2022/05/28 更新

写真a

ミウラ ナオキ
三浦 直樹
MIURA Naoki
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(獣医学) ( 2001年3月   山口大学 )

研究キーワード

  • 比較病態解析

  • 血栓症

  • 腫瘍

  • non-coding RNA

  • microRNA (マイクロRNA)

  • 乳房炎

  • 動物の病気

  • 炎症

  • 疾患マーカー

  • 獣医学

  • 遺伝子導入

  • p53遺伝子

研究分野

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 実験動物学

  • ライフサイエンス / 動物生命科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

学歴

  • 山口大学   大学院連合獣医獣医学研究科【鹿児島大学配属】

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   農学部   獣医学科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部   教授

    2019年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   共同獣医学研究科   教授

    2019年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   農水獣医学域獣医学系   教授

    2019年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   准教授

    2012年4月 - 2019年9月

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   准教授

    2012年4月 - 2019年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   農学部 附属動物病院   准教授

    2008年4月 - 2012年3月

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科   主任研究員

    2006年12月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ケンタッキー大学   Gluck馬研究所(農学部)   研究員

    2003年5月 - 2006年11月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  • コーネル大学   Barker研究所(獣医学部)   研究員

    2002年4月 - 2003年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本分子生物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医師会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2015年10月 - 現在

委員歴

  • 日本獣医学会   評議員  

    2021年9月 - 2023年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Veterinary Record, Case Reports   Editorial member-Associate Editor-Diagnostic imaging  

    2016年 - 現在   

  • Frontier in Veterinary Science   Review Editor  

    2021年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • Journal of Veterinary Medical and One Health Research   Editorial member  

    2019年 - 現在   

留学歴

  • 2003年5月 - 2006年11月   ケンタッキー大学(University of Kentucky)   ポスドク

  • 2002年4月 - 2003年4月   コーネル大学(Cornell University)   ポスドク

  • 2014年2月 - 2014年3月   ケンタッキー大学(University of Kentucky)   研究者

 

論文

  • Chen H.W. .  Micro RNA differential expression profile in canine mammary gland tumor by next generation sequencing .  Gene818   146237   2022年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gene  

    DOI: 10.1016/j.gene.2022.146237

    Scopus

    PubMed

  • Ozawa T, Miura N, Hasegawa H, Uemura T, Nakamoto Y, Tsujio M, Takeuchi T, Shiraishi M .  Characteristics and outcome of suspected cerebrovascular disease in dogs: 66 cases (2009-2016) .  Journal of Small Animal Practice63 ( 1 ) 45 - 51   2021年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Small Animal Practice  

    DOI: 10.1111/jsap.13422

    Scopus

  • Husna AA, Rahman MM, Lai YC, Chen HW, Hasan MN, Nakagawa T, Miura N* .  Identification of melanoma-specific exosomal miRNAs as the potential biomarker for canine oral melanoma .  Pigment Cell and Melanoma Research34 ( 6 ) 1062 - 1073   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pigment Cell and Melanoma Research  

    DOI: 10.1111/pcmr.13000

    Scopus

    PubMed

  • Hino Y, Rahman MM, Lai YC, Husna AA, Chen HW, Hasan MN, Nakagawa T, Miura N* .  Hypoxic miRNAs expression are different between primary and metastatic melanoma cells .  Gene782   145552 - 145552   2021年5月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gene  

    DOI: 10.1016/j.gene.2021.145552

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimura A, Ohmori T, Itou K, Ishi R, Matsumura Y, Wada Y, Kishimoto M, Iwanaga T, Miura N, Suzuki K, Fukushima R .  Histopathological changes in the pancreas due to decreased pancreatic blood flow in a canine tachycardia-induced cardiomyopathy model .  J Vet Med Sci83 ( 5 ) 780 - 783   2021年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>In dogs, pancreatic acinar cell injury is thought to be caused by decreased pancreatic blood flow due to heart failure. In previous our report, it demonstrated that decreased heart function causes a significant decrease in pancreatic blood flow in heart failure dog model caused by rapid ventricular pacing (RVP). However, the types of histopathological changes remain unclear. We aimed to verify the types of histopathological changes occurring in the pancreatic tissue due to decreased heart function. After RVP for 4 weeks, atrophy of pancreatic acinar cells, characterized by a decrease in zymogen granules, was observed in all areas of the pancreas. In conclusion, the result of this study suggests that attention should be paid to ischemia/hypoperfusion injury in the pancreas.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0409

    Scopus

    PubMed

  • Iwanaga T, Fukushima R, Nagasato T, Maruyama I, Miura N .  Analysis of blood clotting with the total thrombus analysis system in healthy dogs .  J Vet Diagn Invest32 ( 2 ) 357 - 361   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1040638721991862

  • Ijiri M. Lai YC, Kawaguchi H, Fujimoto Y, Miura N, Matsuo T, Tanimoto A .  NR6A1 allelic frequencies as an index for both miniaturizing and increasing pig body size .  In Vivo35 ( 1 ) 163 - 167   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:In Vivo  

    DOI: 10.21873/INVIVO.12244

    Scopus

    PubMed

  • Nakatomi K, Ueno H, Ishikawa Y, Salim RC, Mori Y, Kanemoto I, Tancharoen S, Kikuchi K, Miura N, Omori T Okuda-Ashitaka E, Matsumura K, Imaizumi H, Motomiya Y, Maruyama I, Kawahara K .  TLR4/MD-2 is a receptor for extracellular nucleophosmin 1 .    14 ( 2 ) 21   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/br.2020.1397

  • Lai YC, Habiby GH, Jasing Pathiranage CC, Rahman MM, Chen HW, Husna AA, Kubota C, Miura N .  Bovine serum miR-21 expression affected by mastitis. .  Res Vet Sci135   290 - 292   2020年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2020.10.001

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/33162110

  • Kake S, Kawaguchi H, Nagasato T, Yamada T, Ito T, Maruyama I, Miura N*, Tanimoto A .  Association Between HMGB1 and Thrombogenesis in a Hyperlipaemia-induced Microminipig Model of Atherosclerosis .  In Vivo34 ( 4 ) 1871 - 1874   2020年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11982

  • Iwanaga T. .  A Novel Microchip Flow Chamber (Total Thrombus Analysis System) to Assess Canine Hemostasis .  Frontiers in Veterinary Science7   307   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science  

    DOI: 10.3389/fvets.2020.00307

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimura, A. Ohmori, T. Yamada, S. Kawaguchi, T. Kishimoto, M. Iwanaga, T. Miura, N. Fukushima, R. .  Comparison of pancreatic and renal blood flow in a canine tachycardia-induced cardiomyopathy model .  J Vet Med Sci   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamazaki, H. Tanaka, T. Mie, K. Nishida, H. Miura, N. Akiyoshi, H. .  Assessment of postoperative adjuvant treatment using toceranib phosphate against adenocarcinoma in dogs .  J Vet Intern Med   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jvim.15768

  • Rahman, M. Lai, Y. C. Husna, A. A. Chen, H. W. Tanaka, Y. Kawaguchi, H. Hatai, H. Miyoshi, N. Nakagawa, T. Fukushima, R. Miura, N. .  Aberrantly expressed snoRNA, snRNA, piRNA and tRFs in canine melanoma .  Vet Comp Oncol   2019年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/vco.12558

  • Lai YC, Lai YT, Rahman MM, Chen HW, Husna AA, Fujikawa T, Ando T, Kitahara G, Koiwa M, Kubota C, Miura N. .  Bovine milk transcriptome analysis reveals microRNAs and RNU2 involved in mastitis .  FEBS J287 ( 9 ) 1899 - 1918   2019年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.15114

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31663680

  • Rahman MM, Lai YC, Husna AA, Chen HW, Tanaka Y, Kawaguchi H, Hatai H, Miyoshi N, Nakagawa T, Fukushima R, Miura N. .  Transcriptome analysis of dog oral melanoma and its oncogenic analogy with human melanoma .  Oncol Rep   2019年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2019.7391

  • Rahman MM, Lai YC, Husna AA, Chen HW, Tanaka Y, Kawaguchi H, Miyoshi N, Nakagawa T, Fukushima R, Miura N .  Micro RNA Transcriptome Profile in Canine Oral Melanoma. .  Int J Mol Sci20 ( 19 )   2019年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms20194832

  • Kawaguchi H, Horie M, Onoue K, Noguchi M, Akioka K, Masatani T, Miura N, Ozawa M, Tanimoto A .  Development of a Model of Porcine Epidemic Diarrhea in Microminipigs .  Vet Pathol56 ( 5 ) 711 - 714   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0300985819839236

  • Yamada Shusaku, Hirao Daiki, Miura Naoki, Iwanaga Tomoko, Kawaguchi Takae, Yoshimura Aritada, Oomori Takahiro, Nagasato Tomoka, Maruyama Ikuro, Fukushima Ryuji .  急速心房ペーシング後の急性期における心房内と末梢領域における血液凝固性の比較(Comparison between blood coagulability in the intra-atrial and peripheral regions during the acute phase after rapid atrial pacing) .  Experimental Animals68 ( 2 ) 137 - 146   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    微少循環系の血流の血栓形成を総合的に評価できる総合的血栓形成評価システム(T-TAS)を用いて、心房細動を模したイヌ実験モデルの急速心房ペーシング(RAP)直後の心房内と末梢領域における血液凝固を比較した。その結果、ペーシング30分後の心房血では、ARチップ(凝固系と血小板のミックスした血栓分析のためのチップ)による+10kPaまでの凝固機能評価時間(T10)と閉塞時間(OT)の両方が、ペーシング前に比べて有意に短縮した。ペーシング30分後の心房血のPLチップ(血小板血栓分析のためのチップ)によるOTは、ペーシング前に比べて有意に短縮した。一方、末梢血ではARチップとOTチップによる、T10でもOTでもRAPによって有意な変化はなかった。以上、RAP発症30分後には血液凝集の上昇が示唆されたことから、末梢血での凝集性に変化がなかったとしても、心房細動後早期に抗血栓治療を始めたほうが良いと考えられた。

  • Ushio N, Rahman MM, Maemura T, Lai YC, Iwanaga T, Kawaguchi H, Miyoshi N, Momoi Y, Miura N .  Identification of dysregulated microRNAs in canine malignant melanoma. .  Oncol Lett 17 ( 1 ) 1080 - 1088   2019年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.9692

  • Yamada S. Hirao D. Miura N. Iwanaga T. Kawaguchi T. Yoshimura A. Oomori T. Nagasato T. Maruyama I. Fukushima R. .  Comparison between blood coagulability in the intra-atrial and peripheral regions during the acute phase after rapid atrial pacing .  Exp Anim   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.18-0100

  • Rahman MM. Amin KB. Rahman SMM. Khair A. Rahman M. Hossain A. Rahman A. Parvez MS. Miura N. Alam MM. .  Investigation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus among clinical isolates from humans and animals by culture methods and multiplex PCR .  BMC Vet Res14 ( 1 ) 300   2018年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12917-018-1611-0

  • Yamada S. Hirao D. Miura N. Iwanaga T. Kawaguchi T. Yoshimura A. Oomori T. Nagasato T. Maruyama I. Fukushima R. .  Comparison of chronological changes in blood characteristics in the atrium and peripheral vessels after the development of non-valvular atrial fibrillation .  Thromb Res171   31 - 37   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2018.09.040

  • Kakihana Y. Kamikokuryo C. Furubeppu H. Madokoro Y. Futatsuki T. Miyamoto S. Haraura H. Hatanaka K. Eguchi T. Saitoh Y. Miura N. Suzuki H. Ueda Y. Yasuda T. Ito T. .  Monitoring of Brain Oxygenation During and After Cardiopulmonary Resuscitation: A Prospective Porcine Study .  Adv Exp Med Biol1072   583 - 590   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-91287-5_14

  • Lai Y.C. .  Aberrant expression of microRNAs and the miR-1/MET pathway in canine hepatocellular carcinoma .  Veterinary and Comparative Oncology16 ( 2 ) 288 - 296   2018年6月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary and Comparative Oncology  

    DOI: 10.1111/vco.12379

    Scopus

  • Abe M, Kawaguchi H, Miura N, Akioka K, Ushikai M, Oi S, Yukawa A, Yoshikawa T, Izumi H, Horiuchi M. .  Diurnal Variation of Melatonin Concentration in the Cerebrospinal Fluid of Unanesthetized Microminipig .  In Vivo32 ( 3 ) 583 - 590   2018年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.1127

  • 三浦 直樹 .  牛のレントゲン撮影の基礎とピットフォール .  産業動物臨床医学雑誌8 ( 0 ) 269 - 275   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本家畜臨床学会  

    <p> 近年の画像検査の進歩は目覚ましい.産業動物医療でも,レントゲン検査のデジタル化が進み,フィールドでのレントゲン検査の機会も増加している.正しいレントゲン撮影と判読を行うことで,より正確で有用な情報が得られる.本稿では,レントゲン検査の撮像条件による画像の違い,読影時に必要な4 つのピットフォール(落とし穴),実際の臨床例での画像の読影のポイントを解説する.</p>

    DOI: 10.4190/jjlac.8.269

  • 三浦 直樹 .  CT検査で骨病変を確認した多発性骨髄腫の犬の症例 .  伴侶動物画像診断2 ( 6 ) 68 - 75   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)緑書房  

  • Yamada Sohsuke, Kawaguchi Hiroaki, Yamada Tomonobu, Guo Xin, Matsuo Kei, Hamada Taiji, Miura Naoki, Tasaki Takashi, Tanimoto Akihide .  コール酸はマイクロミニピッグにおける内臓脂肪症、アテローム性動脈硬化症、非アルコール性脂肪性肝疾患を悪化させる(Cholic Acid Enhances Visceral Adiposity, Atherosclerosis and Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Microminipigs) .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis24 ( 11 ) 1150 - 1166   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    マイクロミニピッグ(μMP)を用いて、肥満、血清脂質代謝、アテローム性動脈硬化、肝傷害、肝臓、全身マクロファージ活性化に対するコール酸(CA)の影響を評価した。μMPを高脂肪/高コレステロール食(HcD)群、HcDに0.7%CAを添加(HcD+CA)群に分け、8週間飼育した。飼育前後に腹部CTを行い、血糖値、血球数、血液化学、リポ蛋白質値、血圧を測定した。全器官を切除して組織学的および免疫組織化学検査を行った。mRNA発現をリアルタイムPCRで定量した。HcD+CA群はHcD群よりも内臓脂肪症、アテローム性動脈硬化の進行、高血清酸化ストレスマーカー値を示したが、血清脂質値は同じであった。肝臓では脂質蓄積が増加し、酸化ストレスマーカーの発現が高く、泡沫性クッパー細胞と星状細胞の活性化が促進し、肝細胞アポトーシスが増加し、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を示した。HcD+CA群では網内系、肺毛細血管、皮膚を含む種々の器官で泡沫性マクロファージの動員が観察された。CAは局所的および全身での酸化ストレスと炎症性サイトカインを発現亢進させ、種々の器官でのマクロファージを活性化させ、内臓型肥満、アテローム性動脈硬化、NAFLDを促進させた。

  • Lai YC, Fujikawa T, Ando T, Kitahara G, Koiwa M, Kubota C, Miura N. .  Rapid Communication: MiR-92a as a housekeeping gene for analysis of bovine mastitis-related microRNA in milk .  J Anim Sci95 ( 6 ) 2732 - 2735   2017年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2527/jas.2017.1384

  • Yamazaki Hiroki, Miura Naoki, Lai Yu-Chang, Takahashi Masashi, Goto-Koshino Yuko, Momoi Yasuyuki, Nakaichi Munekazu, Tsujimoto Hajime, Setoguchi Asuka, Endo Yasuyuki .  犬における多剤耐性リンパ腫に対するリン酸トセラニブ(パラディア)の効果(Effects of toceranib phosphate(Palladia) monotherapy on multidrug resistant lymphoma in dogs) .  The Journal of Veterinary Medical Science79 ( 7 ) 1225 - 1229   2017年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Yamazaki H, Miura N, Lai YC, Takahashi M, Goto-Koshino Y, Yasuyuki M, Nakaichi M, Tsujimoto H, Setoguchi A, Endo Y. .  Effects of toceranib phosphate (Palladia) monotherapy on multidrug resistant lymphoma in dogs .  J Vet Med Sci79 ( 7 ) 1225 - 1229   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.16-0457

  • Zahorul Islam M, Kawaguchi H, Miura N, Miyoshi N, Yamazaki-Himeno E, Shiraishi M, Miyamoto A, Tanimoto A. .  Hypertension alters the endothelial-dependent biphasic response of bradykinin in isolated Microminipig basilar artery .  Microvasc Res114   52 - 57   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mvr.2017.06.001

  • Lai YC, Fujikawa T, Maemura T, Ando T, Kitahara G, Endo Y, Yamato O, Koiwa M, Kubota C, Miura N. .  Inflammation-related microRNA expression level in the bovine milk is affected by mastitis .  PLoS One12 ( 5 ) e0177182   2017年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0177182

  • Yamazaki H, Lai YC, Tateno M, Setoguchi A, Goto-Koshino Y, Endo Y, Nakaichi M, Tsujimoto H, Miura N. .  Hypoxia-activated prodrug TH-302 decreased survival rate of canine lymphoma cells under hypoxic condition .  PLoS One12 ( 5 ) e0177305   2017年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0177305

  • Kikuchi K. .  Edaravone, a synthetic free radical scavenger, enhances alteplase-mediated thrombolysis .  Oxidative Medicine and Cellular Longevity2017   6873281   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oxidative Medicine and Cellular Longevity  

    DOI: 10.1155/2017/6873281

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Hosokawa K, Ohnishi-Wada T, Sameshima-Kaneko H, Nagasato T, Miura N, Kikuchi K, Koide T,Maruyama I, Urano T. .  Plasminogen activator inhibitor type 1 in platelets induces thrombogenicity by increasing thrombolysis resistance under shear stress in an in-vitro flow chamber model .  Thromb Res.146   69 - 75   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山﨑 裕毅, 川畑 貴裕, 澤  真理子, 賴 昱璋, 矢吹 映, 三浦 直樹 .  縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例 .  日本獣医師会雑誌 69 ( 6 ) 333 - 338   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 藤川 拓郎, 永野 理樹, 和田 三枝, 齋藤 靖生, 乙丸 孝之介, 三浦 直樹, 藤木 誠, 窪田 力 .  娩出時肋骨骨折に起因した気管狭窄による呼吸不全子牛の8症例. .  日本獣医師会雑誌 69 ( 5 ) 267 - 270   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山崎 裕毅, 川畑 貴裕, 澤 真理子, 頼 いく璋, 矢吹 映, 三浦 直樹 .  縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例 .  日本獣医師会雑誌69 ( 6 ) 333 - 338   2016年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

    胸水と呼吸困難を主訴に10ヵ月齢、未避妊雌のミニチュアダックスが鹿児島大学附属動物病院を受診した。CT検査より、造影増強された前縦隔の腫瘤性病変と肝腫大が描出された。その後の細針生検とクロナリティー検査から肝浸潤を呈した縦隔型T細胞性リンパ腫と診断した。本疾患に対して多剤併用療法(UW-25)を試みたが、治療効果が得られなかった。そこで、腫瘍検体を定量性PCRによる遺伝子解析に供したところ、多剤耐性因子(ABCB1とABCG2)及び血管新生因子受容体(VEGFR2とPDGFRα)の遺伝子発現量が高値を示したため、VEGFR2とPDGFRαを治療標的因子と判断し、リン酸トセラニブとCCNUによる救済療法を開始した。その結果、腫瘍縮小がみられ、一般状態も良好に維持できたが、初診から36日目に呼吸困難を呈し、自宅で斃死した。死後の剖検より、T細胞性リンパ腫が確定された。(著者抄録)

  • 川口 博明, 笹竹 洋, 野口 倫子, 秋岡 幸兵, 三浦 直樹, 武石 嘉一朗, 堀内 正久, 谷本 昭英 .  犬の輸送ストレス軽減のための新規鍼治療の試み. .  日本獣医師会雑誌 69 ( 3 ) 143 - 146   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morishita S, Kawaguchi H, Ono T, Miura N, Murakoshi M, Sugiyama K, Kato H, Tanimoto A, Nishino H. .  Enteric lactoferrin attenuates the development of high-fat and high-cholesterol diet-induced hypercholesterolemia and atherosclerosis in Microminipigs. .  Biosci Biotechnol Biochem.80 ( 2 ) 295 - 303   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morishita Satoru, Kawaguchi Hiroaki, Ono Tomoji, Miura Naoki, Murakoshi Michiaki, Sugiyama Keikichi, Kato Hisanori, Tanimoto Akihide, Nishino Hoyoku .  マイクロミニブタにおいて、腸溶性ラクトフェリンは高脂肪高コレステロール食による高コレステロール血症と粥状動脈硬化症の進行を減弱させる(Enteric lactoferrin attenuates the development of high-fat and high-cholesterol diet-induced hypercholesterolemia and atherosclerosis in Microminipigs) .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry80 ( 2 ) 295 - 303   2016年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本農芸化学会  

    マイクロミニブタに8週間腸溶性ラクトフェリン(eLF)を経口摂取させたところ、高脂肪高コレステロール食(HFCD)による血清の総コレステロール値とLDL-コレステロール値の上昇が著しく減弱したが、HDL-コレステロールは変化しなかった。血管の組織検査より、eLFにより全身の粥状動脈硬化の進行が阻害されていた。eLF投与に特徴的な肝臓の遺伝子による経路分析では、ステロイド生合成経路に有意な変化が起こり、これらの遺伝子はすべて上方制御されていた。すなわち、HFCDにより阻害されたコレステロール合成がeLFにより回復したことが示唆された。以上より、eLFはHFCDによるコレステロール代謝異常からホメオスタシスを防御することにより、高コレステロール血症と粥状動脈硬化症を防ぐことが示唆された。

  • 山崎 裕毅, 川畑 貴裕, 頼 いく璋, 三浦 直樹 .  症例から学ぶシリーズ 縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例 .  Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology12 ( 1 ) 99 - 102   2016年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ファームプレス  

  • 川口 博明, 笹竹 洋, 野口 倫子, 秋岡 幸兵, 三浦 直樹, 武石 嘉一朗, 堀内 正久, 谷本 昭英 .  犬の輸送ストレス軽減のための新規鍼治療の試み .  日本獣医師会雑誌69 ( 3 ) 143 - 146   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    近年,動物の乗り物による移動の機会が増えている.動物福祉の観点から,輸送ストレスを軽減する対策が必要になってきている.今回,輸送ストレスによる乗り物酔い症状(嘔吐,流涎,元気消失)を示す11頭の犬に対して,より副作用の少ない輸送ストレス軽減のための新規鍼治療を試みた.この鍼治療は円皮鍼という貼り付けるタイプの鍼を経穴「耳尖(じせん)」に装着する簡便な方法であり,全例の嘔吐,流涎,元気消失を抑制した.今後,獣医診療に鍼治療が利用されていくことが期待される.

    DOI: 10.12935/jvma.69.143

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01104&link_issn=&doc_id=20160318440004&doc_link_id=10.12935%2Fjvma.69.143&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.12935%2Fjvma.69.143&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 山﨑 裕毅, 川畑 貴裕, 澤 真理子, 賴 昱璋, 矢吹 映, 三浦 直樹 .  縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例 .  日本獣医師会雑誌69 ( 6 ) 333 - 338   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    胸水と呼吸困難を主訴に10カ月齢,未避妊雌のミニチュアダックスが鹿児島大学附属動物病院を受診した.CT検査より,造影増強された前縦隔の腫瘤性病変と肝腫大が描出された.その後の細針生検とクロナリティー検査から肝浸潤を呈した縦隔型T細胞性リンパ腫と診断した.本疾患に対して多剤併用療法(UW-25)を試みたが,治療効果が得られなかった.そこで,腫瘍検体を定量性PCRによる遺伝子解析に供したところ,多剤耐性因子(ABCB1とABCG2)及び血管新生因子受容体(VEGFR2とPDGFRα)の遺伝子発現量が高値を示したため,VEGFR2とPDGFRαを治療標的因子と判断し,リン酸トセラニブとCCNUによる救済療法を開始した.その結果,腫瘍縮小がみられ,一般状態も良好に維持できたが,初診から36日目に呼吸困難を呈し,自宅で斃死した.死後の剖検より,T細胞性リンパ腫が確定された.

    DOI: 10.12935/jvma.69.333

  • 藤川 拓郎, 永野 理樹, 和田 三枝, 齋藤 靖生, 乙丸 孝之介, 三浦 直樹, 藤木 誠, 窪田 力 .  娩出時肋骨骨折に起因した気管狭窄による呼吸不全子牛の8症例 .  日本獣医師会雑誌69 ( 5 ) 267 - 270   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    肋骨骨折に起因した気管狭窄により呼吸不全に陥った黒毛和種子牛8頭が鹿児島大学附属動物病院に搬入された.症例は14〜65日齢の黒毛和種子牛で,臨床症状は1週齢以降にみられた発咳と喘鳴であった.全症例で分娩時に牽引介助が行われていた.X線検査で気管の狭窄が認められ,CT検査では肋骨骨折端の胸腔内への突出及び骨折部の不正癒合部が気管を圧迫していた.これらから,呼吸不全は分娩時の肋骨骨折による気管狭窄によるものと考えられた.治療は気管圧迫が強い側の肋骨遠位の部分切除を行った.全症例で手術翌日より呼吸様式の改善がみられ,手術14日後までに退院した.新生子牛の肋骨骨折による呼吸不全に対して,X線検査・CT検査で気管狭窄と気管を圧迫する肋骨骨折部位を確定して,切除すれば,気管の圧迫が解除されて良好な予後が得られることがわかった.

    DOI: 10.12935/jvma.69.267

  • 松永 文, 山﨑 裕毅, 徳永 暁, 十川 英, 瀬戸口 明日香, 三浦 直樹 .  炎症を伴った軟部組織原発性リンパ腫の猫2例 .  日本獣医師会雑誌69 ( 12 ) 741 - 746   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    <p>前肢の腫脹と疼痛を呈した猫2例が鹿児島大学附属動物病院を受診した.2例の臨床所見は外傷性炎症疾患と類似していたが,パンチ生検により炎症を伴った軟部組織原発性リンパ腫が確定した.また,2例中1例でCTとMRI検査を実施したところ,腫瘍の浸潤範囲を詳細に描出することができた.2例の病変部はいずれも広範囲に浸潤し,一般状態が低下していたため化学療法を選択した.しかし,抗癌剤投与後に有害作用と思われる高アンモニア血症を呈し,急速に状態が悪化して死亡した.本腫瘍は炎症徴候を示唆するため,鑑別が困難である.また,急速な病態進行が考えられるため,早期治療のための確実な診断法として組織生検を優先するべきである.</p>

    DOI: 10.12935/jvma.69.741

  • Kohyama M, Yabuki A, Kawasaki Y, Kawaguchi H, Miura N, Kitano Y, Onitsuka T, Rahman MM,Miyoshi N, Yamato O. .  GM2 Gangliosidosis Variant 0 (Sandhoff Disease) in a Mixed-Breed Dog. .  J Am Anim Hosp Assoc51 ( 6 ) 396 - 400   2015年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Otomaru K, Fujikawa T, Saito Y, Ando T, Obi T, Miura N, Kubota C. .  Diagnostic imaging of intra-abdominal cyst in heifer using the computed tomography .  Journal of Veterinary Medical Science. 77 ( 9 ) 1191 - 1193   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Otomaru Konosuke, Fujikawa Takuro, Saito Yasuo, Ando Takaaki, Obi Takeshi, Miura Naoki, Kubota Chikara .  未経産牛における腹腔内嚢胞のコンピュータ断層撮影による診断(Diagnostic imaging of intra-abdominal cyst in heifer using the computed tomography) .  The Journal of Veterinary Medical Science77 ( 9 ) 1191 - 1193   2015年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A. .  Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle. .  In Vivo29 ( 1 ) 17 - 22   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murata D, Miyakoshi D, Hatazoe T, Miura N, Tokunaga S, Fujiki M, Nakayama K, Misumi K. .  Multipotency of equine mesenchymal stem cells derived from synovial fluid. .  Vet J.202 ( 1 ) 53 - 61   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Ayaori M, Uto-Kondo H, Ikegawa M, Noguchi M, Wang KY, Izumi H, Tanimoto A. .  Rapid Development of Atherosclerosis in the World's Smallest Microminipig Fed a High-Fat/High-Cholesterol Diet. .  J Atheroscler Thromb21 ( 3 ) 186 - 203   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murata D. Sogawa T. Tokunaga S. Iwanaga T. Kawaguchi H. Miyoshi N. Momoi Y. Fujiki M. Miura N*(*Corresponding author). .  Ganglion cysts arising from a canine stifle joint. .  J Vet Med Sci76 ( 3 ) 457 - 459   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi Hiroaki, Yamada Tomonobu, Miura Naoki, Ayaori Makoto, Uto-Kondo Harumi, Ikegawa Masaya, Noguchi Michiko, Wang Ke-Yong, Izumi Hiroyuki, Tanimoto Akihide .  高脂肪/高コレステロール食を与えた世界最小のマイクロミニブタにおける動脈硬化の急速な進行 そのサイズとヒトの病態生理学との類似性ゆえに有用な動物モデル(Rapid Development of Atherosclerosis in the World's Smallest Microminipig Fed a High-Fat/High-Cholesterol Diet: A Useful Animal Model Due to its Size and Similarity to Human Pathophysiology) .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis21 ( 3 ) 186 - 203   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    生後3ヵ月で体重が僅か5kgの世界最小のマイクロミニブタ(MMP)を用いて脂質異常症誘発性動脈硬化の動物モデルを開発し、脂質代謝とアテローム形成に関するヒトとの類似性について調べた。MMPにコール酸以外のコレステロールを0.2%以上含む高脂肪/高コレステロール食を8週間与えたところ、高コレステロール血症となり、動脈硬化を発症した。血清のLDL-C値とLDL画分の割合は著しく増加し、LDL受容体とHMG-CoA還元酵素の肝発現は協調的に減少した。MMPの血清よりコレステロール輸送に逆の働きを及ぼすコレステリルエステル転送蛋白質活性を検出した。Niemann-Pick C1様1蛋白は肝臓と小腸で発現したが、肝性apoB mRNA編集酵素は発現しなかった。ヒトと同様、そしてマウスとは対照的に、肝性リパーゼ活性の大半は肝臓に局在していた。

  • Murata Daiki, Sogawa Takeshi, Tokunaga Satoshi, Iwanaga Tomoko, Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Momoi Yasuyuki, Fujiki Makoto, Miura Naoki .  犬の後膝関節に生じたガングリオン嚢胞(Ganglion Cysts Arising from a Canine Stifle Joint) .  The Journal of Veterinary Medical Science76 ( 3 ) 457 - 459   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Akioka K, Kawaguchi H, Kitajima S, Miura N, Noguchi M, Horiuchi M, Miyoshi N, Tanimoto A. .  Investigation of necessity of sodium cholate and minimal required amount of cholesterol for dietary induction of atherosclerosis in microminipigs. .  In Vivo28 ( 1 ) 81 - 90   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosokawa K. Ohnishi T. Sameshima H. Miura N. Koide T. Maruyama I. Tanaka KA. .  Comparative evaluation of direct thrombin and factor Xa inhibitors with antiplatelet agents under flow and static conditions: an in vitro flow chamber model. .  PLoS One9 ( 1 ) e86491   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosokawa K. Ohnishi T. Miura N. Sameshima H. Koide T. Tanaka KA. Maruyama I. .  Antithrombotic effects of PAR1 and PAR4 antagonists evaluated under flow and static conditions. .  Thromb Res133 ( 1 ) 66 - 72   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi Hiroaki, Tanimoto Akihide, Yamada Tomonobu, Miura Naoki, Ayaori Makoto, Uto-Kondo Harumi, Ikegawa Masaya, Noguchi Michiko, Wang Ke-Yong, Izumi Hiroyuki .  Rapid Development of Atherosclerosis in the World's Smallest Microminipig Fed a High-Fat/High-Cholesterol Diet:A Useful Animal Model Due to its Size and Similarity to Human Pathophysiology .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis21 ( 3 ) 186 - 203   2014年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    <b><i>Aim</i></b>: Experimental studies of human atherogenesis require an appropriate animal model that mimics human physiology and pathology. Because swine physiology is similar to human physiology, we developed a hyperlipidemia-induced atherosclerosis model using the recently developed world's smallest Microminipig<sup>TM</sup>.<br><b><i>Methods</i></b>: These animals weigh only 5kg at 3months of age, much smaller than any other miniature pig. We found that the administration of a high-fat/high-cholesterol diet containing at least 0.2% cholesterol without cholic acid for as little as eight weeks induces hypercholesterolemia and subsequent atherosclerosis in these animals.<br><b><i>Results</i></b>: The serum levels of low-density lipoprotein cholesterol(LDL-C) and the percent distribution of cholesterol in the LDL fractions were markedly increased. The hepatic expression of LDL receptor and hydroxymethylglutaryl-CoA reductase was coordinately decreased. The cholesteryl ester transfer protein activity, which plays a role in reverse cholesterol transport, was detected in the serum of the Microminipigs. Niemann-Pick C1-like 1 protein was expressed in both the liver and small intestine; however, hepatic apoB mRNA editing enzyme was not expressed. As in humans, and in contrast to that observed in mice, most of the hepatic lipase activity was localized in the liver. These results suggest that the hyperlipidemia-induced gene expression profile linked to cholesterol homeostasis and atherogenesis is similar in Microminipigs and humans.<br><b><i>Conclusion</i></b>: We conclude that the characteristics of the Microminipig, including its easy handling size, make it an appropriate model for studies of atherosclerosis and related conditions.

    DOI: 10.5551/jat.21246

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Md Zahorul Islam, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Naoki Miura, Akihide Tanimoto .  Angiotensin II decreases bradykinin-induced NO and increases prostaglandin F-2 alpha release from cultured Microminipig basilar arterial endothelial cells .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES124   104P - 104P   2014年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • Tasaki Yumi, Miura Naoki, Iyori Keita, Nishifuji Koji, Endo Yasuyuki, Momoi Yasuyuki .  バベシア症の犬における血管炎様変化を伴う全身脱毛症(Generalized Alopecia with Vasculitis-Like Changes in a Dog with Babesiosis) .  The Journal of Veterinary Medical Science75 ( 10 ) 1367 - 1369   2013年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Miura N, Furukawa M, Magari Y, Momoi Y. .  Cross-Reactivity of the Anti-Human D-Dimer Monoclonal Antibody 1C9-6F10 to Canine Fibrin Degradation Products. .  J Vet Med Sci.75 ( 7 ) 963 - 966   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura Naoki, Furukawa Makoto, Magari Yasuo, Momoi Yasuyuki .  抗ヒトDダイマーモノクローナル抗体1C9-6F10の犬フィブリン分解産物との交差反応性(Cross-Reactivity of the Anti-Human D-dimer Monoclonal Antibody 1C9-6F10 to Canine Fibrin Degradation Products) .  The Journal of Veterinary Medical Science75 ( 7 ) 963 - 966   2013年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Kawaguchi H*, Yamada T*, Miura N(* Equal contribution), Noguchi M, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A. .  Sex Differences in Serum Lipid Profile in Novel Microminipigs. .  In Vivo.27 ( 5 ) 617 - 621   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura N, Kawaguchi H, Nagasato T, Yamada T, Ito T, Izumi H, Shameshima H, Miyoshi N, Tanimoto A, Maruyama I .  Coagulation activity and white thrombus formation in the microminipig. .  In vivo27 ( 3 ) 357 - 361   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshikawa T, Takahashi Y, Kawaguchi H, Utsunomiya S, Miura N, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A. .  A dermal phototoxicity study following intravenous infusion administration of ciprofloxacin hydrochloride in the novel microminipigs. .  Toxicologic pathology41 ( 1 ) 109 - 113   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosokawa K, Ohnishi T, Sameshima H, Miura N, Ito T, Koide T, Maruyama I. .  nalysing responses to aspirin and clopidogrel by measuring platelet thrombus formation under arterial flow conditions. .  Thromb Haemost109 ( 1 ) 102 - 111   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子, 関屋仁, 三浦直樹, 桃井康行. .  咳嗽失神が認められた犬の1例. .  鹿児島県獣医師会会報52   21 - 22   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Miura N, Kawahara KI, Murai Y, Morioka M, Lapchak PA, Tanaka E .  Edaravone (Radicut), a free radical scavenger, is a potentially useful addition to thrombolytic therapy in patients with acute ischemic stroke. .  Biomedical reports1 ( 1 ) 7 - 12   2013年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/br.2012.7

    PubMed

  • Tasaki Y, Miura N, Iyori K, Nishifuji K, Endo Y, Momoi Y .  Generalized Alopecia with Vasculitis-Like Changes in a Dog with Babesiosis. .  J Vet Med Sci75 ( 10 ) 1367 - 1369   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田崎 由実, 伊藤 源太, 三浦 直樹, 田中 美穂, 桃井 康行 .  イヌにおけるシリカ結石の誘発因子と予防 .  ペット栄養学会誌16 ( 2 ) 61 - 66   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ペット栄養学会  

    これまでの研究で、我々は鹿児島県においてシリカ尿結石のイヌが多くみられること、及び県内の水道水中のシリカ濃度は他の地域に比べて著しく高いことを報告した[4]。シリカ結石の発生原因として、飲料水との関連性が示唆されたため、今回、国内のいくつかの地域の水道水中シリカ濃度を測定した。その結果、大分県竹田市、茨城県筑西市付近でシリカ濃度が高いことが判明した。また、シリカ結石が好発している鹿児島県霧島地方の水について高速原子衝撃質量分析(FAB-MS)を用いて解析したところ、シリカ濃度が1mM以上であるにもかかわらず、イオン状に溶解しているシリカが少なく、シリカを析出した後にみられる水の特徴と一致していた。シリカ結石予防の方法としてRO膜型浄水器は水道水中のシリカを除去できるが、家庭に普及している家庭用浄水器では、シリカが除去されないことが明らかになった。また、シリカ好発地域以外のシリカ結石症の要因について調べると、特定のフードとの関連が示唆された。

    DOI: 10.11266/jpan.16.61

  • Kikuchi K. .  Potential of the angiotensin receptor blockers (ARBs) telmisartan, irbesartan, and candesartan for inhibiting the HMGB1/RAGE axis in prevention and acute treatment of stroke .  International Journal of Molecular Sciences14 ( 9 ) 18899 - 18924   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms140918899

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Miyamoto Atsushi, Islam Md. Zahorul, Kawaguchi Hiroaki, Miura Naoki, Yamzaki-Himeno Emi, Shiraishi Mitsuya, Miyoshi Noriaki, Tanimoto Akihide .  Effect of continuous intravenous infusion of angiotensin II on Microminipig basilar arterial responsiveness .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES121   22P   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Hosokawa K. .  Analysing responses to aspirin and clopidogrel by measuring platelet thrombus formation under arterial flow conditions .  Thrombosis and Haemostasis109 ( 1 ) 102 - 111   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Thrombosis and Haemostasis  

    DOI: 10.1160/TH12-06-0441

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • 濱田 亜衣, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  犬の中枢性リンパ腫の遺伝子診断 .  MVM21 ( 7 ) 45 - 48   2012年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ファームプレス  

  • Iwanaga T, Miura N, Miyoshi N, Endo Y, and Momoi Y. .  Abnormal Erythroid Cell Proliferation and Myelofibrosis in a Cat. .  J Vet Med Sci74 ( 7 ) 909 - 912   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Takahashi Y, Yoshikawa T, Izumi H, Kawarasaki T, Miyoshi N, and Tanimoto A. .  Reference Values of Hematological and Biochemical Parameters for the World Smallest Microminipigs. .  J Vet Med Sci74 ( 7 ) 933 - 936   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murata D, Miura N*,(*Corresponding author), Iwanaga T, Tokunaga S, Miyoshi N, Kitano Y, Momoi Y, and Fujiki M, .  CT and MRI Imaging Diagnosis of Epidural Idiopathic Sterile Pyogranulomatous Inflammation in a Dog Spinal Canal. .  J Vet Med Sci74 ( 7 ) 913 - 915   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murata Daiki, Miura Naoki, Iwanaga Tomoko, Tokunaga Satoshi, Miyoshi Noriaki, Kitano Yoshiaki, Momoi Yasuyuki, Fujiki Makoto .  イヌ脊柱管における硬膜外特発性無菌性化膿性肉芽腫性炎症のCTおよびMRIイメージング診断(CT and MRI Imaging Diagnosis of Epidural Idiopathic Sterile Pyogranulomatous Inflammation in a Dog Spinal Canal) .  The Journal of Veterinary Medical Science74 ( 7 ) 913 - 915   2012年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Kawaguchi Hiroaki, Yamada Tomonobu, Miura Naoki, Takahashi Yoshihiro, Yoshikawa Tsuyoshi, Izumi Hiroyuki, Kawarasaki Tatsuo, Miyoshi Noriaki, Tanimoto Akihide .  世界最小ミニブタにおける血液学的および生化学的パラメーターの基準値(Reference Values of Hematological and Biochemical Parameters for the World Smallest Microminipigs) .  The Journal of Veterinary Medical Science74 ( 7 ) 933 - 936   2012年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Iwanaga Tomoko, Miura Naoki, Miyoshi Noriaki, Endo Yasuyuki, Momoi Yasuyuki .  ネコにおける異常赤血球系細胞増殖と骨髄線維症(Abnormal Erythroid Cell Proliferation and Myelofibrosis in a Cat) .  The Journal of Veterinary Medical Science74 ( 7 ) 909 - 912   2012年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • 田崎 由実, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  鹿児島県で多発するイヌのシリカ尿石についての緊急調査 .  ペット栄養学会誌15 ( 1 ) 7 - 11   2012年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本ペット栄養学会  

    シリカ結石はイヌではまれな尿石とされている。今回、我々は鹿児島県を中心にシリカ尿結石について疫学調査を行った。その結果、鹿児島県内の獣医師やオーナーに対するアンケート調査において、鹿児島県を中心とする地域でシリカ尿結石が多くみられ、その発生の要因として飲料水との関係が示唆された。そこで鹿児島県内の水道水中のシリカ濃度を測定したところ、他地域と比較して著しく高値を示した。またミネラルウォーターについても同様に、鹿児島県が採水地の製品でシリカ濃度が高値のものがあった。実験的にシリカを高濃度に含む水道水の飲水により尿中シリカ濃度の上昇は見られなかったが、疫学調査から、シリカ濃度の低い水を飲水として使用することがシリカ結石発生の予防となると推測した。(著者抄録)

  • 三浦 直樹 .  大学病院の二次診療 鹿児島大学農学部附属動物病院<第1回> 当施設における画像診断科の状況ならびにダイナミックCT造影検査の症例紹介 .  CLINIC NOTE8 ( 2 ) 90 - 94   2012年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 田崎 由実, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  鹿児島県で多発するイヌのシリカ尿石についての緊急調査 .  ペット栄養学会誌15 ( 1 ) 7 - 11   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ペット栄養学会  

    シリカ結石はイヌではまれな尿石とされている。今回、我々は鹿児島県を中心にシリカ尿結石について疫学調査を行った。その結果、鹿児島県内の獣医師やオーナーに対するアンケート調査において、鹿児島県を中心とする地域でシリカ尿結石が多くみられ、その発生の要因として飲料水との関係が示唆された。そこで鹿児島県内の水道水中のシリカ濃度を測定したところ、他地域と比較して著しく高値を示した。またミネラルウォーターについても同様に、鹿児島県が採水地の製品でシリカ濃度が高値のものがあった。実験的にシリカを高濃度に含む水道水の飲水により尿中シリカ濃度の上昇は見られなかったが、疫学調査から、シリカ濃度の低い水を飲水として使用することがシリカ結石発生の予防となると推測した。

    DOI: 10.11266/jpan.15.7

  • 田崎 由実, 伊藤 源太, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  犬のシリカ尿結石好発地域におけるシリカ結石の成因と予防方法 .  ペット栄養学会誌15 ( 0 ) Suppl_44 - Suppl_45   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ペット栄養学会  

    シリカ結石はイヌでは比較的まれな尿石とされている。昨年の本学会で、我々は鹿児島県ではシリカ尿結石が多くみられることを報告した。そして、鹿児島県内の水道水中のシリカ濃度は他の地域に較べ著しく高く、シリカ結石発生の要因として飲料水との関係を示唆した。しかし、新たな謎も生じた。鹿児島市内の水道水のシリカ濃度は比較的高いのになぜシリカ結石がほとんど生じないか、シリカの好発地帯ではみな同じ水を飲んでいるのにもかかわらずなぜ一部の犬でシリカ結石が生じるのか、さらに、シリカ好発地域以外では何が原因でシリカ結石が発症するのか、などである。今回はそれらの謎に答えるため各種実験を行い、シリカ発生の機序とその予防法について考察した。

    DOI: 10.11266/jpan.15.Suppl_44

  • Kikuchi K. .  Beyond free radical scavenging: Beneficial effects of edaravone (Radicut) in various diseases (Review) .  Experimental and Therapeutic Medicine3 ( 1 ) 3 - 8   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental and Therapeutic Medicine  

    DOI: 10.3892/etm.2011.352

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • 菊池 清志, 川原 幸一, 松田 史代, 伊藤 隆史, 森元 陽子, 倉本 晃一, 三浦 直樹, 竹重 暢之, 折戸 公彦, 山下 伸, 内門 久明, 宮城 尚久, 塩見 直人, 倉本 晃一, 徳富 孝志, 重森 稔, 坂本 六大, 菊池 千恵美, 飯田 成美, 吉田 義弘, 橋口 照人, 丸山 征郎, 森岡 基浩, 田中 永一郎 .  虚血条件下での神経様細胞におけるエダラボンのHMGB1に対する効果 .  神経外傷34 ( 2 ) 225 - 227   2011年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外傷学会  

    DOI: 10.32187/neurotraumatology.34.2_225

  • 西洋志、徳永暁、三浦直樹 .  ダイナミックCT撮影が診断・治療法の選択に有用であった犬の肝細胞癌の2例. .  鹿児島県獣医師会雑誌48   15 - 17   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子, 三浦直樹, 新井恒, 桃井康行, 遠藤泰之. , 26(47): 22-24 (2011) .  ドキソルビシン投与後に心筋障害が原因と思われる不整脈が発症した2症例. .  鹿児島県獣医師会会報26 ( 47 ) 22 - 24   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村田 大紀, 三浦 直樹, 松元 光春, 三好 宜彰, 藤木 誠, 三角 一浩 .  馬の頸椎損傷の画像診断例 .  日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association64 ( 9 ) 703 - 707   2011年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    調教中に転倒し,後肢の腰フラ様蹌踉(よろめき)を伴う混跛を呈した馬の症例に対して画像検査を実施した.脊髄造影検査では,第6頸椎と第7 頸椎の間(C6-C7)において造影剤の拡散が背側方向から障害されている所見が得られた.剖検時に行った頸椎及び胸椎(T)のコンピューター断層撮影(CT)検査では,C6-T2におけるすべての左側前後関節突起間隙に開大の所見が確認された.また,第1胸椎(T1)の左側前関節突起の変形と骨折片も確認された.さらに,C6-C7 において背側から軟部組織と思われる領域が脊髄を圧迫している所見が得られた.脊髄の病理組織学的検査では,C6-C7 における左側の側索から背索にかけて脊髄症の所見が得られた.以上より本症例は,転倒による頸胸弯曲部の外傷性椎骨骨折及び骨変化による椎骨列の異常に伴い軟部組織が脊柱管へと押し出された結果,圧迫性脊髄症を呈したと考えられた.

    DOI: 10.12935/jvma.64.703

  • Kikuchi K, Uchikado H, Miyagi N, Morimoto Y, Ito T, Tancharoen S, Miura N, Miyata K, Sakamoto R, Kikuchi C, Iida N, Shiomi N, KuramotoT, Kawahara K. .  Beyond neurological disease: New targets for edaravone. .  Int J Mol Med. 28 ( 6 ) 899 - 906   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Uchikado H, Miura N, Morimoto Y, Ito T, Tancharoen S, Miyata K, Sakamoto R, Kikuchi C, Iida N, Shiomi N, KuramotoT, Miyagi N, Kawahara K .  HMGB1 as a therapeutic target in spinal cord injury: A hypothesis for novel therapy development. .  Exp Ther Med2 ( 5 ) 767 - 770   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三浦直樹 .  ダイナミックCT造影検査による門脈体循環シャント症例の診断. .  鹿児島県獣医師会雑誌26 ( 1 ) 20 - 21   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Miyoshi N, Miura N, Fujiki M, Horiuchi M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yoshida H .  Microminipig, a Non-rodent Experimental Animal Optimized for Life Science Research:Novel Atherosclerosis Model Induced by High Fat and Cholesterol Diet. .  J Pharmacol Sci.115 ( 2 ) 115 - 121   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K*, Miura N*, (*These authors are equally contributed.) Morimoto Y, Ito T, Tancharoen S, Miyata K, Kikuchi C, Iida N, Takeshige N, Uchikado H, Miyagi N, Shiomi N, KuramotoT, Hashiguchi T, Maruyama I, Morioka M, Kawahara K. .  Beneficial Effects of the Free Radical Scavenger Edaravone (Radicut) in Neurologic Diseases. .  J Neurol Neurophysiol 1 ( Special Issue 1 ) 1 - 5   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田崎 由実, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  鹿児島県で多発するイヌのシリカ結石についての報告 .  ペット栄養学会誌14 ( 0 ) Suppl_73 - Suppl_74   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ペット栄養学会  

    シリカ結石はイヌではまれな尿石とされている。今回、我々は鹿児島県を中心にシリカ尿結石について疫学調査を行った。その結果、鹿児島県内の獣医師やオーナーに対するアンケート調査において、鹿児島県を中心とする地域でシリカ尿結石が多くみられ、その発生の要因として飲料水との関係が示唆された。そこで鹿児島県内の水道水中のシリカ濃度を測定したところ、他地域と比較して著しく高値を示した。またミネラルウォーターについても同様に、鹿児島県が採水地の製品でシリカ濃度が高値のものがあった。実験的にシリカを高濃度に含む水道水の飲水により尿中シリカ濃度の上昇は見られなかったが、疫学調査から、シリカ濃度の低い水を飲水として使用することがシリカ結石発生の予防となると推測した。

    DOI: 10.11266/jpan.14.Suppl_73

  • Meng X. .  1,5-anhydro-D-fructose: A natural antibiotic that inhibits the growth of gram-positive bacteria and microbial biofilm formation to prevent nosocomial infection .  Experimental and Therapeutic Medicine2 ( 4 ) 625 - 628   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental and Therapeutic Medicine  

    DOI: 10.3892/etm.2011.245

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Kikuchi K. .  Potential of edaravone for neuroprotection in neurologic diseases that do not involve cerebral infarction (Review) .  Experimental and Therapeutic Medicine2 ( 5 ) 771 - 775   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental and Therapeutic Medicine  

    DOI: 10.3892/etm.2011.281

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki, Horiuchi Masahisa, Ono Tomoji, Murakoshi Michiaki, Nishino Hoyoku, Nagata Ryoichi, Sahara Hisashi, Tanimoto Akihide, Yamada Kazuhiko, Yoshida Hiroki .  Microminipig: research models to break through cardiovascular disease .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES115   49P   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Kikuchi K. .  HMGB1 as a therapeutic target in spinal cord injury: A hypothesis for novel therapy development (Review) .  Experimental and Therapeutic Medicine2 ( 5 ) 767 - 770   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental and Therapeutic Medicine  

    DOI: 10.3892/etm.2011.310

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Kikuchi K. .  Beyond neurological disease: New targets for edaravone (Review) .  International Journal of Molecular Medicine28 ( 6 ) 899 - 906   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Medicine  

    DOI: 10.3892/ijmm.2011.795

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • 菊池 清志, 川原 幸一, 内門 久明, 宮城 尚久, 倉本 晃一, 宮城 知也, 森元 陽子, 伊藤 隆史, 徳富 孝志, 三浦 直樹, 宮田 圭, 菊池 千恵美, 坂本 六大, 塩見 直人, 橋口 照人, 丸山 征郎, 徳富 孝志, 重森 稔 .  ミノサイクリンは, 虚血条件下のPC12細胞において, 無酸素無糖培養が誘導するHMGB1放出とHMGB1が誘導するアポトーシスを減弱する .  神経外傷33 ( 2 ) 241 - 243   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外傷学会  

    DOI: 10.32187/neurotraumatology.33.2_241

  • Kikuchi K, Kawahara KI, Miyagi N, Uchikado H, Kuramoto T, Morimoto Y, Tancharoen S, Miura N, Takenouchi K, Oyama Y, Shrestha B, Matsuda F, Yoshida Y, Arimura S, Mera K, Tada KI, Yoshinaga N, Maenosono R, Ohno Y, Hashiguchi T, Maruyama I, Shigemori M. .  Edaravone: A new therapeutic approach for the treatment of acute stroke. .  Med Hypotheses.75 ( 6 ) 583 - 585   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyoshi N, Horiuchi M, Inokuchi Y, Miyamoto Y, Miura N, Tokunaga S, Fujiki M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yasuda N, Yoshida H and Kawaguchi H. .  Novel Microminipig Model of Atherosclerosis by High Fat and High Cholesterol Diet, Established in Japan. .  In Vivo24 ( 5 ) 671 - 680   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Kawahara K, Tsuji C, Tajima Y, Kuramoto T, Shihara M, Koga Y, Shiomi N, Uchikado H, Morimoto Y, Miura N, Mera K, Ohno Y, Miyagi N, Hashiguchi T, Maruyama I, Hayabuchi N, Nakayama K, Shigemori M .  Post mortem contrast-enhanced computed tomography in a case of sudden death from acute pulmonary thromboembolism. .  Experimental and Therapeutic Medicine1 ( 3 ) 503 - 505   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KikuchiK, Kawahara K, Biswas KK, Ito T, Tancharoen S, Shiomi N, Koda Y, Matsuda F, Morimoto Y, Oyama Y, Takenouchi K, Miura N, Arimura N, Nawa Y, Arimura S, Jie MX, Shrestha B, Iwata M, Mera K, Sameshima H, Ohno Y, Maenosono R, Tajima Y, Uchikado H, Kuramoto T, Nakayama K, Shigemori M, Yoshida Y, Hashiguchi T, Maruyama I .  MGB1: A new marker for estimation of the postmortem interval. .  Experimental and Therapeutic Medicine1 ( 1 ) 109 - 111   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shrestha B*, Hashiguchi T*, Ito T*, Miura N*,(*These authors are equally contributed.) Takenouchi K, Oyama Y, Kawahara K, Tancharoen S, Ki-I Y, Arimura N, Yoshinaga N, Noma S, Shrestha C, Nitanda T, Kitajima S, Arimura K, Sato M, Sakamoto T, Maruyama I. .  B cell-derived vascular endothelial growth factor a promotes lymphangiogenesis and high endothelial venule expansion in lymph nodes. .  Journal of Immunology184 ( 9 ) 4819 - 4826   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K. .  HMGB1: A new marker for estimation of the postmortem interval .  Experimental and Therapeutic Medicine1 ( 1 ) 109 - 111   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental and Therapeutic Medicine  

    DOI: 10.3892/etm_00000019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Fujiki Makoto, Miura Naoki, Horiuchi Masahisa, Itoh Katzuhiko, Kaneko Naoki, Miyajima Hiroaki, Nagata Ryoichi, Misumi Kazuhiro, Yasuda Nobuhiro .  Microminipig atherosclerosis model by high fat and cholesterol-diet .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES112   34P   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Kikuchi K, Kawahara K, Biswas KK, Ito T, Tancharoen S, Morimoto Y, Matsuda F, Oyama Y, Takenouchi K, Miura N, Arimura N, Nawa Y, Meng X, Shrestha B, Arimura S, Iwata M, Mera K, Sameshima H, Ohno Y, Maenosono R, Yoshida Y, Tajima Y, Uchikado H, Kuramoto T, Nakayama K, Shigemori M, Hashiguchi T, Maruyama I. .  Minocycline attenuates both OGD-induced HMGB1 release and HMGB1-induced cell death in ischemic neuronal injury in PC12 cells. .  Biochem Biophys Res Commun385 ( 2 ) 132 - 136   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Kawahara K, Tancharoen S, Matsuda F, Morimoto Y, Ito T, Biswas KK, Takenouchi K, Miura N, Oyama Y, Nawa Y, Arimura N, Iwata M, Tajima Y, Kuramoto T, Nakayama K, Shigemori M, Yoshida Y, Hashiguchi T, Maruyama I. .  The free radical scavenger edaravone rescues rats from cerebral infarction by attenuating the release of high-mobility group box-1 in neuronal cells. .  J Pharmacol Exp Ther326 ( 3 ) 865 - 874   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大川洋明(翻訳)、三浦直樹(監訳) .  猫の糖尿病 2. 病態生理,リスクファクター. .  J VET、インターズー22 ( 6 ) 32 - 39   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大川洋明(翻訳)、三浦直樹(監訳) .  猫の糖尿病 1. 診断,治療,モニタリング. .  J VET、インターズー22 ( 6 ) 19 - 31   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kawahara K, Hashiguchi T, Masuda K, Saniabadi AR, Kikuchi K, Tancharoen S, Ito T, Miura N, Morimoto Y, Biswas KK, Nawa Y, Meng X, Oyama Y, Takenouchi K, Shrestha B, Sameshima H, Shimizu T, Adachi T, Adachi M, Maruyama I. .  Mechanism of HMGB1 release inhibition from RAW264.7 cells by oleanolic acid in Prunus mume Sieb. et Zucc. .  Int J Mol Med23 ( 5 ) 615 - 620   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Meng X, Kawahara K, Nawa Y, Miura N, Shrestha B, Tancharoen S, Sameshima H, Hashiguchi T, Maruyama I. .  1,5-Anhydro-D-fructose attenuates lipopolysaccharide-induced cytokine release via suppression of NF-kappaB p65 phosphorylation. .  Biochem Biophys Res Commun380 ( 2 ) 343 - 348   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Tancharoen S, Matsuda F, Biswas KK, Ito T, Morimoto Y, Oyama Y, Takenouchi K, Miura N, Arimura N, Nawa Y, Meng X, Shrestha B, Arimura S, Iwata M, Mera K, Sameshima H, Ohno Y, Maenosono R, Tajima Y, Uchikado H, Kuramoto T, Nakayama K, Shigemori M, Yoshida Y, Hashiguchi T, Maruyama I, Kawahara KI. .  Edaravone attenuates cerebral ischemic injury by suppressing aquaporin-4. .  Biochem Biophys Res Commun390 ( 4 ) 1121 - 1125   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawahara K, Hashiguchi T, Kikuchi K, Tancharoen S, Miura N, Ito T, Oyama Y, Nawa Y, Biswas KK, Meng X, Morimoto Y, Shrestha B, Sameshima H, Maruyama I. .  Induction of high mobility group box 1 release from serotonin-stimulated human umbilical vein endothelial cells. .  International journal of molecular medicine22 ( 5 ) 639 - 644   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawahara K.i. .  C-reactive protein induces high-mobility group box-1 protein release through activation of p38MAPK in macrophage RAW264.7 cells .  Cardiovascular Pathology17 ( 3 ) 129 - 138   2008年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cardiovascular Pathology  

    DOI: 10.1016/j.carpath.2007.08.006

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Kawahara K, Biswas KK, Unoshima M, Ito T, Kikuchi K, Morimoto Y, Iwata M, Tancharoen S, Oyama Y, Takenouchi K, Nawa Y, Arimura N, Jie MX, Shrestha B, Miura N, Shimizu T, Mera K, Arimura S, Taniguchi N, Iwasaka H, Takao S, Hashiguchi T, Maruyama I. .  CRP induces high-mobility group box-1 protein release through activation of p38MAPK in macrophage RAW264.7 cells. .  Cardiovascular Pathology17 ( 3 ) 129 - 138   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Steffey MA, Miura N, Todhunter RJ, Nykamp SG, Freeman KP, Scarpino V, Vernier-Singer MA, Erb HN, MacLeod JN, Lust G, Burton-Wurster N. .  The potential and limitations of cartilage-specific (V+C)- fibronectin and cartilage oligomeric matrix protein as osteoarthritis biomarkers in canine synovial fluid. .  Osteoarthritis and Cartilage12 ( 10 ) 818 - 825   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Steffey MA, Miura N, Todhunter RJ, Nykamp SG, Freeman KP, Scarpino V, Vernier-Singer MA, Erb HN, MacLeod JN, Lust G, Burton-Wurster N .  The potential and limitations of cartilage-specific (V+C)(-) fibronectin and cartilage oligomeric matrix protein as osteoarthritis biomarkers in canine synovial fluid. .  Osteoarthritis and cartilage12 ( 10 ) 818 - 825   2004年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joca.2004.07.002

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

  • 三浦 直樹, 藤木 誠, 三角 一浩, 瀬戸山 健太郎, 竹川 和明, 高橋 健, 宮原 健吉, 坂本 紘 .  第三度の房室ブロックのラブラドールレトリバーに対するAcceleration Rate Response制御型ペースメーカと経静脈Steroid-eluting Screw-in型リードを用いた治検例 .  The journal of veterinary medical science65 ( 10 ) 1101 - 1105   2003年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本獣医学会  

    獣医領域でも重度の不整脈症例への永久人工ペーシングは有効である.犬の第三度の房室ブロック症例に,組織への固定力が強く副作用の少ないステロイド溶出スクリューイン(Steroid-eluting Screw-in)型リードと多くの自動機能を持つ加速度式心拍応答(Acceleration Rate Response)制御方式のペーシングシステムによる治療を施した.本症例は副作用も認められず,心拍レートの制御は安定しており,走行運動も可能である.本装置は犬の重度の不整脈に対する極めて有効な治療法の一つである.

    DOI: 10.1292/jvms.65.1101

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Miura N, Fujiki M, Misumi K, Setoyama K, Takegawa K, Takahashi T, Miyahara K, Sakamoto H. .  Successful use of an acceleration rate response pacemaker with a transvenous steroid-eluting screw-in lead for third-degree atrioventricular block in a labrador retriever. .  J Vet Med Sci65 ( 10 ) 1101 - 1105   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三浦 直樹, 藤木 誠, 三角 一浩, 瀬戸山 健太郎, 竹川 和明, 高橋 健, 宮原 健吉, 坂本 紘 .  第三度の房室ブロックのラブラドールレトリバーに対するAcceleration Rate Response制御型ペースメーカと経静脈Steroid-eluting Screw-in型リードを用いた治検例(短報)(Successful Use of an Acceleration Rate Response Pacemaker with a Transvenous Steroid-Eluting Screw-in Lead for Third-Degree Atrioventricular Block in a Labrador Retriever) .  The Journal of Veterinary Medical Science65 ( 10 ) 1101 - 1105   2003年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Amano T, Yamasaki S, Yagishita N, Tsuchimochi K, Shin H, Kawahara K, Aratani S, Fujita H, Zhang L, Ikeda R, Fujii R, Miura N, Komiya S, Nishioka K, Maruyama I, Fukamizu A, Nakajima T. .  Synoviolin/Hrd1, an E3 ubiquitin ligase, as a novel pathogenic factor for arthropathy. .  Genes Dev17 ( 19 ) 2436 - 2449   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura R, Miura N, Suzuki S. .  The hemodynamic effects of acute myocardial ischemia and reperfusion in Clawn miniature pigs. .  Exp Anim52 ( 4 ) 335 - 338   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村 亮三, 三浦 直樹, 鈴木 秀作 .  Clawnミニブタを用いた急性心筋虚血及び再灌流時の血行動態(The Hemodynamic Effects of Acute Myocardial Ischemia and Reperfusion in Clawn Miniature Pigs) .  Experimental Animals52 ( 4 ) 335 - 338   2003年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    Clawnミニブタに心筋虚血を作製した.連続虚血群の3/8例が虚血後20分以内に,虚血再灌流群の4/9例が再灌流後に不整脈で死亡した.虚血領域は再灌流群の方が狭かった.再灌流障害は血行動態に重大な影響を与えることが示唆された

  • Miura N, Fujiki M, Miyoshi Y, Misumi K, Sakamoto H. .  Steroid injection therapy in a feline solitary bone cyst. .  J. Vet. Med. Sci65 ( 4 ) 523 - 525   2003年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三浦 直樹, 藤木 誠, 三好 宣彰, 三角 一浩, 坂本 紘 .  ステロイド局所注入療法を行った猫の単発性骨嚢胞(Solitary Bone Cyst)の一例(Steroid Injection Therapy in a Feline Solitary Bone Cyst) .  The Journal of Veterinary Medical Science65 ( 4 ) 523 - 525   2003年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Setoyama K, Ota H, Miura N, Fujiki M, Misumi K, Sakamoto H. .  Effects of milrinone on hemodynamics and regional blood flow in the hypoxic dog. .  J. Vet. Med. Sci.64 ( 6 ) 499 - 503   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 瀬戸山 健太郎, 大田 宏美, 三浦 直樹, 藤木 誠, 三角 一浩, 坂本 紘 .  低酸素下の犬におけるミルリノンの血行動態ならびに臓器血流に及ぼす影響(Effects of Milrinone on Hemodynamics and Regional Blood Flow in the Hypoxic Dog) .  The Journal of Veterinary Medical Science64 ( 6 ) 499 - 503   2002年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Kawabata H, Kawahara K, Kanekura T, Araya N, Daitoku H, Hatta M, Miura N, Fukamizu A, Kanzaki T, Maruyama I, Nakajima T. .  Possible role of transcriptional coactivator P/CAF and nuclear acetylation in calcium-induced keratinocyte differentiation. .  J. Biol. Chem.277 ( 10 ) 8099 - 8105   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三角 一浩, 鳥居 哲太郎, 青木 修, 藤木 誠, 三浦 直樹, 柳田 宏一, 坂本 紘 .  削蹄による肥育用黒毛和種牛の蹄形,蹄病発生および生産性の変化 .  日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association54 ( 11 ) 829 - 836   2001年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    肥育牛における蹄の生長, 蹄疾患の発生や生産性と削蹄との関係について検討した. 肥育期の黒毛和種16頭 (13.0±2.0カ月齢, 体重308.0±30.8kg, 去勢牛) を削蹄間隔により3, 6および12カ月削蹄群ならびに無削蹄群の4群に分け, 以後19カ月間, 蹄計測, 蹄形の変化を記録した. と殺後, 蹄病変を観察し, 枝肉成績を記録した. 削蹄間隔の延長に伴い, 蹄角度は小さく, 蹄壁・蹄踵長は長くなった. 12カ月削蹄群および無削蹄群では蹄の変形が進み, 伸びた蹄踵で負重するようになった. 白帯離解の発生頻度は無削蹄群で有意に高かった (P<0.05). 歩留基準値は, 6カ月削蹄群が12カ月および無削蹄群と比較して有意に高い値を示し (P<0.05), 産肉量が向上していた.本研究結果から, 削蹄間隔を6カ月とすることで, 標準蹄に近い蹄形が維持され, 蹄病変の発生抑制と産肉量向上に役立つことが明らかとなった.

    DOI: 10.12935/jvma1951.54.829

  • 三角 一浩, 新里 健, 青木 修, 瀬戸山 健太郎, 三浦 直樹, 柳田 宏一, 坂本 紘 .  肉用牛の輸送ストレスに対する削蹄の効果 .  日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association54 ( 11 ) 837 - 840   2001年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    肉用牛の輸送ストレスに及ぼす削蹄の効果について検討した. 黒毛和種肥育牛41頭を削蹄群 (27頭) と無削蹄群 (14頭) に分けた. 削蹄群は6カ月ごとに削蹄され, 出荷3カ月前に最後の削蹄を行った一方で, 無削蹄群は肥育期間中にまったく削蹄されなかった. 出荷に伴うトラック輸送 (距離57.8km, 4時間) の前後で, 体重測定と血液および血液化学検査を行った. クレアチンホスホキナーゼ (CK) 活性およびコルチゾール値は輸送後に増加したが, いずれも, 削蹄群の値が無削蹄群に比べて低い値を示した. CK活性の変化は, 定期的な削蹄が牛蹄の負重機能に安定性を与え, 肥育後期の肉牛の筋肉にかかる侵襲を抑制する効果があることを示唆するものであった. また血清コルチゾール値の変化とあわせて, 肥育牛における定期的な削蹄は, 出荷時の輸送ストレスに対する抵抗性を高めることが明らかとなった.

    DOI: 10.12935/jvma1951.54.837

  • 三角 一浩, 鳥居 哲太郎, 青木 修, 藤木 誠, 三浦 直樹, 柳田 宏一, 坂本 紘 .  削蹄による肥育用黒毛和種牛の蹄形,蹄病発生及び生産性の変化 .  日本獣医師会雑誌54 ( 11 ) 829 - 836   2001年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • 三角 一浩, 新里 健, 青木 修, 瀬戸山 健太郎, 三浦 直樹, 柳田 宏一, 坂本 紘 .  肉用牛の輸送ストレスに対する削蹄の効果 .  日本獣医師会雑誌54 ( 11 ) 837 - 840   2001年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • 藤木 誠, 三浦 直樹, 三角 一浩, 鶴田 勉, 坂本 紘 .  犬の輪状咽頭筋アカラジアの1例 .  日本獣医師会雑誌54 ( 9 ) 697 - 700   2001年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    生後数カ月より採食直後の吐出が認められ, その後流動食の給餌により飼育されていた3歳で雌のシー・ズー犬を, X線透視下での機能検査により輪状咽頭筋アカラジァと診断し, 食道背側での輪状咽頭筋切開術を施した.術後は翌日から嚥下が可能になり, 17カ月を経過した現在でも症状の再発は認められていない.

    DOI: 10.12935/jvma1951.54.697

  • 藤木 誠, 三浦 直樹, 三角 一浩, 鶴田 勉, 坂本 紘 .  犬の輪状咽頭筋アカラジアの1例 .  日本獣医師会雑誌54 ( 9 ) 697 - 700   2001年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • 三浦 直樹, 鈴木 秀作, 浜田 祐二, 上村 亮三, 梅元 千代志, 藤木 誠, 三角 一浩, 坂本 紘 .  交流高圧電位負荷の高血圧症モデル動物(Dahl-Sラット)に対する高血圧抑制効果 .  日本獣医師会雑誌54 ( 6 ) 472 - 475   2001年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    交流高圧電位療法の獣医領域への応用を目的とし, 食塩感受性腎性高血圧発症モデルであるDahl-Sラットを用いて高血圧症の抑制効果を検討した.Dahl-Sラットには1%食塩水を給与し, これを2群に分けて1群に交流高圧電位負荷を行った.その結果, 交流高圧電位負荷群では非負荷群と比較して, 血圧上昇と腎病変が抑制された.このことから, 交流高圧電位負荷は獣医領域においても慢性腎不全に伴う高血圧症の進行を抑制する可能性のあることが示唆された

    DOI: 10.12935/jvma1951.54.472

  • 三浦直樹、鈴木秀作、浜田佑二、上村亮三、梅本千代志、藤木誠、三角一浩、坂本紘 .  交流高圧電位負荷の高血圧モデル動物に対する高血圧抑制効果. .  日獣会誌54 ( 6 ) 472 - 475   2001年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村 亮三, 鈴木 秀作, 三浦 直樹, 宮原 健吉 .  コレステロール投与New Zealand Whiteウサギの肺動脈硬化症と肺動脈圧(Pulmonary Atherosclerosis and Pulmonary Arterial Pressure in Cholesterol-Fed New Zealand White Rabbits) .  The Journal of Veterinary Medical Science63 ( 6 ) 647 - 653   2001年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

    実験を3群に分け,コントロール群にはウサギ用標準飼料を8週間,コレステロール投与群には標準飼料に0.5%コレステロール及び0.25%胆汁酸を添加した高コレステロール飼料を8週間(実験群1)と15週間(実験群2),1日90g/例ずつ投与した.肺動脈圧は,収縮期,拡張期共に,実験群2が最も高く,次に実験群1,コントロール群の順であった.3群間に大きな差は認められなかったが,平均肺動脈圧のコントロール群と実験群2の間に統計学的有意差が認められた.組織学的には実験群1の肺動脈は幹気管支〜細気管支レベルの肺動脈を中心に,血管内皮下に軽度の限局性の泡沫細胞集簇が認められた.実験群2では細気管支レベルの肺動脈を中心に泡沫細胞の集簇により,中等度〜高度の血管内腔狭窄像が観察され,増殖細胞の一部は中膜から外膜に達していた.しかしながら,肺全体では高度病変は部分的には認められるものの,軽度病変が主体であった.今回の結果からコレステロール投与ウサギの肺動脈にも泡沫細胞増殖を主体とする動脈硬化病変が観察され,内膜肥厚及び血管内腔の高度狭窄も認められた.一方,肺高血圧を呈する程ではなかったものの,肺動脈圧は経時的に漸増した

  • 三角 一浩, 立野 大樹, 藤木 誠, 三浦 直樹, 坂本 紘 .  非イオン性低浸透圧造影剤 ioxilan の心室細動誘発作用 .  The journal of veterinary medical science62 ( 4 ) 421 - 426   2000年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本獣医学会  

    ioxilanの心室細動(VF)誘発作用について, 同じ非イオン性低浸透圧造影剤であるioversol, iomeprol, およびiopromideと比較検討した.また心室細動発現に対する造影剤中のNa^+濃度の影響について検討するために, ioversol, iomeprol, およびiopromideにNaClを添加し, Na^+濃度を9および20mmol / L Na^+としたももについても比較を行った.実験には7頭のビーグル犬を使用し, 麻酔下にて右冠状動脈内にカテーテルを楔入させ, 各造影剤を0.4ml / secの速度で30秒間注入し, VF発現率, 注入後VF発現までの時間, および心電図上のQTcの変化を記録した.ioxilanのVF発現率は0%であり, 他の薬剤と比較して最も低い値を示した.注入後のVF発現までの時間は, Na^+濃度を増すことによって延長する傾向にあった.QTcの延長もioxilanで最大であった.以上の結果から, ioxilanは心室細動誘発作用が弱く, 心血管系造影剤として比較的安全なものであると考えられた.その特性は, ioxilan中の適度に維持されたNa^+濃度に由来するのかもしれない.

    DOI: 10.1292/jvms.62.421

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 平川 篤, 藤木 誠, 三浦 直樹, 柴山 比奈子, 高橋 義明, 大道 嘉広, 野口 佳代, 山本 昌章, 坂本 紘 .  発作性第3度房室ブロックに対しペースメーカーの植え込みを実施した猫の1例 .  日本獣医師会雑誌53 ( 2 ) 75 - 79   2000年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獣医師会  

  • 平川 篤, 藤木 誠, 三浦 直樹, 柴山 比奈子, 高橋 義明, 大道 嘉広, 野口 佳代, 山本 昌章, 坂本 紘 .  発作性第3度房室ブロックに対しペースメーカーの植え込みを実施した猫の1例 .  日本獣医師会雑誌53 ( 2 ) 75 - 79   2000年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • 平川 篤, 藤木 誠, 三浦 直樹, 柴山 比奈子, 高橋 義明, 大道 嘉広, 野口 佳代, 山本 昌章, 坂本 紘 .  発作性第3度房室ブロックに対しペースメーカーの植え込みを実施した猫の1例 .  日本獣医師会雑誌53 ( 2 ) 75 - 79   2000年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医師会  

    8歳5カ月の雄の雑種猫が, 失神を主訴に来院した. 心電図検査所見より, 発作性第3度房室ブロックと診断された. その後, 5カ月間で失神の頻度が増加したため, 永久的ペースメーカーの植え込みを実施した. 現在, 植え込み後1年経過するが, 発作もなく良好に経過している. われわれの知る限り, この報告は猫にペースメーカー植え込み後長期観察したわが国最初の報告である.

    DOI: 10.12935/jvma1951.53.75

  • Kakura, H., Miyahara, K., Amitani, S., Sohara, H., Koga, M., Sakamoto, H., Misumi, K., Miura, N. .  Hemodynamic effects of intravenous administration of olprinone hydrochloride on experimental pulmonary hypertension .  Arzneimittel-Forschung/Drug Research50 ( 6 ) 515 - 519   2000年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To examine acute effects of olprinone hydrochloride (CAS 1067302-54-0, Coretec®) on pulmonary hypertension, hypoxic pulmonary hypertension was produced in 6 adult Beagle dogs. Using this pulmonary hypertension model, single intravenous bolus injections of olprinone at doses of 10, 30 and 100 μg/kg were administered at 5-min intervals and hemodynamic parameters were evaluated. Heart rate increased at doses of 30 and 100 μg/kg, but did not change at a dose of 10 μg/kg. Mean aortic pressure, mean pulmonary arterial pressure, pulmonary vascular resistance and systemic vascular resistance and right ventricular stroke work index did not change at doses of 10 and 30 μg/kg, but they decreased significantly at a dose of 100 μg/kg. On the other hand, cardiac index and the first derivative value of the left ventricular pressure did not show significant change at all doses. These results indicate the vasodilating effects on peripheral and pulmonary vessels in hypoxic model at high doses of olprinone. Its application in right heart failure accompanied by pulmonary hypertension therefore is expected to yield promising results.

    DOI: 10.1055/s-0031-1300240

    Scopus

    PubMed

  • Misumi K. .  Uterine horn torsion in two non-gravid bitches .  Journal of Small Animal Practice41 ( 10 ) 468 - 471   2000年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Small Animal Practice  

    DOI: 10.1111/j.1748-5827.2000.tb03144.x

    Web of Science

    Scopus

  • Miura N, Suzuki S, Hamada Y, Kamimura R, Fujiki M, Misumi K, Sakamoto H. .  Salt water promotes hypertension in Dahl-S rats. .  Exp. Anim48 ( 4 ) 289 - 292   1999年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三浦 直樹, 鈴木 秀作, 浜田 佑二, 上村 亮三, 藤木 誠, 三角 一浩, 坂本 紘 .  食塩水投与によるDahl-S-Ratの高血圧症の作成 .  Experimental Animals48 ( 4 ) 289 - 292   1999年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

  • Kamimura Ryozo, Suzuki Syunsaku, Sakamoto Hiroshi, MIURA Naoki, MISUMI Kazuhiro, MIYAHARA Kenkichi .  Development of Atherosclerotic Lesions in Cholesterol-loaded Rabbits .  Experimental animals48 ( 1 ) 1 - 7   1999年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本実験動物学会  

    To examine both of the target vessels and the optimal time of their endothelial denudation to study vascular restenosis after balloon injury in cholesterol-loaded rabbits, we made 36 atherosclerotic rabbits by feeding a hypercholesterol diet, and histologically examined the onset time and the development of atherosclerosis. Atheromatous changes were observed first after the 5th week in the thoracic aorta from the start of the diet, and then extended to the abdominal aorta, coronary artery with time. The atherosclerotic lesions in the thoracic aorta and the proximal portion of the coronary artery showed high-grade concentric intimal thickening with luminal stenosis. The abdominal aortic lesion mildly progressed. In the renal, carotid and femoral arteries, in contrast, slight atheroscleromatous changes developed during the diet period. These results suggest that the thoracic and abdominal aortas and the coronary artery would be suitable as target vessels to study vascular restenosis after balloon injury, and the endothelial denudation of these vessels should be performed between the 8th and 15th week in this diet protocol for an accurate analysis.<br>

    DOI: 10.1538/expanim.48.1

    Web of Science

    Scopus

  • 上村 亮三, 鈴木 秀作, 坂本 紘, 三浦 直樹, 三角 一浩, 宮原 健吉 .  コレステロール負荷ウサギにおける動脈硬化病変の進展 .  Experimental Animals48 ( 1 ) 1 - 7   1999年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    36例のNZWウサギに0.5%コレステロール含有飼料を4〜15週間投与し,病変形成時期と進展経過について組織学的に検索した.病変形成時期は胸大動脈が投与5週目,腹大動脈が6週目,冠動脈が7週目,腎・総頸・大腿動脈が8週目と部位によって大きな差が認められた.胸大動脈・冠動脈の病変は経時的に進展し,中等度〜高度の内腔狭窄も認められたが,腹大動脈病変の進展経過は比較的緩やかであった.腎・総頸・大腿動脈の病変進展は極めて緩徐で,15週目でも局所病変にとどまった.この実験結果から,動脈硬化病変を有する血管を用いたballoon傷害後のrestenosisに関する研究では,cholesterol投与15週迄のモデルでも,胸大動脈・冠動脈・腹大動脈が対象血管となり得,それらの内皮剥離の至適時期は投与後8〜15週の間であることが推察された

  • Amitani S. .  Experimental His-bundle pacing: Histopathological and electrophysiological examination .  PACE - Pacing and Clinical Electrophysiology22 ( 4 I ) 562 - 566   1999年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PACE - Pacing and Clinical Electrophysiology  

    DOI: 10.1111/j.1540-8159.1999.tb00497.x

    Scopus

    PubMed

  • 藤木 誠, 三浦 直樹, 三角 一浩, 坂本 絋 .  麻酔モニター(BP-508)の終末呼気二酸化炭素分圧と平均動脈圧に対するイヌでの有効性 .  獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery29   1998年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村 俊一, 橋之口 哲, 牛之浜 寛治, 三浦 直樹, 浜名 克己, 坂本 紘 .  黒毛和種牛新生子における膀胱破裂治験例 .  日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association51 ( 5 ) 246 - 248   1998年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獸医師会  

    乏尿, 血尿を主訴とし, 膀胱造影X線および超音波所見により膀胱破裂と診断した黒毛和種子牛 (雌, 15日齢) を腹部正中切開により開腹, 破裂して壁が薄くなった尖端部を含む膀胱の約1/3を切除して, Czerny-Lembert氏連続縫合で閉鎖した. 術後の経過は良好で, 膀胱尿膜管憩室を持つ尿膜管遺残2型に起因する膀胱破裂と推測された

    DOI: 10.12935/jvma1951.51.246

  • Sakamoto Hiroshi, Kirihara Hidetoshi, Fujiki Makoto, MIURA Naoki, MISUMI Kazuhiro .  The Effects of Medetomidine on Maternal and Fetal Cardiovascular and Pulmonary Function, Intrauterine Pressure and Uterine Blood Flow in Pregnant Goats .  Experimental animals46 ( 1 ) 67 - 73   1997年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本実験動物学会  

    To investigate the effects of medetomidine on late pregnant goats, medetomidine induced changes in maternal or fetal circulation and acid-base balance, as well as changes in intrauterine pressure (IUP) and uterine blood flow (UBF), were studied. Intramuscular administration of medetomidine (40 &mu;g/kg b.w.) decreased the heart rate (HR) and arterial blood pressure (ABP) of the mother, and the change in HR was significant statistically (p<0.05). In the fetus, HR and ABP showed a transient decrease and increase (p<0.05), respectively. A decrease in maternal arterial blood pH and oxygen partial pressure (PO<sub>2</sub>) and an increase in carbon dioxide partial pressure (PCO<sub>2</sub>) were recorded after the injection, but none was significant. In the fetus, arterial blood PO<sub>2</sub> decreased significantly (p<0.05) after 5 min of administration, and a significant metabolic acidemia supported by a decrease in base excess was observed. Within 1 to 4 min after the administration of medetomidine, IUP began to rise and remained high for 10 to 14 min. Thereafter, the rise in IUP was frequent and periodical. After the injection, UBF significantly (p<0.05) decreased, and the fall in UBF was associated with a rise in IUP. The maternal and fetal serum medetomidine concentration increased remarkably after the injection of medetomidine into the mother. These observations in late pregnant goats suggested that medetomidine induced a decrease in maternal cardiac output, a decrease in UBF arising from the induction of uterine contractions, and transplacental medetomidine can have a suppressive effect on the fetus.<br>

    DOI: 10.1538/expanim.46.67

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 犬と猫の画像診断BOOK

    桃井康行、三浦直樹( 担当: 共著)

    ファームプレス  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 当施設における画像診断科の現状ならびにダイナミックCT造影検査の症例紹介.

    三浦直樹( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 宿主RNAと第XII因子の関係をご説明ください.

    三浦直樹( 担当: 単著)

    血栓と循環  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 疾患とそれにかかわる炎症(第1回) "血管"に起こる炎症 血管炎! 招待

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   7 ( 1 )   56 - 62   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.86-88

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   6 ( 5 )   99 - 101   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 疾患とそれにかかわる炎症(第0回) 新シリーズを始める前の予備知識とこれまでの"炎症"への追加事項!

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   6 ( 4 )   32 - 37   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 好中球による最前線防衛反応“Neutrophil extracellular traps (NETs)”と免疫血栓 招待

    三浦直樹

    MPアグロジャーナル   45   14 - 17   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.83-85

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   6 ( 3 )   103 - 105   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第10回) 急性&慢性炎症と組織恒常性に適材適所で働く"マクロファージ"のDiversity

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   6 ( 2 )   34 - 40   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.80-82

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   6 ( 1 )   102 - 104   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第9回) 細胞内のタンパク質の機能管理機構"ユビキチン・プロテアソーム系"と炎症

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   6 ( 1 )   38 - 45   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.77-79

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   5 ( 5 )   103 - 105   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第8回) 細胞内炎症誘導の立役者"インフラマソーム(Inflammasome)"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   5 ( 4 )   44 - 49   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.72-76

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   5 ( 3 )   102 - 104   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第7回) TLRs以外にもある"自己も非自己も認識して炎症誘導するPRRs達"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   5 ( 3 )   48 - 53   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 牛凍結精液の人工授精や受精卵移植の受胎率向上を確認ー牛生殖細胞の新たな凍結保存法を開発

    三浦直樹、窪田力

    DAIRYMAN   70 ( 5 )   76 - 79   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.68-72

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   5 ( 1 )   103 - 105   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症6:血管内の炎症:播種性血管内凝固症候群:”disseminated intravascular coagulation: DIC”

    三浦直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   5 ( 1 )   18 - 26   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第6回) 血管内の炎症 播種性血管内凝固症候群"disseminated intravascular coagulation:DIC"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   5 ( 1 )   17 - 26   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • LPS誘導ウサギDICモデルにおけるDIC初期の血小板の動向:血栓形成の可視化による検索

    岩永朋子, 齋藤靖生, 畑井仁, 永里朋香, 伊藤隆史, 福島隆治, 高橋雅, 丸山征郎, 三浦直樹

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd   2020年

     詳細を見る

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.63-67

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   4 ( 5 )   103 - 105   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第5回) "無菌的炎症(sterile inflammation)"と"自己炎症性(autoinflammation)疾患"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   4 ( 4 )   12 - 17   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.58-62

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   4 ( 4 )   103 - 105   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症4:新しい細胞間情報伝達分子”エクソソーム(Exosome)”と炎症

    三浦直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   15   18 - 25   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 安全に確実に経口投与する新しい投薬器~より安全に、猫も人もwin winになる方法~

    三浦直樹、岩永朋子

    MPアグロジャーナル   38   18 - 21   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第4回) 新しい形の細胞間情報伝達分子"エクソソーム(Exosome)"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   4 ( 3 )   18 - 25   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.52-57

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   4 ( 2 )   103 - 105   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症3:生命活動のファインチューナー”microRNA”と炎症

    三浦直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   14   16 - 24   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第3回) 生命活動のファインチューナー"microRNA"と炎症

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   4 ( 2 )   16 - 24   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 炎症2:炎症最前線で防波堤となる好中球”Neutrophil extracellular traps(NETs)とNETosis”

    三浦直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   13   26 - 32   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第2回) 炎症最前線で防波堤となる好中球"Neutrophil extracellular traps(NETs)とNETosis"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   4 ( 1 )   26 - 32   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • アマミノクロウサギの潜在精巣の1例

    前谷史恵, 落合晋作, 桜井普子, 伊藤圭子, 三浦直樹, 岩永朋子, 古澤悠, 大和修

    動物園水族館雑誌   60 ( 4 )   2019年

     詳細を見る

  • 原発性上皮小体機能亢進症の犬4例におけるCT検査の検討

    岩永朋子, 高橋香, 蔵元智英, 十川英, 齋藤靖生, 三浦直樹, 畑井仁, 一二三達郎, 三好宣彰, 桃井康行

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.47-51

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   3 ( 6 )   103 - 105   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.42-46

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   3 ( 45 )   102 - 105   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 新規血栓・凝固能のモニタリング装置のT-TAS

    三浦直樹、岩永朋子

    MPアグロジャーナル   35   14 - 17   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症1:炎症惹起の刺激誘導分子”DAMPs”

    三浦直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   12   17 - 24   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 炎症(第1回) 炎症惹起の刺激誘導分子"DAMPs"

    三浦 直樹

    Veterinary Immunology for Practitioners   3 ( 4 )   17 - 24   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物アレルギー検査(株)  

  • 症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(Case 27) 子牛の肋骨骨折

    安藤 貴朗, 本川 裕介, 藤川 拓郎, 乙丸 孝之介, 三浦 直樹, 窪田 力

    臨床獣医   36 ( 10 )   8 - 11   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.38-41

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   3 ( 4 )   84 - 86   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.34-37

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   3 ( 2 )   95 - 97   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛のレントゲン撮影の基礎とピットフォール 査読

    三浦直樹

    産業動物臨床医誌   8   269 - 275   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.29-33

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   3 ( 1 )   103 - 105   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【炎症・免疫疾患とmicroRNA】乳腺炎で変化する乳汁中のmicroRNA ウシの乳腺炎乳汁の炎症関連microRNAレベル 招待

    三浦 直樹, Lai Yu-Chang

    臨床免疫・アレルギー科   69 ( 1 )   53 - 59   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)の血栓性疾患の評価

    三浦直樹, 岩永朋子, 齋藤靖夫, 高橋雅, 福島隆治

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 胸腺腫関連性剥離性皮膚炎が疑われた猫に対しシクロスポリンの単剤投与が有効であった1症例

    十川英, 蔵元智英, 高橋香, 須永隆文, 齋藤靖男, 三浦直樹, 藤木誠, 畑井仁, 三好宣彰, 一二三達郎, 一二三達郎, 高橋雅, 遠藤泰之, 遠藤泰之

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 犬の骨盤内膣腫瘤の術前検査としてのMRIの有用性の検討

    蔵元智英, 十川英, 須永隆文, 齋藤靖生, 三浦直樹, 一二三達郎, 一二三達郎, 畑井仁, 三好宣彰, 藤木誠, 遠藤泰之, 遠藤泰之

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus-Formation System:T-TAS)の臨床使用例

    岩永朋子, 市川華帆, 齋藤靖生, 高橋雅, 福島隆治, 三浦直樹

    日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集   2017   2018年

     詳細を見る

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.25-28

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 6 )   99 - 101   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.20-24

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 5 )   143 - 145   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院リニューアルの目的と展望

    三浦直樹

    MPアグロジャーナル   31   12 - 15   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:MPアグロ株式会社  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.16-19

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 4 )   103 - 105   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.12-15

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 3 )   103 - 105   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.9-11

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 2 )   104 - 105   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.5-8

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   2 ( 1 )   103 - 105   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するクロピドグレルによる抗血栓治療の評価

    山田修作, 安川洋子, 河口貴恵, 橋本梨那, 大沼悠輝, 本野翔太, 永里朋香, 丸山征郎, 岩永朋子, 三浦直樹, 福島隆治

    日本獣医麻酔外科学雑誌   48 ( Supplement 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)の臨床使用例

    市川華帆, 岩永朋子, 齋藤靖夫, 十川英, 蔵元智英, 古澤悠, 高橋香, 須永隆文, 高橋雅, 福島隆治, 三浦直樹

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するダルテパリンによる抗血栓治療の効果

    安川洋子, 山田修作, 河口貴恵, 吉村有正, 橋本梨那, 大沼悠輝, 本野翔太, 永里朋香, 丸山征郎, 岩永朋子, 三浦直樹, 福島隆治

    日本獣医麻酔外科学雑誌   48 ( Supplement 1 )   2017年

     詳細を見る

  • 文献アーカイブ―獣医学/医学の視点からー No.1-4

    三浦直樹

    伴侶動物画像診断   1 ( 2 )   103 - 105   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 門脈疾患における画像診断のポイント

    三浦直樹

    Comparative Animal Practice   31 ( 12 )   14 - 27   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 診療ステップアップ 止血異常と血液凝固(Part3) 血液凝固疾患の新規治療薬と新規モニタリング 血栓・凝固薬のモニタリング トロンボエラストグラフィーとT-TAS

    岩永 朋子, 三浦 直樹

    J-VET   29 ( 12 )   65 - 75   2016年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 【門脈疾患の鑑別〜PSSの診断・治療アップデート〜】門脈疾患における画像診断のポイント

    三浦 直樹

    CAP: Companion Animal Practice   31 ( 12 )   14 - 27   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 直ぐに分かる簡単なMRI検査の概要とイヌの脳梗塞の画像診断

    三浦直樹

    MPアグロジャーナル   27   18 - 21   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:MPアグロ株式会社  

  • 症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(Case 11) 黒毛和種子牛における下腿骨骨折の一例

    本川 裕介, 安藤 貴朗, 藤川 拓郎, 齋藤 靖生, 乙丸 孝之介, 三浦 直樹, 藤木 誠, 窪田 力

    臨床獣医   34 ( 10 )   44 - 48   2016年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第22回)(Case[22]) 間欠的な嘔吐を示した犬の1例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   12 ( 8 )   78 - 86   2016年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 動物モデルではヒトの動脈硬化をどこまで再現できるのか? マイクロミニピッグを用いた医学研究の現状

    谷本 昭英, 川口 博明, 三好 和睦, 大竹 正剛, 三浦 直樹, 野口 倫子

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   48回   110 - 110   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  • Close Up! 猫の炎症マーカー 血清アミロイドA(SAA)を使いこなす! SAAの検査の現状と臨床現場での応用

    桃井 康行, 上山 裕弥, 花野 みなみ, 三浦 直樹

    CAP: Companion Animal Practice   31 ( 5 )   62 - 65   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 胸部のX線画像 症例からみる胸部の画像診断(第19回)(Case19) 改善と悪化を繰り返す発咳がみられた犬の1例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   12 ( 1 )   94 - 103   2016年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例

    山崎裕毅, 川畑貴裕, 澤真理子, LAI Yu-Chang, 矢吹映, 三浦直樹

    日本獣医師会雑誌   69 ( 6 )   2016年

     詳細を見る

  • 炎症を伴った軟部組織原発性リンパ腫の猫2例

    松永文, 山崎裕毅, 徳永暁, 十川英, 瀬戸口明日香, 三浦直樹

    日本獣医師会雑誌   69 ( 12 )   2016年

     詳細を見る

  • 症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(Case 6) 重症肺炎を発症した黒毛子牛

    帆保 誠二, 石川 真悟, 三浦 直樹

    臨床獣医   33 ( 12 )   44 - 48   2015年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)緑書房  

  • バルプロ酸処理を用いた体細胞クローンマイクロミニピッグの作出

    前田昂亮, 秋岡幸兵, 野口倫子, 三浦直樹, 川口博明, 谷本昭英, 三好和睦

    日本暖地畜産学会報   58 ( 2 )   311   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第16回)(Case16) 嘔吐を主訴に来院した猫の1例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   11 ( 8 )   54 - 63   2015年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(Case 3) 黒毛和種育成雌牛における尿膜管開存

    安藤 貴朗, 藤川 拓郎, 齋藤 靖生, 三浦 直樹, 窪田 力

    臨床獣医   33 ( 6 )   52 - 55   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 超小型ミニブタを用いた超短期動脈硬化増強モデルの開発

    野口 倫子, 丸山 征郎, 谷本 昭英, 川口 博明, 三浦 直樹

    先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度   220 - 222   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)先進医薬研究振興財団  

  • 胸部のX線画像 症例からみる胸部の画像診断(第13回)(Case13) 発咳と呼吸促迫、間欠的な嘔吐を認めた犬の1例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   11 ( 1 )   83 - 94   2015年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬の心房血および末梢血における血栓形成能の継時的変化

    平尾大樹, 山田修作, 河口貴恵, 和田智樹, 島田香寿美, 丹野耕作, 永里朋香, 丸山征郎, 三浦直樹, 岩永朋子, 福島隆治

    日本獣医麻酔外科学雑誌   46 ( Supplement 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 膵炎と肺高血圧症を併発した犬の全血血栓形成観測システムによる血小板&凝固能検査の可能性

    岩永朋子, 福島隆治, 山田修作, 平尾大樹, 永里朋香, 丸山征郎, 三浦直樹

    日本獣医麻酔外科学雑誌   46 ( Supplement 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 呼吸困難を主訴とした子牛の唾液腺嚢胞の1例

    羽生 奈々子, 安藤 貴朗, 三浦 直樹, 藤木 誠, 川口 博明, 窪田 力

    日本獣医師会雑誌   67 ( 12 )   938 - 938   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • 腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第11回)(Case11) 食欲低下を主訴に来院した猫の2例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   10 ( 10 )   52 - 64   2014年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 犬の肝細胞癌特異的microRNAの発現変化解析

    片野田 祐介, 川口 博明, 岩永 朋子, 三好 宣彰, 桃井 康行, 三浦 直樹

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回   482 - 482   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Potential of the Angiotensin Receptor Blockers (ARBs) Telmisartan, Irbesartan, and Candesartan for Inhibiting the HMGB1/RAGE Axis in Prevention and Acute Treatment of Stroke. (vol 14, pg 18899, 2013)

    Kiyoshi Kikuchi, Salunya Tancharoen, Takashi Ito, Yoko Morimoto-Yamashita, Naoki Miura, Ko-ichi Kawahara, Ikuro Maruyama, Yoshinaka Murai, Eiichiro Tanaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   15 ( 4 )   5410 - 5411   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MDPI AG  

    DOI: 10.3390/ijms15045410

    Web of Science

  • 世界初マイクロミニピッグ動脈硬化モデルの開発 脂質代謝と系統の関連について

    三浦 直樹

    医科学応用研究財団研究報告   31   419 - 421   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団  

  • 第三の家畜 実験動物としてのミニブタ 世界最小のマイクロミニピッグ

    谷本 昭英, 川口 博明, 野口 倫子, 三浦 直樹, 大竹 正剛

    病理と臨床   32 ( 1 )   92 - 96   2014年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 第三の家畜 実験動物としてのミニブタ 世界最小のマイクロミニピッグ

    谷本 昭英, 川口 博明, 野口 倫子, 三浦 直樹, 大竹 正剛

    病理と臨床   32 ( 1 )   92 - 96   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 胸部X線画像―症例から見る胸部の画像診断ー.

    三浦直樹.

    CLINIC NOTE   9 ( 10 )   59 - 67   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第5回)(Case 5) 食欲不振を主訴に来院した猫の2例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   9 ( 10 )   59 - 67   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 乳腺腫瘍罹患犬の血清microRNA解析

    片野田祐介, 前村忠, 川口博明, 伊藤敏生, 花野みなみ, 岩永朋子, 三好宣彰, 桃井康行, 三浦直樹

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th   343 - 343   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

    J-GLOBAL

  • 腹部エコーを読む―症例から学ぶ腹部超音波検査所見ー.

    三浦直樹.

    CLINIC NOTE   9 ( 1 )   8 - 14   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • MRIの適応と病態から知るMRIの異常所見.

    三浦直樹.

    CAP   28 ( 1 )   19 - 34   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 胸部のX線画像 症例からみる胸部の画像診断(Case1) 間歇的な発作性の発咳がみられた猫の1例

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   9 ( 1 )   8 - 14   2013年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 【やさしく学べるMRI 正常像と読影法】MRIの適応と読影法 病態から知る異常所見

    三浦 直樹

    CAP: Companion Animal Practice   28 ( 1 )   19 - 34   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)緑書房  

  • Secondary prevention of stroke: Pleiotropic effects of optimal oral pharmacotherapy (Review). 査読

    Kikuchi K, Kawahara KI, Miura N, Ito T, Morimoto Y, Tancharoen S, Takeshige N, Uchikado H, Sakamoto R, Miyagi N, Kikuchi C, Iida N, Shiomi N, Kuramoto T, Hirohata M, Maruyama I, Morioka M, and Tanaka E.

    Exp Ther Med   4 ( 1 )   3 - 7   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 鹿児島県で多発する犬のシリカ尿結石についての疫学調査

    田崎 由実, 三浦 直樹, 桃井 康行

    J-VET   25 ( 5 )   20 - 23   2012年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 脊髄疾患・関節疾患の画像検査.

    三浦直樹

    CLINIC NOTE   8 ( 4 )   80 - 89   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 大学病院の二次診療 鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院<第3回> 脊髄疾患・関節疾患の画像検査

    三浦 直樹

    CLINIC NOTE   8 ( 4 )   86 - 89   2012年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • マイクロミニピッグを用いた食餌性動脈硬化症モデルの開発

    青江 史貴, 山田 知信, 川口 博明, 三浦 直樹, 和泉 博之, 谷本 昭英, 三好 宣彰

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   153回   213 - 213   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Beyond free radical scavenging: Beneficial effects of edaravone (Radicut) in various diseases. 査読

    Kikuchi K*, Takeshige N*, Miura N*, (*These authors are equally contributed.) Mmrimoto Y, Ito T, Tancharoen S, Miyata K, Kikuchi C, Iida N, Uchikado H, Miyagi N, Shiomi N, Kuramoto T, Maruyama I, Morioka M, Kawahara K

    Exp Ther Med.   3 ( 1 )   3 - 8   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 超音波画像検査を用いた牛の先天性心奇形の臨床診断

    星野友哉, 安藤貴朗, 窪田力, 三浦直樹, 岩永朋子, 川口博明, 三好宣彰

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2012   47   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 雑種犬家系に認められたサンドホフ病(GM2ガングリオシドーシス0亜型):新規病原性変異の同定

    神山萌子, 吉野吉秋, 矢吹映, 川崎安亮, 三浦直樹, 川口博明, RAHMAN Mohammad Mahbubur, 水上圭二郎, 大和修

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2012   102   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 虚血条件下での神経様細胞におけるエダラボンのHMGB1に対する効果

    菊池 清志, 川原 幸一, 松田 史代, 伊藤 隆史, 森元 陽子, Tancharoen Salunya, 三浦 直樹, 竹重 暢之, 折戸 公彦, 山下 伸, 内門 久明, 宮城 尚久, 塩見 直人, 倉本 晃一, 徳富 孝志, 重森 稔, 坂本 六大, 菊池 千恵美, 飯田 成美, 吉田 義弘, 橋口 照人, 丸山 征郎, 森岡 基浩, 田中 永一郎

    神経外傷   34 ( 2 )   225 - 227   2011年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本脳神経外傷学会  

  • 馬の頸椎損傷の画像診断例

    村田 大紀, 三浦 直樹, 松元 光春, 三好 宜彰, 藤木 誠, 三角 一浩

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   64 ( 9 )   703 - 707   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本獣医師会  

    DOI: 10.12935/jvma.64.703

  • 小動物診療のエビデンス 消化器疾患 膵炎 CT検査

    三浦 直樹

    J-VET   24 ( 7 )   19 - 24   2011年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • Potential of edaravone for neuroprotection in neurologic diseases that do not involve cerebral intarction. 査読

    Kikuchi K, Kawahara K , Uchikado H, Miyagi N, KuramotoT, Miyagi T, Morimoto Y, Ito T, Tancharoen S, Miura N, Takenouchi K, Oyama Y, Shrestha B, Matsuda F, Yoshida Y, Arimura S, Mera K, Tada K, Yoshinaga N, Maenosono R, Ohno Y, Hashiguchi T, Maruyama I, Shigemori M

    Exp Ther Med   2 ( 5 )   771 - 775   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【血栓症に関するQ&A(PART6)】血液凝固・線溶系 宿主RNAと第XII因子の関係をご説明ください

    三浦 直樹

    血栓と循環   19 ( 1 )   145 - 147   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • 生命科学研究に最適な非齧歯類実験動物の超小型ミニブタ 高脂肪・高コレステロール餌で誘導される新規アテローム性動脈硬化症モデル(Microminipig, a Non-rodent Experimental Animal Optimized for Life Science Research: Novel Atherosclerosis Model Induced by High Fat and Cholesterol Diet)

    Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki, Fujiki Makoto, Horiuchi Masahisa, Izumi Yasukatsu, Miyajima Hiroaki, Nagata Ryoichi, Misumi Kazuhiro, Takeuchi Toru, Tanimoto Akihide, Yoshida Hiroki

    Journal of Pharmacological Sciences   115 ( 2 )   115 - 121   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

  • 犬の脊柱管内脂肪織炎の画像診断例

    村田大紀, 三浦直樹, 岩永朋子, 徳永暁, 矢吹映, 三好宣彰, 北野吉秋, 桃井康行, 藤木誠

    日本獣医皮膚科学会学術大会・総会   14th ( Vol.1 )   2011年

     詳細を見る

  • 赤芽球の成熟異常により貧血を呈した猫の1例

    岩永朋子, 三浦直樹, 三浦直樹, 三好宣彰, 桃井康行

    日本獣医皮膚科学会学術大会・総会   14th ( Vol.1 )   2011年

     詳細を見る

  • 犬の膝に形成したガングリオンシストの1例

    村田大紀, 三浦直樹, 三浦直樹, 岩永朋子, 徳永暁, 矢吹映, 三好宣彰, 川口博明, 藤木誠

    日本産業動物獣医学会(九州)・日本小動物獣医学会(九州)・日本獣医公衆衛生学会(九州)   2011   113   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • ミノサイクリンは、虚血条件下のPC12細胞において、無酸素無糖培養が誘導するHMGB1放出とHMGB1が誘導するアポトーシスを減弱する

    菊池 清志, 川原 幸一, 内門 久明, 宮城 尚久, 倉本 晃一, 宮城 知也, 森元 陽子, 伊藤 隆史, Tancharoen Salunya, 三浦 直樹, 宮田 圭, 菊池 千恵美, 坂本 六大, 塩見 直人, 橋口 照人, 丸山 征郎, 徳富 孝志, 重森 稔

    神経外傷   33 ( 2 )   241 - 243   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外傷学会  

  • 猫の炎症マーカー 血清アミロイドAを使ってみよう

    花野 みなみ, 三浦 直樹, 上村 利也, 野上 理加, 桃井 康行

    J-VET   22 ( 2 )   66 - 68   2009年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • DICの診断 D-dimerとP-FDPの臨床応用

    古川 誠, 三浦 直樹, 曲 泰男, 上村 利也, 野上 理加, 桃井 康行

    J-VET   22 ( 1 )   70 - 72   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 猫の糖尿病のモニタリングをどうするか グリコアルブミンの応用

    花野 みなみ, 三浦 直樹, 上村 利也, 野上 理加, 桃井 康行

    J-VET   21 ( 12 )   83 - 85   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • Possible role of transcriptional coactivator p300/CBP associated factor and nuclear acetylation in calcium-induced keratinocyte differentiation

    H Kawabata, K Kawahara, T Kanekura, N Araya, H Daitoku, M Hatta, N Miura, A Fukamizu, T Kanzaki, Maruyama, I, T Nakajima

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   119 ( 1 )   275 - 275   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING INC  

    Web of Science

  • 麻酔モニター(BP-508)の終末呼気二酸化炭素分圧と平均動脈圧に対するイヌでの有効性

    藤木 誠, 三浦 直樹, 三角 一浩, 坂本 絋

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery   29 ( 0 )   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Miura N .  COVID-19 impact on livestock industries and mitigation .  28th Annual International Scientific Conference (ASCon XXVIII) , Bangladesh Society for Veterinary Education and Research (BSVER)  Bangladesh Veterinary Association招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:バングラディシュ農業大学 (Web)  

    国際学会

  • Miura N .  The application of small non-coding RNA in the veterinary field. Primarily focus the transcriptome analysis in canine tumor and bovine mastitis .  26th Annual International Scientific Conference (ASCon XXVI) , Bangladesh Society for Veterinary Education and Research (BSVER)  Bangladesh Veterinary Association招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月 - 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:バングラディシュ農業大学  

    国際学会

  • Miura N .  The application of small non-coding RNA in the veterinary field. especially focus the transcriptome analysis in canine tumor and microRNA expression in bovine mastitis. .  The 2nd Veterinary Medicine International Conference 2018 in Collaboration with ADPRC-OHCC"New Wave Bio-X Veterinary Medicine""Strengthen on One Health, Biomedical, Reproduction, Nutrition and Clinical Science".   招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:niversity Airlangga  

  • Miura N .  Transcriptome Analysis (include microRNA and mRNA)of Canine Melanoma, Hepatocellular Carcinoma, Mammary Gland Tumor. .  1st International Congress on Enviroment and Animal Health: Linking endocrine disrupters, epigenetics, biotechnology for cancer in animals.   招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Ankara University  

  • Miura N, Laurie R. Goodrich LR, Misumi K, Burton-Wurster N, Nixon AJ, MacLeod JN. .  Fibronectin Concentration Increases in Synovial Fluid Following Articular Cartilage Injury. .  the American Association of Equine Practitioners  the American Association of Equine Practitioners国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Naoki Miura .  New RNA Application in Veterinary Medicine, Including Canine Tumor and Bovine Mastitis .  Webinar (Dokuz Eylul University)   2022年4月  Dokuz Eylul University招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:web開催   国名:トルコ共和国  

  • Naoki Miura .  Non-coding RNA in veterinary medicine: Focus on canine tumors and bovine mastitis .  Webinar (Ankara University)   2022年2月  Ankara University Veterinary Faculty International Relations Coordination Office招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:web開催   国名:トルコ共和国  

  • Md. Nazmul Hasan, Md Mahfuzur Rahman, Naoki Miura .  Long Non-Coding RNA And tRNA Fragments Profile in Canine Mammary Gland Tumor by Next Generation Sequencing .  6th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2022年2月  国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • 野口亜季、岩永朋子、三浦直樹、十川英、藤木誠 .  総胆管胆石による胆道穿孔をみとめ胆嚢欠損と臨床診断した猫の1例 .  令和3年度日本小動物獣医学会(九州地区)   2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 橋本砂輝、森田真央、島袋泰治、亀田景子、猪狩和明、高橋義明、三浦直樹 .  猫の鼻腔内リンパ腫20例における治療法と予後の検討 .  令和3年度日本小動物獣医学会(九州地区)   2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 上村利也、本川絢賀、河野治郎、三浦直樹、町田登 .  肺高血圧症を呈した肥大型心筋症罹患犬の2例 .  令和3年度日本小動物獣医学会(九州地区)   2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 杉山慶樹、杉山伸樹、三浦直樹 .  椎間板ヘルニア犬54例における血漿CPKとCRPの進行性脊髄軟化症との関連性の検討 .  令和3年度日本小動物獣医学会(九州地区)   2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • Md. Nazmul Hasan, Al Asmaul Husna, Md Mahfuzur Rahman, Hui-Wen Chen, Naoki Miura .  Long non-coding RNA derived small RNA fragments in canine mammary malignant tumor .  SaSSOH 2021, The 9th SapporoSummer Seminor for One healt  2021年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • Yasunori Hino, Md. Mahfuzur Rahman, Al Asmaul Husna, Hui-Wen Chen, Md. Nazmul Hasan, Takayuki Nakagawa, Naoki Miura .  Hypoxic non-coding RNA signature in canine oral melanoma .  SaSSOH 2021, The 9th SapporoSummer Seminor for One healt  2021年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • 野崎 信裕、矢吹 映、三浦 直樹 .  脳脊髄液検査(cerebrospinal fluid: CSF)で蛋白細胞解離が見られた症例のMRI画像検査との関連性 .  日本獣医臨床病理学会2021年次大会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 古澤 悠、十川 英、徳持雄太、齋藤靖生、高橋 雅、三浦直樹、大和 修、矢吹 映 .  細胞診および免疫細胞化学染色により診断された鼻腔内髄外性形質細胞腫の犬の1例 .  日本獣医臨床病理学会2021年次大会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 岩永朋子,齋藤靖生,畑井 仁,永里朋香,伊藤隆史,福島隆治,高橋 雅,細川和也,三浦直樹,丸山征郎 .  LPS投与ウサギモデルにおけるDIC前段階の血小板と白血球の可視化による評価 .  第43回日本血栓止血学会学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • Naoki Miura, .  Veterinary research and educational program in Kagoshima University .  5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2021年2月  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • Naoki Miura, .  Veterinary research and educational program in Kagoshima University .  5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2021年2月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • Md. Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Al Asmaul Husna, Hui-Wen Chen, Md. Nazmul Hasan, Nobuhiro Nozaki, and Naoki Miura .  DIFFERENTIALLY EXPRESSED MICRORNAS RECOGNIZE FAST AND SLOW PROGRESSING CANINE HEPATOCELLULAR CARCINOMA .  5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2021年2月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • Al Asmaul Husna, Md. Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Hui-Wen Chen, Md. Nazmul Hasan, and Naoki Miura .  IDENTIFICATION OF TUMOR SPECIFIC EXOSOMAL MIRNAS BY PROFILING CANINE ORAL MELANOMA .  5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2021年2月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • Hui-Wen Chen, Yu-Chang Lai, Md. Mahfuzur Rahman, Al Asmaul Husna, Md. Nazmul Hasan, Naoki Miura, .  DOWN-REGULATED MIR-1-3P AND MIR-133 FAMILY IN CANINE MAMMARY GLAND TUMOR .  5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)  2021年2月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

    国際学会

  • 井尻萌、Yu-Chang Lai、三浦直樹、藤本佳万、松尾智英、川口博明 .  ブタの大きさの指標としての多脊椎数関連遺伝子NR6A1の有用性 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • Al Asmaul Husna、Md. Mahfuzur Rahman、Yu-Chang Lai、Hui-Wen Chen、Md. Nazmul Hasan、中川貴之、三浦直樹、 .  Exosomal miRNAs profile in canine oral melanoma .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • Hui-Wen Chen、Yu-Chang Lai、Md. Mahfuzur Rahman、Al Asmaul Husna、Md. Nazmul Hasan、畑井仁、三好宣彰、三浦直樹 .  MicroRNAs differential expression profile in Canine Mammary Gland Tumor by Next-Generation Sequencing .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • 岩崎隆、Md. Mahfuzur Rahman、Yu-Chang Lai、Al Asmaul Husna、Hui-Wen Chen、Md. Nazmul Hasan、野崎信裕、畑井仁、三好宣彰、三浦直樹 .  MicroRNA transcriptome profile of canince hepatocellular carcinoma .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • 岩永朋子、齋藤靖生、畑井仁、永里朋香、伊藤隆史、丸山征郎、三浦直樹 .  LPS誘導ウサギDICモデルにおけるDIC世s器の血小板の動向:血栓形成の可視化による検索 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • Md. Mahfuzur Rahman、Yu-Chang Lai、Al Asmaul Husna、Hui-Wen Chen、Md. Nazmul Hasan、中川貴之、三浦直樹 .  Identification of hypoxia-regulated miRNA signature in canine oral melanoma .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(web開催)  

  • 岩永朋子、高橋香、蔵元智英、十川英、齋藤靖生、三浦直樹、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、桃井康行 .  原発性上皮小体機能亢進症の犬4例におけるCT検査の検討 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 古澤悠、須永隆文、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、三浦直樹 .  超音波検査とCT検査で臨床診断した全身性アミロイドーシスの猫の1例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 橋本砂輝、森田真央、島袋泰治、亀田景子、三浦直樹 .  猫の足根部に発生した皮膚型リンパ腫の1例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 多々良蒼真、三浦直樹 .  無麻酔CT検査の方法と診断能・適応症など有用性の検討 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 高橋香、三浦直樹、齋藤靖生、十川英、蔵元智英、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、藤木誠、桃井康行、遠藤泰之 .  歯性感染症により骨破壊を伴う炎症性腫瘤が形成された猫の2症例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 上村利也、古川絢賀、瀬戸山健太郎、三浦直樹、町田登 .  肺高血圧を呈した犬9例における肺の病理組織 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 岩永朋子、高橋香、蔵元智英、十川英、齋藤靖生、三浦直樹、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、桃井康行 .  原発性上皮小体機能亢進症の犬4例におけるCT検査の検討 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 古澤悠、須永隆文、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、三浦直樹 .  超音波検査とCT検査で臨床診断した全身性アミロイドーシスの猫の1例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 橋本砂輝、森田真央、島袋泰治、亀田景子、三浦直樹 .  猫の足根部に発生した皮膚型リンパ腫の1例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 多々良蒼真、三浦直樹 .  無麻酔CT検査の方法と診断能・適応症など有用性の検討 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 高橋香、三浦直樹、齋藤靖生、十川英、蔵元智英、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、藤木誠、桃井康行、遠藤泰之 .  歯性感染症により骨破壊を伴う炎症性腫瘤が形成された猫の2症例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 上村利也、古川絢賀、瀬戸山健太郎、三浦直樹、町田登 .  肺高血圧を呈した犬9例における肺の病理組織 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 高橋香、三浦直樹、齋藤靖生、十川英、蔵元智英、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、藤木誠、桃井康行、遠藤泰之 .  歯性感染症により骨破壊を伴う炎症性腫瘤が形成された猫の2症例 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 上村利也、古川絢賀、瀬戸山健太郎、三浦直樹、町田登 .  肺高血圧を呈した犬9例における肺の病理組織 .  令和元年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第68回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランデはがくれ(佐賀県)  

  • 酒匂夏美、三浦直樹、谷崎ゆり、佐野あすか、谷村明香里、助広和隆、松元大地、原田実咲希、一丸由里子、古市汐美、大山愛史、遠藤泰之 .  猫の投薬における投薬器使用の推進 .  第15回日本獣医内科学アカデミー(JCVIM2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • Miura N .  small noncoding RNA (microRNA) as a new biomarkers in bovine mastitis. .  BIT's 7th Annual World Congress of Food and Nutrition-2018  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Holiday Inn Singapore Atrium  

  • 三浦直樹、岩永朋子、齋藤靖夫、高橋雅、福島隆治 .  全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System: T-TAS)の血栓性疾患の評価 .  平成30年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 宮ノ前琢磨、三浦直樹、安藤貴朗、窪田力 .  牛の新規耳標装着器による耳片採取の活用 .  平成30年度⽇本産業動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 蔵元智英、十川 英、須永隆文、齋藤靖男、三浦直樹、 一二三達郎、畑井 仁、三好宣彰、藤木 誠、遠藤泰之 .  犬の骨盤内膣腫瘤の術前検査としてのMRIの有用性の検討 .  平成30年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 十川 英、蔵元智英、高橋 香、須永隆文、齋藤靖男、三浦直樹、藤木 誠、 一二三達郎、畑井 仁、三好宣彰、高橋 雅、遠藤泰之 .  胸腺腫関連性剥離性皮膚炎が疑われた猫に対しシクロスポリンの単剤投与が有効であった1症例 .  平成30年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 杉山慶樹、藁戸由樹、三浦直樹、杉山伸樹 .  神経及び筋生検後に多発性ニューロパシーを疑った犬の1例 .  平成30年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 橋本 砂輝、森田 真央、島袋 泰治、亀田 景子、三浦 直樹 .  常用電圧X線発生装置による緩和的放射線治療を行った犬の口腔内悪性メラノーマ12症例 .  平成30年度⽇本⼩動物獣医学会(九州地区)第67回九州地区獣医師⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 緒方和子、阿部真宇、山之内忠幸、松田秀雄、玄優基、三浦直樹、橋谷田豊 .  ウシ精子の非凍結低温保存における不凍ポリアミノ酸および抗酸化剤の効果 .  第111回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学  

  • Lai YC, Lai YT, Rahman MM, Fujikawa T, Ando T, Kitahara G, Koiwa M, Kubota C, Miura N. .  Application of microRNA biomarkers in Bovine Mastitis Milk. .  The 30th World Buiatrics Congress.   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月 - 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Sapporo Convention Center  

  • 陳田 能央、永吉 貴子、坂本 紘、中島 利博、三浦 直樹 .  ミトコンドリア活性をターゲットとした新規サプリメントの犬の肥満に対する効果の検証 .  第14回日本獣医内科学アカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • 窪田力、三浦直樹、藤川拓郎、玄丞烋 .  黒毛和牛の受精卵・精子の凍結保存 .  第17回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • 谷村 明香里、三浦 直樹、岩永 朋子、遠藤 泰之 .  鹿児島大学動物病院で行っている無麻酔CT検査における保定法 .  第14回日本獣医内科学アカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • 岩永朋子, 市川華帆, 齋藤靖夫, 十川英, 蔵元智英, 古澤悠, 高橋香, 須永隆文, 高橋雅, 福島隆治, 三浦直樹 .  新規?液凝固能検査としての全??栓形成観測システム(Total Thrombus- Formation System:T-TAS)の臨床使?例 .  平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府国際コンベンションセンター  

  • Md. Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Norio Ushio, Yukiko Tanaka, Hitoshi Hatai, Takayuki Nakagawa, Noriaki Miyoshi, Naoki Miura .  microRNA-mRNA transcriptomic crosstalk of canine melanoma .  第40回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸ポートアイランド  

  • 本川祐介、藤川拓郎、綿屋健太、川崎安亮、乙丸孝之介、安藤貴明、三浦直樹、窪田力 .  起立困難を呈した黒毛和種牛のX線、CTおよびMRI検査による画像診断 .  第38回動物臨床医学会年次⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場  

  • 陣田能央, 齋藤靖夫, 蔵元智英, 三浦直樹 .  脳梗塞と診断した犬の臨床症状、画像検査(CT、MRI)の特徴の評価 .  平成29年度日本小動物獣医学会(九州地区)第66回九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター  

  • 市川華帆, 岩永朋子, 齋藤靖夫, 十川英, 蔵元智英, 古澤悠, 高橋香, 須永隆文, 高橋雅, 福島隆治, 三浦直樹 .  新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus- Formation System:T-TAS)の臨床使用例 .  平成29年度日本小動物獣医学会(九州地区)第66回九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター  

  • 川口博明, 安藤貴朗, 畑添至, 入來俊久, 古賀周治, 山田峰也, 中武貞文, 小澤真, 三浦直樹, 谷本昭英 .  ICTによる24時間牛体温遠隔モニターシステムの開発 .  第160回日本獣医学会学術集会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • Y. Kakihanaa, C. Kamikokuryoa, H. Furubeppua, Y. Madokoroa, T. Futatsukia, S. Miyamotoa, H. Harauraa, K. Hatanakaa, Y. Saitob, N. Miurab, H. Suzukic, Y. Uedac, T. Yasudaa, T. Itoa .  Monitoring of brain oxygenation during and after cardiopulmonary resuscitation - A prospective porcine study .  45th. Annual meeting of ISOTT in Halle  the International Society on Oxygen Transport to Tissue (ISOTT)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Halle, Germany  

  • 三浦直樹 .  牛の臨床ー画像診断の今ー .  九州産業動物臨床研究会  九州産業動物臨床研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:佐賀市  

  • Tomoko Iwanaga, Shusaku Yamada, Ryuji Fukushima, Tomoka Nagasato, Ikuro Maruyama, Naoki Miura .  Novel Thrombogenicity Examination of Whole Blood: Total Thrombus-formation Analysis System in Dogs .  ACVIM 2017  ACVIM国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:National Harbor, MD, USA  

  • 安川洋子, 山田修作, 河口貴恵, 平尾大樹, 橋本梨那, 長里朋香, 丸山征郞, 三浦直樹, 岩永朋子, 福島隆治 .  出血傾向を全血血栓形成観測システム(T-TAS)により確認できた犬の3 例 .  第37回動物臨床医学会年次大会  動物臨床医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場  

  • 三浦直樹,賴 昱璋,安藤貴朗,北原豪,小岩政照,窪田 力 .  牛乳房炎乳汁の新規バイオマーカー候補マイクロRNA探索 .  第37回動物臨床医学会年次大会  動物臨床医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場  

  • 蔵元智英, 十川英, 藤木誠, 三浦直樹 .  術中急性脳梗塞が強く疑われた犬の1例 .  平成28年度日本小動物獣医学会(九州地区)第65回九州地区獣医師大会  日本獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千草ホテル、北九州市  

  • 十川英, 須永隆文, 松尾智英, 三浦直樹, 遠藤泰之 .  CT検査が有用であった犬の肺吸虫症の2例 .  平成28年度日本小動物獣医学会(九州地区)第65回九州地区獣医師大会  日本獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千草ホテル、北九州市  

  • 本川裕介, 乙丸孝之介, 五位塚勝利, 藤川拓郎, 斉藤靖生, 畑井仁, 安藤貴朗, 三浦直樹, 三好宣彰, 窪田力 .  黒毛和種子牛の腹部体表にみられたメラノサイトーマの一例 .  平成28年度日本産業動物獣医学会(九州地区)第65回九州地区獣医師大会  日本獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千草ホテル、北九州市  

  • 安藤貴朗, 本川裕介, 本藤川拓郎, 齋藤靖男, 乙丸孝之介, 三浦直樹, 藤木 誠, 窪田力 .  下腿骨骨折に対して髄内ピンと外固定を併用した黒毛和種子牛の一例 .  平成28年度日本産業動物獣医学会(九州地区)第65回九州地区獣医師大会  日本獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千草ホテル、北九州市  

  • 窪田力、三浦直樹、藤川拓郎、玄丞烋 .  黒毛和牛の受精卵・精子の凍結保存 .  第17回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月 - 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • 村田大紀、吉田年伸、宮田健二、三浦直樹、松元光春、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  ウマの頚椎損傷に対する画像診断検査の1例 .  日本ウマ科学会 第23回 学術集会  日本ウマ科学会 第23回 学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 德永 暁、政岡和彦、新井 恒、村田大紀、三浦直樹、矢吹 映、藤木 誠、三角一浩 .  肺扁平上皮癌により肥大性骨症を発症した犬の治療経過 .  平成22年度 日本小動物獣医学会  平成22年度 日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 村田大紀、吉田年伸、宮田健二、三浦直樹、松元光春、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  ウマの頚椎損傷に対する画像診断検査の1例 .  平成22年度 九州地区三学会  平成22年度 九州地区三学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Kikuchi Kikuchi、Naohisa Miyagi、Ko-ichi Kawahara、Yoko Morimoto、Naoki Miura、Teruto Hashiguchi、IkuroMaruyama、 Hisaaki Uchikado .  Edaravone attenuates the cerebral ischemic injury by inhibiting aquaporine-4 .  第29回国際臨床神経生理学会  第29回国際臨床神経生理学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:神戸  

    国際学会

  • 菊池清志、 宮城尚久、 内門久明、川原幸一、森元陽子、三浦直樹、橋口照人、丸山征郎、徳富孝志、重森稔 .  Minocycline attenuates both OGD-induced HMGB1 release and HMGB1-induced cell death in ischemic neuronal injury in PC12 cells .  第25回日本脊髄外科学会  第25回日本脊髄外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • Binita Shrestha, Teruto Hashiguchi, Takashi Ito, Naoki Miura, Kazunori Takenouchi, Yoko Oyama, Ko-ichi Kawahara, Salunya Tancharoen, Yuya Ki-i, Noboru Arimura, Narimasa Yoshinaga, Satoshi Noma, Takao Nitanda, Shinichi Kitajima, Kimiyoshi Arimura, Masahiro Sato, Taiji Sakamoto and Ikuro Maruyama. .  Immunomodulatory role of VEGF-A .  第33回日本血栓止血学会学術集会  第33回日本血栓止血学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 菊池清志、川原幸一、Kamal Krishna Biswas、伊藤隆史、三浦直樹、森元陽子、田島裕、倉本晃一、中山顕児、橋口照人、丸山征郎、 重森稔 .  The effect of Minocycline on HMGB1 in PC12 cells .  第33回日本血栓止血学会学術集会  第33回日本血栓止血学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Kiyoshi Kikuchi, Ko-ichi Kawahara, Yoko Morimoto, Naoki Miura, Teruto Hashiguchi, Ikuro Maruyama, Yutaka Tajima, Hisaaki Uchikado, Terukazu Kuramoto, Kenji Nakayama, Minoru Shigemori .  Minocycline attenuates both OGD-induced HMGB1 release and HMGB1-induced cell death in ischemic neuronal injury in PC12 cells .  2nd International Congress of Asia Oceania Neurotrauma Society  2nd International Congress of Asia Oceania Neurotrauma Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo  

    国際学会

  • 菊池清志、宮城尚久、川原幸一、森元陽子、三浦直樹、橋口照人、丸山征郎、徳富孝志、重森稔 .  無酸素無糖条件下での神経様細胞におけるミノサイクリンのHMGB1に対する効果 .  第33回日本神経外傷学会  第33回日本神経外傷学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 伊藤敏生、三浦直樹、桃井康行 .  三叉神経痛が疑われた猫の一例 .  日本獣医内科アカデミー 2010年大会  日本獣医内科アカデミー 2010年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 仁位紀生、三浦直樹、藤木 誠、桃井康行 .  脊髄疾患が疑われるイヌに対する無麻酔CT検査の有用性 .  日本獣医内科アカデミー 2010年大会  日本獣医内科アカデミー 2010年大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 菊池清志、川原幸一、Kamal Krishna Biswas、伊藤隆史、Salunya Tancharoen、森元陽子、三浦直樹、大山陽子、竹之内和則、名和由布子、孟 暁潔、Binita Shrestha、鮫島寿代、大野佳子、前之園隆一、田島裕、倉本晃一、中山顕児、重森稔、橋口照人、丸山征郎 .  Minocycline attenuates both OGD-induced HMGB1 release and HMGB1-induced cell death in ischemic neuronal injury in PC12 cells .  第32回日本分子生物学会  第32回日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 德永 暁、上窪良和、川崎安亮、三浦直樹、藤木 誠、三角一浩 .  連続背側椎弓切除術を行った頚椎不安定症の犬の1例 .  平成21年度 日本小動物獣医学会 九州地区大会  平成21年度 日本小動物獣医学会 九州地区大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 井ノ口義哲、川口博明、宮本陽子、三好宣彰、三浦直樹、德永暁、藤木誠、三角一浩、堀内正久、金子直樹、宮嶌宏彰、安田宣紘 .  高脂肪および高コレステロール食によるマイクロミニピッグ動脈硬化モデルの作出 .  第58回 九州地区獣医師大会並びに平成21年度日本獣医三学会(九州)  第58回 九州地区獣医師大会並びに平成21年度日本獣医三学会(九州)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 菊池清志、川原幸一、伊藤隆史、森元陽子、三浦直樹、田島裕、倉本晃一、橋口照人、丸山征郎、中山顕児、重森稔 .  PC12細胞を用いた虚血モデルにおけるミノサイクリンの効果 .  日本脳神経外科学会 第68回学術総会  日本脳神経外科学会 第68回学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 菊池清志、川原幸一、Salunya Tancharoen、松田史代、伊藤隆、Kamal K Biswa、竹之内和則、大山陽子、名和由布子、三浦直樹、有村昇、孟暁潔、Binita Shrestha、田島裕、倉本晃一、中山顕児、重森稔、吉田義弘、橋口照人、丸山征郎 .  新規脳梗塞のマーカー;HMGB1 .  第56回日本臨床検査医学会学術集会  第56回日本臨床検査医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Binita Shrestha, Teruto Hashiguchi, Takashi Ito, Naoki Miura, Kazunori Takenouchi, Yoko Oyama, Ko-ichi Kawahara, Yuya Ki-i, Noboru Arimura, Narimasa Yoshinaga, Satoshi Noma, Takao Nitanda, Shinichi Kitajima, Kimiyoshi Arimura, Masahiro Sato, Taiji Sakamoto and Ikuro Maruyama. .  B cell-derived VEGF-A promotes lymphangiogenesis in lymph nodes but suppresses the ensuing immune responses. .  The 56th National Congress of Japanese Society of Laboratory Medicine  The 56th National Congress of Japanese Society of Laboratory Medicine

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 古川誠、三浦直樹、曲泰男、神保聖一、上村利也、野上理加、桃井康行 .  DICの診断 -D-dimerとP-FDPの臨床応用- .  日本獣医内科アカデミー 2009年大会  日本獣医内科アカデミー 2009年大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 花野みなみ、三浦直樹、上村利也、野上理加、神保聖一、桃井康行 .  猫の糖尿病モニタリングをどうするか?-グリコアルブミンの応用- .  日本獣医内科アカデミー 2009年大会  日本獣医内科アカデミー 2009年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川原幸一、ビスワズ カマル、伊藤隆史、菊池清志、森元陽子、大山陽子、竹之内和則、名和由布子、孟暁潔、有村昇、スレタ ビニタ、清水利昭、三浦直樹、橋口照人、丸山征郎. .  CRP induces High Mobility Group Box-1 Protein Release through activation of p38MAPK in macrophage cell line RAW264.7 cells. .  第30回日本分子生物学会  第30回日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 三浦直樹、川原幸一、橋口照人、丸山征郎. .  HMGB1&amp;CpG-DNAによる血管内皮細胞への警告 -遺伝子発現プロファイリング解析から見えてきたものー. .  第30回日本分子生物学会  第30回日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 菊池清志、川原幸一、Salunya Tancharoen、松田史代、森元陽子、伊藤隆史、竹之内和則、大山陽子、Kamal K Biswas、清水利昭、岩田政宏、名和由布子、孟 暁潔、有村 昇、三浦直樹、Binita Shrestha、有村真一郎、重森稔、 吉田義弘、橋口照人、丸山征郎 .  フリーラディカルスカベンジャーの効果と新規治療法の可能性 .  第25回 Cytoprotection研究会  第25回 Cytoprotection研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    研究会

  • 川原幸一、橋口照人、伊藤隆史、菊池清志、森元陽子、大山陽子、三浦直樹、名和由布子、孟暁潔、竹之内和則、有村昇、Kamal Krishna Biswas、 BinitaShrestha、清水利昭、丸山征郎. .  海洋深層水がエンドトキシン刺激によるHMGB1の細胞外への放出を抑制する. .  日本予防医学会学術総会  日本予防医学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Miura N, Saunders CP, Huang L, Stromberg AJ, MacLeod JN. .  Transcriptional profiling of equine chondrocytes under hypoxic culture conditions. .  Plant and Animal Genome XIV  Plant and Animal Genome XIV国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 本川 裕介, 藤川 拓郎, 綿屋 健太, 川崎 安亮, 乙丸 孝之介, 安藤 貴朗, 三浦 直樹, 窪田 力 .  起立困難を呈した黒毛和種子牛のX線、CTおよびMRI検査による画像診断 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2017年11月  動物臨床医学会

  • 岩永 朋子, 齋藤 靖生, 畑井 仁, 永里 朋香, 伊藤 隆史, 福島 隆治, 高橋 雅, 丸山 征郎, 三浦 直樹 .  LPS誘導ウサギDICモデルにおけるDIC初期の血小板の動向 血栓形成の可視化による検索 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Rahman Md Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Ushio Norio, Tanaka Yukiko, Hatai Hitoshi, Nakagawa Takayuki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki .  イヌのメラノーマに関するmicroRNA-mRNAのトランスクリプトームクロストーク(microRNA-mRNA transcriptomic crosstalk of canine melanoma) .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • Al Asmaul Husna, Rahman Md. Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Chen Hui-Wen, Hasan Md. Nazmul, 中川 貴之, 三浦 直樹 .  イヌ口腔メラノーマにおけるエクソソームのmiRNAプロファイリング(Exosomal miRNAs profile in canine oral melanoma) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • Rahman Md. Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Al Asmaul Husna, Chen Hui-Wen, Hasan Md. Nazmul, 中川 貴之, 三浦 直樹 .  イヌ口腔メラノーマにおける低酸素環境下でのmiRNAシグネチャーの同定(Identification of hypoxia-regulated miRNA signature in canine oral melanoma) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • 岩崎 隆, Rahman Md. Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Al Asmaul Husna, Chen Hui-Wen, Hasan Md. Nazmul, 野崎 信裕, 畑井 仁, 三好 宣彰, 三浦 直樹 .  イヌ肝細胞癌のマイクロRNAトランスクリプトームプロファイル(MicroRNA transcriptome profile of canine hepatocellular carcinoma) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • 緒方 和子, 阿部 真宇, 山之内 忠幸, 藤川 拓郎, 松田 秀雄, 田村 慎之介, 橋谷田 豊, 林 正和, 玄 優基, 玄 丞烋, 三浦 直樹, 窪田 力 .  ウシ精子の液状保存における保存温度および細胞保護物質の添加の影響 .  日本畜産学会大会講演要旨集  2019年3月  (公社)日本畜産学会

  • 緒方 和子, 阿部 真宇, 山之内 忠幸, 松田 秀雄, 玄 優基, 三浦 直樹, 橋谷田 豊 .  ウシ精子の非凍結低温保存における不凍ポリアミノ酸および抗酸化剤の効果 .  The Journal of Reproduction and Development  2018年9月  (公社)日本繁殖生物学会

  • 山崎 裕毅, 三浦 直樹, 船山 麻理菜, 岩田 宗峻, 平田 翔吾, 三重 慧一郎, 島村 俊介, 秋吉 秀保, 嶋田 照雅 .  リン酸トセラニブを用いた犬の腺癌に対する術後補助療法の検討 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2018年6月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 山田 修作, 安川 洋子, 河口 貴恵, 橋本 梨那, 大沼 悠輝, 本野 翔太, 永里 朋香, 丸山 征郎, 岩永 朋子, 三浦 直樹, 福島 隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するクロピドグレルによる抗血栓治療の評価 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2017年11月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 安川 洋子, 山田 修作, 河口 貴恵, 吉村 有正, 橋本 梨那, 大沼 悠輝, 本野 翔太, 永里 朋香, 丸山 征郎, 岩永 朋子, 三浦 直樹, 福島 隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するダルテパリンによる抗血栓治療の効果 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2017年6月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • Chen Hui-Wen, Lai Yu-Chang, Rahman Md. Mahfuzur, Al Asmaul Husna, Hasan Md. Nazmul, 畑井 仁, 三好 宣彰, 三浦 直樹 .  次世代シーケンスを用いたイヌ乳腺腫瘍におけるマイクロRNA発現の違いに関する検討(Micro RNAs differential expression profile in Canine Mammary Gland Tumor by Next-Generation Sequencing) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • 岩永 朋子, 福島 隆治, 山田 修作, 平尾 大樹, 永里 朋香, 丸山 征郎, 三浦 直樹 .  膵炎と肺高血圧症を併発した犬の全血血栓形成観測システムによる血小板&凝固能検査の可能性 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2015年12月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 菊池 清志, 宮城 尚久, 川原 幸一, 森元 陽子, 三浦 直樹, 橋口 照人, 丸山 征郎, 徳富 孝志, 重森 稔 .  脳脊髄外傷の基礎的研究(神経損傷の基礎シンポジウム) 無酸素無糖条件下での神経様細胞におけるミノサイクリンのHMGB1に対する効果 .  日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集  2010年3月  (一社)日本脳神経外傷学会

  • Kikuchi Kiyoshi, Kawahara Ko-ichi, Miyagi Naohisa, Morimoto Yoko, Miura Naoki, Matsuda Fumiyo, Yoshida Yoshihiro, Uchikado Hisaaki, Hashiguchi Teruto, Maruyama Ikuro, Shigemori Minoru .  脳梗塞ラットにおけるHMGB1に対するedaravoneの効果(Effects of Edaravone on HMGB1 in Rats with Cerebral Infarction) .  Circulation Journal  2011年3月  (一社)日本循環器学会

  • 柘植 彩, 西口 明博, 遠藤 泰之, 川崎 安亮, 三浦 直樹, 瀬戸口 明日香, 矢吹 映, 桃井 康行 .  猫のクリプトコックス症に対する血清学的検査の有用性 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2014年11月  動物臨床医学会

  • 山崎 裕毅, Lai Yu-Chang, 立野 守洋, 越野 裕子, 瀬戸口 明日香, 遠藤 泰之, 中市 統三, 辻本 元, 三浦 直樹 .  犬リンパ腫における低酸素環境標的療法の開発に関する基礎的研究 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2016年8月  (公社)日本獣医学会

  • 濱田 亜以, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  犬の肥満細胞腫におけるKITの発現 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2013年11月  動物臨床医学会

  • 片野田 祐介, 川口 博明, 岩永 朋子, 三好 宣彰, 桃井 康行, 三浦 直樹 .  犬の肝細胞癌特異的microRNAの発現変化解析 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2014年8月  (公社)日本獣医学会

  • 長谷川 喬彬, 大西 朋子, 鮫島 寿代, 細川 和也, 三浦 直樹, 伊藤 隆史, 小出 武比古, 田中 健一, 丸山 征郎 .  抗IIa薬(dabigartran)と抗Xa薬(rivaroxaban)の血流下及び非血流下における抗血栓能の解析 .  日本血栓止血学会誌  2013年4月  (一社)日本血栓止血学会

  • 羽生 奈々子, 安藤 貴朗, 三浦 直樹, 藤木 誠, 川口 博明, 窪田 力 .  呼吸困難を主訴とした子牛の唾液腺嚢胞の1例 .  日本獣医師会雑誌  2014年12月  (公社)日本獣医師会

  • 宮本 早紀子, 西口 明博, 飯倉 陵, 杉山 大輔, 曲 泰男, 伊藤 源太, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  各疾患におけるD-dimerの臨床応用と検討 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2014年11月  動物臨床医学会

  • 谷本 昭英, 川口 博明, 三好 和睦, 大竹 正剛, 三浦 直樹, 野口 倫子 .  動物モデルではヒトの動脈硬化をどこまで再現できるのか? マイクロミニピッグを用いた医学研究の現状 .  日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2016年6月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 平尾 大樹, 山田 修作, 河口 貴恵, 和田 智樹, 島田 香寿美, 丹野 耕作, 永里 朋香, 丸山 征郎, 三浦 直樹, 岩永 朋子, 福島 隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬の心房血および末梢血における血栓形成能の継続的変化 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2015年12月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 橋口 照人, 伊藤 隆史, スレスタ・ビニタ , 三浦 直樹, 丸山 征郎 .  免疫B細胞発現VEGF-Aによるリンパ節リモデリングと免疫環境の機能的制御 .  日本血栓止血学会誌  2012年4月  (一社)日本血栓止血学会

  • 山崎 裕毅, Lai Yu-Chang, 瀬戸口 明日香, 越野 裕子, 中市 統三, 辻本 元, 三浦 直樹 .  低酸素培養条件下の犬リンパ腫細胞における生物学的活性の解析 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2015年8月  (公社)日本獣医学会

  • 十川 英, 徳永 暁, 下川 孝子, 三浦 直樹, 藤木 誠 .  門脈体循環シャントに対するセロハンバンド設置後に血小板減少を呈した犬の1例 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2013年11月  動物臨床医学会

  • 野口 倫子, 丸山 征郎, 谷本 昭英, 川口 博明, 三浦 直樹 .  超小型ミニブタを用いた超短期動脈硬化増強モデルの開発 .  先進医薬研究振興財団研究成果報告集  2015年3月  (公財)先進医薬研究振興財団

  • スレスタ・ビニタ , 橋口 照人, 伊藤 隆史, 三浦 直樹, 竹之内 和則, 吉永 成就, 川原 幸一, 佐藤 正弘, 坂本 泰二, 丸山 征郎 .  血管増殖因子VEGF-Aは獲得免疫環境を制御する .  臨床病理  2009年7月  (一社)日本臨床検査医学会

  • 三浦 直樹, 大西 朋子, 鮫島 寿代, 長谷川 喬彬, 永里 朋香, 細川 和也, 伊藤 隆史, 小出 武比古, 丸山 征郎 .  血流下における血小板血栓形成能を指標とした抗血小板薬抵抗性の解析 .  日本血栓止血学会誌  2013年4月  (一社)日本血栓止血学会

  • Kikuchi Kiyoshi, Kawahara Ko-ichi, Morimoto Yoko, Tancharoen Salunya, Miura Naoki, Takeshige Nobuyuki, Uchikado Hisaaki, Miyagi Naohisa, Kuramoto Terukazu, Morioka Motohiro .  虚血性脳卒中モデルラットのAQP4に対するエダラボンの影響(Effects of Edaravone on AQP4 in Rats with Ischemic Stroke) .  臨床薬理  2011年10月  (一社)日本臨床薬理学会

  • 鈴木 雄大, 三浦 直樹, Binita Shrestha, 伊藤 隆史, 竹之内 和則, 山口 宗一, 桃井 康行, 橋口 照人 .  B細胞特異的VEGF-A過剰発現マウスのリンパ組織の構造変化、免疫応答と脾臓のトランスクリプトーム(mRNA & microRNA)解析 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2013年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田崎 由実, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  鹿児島県で多発するイヌのシリカ結石についての報告 .  ペット栄養学会誌  2011年10月  (一社)日本ペット栄養学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Fujiki Makoto, Miura Naoki, Horiuchi Masahisa, Itoh Katzuhiko, Kaneko Naoki, Miyajima Hiroaki, Nagata Ryoichi, Misumi Kazuhiro, Yasuda Nobuhiro .  高脂肪・高コレステロール食によるマイクロミニブタの動脈硬化症モデル(Microminipig atherosclerosis model by high fat and cholesterol-diet) .  Journal of Pharmacological Sciences  2010年2月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Morishita Satoru, Kawaguchi Hiroaki, Ono Tomoji, Miura Naoki, Murakoshi Michiaki, Sugiyama Keikichi, Kato Hisanori, Tanimoto Akihide, Nishino Hoyoku .  高コレステロール血症に対するラクトフェリンの効果(第1報) ミニブタを用いた食餌誘発性アテローム性動脈硬化症モデルにおける高コレステロール血症に対するラクトフェリンの抑制効果(Effect of lactoferrin on hypercholesterolemia, 1st report: Preventive effect of lactoferrin on hypercholesterolemia in a diet-induced atherosclerosis model using Microminipigs) .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2015年5月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 菊池 清志, 川原 幸一, 宮城 尚久, 倉本 晃一, 森元 陽子, 三浦 直樹, 橋口 照人, 丸山 征郎, 重森 稔 .  虚血条件下での神経様細胞におけるエダラボンのHMGB1に対する効果 .  日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集  2011年3月  (一社)日本脳神経外傷学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 坂本 紘, 三角 一浩, 新里 健, 青木 修, 瀬戸山 健太郎, 三浦 直樹, 柳田 宏一 .  肉用牛の輸送ストレスに対する削蹄の効果 .  家畜診療  2001年10月  (公社)全国農業共済協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田崎 由実, 伊藤 源太, 三浦 直樹, 桃井 康行 .  犬のシリカ尿結石好発地域におけるシリカ結石の成因と予防方法 .  ペット栄養学会誌  2012年7月  (一社)日本ペット栄養学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三浦 直樹, 頼 いく璋, 安藤 貴朗, 北原 豪, 小岩 政照, 窪田 力 .  牛乳房炎乳汁の新規バイオマーカー候補マイクロRNA探索 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2016年11月  動物臨床医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki, Horiuchi Masahisa, Ono Tomoji, Murakoshi Michiaki, Nishino Hoyoku, Nagata Ryoichi, Sahara Hisashi, Tanimoto Akihide, Yamada Kazuhiko, Yoshida Hiroki .  日本製超小型ミニブタ(Microminipig) 医学研究ツールとしての展開 Microminipig 心血管疾患に立ち向かう研究モデル(An extremely small size mini-pig made in Japan (MicrominipigTM): evolution as a medical research tool Microminipig: research models to break through cardiovascular disease) .  Journal of Pharmacological Sciences  2011年2月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 岩永 朋子, 市川 華帆, 齋藤 靖生, 高橋 雅, 福島 隆治, 三浦 直樹 .  新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus-Formation System:T-TAS)の臨床使用例 .  日本獣医師会雑誌  2018年11月  (公社)日本獣医師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 菊池 清志, 川原 幸一, Salunya Tancharoen, 松田 史代, 伊藤 隆史, Biswas Kamal K., 竹之内 和則, 大山 陽子, 名和 由布子, 三浦 直樹, 有村 昇, 孟 暁潔, Binita Shrestha, 田島 裕, 倉本 晃一, 中山 顕児, 重森 稔, 吉田 義弘, 橋口 照人, 丸山 征郎 .  新規脳梗塞のマーカー;HMGB1 .  臨床病理  2009年7月  (一社)日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Islam Md. Zahorul, Nishimura Miharu, Kawaguchi Hiroaki, Miura Naoki, Iwanaga Tomoko, Yamazaki-Himeno Emi, Shiraishi Mitsuya, Miyoshi Noriaki, Tanimoto Akihide, Miyamoto Atsushi .  培養豚脳底動脈内皮細胞においてアンジオテンシンII処置はブラジキニンによる一酸化窒素を減少させ、ブプロスタグランジンPGF2α産生を増加させる(Treatment of angiotensin II decreased NO and increased prostaglandin PGF2a production by bradykinin in cultured porcine basilar arterial endothelial cells) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2013年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 安川 洋子, 山田 修作, 河口 貴恵, 平尾 大樹, 末松 正弘, 橋本 梨那, 永里 朋香, 丸山 征郎, 三浦 直樹, 岩永 朋子, 福島 隆治 .  出血傾向を全血血栓形成観測システム(T-TAS)により確認できた犬の3例 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2016年11月  動物臨床医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三浦 直樹, 前村 忠, 北原 豪, 片野田 佑介, 宮本 早紀子, 鎌田 立, 村田 望, 安藤 貴朗, 桃井 康行 .  乳房炎診断マーカーとしての特異的microRNA発現解析の可能性 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2013年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三浦 直樹, 伊藤 隆史, 川口 博明, 永里 朋香, 細川 和也, 三好 宣彰, 谷本 昭英, 丸山 征郎 .  世界最小富士マイクラピッグ動脈硬化モデルによる高脂血症と血栓形成能に関する検討 .  日本血栓止血学会誌  2012年4月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 堀内 正久, 川口 博明, 武石 嘉一朗, 三好 宣彰, 三浦 直樹, 叶内 宏明, 有村 恵美, 青山 公治, 竹内 亨 .  世界最小ミニブタ(マイクロミニピッグ)の栄養学実験への応用 動脈硬化モデルの確立と活動量解析 .  日本病態栄養学会誌  2010年11月  (一社)日本病態栄養学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Tanimoto Akihide, Kawaguchi Hiroaki, Miura Naoki, Miyoshi Noriaki .  世界最小のマイクロミニブタ 新規アテローム硬化易発性ミニブタ(The world smallest Microminipigs: A novel atherosclerosis-prone miniature pigs) .  日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年6月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Miyamoto Atsushi, Islam Md. Zahorul, Kawaguchi Hiroaki, Miura Naoki, Yamzaki-Himeno Emi, Shiraishi Mitsuya, Miyoshi Noriaki, Tanimoto Akihide .  マイクロミニブタ脳底動脈反応性に対するアンジオテンシンII静脈内持続投与の影響(Effect of continuous intravenous infusion of angiotensin II on Microminipig basilar arterial responsiveness) .  Journal of Pharmacological Sciences  2013年3月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 三浦 直樹 .  マイクロミニブタ動脈硬化モデルでの炎症性サイトカインHMGB1と血栓傾向の関連 .  血液医学研究年報  2014年3月  (公財)先進医薬研究振興財団

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Islam Md. Zahorul, Nishimura Miharu, Kawaguchi Hiroaki, Miura Naoki, Iwanaga Tomoko, Yamazaki-Himeno Emi, Shiraishi Mitsuya, Miyoshi Noriaki, Tanimoto Akihide, Miyamoto Atsushi .  マイクロミニブタの血圧と血管作動性物質に対する脳底動脈の応答性にアンジオテンシンIIの継続的な静注が及ぼす影響(Effect of continuous intravenous infusion of angiotensin II on blood pressure and basilar arterial responsiveness to vasoactive substances in Microminipig) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2012年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 青江 史貴, 山田 知信, 川口 博明, 三浦 直樹, 和泉 博之, 谷本 昭英, 三好 宣彰 .  マイクロミニピッグを用いた食餌性動脈硬化症モデルの開発 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2012年3月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 井尻 萌, Lai Yu-Chang, 三浦 直樹, 藤本 佳万, 松尾 智英, 川口 博昭 .  ブタの大きさの指標としての多脊椎数関連遺伝子NR6A1の有用性 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川原 幸一, 菊池 清志, 岩田 政宏, 伊藤 隆史, 瀬戸山 健太郎, 上村 亮三, 大山 陽子, 竹之内 和則, カマル・クリシュナン・ビシュワズ , 清水 利昭, 名和 由布, 孟 暁潔, サランヤータンジャロン , ビニタスレスタ , 有村 昇, 三浦 直樹, 高尾 尊身, 橋口 照人, 丸山 征郎 .  ヒトリンパ細胞はブタ内皮細胞を標的・活性化しHigh Mobility Group Box 1(HMGB1)を発現誘導する .  移植  2007年6月  (一社)日本移植学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 村田 大紀, 徳永 暁, 宮越 大輔, 畠添 孝, 三浦 直樹, 藤木 誠, 中山 功一, 三角 一浩 .  ウマ滑液由来間葉系幹細胞の培養とその性質 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2014年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三浦 直樹, 三角 一浩, 川原 幸一, 中島 三保子, 川畑 久, 岡 達三, 丸山 征郎, 坂本 紘 .  ウマのVascular Endothelial Growth Factor(VEGF)のクローニングとリコンビナント蛋白の作成 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2001年3月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Islam Md. Zahorul, Yamazaki-Himeno Emi, Shiraishi Mitsuya, Miyamoto Atsushi, Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki, Tanimoto Akihide .  アンジオテンシンIIはミニブタの培養脳底動脈内皮細胞でブラジキニンに誘発されるNO放出量を減少させプロスタグランジンF2αの放出量を増加させる(Angiotensin II decreases bradykinin-induced NO and increases prostaglandin F2α release from cultured Microminipig basilar arterial endothelial cells) .  Journal of Pharmacological Sciences  2014年2月  (公社)日本薬理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 上村 亮, 鈴木 秀作, 三浦 直樹, 坂本 紘, 宮原 健吉, 塩見 雅志 .  WHHLウサギの肝臓,腎臓,肺における流入血管及び実質内血管病変 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  1999年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • スレスタ・ビニタ , 橋口 照人, 伊藤 隆史, 三浦 直樹, 竹之内 和則, 大山 陽子, 川原 幸一, タンジャルーン・サランヤー , 貴井 裕哉, 有村 昇, 吉永 就正, 野間 聖, 二反田 隆夫, 北島 信一, 有村 公良, 佐藤 正宏, 坂本 泰二, 丸山 征郎 .  VEGF-Aの免疫調節的役割(Immunomodulatory role of VEGF-A) .  日本血栓止血学会誌  2010年4月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 山田 修作, 平尾 大樹, 河口 貴恵, 和田 智樹, 島田 香寿美, 丹野 耕作, 永里 朋香, 丸山 征郎, 岩永 朋子, 三浦 直樹, 福島 隆治 .  T-TASを用いたイヌの心房細動時における急性期の血液凝固能の評価 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2015年12月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 瀬戸山 健太郎, 新里 健, 三浦 直樹, 三角 一浩, 坂本 紘 .  Propofol-Sevoflurane麻酔の母体胎仔の血行動態へ及ぼす影響 .  獣医麻酔外科学雑誌  2001年7月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 菊池 清志, 宮城 尚久, 川原 幸一, 倉本 晃一, 森元 陽子, 三浦 直樹, 橋口 照人, 丸山 征郎, 重森 稔 .  PC12細胞におけるHMGB1の効果(The effect of HMGB1 in PC12 cells) .  Brain Tumor Pathology  2011年5月  日本脳腫瘍病理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 菊池 清志, 川原 幸一, ビシュワズ・クリシュナ・カマル , 伊藤 隆史, 三浦 直樹, 森元 陽子, 田島 裕, 倉本 晃一, 中山 顕児, 橋口 照人, 丸山 征郎, 重森 稔 .  PC12細胞におけるHMGB1に対するミノサイクリンの作用(The effect of Minocycline on HMGB1 in PC12 cells) .  日本血栓止血学会誌  2010年4月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 鮫島 寿代, 大西 朋子, 長谷川 喬彬, 三浦 直樹, 細川 和也, 伊藤 隆史, 小出 武比古, 丸山 征郎 .  PAR1阻害剤及びPAR4阻害剤の血流下及び非血流下における抗血栓効果の解析 .  日本血栓止血学会誌  2012年4月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩永 朋子, 齋藤 靖生, 畑井 仁, 永里 朋香, 伊藤 隆史, 福島 隆治, 高橋 雅, 細川 和也, 三浦 直樹, 丸山 征郎 .  LPS投与ウサギモデルにおけるDIC前段階の血小板と白血球の可視化による解析 .  日本血栓止血学会誌  2021年5月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三浦 直樹, 後田 徹志, 鈴木 秀作, 三角 一浩, 梅元 千代志, 三好 宣彰, 坂本 紘 .  LEC(Long-Evans Cinnamon)ラットの肝炎発症に及ぼす交流高圧電位負荷の影響 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2001年3月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川口 博明, 安藤 貴朗, 畑添 至, 入來 俊久, 古賀 周治, 山田 峰也, 中武 貞文, 小澤 真, 三浦 直樹, 谷本 昭英 .  ICTによる24時間牛体温遠隔モニターシステムの開発 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 菊池 清志, 川原 幸一, びしゅわず・かまるくりしゅなん , 伊藤 隆史, 三浦 直樹, たんじぇろん・さらんやー , 森元 陽子, 田島 裕, 倉本 晃一, 中山 顕児, 橋口 照人, 丸山 征郎, 重森 稔 .  HMGB1に対するミノサイクリンの効果 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2009年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 菊池 清志, 森元 陽子, 三浦 直樹, 伊藤 隆史, 名和 由布子, 坂本 六大, 宮城 尚久, 倉本 晃一, 川原 幸一 .  HMGB1 新規脳梗塞バイオマーカー .  日本臨床内科医会会誌  2011年9月  (一社)日本臨床内科医会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Kamimura Ryozo, Miura Naoki, Suzuki Syusaku .  Clawnミニブタにおける肺血液動態(Pulmonary hemodynamics in the Clawn miniature pigs) .  Experimental Animals  2003年4月  (公社)日本実験動物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

受賞

  • 令和3年度 日本小動物獣医学会(九州地区) フレッシュアワード賞

    2021年9月   日本獣医師会九州地区学会   椎間板ヘルニア犬54例における血漿CPKとCRPの進行性脊髄軟化症との関連性の検討

    杉山慶樹、杉山伸樹、三浦直樹(責任演者)

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Best Presentation

    2021年2月   5th International Symposium, Association of Japan-Indonesia Veterinary Education (AJIVE)   IDENTIFICATION OF TUMOR SPECIFIC EXOSOMAL MIRNAS BY PROFILING CANINE ORAL MELANOMA

    Al Asmaul Husna, Md. Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Hui-Wen Chen, Md. Nazmul Hasan, and Naoki Miura (Corresponding)

  • JCVIM2019 看護アワード

    2019年2月   日本獣医内科アカデミー  

    酒匂夏美、三浦直樹、谷崎ゆり、佐野あすか、谷村明香里、助広和隆、松元大地、原田実咲希、一丸由里子、古市汐美、大山愛史、遠藤泰之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第67回九州地区獣医師大会 九州地区獣医師会連合会会長賞

    2018年10月   日本獣医師会九州地区学会   常用電圧X線発生装置による緩和的放射線治療を行った犬の口腔内悪性メラノーマ12症例

    橋本 砂輝、森田 真央、島袋 泰治、亀田 景子、三浦 直樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第67回九州地区獣医師大会 九州地区獣医師会小動物部門フレッシュアワード賞

    2018年10月   日本獣医師会九州地区学会   神経及び筋生検後に多発性ニューロパシーを疑った犬の1例

    杉山慶樹、藁戸由樹、三浦直樹、杉山伸樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成29年度日本小動物獣医学会 九州地区大会 九州地区学会長賞受賞

    2017年10月   日本小動物獣医学会   新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus- Formation System:T-TAS)の臨床使用例

    市川華帆, 岩永朋子, 齋藤靖夫, 十川英, 蔵元智英, 古澤悠, 高橋香, 須永隆文, 高橋雅, 福島隆治, 三浦直樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成13年度日本小動物獣医学会 九州地区大会 九州地区学会長賞受賞

    2001年10月   日本小動物獣医学会   イヌの完全房室ブロックへ永久ペースメーカーを適用した一例

    三浦 直樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成10年度日本小動物獣医学会 九州地区大会 九州地区学会長賞受賞

    1998年10月   日本小動物獣医学会   猫の尺骨に発生した bone cyst の一例

    三浦 直樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)における血液凝固と炎症に関する研究

    2022年4月 - 2023年3月

    藤森工業株式会社  共同研究  共同研究

    岩永朋子、齋藤靖生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2000000円 ( 直接経費:1400000円 、 間接経費:600000円 )

  • 犬腫瘍トランスクリプトームの人工知能解析による病態関連因子の探索と臨床応用

    研究課題/領域番号:21H02366  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

  • Identify tumor specific exosomal RNA biomarkers for skin cancer

    2021年1月 - 現在

    CLARA Biotech  Future Exosome Leaders 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • エクソソームとcfDNAを利用した腫瘍の超特異的&超高感度診断法の開発と臨床実証

    研究課題/領域番号:20K21375  2020年7月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    三浦 直樹, 高橋 雅, 古澤 悠, 畑井 仁, 川原 幸一

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

  • ヒト型動脈硬化ブタモデルを用いたメトトレキサートの動脈硬化増悪の機序解明

    研究課題/領域番号:20K06395  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    川口 博明, 谷本 昭英, 三好 和睦, 三浦 直樹

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • 敗血症の病態進行におけるヒストンの相互作用の解明とその応用の研究

    研究課題/領域番号:18H02906  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    川原 幸一, 丸山 征郎, 今泉 均, 伊藤 隆史, 三浦 直樹, 中島 利博

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    敗血症治療の確立は急務である。2016年、敗血症の定義が「生命を脅かす臓器障害」と改定された。この改定にはDAMPsの重要性が示唆される。DAMPsとは臓器障害の細胞から放出され、必ず個体死へと導く分子である。最近、ヒストンが新規DAMPsと示された。なぜなら、ヒストンH3、H4が細胞傷害、血小板凝集を惹起するからである。しかしながら、他のヒストンH2A、H2BがDAMPsとして証明されていない。すなわち、ヒストンのDAMPsとしての機能は完全に解明されていない。本年度はヒストン(H2A、H2B、H3、H4)の結合タンパク質を検討を行った。方法としては、ファーウェスタン法を用いた。しかしながら、4種のヒストンとの結合タンパク質は見いだせなかった。よって、来年度以降は、ファーウェスタン以外の方法(免疫沈降、ファージディスプレイなど)を用いいる予定である。

  • イヌ腫瘍関連エキソソームとmicroRNA解析によるスマート診断・治療戦略の確立

    研究課題/領域番号:17H03926  2017年4月 - 2020年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般))  (基盤研究(B)(一般))

    三浦 直樹, 川原 幸一, 福島 隆治, 丸山 征郎, 中川 貴之, 畑井 仁, 岡本 芳晴, 後藤 章暢, 原田 陽一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:12500000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

    本研究では、腫瘍の診断治療法の開発を目的として、犬の腫瘍に特異的な変化をするsmall-non-coding RNA分子とmRNA分子と腫瘍特異的なエクソソーム分子の解析を行った。その結果、次世代シーケンス解析を利用して、複数の犬の腫瘍で特異的変化を生じるRNA分子を発見した。また、犬の腫瘍のエクソソーム内の発現small-non-coding RNA分子も同定し、メラノーマの発生と転移に関連する可能性のある分子を確認した。また、犬の腫瘍で変化するRNA分子が、人でも同様な変化がみられる可能性を示した。

  • 犬における心不全による膵炎発現のメカニズムの解明と新規の治療法の確立

    研究課題/領域番号:17K08100  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    福島 隆治, 岸本 海織, 岩永 朋子, 三浦 直樹

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    心不全(HF)を呈した犬において、膵炎の罹患率が高いことが報告されている。また、以前より人医療においても、心機能低下に伴う膵炎の発生が報告されている。そこで、HFがもたらす膵細胞傷害発生のメカニズムを解明するとともに、それに基づいた新しい治療法の確立を目指した。その結果、犬においてHF時の心拍出量と血圧低下に起因し、膵血流量の減少が引き起こされることが明らかとなった。また、それにより膵腺房細胞のチモーゲン顆粒の減少を伴う細胞萎縮が発現することが判明した。この結果を受けて、新しい膵臓障害の治療法の確立を期待しピモベンダンを投与したところ、膵臓の血流量の維持と病理学的変化の軽減が確認できた。

  • イヌにおけるDIC診断の新規検査の検討

    研究課題/領域番号:16K08054  2016年10月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岩永 朋子, 福島 隆治, 齋藤 靖生, 丸山 征郎, 高橋 雅, 三浦 直樹

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    犬の新規血液凝固検査としてTotal Thrombus formation Analysis System(T-TAS)を用いて、初年度は健常コントロール群に対して、その再現性およびIn vivoおよびIn Vitroにて抗凝固薬の影響を判定した。次年度以降は周術期の出血リスクに関して、術前にAPTT,PTおよびT-TASを用いてそのリスクを評価し、周術期の実際の出血リスクを判定した。さらに、膵炎などの全身性炎症性疾患におけるDICリスクを血栓マーカーとの比較をおこなった。さらに循環器疾患における血小板凝集能に関して検討を行った。

  • 新たな細胞保護技術の活用と高付加価値・優良産子の増殖による肉用牛・乳用牛生産基盤強化

    2016年10月 - 2019年9月

    農林水産省(農林水産省技術会議)  「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト)  研究分野名:(畜産)肉用牛、乳用牛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:138682000円

  • 新たな細胞保護技術の活用と高付加価値・優良産子の増殖による肉用牛・乳用牛生産基盤強化

    2016年10月 - 2019年9月

    農林水産省(農林水産省技術会議)  「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • キルギスでのリウマチ熱蔓延の危険因子の分子疫学的解析と拠点集落でのその制圧の試み

    研究課題/領域番号:16H05845  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    中島 利博, 川原 幸一, 西 順一郎, 三浦 直樹

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    キルギスではRheumatic fever: (以下、RF)が未だに猛威を奮っている。さらに、顕在化しない RF の後遺症も含めたRheumatic heart diseases (以下、RHD) が食生活 (肉食、ウオッカ)、環境因子 (低酸素) と併せて当該地域での死因の過半数を占める 60 歳までの心不全の潜在的リスクファクターであることを報告していた。10年を超える継続的な医療支援によりキルギスのほぼ全土を網羅する詳細なフィールド調査を行い、RF/RHD の有無、心エコーなど理学的所見、溶連菌など細菌感染症の頻度、家族歴など100を超える項目に関する調査を完遂していた。その結果より、バイオマス燃料による粘膜免疫の低下がその一因であることが推測された。本研究では、新たに呼吸器分野の専門家を加え、両者に共通する感染の遷延化・慢性化に対する宿主因子の探索を行っている。
    平成30年度は、RF/RHD専門家による2回の、呼吸器内科による1回の疫学調査を行った。これらの調査を通じ。PM2.5 測定のみならず、その防御法の効果の検証を開始した。また、RF/RHD 予防・治療を啓蒙するためのキルギス語によるプロトコールを作成してきたが、昨年度末に完成した。キルギスに訪問した際に、JICAによる頒布の協力が得られることとなった。啓蒙活動の一環として、アジア・太平洋リウマチ学会が中央アジアで最初に主催した「APLAR’S EXTENSIVE COURSE ON RHEUMATOLOGY」に我が国からオーガナイザーの一人として唯一参加し、キルギスのみならず中央アジアのリウマチの専門家に対して本課題の重要性を報告した。また、RF/RHDの後遺症としての心血管障害に対する取り組みとしてリハビリテーションの重要性が明らかとなったため、Zhantai Shambetov医師を招聘し、3か月のトレーニングを行った。

  • 遺伝子改変ブタを用いた病態高再現性の次世代型アルツハイマー病モデルの開発

    研究課題/領域番号:16H05176  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    谷本 昭英, 佐藤 正宏, 三好 和睦, 川口 博明, 三浦 直樹, 堀内 正久, 小澤 政之, 野口 倫子, 大竹 正剛

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    生活習慣病や高次脳機能に関わる疾患の理解には、ヒトと近似した病態モデルが必要である。ブタは解剖生理だけでなく、食性や脳機能がヒトに類似し、マイクロミニピッグに高脂肪食高を負荷することで、ヒトに類似した粥状動脈硬化症モデルを作成できる。一方、アルツハイマー病は近年増加しており、詳細な病態解明と創薬研究は喫緊の課題である。高次脳機能がヒトと酷似したマイクロミニブタを用いて、アルツハイマー病を忠実に再現できる遺伝子改変ブタを開発することで、本症の克服に寄与できる。本研究により、マイクロミニピッグの生殖生理、胚移植技術、クローン技術など遺伝子改変のための基盤的知識の理解と蓄積が進んだ。

  • 新規生体危険信号因子ヌクレオフォスミン投与による生体反応の解析

    研究課題/領域番号:16K15770  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    川原 幸一, 丸山 征郎, 升田 好樹, 三浦 直樹, 伊藤 隆史

      詳細を見る

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    ヌクレオフォスミン(NPM)は細胞の中では核小体に存在している。NPMの働きはリボソームの生合成、中心体複製、細胞周期、アポトーシス、そして細胞の分化に関与している。最近、NPMがエンドトキシン刺激のマクロファージより放出されそしてその放出されたNPMが細胞を刺激し炎症性サイトカインのTNF-αやIL-6を誘導する。この研究において、NPMをマウスに投与するために全長NPMベクターの構築そしてその活性を検討した。その結果、得られたリコンビナント(r)NPMはマウスマクロファージ様細胞RAW264.7を刺激し、TNF-αの産生を誘導した。このように、rNPMをマウスへ投与する準備ができた。

  • イヌ腫瘍の新規診断マーカーと転移因子としてのエキソソーム分子の機能解析

    研究課題/領域番号:15K14872  2015年4月 - 2017年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)  挑戦的萌芽研究

    三浦 直樹, 福島 隆治, 中川 貴之, 川口 博明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    イヌの腫瘍の診断と治療法の改善のために新規のバイオマーカーの探索を行った。特にエキソソームと呼ばれる小分子が腫瘍から分泌されることに着目した。研究ではイヌの血液からエキソソームを超遠心法と呼ばれる方法で分離抽出した。抽出したエキソソームが人で報告されているものと同じかを表面の抗原マーカーで確認した。さらに、近年、腫瘍のバイオマーカーとして注目されているマイクロRNAの分子に着目した。複数のイヌの腫瘍で特異的に発現するマイクロRNAの同定が行えた。また、エキソソーム内のマイクロRNAの発現もリアルタイムPCR方で確認できた。

  • T-TASを用いた犬の心房細動時における血液凝固能と抗血栓治療効果の評価

    研究課題/領域番号:26450425  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    福島 隆治, 岩永 朋子, 山田 修作, 河口 貴恵, 平尾 大樹, 三浦 直樹

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    犬において心房細動(AF)の発現わずか30分後から、心房内(右心房内血)で血液性状の変化すなわち血小板機能と凝固能の亢進が認められるようになることが、全血血栓形成観測システム(T-TAS)を利用することで明らかとなった。また、この現象は、AFが持続する間も継続し、AFが停止すると1週間後には回復することも明らかとなった。しかしながら、これらの現象は、末梢(伏在静脈血)では明らかでなかった。
    これらAFを呈する犬に対し、ダルテパリンならびにクロピドグレルのいずれかを投与したものの、心房内の血小板機能と凝固能の亢進を抑制することができなかった。

  • 新規致死性因子ヒストンによるインフラマソームの活性化機構の解析

    研究課題/領域番号:26293387  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    川原 幸一, 丸山 征郎, 伊藤 隆史, 森元 陽子, 三浦 直樹, 中島 利博

      詳細を見る

    配分額:15990000円 ( 直接経費:12300000円 、 間接経費:3690000円 )

    敗血症時において、細胞外ヒストンはDAMPsとして振舞う。しかしながら、その機能に関しては報告がない。今回、我々は「細胞外ヒストンがインフラマソームを活性化(インターロイキン-1β(IL-1βの産生))する」を検証した。ヒストンはインフラマソームのアダプター分子のASCの存在の有無に関わらずIL-1βを産生した。これらの結果より、細胞外ヒストンは敗血症の病態を進展することが強く示唆された。

  • 伴侶動物の高齢性慢性疾患に潜伏する遺伝子病の証明

    研究課題/領域番号:26660242  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    大和 修, 川﨑 安亮, 矢吹 映, 三浦 直樹, 岩永 朋子

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究は、犬猫の高齢性慢性疾患に潜伏する遺伝子病の高頻度潜在性を証明しようとする研究である。
    ライソゾーム病に含まれる数疾患をスクリーニングするために、犬猫の酵素活性の対照値を作成した。ハイリスクスクリーニングによって、猫ムコ多糖症VI型を診断し、新規原因変異を同定した。遅発型の神経セロイド・リポフスチン症の犬2症例および遺伝性拡張型心筋症の猫1症例を同定した。
    また、猫のムコ多糖症VI型とピルビン酸キナーゼ欠損症、犬の網膜萎縮症と変性性脊髄症の分子疫学調査を実施した結果、これらの疾患は品種により非常に高い頻度で潜在しており、伴侶動物の臨床において重要な遺伝性高齢性慢性疾患であると判明した。

  • 新規生体危険信号因子ヌクレオフォスミンの受容体と抑制因子の探索

    研究課題/領域番号:26670793  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    川原 幸一, 丸山 征郎, 三浦 直樹, 伊藤 隆史

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    ヌクレオフォスミンは、本来細胞内の核に存在している。すなわち、核タンパク質である。その機能はリボソームの生合成、中心体複製、細胞周期、アポトーシス、分化などである。最近、このヌクレオフォスミンがエンドトキシン刺激により細胞外へ放出され、そしてその放出されたヌクレオフォスミンが炎症性サイトカインを産生することがわかった。しかしながら、ヌクレオフォスミンに対する受容体や阻害剤が未だ検討されていない。したがって、本研究ではヌクレオフォスミンの受容体と阻害剤の検討を行った。その結果、受容体が判明した。

  • イヌの新規腫瘍関連microRNAの同定による病態解明と臨床応用に関する研究

    研究課題/領域番号:25292180  2013年4月 - 2016年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般))  (基盤研究(B)(一般))

    三浦 直樹, 後藤 章暢, 丸山 征朗, 川原 幸一, 川口 博明, 木之下 明日香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:15100000円 ( 直接経費:15100000円 、 間接経費:4530000円 )

    本研究ではイヌの各腫瘍に特徴的な発現をするmicroRNAを確認した。肝細胞癌、乳腺腫瘍、メラノーマで次世代シーケンスによるRAN-Seq解析を行った。各腫瘍、血液、細胞株で特異的に発現するマイクロRNAをリアルタイムPCRで解析した。メラノーマではmiR-205の発現低下とmiR-383の発現上昇が見られた。肝細胞癌と培養細胞ではmiR-1とmiR-122の発現低下が確認できた。同時にmiR-1とmiR-122のターゲットのc-METとIGF1Rの発現上昇も確認した。乳腺腫瘍では悪性度に依存してmicroRNAの発現が変化した。血中miR-21はリンパ節転移と関連する可能性が認められた。

  • 中央アジアで蔓延するリウマチ性心疾患総合対策のための分子疫学的研究

    研究課題/領域番号:25305032  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    中島 利博, 川原 幸一, 西 順一郎, 三浦 直樹

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    キルギスでは未だにリウマチ熱が猛威を奮っている。我々は論文化・国際シンポジウム開催などの情報発信、迅速診断キットの導入、母子手帳・医師向けプロトコールの作成と頒布など、この問題に対する主導的役割を担ってきた。さらにリウマチ熱が低酸素、食習慣とともに当該地域の死因の過半数を占める心不全の潜在的リスクファクターであることを報告した。本海外調査研究のもと 2000 人を超える住民に対するフィールド調査を完遂し、その結果、リウマチ熱患者では溶連菌以外の細菌感染の陽性率も高く、その一因に未だに主流であるバイオマス燃料による粘膜免疫の低下が考えられることを見出した。

  • 安全な牛乳の供給を目的とした牛乳中の標的microRNAの探索と検査法の確立

    2013年4月 - 2015年3月

    民間財団等  森永奉仕会研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    安全な牛乳の供給を目的とした牛乳中の標的microRNAの探索と検査法の確立

  • 乳房炎の新バイオマーカーとしてのmicroRNAの研究

    研究課題/領域番号:25660243  2013年4月 - 2015年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)  挑戦的萌芽研究

    三浦 直樹, 安藤 貴朗, 北原 豪, 北原 豪

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    ウシの乳房炎は経済動物として高泌乳牛を生産する過程で避けられない問題である。早期診断マーカーの発見が病気の管理、経済性向上ともに重要である。本研研究では乳汁中のmicroRNA分子(miR:長さの短いRNA分子で生体液中でも安定している)の診断マーカーとしての可能性を研究した。
    研究では乳房炎の乳汁で発現変化を示すmiRが9種類同定できた。7種は発現が増加し、2種は発現が低下していた。発現が増加したmiRには炎症に関連するものも含まれていた。この結果は、乳房炎発症牛特異的発現microRNAの存在を示すものである。

  • 医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出

    研究課題/領域番号:25450426  2013年 - 2015年

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))  基盤研究(C)

    川口 博明, 谷本 昭英, 三好 宣彰, 三浦 直樹

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    【目的】本課題では、我々の開発した食餌制御のみ、すなわち高脂肪・高コレステロール食の8週間給餌により動脈硬化症を誘発するマイクロミニピッグ動脈硬化モデルを利用し、臨床画像検査で確認できる程度の動脈硬化病変をより短期間に発生させ、医療機器開発用動脈硬化発症ミニブタを作出することが目的である。平成25年度は食餌制御にさらにアンジオテンシンII投与を負荷し、エコーで確認できる程度の動脈硬化病変をより短期間で発生できるかについて検証した。【材料と方法】成獣マイクロミニピッグ雄14頭を3群に分けた。I群には普通食給餌および生理食塩水の静脈内持続投与を、II群には普通食給餌およびアンジオテンシンIIの静脈内持続投与を、III群には高脂肪・高コレステロール食給餌およびアンジオテンシンIIの静脈内持続投与を施した。試験期間を2週間とし、経時的に血圧と心拍数の測定および頸動脈におけるエコー検査を行い、投与前および投与後1および2週間目に採血、体重測定を行った。実験終了後、麻酔下放血により安楽殺して病理解剖を行った。剖検時、心臓や大動脈などの循環器系器官および全身諸臓器の肉眼観察や器官重量測定などを行った。【結果】アンジオテンシンII投与(IIおよびIII群)により高血圧が生じた。普通食給餌(IおよびII群)では、高コレステロール血症は誘発できず、剖検時肉眼観察では、大動脈に動脈硬化病変は確認できなかった。高脂肪・高コレステロール食給餌+アンジオテンシンII投与(III群)では高コレステロール血症が誘発され、剖検時肉眼観察で、大動脈に軽度の動脈硬化病変が確認できた。いずれの群でも頚動脈エコーで、動脈硬化病変を確認することはできなかった。【考察】頚動脈エコーで確認できる程度の動脈硬化病変を短期間に誘発するには、アンジオテンシンIIの投与量や投与期間、あるいはそれ以外の負荷する方法の検討などが必要と考えられる。

  • マイクロミニブタ動脈硬化モデルでの炎症性サイトカインHMGB1と血栓傾向の関連

    2012年4月 - 2014年3月

    民間財団等  先進医薬研究振興財団第31回 血液医学分野 一般研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    マイクロミニブタ動脈硬化モデルでの炎症性サイトカインHMGB1と血栓傾向の関連

  • 乳房炎の早期診断マーカーとしてのmicroRNA

    2012年4月 - 2013年3月

    民間財団等  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    乳房炎の早期診断マーカーとしてのmicroRNA

  • イヌ腫瘍の新規診断マーカーmicroRNAの探索に関する研究

    研究課題/領域番号:22780283  2010年4月 - 2012年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(若手研究(B))  若手研究(B)

    三浦 直樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    イヌ腫瘍のmicroRNA特異的発現パターンの観察と分子マーカーとしての可能性を目的として、病理学的に確定診断されたイヌ腫瘍におけるmicroRNAの発現プロファイルを検討した。microRNAアレイ(miRCURY Array microRNA :イヌのmicroRNA配列を含む)を用いて7種類の腫瘍について発現解析を行い、今回、特に乳腺腫瘍や悪性黒色腫で特異的に変動するmicroRNAを選出した。選出されたmicroRNAについてqRT-PCRで発現変化を確認した。更に乳腺腫瘍罹患イヌの血清中でmiR-21と92aの上昇を確認した。

▼全件表示

 

メディア報道

  • 牛の精子・受精卵 新保存技術 新聞・雑誌

    朝日新聞  2020年1月

  • 受胎率向上へ精液・受精卵の新凍結法を開発 新聞・雑誌

    日刊酪農乳業速報  2019年12月

  • 牛の人工授精‐受胎率向上へ 新凍結保護剤 新聞・雑誌

    南日本新聞  2019年12月

学術貢献活動

  • 評議員(日本獣医学会)

    日本獣医学会  2021年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • Invited Editor (Journal of Veterinary Medical and One Health Research) 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    2021年 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • Review Editor (Frontier In Veterinary Science, in Veterinary Experimental and Diagnostic Pathology) 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    2021年 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • Associate Editorial Bord (Veterinary Record Case Reports) 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    2021年 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • Scientific Reports (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Annals of Translational Medicine (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • PLoS One (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Animal Science Journal (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Australian veterinary journal (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Oncology Reports (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Oncology Letter (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Molecular Medical Reports (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal of the Science of Food and Agriculture (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal Artherosclerosis and Thrombosis(査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • International Journal Molecular Medicine (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • GENE (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • European Joournal Pharmacology  (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal of Veterinary Medical Science (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Research in Veterinary Science (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Veterinary Research Communications (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Veterinary Research (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 日本獣医師会雑誌(査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Philippine Journal of Veterinary Medicine (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • BMC Veterinary Research (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Frontier In Veterinary Science (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Experimental Animals (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal of Veterinary Medical Research (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Veterinary and Comparative Oncology (査読)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

▼全件表示