2024/05/04 更新

写真a

サカマキ ヨシタカ
坂巻 祥孝
SAKAMAKI Yositaka
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 農学科 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • 博士(農学) ( 1998年3月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 温度反応

  • 種間関係

  • 小昆虫・ダニ類の生態

  • 小蛾類の分類

  • ゴキブリの分類

研究分野

  • その他 / その他  / 生物形態測定学

  • その他 / その他  / 昆虫生態学

  • その他 / その他  / 昆虫分類学

学歴

  • 北海道大学   農業生物学専攻

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 北海道大学   農業生物学科

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 農業生産科学科応用植物科学   教授

    2023年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   病害虫制御学   准教授

    1999年5月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 生物環境保全科学連合講座    

    1999年5月 - 現在

所属学協会

  • 米国昆虫学会

    2015年10月 - 現在

  • 韓国昆虫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本応用動物昆虫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本蛾類学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本鱗翅学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本昆虫学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • 倉橋美月,†・坂巻祥孝*・津田勝男・池之上祐紀・柿元一樹・阿部暁・大野和朗 .  ツマジロクサヨトウおよびハスモンヨトウ(チョウ目:ヤガ科)から分離された緑きょう病菌の交差病原性 .  日本応用動物昆虫学会誌68 ( 1 ) 17 - 24   2024年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1303/jjaez.2024.17

    DOI: 10.1303/jjaez.2024.17

  • Hiroaki Aiba, Yui Takahashi and Yositaka Sakamaki .  A new species of fossil Nymphalidae (Lepidoptera, Papilionoidea) from the Upper Pliocene Motojuku Group, Gunma Prefecture, Japan .  Paleontological Research27 ( 4 ) 441 - 450   2023年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.2517/PR220018

  • Shizuma Yanagisawa, Yositaka Sakamaki, Sopark Jantarit and Satoshi Shimano .  A New Species of the Genus Eucorydia (Blattodea: Corydiidae) from Chiang Mai in Northern Thailand .  Species Diversity26   191 - 195   2021年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12782/specdiv.26.191

  • Shizuma Yanagisawa, Shimpei F. Hiruta, Yositaka Sakamaki and Satoshi Shimano .  A New Species of the Genus Eucorydia (Blattodea: Corydiidae) from the Miyako-jima Island in Southwest Japan .  Species Diversity26   145 - 151   2021年6月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12782/specdiv.26.145

  • Shizuma Yanagisawa, Shimpei F. Hiruta, Yositaka Sakamaki, Jhih-Rong Liao and Satoshi Shimano .  Two New Species of the Genus Eucorydia (Blattodea: Corydiidae) from the Nansei Islands in Southwest Japan .  Zoological Science38 ( 1 ) 90 - 102   2021年2月国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2108/zs200048

    Scopus

    PubMed

  • 川口エリ子・米森正悟・坂巻祥孝・高木貞夫 .  奄美大島でみられたソテツシロカイガラムシ(新称)(半翅目:マルカイガラムシ科)の同定とソテツの被害発生状況 .  樹木医学研究28 ( 1 ) 3 - 10   2024年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Johei Oku, Shunsuke Tomura, Sadahisa Yagi, Toshiya Hirowatari, Yositaka Sakamaki .  Megacraspedus coleophorodes (Li and Zheng, 1995) (Gelechioidea, Gelechiidae) new to Japan .  Lepidoptera Science74 ( 3 ) 55 - 58   2023年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.18984/lepid.74.3_55

  • Satoshi Ichise, Yositaka Sakamaki, Satoshi D. Shimano .  Neotypification of Difflugia biwae (Amoebozoa: Tubulinea: Arcellinida) from the Lake Biwa, Japan .  Species Diversity26   171 - 186   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12782/specdiv.26.171

  • 川口エリ子・坂巻祥孝・米森正悟・長濱孝行 .  スギ幼齢木で初確認されたアワノメイガによる食害 .  森林防疫70 ( 2 ) 7 - 11   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:全国森林病虫獣害防除協会  

    2019年10月,鹿児島県湧水町において,植栽後約
    半年を経過したスギ(Cryptomeria japonica)幼齢
    木の主軸が食害され,その部分から主軸が折れる被
    害が発生した。その後の調査で,この被害がアワノ
    メイガ(Ostrinia furnacalis ,チョウ目ツトガ科)
    によるものであることが明らかになった。本種はト
    ウモロコシの重要害虫であり,ソルゴーやアワなど
    も加害する(服部・平井 2003)。また,草本類であ
    れば,イネ科のほか,タデ科,マメ科,ショウガ科,
    アヤメ科,ナス科およびキク科など7科20種の植物
    の食害記録がある(吉安 2011;山中 2013)。しかし,
    これまでに国内において,本種が木本類を食害する
    という知見はない。そこで,今回初確認された本種
    のスギ幼齢木への被害の概要について報告した。

  • Yuki Kitajima, Yositaka Sakamaki .  Taxonomic revision of the genus Meleonoma Meyrick(Lepidoptera: Oecophoridae)from Japan, part .  Lepidoptera Science71 ( 3/4 ) 49 - 68   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    Abstract The genus Meleonoma comprises 93 species. Wang et al.(2020)divided these into eight species groups. In Japan, nineteen species of this genus have been recorded and they are divided into six species groups, including two new species groups. The revision is divided into three parts. In this part, eight species are reported, of which three
    species, Meleonoma milichopis sp. nov., M. persimilis sp. nov., M. ryukyuensis sp. nov., are described as new to science, and one species, M. facialis Li & Wang, 2002 , is redescribed as new to Japan. The adult specimens, wing venations, male and female genitalia are illustrated in detail.

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/lepid/71/3-4/71_49/_article/-char/ja

  • Herwina H. .  Ant Species Composition (Hymenoptera: Formicidae) at a Highland Agricultural Area for Wheat and Potato in Alahan Panjang, West Sumatera .  IOP Conference Series: Earth and Environmental Science515 ( 1 )   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:IOP Conference Series: Earth and Environmental Science  

    DOI: 10.1088/1755-1315/515/1/012018

    Scopus

  • Herwina H. .  Ground-dwelling ants species diversity (Hymenoptera: Formicidae) at conservation forest and oil-palm plantation in Sumatra, Indonesia .  Journal of Entomological Research44 ( 1 ) 113 - 120   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Entomological Research  

    DOI: 10.5958/0974-4576.2020.00021.3

    Scopus

  • Kakoki S. .  Effect of partial pesticide spraying on the number of major pests and damage to new shoots of tea plants .  Journal of Asia-Pacific Entomology22 ( 3 ) 826 - 837   2019年9月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Asia-Pacific Entomology  

    DOI: 10.1016/j.aspen.2019.06.007

    Scopus

  • Kakoki S. .  The response of three species of phytoseiid mite (Acari: Phytoseiidae) to synthetic pyrethroid pesticides in the laboratory and the field .  Experimental and Applied Acarology77 ( 1 ) 27 - 41   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Experimental and Applied Acarology  

    DOI: 10.1007/s10493-018-0334-z

    Scopus

    PubMed

  • 北島 裕紀, 坂巻 祥孝 .  日本産<i>Meleonoma</i>属の3新種(鱗翅目:マルハキバガ科) .  蝶と蛾70 ( 2 ) 33 - 46   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    <p><i>Meleonoma</i>属は日本ではあまり知られていなかったが,従来<i>Acryptolechia</i>属として扱われてきたホソオビキマルハキバガ<i>M. malacobyrsa </i>(Meyrick, 1921)を含む属で,約25種からなるといわれている(Lvovsky, 2015; Park and Park, 2016).</p><p><i>Acryptolechia</i>属はMeyrick (1921)によって日本から記載されたホソオビキマルハキバガ<i>A. malacobyrsa </i>(Meyrick, 1921)を模式種としてLvovsky (2010)が設立したが,その後<i>Meleonoma</i>属のシノニムとされた(Lvovsky, 2015).本報では上田(2013)においてヘリクロコマルハキバガ<i>Acryptolechia</i> sp. 1とされていた種とそれに近縁であると考えられる3種について検討し,3新種および1日本新記録種を見出したため,成虫外見,翅脈,雌雄交尾器を図示し,記載を行った.</p><p>上田(2013)が記録したウスオビヒメマルハキバガ<i>A</i>. sp. 2は<i>Meleonoma</i>属に含まれる未記載種であるが,十分な標本がないため本報では取り扱わなかった.</p><p>また,従来マルハキバガ科では,<i>Periacma</i>属のスジモンキマルハキバガ(<i>P. delegata </i>Meyrick, 1914)と<i>Melenoma</i>属のホソオビキマルハキバガ<i>M. malacobyrsa </i>(Meyrick, 1921)のように和名だけでは属の所属がはっきりとせず和名を混同する問題があった.本報では<i>Meleonoma</i>属をコマルハキバガ属とし、和名の語尾をコマルハキバガに統一することで,他の近縁属との和名の混同をなくした.</p>

    DOI: 10.18984/lepid.70.2_33

  • Sohn J. .  A new genus of Pexicopiini (Lepidoptera: Gelechiidae) for “Gelechia” acanthopis Meyrick, 1932, with review of functional morphology of male genitalia in allied genera .  Zootaxa4638 ( 1 ) 125 - 135   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Zootaxa  

    DOI: 10.11646/zootaxa.4638.1.6

    Scopus

    PubMed

  • 西 菜穂子, 坂巻 祥孝, 宮路 克彦, 福元 智博, 濱島 朗子, 木﨑 賢哉, 内野 浩二, 熊本 修, 坂上 陽美, 稲森 博行 .  鹿児島県で発生が確認されたアボカドの害虫 .  九州病害虫研究会報65 ( 0 ) 24 - 29   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州病害虫研究会  

    アボカドPersea americana Millは,中央アメリカを原産地とするクスノキ科の常緑高木で,13~14世紀から栽培されている亜熱帯性果樹である。わが国では,大正末から昭和初期に九州,四国および本州へ導入され,試作された。アボカドは日本では経済栽培として成立する地域は少なく,ウンシュウミカン地帯の副作物としての普及が考えられ,西南暖地の特産果樹として期待されている。現在,アボカドの栽培面積は,愛媛県3.0ha,和歌山県0.8ha(農林水産省統計データベース,2015)である。鹿児島県では,マンゴー,パッションフルーツに続く新たな特産果樹としてアボカド,アテモヤ,ライチなどの亜熱帯果樹の試作が行われている。そのなかでも国産アボカドに対する消費者ニーズの高まりから,指宿市,南大隅町,瀬戸内町などでアボカドが栽培され,今後も栽培面積の拡大が予想される。栽培は主に露地で行われているが,ビニルハウスを用いた施設でも行われている。しかし,アボカドを安定的に栽培するにあたり,国内のアボカドでは病害虫に関する詳細な調査が行われておらず,防除対策を講じる上で,まず発生種を明らかにすることが最も重要である。そこで,著者らは鹿児島県におけるアボカドの害虫の発生実態調査を2015年から2019年に県内の露地および施設ほ場で行った。

    DOI: 10.4241/kyubyochu.65.24

  • 奥 尉平, 坂巻 祥孝, 屋宜 禎央 .  日本産<i>Nosphistica</i>属の1新種(鱗翅目:ヒゲナガキバガ科):補遺 .  蝶と蛾70 ( 2 ) 29 - 31   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    <p>Oku et al. (2018)において記載された1新種フェルマータヒゲナガキバガ(<i>Nosphistica fermata </i>sp. nov.)について,同論文が国際動物命名規約の条8.5.3改正の要件を満たしていなかったため,本補遺において本種の再記載を行った.</p>

    DOI: 10.18984/lepid.70.2_29

  • Khine Mon Mon Kyaw, Sadahisa Yagi, Jouhei Oku, Yositaka Sakamaki, Toshiya Hirowatari .  Taxonomic study of Thiotricha Meyrick (Lepidoptera, gelechiidae) in Japan, with the description of two new species .  ZooKeys2019 ( 897 ) 67 - 99   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ZooKeys  

    DOI: 10.3897/zookeys.897.38529

    Scopus

    PubMed

  • Kakoki S. .  Use of a lower-volume, surface pesticide spray conserves spider assemblages in a tea field .  Journal of Economic Entomology111 ( 4 ) 1595 - 1604   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Economic Entomology  

    DOI: 10.1093/jee/toy147

    Scopus

    PubMed

  • Ohshima, Y. Sakamaki, H. Inoue, T. Arai and D. Adamski .  DNA barcoding and adult morphology reveal an unrecorded species on Citrus and other new host associations of Blastobasidae (Lepidoptera: Gelechioidea) in Japan, with taxonomic notes on the genus Lateantenna .  Lepidoptera Science69 ( 1 ) 1 - 9   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    DOI: doi.org/10.18984/lepid.69.1_1

  • Jouhei Oku, Yositaka Sakamaki, Shin-ichi Sameshima, Katsuo Tsuda 1) and Takeshi Terada .  Records of Gelechioid moths from Amami-Ōshima Island .  Lepidoptera Science69 ( 1 ) 19 - 32   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    DOI: doi.org/10.18984/lepid.69.1_19

  • Haruki TATSUTA, Kazuo Takahashi, Yositaka Sakamaki .  Geometric morphometrics in entomology: Basics and applications .  Entomological Science21 ( 2 ) 164 - 184   2018年6月招待

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Entomological Society of Japan  

    DOI: doi/abs/10.1111/ens.12293

  • Henny Herwina, Rijal Satria, Yaherwandi, Yositaka Sakamaki .  Subterranean ant species diversity (Hymenoptera: Formicidae) in educational and biological research forest of universitas andalas, Indonesia .  Journal of Entomology and Zoology Studies6 ( 1 ) 1720 - 1724   2018年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AkiNik Publications  

  • 柳本 和哉, 楢﨑 康二, 坂巻 祥孝,上田 明良,後藤 秀章 .  国内初記録のギンバネスガの一種(Thecobathra lambda (Moriuti) フウノキギンバネスガ(新称))によるモミジバフウ(Liquidambar styraciflua)の被害について .  森林防疫67 ( 1 ) 5 - 8   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:全国森林病虫獣害防除協会  

  • 奥 尉平, 坂巻 祥孝, 屋宜 禎央 .  日本産 <i>Nosphistica</i> 属の1新種(鱗翅目:ヒゲナガキバガ科) .  蝶と蛾69 ( 3 ) 107 - 112   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    <p>南西諸島から得られた1新種フェルマータヒゲナガキバガ (新称)(<i>Nosphistica fermata</i> <b>sp. nov.</b>)について,成虫外見,翅脈,雌雄交尾器を図示し,記載を行った.<i>Nosphistica</i> 属は日本から初めての記録となる.本属は現在世界で12種の記録があり,これまでの分布は東洋区のインドから台湾までであった.本属は以下の形質によって特徴づけられる.1) 前翅と後翅によく発達した腎臓型あるいは円形の斑紋がある.2) 後翅の前縁に歯状鱗片塊があり,後翅の後縁基部に特徴的な長い黒褐色の鱗片が集まる (Fig. 1). 3) 腹部4-7節背板前縁に刺状突起列がある (Fig. 2).</p>

    DOI: 10.18984/lepid.69.3-4_107

  • 奥 尉平, 坂巻 祥孝, 鮫島 真一, 津田 勝男, 寺田 剛 .  奄美大島のキバガ上科の記録 .  蝶と蛾69 ( 1 ) 19 - 32   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    <p>奄美大島にて,2012年から2016年にかけキバガ上科小蛾類を採集した.同定の結果,10科37属69種が記録され,奄美大島に生息するキバガ上科の記録は41種から92種となった.これらの種について,25種が奄美大島初記録,1種が日本初記録,25種は科あるいは属までの同定にとどまった.</p>

    DOI: 10.18984/lepid.69.1_19

  • 大島 一正, 坂巻 祥孝, 井上 広光, 新井 朋徳, ADAMSKI David .  DNA バーコーディングおよび成虫形態から明らかとなったネマルハキバガ科(鱗翅目:キバガ上科)のミカンを加害する日本未記録種と新たな寄主植物の記録 .  蝶と蛾69 ( 1 ) 1 - 9   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本鱗翅学会  

    <p>ネマルハキバガ科はキバガ上科の中でも最も分類が困難なグループの一つであり,寄主の記録がある種は既知種の10%以下に限られる.我々は鹿児島県の温室においてウンシュウミカン <i>Citrus unshiu</i> (Swingle) Marcowicz の早期落果を引き起こした小蛾5個体を精査し,うち4個体が日本未記録のイナーナネマルハキバガ(新称) <i>Lateantenna inana</i> (Butler, 1881) n. comb.,残りの1個体がウスオビネマルハキバガ<i> L. decolor</i> (Meyrick, 1907) であることをDNAバーコーディングと成虫形態から確認した.また,広島県においてカキノキ<i> Diospyros kaki</i> Thunberg の樹皮下から得られた小型蛾類の飼育により,<i>L. decolor</i> がカキノキの形成層も摂食することを確認した.さらに本論文では,<i>L. inana</i> に加えて,<i>Lateantenna scotia</i> Turner, 1947 n. comb. も <i>Blastobasis</i> Zeller, 1855 から <i>Lateantenna</i> Amsel, 1968 へと属の移動を行った.</p>

    DOI: 10.18984/lepid.69.1_1

  • Yoshida A. .  Coherent array of branched filamentary scales along the wing margin of a small moth .  Science of Nature104 ( 3-4 ) 27   2017年4月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science of Nature  

    In butterflies and moths, the wing margins are
    fringed with specialized scales that are typically longer than common scales. In the hindwings of some small moths, the posterior margins are fringed with particularly long filamentary scales. Despite the small size of these moth wings, these scales are much longer than those of large moths and butterflies. In the current study, photography of the tethered flight of a small moth, Phthorimaea operculella, revealed a wide array composed of a large number of long filamentary scales. This array did not become disheveled in flight, maintaining a coherent sheet-like structure during wingbeat. Examination of the mor-
    phology of individual scales revealed that each filamentary scale consists of a proximal stalk and distal branches. Moreover, not only long scales but also shorter scales of various lengths were found to coexist in each small section of the wing margin. Scale branches were ubiquitously and densely distributed within the scale array to form a mesh-like architecture similar to a nonwoven fabric. We propose that possible mechanical interactions among branched filamentary scales, mediated by these branches, may contribute to maintaining a coherent sheet-like structure of the scale array during wingbeat.

    DOI: 10.1007/s00114-017-1447-7

    Scopus

    PubMed

  • 樋口 聡志, 古家 忠, 後藤 千枝, 坂巻 祥孝, 津田 勝男 .  Tomato yellow leaf curl virus(TYLCV)を保毒したタバココナジラミ(カメムシ目:コナジラミ科)バイオタイプQに対する2種薬剤の感染抑制効果(短報) .  日本応用動物昆虫学会誌60 ( 2 ) 93 - 96   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用動物昆虫学会  

  • Nasu Yoshitsugu, Sakamaki Yositaka and Tomioka Yasuhiro .  Immature stages of Oecia oecophila (Staudinger, 1876) (Lepidoptera, Gelechioidea, Schistonoeidae), with notes on biology and phylogenetic relationships of the family .  Journal of Asia-Pacific Biodiversity9 ( 1 ) 208 - 211   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:National Science Museum of Korea and Korea National Arboretum  

  • El-Nabawy El-Said M., Tsuda Katsuo, Sakamaki Yositaka, Oda Asahi, Ushijima Yurie .  The Effect of Organic Fertilizers and Flowering Plants on Sheet-Web and Wolf Spider Populations (Araneae: Lycosidae and Linyphiidae) and Its Importance for Pest Control .  Journal of Insect Science16 ( 1 )   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford university press  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1093/jisesa/iew002

  • El-Nabawy, E. M., K. Tsuda and Y. Sakamaki .  Attractiveness of spiders and insect predators and parasitoids to flowering plants .  Egyptian Journal of Biological Pest Control25 ( 1 ) 245 - 250   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西岡 一也・坂巻 祥孝 ・中村 孝久 ・山口 卓宏 .  鹿児島県指宿市に侵入したイモゾウムシの定着に関する空間疫学ならびにリスク要因分析 .  日本応用動物昆虫学会誌58 ( 3 ) 237 - 247   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田中隆昌,坂巻祥孝,津田勝男 .  チャドクガの死亡要因および蛹捕獲トラップ捕獲効率調査 .  鹿児島大学農学部付属演習林研究報告40   1 - 7   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 飛松 諒・坂巻 祥孝・津田 勝男 .  ウリ科うどんこ病菌及びすす病菌を与えたスワルスキーカブリダニの発育と産卵 .  九州病害虫研究会報・九州病害虫研究会58   53 - 58   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 坂元 志帆・坂巻 祥孝・大迫 昭平・津田 勝男 .  トマトの毛茸およびその滲出物がスワルスキーカブリダニの生存に及ぼす影響 .  九州病害虫研究会報・九州病害虫研究会58   59 - 65   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeshi Terada,Yositaka Sakamaki,Suguru Ohno .  A new species of the genus Stathmopoda (Lepidoptera:Stathmopodidae) closely related to the persimmon pest,S. masinissa, from Ryukyu Islands, Japan .  Applied Entomology and Zoology46 ( 3 ) 327 - 333   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福留啓仁、坂巻祥孝 .  楕円フーリエ記述子を利用した昆虫の新しい識別形質の探索-Trichogramma 属雌交尾器を例に- .  昆蟲(ニューシリーズ)14 ( 3 ) 232 - 241   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 立田晴記、坂巻祥孝 .  形態測定学で何ができるのか 昆虫学における事例 .  昆蟲(ニューシリーズ)14 ( 3 ) 194 - 205   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 坂巻祥孝・杉谷詩麻・近藤岳美・津田勝男 .  チャ葉の延命処理によるチャノホソガの室内飼育法 .  蝶と蛾・日本鱗翅学会62 ( 1 ) 51 - 55   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 島内 円夏・上和田秀美・福田 健・津田 勝男・坂巻 祥孝・櫛下町鉦敏 .  性フェロモントラップによるハスモンヨトウ雄成虫の捕獲に対する風速の影響 .  南太平洋研究60   13 - 21   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩本由紀江・坂巻祥孝・津田勝男 .  チャドクガに対する浸透移行性殺虫剤の株下散布および土壌施用の効果 .  鹿児島大学農学部学術報告60   7 - 14   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田野飛・坂巻祥孝・櫛下町鉦敏・今給黎征郎 .  鹿児島県育成キク品種‘きゅらキッズ’のマメハモグリバエに対する抵抗性 .  農業生産技術管理学会誌、16、123-126、2010年16   123 - 126   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KOUASSI N’G. Lucien, TSUDA Katsuo*, SAKAMAKI Yositaka, and NAKAMURA Masayuki .  Further studies on the biological activity and identification of nucleopolyhedrovirus isolated from Spodoptera litura in Japan .  South Pacific Study30 ( 1 ) 25 - 34   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KOUASSI N’G. Lucien, UTSUNOMIYA Hiroyuki, TSUDA Katsuo*, SAKAMAKI Yositaka, KUSIGEMATI Kanetosi and NAKAMURA Masayuki .  High Temperature as a stressor of Spodoptera litura latent virus .  South Pacific Study30 ( 1 ) 19 - 24   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池島香奈美・坂巻祥孝・津田勝男 .  ミツユビナミハダニTetranychus takafujii の殺ダニ剤および殺虫剤感受性 .  九州病害虫研究会報55   141 - 145   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池島香奈美・坂巻祥孝・宮城聡子・大野豪・福田健・津田勝男 .  九州・沖縄におけるミツユビナミハダニTetranychus takafujii Ehara & Ohashiの発生 .  九州病害虫研究会報55   136 - 140   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lucien N'Guessan Kouassi, Katsuo Tsuda, Chie Goto, Shigeyuki Mukawa, Yositaka Sakamaki, Masayuki Nakamura .  Biologocal activity and identification of nucleopolyhedroviruses isolated from Mythimna separata and Spodoptera litura in Japan .  BioControl54   537 - 548   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lucien N'Guessan Kouassi, Katsuo Tsuda, Chie Goto, Shigeyuki Mukawa, Yositaka Sakamaki, Kanetosi Kusigemati, Masayuki Nakamura .  Prevalence of latent virus in Spodoptera litura (Fabricius) (Lepidoptera:Nocyuidae) and its activation by a heterologous virus .  Applied Entomology and Zoology44   95 - 102   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田 野飛・坂巻 祥孝・津田 勝男・櫛下町 鉦敏 .  児島県において野菜・花卉類を加害するナスハモグリバエ,マメハモグリバエおよびトマトハモグリバエの種構成 .  九州病害虫研究会会報54   112 - 117   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田 野飛・坂巻 祥孝・津田 勝男・櫛下町 鉦敏 .  マメハモグリバエとトマトハモグリバエの産卵および発育に対する3種寄主植物の適合性 .  昆蟲 (ニューシリーズ)11   135 - 143   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田 野飛・坂巻 祥孝・津田 勝男・櫛下町 鉦敏 .  鹿児島県薩摩半島南部の野菜・花卉栽培温室内外におけるマメハモグリバエおよびトマトハモグリバエの種構成と寄主植物 .  農業生産技術管理学会誌15   35 - 43   2008年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平田久子、坂巻祥孝、津田勝男 .  トマトサビダニ寄生数の簡易調査法 .  九州病害虫研究会報53   82 - 85   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 伊藤麻未、坂巻祥孝、津田勝男、櫛下町鉦敏 .  食餌の異なるハスモンヨトウSpodoptera litura (Fabricius) の発育と繁殖特性 .  南太平洋研究27   73 - 82   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 津田勝男、東中祐枝、坂巻祥孝、井上栄明、上和田秀美、櫛下町鉦敏 .  人工飼料によるナカジロシタバの飼育 .  鹿児島大学農学部学術報告、鹿児島大学農学部56   39 - 44   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 津田勝男、東理香、佐藤史子、坂巻祥孝、櫛下町鉦敏 .  蛹を用いたハスモンヨトウ核多角体病ウイルスの大量増殖 .  鹿児島大学農学部学術報告、鹿児島大学農学部56   31 - 37   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 遅玉成、坂巻祥孝、津田勝男、櫛下町鉦敏 .  マメノメイガ細胞質多角体病ウイルスのマメノメイガに対する病原性 .  鹿児島大学農学部学術報告、鹿児島大学農学部56   25 - 30   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 遅玉成、坂巻祥孝、津田勝男、櫛下町鉦敏 .  マメノメイガ(Maruca vitrata)の発育に関する温度反応(鱗翅目,ツトガ科) .  鹿児島大学農学部学術報告、鹿児島大学農学部56   19 - 23   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 津田勝男、大村浩之、坂巻祥孝、上和田秀美、櫛下町鉦敏 .  人工飼料を用いたコブノメイガの大量飼育体系の開発 .  日本応用動物昆虫学会誌、日本応用動物学会49 ( 4 ) 215 - 221   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakamaki Y. and H. Torikura .  Descriptions of immature stages of Japanese species in the genus Apatetris (Lepidoptera, Gelechiidae) . .  Tinea, 日本蛾類学会18, supplment. 3   63 - 71   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉松慎一・櫛下町鉦敏・行徳直久・上和田秀美・佐藤嘉一・坂巻祥孝 .  日本においてタケ・ササ類タケノコを加害する鱗翅類、 .  昆蟲(ニューシリーズ)、日本昆虫学会8 ( 3 ) 91 - 97   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 津田勝男、甲斐絢子、坂巻祥孝、神崎保成、櫛下町鉦敏 .  南九州のチャ園から採取したウスコカクモンハマキAdoxophyes dubiaおよびチャノコカクモンハマキAdoxophyes honmaiの顆粒病ウイルス感受性 .  日本応用動物昆虫学会誌、日本応用動物学会49 ( 3 ) 129 - 133   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 津田勝男、山下紘平、坂巻祥孝、櫛下町鉦敏、青木智佐、飯山和弘、岡田斉夫、河原畑勇 .  20年以上水中保存した7種核多角体病ウイルスのハスモンヨトウSpodoptera lituraにタイする病原性 .  日本応用動物昆虫学会誌、日本応用動物学会49 ( 3 ) 119 - 122   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakamaki, Y., K. Miura and Y. Chi .  Interspecific hybridization between Liriomyza trifolii and Liriomyza sativae. .  Annals of Entomological Society of America, Entomological Society of America,98   470 - 474   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakimoto K., Urano S., Noda T., Matsuo K., Sakamaki Y., Tsuda K., and Kusigemati K. .  Comparison of the reproductive potential of Orius species, O. strigicollis, O. sauteri, and O. minutus (Heteroptera:Anthocoridae), using edggs of the Mediterranean flour moth as a food source. .  Applied Entomology and Zoology、日本応用動物学会40 ( 2 ) 247 - 255   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 遅玉成、坂巻祥孝、津田勝男、櫛下町鉦敏 .  マメノメイガの産卵と寿命におよぼす温度の影響 .  日本応用動物昆虫学会誌、日本応用動物学会49 ( 1 ) 29 - 32   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 遅玉成、坂巻祥孝、津田勝男、櫛下町鉦敏 .  マメノメイガの簡易人工飼料とその人工飼料飼育下における増殖効率 .  日本応用動物昆虫学会誌、日本応用動物学会48 ( 4 ) 315 - 320   2004年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakamaki, Y. and T. Hayakawa .  Specific differences in larval and pupal characters of Japanese species of Adoxophyes (Lepidoptera, Tortricidae) .  Applied Entomology and Zoology、日本応用動物学会39 ( 3 ) 443 - 453   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日本の小蛾類

    那須 義次、 広渡 俊哉 坂巻 祥孝、 岸田 泰則( 担当: 共著 ,  範囲: キバガ上科)

    Gakken  2023年9月  ( ISBN:978-4-05-406944-2

     詳細を見る

    総ページ数:192   担当ページ:51-74   記述言語:日本語

  • A review of insect fauna reports for the islands in Kagoshima Prefecture

    Yositaka SAKAMAKI( 担当: 単著)

    The Islands of Kagoshima, Culture, Society, Industry and Nature・Kagoshima University Research center for Pacific Islands  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • キバガ科

    坂巻祥孝( 担当: 共著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ニセマイコガ科

    坂巻祥孝( 担当: 共著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ヒゲナガキバガ科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • モンホソキバガ科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • キヌバコガ科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ヒロバキバガ科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ヒラタマルハキバガ科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • キバガ上科

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    日本産蛾類標準図鑑III・学研教育出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 鹿児島県本土部のキバガ科32種(1999年~2008年)

    坂巻祥孝( 担当: 単著)

    SATSUMA  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 那須御用邸の小蛾類

    有田豊、広渡俊哉、神保宇嗣、安田耕司、坂巻祥孝、吉安裕、落合和泉、那須義次、新見清夫、平野長男、小林茂樹、安 能浩、村瀬ますみ( 担当: 共著)

    那須御用邸生物相調査会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 福田正宗・グエン タイン フォン・坂巻祥孝・鈴木智久・野邊勝郎・吉田光 .  坂巻祥孝・鈴木智久・野邊勝郎・吉田光、チャ園のチャノ ミドリヒメヨコバイに対する蒸気防除の効果 .  日本応用動物昆虫学会  2023年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:枚方市  

  • 酒井大輔・坂巻祥孝 .  トマトキバガと近縁種の幼虫・成虫に関する形態的識別(鱗翅目・キバガ科) .  日本応用動物昆虫学会  2023年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:枚方市  

  • 大野 竜弥,坂巻 祥孝 .  日本産 Tawaya 属の 3 未記載種(鱗翅目,キバガ科) .  第3回オンライン基礎昆虫学会議  2022年2月  日本昆虫学会昆虫分類学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 岩田 基晃,坂巻 祥孝 .  Nocticola uenoi kikaiensis(キカイホラアナゴキブリ)の分類学的位置 .  第3回オンライン基礎昆虫学会議  2022年2月  日本昆虫学会昆虫分類学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 倉橋美月・坂巻祥孝・津田勝男 .  南九州のツマジロクサヨトウから分離された緑きょう病菌の病原性 .  九州病害虫研究会第101回研究発表会  2022年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • グェン タイン フォン・津田勝男・坂巻祥孝 .  有機チャ園における蒸気防除がチャノミドリヒメヨコバイに与える影響の検証 .  2021年度 九州・沖縄昆虫研究会  2021年12月  九州・沖縄昆虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 木本朝美・津田勝男・坂巻祥孝 .  ツマジロクサヨトウSpodoptera frugiperdaに病原性を有する核多角体病ウイルスの探索・同定 .  九州病害虫研究会  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂巻祥孝・津田勝男 .  2015年以降に採集した奄美群島産ゴマダラカミキリ類の核およびミトコンドリア遺伝子の島間比較、 .  日本応用動物昆虫学会第64回大会  2020年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 遠山実桜・津田勝男・坂巻祥孝 .  露地ナス圃場に発生したクモ類によるハスモンヨトウ幼虫に対する攻撃性 .  九州病害虫研究会 第 99 回研究発表会  2020年1月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 赤坂奨斗・津田勝男・坂巻祥孝・中原波留加 .  露地ナス圃場におけるミツユビナミハダニと天敵としてのヒメハナカメムシ .  九州病害虫研究会 第 99 回研究発表会  2020年1月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 清水祐里・長谷川雪乃・津田勝男・坂巻祥孝 .  露地ナス圃場のニジュウヤホシテントウの天敵としての造網性クモ類 .  九州病害虫研究会  2019年1月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 榮村翔矢・津田勝男・坂巻祥孝・鹿子木聡・福田 健 .  アザミウマタマゴバチ類(Megaphragma sp.)の発生消長を左右する要因 .  九州病害虫研究会  2019年1月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 古川あずさ・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  ヤミイロカニグモによるチャハマキの捕食行動について .  2018年度 九州・沖縄昆虫研究会  2018年12月  九州・沖縄昆虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • 棚瀬光・坂巻祥孝・津田勝男 .  昆虫病原性線虫剤Steinernema carpocapsaeによるカンキツのゴマダラカミキリ幼虫の防除 .  2018年度 九州・沖縄昆虫研究会  2018年12月  九州・沖縄昆虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • 奥尉平・坂巻祥孝・屋宜禎央 .  日本産Nosphistica属1新種の記載(キバガ上科、ヒゲナガキバガ科) .  日本鱗翅学会第65回大会  2018年10月  日本鱗誌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 北島裕紀・坂巻祥孝 .  日本産Meleonoma属2新種の記載と日本初記録種(キバガ上科、マルハキバガ科) .  日本鱗翅学会第65回大会  2018年10月  日本鱗誌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河内雅弘・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  茶圃場における殺虫剤少量散布による天敵類の温存効果 ―クワシロカイガラムシとその天敵の発生消長― .  第62回日本応用動物昆虫学会  2018年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 鶴祐大朗・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  チャ圃場での殺虫剤少量散布によるクモ類温存効果 .  第62回日本応用動物昆虫学会  2018年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 池之上祐紀・猪口真帆実・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  合成ピレスロイド剤4種に対するカブリダニ類の忌避能力 .  第95回九州病害虫研究会  2018年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

  • 田淵翔伍・棚瀬 光・河内雅弘・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  カボチャを利用したおとり法によるクワシロカイガラムシの天敵類の検出 .  第95回九州病害虫研究会  2018年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 鹿子木聡・上室剛・津田勝男・坂巻祥孝 .  農薬散布量が異なる場合における茶樹葉層内のクモ類個体数 .  日本茶業学会  2017年11月  日本茶業学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さいたま市   国名:日本国  

  • 猪口真帆実・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  南九州市知覧町のチャ圃場に定着したチリカブリダニの生態 .  日本ダニ学会  2017年9月  日本ダニ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市   国名:日本国  

  • 河内雅弘・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  チャ圃場における殺虫剤少量散布による天敵類の温存効果の確認―クワシロカイガラムシとその天敵― .  九州病害虫研究会  2017年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本誌   国名:日本国  

  • 松比良駿・坂巻祥孝・津田勝男 .  カンゾウ圃場のハダニ防除に散布される気門封鎖型殺虫剤が土着カブリダニ類に与える影響 .  九州病害虫研究会  2017年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本誌   国名:日本国  

  • 猪口真帆実・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  南九州市知覧町のチャ圃場に定着したチリカブリダニの発生消長と捕食特性 .  九州病害虫研究会  2017年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本誌   国名:日本国  

  • 鶴祐大朗・坂巻祥孝・津田勝男・鹿子木聡 .  殺虫剤少量散布チャ園のクモ類温存効果とクモ類の捕食特性 .  九州病害虫研究会  2017年2月  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本誌   国名:日本国  

  • ○坂巻祥孝1)・瀬戸口和樹1)・津田勝男1)・鹿子木聡2) .  E403 殺虫剤少量散布チャ園のクモ類科構成とそれらクモ類の捕食特性 .  第60回日本応用動物昆虫学会  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学、堺市  

    殺虫剤少量散布チャ園のクモ類科構成とそれらクモ類の捕食特性 ○坂巻祥孝1)・瀬戸口和樹1)・津田勝男1)・鹿子木聡2) (1)鹿児島大学農学部、2)鹿児島県農総セ茶業部)  チャ園農薬散布量削減のために開発された少量農薬散布機を使用して、フェンプロパトリン乳剤をチャ樹摘採面にだけ散布した殺虫剤少量散布区(40L/10a)で散布前後にクモ相を調査し、200L/10a(通常量)散布区および無処理区と比較した。その結果、散布後の少量農薬散布区のクモ相は無処理区とほぼ同様であり、200L区よりも個体数が多く、特にフクログモ科が多かった。また、それ以外には、ハエトリグモ科、ヒメグモ科、タナグモ科、ササグモ科、カニグモ科などが採集された。これらのクモをシャーレ飼育し、各種チャ園害虫を与えて24時間捕食試験をしたところ、チャノミドリヒメヨコバイ、チャノキイロアザミウマ、およびチャハマキ1齢幼虫はいずれの科のクモも良く捕食した。アブラムシについてはフクログモ、タナグモ科が、カンザワハダニについてはヒメグモ、タナグモ、カニグモ科が良く捕食したが、その他のクモ類はあまり捕食しなかった。殺虫剤量を減らすことでクモ類が茶園に温存されても、温存されるクモによって抑えられる害虫が異なるものと推測された。なお本研究は農林水産省H27年の農食研事業として行われたものである。

  • ○牛島由利絵・坂巻祥孝・津田勝男(鹿児島大農) .  土着天敵ヘヤカブリダニによる小ネギのネギアザミウマ防除効果の検討 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○瀬戸口和樹・津田勝男・坂巻祥孝・鹿子木 聡 1) (鹿児島大農・ 1) 鹿児島農 総セ) .  少量農薬散布機「かごしま式防除装置」によるチャ害虫の防除効果および天敵 類の温存状況の確認 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○秋山晴香・津田勝男・坂巻祥孝・鹿子木 聡 1) (鹿児島大農・ 1) 鹿児島農総 セ) .  チャ園深刈り後のハダニ・カブリダニ類の発生 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○押方 覧・坂巻祥孝・津田勝男 (鹿児島大農) .  野外圃場におけるゴミムシを介した核多角体病ウイルスの伝播 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○白坂慈視・坂巻祥孝・津田勝男(鹿児島大農) .  イチゴ葉上におけるハスモンヨトウ核多角体病ウイルスの病原性 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○古庄弘明・坂巻祥孝・津田勝男 (鹿児島大農) .  アブラムシを介したアセタミプリド粒剤の天敵寄生蜂への間接的影響の有無 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○西村康伸・坂巻祥孝・津田勝男 (鹿児島大農) .  有機肥料施用がモモアカアブラムシの増殖量に及ぼす影響 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○Elsaid M. Elnabawy・津田勝男・坂巻祥孝 (鹿児島大農) .  有機肥料栽培にコンパニオンプラントを加えた圃場におけるサラグモとコモリグモの増強 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • ○松比良 駿・坂巻祥孝・津田勝男 (鹿児島大農) .  土着ヘヤカブリダニに対するヤシ花粉の代替餌としての可能性 .  九州病害虫研究会第91回研究発表会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市菊南温泉 ユウベルホテル  

  • 吉田昭広・坂巻祥孝・児玉隆治 .  キバガの翅のかたちの形成:蛹期における細胞死と組織収縮 .  日本応用動物昆虫学会  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:山形市  

    国内学会

  • 三宅正隆・津田勝男・坂巻祥孝・實 浩希 .  核 ITS2 領域とミトコンドリア CO1 領域から見た喜界島産ゴマダラカミキリ .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 原田陽帆・クアシ N’G ルシエン・津田勝男・坂巻祥孝 .  イラクサギンウワバから分離された 2 種ウイルスの混合接種による病原性の変化 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 内間久美子・坂巻祥孝・津田勝男 .  核多角体病ウイルスのゴミムシを介した伝播 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 下池裕太・坂巻祥孝・津田勝男 .  ネオニコチノイド系殺虫剤が土壌生物相に与える影響 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 落田恵梨香・津田勝男・坂巻祥孝・鹿子木聡 .  茶圃場での新防除機利用による害虫防除効果の確認および天敵類への影響の検討 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 小田あさひ・坂巻祥孝・津田勝男 .  大量増殖したヘヤカブリダニの露地ナスにおける害虫密度抑制効果 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 瀬戸雄一朗・津田勝男・坂巻祥孝 .  露地ナス圃場のインセクタリープラントに現れる寄生蜂の季節消長 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 山名一遂・坂巻祥孝・津田勝男 .  ニジュウヤホシテントウの天敵の探索と捕食・寄生量評価 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 川元玲奈・津田勝男・坂巻祥孝 .  サツマイモ圃場における選択的殺虫剤の天敵への影響 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 柿 恭信・坂巻祥孝・津田勝男 .  寄主昆虫によるTrichogramma 属3 種の雌交尾器のかたちへの影響 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 牛島由利絵・坂巻祥孝・津田勝男 .  土着カブリダニ2種に対するケナガコナダニとサトウダニの餌としての適合性 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 燃脇 諒・津田勝男・坂巻祥孝 .  サツマイモ圃場のナカジロシタバに対する2 種BT 剤の防除効果 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 内間久美子・坂巻祥孝・津田勝男 .  核多角体病ウイルスのゴミムシおよび鳥類を介した伝播の可能性 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 杉山直樹・坂巻祥孝・津田勝男・橋本文雄・白山竜次 .  キク品種におけるマメハモグリバエ抵抗性に関与する成分の特定 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • Elsaid M. Elnabawy・津田勝男・牛島由利絵・坂巻祥孝 .  Study on the response of true spiders to organic and chemical fertilizers in eggplant field .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 橋口太亮・坂巻祥孝・津田勝男 .  トマト上におけるアカメガシワクダアザミウマのコナジラミ幼虫に対する捕食能力 .  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会  九州病害虫研究会第8 7 回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 坂巻祥孝,前田芳之 .  奄美におけるデイゴヒメコバチの発生消長および新たな防除法の模索 .  第57回日本応用動物昆虫学会大会  第57回日本応用動物昆虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:藤沢市  

    国内学会

  • 村上周平・津田勝男・坂巻祥孝 .  サツマイモの鱗翅目害虫に対する 10 種 BT 剤の効果の確認 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 大江佑季・クアシ N’G. ルシエン・坂巻祥孝・津田勝男 .  イラクサギンウワバ病原ウイルスの同定と病原性の確認 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 内間久美子・津田勝男・坂巻祥孝 .  チャノホソガ顆粒病ウイルスの代替宿主の探索 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 大迫昭平・坂巻祥孝・津田勝男 .  トマト腺毛滲出物成分がナミハダニおよびミツユビナミハダニの生存に与える影響 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 梅津康介・坂巻祥孝・津田勝男・橋本文雄・白山竜次 .  キク品種におけるマメハモグリバエ抵抗性に関与する成分の探索 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 西村康伸,津田勝男,坂巻祥孝 .  サツマイモ栽培において選択的殺虫剤が土着天敵相に与える影響 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 小田あさひ,坂巻祥孝,津田勝男 .  フスマ・米ぬかを施用した露地ナス株上および周辺雑草上で見られる捕食性ダニ類について .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 柿恭信,坂巻祥孝,津田勝男 .  Trichogramma属 4 種の雌翅型による同定法の検討 .  第85回九州病害虫研究会  第85回九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 坂巻祥孝 .  南西諸島のルリゴキブリ属(ゴキブリ目,ムカシゴキブリ科) .  2012年度日本昆虫学会九州支部大会  2012年度日本昆虫学会九州支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀市  

    国内学会

  • 坂巻祥孝・篠原和孝・湯田達也・川島俊次・山村光司 .  喜界島カンキツグリーニング病根絶確認のための必要サンプル数の推定法 .  日本応用動物昆虫学会  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良市  

    国内学会

  • 坂元志帆・坂巻祥孝・津田勝男 .  トマト上におけるスワルスキーカブリダニの定着阻止要因 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 飛松 諒・坂巻祥孝・津田勝男 .  スワルスキーカブリダニにすす病菌を与えた場合の発育 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 小磯愛美・伊藤彩華・坂巻祥孝・津田勝男 .  天敵温存露地ナス栽培におけるフスマ施用及びコンパニオンプランツの天敵増強効果~トゲダニ亜目について~ .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 伊藤彩華・小磯愛美・坂巻祥孝・津田勝男 .  天敵温存露地ナス栽培におけるフスマ施用及びコンパニオンプランツの天敵増強効果 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 大平麻里亜・坂巻祥孝・津田勝男・クアシ N’G.ルシエン・松崎俊一 ・末永 博 .  チャ園畦畔で増加したササグモ類はチャノミドリヒメヨコバイを捕食しているのか .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 田中隆昌・坂巻祥孝・津田勝男 .  チャドクガの野外での死亡要因及びその生態を利用した防除法 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 柞木あずさ・津田勝男・坂巻祥孝 .  野外散布したチャノホソガ顆粒病ウイルスの病原性および持続性 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 原田絵理奈・坂巻祥孝・津田勝男 .  DNA 解析における Tetranychus 属種同定法の再検討 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 柿 恭信・坂巻祥孝・津田勝男 .  楕円フーリエ記述子を用いた Trichogramma 属 4 種の家族間での形態形質の差の検討 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 北崎加奈・坂巻祥孝・津田勝男 .  ハモグリバエ抵抗性キク品種に対するマメハモグリバエの適応 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 指宿市農業農村整備事業観光情報協議会委員

    役割:助言・指導

    指宿市  2020年8月 - 2022年8月

メディア報道

  • 「美しいゴキブリ」宮古島で新種発見、初の法的保護 インターネットメディア

    科学技術振興機構  Science Portal  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 国も認めた「美しいゴキブリ」 沖縄・宮古島で新種発見 新聞・雑誌

    南日本新聞社  南日本新聞 朝刊  2021年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 国内35年ぶりゴキブリ新種2種 新聞・雑誌

    南日本新聞社  南日本新聞 朝刊  2020年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外