2023/11/16 更新

写真a

ミヤワキ シヨウイチ
宮脇 正一
MIYAWAKI Shouichi
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 1994年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 矯正治療 顎関節症 咬合 咀嚼 嚥下 ブラキシズム インプラントアンカー 睡眠 無呼吸 胃食道逆流

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

学歴

  • 大阪大学

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 大阪大学   歯学科

    1983年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   鹿児島大学病院   発達系歯科センター長

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系   部長(学部長含む)

    2016年4月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   医学部・歯学部附属病院   病院長補佐

    2014年4月 - 2016年3月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学病院   発達系歯科センター長

    2013年4月 - 2014年3月

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科   副研究科長

    2011年4月 - 2016年3月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学医学部・歯学部附属病院   病院長補佐

    2009年4月 - 2011年3月

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科   口腔先端科学教育研究センター長

    2008年5月 - 2010年3月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学病院   発達系歯科センター長

    2007年4月 - 2009年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   教授

    2005年6月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 歯科矯正学    

    2005年6月 - 現在

▼全件表示

所属学協会

  • 日本口蓋裂学会 認定師認定委員会委員

    2018年5月 - 現在

  • 文部科学省 大学設置・学校法人審議会専門職大学専門委員

    2018年1月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会 理事

    2017年5月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会 優秀論文賞選考委員会委員

    2017年5月 - 現在

  • 九州矯正歯科学会 副会長

    2017年4月 - 現在

  • 医道審議会専門委員

    2016年10月 - 2018年10月

  • 鹿児島県医療審議会 委員

    2016年8月 - 2018年7月

  • 日本歯科医学教育学会 理事

    2016年7月 - 現在

  • 鹿児島県地域医療対策協議会 理事

    2016年6月 - 2017年3月

  • 日本顎口腔機能学会 会計担当理事

    2016年4月 - 2020年3月

  • 日本顎変形症学会 評議員

    2016年1月 - 2019年12月

  • 科学研究費委員会専門委員

    2016年1月 - 2016年11月

  • International Association for Dental Research

    2015年10月 - 現在

  • American Academy of Sleep Medicine

    2015年10月 - 現在

  • Japanese Association for Dental Research

    2015年10月 - 現在

  • 日本顎関節学会 学術講演会委員会委員

    2014年7月 - 2016年7月

  • 日本顎関節学会 用語検討委員会委員

    2014年7月 - 2016年7月

  • 医薬品医療機器総合機構 専門医員

    2014年4月 - 2018年3月

  • 日本矯正歯科学会 編集委員長

    2014年2月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会 理事

    2014年2月 - 現在

  • 大学設置・学校法人審議会大学設置分科会 歯学専門委員会

    2013年4月 - 2016年10月

  • 歯科医師分科会委員

    2012年2月 - 2014年2月

  • 日本口蓋裂学会 学術委員会

    2011年5月 - 現在

  • 日本歯科医学会英文雑誌編集委員会

    2011年4月 - 2013年3月

  • 日本顎関節学会 代議員

    2010年7月 - 2018年7月

  • 日本矯正歯科学会 研修機関検討委員

    2010年1月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会 評議員

    2009年6月 - 現在

  • 厚労省 歯科医師国家試験委員会 委員

    2008年4月 - 2018年4月

  • 先端歯学国際教育研究ネットワーク構成委員

    2008年4月 - 2011年3月

  • 日本歯科放射線学会

    2008年3月 - 現在

  • 科学研究費委員会

    2008年1月 - 2014年11月

  • 医療系大学間共用試験実施評価機構 CBT事後評価解析小委員会

    2008年1月 - 2013年3月

  • 鹿児島県歯科技工士試験委員会

    2007年11月 - 2015年3月

  • 日本顎関節学会 評議員

    2007年1月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会 編集委員

    2007年1月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会 代議員

    2007年1月 - 現在

  • 日本顎口腔機能学会 理事

    2006年4月 - 現在

  • 日本顎口腔機能学会 編集委員

    2006年4月 - 2014年3月

  • 九州矯正歯科学会 学術理事

    2005年7月 - 2017年8月

  • かごしま口腔保険協会

    2005年7月 - 2013年6月

  • 日本矯正歯科学会 評議員

    2005年6月 - 2006年12月

  • 九州矯正歯科学会

    2005年5月 - 現在

  • 日本歯科医学教育学会

    2003年4月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会 認定作業委員

    2003年4月 - 2005年3月

  • 日本顎変形症学会

    2002年5月 - 現在

  • 日本睡眠学会

    2002年5月 - 2016年3月

  • 日本矯正歯科学会 編集幹事

    2000年10月 - 2001年9月

  • 中・四国矯正歯科学会

    2000年3月 - 2005年5月

  • 中・四国矯正歯科学会 学術委員

    2000年1月 - 2001年12月

  • 日本顎関節学会

    1997年9月 - 現在

  • 日本顎口腔機能学会

    1993年10月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会

    1990年6月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会

    1989年6月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2001年10月 - 2002年4月   モントリオール大学   客員研究員

 

論文

  • Oga Y., Shirakata Y., Tomonari H., Miyawaki S. .  Lateral incisor transposition, prosthetic treatment, and periodontal surgery in a patient with missing maxillary central incisor and severe crowding: an interdisciplinary treatment strategy .  Clinical and Investigative Orthodontics   1 - 12   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical and Investigative Orthodontics  

    Objective: To describe comprehensive orthodontic treatment, including periodontal surgery and prosthetic treatment, to manage severe disharmonious gingival margins. Case: A 16-year-old man presented with chief complaints of multiple crooked teeth and a missing maxillary central incisor due to a traffic accident. He was diagnosed with Angle Class I malocclusion with severe anterior crowding and a missing upper right central incisor. We orthodontically treated him with an upper left lateral incisor, lower first premolar extractions, and transposition of the upper right lateral incisor to the central incisor using a pre-adjusted edgewise appliance. After 30 months of active orthodontic treatment, periodontal surgery, involving gingivectomy/gingivoplasty of the upper right lateral incisor, was performed for clinical crown lengthening, and a provisional restoration was fabricated. The final restoration was delivered after gingival healing. A stable occlusion with even gingival margins was obtained after 2 years of retention. Discussion and Summary: This case revealed that orthodontic transposition of a lateral incisor to replace a missing central incisor could be a valid treatment option. Additionally, interdisciplinary orthodontic treatment combined with periodontal surgery and prosthetic treatment is effective to resolve severe anterior crowding with a successful esthetic and functional result.

    DOI: 10.1080/27705781.2023.2218018

    Scopus

    researchmap

  • 福嶋 美佳, 國則 貴玄, 石川 崇典, 原田 真利那, 楠元 淳也, 大賀 泰彦, 宮脇 正一 .  口蓋の歯科矯正用アンカースクリューと小臼歯の片顎抜去を伴う矯正歯科治療により過大なoverjetと顎口腔機能を改善した上顎前突症例 .  Clinical and Investigative Orthodontics (Japanese Edition)82 ( 1 ) 14 - 20   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    上顎前歯の突出,口唇閉鎖不全および前歯部の咀嚼障害を主訴に来院した初診時年齢16歳5ヵ月の女性にマルチブラケット装置による矯正歯科治療を行い,良好な治療結果を得たので報告する.患者は過大なoverjetを伴う骨格性II級を呈していた.口蓋正中に歯科矯正用アンカースクリューを植立し,上顎両側第一小臼歯を抜去して,前歯の圧下を伴う後方移動を行った.上顎前歯の移動量は大きかったが,歯根吸収はわずかであった.保定開始から2年6ヵ月が経過し,機能的にも良好な咬合が獲得された.(著者抄録)

  • Kusumoto J., Ataka K., Iwai H., Oga Y., Yamagata K., Marutani K., Ishikawa T., Asakawa A., Miyawaki S. .  Malocclusion impairs cognitive behavior via AgRP signaling in adolescent mice .  Frontiers in Neuroscience17   1156523 - 1156523   2023年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Neuroscience  

    Introduction: Occlusal disharmony induced by deteriorating oral health conditions, such as tooth loss and decreased masticatory muscle due to sarcopenia, is one of the causes of cognitive impairment. Chewing is an essential oral function for maintaining cognitive function not only in the elderly but also in young people. Malocclusion is an occlusal disharmony that commonly occurs in children. The connection between a decline in cognitive function and malocclusion in children has been shown with chronic mouth breathing, obstructive sleep apnea syndrome, and thumb/digit sucking habits. However, the mechanism of malocclusion-induced cognitive decline is not fully understood. We recently reported an association between feeding-related neuropeptides and cognitive decline in adolescent mice with activity-based anorexia. The aim of the present study was to assess the effects of malocclusion on cognitive behavior and clarify the connection between cognitive decline and hypothalamic feeding-related neuropeptides in adolescent mice with malocclusion. Methods: Four-week-old mice were randomly assigned to the sham-operated solid diet-fed (Sham/solid), sham-operated powder diet-fed (Sham/powder), or malocclusion-operated powder diet-fed (Malocclusion/powder) group. We applied composite resin to the mandibular anterior teeth to simulate malocclusion. We evaluated cognitive behavior using a novel object recognition (NOR) test, measured hypothalamic feeding-related neuropeptide mRNA expression levels, and enumerated c-Fos-positive cells in the hypothalamus 1 month after surgery. We also evaluated the effects of central antibody administration on cognitive behavior impairment in the NOR test. Results: The NOR indices were lower and the agouti-related peptide (AgRP) mRNA levels and number of c-Fos-positive cells were higher in the malocclusion/powder group than in the other groups. The c-Fos-positive cells were also AgRP-positive. We observed that the central administration of anti-AgRP antibody significantly increased the NOR indices. Discussion: The present study suggests that elevated cerebral AgRP signaling contributes to malocclusion-induced cognitive decline in adolescents, and the suppression of AgRP signaling can be a new therapeutic target against cognitive decline in occlusal disharmony.

    DOI: 10.3389/fnins.2023.1156523

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 大迫 佑季, 前田 綾, 中川 祥子, 古川 みなみ, 大賀 泰彦, 高橋 広太郎, 福嶋 美佳, 原田 真利那, 成 昌建, 丸谷 佳菜子, 石川 崇典, 宮脇 正一 .  覚醒時の咬筋活動と疼痛関連顎関節症との関連性 .  九州矯正歯科学会雑誌18 ( 1 ) 64 - 64   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    researchmap

  • 日野 沙耶佳, 前田 綾, 八木 孝和, 中川 祥子, 宮脇 正一 .  マルチブラケット装置による治療開始前における患者の性別,年齢,外科的矯正治療の適用の有無および顎顔面形態が心理評価に与える影響 .  九州矯正歯科学会雑誌18 ( 1 ) 71 - 71   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    researchmap

  • Hino S., Maeda-Iino A., Yagi T., Nakagawa S., Miyawaki S. .  Effects of sex, age, choice of surgical orthodontic treatment, and skeletal pattern on the psychological assessments of orthodontic patients .  Scientific Reports12 ( 1 ) 9114   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    We aimed to examine the effects of sex, age, choice of surgical orthodontic treatment, and skeletal pattern on psychological assessment scores of orthodontic patients before edgewise treatment. They completed the State-Trait Anxiety Inventory (STAI), Beck Depression Inventory (BDI)-II, and the psychological domain of the World Health Organization Quality of Life 26 (Psych-QOL) for assessment of anxiety, depression, and body image, respectively. No significant effects on psychological assessment scores due to sex or age differences were found. Surgical orthodontic treatment patients and patients with skeletal Class III had significantly higher STAI-Trait and/or BDI-II scores and lower Psych-QOL score. Based on the linear mixed-effects model, the choice of surgical orthodontic treatment had a significant effect on the STAI-Trait, BDI-II, and Psych-QOL scores. No significant interaction effect was found between the choice of surgical orthodontic treatment and the skeletal pattern by ANB angle. Patients with skeletal Class I or III who chose surgical orthodontic treatment had higher STAI-Trait and/or BDI-II scores and/or lower body image score, respectively. These results suggest that patients who chose surgical orthodontic treatment, particularly those with skeletal Class I and III, may be more prone to experience anxiety and depression and have body image dissatisfaction.

    DOI: 10.1038/s41598-022-12129-0

    Scopus

    PubMed

  • 山形 勁太, 丸谷 佳菜子, 大牟禮 治人, 橋本 恭子, 宮脇 正一 .  上顎左側第一大臼歯を抜去し上顎左側第二,第三大臼歯の近心移動を行った前歯部開咬を伴う骨格性II級症例 .  九州矯正歯科学会雑誌18 ( 1 ) 37 - 41   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    第一大臼歯の長期的な予後が不良と判断された場合,同歯を抜去して第二,第三大臼歯を近心移動させて排列することは非常に有効である.しかし,大臼歯の近心移動を行う場合,近心傾斜と近心捻転に対し,十分な配慮が必要である.患者は28歳の女性で,食物の噛みづらさを主訴に当科を受診した.前歯部の開咬を伴う骨格性II級症例において,長期予後不良と診断した上顎左側第一大臼歯を抜去し,上顎左側第二,第三大臼歯の近心移動を行った.開咬に対して前歯の歯軸傾斜の改善によって良好な被蓋を獲得した.保定5年を経過し安定した咬合を維持している.(著者抄録)

  • 神之田 理恵, 渡邉 温子, 松尾 美樹, 小松澤 均, 宮脇 正一 .  歯科診療用ユニット給水系中の微生物汚染に関する検討 .  日本環境感染学会誌37 ( 5 ) 183 - 189   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本環境感染学会  

    <p><b>【目的】</b>本研究の目的は,使用年数や消毒機能の有無など条件の異なる歯科診療用ユニット給水系中の微生物汚染状況を把握し,各ユニットにおけるフラッシングの効果を検討することである.</p><p><b>【対象および方法】</b>ユニット水は,月曜日と金曜日の診療開始前にスリーウェイシリンジからフラッシング前と10秒間のフラッシング後に採取した.消毒機能有りユニットは診療終了後毎の消毒が推奨されているが,本研究では金曜日の診療終了後のみに消毒液を停滞させ,翌月曜日の診療開始前に消毒液を排出し,10秒間のフラッシング後に採取した.採取したユニット水は普通寒天培地に塗布し,3日間培養後にコロニー数をカウントした.</p><p><b>【結果】</b>使用年数が長いユニットでは他のユニットに比較し有意に微生物数が多かった.使用年数が短いユニットではフラッシング前後での微生物数に有意に差を認めたが,使用年数が長いユニットではその効果は低かった.消毒機能有りユニットではフラッシング前後に関わらず微生物数は少なかった.</p><p><b>【考察】</b>歯科診療用ユニットの微生物汚染状況は各ユニットで異なっているため,各ユニットの定期的な検査とユニットに応じた洗浄が微生物数のコントロールに必要であることが示唆された.</p>

    DOI: 10.4058/jsei.37.183

    researchmap

  • 才ノ木 みなみ, 八木 孝和, 楠元 淳也, 大賀 泰彦, 前田 綾, 宮脇 正一 .  顎口腔機能の改善が認められた顔面非対称を有する骨格性I級ハイアングル症例 .  Clinical and Investigative Orthodontics (Japanese Edition)81 ( 2 ) 87 - 94   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    オトガイの右方偏位と口裂の右上がりを主訴に来院した初診時年齢25歳3ヵ月の女性にマルチブラケット装置を使用して上下顎同時移動術を含めた外科的矯正治療を行い,良好な治療結果を得たので報告する.患者は下顎左側第二大臼歯を欠如しており,咬合平面の右上がりの傾斜,オトガイの右方偏位を呈していた.右側顎関節はクリッキングと関節円板の前外方転位を認めた.術前矯正治療にて,上顎両側第一小臼歯,下顎右側第一小臼歯を抜去し,上顎骨はLe Fort I型骨切り術,下顎骨は下顎枝矢状分割術を行い,非対称の改善を行った.治療後,最大開閉口時の右方偏位は改善し,保定期間中に咬合力の増加が認められた.保定3年7ヵ月を経過しているが,良好な咬合を維持している.(著者抄録)

  • 神之田 理恵, 渡邉 温子, 松尾 美樹, 小松澤 均, 宮脇 正一 .  歯科診療用ユニット給水系中の微生物汚染に関する検討 .  日本環境感染学会誌37 ( 5 ) 183 - 189   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

    目的:本研究の目的は,使用年数や消毒機能の有無など条件の異なる歯科診療用ユニット給水系中の微生物汚染状況を把握し,各ユニットにおけるフラッシングの効果を検討することである.対象および方法:ユニット水は,月曜日と金曜日の診療開始前にスリーウェイシリンジからフラッシング前と10秒間のフラッシング後に採取した.消毒機能有りユニットは診療終了後毎の消毒が推奨されているが,本研究では金曜日の診療終了後のみに消毒液を停滞させ,翌月曜日の診療開始前に消毒液を排出し,10秒間のフラッシング後に採取した.採取したユニット水は普通寒天培地に塗布し,3日間培養後にコロニー数をカウントした.結果:使用年数が長いユニットでは他のユニットに比較し有意に微生物数が多かった.使用年数が短いユニットではフラッシング前後での微生物数に有意に差を認めたが,使用年数が長いユニットではその効果は低かった.消毒機能有りユニットではフラッシング前後に関わらず微生物数は少なかった.考察:歯科診療用ユニットの微生物汚染状況は各ユニットで異なっているため,各ユニットの定期的な検査とユニットに応じた洗浄が微生物数のコントロールに必要であることが示唆された.(著者抄録)

  • Hino S, Maeda-Iino A, Yagi T, Nakagawa S, Miyawaki S. .  Effects of sex, age, choice of surgical orthodontic treatment, and skeletal pattern on the psychological assessments of orthodontic patients. .  Sci Rep.12 ( 1 ) 9114   2022年6月

  • 中囿 賢太, 石畑 清秀, 多田 亮平, 大賀 泰彦, 山形 圭一郎, 宮脇 正一, 野添 悦郎, 中村 典史 .  前歯部歯槽骨切り術で咬合改善を図った顎変形症患者の治療経験 .  日本顎変形症学会雑誌32 ( 2 ) 217 - 217   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 石畑 清秀, 中囿 賢太, 多田 亮平, 野添 悦郎, 宮脇 正一, 中村 典史 .  唇顎口蓋裂患者のLefort I骨切り線と翼突上顎縫合部のCT画像による形態評価 .  日本顎変形症学会雑誌32 ( 2 ) 181 - 181   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Tomita K., Yamanishi-Taira S., Igarashi K., Oogai Y., Kuwahara Y., Roudkenar M.H., Roushandeh A.M., Miyawaki S., Kurimasa A., Sato T. .  Oxytocin ameliorates KCC2 decrease induced by oral bacteria-derived LPS that affect rat primary cultured cells and PC-12 cells .  Peptides150   170734 - 170734   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Peptides  

    Inflammation, especially neuroinflammation, which is caused by stress, leads to central nervous system (CNS) dysfunction. Because lipopolysaccharides (LPSs) cause neuroinflammation, we investigated the effect of LPSs to CNS. In PC-12 cells, LPSs derived from oral bacteria reduced the expression of KCC2, a Cl− transporter. LPS derived from P. gingivalis (P. g) administered to rat primary cultured cells also reduced the KCC2 expression. However, LPSs derived from E. coli did not reduce the KCC2 expression. LPS treatment activated TLR4, IL-1β, and REST gene expressions, which led to KCC2 inactivation in PC-12 cells. The mechanism of KCC2 has been shown to play an important role in brain maturation, function (such as the GABA switch), and behavioral problems, we investigated the GABA function. We found that the GABA function was changed from inhibitory to excitatory by the LPS derived from P. g treatment. We demonstrated that the GSK3β also involved in the KCC2 reduction by LPS treatment. We show that oxytocin rescued the reduction in KCC2 expression caused by LPSs by inhibiting GSK3β signaling but vasopressin could not. Considered together, our results indicate that the LPSs from oral bacteria but not the LPS from E. coli increase the risk for brain disorders and oxytocin might be a candidate to overcome the abnormal behavior caused by brain disorders such as psychiatric disorders.

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170734

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 多田 亮平, 石畑 清秀, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 上栗 裕平, 木村 菜美子, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 宮脇 正一, 中村 典史 .  当科開設後40年間の口唇口蓋裂患者における顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  日本口蓋裂学会雑誌47 ( 2 ) 159 - 159   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 椎木 彩乃, 石畑 清秀, 前田 綾, 中川 祥子, Ratman Mohammad Farid, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 宮脇 正一, 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂患者の唇裂手術時における鼻前庭拡張が硬・軟組織の成長に与える影響の長期的観察 .  日本口蓋裂学会雑誌47 ( 2 ) 117 - 117   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 丸谷 佳菜子, 前田 綾, 大賀 泰彦, 中川 祥子, 渡邉 温子, 石畑 清秀, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の顎裂を含む顎骨の形態と鼻腔の形態・通気性との関連について .  日本口蓋裂学会雑誌47 ( 2 ) 145 - 145   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 前田 綾, 才ノ木 みなみ, 日野 沙耶佳, 南 弘之, 宮脇 正一 .  外傷で喪失した上顎左側中切歯の空隙を矯正歯科治療で閉鎖した開咬を伴う骨格性III級症例 .  Clinical and Investigative Orthodontics (Japanese Edition)81 ( 1 ) 19 - 26   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    交通事故による前歯部審美障害を主訴に来院した初診時年齢24歳5ヵ月の女性にマルチブラケット装置による矯正歯科治療および補綴治療を行い、良好な治療結果を得たので報告する。患者は交通事故で上顎前歯を脱臼し、上顎左側中切歯は喪失しており、開咬を伴う骨格性III級を呈していた。矯正歯科治療により、上顎は左側側切歯を中切歯の位置に排列し、右側は第二小臼歯を抜去して臼歯を近心移動した。下顎は左側第一小臼歯と右側第二小臼歯を抜去し、前歯の舌側移動を行った。動的治療後に上顎前歯の補綴治療を行い、保定5年3ヵ月を経過しているが、良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 前田綾,才ノ木みなみ,日野 沙耶佳 ,南 弘之,宮脇 正一 .  外傷で喪失した上顎左側中切歯の空隙を矯正歯科治療で閉鎖した開咬を伴う骨格性Ⅲ級症例 .    81 ( 1 ) 19 - 26   2022年

  • Yamagata K, Oga Y, Kwon S, Maeda A, Ishikawa T, Miyawaki S. .  A novel auxiliary device enhances the miniscrew stability under immediate heavy loading simulating orthopedic treatment. .  Angle Orthod.   2022年

  • 山本 照子, 日下 輝雄, 宮脇 正一, 島田 康史, 中西 康, 吉田 靖弘, 山城 隆 .  大型研究推進委員会の取り組み―大型医療研究推進フォーラムから学ぶ「革新的歯科医療研究の開発」― .  日本歯科医学会連合雑誌1 ( 1 ) 12 - 16   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本歯科医学会連合  

    <p>医科では高額医療が次々と実用化され,保険収載されている。健康保険制度の破綻防止のため医療費の削減圧力が今まで以上に高まれば,技術開発で後れを取る歯科では,必然的に診療報酬の減少が避けられなくなる。歯科でも新しい医療器材の実用化に向け,イノベーションの創出が急務であろう。しかし,歯科のテーマで国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の大型医療研究費を獲得した例は少ない。大型研究推進委員会では,2017年以降6回のフォーラムを通じて,AMEDの各研究開発事業の特徴と提案書作成の注意点,特許,薬事,さらに研究プロジェクトの具体例など,大型研究費獲得に向けて会員の皆様に役立つ情報を提供してきた。しかしながら,これらの情報はそのまま提案書に反映できる訳ではない。個々の情報を会員の各位が自らの中でつなげ,研究に活かしていく必要がある。そこで本稿では,フォーラムで報告された内容を基に,提案書作成に必要なエッセンスを解説する。</p>

    DOI: 10.57468/jjdsf.22-005

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J07734&link_issn=&doc_id=20230428230002&doc_link_id=10.57468%2Fjjdsf.22-005&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.57468%2Fjjdsf.22-005&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Yamagata K, Oga Y, Kwon S, Maeda A, Ishikawa T, Miyawaki S .  A novel auxiliary device enhances the miniscrew stability under immediate heavy loading simulating orthopedic treatment. .  Angle Orthod.93 ( 1 ) 71 - 78   2022年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To evaluate miniscrew stability and perform a histomorphometric analysis of the bone around the miniscrew under a load corresponding to orthopedic force. MATERIALS AND METHODS: Thirty-two miniscrews were implanted into eight rabbit tibias. Auxiliary group rabbits received auxiliary devices with miniscrews (n = 8, 28 days; n = 8, 56 days), and those in the nonauxiliary control group received miniscrews without auxiliary devices (n = 8, 28 days; n = 8, 56 days). Elastics were placed between miniscrews to apply a load of 5 N. Miniscrew stability was evaluated using a Periotest. Bone-to-implant contact (BIC) and spike implantation depth were measured histomorphologically. RESULTS: Periotest values in the auxiliary group were significantly lower than those in the nonauxiliary group at all time periods. There was no significant difference in BIC between the auxiliary and nonauxiliary groups at 28 or 56 days postimplantation. The implantation spike depth in the auxiliary group was significantly greater at 56 days compared to that at 28 days. Newly formed bone was observed around the spike of the auxiliary device at 56 days. CONCLUSIONS: The results suggest that the use of miniscrews in conjunction with auxiliary devices provides stable skeletal anchorage, which may be useful in orthopedic treatments.

    DOI: 10.2319/022222-163.1

    PubMed

    researchmap

  • Tomita K, Yamanishi-Taira S, Igarashi K, Oogai Y, Kuwahara Y, Mehryar Habibi R, Amaneh Mohammadi R, Miyawaki S, Kurimasa A, Sato T. .  Oxytocin ameliorates KCC2 decrease induced by oral bacteria-derived LPS that affect rat primary cultured cells and PC-12 cells. .  Peptides.150   170734   2021年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170734.

  • Sakaue S., Yamaguchi E., Inoue Y., Takahashi M., Hirata J., Suzuki K., Ito S., Arai T., Hirose M., Tanino Y., Nikaido T., Ichiwata T., Ohkouchi S., Hirano T., Takada T., Miyawaki S., Dofuku S., Maeda Y., Nii T., Kishikawa T., Ogawa K., Masuda T., Yamamoto K., Sonehara K., Tazawa R., Morimoto K., Takaki M., Konno S., Suzuki M., Tomii K., Nakagawa A., Handa T., Tanizawa K., Ishii H., Ishida M., Kato T., Takeda N., Yokomura K., Matsui T., Watanabe M., Inoue H., Imaizumi K., Goto Y., Kida H., Fujisawa T., Suda T., Yamada T., Satake Y., Ibata H., Hizawa N., Mochizuki H., Kumanogoh A., Matsuda F., Nakata K., Hirota T., Tamari M., Okada Y. .  Genetic determinants of risk in autoimmune pulmonary alveolar proteinosis .  Nature Communications12 ( 1 ) 1032   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Nature Communications  

    Pulmonary alveolar proteinosis (PAP) is a devastating lung disease caused by abnormal surfactant homeostasis, with a prevalence of 6–7 cases per million population worldwide. While mutations causing hereditary PAP have been reported, the genetic basis contributing to autoimmune PAP (aPAP) has not been thoroughly investigated. Here, we conducted a genome-wide association study of aPAP in 198 patients and 395 control participants of Japanese ancestry. The common genetic variant, rs138024423 at 6p21, in the major-histocompatibility-complex (MHC) region was significantly associated with disease risk (Odds ratio [OR] = 5.2; P = 2.4 × 10−12). HLA fine-mapping revealed that the common HLA class II allele, HLA-DRB1*08:03, strongly drove this signal (OR = 4.8; P = 4.8 × 10−12), followed by an additional independent risk allele at HLA-DPβ1 amino acid position 8 (OR = 0.28; P = 3.4 × 10−7). HLA-DRB1*08:03 was also associated with an increased level of anti-GM-CSF antibody, a key driver of the disease (β = 0.32; P = 0.035). Our study demonstrated a heritable component of aPAP, suggesting an underlying genetic predisposition toward an abnormal antibody production.

    DOI: 10.1038/s41467-021-21011-y

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 石川崇典,前田綾,中川祥子,迫口陽子,宮脇正一 .  上顎歯列弓幅径を維持しながら矯正歯科治療を行った軟口蓋裂を伴うアングルⅠ級叢生症例 .  九州矯正歯科学会誌17 ( 1 ) 1 - 6   2021年12月査読

  • 石川 崇典, 前田 綾, 中川 祥子, 迫口 陽子, 宮脇 正一 .  上顎歯列弓幅径を維持しながら矯正歯科治療を行った軟口蓋裂を伴うアングルI級叢生症例 .  九州矯正歯科学会雑誌17 ( 1 ) 1 - 6   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    口蓋形成術を受けた患者は、術後の瘢痕に起因する上顎骨の劣成長や上顎歯列弓の狭窄を生じやすい。我々は、軟口蓋裂に対する口蓋形成術後に上顎歯列弓の拡大を行った症例に対し、エッジワイズ法にて治療を行い、良好な咬合が得られたため報告する。患者は第二期治療開始時年齢が12歳5ヵ月の女子で、上下顎歯列の叢生を主訴としていた。上下顎第一小臼歯抜去を伴うエッジワイズ法での治療の際、クワドヘリックス装置を併用して排列した結果、上顎歯列弓形態を維持しつつ緊密な咬合が獲得された。エッジワイズ装置撤去後はクリアリテーナーによる保定を行っており、保定開始から2年後も上顎歯列弓幅径は変化がなく良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 渡邉温子,大賀泰彦,上之段麻美, 南 弘之,宮脇正一. .  上顎左側中切歯欠損および上顎左側側切歯の歯根外部吸収を有するアングルI級を治療した1例 .  南九州歯学会誌2 ( 1 ) 12 - 18   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Watanabe A., Kawada-Matsuo M., Le M.N.T., Hisatsune J., Oogai Y., Nakano Y., Nakata M., Miyawaki S., Sugai M., Komatsuzawa H. .  Comprehensive analysis of bacteriocins in Streptococcus mutans .  Scientific Reports11 ( 1 ) 12963 - 12963   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Streptococcus mutans produces bacteriocins that show antibacterial activity against several bacteria. However, comprehensive analysis of these bacteriocins has not been well done. In this study, we isolated 125 S. mutans strains from volunteers and determined their whole genome sequence. Based on the genome analysis, the distribution of each bacteriocin gene (mutacins I-IV, K8 and Smb) was investigated. We found 17, 5, and 2 strains showing 100% matches with mutacin I, mutacin II and mutacin III, respectively. Five mutacin III-positive strains had 2 mismatches compared to mature mutacin III. In 67 mutacin IV-positive strains, 38 strains showed 100% match with mutacin IV, while 29 strains showed some variations. In 23 mutacin K8- and 32 mutacin Smb-positive strains, all except one mutacin K8-positive strain showed 100% match with the mature peptides. Among 125 strains, 84 (65.1%), 26 (20.2%), and 5 (3.9%) strains were positive for one, two and three bacteriocin genes, respectively. Then, the antibacterial activity against oral streptococci and other oral bacterial species was investigated by using bacteriocin gene single-positive strains. Each bacteriocin gene-positive strain showed a different pattern of antibacterial activity. These results speculate that individual S. mutans strains may affect the bacterial composition of dental plaques.

    DOI: 10.1038/s41598-021-92370-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Aya Maeda-Iino, Shoko Nakagawa, Norifumi Nakamura, Shouichi Miyawaki .  An adolescent patient with bilateral cleft lip and palate treated with late bone grafting and edgewise appliance for mesial movement of the maxillary molars and improvement of the retroclined maxillary central incisor .  Am J Orthod Dentofacial Orthop Clinical Companion1 ( 1 ) 55 - 72   2021年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  • 渡邉 温子, 大賀 泰彦, 上之段 麻美, 南 弘之, 宮脇 正一 .  上顎左側中切歯欠損および上顎左側側切歯の歯根外部吸収を有するアングルI級を治療した1例 .  南九州歯学会雑誌2 ( 1 ) 12 - 18   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南九州歯学会  

    歯根外部吸収の主な要因として外傷,矯正歯科治療,ブラキシズム,隣在歯の抜歯,歯周疾患,歯周治療,歯の漂白などが報告されており,歯根外部吸収を伴う歯を矯正歯科治療により移動させる場合,移動中や移動後に歯根外部吸収が進行していないか注意しなければならない.本症例は初診時年齢17歳1ヵ月の男子で,下顎前歯部叢生と変色歯の改善を主訴に当科を受診した.上顎左側側切歯の歯根外部吸収を有するアングルI級症例に対して,エッジワイズ装置を用いて非抜歯での矯正歯科治療を行い,叢生を改善し緊密な咬合を確立後,上顎左側中切歯欠損部にブリッジによる補綴処置を行った.動的治療期間は1年11ヵ月であり,装置撤去後初診時と比較して上顎左側側切歯の歯根外部吸収に著明な進行は認めなかった.上顎左側側切歯の移動量を可及的に制限したことで,歯根外部吸収の悪化を防ぐことができたと考えられる.保定を開始して1年3ヵ月経過後も安定した咬合が維持されている.(著者抄録)

  • 渡邉温子, 大賀泰彦, 宮脇正一 .  短根の上顎中切歯を抜去し治療した上顎前突症例 .  九州矯正歯科学会誌   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 石丸 智也, 山口 泰彦, 服部 佳功, 小野 高裕, 荒井 良明, 長谷川 陽子, 志賀 博, 玉置 勝司, 田中 順子, 津賀 一弘, 安部倉 仁, 宮脇 正一, 前田 綾, 三上 紗季, 後藤田 章人, 佐藤 華織 .  日中覚醒時ブラキシズムの自覚の有無と咬筋活動の実態に関する検討 .  日本顎口腔機能学会雑誌27 ( 1-2 ) 24 - 27   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    日中覚醒時ブラキシズム(d-AB)の自覚の有無と日中覚醒時咬筋活動の実態の関係性について検討した。日中の歯ぎしりやくいしばりの自覚がある者、および健常者のうち、筋電図波形解析を終えた93名(男性42名、女性51名、平均27.16±10.29歳)を対象とした。このうち、日中咬みしめの自覚のあるものが45名(d-AB群)、自覚のないものが48名(N-d-AB群)であった。筋電図解析は測定2日目の筋電図データを対象とした。波形を抽出し、持続時間0.25~2秒未満の波形をPhasicバースト、2秒以上の波形をTonicバーストとした。波形群としては、間隔が3秒未満で三つ以上のPhasicバーストが連続するものをPhasicエピソード、一つ以上のTonicバーストを含むものをTonicエピソード、PhasicエピソードとTonicエピソードが混合したものをMixedエピソードと定義した。基線2倍以上のバースト数の平均はd-AB群が376.27/h、N-d-AB群が357.22/h、基線2倍以上のエピソード数の平均はd-AB群が47.13/h、N-d-AB群が47.12/hであり、両群の分布は近似しており有意な差は認められなかった。自覚にもとづいたd-AB疑い群と無自覚のd-AB疑いなし群における筋電図波形の波形数の数、大きさ、持続時間の分布はオーバーラップが大きいことが明らかとなった。d-AB陽性、d-AB陰性のカット持続時間のバリエーションはいずれも非常に大きいことが明らかとなり、多い場合は顎口腔系に負荷をかける要素となり得ることが推察された。

  • 石丸 智也, 山口 泰彦, 服部 佳功, 小野 高裕, 荒井 良明, 長谷川 陽子, 志賀 博, 玉置 勝司, 田中 順子, 津賀 一弘, 安部倉 仁, 宮脇 正一, 前田 綾, 三上 紗季, 後藤田 章人, 佐藤 華織 .  日中覚醒時ブラキシズムの自覚の有無と咬筋活動の実態に関する検討 .  日本顎口腔機能学会雑誌27 ( 1-2 ) 24 - 27   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    日中覚醒時ブラキシズム(d-AB)の自覚の有無と日中覚醒時咬筋活動の実態の関係性について検討した。日中の歯ぎしりやくいしばりの自覚がある者、および健常者のうち、筋電図波形解析を終えた93名(男性42名、女性51名、平均27.16±10.29歳)を対象とした。このうち、日中咬みしめの自覚のあるものが45名(d-AB群)、自覚のないものが48名(N-d-AB群)であった。筋電図解析は測定2日目の筋電図データを対象とした。波形を抽出し、持続時間0.25~2秒未満の波形をPhasicバースト、2秒以上の波形をTonicバーストとした。波形群としては、間隔が3秒未満で三つ以上のPhasicバーストが連続するものをPhasicエピソード、一つ以上のTonicバーストを含むものをTonicエピソード、PhasicエピソードとTonicエピソードが混合したものをMixedエピソードと定義した。基線2倍以上のバースト数の平均はd-AB群が376.27/h、N-d-AB群が357.22/h、基線2倍以上のエピソード数の平均はd-AB群が47.13/h、N-d-AB群が47.12/hであり、両群の分布は近似しており有意な差は認められなかった。自覚にもとづいたd-AB疑い群と無自覚のd-AB疑いなし群における筋電図波形の波形数の数、大きさ、持続時間の分布はオーバーラップが大きいことが明らかとなった。d-AB陽性、d-AB陰性のカット持続時間のバリエーションはいずれも非常に大きいことが明らかとなり、多い場合は顎口腔系に負荷をかける要素となり得ることが推察された。

    researchmap

  • 中川 祥子, 前田 綾, 福嶋 美佳, 石畑 清秀, 宮脇 正一 .  舌癌治療後に歯列弓の側方拡大を行った鞍状歯列弓を伴うAngle I級不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 7 - 13   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    舌癌の原因として、鞍状歯列弓による舌への機械的刺激が疑われた症例に対して、歯列弓の側方拡大による矯正歯科治療を行い、良好な結果を得たので報告する。患者は上皮内癌に対する舌部分切除術を行った27歳0ヵ月の女性で、舌癌の要因の一つと考えられる下顎歯列の叢生の改善を希望して受診した。患者の下顎歯列は鞍状歯列弓を呈しており、舌癌発症部位に近接する下顎臼歯部は著しく舌側傾斜していた。歯列弓の側方拡大および非抜歯による矯正歯科治療を行い、下顎歯列の叢生および鞍状歯列弓を改善した。動的治療2年後、クリアリテーナーによる保定を行った。保定4年を経過しているが、舌癌の再発は認めず、良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 渡邉 温子, 大賀 泰彦, 宮脇 正一 .  短根の上顎中切歯を抜去し治療した上顎前突症例 .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 14 - 18   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    初診時年齢16歳0ヵ月の女性で、上顎中切歯の短根を伴うアングルII級上顎前突症例に対して、予後不良であると判断した上顎中切歯および上下顎両側第三大臼歯の抜去を行い、上顎前突の改善を行った。動的治療期間は3年2ヵ月であり、上顎中切歯部に排列した上顎側切歯に歯根吸収を認めたが、歯冠歯根比は1:1と上顎中切歯の歯冠歯根比1:0.7と比較すると良好な結果を得ており、緊密な咬合が獲得された。装置撤去後、上顎側切歯にコンポジットレジンを築盛し形態修正を行った。保定を開始して2年6ヵ月経過後も安定した咬合が維持されている。(著者抄録)

  • 大迫 佑季, 前田 綾, 中川 祥子, 古川 みなみ, 大賀 泰彦, 高橋 広太郎, 大石 章仁, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 61 - 61   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    researchmap

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大石 章仁, 大賀 泰彦, 大迫 佑季, 古川 みなみ, 中川 祥子, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 61 - 61   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    researchmap

  • 山形 勁太, 大賀 泰彦, 權 相豪, 菅 真有, 楠元 淳也, 仙波 伊知郎, 宮脇 正一 .  自動埋入型骨固定装置を併用した歯科矯正用アンカースクリュー周囲骨の組織学的解析と荷重負荷時の安定性の評価 .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 63 - 63   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    researchmap

  • 宮脇正一,古川みなみ,丸谷佳菜子,福嶋美佳,石川崇典,渡邉温子,中川祥子,髙橋広太郎,大賀泰彦,前田綾. .  口腔機能の異常と早期治療の必要性 .  東京矯正歯科学会雑誌31   2021年

  • Taira S, Oga Y, Yagi T, Miyawaki S .  Treatment of complete transposition of upper right canine and first premolar and scissors-bite on second molars by non-extraction and retention of the transposed positions. .  Orthodontic Waves   2021年

     詳細を見る

  • 石丸 智也, 山口 泰彦, 服部 佳功, 小野 高裕, 荒井 良明, 長谷川 陽子, 志賀 博, 玉置 勝司, 田中 順子, 津賀 一弘, 安部倉 仁, 宮脇 正一, 前田 綾, 三上 紗季, 後藤田 章人, 佐藤 華織 .  日中覚醒時ブラキシズムの自覚の有無と咬筋活動の実態に関する検討 .  日本顎口腔機能学会雑誌27 ( 1 ) 24 - 27   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    日中覚醒時ブラキシズム(d-AB)の自覚の有無と日中覚醒時咬筋活動の実態の関係性について検討した。日中の歯ぎしりやくいしばりの自覚がある者、および健常者のうち、筋電図波形解析を終えた93名(男性42名、女性51名、平均27.16±10.29歳)を対象とした。このうち、日中咬みしめの自覚のあるものが45名(d-AB群)、自覚のないものが48名(N-d-AB群)であった。筋電図解析は測定2日目の筋電図データを対象とした。波形を抽出し、持続時間0.25~2秒未満の波形をPhasicバースト、2秒以上の波形をTonicバーストとした。波形群としては、間隔が3秒未満で三つ以上のPhasicバーストが連続するものをPhasicエピソード、一つ以上のTonicバーストを含むものをTonicエピソード、PhasicエピソードとTonicエピソードが混合したものをMixedエピソードと定義した。基線2倍以上のバースト数の平均はd-AB群が376.27/h、N-d-AB群が357.22/h、基線2倍以上のエピソード数の平均はd-AB群が47.13/h、N-d-AB群が47.12/hであり、両群の分布は近似しており有意な差は認められなかった。自覚にもとづいたd-AB疑い群と無自覚のd-AB疑いなし群における筋電図波形の波形数の数、大きさ、持続時間の分布はオーバーラップが大きいことが明らかとなった。d-AB陽性、d-AB陰性のカット持続時間のバリエーションはいずれも非常に大きいことが明らかとなり、多い場合は顎口腔系に負荷をかける要素となり得ることが推察された。

    DOI: 10.7144/sgf.27.24

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2021&ichushi_jid=J02994&link_issn=&doc_id=20220607170008&doc_link_id=10.7144%2Fsgf.27.24&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.7144%2Fsgf.27.24&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 渡邉温子, 大賀泰彦, 上之段麻美, 南 弘之, 宮脇正一 .  上顎左側側切歯の歯根外部吸収を有するアングルⅠ級を治療した1例 .  南九州歯学会誌2 ( 1 ) 12 - 18   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南九州歯学会  

    歯根外部吸収の主な要因として外傷,矯正歯科治療,ブラキシズム,隣在歯の抜歯,歯周疾患,歯周治療,歯の漂白などが報告されており,歯根外部吸収を伴う歯を矯正歯科治療により移動させる場合,移動中や移動後に歯根外部吸収が進行していないか注意しなければならない.本症例は初診時年齢17歳1ヵ月の男子で,下顎前歯部叢生と変色歯の改善を主訴に当科を受診した.上顎左側側切歯の歯根外部吸収を有するアングルI級症例に対して,エッジワイズ装置を用いて非抜歯での矯正歯科治療を行い,叢生を改善し緊密な咬合を確立後,上顎左側中切歯欠損部にブリッジによる補綴処置を行った.動的治療期間は1年11ヵ月であり,装置撤去後初診時と比較して上顎左側側切歯の歯根外部吸収に著明な進行は認めなかった.上顎左側側切歯の移動量を可及的に制限したことで,歯根外部吸収の悪化を防ぐことができたと考えられる.保定を開始して1年3ヵ月経過後も安定した咬合が維持されている.(著者抄録)

    researchmap

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. .  Effects of intra-oesophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness .    47 ( 5 ) 567 - 576   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/joor.12947

    Scopus

    PubMed

  • Staphylococcus aureus virulence affected by an alternative nisin a resistance mechanism .  Applied and Environmental Microbiology86 ( 8 ) 1 - 14   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Applied and Environmental Microbiology  

    DOI: 10.1128/AEM.02923-19

    Scopus

    PubMed

  • 小柳 宏太郎, 前田 綾, 石畑 清秀, 宮脇 正一 .  外科的矯正治療により下顎運動が改善した前歯部叢生と下顎前歯の著しい舌側傾斜を伴う骨格性下顎前突症例 .  Orthodontic Waves-Japanese Edition79 ( 1 ) 20 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    オトガイの突出と前歯部反対咬合および叢生を主訴に来院した初診時年齢22歳10ヵ月の女性に外科的矯正治療を行い、良好な治療結果を得たので報告する。患者の大臼歯関係はAngle Class IIIで骨格性下顎前突を呈しており、上下前歯部の叢生および下顎前歯の著しい舌側傾斜を認めた。術前矯正治療では、上顎歯列は第一小臼歯を抜去して叢生を改善し、下顎歯列は非抜歯で治療し、バイヘリックスで側方拡大した後、前歯の唇側傾斜を行った。その後、下顎枝矢状骨切り術で下顎骨を後方移動し、術後矯正治療を行った。治療後は良好な顔貌および咬合となり、顎口腔機能は開閉口路と咀嚼経路が安定した。保定2年5ヵ月を経過しているが、良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 丸谷 佳菜子, 權 相豪, 友成 博, 中村 典史, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と顎裂部への骨移植後に小臼歯の移植を行った両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会雑誌15 ( 1 ) 51 - 56   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    唇顎口蓋裂を伴う患者においては、歯槽骨の欠損、歯の傾斜・捻転や形態異常、歯数の異常などが高頻度に発現する。歯の欠損数や顎裂部の大きさによっては、矯正歯科治療単独による咬合改善は困難なことがある。両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う患者に対して、治療期間や隣在歯の負担を考慮して垂直的顎間関係の改善のために顎間骨整位術と顎裂部への骨移植を行い、上顎左側側切歯欠如部に便宜抜去した上顎左側第二小臼歯の移植を行い、良好な咬合を獲得したので報告する。(著者抄録)

  • 才ノ木 みなみ[古川], 前田 綾, 國則 貴玄, 楠元 淳也, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎歯列の遠心移動を行った骨格性III級ローアングル症例 .  九州矯正歯科学会雑誌15 ( 1 ) 40 - 44   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    初診時年齢15歳2ヵ月の女性で、切端咬合を伴う骨格性III級ローアングル症例に対して、エッジワイズ装置と歯科矯正用アンカースクリューを併用した矯正歯科治療を行った。下顎両側第一大臼歯近心に歯科矯正用アンカースクリューを埋入し、下顎両側第三大臼歯を抜去して、下顎歯列の遠心移動による前歯部の被蓋および臼歯関係の改善を行った。動的治療期間は1年5ヵ月であり、良好な咬合が獲得された。保定開始から2年経過後、明らかな後戻りは認められず、安定した咬合が維持されている。(著者抄録)

  • Taira S, Oga Y, Yagi T, Miyawaki S. .  Treatment of complete transposition of upper right canine and first premolar and scissors-bite on second molars by non-extraction and retention of the transposed positions .  Orthodontic Waves79 ( 4 ) 179 - 187   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Orthodontic Waves  

    DOI: 10.1080/13440241.2020.1843355

    Scopus

  • Yagi T, Ataka K, Kai-Chun C, Suzuki H, Ogata K, Yoshizaki Y, Takamine K, Kato I, Miyawaki S, Inui A, Asakawa A. .  Red rice koji extract alleviates hyperglycemia by increasing glucose uptake and glucose transporter type 4 levels in skeletal muscle in two diabetic mouse models .  Food and Nutrition Research64   1 - 9   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Food and Nutrition Research  

    DOI: 10.29219/fnr.v64.4226

    Scopus

    PubMed

  • Tomonari H, Seong C, Kwon S, Miyawaki S. .  Electromyographic activity of superficial masseter and anterior temporal muscles during unilateral mastication of artificial test foods with different textures in healthy subjects. .  Clin Oral Investig   10   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-018-2754-x.

    PubMed

  • Nakagawa S, Maeda-Iino A, Miyawaki S. .  Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. .  Orthod Craniofac Res22 ( 3 ) 10 - 167   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Orthodontics and Craniofacial Research  

    DOI: 10.1111/ocr.12306.

    Scopus

    PubMed

  • Yamashita T, Kawada-Matsuo M, Katsumata T, Watanabe A, Oogai Y, Nishitani Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. .  Antibacterial activity of disodium succinoyl glycyrrhetinate, a derivative of glycyrrhetinic acid against Streptococcus mutans. .  Microbiol Immunol63 ( 7 ) 251 - 260   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology and Immunology  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12717.

    Scopus

    PubMed

  • 菅 真有, 植田 紘貴, 山西 沙祐里, 宮脇 正一 .  舌突出癖とオトガイの偏位を伴う前歯部開咬に対して歯科矯正用アンカースクリューにより下顎臼歯部圧下と遠心移動を行った一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌14 ( 1 ) 25 - 31   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    我々は、舌突出癖と顔面非対称を伴う前歯部開咬症例に対し、歯科矯正用アンカースクリュー(以下、アンカースクリュー)を用いて、緊密な咬合を獲得することが出来たので報告する。患者は17歳3ヵ月の男性で、舌突出癖とオトガイの左方偏位を伴う前歯部開咬症例と診断した。下顎はアンカースクリューを埋入し、両側下顎大臼歯部の圧下によって適切な水平、垂直被蓋が得られた。また、下顎右側大臼歯の遠心移動により、下顎骨の左方偏位はカムフラージュされ、上下顎歯列正中は一致した。治療中は舌突出癖の防止のためタングクリブを併用した。現在治療後24ヵ月が経過し、良好な咬合が維持されている。(著者抄録)

  • 池森 宇泰, 八木 孝和, 大石 章仁, 池森 由幸, 宮脇 正一 .  Temporary Anchorage Devices(TADs)によって著しいオーバージェットと開咬及び、狭窄歯列を伴う骨格性II級を改善した症例 .  九州矯正歯科学会雑誌14巻 ( 1号 ) 32 - 38   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S. .  Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device. .  Angle Orthod89 ( 1 ) 47 - 53   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/121117-857.1.

    PubMed

  • 大賀 泰彦, 友成 博, 古川 みなみ, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューとリンガルブラケットを用いて下顎臼歯の遠心移動を行ったアングルII級2類症例 .  九州矯正歯科学会雑誌13 ( 1 ) 33 - 38   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    患者は初診時年齢23歳8ヵ月の女性で、下顎前歯部叢生と上下顎歯列正中の右方偏位を伴うアングルII級症例である。治療の経過として、上下顎歯列にカスタムメイドのリンガルブラケットを装着後、上顎は左側第二小臼歯を抜去し上顎歯列正中の左方移動を行った。下顎は両側第一大臼歯の近心に歯科矯正用アンカースクリュー(以下、アンカースクリュー)を埋入し、下顎臼歯の非対称な遠心移動により下顎歯列正中の左方移動を行った。動的治療期間は1年2ヵ月であり上下歯列正中の偏位と下顎歯列の叢生が改善され、良好な咬合が獲得された。保定開始から2年経過後、安定した咬合が維持されている。(著者抄録)

  • Yagi T. .  Treatment of severe maxillary hypoplasia with oligodontia and complete bilateral cleft lip and palate by maxillary anterior segmental distraction osteogenesis .  Orthodontic Waves77 ( 1 ) 57 - 65   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Orthodontic Waves  

    DOI: 10.1016/j.odw.2017.12.001

    Scopus

  • 福嶋 美佳, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一 .  カスタムメイドのリンガルブラケットを用いて治療期間の短縮を試みたアングルI級抜歯症例 .  九州矯正歯科学会雑誌13 ( 1 ) 39 - 44   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    患者は初診時年齢16歳6ヵ月の女性で、上下顎前歯部叢生を伴うアングルI級症例である。治療の経過として、上下顎歯列にカスタムメイドのリンガルブラケット矯正装置を装着後、上下顎両側第一小臼歯を抜去し、同日より犬歯の牽引を開始した。その後、上下顎前歯部叢生の改善および前歯の舌側移動を行った。治療期間中の審美性に配慮しながら、カスタムメイドの矯正装置を用いることにより、1年の動的治療期間で良好な咬合が獲得された。保定開始から2年経過後も、安定した咬合が維持されている。(著者抄録)

  • Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T. .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression. .  Biochem Biophys Res Commun493 ( 3 ) 1243 - 1249   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.09.143.

    Scopus

    PubMed

  • Tomonari H, Takada H, Hamada T, Kwon S, Sugiura T, Miyawaki S. .  Micrognathia with temporomandibular joint ankylosis and obstructive sleep apnea treated with mandibular distraction osteogenesis using skeletal anchorage: a case report. .  Head Face Med13 ( 1 ) 20   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13005-017-0150-4.

    PubMed

  • Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S. .  Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. .  Angle Orthod87 ( 6 ) 855 - 862   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angle Orthodontist  

    DOI: 10.2319/031317-188.1.

    Scopus

    PubMed

  • Maeda-Iino A. .  Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 2: Relationship between root resorption, horizontal tooth movement, and quantity of grafted autogenous bone .  Angle Orthodontist87 ( 6 ) 863 - 870   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Angle Orthodontist  

    DOI: 10.2319/031317-189.1

    Scopus

    PubMed

  • Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Miyawaki S. .  Differences between the chewing and non-chewing sides of the mandibular first molars and condyles in the closing phase during chewing in normal subjects. .  Arch Oral Biol81   198 - 205   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archoralbio.2017.05.006.

    PubMed

  • 八木 孝和, 菅 真有, 宮脇 正一 .  顎関節症患者にスプリント療法と矯正治療を施した不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会雑誌12 ( 1 ) 9 - 17   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    顎関節症状を再発する顎関節症患者には、咬合再構築による安定化を図る必要がある。そこで、顎関節症を伴う不正咬合患者に咬合の安定を目的とした矯正治療を行った結果、顎関節症状の改善の維持と良好な咬合の獲得がなされたので報告する。症例は軽度開咬を示す37歳2ヵ月の女性で、咀嚼筋痛と開口障害が認められた。MRI所見から、右側顎関節円板が軽度の前方転位傾向を示し、滑液が流出して関節円板が吸着するスタックディスクが生じていた可能性が疑われた。顎関節症を繰り返していたため、スプリントを利用しながら矯正治療による咬合の確立を行った。保定後2年を経過しても顎関節症状の再発は認めず、咬合は安定していることが確認された。(著者抄録)

  • 菅 真有, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  舌癖と前歯部開咬を伴うハイアングル成人症例の一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌12 ( 1 ) 1 - 8   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    我々は、舌癖を伴う骨格性開咬症例に対し、前歯の挺出を防止しながら、緊密な咬合と側方運動を含む顎口腔機能の改善をすることが出来たので報告する。患者は19歳5ヵ月の女性で、舌癖と前歯部開咬を伴うハイアングル症例と診断した。歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯を圧下する案とハイプルヘッドギアを用いて臼歯の挺出を防止する案を提示し、患者は後者を選択し、上下顎第一小臼歯の抜去を伴うエッジワイズ装置による治療を行った。その結果、上下顎前歯部の舌側移動によって適切な水平、垂直被蓋が得られ、上下口唇の突出が改善し、側貌の改善を認めた。現在治療後30ヵ月が経過し、良好な顔貌と咬合が維持されている。(著者抄録)

  • 山本 芳丈, 國則 貴玄, 白方 良典, 宮脇 正一 .  垂直性骨欠損を伴う上顎前突症患者にエムドゲインを用いた歯周外科処置と矯正治療を併用した症例 .  九州矯正歯科学会雑誌12巻 ( 1号 ) 28 - 36   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masuhara M, Tsukahara T, Tomita K, Furukawa M, Miyawaki S, Sato T. .  A relation between osteoclastogenesis inhibition and membrane-type estrogen receptor GPR30. .  Biochem Biophys Rep8   389 - 394   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2016.10.013.

    PubMed

  • Ueda H, Suga M, Yagi T, Kusumoto-Yoshida I, Kashiwadani H, Kuwaki T, Miyawaki S .  Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats .  The American Journal of Physiology311 ( 5 ) 964 - 970   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 野添 悦郎, 石畑 清秀, 大河内 孝子, 下松 孝太, 松本 幸三, 窪田 健司, 國則 貴玄, 宮脇 正一, 中村 典史 .  エナメル上皮腫に対する腫瘍切除、腸骨移植による下顎骨再建後に下顎骨後方移動術を行った1例 .  日本顎変形症学会雑誌26巻 ( 3号 ) 220 - 227   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Ohmure, K. Kanematsu-Hashimoto, K. Nagayama, H. Taguchi, A. Ido,K. Tominaga, T. Arakawa, and S. Miyawaki .  Evaluation of a Proton Pump Inhibitor for Sleep Bruxism: A Randomized Clinical Trial .  Journal of Dental Research   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 權 相豪, 友成 博, 北嶋 文哲, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯の圧下を行った顎関節症を伴うAngle II級開咬症例 .  九州矯正歯科学会雑誌11巻 ( 1号 ) 43474   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 植田 紘貴, 迫口 陽子, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを併用して非抜歯治療を行った骨格性II級ハイアングル症例の一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌11巻 ( 1号 ) 43754   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitashima F, Tomonari H, Kuninori T, Uehara S, Miyawaki S. .  Modulation of the masticatory path at the mandibular first molar throughout the masticatory sequence of a hard gummy jelly in normal occlusion. .  Cranio33 ( 4 ) 263 - 270   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/08869634.2015.1097275.

    PubMed

  • Miyawaki S, Tomonari H, Yagi T, Kuninori T, Oga Y, Kikuchi M. .  Development of a novel spike-like auxiliary skeletal anchorage device to enhance miniscrew stability. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop148 ( 2 ) 338 - 344   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2015.02.030.

    PubMed

  • Tomonari H, Yagi T, Kuninori T, Ikemori T, Miyawaki S. .  Replacement of a first molar and 3 second molarsツby the mesial inclination of 4 impacted third molars in an adult with a Class II Division 1ツmalocclusion. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop147 ( 6 ) 755 - 765   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2014.05.030.

    PubMed

  • Maeda A, Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T. .  Induction of CXCL2 and CCL2 by pressure force requires IL-1ホイ-MyD88 axis in osteoblasts. .  Bone74   76 - 82   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2015.01.007.

    PubMed

  • Nagayama K, Tomonari H, Kitashima F, Miyawaki S. .  Extraction treatment of a class II division 2 malocclusion with mandibular posterior discrepancy and changes in stomatognathic function. .  Angle Orthod85 ( 2 ) 314 - 321   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/031414-194.1.

    PubMed

  • 福重雅美, 前田 綾, 上原沢子, 植田紘貴, 帆北友紀, 中村典史, 宮脇正一 .  矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態と関心事 .  日本口蓋裂学会雑誌40 ( 1 ) 13 - 22   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 北嶋 文哲, 上村 裕希, 友成 博, 永山 邦宏, 宮脇 正一 .  上顎左側第一大臼歯欠損を伴うAngle II級2類不正咬合の一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌10巻 ( 1号 ) 43473   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari H, Ikemori T, Kubota T, Uehara S, Miyawaki S. .  First molar cross-bite is more closely associated with a reverse chewing cycle than anterior or pre-molar cross-bite during mastication. .  J Oral Rehabil41 ( 12 ) 890 - 896   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/joor.12222.

    PubMed

  • 窪田 健司, 友成 博, 永山 邦宏, 宮脇 正一 .  拡大ネジ付きアクチベーターとエッジワイズ装置を用いて非抜歯治療を行ったAngle II級1類症例 .  九州矯正歯科学会雑誌10巻 ( 1号 ) 43726   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda A, Uehara S, Suga M, Nishihara K, Nakamura N, Miyawaki S .  Changes in grafted autogenous bone during edgewise treatment in patients with unilateral cleft lip/palate or alveolus .  Cleft Palate-Craniofacial J51 ( 5 ) 525 - 532   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohmure H, Sakoguchi Y, Nagayama K, Numata M, Tsubouchi H, Miyawaki S. .  Influence of experimental oesophageal acidification on masseter muscle activity, cervicofacial behaviour and autonomic nervous activity in wakefulness. .  J Oral Rehabil41 ( 6 ) 423 - 431   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/joor.12159.

    PubMed

  • Kuninori T, Tomonari H, Uehara S, Kitashima F, Yagi T, Miyawaki S .  Influence of maximum bite force on jaw movement during gummy jelly mastication .  J Oral Rehabil41 ( 5 ) 338 - 345   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomonari H, Kubota T, Yagi T, Kuninori T, Kitashima F, Uehara S, Miyawaki S .  Posterior scissors-bite: Masticatory jaw movement and muscle activity .  J Oral Rehabil41 ( 4 ) 257 - 265   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三宅 美智, 末安 民生, 西池 絵衣子, 野田 毅, 林 年美, 宮脇 佳代子, 奥谷 広行, 金子 和則, 杉本 正一, 太 勝美, 椎葉 一晃, 東本 元基, 稲田 健志郎, 坂本 尊子, 深瀬 正明, 大谷 須美子, 小瀬古 伸幸, 近藤 智明, 平田 嘉弘, 大上 陽子, 矢木 康寛, 川村 信宏, 阪本 裕一 .  精神科病棟における隔離・身体拘束最小化のための看護師の観察に基づいたアセスメントシートの検討 .  天理医療大学紀要2巻 ( 1号 ) 65 - 74   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishihara K, Nozoe E, Maeda A, Hirahara N, Okawachi T, Miyawaki S, Nakamura N. .  Outcome following secondary autogenous bone grafting before and after canine eruption in patients with unilateral cleft lip and palate. .  Cleft Palate Craniofac J51 ( 2 ) 165 - 171   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1597/11-298.

    PubMed

  • Sakaguchi K, Yagi T, Maeda A, Nagayama K, Uehara S, Saito-Sakoguchi Y, Kanematsu K, Miyawaki S. .  Association of problem behavior with sleep problems and gastroesophageal reflux symptoms. .  Pediatr Int56 ( 1 ) 24 - 30   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12201.

    PubMed

  • Kohjitani A, Miyawaki T, Miyawaki S, Nakamura N, Iwase Y, Nishihara K, Ohno S, Shimada M, Sugiyama K. .  Features of lateral cephalograms associated with difficult laryngoscopy in Japanese children undergoing oral and maxillofacial surgery. .  Paediatr Anaesth23 ( 11 ) 994   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pan.12178.

    PubMed

  • Maeda A, Sakoguchi Y, Miyawaki S. .  Patient with oligodontia treated with a miniscrew for unilateral mesial movement of the maxillary molars and alignment of an impacted third molar. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop144 ( 3 ) 430 - 440   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2012.08.032.

    PubMed

  • Yagi T, Asakawa A, Ueda H, Miyawaki S, Inui A. .  The role of ghrelin in patients with functional dyspepsia and its potential clinical relevance (Review). .  Int J Mol Med32 ( 3 ) 523 - 531   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijmm.2013.1418.

    PubMed

  • Yagi T, Asakawa A, Ueda H, Ikeda S, Miyawaki S, Inui A. .  The role of zinc in the treatment of taste disorders. .  Recent Pat Food Nutr Agric5 ( 1 ) 44 - 51   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kataoka T, Kawanabe N, Shiraga N, Hashimoto T, Deguchi T, Miyawaki S, Takano-Yamamoto T, Yamashiro T. .  The influence of craniofacial morphology on mandibular border movements. .  Cranio31 ( 1 ) 14 - 22   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 兼松 恭子, 上村 裕希, 吉田 礼子, 菅 真有, 宮脇 正一 .  水平埋伏した下顎左側犬歯が顎骨内で右側前歯部から右側小臼歯部へ動いた症例 .  九州矯正歯科学会雑誌8巻 ( 1号 ) 17 - 24   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 迫口 陽子, 前田 綾, 吉田 礼子, 高田 寛子, 宮脇 正一 .  矯正治療後に顎関節症状が改善した下顎の側方への機能的偏位と咬筋肥大を伴うアングルII級ローアングル症例 .  九州矯正歯科学会雑誌8巻 ( 1号 ) 61 - 68   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 倉谷 豪, 上原 沢子, 山本 芳丈, 宮脇 正一 .  下顎切歯部に癒合歯を有するAngle I級不正咬合症例の一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌8巻 ( 1号 ) 53 - 60   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yagi T, Ueda H, Amitani H, Asakawa A, Miyawaki S, Inui A. .  The role of ghrelin, salivary secretions, and dental care in eating disorders. .  Nutrients4 ( 8 ) 967 - 989   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 星野 顕宏, 金兼 弘和, 西田 直徳, 野村 恵子, 大賀 正一, 宮脇 利男 .  抗菌薬投与により治癒し得た再発性肝膿瘍を合併した慢性肉芽腫症の一例 .  小児感染免疫24巻 ( 2号 ) 175 - 179   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohmure H, Takada H, Nagayama K, Sakiyama T, Tsubouchi H, Miyawaki S. .  Mastication suppresses initial gastric emptying by modulating gastric activity. .  J Dent Res91 ( 3 ) 293 - 298   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0022034511433847.

    PubMed

  • 高田 寛子, 友成 博, 前田 綾, 八木 孝和, 宮脇 正一 .  顎矯正手術後にチタンスクリューを用いて顎間固定を行った骨格性下顎前突症例の1治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌7巻 ( 1号 ) 49 - 54   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohmure H, Oikawa K, Kanematsu K, Saito Y, Yamamoto T, Nagahama H, Tsubouchi H, Miyawaki S. .  Influence of experimental esophageal acidification on sleep bruxism: a randomized trial. .  J Dent Res90 ( 5 ) 665 - 671   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0022034510393516.

    PubMed

  • 上村 裕希, 北嶋 文哲, 迫口 陽子, 飯野 祥一朗, 宮脇 正一 .  下顎切歯根尖部に水平埋伏した犬歯の開窓・牽引を行った一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌6巻 ( 1号 ) 71 - 80   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togawa R, Iino S, Miyawaki S. .  Skeletal Class III and open bite treated with bilateral sagittal split osteotomy and molar intrusion using titanium screws. .  Angle Orthod80 ( 6 ) 1176 - 1184   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/021910-102.1.

    PubMed

  • Nagayama K, Suenaga S, Nagata J, Takada H, Majima HJ, Miyawaki S. .  Clinical significance of magnetization transfer contrast imaging for edematous changes in masticatory muscle. .  J Comput Assist Tomogr34 ( 2 ) 233 - 241   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RCT.0b013e3181bb2002.

    PubMed

  • Taira K, Iino S, Kubota T, Fukunaga T, Miyawaki S. .  Effects of mandibular advancement plus prohibition of lower incisor movement on mandibular growth in rats. .  Angle Orthod79 ( 6 ) 1095 - 1101   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/112608-603R.1.

    PubMed

  • Togawa R, Ohmure H, Sakaguchi K, Takada H, Oikawa K, Nagata J, Yamamoto T, Tsubouchi H, Miyawaki S. .  Gastroesophageal reflux symptoms in adults with skeletal Class III malocclusion examined by questionnaires. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop136 ( 1 ) 10   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2008.09.025.

    PubMed

  • Maeda A, Soejima K, Ogura M, Ohmure H, Sugihara K, Miyawaki S. .  Orthodontic treatment combined with mandibular distraction osteogenesis and changes in stomatognathic function. .  Angle Orthod78 ( 6 ) 1125 - 1132   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/111907-539.1.

    PubMed

  • Ohmure H, Miyawaki S, Nagata J, Ikeda K, Yamasaki K, Al-Kalaly A. .  Influence of forward head posture on condylar position. .  J Oral Rehabil35 ( 11 ) 795 - 800   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2842.2007.01834.x.

    PubMed

  • Fukunaga T, Murakami T, Tanaka H, Miyawaki S, Yamashiro T, Takano-Yamamoto T. .  Dental and craniofacial characteristics in a patient with leprechaunism treated with insulin-like growth factor-I. .  Angle Orthod78 ( 4 ) 745 - 751   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/0003-3219(2008)078[0745:DACCIA]2.0.CO;2.

    PubMed

  • Iino S, Taira K, Machigashira M, Miyawaki S. .  Isolated vertical infrabony defects treated by orthodontic tooth extrusion. .  Angle Orthod78 ( 4 ) 728 - 736   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/0003-3219(2008)078[0728:IVIDTB]2.0.CO;2.

    PubMed

  • 宮脇 正一, 出口 徹, 村上 薫, 本城 正, 福永 智広, 上岡 寛, 吉田 登志子, 山本 照子 .  説明系OSCE開始直後の評価の信頼性 .  日本歯科医学教育学会雑誌23巻 ( 3号 ) 299 - 304   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮脇 正一 .  環境調整を中心とした長期隔離処遇患者へのアプローチ 患者とスタッフの変化を振り返って .  日本精神科看護学会誌50巻 ( 2号 ) 394 - 398   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮脇 正一, 小椋 幹記, 瀬戸口 尚志, 小山 徹, 西原 一秀, 吉田 礼子, 坂口 勝義, 田畑 純, 五月女 さき子, 石神 哲郎, 川島 清美, 佐藤 強志, 重田 浩樹, 西 恭宏, 徳田 雅行, 志野 久美子, 鳥居 光男, 西川 殷維 .  ITの活用と導線の工夫などによる客観的臨床能力試験(OSCE)の新たな人的資源削減の試みとその効果 .  日本歯科医学教育学会雑誌23巻 ( 1号 ) 56 - 64   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上岡 寛, 宮脇 正一, 那須 美穂, 山本 照子 .  英語原著論文を用いた岡山大学歯学部5年次生への教育について アンケートからの考察 .  日本歯科医学教育学会雑誌22巻 ( 3号 ) 307 - 312   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogura M, Al-Kalaly A, Sakashita R, Kamegai T, Miyawaki S. .  Relationship between anteroposterior cranial vault deformation and mandibular morphology in a pre-Columbian population. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop130 ( 4 ) 535 - 539   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Matsuno A, Tanaka H, Iwamuro H, Takanashi S, Miyawaki S, Nakashima M, Nakaguchi H, Nagashima T. .  Analyses of the factors influencing bone graft infection after delayed cranioplasty. .  Acta Neurochir (Wien)148 ( 5 ) 535   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tanimoto Y, Miyawaki S, Imai M, Takeda R, Takano-Yamamoto T. .  Orthodontic treatment of a patient with an impacted maxillary second premolar and odontogenic keratocyst in the maxillary sinus. .  Angle Orthod75 ( 6 ) 1077 - 1083   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kuratani T, Miyawaki S, Murakami T, Takano-Yamamoto T. .  Early orthodontic treatment and long-term observation in a patient with Morquio syndrome. .  Angle Orthod75 ( 5 ) 881 - 887   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Deguchi T, Honjo T, Fukunaga T, Miyawaki S, Roberts WE, Takano-Yamamoto T. .  Clinical assessment of orthodontic outcomes with the peer assessment rating, discrepancy index, objective grading system, and comprehensive clinical assessment. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop127 ( 4 ) 434 - 443   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Araki Y, Tanimoto Y, Katayama A, Fujii A, Imai M, Takano-Yamamoto T. .  Occlusal force and condylar motion in patients with anterior open bite. .  J Dent Res84 ( 2 ) 133 - 137   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Yashiro K, Miyawaki S, Takada K. .  Stabilization of jaw-closing movements during chewing after correction of incisor crossbite. .  J Oral Rehabil31 ( 10 ) 949 - 956   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Yashiro K, Miyawaki S, Tome W, Yasuda Y, Takada K. .  Improvement in smoothness of the chewing cycle following treatment of anterior crossbite malocclusion: a case report. .  Cranio22 ( 2 ) 151 - 159   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Fujiki T, Inoue M, Miyawaki S, Nagasaki T, Tanimoto K, Takano-Yamamoto T. .  Relationship between maxillofacial morphology and deglutitive tongue movement in patients with anterior open bite. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop125 ( 2 ) 160 - 167   2004年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyatake E, Miyawaki S, Morishige Y, Nishiyama A, Sasaki A, Takano-Yamamoto T. .  Class III malocclusion with severe facial asymmetry, unilateral posterior crossbite, and temporomandibular disorders. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop124 ( 4 ) 435 - 445   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Koyama I, Inoue M, Mishima K, Sugahara T, Takano-Yamamoto T. .  Factors associated with the stability of titanium screws placed in the posterior region for orthodontic anchorage. .  Am J Orthod Dentofacial Orthop124 ( 4 ) 373 - 378   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kirita T, Ohgi K, Kawakami M, Miyawaki S, Okamoto M, Yamanaka Y, Sugimura M. .  Primary tumour resection of tongue carcinoma based on response to preoperative therapy. .  Int J Oral Maxillofac Surg31 ( 3 ) 267 - 272   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Ohkochi N, Kawakami T, Sugimura M. .  Changes in masticatory muscle activity according to food size in experimental human mastication. .  J Oral Rehabil28 ( 8 ) 778 - 784   2001年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Yasuda Y, Yashiro K, Takada K. .  Changes in masticatory jaw movement and muscle activity following surgical orthodontic treatment of an adult skeletal Class III case. .  Clin Orthod Res4 ( 2 ) 119 - 123   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Tanimoto Y, Inoue M, Sugawara Y, Fujiki T, Takano-Yamamoto T. .  Condylar motion in patients with reduced anterior disc displacement. .  J Dent Res80 ( 5 ) 1430 - 1435   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Shiai Y, Takada K. .  Changes in the masticatory jaw movement following orthodontic traction of an impacted and transposed upper canine and occlusal adjustment. .  Clin Orthod Res4 ( 1 ) 43 - 49   2001年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Tanimoto Y, Kawakami T, Sugimura M, Takano-Yamamoto T. .  Motion of the human mandibular condyle during mastication. .  J Dent Res80 ( 2 ) 437 - 442   2001年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Oya S, Noguchi H, Takano-Yamamoto T. .  Long-term changes in dentoskeletal pattern in a case with Beckwith-Wiedemann syndrome following tongue reduction and orthodontic treatment. .  Angle Orthod70 ( 4 ) 326 - 331   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Miyawaki S, Takada K. .  Incisor crossbite and repaired unilateral cleft lip and palate: changes in jaw movement and temporalis muscle activity before and after edgewise treatment--case report. .  Cleft Palate Craniofac J34 ( 6 ) 533 - 537   1997年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 宮脇正一 .  形成手術を受けた片側性唇顎ロ蓋裂児の咀嚼機能について : 咬合状態と咀嚼機能との関連性に関する研究 .  大阪大学歯学雑誌39 ( 1 ) 96 - 122   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Takada K, Nagata M, Miyawaki S, Kuriyama R, Yasuda Y, Sakuda M. .  Automatic detection and measurement of EMG silent periods in masticatory muscles during chewing in man. .  Electromyogr Clin Neurophysiol32 ( 43749 ) 499 - 505   1992年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 歯科矯正学 第6版

    宮脇正一.(飯田順一郎,葛西一貴,後藤滋巳,末石研二,槇宏太郎,山城隆編)( 担当: 編集)

    医歯薬出版株式会社  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:57-65, 285-289   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療アトラス

    宮脇正一(友成博,大賀泰彦,權相豪), 福井和徳(川鍋仁,渡辺敦,海老澤聡一),山城隆(伊藤慎将)他.

    プロシード  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:61-76  

  • 新よくわかる顎口腔機能―顎口腔機能検査法その1(EMG等)睡眠時ブラキシズムと胃食道逆流―

    宮脇正一,永山邦宏,前田 綾( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2017年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:83-85   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 歯科矯正学 第5版

    宮脇正一(相馬那道、後藤滋巳、葛西一貴、山本照子、飯田順一郎編)( 担当: 編集 ,  範囲: 18章 永久歯列期の矯正治療 Ⅰ上顎前突)

    医歯薬出版株式会社  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 顎顔面領域の不随意運動(高戸毅,天笠光雄,葛西一貴,古郷幹彦,須佐美隆史,鈴木茂彦,谷口尚,新美成二編)

    宮脇正一、吉田和也( 担当: 共著)

    口と歯の事典  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 実践 インプラント固定による矯正歯科治療

    Sung Jae-Hyun, 山本 照子, 宮脇 正一( 担当: 単著)

    砂書房  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ハイパーテキストマシンの歯科矯正への応用: ハイパーテキストマシンの歯科矯正への応用

    高田健治, 宮脇正一( 担当: 単著)

    クインテッセンス出版  1994年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • プリアジャストエッジワイズ法-装置とメカニクス-

    高田健治, 宮脇正一 他( 担当: 単著)

    プロスペクト  1994年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • こんな人をご存知ですか?エナメル質形成不全症のX-連鎖形成不全型の臨床的および家系的研究

    宮脇正一, 高田健治( 担当: 単著)

    ザ・クインテッセンス  1990年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 【まるごとわかるブラキシズム】(Chapter 2)睡眠時ブラキシズム 小児の睡眠時ブラキシズム

    宮脇 正一, 前田 綾, 渡邉 温子, 中川 祥子, 成 昌建

    デンタルハイジーン   別冊 ( まるごとわかるブラキシズム )   74 - 79   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

  • 大型研究推進委員会の取り組み 大型医療研究推進フォーラムから学ぶ「革新的歯科医療研究の開発」

    山本 照子, 日下 輝雄, 宮脇 正一, 島田 康史, 中西 康, 吉田 靖弘, 山城 隆

    日本歯科医学会連合雑誌   1   12 - 16   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学会連合  

    医科では高額医療が次々と実用化され,保険収載されている。健康保険制度の破綻防止のため医療費の削減圧力が今まで以上に高まれば,技術開発で後れを取る歯科では,必然的に診療報酬の減少が避けられなくなる。歯科でも新しい医療器材の実用化に向け,イノベーションの創出が急務であろう。しかし,歯科のテーマで国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の大型医療研究費を獲得した例は少ない。大型研究推進委員会では,2017年以降6回のフォーラムを通じて,AMEDの各研究開発事業の特徴と提案書作成の注意点,特許,薬事,さらに研究プロジェクトの具体例など,大型研究費獲得に向けて会員の皆様に役立つ情報を提供してきた。しかしながら,これらの情報はそのまま提案書に反映できる訳ではない。個々の情報を会員の各位が自らの中でつなげ,研究に活かしていく必要がある。そこで本稿では,フォーラムで報告された内容を基に,提案書作成に必要なエッセンスを解説する。(著者抄録)

  • 口腔機能の異常と早期治療の必要性

    宮脇 正一, 古川 みなみ, 丸谷 佳菜子, 福嶋 美佳, 石川 崇典, 渡邉 温子, 中川 祥子, 高橋 広太郎, 大賀 泰彦, 前田 綾

    東京矯正歯科学会雑誌   31 ( 2 )   140 - 147   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京矯正歯科学会  

  • 口腔機能の異常と早期治療の必要性

    宮脇正一,古川みなみ,丸谷佳菜子,福嶋美佳,石川崇典,渡邉温子,中川祥子,髙橋広太郎,大賀泰彦,前田綾.

    東京矯歯誌   31   140 - 147   2021年

  • 鹿児島大学病院における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の矯正歯科治療 査読

    前田 綾,丸谷 佳菜子,中川 祥子,渡邉 温子,大賀 泰彦,宮脇 正一

    南九州歯学会雑誌   1 ( 1 )   19 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.

    前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一

    鹿歯会報   150 ( 729 )   11 - 13   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 細胞内鉄動態と酸化ストレス抵抗性.

    富田和男,桑原義和,五十嵐健人,高裕子,長澤大成,山西沙祐里,西谷佳浩,漆原佑介,宮脇正一,栗政明弘,福本学,佐藤友昭

    東北医科薬科大学研究誌   66   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • Delay of GABA switch due to early-life stress leads to developmental disorder.

    Furukawa M,Yamanishi S,Igarashi K,Tomita K,Miyawaki S,Sato T

    Atlas of science   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ストレス関連病態におけるGABA応答障害の関与.

    五十嵐健人,富田和男,桑原義和,山西沙祐里,古川みなみ,宮脇正一,栗政明弘,佐藤友昭

    東北医科薬科大学研究誌   65   7 - 10   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態

    富田 和男, 桑原 義和, 高 裕子, 並河 英紀, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 山西 沙祐里, 古川 みなみ, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 64 )   49 - 55   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 顎関節症患者の機能評価のガイドライン(2016改訂版)

    皆木 省吾, 山崎 要一, 矢谷 博文, 志賀 博, 山口 泰彦, 服部 佳功, 吉田 教明, 石垣 尚一, 加藤 均, 三浦 宏之, 荒川 一郎, 岡本 和彦, 小野 高裕, 横山 正起, 岡田 和樹, 小川 徹, 菅沼 岳史, 藤澤 政紀, 沖 和広, 坂口 究, 重本 修伺, 瑞森 崇弘, 小見山 道, 田中 恭恵, 堀 一浩, 渡邉 明, 宮脇 正一, 山田 一尋, 斉藤 一誠, 長谷川 信乃, 早崎 治明, 井上 富雄, 井上 誠, 大川 周治, 川良 美佐雄, 祇園白 信仁, 小林 博, 古谷野 潔, 佐々木 啓一, 田中 昌博, 田村 康夫, 野村 修一, 藤村 哲也, 増田 裕次, 鱒見 進一, 倉持 淳子, 昆 はるか, 櫻井 直樹, 山本 早織, 日本顎口腔機能学会, 日本顎口腔機能学会ガイドライン統括委員会

    日本顎口腔機能学会雑誌   23 ( 2 )   37 - 109   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 睡眠時ブラキシズムの新たな治療の可能性.

    永山邦宏,福嶋美佳,大石章仁,宮脇正一

    歯科医師会会報   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 有床義歯装着者の機能評価のガイドライン(2016改訂版)

    皆木 省吾, 山崎 要一, 矢谷 博文, 志賀 博, 山口 泰彦, 服部 佳功, 吉田 教明, 石垣 尚一, 加藤 均, 三浦 宏之, 荒川 一郎, 岡本 和彦, 小野 高裕, 横山 正起, 岡田 和樹, 小川 徹, 菅沼 岳史, 藤澤 政紀, 沖 和広, 坂口 究, 重本 修伺, 瑞森 崇弘, 小見山 道, 田中 恭恵, 堀 一浩, 渡邉 明, 宮脇 正一, 山田 一尋, 斉藤 一誠, 長谷川 信乃, 早崎 治明, 井上 富雄, 井上 誠, 大川 周治, 川良 美佐雄, 祇園白 信仁, 小林 博, 古谷野 潔, 佐々木 啓一, 田中 昌博, 田村 康夫, 野村 修一, 藤村 哲也, 増田 裕次, 鱒見 進一, 倉持 淳子, 昆 はるか, 櫻井 直樹, 山本 早織, 日本顎口腔機能学会, 日本顎口腔機能学会ガイドライン統括委員会

    日本顎口腔機能学会雑誌   23 ( 2 )   3 - 35   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The usefulness of diagnostic imaging for the assessment of pain symptoms in temporomandibular disorders.

    Suenaga S, Nagayama K, Nagasawa T, Indo H, Majima H

    JDSR   52 ( 4 )   93 - 106   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ストレスと精神病発症の可能性と関連性~ストレスがCl-トランスポーターを介して及ぼす影響~.

    塚原飛央,増原正明,古川みなみ, 宮脇正一, 佐藤友昭

    鹿歯会報 TEETHful   127 ( 706 )   9 - 11   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 臼歯部不正咬合を伴う患者の咀嚼機能の特徴と習慣性咀嚼側との関連性 査読

    友成 博,窪田健司,池森宇泰,國則貴玄,上原沢子,北嶋文哲,宮脇正一

    歯科医師会会報   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 酸蝕症とブラキシズム

    宮脇正一, 植田紘貴, 前田 綾

    小児歯科臨床   19 ( 5 )   38 - 42   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 鹿児島大学歯学部カリキュラム改善ワーキンググループ活動報告

    宮脇正一, 植田紘貴, 松山孝司, 佐藤強志, 徳田雅行, 山中淳之, 峰 和治, 大西智和, 松尾美樹, 山口泰平, 岩崎智憲, 迫口賢二, 鎌下祐次, 新田哲也, 比地岡浩志, 糀谷 敦, 西村正宏, 菊地聖史, 田口則宏, 佐藤友昭

    鹿児島大学歯学部紀要   34   107 - 111   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 多田亮平, 石畑清秀, 中囿賢太, 大河内孝子, 野添悦郎, 前田綾, 大賀泰彦, 宮脇正一, 中村典史. .  鹿児島大学口腔顎顔面外科における顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  第4回南九州歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

  • 日野沙耶佳, 前田綾, 中川祥子, 宮脇正一 .  性別、年齢、外科的矯正治療適用の有無および顎顔面形態が矯正歯科治療患者の心理評価に与える影響 .  第4回南九州歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

  • 多田亮平, 石畑清秀, 中囿賢太, 大河内孝子, 野添悦郎, 前田綾, 大賀泰彦, 宮脇正一, 中村典史 .  鹿児島大学口腔顎顔面外科における顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  第4回南九州歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    researchmap

  • 日野沙耶佳, 前田綾, 中川祥子, 宮脇正一 .  性別、年齢、外科的矯正治療適用の有無および顎顔面形態が矯正歯科治療患者の心理評価に与える影響 .  第4回南九州歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    researchmap

  • 石畑清秀, 中囿賢太, 多田亮平, 野添悦郎, 宮脇正一, 中村典史 .  唇顎口蓋裂患者のLefort Ⅰ 骨切り線と翼突上顎縫合部のCT画像による形態評価 .  第32回日本顎変形症学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 多田亮平, 石畑清秀, 中囿賢太, 野添悦郎, 宮脇正一, 中村典史 .  当科開設後40年間の顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  第32回日本顎変形症学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 中囿賢太, 石畑清秀, 多田亮平, 大賀泰彦, 山形圭一郎, 宮脇正一, 野添悦郎,中村典史 .  前歯部歯槽骨切り術で咬合改善を図った顎変形症患者の治療経験 .  第32回日本顎変形症学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 大迫佑季, 大賀泰彦, 岐部俊郎, 中村典史, 宮脇正一 .  顎間骨整位術と外科的矯正治療を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う反対咬合症例 .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月 - 2022年6月

  • 前田 綾,中川 祥子,丸谷 佳菜子,岐部 俊郎,中村 典史,宮脇 正一 .  鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

  • 丸谷佳菜子, 前田綾, 大賀泰彦, 中川祥子, 渡邉温子, 石畑清秀, 中村典史, 宮脇正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の顎裂を含む顎骨の形態と鼻腔の形態・通気性との関連について .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

  • 前田 綾, 中川 祥子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    researchmap

  • 大迫佑季,前田綾,中川祥子,古川みなみ,大賀泰彦,髙橋広太郎,福嶋美佳,原田真利那,成昌建,丸谷佳菜子,石川崇典,宮脇正一. .  覚醒時の咬筋活動と疼痛関連顎関節症との関連性 .  第17回九州矯正歯科学会学術大会  2022年1月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

  • 日野沙耶佳,前田綾,八木孝和,中川祥子,宮脇正一. .  マルチブラケット装置による治療開始前における患者の性別,年齢,外科的矯正治療の適用の有無および顎顔面形態が心理評価に与える影響 .  第17回九州矯正歯科学会学術大会  2022年1月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

  • 髙橋広太郎,前田綾,大賀泰彦,大迫佑季,中川祥子,古川みなみ,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一 .  酸刺激による食道の知覚が咀嚼筋活動に及ぼす影響について .  第17回九州矯正歯科学会学術大会  2022年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

  • 日野沙耶佳, 前田綾, 八木孝和, 中川祥子, 宮脇正一 .  マルチブラケット装置による治療開始前における患者の性別,年齢,外科的矯正治療の適用の有無および顎顔面形態が心理評価に与える影響 .  第17回九州矯正歯科学会学術大会  2022年1月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    researchmap

  • 福嶋 美佳,前田 綾,大牟禮 治人,迫口 陽子,大賀 泰彦,古川 みなみ,中川 祥子,大迫 佑季,高橋 広太郎,成 昌建,原田 真利那,上村 修司,井戸 章雄,宮脇 正一. .  覚醒時の食道内酸刺激は精神的ストレスより咬筋活動と自律神経活動に強く影響する .  第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 山形 勁太,大賀 泰彦,權 相豪,前田 綾,石川 崇典,菅 真有,宮脇 正一. .  新規骨固定装置は即時荷重された歯科矯正用アンカースクリューの安定性を向上させる .  第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 福嶋美佳, 前田綾, 大賀泰彦, 才ノ木みなみ, 中川祥子, 大迫佑季, 髙橋広太郎, 成 昌建, 原田真利那, 宮脇正一. .  覚醒時の食道内酸注入と精神的ストレスが咬筋活動と自律神経活動に及ぼす影響. .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 山西沙祐里, 富田和男, 五十嵐健人, 宮脇正一, 佐藤友昭. .  細菌由来のLPS投与により中枢神経系への影響とKCC2を標的とした薬物療法の可能性. .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 山西沙祐里, 富田和男, 五十嵐健人, 宮脇正一, 佐藤友昭 .  細菌由来のLPS投与により中枢神経系への影響とKCC2を標的とした薬物療法の可能性. .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    researchmap

  • 福嶋美佳, 前田綾, 大賀泰彦, 才ノ木みなみ, 中川祥子, 大迫佑季, 髙橋広太郎, 成 昌建, 原田真利那, 宮脇正一 .  覚醒時の食道内酸注入と精神的ストレスが咬筋活動と自律神経活動に及ぼす影響. .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    researchmap

  • 宮脇正一 .  口腔と胃・食道との密接な関連性 .  第13回鹿児島FD・IBS研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    開催地:鹿児島  

  • 宮脇正一 .  口腔と胃・食道との密接な関連性 .  第13回鹿児島FD・IBS研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 宮脇 正一 .  口腔機能の異常と早期治療の必要性 .  2021年度東京矯正歯科学会春季セミナー  2021年4月  東京矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    開催地:WEB開催  

  • 富田 和男, 山西 沙祐里, 五十嵐 健人, 桑原 義和, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 栗政 明弘, 宮脇 正一, 西山 信好, 竹村 基彦, 佐藤 友昭 .  LPSはラット初代培養神経系細胞とPC-12のKCC2発現を減少させる .  第94回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 富田 和男, 山西 沙祐里, 五十嵐 健人, 桑原 義和, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 栗政 明弘, 宮脇 正一, 西山 信好, 竹村 基彦, 佐藤 友昭 .  LPSはラット初代培養神経系細胞とPC-12のKCC2発現を減少させる .  第94回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    researchmap

  • Osako Y, Maeda-Iino A, Nakagawa S, Oga Y, Takahashi K, Fukushima M, Marutani K, Miyawaki S .  The relationships between the subjective symptoms of awake bruxism, masseter muscle activity in wakefulness, and temporomandibular disorders .  The 9th International Orthodontic Congress  2020年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Importance of occlusion and physiological significance of sleep bruxism. .  The 9th International Orthodontic Congress  2020年10月  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • Yamagata K, Oga Y, Sangho K, Suga M, Maeda A, Ishikawa T, Kusumoto J, Semba I, Miyawaki S .  EFFECTS OF THE USE OF AN AUTOMATIC EMBEDDING AUXILIARY SKELETAL ANCHORAGE DEVICE ON THE STABILITY OF MINISCREWS AND SURROUNDING BONE UNDER LOADING .  The 9th International Orthodontic Congress  2020年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Takahashi K, Maeda-Iino A, Oga Y, Osako Y, Nakagawa S, Fukushima M, Marutani K, Miyawaki S .  Relationships between upper gastrointestinal symptoms and symptoms of temporomandibular disorders .  The 9th International Orthodontic Congress  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 渡邉温子,前田 綾,岐部俊郎,中村典史,宮脇正一 .  唇顎口蓋裂を伴う患者に対して後期顎裂部骨移植を行った3症例 .  第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾,中川祥子,大石章仁,渡邉温子,丸谷佳菜子,渕上貴央,手塚征宏,岐部俊郎,中村典史,宮脇正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎前方牽引装置による治療効果の長期的評価 .  第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大迫佑季,前田綾,中川祥子,古川みなみ,大賀泰彦,髙橋広太郎,大石章仁,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一. .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 髙橋広太郎,前田綾,大石章仁,大賀泰彦,大迫佑季,古川みなみ,中川祥子,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一. .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山形勁太,大賀泰彦,權相豪,菅真有,楠元淳也,仙波伊知郎,宮脇正一. .  自動埋入型骨固定装置を併用した歯科矯正用アンカースクリュー周囲骨の組織学的解析と荷重負荷時の安定性の評価. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大石 章仁, 友成 博, 八木 孝和, 宮脇 正一 .  顎関節症と中心咬合位-中心位の三次元的距離との関連性 .  九州矯正歯科学会雑誌  2020年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中川 祥子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  不正咬合患者における顎顔面形態、不正咬合および握力との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌  2020年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日野 沙耶佳, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一 .  矯正歯科治療による顎顔面形態と機能の変化に対する心理評価 .  九州矯正歯科学会雑誌  2020年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 丸谷 佳菜子, 前田 綾, 古川 みなみ, 中川 祥子, 權 相豪, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長の長期的評価 .  九州矯正歯科学会雑誌  2020年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Miyawaki S .  Importance of occlusion, our clinical application of miniscrew, and the physiological significance of sleep bruxism. .  2019 TAO Annual Meeting in Taichung  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taichung, Taiwan  

  • 中川祥子,前田綾,宮脇正一. .  成人女性における顎顔面形態および不正咬合と握力との関連性 .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

  • 迫口陽子,前田綾,福嶋美佳,大牟禮治人,大石章仁,大賀泰彦,古川みなみ,髙橋広太郎,大迫佑季,丸谷佳菜子,中川祥子,宮脇正一. .  覚醒時の食道内酸刺激後の咬筋活動と自律神経活動の経時的変化. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田綾,岐部俊郎,菅真有,丸谷佳菜子,中川祥子,中村典史,宮脇正一 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萌出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 渡邉 温子, 松尾 美樹, 小松澤 均, 宮脇 正一 .  ナイシン作用により分離したナイシン高度耐性MRSAのビルレンスに及ぼす影響 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 松尾 美樹[川田], 渡邉 温子, 小松澤 均, 宮脇 正一 .  ナイシン高度耐性MRSAの分離と耐性メカニズムの解明 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 八木孝和,宮脇正一 .  外科的矯正治療が骨格性Ⅲ級不正咬合患者の咀嚼運動に与える影響 .  第8回神戸常磐学術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山形勁太,大賀泰彦,權相豪,仙波伊知郎,宮脇正一 .  自動埋入型骨固定装置を併用して埋入した歯科矯正用アンカースクリューの周囲骨の組織学的検討. .  第1回南九州歯学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岐部俊郎,大河内孝子,前田 綾,渕上貴央,手塚征宏,木村菜美子,石畑清秀,宮脇正一,中村典史. .  新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた片側性唇顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性. .  第43回日本口蓋裂学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田綾,權 相豪,渡邉温子,中川祥子,古川みなみ,岐部俊郎,手塚征宏,渕上貴央,中村典史,宮脇正一. .  上顎前方牽引装置で治療した片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における顎顔面形態の長期的評価. .  第43回日本口蓋裂学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 渡邉温子,松尾美樹,小松澤均 .  Streptococcus mutansの保有するバクテリオシンの解析. .  第92回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前田 綾, 大石 章仁, 權 相豪, 渡邉 温子, 中川 祥子, 古川 みなみ, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  上顎前方牽引装置で治療した片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における顎顔面形態の長期的評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岐部 俊郎, 大河内 孝子, 前田 綾, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 菜美子, 石畑 清秀, 宮脇 正一, 中村 典史 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた片側性唇顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性 .  日本口蓋裂学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 石畑 清秀, 野添 悦郎, 大河内 孝子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 木村 菜美子, Subhan Amir Muhammad, 古閑 崇, 前田 綾, 宮脇 正一, 中村 典史 .  唇顎口蓋裂患者における顎矯正手術術後の安定性と顎顔面骨格形態の評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 福嶋 美佳, 前田 綾, 大牟禮 治人, 迫口 陽子, 宮脇 正一 .  覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動へ及ぼす影響の比較 .  日本顎口腔機能学会雑誌  2019年3月  日本顎口腔機能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 丸谷佳菜子、前田綾、古川みなみ、中川祥子、權相豪、中村典史、宮脇正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長の長期的評価 .  第14回九州矯正歯科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大石章仁,友成博,八木孝和,宮脇 正一 .  顎関節症と中心咬合位-中心位の三次元的 距離との関連性. .  第14回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 中川祥子,前田 綾,宮脇正一 .  不正咬合患者における顎顔面形態、不正咬合および握力との関連性について. .  第14回九州矯正歯科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日野 沙耶佳,菅 真有,八木 孝和,宮脇 正一 .  矯正歯科治療による顎顔面形態と機能の評価に対する心理評価. .  第14回九州矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 永山 邦宏, 末永 重明, 宮脇 正一 .  クレンチング時の脳賦活の左右差について fMRIを用いた研究 .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 庄村 兼治, 友成 博, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いた効率的な上顎前歯牽引により治療期間を短縮した成人上下顎前突症例 .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大賀 泰彦, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一 .  新規骨固定補助装置を併用した歯科矯正用アンカースクリューの維持力について .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 谷口 美佳, 河野 志穂, 三樹 香胡, 庄村 兼治, 友成 博, 宮脇 正一 .  安定した歯科矯正用アンカースクリュー埋入における歯科衛生士の役割 .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 權 相豪, 友成 博, 國則 貴玄, 宮脇 正一 .  健常者の下顎第一大臼歯と下顎頭における作業側と平衡側の咀嚼運動経路の違い .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 川野 美来, 福重 雅美, 下田平 貴子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  リンガルブラケット矯正法で治療中の患者における清掃補助用具のプラーク除去効果に関する検討 .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Atsuko WATANABE,Matsuo-Kawada Miki,Hitoshi Komatsuzawa,Shouichi Miyawaki .  Analysis of bacteriocins in Streptococcus mutans. .  2018 7th TAO Resident Meeting  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei  

  • Shouichi Miyawaki .  Clinical application of miniscrew implants, factors related to the failure, and its solution .  Special Lecture for Orthodontic Department at Universitas Airlangga  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Shouichi Miyawaki .  Interdisciplinary approach in orthodontic treatment for patients with cleft lip and palate and/or jaw deformity .  Clinical application of miniscrew implants, factors related to the failure, and its solution  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • Miyawaki S .  Importance of Orthodontic Treatment and Positive Influence of Sleep Bruxism on the Esophagus. .  The International Symposium of Clinical Dentistry at Universitas Airlangga.  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Surabaya, Indonesia  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 成 昌建, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて過大なオーバージェットを改善したAngle II級1類成人症例 .  第77回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 八木 孝和, 齋藤 充, 後藤 哲哉, 小柳 宏太郎, 菅 真有, 宮脇 正一 .  副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンの脳内投与が顎機能に及ぼす影響 .  第77回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 菅 真有, 八木 孝和, 日野 沙耶佳, 宮脇 正一 .  マルチブラケット治療前の患者の心理的評価と顎顔面形態との関係 .  第77回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 池森 宇泰, 渡邉 温子, 中村 典史, 宮脇 正一 .  骨移植後に矯正歯科治療単独で中間顎の形態と中切歯歯軸を改善した両側性唇顎口蓋裂を伴う症例 .  第77回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 福嶋 美佳, 前田 綾, 大牟禮 治人, 迫口 陽子, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 大石 章仁, 大迫 佑季, 高橋 広太郎, 成 昌建, 宮脇 正一 .  覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動に及ぼす影響 .  第77回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • Miyawaki S .  A possibility of a new physiological function of sleep bruxism. .  The 7th National Scientific Meeting and 4th Joint Scientific Meeting in Dentistry  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Surabaya, Indonesia  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 成 昌建, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて過大なオーバージェットを改善したAngle II級1類成人症例 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2018年10月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 福嶋美佳,前田綾,大牟禮治人,迫口陽子,宮脇正一 .  覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動へ及ぼす影響の比較. .  日本顎口腔機能学会第61回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 成 昌建, 友成 博, 宮脇 正一 .  異なる食品テクスチャーを用いた咀嚼中の咬筋および側頭筋活動様相の解析 .  日本顎口腔機能学会雑誌  2018年9月  日本顎口腔機能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 渡邉温子,松尾美樹,宮脇正一,小松澤均 .  口腔から分離したStreptococcus mutansの保有するバクテリオシンの解析. .  平成30年度先端歯学スクール2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Furukawa M, Tsukahara T, Yamanishi S, Tomita K, Takashi Y, Tanaka K, Kitanaka J, Kitanaka N, Takemura M, Nishiyama N, Nishitani Y, Miyawaki S, Sato T. .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice. .  WCP2018-18th world congress of basic and clinical pharmacology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 富田 和男, 桑原 義和, 高 裕子, 五十嵐 健人, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 大内 裕也, 並河 英紀, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 西谷 佳浩, 福本 学, 佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  応用薬理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 權 相豪, 友成 博, 大賀 泰彦, 杉浦 剛, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例 .  第28回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

  • 石畑 清秀, 野添 悦郎, 大河内 孝子, 宮脇 正一, 田中 巽, 中村 典史 .  唇顎口蓋裂患者における顎矯正手術術後の経時的変化 .  第28回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

  • 權 相豪, 友成 博, 大賀 泰彦, 杉浦 剛, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例 .  第28回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連 .  第42回日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • 丸谷 佳菜子, 友成 博, 前田 綾, 手塚 征宏, 西原 一秀, 中村 典史, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と骨移植後に歯の移植を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う患者の一貫治療例 .  第42回日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • 渡邉 温子, 友成 博, 前田 綾, 手塚 征宏, 中村 典史, 宮脇 正一 .  上顎骨の劣成長と片側性唇顎口蓋裂を伴う患者に対して上顎前方牽引を含む一貫治療を行った長期経過症例 .  第42回日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • 八木 孝和, 山城 隆, 宮脇 正一 .  多数歯欠損を伴う両側性唇顎口蓋裂に対する上顎骨前方部分延長術を利用した1治療例 .  第42回日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いた効率的な上顎前歯牽引により治療期間を短縮した成人上下顎前突症例 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 小柳 宏太郎, 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 宮脇 正一 .  新規骨固定源を用いた持続的な荷重負荷による骨形成促進について .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 權 相豪, 友成 博, 國則 貴玄, 宮脇 正一 .  健常者の下顎第一大臼歯と下顎頭における作業側と平衡側の咀嚼運動経路の違い .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 大石 章仁, 八木 孝和, 池森 宇泰, 宮脇 正一 .  異なる治療方法を適用した前歯部開咬患者症例に対する2治験例 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 谷口 美佳, 河野 志穂, 三樹 香胡, 庄村 兼治, 友成 博, 宮脇 正一 .  安定した歯科矯正用アンカースクリュー埋入における歯科衛生士の役割 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 菅 真有, 八木 孝和, 渡邉 温子, 宮脇 正一 .  下顎位の不安定な前歯部開咬患者に歯科矯正用アンカースクリューを併用した一治験例 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 川野 美来, 福重 雅美, 下田平 貴子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  リンガルブラケット矯正法で治療中の患者における清掃補助用具のプラーク除去効果に関する検討 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 大賀 泰彦, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一 .  新規骨固定補助装置を併用した歯科矯正用アンカースクリューの維持力について .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 永山 邦宏, 末永 重明, 宮脇 正一 .  クレンチング時の脳賦活の左右差について fMRIを用いた研究 .  第13回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男,桑原 義和,高 裕子,並河 英紀,塚原 飛央,古川 みなみ,田中 康一,漆原 佑介,北中 純一,北中 順恵,栗政 明弘,西谷 佳浩,宮脇 正一,西山 信好,竹村 基彦,福本 学,佐藤 友昭. .  治療耐性がん細胞における過酸化水素耐性メカニズムの解析. .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古川 みなみ,塚原 飛央,富田 和男,高 裕子,田中 康一,北中 純一,北中 順恵,西谷 佳浩,竹村 基彦,西山 信好,宮脇 正一,佐藤 友昭. .  母子分離雄性マウスに対するGABAスイッチを介した高次機能への影響. .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高 裕子,富田 和男,桑原 義和,並河 英紀,塚原 飛央,古川 みなみ,田中 康一,北中 純一,北中 順恵,西谷 佳浩,宮脇 正一,西山 信好,竹村 基彦,佐藤 友昭. .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性. .  第70回日本薬理学会西南部会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 菅 真有, 植田 紘貴, 大石 章仁, 宮脇 正一 .  重度の叢生を伴うMarfan症候群の一治験例 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 宮脇 正一, 佐藤 友昭 .  幼少期ストレスと発達性障害との関係解明 矯正治療の効率化に向けた検討 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 中川 祥子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  不正咬合患者における握力と身体測定値、顎顔面形態および咬合力との関連性 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 山本 芳丈, 三井 薫, 小戝 健一郎, 宮脇 正一 .  骨芽細胞へのiPS細胞分化過程におけるES細胞と比較したMsx2の影響 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 成 昌建, 友成 博, 庄村 兼治, 權 相豪, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューの成功率に関する上顎の埋入部位と直径との関連性 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いた効率的な上顎前歯牽引により治療期間を短縮した2症例 .  第76回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 古川 みなみ,塚原 飛央,富田 和男,高 裕子,宮脇 正一,佐藤 友昭. .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABAスイッチの時期を遅らせ,発達性障害様行動異常を誘発する. .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Miyawaki S .  A possibility of a new physiological significance of sleep bruxism. .  31st IADR-SEA 28th SEAADE  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei, Taiwan  

  • 田口 則宏, 小松澤 均, 吉田 礼子, 西 恭宏, 宮脇 正一 .  地域基盤型歯学教育における新たな取り組み .  第36回日本歯科医学教育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語  

  • Kwon S, Tomonari H, Oga Y, Miyawaki S .  A Novel Spike-like Auxiliary Skeletal Anchorage Device Enhances the Stability of Miniscrew. .  World implant Orthodontic Conference 2017 (9th WIOC)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Miyawaki S .  Factors related to the failure of miniscrew implants and the development of an auxiliary appliance to increase the retention force as its solution. .  World implant Orthodontic Conference 2017 (9th WIOC)  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kobe  

  • 前田 綾, 丸谷 佳菜子, 古川 みなみ, 權 相豪, 中川 祥子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長と矯正治療による歯の移動との関連:健側と顎裂側の比較 .  第41回日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 富田 和男, 宮脇 正一, 佐藤 友昭 .  幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 .  第58回日本顎口腔機能学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  第94回日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 八木 孝和, 菅 真有, 宮脇 正一 .  顎関節症患者にスプリント療法と矯正治療を施した不正咬合の一治験例 .  第12回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 橋本 恭子, 大牟禮 治人, 永山 邦宏, 宮脇 正一 .  睡眠時ブラキシズムに対するプロトンポンプ阻害剤の効果 ランダム化臨床試験 .  第12回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 小柳 宏太郎, 八木 孝和, 倉本 恵梨子, 後藤 哲哉, 宮脇 正一 .  新規骨固定源を用いた持続的な荷重負荷による骨形成促進について .  第12回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一 .  上顎第一大臼歯近遠心に埋入した歯科矯正用アンカースクリューの成功率と脱落要因 .  第12回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 權 相豪, 友成 博, 北嶋 文哲, 宮脇 正一 .  顎関節症を伴うAngle II級開咬に対して歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯の圧下を行った症例 .  第12回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一 .  唾液分泌および嚥下反射の誘発に内臓感覚の賦活化が及ぼす影響 .  第75回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

  • 友成 博, 池森 宇泰, 大賀 泰彦, 權 相豪, 宮脇 正一 .  歯冠修復や根管治療済みの歯を抜去し埋伏した4本の第三大臼歯を歯列内誘導したAngle II級1類成人症例 .  第75回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

  • 庄村 兼治, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューの成功率とその要因 .  第75回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

  • 大賀 泰彦, 友成 博, 權 相豪, 國則 貴玄, 宮脇 正一 .  新規骨固定補助装置を併用した歯科矯正用アンカースクリューと既存アンカースクリューの維持力の比較 .  第75回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 福嶋 美佳, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて上下顎歯列を遠心移動した上下顎前突症例 .  第75回日本矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  再生医療のこれまでとこれから 内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に果たす役割 .  日本再生歯科医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 永山 邦宏, 末永 重明, 八木 孝和, 馬嶋 秀行, 宮脇 正一 .  顎関節症患者の咬筋の疼痛に対する脳賦活部位の検討 fMRIを用いた研究 .  第29回日本顎関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 田口 則宏, 小松澤 均, 松口 徹也, 宮脇 正一 .  鹿児島大学歯学部におけるアウトカム基盤型教育に基づくカリキュラム改革 導入までのプロセス .  第35回日本歯科医学教育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いた骨格性III級前歯部反対咬合症例の1治験例 .  第26回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

  • 上村 裕希, 永山 邦宏, 友成 博, 宮脇 正一 .  上顎左側第一大臼歯欠損を伴うAngle II級2型不正咬合の空隙閉鎖後4年6ヵ月経過した症例 .  第11回九州矯正歯科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

  • 大迫 佑季, 大賀 泰彦, 中村 典史, 岐部 俊郎, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と外科的矯正治療を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う反対咬合症例 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  骨移植を伴う矯正歯科治療 鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 福嶋 美佳, 中川 祥子, 大迫 佑季, 原田 真利那, 成 昌建, 上村 修司, 井戸 章雄, 宮脇 正一 .  酸刺激による食道の知覚が咀嚼筋活動に及ぼす影響について .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山形 勁太, 大賀 泰彦, 權 相豪, 菅 真有, 楠元 淳也, 仙波 伊知郎, 宮脇 正一 .  自動埋入型骨固定装置を併用した歯科矯正用アンカースクリュー周囲骨の組織学的解析と荷重負荷時の安定性の評価 .  九州矯正歯科学会雑誌  2021年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 宮脇 正一 .  睡眠時ブラキシズムの治療に当たり考慮すべき疾患 ブラキシズムと胃食道逆流との関連性 .  睡眠口腔医学  2022年10月  (NPO)日本睡眠歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岡 暁子, 宮脇 正一 .  歯科矯正 診診連携アップデート 歯の萠出メカニズムに影響する因子についての考察 .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 木村 英隆, 宮脇 正一 .  歯科矯正 診診連携アップデート 成人歯科矯正が惹起する様々な歯周疾患 .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 多田 亮平, 石畑 清秀, 中囿 賢太, 野添 悦郎, 宮脇 正一, 中村 典史 .  当科開設後40年間の顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  日本顎変形症学会雑誌  2022年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大迫 佑季, 大賀 泰彦, 中村 典史, 石畑 清秀, 宮脇 正一 .  矯正歯科治療を行った上顎左側犬歯の埋伏ならびに上顎右側犬歯と第一小臼歯の転移を伴う左側唇顎裂の1例 .  日本口蓋裂学会雑誌  2023年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 宮脇 正一 .  睡眠時ブラキシズムの治療に当たり考慮すべき疾患 ブラキシズムと胃食道逆流との関連性 .  睡眠口腔医学  2022年10月  (NPO)日本睡眠歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前田 綾, 中川 祥子, 渡邉 温子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 西原 一秀, 中村 典史, 宮脇 正一 .  異なるプロトコールで治療した顎裂部二次的骨移植後の骨架橋の比較 .  日本口蓋裂学会雑誌  2023年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

知的財産権

  • スクリューの結合力維持具及び結合力維持具付きスクリュー

    宮脇正一, 八木孝和, 友成博, 木村裕一, 大迫康夫, 丸山聡

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-127979  出願日:2015年6月

    出願国:国内  

受賞

  • 優秀演題賞

    2021年11月   日本矯正歯科学会   覚醒時の食道内酸刺激は精神的ストレスより咬筋活動と自律神経活動に強く影響する

    福嶋 美佳、前田 綾、大牟禮 治人、迫口 陽子、大賀 泰彦、古川 みなみ、中川 祥子、大迫 佑季、高橋 広太郎、成 昌建、原田 真利那、上村 修司、井戸 章雄、宮脇 正一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 優秀演題賞

    2021年11月   日本矯正歯科学会   新規骨固定装置は即時荷重された歯科矯正用アンカースクリューの安定性を向上させる

    山形 勁太、大賀 泰彦、權 相豪、前田 綾、石川 崇典、菅 真有、宮脇 正一

  • 優秀ポスター賞

    2019年5月   日本口蓋裂学会総会  

    岐部俊郎,大河内孝子,前田 綾,渕上貴央,手塚征宏,木村菜美子,石畑清秀,宮脇正一,中村典史.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 学術大会優秀発表賞

    2015年11月   日本矯正歯科学会   圧刺激による骨芽細胞のケモカインの発現誘導にはIL-1βとMyD88シグナル伝達系が必要である

    前田綾,坂東健二郎,宮脇正一,松口徹也

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 学術大会優秀発表賞

    2015年11月   日本矯正歯科学会   クレンチング時の脳賦活部位の左右差についての検討:fMRIを用いた研究

    永山邦宏,末永重明,大牟禮治人,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 優秀ポスター賞

    2014年5月   日本口蓋裂学会   歯科矯正治療による片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の移植骨の変化:過去30年間における治療結果の長期的評価

    前田 綾,上原沢子,菅真 有,西原一秀,中村典史,宮脇正一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学術大会優秀賞

    2014年4月   日本顎口腔機能学会   睡眠時ブラキシズムに対するプロトンポンプ阻害剤の治療効果の検討: プラセボ対照二重盲検クロスオーバー比較試験

    宮脇 正一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 消化管促進作用を有するグレリンの動態が睡眠時ブラキシズムに及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:22K10251  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C)   科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    高橋 広太郎、宮脇 正一、丸谷 佳菜子、前田 綾、大賀 泰彦、井戸 章雄、上村 修司

  • プロバイオティクスが覚醒時ブラキシズムと顎関節症に及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:22K10252  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C)   科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    大迫 佑季、渡邉 温子、中田 匡宣、宮脇 正一、前田 綾、福嶋 美佳、大賀 泰彦、井戸 章雄、上村 修司

  • 脳腸ペプチドによるストレス起因性顎口腔機能異常の改善に対する効果の検証

    研究課題/領域番号:18K09838  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    八木孝和、宮脇正一、齋藤充、浅川明弘、安宅弘司、倉本恵梨子、前田綾、菅真有、小柳宏太郎

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    顎口腔パラファンクション(PF),特にブラキシズムは睡眠・摂食障害の誘因となりQOLの低下を招くことが知られており,PFの発現機構の解明と抑制・予防法の開発は喫緊の課題である。PFの発生にストレスが関与していることを暗示する臨床データは散見されるが,基礎的な根拠は示されていない。そこで本研究は,ストレス物質の脳内投与により生じる顎口腔系の筋活動等の変化を解析し,PFの発現機構やストレスとの関連について解明することを目的とした。
    【方法】ラットおよびモルモットに咬筋筋電図と脳波の記録用電極,及び,側脳室内へ薬液を注入するためのカニュ-レを留置した。7日の回復期間後,自由行動下でストレス因子であるCRFを脳内投与し, その影響を分析した。また,CRF投与3時間後に脳を灌流固定し凍結薄切切片を作製した。
    【結果】明期にCRFを投与すると,咬筋活動は投与直後から3~6時間にわたり著しく低下し,その後は逆に異常亢進の傾向を示し,投与後24時間の総筋活動量としては増大した。また,対照(人工脳脊髄液投与)群では明瞭だった咬筋活動量の日内変動が,CRF投与群では不明瞭になった。更に,CRF投与により咬筋活動が低下している時間帯に一致して,脳波の徐波成分が増加し,通常の明期・暗期でみられる各周波数成分構成比の周期的変動が認められなくなり,正常な睡眠-覚醒リズムが乱されることが示唆された。CRF投与後に灌流固定した脳の薄切標本に抗c-Fos抗体による免疫染色を施すと,三叉神経中脳路核の近傍にある橋結合腕傍核(PN)で反応がみられた。
    【考察】CRF投与によって,一時的に正常な睡眠-覚醒リズムが乱れ,咀嚼筋活動も低下するが,その後睡眠-覚醒リズムは正常に近いものへ回復していくものの,咀嚼筋活動は異常亢進する二相性の変化を示し,初期の応答の発現にはPNの関与が想定された。

    researchmap

  • 食道内の酸クリアランス促進によりブラキシズムを抑制する経皮的刺激療法の開発

    研究課題/領域番号:18K09858  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    國則貴玄、菅 真有、八木孝和、宮脇正一

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    これまでに、胃酸分泌の抑制に関して胃酸分泌抑制剤がブラキシズムを有意に抑制することを明らかにしたが、30-40%の患者には効果がないことも判明した。また、唾液分泌の一次中枢である延髄の上唾液核にアセチルコリン受容体が分布することや、ラットの迷走神経の電気刺激が唾液分泌を促進することを見出した。そこで、唾液分泌促進剤がブラキシズムの治療に役立つと考えたが、約30%の頻度で排尿障害、不整脈、悪心・嘔吐、喘息発作などの副作用があるという欠点があった。また、迷走神経刺激装置がブラキシズムの治療に役立つとも考えられたが、適応症がてんかんであることに加え、外科的侵襲を伴うという欠点があった。
    耳介などの体表の一部には、迷走神経の枝が分布しており、副作用がなく、かつ侵襲のない迷走神経刺激方法として、迷走神経の枝が分布する耳介を電気刺激する方法や食物由来の化学物質であるカプサイシンにより、嚥下機能の改善を認めたとの報告があり、経皮的刺激が唾液分泌や嚥下ならびにそれに続く食道の蠕動運動を促進して、ブラキシズムの治療に役立つと考えられた。そこで、健常者3名(男性2名、女性1名)を対象に、耳介への経皮的刺激が唾液流出率および副交感神経活動を促進するかどうか予備実験を行った結果、耳介への経皮的刺激は唾液分泌と副交感神経活動を促進した。
    このことから経皮的迷走神経刺激が唾液分泌や嚥下ならびにそれに続く食道の蠕動運動を促進して、ブラキシズムの抑制に役立つのではないかと考え、食道内の酸クリアランス促進によりブラキシズムを抑制する経皮的刺激療法の開発を本研究の目的とした。

    researchmap

  • 脳腸モデルによる迷走神経の活性化を応用したブラキシズムの根本療法開発への基盤研究

    研究課題/領域番号:18K09840  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菅 真有, 宮脇 正一, 八木 孝和, 大賀 泰彦

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究は迷走神経の活性化による、安全で個人差の少ないブラキシズムの根本療法を開発するために、神経ペプチドや、経皮的迷走神経刺激が唾液や嚥下に与える影響を調べ、迷走神経の刺激と唾液、嚥下、ブラキシズムとの因果関係について、脳腸相関を基軸に解明することを目的とする。本研究により、迷走神経の活性化が、唾液や嚥下を促進して食道内の酸をクリアランスすることで、ブラキシズムの発現を抑制するとの仮説を立証する事ができればより効果的なブラキシズムの根本療法へと発展し、さらにはこの機序を用いてブラキシズムのみならず、胃食道逆流の症状緩和にも効果的であることが予測される。また、ドライマウスの新たな治療法や、摂食嚥下リハビリテーションへと応用できる可能性が高く、健康寿命の延伸に寄与すると考えられる。
    今年度は、上記目的を達成するため、モデル動物を作成して唾液分泌を含む顎口腔機能を測定するための研究基盤の構築を行った。また、成獣ラットを用いて、モデル動物を作成するための、手技の確認、検討を行っている。また、圧力・歪み応力増幅装置、データ集積装置を用いて安静時の唾液分泌量を含む顎口腔機能を計測中である。今後も成獣ラットを用いてモデル動物の作成を行い、N数を増やして調査を継続すると共に、老齢ラットを用いて同様の記録を測定し、データの解析を行う。その後、最も効果的に顎口腔機能を促進する刺激方法について検討していく予定である。

    researchmap

  • 自動埋入型骨固定装置による顎骨の成長促進が小児の睡眠呼吸障害に及ぼす効果の検討

    研究課題/領域番号:17K11945  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    友成 博、宮脇 正一、國則 貴玄、八木 孝和、大賀 泰彦

  • カリウムイオン競合型アシッドブロッカーを応用したブラキシズムの根本療法の開発

    研究課題/領域番号:17K11944  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    永山 邦宏、國則 貴玄、宮脇正一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 消化管運動促進薬とH2ブロッカーによる咀嚼筋障害に対する治療効果の検討

    研究課題/領域番号:17K11946  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大賀 泰彦、永山 邦宏、八木 孝和、宮脇 正一

  • 不正咬合に起因する“顎口腔サルコペニア”の実態と内分泌・免疫系因子との関連

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 顎骨の劣成長に対する外科的矯正治療が睡眠時無呼吸と胃食道逆流に及ぼす効果の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    顎骨の劣成長に対する外科的矯正治療が睡眠時無呼吸と胃食道逆流に及ぼす効果の解明

  • 胃食道逆流と関連する睡眠時ブラキシズムのPPI治療関連因子の探索

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    胃食道逆流と関連する睡眠時ブラキシズムのPPI治療関連因子の探索

  • 視床下部-下垂体-副腎軸・脳腸相関によるストレス調整と顎口腔機能の関連性の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    視床下部-下垂体-副腎軸・脳腸相関によるストレス調整と顎口腔機能の関連性の解明

  • 遺伝子多型に応じた機能性ディスペプシアの治療がブラキシズムに及ぼす効果の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    遺伝子多型に応じた機能性ディスペプシアの治療がブラキシズムに及ぼす効果の解明

  • 成長期の矯正治療が睡眠時無呼吸、胃食道逆流及び呼吸器疾患に及ぼす効果の解明

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    成長期の矯正治療が睡眠時無呼吸、胃食道逆流及び呼吸器疾患に及ぼす効果の解明

  • 新たな自動皮質骨埋入型アンカースクリューを用いた顎整形力付与治療システムの考案

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    新たな自動皮質骨埋入型アンカースクリューを用いた顎整形力付与治療システムの考案

  • 脳機能を介した片頭痛ー酸関連疾患ー顎関節症の負のサイクルの解明

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    脳機能を介した片頭痛ー酸関連疾患ー顎関節症の負のサイクルの解明

  • 消化器内科的アプローチによる咀嚼筋障害の根本治療の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    消化器内科的アプローチによる咀嚼筋障害の根本治療の開発

  • 咽頭・食道・医の知覚異常と運動機能の低下が不正咬合を引き起こす仮説の検証

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    咽頭・食道・医の知覚異常と運動機能の低下が不正咬合を引き起こす仮説の検証

  • 脳一腸相関を軸とした顎口腔と胃食道との間の知覚ー運動制御機構と関連疾患の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    脳一腸相関を軸とした顎口腔と胃食道との間の知覚ー運動制御機構と関連疾患の解明

  • 現在考えられ得る全ての脱落要因を排除した矯正用皮質骨インプラントシステムの開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    現在考えられ得る全ての脱落要因を排除した矯正用皮質骨インプラントシステムの開発

  • コミュニケーションツールが青少年の睡眠、消化器疾患および顎発育に及ぼす影響の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    コミュニケーションツールが青少年の睡眠、消化器疾患および顎発育に及ぼす影響の解明

  • 脳・消化管ペプチドによる顎口腔異常機能活動の発現機序の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    脳・消化管ペプチドによる顎口腔異常機能活動の発現機序の解明

  • 咀嚼による胃の運動機能調整における自律神経機能と消化管ホルモンの役割の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    咀嚼による胃の運動機能調整における自律神経機能と消化管ホルモンの役割の解明

  • 食道感覚が覚醒時ブラキシズムを惹起する時の脳内活性部位の特定とその発現機序の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    食道感覚が覚醒時ブラキシズムを惹起する時の脳内活性部位の特定とその発現機序の解明

  • 食道粘膜の感受性が顎口腔系のパラファンクションに与える影響の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    食道粘膜の感受性が顎口腔系のパラファンクションに与える影響の解明

  • 歯周病原因子と過大な機械的刺激が歯の移動の細胞シグナリング機構に及ぼす影響の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    歯周病原因子と過大な機械的刺激が歯の移動の細胞シグナリング機構に及ぼす影響の解明

  • 食道粘膜刺激によるブラキシズム誘発機構の神経生理学的解明と治療法の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    食道粘膜刺激によるブラキシズム誘発機構の神経生理学的解明と治療法の開発

  • 胃の蠕動機能が睡眠時ブラキシズムの発現に及ぼす影響の解明

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    胃の蠕動機能が睡眠時ブラキシズムの発現に及ぼす影響の解明

  • スケルタルアンカレッジと固定式機能的矯正装置の併用が下顎骨の真の成長に及ぼす効果

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    スケルタルアンカレッジと固定式機能的矯正装置の併用が下顎骨の真の成長に及ぼす効果

  • 小児の睡眠障害、問題行動、胃食道酸逆流および顎口腔機能異常の関連性の解明

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    小児の睡眠障害、問題行動、胃食道酸逆流および顎口腔機能異常の関連性の解明

  • メカニカルストレス下の歯周病原因子による歯根膜線維芽細胞のシグナル伝達機構の解明

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    メカニカルストレス下の歯周病原因子による歯根膜線維芽細胞のシグナル伝達機構の解明

  • 中枢および内臓への実験的刺激がブラキシズムの発現に及ぼす影響の病態生理学的探索

    2009年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    中枢および内臓への実験的刺激がブラキシズムの発現に及ぼす影響の病態生理学的探索

  • 睡眠時の口腔咽頭食道内の酸のクリアランスと酸関連上部消化器疾患に対する咬合の影響

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    睡眠時の口腔咽頭食道内の酸のクリアランスと酸関連上部消化器疾患に対する咬合の影響

  • 胃食道酸逆流モデルラットにおけるブラキシズム様運動を誘発するメカニズムの解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    胃食道酸逆流モデルラットにおけるブラキシズム様運動を誘発するメカニズムの解明

  • MyD88ノックアウトマウスを用いた矯正学的歯の移動における炎症様反応機構の解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    MyD88ノックアウトマウスを用いた矯正学的歯の移動における炎症様反応機構の解明

  • 食道内への胆汁逆流が睡眠時ブラキシズムに及ぼす影響を明らかにする研究

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    食道内への胆汁逆流が睡眠時ブラキシズムに及ぼす影響を明らかにする研究

  • 下顎頭軟骨の形成、成長、機能維持におけるTen-m/Odz3の役割に関する研究

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    下顎頭軟骨の形成、成長、機能維持におけるTen-m/Odz3の役割に関する研究

  • 小児の睡眠障害およびブラキシズムとストレス、呼吸消化器症状、顎顔面形態との関連

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    小児の睡眠障害およびブラキシズムとストレス、呼吸消化器症状、顎顔面形態との関連

  • MRIの磁化移動効果を応用した咀嚼筋疲労の新しい定量評価法の確立

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    MRIの磁化移動効果を応用した咀嚼筋疲労の新しい定量評価法の確立

  • 口腔乾燥症患者のストレス、胃酸の逆流、ブラキシズム及び唾液流出量の関連性の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    口腔乾燥症患者のストレス、胃酸の逆流、ブラキシズム及び唾液流出量の関連性の解明

  • ピロリ菌の除菌療法がブラキシズムと歯周病および口臭に及ぼす影響の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    ピロリ菌の除菌療法がブラキシズムと歯周病および口臭に及ぼす影響の解明

  • ラットのブラキシズム様運動に対する抗不安薬,唾液分泌促進剤,胃酸分泌抑制剤の効果

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    ラットのブラキシズム様運動に対する抗不安薬,唾液分泌促進剤,胃酸分泌抑制剤の効果

  • ラット咬筋の過活動による損傷への適応変化を明らかにする電気生理学的・組織学的研究

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    ラット咬筋の過活動による損傷への適応変化を明らかにする電気生理学的・組織学的研究

  • 成長発育期の骨格性上顎前突症患者に対するインプラント矯正治療の効果

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    成長発育期の骨格性上顎前突症患者に対するインプラント矯正治療の効果

  • ブラキシズム関連の口腔疾患に対する唾液分泌促進剤と胃酸分泌抑制剤の治療効果の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    ブラキシズム関連の口腔疾患に対する唾液分泌促進剤と胃酸分泌抑制剤の治療効果の解明

  • ブラキシズムに対するスプリントの治療メカニズムを明らかにする消化器内科学的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    ブラキシズムに対するスプリントの治療メカニズムを明らかにする消化器内科学的研究

  • 睡眠時のブラキシズムと胃食道酸逆流との関係を明らかにする神経生理学的研究

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    睡眠時のブラキシズムと胃食道酸逆流との関係を明らかにする神経生理学的研究

  • 生体信号を採得してブラキシズムと顎関節症との因果関係を明らかにする前向き疫学研究

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    生体信号を採得してブラキシズムと顎関節症との因果関係を明らかにする前向き疫学研究

  • 矯正治療後の顎・口腔機能予測システムの開発

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    矯正治療後の顎・口腔機能予測システムの開発

  • 顎関節の変形性関節症の成因に関する運動学的および生物力学的研究

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    顎関節の変形性関節症の成因に関する運動学的および生物力学的研究

  • 顎口腔機能運動時に顎関節部に加わるメカニカルストレスを算出するためのモデルの開発

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    顎口腔機能運動時に顎関節部に加わるメカニカルストレスを算出するためのモデルの開発

  • 青年期から壮年期にかけての顎顔面形態ならびに咬合の変化

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    青年期から壮年期にかけての顎顔面形態ならびに咬合の変化

  • 咀嚼時の頭部の動きと頚部の筋活動に与える咬合接触状態の影響について

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    咀嚼時の頭部の動きと頚部の筋活動に与える咬合接触状態の影響について

  • 顎口腔機能運動時に顎関節部に加わるメカニカルストレスを算出するためのモデルの開発

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

      詳細を見る

    顎口腔機能運動時に顎関節部に加わるメカニカルストレスを算出するためのモデルの開発

  • 不正咬合患者の矯正歯科治療による機能の変化:多施設共同研究

    日本矯正歯科学会  日本矯正歯科学会100周年記念事業学術研究プロジェクト 

  • 日本におけるアライナー型矯正装置の現状調査

    日本矯正歯科学会  日本矯正歯科学会100周年記念事業学術研究プロジェクト 

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 顎顔面咬合育成学臨床修練【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学演習【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学演習

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学実験

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 咬合育成論B

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 咬合育成論A

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 口と顔の科学

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  • 歯科矯正学

    2006年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 消化器

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2005年12月   第8回歯科医師臨床研修指導医ワークショップ