2022/06/01 更新

写真a

ミヤタ アツロウ
宮田 篤郎
MIYATA Atsuro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 共同研究講座 特任教授
総合科学域共同学系 南九州・南西諸島域イノベーションセンター URAセンター 教授
職名
特任教授
プロフィール
○PACAP遺伝子の構造と発現調節に関する研究 ○PACAPの神経栄養作用の分子機序に関する研究 ○PACAP特異的受容体PAC1の機能と遺伝子発現調節に関する研究、○オーファンGPCRのリガンド探索と機能解析に関する研究

学位

  • 医学博士 ( 1985年3月   宮崎医科大学 )

研究キーワード

  • GPCR

  • 循環調節因子

  • 神経ペプチド

  • 神経栄養因子

  • 遺伝子発現調節

  • PACAP

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬理学  / 分子薬理学

  • ライフサイエンス / 医化学  / ペプチド化学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 視床下部 摂食調節

学歴

  • 宮崎医科大学   大学院   博士課程 

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 宮崎医科大学   医学部   医学科

    1975年4月 - 1981年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  •   Research associate of the Japan Society for the Promotion of Science

    1986年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 宮崎医科大学   医学部第2生化学講座   日本学術振興会特別研究員

    1987年4月 - 1987年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 米国チューレン大学   医学部内科学講座   特任助教

    1987年7月 - 1989年10月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  • 国立循環器病センター研究所   薬理部   研究員

    1989年11月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立循環器病センター研究所   生化学部   室長

    1994年4月 - 2000年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部   教授

    2000年11月 - 2003年3月

  • 鹿児島大学   生体機能制御学講座 生体情報薬理学分野   教授

    2003年4月 - 2022年3月

  • 鹿児島大学   その他 URAセンター   所長

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   その他 医用ミニブタ先端医療開発研究センター   所長   医学博士

    2021年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科 DDS創薬学共同研究講座   特任教授   医学博士

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本薬理学会

    2000年11月 - 現在

  • 日本生化学会

    1982年4月 - 現在

  • 日本内分泌学会

    1983年4月 - 現在

  • 日本心血管内分泌学会

    1994年4月 - 現在

  • 日本心脈管作動物質学会

    1992年4月 - 現在

  • 米国内分泌学会

    1987年10月 - 現在

  • 北米神経科学会

    1987年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本薬理学会    年会学術企画委員会  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    委員長

留学歴

  • 1987年7月 - 1989年11月   チューレン大学医学部、米国   Research Instructor

 

論文

  • Takasaki I. .  Design and synthesis of pyrido[2,3-d]pyrimidine derivatives for a novel PAC1 receptor antagonist .  European Journal of Medicinal Chemistry231   114160   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:European Journal of Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1016/j.ejmech.2022.114160

    Scopus

    PubMed

  • Kambe Y. .  The dorsal hippocampal protein targeting to glycogen maintains ionotropic glutamate receptor subunits expression and contributes to working and short-term memories in mice .  Journal of Pharmacological Sciences148 ( 1 ) 108 - 115   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2021.10.008

    Scopus

    PubMed

  • Kambe Y. .  The dorsal hippocampal protein targeting to glycogen maintains ionotropic glutamate receptor subunits expression and contributes to working and short-term memories in mice .  Journal of Pharmacological Sciences148 ( 1 ) 108 - 115   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2021.10.008

    Scopus

    PubMed

  • Kambe Y. .  The dorsal hippocampal protein targeting to glycogen maintains ionotropic glutamate receptor subunits expression and contributes to working and short-term memories in mice .  Journal of Pharmacological Sciences148 ( 1 ) 108 - 115   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2021.10.008

    Scopus

    PubMed

  • Kambe Yuki, Thi Thu Nguyen, Hashiguchi Kohei, Sameshima Yoshimune, Yamashita Akira, Kurihara Takashi, Miyata Atsuro .  The dorsal hippocampal protein targeting to glycogen maintains ionotropic glutamate receptor subunits expression and contributes to working and short-term memories in mice(和訳中) .  Journal of Pharmacological Sciences148 ( 1 ) 108 - 115   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

  • Sadamura Y. .  FFAR1/GPR40 Contributes to the Regulation of Striatal Monoamine Releases and Facilitation of Cocaine-Induced Locomotor Activity in Mice .  Frontiers in Pharmacology12   699026   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Frontiers in Pharmacology  

    DOI: 10.3389/fphar.2021.699026

    Scopus

    PubMed

  • Sadamura Y. .  FFAR1/GPR40 Contributes to the Regulation of Striatal Monoamine Releases and Facilitation of Cocaine-Induced Locomotor Activity in Mice .  Frontiers in Pharmacology12   699026   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Frontiers in Pharmacology  

    DOI: 10.3389/fphar.2021.699026

    Scopus

    PubMed

  • Sadamura Y. .  FFAR1/GPR40 Contributes to the Regulation of Striatal Monoamine Releases and Facilitation of Cocaine-Induced Locomotor Activity in Mice .  Frontiers in Pharmacology12   699026   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Frontiers in Pharmacology  

    DOI: 10.3389/fphar.2021.699026

    Scopus

    PubMed

  • Kambe Y. .  The pivotal role of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide for lactate production and secretion in astrocytes during fear memory .  Pharmacological Reports73 ( 4 ) 1109 - 1121   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Pharmacological Reports  

    DOI: 10.1007/s43440-021-00222-6

    Scopus

    PubMed

  • Karki, P, Kurihara, T, Nakamachi, T, Watanabe, J, Asada, T, Oyoshi, T, Shioda, S, Yoshimura, M, Arita, K, Miyata, A .  Attenuation of inflammatory and neuropathic pain behaviors in mice through activation of free fatty acid receptor GPR40 .  Mol Pain11   6   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kambe, Y. and Miyata, A. .  Potential involvement of the mitochondrial unfolded protein response in depressive-like symptoms in mice .  Neurosci Lett588   166 - 171   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugawara H, Tominaga A, Inoue K, Takeda Y, Yamada K, Miyata A .  Functional Characterization of Neural-Restrictive Silencer Element in Mouse Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide (PACAP) Gene Expression .  J. Mol. Neurosc.54 ( 3 ) 526 - 534   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara T, Sakurai E, Toyomoto M, Kii I, Kawamoto D, Asada T, Tanabe T, Yoshimura M, Hagiwara M, Miyata A. .  Alleviation of behavioral hypersensitivity in mouse models of inflammatory pain with two structurally different casein kinase 1 (CK1) inhibitors. .  Molecular Pain   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Kambe Y, Nagayama T, Tokimura H, Arita K, Miyata A .  C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier. .  J Cereb Blood Flow Metab.34 ( 4 ) 589 - 596   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanada T, Kurihara T, Tokudome M, Tokimura H, Arita K, Miyata A. .  Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain. .  Neurosci Res.78   72 - 80   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura A, Kambe Y, Inoue K, Tatsukawa H, Kurihara T, Griffin M, Kojima S, Miyata A .  Pituitary Adenylate Cyclase-activating Polypeptide Type 1 Receptor (PAC1) Gene Is Suppressed by Transglutaminase 2 Activation .  The Journal of biological chemistry288   32720 - 32730   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saito H, Nakamachi T, Inoue K, Ikeda R, Kitamura K, Minamino N, Shioda S, Miyata A .  Autocrine Effects of Neuromedin B Stimulate the Proliferation of Rat Primary Osteoblasts. .  J Endocrinol217 ( 2 ) 141 - 150   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kambe Y, Miyata A. .  Role of Mitochondrial Activation in PACAP Dependent Neurite Outgrowth. .  J Mol Neurosci48 ( 3 ) 550 - 557   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura A, Odahara N, Tominaga A, Inoue K, Kambe Y, Kurihara T, Miyata A .  Regulatory mechanism of PAC1 gene expression via Sp1 by nerve growth factor in PC12 cells .  FEBS Lett586 ( 12 ) 1731 - 1735   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saito H, Ikeda R, Inoue K, Nagata S, Kitamura K, Minamino N, Kangawa K, Miyata A. .  Neuromedin B stimulates proliferation of mouse chondrogenic cell line ATDC5 .  Peptides36 ( 2 ) 299 - 302   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takenouchi R, Inoue K, Kambe Y, Miyata A. .  N-arachidonoyl glycine induces macrophage apoptosis via GPR18. .  Biochem Biophys Res Commun.418 ( 2 ) 366 - 371   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ushiyama M, Ikeda R, Yoshida M, Mori K, Kangawa K, Sugawara H, Inoue K, Yamada K, Miyata A .  Alternative splicing of the pituitary adenylate cyclase-activating polypetide (PACAP) receptor contributes to function of PACAP-27 .  Journal of Molecular Neuroscience42 ( 3 ) 341 - 348   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tominaga A, Sugawara H, Futagawa T, Inoue K, Sasaki K, Minamino N, Hatakeyama M, Handa H, Miyata A .  Characterization of the testis-specific promoter region in the human pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) gene. 査読有): 595-606, 2010. .  Genes to Cells15 ( 6 ) 595 - 606   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tominaga A, Sugawara H, Inoue K, Miyata A. .  Implication of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) for neuroprotection of nicotinic acetylcholine receptor signaling in PC12 cells .  Journal of molecular neuroscience36   73 - 78   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ushiyama.M, Ikeda.R, Yoshida.M, Mori.K, Kangawa.K, Inoue.K, Yamada.k, Miyata.A .  Diferential Intracellucular Signaling through PAC1 Isoforms as a Result of Alternative Splicing in the First Extracellular Domain and the Third Intracellular Loop .  Molecular Pharmacology 72 ( 1 ) 103 - 111   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ushiyama M, Sugawara H, Inoue K, Kangawa K, Miyata A .  Characterization of the PAC1 Variants Expressed in the Mouse Heart .  ANN. N.Y. ACAD. SCI.・Blackwell Publishing1070   586 - 590   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nguyen T.T. .  Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide in the Ventromedial Hypothalamus Is Responsible for Food Intake Behavior by Modulating the Expression of Agouti-Related Peptide in Mice .  Molecular Neurobiology57 ( 4 ) 2101 - 2114   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Neurobiology  

    DOI: 10.1007/s12035-019-01864-7

    Scopus

    PubMed

  • Takasaki I. .  Synthesis of a novel and potent small-molecule antagonist of PAC1 receptor for the treatment of neuropathic pain .  European Journal of Medicinal Chemistry186   111902   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1016/j.ejmech.2019.111902

    Scopus

    PubMed

  • Takasaki Ichiro, Nakamura Koji, Shimodaira Ayaka, Watanabe Ai, Nguyen Huy Du, Okada Takuya, Toyooka Naoki, Miyata Atsuro, Kurihara Takashi .  PAC1受容体の新規小分子拮抗薬はマウスにおけるホルマリンによる炎症性疼痛行動を軽減する(The novel small-molecule antagonist of PAC1 receptor attenuates formalin-induced inflammatory pain behaviors in mice) .  Journal of Pharmacological Sciences139 ( 2 ) 129 - 132   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    新たに開発した下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)タイプ1(PAC1)受容体の新規小分子拮抗薬PA-8について、マウスのホルマリンによる炎症性疼痛に対して有効か調べた。PA-8の髄腔内投与および経口投与は、ホルマリン誘発性侵害受容反応の第2相を用量依存的に減弱させた。PA-8は、脊髄の同側後角におけるc-fos上方制御も阻害した。以上より、脊髄におけるPACAP-PAC1受容体シグナル伝達系が主に炎症性疼痛の伝達に関与し、PA-8は炎症性疼痛を治療するための新規鎮痛薬の開発に有用と考えられた。

  • Takasaki I. .  The novel small-molecule antagonist of PAC1 receptor attenuates formalin-induced inflammatory pain behaviors in mice .  Journal of Pharmacological Sciences139 ( 2 ) 129 - 132   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2018.11.011

    Scopus

    PubMed

  • Takasaki I. .  In silico screening identified novel small-molecule antagonists of PAC1 receptors .  Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics365 ( 1 ) 1 - 8   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics  

    DOI: 10.1124/jpet.117.245415

    Scopus

    PubMed

  • 神戸 悠輝, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  PACAPシグナリングによって駆動されるアストロサイト―ニューロン乳酸シャトルの中枢神経機能発現への寄与― .  日本薬理学雑誌151 ( 6 ) 239 - 243   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>アストロサイト-ニューロン乳酸シャトル(ANLS)は,アストロサイトを含むグリア細胞が産生した乳酸をニューロンが利用することを仮定したモデルである.ANLSは近年,学習・記憶,薬物依存などに重要な役割を果たし,細胞レベルにおいても,ニューロンを直接活性化したり,シナプス促通を惹起したりすることが報告されている.しかしながら,どのようなシグナルがアストロサイトに作用し,ANLSを活性化するか明らかではなかった.一方,神経ペプチド,下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)とその受容体は,中枢神経系に広く分布する.我々は前脳由来培養アストロサイトにおいて,PACAPは非常に低い濃度からANLSを活性化する可能性を見出したことから,内因性のANLS活性化因子の候補としてPACAPを捉え,恐怖記憶,脊髄痛覚伝達に対する関与を検討した.その結果,PACAPは少なくとも前脳と脊髄のアストロサイトのPACAP/PAC1シグナルの下流においてPKCを介したANLSの活性化を惹起し,恐怖記憶および脊髄痛覚伝達に関与することが明らかとなった.以上の結果から,PACAPは内因性のANLS活性化因子である可能性が示された.</p>

    DOI: 10.1254/fpj.151.239

    Scopus

    PubMed

  • Aizawa Fuka, Ogaki Yoshihiro, Kyoya Natsuki, Nishinaka Takashi, Nakamoto Kazuo, Kurihara Takashi, Hirasawa Akira, Miyata Atsuro, Tokuyama Shogo .  GPR40/FFAR1シグナル伝達の欠損は雌性マウスの母性保護と感情機能に損傷を与える(The Deletion of GPR40/FFAR1 Signaling Damages Maternal Care and Emotional Function in Female Mice) .  Biological & Pharmaceutical Bulletin40 ( 8 ) 1255 - 1259   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    遊離脂肪酸受容体1(GPR40/FFAR1)シグナル伝達の欠損に起因する母性および/または感情行動の変化を調べた。野生型(WT)雌性マウスと比較して、GPR40/FFAR1欠損(FFAR1-/-)雌性マウスでは、回収行動や無視および仔殺しの発生率の上昇など、母性保護の障害が見られた。FFAR1-/-雌性マウスは、高架式十字迷路試験でのオープンアームで費やされる時間の増加、運動活性や社会的相互作用行動の低下およびショ糖摂取の減少を示した。以上より、PUFA-GPR40/FFAR1シグナル伝達が、少なくとも部分的にマウスの感情的および母性的行動の調節因子として機能すると考えられた。

  • Nakamoto K. .  Dysfunctional GPR40/FFAR1 signaling exacerbates pain behavior in mice .  PLoS ONE12 ( 7 ) e0180610   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0180610

    Scopus

    PubMed

  • Minomo H. .  Establishment of disseminated intravascular coagulation (DIC) model by a single iv administration of Escherichia coli-derived lipopolysaccharide (LPS) to cynomolgus monkeys and evaluation of its pathophysiological status .  Journal of Pharmacological Sciences133 ( 2 ) 88 - 95   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2017.01.005

    Scopus

    PubMed

  • Minomo Hirofumi, Inoue Kengo, Sakaki Shuko, Okazaki Takanobu, Kobayashi Kinji, Inoue Kazuhiko, Miyata Atsuro .  大腸菌由来リポ多糖類(LPS)のカニクイザルへの単回静脈内投与による播種性血管内凝固(DIC)モデルの確立とその病態生理学的状態の評価(Establishment of disseminated intravascular coagulation(DIC) model by a single iv administration of Escherichia coli-derived lipopolysaccharide(LPS) to cynomolgus monkeys and evaluation of its pathophysiological status) .  Journal of Pharmacological Sciences133 ( 2 ) 88 - 95   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    カニクイザルにLPSを投与してDICモデルを作成し、DIC治療の新薬の評価に役立つか検討した。カニクイザルの末梢血単核細胞(PBMC)を8種類のLPSで処理し、TNF-α濃度を測定したところ、大腸菌K-235からのLPSが最も効果的にTNF-αを上昇させた。K-235のLPSをカニクイザルに静脈内投与すると、ヒトのPBMCと同様にTNF-α産生を促進させたが、ラットのPBMCへの作用は弱かった。カニクイザルにK-235のLPSを単回静脈内投与したところ、ヒトのDICと同じような病態生理学的変化が、肝臓、腎臓と肺に認められた。この時にDIC治療の新薬である組換えヒトトロンボモジュリンを投与したところ、これらの変化が抑制された。以上より、このDICモデルは、DIC治療のための新薬の評価に有用であると考えられた。

  • 神戸 悠輝, 宮田 篤郎 .  大うつ病性障害におけるミトコンドリア機能障害とサーチュイン1の関与 .  日本薬理学雑誌150 ( 4 ) 204 - 206   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p></p>

    DOI: 10.1254/fpj.150.204

    PubMed

  • Aizawa Fuka, Ogaki Yoshihiro, Kyoya Natsuki, Nishinaka Takashi, Nakamoto Kazuo, Kurihara Takashi, Hirasawa Akira, Miyata Atsuro, Tokuyama Shogo .  The Deletion of GPR40/FFAR1 Signaling Damages Maternal Care and Emotional Function in Female Mice .  Biological & Pharmaceutical Bulletin40 ( 8 ) 1255 - 1259   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    <p>The free fatty acid receptor 1 (GPR40/FFAR1) is activated by polyunsaturated fatty acids (PUFAs) such as docosahexaenoic acids (DHA). This receptor has been the focus of many studies regarding physiological functions of the central nervous system. PUFAs are essential for neuronal development and maintenance of neuronal function; thus, the decrease of PUFAs in the brain is closely related to the induction of psychiatric diseases associated with emotional disorder, such as anxiety, depression, and schizophrenia. However, details of the mechanisms remain unclear. In this study, we investigated changes of maternal and/or emotional behavior caused by a deficiency of GPR40/FFAR1 signaling. GPR40/FFAR1 deficient (FFAR1<sup>−/−</sup>) female mice exhibited impaired maternal care such as retrieving behaviors and an increased rate of neglect and infanticide when compared to wild type (WT) female mice. Furthermore, FFAR1<sup>−/−</sup> female mice showed increased time spent in the open arms in an elevated plus maze test, reduction of locomotor activity and social interaction behavior, and decreased sucrose intake, when compared to WT female mice. In conclusion, these findings suggest that PUFAs-GPR40/FFAR1 signaling might function, at least in part, as a regulatory factor of emotional and maternal behavior in mice.</p>

    DOI: 10.1248/bpb.b17-00082

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 脳と下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ペプチド(PACAP)

    宮田 篤郎( 担当: 単著)

    脳とホルモン(松尾壽之編)・共立出版  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ベッドサイドの薬理学

    笹栗 俊之, 宮田 篤郎

    丸善出版  2018年  ( ISBN:9784621302743

     詳細を見る

MISC

  • VIP/PACAPと関連疾患

    宮田篤郎、國師恵美子

    医薬ジャーナル   47 ( 8 )   111 - 115   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 脳腸ペプチドとしてのPACAPの構造と機能

    宮田篤郎

    医学のあゆみ   223 ( 7 )   569 - 572   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多機能神経ペプチドPACAP受容体の構造と機能の多様性

    宮田篤郎、牛山美奈、菅原英輝

    内分泌糖尿病科・科学評論社   22 ( 4 )   421 - 428   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PACAPと血小板機能

    宮田篤郎

    血栓と循環・メディカルレヴュー   13 ( 2 )   44 - 46   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • リゾホスファチジルコリンと血管内皮機能

    井上和彦、宮田篤郎

    血管・脈管作動物質学会   28 ( 4 )   139 - 143   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PACAP遺伝子の神経特異的発現調節機序

    宮田篤郎、菅原英輝、岩田真一、清水隆雄、寒川賢治

    日本薬理学会誌・日本薬理学会   123   235 - 242   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Chronic royal jelly administration induced antidepressant-like effects through increased sirtuin1 and oxidative phosphorylation protein expression in the amygdala of mice

    Nguyen T.T.

    Current Molecular Pharmacology   14 ( 2 )   115 - 122   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Current Molecular Pharmacology  

    DOI: 10.2174/1874467213666200424160153

    Scopus

    PubMed

  • 【PACAPシグナル研究の新潮流〜中枢・末梢組織での新しい生理・病態的意義〜】PACAPシグナリングによって駆動されるアストロサイト ニューロン乳酸シャトルの中枢神経機能発現への寄与

    神戸 悠輝, 栗原 崇, 宮田 篤郎

    日本薬理学雑誌   151 ( 6 )   239 - 243   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    アストロサイト-ニューロン乳酸シャトル(ANLS)は、アストロサイトを含むグリア細胞が産生した乳酸をニューロンが利用することを仮定したモデルである。ANLSは近年、学習・記憶、薬物依存などに重要な役割を果たし、細胞レベルにおいても、ニューロンを直接活性化したり、シナプス促通を惹起したりすることが報告されている。しかしながら、どのようなシグナルがアストロサイトに作用し、ANLSを活性化するか明らかではなかった。一方、神経ペプチド、下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)とその受容体は、中枢神経系に広く分布する。我々は前脳由来培養アストロサイトにおいて、PACAPは非常に低い濃度からANLSを活性化する可能性を見出したことから、内因性のANLS活性化因子の候補としてPACAPを捉え、恐怖記憶、脊髄痛覚伝達に対する関与を検討した。その結果、PACAPは少なくとも前脳と脊髄のアストロサイトのPACAP/PAC1シグナルの下流においてPKCを介したANLSの活性化を惹起し、恐怖記憶および脊髄痛覚伝達に関与することが明らかとなった。以上の結果から、PACAPは内因性のANLS活性化因子である可能性が示された。(著者抄録)

  • キーワード解説 大うつ病性障害におけるミトコンドリア機能障害とサーチュイン1の関与

    神戸 悠輝, 宮田 篤郎

    日本薬理学雑誌   150 ( 4 )   204 - 206   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 栗原崇、福留学、宮田篤郎、結城伸泰 .  有痛性神経障害患者血清のマウスへの受動的移入による疼痛様行動再現の試み .  第88回日本薬理学会年会  第88回日本薬理学会年会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    開催地:名古屋  

    国際学会

  • 用皆正文、栗原崇、神戸悠輝、高崎一郎、宮田篤郎 .  脊髄におけるPACAP特異的受容体の刺激はアストロサイト活性化を介して長期機械的アロディニア反応を誘発する .  第88回日本薬理学会年会  第88回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 神戸悠輝、中島優、新谷紀人、橋本均、宮田篤郎 .  培養アストロサイトにおける下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによるグリコーゲン代謝の活性化 .  第88回日本薬理学年会  第88回日本薬理学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 井上和彦、竹ノ内里奈、國師恵美子、大和麻耶、神戸悠輝、宮田篤郎 .  下垂体腺腫細胞GH3のプロラクチンおよび成長ホルモン分泌に及ぼすリゾホスファチジルセリンの効果 .  第67回日本薬理学会西南部会  第67回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州市  

    国内学会

  • 福留学、井上隆之、宮田篤郎、結城伸泰、栗原崇 .  有痛性神経障害患者血清のマウスへの受動態移入による疼痛様行動の再現 .  第67回日本薬理学会西南部会  第67回日本薬理学会西南部会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    開催地:北九州市  

    国際学会

  • 神戸悠輝、宮田篤郎 .  下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによる脳内グリコーゲン代謝の活性化~培養アストロサイトを用いた研究~ .  第67回日本薬理学会西南部会  第67回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州市  

    国内学会

  • Youkai M, Kurihara T, Asada T, Kambe Y, Inoue K, Miyata A .  Spinal PACAP-PAC1-receptor signaling pathway induces long-lasting mechanical allodynia through the activation of astrocytes in mice .  Society for Neuroscience 2014  Society for Neuroscience 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    開催地:ワシントン  

    国際学会

  • 宮田篤郎、三浦綾子、神戸悠輝、辰川英樹、栗原崇、小嶋聡一 .  脳虚血におけるPAC1遺伝子発現の抑制メカニズム .  第11回GPCR研究会  第11回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyata A, Miura A, Kambe Y, Kojima S .  Cross-linking of SP1 by transglutaminase2 suppresses PAC1 gene expression in neuronal cells. .  第36回日本分子生物学会年会  第36回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 宮田篤郎 .  Cross-linking of Sp1 by transglutaminase2 suppresses PAC1 gene expression in neuronal cells .  11th International Symposium on VIP, PACAP and related peptides  11th International Symposium on VIP, PACAP and related peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語  

    開催地:ハンガリー,ペーチ市  

    国際学会

  • 宮田篤郎、ボハラ マノズ、神戸悠輝、栗原 崇、時村 洋、有田 和徳 .  Cタイプナトリウム利尿ペプチドは、血液脳関門の透過性制御に関与する .  第86回日本薬理学会年会  第86回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 三浦綾子、神戸悠輝、井上和彦、栗原 崇、辰川英樹、小嶋聡一、宮田篤郎 .  PAC1遺伝子の負の発現調節にトランスグルタミナーゼ2によるSp1の不活性化が関与する .  第86回日本薬理学会年会  第86回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 栗原 崇、カルキ プラサンナ、朝田俊秀、吉村惠、有田和徳、宮田篤郎 .  マウス炎症疼痛および神経障害性疼痛モデルにおける遊離脂肪酸受容体GPR40作動薬の効果 .  第86回日本薬理学会年会  第86回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 三浦綾子、神戸悠輝、井上和彦、栗原崇、辰川英樹、小嶋聡一、宮田篤郎 .  PAC1遺伝子の負の発現調節はトランスグルタミナーゼ2によるSp1の不活性化が関与する .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 用皆正文、大脳哲也、栗原 崇、長谷川麻衣子、朝田俊秀、上村裕一、清水隆雄、宮田篤郎 .  PACAP誘発長期疼痛行動の発症メカニズム-PACAP-PAC1受容体シグナルによる早期脊髄後角アストロサイト活性化の関与 .  第65回日本薬理学会西南部会  第65回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 川元大輔、喜井 勲、豊本雅靖、朝田俊秀、吉村 惠、萩原正敏、宮田篤郎 .  炎症性疼痛モデルマウスに対する新規カゼインキナーゼ阻害薬の抗侵害効果 .  第65回日本薬理学会西南部会  第65回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Miura A, Kambe Y, Inoue K, Kurihara T, Miyata A .  Sp1 serves pivotal role in negative regulation of PAC1 gene expression by involvement of transglutaminase 2 .  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, USA  

    国際学会

  • Kambe Y, Miyata A .  Involvement of mitochondria in PACAP-induced neurite outgrowth .  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, USA  

    国際学会

  • Kurihara T, Karki P, Asada T, Nagayama.T, Yosimura M, Arita K, Miyata A .  Role of free fatty acid receptor GPR40 in mouse models of inflammatory and neuropathic pain .  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting  Society for Neuroscience 42th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, USA  

    国際学会

  • 栗原 崇、Prasannna Karki、朝田俊秀、吉村惠、宮田篤郎 .  脊髄痛覚伝達における脂肪酸受容体GPR40の役割 .  第35回日本神経科学大会  第35回日本神経科学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 用皆正文、大納哲也、栗原 崇、長谷川麻衣子、朝田俊秀、上村裕一、清水隆雄、宮田篤郎 .  PACAP-PAC1受容体シグナルによる早期脊髄アストロサイト活性化は、PACAP誘発長期疼痛行動に寄与する .  第6回トランスポーター研究会九州部会  第6回トランスポーター研究会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 三浦綾子、神戸悠輝、井上和彦、栗原 崇、宮田篤郎 .  Neuro2a細胞におけるERストレスによるPAC1遺伝子の負の発現調節機序 .  第9回GPCR研究会  第9回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 竹ノ内里奈、井上和彦、神戸悠輝、宮田篤郎 .  N-arachidonoyl glycineはGPR18を介してマクロファージのアポトーシスを誘導する .  第9回GPCR研究会  第9回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 朝田俊秀、プラサンナ・カルキ、吉村惠、宮田篤郎、栗原 崇 .  脊髄痛覚伝達におけるGPR40の役割 .  第9回GPCR研究会  第9回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 神戸悠輝、宮田篤郎 .  ミトコンドリアを介したPACAPによる神経突起伸展促進作用 .  第9回GPCR研究会  第9回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 竹ノ内里奈、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  N-arachidonoyl glycine(NAGly)により誘導されるマクロファージのアポトーシスはGPR18を介している .  第85回日本薬理学会年会  第85回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 栗原 崇、櫻井絵里、朝田俊秀、吉村 惠、宮田篤郎、田邊 勉 .  炎症性および神経因性疼痛におけるカゼインキナーゼ1の役割 .  第85回日本薬理学会年会  第85回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Miura A, Kambe Y, Inoue K, Kurihara T, Miyata A .  SP1 is involved in not only positive but also negative expression of PAC1 gene .  The 10th International Symposium on VIP-PACAP and Related Peptides  The 10th International Symposium on VIP-PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語  

    開催地:エイラト、イスラエル  

    国際学会

  • Kambe Y, Inoue K, Kurihara T, Miyata A .  Involvement of mitochondria in PACAP-PAC1 dependent neurite outgrowth .  The 10th International Symposium on VIP-PACAP and Related Peptides  The 10th International Symposium on VIP-PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Eilat, Israel  

    国際学会

  • 國師恵美子、竹ノ内里奈、大和麻耶、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  リゾホスファチジルセリンのラット下垂体由来細胞における成長ホルモン分泌への促進効果に関する研究 .  薬物活性シンポジウム  薬物活性シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 栗原 崇、櫻井絵里、朝田俊秀、吉村 惠、宮田篤郎、田邊 勉 .  カゼインキナーゼ1δ/ε活性化は炎症性疼痛情報伝達に寄与する .  日本薬理学会西南部会  日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Takenouchi R, Inoue K, Kambe Y, Kurihara T, Miyata A .  Functional analysis of N-arachidonoylglycine as a novel anti-inflammatory factor in microglia .  Society for Neuroscience 41th Annual Meeting  Society for Neuroscience 41th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Washington DC, USA  

    国際学会

  • 朝田俊秀、栗原 崇、櫻井絵里、吉村 惠、宮田篤郎、田邊 勉 .  炎症性疼痛情報伝達におけるカゼインキナーゼ1δ/ε活性化の関与 .  第5回トランスポーター研究会九州部会  第5回トランスポーター研究会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 竹ノ内里奈、國師恵美子、大和麻耶、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  Lysophosphatidylserineはラット下垂体由来細胞において成長ホルモン分泌を促進させる .  第5回トランスポーター研究会九州部会  第5回トランスポーター研究会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 神戸悠輝、井上和彦、栗原 崇、宮田篤郎 .  PACAPによる神経突起の形成過程におけるPgc1αの細胞内局在変化の関与 .  第54回日本神経化学会大会  第54回日本神経化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 三浦綾子、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  Neuro2a細胞におけるERストレスによるPAC1遺伝子の負の発現調節機序 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Yuki Kanbe, Kazuhiko Inoue, Takasi Kurihara, Atsuro Miyata .  PGC1A translocation may be one of the key factors for neurite outgrowth in neurons .  11th Conference of Japanese Society of Mitochcondrial Reserch and Medicine(J-mit)  11th Conference of Japanese Society of Mitochcondrial Reserch and Medicine(J-mit)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 三浦綾子、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  PAC1遺伝子の負の発現調節機序の解析 .  第84回日本薬理学会年会  第84回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 齊藤弘樹、井上和彦、池田龍二、中町友哉、塩田清二、永田さやか、北村和雄、南野直人、宮田篤郎 .  ラット骨芽細胞における増殖調節因子としてのニューロメディンBの生理的役割の解明 .  第84回日本薬理学会年会  第84回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 神戸悠輝、井上和彦、栗原 崇、宮田篤郎 .  Neuro2a細胞の神経突起形成過程におけるPac1の細胞内輸送によるシグナル伝達機構の解明 .  第84回日本薬理学会年会  第84回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 井上和彦、桐原みらい、竹ノ内里奈、神戸悠輝、栗原 崇、宮田篤郎 .  共役リノール酸受容体の同定 .  第83回日本生化学会大会  第83回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • Yuki Kambe,Atsuro Miyata .  From mitochondria to nucleus,Pgc1 translocation may be one of the key factors for neurite extension in N2a cells. .  Society for Neuroscience 40rd Annual Meeting  Society for Neuroscience 40rd Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 三浦綾子、富永愛子、井上和彦、神戸悠輝、栗原 崇、宮田 篤郎 .  PC12細胞におけるERストレスによるPAC1遺伝子の負の発現調節機序 .  第63回日本薬理学会西南部会  第63回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 新川純平、神戸悠輝、井上和彦、栗原 崇、武田泰生、山田勝士、宮田篤郎 .  中枢神経への高脂肪食の影響に関与する受容体の解析 .  第63回日本薬理学会西南部会  第63回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Ayako Miura・Aiko Tominaga・Kazuhiko Inoue・Atsuro Miyata .  NGF induced PAC1 gene is essential for neuroprotection of PACAP in PC12 cellsRegulatory mechanism of PAC1 gene expression by nerve growth factor (NGF) in PC12 cells .  Society for Neuroscience 40rd Annual Meeting  Society for Neuroscience 40rd Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Miyata A, Ikeda K, Inoue K, Kurihara T, Shimizu T .  Implication of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) in diabetic neuropathy of streptozotocin (STZ) treated mice .  The 20th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology  The 20th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Kagoshima, JAPAN  

    国際学会

  • 宮田篤郎 .  多機能神経ペプチドPACAPの精巣特異的機能発現 .  第28回内分泌代謝学サマーセミナー  第28回内分泌代謝学サマーセミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 宮田篤郎、大納哲也、坂本光、井上和彦、池田圭吾、清水隆雄 .  痛覚伝達におけるPACAP特異的受容体PAC1の役割 .  第7回GPCR研究会  第7回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 三浦綾子、小田原尚子、富永愛子、神戸悠輝、井上和彦、宮田篤郎 .  PC12細胞において神経保護作用を示すPAC1受容体遺伝子発現におけるNGFの関与 .  第7回GPCR研究会  第7回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 竹ノ内里奈、井上和彦、宮田篤郎 .  マクロファージにおけるリポアミノ酸によるアポトーシス誘導 .  第7回GPCR研究会  第7回GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 竹ノ内里奈、井上和彦、宮田篤郎 .  マクロファージにおけるリポアミノ酸によるアポトーシス誘導 .  第62回日本薬理学会西南部会  第62回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • Hiroki Saito, Ryuichi Ikeda, Kazuhiko Inoue, Atsuro Miyata .  Neuromedin B stimulates Proliferation of Rat Calvarial Osteoblasts through ERK Signaling Pathway .  Satellte Symposium of 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides  Satellte Symposium of 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Yakushima, Kagoshima, JAPAN  

    国際学会

  • Mina Ushiyama, Ryuji Ikeda, Hideki Sugawara, Kazuhiko Inoue, Kenji Kangawa, Katsuhi Yamada, and Atsuro Miyata .  Alternative splicing of the pituitary adenylate cyclase-activating polypetide (PACAP) receptor contribute to function of PACAP-27 .  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 竹ノ内里奈、井上和彦、宮田篤郎 .  リポアミノ酸によるアポトーシス誘導機序の解明 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 井上和彦、宮田篤郎 .  遊離脂肪酸受容体の新機能 ~敗血症における役割~ .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • Ayako Miura, Odahara Naoko, Aiko Tominaga, Kazuhiko Inoue, Atsuro Miyata .  Regulatory mechanism of PACAP1 gene expression by nerve growth factor(NGF) in PC12 cells .  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Hideki Sugawara, Aiko Tominaga, Katsushi Yamada, Atsuro Miyata .  The alternative regulation of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) gene expression by neural-restrictive silencer .  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Aiko Tominaga, Mina Ushiyama, Hideki Sugawara, Kazuhiko Inoue, Hiroshi Hanada, Atsuro Miyata .  The cell-speciffic promoter in upstream region of human PACAP testis-speciffic exon .  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides  The 9th International Symposium on VIP,PACAP and Related Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 三浦綾子、小田原尚子、富永愛子、井上和彦、宮田篤郎 .  PC12細胞において神経保護作用を示すPAC1受容体遺伝子発現におけるNGFの関与 .  第83回日本薬理学会年会  第83回日本薬理学会年会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • 桐原みらい、井上和彦、宮田篤郎 .  共益リノール酸(conjugated linoleic acid; CLA)は長鎖脂肪酸受容体に結合するのか? .  第83回日本薬理学会年会  第83回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Keigo Ikeda, Takao Shimizu, Makiko Yokoi, Kazuhiko Inoue, Atsuro Miyata .  Involvement of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) in deabetic neuropathy of streptozotocin (STZ) treated mice .  17th International Symposium on Regulatory Peptides  17th International Symposium on Regulatory Peptides国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Santa Barbara, CA, USA  

    国際学会

  • Atsuro Miyata, Mina Ushiyama, Kazuhiko Inoue, Hideki Sugawara and Kenji Kangawa .  The significance of multiple molecular forms of PAC1 as the basis for fnctional diversity of PACAP .  THE 9th Neuropepide Y International Meeting  THE 9th Neuropepide Y International Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

    開催地:OKINAWA  

    国際学会

  • 宮田篤郎、菅原英輝、井上和彦、寒川賢治 .  多機能神経ペプチド PACAPの神経特異的発現調節機序の解明 .  第34回 日本心脈管作動物質学会  第34回 日本心脈管作動物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会・一般講演

  • 富士川浩祥、永山哲也、井上和彦、南野直人、寒川賢治、新納正毅、宮田篤郎 .  Pituitary adenylate cyclase activating polypeptide (PACAP) はC-type natriuretic peptide (CNP) の生合成・分泌を促進する .  第77回日本内分泌学会学術総会  第77回日本内分泌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会・一般講演

  • 牛山美奈、菅原英輝、井上和彦、山田勝士、宮田篤郎 .  マウス心臓に発現するPACAP特異的受容体PAC1バリアントの機能解析 .  第1回 GPCR研究会  第1回 GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会・一般講演

  • 菅原英輝、井上和彦、森 望、寒川賢治、山田勝士、宮田篤郎 .  神経選択的サイレンサーによるPACAP遺伝子の発現調節機序の解析 .  平成16年度日本生化学会九州支部例会  平成16年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会・一般講演

  • 吉野 紀美香, 飯笹 栄一, 原 博満, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  脊髄損傷霊長類モデルを用いた自律神経回路再編による免疫機構破綻メカニズムの解明 .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2021年10月  日本自律神経学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 橋口 浩平, 神戸 悠輝, 杉村 光隆, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  次世代の若手研究者が切り開く薬学研究の発展と医療への貢献 PACAPは視床下部室傍核において末梢神経障害性疼痛に伴う不安様行動発現に寄与する .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 吉野 紀美香, 飯笹 栄一, 原 博満, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  脊髄損傷霊長類モデルを用いた自律神経回路再編による免疫機構破綻メカニズムの解明 .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2021年10月  日本自律神経学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 橋口 浩平, 神戸 悠輝, 杉村 光隆, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  次世代の若手研究者が切り開く薬学研究の発展と医療への貢献 PACAPは視床下部室傍核において末梢神経障害性疼痛に伴う不安様行動発現に寄与する .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 吉野 紀美香, 飯笹 栄一, 原 博満, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  脊髄損傷霊長類モデルを用いた自律神経回路再編による免疫機構破綻メカニズムの解明 .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2021年10月  日本自律神経学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 橋口 浩平, 神戸 悠輝, 杉村 光隆, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  次世代の若手研究者が切り開く薬学研究の発展と医療への貢献 PACAPは視床下部室傍核において末梢神経障害性疼痛に伴う不安様行動発現に寄与する .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中本 賀寿夫, 相澤 風花, 山下 琢矢, 万倉 三正, 小山 豊, 糟谷 史代, 平澤 明, 栗原 崇, 宮田 篤郎, 徳山 尚吾 .  長鎖脂肪酸受容体GPR40/FFAR1の欠損は痛みを増強する .  日本神経精神薬理学雑誌  2017年6月  (一社)日本神経精神薬理学会

  • 中本 賀寿夫, 大垣 圭弘, 相澤 風花, 山下 琢矢, 平澤 明, 栗原 崇, 宮田 篤郎, 徳山 尚吾 .  長鎖脂肪酸受容体GPR40/FFAR1の欠損は、情動行動異常を示す .  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集  2017年9月  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会

  • 高崎 一朗, 豊岡 尚樹, 宮田 篤郎, 合田 浩明, 栗原 崇 .  脳・神経系疾患の薬物治療を革新する異分野連携シンポジウム 基礎研究で考えることとは? 難治性疼痛治療を目指した新規PAC1受容体小分子アンタゴニストの創薬 .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 下平 文香, 長島 涼太, 渡辺 藍, 岡田 卓哉, 豊岡 尚樹, 合田 浩明, 宮田 篤郎, 栗原 崇, 高崎 一朗 .  脊髄神経結紮モデルマウスの疼痛反応に対する新規PAC1受容体拮抗薬の効果 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 中本 賀寿夫, 相澤 風花, 山下 琢矢, 平澤 明, 栗原 崇, 宮田 篤郎, 糟谷 史代, 徳山 尚吾 .  疼痛時における脳内遊離脂肪酸の変化 .  PAIN RESEARCH  2017年6月  (一社)日本疼痛学会

  • Iso Serina, Takahara Satoyuki, Gouda Hiroaki, Miyata Atsuro, Kurihara Takashi, Toyooka Naoki, Takasaki Ichiro .  新規鎮痛薬のドラッグディスカバリーを目的とした核内受容体Nr4a1に対する新たなアンタゴニストの開発(Development of new antagonist for nuclear receptor Nr4a1 aimed at drug discovery of new analgesics) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • Bureta Costansia Anselim, Kurihara Takashi, Saitoh Yoshinobu, Tokumoto Hiroto, Tominaga Hiroyuki, Maeda Shingo, Nagano Satoshi, Miyata Atsuro, Komiya Setsuro, Taniguchi Noboru, Setoguchi Takao .  損傷した神経節においてtransforming growth factor-βは小膠細胞の増殖を促進する(Transforming growth factor beta promotes proliferation of microglia in injured ganglions) .  Journal of Spine Research  2019年3月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

  • 上田 隆拡, 長島 涼太, 渡辺 藍, 岡田 卓哉, 豊岡 尚樹, 高崎 一朗, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  抗がん剤(Oxaliplatin)誘発性末梢神経障害における新規PAC1受容体アンタゴニストの効果 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 宮田 篤郎, 中島 優, 栗原 崇, 神戸 悠輝 .  恐怖記憶の獲得と想起にはPACAPを介したアストロサイト-ニューロン乳酸シャトルが関与する .  日本内分泌学会雑誌  2019年4月  (一社)日本内分泌学会

  • Nagashima Ryota, Ueda Takahiro, Watanabe Ai, Okada Takuya, Kurihara Takashi, Miyata Atsuro, Toyooka Naoki, Takasaki Ichiro .  各種マウス疼痛モデルにおける新規PAC1受容体アンタゴニストの薬理学的評価(Pharmacological evaluation of novel PAC1 receptor antagonist in various pain models of mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 神戸 悠輝, Nguyen Thanh Trung, 宮田 篤郎 .  マウスのうつ様行動におけるミトコンドリア変性タンパク質ストレスレスポンスの関与 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 高崎 一朗, 岡田 健斗, 柴崎 千華, 下平 文香, 岡田 卓哉, 豊岡 尚樹, 合田 浩明, 宮田 篤郎, 栗原 崇 .  ニトログリセリン誘発片頭痛モデルマウスの疼痛関連行動におよぼす新規PAC1受容体アンタゴニストの効果 .  PAIN RESEARCH  2019年7月  (一社)日本疼痛学会

  • Kambe Yuki, Yokai Masafumi, Nakashima Yu, Shintani Norihito, Hashimoto Hitoshi, Takasaki Ichiro, Kurihara Takashi, Miyata Atsuro .  アストロサイト-ニューロン乳酸シャトル CNS機能におけるアストロサイトPACAPシグナル伝達の主要なエフェクター(Astrocyte-neuron lactate shuttle, the major effector of astrocytic PACAP signaling for CNS functions) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • Ohki Saori, Kambe Yuki, Okutsu Kayu, Yoshizaki Yumiko, Takamine Kazunori, Miyata Atsuro .  Raw264細胞でpalmitic acidが誘導する炎症に対する白麹の阻害活性(The inhibitory activity of white koji against the palmitic acid-induced inflammation on Raw264 cells) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 緒方 知輝, 前田 辰則, 高崎 一朗, 宮田 篤郎, 栗原 崇 .  PACAP誘発性疼痛反応におけるCyr61-chemokine経路に関する研究 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • Kato Sho, Miyata Atsuro, Kurihara Takashi, Takasaki Ichiro .  PACAPが誘導する機械的アロディニアおよび神経突起伸長に対するBtg2の関与(Involvement of Btg2 on PACAP-induced mechanical allodynia and neurite outgrowth) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 栗原 崇, 上田 隆拡, 長島 涼太, 齋藤 弘樹, 豊岡 尚樹, 合田 浩明, 宮田 篤郎, 高崎 一朗 .  PACAP/PAC1受容体シグナリングはオキサリプラチン誘発急性末梢神経障害疼痛発症に関与するか? .  PAIN RESEARCH  2019年7月  (一社)日本疼痛学会

  • Shibasaki Chika, Watanabe Ai, Kurihara Takashi, Miyata Atsuro, Toyooka Naoki, Takasaki Ichiro .  Nitroglycerin誘発片頭痛モデルマウスにおける新規PAC1受容体アンタゴニストの効果(Effects of novel PAC1 receptor antagonist in the nitroglycerin-induced migraine model mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • Sadamura Yuko, Kurihara Takashi, Mizunuma Ryota, Kambe Yuki, Sameshima Yoshimune, Hirasawa Akira, Nakamoto Kazuo, Oyoshi Tatsuki, Tokuyama Shogo, Arita Kazunori, Miyata Atsuro .  FFAR1欠損マウスにおけるcocaine誘発自発運動の減弱(Attenuation of cocaine-induced locomotor activity in mice lacking FFAR1) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 相澤 風花, 中本 賀寿夫, 平澤 明, 栗原 崇, 宮田 篤郎, 徳山 尚吾 .  DHA-GPR40/FFAR1シグナルの破綻がストレス誘導性慢性疼痛を誘導する .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 栗原 崇, 宮田 篤郎, 高崎 一朗 .  Back to Basics科学的基盤に立脚した次世代の薬物治療を創る PACAP受容体特異的有機低分子拮抗薬のイン・シリコ創薬 難治性疼痛・そう痒治療に向けて .  臨床薬理  2020年10月  (一社)日本臨床薬理学会

▼全件表示