Updated on 2021/05/21

写真a

 
KANESHIRO Itoe
 
Organization
Research Field in Law, Economics and the Humanities, Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Law, Economics and the Humanities Department of Humanitiess Associate Professor
Title
Associate Professor

Degree

  • 博士(学術) ( 2014.3   東北大学 )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Area studies

  • Humanities & Social Sciences / Cultural anthropology and folklore

Education

  • Tohoku University

    - 2013.3

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University   Associate Professor

    2013.4

Professional Memberships

  • 「宗教と社会」学会

    2015.10

  • 日本華南学会

    2015.10

  • 沖縄民俗学会

    2015.10

  • 日本華僑華人学会

    2015.10

  • 日本文化人類学会

    2015.10

 

Papers

  • 兼城糸絵 .  災害の記憶をめぐる実践と葛藤 .  国立歴史民俗博物館研究報告214   131 - 148   2019災害の記憶をめぐる実践と葛藤Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 兼城糸絵 .  現代中国における移民と宗族−福建省福州市の事例から .  <宗族>と中国社会−その変貌と人類学的研究の現在   233 - 262   2016.3現代中国における移民と宗族−福建省福州市の事例から

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:風響社  

  • 兼城糸絵 .  「移民」が支える神祇祭祀−福建省福州市の僑郷の事例から .  僑郷−華僑のふるさとをめぐる表象と実像   85 - 113   2016.3「移民」が支える神祇祭祀−福建省福州市の僑郷の事例から

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:行路社  

  • 兼城糸絵 .  中国の「マニ教」に関する一考察―福建省霞浦県の事例から .  人文学科論集80   41 - 54   2014.6中国の「マニ教」に関する一考察―福建省霞浦県の事例から

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 兼城糸絵・川村清志 .  アニメ聖地巡礼者たちの被災地支援―七ヶ浜町花渕浜の事例から .  『無形民俗文化財が被災するということ―東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌』   121 - 130   2014.1アニメ聖地巡礼者たちの被災地支援―七ヶ浜町花渕浜の事例からReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 兼城糸絵 .  客家意象的塑造以及“客家-沖縄関係論” .  日本客家研究的視角与方法―百年的軌跡   85 - 97   2013.10客家意象的塑造以及“客家-沖縄関係論” Reviewed

     More details

    Language:Chinese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:社会科学文献出版社  

  • Itoe Kaneshiro .  Social differences in an Emigrant Community in Modern China: A Case Study from Fuzhou city, Fujian Province. .  Stratification in Cultural Contexts: Cases from East and Southeast Asia.Stratification and Inequality Series Volume15, Trans Pacific Press, Victoria, Australia   89 - 106   2013.3Social differences in an Emigrant Community in Modern China: A Case Study from Fuzhou city, Fujian Province.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 兼城糸絵 .  婚姻儀礼と社会変化―福建省福州市の調査ノートから .  沖縄民俗研究27   69 - 95   2009.3婚姻儀礼と社会変化―福建省福州市の調査ノートから

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 奄美群島の歴史・文化・社会的多様性

    兼城糸絵( Role: Contributor ,  分担執筆(第6章:奄美大島における共同納骨堂に関する一考察—宇検村の事例を中心に—))

    南方新社  2020.3 

     More details

    Language:Japanese

  • 大学的鹿児島ガイド―こだわりの歩き方

    兼城糸絵( Role: Contributor ,  分担執筆:第3部島嶼編「島で暮らす人々と神々」)

    昭和堂  2018.11 

     More details

    Language:Japanese

MISC

  • コラム 変わる一人っ子政策

    兼城糸絵

    東アジアで学ぶ文化人類学   44   2017.4

  • コラム 年中行事と環境保護

    兼城糸絵

    東アジアで学ぶ文化人類学   62   2017.4

Presentations

  • 兼城糸絵   災害と地域社会:宮城県七ヶ浜の事例から   International conference

    日韓共同シンポジウム「災害と空間変容:記録・表象・地政学」 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 兼城糸絵   なぜ人々は海外を目指すのか:中国福建省の出稼ぎ移民のライフストーリーから  

    東北大学東北アジア研究 センター創立20周年記念式典・国際シンポジウム セッションB1 

     More details

    Event date: 2015.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • Itoe KANESHIRO   The revitalization of local community after the Great East Japan Earthquake  

    The Second East Asian Island and Ocean Forum:Asia-Pacific Islands Culture and Social Development  The Second East Asian Island and Ocean Forum:Asia-Pacific Islands Culture and Social Development

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese  

    Venue:中国、上海  

    その他

  • 兼城糸絵   現代中国の移民と宗族―福建省福州市の事例から  

    日本文化人類学会 中国・四国地区研究懇談会  日本文化人類学会 中国・四国地区研究懇談会

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    研究会

  • 兼城糸絵   宗族であり続けることの意味―福建省福州市郊外の移民母村の事例から―  

    日本文化人類学会第48回大会  日本文化人類学会第48回大会

     More details

    Event date: 2014.5

    Language:Japanese  

    Venue:千葉  

    国内学会

  • 兼城糸絵   被災地における復興支援と人類学の貢献可能性に関する一考察―津波被災地における無形民俗文化財調査の現場から―  

    日韓共同シンポジウム「3.11以後の人間と社会」  日韓共同シンポジウム「3.11以後の人間と社会」

     More details

    Event date: 2013.10

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    その他

  • 兼城糸絵   移民送出村の葬送儀礼ー中国福建省福州市の事例からー  

    鹿大史学会  鹿大史学会

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 兼城糸絵   震災復興とアニメ聖地巡礼者たちー宮城県七ヶ浜町花渕浜を例として  

    日本文化人類学会第47回研究大会  日本文化人類学会第47回研究大会

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 兼城糸絵   富の表現としての葬送儀礼-中国福建省のある移民母村の事例から-  

    日本文化人類学会第46回研究大会  日本文化人類学会第46回研究大会

     More details

    Event date: 2012.6

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    国内学会

  • Itoe Kaneshiro   Socioeconomic gap in emigrant community: a case study from an emigrant community in China   International conference

    Society for East Asian Anthropology, and Taiwan Society for Anthropology and Ethnology Conference  Society for East Asian Anthropology, and Taiwan Society for Anthropology and Ethnology Conference

     More details

    Event date: 2009.7

    Language:English  

    Venue:Taipei, Taiwan  

    国際学会

  • 兼城糸絵   緒方修與客家研究   Invited

    「百年往返:台灣與日本客家研究之對話」國際研討會  2019.10 

     More details

    Language:Japanese  

  • 兼城糸絵   シマの戦争を聞く  

    公開Webシンポジウム「コロナ禍の奄美群島で教育研究をどのように進めたか・進めるか」  2021.3 

  • 兼城糸絵   観光と歴史をめぐるポリティクス:中国福建省のある村落を事例に  

    日本文化人類学会第53回研究大会  2019.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 尾崎 孝宏, 兼城 糸絵, 宋 多情   海外研修授業を通した人類学教育の可能性:鹿児島大学法文学部「文化人類学実習」を事例として  

    日本文化人類学会研究大会発表要旨集  2018  日本文化人類学会

     More details

    本発表では、鹿児島大学法文学部授業科目「文化人類学実習」での経験を事例として、海外研修授業を通した人類学教育の可能性を検討する。本授業は韓国に1週間程度滞在し、学術交流協定締結校の大学生と共同で社会調査を行う正課の授業である。短期の研修で問題となるのは学生のリテラシーだが、現状では、事前情報提供や現地での解説などを極力提供しない形式などを採用することで、一定の成果を得ていると判断しうる。

▼display all