K, Baba M. .  Anti-bovine viral diarrhoea virus and hepatitis C virus activity of the cyclooxygenase inhibitor SC-560. .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy25   47 - 54   2009年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minyi Shia, Xin Wangb, Mika Okamoto, Sonshin Takaoa, Masanori Baba .  Inhibition of porcine endogenous retrovirus (PERV) replication by HIV-1 gene expression inhibitors .  Antiviral Research83 ( 2 ) 201 - 204   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosoda Shinnosuke, Aoyama Hiroshi, Goto Yukinori, Mohammed T.A. Salim, Okamoto Mika, Hashimoto Mariko, Baba Masanori, Hashimoto Yuichi .  Discovery of diphenylmethane analogs as anti-bovine diarrhea viral agents .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 19   3157 - 3161   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aoyama H, Sako K, Sato S, Nakamura M, Miyachi H, Goto Y, Okamoto M, Baba M, Hashimoto Y. .  Polymethylated γ-carbolines with potent anti-bovine viral diarrhea virus (BVDV) activity. .  Heterocycles77   779 - 785   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Baba Masanori, Okamoto Mika, Hamasaki Takayuki, Horai Sawako, Wang Xing, Ito Yuji, Suda Yasuo, Arima Naomichi. .  Highly enhanced expression of CD70 on human T-lymphotropic virus type 1-carrying T-cell lines and adult T-cell leukemia cells. .  Journal of Virology82 ( 8 ) 3843 - 3852   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Xing WANG, Kazunobu YAMOTAKA, Mika OKAMOTO, Satoru IKEDA, Masanori BABA .  Potent and selective inhibition of Tat-dependent HIV-1 replication in chronically infected cells by a novel naphthalene derivative JTK-101. .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy18 ( 4 ) 201 - 211   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Miyake H, Wang X, Okamoto M, Takashima K. .  Isolation and characterization of human immunodeficiency virus type 1 resistant to the small-molecule CCR5 antagonist TAK-652 .  Antimicribial Agents and Chemotherapy51 ( 2 ) 707 - 715   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡本実佳(OKAMOTOMIKA) .  第6回ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞受賞研究宿主細胞因子を標的にしたHIV-1抑制に関する研究(Cellular Factors as Targets for Anti-HIV-1 Chemotherapy) .  日本エイズ学会誌(The Journal of AIDS Research)8 ( 2 ) 92 - 99   2006年5月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Wang X, Baba M. .  HIV-1-infected macrophages induce astrogliosis by SDF-1a and matrix metalloproteinases .  Biochemical and Biophysical Research Communications336 ( 4 ) 1214 - 1220   2005年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang X, Uto T, Sato K, Ide K, Akagi T, Okamoto M, Kaneko T, Akashi M, Baba M. .  Potent activation of antigen-specific T cells by antigen-loaded nanospheres .  Immunology Letters98 ( 1 ) 123 - 130   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang X, Nitanda T, Shi M, Okamoto M, Furukawa T, Sugimoto Y, Akiyama S, Baba M. .  Induction of cellular resistance to nucleoside reverse transcriptase inhibitors by the wild-type breast cancer resistance protein .  Biochemical Pharmacology68 ( 7 ) 1363 - 1370   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Wang X, Debyser Z, De Clercq E, Baba M. .  Establishment of an in vitro assay system mimicking human immunodeficiency virus type 1-induced neural cell death and evaluation of inhibitors thereof .  Journal of Virological Methods108 ( 2 ) 195 - 203   2003年3月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang X, Furukawa T, Nitanda T, Okamoto M, Sugimoto Y, Akiyama S, Baba M. .  Breast cancer resistance protein (BCRP/ABCG2) induces cellular resistance to HIV-1 nucleoside reverse transcriptase inhibitors .  Molecular Pharmacoloy63 ( 1 ) 65 - 72   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang X, Miyake H, Okamoto M, Saito M, Fujiwara J, Tanaka Y, Izumo S, Baba M. .  Inhibition of the Tax-dependent human T-lymphotropic virus type I replication in persistently infected cells by the fluoroquinoline derivative K-37. .  Mol. Pharmacol.61   1359 - 1365   2002年6月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Wang X, Okamoto M, Kawamura M, Izumo S, Baba M. .  Inhibition of human T- lymphotropic virus type I gene expression by the Streptomyces-derived substance EM2487. .  Antiviral Chem. Chemother.13   177 - 183   2002年5月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Okamoto M, Ono M, Baba M. .  Suppression of cytokine production and neural cell death by the anti-inflammatory alkaloid cepharanthine: a potential agent against HIV-1 encephalopathy. .  Biochem. Pharmacol.62   747 - 753   2001年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Okamoto M, Kashiwaba N, Ono M. .  Anti-HIV-1 activity and structure- activity relationship of cepharanoline derivatives in chronically infected cells. .  Antiviral Chem. Chemother.12   307 - 312   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Fujii R, Okamoto M, Aratani S, Oishi T, Ohshima T, Taira K, Baba M, Fukamizu A, Nakajima T. .  A role of RNA helicase A in cis-acting transactivation response element-mediated transcriptional regulation of human immunodeficiency virus type 1. .  J. Biol. Chem.276   5445 - 5451   2001年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto H, Cujec TP, Okamoto M, Peterlin BM, Baba M, Okamoto T. .  Inhibition of the RNA-dependent transactivation and replication of human immunodeficiency virus type 1 by a fluoroquinoline derivative K-37. .  Virology272   402 - 408   2000年7月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Miyake H, Okamoto M, Iizawa Y, Okonogi K. .  Establishment of a CCR5-expressing T-lymphoblastoid cell line highly susceptible to R5 HIV-1. .  AIDS Res. Hum. Retrovir. 16   935 - 941   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiraishi M, Aramaki Y, Seto M, Imoto H, Nishikawa Y, Kanzaki N, Okamoto M, Sawada H, Nishimura O, Baba M, Fujino M. .  Discovery of novel, potent and selective small molecule CCR5 antagonists as anti-HIV-1 agents: synthesis and biological evaluation of anilide derivatives with a quaternary ammonium moiety. .  J. Med. Chem.43   2049 - 2063   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujiwara M, Okamoto M, Okamoto M, Watanabe M, Machida H, Shigeta S, Konno K, Yokota T, Baba M. .  Acridone derivatives are selective inhibitors of HIV-1 replication in chronically infected cells. .  Antiviral Res.43   189 - 199   1999年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Okamoto M, Takeuchi T. .  Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 replication in acutely and chronically infected cells by EM2487, a novel substance produced by a Streptomyces species. .  Antimicrob. Agents Chemother. 43   2350 - 2355   1999年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Nishimura O, Kanzaki N, Okamoto M, Sawada H, Iizawa Y, Shiraishi M, Aramaki Y, Okonigi K, Ogawa Y, Meguro K, Fujino M. .  A small-molecule, nonpeptide CCR5 antagonist with highly potent and selective anti-HIV-1 activity. .  Proc. Natl. Acad. Sci. USA 96   5698 - 5703   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Okamoto T, Baba M. .  Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 replication by combination of transcription inhibitor K-12 and other antiretroviral agents in acutely and chronically infected cells. .  Antimicrob. Agents Chemother. 43   492 - 497   1999年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayakawa T, Kawamura M, Okamoto M, Baba M, Niikawa T, Takehara S, Serizawa T, Akashi M. .  Concanavalin A-immobilized polystyrene nanospheres capture HIV-1 virions and gp120: potential approach towards prevention of viral transmission. .  J. Med. Virol. 56   327 - 331   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Ono M, Baba M. .  Potent inhibition of HIV-1 replication by an anti-inflammatory alkaloid, cepharanthine, in chronically infected monocyte cells. .  AIDS Res. Hum. Retrovir. 14   1239 - 1245   1998年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Okamoto M, Kawamura M, Makino M, Higashida T, Takashi T, Kimura Y, Ikeuchi T, Tetsuka T, Okamoto T. .  Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 replication and cytokine production by fluoroquinoline derivatives. .  Mol. Pharmacol.53   1097 - 1103   1998年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujiwara M, Okamoto M, Ijichi K, Tokuhisa K, Hanasaki Y, Katsuura K, Uemura D, Shigeta S, Konno K, Yokota T, Baba M. .  Upregulation of HIV-1 replication in chronically infected cells by ingenol derivatives. .  Arch. Virol. 143   2003 - 2010   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Yasukawa K, Katsuura K, Baba M. .  Inhibition of interleukin- 6-induced human immunodeficiency virus type 1 expression by anti-gp130 monoclonal antibody. .  Biochem. Mol. Biol. Int.43   733 - 749   1997年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Okamoto M, Makino M, Kimura Y, Ikeuchi T, Sakaguchi T, Okamoto T. .  Potent and selective inhibition of human immunodeficiency virus type 1 transcription by piperazinyloxoquinoline derivatives. .  Antimicrob. Agents Chemother. 41   1250 - 1255   1997年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Makino M, Kitajima I, Maruyama I, Baba M. .  HIV-1-infected myelomonocytic cells are resistant to Fas-mediated apoptosis: Effect of tumor necrosis factor-a on their Fas expression and apoptosis. .  Med. Microbiol. Immunol.186   11 - 17   1997年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto K, Tsunoda R, Okamoto M, Shigeta S, Baba M. .  Stavudine (D4T) selectively induces apoptosis in HIV-1 infected cells. .  AIDS Res. Hum. Retrovir. 13   193 - 199   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Makino M, Yamada K, Nakade K, Yuasa S, Baba M. .  Complete inhibition of viral breakthrough by combination of MKC-442 with AZT during a long-term culture of HIV-1-infected cells. .  Antiviral Res. 31   69 - 77   1996年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asano N, Kizu H, Oseki K, Tomioka E, Matsui K, Okamoto M, Baba M. .  N-alkylated nitrogen-in-the-ring sugars: Coformational basis of inhibition of glycosidases and HIV-1 replication. .  J. Med. Chem. 38   2349 - 2356   1995年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto M, Baba M, Kodama E, Sekine K, Takagi T, Kasukawa R, Shigeta S. .  Detection of hepatitis C virus genome in human serum by multi-targeted polymerase chain reaction. .  J. Med. Virol. 41   6 - 10   1993年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Biomaterials and Drug Delivery toward New Millenium

    Akashi M, Ueno M, Niikawa T, Takehara S, Serizawa T, Kawamura M, Hayakawa T, Okamoto M, Baba M.( 担当: 共著 ,  範囲: Capture of HIV-1 gp120 and virions by lectin-immobilized polystyrene nanospheres.)

    Han Rim Won Publishing Co.  2000年 

     詳細を見る

    担当ページ:633-640   記述言語:英語 著書種別:学術書

知的財産権

  • 抗SARS-CoV-2薬

    馬場昌範、岡本実佳、外山政明、青木 伸、田中智博

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2021/018602  出願日:2021年5月

  • 抗SARS-CoV-2薬

    馬場昌範、岡本実佳、外山政明

     詳細を見る

    出願番号:2020-092322  出願日:2020年5月

  • 抗SARS-CoV-2薬

    馬場昌範、岡本実佳、外山政明、橋本祐一

     詳細を見る

    出願番号:2020-086517  出願日:2020年5月

  • AGENTS FOR KILLING HIV-1-INFECTED CELLS AND APPLICATION THEREOF

    Mika Okamoto

     詳細を見る

    出願番号:US 9,839,645  出願日:2017年12月

    公表番号:US 9,839,645  公表日:2017年12月

    特許番号/登録番号:US 9,839,645  登録日:2017年12月 

    出願国:外国  

  • HIV-1 感染細胞殺傷剤及びその用途

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:PCT/JP2016/051768  出願日:2016年1月

    出願国:国内  

  • HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2015-119111  出願日:2015年6月

    出願国:国内  

  • 成人T細胞白血病治療薬

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2015-80944  出願日:2015年4月

    出願国:国内  

  • HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2015-11506  出願日:2015年1月

    出願国:国内  

  • 成人T細胞白血病治療薬

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2014-186177  出願日:2014年9月

    出願国:国内  

  • 成人T細胞白血病治療薬

    岡本実佳、馬場昌範

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2014-186180  出願日:2014年9月

    出願国:国内  

▼全件表示

受賞

  • 第6回ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞

    2005年12月   日本エイズ学会   宿主細胞因子を標的にしたHIV-1抑制に関する研究

    岡本 実佳

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • エイズ根治療法を目指したHIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する薬剤の開発

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • HIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する薬剤の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    日本医療研究開発機構  AMED橋渡し研究・新規開発シーズ(シーズA) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • HIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する新規薬剤の同定と開発

    2015年4月 - 2016年3月

    日本医療研究開発機構  AMED橋渡し研究・新規シーズ(シーズA) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • RNA分解酵素を発現する新規ウイルスベクターを用いた抗HIV-1効果の検証

    2008年4月 - 2017年3月

    民間企業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • HIV潜伏感染細胞の活性化と標的としたエイズの病態制御に関する研究

    2011年3月 - 2012年4月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • レトロウイルスによる神経傷害機序:HAMとエイズ脳症患者資料を用いた多角的解析

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • HTLV-1感染特異的神経障害機構に基づくLV-1関連脊髄症発症機構の解明

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 大学院医学修士講義「感染と生体防御」

    2021年7月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 大学院医学修士講義「分子薬理学・創薬科学」

    2019年1月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

 

メディア報道

  • NHKスペシャル パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」 テレビ・ラジオ番組

    日本放送協会  NHKスペシャル  2020年12月