2022/11/03 更新

写真a

オオオカ タダスケ
大岡 唯祐
TADASUKE OOKA, Ph.D.
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 准教授
職名
准教授
プロフィール
〇新興病原菌#IEscherichia albertii#IRの病原機構 〇病原細菌の分子疫学 〇病原細菌のゲノムおよびゲノム比較解析 〇病原因子の水平伝播機構

学位

  • 博士(医学) ( 2002年3月   宮崎医科大学 )

研究キーワード

  • 病原機構

  • ゲノム

  • Escherichia albertii

  • 病原菌

研究分野

  • ライフサイエンス / 細菌学  / 感染症、病原細菌、ゲノム、病原機構

学歴

  • 宮崎医科大学

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 微生物学分野   准教授   博士(医学)

    2020年6月 - 2025年5月

  • たちばな医療専門学校   非常勤講師(兼任)

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 微生物学分野   講師

    2015年4月 - 2020年5月

  • 日南学園高等学校   田野看護専攻科   非常勤講師(兼任)

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立大学法人宮崎大学   医学部医学科感染症学講座微生物学分野   助教

    2007年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 宮崎看護専門学校   非常勤講師(兼任)

    2007年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立大学法人宮崎大学   医学部医学科感染症学講座微生物学分野   助手

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  •   Research Assistant

    2003年10月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  •   Research Assistant

    2003年5月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本感染症学会

    2015年4月 - 現在

  • 日本食品微生物学会

    2012年8月 - 現在

  • 腸管出血性大腸菌感染症研究会

    2010年7月 - 現在

  • 日本ゲノム微生物学会

    2007年1月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2003年4月 - 現在

 

論文

  • Sakura Arai, Tadasuke Ooka, Mizuha Shibata, Yuhki Nagai, Yuki Tokoi, Hiromi Nagaoka, Rika Maeda, Akihiko Tsuchiya, Yuka Kojima, Kenji Ohya, Takahiro Ohnishi, Noriko Konishi, Kayoko Ohtsuka, Yukiko Hara-Kudo .  Development of a novel real-time polymerase chain reaction assay to detect Escherichia albertii in chicken meat .  Foodborne Pathogens and Disease   2022年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Mary Ann Liebert at Mary Ann Liebert, Inc.  

    DOI: 10.1089/fpd.2022.0042

  • Yusuke Nomoto, Yuko Higashi, Youhei Uchida, Kazuyasu Fujii, Tadasuke Ooka, Takuro Kanekura .  Disseminated cutaneous sporotrichosis with intravascular granuloma .  The Journal of Dermatology   2022年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16429

  • Ruriko Nishida, Keiji Nakamura, Itsuki Taniguchi, Kazunori Murase, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Yasuhiro Gotoh, Takehiko Itoh, Atsushi Toyoda, Jacques Georges Mainil, Denis Piérard, Kazuko Seto, Tetsuya Harada, Junko Isobe, Keiko Kimata, Yoshiki Etoh, Mitsuhiro Hamasaki, Hiroshi Narimatsu, Jun Yatsuyanagi, Mitsuhiro Kameyama, Yuko Matsumoto, Yuhki Nagai, Jun Kawase, Eiji Yokoyama, Kazuhiko Ishikawa, Takayuki Shiomoto, Kenichi Lee, Dongchon Kang, Koichi Akashi, Makoto Ohnishi, Sunao Iyoda and Tetsuya Hayashi .  The global population structure and evolutionary history of the acquisition of major virulence factor-encoding genetic elements in Shiga toxin-producing Escherichia coli O121:H19 .  Microbial Genomics7 ( 12 ) 000716   2021年12月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/mgen.0.000716

  • Koji Nakae, Tadasuke Ooka, Koichi Murakami, Yukiko Hara-Kudo, Naoko Imuta, Yasuhiro Gotoh, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Yasuhiro Okamoto, and Junichiro Nishi .  Diversification of Escherichia albertii H-antigens and development of H-Genotyping PCR .  Frontiers in Microbiology   737979   2021年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2021.737979

  • Sakura Arai, Satoko Yamaya, Kayoko Ohtsuka, Noriko Konishi, Hiromi Obata, Tadasuke Ooka, Shouhei Hirose, Akemi Kai, Yukiko Hara-Kudo .  Detection of Escherichia albertii in retail oysters .  Journal of Food Protection   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4315/JFP-21-222

  • Nguyen Thi Thu Huong, Atsushi Iguchi, Ritsuko Ohata, Hisahiro Kawai, Tadasuke Ooka, Hiroshi Nakajima, Sunao Iyoda .  Distribution of novel Og-types in Shiga toxin-producing Escherichia coli isolated from healthy cattle .  Journal of Clinical Microbiology59 ( 3 ) e02624-20   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    DOI: 10.1128/JCM.02624-20

  • Ja-Young Lee, Hidehisa Shimizu, Masahito Hagio, Satoru Fukiya, Masamichi Watanabe, Yasutake Tanaka, Ga-Hyun Joe, Hitoshi Iwaya, Reika Yoshitsugu, Keidai Kikuchi, Misaki Tsuji, Nanako Baba, Takuma Nose, Koji Tada, Taketo Hanai, Shota Hori, Akari Takeuchi, Yumiko Furukawa, Bungo Shirouchi, Masao Sato, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Atsushi Yokota, and Satoshi Ishizuka .  12α-hydroxylated bile acid induces hepatic steatosis with dysbiosis in rats .  BBA Molecular and Cell Biology of Lipids1865 ( 12 ) 158811   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbalip.2020.158811

  • Fabiano T Romão, Fernando Henrique Martins, Rodrigo Tavanelli Hernandes, Tadasuke Ooka, Fernanda Fernandes Dos Santos, Denise Yamamoto, Alexis Bonfim-Melo, Tetsuya Hayashi, Waldir P Elias, Vanessa Sperandio, Tânia Aparecida Tardelli Gomes .  Genomic properties and temporal analysis of the interaction of an invasive Escherichia albertii with epithelial cells .  Frontiers Cellular and Infection Microbiology10   571088   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcimb.2020.571088

  • 佐藤空見子,永井章子,小原準,遠藤千春,林哲也,大岡唯祐,瀬戸順次,村上光一 .  山形県内と畜場搬入豚のEscherichia albertii保菌状況及びその疫学的特徴 .  日本獣医師会雑誌73 ( 5 ) 265 - 273   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獣医師会  

    DOI: 10.12935/jvma.73.265

  • Tetsuya Ikeda, Toshie Shinagawa, Takuya Ito, Yuta Ohno, Akiko Kubo, Junichiro Nishi, Yasuhiro Gotoh, Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Tetsuya Hayashi .  Hypoosmotic stress induces flagellar biosynthesis and swimming motility in Escherichia albertii. .  Communications Biology3   87   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1038/s42003-020-0816-5

  • Keiji Nakamura, Kazunori Murase, Mitsuhiko P Sato, Atsushi Toyoda, Takehiko Itoh, Jacques Georges Mainil, Denis Piérard, Shuji Yoshino, Keiko Kimata, Junko Isobe, Kazuko Seto, Yoshiki Etoh, Hiroshi Narimatsu, Shioko Saito, Jun Yatsuyanagi, Kenichi Lee, Sunao Iyoda, Makoto Ohnishi, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi .  Differential dynamics and impacts of prophages and plasmids on the pangenome and virulence factor repertoires of STEC O145:H28 .  Microbial Genomics   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Society  

    DOI: 10.1099/mgen.0.000323

  • Toshiaki Kawabata, Yoichi Tenokuchi, Hiroki Yamakuchi, Hirotsugu Sameshima, Hirosuke Katayama, Takeshi Ota, Masatomo Tokunaga, Tomoko Takezaki, Suehiro Tamae, Toru Nakamura, Bin Chang, Yuichi Kodama, Naoko Imuta, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Okamoto, Shigeru Suga, Junichiro Nish .  Concurrent Bacteremia Due to Non-vaccine Serotype 24F Pneumococcus in Twins: A Rapid Increase in Serotype 24F-invasive Pneumococcal Disease and its High Invasive Potential. .  The Pediatric Infectious Disease Journal39 ( 1 ) 85 - 87   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wolters Kluwer  

    DOI: 10.1097/INF.0000000000002508

  • Kentaro Kasama, Hiromi Fujita, Seigo Yamamoto, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Yoshitoshi Ogura, Shuji Ando, and Tetsuya Hayashi .  Genomic features of Rickettsia heilongjiangensis revealed by intraspecies comparison and detailed comparison with Rickettsia japonica. .  Frontiers in Microbiology10   2787   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media S.A.  

    DOI: 10.3389/fmicb.2019.02787

  • Toshinobu Imashioya, Yuichi Kodama, Tadasuke Ooka, Shunsuke Nakagawa, Takuro Nishikawa, Takayuki Tanabe, Yasuhiro Okamoto, Naoko Imuta, Mari Kirishima, Akihide Tanimoto, Toyoyasu Koriyama, Junichiro Nishi, Yoshifumi Kawano .  Liver abscess due to Sterigmatomyces halophilus in a boy with acute lymphoblastic leukemiaSterigmatomyces halophilus .  Journal of Infection and Chemotherapy25 ( 12 ) 1047 - 1049   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.021

  • Tadasuke Ooka, Kazuko Seto, Yoshitoshi Ogura, Keiji Nakamura, Atsushi Iguchi, Yasuhiro Gotoh, Mikiko Honda, Yoshiki Etoh, Tetsuya Ikeda, Wakana Sugitani, Takayuki Konno, Kimiko Kawano, Naoko Imuta, Kiyotaka Yoshiie, Yukiko Hara-Kudo, Koichi Murakami, Tetsuya Hayashi, Junichiro Nishi .  O-antigen biosynthesis gene clusters of Escherichia albertii: their diversity and similarity to E. coli gene clusters and the development of an O-genotyping method. .  Microbial Genomics   2019年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Society  

    DOI: 10.1099/mgen.0.000314

  • Kanako Masuda, Tadasuke Ooka, Hiroko Akita, Takahiro Hiratsuka, Shinichi Takao, Mami Fukada, Kaori Inoue, Mikiko Honda, Junko Toda, Wakana Sugitani, Hiroshi Narimatsu, Taisei Ishioka, Shinichiro Hirai, Tsuyoshi Sekizuka, Makoto Kuroda, Yukio Morita, Tetsuya Hayashi, Hirokazu Kimura, Kazunori Oishi, Makoto Ohnishi, Shuji Fujimoto, Koichi Murakami .  Epidemiological Aspects of Escherichia albertii Outbreaks in Japan and Genetic Characteristics of the Causative Pathogen. .  Foodborne Pathogens and Disease17 ( 2 ) 144 - 150   2019年10月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Mary Ann Liebert at Mary Ann Liebert, Inc.  

    DOI: 10.1089/fpd.2019.2654

  • Yoko Arimizu, Yumi Kirino, Mitsuhiko P. Sato, Koichi Uno, Toshio Sato, Yasuhiro Gotoh, Frédéric Auvray, Hubert Brugere, Eric Oswald, Jacques G. Mainil, Kelly S. Anklam, Dörte Döpfer, Shuji Yoshino, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Tanizawa, Yasukazu Nakamura, Atsushi Iguchi, Tomoko Morita-Ishihara, Makoto Ohnishi, Koichi Akashi, Tetsuya Hayashi, Yoshitoshi Ogura .  Large-scale genome analysis of bovine commensal Escherichia coli revealed that bovine-adapted E. coli lineages are serving as evolutionary sources of the emergence of human intestinal pathogenic strains .  Genome Research29 ( 9 ) 1495 - 1505   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cold Spring Harbor Laboratory Press  

    DOI: 10.1101/gr.249268.119.

  • 畠中成己、吉森みゆき、西垂水和隆、岩元ゆかり、小坂元博揮、鮫島幸二、古城圭馴美、内門 一、奥 章三、黒木暢一、松浦良樹、知花なおみ、上地修裕、田中直子、山下淳一、土井由利子、外城秀己、和田香織、下原美智子、宇田 英典、吉野修司、宮原聖奈、杉本貴之、中山浩一郎、御供田睦代、大坪充寛、後藤恭宏、小椋義俊、林 哲也、川村英樹、藺牟田直子、大岡唯祐、西 順一郎 .  鹿児島市を中心としたSalmonella enterica serovar Oranienburg 菌血症の集積 .  病原微生物検出情報40 ( 5 ) 91 - 92   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国立感染症研究所  

  • Mauricio P. Lima, Denise Yamamoto, Ana Carolina de Mello Santos, Tadasuke Ooka, Rodrigo T. Hernandes, Mônica A. M. Vieira, Fernanda Fernandes dos Santos, Rosa Maria Silva, Tetsuya Hayashi, and Tânia A. T. Gomes .  Phenotypic characterization and virulence-related properties of Escherichia albertii strains isolated from children with diarrhea in Brazil. .  Pathogens and DIsease77 ( 2 ) ftz014   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD ACADEMIC  

    DOI: 10.1093/femspd/ftz014

  • Kazue Nakanaga, Yoshitoshi Ogura, Atsushi Toyoda, Mitsunori Yoshida, Hanako Fukano, Nagatoshi Fujiwara, Yuji Miyamoto, Noboru Nakata, Yuko Kazumi, Shinji Maeda, Tadasuke Ooka, Kazunari Tanigawa, Masamichi Goto, Satoshi Mitarai, Koichi Suzuki, Norihisa Ishii, Manabu Ato, Tetsuya Hayashi, and Yoshihiko Hoshino .  Naturally occurring a loss of a giant plasmid from Mycobacterium ulcerans subsp. shinshuense makes it non-pathogenic. .  Scientific Reports8 ( 1 ) 8218   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1038/s41598-018-26425-1

  • Fabiano Romão, Rodrigo Hernandes, Tadasuke Ooka, Tetsuya Hayashi, Vanessa Sperandio, and Tania Gomes .  Complete Genome Sequence of Escherichia albertii Strain 1551-2, a Potential Extra and Intracellular Pathogen .  Genome announcements6 ( 9 ) e00075-18   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    DOI: 10.1128/genomeA.00085-18

  • Yoshitoshi Ogura, Yasuhiro Gotoh, Takehiko Itoh, Mitsuhiko P. Sato, Kazuko Seto, Shyuji Yoshino, Junko Isobe, Yoshiki Etoh, Mariko Kurogi, Keiko Kimata, Eriko Maeda, Denis Piérard, Masahiro Kusumoto, Masato Akiba, Kiyoshi Tominaga, Yumi Kirino, Yuki Kato, Katsuhiko Shirahige, Tadasuke Ooka, Nozomi Ishijima, Ken-ichi Lee, Sunao Iyoda, Jacques Georges Mainil, Tetsuya Hayashi .  Population structure of Escherichia coli O26 : H11 with recent and repeated stx2 acquisition in multiple lineages. .  Microbial Genomics3   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MIcrobiology Society  

    DOI: 10.1099/mgen.0.000141

  • Yohsuke Ogawa, Kazumasa Shiraiwa, Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Sayaka Nishikawa, Masahiro Eguchi, Tetsuya Hayashi, Yoshihiro Shimoji .  Clonal Lineages of Erysipelothrix rhusiopathiae Responsible for Acute Swine Erysipelas in Japan Identified by Using Genome-Wide Single-Nucleotide Polymorphism Analysis. .  Applied and Environmental Microbiology83 ( 11 ) e00130-17   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    DOI: 10.1128/AEM.00130-17

  • Arzuba Akter, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Seigo Yamamoto, Hiromi Fujita, Fumio Terasoma, Kouji Kida, Masakatsu Taira, Fumiko Nakadouzono, Mutsuyo Gokuden, Manabu Hirano, Mamoru Miyashiro, Kouichi Inari, Yukie Shimazu, Kenji Tabara, Atsushi Toyoda, Dai Yoshimura, Takehiko Itoh, Tomokazu Kitano, Mitsuhiko P. Sato, Keisuke Katsura, Shakhinur Islam Mondal, Yoshitoshi Ogura, Shuji Ando, Tetsuya Hayashi .  Extremely low genomic diversity of Rickettsia japonica distributed in Japan .  Genome Biology and Evolution9 ( 1 ) 124 - 133   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/gbe/evw304

  • Shakhinur Mondal, Md Islam, Akira Sawaguchi, Md Asadulghani, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Yasuhiro Kasahara, Yoshitoshi Ogura, and Tetsuya Hayashi .  Genes essential for the morphogenesis of the Shiga toxin 2-transducing phage from Escherichia coli O157:H7 .  Scientific Reports6   39036   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep39036

  • Mitsunori Yoshida, Kazue Nakanaga, Yoshitoshi Ogura, Atsushi Toyoda, Tadasuke Ooka, Yuko Kazumi, Satoshi Mitarai, Norihisa Ishii, Tetsuya Hayashi, Yoshihiko Hoshino .  The complete Genome Sequence of Mycobacterium " shinshuense ", a subspecies of M. ulcerans .  Genome Announcements   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naoko Imuta, Tadasuke Ooka, Kazuko Seto, Ryuji Kawahara, Toyoyasu Koriyama, Tsuyoshi Kojyo, Atsushi Iguchi, Koichi Tokuda, Hideki Kawamura, Kiyotaka Yoshiie, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, and Junichiro Nishi .  Phylogenetic analysis of enteroaggregative Escherichia coli (EAEC) isolated in Japan revealed the emergence of CTX-M-14-producing EAEC O25:H4 clones related to ST131 .  Journal of Clinical Microbiology   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    DOI: 10.1128/JCM.00711-16

  • 村上光一, 伊豫田淳, 大西真, 深田真美, 増田加奈子, 前田詠里子, 麻生嶋七美, 成松浩志, 緒方喜久代, 戸田純子, 原田誠也, 大岡唯祐, 林哲也 他 .  Vero毒素産生株が散見される新興感染症原因菌 Escherichia albertiiについて .  病原微生物検出情報 (IASR)37 ( 5 ) 98 - 100   2016年5月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国立感染症研究所  

  • Bruna G. Garcia, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Mônica A.M. Vieira, Denise Yamamoto, Yoshitoshi Ogura, Dennys M. Girão, Suely C.F. Sampaio, Alexis Bonfim Melo, Kinue Irino, Tetsuya Hayashi, Tânia A.T. Gomes .  Genetic relatedness and virulence properties of enteropathogenic Escherichia coli strains of serotype O119:H6 expressing localized adherence or localized and aggregative adherence-like patterns on HeLa cells .  International Journal of Medical Microbiology306   152 - 164   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.ijmm.2016.02.008

  • Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Keisuke Katsura, Kazuko Seto, Hideki Kobayashi, Kimiko Kawano, Eisuke Tokuoka, Masato Furukawa, Seiya Harada, Shuji Yoshino, Junji Seto, Tetsuya Ikeda, Keiji Yamaguchi, Kazunori Murase, Yasuhiro Gotoh, Naoko Imuta, Junichiro Nishi, Tânia A Gomes, Lothar Beutin, Tetsuya Hayashi .  Defining the genome features of Escherichia albertii, an emerging enteropathogen closely related to Escherichia coli. .  Genome Biology and Evolution7 ( 12 ) 3170 - 3179   2015年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford Journals  

    Escherichia albertii is a recently recognized close relative of E. coli. This emerging enteropathogen possesses a type III secretion system (T3SS) encoded by the locus of enterocyte effacement (LEE), similar to enteropathogenic and enterohemorrhagic E. coli (EPEC and EHEC). Shiga toxin-producing strains have also been identified. The genomic features of E. albertii, particularly differences from other Escherichia species, have not yet been well clarified. Here, we sequenced the genome of 29 E. albertii strains (3 complete and 26 draft sequences) isolated from multiple sources and performed intra-species and intra-genus genomic comparisons. The sizes of the E. albertii genomes range from 4.5 Mb to 5.1 Mb, smaller than those of E. coli strains. Intra-species genomic comparisons identified five phylogroups of E. albertii. Intra-genus genomic comparison revealed that the possible core genome of E. albertii comprises 3,250 genes, whereas that of the genus Escherichia comprises 1,345 genes. Our analysis further revealed several unique or notable genetic features of E. albertii, including those responsible for known biochemical features and virulence factors and a possibly active second T3SS known as ETT2 (E. coli T3SS 2) that is inactivated in E. coli. Although this organism has been observed to be non-motile in vitro, genes for flagellar biosynthesis are fully conserved; chemotaxis-related genes have been selectively deleted. Based on these results, we have developed a nested PCR system to directly detect E. albertii. Our data define the genomic features of E. albertii and provide a valuable basis for future studies of this important emerging enteropathogen.

    DOI: 10.1093/gbe/evv211

  • Yoshitoshi Ogura, Shakhinur Islam Mondal, Md Rakibul Islam, Toshihiro Mako, Kokichi Arisawa, Keisuke Katsura, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Kazunori Murase, Makoto Ohnishi, and Tetsuya Hayashi .  The Shiga toxin 2 production level in enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 is correlated with the subtypes of toxin-encoding phage .  Scientific Reports5   16663   2015年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

  • Masahiro Kusumoto, Dai Fukamizu, Yoshitoshi Ogura, Eiji Yoshida, Fumiko Yamamoto, Taketoshi Iwata, Tadasuke Ooka, Masato Akiba, Tetsuya Hayashi .  The lineage-specific distribution of IS-excision enhancer in enterotoxigenic Escherichia coli isolated from swine. .  Applied and Environmental Microbiology80 ( 4 ) 1394 - 1402   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Hinenoya, Kensuke Shima, Masahiro Asakura, Kazuhiko Nishimura, Teizo Tsukamoto, Tadasuke Ooka, Tetsuya Hayashi, T. Ramamurthy, S. Faruque, Shinji Yamasaki .  Molecular characterization of cytolethal distending toxin gene-positive Escherichia coli from healthy cattle and swine in Nara, Japan. .  BMC Microbiology14   97 - 97   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koichi Murakami, Yoshiki Etoh, Eriko Tanaka, Sachiko Ichihara, Kazumi Horikawa, Kimiko Kawano, Tadasuke Ooka, Yoshiaki Kawamura, Kenichiro Ito .  Shiga toxin 2f-producing Escherichia albertii from a symptomatic human. .  Japanese Journal of Infectious Diseases67   204 - 208   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Iguchi, Y. Nagaya, E. Pradel, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, K.Katsura, Ken Kurokawa, Kenshiro Oshima, Masahira Hattori, Julian Parkhill, M. Sebaihia, S. Coulthurst, N. Gotoh, N.R. Thomson, J.J. Ewbank, Tetsuya Hayashi .  Genome evolution and plasticity of Serratia marcescens, an important multidrug resistant nosocomial pathogen. .  Genome Biology and Evolution6 ( 8 ) 2096 - 2110   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadasuke Ooka, Eisuke Tokuoka, Masato Furukawa, Tetsuya Nagamura, Yoshitoshi Ogura, Kokichi Aisawa, Seiya Harada, Tetsuya Hayashi .  Human gastroenteritis outbreak associated with Escherichia albertii, Japan. .  Emerging Infectious Diseases19 ( 1 ) 144 - 146   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3201/eid1901.120646

  • Tadasuke Ooka, Kazuko Seto, Kimiko Kawano, Hideki Kobayashi, Yoshiki Etoh, Sachiko Ichihara, Akiko Kaneko, Junko Isobe, Keiji Yamaguchi, Kazumi Horikawa, Tania Gomes, Annik Linden, Marjorie Bardiau, Jacques Mainil, Lothar Beutin, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi .  Clinical significance of Escherichia albertii. .  Emerging Infectious Diseases18 ( 3 ) 488 - 492   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3201/eid1803.111401

  • Kazunori Murase, Tadasuke Ooka, Atsushi Iguchi, Yoshitoshi Ogura, Keisuke Nakayama, Md. Asadulghani, Md. R. Islam, Hirotaka Hiyoshi, Toshio Kodama, L. Beutin, Tetsuya Hayashi .  Hemolysin E- and enterohemolysin-derived hemolytic activity of O55/O157 strains and other Escherichia coli lineages. .  Microbiology158   746 - 758   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Md. R. Islam, Yoshitoshi Ogura, Md. Asdulghani, Tadasuke Ooka, Kazunori Murase, Yasuhiro Gotoh, Tetsuya Hayashi .  A sensitive and simple plaque formation method for the Stx2 phage of Escherichia coli O157:H7, which does not form plaques in the standard plating procedure. .  Plasmid67 ( 3 ) 227 - 235   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naoko Saito, Ayumi Hida, Yuri Koide, Tadasuke Ooka, Yaeko Ichikawa, Jun Shimizu, Akitake Mukasa, Hirofumi Nakatomi, Shuji Hatakeyama, Tetsuya Hayashi, Shoji Tsuji .  Culture-negative brain abscess with Streptococcus intermedius infection with diagnosis established by direct nucleotide sequence analysis of the 16S ribosomal RNA gene. .  Internal Medicine51 ( 2 ) 211 - 216   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Yokota, Satoru Fukiya, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Satoshi Ishizuka .  Is bile acid a determinant of the gut microbiota on a high-fat diet? .  Gut Microbes3 ( 5 ) 455 - 459   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K.B.M. Saiful Islam , Satoru Fukiya, Masahito Hagio, Nobuyuki Fujii, Satoshi Ishizuka, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Atsushi Yokota .  Bile acid is a host factor that regulates the composition of the cecal microbiota in rats. .  Gastroenterology141 ( 5 ) 1773 - 1781   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jacques G. Mainil, Marjorie Bardiau, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Kazunori Murase, Yoshiki Etoh, Sachiko Ichihara, Kazumi Horikawa, G. Buvens, D. Pierard, Takehiko Itoh, Tetsuya Hayashi .  IS621-based multiplex PCR printing method of O26 enterohaemorrhagic and enteropathogenic Escherichia coli isolated from humans and cattle. .  Journal of Applied Microbiology111   773 - 786   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yohsuke Ogawa, Tadasuke Ooka, Fang Shi, Yoshitoshi Ogura, Keisuke Nakayama, Tetsuya Hayashi, Yoshihiko Shimoji .  The genome of Erysipelothrix rhusiopathiae, the causative agent of swine erysipelas, reveals new insights into the evolution of Firmicutes and the organism's intracellular adaptations. .  Journal of Bacteriology193 ( 12 ) 2959 - 2971   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomomi Kuwahara, Yoshitoshi Ogura, Kenshiro Oshima, Ken Kurokawa, Tadasuke Ooka, Hideki Hirakawa, Takehiko Itoh, Haruyuki Nakayama-Imaohji, Minoru Ichimura, Kikuji Itoh, Chieko Ishifune, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Masahira Hattori, Tetsuya Hayashi .  The lifestyle of the segmented filamentous bacterium: a nonculturable gut-associated immunostimulating microbe inferred by whole-genome sequencing. .  DNA Research18   293 - 301   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahiro Kusumoto, Tadasuke Ooka, Yosuke Nishiya, Yoshitoshi Ogura, Takashi Saito, Yasuhiko Sekine, Taketoshi Iwata, Masato Akiba, Tetsuya Hayashi .  IS-excision enhancer removes transposable elements from bacterial genomes and induces various genomic deletions. .  Nature Communication2   152   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hilo Yen, Tadasuke Ooka, Atsushi Iguchi, Tetsuya Hayashi, Nakaba Sugimoto, Toru Tobe .  NleC, a type III secretion protease, compromises NF-κB activation by targeting p65/RelA. .  PLoS Pathogen6 ( 12 ) e1001 231   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahisa Yano, Kyaw Kyaw Moe, Kazuko Yamazaki, Tadasuke Ooka, Tetsuya Hayashi, Naoaki Misawa .  Identification of candidate pathogens of papillomatous digital dermatitis in dairy cattle from quantitative 16S rRNA clonal analysis. .  Veterinary Microbiology134   352 - 362   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Atsushi Iguchi, Hidehiro Toh, Md. Asadulghani, Kenshiro Oshima, Toshio Kodama, Hiroyuki Abe, Keisuke Nakayama, Ken Kurokawa, Toru Tobe, Masahira Hattori, Tetsuya Hayashi .  Comparative genomics reveal the mechanism of the parallel evolution of O157 and non-O157 enterohemorrhagic Escherichia coli. .  Proceedings of the National Academy of Sciences106 ( 42 ) 17939 - 17944   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadasuke Ooka, Jun Terajima, Masahiro Kusumoto, Atsushi Iguchi, Ken Kurokawa, Yoshitoshi Ogura, Asadulghani, Keisuke Nakayama, Kazunori Murase, Makoto Ohnishi, Sunao Iyoda, Haruo Watanabe, Tetsuya Hayashi .  Development of a multiplex PCR-based rapid typing method for enterohemorrhagic Escherichia coli O157 strains. .  Journal of Clinical Microbiology47 ( 9 ) 2888 - 2894   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Asadulghani, Makoto Ohnishi, Keisuke Nakayama, Jun Terajima, Haruo Watanabe, Tetsuya Hayashi .  Inference of the impact of insertion sequence (IS) elements on bacterial genome diversification through analysis of small-size structural polymorphisms in Escherichia coli O157 genomes. .  Genome Research19   1809 - 1816   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Md. Asadulghani, Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Takehiko Itoh, Akira Sawaguchi, Atsushi Iguchi, Keisuke Nakayama, Tetsuya Hayashi .  The defective prophage pool of Escherichia coli O157: prophage-prophage interactions potentiate horizontal transfer of virulence determinants. .  Plos Pathogens5 ( 5 ) e1000408   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Iguchi, N.R. Thomson, Yoshitoshi Ogura, D. Saunders, Tadasuke Ooka, I.R. Henderson, D. Harris, Asadulghani, Ken Kurokawa, P. Dean, B. Kenny, M.A. Quail, S. Thurston, G. Dougan, Tetsuya Hayashi, J. Parkhill, G. Frankel .  The complete genome sequence and comparative genome analysis of enteropathogenic E. coli O127:H6 strain E2348/69. .  Journal of Bacteriology191 ( 1 ) 347 - 354   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E. Loukiadis, Rika Nobe, S. Herold, C. Tramuta, Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, S. Morabito, M. Kerouredan, H. Brugere, H. Schmidt, Tetsuya Hayashi, E. Oswald .  Distribution, functional expression genetic organization of Cif, a phage-encoded type III-secreted effector from enteropathogenic and enterohaemorragic Escherichia coli. .  Journal of Bacteriology190 ( 1 ) 275 - 285   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • L. Bai, S. Schukker, A. Whale, A. Mousnier, O. Marches, L. Wang, Tadasuke Ooka, R. Heuschkel, J.B. Kaper, T.S.K. Gomes, J. Xu, A.D. Phillips, G. Frankel .  Enteropathogenic Escherichia coli (EPEC) O125:H6 triggers attaching and effacing lesions on human intestinal biopsies independently of Nck. .  Infection and Immunity76 ( 1 ) 361 - 368   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadasuke Ooka, Vieira MA, Yoshitoshi Ogura, Beutin L, Ragione RL, P. M. van Diemen, Stevens MP, Aktan I, Cawthraw S, Best A, Hernandes RT, Krause G, Gomes TA, Tetsuya Hayashi T, Frankel G .  Characterization of tccP2 carried by atypical enteropathogenic Escherichia coli. .  FEMS Microbiology Letters271   126 - 135   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, A. Whale, J. Garmendia, L. Beutin, S. Tennant, G. Krause, S. Morabito, I. Chinen, Toru Tobe, Hiroyuki Abe, R. Tozzoli, A. Caprioli, M. Rivas, RR. Browne, Tetsuya Hayashi, G. Frankel .  TccP2 of O157:H7 and non-O157 Enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC): challenging the dogma of EHEC-induced actin polymerization. .  Infection and Immunity75   604 - 612   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Whale, RT. Hernandes, Tadasuke Ooka, G. Krause, S. Schuller, J. Garmendia, L. Crowther, MA. Vieira, Yoshitoshi Ogura, AD. Phillips, L. Beutin, TA. Gomes, Tetsuya Hayashi, G. Frankel .  TccP2-mediated subversion of actin dynamics by EPEC 2 - a distinct evolutionary lineage of enteropathogenic Escherichia coli. .  Microbiology153   1743 - 1755   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Asadulghani, Jun Terajima, J-P. Nougayrede, Ken Kurokawa, Kousuke Tashiro, Toru Tobe, Keisuke Nakayama, Satoru Kuhara, E. Oswald, Haruo Watanabe, Tetsuya Hayashi .  Extensive genomic diversity and selective conservation of virulence-determinants in enterohaemorrhagic Escherichia coli strains of O157 and non-O157 serotypes. .  Genome Biology8 ( 7 ) R138   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 細菌ゲノム解析の進歩

    大岡唯祐, 林哲也( 担当: 共著)

    日本臨床 増刊号 遺伝子診断学(第2版)-遺伝子診断の進歩とゲノム治療の展望-  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Genomic view on the evolution of enterohemorrhagic Escherichia coli.

    Tetsuya Hayashi, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Asadulghani( 担当: 共著)

    Evolutionary Biology of Bacterial and Fungal Pathogens. AMS Press.  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • Escherichia albertii pathogenesis 査読

    Tania Gomes, Tadasuke Ooka, Rodrigo Hernandes, Denise Yamamoto, Tetsuya Hayashi

    EcoSal Plus   9 ( 1 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:America Society for Microbiology  

    DOI: 10.1128/ecosalplus.ESP-0015-2019

  • 新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの特徴

    大岡唯祐

    食品衛生研究   70 ( 10 )   19 - 35   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人日本食品衛生協会  

  • 新興下痢症原因菌 Escherichia albertii

    大岡 唯祐

    日本食品微生物学会雑誌   34 ( 3 )   151 - 157   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本食品微生物学会  

  • 個別菌ゲノム解析(PacBioの利用,annotationやその他の問題点を含む)

    大岡唯祐

    化学療法の領域   33 ( 7 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:医学ジャーナル社  

  • ポリマイクロバイアル感染症としての牛趾皮膚炎の病態解明

    三澤尚明, 谷口喬子, 大岡唯祐, 後藤恭宏, 林 哲也

    家畜感染症学会誌   9 ( 4 )   139 - 145   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:家畜感染症学会  

  • 腸管出血性大腸菌O111の進化と病原性

    小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也

    神経内科・科学評論社   76 ( 2 )   155 - 163   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ゲノム解析から見えてきた腸管出血性大腸菌の毒素及び病原因子の新知見

    小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也

    化学療法の領域   25 ( 5 )   767 - 777   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 大腸菌O157のゲノム研究とその応用

    大岡唯祐, 小椋義俊, 林哲也

    臨床微生物迅速診断研究会誌(JARMAM)   16 ( 2 )   179 - 181   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腸管出血性大腸菌のゲノムの特徴

    大岡唯祐, 小椋義俊, 林哲也

    化学療法の領域   20 ( 9 )   1328 - 1333   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大岡唯祐、藺牟田直子、林哲也、西順一郎 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertii のintimin/Tir/TccPの多様性とその分布 .  第95回日本細菌学会総会  2022年3月  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大岡唯祐 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiによる最近の食中毒の状況と検査法 .  令和2年度鹿児島県獣医公衆衛生講習会  鹿児島県獣医師会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:マリンパレスかごしま  

  • 大岡唯祐、勢戸和子、小椋義俊、井口純、中村佳司、後藤恭宏、藺牟田直子、本田己喜子、池田徹也、杉谷和加奈、今野貴之、河野喜美子、工藤由起子、村上光一、林哲也、西順一郎 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのO抗原合成系の多様性と遺伝子タイピング法の開発 .  第23回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛県医師会館  

  • 大岡唯祐、藺牟田直子、後藤恭宏、小椋義俊、吉野修司、中山浩一郎、御供田睦代、林哲也、西順一郎 .  鹿児島市を中心としたSalmonella enterica serovar Oranienburgによる菌血症多発事例 .  第72回日本細菌学会九州支部総会  日本細菌学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市国際交流会館  

  • 大岡唯祐 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのゲノム研究と検査法への応用 .  令和元年度鹿児島県食品衛生監視機動班技術研修会  鹿児島県くらし保健福祉部生活衛生課招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島県環境保健センター  

  • 大岡唯祐, 李謙一, 桂啓介, 伊豫田淳, 藺牟田直子, 林哲也, 大西真, 西順一郎 .  腸管出血性大腸菌O111用IS-printing systemの開発 .  第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立感染症研究所、東京  

  • 大岡唯祐 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのゲノム研究と検査法への応用 .  平成30年度地研近畿支部細菌部会研究会  地方衛生研究所全国協議会近畿支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:和歌山市役所  

  • 大岡唯祐、勢戸和子、小椋義俊、桂啓介、井口純、藺牟田直子、本田己喜子、池田徹也、杉谷和加奈、今野貴之、河野喜美子、村上光一、 西順一郎、林哲也 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのO抗原遺伝子タイピング法の開発 .  日本食品微生物学会第39回学術総会  日本食品微生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの細菌学的特徴とゲノム特性 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの細菌学的特徴とゲノム特性 .  第71回日本細菌学会九州支部総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:北九州市  

  • Tadasuke Ooka, Islam Md. Rakibul, Shoko Ochiai, Yoshitoshi Ogura, Kazuko Seto, Junko Isobe, Tetsuya Ikeda, Junji Seto, Yasuhiro Gotoh, Junichiro Nishi, Tetsuya Hayashi .  Genomic comparison of Stx2f phages from Escherichia coli and Escherichia albertii .  10th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin) Producing Escherichia Coli Infections  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Congress Centre (Florence, Italy)  

  • 大岡唯祐、村上光一、勢戸和子、小椋義俊、藺牟田直子、吉家清貴、林哲也、西順一郎 .  PCRによる新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの O抗原タイピング法の開発 .  第91回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 大岡唯祐、藺牟田直子、郡山豊泰、古城剛、宮之原弘晃、吉家清貴、西順一郎 .  鹿児島県における下痢症患児分離株からのEscherichia albertiiの同定およびその特徴 .  第20回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山県民共生センターサンフォルテ(富山市)  

  • 大岡唯祐, 藺牟田直子, 吉家清貴, 西順一郎 .  新興ヒト下痢症起因菌Escherichia albertiiの家畜等からの感染リスク調査 .  第90回日本感染症学会  日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター(宮城)  

  • 大岡唯祐、勢戸和子、小椋義俊、井口純、藺牟田直子、吉家清貴、林哲也、西順一郎 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのO抗原コード領域の多様性 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 藺牟田直子、大岡唯祐、吉家清貴、西順一郎 .  下痢症患児由来大腸菌における腸管凝集性大腸菌EAECとESBL産生大腸菌の動向 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 吉家清貴、大岡唯祐、藺牟田直子、西順一郎 .  生活環境空気中の浮遊薬剤耐性菌 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 後藤恭宏、小椋義俊、大岡唯祐、矢野貴久、大島健志朗、服部正平、三澤尚明、林哲也 .  Treponema phagedenisのゲノム進化と適応 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 西田留梨子、村瀬一典、後藤恭宏、大岡唯祐、中島遥子、片平雄之、伊豫田淳、大西真、小椋義俊、林哲也 .  腸管出血性大腸菌O121:H19の比較ゲノム解析 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 中島遥子、西田留梨子、大岡唯祐、大西真、吉野修司、片平雄之、後藤恭宏、林哲也、小椋義俊 .  腸管出血性大腸菌出現プロセスの解明を目的としたウシ/ヒト由来大腸菌の大規模比較解析 .  第89回日本細菌学会総会  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Tadasuke Ooka .  Genomic diversity and evolutionary insights of Escherichia albertii, an emerging enteropathogen closely related to Escherichia coli .  SMBE Satellite Workshop on Genome Evolution in Pathogen Transmission and Disease  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Shiga Lake Hotel, Shiga Kogen, Japan  

  • 大岡唯祐、勢戸和子、磯部順子、瀬戸順次、池田徹也、 藺牟田直子、西順一郎 .  志賀毒素サブタイプStx2f転換ファージの構造比較及び種間伝播に関する解析 .  第85回感染症学会西日本地方会  日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  • Monica A. M. Vieira, Bruna G. Garcia, Tadasuke Ooka, Suely C. Sampaio, Tetsuya Hayashi, Tania A. T. Gomes .  Distribution of the pilS gene encoding the pilin of a type IV pilus among typical enteropathogenic Escherichia coli strains presenting localized or localized and aggregative adherence patterns .  VTEC2015  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ボストン(アメリカ)  

  • 大岡唯祐、勢戸和子、磯部順子、瀬戸順次、池田徹也、 藺牟田直子、小椋義俊、西順一郎、林哲也 .  EHECおよびE. albertiiにおけるStx2f転換ファージの解析 .  第19回腸管出血性大腸菌感染症研究会  腸管出血性大腸菌感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 大岡唯祐、勢戸和子 .  新興下痢原性病原菌Escherichia albertiiのゲノム解析と疫学ツールの開発 .  第89回日本感染症学会総会・学術講演会  第89回日本感染症学会総会・学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 大岡唯祐、勢戸和子、後藤恭宏、小椋義俊、林哲也 .  新規下痢原性病原菌Escherichia albertiiのゲノム特性 .  第88回日本細菌学会総会  第88回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 緒方喜久代,大岡唯祐,成松浩志,林哲也 .  湧き水を原因としたEscherichia albertiiによる食中毒 .  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Naoko Imuta, Tadasuke Ooka, Kazuko Seto, Kiyotaka Yoshiie, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Junichiro Nishi .  Genetic heterogenity of AggR-positive enteroaggregative Escherichia coli (EAEC) .  第88回日本細菌学会総会  第88回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 大岡唯祐,勢戸和子,小野英俊,河野喜美子,小林秀樹,吉野修司,瀬戸順次,山口敬治,古川真斗,徳岡英亮,井口純,藺牟田直子,原田誠也,西順一郎,桂啓介,小椋義俊,林哲也 .  新興病原体Escherichia albertiiのゲノムおよび疫学解析 .  第35回日本食品微生物学会総会  第35回日本食品微生物学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 大岡唯祐、林哲也 .  人獣共通新興病原体Escherichia albertiiのゲノムの特徴と診断疫学マーカーの開発 .  第157回日本獣医学会学術集会 微生物学分科会企画シンポジウム  第157回日本獣医学会学術集会 微生物学分科会企画シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 藺牟田直子,大岡唯祐,勢戸和子,徳田浩一, 吉家清貴,小椋義俊,林 哲也,西 順一郎 .  腸管凝集性大腸菌(EAEC)の遺伝的多様性 .  第67回日本細菌学会九州支部総会  第67回日本細菌学会九州支部総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Arzuba Akter, Ooka T, Yamamoto S, Katsura K, Ogura Y, and Hayashi T .  Comparative genome analysis of Spotted fever group Rickettsia in Japan ; R. japonica and R. heilongjiangensis. .  第8回日本ゲノム微生物学会年会  第8回日本ゲノム微生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岡唯祐 .  腸管出血性大腸菌O157の型別ツールIS-printing system:開発と実用化までの道のり .  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 緒方喜久代,大岡唯祐,成松浩志,林哲也 .  湧き水を原因としたEscherichia albertiiによる食中毒 .  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Arzuba Akter, Tadasuke Ooka, Seigo Yamamoto, Keisuke Katsura, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi .  Comparative genome analysis of Spotted fever group Rickettsia in Japan. .  第8回日本ゲノム微生物学会年会  第8回日本ゲノム微生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 藺牟田直子, 大岡唯祐, 吉家清貴, 小椋義俊, 林哲也, 西順一郎 .  ESBL産生腸管凝集性大腸菌(EAEC)の分子疫学解析 .  第87回日本細菌学会総会  第87回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 原田誠也, 大岡唯祐, 林哲也 .  熊本県で発生したEscherichia albertii食中毒2事例について .  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)  第87回日本細菌学会総会(ワークショップ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 古川真斗,福司山郁恵,奥田将之,松尾繁,郷博臣,大岡唯祐,林哲也,原田誠也 .  熊本県で発生したEscherichia albertiiによる食中毒事例について .  第34回日本食品微生物学会学術総会  第34回日本食品微生物学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岡唯祐, 桂啓介, 小椋義俊, Arzuba Akter, 北野智一, 後藤恭宏, 山本正悟, 林哲也 .  日本紅斑熱リケッチアRickettsia japonica及び紅斑熱群リケッチアR. heilongjiangensisのゲノム及びゲノム比較解析 .  第66回日本細菌学会九州支部総会  第66回日本細菌学会九州支部総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Ooka T, Seto K, Kawano K, Kobayashi H, Etoh Y, Ichihara S, Kaneko N, Isobe J, Yamaguchi K, Horikawa K, Gomes TA, Linden A, Bardiau M, Mainil JG, Beutin L, Ogura Y, Hayashi T .  Significant prevalence of Escherichia albertii among the strains identified as enteropathogenic and enterohemorrhagic E. coli and the presence of Shiga toxin-producing E. albertii strains. .  VTEC 2012: 8th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin) producing Escherichia coli infections  VTEC 2012: 8th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin) producing Escherichia coli infections国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Amsterdam  

    国際学会

  • 大岡唯祐, 勢戸和子, 磯部順子, 山口敬治, 瀬戸順次, 小椋義俊, 林哲也 .  志賀毒素バリアントStx2fの伝播様式の解析 .  第85回日本細菌学会総会  第85回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 大岡唯祐,小椋義俊,中山恵介,小林秀樹,林哲也 .  腸管出血性大腸菌(EHEC)及び腸管病原性大腸菌(EPEC)における3型分泌系(T3SS)の進化 .  第83回日本細菌学会総会  第83回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 大岡唯祐 .  新規遺伝子解析法について.IS-printing Systemによる遺伝子解析 .  厚生労働科研「食品由来感染症調査における分子疫学手法に関する研究」班研修会  厚生労働科研「食品由来感染症調査における分子疫学手法に関する研究」班研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    その他

  • 大岡唯祐,小椋義俊,井口純,Asadulghani,中山恵介,小林秀樹,寺嶋淳,渡邉治雄,林哲也 .  腸管出血性大腸菌(EHEC)及び腸管病原性大腸菌(EPEC)におけるLEE領域の多様性解析 .  第82回日本細菌学会総会  第82回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 大岡唯祐,小椋義俊,中山恵介,寺嶋淳,渡辺治雄,林哲也 .  腸管出血性大腸菌O157の小規模ゲノム構造多型に関する詳細な解析 .  第81回日本細菌学会総会  第81回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 大岡唯祐,小椋義俊,井口純,Asadulghani,中山恵介,戸邉亨,寺嶋淳,渡邊治雄,林哲也 .  non-O157 EHECゲノムにおけるIS分布の解析 .  第80回日本細菌学会総会  第80回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Ooka T, Ogura Y, Nakayama K, Kurokawa K, Ohnishi M, Terajima J, Watanabe H, Hayashi T .  The mechanism of genomic diversification in Enterohemorrhagic E. coli O157:H7. .  VTEC 2006 Melbourne (6th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin)-Producing Escherichia coli Infections)  VTEC 2006 Melbourne (6th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin)-Producing Escherichia coli Infections)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Melbourne  

    国際学会

  • 大岡唯祐,小椋義俊,中山恵介,黒川顕,寺嶋淳,渡辺治雄,林哲也 .  IS分布を利用したマルチプレックスPCRによる迅速なO157菌株識別システムの開発 .  第79回日本細菌学会総会  第79回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 大岡唯祐 .  九州地区における食品由来感染症の拡大防止・予防に関する取組み.O157新規遺伝子解析法IS-printing Systemに関する研修 .  厚生労働科研「広域における食品由来感染症を迅速に探知するために必要な情報に関する研究」班研修会  厚生労働科研「広域における食品由来感染症を迅速に探知するために必要な情報に関する研究」班研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    その他

  • 大岡唯祐 .  大腸菌O157のゲノム研究とその応用 .  第18回臨床微生物迅速診断研究会総会  第18回臨床微生物迅速診断研究会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 大岡唯祐,小椋義俊,大西真,中山恵介,森本拓也,林哲也 .  O157株間のゲノム構造多型に関する網羅的な解析 .  第78回日本細菌学会総会  第78回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岡唯祐,大西真,寺嶋淳,小椋義俊,中山恵介,渡辺治雄,林哲也 .  マルチプレックスPCRを用いた迅速なO157菌株識別システムの開発 .  第77回日本細菌学会総会  第77回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小野英俊, 大岡唯祐, 林哲也 .  鶏、豚及び牛におけるEsherichia albertii保菌調査 .  平成25年度獣医学術九州地区学会  平成25年度獣医学術九州地区学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • Ooka T, Seto K, Kawano K, Kobayashi H, Ichihara S, Etoh Y, Horikawa K, Ogura Y, Hayashi T .  Phylogenetic and intimin-subtype analysis of eae -positive E. coli strains. .  US-Japan Cooperative Medical Science Program, 45th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Panel  US-Japan Cooperative Medical Science Program, 45th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Panel国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto  

    国際学会

▼全件表示

知的財産権

  • 微生物の識別方法、及び該方法に使用するプライマー並びに識別キット

    大岡 唯祐、林 哲也

     詳細を見る

    出願人:東洋紡株式会社、国立大学法人宮崎大学

    公開番号:2008-005837  公開日:2008年1月

    特許番号/登録番号:5110423  登録日:2012年10月 

    出願国:国内  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 新たな人獣共通感染症の発生に備えた事前リスク評価

    研究課題/領域番号:21455165  2021年4月 - 現在

    農林水産省  安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業 

    大岡唯祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6000000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1800000円 )

  • 食中毒原因細菌の検査法の整備のための研究(食品の安全確保推進研究事業)

    研究課題/領域番号:21KA1006  2021年4月 - 2024年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費  令和3年度厚生労働科学研究費補助金

    大岡唯祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3581000円 ( 直接経費:2755000円 、 間接経費:826000円 )

  • Escherichia albertiiのアメーバへの感染・増殖機構の解明

    研究課題/領域番号:20K07498  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  • 食品中の食中毒細菌の制御法の確立のための研究(食品の安全確保推進研究事業)

    研究課題/領域番号:H30-食品-一般-001  2018年4月 - 2021年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:8239000円 ( 直接経費:6338000円 、 間接経費:1901000円 )

  • 食品由来が疑われる有症事案に係る調査(食中毒調査)の迅速化・高度化に関する研究(食品の安全確保推進研究事業)

    研究課題/領域番号:H29-食品-一般-001  2017年4月 - 2020年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    大岡唯祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5676000円 ( 直接経費:4154000円 、 間接経費:1522000円 )

  • 新興病原菌Escherichia albertiiの種特性と病原機構の解明(代表)

    研究課題/領域番号:16K08781  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大岡唯祐

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

  • 新興病原体Escherichia albertiiの疫学および病原性の解明(代表)

    研究課題/領域番号:25460539  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:2730000円 、 間接経費:1170000円 )

  • 新規病原菌種Escherichia albertii:ゲノム情報に基づく診断疫学マーカーの確立とヒト及び動物における腸内常在性の解明

    2012年4月 - 2014年3月

    その他機関  公益財団法人黒住医学研究振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 新規下痢原性病原菌Escherichia albertiiのゲノム及び病原性解析(代表)

    研究課題/領域番号:23790480  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 腸管出血性大腸菌の新規DNA修復機構の同定と機能解析(代表)

    研究課題/領域番号:20790338  2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 小児腸管内バイオフィルム形成大腸菌が薬剤耐性遺伝子の水平伝播を促進する機構の解明

    研究課題/領域番号:20K08161  2020年4月 - 2023年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  • 新興下痢起因菌Escherichia albertiiのヒトに対する感染リスクの解析と病原株鑑別法の開発

    2019年2月 - 現在

    民間財団等  公益信託 児玉記念基礎医学助成基金平成30年度助成金  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Escherichia albertiiの性状に関する解析

    2017年2月 - 現在

    地方自治体  国内共同研究 

  • 新興下痢起因菌Escherichia albertiiのヒトに対する感染リスクの解析と病原株鑑別法の開発

    2016年8月 - 2017年8月

    民間財団等  公益信託 児玉記念基礎医学助成基金平成28年度助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 大腸菌およびその近縁菌種のゲノム比較と病原機構に関する研究

    2016年4月 - 2023年3月

    地方自治体  国内共同研究 

      詳細を見る

    腸管出血性大腸菌(EHEC)と腸管病原性大腸菌(EPEC)、腸管凝集性大腸菌(EAEC)などの病原性大腸菌とEscherichia albertiiなどの大腸菌近縁菌種について、病原性関連因子を中心として既知の腸管病原菌とのゲノム比較解析を行う。さらに、個々の菌が持つ病原因子とその病原機構への関わりを調べることにより、各菌の病原性の全体像を明らかにする。

  • 大腸菌関連菌種のゲノム比較と病原機構に関する研究

    2015年10月 - 2020年9月

    地方自治体  国内共同研究 

      詳細を見る

    大腸菌関連菌種についてゲノム比較解析および病原性解析を行い、病原因子のレパートリーを含むゲノム進化とその病原機構を明らかにする。

  • 腸管病原性大腸菌およびEscherichia albertiiに関するゲノムおよび病原性解析

    2012年6月 - 現在

    国際共同研究 

  • 新世代DNA塩基配列決定技術を用いた大腸菌pan-genomeの解明(分担)

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 腸管の粘膜表層に常在する細菌群のゲノム解析(分担)

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 腸管出血性大腸菌を中心とした腸管感染菌の病原性ゲノム基盤の解明と臨床応用(分担)

    2005年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

  • 全ゲノム情報に基づいた恙虫病病原体の病原性解析とその臨床応用に関する研究(分担)

    2005年4月 - 2007年3月

    地方自治体  宮崎県戦略的地域科学技術振興事業補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 微生物学

    2016年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 自主研究(選択)

    2022年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  • 人間と微生物

    2019年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 自主研究(必修)

    2019年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:その他  国名:日本国

  • 微生物学

    2019年
    -
    現在
    機関名:たちばな医療専門学校

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  • 微生物学

    機関名:宮崎大学医学部

  • 感染と免疫

    機関名:宮崎学園短期大学

  • 微生物学

    機関名:日南学園高等学校田野看護専攻科

  • 微生物学

    機関名:宮崎看護専門学校

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 令和2年度鹿児島県獣医公衆衛生講習会

    役割:講師

    (公社)鹿児島県獣医師会  マリンパレスかごしま(マリンホール)  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 学術団体, 行政機関

    種別:講演会

  • 令和元年度鹿児島県食品衛生監視機動班技術研修会

    役割:講師

    鹿児島県くらし保健福祉部生活衛生課  鹿児島県環境保健センター  2019年6月

     詳細を見る

    対象: 学術団体, 行政機関

    種別:講演会

  • 平成30年度地研近畿支部細菌部会研究会

    役割:講師

    地方衛生研究所全国協議会近畿支部  和歌山市役所  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 行政機関

    種別:講演会

  • 平成30年度第6回環保研セミナー

    役割:講師

    神戸市環境保健研究所  神戸市環境保健研究所  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

  • たちばな医療専門学校

    役割:講師

    2016年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他