基本情報

写真a

柏谷 英樹

KASHIWADANI Hideki


職名

講師

研究室住所

〒890-8544 鹿児島県鹿児島市桜が丘8-35-1

研究分野・キーワード

匂い、嗅覚中枢、自律神経中枢、電気生理学、行動神経科学

研究室電話

099-275-5227

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~physiol1/

プロフィール

1. 嗅覚中枢における匂い情報処理 2. 嗅覚入力による疼痛制御メカニズム3. 嗅覚入力による自律神経調節メカニズム

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 統合分子生理学,講師,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 味と匂い学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 北米神経科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 基盤・社会脳科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 匂いの抗不安作用の脳内メカニズム,2015年04月 ~ 継続中

    ,機関内共同研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Application of calibrated forceps for assessing mechanical nociception with high time resolution in mice,PLoS One,12巻 2号 (頁 e0172461 ~ ) ,2017年02月,Kashiwadani H, Kanmura Y, Kuwaki T

    DOI:10.1371/journal.pone.0172461,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Nasal TRPA1 mediates irritant-induced bradypnea in mice,Physiological Reports,4巻 24号 (頁 e13098 ~ ) ,2016年12月,Inuki K, Chen C, Pauli JL, Kuroki C, Tashiro S, Kanmura Y, Kashiwadani H, Kuwaki T

    DOI:10.14814/phy2.13098,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Odour-induced analgesia mediated by hypothalamic orexin neurons in mice,Scientific Reports,6巻 (頁 37129 ~ ) ,2016年11月,Tashiro S, Yamaguchi R, Ishikawa S, Sakurai T, Kajiya K, Kanmura Y, Kuwaki T, Kashiwadani H

    DOI:10.1038/srep37129,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats,American Journal of Physiology Regulatory, Integrative and Comparative Physiology,2016年10月,Ueda H, Suga M, Yagi T, Kusumoto-Yoshida I, Kashiwadani H, Kuwaki T, Miyawaki S

    DOI:10.1152/ajpregu.00292.2016,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,TRPA1 detects environmental chemicals and induces avoidance behavior and arousal from sleep,Scientific Report,3巻 (頁 3100 ~ ) ,2013年10月,Yonemitsu, T., Kuroko, C., Takahashi, N., Mori, Y., Kanmura, Y., Kashiwadani, H., Ootsuka, Y., Kuwaki, T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,芋焼酎香気による鎮痛作用と匂い誘発性鎮痛,Aroma Research,17巻 3号 (頁 36 ~ 40) ,2016年11月,Kashiwadani H

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,ゾーン構造,脳科学辞典,DOI:10.14931/bsd.1986巻 ,2012年09月,柏谷英樹

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,嗅覚系における感覚ゲーティング機構と匂い情報処理,実験医学増刊,24巻 15号 (頁 2236 ~ 2242) ,2006年12月,柏谷英樹、森憲作

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 継続中,リナロール香気の抗不安作用と中枢神経回路基盤の解明,柏谷英樹

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,運動野からのトップダウン的痛覚抑制機序の解明: 三叉神経痛の治療法開発へ向けて,倉本恵梨子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan,国内会議,2017年03月,Hamamatsu,Salivation and swallowing-like events are induced by vagal afferent activation in anesthetized rats,ポスター(一般)

  • 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan,国内会議,2017年03月,Hamamatsu,Odorant-X exposure showed anxiolytic effects in mice,ポスター(一般)

  • 46th annual meeting of Society for Neuroscience,国際会議,2016年11月,San Diego,Application of calibrated forceps for evaluating antinociceptive effect induced by shortacting analgesic in mice,ポスター(一般)

  • 第67回西日本生理学会,国内会議,2016年10月,鹿児島,唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割,口頭(一般)

  • 第67回西日本生理学会,国内会議,2016年10月,鹿児島,機械性疼痛に対するOdorant-X香気誘発性鎮痛の効果,ポスター(一般)

全件表示 >>

学外会議企画運営 【 表示 / 非表示

  • 第67回西日本生理学会,事務局,2016年10月