Updated on 2021/06/13

写真a

 
Daisuke Uehara
 
Organization
Research Field in Law, Economics and the Humanities, Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Law, Economics and the Humanities Department of Law, Economics and Sociology Associate Professor
Title
Associate Professor
Profile
刑事責任と人格の同一性

Degree

  • 修士(法学) ( 2003.3   広島大学 )

Research Interests

  • 解離性同一性障害

  • 刑罰正当化根拠

  • 刑事責任能力

Research History

  • Kagoshima University   Research Field in Law, Economics and the Humanities, Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Law, Economics and the Humanities Department of Law, Economics and Sociology   Associate Professor

    2017.4

  • Kagoshima University   Abolition organization Department of Law and Policy   Associate Professor

    2011.4 - 2017.3

Professional Memberships

  • 日本医事法学会

    2015.10

  • 日本刑法学会

    2015.10

 

Papers

  • 上原大祐 .  判例研究「心神喪失者等医療観察法の規定する処遇及び要件が憲法に違反しないとされた事例」 .  医事法研究 ( 3 ) 179 - 190   2021.3判例研究「心神喪失者等医療観察法の規定する処遇及び要件が憲法に違反しないとされた事例」

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  判例研究 解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任能力判断 : 大阪高裁判決平成31年3月27日(平成31年(う)第53号 覚せい剤取締法違反被告事件) .  鹿児島大学法学論集54 ( 2 ) 25 - 38   2020.1判例研究 解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任能力判断 : 大阪高裁判決平成31年3月27日(平成31年(う)第53号 覚せい剤取締法違反被告事件)Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 上原大祐 .  解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任判断・再考 : 近時の裁判例を素材として .  鹿児島大学法学論集53 ( 2 ) 39 - 58   2019.3解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任判断・再考 : 近時の裁判例を素材として Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Daisuke Uehara .  Judgement about criminal responsibility and assessment of case of the defendant who suffers from Dissociative Identity Disorder .  Hogaku ronshu of Kagoshima University51 ( 2 ) 187 - 200   2017.3Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Daisuke Uehara .  The Criminal Responsibility of the Defendants who suffer from Dissociative Identity Disorder .  Law and Psychiatry ( 31 ) 15 - 32   2016.12The Criminal Responsibility of the Defendants who suffer from Dissociative Identity Disorder

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Association of Law and Psychiatry  

  • Daisuke Uehara .  Personal Identity and Criminal Responsibility .    39 ( 3 ) 130 - 154   2016.1Personal Identity and Criminal Responsibility

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: http://doi.org/10.15027/39787

  • 上原 大祐 .  精神医学の進歩と刑事責任判断 : 解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任判断を前提として (第43回医事法学会総会 研究大会記録) .  年報医事法学 ( 29 ) 43 - 49   2014.9精神医学の進歩と刑事責任判断 : 解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任判断を前提として (第43回医事法学会総会 研究大会記録)

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  「妄想型統合失調症による行為の評価と医療観察法上の評価 最高裁平成20年6月18日第三小法廷決定」 .  別冊ジュリスト 医事法判例百選〔第2版〕【有斐閣】   220 - 221   2014.3「妄想型統合失調症による行為の評価と医療観察法上の評価 最高裁平成20年6月18日第三小法廷決定」

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 上原大祐 .  第6章「精神科医療と刑法」甲斐克則編『現代社会と刑法を考える』 .  法律文化社   69 - 81   2012.4第6章「精神科医療と刑法」甲斐克則編『現代社会と刑法を考える』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 上原大祐 .  「刑事責任判断における人格同一性の位置づけ」 .  鹿児島大学法学論集46 ( 2 ) 1 - 31   2012.3「刑事責任判断における人格同一性の位置づけ」Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  判決紹介 精神鑑定の意見の一部を採用した場合の責任能力の有無・程度の判断[最高裁平成21.12.8決定] .  年報医事法学【日本評論社】26   235 - 240   2011判決紹介 精神鑑定の意見の一部を採用した場合の責任能力の有無・程度の判断[最高裁平成21.12.8決定]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 上原大祐 .  判例評釈『アスペルガー障害および解離性同一性障害を患う被告人の刑事責任能力判断―東京地裁平成20年5月27日判決』 .  広島法学33 ( 2 ) 71 - 82   2009.10判例評釈『アスペルガー障害および解離性同一性障害を患う被告人の刑事責任能力判断―東京地裁平成20年5月27日判決』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  『刑事責任と人格の同一性―アメリカにおける解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任を巡る議論を素材として(二・完)』 .  広島法学33 ( 1 ) 15 - 42   2009.6『刑事責任と人格の同一性―アメリカにおける解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任を巡る議論を素材として(二・完)』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  『刑事責任と人格の同一性―アメリカにおける解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任を巡る議論を素材として(一)』 .  広島法学32 ( 4 ) 97 - 120   2009.3『刑事責任と人格の同一性―アメリカにおける解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任を巡る議論を素材として(一)』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  判例評釈『解離性同一性障害患者の責任能力判断―神戸地裁平成16年7月28日判決』 .  広島法学30 ( 2 ) 113 - 125   2006.10判例評釈『解離性同一性障害患者の責任能力判断―神戸地裁平成16年7月28日判決』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 上原大祐 .  『解離性同一性障害患者の刑事責任をめぐる考察―アメリカにおける議論を素材として』 .  広島法学27 ( 4 ) 185 - 209   2004.3『解離性同一性障害患者の刑事責任をめぐる考察―アメリカにおける議論を素材として』

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 甲斐克則,水野恭子,上原大祐共訳 .  翻訳『精神障害と刑事責任―コモン・ロー上の精神異常という抗弁の展開を辿りつつ(二)』(原文:George Mousourakis, Mental Disorder and Criminal Liability:Tracing the Evolution of the Common Law Insanity Defense) .  広島法学25 ( 2 ) 211 - 227   2003.11翻訳『精神障害と刑事責任―コモン・ロー上の精神異常という抗弁の展開を辿りつつ(二)』(原文:George Mousourakis, Mental Disorder and Criminal Liability:Tracing the Evolution of the Common Law Insanity Defense)

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 甲斐克則,水野恭子,上原大祐共訳 .  翻訳『精神障害と刑事責任―コモン・ロー上の精神異常という抗弁の展開を辿りつつ(一)』(原文:George Mousourakis, Mental Disorder and Criminal Liability:Tracing the Evolution of the Common Law Insanity Defense) .  広島法学25 ( 1 ) 75 - 84   2003.6翻訳『精神障害と刑事責任―コモン・ロー上の精神異常という抗弁の展開を辿りつつ(一)』(原文:George Mousourakis, Mental Disorder and Criminal Liability:Tracing the Evolution of the Common Law Insanity Defense)

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

▼display all

Presentations

  • 上原大祐   解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任  

    日本刑法学会第99回大会  2021.5  日本刑法学会

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  • 上原大祐   『精神医学の進歩と刑事責任判断―解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任判断を前提として―』  

    日本医事法学会  日本医事法学会

     More details

    Event date: 2013.11

    Language:Japanese  

    Venue:愛知  

    国内学会

  • 上原大祐   『刑事責任と人格の同一性』  

    日本刑法学会九州部会  日本刑法学会九州部会

     More details

    Event date: 2012.4

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 上原大祐   『刑事責任と人格の同一性―アメリカにおける解離性同一性障害患者たる被告人の刑事責任を巡る議論を素材として』  

    瀬戸内刑事法研究会  瀬戸内刑事法研究会

     More details

    Event date: 2008.12

    Language:Japanese  

    Venue:岡山  

    研究会

  • 上原大祐   『解離性同一性障害患者の刑事責任をめぐる考察』  

    瀬戸内刑事法研究会  瀬戸内刑事法研究会

     More details

    Event date: 2004.12

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    研究会

  • 上原大祐   『解離性同一性障害患者の刑事責任をめぐる考察』  

    広島医事法研究会  広島医事法研究会

     More details

    Event date: 2003.6

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    研究会

▼display all