2023/10/23 更新

写真a

オニツカ サトアキ
鬼束 聡明
ONITSUKA Satoaki
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 2001年3月   熊本大学 )

  • 修士(理学) ( 1998年3月   熊本大学 )

  • 学士(理学) ( 1996年3月   熊本大学 )

研究キーワード

  • 有機化学,有機金属化学,不斉合成

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

学歴

  • 熊本大学   大学院自然科学研究院   自然科学研究科

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 熊本大学   大学院理学研究院   自然科学研究科

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 熊本大学   理学部   化学科

    1992年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻   准教授

    2020年1月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻   助教

    2013年4月 - 2019年12月

  • 九州大学   先導物質化学研究所   助教

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   先導物質化学研究所   特任助教

    2005年4月 - 2010年3月

所属学協会

  • 日本希土類学会

    2005年10月 - 現在

  • 日本化学会

    1996年10月 - 現在

  • 有機合成化学協会

    1996年10月 - 現在

委員歴

  • 有機合成化学協会   大学幹事  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • ⑦ MATSUYAMA, Koushi; INOUE Tomoe; MUROGA Tomoki; ARIMA Naomichi; DOE Matsumi; TANI Fumito; OOKAWA Yuka; OKAMOTO Yuka; ONITSUKA, Satoaki; OKAMURA, Hiroaki, IWAGAWA, Tetsuo; HAMADA Toshiyuki .  New halogenated C15 acetogenins from OKINAWAn sea hare Aplysia dactylomela .  Tetrahedron120   132889   2022年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ⑥ HAMADA, Toshiyuki; KOBAYASHI, Kazushi; ARIMA, Naomichi; TANI, Fumito; VAIRAPPAN, Charles S.; ONITSUKA, Satoaki; OKAMURA, Hiroaki .  Two Cytotoxic spualene-derived polyethers from Japanese red alga Chondria armata .  Natural Product Reseach   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ④ HAMADA, Toshiyuki; HARANO, Kanako; NIIHARA, Rino; KITAHARA, Hiromi; YAMAMOTO, Masashi; VARAPPAN, Charles S.; TANI, Fumito; ONITSUKA, Satoaki; OKAMURA, Hiroaki .  Composition and Monthly Changes of the Volatile Constituents in the Sour Hetsuka-daidai Citrus Peel .  Journal of Oleo Science69 ( 6 ) 643 - 648   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ⑦ HAMADA, Toshiyuki; MATSUMOTO, Yoshito; PHAN, Chin-Soon; KAMADA, Takashi; ONITSUKA, Satoaki; OKAMURA, Hiroaki, IWAGAWA, Tetsuo; ARIMA, Naomichi; TANI, Fumito; VAIRAPPAN, Charles S. .  Aaptamine-Related Alkaloid from the Marine Sponge Aaptos aaptos .  Natural Product Communications   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Toshiyuki Hamada, Hiroaki Okamura .  Preparation of Antimicrobial Gold and Silver Nanoparticles from Extracts of Tea Leaves .  Colloids and Surfaces B: Biointerfaces173   242 - 248   2018年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshiyuki Hamada, Mami Hayasaki, Hiromi Kitahara, Keisuke Yamashita, Aya Kariyazaki, Fumito Tani, Satoaki Onitsuka and Hiroaki Okamura .  Essential oil composition of citrus peels in Kikai-jima Island, Japan .  American Journal of Essential Oils and Natural Products5 ( 3 ) 12 - 15   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mahmoud Ibrahiem Mohieeldin Darwish, Yuto Takenoshita, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, Junichi Kurawaki, Hiroaki Okamura .  Spontaneous Preparation of Highly Stable Gold Nanoparticle Stabilized with ω-Sulfonylated alkylsulfanylaniline .  Journal of Oleo Science66 ( 12 ) 1349 - 1354   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuya Maeda, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, Hiroaki Okamura .  Total Synthesis of the Claimed Structure of (±)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin .  Journal of Natural Products80 ( 5 ) 1446 - 1449   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Publications  

  • Kalluri V. S. Ranganath, Satoaki Onitsuka, Kiran Kumar, Junji Inanaga .  Recent progress of N-heterocyclic carbenes in heterogeneous catalysis .  Catalysis Science & Technology3 ( 9 ) 2161 - 2181   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Yong Zhi Jin, Ajam C. Shaikh, Hiroshi Furuno, Juniji Inanaga .  Silica Gel-Mediated Organic Reactions under Organic Solvent-Free Conditions .  Molecules17   11469 - 11483   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kalluri V. S. Ranganath, Satoaki Onitsuka, Junji Inanaga .  Recent Progress in Asymmetric Catalysis on Nanoparticle Surfaces .  Trends in Organic Chemistry12   37 - 55   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroshi Furuno, Shuichi Ishida, Shoko Suzuki, Tetsuji Hayano, Satoaki Onitsuka, Junji Inanaga .  Heterogeneous Lewis Acid Catalysis with Self-organized Polymeric Rare Earth Arylsulfonates under Solvent-free Conditions .  Heterocycles77   1007 - 1018   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古野裕史,稲永純二,鬼束聡明 .  高性能・高実用的キラル希土類錯体触媒の開発と利用 .  化学工業59   318 - 322   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 稲永純二,古野裕史,鬼束聡明 .  新規なキラル希土類金属錯体触媒を用いるエナンチオ選択的反応の開発 .  有機合成化学協会誌65   977 - 988   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideki Shimizu, Satoaki Onitsuka, Hiromichi Egami, Tsutomu Katsuki .  Ruthenium(salen)-Catalyzed Aerobic Oxidative Desymmetrization of meso-Diols and Its Kinetics .  Journal of the American Chemical Society127   5396 - 5413   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiromichi Egami, Satoaki Onitsuka, Tsutomu Katsuki .  A Reasonable Explanation for the Mechanism of Photo-promoted Chemoselective Aerobic Oxidation of Alcohols Using (ON)Ru(salen) Complex as Catalyst .  Tetrahedron Letters46   6049 - 6052   2005年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Yuko Matsuoka, Ryo Irie, Tsutomu Katsuki .  Cr(salen)-Catalyzed Reaction of 2-(Trimethylsilyloxy)furan and aldehydes. Effect of Alcohol on Enantioselectivity .  Chemistry Letter32   974 - 975   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Hiroshi Nishino .  Synthesis of Polyfunctionalized Furans from 3-Acetyl-1-aryl-2-pentene-1,4-diones .  Tetrahedron59   755 - 765   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Hiroshi Nishino, Kazu Kurosawa .  Photooxygenation of 3-Acetyl-5-aryl-2-methylfurans via Endoperoxide Intermediate and the Following Reactions .  Tetrahedron57   6003 - 6009   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Hiroshi Nishino, Kazu Kurosawa .  Selective Transformation of 3-Acetyl-5-aryl-2-methylfurans Using Photooxygenation .  Heterocyclic Communications6   529 - 532   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Hiroshi Nishino, Kazu Kurosawa .  Acid-Catalyzed Convenient Transformation of 1-Aryl-2-pentene-1,4-diones into Polyfunctionalized Furans .  Tetrahedron Letters41 ( 17 ) 3149 - 3152   2000年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 使える!有機合成反応241 実践ガイド

    稲永純二,鬼束聡明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 共役エノンの不斉エポキシ化反応)

    化学同仁  2010年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:504   担当ページ:386-387   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    キラル希土類錯体を用いた共役エノン類の不斉エポキシ化反応について,その反応例および実践について解説を行った。

講演・口頭発表等

  • 鬼束聡明 .  リサイクル型不斉触媒の開発金属有機構造体(MOF)およびイオン液体への固定化 .  第1回キラル分子科学研究会  第1回キラル分子科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    研究会

  • Satoaki Onitsuka .  Novel Stimuli-Responsive π-conjugated pyridine derivatives: Application as Ion-Sensing Reagents .  10th International Symposium Organic Reactions (ISOR-10)  10th International Symposium Organic Reactions (ISOR-10)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 藤井さおり,鬼束聡明,古野裕史,稲永純二 .  新規ベタイン型キラル金属錯体触媒-イオン液体システムの不斉反応への利用 .  第91日本化学会春季年会  第91日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 鬼束聡明 .  リサイクル型イオン性キラル触媒-イオン液体不斉反応システムの構築 .  反応集積化の合成化学-若手セミナー  反応集積化の合成化学-若手セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • Akihiko Hatakeyama, Satoaki Onitsuka, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Design, Synthesis and Function of Stimuli-Responsive π-Conjugated Pyridine derivatives .  Pacifichem 2010  Pacifichem 2010国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Honolulu, USA  

    国際学会

  • Kalluri V. S. Ranganath, Shin-ichiro Tabuchi, Kentaro Ishizuka, Hiroshi Furuno, Satoaki Onitsuka, Junji Inanaga .  Dynamic Behavior of 3,3′-oligoBINOL Derivatives and Its Application to Asymmetric Catalysis .  Pacifichem 2010  Pacifichem 2010国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Honolulu, USA  

    国際学会

  • 鬼束聡明,畠山明彦,古野裕史,稲永純二 .  π架橋型アリールエチニルピリジン類の光特性における置換基効果 .  2010年 日本化学会西日本大会  2010年 日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 鬼束聡明,古野裕史,稲永純二 .  La-BINOL-R3P=O錯体触媒の構造活性相関に基づく高性能固体不斉触媒の開発 .  Symposium on Molecular Chirality 2009  Symposium on Molecular Chirality 2009

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Kalluri Venkata Sri Ranganath,鬼束聡明,古野裕史,稲永純二 .  希土類ナノ粒子および希土類-モンモリロナイト触媒を用いる不斉合成反応の開発 .  第26回希土類討論会  第26回希土類討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 鬼束聡明,古野裕史,稲永純二 .  La-BIONL錯体触媒におけるホスフィンオキサイド配位子の構造活性相関 .  物質合成研究機関連携事業 第3回大学間連携若手フォーラム  物質合成研究機関連携事業 第3回大学間連携若手フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 鬼束聡明,Kalluri Venkata Sri Ranganath,古野裕史,稲永純二 .  共役エノン類の不斉エポキシ化反応におけるLa-BINOL-R3P=O錯体触媒の構造活性相関 .  第25回有機合成化学セミナー  第25回有機合成化学セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Satoaki Onitsuka, Kalluri Venkata Sri Ranganath, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Chiral Lanthanum Complex Catalyzed Asymmetric Epoxidation of Enones. Mechanistic Investigation and Applications to Flow Reaction Systems .  International Symposium on Creation and Control of Advanced Selective Catalysis (a Pre-Symposium of 14th International Congress on Catalysis (ICC 14))  International Symposium on Creation and Control of Advanced Selective Catalysis (a Pre-Symposium of 14th International Congress on Catalysis (ICC 14))国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 鬼束聡明,Kalluri Venkata Sri Ranganath,古野裕史,稲永純二 .  ランタン-BINOL-トリアリールホスフィンオキサイド錯体を触媒に用いる共役エノン類の不斉エポキシ化反応の機構 .  第25回希土類討論会  第25回希土類討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Satoaki Onitsuka, Kalluri V. S. Ranganath, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Mechanistic Investigation of the Asymmetric Epoxidation of Conjugated Enones Using Lanthanum-BINOL-Triarylphosphine Oxide Complex Catalysts .  International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2007  International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2007国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Singapore  

    国際学会

  • Satoaki Onitsuka, Kalluri Venkata Sri Ranganath, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Asymmetric Epoxidation of Conjugated Enones Catalyzed by Self-organized Chiral Lanthanum Complexes. Mechanistic Study on Homogeneous and Heterogeneous Catalysis .  The Second International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions  The Second International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 伊崎敏晴・古野裕史・鬼束聡明・稲永純二 .  新規3,3′-二置換BINOL-金属錯体を用いた触媒的不斉Evans-Tishchenko反応 .  Symposium on Molecular Chirality 2007  Symposium on Molecular Chirality 2007

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Satoaki Onitsuka, Tetsuji Hayano, Kalluri Venkata Sri Ranganath, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Mechanistic Aspect of the Asymmetric Catalysis with Homogeneous and Heterogeneous Chiral Lanthanum Complexes in Epoxidation of Conjugated Enones .  International Conference on Asymmetric Organocatalysis  International Conference on Asymmetric Organocatalysis国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:滋賀  

    国際学会

  • Satoaki Onitsuka .  Mechanistic Study of Asymmetric Epoxidation of Conjugated Enones Using La-BINOL Polymer Catalyst .  8th International Symposium on Biochemistry, Metal Complexes and Catalysis  8th International Symposium on Biochemistry, Metal Complexes and Catalysis国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Haikou, China  

    国際学会

  • 鬼束聡明,早野哲二,Kalluri Venkata Sri Ranganath,古野裕史,稲永純二 .  キラルランタンポリマー錯体を用いた不斉エポキシ化反応 .  大学間連携事業若手セミナー  大学間連携事業若手セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    研究会

  • Satoaki Onitsuka, Tetsuji Hayano, Kalluri Venkata Sri Ranganath, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Mechanistic Study of Asymmetric Epoxidation of Conjugated Enones Using La-BINOL Polymer Catalyst .  The Fukuoka Symposium “New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries”  The Fukuoka Symposium “New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries”国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 鬼束聡明,早野哲二,古野裕史,Kalluri Venkata Sri Ranganath,稲永純二 .  共役エノン類の不斉エポキシ化反応に有効なキラルランタンポリマー触媒の構造活性相関 .  第30回有機電子移動化学討論会  第30回有機電子移動化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 鬼束聡明,木野里恵,伊藤裕勝,田頭幸恵,古野裕史,稲永純二 .  希土類-BINOL系錯体を用いた不斉合成反応における錯体構造活性相関に関する研究 .  第23回希土類討論会  第23回希土類討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 鬼束聡明,木野里恵,早野哲二,伊藤裕勝,古野裕史,稲永純二 .  キラルランタン触媒を用いた不斉エポキシ化反応における錯体構造の活性相関に関する研究 .  日本化学会第86春季年会  日本化学会第86春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Satoaki Onitsuka, Kentaro Ishizuka, Hiroshi Furuno, Junji Inanaga .  Design, Synthesis and Application of Noble BINOL Derivatives for Synthetic Organic Chemistry .  The First International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions  The First International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 鬼束聡明,早野哲二,古野裕史,稲永純二 .  高性能不均一系不斉エポキシ化触媒として働くキラルランタンポリマー錯体の構造活性相関に関する研究 .  日本化学会西日本大会  日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • Satoaki Onitsuka, Hideki Shimizu, Hiromichi Egami, Tsutomu Katsuki .  Mechanism of Aerobic Oxidation of Alcohols using (Nitrosyl)ruthenium-salen Complexes as Catalyst .  5th World Congress on Oxidation Catalysis  5th World Congress on Oxidation Catalysis国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語  

    開催地:北海道  

    国際学会

▼全件表示

知的財産権

  • 金属ナノ粒子素生物の製造法

    鬼束 聡明

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-145952  出願日:2015年7月

    公開番号:特願2015-145952  公開日:2015年7月

    特許番号/登録番号:特許第6562251号  登録日:2019年8月 

    出願国:国内  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 実用化に向けたB型肝炎の新規 治療薬・診断法の基盤開発

    2022年4月 - 2025年3月

    国立研 究開発法人日 本医療研究開 発機構   B型肝炎創薬 実用化等研究 事業 

    鬼束聡明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:161125000円 ( 直接経費:15000000円 、 間接経費:1125000円 )

  • ホスト̶ゲスト相互作用による光学分割システムの開発

    2014年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    鬼束聡明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では,静的キラリティーと動的キラリティーを利用した,ホスト-ゲスト相互 作用によるアミノ酸の光学分割を試みた。マイクロフローリアクターの利用も検討して おり,光学活性化合物のハンドリングだけでなく,新たな合成手法であるマイクロリア クターに関する知見を得た。

  • 茶の機能成分を利用した新しい茶‒金属ナノ材料の開発研究

    2014年4月 - 2018年3月

    公益財団法人 米盛誠心育成会  研究助成 

    鬼束聡明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    本研究では,植物抽出物を用いて安定な金属ナノ粒子を安価かつ簡便な方法で合成す ることができ,さらに,そのナノ粒子表面上に植物抽出物に含まれる機能性成分を集積 化させることで,金属ナノ粒子としての機能性と植物抽出物由来の機能性を合わせ持っ た新規材料として活用することができることを見出した。