2021/08/29 更新

写真a

ヤマト タカユキ
大和 高行
YAMATO Takayuki
所属
法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科 教授
職名
教授

学位

  • 修士(文学) ( 1993年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • 改作

  • 材源

  • 英国歴史劇

  • 英国悲劇

  • シェイクスピア

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学  / イギリス演劇論

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学  / イギリス文学

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学  / イギリス演劇研究

学歴

  • 九州大学   大学院文学研究科   修士課程英語学・英文学専攻

    1991年4月 - 1993年3月

  • 九州大学   文学部   文学科

    1986年4月 - 1990年3月

経歴

  • 鹿児島大学   ヨーロッパ・アメリカ総合文化   教授

    2011年8月 - 現在

  • 鹿児島大学   法文学部   准教授

    2007年4月 - 2011年7月

  • 鹿児島大学   法文学部   助教授

    1995年10月 - 2007年3月

  • 鹿児島大学   法文学部   講師

    1994年4月 - 1995年9月

  • 九州大学   文学部   助手

    1993年7月 - 1994年3月

所属学協会

  • 英語史研究会

    1994年4月 - 現在

  • 日本英文学会

    1992年4月 - 現在

  • 日本英文学会九州支部

    1992年4月 - 現在

  • 日本シェイクスピア協会

    1992年4月 - 現在

  • 九州シェイクスピア研究会

    1991年4月 - 現在

委員歴

  • 日本英文学会九州支部   学会誌編集委員  

    2015年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本英文学会九州支部   評議員  

    2013年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

留学歴

  • 2000年9月 - 2001年6月   ヨーク大学英文科   文部省在外研究員

 

論文

  • 大和高行 .  ネイハム・テイト作『リア王一代記』とイギリス帝国主義の萌芽 .  日本英文学会第90回大会Proceedings(付2017 年度支部大会Proceedings)   313 - 314   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 大和高行 .  ネイハム・テイト作『リア王一代記』――解説―― .  鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 ( 84 ) 105 - 120   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:鹿児島大学法文学部人文学科  

    ネイハム・テイト作『リア王一代記』について解説を付した。

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  ブルジョワ家庭悲劇の誕生――英国歴史劇とshe-tragedyの系譜からみたThe Tragedy of Jane Shore .  日本英文学会編『英文学研究 支部統合号』7   319 - 326   2015年2月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行 .  ブルジョワ家庭悲劇の誕生――英国歴史劇とShe-tragedyの系譜からみたThe Tragedy of Jane Shore .  日本英文学会第86回大会Proceedings(付2013年度支部大会Proceedings)   305 - 306   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Nikolay Gyulemetov and Takayuki Yamato .  The Importance of Images of Flight in Dylan Thomas' Prose and Poetry .  Cultural Science Reports of Kagoshima University79   27 - 34   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行 .  王政復古期における『リチャード三世』の改作 .  日本英文学会第84回大会Proceedings(付2011年度支部大会 Proceedings)   272 - 273   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行 .  18世紀初頭における『リチャード三世』の改作--英国歴史劇の変容-- .  平成20年度~23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))報告書   131 - 138   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 大和高行 .  コリー・シバー作『リチャード三世』--解説-- .  平成20年度~23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))報告書   93 - 101   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 杉浦裕子(Sugiura Yuko)・大和高行(Yamato Takayuki)・小林潤司(Kobayashi Junji)・山下孝子(Yamashita Takako)・丹羽佐紀(Niwa Saki) .  ウィリアム・ペインター作「ロミオとジュリエッタ」論-解説と翻訳- .  『鳴門教育大学研究紀要』26   258 - 286   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行 .  コリー・シバー作『リチャード3世』のアン求愛の場面における劇作法 .  鹿児島大学大学院人文社会科学研究科紀要『地域政策科学研究』 ( 8 ) 211 - 226   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行(Yamato Takayuki)・小林潤司(Kobayashi Junji)・杉浦裕子(Sugiura Yuko) .  ジョン・レイシー作『スコットランド人ソーニイ』論 .  鹿児島大学大学院人文社会科学研究科紀要『地域政策科学研究』 ( 7 ) 19 - 86   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  John Lacy, Sauny the Scot (1667) にみる新たな喜劇性――イングランド、スコットランド、そして「インド」 .  鹿児島大学法文学部紀要『人文学科論集』 ( 69 ) 109 - 132   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 杉浦裕子(Sugiura Yuko)・大和高行(Yamato Takayuki)・小林潤司(Kobayashi Junji)・山下孝子(Yamashita Takako)・丹羽佐紀(Niwa Saki) .  ウィリアム・ペインター作「ナルボンヌのジレッタ」論 .  鹿児島大学大学院人文社会科学研究科紀要『地域政策科学研究』 ( 6 ) 25 - 39   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  『ケイアス・マリアス』における女役について .  The Kyushu Review(九州レヴューの会) ( 12 ) 1 - 14   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayuki Yamato .  English History Plays in the Restoration Period .  Kagoshima Studies in English Literature (English Department, Faculty of Law, Economics and Humanities, Kagoshima University) ( 17 ) 33 - 44   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大和高行 .  『アーサー王の悲運』(1588)-解説- .  平成15年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究 (C )(2))研究成果報告書   175 - 190   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大和高行 .  『ヘンリー6世・第1部』とジョアンの変容 .  田島松二(編)『ことばの楽しみ――東西の文化を越えて――』(南雲堂)   262 - 273   2006年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 大和高行 .  『アーサー王の悲運』に見られる道徳観――大衆演劇への橋渡し .  園井英秀(編)『英文学と道徳』(九州大学出版会)   3 - 23   2005年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 大和高行 .  悲劇主体の変容と『ロミオとジュリエット』 .  鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 ( 57 ) 229 - 244   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 大和高行 .  "I will erect / Her statue of pure golde" ―『ロミオとジュリエット』における甘美な悲劇性― .  鹿大英文學 ( 16 ) 19 - 26   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 大和高行 .  誰がW.G.なる者に英国悲劇『ゴーボダック』の本体(ボディ)を渡したのか? .  鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 ( 55 ) 259 - 279   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Takayuki Yamato .  The Marginal and the making of Hal as a “National Hero” in The First and Second Parts of King Henry IV .  Cultural Science Reports of Kagoshima University ( 49 ) 245 - 283   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 大和高行 .  雄弁と沈黙ー『ヘンリー6世・第1部』における「性差の政治学」と「国家にまつわる語り」の関係についてー .  鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 ( 47 ) 71 - 83   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 山田 雄三, 大和 高行, 川井 万里子, 今西 雅章 .  研究発表第十室(日本英文学会第68回大会報告) .  英文学研究73 ( 2 ) 431 - 432   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:一般財団法人 日本英文学会  

    DOI: 10.20759/elsjp.73.2_431

    CiNii Article

  • 大和高行 .  『ヘンリー5世』における諷刺的衝動(II) .  鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 ( 41 ) 161 - 184   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 竹村 はるみ, 大野 雅子, 大和 高行, 大西 洋一 .  研究発表第六室(日本英文学会第66回大会報告) .  英文学研究71 ( 2 ) 240 - 242   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:一般財団法人 日本英文学会  

    DOI: 10.20759/elsjp.71.2_240

    CiNii Article

  • 大和高行 .  『ヘンリー5世』における諷刺的衝動 .  九州大学文学部紀要文學研究 ( 91 ) 51 - 72   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 大和高行 .  Hamlet に於ける秩序回復の戦いーー三組の父親と息子の関係から見た一考察ーー .  九大英文学 ( 35 ) 1 - 23   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集 査読

    大和高行、小林潤司、杉浦裕子、山下孝子、丹羽佐紀( 担当: 共訳 ,  範囲: まえがき、スコットランド人ソーニイ、リア王一代記、リチャード三世、あとがき)

    九州大学出版会  2018年4月  ( ISBN:978-4-7985-0224-3

     詳細を見る

    総ページ数:ii+559   担当ページ:ii+559   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    鹿児島近代初期英国演劇研究会(代表:大和高行/小林潤司、杉浦裕子、山下孝子、丹羽佐紀)訳『王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集』、九州大学出版会、i-559(2018)を上梓した。

  • 吉田徹夫・村里好俊・高瀬文広(共編)『映画で楽しむイギリスの歴史』 査読

    大和高行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ヘンリー2世、ピューリタン革命、チャールズ2世)

    金星堂  2010年4月  ( ISBN:978-4-7647-1101-3

     詳細を見る

    総ページ数:247   担当ページ:35-39; 113-122   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 八尋春海(編)『映画で楽しむアメリカの歴史』 査読

    大和高行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: T型フォード発売、朝鮮戦争、ケネディ大統領暗殺事件)

    金星堂  2000年3月  ( ISBN:4764709546

     詳細を見る

    総ページ数:219   担当ページ:90-93;146-49;170-73   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • ハッピー・エンドのアメリカ 査読

    ジム・クヌーセン(Jim Knudsen)・大和高行(Yamato Takayuki)・松元浩一(Koh-ichi Matsumoto)( 担当: 共著)

    南雲堂(Nan'undo)  1999年10月  ( ISBN:4523173443

     詳細を見る

    総ページ数:53   担当ページ:1-53   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • わが国における英語学研究文献書誌 1900-1996 査読

    田島松二(責任編集)、家入葉子・宮原一成・大和高行・松元浩一・原口行雄・野仲響子・末松信子(共編)( 担当: 共編者(共編著者))

    南雲堂  1998年11月  ( ISBN:4523310408

     詳細を見る

    総ページ数:i + 1196   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • G.L.ブルック:シェイクスピアの英語

    三輪伸春・佐藤哲三・濱崎孔一廊・小城義也・小林潤司・丹羽佐紀・大和高行( 担当: 共訳)

    松柏社  1998年5月  ( ISBN:4881988921

     詳細を見る

    総ページ数:398   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • ネイハム・テイト作『リア王一代記』再考――改作のポイントとテクストに見られるイギリス帝国主義の萌芽

    大和高行

    九州シェイクスピア研究会会報   ( 15 )   3 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 『王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集』の出版に寄せて 査読

    大和高行

    The Kyushu Review(九州レヴューの会)   ( 16 )   87 - 89   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:九州レヴューの会  

    イギリス王政復古期のシェイクスピア改作の代表的戯曲を翻訳した。

  • 初期近代英国におけるセネカの悲劇『テュエステス』の翻訳(1)――ジャスパー・ヘイウッド訳『サイエスティーズ』(1560)の翻訳と注解――

    小林潤司・杉浦裕子・丹羽佐紀・山下孝子・大和高行

    鹿児島国際大学国際文化学部論集   17 ( 4 )   209 - 310   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ネイハム・テイト『リア王一代記』

    大和高行・杉浦裕子・小林潤司(共訳)

    鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集   ( 84 )   31 - 104   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • シバー版『リチャード3世』にみられる歴史認識

    大和高行

    九州シェイクスピア研究会会報   ( 11 )   9 - 9   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • シェイクスピア劇の材源と改作に関する研究と翻訳の現在

    大和高行

    平成20年度~23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))報告書   1 - 4   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • コリー・シバー作『リチャード三世』

    大和高行・丹羽佐紀・小林潤司・山下孝子・杉浦裕子(共訳)

    平成20年度~23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))報告書   5 - 74   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • グリフィス版『ゴーボダック』(1565) は粗悪な海賊版か? 査読

    大和高行(Yamato Takayuki)

    『英語史研究ノート』開文社   205 - 209   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Sauny the Scot(1667)にみる新たな喜劇性について 査読

    大和高行

    Shakespeare News(The Shakespeare Society of Japan)   48 ( 2 )   7 - 8   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • ジョージ・ピール作『ダビデとバテシバ』ーー翻訳と注解ーー

    丹羽佐紀・山下 孝子・大和 高行・小林 潤司・杉浦 裕子

    鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編   60   145 - 223   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 王政復古期の英国歴史劇に見られる歴史的人物の(再)表象 査読

    大和高行

    Shakespeare News (The Shakespeare Society of Japan)   46 ( 3 )   47 - 47   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • トマス・ヒューズほか作『アーサー王の悲運』

    大和高行・小林潤司・山下孝子・丹羽佐紀

    『平成15年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 英国ルネサンス演劇の翻訳プロジェクト研究』   7 - 106   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 英国ルネサンス演劇の翻訳の現在

    大和高行

    『平成15年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 英国ルネサンス演劇の翻訳プロジェクト研究』   1 - 6   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • トマス・ノートン/トマス・サックヴィル作『ゴーボダック』

    小林潤司・丹羽佐紀・山下孝子・大和高行

    『平成15年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 英国ルネサンス演劇の翻訳プロジェクト研究』   107 - 173   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • トマス・プレストン作『キャンバイシーズ』―翻訳と注解―

    山下 孝子・大和 高行・丹羽 佐紀・小林 潤司

    『鹿児島経済論集』(鹿児島国際大学)   46 ( 4 )   387 - 474   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 本橋哲也(著)『本当はこわいシェイクスピア-<性>と<植民地>の渦中へ』(「講談社選書メチエ」312)、237pp. 招待 査読

    大和高行

    『英語青年』2005年2月号   51 - 51   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • Jean E. Howard & Scott Cutler Shershow (eds.), Marxist Shakespeares. (Accents on Shakespeare.) London and New York: Methuen, 2001, xii + 304pp. 招待 査読

    Takayuki Yamato

    ( 7 )   97 - 99   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • ゴーボダック-翻訳と注解-第3回

    小林潤司・丹羽佐紀・山下孝子・大和高行

    鹿児島国際大学文化学部紀要   2 ( 3 )   71 - 100   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』第6章

    大和高行

    鹿大英文學   ( 15 )   1 - 18   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ゴーボダック-翻訳と注解-第2回

    小林潤司・丹羽佐紀・山下孝子・大和高行

    鹿児島国際大学文化学部紀要   2 ( 2 )   76 - 96   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • マルクス主義シェイクスピア批評は終焉したのか? Marxist Shakespeares, Eds. Jean E. Howard & Scott Cutler Shershow (London and New York: Routledge, 2001), xii + 304pp. 招待 査読

    大和高行

    『英語青年』2001年6月号   62 - 62   2001年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • ゴーボダック-翻訳と注解-第1回

    小林潤司・丹羽佐紀・山下孝子・大和高行

    鹿児島国際大学文化学部紀要   2 ( 1 )   73 - 103   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 文化の翻訳ーー『オセロー』における白と黒ーー

    大和高行

    平成11年度教育研究学内特別経費全学プロジェクト『新しい関係性を求めて―コミュニケーションの諸相』報告書No.2   65 - 71   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Patricia Fumerton and Simon Hunt (eds.), Renaissance Culture and the Everyday. (New Cultural Studies.) Philadelphia, PA: University of Pennsylvania Press, 1998, vi + 366pp. 査読

    大和高行

    The Kyushu Review(九州レヴューの会)   ( 4 )   106 - 110   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』第5章

    大和高行

    鹿大英文學   ( 13 )   1 - 20   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 歴史の多元性、文化のローカリティ、「シェイクスピア」の受容の問題 Post-Colonial Shakespeares, Eds. Ania Loomba & Martin Orkin (London and New York: Routledge, 1998), xi + 308pp. 招待 査読

    大和高行

    英語青年1999年4月号   43 - 44   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • 日本における「シェイクスピア」受容にまつわる諸問題に関する研究

    大和高行

    平成10年度教育研究学内特別経費全学プロジェクト『新しい関係性を求めて―コミュニケーションの諸相』報告書No.1   105 - 110   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』第4章

    大和高行

    鹿大英文學   ( 12 )   1 - 31   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』第3章

    大和高行

    鹿大英文學   ( 11 )   1 - 44   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』第2章

    大和高行

    鹿大英文學   ( 10 )   1 - 36   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミュリエル・スパーク『ミス・ジーン・ブロウディの最盛期』

    大和高行

    鹿大英文學   ( 9 )   1 - 15   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大和高行 .  ネイハム・テイト作『リア王一代記』再考--改作のポイントとテクストに見られる英国帝国主義の萌芽 .  九州シェイクスピア研究会第182回例会  2017年12月  九州シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

  • 大和高行(Yamato Takayuki)、小林潤司(Kobayashi Junji)、丹羽佐紀(Niwa Saki)、山下孝子(Yamashita Takako)、杉浦裕子(Sugiura Yuko) .  シンポジウム第1部門「イギリス文学」:シェイクスピア劇とその材源・改作に見るイギリスの帝国化の諸相 .  日本英文学会第70回九州支部大会  2017年10月  日本英文学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:長崎大学  

    国内学会

  • 大和高行 .  ブルジョワ家庭悲劇の誕生--英国歴史劇と She-tragedy の系譜からみた The Tragedy of Jane Shore .  日本英文学会九州支部第66回大会  2013年10月  日本英文学会九州支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島国際大学(鹿児島市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  シバー版『リチャード三世』にみられる「歴史」提示法 .  日本シェイクスピア学会第51回大会  2012年10月  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  シンポジウム 第1部門 イギリス文学 「William Shakespeare 劇の材源と改作」 「王政復古期における『リチャード三世』の改作--英国歴史劇の変容--」 .  日本英文学会第64回九州支部大会  2011年10月  日本英文学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大分大学(大分市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  シバー版『リチャード三世』に見られる歴史認識 .  九州シェイクスピア研究会第160回例会  2011年10月  九州シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西南学院大学(福岡市)  

    研究会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  Sauny the Scot (1667) にみる新たな喜劇性について .  日本シェイクスピア学会第47回大会  2008年10月  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手県立大学(岩手県滝沢市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  ジョン・レイシーの『じゃじゃ馬馴らし』-スコットランド人従者と王政復古期の家父長制 .  九州シェイクスピア研究会第148回例会  2008年9月  九州シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

    研究会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  王政復古期の歴史劇―英雄劇から情念劇へ― .  第42回鹿児島大学英文学会  2007年6月  鹿児島大学英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学(鹿児島市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  英国歴史劇における女王、王妃、王女の系譜 .  日本英文学会第57回九州支部大会  2004年10月  日本英文学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  王政復古期演劇を読む―ジャンルの変容の視点から .  日本シェイクスピア学会第43回大会セミナー3  2004年10月  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  『ロミオとジュリエット』を読む .  日本シェイクスピア学会第41回大会セミナー2  2002年10月  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京女子大学(東京都)  

    国内学会

  • 大和高行 .  図像を読み解くーー近代初期イングランドのテクスト解釈ーー .  鹿児島大学英文学会第37回大会  2002年6月  鹿児島大学英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学(鹿児島市)  

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  1565年版『ゴーボダック』は粗悪な海賊版か? .  英語史研究会弟7回大会  英語史研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

    研究会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  ジョン・バンクロフトの英国悲劇 .  日本シェイクスピア学会第40回大会  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

    国内学会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  『ヘンリー4世』2部作における「ウェールズ」性について .  福岡シェイクスピア研究会第107回例会  福岡シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

    研究会

  • 大和高行(Yamato Takayuki) .  歴史劇再読―Henry IV の場合― .  日本シェイクスピア学会第35回大会セミナー1  1996年10月  日本シェイクスピア協会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:立命館大学(京都市)  

    国内学会

  • 大和高行 .  『ヘンリー6世・第1部』における雄弁と沈黙ーー実体と影ーー .  日本英文学会第68回大会  1996年5月  日本英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立正大学(東京都)  

  • 大和高行 .  『ヘンリー6世・第一部』における英雄神話生成の過程をめぐって .  福岡シェイクスピア研究会第98回例会  1996年5月  福岡シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

  • 大和高行 .  シェイクスピアの歴史劇ーー体制の論理と民衆の声ーー .  鹿児島大学英文学会第30回大会  1995年6月  鹿児島大学英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学(鹿児島市)  

  • 大和高行 .  『ヘンリー5世』における諷刺的衝動 .  日本英文学会第66回大会  1994年5月  日本英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本大学(熊本市)  

  • 大和高行 .  『ヘンリー5世』における諷刺的衝動 .  福岡シェイクスピア研究会第87回例会  1994年5月  福岡シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

  • 大和高行 .  『ハムレット』ーー父親と息子 .  福岡シェイクスピア研究会第82回例会  1993年5月  福岡シェイクスピア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(福岡市)  

  • 大和高行 .  『ハムレット』の劇構造ーー父親と息子が作る三つのプロットについて .  日本英文学会第45回九州支部大会  1992年11月  日本英文学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島純心女子大学(鹿児島市)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 「シェイクスピア崇拝」と18世紀イングランド娯楽ビジネス

    研究課題/領域番号:20H01242  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • シェイクスピア劇の材源・改作とイギリスの帝国化400年の関係についての研究

    研究課題/領域番号:26370282  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大和高行、丹羽佐紀・小林潤司・山下孝子・杉浦裕子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    シェイクスピア劇の材源と改作、すなわち、ネイハム・テイト作『リア王一代記』(1681)、コリー・シバー作『リチャード三世』(1700) 、ジョージ・グランヴィル作『ヴェニスのユダヤ人』(1701) などの演劇史上重要なテクストの翻訳を行った。

  • シェイクスピア劇の材源と改作に関する翻訳プロジェクト研究

    研究課題/領域番号:20520232  2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大和高行、丹羽佐紀・小林潤司・山下孝子・杉浦裕子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    シェイクスピア劇の材源と改作、すなわち、『スコットランド人ソーニイ』(1667)などの演劇史上重要なテクストの翻訳を行った。

  • 英国ルネサンス演劇の翻訳プロジェクト研究

    研究課題/領域番号:15520192  2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大和高行、丹羽佐紀・小林潤司・山下孝子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1800000円 ( 直接経費:1800000円 )

    英国ルネサンス演劇、すなわち、『ゴーボダック』(1561)、『キャンバイシーズ』(1569)、『アーサー王の悲運』(1588)、『ダビデとベテシバ』(1594)という演劇史上重要なテクストの翻訳を行った。

 

担当経験のある授業科目

  • ヨーロッパ近代文学論

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学特論演習

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学特論

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • イギリス演劇研究

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学概説B

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学概説A

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学演習2

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学演習1

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • イギリス演劇論演習

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス演劇論

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学演習

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • イギリス文学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 卒業科目指導(英語・英米文学)

    機関名:鹿児島大学

  • 英米文学講読

    機関名:鹿児島国際大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

▼全件表示