2021/04/23 更新

写真a

チユウマ タケヒサ
中馬猛久
CHUMA Takehisa
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(獣医学) ( 1998年2月   東京大学 )

  • 農学修士 ( 1987年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 薬剤耐性

  • 細菌

  • 食中毒

  • 獣医公衆衛生学

  • Veterinary Public Health

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 病態・予防獣医学講座 公衆衛生学分野   教授

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本獣医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本食品微生物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医公衆衛生学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本カンピロバクター研究会

    2015年4月 - 現在

  • 日本食品微生物学会

  • 日本細菌学会

  • 日本獣医学会

▼全件表示

 

論文

  • Matsunaga N. .  Analysis of fecal samples from Amami rabbits (Pentalagus furnessi) indicates low levels of antimicrobial resistance in Escherichia coli .  European Journal of Wildlife Research66 ( 5 )   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Wildlife Research  

    DOI: 10.1007/s10344-020-01424-8

    Scopus

  • Tomino Yoshiyuki, Andoh Masako, Horiuchi Yuta, Shin Jiye, Ai Ryunosuke, Nakamura Takaki, Toda Mizuki, Yonemitsu Kenzo, Takano Ai, Shimoda Hiroshi, Maeda Ken, Kodera Yuuji, Oshima Ichiro, Takayama Koji, Inadome Takayasu, Shioya Katsunori, Fukazawa Motoki, Ishihara Kanako, Chuma Takehisa .  野生のニホンジカ(Cervus nippon)とイノシシ(Sus scrofa)における志賀毒素産生型大腸菌及びカンピロバクターの調査(Surveillance of Shiga toxin-producing Escherichia coli and Campylobacter spp. in wild Japanese deer(Cervus nippon) and boar(Sus scrofa)) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 9 ) 1287 - 1294   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Maeda Y. .  α-Sens: The improved ARE-Nrf2-based sensitization screening assay using normalized transcriptional activity .  Toxicology439   152476   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Toxicology  

    DOI: 10.1016/j.tox.2020.152476

    Scopus

    PubMed

  • Ishida-Kuroki K. .  16S rRNA Gene Amplicon Sequence Data from Feces of Wild Deer (Cervus nippon) in Japan .  Microbiology Resource Announcements9 ( 22 ) e00346-1 - 3   2020年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Resource Announcements  

    DOI: 10.1128/MRA.00346-20

    Scopus

    PubMed

  • Ishida-Kuroki K. .  16S rRNA gene amplicon sequence data from feces of five species of wild animals in Japan .  Microbiology Resource Announcements9 ( 22 ) e00368-20-1 - 4   2020年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Resource Announcements  

    DOI: 10.1128/MRA.00368-20

    Scopus

    PubMed

  • Vu Minh Duc, Shin Jiye, Nagamatsu Yamato, Fuhiwara Ayaka, Toyofuku Hajime, Obi Takeshi, Chuma Takehisa .  2013-2016年に日本の鹿児島県の肉用鶏より単離されたSalmonella属におけるSalmonella Schwarzengrund保有率の増加とSalmonella entericaの抗菌薬感受性(Increased Salmonella Schwarzengrund prevalence and antimicrobial susceptibility of Salmonella enterica isolated from broiler chickens in Kagoshima Prefecture in Japan between 2013 and 2016) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 5 ) 585 - 589   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Fujimoto Hideki, Shimoji Natsuki, Sunagawa Tatsumi, Kubozono Kaoru, Nakajima Chikage, Chuma Takehisa .  敗血症にて屠殺処分の牛及び豚より検出されたTrueperella pyogenesの表現型及び遺伝学的特徴の違い(Differences in phenotypic and genetic characteristics of Trueperella pyogenes detected in slaughtered cattle and pigs with septicemia) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 5 ) 626 - 631   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • TOMINO Yoshiyuki, SHIMODA Hiroshi, MAEDA Ken, KODERA Yuuji, OSHIMA Ichiro, TAKAYAMA Koji, INADOME Takayasu, SHIOYA Katsunori, FUKAZAWA Motoki, ISHIHARA Kanako, CHUMA Takehisa, ANDOH Masako, HORIUCHI Yuta, SHIN Jiye, AI Ryunosuke, NAKAMURA Takaki, TODA Mizuki, YONEMITSU Kenzo, TAKANO Ai .  Surveillance of Shiga toxin-producing <i>Escherichia coli</i> and <i>Campylobacter</i> spp. in wild Japanese deer (<i>Cervus nippon</i>) and boar (<i>Sus scrofa</i>) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 9 ) 1287 - 1294   2020年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Increasing game meat consumption in Japan requires the dissemination of safety information regarding the presence of human pathogens in game animals. Health information regarding the suitability of these animals as a meat source is not widely available. In this study, we aimed to evaluate the safety of game meat and detect potential human pathogens in wild deer (<i>Cervus nippon</i>) and boar (<i>Sus scrofa</i>) in Japan. Fecal samples from 305 wild deer and 248 boars of Yamaguchi, Kagoshima, and Tochigi prefectures collected monthly for 2 years were examined for the prevalence of Shiga toxin-producing <i>Escherichia coli</i> (STEC) and <i>Campylobacter</i> spp. STEC was isolated from 51 deer consistently throughout the year and from three boars; O-antigen genotype O146, the expression of <i>stx2b</i>, and <i>eaeA</i> absence (n=33) were the major characteristics of our STEC isolates. Other serotypes included the medically important O157, <i>stx2b</i> or <i>stx2c</i>, and <i>eaeA</i>-positive (n=4) and O26, <i>stx1a</i>, and <i>eaeA</i>-positive strains (n=1). <i>Campylobacter</i> spp. were isolated from 17 deer and 31 boars. <i>Campylobacter hyointestinalis</i> was the most common species isolated from 17 deer and 25 boars, whereas <i>Campylobacter lanienae</i> and <i>Campylobacter coli</i> were isolated from three and two boars, respectively. Seasonal trends for the isolation of these bacteria were not significant. This study demonstrates that wild game animals carry human pathogens; therefore, detailed knowledge of the safe handling of game meat is needed to prevent foodborne infections.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0265

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • DUC Vu Minh, SHIN Jiye, NAGAMATSU Yamato, FUHIWARA Ayaka, TOYOFUKU Hajime, OBI Takeshi, CHUMA Takehisa .  Increased <i>Salmonella</i> Schwarzengrund prevalence and antimicrobial susceptibility of <i>Salmonella enterica</i> isolated from broiler chickens in Kagoshima Prefecture in Japan between 2013 and 2016 .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 5 ) 585 - 589   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>This study aimed to analyze the <i>Salmonella</i> serovars, measure the minimum inhibitory concentration of antimicrobials, and examine the antimicrobial resistance genes of <i>Salmonella</i> isolated from 192 broiler flocks in Kagoshima Prefecture in Japan, from 2013 to 2016. We found that all <i>Salmonella</i> isolates belonged to three serovars: <i>Salmonella</i> Manhattan, <i>S.</i> Infantis, and <i>S.</i> Schwarzengrund. Among them, <i>S.</i> Schwarzengrund prevalence has recently increased annually making the main serovar. Most recovered isolates were highly resistant to streptomycin, sulfamethoxazole, and oxytetracycline. We saw the reduction of third-generation cephalosporin resistance and identified the reason of increased kanamycin resistance to be the increased number of <i>S.</i> Schwazengrund isolates. Among the kanamycin-resistant <i>Salmonella</i> isolates, <i>aphA1</i> constituted the main resistance gene detected.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0096

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • FUJIMOTO Hideki, SHIMOJI Natsuki, SUNAGAWA Tatsumi, KUBOZONO Kaoru, NAKAJIMA Chikage, CHUMA Takehisa .  Differences in phenotypic and genetic characteristics of <i>Trueperella pyogenes</i> detected in slaughtered cattle and pigs with septicemia .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 5 ) 626 - 631   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>We investigated the hemolytic properties, biochemical properties, and possession of virulence factor genes of <i>Trueperella pyogenes</i> isolated from cattle and pigs with septicemia. The porcine strains showed significantly stronger hemolyticity than the bovine strains. In addition, <i>T. pyogenes</i> from cattle and pigs also differed in biochemical properties. Virulence factor genes (<i>nanP</i>, <i>cbpA, fimC</i>, and <i>fimE</i>) were more prevalent in bovine strains, whereas other virulence factor genes (<i>nanH</i> and <i>fimG</i>) were more prevalent in porcine strains. <i>T. pyogenes</i> isolated from pig and cattle with septis cases in Japanese meat inspection showed variability in biochemical and genetic properties. Differences were observed between porcine and bovine strain in term of the hemolytic strength and possession of genes for factors promoting adhesions which are considered pathogenic.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0370

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • 柿内 梨那, 阿井 隆之介, 堀内 雄太, 朝倉 宏, 中馬 猛久 .  鹿児島県内で市販される鳥刺しと加熱用鶏肉のカンピロバクター汚染状況 .  日本食品微生物学会雑誌36 ( 4 ) 165 - 168   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本食品微生物学会  

    2015年8月〜2016年5月に県内の小売店10ヶ所で購入した鳥刺し61検体と加熱用鶏肉46検体について、カンピロバクター菌数推定をMPN法で行った。結果、100MPN/50g以上の数値を示したものが加熱用鶏肉で14検体(30%)あったのに対し、鳥刺しは3検体(5%)のみであり汚染度が有意に低かった。鳥刺しの汚染度を加工業者(全10社)ごとにみると、10MPN/50g以上の数値を示した検体は4社が加工したものであった。100MPN/50g以上を示した3検体は2社が加工したものであり、この2社は認定小規模食鳥処理場であった。

  • 柿内 梨那, 阿井 隆之介, 堀内 雄太, 朝倉 宏, 中馬 猛久 .  認定小規模食鳥処理場の生食用鶏肉加工におけると体表面の焼烙による加熱が微生物汚染低減にもたらす効果 .  日本食品微生物学会雑誌36 ( 2 ) 105 - 109   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本食品微生物学会  

  • Duc V. .  Prevalence of Salmonella in broiler chickens in Kagoshima, Japan in 2009 to 2012 and the relationship between serovars changing and antimicrobial resistance .  BMC Veterinary Research15 ( 1 ) 108   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Veterinary Research  

    DOI: 10.1186/s12917-019-1836-6

    Scopus

    PubMed

  • 柿内 梨那, 阿井 隆之介, 堀内 雄太, 朝倉 宏, 中馬 猛久 .  鹿児島県内で市販される鳥刺しと加熱用鶏肉のカンピロバクター汚染状況 .  日本食品微生物学会雑誌36 ( 4 ) 165 - 168   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本食品微生物学会  

    DOI: 10.5803/jsfm.36.165

    CiNii Article

  • 柿内 梨那, 阿井 隆之介, 堀内 雄太, 朝倉 宏, 中馬 猛久 .  認定小規模食鳥処理場の生食用鶏肉加工におけると体表面の焼烙による加熱が微生物汚染低減にもたらす効果 .  日本食品微生物学会雑誌36 ( 2 ) 105 - 109   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本食品微生物学会  

    <p>Chicken-sashimi is a heat-seared poultry meat dish firmly established in the food culture of Kagoshima. It is now becoming widely consumed across Japan. The chicken-sashimi supplied in Kagoshima is heat-seared following carcass chilling, whereas that supplied in other regions is processed without heat-searing. Mounting epidemiological data has shown associations between non-heated-seared chicken-sashimi and <i>Campylobacter</i> food poisoning in most metropolitan areas, whereas chicken-sashimi-related food poisoning is rare in Kagoshima. We thus aimed to investigate the process-by-process (de-feathering, chilling, and heat-searing) dynamics of <i>Campylobacter</i> and fecal indicator bacterial levels in the production of chicken-sashimi from slaughtered birds at a poultry processing plant in Kagoshima. We examined 30 chicken-carcasses, and <i>Campylobacter</i> was detected in small quantities on the 5 samples of carcass surface after de-feathering, but was not detected in any swabs taken after chilling. <i>E. coli</i> and coliform were not detected, and general bacterial counts were held below 0.9 cfu/g after heat-searing, indicating that cauterization by heat-searing effectively reduced microbiological contamination of the chicken meat. This is the first report on a hygiene control strategy for chicken-sashimi, describing microbiological dynamics. Our data suggests that thorough treatment at each process enables the safe supply of chicken-sashimi for minimized risk of human infection.</p>

    DOI: 10.5803/jsfm.36.105

    CiNii Article

  • SUENAGA Yasuhiro, OBI Takeshi, IJIRI Moe, CHUMA Takehisa, FUJIMOTO Yoshikazu .  Surveillance of antibiotic resistance in <i>Escherichia coli</i> isolated from wild cranes on the Izumi plain in Kagoshima prefecture, Japan .  The Journal of Veterinary Medical Science81 ( 9 ) 1291 - 1293   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>The prevalence of antibiotic resistance in 376 <i>Escherichia coli</i> (<i>E. coli</i>) isolates from fecal samples of Hooded and White-naped cranes was investigated on the Izumi plain in Kagoshima prefecture, Japan, during winter 2016 and 2017. Resistance to oxytetracycline, ampicillin, and nalidixic acid were observed in 10.9%, 3.1–4.4%, and 2.1–7.7% of isolates, respectively. Since the previous surveillance in 2007, isolation rates of antibiotic-resistant <i>E. coli</i> recovered from wild cranes have remained at significantly low levels compared with those in Japanese livestock. Our results indicate that surveillance of antibiotic-resistant <i>E. coli</i> from wild cranes wintering in the Izumi plain could be a useful strategy to indicate natural environmental pollution by antibiotic-resistant bacteria in the environment.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0305

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Ishihara K. .  Effect of climatic elements on Campylobacter colonization in broiler flocks reared in southern Japan from 2008 to 2012 .  Poultry Science96 ( 4 ) 931 - 937   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Poultry Science  

    DOI: 10.3382/ps/pew354

    Scopus

  • Chuma T, Miyasako D, Dahshan H, Takayama T, Nakamoto Y, Shahada F, Akiba M, and Okamoto K. .  Chronological Change of Resistance to β-Lactams in Salmonella enterica serovar Infantis Isolated from Broilers in Japan. .  Front. Microbiol4 ( 113 ) 1 - 5   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中馬猛久 .  細菌培養検査と抗菌剤感受性試験 .  J-VET24 ( 1 ) 45 - 51   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Chuma T, Kawamoto T, Shahada F, Fujimoto H, and Okamoto K. .  Antimicrobial susceptibility of Erysipelothrix rhusiopathiae isolated from pigs in southern Japan with a modified agar dilution method. .  J. Vet. Med. Sci.72   643 - 645   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Campylobacter jejuni

    中馬猛久( 担当: 単著)

    最新 細菌・カビ・酵母 図鑑  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • 人と動物の共通感染症の最新情報 カンピロバクター感染症

    中馬 猛久

    日本獣医師会雑誌   72 ( 11 )   653 - 660   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医師会  

  • カンピロバクター食中毒予防の現状と展望

    中馬猛久

    食品衛生研究   62 ( 3 )   7 - 15   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ペットから人へ、身近で起こる人獣共通感染症 (2)細菌感染症

    中馬猛久

    日本防菌防黴学会誌   36   193 - 200   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • T. Chuma .  Prevalence and antimicrobial resistance of Salmonella spp. isolated from broilers in Kagoshima, Japan. .  The Internationational Conference of Korean Society of Food Science of Animal Resources and 49th Annual Meeting.  The Internationational Conference of Korean Society of Food Science of Animal Resources招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cheonan SangNoc Resort  

  • 中馬猛久 .  シンポジウム:細菌学領域における基礎と臨床のクロストークセッション 「カンピロバクター感染症の疫学 食品媒介感染症の観点から」 .  第90回日本細菌学会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台国際センター展示棟  

  • 中馬猛久 .  人・動物・環境の調和と共存: 人獣共通感染症および食品由来感染症制御からのアプローチ .  平成28年度空気調和・衛生工学会大会  日本空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島大学稲盛会館  

  • Chuma T, Miyasako D, Dahshan H, Takayama T, Nakamoto Y, Shahada F, Akiba M, Okamoto K. .  Chronological change of resistance to B-lactams in Salmonella enterica serovar Infantis isolated from broilers in Japan. .  3rd ASM Conference on Antimicrobial Resistance in Zoonotic Bacteria and Foodborne Pathogens in Animals, Humans, and the Environment.  3rd ASM Conference on Antimicrobial Resistance in Zoonotic Bacteria and Foodborne Pathogens in Animals, Humans, and the Environment.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 中馬猛久、宮迫大輔、Hesham Dahshan、横井智毅、仲本佑子、岡本嘉六 .  ブロイラーから分離されたSalmonella Infantis の薬剤感受性とβラクタマーゼ産生型の推移 .  第153回日本獣医学会  第153回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 中馬猛久 .  南九州におけるブロイラーのサルモネラ、カンピロバクター汚染と対策 .  平成21年度日本獣医師会年次大会・シンポジウム「鶏におけるサルモネラ、カンピロバクターの疫学と対策」  平成21年度日本獣医師会年次大会・シンポジウム「鶏におけるサルモネラ、カンピロバクターの疫学と対策」招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • Vu Minh Duc, 柿内 梨那, 豊福 肇, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  鹿児島県の肉用鶏より単離された、Salmonella属菌のβラクタム系抗菌薬耐性に関する遺伝学的性状解析(Genetic characterization of β-lactam resistance in Salmonella isolated from broiler chickens in Kagoshima, Japan) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2019年8月  (公社)日本獣医学会

  • 津留 優, 宗安 祥佳, Vu Minh Duc, 城間 萌子, 栗脇 良太, 山元 三保子, 中馬 猛久 .  鶏から分離されたカンピロバクターの型別とギランバレー症候群関連遺伝子 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2020年10月  日本カンピロバクター研究会

  • 下地 康大, 阿井 隆之介, 柿内 梨那, Vu Minh Duc, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  鳥刺し用食鳥肉の原材料でのカンピロバクター汚染調査 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 川田 宏之, 合田 学剛, 藤田 八束, 松山 弘幸, 前田 広人, 奥西 将之, 寺田 厚, 藤澤 倫彦, 柿内 梨那, 中馬 猛久 .  食鳥肉の細菌汚染に対する食品添加物殺菌料 亜塩素酸水の有効性 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2019年9月  日本カンピロバクター研究会

  • 松山 弘幸, 久保 貴大, 川田 宏之, 前田 広人, 奥西 将之, 寺田 厚, 藤澤 倫彦, 合田 学剛, 藤田 八束, 柿内 梨那, 中馬 猛久 .  食鳥肉のカンピロバクター属菌(C.jejuni/coli)汚染低減策としての化学的殺菌処理(食品添加物殺菌料 亜塩素酸水)による有効性確認試験 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2018年12月  日本カンピロバクター研究会

  • 朝倉 宏, 岡村 雅史, 中馬 猛久, 中山 達哉, 佐々木 貴正, 村上 覚史 .  野鳥由来Campylobacter jejuniは鶏腸管環境に適応するか? .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2018年12月  日本カンピロバクター研究会

  • 阿井 隆之介, 堀内 雄太, 冨野 由通, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  認定小規模食鳥処理場で加工される生食用鶏肉の処理行程におけるカンピロバクター汚染菌数の評価 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 中馬 猛久 .  細菌学領域における基礎と臨床のクロストークセッション カンピロバクター感染症の疫学 食品媒介感染症の観点から .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 山田 耕一, 小林 直樹, 向井 猛, 徳田 祐二, 平田 甲太郎, 黒江 宥冶, 中馬 猛久 .  生食用食鳥肉加工工程における細菌汚染実態調査 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2017年11月  日本カンピロバクター研究会

  • 朝倉 宏, 森田 幸雄, 中馬 猛久, 中村 寛海 .  次世代シークエンサーを用いた家禽疾病研究 食鳥肉におけるカンピロバクター汚染制御と汚染探知への次世代シーケンサーの活用 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 柿内 梨那, 下地 康大, Vu Minh Duc, 中馬 猛久 .  未加熱鶏レバーのカンピロバクター汚染リスクに関する研究 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2019年9月  日本カンピロバクター研究会

  • Vu Minh Duc, Kakiuchi Rina, Toyofuku Hajime, Obi Takeshi, Chuma Takehisa .  日本の鹿児島でブロイラー種から分離されたSalmonella serovarsの抗菌薬耐性遺伝子(Antimicrobial resistance genes of Salmonella serovars isolated from broiler chickens in Kagoshima, Japan) .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 柿内 梨那, 堀内 雄太, 阿井 隆之介, 下地 康大, Vu Minh Duc, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  南九州の鶏肉生食文化である「鳥刺し」のカンピロバクター汚染調査 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2018年12月  日本カンピロバクター研究会

  • 朝倉 宏, 山本 詩織, 中山 達哉, 森田 幸雄, 中馬 猛久 .  冷凍条件下におけるCampylobacter jejuniの遺伝子発現挙動(Transcriptomic dynamics of Campylobacter jejuni under freezing condition) .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • Duc Vuminh, 豊福 肇, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  ブロイラーからから分離されたSalmonellaの有病率、血清型変化、抗菌耐性(Prevalence, serotype changing and antimicrobial resistance of Salmonella isolated from broiler) .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • Maeda Yosuke, Takeyoshi Masahiro, Chuma Takehisa, Iwata Hiroyuki .  デュアルルシフェラーゼ系を用いたARE-Nr2ベース皮膚感作スクリーニング法の改良(Improved ARE-Nrf2-based skin sensitization screening assay using dual luciferase assay system) .  AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation  2019年12月  日本動物実験代替法学会

  • 柿内 梨那, 中馬 猛久 .  カンピロバクター食中毒低減へ向けて:科学、行政および生産現場での取り組み 鹿児島の鳥刺し販売生産過程におけるカンピロバクター汚染制御 .  日本カンピロバクター研究会総会抄録集  2019年9月  日本カンピロバクター研究会

  • 竹下 奈知子, 徳吉 美国, 鈴木 和男, 仁田 義弘, 高野 愛, 下田 宙, 前田 健, 中馬 猛久, 宮下 直, 関崎 勉 .  カンピロバクター汚染に関わる鶏舎外環境試料および野生動物調査 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • Vu Minh Duc, 宗安 祥佳, 豊福 肇, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  2018年に鹿児島県のブロイラー鶏から分離されたβ-ラクタム耐性が消失したサルモネラ菌(The disappearance of β-lactam resistance in Salmonella isolates from broiler chickens in Kagoshima Prefecture in 2018) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • Vu Minh Duc, 豊福 肇, 小尾 岳士, 中馬 猛久 .  2013-2016の鹿児島県における肉用鶏のSalmonella Schwarzengrundの発生と肉用鶏由来サルモネラの抗菌薬感受性(Emergence of Salmonella Schwarzengrund and antimicrobial susceptibility of Salmonella from broiler chicken in Kagoshima, Japan during 2013-2016) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • カンピロバクターに関する研究

      詳細を見る

  • Study on Campylobacter

      詳細を見る