基本情報

写真a

谷本 昭英

akihide Tanimoto


職名

教授

プロフィール

動脈硬化の病態解明、新しい動脈硬化や代謝症候群モデルの開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動脈硬化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 病理診断学

  • 動脈硬化

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle.,In Vivo.,29巻 1号 (頁 176 ~ 22) ,2015年01月,Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Novel function of histamine signaling in hyperlipidemia-induced atherosclerosis: Histamine H1 receptors protect and H2 receptors accelerate atherosclerosis.,Pathol Int.,65巻 2号 (頁 67 ~ 80) ,2015年01月,Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Marine hydroquinone zonarol prevents inflammation and apoptosis in dextran sulfate sodium-induced mice ulcerative colitis.,PLoS One,9巻 11号 ,2014年01月,Yamada S, Koyama T, Noguchi H, Ueda Y, Kitsuyama R, Shimizu H, Tanimoto A, Wang KY, Nawata A, Nakayama T, Sasaguri Y, Satoh T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Comparison of the genomic sequence of the microminipig, a novel breed of swine, with the genomic database for conventional pig.,In Vivo.,28巻 6号 (頁 1107 ~ 1111) ,2014年01月,Miura N, Kucho K, Noguchi M, Miyoshi N, Uchiumi T, Kawaguchi H, Tanimoto A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Development of an experimentally useful model of acute myocardial infarction: 2/3 nephrectomized triple nitric oxide synthases-deficient mouse.,J Mol Cell Cardiol.,77巻 (頁 29 ~ 41) ,2014年01月,Uchida T, Furuno Y, Tanimoto A, Toyohira Y, Arakaki K, Kina-Tanada M, Kubota H, Sakanashi M, Matsuzaki T, Noguchi K, Nakasone J, Igarashi T, Ueno S, Matsushita M, Ishiuchi S, Masuzaki H, Ohya Y, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y, Tamura M, Tsutsui M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Significance of nitric oxide synthases: Lessons from triple nitric oxide synthases null mice.,J Pharmacol Sci.,127巻 1号 (頁 42 ~ 52) ,2015年01月,Tsutsui M, Tanimoto A, Tamura M, Mukae H, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Microminipig, a Non-Rodent Experimental Animal Optimized for Life Science Research -Novel Atherosclerosis Model Induced by High Fat and Cholesterol Diet. ,J Pharmacol Sci.,115巻 (頁 115 ~ 121) ,2011年,Kawaguchi H, Miyoshi N, Miura N, Fujiki M, Horiuchi M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, and Yoshida H.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Extracellular matrix and atherosclerosis. ,J UOEH.,32巻 (頁 195 ~ 203) ,2010年,Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Role of histamine in atherosclerotic lesion. ,J UOEH. ,32巻 (頁 63 ~ 71) ,2010年,Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2011年04月 ~ 2014年03月,骨・血管連関と新しいヒスタミンの機能: 閉経後の動脈硬化石灰化と骨粗鬆症,谷本昭英

    骨・血管連関と新しいヒスタミンの機能: 閉経後の動脈硬化石灰化と骨粗鬆症