基本情報

写真a

鬼束 聡明

ONITSUKA Satoaki


職名

助教

研究室住所

鹿児島県鹿児島市郡元1−21−35 理学部2号館2階206号質

研究分野・キーワード

有機化学,有機金属化学,不斉合成

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-285-8115

研究室FAX

099-285-8115

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~okam/

プロフィール

機能性有機化合物の合成と応用

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻,助教,1965年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1996年10月 ~ 継続中,日本国

  • 有機合成化学協会,1996年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本希土類学会,2005年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学

  • ナノ材料化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Recent progress of N-heterocyclic carbenes in heterogeneous catalysis,Catalysis Science & Technology,3巻 9号 (頁 2161 ~ 2181) ,2013年09月,Kalluri V. S. Ranganath, Satoaki Onitsuka, Kiran Kumar, Junji Inanaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Silica Gel-Mediated Organic Reactions under Organic Solvent-Free Conditions,Molecules,17巻 (頁 11469 ~ 11483) ,2012年09月,Satoaki Onitsuka, Yong Zhi Jin, Ajam C. Shaikh, Hiroshi Furuno, Juniji Inanaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recent Progress in Asymmetric Catalysis on Nanoparticle Surfaces,Trends in Organic Chemistry,12巻 (頁 37 ~ 55) ,2010年,Kalluri V. S. Ranganath, Satoaki Onitsuka, Junji Inanaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Heterogeneous Lewis Acid Catalysis with Self-organized Polymeric Rare Earth Arylsulfonates under Solvent-free Conditions,Heterocycles,77巻 (頁 1007 ~ 1018) ,2009年,Hiroshi Furuno, Shuichi Ishida, Shoko Suzuki, Tetsuji Hayano, Satoaki Onitsuka, Junji Inanaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,高性能・高実用的キラル希土類錯体触媒の開発と利用,化学工業,59巻 (頁 318 ~ 322) ,2008年08月,古野裕史,稲永純二,鬼束聡明

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,植物抽出物を用いた金属ナノ粒子の簡易合成法と活用法,鬼束 聡明

    出願番号( 特願2015-145952,2015年07月23日 ) 公開番号( 特願2015-145952,2015年07月23日 ) ,日本国

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第1回キラル分子科学研究会,その他,2014年03月,熊本,リサイクル型不斉触媒の開発金属有機構造体(MOF)およびイオン液体への固定化,その他

  • 10th International Symposium Organic Reactions (ISOR-10),国際会議,2011年11月,神奈川,Novel Stimuli-Responsive π-conjugated pyridine derivatives: Application as Ion-Sensing Reagents,その他

  • 第91日本化学会春季年会,国内会議,2011年03月,神奈川,新規ベタイン型キラル金属錯体触媒-イオン液体システムの不斉反応への利用,その他

  • 反応集積化の合成化学-若手セミナー,その他,2011年02月,福岡,リサイクル型イオン性キラル触媒-イオン液体不斉反応システムの構築,その他

  • Pacifichem 2010,国際会議,2010年12月,Honolulu, USA,Design, Synthesis and Function of Stimuli-Responsive π-Conjugated Pyridine derivatives,その他

全件表示 >>