2021/04/24 更新

写真a

オカモト シゲヒサ
岡本 繁久
OKAMOTO Shigehisa
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 准教授
農水産獣医学域農学系 連合農学研究科  
職名
准教授

学位

  • 理学博士 ( 1990年3月   名古屋大学 )

  • 理学修士 ( 1986年3月   名古屋大学 )

研究キーワード

  • Signal transduction

  • Gene expression

  • 生理活性物質 遺伝子発現 情報伝達

  • 植物ホルモン

  • 発生分化

  • 植物・微生物相互座用

  • 植物ホルモン

  • 分子育種

  • ストレス耐性

  • Phytohormone

  • Molecular Breeding

  • Differentiation

  • Development

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

学歴

  • 名古屋大学   理学研究科

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 名古屋大学

    - 1990年

  • 名古屋大学

    - 1984年

  • 名古屋大学   理学部   生物学科

    - 1984年

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • - 鹿児島大学農学部 准教授

    2007年

  • - Associate Professor, Faculty of Agriculture, Kagoshima University

    2004年

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物資源化学科 作物生産学   准教授

    1993年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   先端応用生命科学連合講座    

    1993年1月 - 現在

所属学協会

  • 日本園芸学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本植物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本植物生理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本分子生物学会

    2015年10月 - 現在

  • The Japanese Society for Horticultural Science

  • The Japanese Society for Chemical Regulation of Plants

  • The Japan Society for Bioscience

  • The Botanical Society of Japan

  • The American Society of Plant Biologists

  • American Society of Plant Biologists

  • The Japanese Society of Plant Physiologists

  • 植物化学調節学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本植物学会

  • 日本分子生物学会

  • 園芸学会

  • The Molecular Biology Society of Japan

▼全件表示

 

論文

  • Miyu Kamimura Azusa Sasaki Shimpei Watanabe Shiho Tanaka Akiko Fukukawa Kazuya Takeda Yasushi Nakamura Takako Nakamura Kouji Kuramochi Yui Otani Fumio Hashimoto Kanji Ishimaru Tomoaki Matsuo Shigehisa Okamoto .  Chemical and molecular bases of dome formation in human colorectal cancer cells mediated by sulphur compounds from Cucumis melo var. conomon .  FEBS openbio10 ( 12 ) 2640 - 2655   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki Azusa, Nakamura Yasushi, Kobayashi Yukiko, Aoi Wataru, Nakamura Takako, Shirota Koji, Suetome Noboru, Fukui Michiaki, Matsuo Tomoaki, Okamoto Shigehisa, Tashiro Yuri, Park Eun Young, Sato Kenji .  京都の伝統野菜桂ウリ(Cucumis melo var. conomon)の完熟果実の糖尿病患者への適用(Contribution of Katsura-uri(Japan's Heirloom Pickling Melon, Cucumis melo var. conomon) at the Completely Ripe Stage to Diabetes Control) .  Journal of Nutritional Science and Vitaminology66 ( 3 ) 261 - 269   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本栄養・食糧学会  

    京都の伝統野菜のひとつである桂ウリ(Cucumis melo var. conomon)は,果実様の香気をもつが甘味がほとんどないため果実としての価値はなかった.これに0kcalの高甘味度甘味料で甘味を付加したジュースは,血糖値の上昇が少ない飲料として利用できる可能性がある.本研究ではその有用性を,糖尿病患者を対象として検討した.桂ウリ果実を5段階の熟度に分類して果実の特性を検討したところ,色差,破断強度,香気成分では熟度間で統計学的有意差があり,食物繊維以外の一般成分,糖では有意差はなかったことから,桂ウリは完熟(ステージ5)しても低糖を維持したまま強い果実様香気を放つ特殊な果実であることが明らかとなった.桂ウリの完熟果実をジュースとし,10名の糖尿病患者(46-75歳)が,これを240g飲用後の血糖値を測定し,対照として同量のメロンジュースを用いた.桂ウリジュース摂取後の血糖値の曲線下面積(16±5h・mg/dL)はメロンジュース摂取後(55±17h・mg/dL)よりも有意に低値であった(p<0.05).また,桂ウリジュース摂取後の血糖値の変動幅(22±5mg/dL)はメロンジュース摂取後(64±6mg/dL)よりも小さかった(p<0.05).これまで高甘味度甘味料を果実に適用する例はなかったが,桂ウリの完熟果実は高甘味度甘味料を添加すると,糖尿病患者が血糖値の上昇を気にせず飲用できるジュース用食材として有用であることが示された.(著者抄録)

  • Yui Otani,1 Yusuke Tomonaga,1 Kenya Tokushige,1 Miyu Kamimura,1 Azusa Sasaki,2 Yasushi Nakamura,3 Takako Nakamura,2 Tomoaki Matsuo1 and Shigehisa Okamoto1* .  Expression profiles of Four BES1/BZR1 homologous genes encoding bHLH transcription factors in Arabidopsis .  Journal of Pesticide Science45 ( 2 ) 95 - 104   2020年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本農薬学会  

    DOI: DOI: 10.1584/jpestics.D20-001

  • Ryohei Sato1, Azusa Sasaki2, Yuko Mori1, Mio Komai2, Shogo Kamo1, Mai Onuki1, Takafumi Seki3, Zen Kawabe1, Shu Miyajima1, Shusuke Tomoshige1, Tsuneomi Kawasaki3, Shuichi Sato2, Takako Nakamura2, Nakao Kubo2, Seiji Takeda2, Shuichi Date2, Shigehisa Okamoto4他 .  Investigation on the Epoxidation of Piperitenone, and Structure–activity Relationships of Piperitenone Oxide for Differentiation-inducing Activity .  Journal of Oleo Science   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi : 10.5650/jos.ess19278

  • Sasaki A. .  Preparation of contemporary dishes and a functional drink using Japan's heirloom vegetable, Katsura-uri .  Journal of Ethnic Foods5 ( 1 ) 60 - 65   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Ethnic Foods  

    DOI: 10.1016/j.jef.2017.09.001

    Scopus

  • Nakamura T. .  Protection of Kyo-yasai (heirloom vegetables in Kyoto) from extinction: a case of Sabaka-daikon (Japan's heirloom white radish, Raphanus sativus) in Maizuru, Japan .  Journal of Ethnic Foods4 ( 2 ) 103 - 109   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Ethnic Foods  

    DOI: 10.1016/j.jef.2017.05.008

    Scopus

  • Isamu Suzuki1, 2, Young-Man Cho1*, Tadashi Hirata1, 3, Takeshi Toyoda1, Jun-ichi Akagi1, Yasushi Nakamura4, 5, Eun Young Park4, 6#, Azusa Sasaki4, Takako Nakamura4, Shigehisa Okamoto7他 .  4-Methylthio-3-butenyl isothiocyanate (raphasatin) exerts chemopreventive effects against esophageal carcinogenesis in rats .  Journal of Toxicologic Pathology29   237 - 246   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本毒性病理学会  

    DOI: doi: 10.1293/tox.2016-0037

  • Tomoaki Shigeta, Yuichi Zaizen, Yasushi Sugimoto, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto .  Heat shock protein 90 acts in brassinosteroid signaling through interaction with BES1/BZR1 transcription factor .  Journal of Plant Physiology178 ( 15 ) 69 - 73   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoaki Shigeta, Yuichi Zaizen, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Yasushi Nakamura, Shigehisa Okamoto, Tomoaki Matsuo, Yasushi Sugimoto .  Molecular evidence of the involvement of heat shock protein 90 in brassinosteroid signaling in Arabidopsis T87 cultured cells .  Plant Cell Reports33   499 - 510   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y, Hasegawa Y, Shirota K, Suetome N, Nakamura T, Chomnawang M, Thirapanmethee K, Khuntayaporn P, Boonyaritthongchai P, Wongs-Aree C, Okamoto S, Shigeta T, Matsuo T, Park EY, and Sato K .  Differentiation-inducing effect of piperitenone oxide, a fragrant ingredient of spearmint (Mentha spicata), but not carvone and menthol, against human colon cancer cells. .  J. Funct. Foods8 ( C ) 62 - 67   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamura T, Umemura T, Inoue T, Tasaki M, Ishii Y, Nakamura Y, Park EY, Sato K, Matsuo T, Okamoto S, Nishikawa A, Ogawa K .  Chemopreventive Effects of 4-Methylthio-3-butenyl Isothiocyanate (Raphasatin) but Not Curcumin against Pancreatic Carcinogenesis in Hamsters .  J. Agric. Food Chem.61 ( 9 ) 2103 - 2108   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuya Yoshimitsu, Kiwamu Tanaka, Wataru Fukuda, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Ken-ichiro Hayashi, Yuji Kamiya, Yusuke Jikumaru, Tomoaki Shigeta, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, and Shigehisa Okamoto* .  Transcription of DWARF4 Plays a Crucial Role in Auxin-Regulated Root Elongation in Addition to Brassinosteroid Homeostasis in Arabidopsis thaliana .  PLoS ONE・www.plosone.org6 ( 8 ) e23851   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoaki Shigeta, Daisuke Yasuda, Takafumi Mori, Yuya Yoshimitsu, Yasushi Nakamura,Shigeo Yoshida, Tadao Asami, Shigehisa Okamoto, Tomoaki Matsuo .  Characterization of brassinosteroid-regulated proteins in a nuclear-enrichedfraction of Arabidopsis suspension-cultured cells .  Plant Physiology and Biochemistry49   985 - 995   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasushi Nakamura, Shinpei Watanabe, Minami Kageyama, Keiko Shirota, Koji Shirota,Hisashi Amano, Tadahiro Kashimoto, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto,Eun Young Park, Kenji Sato .  Antimutagenic; differentiation-inducing; and antioxidative effects of fragrantingredients in Katsura-uri (Japanese pickling melon; Cucumis melo var. conomon) .  Mutation Research703   163 - 168   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu Y., Tanaka K., Tagawa T., Nakamura Y., Matsuo T., Okamoto S. .  Improvement of DNA/Metal Particle Adsorption in Tungsten-Based Biolistic Bombardment; Alkaline pH is Necessary for DNA Adsorption and Suppression of DNA Degradation .  Journal of Plant Biology・Springer52   524 - 532   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Boonyaritthongchai P., Manuwong S., Kanlayanarat S., Nakamura Y., Okamoto S., Matsuo T. .  Acceleration of senescence by high temperature treatment in Lycoris (L. traubii x L. sanguinea) leaf sections. .  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 77   431 - 439   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y, Nakayama Y, Ando H, Tanaka A, Matsuo T, Okamoto S, Upham BL, Chang CC, Trosko JE, Park EY, Sato K. .  3-Methylthiopropionic Acid Ethyl Ester, Isolated from Katsura-uri (Japanese pickling melon, Cucumis melo var. conomon), Enhanced Differentiation in Human Colon Cancer Cells. .  J Agric Food Chem56 ( 9 ) 2977 - 2984   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y., Nakamura K., Asai Y., Wada T., Tanaka K., Matsuo T., Okamoto S., Meijer J., Kitamura Y., Nishikawa A., Park E.Y., Sato K., and Ohtsuki K. .  Comparison of the glucosinolate-myrosinase systems among daikon (Raphanus sativus, Japanese white radish) varieties. .  J. Agric. Food Chem. 56 ( 8 ) 2702 - 2707   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yanohara T, Okamoto S, Hongye Z, Nakamura Y, and Matsuo T, .  Preparation of proteins from different organs of Japanese morning glory by an in vivo electro-elution procedure .  Phytochem. Anal., 16 ( 6 ) 397 - 404   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto S., Tsuruda K., Yamaguchi N., Nakamura Y., and Matsuo T. .  Effects of reducing compounds on Agrobacterium-mediated transformation of sweet potato. .  Acta Horticulturae682 ( ※ ) 411 - 418   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tanaka K., Asami T., Yoshida S., Nakamura Y., Matsuo T., and Okamoto S. .  Brassinosteroid homeostasis in Arabidopsis is ensured by feedback expressions of multiple genes involved in its metabolism. .  Plant Physiol.138 ( 2 ) 1117 - 1125   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto S., Tanaka K., Tsuruyama K., Nakamura Y., and Matsuo T. .  Development and evaluation of a novel experimental system to control rosette leaf initiation in Arabidopsis. .  Plant Sci. 168 ( ※ ) 37 - 44   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kwamu Tanaka, Yasushi Nakamura, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Tomoaki Matsuo and Shigehisa Okamoto .  Physiological Roles of brassinosteroids in early growth of Arabidopsis: brassinosteroids have a synergistic relationship with gibberellin as well as auxin in light-grown hypocotyl elongation. .  JOURNAL OF PLANT GROWTH REGULATION22 ( 3 ) 259 - 271   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Antimutagenic and Anticarcinogenic Properties of Kyo-yasai, Heirloom Vegetables in Kyoto 査読

    Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto,Akiyoshi Nishikawa, Toshio Imai, Eun Young Park and Kenji Sato

    Genes and Environment 30(2), 41-47, 2008-05-20   30 ( 2 )   41 - 47   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ブラシノステロイド研究の進歩と農業利用への期待

    岡本繁久、田仲究、中村考志、松尾友明

    農業および園芸   82 ( 6 )   641 - 650   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ブラシノステロイドの内生量を調節するしくみ

    岡本繁久、田仲究、松尾友明

    化学と生物   45 ( 1 )   34 - 42   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Yuya Yoshimitsu, Kiwamu Tanaka, Wataru Fukuda, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Ken-ichiro Hayashi, Yuji Kamiya, Yusuke Jikumaru, Tomoaki Shigeta, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto .  Both auxin and brassinosteroids (BRs) conotrol the transcription of DWARF4 gene encording a BR biosynthesis enzyme .  21st International Conference on Arabidopsis Research Yokohama Japan  21st International Conference on Arabidopsis Research Yokohama Japan国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • Okamoto S.,Yamaguchi N.,Tanaka K.,Nakamura Y.,Matsuo T. .  Molecular and genetic characterization of a CENTRORALIADIS-Like gene,PnCEL from Japanese morning glory,Pharbitis nil choisy .  International Congress of Plant Molecular Biology  International Congress of Plant Molecular Biology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Okamoto S.,Tsuruda K.,Yamaguchi N.,Nakamura Y.,Matsuo T. .  Effects of reducing compounds on agrobacterium-mediated transformation of sweet poteto .  International Postharvest Symposium  International Postharvest Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Chucheep K.,Kanlayanarat S.,Nakamura Y.,Okamoto S.,Matsuo T. .  Evaluation of chilling damage in tropical vegetables with three procedures .  5th International Postharvest Symposium  5th International Postharvest Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Matsuo T.,SatoY.,Chucheep K.,Nakamura Y.,Okamoto S. .  Chemical and biological characterization of proanthocyanidins with different MW profiles prepared from several fruits and leaves .  5th International Postharvest Symposium  5th International Postharvest Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Kiwamu Tanaka, Yasushi Nakamura, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto .  Brassinosteroid homeostasis is maintained by feedback control of expression of its metabolic genes .  The International Society for Plant Molecular Biology  The International Society for Plant Molecular Biology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Shigehisa Okamoto, Kiwamu Tanaka, Katsuya Tsuruyama, Yasushi Nakamura, Tomoaki Matsuo .  Identification of Arabidopsis Genes Expressing in Shoot Apices During Rosette Leaf Development .  The International Society for Plant Molecular Biology  The International Society for Plant Molecular Biology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • A Relationship between Phytohormones and Symbiosis in Leguminous Plants

    2005年

      詳細を見る

  • マメ科植物の共生窒素固定に植物ホルモンが果たす役割

    2005年

      詳細を見る

    ミヤコグサの根粒形成、窒素固定過程におけるブラシノステロイドの働きを明らかにする。

  • Biosynthesis, Metabolism and Signaling of Brassinosteroids

    2000年

      詳細を見る

  • 植物ホルモン・ブラシノステロイドの作用機序

    2000年

      詳細を見る

    シグナル伝達依存的なブラシノステロイドの生合成・代謝の調節機構の解明。得られた知見の農業への利用。

  • Flowering Control in Pharbitis nil

    2000年

      詳細を見る

  • 植物由来の生理活性物質に関する研究

    1999年

      詳細を見る

    京都の伝統野菜が有する抗変異源性物質の単離と作用機序の解明

  • Bioactive Substance from Vegetables

      詳細を見る

▼全件表示