2022/01/12 更新

写真a

 
升屋 正人
MASUYA Masato
所属
総合科学域共同学系 情報基盤統括センター 情報システム開発部門

学位

  • 博士(農学) ( 1996年3月   東京大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 情報ネットワーク

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

学歴

  • 東京大学   大学院農学生命科学研究科   応用生命工学専攻

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   学術研究院 理工学域 工学系   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:兼務

  • 鹿児島大学   学術研究院 総合科学域 共同学系   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   学術研究院 学内共同教育研究学域 学内共同教育研究学系   教授

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   学術情報基盤センター   教授

    2006年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   学術情報基盤センター   助教授

    2003年4月 - 2006年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   総合情報処理センター   助教授

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   工学部情報工学科   助手

    1997年11月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岡崎国立共同研究機構 分子科学研究所   理論研究系   非常勤研究員

    1996年4月 - 1997年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 情報処理学会

  • 日本島嶼学会

  • 日本生物物理学会

  • 電子情報通信学会

委員歴

  • 総務省   ICT地域マネージャー  

    2012年9月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 総務省   地域情報化アドバイザー  

    2012年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

 

論文

  • 升屋 正人, 下園 幸一 .  キャンパス情報ネットワークにおけるTCPポート開放の受動的検知 .  大学情報システム環境研究 = Academic information processing environment research22   2 - 10   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 下園 幸一, 高橋 至, 相羽 俊生, 川原 智徳, 古屋 保, 小田 謙太郎, 佐藤 豊彦, 森 邦彦 .  キャリアWi-Fiを導入したキャンパス無線LANシステム .  大学情報システム環境研究 = Academic information processing environment research20   81 - 93   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 下園 幸一, 高橋 至, 相羽 俊生, 古屋 保, 小田 謙太郎, 森 邦彦 .  教育支援機能を強化したキャンパス情報ネットワークの構築 .  大学情報システム環境研究 = Academic information processing environment research19   45 - 54   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 下園 幸一 .  ヨロンマラソンのインターネットライブ中継 .  学術情報処理研究 Journal for academic computing and networking ( 19 ) 122 - 131   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術情報処理研究編集委員会  

  • 升屋 正人, 室屋 孝英, 下園 幸一 .  コネクション分割によるTCPスループット向上システムの仮想化環境における評価 .  大学情報システム環境研究 = Academic information processing environment research17   58 - 66   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 和田 智仁, 下園 幸一, 升屋 正人 .  自転車競技大会のインターネットライブ中継 .  大学情報システム環境研究16   51 - 61   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学センター情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 山之上 卓, 古屋 保, 下園 幸一, 小田 謙太郎, 升屋 正人, 森 邦彦 .  情報倫理ビデオと情報セキュリティ監視サービスとISMSを組み合わせた大学の情報セキュリティ強化 .  学術情報処理研究17 ( 1 ) 99 - 105   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>鹿児島大学における,情報倫理ビデオと商用通信監視サービスと情報セキュリティマネージメントシステム(ISMS)を組み合わせた情報セキュリティ強化について述べる.情報セキュリティは人と運用と技術の3本柱により実現可能である.人の面の情報セキュリティの強化について我々は情報倫理ビデオを利用している.技術面については,商用通信監視サービスなどを利用している.商用通信監視サービスの利用により,大学の出入り口における24時間365日の監視を実現することができた.ところが運用に関しては,我々は標準的な情報セキュリティ強化の手段を持っていなかった.このことは大学間連携の障害にもなった.利用者の信頼を得るためにもなんらかの標準的な運用手段を持った方が好ましい.この問題を解決するため,ISMSを導入することを決定し,2013年4月に認証を受けた.ISMSを導入し認証を受ける過程で,多くの時間と労力を費やしたが,ISMSで実施する規定類の多くは,我々がいままで明文化せずに行っていたものであった.ISMSは情報セキュリティの強化だけでなく,日常的な業務やセンター教職員の管理の改善にも役に立っている.</p>

    DOI: 10.24669/jacn.17.1_99

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 青木 謙二, 下園 幸一 .  国内最長の海上長距離無線LAN通信システムにおける電波伝搬特性 .  大学情報システム環境研究15   62 - 71   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学センター情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 相羽 俊生, 下園 幸一 .  トカラ皆既日食7島中継プロジェクト .  大学情報システム環境研究13 ( 0 ) 73 - 84   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学センタ-情報システム研究会  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

  • 久保田 真一郎, 田實 浩一, 升屋 正人 .  教育用端末を用いた並列計算環境の構築と検証 .  大学情報システム環境研究10 ( 0 ) 83 - 90   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学センタ-情報システム研究会  

    CiNii Books

  • 久保田 真一郎, 松元 将也, 升屋 正人 .  HDV規格ハイビジョン映像伝送システムの構築と検証 .  大学情報システム環境研究9 ( 0 ) 28 - 37   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国公立大学センタ-情報システム研究会  

    CiNii Books

  • La Penna G. .  Molecular dynamics of C-peptide of ribonuclease A studied by replica-exchange Monte Carlo method and diffusion theory .  Chemical Physics Letters380 ( 5-6 ) 609 - 619   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Physics Letters  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2003.07.031

    Web of Science

    Scopus

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/cond-mat/0309149v1

  • Nakazawa T. .  A pH-dependent variation in α-helix structure of the S-peptide of ribonuclease a studied by Monte Carlo simulated annealing .  Biopolymers63 ( 4 ) 273 - 279   2002年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biopolymers  

    DOI: 10.1002/bip.10055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 中澤 隆, Yuko Okamoto, other people .  β-Sheet formation in BPTI(16-36) by Monte Carlo simulated annealing .  Chemical Physics Letters299 ( 1 ) 17 - 24   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0009-2614(98)01235-4

    Web of Science

    Scopus

  • Ulrich H.E. Hansmann, Masato Masuya, Yuko Okamoto .  Characteristic temperatures of folding of a small peptide .  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America94 ( 20 ) 10652 - 10656   1997年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We perform a generalized-ensemble simulation of a small peptide taking the interactions among all atoms into account. From this simulation we obtain thermodynamic quantities over a wide range of temperatures. In particular, we show that the folding of a small peptide is a multistage process associated with two characteristic temperatures, the collapse temperature to and the folding temperature T(f). Our results give supporting evidence for the energy landscape picture and funnel concept. These ideas were previously developed in the context of studies of simplified protein models, and here are checked in an all-atom Monte Carlo simulation.

    DOI: 10.1073/pnas.94.20.10652

    Scopus

    PubMed

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/physics/9806016v1

  • Masato Masuya, Junta Doi .  Detection and geometric modeling of molecular surfaces and cavities using digital mathematical morphological operations .  Journal of Molecular Graphics13 ( 6 ) 331 - 336   1995年12月査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a digital method based on mathematical morphological operations to obtain three types of surfaces: van der Waals surface, solvent-accessible surface, and molecular surface, to extract the cavities on the surface and interior part of the molecule and to extract the ligand portions in contact with the cavities. The molecular surface, the cavities and the portions, and the heme region are visualized using solid modeling. The method enables us to obtain the volumes of the cavities and inhibitor portions and the areas of the surfaces. Solid modeling enables us to obtain cross-sections at arbitrary positions. This will have considerable utility in docking studies. © 1995.

    DOI: 10.1016/0263-7855(95)00071-2

    Scopus

    PubMed

  • Masato Masuya, Junta Doi .  Extraction of three-dimensional multiple skeletons and digital medial skeleton .  IEICE Transactions on Information and SystemsE78-D ( 12 ) 1567 - 1572   1995年12月査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We thought that multiple skeletons were inherent in an ordinary three-dimensional object. A thinning method is developed to extract multiple skeletons using 3×3×3 templates for boundary deletion based on the hit or miss transformation and 2×2×2 templates for checking one voxel thickness. We prepared twelve sets of deleting templates consisting of total 194 templates and 72 one voxel checking templates. One repetitive iteration using one sequential use of the template sets extracts one skeleton. Some of the skeletons thus obtained are identical; however, multiple independent skeletons are extracted by this method. These skeletons fulfill the well-recognized three conditions for a skeleton. We extracted three skeletons from the cube, two from the space shuttle model and four from the L-shaped figure by Tsao and Fu. The digital medial skeleton, which is not otherwise extracted, is extracted by comparing the multiple skeletons with the digital medial-axis-like-figure. One of our skeletons for the cube agreed with the ideal medial axis. The locations of the gravity center of the multiple skeletons are compared with that of the original shape to evaluate how uniform or non-biased skeletons are extracted. For the L-shaped figure, one of our skeletons is found to be most desirable from the medial and uniform points of view.

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/journals/ieicet/ieicet78d.html#MasuyaD95

  • 相羽俊生, 川原智徳, 高橋至, 小田謙太郎, 古屋保, 下園幸一, 佐藤豊彦, 升屋正人, 森邦彦 .  <b>学内サーバの脆弱性診断と診断結果の解析方法</b> .  学術情報処理研究20 ( 1 ) 105 - 111   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>鹿児島大学では、学内のサーバについて、2013年度より一部の部局を対象とした脆弱性診断を開始した。また、2015年度からは脆弱性診断専用のシステムを構築、運用している。本稿では、脆弱性診断システムの構築から診断実施までの手順、および発生したトラブル等について述べるとともに、サーバに存在する脆弱性の状態を視覚的に把握するための診断結果の解析方法について述べる。</p>

    DOI: 10.24669/jacn.20.1_105

  • 升屋 正人 .  特別招待講演 小規模離島におけるブロードバンドの整備と利活用 (通信方式) .  電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 114 ) 69 - 74   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    3つの有人離島からなる三島村と,7つの有人離島からなる十島村では,ブロードバンドの整備が遅れていたが,最近になってようやく公設公営方式によるサービスが開始された.三島村では本土と結ぶ海底ケーブルを敷設し,島内は簡易埋設FTTH方式による整備が行われた.十島村では通信事業者の専用回線サービスで本土と結び,島内はFWA方式による整備が行われた.これにより,三島村と十島村では全世帯でブロードバンドサービスを利用できるようになった.

  • Yamanoue T. .  Enhancing information security of a university using computer ethics video clips, managed security service and an information security management system .  Proceedings ACM SIGUCCS User Services Conference   101 - 104   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings ACM SIGUCCS User Services Conference  

    DOI: 10.1145/2504776.2504816

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/siguccs/siguccs2013.html#YamanoueFSMOM13

  • 升屋 正人, 青木 謙二, 下園 幸一 .  招待講演 海上長距離無線LAN通信システムの伝搬特性 (ソフトウェア無線) .  電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報111 ( 417 ) 29 - 36   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    無線局免許が不要な市販のIEEE802.11g無線LAN装置を用いて伝送距離47.5km,TCP帯域4-8Mbpsの海上無線LAN通信に成功し,無線LAN通信距離の日本記録を達成した.しかし,海上長距離区間における2.4GHz無線LAN通信システムの電波伝搬特性については十分に明らかにされていない.そこで,この区間の伝搬特性について実測値による評価と理論的検証を行い,受信電界強度変動の最大の要因が大気屈折率変動に伴う直接波と海面反射波の伝搬路長の差の変動であることを明らかにした.

  • 升屋 正人, 青木 謙二, 下園 幸一 .  海上長距離無線LAN通信システムの伝搬特性 .  電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report111 ( 417 ) 29 - 36   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山本悟, 升屋正人, 行田尚義 .  高齢者の色の見え方 .  日本眼光学学会総会プログラム・抄録集46th   43   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 下園幸一, 高橋至, 升屋正人 .  仮想化技術を用いたホスティング・ハウジングサービスの集約 .  学術情報処理研究14 ( 1 ) 77 - 88   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>われわれは,運用管理を担当するサーバーの一部ないしは全部を利用させるホスティングサービスと,各部局等のサーバーを施設内に設置させるハウジングサービスを学内向けに行ってきた. しかし,ホスティングサービスにおいては,利用に偏りがあるためサーバー資源を有効に活用できない,提供できるサービスが限られるため利用が拡がらない,1台のサーバーを共用する場合はセキュリティ対策が難しい,などの問題があった.また,ハウジングサービスにおいては各部局等がシステムを調達する費用の確保が難しいという問題があった.さらにホスティングサービス,ハウジングサービスとも,管理対象機器が多く日常の運用管理業務が困難であった. そこで,われわれは仮想化技術を用いてこれらの問題を回避することにした.仮想化システムの構築と運用管理を自ら行うことで,費用を抑えるとともに学内からの多様なニーズに柔軟に対応できるサービスを実現した.これにより,これまでのホスティング・ハウジングサービスを仮想化システム上に集約できた.また,各部局等が費用をかけずにサーバーを新たに利用できる環境を整備することで,学内に多数存在する既存の情報システムの受け入れが可能になった.</p>

    DOI: 10.24669/jacn.14.1_77

  • 新井 康平, 藤崎 清孝, 池見 洋明, 升屋 正人, 宮原 照晶 .  WINDS衛星を介した災害時バックアップ通信--ネットワークアクセラレータによる遅延対策 .  佐賀大学理工学部集報38 ( 2 ) 7 - 12   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:佐賀大学理工学部  

  • 新井 康平, 藤崎 清孝, 池見 洋明, Djamaluddin Ibrahim, 升屋 正人, 宮原 照昌 .  ソフトウェアネットワークアクセラレータによる高速TCP伝送とGISクライアントサーバーモデルのWINDS衛星を介した伝送実験 .  佐賀大学理工学部集報38 ( 2 ) 13 - 18   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:佐賀大学理工学部  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    その他リンク: http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/117821

  • 升屋 正人, 青木 謙二, 久保田 真一郎 .  離島における地域無線ネットワークの構築 .  情報処理学会研究報告. IOT, [インターネットと運用技術] = IPSJ SIG Technical Reports1   13 - 18   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    小規模な離島や山間部など地理的条件が特に不利な地域においては,自治体や通信事業者によるブロードバンド整備が技術的には可能であるにもかかわらず主としてコストの点から困難な状況にある.本研究では中継回線,地域内回線の両方にIEEE802.11gに準拠した無線LAN機器を用いる整備モデルを提案するため,鹿児島県の離島において地域無線ネットワークの構築を行った.

  • 升屋 正人 .  離島におけるブロードバンドの整備 .  電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式107 ( 463 ) 67 - 72   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小規模な離島や山間部など地理的条件が特に不利な地域においては,自治体や通信事業者によるブロードバンド整備が技術的には可能であるにもかかわらず主としてコストの点から困難な状況にある.しかし,低いコストで可能な整備モデルを示すことができれば,地域住民によるブロードバンド整備が進む可能性がある.本研究では地域住民が主体となって整備を行うブロードバンド情報通信基盤を「コミュニティ・ブロードバンド」と称し,鹿児島県の離島地域をフィールドとして,都市部でのブロードバンド利用と同程度の経費で実現が可能な整備モデルを提案した.

  • 久保田 真一郎, 下園 幸一, 升屋 正人 .  薩摩硫黄島における無線ブロードバンド環境の整備とその通信安定度評価 .  電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式107 ( 463 ) 61 - 65   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    外海にある小型有人離島のように地理的条件の不利な地域のネットワーク整備において無線局免許を必要としない無線LAN技術は有効である.その有効性を示すために外海有人離島である鹿児島県鹿児島郡三島村にある硫黄島(薩摩硫黄島)において無線LAN技術を用い島内のブロードバンド環境を整備した.この島内ネットワーク網の整備について報告する.また,整備したアクセスポイントの無線LAN通信のRSSI(=受信信号強度指標)および整備したアクセスポイント間通信の通信帯域を定期的に記録したデータおよび気象庁より提供いただいた解析雨量データをもとに島内LANの通信の安定度について報告する.

  • 宝崎 洋一郎, 升屋 正人 .  離島における地域無線ネットワークの構築と評価 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集2008 ( 0 ) 596 - 596   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会  

    小規模な離島や山間部など地理的条件が特に不利な地域においては,自治体や通信事業者によるブロードバンド整備が技術的には可能であるにも関わらず主としてコストの点から困難な状況にある.本研究では鹿児島県十島村の平島において基幹ネットワークから一般家庭までの間を結ぶ島内ネットワーク網にIEEE802.11gに準拠した無線LAN機器を用いた整備モデルを提案するため,地域内ネットワークの構築と評価を行った.

    DOI: 10.11527/jceeek.2008.0.596.0

    J-GLOBAL

  • 山口 建太, 升屋 正人 .  海上長距離無線LANの通信安定性の評価 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集2008 ( 0 ) 598 - 598   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会  

    ブロードバンド情報基盤としての有効性を検証するため、鹿児島県十島村の悪石島-諏訪之瀬島間19.0km、諏訪之瀬島-平島間17.9kmの二区間に、IEEE802.11g規格に準拠した無線LAN機器およびパラボラアンテナを設置し、長期にわたり通信安定性の評価を行った。 具体的にはすべての機器について、受信電解強度の1分おきに計測し、潮位、風力などの環境要因が、無線LAN通信にどのような影響を与えるのかについて調べた。その結果、海面反射によるフェージングが影響していると考えられる顕著な受信電解強度の低下が見られた。

    DOI: 10.11527/jceeek.2008.0.598.0

    J-GLOBAL

  • 島津 大樹, 升屋 正人 .  地域無線ネットワークにおけるIP電話網の構築と検証 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集2008 ( 0 ) 597 - 597   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会  

    われわれはIEEE802.11gに準拠した無線LAN機器を用いて鹿児島県十島村平島で構築した地域無線ネットワーク上にIP電話網を構築した.また,SIPサーバとしてIP-PBXソフトウェアであるAsteriskを,SIPクライアントとして無線IP電話機であるN906iLを用い,島内の各所における通話の可否および通話品質の測定を行った. 無線LANアクセスポイントとの通信が安定している箇所においては支障なく通話できるものの,建物の陰等において通話品質の極端な低下が見られた.

    DOI: 10.11527/jceeek.2008.0.597.0

    J-GLOBAL

  • Tobinai K. .  Phase II study of chemotherapy and stem cell transplantation for adult acute lymphoblastic leukemia or lymphoblastic lymphoma: Japan Clinical Oncology Group study 9004 .  Cancer Science98 ( 9 ) 1350 - 1357   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2007.00556.x

    Scopus

  • 升屋 正人 .  条件不利地域におけるコミュニティ・ブロードバンドの整備 .  電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式107 ( 18 ) 31 - 36   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小規模な離島や山間部など地理的条件が特に不利な地域においては,自治体や通信事業者によるブロードバンド整備が技術的には可能であるにもかかわらずコストの点からほぼ不可能な状況にある.本研究では,地域住民が主体となって整備を行うブロードバンド情報通信基盤を「コミュニティ・ブロードバンド」と称し,都市部でのブロードバンド利用と同程度の経費で実現が可能な,低コストでのインターネット接続回線の共有,無線LANによる地域内ネットワークの構築に関する技術の研究開発を行っている.インターネット接続回線については利用可能な最高速度の回線を共有することとし,専用線や衛星インターネット回線を用いた検証を実際に条件不利地域において行う.また,地域住民の積極的な参画を促すアプリケーションの一つとして,整備した情報基盤を活用した地域内IP電話網の構築技術に関する研究開発を行う.

  • 久保田 真一郎, 宝崎 洋一郎, 升屋 正人 .  小規模離島における島内LAN構築とWDSトポロジカルモデルによる評価 .  電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式107 ( 18 ) 13 - 17   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小規模離島のように地理的条件が不利な地域において有線LANによるネットワーク整備を行うことは困難である.有線による配線が困難な地域において地域ネットワーク網を構築する場合には,無線局免許を必要としないIEEE802.11bまたはIEEE802.11gに準拠した無線LAN技術は有効である.われわれは小規模な有人離島である鹿児島県十島村の平島において無線LANのWDS (Wireless Distribution System)技術により地域ネットワーク網を構築した.このネットワーク網の検証を行ったところ無線LAN通信およびWDS接続が原因と思われる通信量の減少が確認された.無線LAN通信による通信量の減少はアクセスポイントとの距離およびその視認性が影響し, WDS接続の場合にはアクセスポイント間の距離とは無関係に接続のトポロジーが影響すると考えられる.その接続タイプがスター型,カスケード型の場合に通信帯域が減少するため,各接続タイプの評価モデル(=WDSトポロジカルモデル)を構築し,接続のトポロジーによる効果について調べた. WDS接続による通信帯域の減少特性を理解することで島内ネットワーク網における無線LAN通信による減少傾向が明らかとなり,拠点間通信の改善を考える場合に有効である.また,われわれの研究結果は同様のWDS接続による地域ネットワーク網構築に指針を与える.

  • Doi J. .  High-density reconstruction and CAD technologies for heritage and archeological artifacts .  IEEE International Symposium on Industrial Electronics   1921 - 1926   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Industrial Electronics  

    DOI: 10.1109/ISIE.2007.4374901

    Web of Science

    Scopus

  • 久保田真一郎, 下園幸一, 宝崎洋一郎, 升屋正人 .  WDSを用いた無線LAN通信におけるTCP帯域とネットワークトポロジの関係 .  学術情報処理研究11 ( 1 ) 74 - 84   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>有線LANによるネットワーク構築が困難な地域において無線局免許を必要としないIEEE802.11bまたはIEEE802.11gに準拠した無線LAN技術は有効である.特にアクセスポイント間の無線通信を可能にするWDS(Wireless Distribution System)技術により,広域にわたる無線ネットワークを構築できる.この技術を用いてわれわれは鹿児島県十島村にある平島においてすべての住民世帯を覆う島内LANを構築した.また,主要箇所においてiperfコマンドを用いたTCP帯域測定を行った.本研究では,ネットワークトポロジとアクセスポイント間のTCP帯域の関係について詳しく調べ,その結果をもとに平島での測定結果を評価した.</p>

    DOI: 10.24669/jacn.11.1_74

  • Masuya M. .  An experience of monitoring university network security using a commercial service and DIY monitoring .  Proceedings of the 34th Annual ACM SIGUCCS Fall 2006 Conference, SIGUCCS '06   225 - 230   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings of the 34th Annual ACM SIGUCCS Fall 2006 Conference, SIGUCCS '06  

    DOI: 10.1145/1181216.1181267

    Scopus

  • 久保田真一郎, 升屋正人, 青木謙二 .  CBTに対応した教育用端末システム .  情報科学技術フォーラムFIT 2006   77-78   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 大山 翔, 升屋 正人 .  LL_001 外海離島における衛星インターネット回線品質の評価(L分野:ネットワークコンピューティング) .  情報科学技術レターズ ( 5 ) 341 - 342   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

  • 久保田 真一郎, 升屋 正人, 青木 謙二 .  L_031 CBTに対応した教育用端末システム(L分野:ネットワークコンピューティング) .  情報科学技術フォーラム一般講演論文集5 ( 4 ) 77 - 78   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

  • 大山翔, 升屋正人 .  外海離島における衛星インターネット回線品質の評価 .  情報科学技術フォーラムFIT 2006   341-342   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 佐藤 貴彦, 久保田 真一郎, 升屋 正人 .  教育用 Windows 端末の利用者認証システム .  情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術]41   91 - 96   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    オペレーティングシステムとしてWindowsを使用する教育用Windows端末においては,Active Directoryを用いて認証を行うのが一般的である.また,運用管理の省力化のため環境復元ソフトウェアを導入することが多い.ところがこうした環境下では,学会開催時などに部外者に対して発行する臨時のアカウント管理が煩雑である.また,環境復元ソフトウェアにより再起動時にユーザープロファイルが削除されてしまい,その作成のためログオン処理に時間がかかるという問題も生じる.これらの問題を解決するため,Windowsの標準のログオン機構に替えて,ワンタイムパスワードとCIFSサーバを用いる独自の利用者認証機構を開発した.

  • 池浩之, 小西鋳造, 小西信夫, 升屋正人 .  廃サーメット活用による高温耐摩耗材料の開発 .  日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集148th   76   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 渡辺貴史, 高橋正和, 升屋正人, 村島定行 .  野球,サッカー,相撲,将棋に対する万能ランキング法 .  電子情報通信学会大会講演論文集2006   199   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 渡邊 貴史, 高橋 正和, 升屋 正人, 村島 定行 .  A-9-2 野球、サッカー、相撲、将棋に対する万能ランキング法(A-9.信頼性,一般講演) .  電子情報通信学会総合大会講演論文集2006   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

  • 久保田 真一郎, 升屋 正人, 青木 謙二, 鍵山 茂徳 .  HDV規格ハイビジョン映像のオンライン蓄積システム .  情報処理学会研究報告. CE,[コンピュータと教育]82   15 - 20   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    ハイビジョン映像はその性質から遠隔教育やE-ラーニングのコンテンツ作成に有効である.われわれはハイビジョン映像によるデジタルコンテンツのオンデマンド配信を行う準備として教室で行われる講義をハイビジョン映像で撮影すると同時に蓄積サーバに逐次保存するシステムを構築し, その検証を行った.このオンライン蓄積システムの特徴はHDV規格ハイビジョン映像データを撮影と同時に保存できる点, システム構築が安価にできる点, 機器構成がシンプルなので教員個人で利用できる点である.

  • 田實 浩一, 久保田 真一郎, 升屋 正人 .  教育用端末を用いた並列計算環境の構築 .  情報処理学会研究報告. CE,[コンピュータと教育]82   1 - 6   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    並列プログラミングの演習に利用することを目的として, MPICH2を用いて教育用パソコン端末上に並列計算環境を構築した.本環境はオペレーティングシステムとしてWindows XPを使用し, 他の授業や自習で使用する環境をほとんど変更する必要がない.特殊なハードウェアやソフトウェアを必要としないため, 一般的なパソコンが設置されている教室であればほとんど費用をかけずに導入が可能である.構築の手順及び並列計算機としての性能を検証した結果を報告する.

  • 升屋正人 .  生体高分子の表面積・体積・溶媒和自由エネルギーの高速計算アルゴリズム .  情報処理学会全国大会講演論文集67th ( 4 ) 595-598   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋 正人, 久保田 真一郎, 青木 謙二, 下園 幸一 .  離島ブロードバンド体験教室 .  情報処理学会研究報告. CE,[コンピュータと教育]78   65 - 72   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    離島における情報通信技術の普及啓発を目的として、小規模離島(孤立小型離島)における同種の事業としては全国で初めてとなる「ブロードバンド体験教室」を硫黄島(鹿児島県鹿児島郡三島村)三島小中学校において実施した。鹿児島大学と硫黄島を1.5Mbps帯域の専用回線で結び、テレビ会議装置を用いてテレビ会議や遠隔クイズ大会を実施したほか、IEEE802.11gに対応した無線LAN装置を用いた映像伝送体験、さらには、光無線装置を用いて100Mbps以上の帯域で接続したネットワーク上でDV映像を送受信しておこなう「指チッチ」(指立てゲーム)など、ブロードバンドを体験できる様々なイベントを実施した。

  • 升屋正人, 久保田真一郎, 青木謙二, 下園幸一 .  条件不利地域における情報通信技術の普及啓発と情報通信基盤の整備 .  学術情報処理研究9 ( 1 ) 63 - 74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>条件不利地域における情報通信技術の普及啓発を目的として、小規模離島(孤立小型離島)における同種の事業としては全国で初めてとなる「ブロードバンド体験教室」を平成16年9月に硫黄島(鹿児島県鹿児島郡三島村)の三島小中学校で、平成17年5月に中之島(鹿児島県鹿児島郡十島村)の中之島小中学校でそれぞれ実施した。いずれの体験教室においても、鹿児島県本土と離島の間を1.5Mbpsの専用線で結んだブロードバンド相当回線を用いてテレビ会議を実施したほか、ブロードバンド関連機器のデモンストレーションや展示を行った。これら二件の事例を紹介するとともに、これらの実践における専用線利用形態が条件不利地域におけるブロードバンド整備の新しい方法となることを示す。</p>

    DOI: 10.24669/jacn.9.1_63

  • 大巖慶, 升屋正人 .  RISM理論を用いた溶媒和自由エネルギー計算によるatomic solvation parameterの決定 .  分子シミュレーション討論会講演要旨集19th   83-84   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 白尾 紘祥, 大巌 慶, 升屋 正人 .  1P127 溶媒接触表面積を用いた近似による溶媒和自由エネルギー計算に用いるパラメータの決定(水・水和/電解質) .  生物物理44 ( 0 ) S61   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.44.S61_3

  • 升屋 正人 .  2P044 数値的解法を用いた表面積・体積・溶媒和自由エネルギーの高速計算(蛋白質 A) 構造) .  生物物理44 ( 0 ) S120   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.44.S120_4

  • 光武 亜代理, Penna Giovanni, 升屋 正人, 岡本 祐幸 .  レプリカ交換モンテカルロ法と拡散理論によるリボヌクレアーゼAのCペプチドの解析 .  生物物理43 ( 0 ) S92   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.43.S92_3

  • 上国料享, 升屋正人 .  PCクラスタを用いたホモロジー検索Webアプリケーション .  日本生物物理学会年会講演予稿集40th   S54   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 山下雄介, 升屋正人 .  PCクラスタを用いた高速溶媒和エネルギー計算Webアプリケーション .  日本生物物理学会年会講演予稿集40th   S54   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 山下 雄介, 升屋 正人 .  1J1015 PCクラスタを用いた高速溶媒和エネルギー計算Webアプリケーション(1.蛋白質(A)構造,一般演題,日本生物物理学会第40回年会) .  生物物理42 ( 2 ) S54   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.42.S54_3

  • 上國料 享, 升屋 正人 .  1J1030 PCクラスタを用いたホモロジー検索Webアプリケーション(1.蛋白質(A)構造,一般演題,日本生物物理学会第40回年会) .  生物物理42 ( 2 ) S54   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.42.S54_4

  • 栄慶丈, 升屋正人 .  分子の表面積及びそのデリバティブの計算 .  日本生物物理学会年会講演予稿集39th   S41   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 榮 慶丈, 升屋 正人 .  1P034分子の表面積及びデリバティブの計算 .  生物物理41 ( 0 ) S41   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.41.S41_2

  • 升屋正人, 鍵山茂徳 .  Web履修受付システムの開発 .  学術情報処理研究5 ( 1 ) 31 - 42   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 情報系センター協議会  

    <p>鹿児島大学では, 平成12(2000)年度から自主開発したWeb履修受付システムによる共通教育科目と基礎教育科目の履修登録を開始した.登録はリテラシー教育用に設置されたパソコン端末に加えてインターネットからも自由に行うことができるようになっており,従来のように学生が窓口に行列する必要がなくなった また,履修受付を締め切った時点で学生個人単位の登録表や科目ごとの履修学生一覧が作成でき,履修登録業務の時間短縮につながっている.多人数の同時登録に対応するため,データベースヘのアクセスを最小限にするなどの工夫を行うことで,1日で約3800名の処理を実現した.</p>

    DOI: 10.24669/jacn.5.1_31

  • 升屋 正人, 奈良 迫祐介, 行田 尚義 .  Morphological Skeletonization を用いた多階調画像圧縮 .  第60回全国大会講演論文集2000 ( 1 ) 193 - 194   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  • 升屋 正人, 高橋 至, 二宮 公紀 .  センター紹介 鹿児島大学総合情報処理センター .  学術情報処理研究0 ( 4 ) 145 - 148   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術情報処理研究編集委員会  

    CiNii Books

  • 行田尚義, 川中憲司, 升屋正人, 尾島修一 .  色彩のMTF特性の測定 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集52nd   218   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 行田尚義, 栄慶丈, 升屋正人 .  生体高分子のボリュームレンダリングに関する研究 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集52nd   219   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, 奈良迫祐介, 行田尚義 .  高齢者の空間周波数特性の簡易測定方法の研究 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集51st   448   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 黒屋博之, 升屋正人, 行田尚義 .  MTF特性と加齢について .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集51st   447   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 奈良迫祐介, 升屋正人, 行田尚義 .  Mathematical Morphologyを用いた画像圧縮 .  電気関係学会九州支部連合大会講演論文集51st   244   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, 岡本祐幸 .  生体高分子表面積の高速計算アルゴリズム .  情報処理学会全国大会講演論文集55th ( 1 ) 1.79-1.80   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, HANSMANN U H E, 岡本祐幸 .  拡張アンサンブル法によるタンパク質分子の熱力学量の解析 .  日本生物物理学会年会講演予稿集35th   S32   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, HANSMANN U H E, 岡本祐幸 .  水和自由エネルギーを考慮した第一原理からのタンパク質の立体構造予測 .  タンパク質構造討論会講演要旨集48th   13-16   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, 光武亜代理, HANSMANN U H E, 岡本祐幸 .  水和エネルギーを考慮したタンパク質分子の立体構造予測 .  日本生物物理学会年会講演予稿集34th   S90   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋正人, 土井淳多 .  Cuboctahedral座標系により連結のパラドックスを回避した3次元細線化アルゴリズム .  情報処理学会全国大会講演論文集52nd ( 2 ) 2.201-2.202   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  • 升屋 正人, 土井 淳多 .  Mathematical Morphologyを用いた3次元画像処理 .  全国大会講演論文集50 ( 0 ) 77 - 78   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    Mathematical Morphology(MM)による画像処理は主に2次元画像を対象として行われてきた。その理論は次元と無関係に定義されているため、3次元画像処理への広い応用も可能である。このうち本稿では骨格線抽出とcavity抽出の2つの処理を中心に述べる。

    CiNii Books

  • Masato Masuya, Junta Doi .  Detection and geometric modelling of molecular surfaces and cavities using mathematical morphological operations .  Journal of Molecular Graphics13   331 - 336   1995年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masato Masuya, Junta Doi .  Use of Three-Dimensional Templates for Multiple Skeletons. .      293 - 296   1994年査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/mva/1994

▼全件表示

書籍等出版物

  • 魅惑の島々、奄美群島-社会経済・教育編-

    山本宗立, 高宮広土 編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ソサエティー5・0@奄美群島)

    北斗書房  2021年10月 

  • The Tokara Islands : Culture,Society,Industry and Nature

    Yasushi Otsuka, Ryuta Terada, Satoru Nishimura eds( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Current Status and Future Prospects of Broadband Services on the Tokara Islands)

    Kagoshima University International Center for Islands Studies  2020年3月  ( ISBN:9784892900549

     詳細を見る

    総ページ数:xii,163p   担当ページ:74-84   記述言語:英語

    CiNii Books

  • 日本ネシア論

    長嶋俊介編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 小規模離島の情報通信革命)

    藤原書店  2019年6月  ( ISBN:9784865782233

     詳細を見る

    総ページ数:477p   担当ページ:214-216   記述言語:日本語

    CiNii Books

  • The Osumi islands : culture, society, industry and nature

    Kei Kawai, Ryuta Terada, Sueo Kuwahara eds( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Current Conditions and Future Deployment of Broadband Services on Kuchinoerabu-jima Island)

    Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands  2017年3月  ( ISBN:9784892900419

     詳細を見る

    総ページ数:xii, 108 p.   担当ページ:11-20   記述言語:英語

    CiNii Books

  • 日本一長い村トカラ : 輝ける海道の島々 = Tokara : the longest village in Japan : a shining way of islands across the ocean

    長嶋 俊介, 福澄 孝博, 木下 紀正, 升屋 正人, 牧口 光彦, 北尾 浩一

    梓書院  2009年  ( ISBN:9784870353497

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • はじめてのJavaScript

    升屋 正人

    ソフトバンクパブリッシング  2002年  ( ISBN:4797318988

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • Active Server Pages構築術 : Windows Webサーバー構築ガイド 活用編

    升屋 正人

    ソフトバンク  1998年  ( ISBN:4797306548

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • ABC Graphics Suiteガイド (SOFTBANK BOOKS)

    升屋 正人( 担当: 単著)

    ソフトバンククリエイティブ  1997年2月  ( ISBN:4797302011

     詳細を見る

    総ページ数:297  

    ASIN

  • ABC Graphics Suiteガイド

    升屋 正人

    ソフトバンク出版事業部  1997年  ( ISBN:4797302011

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • WINDOWS DRAWオフィシャルガイド

    升屋正人

    コンピュータ・エージ社  1997年  ( ISBN:4875661606

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

▼全件表示

受賞

  • 「情報通信月間」表彰

    2009年6月   総務省九州総合通信局長  

  • 「情報通信月間」表彰

    2005年6月   総務省九州総合通信局長  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高遅延インターネットにおけるTCPスループット向上システムの研究開発

    2013年4月 - 2015年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進事業 

    升屋 正人, 下園 幸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • WINDS衛星を介した災害時バックアップ通信および防災情報通報システムの研究開発

    2009年4月 - 2010年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進制度 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 条件不利地域におけるコミュニティ・ブロードバンドの整備に関する研究

    2006年4月 - 2009年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進制度 

    升屋 正人, 下園 幸一, 青木 謙二, 久保田 真一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 離島ブロードバンド体験教室

    2004年4月 - 2005年3月

    文部科学省  大学等開放推進事業 

    升屋 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 分子表面積近似による溶媒和自由エネルギーの高精度・高速計算方法の開発

    研究課題/領域番号:16680013  2004年 - 2006年

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(A))  若手研究(A)

    升屋 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:20280000円 ( 直接経費:15600000円 、 間接経費:4680000円 )

    遺伝子上の核酸配列の情報に基づき細胞内で合成されたアミノ酸配列はそのままでは機能を持たない.立体構造を形成してはじめて機能が発現する.ところがこの立体構造形成機構についてはまだ十分に明らかにされていない.この解明を目的とした計算機シミュレーションにおいては溶媒分子を考慮すること,すなわち,溶媒和自由エネルギーの計算が必要となる.溶媒和自由エネルギーの計算には時間がかかるため,高速に計算する方法が求められてきた.高速に溶媒和自由エネルギーを求める方法の一つに,分子表面積を用いた近似解法(SASA法)がある.これは,分子に含まれる各原子を原子団に分類し,原子団ごとの溶媒接触表面積にパラメータを乗じたものの総和として溶媒和自由エネルギーを求める方法である.SASA法では表面積を高速に計算できれば溶媒和自由工ネルギーを高速に計算できる.そこで本研究では,平成16年度に表面積・体積の数値的解法に対して,新しい高速化アルゴリズムを開発するとともに,原子表面に均等に点を分布させる方法を用いて精度の向上を図った,表面積・体積・溶媒和自由エネルギーの高速計算プログラム,NSOLを開発した.このプログラムにより,これまでにない速度と精度での表面積・体積・溶媒和自由エネルギーの計算を実現した.また,NSOLを用いた溶媒和自由エネルギーの計算には,パラメータである各原子ごとの溶媒和自由エネルギーの寄与をあらかじめ定めておく必要がある.これまでにも研究の例があるが,正しいと言えるパラメータがない.そこで平成17年度に,正しい溶媒和自由エネルギーを与える理論として知られているRISM理論を用いて分子の複数の構造の溶媒和自由エネルギーを計算し,最小二乗法によりNSOLで用いるパラメータを定めた.従来のパラメータと比較した結果,よりRISM理論に近い溶媒和自由エネルギーを与えることが明らかになった.これにより,これまでにない速度でRISM理論による結果に近い溶媒和自由エネルギー計算を実現できた.これらの結果を受けて平成18年度は,実際のタンパク質の立体構造予測シミュレーションへの導入を試みた。その結果、構造予測計算の前提となる力場パラメータの違いが計算結果に与える影響が大きく、溶媒和自由エネルギー計算だけを精密化してもよい結果が得られないことが明らかになった。

  • 骨格線抽出アルゴリズムを用いた多階調画像圧縮に関する研究

    研究課題/領域番号:12750343  2000年 - 2001年

    文部科学省  科学研究費補助金(奨励研究(A))  奨励研究(A)

    升屋 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    本研究では多階調画像をビットプレーン符号化の方法を用いて二値画像化することで,二値画像を対象とした骨格線(スケルトン)抽出アルゴリズムの適用を可能とし,二値画像と多階調画像を相互に変換することにより,結果としてスケルトンを用いた多階調画像の圧縮を実現した.また本研究の方法は,スケルトン画像とスケルトンを求める際に用いたstructuring elementの情報から原画像を可逆的に復元できる方法である.多階調画像の二値画像化には,ビットプレーン符号化を用いた.これは,1画素あたりnビットの画像をn枚の1ビット画像(二値画像)として取り扱い,符号化する方法である.単純にビットプレーン符号化を用いた場合,画像のエントロピーが大きくなるので,本研究では,最上位ビットプレーン以外のビットプレーンは上位ビットプレーンとのXORを取ることにより求めた.なお,最上位ビットからもう一度XORを繰り返すことで元のビットプレーンを復元でき,これを元に多階調画像の復元が可能である.ISO/JIS-SCIDの画像N1〜N8をグレースケール化した画像を用いて評価を行ったところ,平均で,処理前7.748であったエントロピーは上位のビットプレーンとのXOR演算による二値画像化により5.878となった.この二値画像に対してスケルトン抽出処理を行った結果,エントロピーは5.867となった.画像によってはスケルトン化によりエントロピーが低下した場合もあったが,平均するとほぼ同じ値であり,スケルトン化が高圧縮であるとは言えない.これは,スケルトン画像が2枚以上の二値画像となりデータ量が増加してしまうためであると考えられる.本方法は,可逆性は保つことができたものの,二値画像化によるエントロピーの低下をさらに進めることはできておらず,圧縮アルゴリズムとしては高い性能を達成できなかった.スケルトンを1枚の画像におさめる新しい工夫が必要と考えられる.

▼全件表示