基本情報

写真a

永山 務

NAGAYAMA Tsutomu


職名

助教

生年

1989年

研究分野・キーワード

マイクロ波工学、電磁メタマテリアル、変換電磁気学、音響メタマテリアル、変換音響学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.eee.kagoshima-u.ac.jp/~t-nagayama/

プロフィール

任意の座標系への座標変換を媒質で実現することで, 従来の鏡やレンズ等による反射や屈折を用いる方法よりもはるかに高い自由度で電磁波の経路制御を行うことができます. このような概念は, 変換電磁気学(あるいは変換光学)と呼ばれています.

変換電磁気学に基づく媒質は自然界にある材料で実現できませんが, 人工媒質メタマテリアルを用いれば実現できます. 私の研究では, 回路モデルを用いて変換電磁気学に基づく媒質の設計,解析, 実装を行なっています.

変換された座標系を模擬した媒質を用いることにより, 物体を見えなくする透明マント, あたかも物体があるかのように見せかけるイリュージョンマント, あるいは, 形が変わっても元にしたものと全く同じ動作をするレンズ, 共振器, リフレクタなど, これまでにないようなデバイスを実現できる可能性があります.

また, 上記の研究と並行して変換電磁気学の概念を音波に拡張した変換音響学に関する研究も行っています. 音響メタマテリアルおよび音に対して物体を見えなくする音響透明マントの実現を目指しています.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  工学部  電気電子工学科

    大学,2011年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  理工学研究科  電子デバイス工学専攻

    修士課程,2013年03月,修了,日本国

  • 山口大学  理工学研究科  物質工学系専攻

    博士課程,2016年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),電子デバイス・電子機器,山口大学,課程,2016年03月

  • 修士(工学),電子デバイス・電子機器,山口大学,課程,2013年03月

  • 学士(工学),電子デバイス・電子機器,山口大学,課程,2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 電気電子工学専攻,助教,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • IEEE,2013年01月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 電子情報通信学会,2010年10月 ~ 継続中,日本国

  • APS,2018年03月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 電気学会,2010年12月 ~ 継続中,日本国

  • 応用物理学会,2018年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • マイクロ波工学

  • 応用物理学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Coordinate transformation resonators,Applied Physics Letters,112巻 23号 (頁 234101-1 ~ 234101-4) ,2018年06月,Tsutomu Nagayama, Atsushi Sanada

    DOI:10.1063/1.5027017,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Planar Distributed Full-tensor Anisotropic Metamaterials for Transformation Electromagnetics (Open Access),IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques,MTT-63巻 12号 (頁 3851 ~ 3861) ,2015年12月,Tsutomu Nagayama, Atsushi Sanada

    DOI:10.1109/TMTT.2015.2487275,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Constant Permeability Design of Cylindrical Invisibility Cloaks with Hyperbolic Coordinate Transformation Based on Transformation Electromagnetics,2018 Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings (頁 1 ~ 4) ,2018年11月,Yuma Takano, Tsutomu Nagayama, Atsushi Sanada

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

  • 英語,Flat Retroreflector Mimicking a Cylindrical Retroreflector with a Function of a Luneburg Lens,2018 Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings,2018年11月,Tsutomu Nagayama, Seiji Fukushima, Toshio Watanabe, Atsushi Sanada

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,単著

  • 英語,Design of arrayed-waveguide optical switch employing window function,The 23rd Microoptics Conference MOC 2018,2018年10月,Shuhei Shimada, Toshio Watanabe, Tsutomu Nagayama, Seiji Fukushima

    研究論文(国際会議プロシーディングス),査読有り,共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2016 Michiyuki Uenohara Memorial Award,2016年12月01日,日本国,国内外の国際的学術賞,IEEE MTT-S Japan, Kansai, and Nagoya Chapters,Tsutomu Nagayama

  • 2016 IEEE MTT-S Japan Young Engineer Award,2016年12月01日,日本国,国内外の国際的学術賞,IEEE MTT-S Japan, Kansai and Nagoya Chapters,Tsutomu Nagayama

  • Best Paper Award,2016年10月13日,ベトナム社会主義共和国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Radio & Electronics Association of Vietnam (REV), IEEE Communications Society (IEEE ComSoc),Tsutomu Nagayama

  • 平成26年度電子情報通信学会中国支部奨励賞,2015年02月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,電子情報通信学会,永山務

  • 平成25年度電子情報通信学会中国支部奨励賞,2014年03月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,電子情報通信学会,永山務

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2020年03月,回路論に基づく音響メタマテリアル設計理論と音響透明マントへの応用,永山務

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,半導体光デバイスを用いた周波数変換の研究,福島誠治

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第9回メタマテリアル講演会,国内会議,2019年03月,Equivalent circuit models for acoustic metamaterials based on transformation acoustics,口頭(招待・特別)

  • 応用物理学会春季学術講演会 ,国内会議,2019年03月,窓関数を用いたアレイ光導波路型光スイッチのクロストーク低減,その他

  • 応用物理学会秋季学術講演会,国内会議,2018年09月,名古屋国際会議場,2次元異方性媒質等価回路モデルの変換音響学への適用,口頭(一般),応用物理学一般

  • 電気・情報関連学会九州支部連合大会,国内会議,2018年09月,複合マッハ-ツェンダ干渉計型1×N光スイッチのクロストーク特性,口頭(一般)

  • 第8回メタマテリアル講演会,国内会議,2018年03月,Transmission-line metamaterials based on transformation electromagnetics,口頭(招待・特別)

全件表示 >>