基本情報

写真a

大岡 唯祐

TADASUKE OOKA, Ph.D.


職名

講師

研究分野・キーワード

病原菌、Escherichia albertii、ゲノム、病原機構

ホームページ

http://www2.kufm.kagoshima-u.ac.jp/field/health-research/f003/01.html

プロフィール

〇新興病原菌Escherichia albertiiの病原機構
〇病原細菌の分子疫学
〇病原細菌のゲノムおよびゲノム比較解析
〇病原因子の水平伝播機構

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 宮崎医科大学  医学研究科

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 微生物学分野,講師,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎医科大学 医学部感染症学講座微生物病学分野,助手,2003年05月 ~ 2003年09月

  • 宮崎大学 医学部感染症学講座微生物病学分野,助手,2003年10月 ~ 2004年03月

  • 国立大学法人宮崎大学 医学部医学科感染症学講座微生物学分野,助手,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 国立大学法人宮崎大学 医学部医学科感染症学講座微生物学分野,助教,2007年04月 ~ 2015年03月

  • 宮崎看護専門学校,非常勤講師(兼任),2007年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本ゲノム微生物学会,2007年01月 ~ 継続中,日本国

  • 腸管出血性大腸菌感染症研究会,2010年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本食品微生物学会,2012年08月 ~ 継続中,日本国

  • 日本感染症学会,2015年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Clonal Lineages of Erysipelothrix rhusiopathiae Responsible for Acute Swine Erysipelas in Japan Identified by Using Genome-Wide Single-Nucleotide Polymorphism Analysis.,Applied and Environmental Microbiology,83巻 11号 (頁 e00130-17 ~ ) ,2017年05月,Yohsuke Ogawa, Kazumasa Shiraiwa, Yoshitoshi Ogura, Tadasuke Ooka, Sayaka Nishikawa, Masahiro Eguchi, Tetsuya Hayashi, Yoshihiro Shimoji

    DOI:10.1128/AEM.00130-17,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The population structure of Escherichia coli O26:H11 with recent and repeated stx2 acquisition in multiple lineages,Microbial Genomics,2017年,Yoshitoshi Ogura, Yasuhiro Gotoh, Takehiko Itoh, Mitsuhiko P Sato, Kazuko Seto, Shyuji Yoshino, Junko Isobe, Yoshiki Etoh, Mariko Kurogi, Keiko Kimata, Eriko Maeda, Denis Piérard, Masahiro Kusumoto, Masato Akiba, Kiyoshi Tominaga, Yumi Kirino, Yuki Kato, Katsuhiko Shirahige, Tadasuke Ooka, Nozomi Ishijima, Ken-ichi Lee, Sunao Iyoda, Jacques Georges Mainil, Tetsuya Hayashi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Extremely low genomic diversity of Rickettsia japonica distributed in Japan,Genome Biology and Evolution,9巻 1号 (頁 124 ~ 133) ,2016年12月,Arzuba Akter, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Seigo Yamamoto, Hiromi Fujita, Fumio Terasoma, Kouji Kida, Masakatsu Taira, Fumiko Nakadouzono, Mutsuyo Gokuden, Manabu Hirano, Mamoru Miyashiro, Kouichi Inari, Yukie Shimazu, Kenji Tabara, Atsushi Toyoda, Dai Yoshimura, Takehiko Itoh, Tomokazu Kitano, Mitsuhiko P. Sato, Keisuke Katsura, Shakhinur Islam Mondal, Yoshitoshi Ogura, Shuji Ando, Tetsuya Hayashi

    DOI:10.1093/gbe/evw304,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Genes essential for the morphogenesis of the Shiga toxin 2-transducing phage from Escherichia coli O157:H7,Scientific Reports,6巻 (頁 39036 ~ ) ,2016年12月,Shakhinur Mondal, Md Islam, Akira Sawaguchi, Md Asadulghani, Tadasuke Ooka, Yasuhiro Gotoh, Yasuhiro Kasahara, Yoshitoshi Ogura, and Tetsuya Hayashi

    DOI:10.1038/srep39036,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The complete Genome Sequence of Mycobacterium " shinshuense ", a subspecies of M. ulcerans,Genome Announcements,2016年08月,Mitsunori Yoshida, Kazue Nakanaga, Yoshitoshi Ogura, Atsushi Toyoda, Tadasuke Ooka, Yuko Kazumi, Satoshi Mitarai, Norihisa Ishii, Tetsuya Hayashi, Yoshihiko Hoshino

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,細菌ゲノム解析の進歩,日本臨床 増刊号 遺伝子診断学(第2版)-遺伝子診断の進歩とゲノム治療の展望-,2010年08月,大岡唯祐, 林哲也

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Genomic view on the evolution of enterohemorrhagic Escherichia coli.,Evolutionary Biology of Bacterial and Fungal Pathogens. AMS Press.,2007年,Tetsuya Hayashi, Tadasuke Ooka, Yoshitoshi Ogura, Asadulghani

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新興下痢症原因菌 Escherichia albertii,日本食品微生物学会,日本食品微生物学会雑誌,34巻 3号 (頁 151 ~ 157) ,2017年09月,大岡 唯祐

    総説・解説(学術雑誌),単著,細菌学(含真菌学),衛生学・公衆衛生学

  • 日本語,個別菌ゲノム解析(PacBioの利用,annotationやその他の問題点を含む),医学ジャーナル社,化学療法の領域,33巻 7号 ,2017年06月,大岡唯祐

    総説・解説(学術雑誌),単著,細菌学(含真菌学)

  • 日本語,腸管出血性大腸菌O111の進化と病原性,神経内科・科学評論社,76巻 2号 (頁 155 ~ 163) ,2012年01月,小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ゲノム解析から見えてきた腸管出血性大腸菌の毒素及び病原因子の新知見,化学療法の領域,25巻 5号 (頁 767 ~ 777) ,2009年,小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,大腸菌O157のゲノム研究とその応用,臨床微生物迅速診断研究会誌(JARMAM),16巻 2号 (頁 179 ~ 181) ,2005年,大岡唯祐, 小椋義俊, 林哲也

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,微生物の識別方法、及び該方法に使用するプライマー並びに識別キット,大岡 唯祐、林 哲也

    公開番号( 2008-005837,2008年01月17日 ) 登録番号( 5110423,2012年10月19日 ) ,東洋紡株式会社、国立大学法人宮崎大学,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,新興病原菌Escherichia albertiiの種特性と病原機構の解明(代表),大岡唯祐

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,新興病原体Escherichia albertiiの疫学および病原性の解明(代表),大岡唯祐

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,新規下痢原性病原菌Escherichia albertiiのゲノム及び病原性解析(代表),大岡唯祐

  • 基盤研究(B),2008年04月 ~ 2011年03月,新世代DNA塩基配列決定技術を用いた大腸菌pan-genomeの解明(分担),林哲也

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月,腸管出血性大腸菌の新規DNA修復機構の同定と機能解析(代表),大岡唯祐

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金,2017年04月 ~ 2020年03月,食品由来が疑われる有症事案に係る調査(食中毒調査)の迅速化・高度化に関する研究,大西真

    厚生労働省

  • 公益信託 児玉記念基礎医学助成基金平成28年度助成金,2016年08月 ~ 2017年08月,新興下痢起因菌Escherichia albertiiのヒトに対する感染リスクの解析と病原株鑑別法の開発,大岡唯祐

    民間財団等

  • 公益財団法人黒住医学研究振興財団,2012年04月 ~ 2014年03月,新規病原菌種Escherichia albertii:ゲノム情報に基づく診断疫学マーカーの確立とヒト及び動物における腸内常在性の解明,大岡唯祐

    その他機関

  • 宮崎県戦略的地域科学技術振興事業補助金,2005年04月 ~ 2007年03月,全ゲノム情報に基づいた恙虫病病原体の病原性解析とその臨床応用に関する研究(分担)

    地方自治体

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • Escherichia albertiiの性状に関する解析,2017年02月 ~ 継続中,北海道立衛生研究所,国内共同研究

  • 大腸菌およびその近縁菌種のゲノム比較と病原機構に関する研究,2016年04月 ~ 2023年03月,大阪府公衆衛生研究所,国内共同研究

  • 大腸菌関連菌種のゲノム比較と病原機構に関する研究,2015年10月 ~ 2020年09月,富山県衛生研究所,国内共同研究

  • 腸管病原性大腸菌およびEscherichia albertiiに関するゲノムおよび病原性解析,2012年06月 ~ 継続中,国際共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第20回腸管出血性大腸菌感染症研究会,国内会議,2016年11月,富山県民共生センターサンフォルテ(富山市),鹿児島県における下痢症患児分離株からのEscherichia albertiiの同定およびその特徴,口頭(一般)

  • 第90回日本感染症学会,国内会議,2016年04月,仙台国際センター(宮城),新興ヒト下痢症起因菌Escherichia albertiiの家畜等からの感染リスク調査,ポスター(一般)

  • 第89回日本細菌学会総会,国内会議,2016年03月,大阪,新興下痢症起因菌Escherichia albertiiのO抗原コード領域の多様性,ポスター(一般),細菌学(含真菌学)

  • SMBE Satellite Workshop on Genome Evolution in Pathogen Transmission and Disease,国際会議,2016年02月,Shiga Lake Hotel, Shiga Kogen, Japan,Genomic diversity and evolutionary insights of Escherichia albertii, an emerging enteropathogen closely related to Escherichia coli,ポスター(一般)

  • 第85回感染症学会西日本地方会,国内会議,2015年10月,奈良,志賀毒素サブタイプStx2f転換ファージの構造比較及び種間伝播に関する解析,口頭(一般)

全件表示 >>