基本情報

写真a

小田 耕平

ODA Kouhei


職名

特任助教

研究分野・キーワード

肝疾患 脂肪性肝疾患

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 HGF組織修復・再生医療学講座,特任助教,2016年02月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 肝疾患相談センター,特任助教,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器病学会,2007年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本肝臓学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化器内視鏡学会,2009年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本超音波医学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,New resistance-associated substitutions and failure of dual oral therapy with daclatasvir and asunaprevir.,Journal of Gastroenterology,2017年,Mawatari S, Oda K, Tabu K, Ijuin S, Kumagai K, Inada Y, Uto H, Hiramine Y, Kure T, Fujisaki K, Hashiguchi M, Hori T, Oshige A, Imanaka D, Saishoji A, Taniyama O, Sakae H, Tamai T, Moriuchi A, Ido A.

    DOI:10.1007/s00535-016-1303-0.,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Image support system in transarterial chemoembolization contributes to reduction of the quantity of radiation exposure and contrast media.,Journal of Gastroenterology and Hepatology,2017年,Tamai T, Taniyama O, Oda K, Kasai A, Ijyuin S, Sakae H, Onishi H, Tabu K, Kumagai K, Mawatari S, Moriuchi A, Uto H, Ido A.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Utility of percutaneous radiofrequency ablation alone or combined with transarterial chemoembolization for early hepatocellular carcinoma.,Oncology Letters,2017年,Tamai T, Oshige A, Tabu K, Tabu E, Ijyuin S, Sakae H, Onishi H, Muromachi K, Saisyoji A, Oda K, Kumagai K, Mawatari S, Moriuchi A, Sakurai K, Hori T, Ido A.

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Human neutrophil peptide-1 promotes alcohol-induced hepatic fibrosis and hepatocyte apoptosis.,PLoS One,2017年,Ibusuki R, Uto H, Oda K, Ohshige A, Tabu K, Mawatari S, Kumagai K, Kanmura S, Tamai T, Moriuchi A, Tsubouchi H, Ido A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease.,BMC Gastroenterology,2017年,Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,急性肝不全~致死的経過となるリスクの見極めとその後の対応~,内科,2017年,小田耕平,井戸章雄

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,肝不全治療薬 肝不全用アミノ酸製剤,成分栄養剤,肝疾患治療マニュアル,2017年,小田耕平,井戸章雄

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,劇症肝炎と肝不全,Annual Review 消化器2016,2016年,井戸章雄、小田耕平

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,Clinical features of hepatocellular carcinoma associated with nonalcoholic fatty liver disease: a review of human studies.,Clinical Journal of Gastroenterology,2015年,Oda K, Uto H, Mawatari S, Ido A.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,NAFLD・NASH,Medicina,2014年,小田耕平、宇都浩文

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島県医師会医学研究助成,2016年06月18日,日本国,その他の賞,鹿児島県医師会,小田耕平

  • 日本肝臓学会冠Award 第14回 MSD Award,2015年10月09日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本肝臓学会,小田耕平

研究発表 【 表示 / 非表示

  • •APASL 2017,国際会議,2017年04月,The association between serum levels of Sptlc3 and the clinical features of patients with NAFLD,ポスター(一般)

  • APASL 2016,国際会議,2016年02月,The association between serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) and the clinical features of non-obese patients with nonalcoholic fatty liver disease.,ポスター(一般)

  • AASLD The Liver Meeting 2015,国際会議,2015年11月,Serum levels of Wisteria floribunda agglutinin–positive human Mac-2 binding protein are useful for evaluating early liver fibrosis in hepatitis C patients.,ポスター(一般)

  • AASLD The Liver Meeting 2014,国際会議,2014年11月,Serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) are associated with hepatic fibrosis and insulin resistance in patients with nonalcoholic fatty liver disease.,ポスター(一般)

  • AASLD The Liver Meeting 2013,国際会議,2013年11月,The association between serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage and the clinical features of nonalcoholic fatty liver disease.,ポスター(一般)

全件表示 >>