2024/05/14 更新

写真a

シマ カオリ
嶋 香織
SHIMA Kaori
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(歯学) ( 2000年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • epigenetics

  • 前癌病変

  • 口腔扁平上皮癌

  • 口腔腫瘍学

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • その他 / その他  / 口腔病理学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 口腔病理解析学分野   准教授

    2019年5月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 口腔病理解析学分野   助教

    2011年6月 - 2019年4月

  • 東京歯科大学   病理学講座   講師

    2003年10月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京歯科大学   病理学講座   助手

    2001年10月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

    2017年8月 - 現在

  • 日本口腔腫瘍学会

    2016年10月 - 現在

  • 日本臨床細胞学会

    2013年5月 - 現在

  • 日本口腔科学会

    2012年10月 - 現在

  • 日本臨床口腔病理学会

    2011年6月 - 現在

  • The American Association for Cancer Research

    2009年5月 - 現在

  • 日本病理学会

    1996年4月 - 現在

  • 頭頸部癌学会

    1993年10月 - 現在

  • 日本口腔外科学会

    1993年5月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本病理学会   評議員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 歯科基礎医学会   代議員  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

留学歴

  • 2009年4月 - 2011年3月   ダナ・ファーバー癌研究所   博士研究員

  • 2006年4月 - 2009年3月   ハーバード大学病理学講座   博士研究員

 

論文

  • Shima K., Nguyen P.T., Shimojukkoku Y., Kajiya Y., Sasahira T. .  Solitary circumscribed neuroma of the upper lip: A case report .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    A solitary circumscribed neuroma is a benign peripheral nerve tumor with a predilection for the skin of the head and neck. Herein, we present a 73-year-old Japanese male with a solitary circumscribed neuroma of the upper lip. Histologically, the tumor comprised densely proliferating Schwann cells and axons that formed fascicles. A thin perineural-derived fibrous capsule surrounded the tumor. Immunohistochemically, the tumor cells were positive for S-100, and neurofilaments indicated the presence of nerve fibers. Fibrous capsules were identified by epithelial membrane antigen staining.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2023.11.009

    Scopus

  • 嶋香織、Nguyễn Phuong Thao、下拾石雄大、笹平智則 .  上顎に生じたPrimordial Odontogenic Tumorの2例 .  診断病理40 ( 3 ) 265 - 271   2023年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hoang H.T., Nguyen P.T., Huynh N.C.N., Nguyen T.T.T., Tu T.T.H., Botelho M.G., Van Nguyen L., Shima K., Sasahira T. .  Reliability of online dental final exams in the pre and post COVID-19 era: A comparative study .  PloS one18 ( 5 ) e0286148   2023年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PloS one  

    Amidst the fourth COVID-19 wave in Viet Nam, national lockdowns necessitated the closure of numerous dental schools. To assess DDS (Doctor of Dental Surgery) graduation exams, this study analyzed their 2021 implementation in comparison to onsite exams conducted in 2020 and 2022 at the Faculty of Odonto-Stomatology, University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh City, Viet Nam (FOS-UMPH). The final online examination comprises two main sessions: a synchronous online examination using FOS-UMPH e-Learning for theories (consisting of 200 MCQs and 3 written tests with 3 clinical situations needed be solved) and a synchronous online examination using Microsoft Teams for practicum (comprising of 12 online OSCE stations). The final grades were evaluated using the same metrics in face-to-face final examinations in 2022 and 2020. A total of 114, 112 and 95 students were recruited for the first-time exams in 2020, 2021 and 2022, respectively. In order to analyze the reliability, histogram and k-mean clustering were employed. The histograms from 2020, 2021 and 2022 showed a striking similarity. However, fewer students failed in 2021 and 2022 (13% and 12.6%, respectively) compared to 2020 (28%), with clinical problem-solving part grades (belonging to theory session) being notably higher in 2021 and 2022. Intriguingly, the MCQ Score results showed the identical patterns. The courses of orthodontics, dental public health, and pediatrics subjects (in the group of prevention and development dentistry) stood out for their exceptional accuracy across both sessions. After examining data gathered over three years, we identified three distinct clusters: the first comprised of scattered average and low scores, the second characterized by high scores but unstable and scattered and the third cluster boasting consistently high and centered scores. According to our study, online and onsite traditional graduation exam results are relatively equivalent, but additional measures are necessary to standardize the final examination and adapt to the new normal trend in dental education.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0286148

    Scopus

    PubMed

  • 宮腰 昌明, 阿部 浩志, 萩元 綾, 川島 雄介, 川畑 義裕, 犬童 寛子, 比地岡 浩志, 嶋 香織, 杉浦 剛, 笹平 智則, 田中 達朗 .  多彩な進展様式が混在した上顎粘表皮癌の1例 .  歯科放射線63 ( 1 ) 20 - 24   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会  

    DOI: 10.11242/dentalradiology.63.20

  • 近藤 智之, 嶋 香織, 杉浦 剛, 中村 典史, 笹平 智則 .  口腔に発生したアミロイドーシス13例の臨床病理学的検討 .  南九州歯学会雑誌3 ( 1 ) 18 - 24   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南九州歯学会  

    【緒言】アミロイドーシスはアミロイド蛋白が沈着する疾患の総称であり,アミロイド前駆蛋白の種類により細分類される。なかでもALアミロイドーシスは比較的頻度が高く,口腔症状としては巨舌を呈する。アミロイドーシスは進行性の病変で予後不良なため,早期発見・治療が重要である。本研究では,我々は口腔ALアミロイドーシス症例の臨床病理学的特徴を検討した。【対象と方法】1981年から2021年に当科においてアミロイドーシスと診断された13例を対象とした。組織学的にコンゴーレッド染色および抗アミロイドA抗体と抗軽鎖抗体の免疫組織化学染色によりアミロイドーシスの細分類を行った。【結果】組織学的な特徴ではびまん性ないし結節状のアミロイド沈着を認めるものが11例,血管周囲性のアミロイド沈着を示すものが2例であった。組織学的な病型診断では13例中4例がALアミロイドーシスに分類された(口蓋2例,舌1例,舌と口唇1例)。【考察】アミロイドーシスの臨床診断がされたのは13例中1例のみであった。臨床症状は腫瘤形成が8例であり,巨舌症をきたしていたのは1例のみであった。口腔に発生したアミロイドーシスでは巨舌以外の症状を認識することが大切であると考えられた。また,顕微鏡上でアミロイドーシスの沈着を確認することや治療選択のためにアミロイド型の検索を行うことも必要である。(著者抄録)

  • Ohnishi T. .  Periodontitis promotes the expression of gingival transmembrane serine protease 2 (TMPRSS2), a priming protease for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) .  Journal of Oral Biosciences64 ( 2 ) 229 - 236   2022年6月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Biosciences  

    Objectives: The oral cavity is one of the main entry sites for SARS-CoV-2. Gingival keratinocytes express transmembrane serine protease 2 (TMPRSS2), responsible for priming the SARS-CoV-2 spike protein. We investigated whether periodontitis increased the expression of TMPRSS2. Methods: To investigate gene expression in periodontitis, we analyzed the expression of specific genes from (1) the Gene Expression Omnibus (GEO) dataset of 247 human gingival tissues and (2) an experimentally-induced periodontitis mouse model. Human gingival tissues with or without periodontitis were immunohistochemically stained using an anti-TMPRSS2 antibody. Analysis of the TMPRSS2 promoter was performed using a ChIP-Atlas dataset. TMPRSS2 expression was detected in cultured human keratinocytes using quantitative reverse transcription (qRT)-PCR and Western blot analysis. Results: GEO dataset analysis and an experimentally-induced periodontitis model revealed increased expression of TMPRSS2 in periodontitis gingiva. The keratinocyte cell membrane in periodontitis gingiva was strongly immunohistochemically stained for TMPRSS2. Using ChIP-Atlas and GEO datasets, we screened for transcription factors that bind to the TMPRSS2 promoter region. We found one candidate, estrogen receptor 1 (ESR1), highly expressed in periodontitis gingiva. Analysis of the GEO dataset revealed a correlation between ESR1 and TMPRSS2 expression in gingival tissues. An ESR1 ligand induced TMPRSS2 expression in cultured keratinocytes. Conclusions: Periodontitis increases TMPRSS2 expression in the cell membrane of gingival keratinocytes.

    DOI: 10.1016/j.job.2022.04.004

    Scopus

    PubMed

  • Sasahira T. .  Searching for New Molecular Targets for Oral Squamous Cell Carcinoma with a View to Clinical Implementation of Precision Medicine .  Journal of Personalized Medicine12 ( 3 )   2022年3月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Personalized Medicine  

    Head and neck cancer, including oral squamous cell carcinoma (OSCC), is the eighth most common malignancy globally and is characterized by local invasiveness and high nodal metastatic potential. The OSCC incidence is also increasing, and the number of deaths is also rising steadily in Japan. The development of molecular markers to eradicate OSCC is an urgent issue for humankind. The increase in OSCC despite the declining smoking rate may be due to several viral infections through various sexual activities and the involvement of previously unfocused carcinogens, and genetic alterations in individual patients are considered to be more complicated. Given this situation, it is difficult to combat OSCC with conventional radiotherapy and chemotherapy using cell-killing anticancer drugs alone, and the development of precision medicine, which aims to provide tailor-made medicine based on the genetic background of each patient, is gaining attention. In this review article, the current status of the comprehensive search for driver genes and biomarkers in OSCC will be briefly described, and some of the candidates for novel markers of OSCC that were found will be outlined.

    DOI: 10.3390/jpm12030413

    Scopus

    PubMed

  • Ono Y. .  An advanced primary ameloblastoma in the maxilla extending into the maxillary and ethmoid sinus tract: A case report .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology34 ( 4 ) 403 - 410   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    Tumor eradication and esthetic and functional recovery of upper jaw defects are two of the greatest challenges in the treatment of an extensive maxillary tumor affecting the paranasal sinus. Here, we report a case of successful treatment of an advanced maxillary ameloblastoma extending to the maxillary and ethmoid sinuses and affecting the orbital floor. A 45-year-old man, who presented with a large mass in the left maxilla and a marked swelling of the cheek was referred to our department. He had a medical history of being given a diagnosis of ameloblastoma in the maxilla 13 years ago, but he had not undergone any treatment. Pre-operative radiographic examinations, CT, and MRI revealed a large tumor destroying the maxillary bone and extending into maxillary and ethmoid sinuses. The left nasal cavity was completely obstructed, and the bone of the orbital floor was lifted and deformed. After confirming the tumor as ameloblastoma, excision of the total left maxilla, palate, and orbital floor bone including the tumor extending to the nasal cavity and ethmoid sinus was carried out in joint surgery with an otolaryngologist. The surgical wound of the orbital floor and in the buccal area was covered by a forearm flap and skin graft in order to maintain a direct view of possible tumor recurrence near the skull base. Two years after the operation, there was no recurrence of the tumor. Disturbance of eyeball movement was not detected. Occlusal and speech functions were recovered using a maxillofacial prosthesis made by a prosthodontist.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.11.002

    Scopus

  • Hiromoto S, Nozoe E, HanadaK, Yoshimura T, Shima K, Kibe T, Nakamura N, Doi K .  In vivo degradation and bone formation behaviors of hydroxyapatite-coated Mg alloys in rat femur .  Materials Science and Engineering C122   111942   2021年3月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Materials Science and Engineering C  

    DOI: 10.1016/j.msec.2021.111942

    Scopus

    PubMed

  • Ikeda M, Shima K, Kondo T, Semba I. .  Atypical immunohistochemical patterns can complement the histopathological diagnosis of oral premalignant lesions. .  Journal of Oral Biosciences62 ( 1 ) 93 - 98   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.job.2020.01.003.

  • Kusuyama J, Seong C, Nakamura T, Ohnishi T, Amir MS, Shima K, Semba I, Noguchi K, Matsuguchi T .  BMP9 prevents induction of osteopontin in JNK-inactivated osteoblasts via Hey1-Id4 interaction. .  The international journal of biochemistry & cell biology116   105614 - 105614   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Biochemistry and Cell Biology  

    DOI: 10.1016/j.biocel.2019.105614

    Scopus

    PubMed

  • Kusuyama J, Seong C, Makarewicz NS, Ohnishi T, Shima K, Semba I, Bandow K, Matsuguchi T .  Low intensity pulsed ultrasound (LIPUS) maintains osteogenic potency by the increased expression and stability of Nanog through spleen tyrosine kinase (Syk) activation. .  Cellular signalling62   109345 - 109345   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cellular Signalling  

    DOI: 10.1016/j.cellsig.2019.109345

    Scopus

    PubMed

  • Kusuyama J, Amir MS, Albertson BG, Bandow K, Ohnishi T, Nakamura T, Noguchi K, Shima K, Semba I, Matsuguchi T .  JNK inactivation suppresses osteogenic differentiation, but robustly induces osteopontin expression in osteoblasts through the induction of inhibitor of DNA binding 4 (Id4). .  FASEB J33 ( 6 ) 7331 - 7347   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusuyama J. .  CXCL13 is a differentiation- and hypoxia-induced adipocytokine that exacerbates the inflammatory phenotype of adipocytes through PHLPP1 induction .  Biochemical Journal476 ( 22 ) 3533 - 3548   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical Journal  

    DOI: 10.1042/BCJ20190709

    Scopus

    PubMed

  • Ma S, Ogino S, Parsana P, Nishihara R, Qian Z, Shen J, Mima K, Masugi Y, Cao Y, Nowak JA, Shima K, Hoshida Y, Giovannucci EL, Gala MK, Chan AT, Fuchs CS, Parmigiani P, Huttenhower C, Waldron L. .  Continuity of Transcriptomes Among Colorectal Cancer Subtypes Based on Meta-analysis. .  Genome Biology19   142   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村上寿理,石畑清秀,野添悦郎,松本幸三,嶋香織,中村典史. .  口腔内病変から診断しえたメトトレキセート関連リンパ増殖性疾患の1例. .  日本口腔外科学会雑誌63 ( 11 ) 552 - 557   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusuyama J, Ohnishi T, Bandow K, Amir MS, Shima K, Semba I, Matsuguchi T. .  Constitutive activation of p46JNK2 is indispensable for C/EBPdelta induction in the initial stage of adipogenic differentiation. .  Biochem Journal474 ( 20 ) 3421 - 3437   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BCJ20170332

  • 豊留宗一郎,野添悦郎,石畑清秀,大河内孝子,嶋香織,中村典史 .  下顎骨に生じた骨芽細胞腫の1例 .  日口腔外誌. 63 ( 8 ) 388 - 393   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusuyama J, Bandow K, Ohnishi T, Hisadome M, Shima K, Semba I, Matsuguchi T. .  Osteopontin inhibits osteoblast responsiveness through the downregulation of focal adhesion kinase mediated by the induction of low molecular weight-protein tyrosine phosphatase. .  Molecular biology of the cell28 ( 10 ) 1326 - 1336   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higashi Y, Yoshioka T, Kawai K, Fujii K, Yoshimitsu M, Kusuyama J, Shima K, Tanimoto A, Kanekura T .  Lymphomatoid granulomatosis initially presenting as ulcerated subcutaneous and muscle lesions without pulmonary involvement. .  Journal of Dermatology44 ( 5 ) e107 - e108   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中井大史、嶋香織、國芳秀晴、吉武義泰、竹部史朗、篠原正徳 .  舌に発生した軟骨脂肪腫の1例. .  日口腔外誌. 63 ( 1 ) 21 - 24   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata M, Kanie T, Shima K .  Cemental tear in an autotransplanted tooth that had been functioning for 15 years. Clinical Advances in Periodontics .  Clinical Advances in Periodontics6 ( 3 ) 111 - 117   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimura T, Yamada S, Shima K, Nakamura N, Tanimoto A. .  An elastofibromatous lesion at the tip of the sublingual fold. .  J Dent & Oral Disord.   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata M, Nagata M, Kanie T, Shima K. .  Clinical and histologic aspect of cervical cemental tears as a risk for periodontal diseases. .  Clinical Advances in Periodontics.6 ( 4 ) 167 - 174   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hijioka H, Nishihara K, Suzuki H, Ishida T, Kume K, Yoshimura T, Shima K, Semba I, Nakamura N. .  Primary intraosseous squamous cell carcinoma arising from ameloblastomaof the mandible: A case report .  Journal of oral and maxillofacial surgery, medicine, and pathology27   693 - 697   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li T, Liao X, Lochhead P, Morikawa T, Yamauchi M, Nishihara R, Inamura K, Kim SA, Mima K, Sukawa Y, Kuchiba A, Imamura Y, Baba Y, Shima K, Meyerhardt JA, Chan AT, Fuchs, CS, Ogino S, Qian ZR .  SMO Expression in Colorectal Cancer: Associations with Clinical, Pathological, and Molecular Features. .  Ann Surg Oncol21 ( 13 ) 4164 - 4173   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishihara R, Morikawa T, Kuchiba A, Lochhead P, Yamauchi M, Liao X, Imamura Y, Nosho K, Shima K, Kawachi I, Qian ZR, Fuchs CS, Chan AT, Giovannucci E, Ogino S. .  A Prospective Study of Duration of Smoking Cessation and Colorectal Cancer Risk by Epigenetics-related Tumor Classification. .  Am J Epidemiol.178 ( 1 ) 84 - 100   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamauchi M, Lochhead P, Imamura Y, Kuchiba A, Liao X, Qian ZR, Nishihara R, Morikawa T, Shima K, Wu K, Giovannucci E, Meyerhardt JA, Fuchs CS, Chan AT, Ogino S .  Physical Activity, Tumor PTGS2 Expression, and Survival in Patients with Colorectal Cancer. .  Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 22 ( 6 ) 1142 - 1152   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li S, Sheng J, Hu JK, Yu W, Kishikawa H, Hu MG, Shima K, Wu D, Xu Z, Xin W, Sims KB, Landers JE, Brown RH Jr, Hu GF. .  Ribonuclease 4 protects neuron degeneration by promoting angiogenesis, neurogenesis, and neuronal survival under stress. .  Angiogenesis16 ( 2 ) 387 - 404   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Waldron L, Ogino S, Hoshida Y, Shima K, McCart Reed AE, Simpson PT, Baba Y, Nosho K, Segata N, Vargas AC, Cummings MC, Lakhani SR, Kirkner GJ, Giovannucci E, Quackenbush J, Golub TR, Fuchs CS, Parmigiani G, Huttenhower C. .  Expression Profiling of Archival Tumors for Long-term Health Studies. .  Clin Cancer Res. 18 ( 22 ) 6136 - 6146   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liao X, Lochhead P, Nishihara R, Morikawa T, Kuchiba A, Yamauchi M, Imamura Y, Qian ZR, Baba Y, Shima K, Sun R, Nosho K, Meyerhardt JA, Giovannucci E, Fuchs CS, Chan AT, Ogino S. .  Aspirin use, tumor PIK3CA mutation, and colorectal-cancer survival. .  N Engl J Med367 ( 17 ) 1596 - 1606   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morikawa T, Shima K, Kuchiba A, Yamauchi M, Tanaka N, Imamura Y, Liao X, Qian ZR, Brahmandam M, Longtine JA, Lindeman NI, Fuchs CS, Ogino S (Co-first author) .  No Evidence for Interference of H&E Staining in DNA Testing. Usefulness of DNA Extraction From H&E-Stained Archival Tissue Sections. .  Am J Clin Pathol138 ( 1 ) 122 - 129   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lin JH, Morikawa T, Chan AT, Kuchiba A, Shima K, Nosho K, Kirkner G, Zhang SM, Manson JE, Giovannucci E, Fuchs CS, Ogino S. .  Postmenopausal hormone therapy is associated with a reduced risk of colorectal cancer lacking CDKN1A expression. .  Cancer Res72 ( 12 ) 3020 - 3028   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogino S, Shima K, Meyerhardt JA, McCleary NJ, Ng K, Hollis D, Saltz LB, Mayer RJ, Schaefer P, Whittom R, Hantel A, Benson AB 3rd, Spiegelman D, Goldberg RM, Bertagnolli MM, Fuchs CS. .  Predictive and Prognostic Roles of BRAF Mutation in Stage III Colon Cancer: Results from Intergroup Trial CALGB 89803. .  Clin Cancer Res18 ( 3 ) 890 - 900   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Morikawa T, Yamauchi M, Kuchiba A, Imamura Y, Liao X, Meyerhardt JA, Fuchs CS, Ogino S. .  TGFBR2 and BAX Mononucleotide Tract Mutations, Microsatellite Instability, and Prognosis in 1072 Colorectal Cancers. .  PLoSOne6 ( 9 ) e25062.   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morikawa T, Kuchiba A, Yamauchi M, Meyerhardt JA, Shima K, Nosho K, Chan AT, Giovannucci E, Fuchs CS, Ogino S. .  Association of CTNNB1 (beta-catenin) alterations, body mass index, and physical activity with survival in patients with colorectal cancer. .  JAMA. 305 ( 16 ) 1685 - 1694   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Nosho K, Baba Y, Cantor M, Meyerhardt JA, Giovannucci EL, Fuchs CS, Ogino S. .  Prognostic significance of CDKN2A (p16) promoter methylation and loss of expression in 902 colorectal cancers: Cohort study and literature review. .  Int J Cancer.128 ( 5 ) 1280 - 1294   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Morikawa T, Baba Y, Nosho K, Suzuki M, Yamauchi M, Hayashi M, Giovannucci E, Fuchs CS, Ogino S. .  MGMT promoter methylation, loss of expression and prognosis in 855 colorectal cancers. .  Cancer Causes Control.22 ( 2 ) 301 - 209   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Firestein R, Shima K, Nosho K, Irahara N, Baba Y, Bojarski E, Giovannucci EL, Fuchs CS, Ogino S. .  CDK8 expression in 470 colorectal cancers in relation to beta-catenin activation, other molecular alterations and patient survival. .  Int J Cancer. 126 ( 12 ) 2863 - 2873   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamoto D, Shima K, Matsuo K, Nishioka T, Chen CY, Hu GF, Sasaki A, Tsuji T. .  Ornithine decarboxylase antizyme induces hypomethylation of genome DNA and histone H3 lysine 9 dimethylation (H3K9me2) in human oral cancer cell line. .  PLoS One.5 ( 9 ) e12554   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nosho K, Shima K, Irahara N, Kure S, Baba Y, Kirkner GJ, Chen L, Gokhale S, Hazra A, Spiegelman D, Giovannucci EL, Jaenisch R, Fuchs CS, Ogino S. .  DNMT3B expression might contribute to CpG island methylator phenotype in colorectal cancer. .  Clin Cancer Res. 15 ( 11 ) 3663 - 3671   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogino S, Shima K, Baba Y, Nosho K, Irahara N, Kure S, Chen L, Toyoda S, Kirkner GJ, Wang YL, Giovannucci EL, Fuchs CS. .  Colorectal cancer expression of PPARG (peroxisome proliferator-activated receptor-gamma) is associated with good prognosis. .  Gastroenterology136   1240 - 1250   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsuji T, Ibaragi S, Shima K, Hu MG, Katsurano M, Sasaki A, Hu GF. .  Epithelial- mesenchymal transition induced by growth suppressor p12CDK2-AP1 promotes tumor cell local invasion but suppresses distant colony growth. .  Cancer Res. 68 ( 24 ) 10377 - 10386   2008年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitagawa M, Ogawa I, Shima K, Hashimoto S, Kudo Y, Miyauchi M, Tahara H, Shimono M, Takata T. .  Immortalization and characterization of pleomorphic adenoma cells by transfect ion with the hTERT gene. .  Int J Oncology.31 ( 2 ) 339 - 344   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuzaki H, Shima K, Muramatsu T, Ro Y, Hashimoto S, Shibahara T, Shimono M. .  Osteopontin as biomarker in early invasion by squamous cell carcinoma in tongue. .  J Oral Pathol Med. 36 ( 1 ) 30 - 34   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura R, Shima K, Muramatsu T, Nakagawa K, Shimono M, Suzuki T, Magloire H, Shibukawa Y. .  The odontoblast as a sensory receptor cell? The expression of TRPV1 (VR-1) channels. .  Arch Histol Cytol.68 ( 4 ) 251 - 257   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Muramatsu T, Abiko Y, Yamaoka Y, Sasaki H. Shimono M. .  Connexin 43 transfection in basaloid squamous cell carcinoma cells. .  Oncol Rep.16 ( 2 ) 285 - 288   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ro Y, Muramatsu T, Shima K, Yajima Y, Shibahara T, Noma H, Shimono M. .  Correlation between reduction of syndecan-1 expression and clinico-pathological parameters in squamous cell carcinoma of tongue. .  Int J Oral Maxillofac Surg.35   252 - 7   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Hashimoto S, Inoue T, Muramatsu T, Takasaki Y, Shibahara T, Shimono M. .  Papillary thyroid carcinoma revealed by metastasis to the lateral neck region. .  Oral Med Pathol. 10 ( 4 ) 145 - 148   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muramatsu T, Shima K, Ohta K, Kizaki H, Ro Y, Kohno Y, Abiko Y, Shimono M. .  Inhibition of osteopontin expression and function in oral cancer cell lines by antisense oligonucleotide. .  Cancer Letters.217 ( 1 ) 87 - 95   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Hashimoto S, Muramatsu T, Takasaki Y, Kakizawa T, Inoue T, Shimono M. .  Expression of Ki-67, Osteocalcin and Osteopontin in Cementoblastoma. .  Oral Med Pathol.9 ( 3 ) 91 - 94   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Shiratsuchi Y, Sakai H. .  Schwannoma of the Mandible. .  Oral Med Patho. 9 ( 3 ) 119 - 121   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamura K, Kiyoshima T, Shima K, Kobayashi I, Matsuo K, Ishibashi H, Komatsu S, Rasul AM, Sakai H. .  Immunohistochemical expression of CA19-9 and CA125 in mucoepidermoid and adenoid cystic carcinomas of the salivary gland. .  Oral Oncol.38 ( 3 ) 244 - 250   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kiyoshima T, Shima K, Kobayashi I, Matsuo K, Okamura K, Komatsu S, Rasul AM, Sakai H. .  Expression of p53 tumor suppressor gene in adenoid cystic and mucoepidermoid carcinomas of the salivary glands. .  Oral Oncol137 ( 3 ) 315 - 322   2001年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 嶋香織、大関悟、大部一成、長田哲次、笹栗正明、吉川博政、高力佐知子、大石正道. .  口腔癌切除後の欠損に対する頬脂肪体有茎移植術. .  日口腔外誌.46 ( 7 ) 433 - 435   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shima K, Kobayashi I, Saito I, Kiyoshima T, Matsuo K, Ozeki S, Ohishi M, Sakai H. .  Incidence of human papillomavirus 16 and 18 infection and p53 mutation in patients with oral squamous cell carcinoma in Japan. .  Br J Oral Maxillofac Surg38 ( 5 ) 445 - 450   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi I, Shima K, Saito I, Kiyoshima T, Matsuo K, Ozeki S, Ohishi M, Sakai H. .  Prevalence of Epstein-Barr virus in oral squamous cell carcinoma. .  J Pathol.189 ( 1 ) 34 - 39   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 嶋香織、緒方克哉、鈴木陽、中村典史、本田康生、後藤圭也、中島昭彦、大石正道. .  顎裂部への二次的自家海綿骨細片移植術における移植骨の術後吸収の評価 .  日本口蓋誌. 23 ( 4 ) 203 - 213   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 特集 頭頸部腫瘍II 歯原性腫瘍と顎顔面骨の病変 歯原性嚢胞

    仙波伊知郎、嶋香織

    病理と臨床   36 ( 4 )   335 - 339   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:文光堂  

  • 解説・特集 歯原性腫瘍の病理診断 その他の歯原性腫瘍

    仙波伊知郎、嶋香織

    病理と臨床・文光堂   31 ( 5 )   515 - 520   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Regulatory mechanisms of periodontal regeneration. 査読

    Shimono M, Ishikawa T, Ishikawa H, Matsuzaki H, Hashimoto S, Muramatsu T, Shima K, Matsuzaka K, Inoue T.

    Microsc Res Tech.   60 ( 5 )   491 - 502   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 嶋香織、Nguyen Phuong Thao、下拾石雄大、笹平智則 .  口腔扁平上皮癌におけるm6AメチルトランスフェラーゼMETTL5の発現解析 .  第65回歯科基礎医学会学術大会   2023年9月  日本大学歯学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学歯学部   国名:日本国  

  • 下拾石雄大、Nguyen Phuong Thao、嶋香織、石田喬之、石畑清英、笹平智則 .  口腔扁平上皮癌における癌抑制遺伝子としてのEGR-1の機能解析 .  第65回歯科基礎医学会学術大会  2023年9月  日本大学歯学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学歯学部   国名:日本国  

  • 嶋香織、野間優作、別府真広、萩元綾、田中達朗、廣瀬勝俊、豊澤悟、笹平智則 .  下顎骨病変 .  第34回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会  2023年8月  大阪大学・院・歯学研究科 顎顔面口腔病理学講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター   国名:日本国  

  • Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  EPS8L3はYAPの核内転座を仲介し肝腫瘍化を促進する(EPS8L3 mediates YAP nuclear translocation and promotes liver tumorigenesis) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語  

  • Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  KPNA7の増幅および過剰発現がHNSCCの腫瘍浸潤免疫細胞に及ぼす影響(Impacts of KPNA7 amplification and overexpression on tumor infiltrating immune cells of HNSCCs) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語  

  • 奥 康伸, Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  細胞質内のTCF19転座はHNSCCにおけるDNA損傷修復を阻害する(Cytoplasmic TCF19 translocation impairs DNA damage repair in HNSCC) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語  

  • 冨嶋 彩未, Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  口腔癌におけるMCTP1とMCTP2の機能的な差異についての検討 .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語  

  • 嶋 香織, Nguyen Phuong Thao, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  口腔扁平上皮癌におけるMETTL5発現と機能の解析 .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語  

  • 東 友太郎, 久米 健一, 松村 吉晃, 別府 真広, 高田 耕児, 嶋 香織, 笹平 智則, 杉浦 剛 .  口腔扁平上皮癌患者における循環腫瘍細胞のDNA解析 .  口腔組織培養学会誌  2023年2月  日本口腔組織培養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語  

  • 廣本 祥子, 野添 悦郎, 花田 幸太郎, 吉村 卓也, 嶋 香織, 中村 典史 .  生体吸収性炭酸アパタイトおよび水酸アパタイト被覆Mg合金のin vivo腐食挙動 .  日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語  

  • Nguyen Thao, Sasahira Tomonori, Shima Kaori .  肝がん発生を促進するYAP核内転位の新しい知見(New insights into YAP nuclear translocation to promote liver tumorigenesis) .  日本癌学会総会記事  2022年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2022年10月

    記述言語:英語  

  • 大西 智和, 中村 利明, 嶋 香織, 野口 和行, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  歯周炎によるSARS-CoV-2のプライミング因子であるTMPRSS2の歯肉発現増強(Periodontitis promotes gingival expression of TMPRSS2, a priming factor for SARS-CoV-2) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2022年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、下拾石雄大、杉浦剛、中村典史、笹平智則 .  口腔粘膜病変における擦過細胞診の有用性について .  第4回南九州歯学会  2022年8月  鹿児島大学歯学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

  • 嶋香織、近藤智之、笹平智則 .  多発性口腔扁平上皮癌におけるRNAメチル化関連因子の検索 .  第111回日本病理学会総会  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  • 近藤智之、嶋香織、笹平智則. .  自己免疫疾患モデルにおけるPD-1陽性T細胞の増加による大腸化学発癌の亢進 .  第111回日本病理学会総会  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • 近藤智之、嶋香織、吉村卓也、 野添悦郎、中村典史、笹平智則 .  診断に苦慮した頬粘膜mucoepidermoid carcinomaの一例 .  第3回南九州歯学会学術大会  2021年9月  鹿児島大学歯学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 嶋香織、近藤智之、別府真広、杉浦剛、笹平智則 .  顎下部腫瘍 .  第32回日本臨床口腔病理学会総会  2021年8月  神奈川歯科大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 新田 哲也、嶋 香織、平原 成浩、西 慶太郎、田畑 博章、仙波 伊知郎 .  診断に苦慮した下顎前歯部に生じた紡錘細胞癌の 1 例 .  第39回日本口腔腫瘍学会総会、学術大会  2021年1月  信州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月 - 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web開催  

  • 楠山 譲二, 成 昌奐, 大西 智和, 嶋 香織, 仙波 伊知郎, 松口 徹也 .  JNK活性の減弱は正常な骨芽細胞分化を阻害し、転写因子Id4を介してオステオポンチン高発現細胞を誘導する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年12月

  • 嶋香織、近藤智之、内野祥徳、杉浦剛、仙波伊知郎 .  多様な間質変化を示した明細胞性歯原性癌の1例 .  第109回日本病理学会総会  九州大学医学部病理学分野

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web  

  • 嶋香織、近藤智之、仙波伊知郎 .  Two cases of granular cell ameloblastoma .  第108回日本病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 野添悦郎、廣本祥子、花田幸太郎、古閑崇、吉村卓也、嶋香織、岐部俊郎、久米健一、中村典史 .  次世代型生体吸収性ハイドロキシアパタイト表面被覆Mg合金の骨内変化に関する研究 .  第63回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 近藤智之、嶋香織、仙波伊知郎 .  再検討によりPrimordial odontogenic tumorが鑑別診断として考えられた3症例 .  第29回日本臨床口腔病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 奥田瑛士、別府真広、中村康大、有村麻弥、嶋香織、杉浦剛 .  顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成症に対し下顎頭切除術を行った1例 .  第86回日本口腔外科学会九州地方部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 石田喬之、比地岡浩志、宮脇昭彦、嶋香織、久米健一、品川憲穂、本庄希江、野村綾子、野添悦郎、仙波伊知郎、中村典史 .  口腔扁平上皮癌症例におけるリンパ節転移予測因子としてのbudding scoreの有用性の評価 .  第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 山城康太、濵田倫史、嶋香織、仙波伊知郎、杉浦剛 .  多数の石灰化菌塊を伴った智歯周囲放線菌症の1例 .  第50回日本口腔科学会九州地方部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山下麻由美、永山知宏、嶋香織、濱田倫史、別府真広、後藤雄一、上川善昭、杉浦剛 .  当科における過去10年間の歯原性角化嚢胞の臨床的検討 .  第62回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 吉村卓也,石畑清秀,本庄希江,村上寿理,豊留宗一郎,福元祥子,嶋香織,西原一秀,野添悦郎,中村典史  .  舌アミロイドーシスを契機に発見された多発性骨髄腫の一例 .  第62回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 近藤智之、嶋香織、仙波伊知郎 .  口腔に症状を呈したアミロイドーシスの臨床病理学的検討 .  第28回日本臨床口腔病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:川越市  

  • 嶋香織, 近藤智之, 仙波伊知郎 .  顎骨に症状を示した悪性リンパ腫の2例 .  第106回日本病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都  

  • 98. 石田喬之、比地岡浩志、宮脇昭彦、末永重明、嶋香織、久米健一、品川憲穂、本庄希江、野添悦郎、馬嶋秀行、仙波伊知郎、中村典史 .  舌扁平上皮癌T1・T2症例における頸部リンパ節転移予測因子の検討 .  第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市  

  • Shima K, Kondo T, Semba I .  The Evaluation of Immunohistochemical Examination of Oral Intraepithelial Neoplasia .  16th IAOMP  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chennai, India  

  • 嶋香織、近藤智之、仙波伊知郎 .  Peripheral odontogenic hamartomaの病理組織学的検討 .  第27回日本臨床口腔病理学会総会  広島大学口腔病理学講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学  

  • 嶋香織、仙波伊知郎 .  診療領域別特別プログラム研究講演会15 口腔癌の前駆・初期病変の病理診断?組織学的特徴と診断クライテリア 「口腔粘膜上皮内病変における免疫組織化学染色の評価」 .  第105回日本病理学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台市  

  • 嶋 香織, 仙波 伊知郎 .  口腔癌の前駆・初期病変の病理診断 組織学的特徴と診断クライテリア 口腔粘膜内病変における免疫組織化学染色の評価 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、楠山譲二、仙波伊知郎 .  上唇腫瘍 .  第26回日本臨床口腔病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   

  • 嶋香織, 楠山譲二, 比地岡浩志, 仙波伊知郎 .  頸部にGranulomatous lymphadenitis(sarcoid‐like reaction)を随伴した舌扁平上皮癌の1例 .  日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、野添悦郎、楠山譲二、仙波伊知郎 .  下顎骨腫瘍(症例検討) .  第25回日本臨床口腔病理学会総会  第25回日本臨床口腔病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 石田喬之, 野添悦郎, 比地岡浩志, 西原一秀, 石畑清秀, 嶋香織, 親里嘉貴, 仙波伊知郎, 中村典史 .  口蓋に発生した多形腺腫由来癌(筋上皮癌)の1例 .  日本口腔科学会雑誌  2014年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、親里嘉貴、仙波伊知郎 .  下顎骨骨肉腫の1例 .  第103回日本病理学会総会  第103回日本病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 浜田倫史, 今村晴幸, 山口孝二郎, 向井洋, 親里嘉貴, 嶋香織, 仙波伊知郎, 杉原一正 .  左頬粘膜に発生した紡錘細胞脂肪腫の1例 .  日本口腔科学会雑誌  2014年1月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織, 野添悦郎, 楠山譲二, 仙波伊知郎 .  下顎骨腫瘍 .  日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、親里嘉貴、仙波伊知郎 .  口腔に生じたleiomyomatous hamartoma の病理組織学的検討 .  第24回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会  第24回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 嶋香織、親里嘉貴、仙波伊知郎 .  顎骨中心性扁平上皮癌の病理組織学的検討 .  第102回 日本病理学会総会  第102回 日本病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 嶋香織, 親里嘉貴, 仙波伊知郎 .  顎骨中心性扁平上皮癌の病理学組織学的検討 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

  • 嶋香織、親里嘉貴、下松孝太、仙波伊知郎 .  上顎洞に発生した紡錘細胞癌の1例 .  第23回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会  第23回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 嶋香織、親里嘉貴、平野真人、仙波伊知郎 .  口蓋に発生したCarcinoma ex pleomorphic adenomaの2例 .  第101回 日本病理学会総会  第101回 日本病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 親里嘉貴, 平野真人, 嶋香織, 仙波伊知郎 .  4NQO誘発ラット舌前癌病変モデル確立と前癌病変におけるDNA損傷修復機構の解析 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  • Kaori Shima, Katsuhiko Nosho, Yoshifumi Baba, Mami Cantor, Edward L. Giovannucci, Charles S. Fuchs, Shuji Ogino .  Prognostic significance and molecular associations of CDKN2A (p16) promoter methylation and loss of expression in colorectal cancer .  CANCER RESEARCH  2010年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語  

  • K. Shima, K. Nosho, L. Chen, C. S. Fuchs, S. Ogino .  Loss of PPARG Expression Is Common in CpG Island Methylator Phenotype-Low (CIMP-Low) Colorectal Cancer .  MODERN PATHOLOGY  2010年2月  NATURE PUBLISHING GROUP

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語  

  • Yoshifumi Baba, Katsuhiko Nosho, Kaori Shima, Natsumi Irahara, Shoko Kure, Saori Toyoda, Gregory Kirkner, Ajay Goel, Charles Fuchs, Shuji Ogino .  AURKA (Aurora-A) expression is independently associated with chromosomal instability in colorectal cancer .  CANCER RESEARCH  2009年5月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

  • Katsuhiko Nosho, Kaori Shima, Natsumi Irahara, Shoko Kure, Yoshifumi Baba, Saori Toyoda, Gregory Kirkner, Aditi Hazra, Edward Giovannucci, Sumita Gokhale, Chen Li, Rudolf Jaenisch, Charles Fuchs, Shuji Ogino .  DNA methyltransferase-3B (DNMT3B) expression may contribute to CpG island methylator phenotype in colorectal cancer .  CANCER RESEARCH  2009年5月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

  • Katsuhiko Nosho, Natsumi Irahara, Kaori Shima, Shoko Kure, Yoshifumi Baba, Saori Toyoda, Gregory Kirkner, Eva Schernhammer, Aditi Hazra, David Hunter, John Quackenbush, Donna Spiegelman, Edward Giovannucci, Charles Fuchs, Shuji Ogino .  Comprehensive biostatistical analysis of CpG island methylator phenotype in colorectal cancer using a large population-based sample .  CANCER RESEARCH  2009年5月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

  • R. Firestein, K. Shima, K. Nosho, S. Kure, N. Irahara, E. Bojarski, G. J. Kirkner, W. C. Hahn, E. L. Giovannucci, C. S. Fuchs, S. Ogino .  CDK8 Expression Is Associated with beta-Catenin Activation and Poor Outcome in Colon Cancer .  MODERN PATHOLOGY  2009年1月  NATURE PUBLISHING GROUP

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語  

  • S. Ogino, K. Nosho, S. Kure, N. Irahara, K. Shima, Y. Baba, E. L. Giovannucci, C. S. Fuchs .  Cyclin D1 Expression Marks a Subset of Colon Cancer with Good Prognosis .  MODERN PATHOLOGY  2009年1月  NATURE PUBLISHING GROUP

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語  

  • M. Shimono, Y. Enokiya, S. Hashimoto, K. Shima, H. Sasaki, K. Matsuzaka, T. Shibahara, T. Inoue .  Two cases of acinic cell carcinomas arising in the ranula .  JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE  2006年8月  BLACKWELL PUBLISHING

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語  

  • 奥村 礼二郎, 嶋 香織, 村松 敬, 中川 寛一, 下野 正基, 鈴木 隆, 鈴木 惠子, Magroire Henry, Schnetkamp Paul, 澁川 義幸 .  エナメル芽細胞のCa2+輸送はNa2+/Ca2+ exchanger(NCX)によって制御されるか? .  歯科学報  2006年4月  東京歯科大学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

  • Shima K. Muramatsu T, Ro Y, Sazuka A, Shimono M. .  Expression of osteopontin in oral squamous cell carcinoma. .  10th International Cogress on Oral Cancer  10th International Cogress on Oral Cancer国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語  

    開催地:ギリシャ  

    国際学会

  • Shima K, Hashimoto S, Sasaki H, Enokiya Y, Inoue T, Shimono M. .  Glandular odontogenic cyst, analysis of cytokeratins expression. .  The 12th International Congress of the IAOP  The 12th International Congress of the IAOP国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Shima K, Muramatsu T, Abiko Y, Yamaoka Y, Shimono M. .  Effedt of Connexin43 transfection on Basaloid Squamous Cell Carcionma Cells. .  82nd International Association for Dental Research  82nd International Association for Dental Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 嶋香織、村松敬、佐々木穂高、安彦善裕、山岡雄司、橋本貞充、下野正基 .  類基底扁平上皮癌細胞におけるconnexin43の役割 .  第45回歯科基礎医学会学術大会  第45回歯科基礎医学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 嶋香織、橋本貞充、佐々木穂高、高野正行、井上孝、下野正基 .  歯原性石灰化上皮腫のアミロイド様物質形成に関する検討 .  第14回日本口腔病理学会総会・学術大会  第14回日本口腔病理学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 嶋香織、橋本貞充、高野正行、瀬田修一、柿澤卓、井上孝、下野正基 .  上顎に発生した歯原性石灰化上皮腫の1例 .  第57回日本口腔科学会総会  第57回日本口腔科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 嶋香織、村松敬、盧靖文、橋本貞充、下野正基 .  ヒト口腔扁平上皮癌におけるSyndecan-1の発現について .  第92回病理学会総会  第92回病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 嶋香織、橋本貞充、榎谷保信、村松敬、高崎義人、松坂賢一、井上孝、下野正基 .  Benign Cementoblastomaの免疫組織学的検討 .  第13回日本口腔病理学会総会  第13回日本口腔病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 嶋香織、小林家吉、清島保、 松尾拡、坂井英隆 .  口腔粘膜上皮におけるHPV16,18感染とp53遺伝子変異について .  第88回日本病理学会総会  第88回日本病理学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 廣本 祥子, 野添 悦郎, 花田 幸太郎, 吉村 卓也, 嶋 香織, 中村 典史 .  炭酸/水酸アパタイト被覆によるマグネシウム合金製スクリュー・プレートの腐食溶解速度制御 .  日本整形外科学会雑誌  2023年8月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  EPS8L3はYAPの核内移行を仲介し肝腫瘍化を促進する(EPS8L3 mediates YAP nuclear translocation and promotes liver tumorigenesis) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  EPS8L3はYAPの核内移行を仲介し肝腫瘍化を促進する(EPS8L3 mediates YAP nuclear translocation and promotes liver tumorigenesis) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Nguyen Phuong Thao, 嶋 香織, 下拾石 雄大, 笹平 智則 .  EPS8L3はYAPの核内移行を仲介し肝腫瘍化を促進する(EPS8L3 mediates YAP nuclear translocation and promotes liver tumorigenesis) .  日本病理学会会誌  2023年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Nguyen Thao, Shima Kaori, Shimojukkoku Yudai, Kajiya Yuka, Sasahira Tomonori .  核輸入受容体KPNA7の増幅は頭頸部癌の全生存率の低下と関連する(Amplication of the nuclear import receptor KPNA7 is associated with poor overall survival in head and neck cancer) .  日本癌学会総会記事  2023年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 次世代型生体吸収性アパタイト表面被覆Mg合金の骨表面変化に関する研究

    2021年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 口腔粘膜前癌病変の病理診断基準の確立

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  (基盤研究C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 歯性感染症における異種細胞相互作用ならびに細胞極性調節因子と感染防御能の関連解析

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 次世代型生体吸収性ハイドロキシアパタイト表面被覆Mg合金の骨内変化に関する研究

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 多発性口腔扁平上皮癌におけるDNAメチル化に関する研究

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 歯性感染症病変形成時の上皮発現における上皮-間葉移行 (EMT) の関与に関する研究

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 唾液腺腫瘍構成細胞の分化におけるアクアポリンの関与について

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 口腔扁平上皮癌細胞の生物学的活性におけるEBV感染の関与

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • Tight junctionを介した唾液蛋白・水分泌制御と細胞内情報伝達

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  (基盤研究C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 口と顔の科学

    2020年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  • 病因論

    2020年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 総合歯科学

    2019年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 口腔腫瘍発生論実験

    2012年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 口腔腫瘍発生論演習

    2012年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 病理学、口腔病理学

    2011年6月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 口腔腫瘍学

    2011年6月
    -
    2014年3月
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 病理学、口腔病理学

    2001年10月
    -
    2006年3月
    機関名:東京歯科大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2021年4月 - 現在   医歯学総合研究科FD委員

  • 2021年4月 - 2022年3月   歯学部学生委員

  • 2015年4月 - 2021年3月   歯学部学年副担任

  • 2011年6月 - 現在   CBT作問部会

  • 2011年6月 - 2022年9月   OSCE実施部会