基本情報

写真a

山口 宗一

Munekazu Yamakuchi


職名

准教授

研究分野・キーワード

vascular biology, microRNA, thrombosis

プロフィール

血管内皮細胞の生理的、病的シグナル解析血小板の分子生物学microRNAの基礎的研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻,准教授,2003年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 代謝学

  • 血栓止血学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Genome-wide association study for circulating tissue plasminogen activator levels and functional follow-up implicates endothelial STXBP5 and STX2.,Arterioscler Thromb Vasc Biol.,34巻 5号 (頁 1093 ~ 1101) ,2014年01月,Huang J, Huffman JE, Yamakuchi M, Trompet S, Asselbergs FW, Sabater-Lleal M, Tregouet DA, Chen WM, Smith NL, Kleber ME, Shin SY, Becker DM, Tang W, Dehghan A, Johnson AD, Truong V, Folkersen L, Yang Q, Oudot-Mellkah T, Buckley BM, Moore JH, Williams FM, Campbell H, Silbernagel G, Vitart V, Rudan I, Tofler GH, Navis GJ, Destefano A, Wright AF, Chen MH, de Craen AJ, Worrall BB, Rudnicka AR, Rumley A, Bookman EB, Psaty BM, Chen F, Keene KL, Franco OH, Bohm BO, Uitterlinden AG, Carter AM, Jukema JW, Sattar N, Bis JC, Ikram MA; Cohorts for Heart and Aging Research in Genome Epidemiology (CHARGE) Consortium Neurology Working Group, Sale MM, McKnight B, Fornage M, Ford I, Taylor K, Slagboom PE, McArdle WL, Hsu FC, Franco-Cereceda A, Goodall AH, Yanek LR, Furie KL, Cushman M, Hofman A, Witteman JC, Folsom AR, Basu S, Matijevic N, van Gilst WH, Wilson JF, Westendorp RG, Kathiresan S, Reilly MP; CARDIoGRAM Consortium, Tracy RP, Polasek O, Winkelmann BR, Grant PJ, Hillege HL, Cambien F, Stott DJ, Lowe GD, Spector TD, Meigs JB, Marz W, Eriksson P, Becker LC, Morange PE, Soranzo N, Williams SM, Hayward C, van der Harst P, Hamsten A, Lowenstein CJ, Strachan DP, O'Donnell CJ; CHARGE Consortium Hemostatic Factor Working Group.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Thioredoxin Increases Exocytosis by Denitrosylating N-Ethylmaleimide-sensitive Factor. . 2011 ;286(13):11179-84.,J Biol Chem,286巻 13号 (頁 11179 ~ 11184) ,2011年01月,Ito T, Yamakuchi M, Lowenstein CJ

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語, MicroRNA-22 regulates hypoxia signaling in colon cancer cells,PLoS One,6巻 5号 (頁 e20291 ~ ) ,2011年01月,Yamakuchi M, Yagi S, Ito T, Lowenstein CJ.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,P53-induced microRNA-107 inhibits HIF-1 and tumor angiogenesis. ,Proc Natl Acad Sci U S A,107巻 14号 (頁 6334 ~ 6339) ,2010年01月,Yamakuchi M, Lotterman CD, Bao C, Hruban RH, Karim B, Mendell JT, Huso D, Lowenstein CJ.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語, Endothelial Senescence and MicroRNAs,Biomol Concepts,3巻 3号 (頁 213 ~ 223) ,2013年01月,Yamakuchi, M.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,SIRT1 and microRNAs,Frontiers in Vascular Physiology,3巻 68号 ,2012年01月,Yamakuchi, M.

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,vascular miRNAs and microRNAs,International journal of vascular medicine,2012:794898巻 ,2012年01月,Yamakuchi, M.

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費,2015年04月 ~ 2018年03月,血管内皮細胞由来microRNAによる糖尿病性血管障害機構の空間統合的解明,山口宗一

    血管内皮細胞由来microRNAによる糖尿病性血管障害機構の空間統合的解明

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2018年03月,新規内因性低分子RNAによる大血管機能評価の臨床検査システム構築への挑戦,山口宗一

    新規内因性低分子RNAによる大血管機能評価の臨床検査システム構築への挑戦

  • 研究活動スタート支援,2013年04月 ~ 2015年03月,microRNAによる糖尿病性血管病変形成のメカニズムの解明,山口 宗一

    microRNAによる糖尿病性血管病変形成のメカニズムの解明