2022/02/21 更新

写真a

クサノ シユウイチ
草野 秀一
KUSANO Shuichi
所属
医歯学域ヒトレトロウイルス学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 准教授
医歯学域医学系 医学部  
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 1996年3月   総合研究大学院大学 )

研究キーワード

  • 転写制御

  • Phospholipid Scramblase 1

  • HTLV-1

  • HIV-1

  • KSHV

  • EBウイルス

学歴

  • 総合研究大学院大学   生命科学研究科   遺伝学専攻

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京理科大学   応用生物科学専攻

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京理科大学   応用生物科学科

    1984年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   准教授

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部    

    2006年2月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座   准教授

    2006年2月 - 2019年3月

所属学協会

  • アメリカ生化学分子生物学会

    2015年10月 - 現在

  • アメリカ微生物学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本ウイルス学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本分子生物学会

    2015年10月 - 現在

留学歴

  • 1997年1月 - 2002年3月   ノースカロライナ大学 ラインバーガーがん研究所   博士研究員

取得資格

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

 

論文

  • Sadanari H, Takemoto M, Ishida T, Otagiri H, Daikoku T, Murayama T, Kusano S .  The Interferon-Inducible Human PLSCR1 Protein Is a Restriction Factor of Human Cytomegalovirus. .  Microbiology spectrum   e0134221   2022年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/spectrum.01342-21

    PubMed

  • Shuichi Kusano, Masanori Ikeda .  Interaction of phospholipid scramblase 1 with the Epstein-Barr virus protein BZLF1 represses BZLF1-mediated lytic gene transcription. .  Journal of Biological Chemistry294 ( 41 ) 15104 - 15116   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASBMB  

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.008193

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://www.jbc.org/content/294/41/15104.long

  • Shuichi Kusano, Makoto Yoshimitsu, Miho Hachiman, Masanori Ikeda .  I-mfa domain proteins specifically interact with HTLV-1 Tax and repress its transactivating functions .  Virology486   219 - 227   2015年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virology  

    DOI: 10.1016/j.virol.2015.09.020

    Scopus

    PubMed

  • Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru .  Interaction of the phospholipid scramblase 1 with HIV-1 Tat results in the repression of Tat-dependent transcription .  Biochemical and Biophysical Research Communications433 ( 4 ) 138 - 444   2013年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru .  Human phospholipid scramblase 1 interacts with and regulates transactivation of HTLV-1 Tax .  Virology432 ( 2 ) 343 - 352   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Yuki Shiimura, Yoshito Eizuru .  I-mfa domain proteins specifically interact with SERTA domain proteins and repress their transactivating functions. .  Biochimie93 ( 9 ) 1555 - 1564   2011年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru .  Human I-mfa domain proteins specifically interact with KSHV LANA and affect its regulation of Wnt signaling-dependent transcription. .  Biochemical and Biophysical Research Communications396 ( 3 ) 608 - 613   2010年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thornburg NJ, Kusano S, Raab-Traub N .  Identification of Epstein-Barr virus RK-BARF0-interacting proteins and characterization of expression pattern. .  Journal of virology78 ( 23 ) 12848 - 56   2004年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.78.23.12848-12856.2004

    PubMed

  • Everly DN Jr, Kusano S, Raab-Traub N .  Accumulation of cytoplasmic beta-catenin and nuclear glycogen synthase kinase 3beta in Epstein-Barr virus-infected cells. .  Journal of virology78 ( 21 ) 11648 - 55   2004年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.78.21.11648-11655.2004

    PubMed

  • Kusano S, Raab-Traub N .  I-mfa domain proteins interact with Axin and affect its regulation of the Wnt and c-Jun N-terminal kinase signaling pathways. .  Molecular and cellular biology22 ( 18 ) 6393 - 405   2002年9月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mcb.22.18.6393-6405.2002

    PubMed

  • Shuichi Kusano,Nancy Raab-Traub .  An Epstein-Barr Virus Protein Interacts with Notch .  Journal of Virology75 ( 1 ) 384 - 395   2001年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Quinquan Ding, Nobuyuki Fujita, Akira Ishihama .  Promoter selectivity of Escherichia coli RNA polymerase Eσ70 and Eσ38 holoenzymes:Effect of DNA supercoiling .  J. Biol. Chem.271 ( 4 ) 1998 - 2004   1996年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuichiro Uchida、Makoto Yoshimitsu、Miho Hachiman、 Shuichi Kusano、Naosuke Arima、Kodai Shima、Maiko Hayashida、Yuhei Kamada、Daisuke Nakamura、Akihiko Arai、Yuetsu Tanaka、Hiromitsu Hara、Kenji Ishitsuka .  RLTPR Q575E: A novel recurrent gain-of-function mutation in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma .  European Journal of Heamatology106 ( 2 ) 221 - 229   2020年10月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/ejh.13540

    Scopus

    PubMed

  • Ueda S, Oishi S, Wang ZX, Araki T, Tamamura H, Cluzeau J, Ohno H, Kusano S, Nakashima H, Trent JO, Peiper SC, Fujii N .  Structure-activity relationships of cyclic peptide-based chemokine receptor CXCR4 antagonists: disclosing the importance of side-chain and backbone functionalities. .  Journal of medicinal chemistry50 ( 2 ) 192 - 8   2007年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm0607350

    PubMed

  • 齋藤 晋,草野秀一,肥塚泉,中島秀喜 .  Epstein-Barr ウイルスLMP1遺伝子導入によるVimentinとEzrinの発現増強 .  日本耳鼻咽喉科学会会報110 ( 1 ) 24 - 31   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Ueda, Shinya Oishi, Zi-xuan Wang, Takanobu Araki, Hirokazu Tamamura, Jerome Cluzeau, Hiroaki Ohno, Shuichi Kusano, Hideki Nakashima, John O. Trent, Stephen C. Piper, Nobutaka Fujii .  Structure-activity relationships of cyclic peptide-based chemokine receptor CXCR4 antagonists: disclosing the importance of side-chain and backbone functionalities .  J. Med. Chem.50 ( 2 ) 192 - 198   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eda H, Ishii Y, Obayashi M, Harada S, Ito S, Fujita T, Ikeda M, Kusano S, Kitamura R, Suzuki C, Hara T, Watanabe M, Satoh H, Sugihara K, Yanagi K .  Monoclonal antibodies against regions topologically surrounding the homodimeric beta-barrel interface of Epstein-Barr virus nuclear antigen-1. .  Virus research109 ( 1 ) 87 - 94   2005年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2004.10.012

    PubMed

  • Hiroyuki Eda, Yasuyuki Ishii, Maya Obayashi, Shizuko Harada, Sayuri Ito, Tomomichi Fujita, Masato Ikeda, Shuichi Kusano, Ryo Kitamura, Chieko Suzuki, Takahiko Hara, Motoo Watanabe, Hiroshi Satoh, Keisuke Sugihara, Kazuo Yanagi .  Elevated immunoglobulin G antibodies to the proline-rich amino-terminal region of Epstein-Barr virus nuclear antigen-2 in sera from patients with systemic connective tissue diseases and from a subgroup of Sjogren's syndrome with pulmonary involvements .  Clin. Exp. Immunol.139   558 - 568   2005年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirokazu Tamamura, Kenichi Hiramatsu, Satoshi Ueda, Zixuan Wang, Shuichi Kusano, Shigemi Terakubo, John O. Trent, Stephen C. Piper, Naoki Yamamoto, Hideki Nakashima, Akira Otaka, Fujii Nobutaka .  Stereoselective Synthesis of [L-Arg, L/D-3-(2-naphtyl)alanine]-Type(E)-Alkene Dipeptide Isosteres and its Application to the Synthesis and Biological Evaluation of Pseudopeptide Analogs of the CXCR4 Antagonist FC131 .  J. Med. Chem.48 ( 2 ) 380 - 391   2005年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamamura H, Hiramatsu K, Ueda S, Wang Z, Kusano S, Terakubo S, Trent JO, Peiper SC, Yamamoto N, Nakashima H, Otaka A, Fujii N .  Stereoselective synthesis of [L-Arg-L/D-3-(2-naphthyl)alanine]-type (E)-alkene dipeptide isosteres and its application to the synthesis and biological evaluation of pseudopeptide analogues of the CXCR4 antagonist FC131. .  Journal of medicinal chemistry48 ( 2 ) 380 - 91   2005年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm049429h

    PubMed

  • Tamamura H, Mizumoto M, Hiramatsu K, Kusano S, Terakubo S, Yamamoto N, Trent JO, Wang Z, Peiper SC, Nakashima H, Otaka A, Fujii N .  Topochemical exploration of potent compounds using retro-enantiomer libraries of cyclic pentapeptides. .  Organic & biomolecular chemistry2 ( 8 ) 1255 - 7   2004年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b401485p

    PubMed

  • Hidetsugu Wakabayashi, Kana Hashiba, Keiko Yokoyama, Ken Hashimoto, Hirotaka Kikuchi, Hirofumi Nishikawa, Teruo Kurihara, Kazue Satoh, Seiji Shioda, Susumu Saito, Shuichi Kusano, Hideki Nakashima, Noboru Motohashi, Sakagami Hiroshi .  Cytotoxic Activity of Azulenes Against Human Oral Tumor Cell Lines .  Anticancer Res.23 ( 6C ) 4747 - 4755   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamamura H, Hiramatsu K, Kusano aS, Terakubo S, Yamamoto N, Trent JO, Wang Z, Peiper SC, Nakashima H, Otaka A, Fujii N .  Synthesis of potent CXCR4 inhibitors possessing low cytotoxicity and improved biostability based on T140 derivatives. .  Organic & biomolecular chemistry1 ( 21 ) 3656 - 62   2003年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b306473p

    PubMed

  • Tamamura H, Hiramatsu K, Mizumoto M, Ueda S, Kusano S, Terakubo S, Akamatsu M, Yamamoto N, Trent JO, Wang Z, Peiper SC, Nakashima H, Otaka A, Fujii N .  Enhancement of the T140-based pharmacophores leads to the development of more potent and bio-stable CXCR4 antagonists. .  Organic & biomolecular chemistry1 ( 21 ) 3663 - 9   2003年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b306613b

    PubMed

  • Wakabayashi H, Hashiba K, Yokoyama K, Hashimoto K, Kikuchi H, Nishikawa H, Kurihara T, Satoh K, Shioda S, Saito S, Kusano S, Nakashima H, Motohashi N, Sakagami H .  Cytotoxic activity of azulenes against human oral tumor cell lines. .  Anticancer research23 ( 6C ) 4747 - 55   2003年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Fujii N, Oishi S, Hiramatsu K, Araki T, Ueda S, Tamamura H, Otaka A, Kusano S, Terakubo S, Nakashima H, Broach JA, Trent JO, Wang ZX, Peiper SC .  Molecular-size reduction of a potent CXCR4-chemokine antagonist using orthogonal combination of conformation- and sequence-based libraries. .  Angewandte Chemie (International ed. in English)42 ( 28 ) 3251 - 3   2003年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200351024

    PubMed

  • Shuichi Kusano, Keiko Tamada, Hidenobu Senpuku, Shizuko Harada, Sayuri Ito, Kazuo Yanagi .  Epstein-Barr Virus Nuclear Antigen-1-Dependent and -Independent oriP-Binding Cellular Proteins .  Intervirology44 ( 5 ) 283 - 290   2001年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomomichi Fujita, Masato Ikeda, Shuichi Kusano, Makoto Yamazaki, Sayuri Ito, Maya Obayashi, Kazuo Yanagi .  Amino Acid Substitution Analyses of the DNA Contact Region, Two Amphipathic alpha-Helices and a Recognition-Helix-Like Helix outside the Dimeric beta-Barrel of Epstein-Barr Virus Nuclear Antigen 1 .  Intervirology44 ( 5 ) 271 - 282   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Manuel Ballesteros, Shuichi Kusano, Akira Ishihama,Vincente Miguel .  The ftsQ1p Gearbox Promoter of Escherichia coli Is a Major σS-Depemdent Promoter in the ddlB-ftsA Region .  Mol. Microbiol.30 ( 2 ) 419 - 430   1998年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tapas K. Kundu, Shuichi Kusano, Akira Ishihama .  Promoter Selectivity of Escherichia coli RNA Polymerase σF Holoenzyme Involved in Transcription of Flagellar and Chemotaxis genes .  J. Bacteriol.179 ( 13 ) 4264 - 4269   1997年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Akira Ishihama .  Functional Interaction of Escherichia coli RNA Polymerase with Inorganic Polyphosphate .  Genes Cells2 ( 7 ) 433 - 441   1997年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Kusano, Akira Ishihama .  Stimulatory Effect of Trehalose on Formation and Activity of Escherichia coli RNA Polymerase Eσ38 Holoenzyme .  J. Bacteriol.179 ( 11 ) 3649 - 3654   1997年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Rajkumari, Shuichi Kusano, Akira Ishihama, Takeshi Mizuno, J. Gowrishankar .  Effects of H-NS and potassium glutamate on sigmaS- and sigma70-directed transcription in vitro from osmotically regulated P1 and P2 promoters of proU in Escherichia coli .  J. Bacteriol.178 ( 14 ) 4176 - 4181   1996年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Qingquan Ding, Shuichi Kusano, Merna Villarejo, Akira Ishihama .  Promoter selectivity of Escherichia coli RNA polymerase by ionic strength: differential recognition of osmoregulated promoters by EσD and EσS holoenzymes .  Mol. Microbiol.16 ( 4 ) 649 - 656   1995年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Annie Kolb, Denise Kotlarz, Shuichi Kusano, Akira Ishihama .  Selectivity of Escherichia coli RNA polymerase Eσ38 for overlapping promoters and ability to support CRP activation .  Nucleic Acids Res.23 ( 5 ) 819 - 826   1995年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kan Tanaka, Shuichi Kusano, Nobuyuki Fujita, Akira Ishihama, Hideo Takahashi .  Promoter determinants for Escherichia coli RNA polymerase holoenzyme containing sigma38 (the rpoS gene product) .  Nucleic Acids Res.23 ( 5 ) 827 - 834   1995年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • BARTs, BARF1,「EBウイルス(高田賢蔵監修)」

    草野秀一( 担当: 単著)

    診断と治療社  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Tat遺伝子、「KEY WORD感染症(山口惠三、戸塚恭一 編集)」

    草野秀一( 担当: 単著)

    先端医学社  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • BARTs、BARF1、「EBウイルス(高田賢蔵監修)」

    草野秀一( 担当: 単著)

    診断と治療社  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 生きるための遺伝戦略、ネオ生物学シリーズ「細菌(吉川 寛編)」

    石濱明,草野秀一( 担当: 共著)

    共立出版  1996年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • Kusano S., Ikeda M. .  PLSCR1 specifically interacts with EBV lytic-transactivator BZLF1 and represses its transcriptional activity in EBV-infected nasopharyngeal carcinoma cell line. .  2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Kusano Shuichi, Ikeda Masanori .  Interaction of the PLSCR1 with Epstein-Barr virus BZLF1 results in the repression of BZLF1-mediated lytic transcription .  第66回日本ウイルス学会学術集会  日本ウイルス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 9. 草野 秀一、池田正徳 .  PLSCR1はEBウイルス感染上咽頭がん細胞株においてEBウイルス転写因子BZLF1と相互作用しその転写活性化を抑制する .  生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 草野秀一、池田正徳 .  Phospholipid Scramblase 1はEBウイルスBZLF1と相互作用しその機能を抑制する .  第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • Shuichi Kusano, Masanori Ikeda .  I-mfa Domain Proteins Specifically Interact with HTLV-1 Tax and Repress Its Transactivating Functions .  第63回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

  • 草野秀一、池田正徳 .  I-mfaドメインタンパク質HICはHTLV-1 Taxと相互作用しその機能を抑制する .  第2回HTLV-1学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru .  Human Phospholipid Scramblase 1 Specifically Interacts with HTLV-1 Tax and Affects Its Transcriptional Activities. .  International Union of Microbiological Societies 2011  International Union of Microbiological Societies 2011国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Sapporo  

    国際学会

  • Shuichi Kusano, Yusuke Sameshima, Yoshito Eizuru .  I-mfa domain proteins specifically interact with KSHV LANA and modulate its regulation of Wnt signaling pathway .  The 14th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections  The 14th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Kobe  

    国際学会

  • 草野秀一、椎村祐樹、栄鶴義人 .  Phospholipid Scramblase 1はHIV-1 Tatと相互作用しTatによる転写を制御する。 .  第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同年会 ワークショップ「ウイルス研究から明らかになった宿主因子の新たな機能」  第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同年会 ワークショップ「ウイルス研究から明らかになった宿主因子の新たな機能」

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Shuichi Kusano, Yoshito Eizuru .  HUMAN I-MFA-DOMAIN-CONTAINING PROTEINS INTERACT WITH KSHV LANA AND MODULATES ITS REGULATION OF WNT SIGNALING PATHWAY .  The 32nd INTERNATIONAL HERPESVIRUS WORKSHOP  The 32nd INTERNATIONAL HERPESVIRUS WORKSHOP国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Asheville, USA  

    国際学会

  • 草野秀一、栄鶴義人 .  I-mfaドメインタンパク質はKSHV LANAタンパク質によるWntシグナルの促進を抑制する .  第22回ヘルペスウイルス研究会  第22回ヘルペスウイルス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    研究会

  • 草野秀一,栄鶴義人 .  I-mfaドメインタンパク質はKSHV LANAタンパク質によるWntシグナルの促進を抑制する .  第4回EBウイルス研究会  第4回EBウイルス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    研究会

  • 草野秀一,栄鶴義人 .  I-mfaドメインタンパク質はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスLANAタンパク質によるWntシグナルの促進を抑制する .  第54回日本ウイルス学会学術集会  第54回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Shuichi Kusano .  I-mfa Domain Proteins Interact with KSHV LANA and Modulate Its Regulation of Wnt Signaling Pathway .  The 30th International Herpesvirus Workshop  The 30th International Herpesvirus Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Finland  

    国際学会

  • 草野秀一,Raab-Traub Nancy .  EBウイルスRK-BARF0タンパク質はI-mfaによるWntシグナルの抑制を解除する .  第27回日本分子生物学会年会、ワークショップ「感染症と発がんのミッシング・リンク」  第27回日本分子生物学会年会、ワークショップ「感染症と発がんのミッシング・リンク」

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • Shuichi Kusano,Nancy Raab-Traub .  Epstein-Barr Virus RK-BARF0 Protein Inhibits I-mfa-mediated repression of Wnt Signaling Pathway by Disruption of I-mfa-TDF/LEF-1 Complex Formation .  The 11th International Meeting on the EBV Association  The 11th International Meeting on the EBV Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Germany  

    国際学会

  • Shuichi Kusano, Susum Saito .  HIV Tat Specifically Interacts with Notch Proteins in vivo. .  The 3rd Awaji International Forum on Infection and Immunity  The 3rd Awaji International Forum on Infection and Immunity国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Japan  

    国際学会

  • Nancy Raab-Traub, Shuichi Kusano .  The Epstein Barr Virus RK-BARF0 Induces Degradation of Specific Interacting Cellular Proteins .  The 10th International Meeting on the EBV Association  The 10th International Meeting on the EBV Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Australia  

    国際学会

  • Shuichi Kusano,Nancy Raab-Traub .  EBV RK-BARF0 Targets Several Cellular Signaling Pathways through Direct Interactions .  The 10th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections  The 10th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Japan  

    国際学会

  • Shuichi Kusano,Nancy Raab-Traub .  Epstein-Barr Virus RK-BARF0 Protein Specifically Interacts with Notch Protein in Vivo .  The 25th International Herpesvirus Workshop  The 25th International Herpesvirus Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:英語  

    開催地:USA  

    国際学会

  • 草野秀一,藤田信之,石浜 明 .  大腸菌RNAポリメラーゼの増殖期主要σサブユニット(σD)及び定常期特異的σサブユニット(σS)の機能比較 .  第18回日本分子分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  • Shuichi Kusano,Nancy Raab-Traub .  RK-BARF0 protein specifically interacts with NOTCH4 protein in vivo through the predicted hydrophobic helix region .  The 8th International Meeting of the EBV Association  The 8th International Meeting of the EBV Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Sweden  

    国際学会

  • 草野秀一,藤田信之,石浜 明 .  大腸菌RNAポリメラーゼの増殖期主要σサブユニット(σD)及び定常期特異的σサブユニット(σS)の機能比較 .  第17回日本分子分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 平成28年度教員免許状更新講習

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

  • 平成28年度教員免許状更新講習

    役割:講師

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

  • 平成27年度教員免許状更新講習

    役割:講師

    2015年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

  • 平成27年度教員免許状更新講習

    役割:講師

    2015年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者