2023/10/26 更新

写真a

タニモト アキヒデ
谷本 昭英
akihide Tanimoto
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 教授
職名
教授
プロフィール
動脈硬化の病態解明、新しい動脈硬化や代謝症候群モデルの開発

学位

  • 博士(医学) ( 1994年4月   産業医科大学 )

研究キーワード

  • 人体病理

  • がんゲノム

  • 動脈硬化

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学  / がんゲノム解析

  • その他 / その他  / 病理診断学

  • その他 / その他  / 動脈硬化

  • ライフサイエンス / 人体病理学  / がんゲノム

経歴

  • 鹿児島大学   教授

    2003年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本癌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本動脈硬化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本病理学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • YAMANAKA Sae, TOKIMURA Hiroshi, HIGA Nayuta, IWAMOTO Hirofumi, NISHIMUTA Yosuke, SUEYOSHI Kazunobu, YONEZAWA Hajime, TAJITSU Kenichiro, AKAHANE Toshiaki, TANIMOTO Akihide, HANAYA Ryosuke .  Pilocytic Astrocytoma Presenting with Spontaneous Cerebellar Hemorrhage: A Case Report .  NMC Case Report Journal10 ( 0 ) 303 - 308   2023年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japan Neurosurgical Society  

    <p>Hemorrhagic pilocytic astrocytomas (PAs) are rare, accounting for 1.1%-8.0% of all PA cases. They are reported to occur more frequently in older populations, with a male predominance. In this study, we report a case of a 14-year-old boy who presented with a headache, vertigo, and diplopia. As per his brain computed tomography scan, a small hematoma was observed in the left inferior cerebellar peduncle. Follow-up magnetic resonance imaging (MRI) revealed repeated minor bleeding from the lesion and mild expansion, with no neurological deficits. Four years later, the patient developed nausea, vomiting, and left abducens palsy. MRI revealed a mulberry-shaped mass surrounded by a hypointense rim, suggesting a cavernous angioma. The lesion was surgically resected via midline occipital craniotomy with the opening of the cerebellomedullary fissure. Histopathological examination of the lesion revealed PA. Next-generation sequencing analyses revealed that PAs harbored mutations in the <i>ARID1A</i>, <i>ATM</i>, and <i>POLE</i> genes but not in the <i>BRAF</i> gene. To the best of our knowledge, there are yet no reported studies on these mutations in PAs to date. Thus, PA should be considered in the differential diagnosis of cerebellar hemorrhage, especially in young adults and children. </p>

    DOI: 10.2176/jns-nmc.2023-0152

  • Yumisashi R, Saito R, Togami S, Kobayashi Y, Kitazono I, Tanimoto A, Kobayashi H .  Molecular biological analysis revealed a case of synchronous endometrial and ovarian cancer with different histological grade as metastatic ovarian cancer from endometrial cancer: Case report and review of literature. .  The journal of obstetrics and gynaecology research   2023年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jog.15773

    PubMed

  • Kirishima M, Akahane T, Takajo T, Higa N, Yonezawa H, Uchida H, Kamimura K, Hanaya R, Yoshimoto K, Higashi M, Yoshiura T, Tanimoto A .  A case of glioblastoma harboring non-amplified epidermal growth factor receptor variant III: Critical molecular detection using RNA-based panel analysis. .  Pathology, research and practice248   154712 - 154712   2023年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.prp.2023.154712

    PubMed

  • Furukawa T, Mimami K, Nagata T, Yamamoto M, Sato M, Tanimoto A .  Approach to Functions of BHLHE41/DEC2 in Non-Small Lung Cancer Development. .  International journal of molecular sciences24 ( 14 )   2023年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms241411731

    PubMed

  • Kitazono I, Akahane T, Yokoyama S, Kobayashi Y, Togami S, Yanazume S, Tasaki T, Noguchi H, Tabata K, Kobayashi H, Tanimoto A .  "Surface epithelial slackening" pattern in endometrioid carcinoma: A morphological feature for differentiating the POLE mutation-subtype from the no specific molecular profile subtype. .  Pathology, research and practice247   154563 - 154563   2023年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2023.154563

    PubMed

  • Akahane T, Isochi-Yamaguchi T, Hashiba-Ohnuki N, Bandoh N, Aimono E, Kato Y, Nishihara H, Kamada H, Tanimoto A .  Cancer gene analysis of liquid-based cytology specimens using next-generation sequencing: A technical report of bimodal DNA- and RNA-based panel application. .  Diagnostic cytopathology   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/dc.25149

    PubMed

  • Hamada T, Higashi M, Yokoyama S, Akahane T, Hisaoka M, Noguchi H, Furukawa T, Tanimoto A .  MALAT1 functions as a transcriptional promoter of MALAT1::GLI1 fusion for truncated GLI1 protein expression in cancer. .  BMC cancer23 ( 1 ) 424   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s12885-023-10867-6

    PubMed

  • Yanazume S, Iwakiri K, Kobayashi Y, Kitazono I, Akahane T, Mizuno M, Togami S, Tanimoto A, Kobayashi H .  Cytopathological features associated with POLE mutation in endometrial cancer. .  Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology34 ( 3 ) 211 - 218   2023年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cyt.13215

    PubMed

  • 赤羽 俊章, 坂本 一平, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 牧野 隆太郎, 米澤 大, 内田 裕之, 吉本 幸司, 花谷 亮典, 谷本 昭英 .  がんゲノム診断とバイオインフォマティクス 神経膠腫の統合分子病理診断のための自動レポーティングシステムの構築とバイオインフォマティクスの重要性 .  Brain Tumor Pathology40 ( Suppl. ) 067 - 067   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 米澤 大, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 山本 淳考, 吉本 幸司, 谷本 昭英, 花谷 亮典 .  IDH wildtype-TERTp wildtype glioblastomaにおけるPTENの予後への影響 .  Brain Tumor Pathology40 ( Suppl. ) 098 - 098   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 牧野 隆太郎, 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 山本 淳考, 吉本 幸司, 谷本 昭英, 花谷 亮典 .  がんゲノム診断 日本人膠芽腫患者におけるチロシンキナーゼ受容体変異と臨床像 .  Brain Tumor Pathology40 ( Suppl. ) 061 - 061   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • Yoshino H, Yokoyama S, Tamai M, Okamura S, Iizasa S, Sakaguchi T, Osako Y, Inoguchi S, Matsushita R, Yamada Y, Nakagawa M, Tatarano S, Tanimoto A, Enokida H .  Characterization and treatment of gemcitabine- and cisplatin-resistant bladder cancer cells with a pan-RAS inhibitor. .  FEBS open bio13 ( 6 ) 1056 - 1066   2023年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13616

    PubMed

  • Iwaya H, Tanimoto A, Toyodome K, Kojima I, Hinokuchi M, Tanoue S, Hashimoto S, Kawahira M, Arima S, Kanmura S, Akahane T, Higashi M, Suzuki S, Ueno S, Ohtsuka T, Ido A .  Next-Generation Sequencing Analysis of Pancreatic Cancer Using Residual Liquid Cytology Specimens from Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Biopsy: A Prospective Comparative Study with Tissue Specimens. .  Diagnostics (Basel, Switzerland)13 ( 6 )   2023年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/diagnostics13061078

    PubMed

  • Togami S, Tanimoto A, Yanazume S, Tokunaga H, Nagai T, Watanabe M, Yahata H, Asanoma K, Yamamoto H, Tanaka T, Ohmichi M, Yamada T, Todo Y, Yamada R, Kato H, Yamagami W, Masuda K, Kawaida M, Niikura H, Moriya T, Kobayashi H .  Evaluation of the one-step nucleic acid amplification assay for detecting lymph node metastasis in patients with cervical and endometrial cancer: A multicenter prospective study. .  Gynecologic oncology170   70 - 76   2023年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2022.12.016

    PubMed

  • Hozaka Y, Oi H, Satake S, Uchino Y, Goto Y, Idichi T, Tanoue K, Yamasaki Y, Kawasaki Y, Mataki Y, Kurahara H, Nakajo A, Higashi M, Tanimoto A, Sugiura T, Ohtsuka T .  Are intratumoral microbiota involved in the progression of intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas? .  Surgery173 ( 2 ) 503 - 510   2023年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2022.10.003

    PubMed

  • Takumi Koji, Nagano Hiroaki, Myogasako Tsuyoshi, Nakano Tsubasa, Fukukura Yoshihiko, Ueda Kazuhiro, Tabata Kazuhiro, Tanimoto Akihide, Yoshiura Takashi .  Feasibility of iodine concentration and extracellular volume fraction measurement derived from the equilibrium phase dual-energy CT for differentiating thymic epithelial tumors(タイトル和訳中) .  Japanese Journal of Radiology41 ( 1 ) 45 - 53   2023年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  • 田崎 貴嗣, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 田畑 和宏, 東 美智代, 安村 拓人, 豊川 建二, 谷本 昭英 .  胸部大動脈瘤を呈した巨細胞性動脈炎の1例 .  診断病理40 ( 1 ) 91 - 95   2023年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は80代女性。リウマチ性多発筋痛症の治療中に胸部大動脈瘤を指摘され,人工血管置換術が行われた。大動脈では内膜に軽度の粥状硬化を認めた。中膜ではリンパ球や形質細胞,少数の多核巨細胞の浸潤,内膜側優位の弾性線維の配列の乱れと消失を認めたが,外膜の線維化や炎症細胞浸潤は軽度であり,巨細胞性動脈炎と診断した。大動脈瘤において巨細胞性動脈炎と病理診断される症例では,側頭動脈炎の既往がなく臨床症状に乏しいことがあり,大動脈瘤を注意深く検索することで,巨細胞性動脈炎の可能性を見落とさないことが重要である。(著者抄録)

  • Takumi K, Nagano H, Myogasako T, Nakano T, Fukukura Y, Ueda K, Tabata K, Tanimoto A, Yoshiura T .  Feasibility of iodine concentration and extracellular volume fraction measurement derived from the equilibrium phase dual-energy CT for differentiating thymic epithelial tumors. .  Japanese journal of radiology41 ( 1 ) 45 - 53   2023年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-022-01331-9

    PubMed

  • Kaminosono J, Kambe Y, Tanimoto A, Kuwaki T, Yamashita A .  The physiological response during optogenetic-based cardiac pacing in awake freely moving mice. .  Frontiers in physiology14   1130956 - 1130956   2023年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fphys.2023.1130956

    PubMed

  • Makino R, Higa N, Akahane T, Yonezawa H, Uchida H, Takajo T, Fujio S, Kirishima M, Hamada T, Yamahata H, Kamimura K, Yoshiura T, Yoshimoto K, Tanimoto A, Hanaya R .  Alterations in EGFR and PDGFRA are associated with the localization of contrast-enhancing lesions in glioblastoma. .  Neuro-oncology advances5 ( 1 ) vdad110   2023年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/noajnl/vdad110

    PubMed

  • Higa N, Akahane T, Yokoyama S, Makino R, Yonezawa H, Uchida H, Takajo T, Kirishima M, Hamada T, Noguchi N, Otsuji R, Kuga D, Nagasaka S, Yamahata H, Yamamoto J, Yoshimoto K, Tanimoto A, Hanaya R .  Favorable prognostic impact of phosphatase and tensin homolog alterations in wild-type isocitrate dehydrogenase and telomerase reverse transcriptase promoter glioblastoma. .  Neuro-oncology advances5 ( 1 ) vdad078   2023年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/noajnl/vdad078

    PubMed

  • Fujii K, Kirishima M, Yoshimitsu M, Hashiguchi T, Tanimoto A, Kanekura T .  Adult T-cell leukemia/lymphoma presenting with ulceration of the digits. .  The Journal of dermatology50 ( 5 ) e168 - e170   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16698

    PubMed

  • Hamada T, Yokoyama S, Akahane T, Matsuo K, Tanimoto A .  Genome Editing Using Cas9 Ribonucleoprotein Is Effective for Introducing PDGFRA Variant in Cultured Human Glioblastoma Cell Lines. .  International journal of molecular sciences24 ( 1 )   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms24010500

    PubMed

  • Furukawa T, Tabata S, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Tanimoto A .  Metabolic reprograming of cancer as a therapeutic target. .  Biochimica et biophysica acta. General subjects1867 ( 3 ) 130301 - 130301   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2022.130301

    PubMed

  • Nagahama J, Nishikawa T, Tasaki T, Yasudome Y, Nakamura T, Abematsu T, Nakagawa S, Kodama Y, Tanimoto A, Okamoto Y .  Systemic Epstein-Barr virus-positive T-cell lymphoma of childhood treated with the ICE regimen and allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation. .  Pediatric blood & cancer70 ( 3 ) e30041   2022年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/pbc.30041

    PubMed

  • Kirishima M, Akahane T, Higa N, Suzuki S, Ueno S, Yonezawa H, Uchida H, Hanaya R, Yoshimoto K, Shimajiri S, Kitazono I, Tanimoto A .  IDH-mutant astrocytoma with an evolutional progression to CDKN2A/B homozygous deletion and NTRK fusion during recurrence: A case report. .  Pathology, research and practice239   154163 - 154163   2022年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.prp.2022.154163

    PubMed

  • 北薗 育美, 霧島 茉莉, 田崎 貴嗣, 田畑 和宏, 東 美智代, 野口 紘嗣, 簗詰 伸太郎, 神宮司 メグミ, 谷本 昭英 .  FDG-PET高集積を示した遺残副腎由来のOncocytomaの1例 .  診断病理39 ( 4 ) 319 - 325   2022年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    遺残副腎は異所性に認められる副腎皮質組織であり,腫瘍化は非常に稀である。80代女性の骨盤腔内にFDGの高集積を呈する腫瘍を認めた。腫瘍は右子宮広間膜内に卵巣とは離れて存在し,好酸性顆粒状の豊富な細胞質を有する腫瘍細胞のびまん性増殖からなり,腫瘍辺縁には非腫瘍性の副腎皮質組織を伴っていた。免疫染色でSF-1,mitochondria陽性であった。Lin-Weiss-Bisceglia criteriaを満たす所見はなく,遺残副腎由来のoncocytomaと診断した。(著者抄録)

  • Higa Nayuta, Akahane Toshiaki, Yokoyama Seiya, Yonezawa Hajime, Uchida Hiroyuki, Fujio Shingo, Kirishima Mari, Takigawa Kosuke, Hata Nobuhiro, Toh Keita, Yamamoto Junkoh, Hanaya Ryosuke, Tanimoto Akihide, Yoshimoto Koji .  Molecular Genetic Profile of 300 Japanese Patients with Diffuse Gliomas Using a Glioma-tailored Gene Panel(タイトル和訳中) .  Neurologia medico-chirurgica62 ( 9 ) 391 - 399   2022年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    日本人患者のびまん性神経膠腫にみられる、分子遺伝学的プロファイルについて調査した。著者等の大学で収集した、びまん性神経膠腫患者303例の腫瘍組織試料を用いて、神経膠腫に特化した遺伝子パネルから、分子遺伝学的プロファイルを解析した。その結果、膠芽腫(GBM)患者185例に最も変異が多く認められた遺伝子は、TERTp遺伝子、TP53遺伝子、PTEN遺伝子、NF1遺伝子とPDGFRA遺伝子であった。また、欠失が最も多く認められた遺伝子は、PTEN遺伝子およびCDKN2A/B及びRB1遺伝子で、増加/増幅が最も多く認められた遺伝子は、EGFR遺伝子とPDGFRA遺伝子およびCDK4遺伝子であった。さらに、グレードIII乏突起膠腫22例のうち3例には、CDKN2A/B遺伝子のホモ接合性欠失が、4例にはARID1A遺伝子変異が検出され、ARID1A遺伝子変異が無増悪生存転帰不良と関連することが示唆された。なお、WHO脳腫瘍分類2021により、グレードII/IIIでIDH野生型星状細胞腫の62.5%が、IDH野生型のGBMに再分類された。本報により、神経膠腫に特化した遺伝子パネルが、WHO脳腫瘍分類2021に準じた分子診断に適用可能であることが確認された。

  • Higa N, Akahane T, Yokoyama S, Yonezawa H, Uchida H, Fujio S, Kirishima M, Takigawa K, Hata N, Toh K, Yamamoto J, Hanaya R, Tanimoto A, Yoshimoto K .  Molecular Genetic Profile of 300 Japanese Patients with Diffuse Gliomas Using a Glioma-tailored Gene Panel. .  Neurologia medico-chirurgica62 ( 9 ) 391 - 399   2022年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外科学会  

    DOI: 10.2176/jns-nmc.2022-0103

    PubMed

  • Yokoyama S, Iwaya H, Akahane T, Hamada T, Higashi M, Hashimoto S, Tanoue S, Ohtsuka T, Ido A, Tanimoto A .  Sequential evaluation of MUC promoter methylation using next-generation sequencing-based custom-made panels in liquid-based cytology specimens of pancreatic cancer. .  Diagnostic cytopathology50 ( 11 ) 499 - 507   2022年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.25022

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/dc.25022

  • 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 岩切 かおり, 切田 ゆかり, 霧島 茉莉, 田崎 貴嗣, 北薗 育美, 田畑 和宏, 東 美智代, 谷本 昭英 .  乳腺転移を来した膵solid-pseudopapillary neoplasmの1例 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌53   79 - 82   2022年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    背景 膵solid-pseudopapillary neoplasm(以下、SPN)は、膵外分泌腫瘍の1~3%を占める稀な腫瘍である。今回、乳腺細胞診において原発性乳癌との鑑別に苦慮した膵SPNの乳腺転移の1例を経験したので報告する。症例 50代女性。7年前に手術された膵SPN術後の定期検診にて左乳腺外側に1cm大の結節を指摘された。原発性乳癌が疑われ、針生検及び穿刺針洗浄細胞診が施行された。穿刺針洗浄細胞診で、血性背景に乳頭状、管状あるいは孤立散在性の異型細胞を多数認め、血管性間質を軸とした重積性を示す集塊も存在していた。核偏在傾向や核溝も見られ、浸潤性乳管癌充実型や粘液癌Type Bを疑った。摘出生検では、シート状構造を示す腫瘍細胞と淡好塩基性を示す疎な線維性間質を認め、偽乳頭状構造も認めた。免疫染色では、β-cateninが腫瘍細胞の核・細胞質に陽性であった。以上の所見から膵SPNの乳腺転移と判断した。結論 原発性乳癌との鑑別に苦慮した膵SPNの乳腺転移の一例を経験した。膵SPNの肝や腹腔以外への転移は稀ではあるが、臨床情報に留意し検鏡することで診断し得ると考えられた。(著者抄録)

  • Iwaizako Hiroki, Nishikawa Takuro, Kitazono Ikumi, Tanimoto Akihide, Okamoto Yasuhiro .  急性白血病によく似た所見を呈する原発不明悪性小円形細胞腫瘍(Unknown primary malignant small round cell tumor masquerading as acute leukemia) .  Pediatrics International64 ( 1 ) 1 of 3 - 3 of 3   2022年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は16歳女性で、4ヵ月前から断続的な左腰背部痛および下肢痛を呈し総合病院を受診した。急性リンパ性白血病と診断され、直ちにプレドニゾロン投与が開始されたが、治療反応は不良であった。その後、小児固形腫瘍の骨髄浸潤が疑われたため当科に転科となった。病理診断の結果、悪性小円形細胞腫瘍であり、小細胞神経内分泌癌の可能性が高かった。PET-CTにて複数の骨、骨髄、腹腔内に異常集積を認めたが、原発巣は特定できなかった。シスプラチン・エトポシド療法後、骨髄検査にて異常細胞の消失が認められ、NSE値の低下も認められた。しかし、2回目の化学療法後、左腸骨病変が拡大し、骨髄に異常細胞が再び出現し、NSEは再び上昇した。がんゲノムプロファイリング検査を実施したが、有効な治療候補は見つからなかった。その後、ビンクリスチン/イリノテカン、左腸骨病変放射線療法、イホスファミド/エトポシド、アムルビシン、エベロリムスなどの治療が行われた。しかし、病状進行に伴い、肝不全、腎不全が再発し、144日目に死亡した。

  • 野元 翔平, 上笹貫 太郎, 田畑 和宏, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  上眼瞼Merkel細胞癌の1例 .  臨床眼科76 ( 5 ) 597 - 602   2022年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>目的:上眼瞼Merkel細胞癌の症例について報告する。症例:83歳,男性。所見:左上眼瞼の腫瘤を主訴に来院した。細隙灯顕微鏡検査では,左上眼瞼に8×9mm大の赤色調の球状腫瘤を認めた。急速に増大したためMerkel細胞癌を疑い,初診から6日後に左上眼瞼悪性腫瘍拡大切除術を施行した。腫瘍辺縁から5mmのsafety marginをとって拡大切除を行い,術中迅速病理診断で断端の腫瘍細胞が陰性であることを確認した。その後,switch flap法を用いて欠損した眼瞼を再建した。免疫組織学的検査の結果はMerkel細胞癌であった。術翌日に抗凝固薬を再開したところ,創部より多量の出血を認めたため,術後5日目および6日目に止血術を行った。2ヵ月後に同部位に再び腫瘤を認めたが,切除したところ化膿性肉芽腫の診断で再発ではなかった。結論:上眼瞼のMerkel細胞癌を経験した。術後に再度腫瘤を認めたが,再発ではなかった。ただし,再発しやすい腫瘍であるため,今後も慎重な経過観察が必要である。

  • Fukuda Kosuke, Arigami Takaaki, Tokuda Koki, Yanagita Shigehiro, Matsushita Daisuke, Kawasaki Yota, Iino Satoshi, Sasaki Ken, Nakajo Akihiro, Kirishima Mari, Tanimoto Akihide, Tsubouchi Hitoshi, Kurahara Hiroshi, Ohtsuka Takao .  肝転移を伴うステージIV胃癌に対するラムシルマブ+パクリタキセルのセカンドライン化学療法後のコンバージョン手術 1症例報告(Successful conversion surgery for stage IV gastric cancer with liver metastases after second-line chemotherapy with ramucirumab and paclitaxel: a case report) .  Surgical Case Reports8   1 of 7 - 7 of 7   2022年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例は77歳男性で、体重減少をきたして受診した。血清CEA 371.5ng/mLを示し、食道胃十二指腸鏡検査で胃上部から中部1/3にかけて半周性の2型腫瘍を認め、生検後の病理診断では高分化型腺癌であった。造影CTにて腫瘍部における胃壁肥厚、小彎に沿ったリンパ節腫大、肝S3転移を認め、ステージIV HER2陽性胃癌の診断のもと、カペシタビン、シスプラチン、トラスツズマブ投与を予定した。しかし、トラスツズマブの初回投与後に重度の注入部反応を示したため、S-1+シスプラチン(SP療法)に切り替えた。3コース施行後にリンパ節と肝転移巣のサイズ縮小が得られたが、6コース終了後に血清CEAの上昇をきたして腫瘍コントロール不良と判断し、セカンドライン化学療法としてラムシルマブ+パクリタキセルを開始した。6コース終了後、原発巣と肝転移巣の著明な縮小がみられPRと判定、コンバージョン手術を行う方針とした。胃全摘術、D2リンパ節郭清、S3およびS4に対する肝部分切除を施行し、病理所見では原発腫瘍は固有筋層に浸潤しており組織学的グレード1aと考えられた。合併症の発症なく術後10日目に退院となり、42ヵ月後も再発徴候は認めていない。

  • 児島 一成, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 軸屋 賢一, 田中 啓仁, 霧島 茉莉, 東 美智代, 谷本 昭英, 井戸 章雄 .  腸管重複症と腔内憩室の鑑別が困難だった腺腫を伴う十二指腸隆起病変の1例 .  Gastroenterological Endoscopy64 ( 4 ) 1011 - 1017   2022年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    症例は63歳の男性.十二指腸下行部に15mm大の側面に陥凹を伴う粘膜下腫瘍様病変で,陥凹面に大小不同の絨毛様構造を認め,管状腺腫もしくは高分化型腺癌が疑われた.超音波内視鏡検査では,腫瘍内部に無エコー域を認めた.早期十二指腸癌も否定できず,EMRを施行した.病理組織検査では,側面の陥凹面は管状腺腫と診断した.また,十二指腸内腔側と嚢胞内腔側は粘膜筋板を共有しており,腺腫を合併した十二指腸重複症が疑われたが,十二指腸腔内憩室(Intraluminal duodenal diverticulum:IDD)との鑑別が困難であった.両疾患は,稀ではあるものの十二指腸腫瘍性病変の鑑別の一つとして考慮すべき疾患と考えられた.(著者抄録)

  • 児島 一成, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 軸屋 賢一, 田中 啓仁, 霧島 茉莉, 東 美智代, 谷本 昭英, 井戸 章雄 .  腸管重複症と腔内憩室の鑑別が困難だった腺腫を伴う十二指腸隆起病変の1例 .  日本消化器内視鏡学会雑誌64 ( 4 ) 1011 - 1017   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器内視鏡学会  

    <p>症例は63歳の男性.十二指腸下行部に15mm大の側面に陥凹を伴う粘膜下腫瘍様病変で,陥凹面に大小不同の絨毛様構造を認め,管状腺腫もしくは高分化型腺癌が疑われた.超音波内視鏡検査では,腫瘍内部に無エコー域を認めた.早期十二指腸癌も否定できず,EMRを施行した.病理組織検査では,側面の陥凹面は管状腺腫と診断した.また,十二指腸内腔側と嚢胞内腔側は粘膜筋板を共有しており,腺腫を合併した十二指腸重複症が疑われたが,十二指腸腔内憩室(Intraluminal duodenal diverticulum:IDD)との鑑別が困難であった.両疾患は,稀ではあるものの十二指腸腫瘍性病変の鑑別の一つとして考慮すべき疾患と考えられた.</p>

    DOI: 10.11280/gee.64.1011

  • 古江 惠理, 上笹貫 太郎, 平木 翼, 小牧 祐雅, 東 裕子, 谷本 昭英, 井戸 章雄, 坂本 泰二 .  眼窩内に寄生したマンソン孤虫症の1例 .  臨床眼科75 ( 8 ) 1031 - 1036   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>緒言:マンソン孤虫症は,マンソン裂頭条虫の幼虫であるプレロセルコイドがヒトに寄生する比較的稀な疾患である。皮下への感染報告がほとんどであり,眼窩内への寄生は,わが国での報告はわずかである。今回,眼窩内のマンソン孤虫症を経験したので報告する。症例:33歳,男性。2017年7月に右眼瞼腫脹が出現し,近医で右眼の結膜炎の診断を受けた。点眼加療で改善しなかったため精査目的で2018年10月に鹿児島大学病院眼科を初診した。右上眼瞼に移動性の腫脹を認め,さらに2年後の造影MRIでは右上直筋付近に占拠性病変が出現した。特発性眼窩炎症の疑いでステロイド内服加療を開始したが,その後の皮膚生検の結果からIgG4関連疾患の診断となった。ステロイド内服を継続したが,改善・増悪を繰り返し寛解には至らなかった。2020年6月に右眼結膜に白色病変を認めたため,摘出術を施行した。摘出後,右眼瞼腫脹は改善した。摘出された白色病変は,病理組織学的検査および寄生虫抗体検査でマンソン孤虫症であると考えられた。結論:眼窩内の寄生虫感染症は稀であり,特発性眼窩炎症やIgG4関連疾患と症状が類似しているため誤診されやすい。ステロイド抵抗性の繰り返す眼瞼腫脹や外眼筋炎の診断には寄生虫感染症も念頭に置くべきである。

  • Yoshii Daiki, Nakagawa Takenobu, Komohara Yoshihiro, Kawaguchi Hiroaki, Yamada Sohsuke, Tanimoto Akihide .  非アルコール性脂肪性肝疾患マイクロミニブタモデルにおけるマクロファージ活性化の表現型の変化(Phenotypic Changes in Macrophage Activation in a Model of Nonalcoholic Fatty Liver Disease using Microminipigs) .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis28 ( 8 ) 844 - 851   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)マイクロミニブタモデルを用いて、NAFLDの病態進展に伴うマクロファージ表現型の変化について検討した。マイクロミニブタ25頭を普通食群、コレステロール添加高脂肪食(HcD)(0.2%、0.5%、1.5%コレステロール)群、HcD(1.5%コレステロール)+コール酸群の5群に各5頭ずつ分けて、1日1回8週間給餌した。肝臓標本を用いた免疫組織化学染色(マクロファージ、リンパ球、星細胞)を実施した。その結果、Iba-1陽性マクロファージ数は、食餌中コレステロール含量の増加に伴い増加していた。また、CD163陽性マクロファージ数およびCD204陽性マクロファージ数も食餌中コレステロール含量の増加に伴い増加したが、Iba-1陽性マクロファージ中のCD204陽性マクロファージの割合は、コール酸の補給により有意に減少していた。以上から、ブタの肝臓では脂質蓄積によりマクロファージ動員が誘導され、NAFLD初期にはM2様マクロファージが増加し、NAFLD後期にはM1様マクロファージが増加し、非アルコール性脂肪肝炎様状態の肝臓になることが示唆された。

  • Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle. .  In vivo (Athens, Greece)29 ( 1 ) 17 - 22   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  • Miyoshi N, Horiuchi M, Inokuchi Y, Miyamoto Y, Miura N, Tokunaga S, Fujiki M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yasuda N, Yoshida H, Kawaguchi H .  Novel microminipig model of atherosclerosis by high fat and high cholesterol diet, established in Japan. .  In vivo (Athens, Greece)24 ( 5 ) 671 - 80   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  • Higa N, Akahane T, Hamada T, Yonezawa H, Uchida H, Makino R, Watanabe S, Takajo T, Yokoyama S, Kirishima M, Matsuo K, Fujio S, Hanaya R, Tanimoto A, Yoshimoto K .  Distribution and favorable prognostic implication of genomic EGFR alterations in IDH-wildtype glioblastoma. .  Cancer medicine12 ( 1 ) 49 - 60   2022年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.4939

    PubMed

  • Kirishima M, Yokoyama S, Matsuo K, Hamada T, Shimokawa M, Akahane T, Sugimoto T, Tsurumaru H, Ishibashi M, Mataki Y, Ootsuka T, Nomoto M, Hayashi C, Horiguchi A, Higashi M, Tanimoto A .  Gallbladder microbiota composition is associated with pancreaticobiliary and gallbladder cancer prognosis. .  BMC microbiology22 ( 1 ) 147 - 147   2022年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12866-022-02557-3

    PubMed

  • 野元 翔平, 上笹貫 太郎, 田畑 和宏, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  臨床報告 上眼瞼Merkel細胞癌の1例 .  臨床眼科76 ( 5 ) 597 - 602   2022年5月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1410214373

  • Higashi M, Hamada T, Sasaki K, Tsuruda Y, Shimonosono M, Kitazono I, Kirishima M, Tasaki T, Noguchi H, Tabata K, Hisaoka M, Fukukura Y, Ohtsuka T, Tanimoto A .  Esophageal plexiform fibromyxoma: A case report with molecular analysis for MALAT1-GLI1 fusion. .  Pathology, research and practice233   153878 - 153878   2022年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2022.153878

    PubMed

  • 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 内田 裕之, 米澤 大, 吉本 幸司, 谷本 昭英 .  頭頸部・脳腫瘍用カスタム融合遺伝子パネルで認められた、IDH1変異陽性神経膠腫のNTRK融合遺伝子 .  Brain Tumor Pathology39 ( Suppl. ) 086 - 086   2022年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 米澤 大, 内田 裕之, 浜田 大治, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 花谷 亮典, 吉本 幸司 .  IDH wild-type GBMにおけるPDGFRA amplificationおよびMGMTpの予後への影響 .  Brain Tumor Pathology39 ( Suppl. ) 086 - 086   2022年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • Fukuda K, Arigami T, Tokuda K, Yanagita S, Matsushita D, Kawasaki Y, Iino S, Sasaki K, Nakajo A, Kirishima M, Tanimoto A, Tsubouchi H, Kurahara H, Ohtsuka T .  Successful conversion surgery for stage IV gastric cancer with liver metastases after second-line chemotherapy with ramucirumab and paclitaxel: a case report. .  Surgical case reports8 ( 1 ) 58 - 58   2022年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-022-01412-x

    PubMed

  • Kitazono I, Akahane T, Kobayashi Y, Yanazume S, Tabata K, Tasaki T, Noguchi H, Kirishima M, Higashi M, Kobayashi H, Tanimoto A .  Pelvic Carcinosarcoma Showing a Diverse Histology and Hierarchical Gene Mutation with a Common <i>POLE</i> Mutation to Endometrial Endometroid Carcinoma: A Case Report. .  International journal of surgical pathology30 ( 8 ) 10668969221088880 - 10668969221088880   2022年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/10668969221088880

    PubMed

  • Takeda A, Ueda K, Aoki M, Nagata T, Kamimura G, Umehara T, Tokunaga T, Tabata K, Tanimoto A, Sato M .  Altered lymphatic structure and function in pleural anthracosis: negative role in skip N2 metastasis. .  European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery62 ( 3 )   2022年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezac123

    PubMed

  • Kitazono I, Kobayashi Y, Akahane T, Yamaguchi T, Yanazume S, Nohara S, Sakamoto I, Tabata K, Tasaki T, Kobayashi H, Tanimoto A .  ATM immunohistochemistry as a potential marker for the differential diagnosis of no specific molecular profile subtype and POLE-mutation subtype endometrioid carcinoma. .  Pathology, research and practice230   153743 - 153743   2022年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2021.153743

    PubMed

  • Hamada T, Akahane T, Yokoyama S, Higa N, Kirishima M, Matsuo K, Shimokawa M, Yoshimoto K, Tanimoto A .  An oncogenic splice variant of PDGFRα in adult glioblastoma as a therapeutic target for selective CDK4/6 inhibitors. .  Scientific reports12 ( 1 ) 1275 - 1275   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-05391-9

    PubMed

  • Kirishima M, Akahane T, Higa N, Yonezawa H, Uchida H, Kitazono I, Higashi M, Yoshimoto K, Tanimoto A .  Integrated diagnosis of adult-type glioma according to 2021 World Health Organization classification: Analysis of 184 cases using a custom-made next-generation sequencing panel. .  Pathology international72 ( 3 ) 207 - 210   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/pin.13197

    PubMed

  • Higa N, Akahane T, Yokoyama S, Yonezawa H, Uchida H, Takajo T, Otsuji R, Hamada T, Matsuo K, Kirishima M, Hata N, Hanaya R, Tanimoto A, Yoshimoto K .  Prognostic impact of PDGFRA gain/amplification and MGMT promoter methylation status in patients with IDH wild-type glioblastoma. .  Neuro-oncology advances4 ( 1 ) vdac097   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/noajnl/vdac097

    PubMed

    その他リンク: https://academic.oup.com/noa/article-pdf/4/1/vdac097/45178840/vdac097.pdf

  • Iwaizako H, Nishikawa T, Kitazono I, Tanimoto A, Okamoto Y .  Unknown primary malignant small round cell tumor masquerading as acute leukemia. .  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society64 ( 1 ) e15158   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.15158

    PubMed

  • Yoshimura T, Higashi S, Yamada S, Noguchi H, Nomoto M, Suzuki H, Ishida T, Takayama H, Hirano Y, Yamashita M, Tanimoto A, Nakamura N .  PCP4/PEP19 and HER2 Are Novel Prognostic Markers in Mucoepidermoid Carcinoma of the Salivary Gland. .  Cancers14 ( 1 )   2021年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers14010054

    PubMed

  • 田代 葵子, 上笹貫 太郎, 堀之内 道子, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  臨床報告 インターフェロン-β結膜下注射が奏効した結膜悪性黒色腫の1例 .  臨床眼科75 ( 13 ) 1650 - 1656   2021年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1410214248

  • 田代 葵子, 上笹貫 太郎, 堀之内 道子, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  インターフェロン-β結膜下注射が奏効した結膜悪性黒色腫の1例 .  臨床眼科75 ( 13 ) 1650 - 1656   2021年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>目的:インターフェロン-β(IFN-β)結膜下注射の頻回投与で縮小に至った結膜悪性黒色腫の症例を報告する。症例:患者は91歳,女性。20XX年8月に増大と出血を伴う右下眼瞼結膜の隆起性腫瘤を自覚し,加療を目的として鹿児島大学病院眼科を紹介された。高血圧症,糖尿病,ネフローゼ症候群の既往があった。所見:初診時,右下眼瞼結膜に15mm大の出血を伴う隆起性腫瘤を認めた。拡大切除術を提案したが,高齢のため外科的治療を希望しなかった。下眼瞼結膜腫瘤を部分切除し,悪性黒色腫と組織診断した。全身検査では遠隔転移は検出されなかった。出血傾向の改善のため放射線治療(線量28Gy/14Fr)を行ったのち,IFN-β結膜下注射(300万単位/回)の継続で経過観察した。1回目の注射後から出血傾向は改善した。さらに週1回で注射を継続したところ,投与開始後3回目より隆起性病変は縮小を認め,8回目でほぼ消失した。副作用として視力低下を認めたため,投与間隔を延ばし,1回量を半減して投与を継続した。その後も病変の増悪や遠隔転移は認めなかったが,投与開始から8ヵ月後に既往のネフローゼ症候群の悪化を認めたため治療を中止した。結論:IFN-β結膜下注射は結膜悪性黒色腫の治療に有効であった。しかし,眼局所および全身に副作用を及ぼす可能性があり,投与量および投与間隔に注意が必要である。

  • 林 知実, 門野 潤, 井上 真岐, 坂元 昭彦, 二渡 久智, 平木 翼, 谷本 昭英, 風呂井 彰 .  Dubin-Johnson症候群に発生した肝細胞癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌82 ( 12 ) 2262 - 2269   2021年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    肝細胞癌(HCC)を合併したDubin-Johnson症候群(DJS)の肝予備能評価と周術期経過を報告する.66歳の男性がRickettsia属による感染の際に肝障害と肝S4,S2にHCCを指摘された.T-bil 4.6(D-bil 3.4)mg/dL,Alb 4.2g/dL,PT 92%,indocyanine green 15分停滞率(ICGR15)11%,Child-Pugh B(7点),肝障害度Aであった,99mTc-galactosyl human serum albumin(GSA)シンチグラフィのLHL15は0.909で,肝予備能はほぼ正常と判断し,肝内側区域切除術+S2部分切除術を行った.術後3日目にT-bilが15.7mg/dLまで上昇したが28日目に術前値に復した.ICGR15とGSAシンチグラフィは正確に肝予備能を反映した.術後のT-bilの上昇は一過性であった.(著者抄録)

  • Togami S, Ushiwaka T, Kitazono I, Yanazume S, Kamio M, Tanimoto A, Kobayashi H .  One-step nucleic acid amplification (OSNA) assay for detecting lymph node metastasis in cervical and endometrial cancer: a preliminary study. .  Journal of gynecologic oncology33 ( 2 ) e11   2021年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3802/jgo.2022.33.e11

    PubMed

  • Kato K, Tsutsui M, Noguchi S, Iha Y, Naito K, Ogoshi T, Nishida C, Tahara M, Yamashita H, Wang KY, Toyohira Y, Yanagihara N, Masuzaki H, Shimokawa H, Tanimoto A, Yatera K .  Spontaneous pulmonary emphysema in mice lacking all three nitric oxide synthase isoforms. .  Scientific reports11 ( 1 ) 22088 - 22088   2021年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-01453-6

    PubMed

  • Nagata T, Minami K, Yamamoto M, Hiraki T, Idogawa M, Fujimoto K, Kageyama S, Tabata K, Kawahara K, Ueda K, Ikeda R, Kato Y, Komatsu M, Tanimoto A, Furukawa T, Sato M .  BHLHE41/DEC2 Expression Induces Autophagic Cell Death in Lung Cancer Cells and Is Associated with Favorable Prognosis for Patients with Lung Adenocarcinoma. .  International journal of molecular sciences22 ( 21 )   2021年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms222111509

    PubMed

  • Noguchi H, Higashi M, Desaki R, Tasaki T, Kirishima M, Kitazono I, Tabata K, Tanimoto A .  Adult Hepatocellular Carcinoma Coexisting with Extramedullary Hematopoiesis. .  International journal of surgical pathology30 ( 3 ) 10668969211050904 - 10668969211050904   2021年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/10668969211050904

    PubMed

  • Baba T, Kawano T, Saito Y, Onishi S, Yamada K, Yamada W, Masuya R, Nakame K, Kawasaki Y, Iino S, Sakoda M, Kirishima M, Kaji T, Tanimoto A, Natsugoe S, Ohtsuka T, Moritake H, Ieiri S .  Malignant perivascular epithelioid cell neoplasm in the liver: report of a pediatric case. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 212 - 212   2021年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-021-01300-w

    PubMed

  • Hozaka Y, Kurahara H, Oi H, Idichi T, Yamasaki Y, Kawasaki Y, Tanoue K, Jinguji M, Nakajo M, Tani A, Nakajo A, Mataki Y, Fukukura Y, Noguchi H, Higashi M, Yoshiura T, Tanimoto A, Ohtsuka T .  Clinical Utility and Limitation of Diagnostic Ability for Different Degrees of Dysplasia of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas Using <sup>18</sup>F-Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography/Computed Tomography. .  Cancers13 ( 18 )   2021年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13184633

    PubMed

  • Baba Tokuro, Kawano Takafumi, Saito Yusuke, Onishi Shun, Yamada Koji, Yamada Waka, Masuya Ryuta, Nakame Kazuhiko, Kawasaki Yota, Iino Satoshi, Sakoda Masahiko, Kirishima Mari, Kaji Tatsuru, Tanimoto Akihide, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao, Moritake Hiroshi, Ieiri Satoshi .  肝悪性血管周囲類上皮細胞腫瘍 1小児例の報告(Malignant perivascular epithelioid cell neoplasm in the liver: report of a pediatric case) .  Surgical Case Reports7   1 of 11 - 11 of 11   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例は10歳男児で、1ヵ月前から高熱が続いており、血液検査でCRP高値を認めたため精査目的に前医を受診した。腹部超音波検査では肝に大型固形腫瘍を認め、造影CTで肝S4とS5に局在する腫瘍がみられ、MRIではT1強調像で低信号、T2強調像で高信号を呈し、18F-FDG-PETにてFDGの著明な取り込みがみられた。AFP、PIVKA-II、CEA、CA19-9はいずれも正常範囲内にあり、未分化癌疑いにて手術目的に当院紹介となった。コア針生検を施行したところ肝細胞癌が疑われ、術前の造影CTでは腫瘍サイズの著明な増大が生じていた。開腹下に腫瘍切除を行い、術中所見では大型腫瘍は肝中心部に位置しており、腹膜播種や腹腔内転移は認めなかった。胆嚢切除後に肝実質を切離し、S8背側は温存した。切除標本の肉眼所見では出血と壊死を伴った黄白色の10×9cm大の腫瘍であり、境界明瞭であったが腫瘍細胞に浸潤性増殖パターンと脈管浸潤がみられ、血管周囲の多角形ないし楕円形細胞を呈し、束状配列の紡錘細胞、淡明な細胞質を有する円形類上皮細胞が認められた。また、免疫組織化学染色では細胞の一部はα-SMAとメランAに陽性を示しており、血管周囲類上皮細胞腫瘍(PEComa)と診断した。術後6ヵ月、肩関節痛を訴え、生検にてPEComaの骨転移と診断、化学療法後に脊椎切除術を施行した。その2年後に骨盤転移と肺転移をきたして転移巣に対する手術を行い、さらに骨盤転移を認めたためmTOR阻害剤にて治療中である。

  • 松下 裕亮, 上笹 貫太郎, 平木 翼, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  20年前に迷入したと考えられる涙嚢内異物の1例 .  あたらしい眼科38 ( 9 ) 1123 - 1126   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル葵出版  

    外傷時に迷入したと考えられる涙嚢内異物の症例を報告する。症例は34歳、男性。約20年前に左眼下涙点付近を竹で受傷した既往がある。受傷後から慢性的に左鼻汁を自覚していた。最近になって左眼の眼脂を自覚し、近医で涙道閉塞を疑われ当科へ紹介となった。初診時に左眼内眼角部に外傷の痕跡はなかった。通水検査で左側の通水を認めなかった。単純CT検査を行ったところ左眼涙嚢内に10mm大で高信号の棒状陰影を認めた。涙道内視鏡検査では左眼涙嚢内の異物が疑われた。涙道内視鏡による摘出は困難と考え涙嚢鼻腔吻合術(DCR)鼻内法を行った。摘出した異物は、病理組織学的検査で放線菌が全周に付着した植物片と診断された。術直後より左眼の眼脂は消失し、通水は改善した。異物は涙小管や鼻涙管の通過が困難な大きさであり、また外傷の既往があることから、受傷時に涙嚢内へ迷入したものと考えられた。大型の涙嚢内異物であったがDCR鼻内法で抽出が可能であった。(著者抄録)

  • Kotoku R, Yanazume S, Kuroda T, Kobayashi Y, Kitazono I, Akahane T, Tanimoto A, Kobayashi H .  Two Components of Variant Profiles in Primary Vaginal Carcinosarcoma via Next-Generation Sequencing and a Literature Review. .  International journal of surgical pathology30 ( 3 ) 10668969211037915 - 10668969211037915   2021年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/10668969211037915

    PubMed

  • 古江 惠理, 上笹貫 太郎, 平木 翼, 小牧 祐雅, 東 裕子, 谷本 昭英, 井戸 章雄, 坂本 泰二 .  臨床報告 眼窩内に寄生したマンソン孤虫症の1例 .  臨床眼科75 ( 8 ) 1031 - 1036   2021年8月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1410214064

  • Akahane T, Kitazono I, Kobayashi Y, Nishida-Kirita Y, Yamaguchi T, Yanazume S, Tabata K, Kobayashi H, Tanimoto A .  Direct next-generation sequencing analysis using endometrial liquid-based cytology specimens for rapid cancer genomic profiling. .  Diagnostic cytopathology49 ( 9 ) 1078 - 1085   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.24841

    PubMed

  • Kirishima M, Kato I, Hisaoka M, Nakatani Y, Takeda AH, Mizuno K, Tanimoto A .  Solid endobronchial tumor with EWSR1-FLI1 fusion gene - A diagnostically challenging case of the Ewing sarcoma. .  Pathology international71 ( 7 ) 488 - 490   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/pin.13109

    PubMed

  • Tasaki Takashi, Hatanaka Kazuhito, Kitazono Ikumi, Noguchi Hirotsugu, Tabata Kazuhiro, Higashi Michiyo, Maeda Kouki, Yokose Tomoyuki, Uekusa Toshimasa, Tanimoto Akihide .  サルコイドーシスの血管病変によって引き起こされた肺梗塞 症例報告(Pulmonary infarction caused by sarcoidosis vascular involvement: A case report) .  Pathology International71 ( 7 ) 480 - 484   2021年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は60歳女性で、喀血を主訴とした。喀血は手術の5ヵ月前から始まり、2ヵ月間断続的に続いていた。血管炎や膠原病を示唆する皮膚病変や関節痛などの徴候はなく、関節リウマチや他の膠原病の既往歴もなかった。臨床検査では、血清アンジオテンシンI変換酵素や血清腫瘍マーカーが正常で、細菌、真菌、マイコバクテリウムも全て陰性であった。造影剤を用いた胸部CTでは、右上葉に気管支閉塞と無気肺様の腫瘤が認められ、両側の上葉には気管支や肺血管に沿って小さな結節が認められた。顕著な肺門リンパ節腫脹は認められなかった。18F-FDG PET/CTでは、右上葉の無気肺様腫瘤にFDGの取り込みが増加していた。肺癌との臨床診断の下、右上葉切除およびS6区域切除術を実施した。肉眼検査で、臓側胸膜の下に境界明瞭な暗褐色の領域が認められ、組織学的検査により、暗褐色の部分は古い梗塞であり、出血、ヘモシデローシス、線維化、軽度のリンパ球浸潤から構成されていた。弾性肺動脈では肉芽腫が副膜と中膜に浸潤し、弾性線維の崩壊と破壊を起こしていた。梗塞部位の端には肉芽腫による動脈閉塞が認められ、動脈サルコイドーシスの肉芽腫浸潤が肺梗塞の原因であると考えられた。

  • Otake M, Kawaguchi H, Enya S, Kangawa A, Koga T, Matsuo K, Yamada S, Rahman MM, Miura N, Shibata M, Tanimoto A .  High Pathological Reproducibility of Diet-induced Atherosclerosis in Microminipigs <i>via</i> Cloning Technology. .  In vivo (Athens, Greece)35 ( 4 ) 2025 - 2033   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12471

    PubMed

  • Torikai Y, Sasaki Y, Sasaki K, Kyuno A, Haruta S, Tanimoto A .  Evaluation of Systemic and Mucosal Immune Responses Induced by a Nasal Powder Delivery System in Conjunction with an OVA Antigen in Cynomolgus Monkeys. .  Journal of pharmaceutical sciences110 ( 5 ) 2038 - 2046   2021年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.xphs.2020.11.023

    PubMed

  • 米澤 大, 比嘉 那優大, 内田 裕之, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  脳腫瘍に特化したがん遺伝子パネル検査の実臨床における有用性 .  Brain Tumor Pathology38 ( Suppl. ) 073 - 073   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 内田 裕之, 米澤 大, 坂本 一平, 野原 祥夫, 吉本 幸司, 谷本 昭英 .  神経膠腫診断用パネル検査で見つかった新規EGFR variantを有する神経膠腫の病理組織学的特徴 .  Brain Tumor Pathology38 ( Suppl. ) 073 - 073   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 内田 裕之, 藤尾 信吾, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 濱田 大治, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  日本人のhigh grade glioma患者における遺伝子変異の特徴 .  Brain Tumor Pathology38 ( Suppl. ) 074 - 074   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 内田 裕之, 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 米澤 大, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  Lower-grade gliomaの遺伝子プロファイル診断と予後についての検討 .  Brain Tumor Pathology38 ( Suppl. ) 077 - 077   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • Tasaki T, Hatanaka K, Kitazono I, Noguchi H, Tabata K, Higashi M, Maeda K, Yokose T, Uekusa T, Tanimoto A .  Pulmonary infarction caused by sarcoidosis vascular involvement: A case report. .  Pathology international71 ( 7 ) 480 - 484   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/pin.13104

    PubMed

  • Noguchi H, Higashi M, Idichi T, Kurahara H, Mataki Y, Tasaki T, Kitazono I, Ohtsuka T, Tanimoto A .  Rare histological subtype of invasive micropapillary carcinoma in the ampulla of Vater: A case report. .  World journal of clinical cases9 ( 11 ) 2671 - 2678   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.12998/wjcc.v9.i11.2671

    PubMed

  • Kitazono I, Akahane T, Sakihama M, Yanazume S, Matsushita M, Tabata K, Kobayashi Y, Kobayashi H, Umekita Y, Tanimoto A .  Human Papilloma Virus 18-Positive Submucosal Small Cell Neuroendocrine Carcinoma of the Vagina: An Immunohistochemical and Genomic Study. .  International journal of surgical pathology29 ( 8 ) 10668969211007569 - 10668969211007569   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/10668969211007569

    PubMed

  • Ijiri M, Lai YC, Kawaguchi H, Fujimoto Y, Miura N, Matsuo T, Tanimoto A .  <i>NR6A1</i> Allelic Frequencies as an Index for both Miniaturizing and Increasing Pig Body Size. .  In vivo (Athens, Greece)35 ( 1 ) 163 - 167   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12244

    Web of Science

    PubMed

  • Kobayashi Y, Kitazono I, Akahane T, Yanazume S, Kamio M, Togami S, Nohara S, Sakamoto I, Yokoyama S, Tabata K, Kobayashi H, Tanimoto A .  Molecular Evaluation of Endometrial Dedifferentiated Carcinoma, Endometrioid Carcinoma, Carcinosarcoma, and Serous Carcinoma Using a Custom-Made Small Cancer Panel. .  Pathology oncology research : POR27   1610013 - 1610013   2021年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/pore.2021.1610013

    PubMed

  • 林 知実, 門野 潤, 井上 真岐, 坂元 昭彦, 二渡 久智, 平木 翼, 谷本 昭英, 風呂井 彰 .  Dubin-Johnson症候群に発生した肝細胞癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌82 ( 12 ) 2262 - 2269   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    <p>肝細胞癌(HCC)を合併したDubin-Johnson症候群 (DJS)の肝予備能評価と周術期経過を報告する.66歳の男性がRickettsia属による感染の際に肝障害と肝S4,S2にHCCを指摘された.T-bil 4.6(D-bil 3.4)mg/dL,Alb 4.2g/dL,PT 92%,indocyanine green 15分停滞率(ICGR<sub>15</sub>)11%,Child-Pugh B(7点),肝障害度Aであった,<sup>99m</sup>Tc-galactosyl human serum albumin(GSA)シンチグラフィのLHL<sub>15</sub> は0.909で,肝予備能はほぼ正常と判断し,肝内側区域切除術+S2部分切除術を行った.術後3日目にT-bil が15.7mg/dLまで上昇したが28日目に術前値に復した.ICGR<sub>15</sub>とGSAシンチグラフィは正確に肝予備能を反映した.術後のT-bilの上昇は一過性であった.</p>

    DOI: 10.3919/jjsa.82.2262

  • Hozaka Y, Mataki Y, Kurahara H, Tanoue K, Idichi T, Kawasaki Y, Iino S, Nepal P, Arigami T, Maemura K, Noguchi H, Shinchi H, Tanimoto A, Natsugoe S, Ohtsuka T .  Usefulness of <sup>18</sup>F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography in primary cystadenocarcinoma of the mesentery: a case report. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 306 - 306   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-01079-2

    PubMed

  • Kitazono I, Hamada T, Yoshimura T, Kirishima M, Yokoyama S, Akahane T, Tanimoto A .  PCP4/PEP19 downregulates neurite outgrowth via transcriptional regulation of Ascl1 and NeuroD1 expression in human neuroblastoma M17 cells. .  Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology100 ( 12 ) 1551 - 1563   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-020-0462-z

    PubMed

  • Hozaka Yuto, Mataki Yuko, Kurahara Hiroshi, Tanoue Kiyonori, Idichi Tetsuya, Kawasaki Yota, Iino Satoshi, Nepal Pramod, Arigami Takaaki, Maemura Kosei, Noguchi Hirotsugu, Shinchi Hiroyuki, Tanimoto Akihide, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao .  腸間膜の原発性嚢胞腺癌における18F-フルオロデオキシグルコース-PET/CT検査の有用性 1症例報告(Usefulness of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography in primary cystadenocarcinoma of the mesentery: a case report) .  Surgical Case Reports6   1 of 8 - 8 of 8   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    左腹部膨満を主訴とする50歳日本人女性症例について検討した。増強CT検査およびMRI検査では左腹部に約10cmの単房性嚢胞性病変を認めた。18F-フルオロデオキシグルコース(FDG)-PET/CT検査では、嚢胞壁に斑点状のFDG軽度取り込みを認め、いくつかの壁在性結節に強度FDG取り込みを認めた。嚢胞性腫瘤は下行結腸とともに完全に切除した。検体の病理検査では腺癌の様々な組織学的パターンを認め、その中に壁在性結節におけるムチン産生も含まれた。最終診断は下行結腸の腸間膜から生じた原発性嚢胞腺癌であった。

  • Yamaguchi T, Akahane T, Harada O, Kato Y, Aimono E, Takei H, Tasaki T, Noguchi H, Nishihara H, Kamata H, Tanimoto A .  Next-generation sequencing in residual liquid-based cytology specimens for cancer genome analysis. .  Diagnostic cytopathology48 ( 11 ) 965 - 971   2020年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.24511

    PubMed

  • 東 美智代, 横山 勢也, 米澤 傑, 谷本 昭英 .  【IPMN大全】IPMNの歴史的変遷 IPMNにおけるMUC発現とその評価の歴史 .  胆と膵41 ( 臨増特大 ) 1159 - 1162   2020年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm:IPMN)の大きな特徴は「粘液の産生」である。ムチンは「粘液」の主成分であり、細胞の保護を行い恒常性維持に大きな役目を果たしている。ムチンの骨格であるコア蛋白が「MUC」という総称でよばれており、クローニングされた順に番号が付いている。IPMNは亜型によってMUCの発現形式が異なっていることは現在ではよく知られている。しかし、IPMNが認識されはじめた当初はMUC2(+)の症例がほとんどであった。症例数の蓄積とともにMUC2(-)の症例が認識され、臨床病理学的特徴も大きく異なることがわかり、2004年頃に亜型として確立された。MUC発現は亜型のみでなく予後などの悪性度とも関連しており、早期診断などへの臨床応用も期待される。(著者抄録)

  • Yoshii D, Nakagawa T, Komohara Y, Kawaguchi H, Yamada S, Tanimoto A .  Phenotypic Changes in Macrophage Activation in a Model of Nonalcoholic Fatty Liver Disease using Microminipigs. .  Journal of atherosclerosis and thrombosis28 ( 8 ) 844 - 851   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    DOI: 10.5551/jat.57703

    PubMed

  • Akahane T, Kanomata N, Harada O, Yamashita T, Kurebayashi J, Tanimoto A, Moriya T .  Targeted next-generation sequencing assays using triplet samples of normal breast tissue, primary breast cancer, and recurrent/metastatic lesions. .  BMC cancer20 ( 1 ) 944 - 944   2020年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07432-w

    PubMed

  • Higa N, Akahane T, Yokoyama S, Yonezawa H, Uchida H, Takajo T, Kirishima M, Hamada T, Matsuo K, Fujio S, Hanada T, Hosoyama H, Yonenaga M, Sakamoto A, Hiraki T, Tanimoto A, Yoshimoto K .  A tailored next-generation sequencing panel identified distinct subtypes of wildtype IDH and TERT promoter glioblastomas. .  Cancer science111 ( 10 ) 3902 - 3911   2020年10月

     詳細を見る

  • Higa Nayuta, Akahane Toshiaki, Yokoyama Seiya, Yonezawa Hajime, Uchida Hiroyuki, Takajo Tomoko, Kirishima Mari, Hamada Taiji, Matsuo Kei, Fujio Shingo, Hanada Tomoko, Hosoyama Hiroshi, Yonenaga Masanori, Sakamoto Akihisa, Hiraki Tsubasa, Tanimoto Akihide, Yoshimoto Koji .  次世代シークエンサー用カスタム遺伝子パネルにより、野生型IDH変異およびTERTプロモーター領域に変異を有する膠芽腫の各サブタイプが同定される(A tailored next-generation sequencing panel identified distinct subtypes of wildtype IDH and TERT promoter glioblastomas) .  Cancer Science111 ( 10 ) 3902 - 3911   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    今回、神経膠腫の分子病理学的統合診断を目的として、新たに48遺伝子で構成された次世代シークエンサー(NGS)用カスタム遺伝子パネルを構築し、その実行可能性について検討した。なお、本パネルは、1p/2q共欠失とIDH1/2遺伝子、TP53遺伝子、PTEN遺伝子、PDGFRA遺伝子、NF1遺伝子、RB1遺伝子、CDKN2A/B遺伝子およびCDK4遺伝子とTERT遺伝子のプロモーター領域(TERTp)変異を検出するために、神経膠腫診断に特化した遺伝子パネルである。当院で開発した中枢神経系腫瘍組織バンクから、神経膠腫患者106例(グレードII:19例、グレードIII:23例、グレードIV:64例)を選択し、本パネルを用いて解析した結果、乏突起膠腫で1p/19q共欠失が正確に検出され、グレードIV患者64例中56例にはIDH遺伝子が野生型の膠芽腫が同定され、うち33例にTERTp変異が認められた。また、PDGFRA遺伝子の変異と増幅は、TERTp遺伝子が野生型の膠芽腫では43%に、TERTp変異を有する膠芽腫では6%に認められ、分子遺伝情報に基づいた階層分類により、IDH遺伝子が野生型の膠芽腫では、明確に3グループに分類された。さらに、PDGFRA遺伝子変異、CDK4遺伝子およびPFGFRA遺伝子の増幅、CDKN2A/B遺伝子でのホモ接合性欠失やTERTp変異の欠如により特徴付けられた主要なクラスタが、高年齢、Ki-67高スコア、予後不良および脳室周囲腫瘍と有意に関連することが明らかにされた。以上の解析結果から、本パネルにより、PDGFRA遺伝子異常が高頻度に認められ、IDH遺伝子およびTERTp遺伝子変異が野生型を示す膠芽腫患者の各サブタイプが同定された。

  • Shinden Y, Saho H, Nomoto Y, Nagata A, Minami K, Nakajo A, Akahane T, Hiraki T, Tanimoto A, Owaki T, Kijima Y, Natsugoe S .  Breast cancer with an intraductal component that was proven genetically to be metastasis of contralateral breast cancer: a case report. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 215 - 215   2020年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00966-y

    PubMed

  • Shinden Yoshiaki, Saho Hazuki, Nomoto Yuki, Nagata Ayako, Minami Koji, Nakajo Akihiro, Akahane Toshiaki, Hiraki Tsubasa, Tanimoto Akihide, Owaki Tetsuhiro, Kijima Yuko, Natsugoe Shoji .  対側乳房への転移が遺伝学的に明らかにされた乳管内成分を有する乳癌 1症例報告(Breast cancer with an intraductal component that was proven genetically to be metastasis of contralateral breast cancer: a case report) .  Surgical Case Reports6   1 of 6 - 6 of 6   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例は35歳女性で、左乳房に低エコー腫瘤を認めた。2年前に右乳癌と診断されて乳房切除術と腋窩リンパ節郭清を施行され、pT3N3M0ステージIIIC、Luminal HER2とされた。アジュバント療法として化学療法、放射線療法、内分泌療法を受け、トラスツズマブ投与終了の23ヵ月後、左乳房の上部外側に不規則な低エコー腫瘤が検出された。コア針生検にて病理学的に浸潤性乳管癌と診断し、CTと骨スキャンでは遠隔転移はみられなかった。術前診断ではT1N0M0ステージIAの対側原発性乳癌であり、左乳房切除術とセンチネルリンパ節生検を施行した。組織診の結果、浸潤性乳管癌であり、乳管内成分とリンパ浸潤がみられpT2N1M0とされた。乳管内成分を有することから左乳癌は原発性病変と考え、術後は化学療法と内分泌療法を行った。遺伝子解析を行ったところ、両側乳房に生じた異時性乳癌は同一のGATA3変異とCSMD1変異を有しており、左乳癌と右乳癌の転移であることを強く示唆する所見であった。この他に遺伝子変異は検出されず、ERBB2のコピー数は両病変とも同程度に増加していた。左乳房に対する術後12ヵ月、アジュバント療法を継続中であり、再発は認めていない。

  • Akahane T, Kitazono I, Yanazume S, Kamio M, Togami S, Sakamoto I, Nohara S, Yokoyama S, Kobayashi H, Hiraki T, Suzuki S, Ueno S, Tanimoto A .  Next-generation sequencing analysis of endometrial screening liquid-based cytology specimens: a comparative study to tissue specimens. .  BMC medical genomics13 ( 1 ) 101 - 101   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12920-020-00753-6

    PubMed

  • Yanazume S, Togami S, Kamio M, Kitazono I, Hiraki T, Tanimoto A, Kobayashi H .  Bulky cervical tumour showing mixed unique cell clusters in cervical cytology. .  Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology31 ( 4 ) 345 - 347   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cyt.12852

    PubMed

  • Kake S, Kawaguchi H, Nagasato T, Yamada T, Ito T, Maruyama I, Miura N, Tanimoto A .  Association Between HMGB1 and Thrombogenesis in a Hyperlipaemia-induced Microminipig Model of Atherosclerosis. .  In vivo (Athens, Greece)34 ( 4 ) 1871 - 1874   2020年7月

     詳細を見る

  • Yokoyama S, Hamada T, Higashi M, Matsuo K, Maemura K, Kurahara H, Horinouchi M, Hiraki T, Sugimoto T, Akahane T, Yonezawa S, Kornmann M, Batra SK, Hollingsworth MA, Tanimoto A .  Predicted Prognosis of Patients with Pancreatic Cancer by Machine Learning. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research26 ( 10 ) 2411 - 2421   2020年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-19-1247

    PubMed

  • Noguchi H, Kitazono I, Hamada K, Tanaka T, Tasaki T, Shirahama H, Yamamoto Y, Tanimoto A .  Verruciform Xanthoma of the Esophagus: Two Case Reports With Review of the Literature. .  International journal of surgical pathology28 ( 3 ) 302 - 305   2020年5月

     詳細を見る

  • Inatsu E, Fujii K, Hatanaka M, Okubo A, Uchida Y, Higashi Y, Hiraki T, Tanimoto A, Kanekura T .  Epstein-Barr virus-positive mucocutaneous ulcer in a patient with untreated chronic lymphocytic leukemia and hypogammaglobulinemia. .  The Journal of dermatology47 ( 5 ) e204 - e206   2020年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/1346-8138.15304

    PubMed

  • Yanazume Shintaro, Fukuda Mika, Togami Shinichi, Kamio Masaki, Kitazono Ikumi, Hiraki Tsubasa, Tanimoto Akihide, Kobayashi Hiroaki .  子宮の印環細胞癌と扁平上皮癌の衝突癌が認められた稀な1例(Rare signet-ring cell and squamous cell carcinoma collision tumor in the cervix) .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   39 - 44   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例は46歳の経産婦で、5年前から不正出血がみられ、38℃を超える発熱があったため来院した。白血球数、血小板数、C反応性蛋白質の上昇とヘモグロビン値の低下が認められた。子宮頸部のPapanicolaou生検で、印環細胞癌(SRCC)様腫瘍細胞と非定形扁平上皮細胞が存在することが明らかになった。子宮頸部腫瘍のパンチ生検により、粘液性SRCCとHPV18型感染が認められた。根治的子宮摘出術と両側付属器切除および腹腔リンパ節郭清を行った。各種検査の結果、最終的に子宮頸部のSRCCと扁平上皮癌の衝突癌(pT1b2N0M0)と診断した。次世代シーケンシングパネルを用いて生殖細胞変異の同定を試みたところ、両病変ともFLT3、BRCA2、R1遺伝子のChr13にヘテロ接合性消失が明らかになった。パクリタキセルとカルボプラチンによる術後化学療法を6コース行った。18ヵ月間の経過観察中、疾患の兆候は認められていない。

  • 赤羽 俊章, 北薗 育美, 小林 裕明, 谷本 昭英 .  遺伝子パネル検査を利用した婦人科腫瘍の分子病理統合診断 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   1 - 4   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    鹿児島大学病院では、これからのゲノム医療に対応するため、産婦人科学教室と共同で婦人科腫瘍の遺伝子パネル検査の臨床研究を昨年から開始した。高品質のホルマリン固定パラフィン包埋検体を作成する取り組みや、液状処理細胞診検体を使用したパネル検査の基礎研究を行っている。当講座では独自の遺伝子パネル検査を開発し臨床研究に使用している。産婦人科学教室との臨床研究で使用したパネルは、分子標的薬関連・ミスマッチ修復関連・NCCNガイドライン関連遺伝子を含む60遺伝子と17ヶ所のマイクロサテライト領域を標的としたオリジナルの固形腫瘍専用の遺伝子パネル検査である。本稿では以下の項目で解説した。1)遺伝子パネル検査、2)類内膜腺癌で認められる遺伝子異常、3)カスタム遺伝子パネル検査。

  • 赤羽 俊章, 北薗 育美, 小林 裕明, 谷本 昭英 .  遺伝子パネル検査を利用した婦人科腫瘍の分子病理統合診断 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   1 - 4   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    鹿児島大学病院では、これからのゲノム医療に対応するため、産婦人科学教室と共同で婦人科腫瘍の遺伝子パネル検査の臨床研究を昨年から開始した。高品質のホルマリン固定パラフィン包埋検体を作成する取り組みや、液状処理細胞診検体を使用したパネル検査の基礎研究を行っている。当講座では独自の遺伝子パネル検査を開発し臨床研究に使用している。産婦人科学教室との臨床研究で使用したパネルは、分子標的薬関連・ミスマッチ修復関連・NCCNガイドライン関連遺伝子を含む60遺伝子と17ヶ所のマイクロサテライト領域を標的としたオリジナルの固形腫瘍専用の遺伝子パネル検査である。本稿では以下の項目で解説した。1)遺伝子パネル検査、2)類内膜腺癌で認められる遺伝子異常、3)カスタム遺伝子パネル検査。

  • Hirano T, Shinsato Y, Tanabe K, Higa N, Kamil M, Kawahara K, Yamamoto M, Minami K, Shimokawa M, Arigami T, Yanagita S, Matushita D, Uenosono Y, Ishigami S, Kijima Y, Maemura K, Kitazono I, Tanimoto A, Furukawa T, Natsugoe S .  FARP1 boosts CDC42 activity from integrin αvβ5 signaling and correlates with poor prognosis of advanced gastric cancer. .  Oncogenesis9 ( 2 ) 13 - 13   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41389-020-0190-7

    PubMed

  • Hiraki T, Hatanaka M, Arimura A, Kawahira H, Kirishima M, Kitazono I, Horinouchi M, Higashi M, Kanekura T, Tanimoto A .  Granulomatous/sarcoid-like reactions in the setting of programmed cell death-1 inhibition: a potential mimic of disease recurrence. .  Journal of cutaneous pathology47 ( 2 ) 154 - 160   2020年2月

     詳細を見る

  • Kijima T, Arigami T, Uenosono Y, Hiraki T, Yanagita S, Matsushita D, Okubo K, Shimonosono M, Ishigami S, Maemura K, Tanimoto A, Natsugoe S .  Comparison of HER2 Status Before and After Trastuzumab-based Chemotherapy in Patients With Advanced Gastric Cancer. .  Anticancer research40 ( 1 ) 75 - 80   2020年1月

     詳細を見る

  • Hanada T, Hanaya R, Ummah FC, Kamisasanuki T, Kirishima M, Tanimoto A, Arita K, Yoshimoto K .  Combined Transcranial-supraorbital and Transconjunctival Approach for Optic Nerve Coloboma with Ophthalmic Dysplasia Associated with Rheumatoid Arthritis. .  NMC case report journal7 ( 1 ) 1 - 4   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外科学会  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2018-0302

    PubMed

  • Hanada Tomoko, Hanaya Ryosuke, Ummah Fauziah Chaira, Kamisasanuki Taro, Kirishima Mari, Tanimoto Akihide, Arita Kazunori, Yoshimoto Koji .  関節リウマチを伴う眼形成不全合併視神経コロボーマに対する経頭蓋眼窩上アプローチと経結膜アプローチの併用(Combined Transcranial-supraorbital and Transconjunctival Approach for Optic Nerve Coloboma with Ophthalmic Dysplasia Associated with Rheumatoid Arthritis) .  NMC Case Report Journal7 ( 1 ) 1 - 4   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    症例は59歳女性で、左眼の視力障害と重度疼痛をきたして近医を受診した。関節リウマチの既往を有し、メトトレキサートとNSAIDsにてコントロールされていた。受診時、左眼の強膜炎を認め、MRIにて左眼窩に嚢胞性病変がみられたため、当院眼科紹介となった。MRIと超音波検査で左眼球と交通する嚢胞性病変を認め、強膜炎、網膜剥離および水疱性角膜症を伴うコロボーマと診断し、有痛性水疱性角膜症の治療目的に神経外科に転科となった。著明な強膜充血と浮腫のほか、肥厚化した嚢胞性視神経と左眼球の変性が認められ、眼球摘出と義眼挿入の適応と判断し、神経外科医と眼科医の協働のもと球後手術を行う方針とした。経頭蓋眼窩上アプローチと経結膜アプローチを選択し、開頭術と眼窩切開術によって視神経鞘を切離後、顕微鏡下に経結膜眼球摘出術を施行した。術後の病理所見では嚢胞性病変は視神経に付着し、嚢胞壁は線維性結合組織で構成されていた。また、網膜萎縮と視神経変性が認められ、コロボーマに一致する所見が得られた。術後MRIでは眼球とコロボーマの摘出が確認され、整容的にも満足が得られる結果となった。

  • Satoru Kake, Hiroaki Kawaguchi, Tomoka Nagasato, Tomonobu Yamada, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Naoki Miura, Akihide Tanimoto .  Association Between HMGB1 and Thrombogenesis in a Hyperlipaemia-induced Microminipig Model of Atherosclerosis. .  In vivo34 ( 4 ) 1871 - 1874   2020年

  • 米盛 圭一, 日高 敬文, 吉留 伸郎, 原口 優清, 谷本 昭英, 夏越 祥次 .  子宮内膜症を伴った成人Nuck管水腫の1例 .  診断と治療107 ( 12 ) 1547 - 1549   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    26歳女。右下腹部腫瘤を主訴とした。右鼠径部に4cm大の弾性軟の腫瘤を認め、腫瘤は立位で膨隆し、仰臥位または圧迫で縮小した。自発痛や圧痛は認められなかった。腹部CTおよび腹部超音波検査にて、右鼠径部に35mm×37.4mm大の多房性嚢胞性腫瘤を認め、血液検査では異常を認めなかった。以上より、Nuck管水腫と診断し、鼠径ヘルニア根治術の前方アプローチに準じて手術を施行した。病理組織学的検査では、悪性所見を認めず、Nuck管水腫と診断した。嚢胞壁内には子宮内膜症の所見を認めた。術後は経過良好で、術後6日目には退院し、術後1年の時点で、再発は認めなかった。

  • Tokumoto H, Setoguchi T, Saitoh Y, Sasaki H, Nagano S, Maeda S, Tanimoto A, Taniguchi N .  Neurotensin receptor 1 is a new therapeutic target for human undifferentiated pleomorphic sarcoma growth. .  Molecular carcinogenesis58 ( 12 ) 2230 - 2240   2019年12月

     詳細を見る

  • Imashioya T, Kodama Y, Ooka T, Nakagawa S, Nishikawa T, Tanabe T, Okamoto Y, Imuta N, Kirishima M, Tanimoto A, Koriyama T, Nishi J, Kawano Y .  Liver abscess due to Sterigmatomyces halophilus in a boy with acute lymphoblastic leukemia. .  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy25 ( 12 ) 1047 - 1049   2019年12月

     詳細を見る

  • Kanekura T, Arimura A, Kirishima M, Tanimoto A .  Eruptive squamous cell carcinoma in a patient treated with concomitant pembrolizumab and imiquimod. .  The Journal of dermatology46 ( 12 ) 1202 - 1204   2019年12月

     詳細を見る

  • Imashioya Toshinobu, Kodama Yuichi, Ooka Tadasuke, Nakagawa Shunsuke, Nishikawa Takuro, Tanabe Takayuki, Okamoto Yasuhiro, Imuta Naoko, Kirishima Mari, Tanimoto Akihide, Koriyama Toyoyasu, Nishi Junichiro, Kawano Yoshifumi .  急性リンパ性白血病の小児におけるSterigmatomyces halophilusによる肝膿瘍(Liver abscess due to Sterigmatomyces halophilus in a boy with acute lymphoblastic leukemia) .  Journal of Infection and Chemotherapy25 ( 11-12 ) 1047 - 1049   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    6歳男児。急性リンパ性白血病にて同種骨髄移植(allo-BMT)を予定していた。導入療法にて完全寛解が得られ、大量化学療法後に発熱性好中球減少症を発症した(day 0)。抗菌薬による治療を行ったが、発熱が続き、day 28に腹部CTで肝膿瘍がみられた。真菌による肝膿瘍を疑い、アムホテリシンBリポソーム製剤を投与したが、発熱が続いた。day 37に腹腔鏡下肝生検を行い、類上皮細胞肉芽腫および酵母様真菌を認めた。真菌rRNA遺伝子のITS領域のPCR増幅により単一DNAバンドが得られ、塩基配列はSterigmatomyces halophilus CBS4609株と100%一致した。イトラコナゾールおよびフルシトシンの併用療法によりday 100頃に解熱し、day 106の腹部CTでは肝膿瘍は認められなかった。day 150にきょうだいからallo-BMTを行ったところ、急性リンパ性白血病を再発した。化学療法と父親からの造血幹細胞移植にて寛解し、肝膿瘍の再発は認めなかった。

  • Kanekura Takuro, Arimura Akiko, Kirishima Mari, Tanimoto Akihide .  ペンブロリズマブとイミキモド併用療法を行った患者における発疹性扁平上皮癌(Eruptive squamous cell carcinoma in a patient treated with concomitant pembrolizumab and imiquimod) .  The Journal of Dermatology46 ( 12 ) 1202 - 1204   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は75歳女性で、手の皮疹評価のため紹介された。15ヵ月前に肺転移を伴う膀胱癌と診断され、3ヵ月間のペンブロリズマブによる治療歴があった。身体検査では両手背部に僅かに隆起した赤色調斑と不規則な色素沈着が見られた。高分化扁平上皮癌(SCC)と診断しイミキモドによる局所治療を開始したが、治療開始2ヵ月後に赤色調丘疹数が増加し、当初よりも斑の大型化とさらなる隆起が認められた。またいくつかの斑では潰瘍化も見られた。患者希望によりイミキモドおよびペンブロリズマブの治療は中止とし、発疹性SCCに対する経口エトレチナートの治療を提案したが同意は得られなかった。2ヵ月後潰瘍は上皮化したが丘疹は持続しており、注意深い観察を行っている。

  • 米盛 圭一, 日高 敬文, 吉留 伸郎, 原口 優清, 谷本 昭英, 夏越 祥次 .  子宮内膜症を伴った成人Nuck管水腫の1例 .  診断と治療107 ( 12 ) 1547 - 1549   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    26歳女。右下腹部腫瘤を主訴とした。右鼠径部に4cm大の弾性軟の腫瘤を認め、腫瘤は立位で膨隆し、仰臥位または圧迫で縮小した。自発痛や圧痛は認められなかった。腹部CTおよび腹部超音波検査にて、右鼠径部に35mm×37.4mm大の多房性嚢胞性腫瘤を認め、血液検査では異常を認めなかった。以上より、Nuck管水腫と診断し、鼠径ヘルニア根治術の前方アプローチに準じて手術を施行した。病理組織学的検査では、悪性所見を認めず、Nuck管水腫と診断した。嚢胞壁内には子宮内膜症の所見を認めた。術後は経過良好で、術後6日目には退院し、術後1年の時点で、再発は認めなかった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00697&link_issn=&doc_id=20191211080020&doc_link_id=%2Fae4digta%2F2019%2F010712%2F021%2F1547-1549%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fae4digta%2F2019%2F010712%2F021%2F1547-1549%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Ibusuki A, Nishikawa T, Hiraki T, Okano T, Imai K, Kanegane H, Ohnishi H, Kato Z, Fujii K, Tanimoto A, Kawano Y, Kanekura T .  Prominent dermal Langerhans cells in an Omenn syndrome patient with a novel mutation in the IL2RG gene. .  The Journal of dermatology46 ( 11 ) 1019 - 1023   2019年11月

     詳細を見る

  • Hida AI, Watanabe T, Sagara Y, Kashiwaba M, Sagara Y, Aogi K, Ohi Y, Tanimoto A .  Diffuse distribution of tumor-infiltrating lymphocytes is a marker for better prognosis and chemotherapeutic effect in triple-negative breast cancer. .  Breast cancer research and treatment178 ( 2 ) 283 - 294   2019年11月

     詳細を見る

  • Ibusuki Atsuko, Nishikawa Takuro, Hiraki Tsubasa, Okano Tsubasa, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Ohnishi Hidenori, Kato Zenichiro, Fujii Kazuyasu, Tanimoto Akihide, Kawano Yoshifumi, Kanekura Takuro .  IL2RG遺伝子に新規変異を有するOmenn症候群患者における、顕著な真皮Langerhans細胞(Prominent dermal Langerhans cells in an Omenn syndrome patient with a novel mutation in the IL2RG gene) .  The Journal of Dermatology46 ( 11 ) 1019 - 1023   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は生後7ヵ月の男児で、複合免疫不全を伴い、出生2週間後に出現した皮膚病変評価のため紹介された。他院にてアトピー性皮膚炎と診断され治療が行われていたが、3ヵ月時に敗血症のため入院し重症複合免疫(SCID)が疑われた。紹介後の検査では紅皮症、脱毛症、両側腋窩リンパ節腫脹、軽度肝脾腫、好酸球増加症が見られ、また血清免疫グロブリンG、A、M値は極端に低く、血清免疫グロブリンE値は非常に高かった。末梢血フローサイトメトリーではCD3陽性T細胞が全リンパ球の35%まで減少し、CD19陽性B細胞およびCD56陽性ナチュラルキラー細胞が各々37%と26%に増加していた。さらにCD4陰性/CD8陽性T細胞品は顕著に増加していた。IL2RG遺伝子の配列解析では、当該遺伝子にc.337_339delTCT、p.Ser113delのインフレーム変異が明らかとなり、最終診断はOmenn症候群となった。8ヵ月時に施行した同種移植臍帯血移植によく反応し、症状は顕著に改善し、その後3年間の臨床検査所見は正常であった。

  • 島尾 義也, 堀之内 道子, 東 美智代, 地村 友宏, 永野 広海, 谷本 昭英 .  顎下腺に発生した扁平上皮癌の1例 .  診断病理36 ( 4 ) 320 - 323   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    唾液腺、とくに顎下腺に発生する扁平上皮癌は非常に稀である。今回、左顎下腺に発生した扁平上皮癌の1例を経験したので報告する。症例は60代女性、左顎下腺腫瘍の診断で腫瘍摘出術が施行された。腫瘍は浸潤傾向を認め内部に嚢胞様構造を認めた。組織学的には好酸性で厚い細胞質と大型核を有する癌細胞が大小の胞巣を形成し明らかな角化が認められた。CRTC1/CRTC3-MAML2癒合遺伝子は陰性で扁平上皮癌と診断した。唾液腺腫瘍では扁平上皮癌様の形態を示す腫瘍として粘表皮癌や唾液腺導管癌が挙げられ鑑別が必要である。(著者抄録)

  • 島尾 義也, 堀之内 道子, 東 美智代, 地村 友宏, 永野 広海, 谷本 昭英 .  顎下腺に発生した扁平上皮癌の1例 .  診断病理36 ( 4 ) 320 - 323   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    唾液腺、とくに顎下腺に発生する扁平上皮癌は非常に稀である。今回、左顎下腺に発生した扁平上皮癌の1例を経験したので報告する。症例は60代女性、左顎下腺腫瘍の診断で腫瘍摘出術が施行された。腫瘍は浸潤傾向を認め内部に嚢胞様構造を認めた。組織学的には好酸性で厚い細胞質と大型核を有する癌細胞が大小の胞巣を形成し明らかな角化が認められた。CRTC1/CRTC3-MAML2癒合遺伝子は陰性で扁平上皮癌と診断した。唾液腺腫瘍では扁平上皮癌様の形態を示す腫瘍として粘表皮癌や唾液腺導管癌が挙げられ鑑別が必要である。(著者抄録)

  • 井上 一利, 西川 拓朗, 平木 翼, 佐々木 裕美, 義岡 孝子, 中川 俊輔, 児玉 祐一, 岡本 康裕, 谷本 昭英, 河野 嘉文 .  診断に難渋した前腕原発spindle cell sarcomaの1例 .  日本小児血液・がん学会雑誌56 ( 2 ) 212 - 215   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    1歳9ヵ月の男児。左前腕部の腫脹に気付き紹介医を受診、MRI検査で6cm弱の充実性腫瘤を認め当科紹介となった。転移巣なく、生検術を行った。当初、生検材料の病理検索ではinfantile fibrosarcomaを考えたが、中央病理診断ではmyofibromaが疑われた。臨床的な判断に基づいて、vincristine、actinomycine、ifosfamideによる化学療法を開始したが、腫瘍径は変化なかった。中央病理診断の結果と治療反応から、化学療法は開始2ヵ月で中止した。中止3ヵ月後より腫瘤が増大し、中止4ヵ月後に腫瘍辺縁切除術を行った。この際の病理診断はspindle cell sarcoma、unclassifiedであった。局所照射、vincristine、ifosfamide、doxorubicinによる化学療法を3クール行い治療終了した。病理診断が臨床経過に合わない場合は、再度検体を採取し、病理検査を行うことを考慮する。(著者抄録)

  • Kawaguchi H, Horie M, Onoue K, Noguchi M, Akioka K, Masatani T, Miura N, Ozawa M, Tanimoto A .  Development of a Model of Porcine Epidemic Diarrhea in Microminipigs. .  Veterinary pathology56 ( 5 ) 711 - 714   2019年9月

     詳細を見る

  • 井上 一利, 西川 拓朗, 平木 翼, 佐々木 裕美, 義岡 孝子, 中川 俊輔, 児玉 祐一, 岡本 康裕, 谷本 昭英, 河野 嘉文 .  診断に難渋した前腕原発spindle cell sarcomaの1例 .  日本小児血液・がん学会雑誌56 ( 2 ) 212 - 215   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    1歳9ヵ月の男児。左前腕部の腫脹に気付き紹介医を受診、MRI検査で6cm弱の充実性腫瘤を認め当科紹介となった。転移巣なく、生検術を行った。当初、生検材料の病理検索ではinfantile fibrosarcomaを考えたが、中央病理診断ではmyofibromaが疑われた。臨床的な判断に基づいて、vincristine、actinomycine、ifosfamideによる化学療法を開始したが、腫瘍径は変化なかった。中央病理診断の結果と治療反応から、化学療法は開始2ヵ月で中止した。中止3ヵ月後より腫瘤が増大し、中止4ヵ月後に腫瘍辺縁切除術を行った。この際の病理診断はspindle cell sarcoma、unclassifiedであった。局所照射、vincristine、ifosfamide、doxorubicinによる化学療法を3クール行い治療終了した。病理診断が臨床経過に合わない場合は、再度検体を採取し、病理検査を行うことを考慮する。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J06030&link_issn=&doc_id=20191122310021&doc_link_id=%2Fex9syoga%2F2019%2F005602%2F021%2F0212-0215%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fex9syoga%2F2019%2F005602%2F021%2F0212-0215%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 赤羽 俊章, 山口 朋美, 柳田 絵美衣, 西田 ゆかり, 西原 広史, 谷本 昭英 .  臨床医からの質問に答える パラフィンブロックから病理組織診断とゲノム検査の両方の検査を両立させるには? .  検査と技術47 ( 5 ) 627 - 630   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>はじめに 今回,私(赤羽)が執筆するテーマは,"パラフィンブロックから病理組織診断とゲノム検査の両方の検査を両立させるには?"です.では,いきなり答えですが,完全に両立させる方法はありません……としてしまうと終ってしまいます.ですから頑張って続きを書きます.この病理組織診断とゲノム検査は,相反します.完全にそれぞれを理想的な状態で両立させるという意味では,"ありません"ということになってしまうわけです.というわけで,それぞれの落とし所を模索しながら本稿で述べたいと思います.

  • Guo X, Noguchi H, Ishii N, Homma T, Hamada T, Hiraki T, Zhang J, Matsuo K, Yokoyama S, Ishibashi H, Fukushige T, Kanekura T, Fujii J, Uramoto H, Tanimoto A, Yamada S .  The Association of Peroxiredoxin 4 with the Initiation and Progression of Hepatocellular Carcinoma. .  Antioxidants & redox signaling30 ( 10 ) 1271 - 1284   2019年4月

     詳細を見る

  • 赤羽 俊章, 谷本 昭英 .  【悪性腫瘍の病理・遺伝子診断に基づくプレシジョンメディシン】PI3K経路分子をドライバーとする悪性腫瘍の遺伝子プロファイル病理診断 .  医学のあゆみ269 ( 3 ) 207 - 213   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)経路に関わる遺伝子の変化は、さまざまな悪性腫瘍に認められている。そのため、治療標的や病理診断の補助マーカー、腫瘍マーカーとしても注目されるシグナル伝達経路である。本稿ではとくに、高率にPI3K経路の遺伝子に異常が認められる乳癌、子宮体部類内膜腺癌、神経膠腫について、実際の臨床例や臨床研究の結果とともに述べる。乳癌においてはPI3K経路の変異のほとんどがPIK3CAの変異であるが、AKT1変異を認めた乳癌の1例を経験したので提示したい。また子宮体部の類内膜腺癌は病理組織学的にはType 1とType 2に分類され、両者はゲノムプロファイルも異なることが知られている。当院のがん遺伝子診断外来症例のなかでERBB2増幅を認めたType 2類内膜腺癌の1例を経験したので紹介したい。神経膠腫は、先進的に分子異常と病理診断による統合診断がされてきた腫瘍である。神経膠芽腫におけるPI3K経路の異常としては、ホスファターゼテンシンホモログ(PTEN)に高頻度に機能欠失変異を認める。著者らの講座では脳腫瘍診断用の遺伝子パネル検査の臨床研究を行っており、そこから得られたPTENの知見も提示したい。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00060&link_issn=&doc_id=20190422030005&doc_link_id=%2Faa7ayuma%2F2019%2F026903%2F006%2F0207-0213%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa7ayuma%2F2019%2F026903%2F006%2F0207-0213%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Baba A, Matsushita S, Kitayama K, Asakura T, Sezutsu H, Tanimoto A, Kanekura T .  Silk fibroin produced by transgenic silkworms overexpressing the Arg-Gly-Asp motif accelerates cutaneous wound healing in mice. .  Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials107 ( 1 ) 97 - 103   2019年1月

     詳細を見る

  • 上笹貫 太郎, 花田 朋子, 花谷 亮典, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  角膜混濁と眼痛で発見に至ったcolobomatous cystの1例 .  日本眼科学会雑誌123 ( 1 ) 39 - 44   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    背景:Colobomatous cystは眼球発生時の視神経裂の閉鎖不全に起因して生じる神経外胚葉系の嚢腫である。典型例では小眼球を伴い、時に嚢腫による下眼瞼の膨隆を来すため、比較的幼少期に発見される。症例:59歳、女性。幼少期に左視力不良を指摘されていたが、精査は受けなかった。約1年前から左眼角膜混濁と眼痛が出現し、近医で受けた画像検査で左眼窩腫瘍を指摘され当科紹介となった。初診時の視力は右(1.2)、左光覚なしであった。右眼は軽度白内障のほかに特記すべき所見は認めなかった。左眼は角膜混濁のため前房、眼底の透見は不良であった。造影magnetic resonance imaging(MRI)で左眼球後方に硝子体腔内と連続する憩室状構造を認め、視神経は嚢腫に連続していた。画像所見からcolobomatous cystを疑った。眼痛が増悪したため、左眼球摘出術を施行した。術後に眼痛は消失した。病理組織学的検査では嚢腫は網膜様組織の内層と、強膜と連続する膠原線維の外層で構成されており、colobomatous cystと診断した。眼球には虹彩ルベオーシスや第一次硝子体過形成遺残を疑う所見を認め、角膜混濁や硝子体出血の起因となったと考えられた。眼痛の原因として続発緑内障による眼圧上昇が考えられた。結論:長期にわたって診断されず、片眼の角膜混濁と眼痛を契機に発見に至ったcolobomatous cystの症例を経験した。Colobomatous cyst例では長期経過後に角膜混濁や眼痛が出現する可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • 霧島 茉莉, 東 美智代, 後藤 優子, 北薗 育美, 平木 翼, 飛田 陽, 谷本 昭英 .  消化管出血で発見された膵十二指腸動静脈奇形の1例 .  診断病理36 ( 1 ) 39 - 45   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    45歳男性。消化管出血の精査で十二指腸動静脈奇形を疑われ、経カテーテル動脈塞栓術後に膵頭十二指腸切除術を施行された。切除標本では十二指腸に出血や潰瘍は認めず、割面では十二指腸と膵に拡張した血管を認めた。組織学的には十二指腸から膵実質にかけて静脈様の拡張血管、動脈様血管や不整な小血管の集簇と部分的な吻合がみられ、動静脈奇形(AVM)と診断した。消化管出血を契機に発見された稀な膵十二指腸AVMの1例を報告し、消化管出血との関連について、文献を交えて考察する。(著者抄録)

  • 上笹貫 太郎, 花田 朋子, 花谷 亮典, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 坂本 泰二 .  角膜混濁と眼痛で発見に至ったcolobomatous cystの1例 .  日本眼科学会雑誌123 ( 1 ) 39 - 44   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    背景:Colobomatous cystは眼球発生時の視神経裂の閉鎖不全に起因して生じる神経外胚葉系の嚢腫である。典型例では小眼球を伴い、時に嚢腫による下眼瞼の膨隆を来すため、比較的幼少期に発見される。症例:59歳、女性。幼少期に左視力不良を指摘されていたが、精査は受けなかった。約1年前から左眼角膜混濁と眼痛が出現し、近医で受けた画像検査で左眼窩腫瘍を指摘され当科紹介となった。初診時の視力は右(1.2)、左光覚なしであった。右眼は軽度白内障のほかに特記すべき所見は認めなかった。左眼は角膜混濁のため前房、眼底の透見は不良であった。造影magnetic resonance imaging(MRI)で左眼球後方に硝子体腔内と連続する憩室状構造を認め、視神経は嚢腫に連続していた。画像所見からcolobomatous cystを疑った。眼痛が増悪したため、左眼球摘出術を施行した。術後に眼痛は消失した。病理組織学的検査では嚢腫は網膜様組織の内層と、強膜と連続する膠原線維の外層で構成されており、colobomatous cystと診断した。眼球には虹彩ルベオーシスや第一次硝子体過形成遺残を疑う所見を認め、角膜混濁や硝子体出血の起因となったと考えられた。眼痛の原因として続発緑内障による眼圧上昇が考えられた。結論:長期にわたって診断されず、片眼の角膜混濁と眼痛を契機に発見に至ったcolobomatous cystの症例を経験した。Colobomatous cyst例では長期経過後に角膜混濁や眼痛が出現する可能性があることが示唆された。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01049&link_issn=&doc_id=20190117470005&doc_link_id=%2Fdz1nigan%2F2019%2F012301%2F004%2F0039-0044%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdz1nigan%2F2019%2F012301%2F004%2F0039-0044%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 霧島 茉莉, 東 美智代, 後藤 優子, 北薗 育美, 平木 翼, 飛田 陽, 谷本 昭英 .  消化管出血で発見された膵十二指腸動静脈奇形の1例 .  診断病理36 ( 1 ) 39 - 45   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    45歳男性。消化管出血の精査で十二指腸動静脈奇形を疑われ、経カテーテル動脈塞栓術後に膵頭十二指腸切除術を施行された。切除標本では十二指腸に出血や潰瘍は認めず、割面では十二指腸と膵に拡張した血管を認めた。組織学的には十二指腸から膵実質にかけて静脈様の拡張血管、動脈様血管や不整な小血管の集簇と部分的な吻合がみられ、動静脈奇形(AVM)と診断した。消化管出血を契機に発見された稀な膵十二指腸AVMの1例を報告し、消化管出血との関連について、文献を交えて考察する。(著者抄録)

  • 井上 一利, 河野 嘉文, 西川 拓朗, 平木 翼, 佐々木 裕美, 義岡 孝子, 中川 俊輔, 児玉 祐一, 岡本 康裕, 谷本 昭英 .  診断に難渋した前腕原発spindle cell sarcomaの1例 .  日本小児血液・がん学会雑誌56 ( 2 ) 212 - 215   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本小児血液・がん学会  

    <p>1歳9か月の男児.左前腕部の腫脹に気付き紹介医を受診,MRI検査で6 cm弱の充実性腫瘤を認め当科紹介となった.転移巣なく,生検術を行った.当初,生検材料の病理検索ではinfantile fibrosarcomaを考えたが,中央病理診断ではmyofibromaが疑われた.臨床的な判断に基づいて,vincristine,actinomycine,ifosfamideによる化学療法を開始したが,腫瘍径は変化なかった.中央病理診断の結果と治療反応から,化学療法は開始2か月で中止した.中止3か月後より腫瘤が増大し,中止4か月後に腫瘍辺縁切除術を行った.この際の病理診断はspindle cell sarcoma, unclassifiedであった.局所照射,vincristine,ifosfamide,doxorubicinによる化学療法を3クール行い治療終了した.病理診断が臨床経過に合わない場合は,再度検体を採取し,病理検査を行うことを考慮する.</p>

    DOI: 10.11412/jspho.56.212

  • Akahane T, Yamaguchi T, Kato Y, Yokoyama S, Hamada T, Nishida Y, Higashi M, Nishihara H, Suzuki S, Ueno S, Tanimoto A .  Comprehensive validation of liquid-based cytology specimens for next-generation sequencing in cancer genome analysis. .  PloS one14 ( 6 ) e0217724   2019年

  • Kirishima M, Yamada S, Shinya M, Onishi S, Goto Y, Kitazono I, Hiraki T, Higashi M, Hida AI, Tanimoto A .  An autopsy case of epignathus (immature teratoma of the soft palate) with intracranial extension but without brain invasion: case report and literature review. .  Diagnostic pathology13 ( 1 ) 99 - 99   2018年12月

     詳細を見る

  • Umekita Y, Ohi Y, Iwaya O, Souda M, Sagara Y, Tamada S, Yotsumoto D, Tanimoto A .  Maspin mRNA expression in sentinel lymph nodes predicts non-SLN metastasis in breast cancer patients with SLN metastasis. .  Histopathology73 ( 6 ) 916 - 922   2018年12月

     詳細を見る

  • Onishi S, Kaji T, Machigashira S, Yamada W, Masuya R, Nakame K, Kawano M, Yano K, Yamada K, Kawano T, Mukai M, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S .  The effect of intravenous lipid emulsions and mucosal adaptation following massive bowel resection. .  Journal of pediatric surgery53 ( 12 ) 2444 - 2448   2018年12月

  • 桝屋 隆太, 連 利博, 川野 正人, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 町頭 成郎, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 谷本 昭英, 家入 里志 .  胆道閉鎖症肝生検検体における門脈低形成所見の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1408 - 1409   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

  • Nomoto Y, Kijima Y, Shinden Y, Hirata M, Eguchi Y, Yoshinaka H, Kitazono I, Hiraki T, Tanimoto A, Natsugoe S .  Two cases of radiation-associated angiosarcoma of the breast. .  Surgical case reports4 ( 1 ) 132 - 132   2018年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-018-0539-8

    PubMed

  • 有馬 大智, 佐々木 裕美, 嶋田 博文, 永野 聡, 天辰 愛弓, 瀬戸口 啓夫, 後藤 優子, 平木 翼, 谷本 昭英, 小宮 節郎 .  背部に発生した紡錘形細胞脂肪腫の1例 .  整形外科と災害外科67 ( 4 ) 857 - 860   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    【はじめに】紡錘形細胞脂肪腫spindle cell lipomaは脂肪腫の特殊型で、中年男性の後頸部、肩、背部に好発する稀な腫瘍である。【症例】70歳男性、背部皮下に弾性軟、約8cm大の腫瘤を認めた。MRI上T2強調画像にて著明な高信号を主体とし、漸増性の増強効果を呈し内部に微小な脂肪成分を認め、分葉状の形態を呈していた。粘液型脂肪肉腫との鑑別が必要と考え、生検術を施行。肉眼的に粘液性の成分と一部線維性の組織を採取した。病理所見では粘液腫様の間質内に存在する短紡錘形の腫瘍細胞はCD34陽性、ロープ状膠原線維の存在やMDM2陰性から紡錘形細胞脂肪腫と診断し、辺縁切除術を施行した。【まとめ】紡錘形細胞脂肪腫は術前診断が難しく、他の脂肪系腫瘍である粘液型脂肪肉腫や異型脂肪腫様腫瘍との鑑別が重要である。画像所見や病理所見、臨床所見について文献的考察を加え報告する。(著者抄録)

  • 有馬 大智, 佐々木 裕美, 嶋田 博文, 永野 聡, 天辰 愛弓, 瀬戸口 啓夫, 後藤 優子, 平木 翼, 谷本 昭英, 小宮 節郎 .  背部に発生した紡錘形細胞脂肪腫の1例 .  整形外科と災害外科67 ( 4 ) 857 - 860   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    【はじめに】紡錘形細胞脂肪腫spindle cell lipomaは脂肪腫の特殊型で、中年男性の後頸部、肩、背部に好発する稀な腫瘍である。【症例】70歳男性、背部皮下に弾性軟、約8cm大の腫瘤を認めた。MRI上T2強調画像にて著明な高信号を主体とし、漸増性の増強効果を呈し内部に微小な脂肪成分を認め、分葉状の形態を呈していた。粘液型脂肪肉腫との鑑別が必要と考え、生検術を施行。肉眼的に粘液性の成分と一部線維性の組織を採取した。病理所見では粘液腫様の間質内に存在する短紡錘形の腫瘍細胞はCD34陽性、ロープ状膠原線維の存在やMDM2陰性から紡錘形細胞脂肪腫と診断し、辺縁切除術を施行した。【まとめ】紡錘形細胞脂肪腫は術前診断が難しく、他の脂肪系腫瘍である粘液型脂肪肉腫や異型脂肪腫様腫瘍との鑑別が重要である。画像所見や病理所見、臨床所見について文献的考察を加え報告する。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00766&link_issn=&doc_id=20181017080058&doc_link_id=130007507272&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007507272&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Zhang J, Guo X, Hamada T, Yokoyama S, Nakamura Y, Zheng J, Kurose N, Ishigaki Y, Uramoto H, Tanimoto A, Yamada S .  Protective Effects of Peroxiredoxin 4 (PRDX4) on Cholestatic Liver Injury. .  International journal of molecular sciences19 ( 9 )   2018年8月

     詳細を見る

  • Onishi S, Kaji T, Yamada W, Nakame K, Machigashira S, Kawano M, Yano K, Harumatsu T, Yamada K, Masuya R, Kawano T, Mukai M, Hamada T, Souda M, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S .  Ghrelin stimulates intestinal adaptation following massive small bowel resection in parenterally fed rats. .  Peptides106   59 - 67   2018年8月

  • Miyamoto Y, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Relationship between morphological development and sex hormone receptor expression of mammary glands with age in male rats. .  Experimental animals67 ( 3 ) 361 - 371   2018年7月

  • Honjo K, Hamada T, Yoshimura T, Yokoyama S, Yamada S, Tan YQ, Leung LK, Nakamura N, Ohi Y, Higashi M, Tanimoto A .  PCP4/PEP19 upregulates aromatase gene expression via CYP19A1 promoter I.1 in human breast cancer SK-BR-3 cells. .  Oncotarget9 ( 51 ) 29619 - 29633   2018年7月

     詳細を見る

  • 宮本 陽子, 川口 博明, 谷本 昭英 .  雄ラット乳腺の発達とホルモン・レセプターの関連性(Relationship between morphological development and sex hormone receptor expression of mammary glands with age in male rats) .  Experimental Animals67 ( 3 ) 361 - 371   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    14-100日齢の雄Sprague-Dawleyラットの乳腺における経時的形態学的変化とホルモン・レセプター発現の関連について、性成熟後に出現する"oxyphilic cells(OCs)"(豊富な好酸性細胞質を有する細胞)を主体に形態学的検索を行った。肉眼的観察、Whole mount標本及びHE標本を用いた観察を行い、OCsについては透過型電子顕微鏡(TEM)を用いて精査した。更に、アンドロゲン・レセプター(AR)、エストロゲン・レセプター(ER)及びプロゲステロン・レセプター(PgR)について免疫組織学的検索を行った。肉眼的に成熟期(50-100日齢)の乳腺は褐色を帯びており、組織学的には若齢期(14-35日齢)と成熟期では構成細胞の形態が異なり、成熟期ではOCsが認められた。ER及びPgRはすべての時期で、ARは成熟期のみで発現した。OCsではAR発現が優位であり、その割合は経時的に増加した。以上の結果から成熟期の乳腺発達とAR発現は強く関連していると示唆された。また、TEMでは、OCsの細胞質に多数の脂肪滴、変形・大型化したミトコンドリア等が認められた。(著者抄録)

  • 宮本 陽子, 川口 博明, 谷本 昭英 .  雄ラット乳腺の発達とホルモン・レセプターの関連性(Relationship between morphological development and sex hormone receptor expression of mammary glands with age in male rats) .  Experimental Animals67 ( 3 ) 361 - 371   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    14-100日齢の雄Sprague-Dawleyラットの乳腺における経時的形態学的変化とホルモン・レセプター発現の関連について、性成熟後に出現する&quot;oxyphilic cells(OCs)&quot;(豊富な好酸性細胞質を有する細胞)を主体に形態学的検索を行った。肉眼的観察、Whole mount標本及びHE標本を用いた観察を行い、OCsについては透過型電子顕微鏡(TEM)を用いて精査した。更に、アンドロゲン・レセプター(AR)、エストロゲン・レセプター(ER)及びプロゲステロン・レセプター(PgR)について免疫組織学的検索を行った。肉眼的に成熟期(50-100日齢)の乳腺は褐色を帯びており、組織学的には若齢期(14-35日齢)と成熟期では構成細胞の形態が異なり、成熟期ではOCsが認められた。ER及びPgRはすべての時期で、ARは成熟期のみで発現した。OCsではAR発現が優位であり、その割合は経時的に増加した。以上の結果から成熟期の乳腺発達とAR発現は強く関連していると示唆された。また、TEMでは、OCsの細胞質に多数の脂肪滴、変形・大型化したミトコンドリア等が認められた。(著者抄録)

  • Saitoh Y, Setoguchi T, Yoshioka T, Nishi J, Tanimoto A, Komiya S .  Intraoperative evaluation of polymorphonuclear leukocyte during second-stage revision surgery promote overdiagnosis of persistent periprosthetic joint infection. .  Acta orthopaedica et traumatologica turcica52 ( 3 ) 191 - 195   2018年5月

     詳細を見る

  • 横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英, 米澤 傑 .  【肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ】 膵疾患のエピジェネティクス 膵癌におけるメチル化によるムチン発現調節 .  肝・胆・膵76 ( 5 ) 945 - 950   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英, 米澤 傑 .  【肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ】膵疾患のエピジェネティクス 膵癌におけるメチル化によるムチン発現調節 .  肝胆膵76 ( 5 ) 945 - 950   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 野元 裕輔, 山筋 好子, 川平 尚生, 指宿 敦子, 内田 洋平, 多田 浩一, 藤井 一恭, 東 裕子, 井内 寛之, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 平木 翼, 西 正行, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎 .  右前額部原発のmalignant spiradenomaの1例 .  西日本皮膚科80 ( 2 ) 164 - 165   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

  • 小倉 葉月, 新田 吉陽, 大井 秀之, 平田 宗嗣, 田上 聖徳, 江口 裕可, 中条 哲浩, 喜島 祐子, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 夏越 祥次 .  急激に増大した若年性乳房悪性葉状腫瘍の1例 .  鹿児島県臨床外科学会誌29   16 - 17   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県臨床外科学会  

    症例は24歳女性で、手拳大の右乳房腫瘤が出現し、次第に小児頭大に増大した。右乳房に皮膚露出と出血を伴う腫瘍を認め、針生検にて悪性葉状腫瘍、紡錘細胞癌、間質肉腫などが疑われたため、貧血管理と手術目的で当院に緊急入院となった。右乳房に31×26×16cm大の巨大腫瘤を認めた。長径25cmにわたって腫瘍が露出しており、壊死と出血を認めた。造影CTで、右乳房に26cm大の内部不均一な腫瘤と右腋窩リンパ節の腫大を認めた。針生検病理像から悪性葉状腫瘍、紡錘細胞癌、間質肉腫が疑われたため、右乳房悪性腫瘍の術前診断で手術を施行した。術中の肉眼所見でも胸壁浸潤は認めず、腫瘍の完全切除が可能であった。病理組織学的所見では、大部分で強い核異型と多数の核分裂像を認め、悪性葉状腫瘍の診断であった。切除断端は陰性、摘出リンパ節にも転移は認めなかった。

  • 小倉 葉月, 新田 吉陽, 大井 秀之, 平田 宗嗣, 田上 聖徳, 江口 裕可, 中条 哲浩, 喜島 祐子, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 夏越 祥次 .  急激に増大した若年性乳房悪性葉状腫瘍の1例 .  鹿児島県臨床外科学会誌29   16 - 17   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島県臨床外科学会  

    症例は24歳女性で、手拳大の右乳房腫瘤が出現し、次第に小児頭大に増大した。右乳房に皮膚露出と出血を伴う腫瘍を認め、針生検にて悪性葉状腫瘍、紡錘細胞癌、間質肉腫などが疑われたため、貧血管理と手術目的で当院に緊急入院となった。右乳房に31×26×16cm大の巨大腫瘤を認めた。長径25cmにわたって腫瘍が露出しており、壊死と出血を認めた。造影CTで、右乳房に26cm大の内部不均一な腫瘤と右腋窩リンパ節の腫大を認めた。針生検病理像から悪性葉状腫瘍、紡錘細胞癌、間質肉腫が疑われたため、右乳房悪性腫瘍の術前診断で手術を施行した。術中の肉眼所見でも胸壁浸潤は認めず、腫瘍の完全切除が可能であった。病理組織学的所見では、大部分で強い核異型と多数の核分裂像を認め、悪性葉状腫瘍の診断であった。切除断端は陰性、摘出リンパ節にも転移は認めなかった。

  • Honjo K, Hiraki T, Higashi M, Noguchi H, Nomoto M, Yoshimura T, Batra SK, Yonezawa S, Semba I, Nakamura N, Tanimoto A, Yamada S .  Immunohistochemical expression profiles of mucin antigens in salivary gland mucoepidermoid carcinoma: MUC4- and MUC6-negative expression predicts a shortened survival in the early postoperative phase. .  Histology and histopathology33 ( 2 ) 201 - 213   2018年2月

  • Takeishi K, Kawaguchi H, Akioka K, Noguchi M, Arimura E, Abe M, Ushikai M, Okita S, Tanimoto A, Horiuchi M .  Effects of Dietary and Lighting Conditions on Diurnal Locomotor Activity and Body Temperature in Microminipigs. .  In vivo (Athens, Greece)32 ( 1 ) 55 - 62   2018年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11204

    Scopus

    PubMed

  • 北薗 育美, 山田 壮亮, 上村 豪, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 平木 翼, 東 美智代, 田中 和彦, 松山 篤二, 谷本 昭英 .  捺印細胞診所見の得られたPrimary pulmonary myxoid sarcoma with EWSR1-CREB1 translocationの1例 .  診断病理35 ( 1 ) 79 - 84   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は60歳代、女性。右肺上葉の18mm大の腫瘍が切除された。組織学的に、豊富な粘液腫状基質を背景に小型類円形〜卵円形核を有する腫瘍細胞の増殖が認められた。RT-PCRでEWSR1-CREB1融合遺伝子が検出され、primary pulmonary myxoid sarcoma with EWSR1-CREB1 translocationと診断した。捺印細胞診では、粘液状基質や炎症細胞を混じる短紡錘形から多角形の異型に乏しい細胞集塊を認め、炎症性変化との鑑別が必要であった。(著者抄録)

  • 後藤 優子, 山田 壮亮, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 平木 翼, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  右肺静脈内に主座を置き左心房内まで達したグロムス腫瘍の稀少な1手術症例 .  診断病理35 ( 1 ) 25 - 30   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は32歳女性。胸部CTで右肺上葉の末梢から右上肺静脈を経て左心房内に達する数珠状の腫瘍を認め、右肺上葉切除が行われた。切除検体では最大4×2cmの白色充実性の腫瘍であった。組織学的には比較的均一な円形核を有する腫瘍細胞が充実性、シート状構造を呈し、免疫組織化学的にはvimentin、α-SMAにびまん性に強陽性、laminin、h-caldesmonは一部陽性であった。悪性度不明なグロムス腫瘍が肺静脈を経て心房内に達した症例は過去に報告がない。(著者抄録)

  • 後藤 優子, 山田 壮亮, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 平木 翼, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  右肺静脈内に主座を置き左心房内まで達したグロムス腫瘍の稀少な1手術症例 .  診断病理35 ( 1 ) 25 - 30   2018年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は32歳女性。胸部CTで右肺上葉の末梢から右上肺静脈を経て左心房内に達する数珠状の腫瘍を認め、右肺上葉切除が行われた。切除検体では最大4×2cmの白色充実性の腫瘍であった。組織学的には比較的均一な円形核を有する腫瘍細胞が充実性、シート状構造を呈し、免疫組織化学的にはvimentin、α-SMAにびまん性に強陽性、laminin、h-caldesmonは一部陽性であった。悪性度不明なグロムス腫瘍が肺静脈を経て心房内に達した症例は過去に報告がない。(著者抄録)

  • 北薗 育美, 山田 壮亮, 上村 豪, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 平木 翼, 東 美智代, 田中 和彦, 松山 篤二, 谷本 昭英 .  捺印細胞診所見の得られたPrimary pulmonary myxoid sarcoma with EWSR1-CREB1 translocationの1例 .  診断病理35 ( 1 ) 79 - 84   2018年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は60歳代、女性。右肺上葉の18mm大の腫瘍が切除された。組織学的に、豊富な粘液腫状基質を背景に小型類円形〜卵円形核を有する腫瘍細胞の増殖が認められた。RT-PCRでEWSR1-CREB1融合遺伝子が検出され、primary pulmonary myxoid sarcoma with EWSR1-CREB1 translocationと診断した。捺印細胞診では、粘液状基質や炎症細胞を混じる短紡錘形から多角形の異型に乏しい細胞集塊を認め、炎症性変化との鑑別が必要であった。(著者抄録)

  • 有馬 大智, 小宮 節郎, 佐々木 裕美, 嶋田 博文, 永野 聡, 天辰 愛弓, 瀬戸口 啓夫, 後藤 優子, 平木 翼, 谷本 昭英 .  背部に発生した紡錘形細胞脂肪腫の1例 .  整形外科と災害外科67 ( 4 ) 857 - 860   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    <p>【はじめに】紡錘形細胞脂肪腫spindle cell lipomaは脂肪腫の特殊型で,中年男性の後頚部,肩,背部に好発する稀な腫瘍である.【症例】70歳男性,背部皮下に弾性軟,約8 cm大の腫瘤を認めた.MRI上T2強調画像にて著明な高信号を主体とし,漸増性の増強効果を呈し内部に微小な脂肪成分を認め,分葉状の形態を呈していた.粘液型脂肪肉腫との鑑別が必要と考え,生検術を施行.肉眼的に粘液性の成分と一部線維性の組織を採取した.病理所見では粘液腫様の間質内に存在する短紡錘形の腫瘍細胞はCD34陽性,ロープ状膠原線維の存在やMDM2陰性から紡錘形細胞脂肪腫と診断し,辺縁切除術を施行した.【まとめ】紡錘形細胞脂肪腫は術前診断が難しく,他の脂肪系腫瘍である粘液型脂肪肉腫や異型脂肪腫様腫瘍との鑑別が重要である.画像所見や病理所見,臨床所見について文献的考察を加え報告する.</p>

    DOI: 10.5035/nishiseisai.67.857

  • Motoyama HL, Yamada S, Nakada S, Kurose N, Tanimoto A .  Intraorbital ancient pilocytic astrocytoma of the optic nerve in neurofibromatosis type 1 patient presenting with sudden ocular pain. .  SAGE open medical case reports6   2050313X18761310   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1177/2050313X18761310

    PubMed

  • Sato M, Miyoshi K, Nakamura S, Ohtsuka M, Sakurai T, Watanabe S, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Efficient Generation of Somatic Cell Nuclear Transfer-Competent Porcine Cells with Mutated Alleles at Multiple Target Loci by Using CRISPR/Cas9 Combined with Targeted Toxin-Based Selection System. .  International journal of molecular sciences18 ( 12 )   2017年12月

     詳細を見る

  • 保坂 優斗, 盛 真一郎, 馬場 研二, 喜多 芳昭, 又木 雄弘, 上之園 芳一, 内門 泰斗, 前村 公成, 北園 育美, 谷本 昭英, 新地 洋之, 夏越 祥次 .  盲腸軸捻転症と続発性小腸軸捻転症を発症した混合性結合組織病の1例 .  日本消化器外科学会雑誌50 ( 12 ) 1008 - 1015   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    膠原病は結合組織の障害による消化管の運動異常により,しばしば消化管病変を合併する.症例は60歳の女性で,17年前に混合性結合組織病(mixed connective tissue disease;以下,MCTDと略記)の診断を受け,以後当院膠原病内科で加療を行っていた.腹痛を主訴に来院され,盲腸軸捻転症と診断し緊急手術を施行した.回結腸動脈を軸に360°捻転していたため,捻転解除術と盲腸固定術を行った.退院後の術後37日目に腹痛を来し,腹部CTで腸管捻転の所見を認めたため,緊急手術を施行した.捻転は解除されたが広範囲の回腸の拡張を認め,減圧処置後に腸管を切除する方針とした.初回手術から51日目に再々手術を行い,拡張し蠕動低下を認めた回腸を30cm切除した.病理検査で固有筋層の萎縮を認めた.限局した固有筋層の萎縮が限局性の蠕動低下,腸管内容物の停滞を起こし,軸捻転症が発症したものと推測した.MCTDに腸管軸捻転症の合併を認めた報告例はなく,病理所見も合わせて報告する.(著者抄録)

  • Yamada S, Kawaguchi H, Yamada T, Guo X, Matsuo K, Hamada T, Miura N, Tasaki T, Tanimoto A .  Cholic Acid Enhances Visceral Adiposity, Atherosclerosis and Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Microminipigs. .  Journal of atherosclerosis and thrombosis24 ( 11 ) 1150 - 1166   2017年11月

     詳細を見る

  • 大田 修平, 砂川 剛, 島袋 盛一, 満元 洋二郎, 谷本 昭英 .  経過中穿孔を来した成人T細胞性白血病リンパ腫の1例 .  癌と化学療法44 ( 12 ) 1494 - 1496   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    成人T細胞性白血病リンパ腫(ATLL)は、全身諸臓器へ浸潤し、消化管へも高率に浸潤するが、穿孔を来すことはまれである。ATLLの消化管浸潤により、穿孔を来した症例を経験したため報告する。患者は腹部膨満感を主訴に受診した75歳、男性。腹部造影CTで回盲部に粗大な腫瘤を認め、下部消化管内視鏡検査では上行結腸に浮腫、狭窄があり、スコープは通過できず、上行結腸狭窄部肛門側に腫瘤を認めた。入院後、腹膜刺激症状を伴う腹痛が出現した。腹部造影CTで回盲部腫瘍周囲にfree airを認め、消化管穿孔の診断で緊急手術を施行した。術後の病理組織検査でATLLの消化管浸潤と診断された。ATLLの消化管浸潤は消化管穿孔を来すことがあり、穿孔を来した場合は予後不良である。ATLLの治療の主体は化学療法であるが、穿孔を来した場合は早急に手術が必要であり、慎重に経過をみる必要があると考えられた。(著者抄録)

  • Zahorul Islam M, Kawaguchi H, Miura N, Miyoshi N, Yamazaki-Himeno E, Shiraishi M, Miyamoto A, Tanimoto A .  Hypertension alters the endothelial-dependent biphasic response of bradykinin in isolated Microminipig basilar artery. .  Microvascular research114   52 - 57   2017年11月

     詳細を見る

  • Tasaki T, Hatanaka K, Kirishima M, Ohnishi S, Goto Y, Kitazono I, Hiraki T, Yamada S, Higashi M, Tanimoto A .  Aortic fibromuscular dysplasia complicated by dissection: a case report and review of literature. .  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology31   41 - 46   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carpath.2017.07.007

    Web of Science

    PubMed

  • Ota S, Sunagawa T, Shimabukuro M, Mitsumoto Y, Tanimoto A .  [Bowel Perforation in a Patient with Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma]. .  Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1494 - 1496   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Noguchi M, Hirata M, Kawaguchi H, Tanimoto A .  <i>Corpus luteum</i> Regression Induced by Prostaglandin F<sub>2α</sub> in Microminipigs During the Normal Estrous Cycle. .  In vivo (Athens, Greece)31 ( 6 ) 1097 - 1101   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11175

    Web of Science

    PubMed

  • 大田 修平, 砂川 剛, 島袋 盛一, 満元 洋二郎, 谷本 昭英 .  経過中穿孔を来した成人T細胞性白血病リンパ腫の1例 .  癌と化学療法44 ( 12 ) 1494 - 1496   2017年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    成人T細胞性白血病リンパ腫(ATLL)は、全身諸臓器へ浸潤し、消化管へも高率に浸潤するが、穿孔を来すことはまれである。ATLLの消化管浸潤により、穿孔を来した症例を経験したため報告する。患者は腹部膨満感を主訴に受診した75歳、男性。腹部造影CTで回盲部に粗大な腫瘤を認め、下部消化管内視鏡検査では上行結腸に浮腫、狭窄があり、スコープは通過できず、上行結腸狭窄部肛門側に腫瘤を認めた。入院後、腹膜刺激症状を伴う腹痛が出現した。腹部造影CTで回盲部腫瘍周囲にfree airを認め、消化管穿孔の診断で緊急手術を施行した。術後の病理組織検査でATLLの消化管浸潤と診断された。ATLLの消化管浸潤は消化管穿孔を来すことがあり、穿孔を来した場合は予後不良である。ATLLの治療の主体は化学療法であるが、穿孔を来した場合は早急に手術が必要であり、慎重に経過をみる必要があると考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20171221480149&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F149%2F1494-1496%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F149%2F1494-1496%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Takuya Yoshimura, Sohsuke Yamada, Takayuki Ishida, Kazuhiko Tanaka, Ikumi Kitazono, Kenichi Kume, Hiroshi Hijioka, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Akihide Tanimoto .  Cystadenocarcinoma of the minor salivary gland arising in the upper lip: A surgical case of an inadequate cytology specimen hampering conclusive diagnosis .  Human Pathology: Case Reports9   64 - 68   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc  

    Cystadenocarcinoma (CAC) of the salivary gland poses a diagnostic challenge to us, as this uncommon entity is extremely difficult to diagnose pre-operatively on an inadequate sample. However, markedly few papers have described the cytological features of CAC. An 82-year-old male presented with a history of a gradual increase in size and occasional mucous drainage from a swollen reddish nodule on the right upper lip. A retrospective examination of the cytological specimens from the drainage revealed a small number of clusters and scattered single cells of severely degenerated and mildly atypical epithelial cells with hyperchromatic dense nuclei and abundant clear cytoplasm, in a background of a large amount of mucinous material. We first interpreted this finding merely as the presence of atypical cells. However, a gross examination revealed a non-capsulated and relatively well-demarcated cystic lesion, grayish to whitish in color and measuring 13 × 9 mm in diameter, filled with mucin. A microscopic examination showed that the tumor had a central cystic cavity filled with mucinous material and was predominantly composed of the papillary proliferation of atypical columnar mucous epithelial cells with enlarged hyperchromatic nuclei, mixed with mitotic hot spots often projecting and melting into the mucinous cystic lumen, and focally involving the surrounding connective tissue. Therefore, we ultimately made a diagnosis of CAC of the minor salivary gland arising in the upper lip. Given the characteristic features of CAC, cytopathologists should be able to correctly diagnose this lesion based on multiple adequate fine needle aspiration samples.

    DOI: 10.1016/j.ehpc.2016.08.006

    Scopus

    J-GLOBAL

  • 谷本 昭英, 山田 壮亮 .  【血管生物学と疾患】日常業務でよく遭遇する血管病変の最新知見 粥状動脈硬化症の最新知見と病理 .  病理と臨床35 ( 8 ) 700 - 706   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Hiraki T, Hatanaka K, Sueyoshi K, Goto Y, Kitazono I, Kirishima M, Yamada S, Higashi M, Tanimoto A .  Unusual morphology of a pulmonary blastoma having an epithelial component with focally significant nuclear pleomorphism. .  Pathology international67 ( 7 ) 370 - 372   2017年7月

  • 宿里 亜李沙, 田中 和彦, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 平木 翼, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  腎細胞癌根治術後20年で甲状腺内孤立性転移を来たした1例 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌48   89 - 93   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    背景:術後長期を経た腎細胞癌の甲状腺への孤立性転移は非常に稀である。今回、我々は右腎細胞癌術後20年を経過して甲状腺内に孤立性転移を来たした症例を経験したので報告する。症例:70歳代、男性。前医のエコー検査にて甲状腺右葉内に45×41×32mm大の腫瘤を指摘され、当院を紹介受診された。穿刺吸引細胞診では、血性背景に濃縮コロイドや濾胞上皮細胞集塊に混じて、異型細胞が孤在性からシート状にごく少数認められた。異型細胞は淡明で豊富な細胞質と軽度腫大した核を有し、N/C比は小さいながらも核形不整と中心性の明瞭な核小体を認めた。異型細胞はごく少数で、且つ由来が不明であったため、「鑑別困難」(現:意義不明)と報告したところ、経過観察となっていた。その後、嗄声が出現したため再受診され、甲状腺癌による右反回神経麻痺と診断された。生検の結果、腎細胞癌の転移と判明し、CTにて周囲組織への広汎な浸潤が疑われたため、甲状腺全摘出術及び喉頭摘出術が施行された。結論:再検討では淡明細胞型腎細胞癌の細胞像であり、スクリーニング時に充分な情報があれば、腎細胞癌の転移を指摘しえた症例であった。甲状腺の単発性腫瘤であっても、病歴に留意し、腎細胞癌の転移も念頭においたスクリーニングが望まれる。(著者抄録)

  • 宿里 亜李沙, 田中 和彦, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 平木 翼, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  腎細胞癌根治術後20年で甲状腺内孤立性転移を来たした1例 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌48   89 - 93   2017年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    背景:術後長期を経た腎細胞癌の甲状腺への孤立性転移は非常に稀である。今回、我々は右腎細胞癌術後20年を経過して甲状腺内に孤立性転移を来たした症例を経験したので報告する。症例:70歳代、男性。前医のエコー検査にて甲状腺右葉内に45×41×32mm大の腫瘤を指摘され、当院を紹介受診された。穿刺吸引細胞診では、血性背景に濃縮コロイドや濾胞上皮細胞集塊に混じて、異型細胞が孤在性からシート状にごく少数認められた。異型細胞は淡明で豊富な細胞質と軽度腫大した核を有し、N/C比は小さいながらも核形不整と中心性の明瞭な核小体を認めた。異型細胞はごく少数で、且つ由来が不明であったため、「鑑別困難」(現:意義不明)と報告したところ、経過観察となっていた。その後、嗄声が出現したため再受診され、甲状腺癌による右反回神経麻痺と診断された。生検の結果、腎細胞癌の転移と判明し、CTにて周囲組織への広汎な浸潤が疑われたため、甲状腺全摘出術及び喉頭摘出術が施行された。結論:再検討では淡明細胞型腎細胞癌の細胞像であり、スクリーニング時に充分な情報があれば、腎細胞癌の転移を指摘しえた症例であった。甲状腺の単発性腫瘤であっても、病歴に留意し、腎細胞癌の転移も念頭においたスクリーニングが望まれる。(著者抄録)

  • Hiraki T, Yamada S, Higashi M, Hatanaka K, Yokoyama S, Kitazono I, Goto Y, Kirishima M, Batra SK, Yonezawa S, Tanimoto A .  Immunohistochemical expression of mucin antigens in gallbladder adenocarcinoma: MUC1-positive and MUC2-negative expression Is associated with vessel invasion and shortened survival. .  Histology and histopathology32 ( 6 ) 585 - 596   2017年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14670/HH-11-824

    Web of Science

    PubMed

  • Kina-Tanada M, Sakanashi M, Tanimoto A, Kaname T, Matsuzaki T, Noguchi K, Uchida T, Nakasone J, Kozuka C, Ishida M, Kubota H, Taira Y, Totsuka Y, Kina SI, Sunakawa H, Omura J, Satoh K, Shimokawa H, Yanagihara N, Maeda S, Ohya Y, Matsushita M, Masuzaki H, Arasaki A, Tsutsui M .  Long-term dietary nitrite and nitrate deficiency causes the metabolic syndrome, endothelial dysfunction and cardiovascular death in mice. .  Diabetologia60 ( 6 ) 1138 - 1151   2017年6月

  • Wang KY, Yamada S, Shimajiri S, Nakano R, Yamashita N, So T, Tanimoto A .  Calcifying giant cell cardiomyopathy: a possible new entity: Images in Cardiovascular Pathology. .  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology28   68 - 70   2017年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carpath.2017.03.004

    Web of Science

    PubMed

  • Higashi Y, Yoshioka T, Kawai K, Fujii K, Yoshimitsu M, Kusuyama J, Shima K, Tanimoto A, Kanekura T .  Lymphomatoid granulomatosis initially presenting as ulcerated subcutaneous and muscle lesions without pulmonary involvement. .  The Journal of dermatology44 ( 5 ) e107 - e108   2017年5月

  • Yamada S, Noguchi H, Tanimoto A .  Critical and diverse in vivo roles of apoptosis signal-regulating kinase 1 in animal models of atherosclerosis and cholestatic liver injury. .  Histology and histopathology32 ( 5 ) 433 - 444   2017年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14670/HH-11-840

    Web of Science

    PubMed

  • 平木 翼, 山田 壮亮, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 北薗 育美, 畑中 一仁, 東 美智代, 谷本 昭英 .  基底細胞腺腫、篩状亜型の1例 .  診断病理34 ( 2 ) 102 - 105   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    40代、男性。右耳下腺部に20mm大の可動性良好な腫瘤を認め、摘出術が施行された。周囲とは境界明瞭で、一部に菲薄な線維性被膜を認めた。病変の大部分は基底細胞様細胞が大小の篩状構造を呈し増殖しており、胞巣内には好酸性細胞質を有する導管上皮様細胞からなる真の腺腔も散見された。腺様嚢胞癌や基底細胞腺癌等、篩状構造を示す悪性上皮性唾液腺腫瘍との鑑別が問題となったが、肉眼的に境界明瞭な病変であり、組織学的にも明らかな浸潤性増殖や神経侵襲、脈管侵襲を認めない事から基底細胞腺腫、篩状亜型と診断した。(著者抄録)

  • 平木 翼, 山田 壮亮, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 北薗 育美, 畑中 一仁, 東 美智代, 谷本 昭英 .  基底細胞腺腫、篩状亜型の1例 .  診断病理34 ( 2 ) 102 - 105   2017年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    40代、男性。右耳下腺部に20mm大の可動性良好な腫瘤を認め、摘出術が施行された。周囲とは境界明瞭で、一部に菲薄な線維性被膜を認めた。病変の大部分は基底細胞様細胞が大小の篩状構造を呈し増殖しており、胞巣内には好酸性細胞質を有する導管上皮様細胞からなる真の腺腔も散見された。腺様嚢胞癌や基底細胞腺癌等、篩状構造を示す悪性上皮性唾液腺腫瘍との鑑別が問題となったが、肉眼的に境界明瞭な病変であり、組織学的にも明らかな浸潤性増殖や神経侵襲、脈管侵襲を認めない事から基底細胞腺腫、篩状亜型と診断した。(著者抄録)

  • Yokoyama S, Higashi M, Tsutsumida H, Wakimoto J, Hamada T, Wiest E, Matsuo K, Kitazono I, Goto Y, Guo X, Hamada T, Yamada S, Hiraki T, Yonezawa S, Batra SK, Hollingsworth MA, Tanimoto A .  TET1-mediated DNA hypomethylation regulates the expression of MUC4 in lung cancer. .  Genes & cancer8 ( 3-4 ) 517 - 527   2017年3月

     詳細を見る

  • Guo X, Dong Z, Yamada S, Li Y, Guo Y, Shen S, Liang J, Tanimoto A, Guo W .  Association of Casp3 microRNA Target Site (1049216) SNP With the Risk and Progress of Cervical Squamous Cell Carcinoma. .  International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society27 ( 2 ) 206 - 213   2017年2月

  • 筒井 正人, 下川 宏明, 谷本 昭英, 柳原 延章, 尾辻 豊 .  NOと代謝・循環器・腎臓疾患 NOSs完全欠損マウスの解析から .  腎臓内科・泌尿器科5 ( 2 ) 177 - 184   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Tanabe K, Shinsato Y, Furukawa T, Kita Y, Hatanaka K, Minami K, Kawahara K, Yamamoto M, Baba K, Mori S, Uchikado Y, Maemura K, Tanimoto A, Natsugoe S .  Filamin C promotes lymphatic invasion and lymphatic metastasis and increases cell motility by regulating Rho GTPase in esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncotarget8 ( 4 ) 6353 - 6363   2017年1月

  • Yamada S, Kirishima M, Hiraki T, Higashi M, Hatanaka K, Tanimoto A .  Epithelioid schwannoma of the skin displaying unique histopathological features: a teaching case giving rise to diagnostic difficulties on a morphological examination of a resected specimen, with a brief literature review. .  Diagnostic pathology12 ( 1 ) 11 - 11   2017年1月

  • 喜名 美香, 坂梨 まゆ子, 谷本 昭英, 松崎 俊博, 野口 克彦, 仲宗根 淳子, 下川 宏明, 喜名 振一郎, 砂川 元, 大屋 祐輔, 新崎 章, 筒井 正人 .  食事中のnitriteおよびnitrateの不足は代謝症候群、内皮機能不全、および心血管死を惹起する .  血管40 ( 1 ) 60 - 60   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心脈管作動物質学会  

  • 保坂 優斗, 谷本 昭英, 新地 洋之, 夏越 祥次, 盛 真一郎, 馬場 研二, 喜多 芳昭, 又木 雄弘, 上之園 芳一, 内門 泰斗, 前村 公成, 北園 育美 .  盲腸軸捻転症と続発性小腸軸捻転症を発症した混合性結合組織病の1例 .  日本消化器外科学会雑誌50 ( 12 ) 1008 - 1015   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p>膠原病は結合組織の障害による消化管の運動異常により,しばしば消化管病変を合併する.症例は60歳の女性で,17年前に混合性結合組織病(mixed connective tissue disease;以下,MCTDと略記)の診断を受け,以後当院膠原病内科で加療を行っていた.腹痛を主訴に来院され,盲腸軸捻転症と診断し緊急手術を施行した.回結腸動脈を軸に360°捻転していたため,捻転解除術と盲腸固定術を行った.退院後の術後37日目に腹痛を来し,腹部CTで腸管捻転の所見を認めたため,緊急手術を施行した.捻転は解除されたが広範囲の回腸の拡張を認め,減圧処置後に腸管を切除する方針とした.初回手術から51日目に再々手術を行い,拡張し蠕動低下を認めた回腸を30 cm切除した.病理検査で固有筋層の萎縮を認めた.限局した固有筋層の萎縮が限局性の蠕動低下,腸管内容物の停滞を起こし,軸捻転症が発症したものと推測した.MCTDに腸管軸捻転症の合併を認めた報告例はなく,病理所見も合わせて報告する.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0186

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20180115390010&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.2016.0186&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.2016.0186&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Yamada S, Tanimoto A, Sasaguri Y .  Critical in vivo roles of histamine and histamine receptor signaling in animal models of metabolic syndrome. .  Pathology international66 ( 12 ) 661 - 671   2016年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12477

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada W, Kaji T, Onishi S, Nakame K, Yamada K, Kawano T, Mukai M, Souda M, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S .  Ghrelin improves intestinal mucosal atrophy during parenteral nutrition: An experimental study. .  Journal of pediatric surgery51 ( 12 ) 2039 - 2043   2016年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2016.09.035

    Web of Science

    PubMed

  • Onishi S, Kaji T, Yamada W, Nakame K, Moriguchi T, Sugita K, Yamada K, Kawano T, Mukai M, Souda M, Yamada S, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S .  The administration of ghrelin improved hepatocellular injury following parenteral feeding in a rat model of short bowel syndrome. .  Pediatric surgery international32 ( 12 ) 1165 - 1171   2016年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-016-3975-1

    Web of Science

    PubMed

  • 坂江 遥, 玉井 努, 小田 耕平, 鈴木 紳介, 平木 翼, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 大西 容雅, 椨 一晃, 室町 香織, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 石塚 賢治, 谷本 昭英, 井戸 章雄 .  脾破裂を伴い急性肝不全様の経過を呈した悪性リンパ腫の一例 .  肝臓57 ( 12 ) 674 - 683   2016年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

    症例は66歳、男性。全身倦怠感、発熱、腹痛、食思不振で近医を受診し、血小板減少、肝腎機能障害を認め、当院へ緊急入院となった。腹部超音波検査、CT検査で著明な肝脾腫と脾内占拠性病変、脾出血を認めた。急速に肝不全が進行、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)も合併し、全身状態は増悪した。第3病日には腹腔内出血を来し、第5病日に死亡した。家族の同意を得て、剖検を行った。肝腫大、著明な脾腫大を認め、脾臓は被膜の破綻、出血を伴い脾破裂をきたしていた。肝臓、脾臓には腫瘍細胞がびまん性に増殖しており、免疫染色にて悪性リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma:DLBCL)と診断した。今回、我々は脾破裂を伴い急性肝不全様の急激な経過を呈した悪性リンパ腫の一例を経験したので文献的考察を含めて報告する。(著者抄録)

    DOI: 10.2957/kanzo.57.674

  • Miyoshi K, Kawaguchi H, Maeda K, Sato M, Akioka K, Noguchi M, Horiuchi M, Tanimoto A .  Birth of Cloned Microminipigs Derived from Somatic Cell Nuclear Transfer Embryos That Have Been Transiently Treated with Valproic Acid. .  Cellular reprogramming18 ( 6 ) 390 - 400   2016年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/cell.2016.0025

    Web of Science

    PubMed

  • 田崎 貴嗣, 畑中 一仁, 平木 翼, 北薗 育美, 後藤 優子, 霧島 茉莉, 山田 壮亮, 東 美智代, 宮園 明典, 谷本 昭英 .  フィンランド型先天性ネフローゼ症候群の1症例 .  診断病理33 ( 4 ) 320 - 324   2016年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    稀なフィンランド型先天性ネフローゼ症候群の1例を報告する。症例は4ヵ月、男児。緊急帝王切開により出生した低出生体重児で、出生直後より低アルブミン血症、高蛋白尿、発育不良、浮腫、甲状腺機能低下症、脂質異常症および胸腹水を認めたが、腎機能低下はみられなかった。蛋白尿コントロール目的に片腎摘出術が行われた。腎は腫大し、組織学的には特徴的な小嚢胞状に拡張した尿細管が皮質表層から皮髄境界部にかけて認められ、糸球体メサンギウム細胞の増加がみられた。また本疾患の責任遺伝子であるNPHS1遺伝子変異が確認された。(著者抄録)

  • 田崎 貴嗣, 平木 翼, 北薗 育美, 後藤 優子, 霧島 茉莉, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 東 裕子, 金蔵 拓郎, 谷本 昭英 .  四肢遠位側に多発したEccrine angiomatous hamartomaの1症例 .  診断病理33 ( 4 ) 325 - 328   2016年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    Eccrine angiomatous hamartomaの1症例を報告する。症例は12歳男児。1年前より両手指背と右足背に多発する、淡紅色の結節が指摘された。自覚症状はなく、胼胝を疑われ、足背の皮疹から生検された。組織学的に、真皮中層から皮下脂肪組織にかけて、粘液腫状変性を示す線維性間質を背景に、境界不明瞭な結節性病変を認めた。病変部ではエクリン腺や導管が増加し、周囲に毛細血管の増生や脂肪組織、末梢神経線維の混在を認めた。(著者抄録)

  • 筒井 正人, 迎 寛, 矢寺 和博, 谷本 昭英, 下川 宏明, 尾辻 豊 .  一酸化窒素合成酵素の多様な役割 .  血管39 ( 3 ) 81 - 91   2016年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本心脈管作動物質学会  

  • Noguchi M, Ikedo T, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Estrus synchronization in microminipig using estradiol dipropionate and prostaglandin F2α. .  The Journal of reproduction and development62 ( 4 ) 373 - 378   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2015-169

    Web of Science

    PubMed

  • Yoshimura T, Hamada T, Hijioka H, Souda M, Hatanaka K, Yoshioka T, Yamada S, Tsutsui M, Umekita Y, Nakamura N, Tanimoto A .  PCP4/PEP19 promotes migration, invasion and adhesion in human breast cancer MCF-7 and T47D cells. .  Oncotarget7 ( 31 ) 49065 - 49074   2016年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.7529

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Nawata A, Yoshioka M, Hiraki T, Higashi M, Hatanaka K, Tanimoto A .  Complete regression of primary cutaneous malignant melanoma associated with distant lymph node metastasis: a teaching case mimicking blue nevus. .  BMC research notes9 ( 1 ) 366 - 366   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-016-2174-4

    Scopus

    PubMed

  • Yokoyama S, Higashi M, Kitamoto S, Oeldorf M, Knippschild U, Kornmann M, Maemura K, Kurahara H, Wiest E, Hamada T, Kitazono I, Goto Y, Tasaki T, Hiraki T, Hatanaka K, Mataki Y, Taguchi H, Hashimoto S, Batra SK, Tanimoto A, Yonezawa S, Hollingsworth MA .  Aberrant methylation of MUC1 and MUC4 promoters are potential prognostic biomarkers for pancreatic ductal adenocarcinomas. .  Oncotarget7 ( 27 ) 42553 - 42565   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.9924

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Guo X, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y .  Novel function of histamine signaling via histamine receptors in cholesterol and bile acid metabolism: Histamine H2 receptor protects against nonalcoholic fatty liver disease. .  Pathology international66 ( 7 ) 376 - 385   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12423

    Web of Science

    PubMed

  • 窪田 恵美, 西田 ゆかり, 竹下 かおり, 田中 和彦, 平木 翼, 義岡 孝子, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  右側胸壁に発生した明細胞肉腫の1例 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌47   69 - 72   2016年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    背景:明細胞肉腫は軟部悪性黒色腫とも呼ばれ、若年成人に多く、四肢の遠位部に好発する。今回、稀な右胸壁発生の明細胞肉腫を経験したので報告する。症例:30代、女性。半年前より背部痛があり、右胸壁に増大傾向のある腫瘤を認めた。穿刺吸引細胞診では、比較的きれいな背景に、N/C比の高い類円形から紡錐形の細胞が散在性から小集塊状にみられた。細胞は類円形ないし円形核を有し、核小体は明瞭で微細顆粒状のクロマチン増量を認めた。明細胞肉腫、悪性末梢神経腫瘍、滑膜肉腫などが疑われたが組織型の推定は困難であった。摘出された腫瘍は、組織学的に淡明から弱好酸性の胞体および核小体明瞭な類円形核を有する腫瘍細胞のシート状充実性増殖からなり、メラニン色素は認められなかった。免疫組織化学ではHMB-45及びS-100蛋白が陽性であった。遺伝子検索は行っていないが、細胞所見、免疫組織化学を含む組織所見および臨床情報より明細胞肉腫と診断した。結論:明細胞肉腫の細胞像ではメラニン色素や明瞭な核小体に着目することが重要と考えられるが、メラニン色素が認められない場合には遺伝子解析とともに既往歴や発生部位などの臨床情報が鑑別に重要である。(著者抄録)

  • 馬場 淳徳, 北山 香澄, 朝倉 哲郎, 瀬筒 秀樹, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎 .  研究最前線 シルクフィブロインを用いた新規創傷被覆材の開発 .  西日本皮膚科78 ( 3 ) 288 - 289   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

  • Nawata A, Noguchi H, Mazaki Y, Kurahashi T, Izumi H, Wang KY, Guo X, Uramoto H, Kohno K, Taniguchi H, Tanaka Y, Fujii J, Sasaguri Y, Tanimoto A, Nakayama T, Yamada S .  Overexpression of Peroxiredoxin 4 Affects Intestinal Function in a Dietary Mouse Model of Nonalcoholic Fatty Liver Disease. .  PloS one11 ( 4 ) e0152549   2016年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0152549

    Web of Science

    PubMed

  • Hiraki T, Goto Y, Kitazono I, Tasaki T, Higashi M, Hatanaka K, Tanimoto A .  The First Case of Pulmonary Alveolar Proteinosis With Small Cell Lung Carcinoma. .  International journal of surgical pathology24 ( 2 ) 135 - 138   2016年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1066896915614893

    Web of Science

    PubMed

  • Morishita S, Kawaguchi H, Ono T, Miura N, Murakoshi M, Sugiyama K, Kato H, Tanimoto A, Nishino H .  Enteric lactoferrin attenuates the development of high-fat and high-cholesterol diet-induced hypercholesterolemia and atherosclerosis in Microminipigs. .  Bioscience, biotechnology, and biochemistry80 ( 2 ) 295 - 303   2016年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2015.1091713

    Web of Science

    PubMed

  • Saitoh Y, Setoguchi T, Nagata M, Tsuru A, Nakamura S, Nagano S, Ishidou Y, Nagao-Kitamoto H, Yokouchi M, Maeda S, Tanimoto A, Furukawa T, Komiya S .  Combination of Hedgehog inhibitors and standard anticancer agents synergistically prevent osteosarcoma growth. .  International journal of oncology48 ( 1 ) 235 - 242   2016年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.3236

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Harada Y, Noguchi H, Satoh N, Kimura S, Nakayama T, Tanimoto A .  Embryonal rhabdomyosarcoma arising from the uterine corpus in a postmenopausal female: a surgical case challenging the genuine diagnosis on a cytology specimen. .  Diagnostic pathology11   3 - 3   2016年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13000-016-0451-0

    Web of Science

    PubMed

  • Setoguchi T, Kawakami H, Ishidou Y, Kawamura H, Nishi J, Yoshioka T, Kakoi H, Nagano S, Yokouchi M, Tanimoto A, Komiya S .  Cut-off values of latent infection in patients with rapid migration following bipolar hip hemiarthroplasty. .  BMC musculoskeletal disorders17   37 - 37   2016年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-016-0876-3

    Web of Science

    PubMed

  • Yoshimura T, Yamada S, Shima K, Nakamura N, Tanimoto A .  An elastofibromatous lesion at the tip of the sublingual fold .  J Dent & Oral Disord2 ( 6 ) 1031   2016年

  • Shimada H, Otero M, Tsuchimochi K, Yamasaki S, Sakakima H, Matsuda F, Sakasegawa M, Setoguchi T, Xu L, Goldring MB, Tanimoto A, Komiya S, Ijiri K .  CCAAT/enhancer binding protein β (C/EBPβ) regulates the transcription of growth arrest and DNA damage-inducible protein 45 β (GADD45β) in articular chondrocytes. .  Pathology, research and practice212 ( 4 ) 302 - 309   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2016.01.009

    Web of Science

    PubMed

  • 川口 博明, 堀内 正久, 谷本 昭英 .  マイクロミニピッグの毒性病理 .  日本毒性学会学術年会43   S9 - 3   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本毒性学会  

    我々は解剖学・生理学的にヒトとの類似性点が多いミニブタ、中でも超小型のマイクロミニピッグに着目し、この動物の誕生とほぼ同時に、実験動物としての開発に取り組み、背景データの構築、毒性病理評価モデル・ヒト病態モデルの開発、発生工学をメインテーマに研究してきた。本発表では毒性病理の視点から、これまでの研究成果や知見を紹介する。また、ミニブタに関する国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会の取り組みについても紹介する。<br>Swine provide reliable experimental animal models because of their physiological and anatomical similarities to humans. The Microminipig is a novel breed of minipig. We have studied formulation of background data, development of toxicologic pathology test model and human disease model, developmental engineering in Microminipigs. In this presentation, we review our results as toxicologic pathology in Microminipigs. In addition, we present the International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria (INHAND)-Non-rodent working group (NRWG) -Minipig.

    DOI: 10.14869/toxpt.43.1.0_S9-3

  • 北薗 育美, 東 美智代, 平木 翼, 後藤 優子, 田崎 貴嗣, 義岡 孝子, 畑中 一仁, 藤尾 信吾, 平野 宏文, 有田 和徳, 谷本 昭英 .  第三脳室脊索腫様膠腫の1例 .  診断病理32 ( 4 ) 285 - 288   2015年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    第三脳室脊索腫様膠腫の1例を報告する。症例は44歳女性。12年前に無月経、頭痛があり精査。第三脳室内腫瘤性病変を指摘され、生検されたが、炎症所見のみで確定診断には至らなかった。病変の増大を認めたため摘出された。組織学的に、粘液腫状基質や炎症細胞浸潤を伴った上皮様腫瘍細胞の増殖を認めた。免疫組織学的検討では腫瘍細胞はGFAP、Vimentinにびまん性に陽性でCD34に部分的に陽性、EMAに一部が弱陽性を示した。以上の所見から第三脳室脊索腫様膠腫と診断した。(著者抄録)

  • Tsuru A, Setoguchi T, Kawabata N, Hirotsu M, Yamamoto T, Nagano S, Yokouchi M, Kakoi H, Kawamura H, Ishidou Y, Tanimoto A, Komiya S .  Enrichment of bacteria samples by centrifugation improves the diagnosis of orthopaedics-related infections via real-time PCR amplification of the bacterial methicillin-resistance gene. .  BMC research notes8 ( 1 ) 288 - 288   2015年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-015-1180-2

    Scopus

    PubMed

  • 谷本 昭英 .  【病理診断クイックリファレンス】(第1章)心・血管 嚢胞状中膜壊死 .  病理と臨床33 ( 臨増 ) 10 - 10   2015年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 谷本 昭英 .  【病理診断クイックリファレンス】(第1章)心・血管 肥大型心筋症 .  病理と臨床33 ( 臨増 ) 8 - 8   2015年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 谷本 昭英 .  【病理診断クイックリファレンス】(第1章)心・血管 心筋炎 .  病理と臨床33 ( 臨増 ) 7 - 7   2015年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 谷本 昭英, 川口 博明 .  第三の家畜 実験動物としてのミニブタ マイクロミニピッグ疾患モデル .  病理と臨床33 ( 3 ) 330 - 332   2015年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y .  Novel function of histamine signaling in hyperlipidemia-induced atherosclerosis: Histamine H1 receptors protect and H2 receptors accelerate atherosclerosis. .  Pathology international65 ( 2 ) 67 - 80   2015年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12246

    Web of Science

    PubMed

  • Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A. .  Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle. .  In Vivo.29 ( 1 ) 176 - 22   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y. .  Novel function of histamine signaling in hyperlipidemia-induced atherosclerosis: Histamine H1 receptors protect and H2 receptors accelerate atherosclerosis. .  Pathol Int.65 ( 2 ) 67 - 80   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsutsui M, Tanimoto A, Tamura M, Mukae H, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y .  Significance of nitric oxide synthases: Lessons from triple nitric oxide synthases null mice. .  Journal of pharmacological sciences127 ( 1 ) 42 - 52   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2014.10.002

    Web of Science

    PubMed

  • Michiko Noguchi, Naoki Miura, Takaaki Ando, Chikara Kubota, Seiji Hobo, Hiroaki Kawaguchi, Akihide Tanimoto .  Profiles of Reproductive Hormone in the Microminipig During the Normal Estrous Cycle .  IN VIVO29 ( 1 ) 17 - 22   2015年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    We investigated changes in the peripheral plasma concentrations of ovarian steroids and gonadotropins throughout the estrous cycle of the Microminipig (MMpig), a novel experimental animal model. The mean (+/- standard error of the mean (SEM)) duration of estrous and the estrous cycle in seven animals was 66.0 +/- 5.2 h and 20.6 +/- 0.3 days, respectively. A luteinizing hormone (LH) surge was observed 16.5 +/- 6.5 h after the onset of estrous in six out of the seven animals. The LH peak and the duration of the LH surge were 14.0 +/- 4.5 ng/ml and 34.0 +/- 2.0 h, respectively. Plasma progesterone concentrations started to decline on Day 7 (Day 0 = the day of the LH peak) and increased from Day 4. Estradiol-17 beta levels increased from Day 3 and reached a maximum (37.0 +/- 1.6 pg/ml) on Day 0.75. Follicle-stimulating hormone (FSH) concentrations showed a first and second surge on Days 0 and 1.75. An inverse relationship between FSH and estradiol-17 beta concentrations was noted before the LH surge. The characteristics of estrous and the gonadotropin and ovarian steroid profiles throughout the estrous cycle of MMpigs are similar to those of domestic pigs and other miniature pig strains.

    Web of Science

    PubMed

  • Michiko Noguchi, Naoki Miura, Takaaki Ando, Chikara Kubota, Seiji Hobo, Hiroaki Kawaguchi, Akihide Tanimoto .  Profiles of Reproductive Hormone in the Microminipig During the Normal Estrous Cycle .  IN VIVO29 ( 1 ) 17 - 22   2015年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    We investigated changes in the peripheral plasma concentrations of ovarian steroids and gonadotropins throughout the estrous cycle of the Microminipig (MMpig), a novel experimental animal model. The mean (+/- standard error of the mean (SEM)) duration of estrous and the estrous cycle in seven animals was 66.0 +/- 5.2 h and 20.6 +/- 0.3 days, respectively. A luteinizing hormone (LH) surge was observed 16.5 +/- 6.5 h after the onset of estrous in six out of the seven animals. The LH peak and the duration of the LH surge were 14.0 +/- 4.5 ng/ml and 34.0 +/- 2.0 h, respectively. Plasma progesterone concentrations started to decline on Day 7 (Day 0 = the day of the LH peak) and increased from Day 4. Estradiol-17 beta levels increased from Day 3 and reached a maximum (37.0 +/- 1.6 pg/ml) on Day 0.75. Follicle-stimulating hormone (FSH) concentrations showed a first and second surge on Days 0 and 1.75. An inverse relationship between FSH and estradiol-17 beta concentrations was noted before the LH surge. The characteristics of estrous and the gonadotropin and ovarian steroid profiles throughout the estrous cycle of MMpigs are similar to those of domestic pigs and other miniature pig strains.

    Web of Science

    PubMed

  • Uchida T, Furuno Y, Tanimoto A, Toyohira Y, Arakaki K, Kina-Tanada M, Kubota H, Sakanashi M, Matsuzaki T, Noguchi K, Nakasone J, Igarashi T, Ueno S, Matsushita M, Ishiuchi S, Masuzaki H, Ohya Y, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y, Tamura M, Tsutsui M .  Development of an experimentally useful model of acute myocardial infarction: 2/3 nephrectomized triple nitric oxide synthases-deficient mouse. .  Journal of molecular and cellular cardiology77   29 - 41   2014年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2014.09.021

    Web of Science

    PubMed

  • Miura N, Kucho K, Noguchi M, Miyoshi N, Uchiumi T, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Comparison of the genomic sequence of the microminipig, a novel breed of swine, with the genomic database for conventional pig. .  In vivo (Athens, Greece)28 ( 6 ) 1107 - 1111   2014年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Koyama T, Noguchi H, Ueda Y, Kitsuyama R, Shimizu H, Tanimoto A, Wang KY, Nawata A, Nakayama T, Sasaguri Y, Satoh T .  Marine hydroquinone zonarol prevents inflammation and apoptosis in dextran sulfate sodium-induced mice ulcerative colitis. .  PloS one9 ( 11 ) e113509   2014年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0113509

    Web of Science

    PubMed

  • Yamaguchi T, Yamazaki T, Kawaguchi H, Tawa M, Nakamura Y, Shiota M, Osada-Oka M, Tanimoto A, Okamura T, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M, Izumi Y .  Noninvasive metabolic syndrome model using an extremely small minipig, the microminipig. .  Journal of pharmacological sciences126 ( 2 ) 168 - 171   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jphs.14171SC

    Web of Science

    PubMed

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A .  The hyaline vascular type of Castleman's disease of the ovary: a case report. .  International journal of surgical pathology22 ( 7 ) 652 - 655   2014年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1066896913517936

    Web of Science

    PubMed

  • Hamada T, Souda M, Yoshimura T, Sasaguri S, Hatanaka K, Tasaki T, Yoshioka T, Ohi Y, Yamada S, Tsutsui M, Umekita Y, Tanimoto A .  Anti-apoptotic effects of PCP4/PEP19 in human breast cancer cell lines: a novel oncotarget. .  Oncotarget5 ( 15 ) 6076 - 6086   2014年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.2161

    Web of Science

    PubMed

  • Hiraki T, Higashi M, Goto Y, Kitazono I, Yokoyama S, Iuchi H, Nagano H, Tanimoto A, Yonezawa S .  A rare case of internal jugular vein aneurysm with massive hemorrhage in neurofibromatosis type 1. .  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology23 ( 4 ) 244 - 247   2014年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carpath.2014.02.001

    Web of Science

    PubMed

  • Kakimoto T, Otsuka A, Kawaguchi H, Ogata K, Tanimoto A, Kanouchi H .  Plasma homocysteine concentrations in novel microminipigs. .  In vivo (Athens, Greece)28 ( 4 ) 579 - 582   2014年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  • Yokouchi M, Nagano S, Kijima Y, Yoshioka T, Tanimoto A, Natsugoe S, Komiya S .  Solitary breast metastasis from myxoid liposarcoma. .  BMC cancer14   482 - 482   2014年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-14-482

    Web of Science

    PubMed

  • Sakamoto Y, Yokouchi M, Nagano S, Shimada H, Nakamura S, Setoguchi T, Kawamura I, Ishidou Y, Tanimoto A, Komiya S .  Metastasis of osteosarcoma to the trapezius muscle: a case report. .  World journal of surgical oncology12   176 - 176   2014年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7819-12-176

    Web of Science

    PubMed

  • 早田 正和, 巌谷 織絵, 大井 恭代, 谷本 昭英 .  病理技術 迅速FISH検査システムHER2 IQFISH pharmDxの有用性の検討 .  病理と臨床32 ( 5 ) 583 - 586   2014年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Yamamoto M, Arimura H, Fukushige T, Minami K, Nishizawa Y, Tanimoto A, Kanekura T, Nakagawa M, Akiyama S, Furukawa T .  Abcb10 role in heme biosynthesis in vivo: Abcb10 knockout in mice causes anemia with protoporphyrin IX and iron accumulation. .  Molecular and cellular biology34 ( 6 ) 1077 - 1084   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.00865-13

    Web of Science

    PubMed

  • Noguchi H, Yamada S, Nabeshima A, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Kitada S, Tasaki T, Takama T, Shimajiri S, Horlad H, Komohara Y, Izumi H, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y .  Depletion of apoptosis signal-regulating kinase 1 prevents bile duct ligation-induced necroinflammation and subsequent peribiliary fibrosis. .  The American journal of pathology184 ( 3 ) 644 - 661   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2013.11.030

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Koyama T, Noguchi H, Ueda Y, Kitsuyama R, Shimizu H, Tanimoto A, Wang KY, Nawata A, Nakayama T, Sasaguri Y, Satoh T. .  Marine hydroquinone zonarol prevents inflammation and apoptosis in dextran sulfate sodium-induced mice ulcerative colitis. .  PLoS One9 ( 11 )   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura N, Kucho K, Noguchi M, Miyoshi N, Uchiumi T, Kawaguchi H, Tanimoto A. .  Comparison of the genomic sequence of the microminipig, a novel breed of swine, with the genomic database for conventional pig. .  In Vivo.28 ( 6 ) 1107 - 1111   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchida T, Furuno Y, Tanimoto A, Toyohira Y, Arakaki K, Kina-Tanada M, Kubota H, Sakanashi M, Matsuzaki T, Noguchi K, Nakasone J, Igarashi T, Ueno S, Matsushita M, Ishiuchi S, Masuzaki H, Ohya Y, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y, Tamura M, Tsutsui M. .  Development of an experimentally useful model of acute myocardial infarction: 2/3 nephrectomized triple nitric oxide synthases-deficient mouse. .  J Mol Cell Cardiol.77   29 - 41   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamaguchi T, Yamazaki T, Kawaguchi H, Tawa M, Nakamura Y, Shiota M, Osada-Oka M, Tanimoto A, Okamura T, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M, Izumi Y. .  A noninvasive metabolic syndrome model using an extremely small minipig, the microminipig. .  J Pharmacol Sci.126 ( 2 ) 168 - 171   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokouchi M, Nagano S, Kijima Y, Yoshioka T, Tanimoto A, Natsugoe S, Komiya S. .  Solitary breast metastasis from myxoid liposarcoma. .  BMC Cancer. 2014 Jul 4;14:482. doi: 10.1186/1471-2407-14-482.14 ( 482 )   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiraki T, Higashi M, Goto Y, Kitazono I, Yokoyama S, Iuchi H, Nagano H, Tanimoto A, Yonezawa S .  A rare case of internal jugular vein aneurysm with massive hemorrhage in neurofibromatosis type 1. .  Cardiovasc Pathol. 23 ( 4 ) 244 - 247   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A .  The hyaline vascular type of Castleman's disease of the ovary: a case report. .  Int J Surg Pathol.22 ( 7 ) 652 - 655   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakimoto T, Otsuka A, Kawaguchi H, Ogata K, Tanimoto A, Kanouchi H. .  Plasma homocysteine concentration in novel microminipigs. .  In Vivo 28   579 - 582   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada T, Souda M, Yoshimura T, Sasaguri S, Hatanaka K, Tasaki T, Yoshioka T, Ohi Y, Yamada S, Tsutsui M, Umekita Y, Tanimoto A .  Anti-apoptotic Effects of PCP4/PEP19 in Human Breast Cancer Cell Lines: A Novel Oncotarget .  Oncotarget 5   6076 - 6086   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akioka K, Kawaguchi H, Kitajima S, Miura N, Noguchi M, Horiuchi M, Miyoshi N, Tanimoto A. .  Investigation of Necessity of Sodium Cholate and Minimal Required Amount of Cholesterol for Dietary Induction of Atherosclerosis in Microminipigs. .  In Vivo. 28 ( 1 ) 81 - 90   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A. .  Pulmonary rhabdomyomatous dysplasia of the newborn in neurofibromatosis type 1. .  Pathol Res Pract. 210: 318-320 ( 1 ) 318 - 320   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Ayaori M, Uto-Kondo H, Ikegawa M, Noguchi M, Wang KY, Izumi H, Tanimoto A. .  Rapid Development of Atherosclerosis in the World's Smallest Microminipig fed a high-fat/high cholesterol diet: A Useful Animal Model Because of its Size and Similarity to Human Pathophysiology. .  J Atheroscler Thromb. 21 ( 1 ) 186 - 203   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi H, Yamada S, Nabeshima A, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Kitada S, Tasaki T, Takama T, Shimajiri S, Horlad H, Komohara Y, Izumi H, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y. .  Depletion of apoptosis signal-regulating kinase 1 prevents bile duct ligation-induced necro-inflammation and subsequent peribiliary fibrosis. .  Am J Pathol. 184 ( 1 ) 644 - 661   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamoto M, Arimura H, Fukushige T, Minami K, Nshizawa Y, Tanimoto A, Kanekura T, Nakagawa M, Akiyama SI, Furukawa T. .  Abcb10 knockout mice causes anemia with protoporphyrin IX and iron accumulation: Abcb10 is essential for heme biosynthesis in vivo. .  Mol Cell Biol.34 ( 1 ) 1077 - 1084   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akioka K, Kawaguchi H, Kitajima S, Miura N, Noguchi M, Horiuchi M, Miyoshi N, Tanimoto A .  Investigation of necessity of sodium cholate and minimal required amount of cholesterol for dietary induction of atherosclerosis in microminipigs. .  In vivo (Athens, Greece)28 ( 1 ) 81 - 90   2014年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  • 谷本 昭英, 川口 博明, 野口 倫子, 三浦 直樹, 大竹 正剛 .  第三の家畜 実験動物としてのミニブタ 世界最小のマイクロミニピッグ .  病理と臨床32 ( 1 ) 92 - 96   2014年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Md Zahorul Islam, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Naoki Miura, Akihide Tanimoto .  Angiotensin II decreases bradykinin-induced NO and increases prostaglandin F-2 alpha release from cultured Microminipig basilar arterial endothelial cells .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES124   104P - 104P   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Ayaori M, Uto-Kondo H, Ikegawa M, Noguchi M, Wang KY, Izumi H, Tanimoto A .  Rapid development of atherosclerosis in the world's smallest Microminipig fed a high-fat/high-cholesterol diet. .  Journal of atherosclerosis and thrombosis21 ( 3 ) 186 - 203   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.21246

    Web of Science

    PubMed

  • Izumi Yasukatsu, Yamaguchi Takehiro, Kawaguchi Hiroaki, Tawa Masashi, Shiota Masayuki, Oka Mayuko, Tanimoto Akihide, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi .  The establishment of a noninvasive metabolic syndrome model using an extremely small size minipig .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES124   234P - 234P   2014年

  • Masato Tsutsui, Hiroaki Shimokawa, Akihide Tanimoto, Nobuyuki Yanagihara, Masahito Tamura, Yutaka Otsuji .  Roles of nitric oxide synthases in arteriosclerotic vascular disease: Insights from murine genetic models .  Journal of Clinical and Experimental Cardiology5 ( 6 )   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:OMICS Publishing Group  

    Nitric Oxide (NO) exerts a variety of biological actions under both physiological and pathological conditions. NO is synthesized by three distinct NO synthase (NOS) isoforms, encoded by three distinct NOS genes, including neuronal (nNOS), inducible (iNOS), and endothelial NOS (eNOS), all of which are expressed in the human vascular system. Although the roles of the NOSs in arteriosclerotic vascular diseases have been described in pharmacological studies with selective and non-selective NOS inhibitors, the selectivity and specificity of the NOS inhibitors continue to be an issue of debate. To solve this issue, genetically altered animals have been established. All types of NOS gene-deficient animals have been developed, including singly, doubly, and triply NOS-deficient mice and various types of NOS Gene-Transgenic (TG) animals have also been generated, including conditional and non-conditional TG mice bearing site-specific overexpression of each NOS gene. The roles of individual NOS isoforms as well as the entire NOSs system in arteriosclerotic vascular diseases have been extensively investigated in those mice, providing pivotal insights into an understanding of the pathophysiological significance of the NOSs in human arteriosclerotic vascular diseases. The present review, which is based on studies with the murine NOS genetic models, summarizes the latest knowledge about the NOSs and arteriosclerotic vascular diseases. © 2014 Tsutsui M, et al.

    DOI: 10.4172/2155-9880.1000318

    Scopus

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A .  Pulmonary rhabdomyomatous dysplasia of the newborn in neurofibromatosis type 1. .  Pathology, research and practice210 ( 5 ) 318 - 320   2014年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2013.10.008

    Web of Science

    PubMed

  • Nabeshima A, Yamada S, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Shimajiri S, Kimura S, Tasaki T, Noguchi H, Kitada S, Watanabe T, Fujii J, Kohno K, Sasaguri Y .  Peroxiredoxin 4 protects against nonalcoholic steatohepatitis and type 2 diabetes in a nongenetic mouse model. .  Antioxidants & redox signaling19 ( 17 ) 1983 - 1998   2013年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ars.2012.4946

    Scopus

    PubMed

  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Guo X, Nabeshima A, Watanabe T, Sasaguri Y .  Histamine receptors expressed in circulating progenitor cells have reciprocal actions in ligation-induced arteriosclerosis. .  Pathology international63 ( 9 ) 435 - 447   2013年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12091

    Web of Science

    PubMed

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Noguchi M, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A .  Sex differences of serum lipid profile in novel microminipigs. .  In vivo (Athens, Greece)27 ( 5 ) 617 - 621   2013年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  • 山本 謙一郎, 倉本 正文, 池嶋 聡, 増田 稔郎, 宮田 辰徳, 浦田 昌幸, 吉松 眞一, 江藤 健一郎, 谷本 昭英, 馬場 秀夫, 島田 信也 .  腹腔鏡下に切除した骨盤内後腹膜平滑筋肉腫の1例 .  日本外科系連合学会誌38 ( 4 ) 909 - 915   2013年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    症例は63歳女性.4年前,前医における尿路結石診断のためのCT検査にて,左腸骨前面に存在する2cm大の腫瘍を指摘されていた.徐々に増大してきたため当科紹介となった.左腸骨前面に接する4cm大の腫瘍を認めたが,経過ならびにCT・MRI検査にて積極的に悪性の所見を認めないことから骨盤内良性後腹膜腫瘍の術前診断にて,腹腔鏡下に腫瘍摘出術を施行した.特に周囲への癒着・浸潤はなく,腫瘍は完全に切除しえた.切除標本の病理組織学的診断にて,紡錘形の大型核多形性細胞を混在する腫瘍が束状増殖しており,免疫染色も併施し平滑筋肉腫と診断した.後腹膜腫瘍は症状もなく,CT検査にて偶然発見されることも多く,良悪性の術前診断に苦慮する場合も少なくない.画像診断の進歩により,比較的小さな腫瘍径で診断された後腹膜腫瘍は腹腔鏡下に安全かつ低侵襲に切除が可能であるが,悪性腫瘍を念頭においた完全切除が重要である.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01066&link_issn=&doc_id=20130904230035&doc_link_id=10.4030%2Fjjcs.38.909&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4030%2Fjjcs.38.909&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A .  Paratesticular dedifferentiated liposarcoma with leiomyosarcomatous differentiation: a case report with a review of literature. .  Diagnostic pathology8   142 - 142   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-8-142

    Web of Science

    PubMed

  • Sakanashi M, Matsuzaki T, Noguchi K, Nakasone J, Sakanashi M, Uchida T, Kina-Tanada M, Kubota H, Arakaki K, Tanimoto A, Yanagihara N, Sakanashi M, Ohya Y, Masuzaki H, Ishiuchi S, Sugahara K, Tsutsui M .  Long-term treatment with san'o-shashin-to, a kampo medicine, markedly ameliorates cardiac ischemia-reperfusion injury in ovariectomized rats via the redox-dependent mechanism. .  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society77 ( 7 ) 1827 - 1837   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-12-1434

    Web of Science

    PubMed

  • Miura N, Kawaguchi H, Nagasato T, Yamada T, Ito T, Izumi H, Shameshima H, Miyoshi N, Tanimoto A, Maruyama I .  Coagulation activity and white thrombus formation in the microminipig. .  In vivo (Athens, Greece)27 ( 3 ) 357 - 361   2013年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

  • Muto M, Kaji T, Mukai M, Nakame K, Yoshioka T, Tanimoto A, Matsufuji H .  Ghrelin and glucagon-like peptide-2 increase immediately following massive small bowel resection. .  Peptides43   160 - 166   2013年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2013.03.006

    Web of Science

    PubMed

  • 山本 謙一郎, 蔵元 一崇, 倉本 正文, 池嶋 聡, 増田 稔郎, 宮田 辰徳, 吉松 眞一, 浦田 昌幸, 門田 正貴, 谷本 昭英, 馬場 秀夫, 島田 信也 .  内臓逆位症に合併した十二指腸乳頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行した1例 .  胆と膵34 ( 4 ) 335 - 338   2013年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    症例は73歳女性。黄疸を指摘され当院受診。胸腹部造影CTにて総胆管と膵管の拡張と完全内臓逆位を認めた。上部消化管内視鏡検査では十二指腸乳頭部に表面不整で発赤腫大した易出血性の腫瘍を認めた。生検にて十二指腸乳頭部癌と診断し、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(Child変法再建)を施行した。病理検査所見にてtubular adenocarcinoma、pT3N0M0であった。術後4年3ヵ月無再発生存中である。内臓逆位症は内臓の一部または全部が左右逆転し正常位に対して鏡面的位置関係にある比較的まれな先天疾患であるが、それ自体に病的意義はないといわれている。悪性疾患合併の報告も散見されるが、高難度手術の一つである膵頭十二指腸切除施行例の報告は極めて少ない。今回われわれは完全内臓逆位症に合併した十二指腸乳頭部癌に対して、安全に膵頭十二指腸切除術を遂行し得たので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Tasaki T, Yamada S, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Nabeshima A, Kitada S, Noguchi H, Kimura S, Shimajiri S, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y .  Apoptosis signal-regulating kinase 1 deficiency attenuates vascular injury-induced neointimal hyperplasia by suppressing apoptosis in smooth muscle cells. .  The American journal of pathology182 ( 2 ) 597 - 609   2013年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2012.10.008

    Web of Science

    PubMed

  • Sakanashi M, Matsuzaki T, Noguchi K, Nakasone J, Sakanashi M, Uchida T, Kina-Tanada M, Kubota H, Arakaki K, Tanimoto A, Yanagihara N, Sakanashi M, Ohya Y, Masuzaki H, Ishiuchi S, Sugahara K, Tsutsui M. .  Long-Term Treatment With San'o-Shashin-To, a Kampo Medicine, Markedly Ameliorates Cardiac Ischemia-Reperfusion Injury in Ovariectomized Rats via the Redox-Dependent Mechanism. .  Circ J.77   1827 - 1837   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Noguchi M, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A. .  Sex Differences in Serum Lipid Profile in Novel Microminipigs. .  In Vivo.27   617 - 621   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshikawa T, Takahashi Y, Kawaguchi H, Utsunomiya S, Miura N, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A. .  A Dermal Phototoxicity Study Following Intravenous Infusion Administration of Ciprofloxacin Hydrochloride in the Novel Microminipigs. .  Toxicol Pathol41   109 - 113   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura N, Kawaguchi H, Nagasato T, Yamada T, Ito T, Izumi H, Shameshima H, Miyoshi N, Tanimoto A, Maruyama I. .  Coagulation activity and white thrombus formation in the Microminipig. .  In Vivo. 24   671 - 680   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muto M, Kaji T, Mukai M, Nakame K, Yoshioka T, Tanimoto A, Matsufuji H. .  Ghrelin and glucagon-like peptide-2 increase immediately following massive small bowel resection. .  Peptides. 43C   160 - 166   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tasaki T, Yamada S, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Nabeshima A, Kitada S, Noguchi H, Kimura S, Shimajiri S, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y. .  Apoptosis Signal-Regulating Kinase 1 Deficiency Attenuates Vascular Injury-Induced Neointimal Hyperplasia By Suppressing Apoptosis In Smooth Muscle Cells. .  Am J Pathol. 182   597 - 609   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Guo X, Nabeshima A,Watanabe T, Sasaguri Y. .  Histamine receptors expressed in circulating progenitor cells have reciprocal actions in ligation-induced arteriosclerosis. .  Pathol Int. 63 ( 1 ) 435 - 447   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nabeshima A, Yamada S, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Shimajiri S, Kimura S, Tasaki T, Noguchi H, Kitada S, Watanabe T, Fujii J, Kohno K, Sasaguri Y. .  Peroxiredoxin 4 protects against nonalcoholic steatohepatitis and type 2 diabetes in a nongenetic mouse model. .  Antioxid Redox Signal 19 ( 1 ) 1983 - 1998   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A. .  Paratesticular dedifferentiated liposarcoma with leiomyosarcomatous differentiation: A case report with a review of literature .  Diagn Pathol. 0.333333333333333 ( 1 ) 142 doi: 10.1186/1746-1596-8-142.   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshikawa T, Takahashi Y, Kawaguchi H, Utsunomiya S, Miura N, Izumi H, Miyoshi N, Tanimoto A .  A dermal phototoxicity study following intravenous infusion administration of ciprofloxacin hydrochloride in the novel microminipigs. .  Toxicologic pathology41 ( 1 ) 109 - 113   2013年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0192623312452489

    Web of Science

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Md. Zahorul Islam, Hiroaki Kawaguchi, Naoki Miura, Emi Yamzaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto .  Effect of continuous intravenous infusion of angiotensin II on Microminipig basilar arterial responsiveness .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES121   22P - 22P   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • 谷本 昭英, 川口 博明 .  第三の家畜 実験動物としてのミニブタ ブタの研究利用の現状 .  病理と臨床30 ( 11 ) 1276 - 1279   2012年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Guo X, Yamada S, Tanimoto A, Ding Y, Wang KY, Shimajiri S, Murata Y, Kimura S, Tasaki T, Nabeshima A, Watanabe T, Kohno K, Sasaguri Y .  Overexpression of peroxiredoxin 4 attenuates atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice. .  Antioxidants & redox signaling17 ( 10 ) 1362 - 1375   2012年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ars.2012.4549

    Web of Science

    PubMed

  • Kimura S, Tanimoto A, Wang KY, Shimajiri S, Guo X, Tasaki T, Yamada S, Sasaguri Y .  Expression of macrophage-derived chemokine (CCL22) in atherosclerosis and regulation by histamine via the H2 receptor. .  Pathology international62 ( 10 ) 675 - 683   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2012.02854.x

    Web of Science

    PubMed

  • Y. Ohi, Y. Umekita, Y. Sagara, Y. Rai, D. Yotsumoto, A. Matsukata, S. Baba, S. Tamada, Y. Matsuyama, M. Ando, Y. Sagara, M. Sasaki, S. Tsuchimochi, A. Tanimoto, Y. Sagara .  Whole sentinel lymph node analysis by a molecular assay predicts axillary node status in breast cancer .  BRITISH JOURNAL OF CANCER107 ( 8 ) 1239 - 1243   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    BACKGROUND: The one-step nucleic acid amplification (OSNA) assay is a rapid procedure for the detection of lymph node (LN) metastases using molecular biological techniques. The aim of this study was to assess the reliability of the whole sentinel lymph node (SLN) analysis by the OSNA assay as a predictor of non-SLN metastases.
    METHODS: Consecutive 742 patients with breast cancer were enroled in the study. The association of non-SLN or &gt;= 4 LN metastases with clinicopathological variables was investigated using multivariate logistic analysis.
    RESULTS: In total, 130 patients with a positive SLN who underwent complete axillary LN dissection were investigated. The frequency of non-SLN metastases in patients who were OSNA+ and + + was 19.3% and 53.4%, respectively, and that in patients with &gt;= 4 LN metastases who were OSNA+ and + + was 7.0% and 27.4%, respectively. The cytokeratin 19 (CK19) mRNA copy number (&gt;= 5.0 x 10(3); OSNA+ +) in the SLN was the most significant predictors of non-SLN metastases (P = 0.003). The CK19 mRNA copy number (&gt;= 1.0 x 10(5)) in the SLN was the only independent predictor of &gt;= 4 LN metastases (P = 0.014).
    CONCLUSION: Whole SLN analysis using the OSNA assay could become a valuable method for predicting non-SLN and &gt;= 4 LN metastases. British Journal of Cancer (2012) 107, 1239-1243. doi:10.1038/bjc.2012.387 www.bjcancer.com Published online 28 August 2012 (C) 2012 Cancer Research UK

    DOI: 10.1038/bjc.2012.387

    Web of Science

  • Yamada S, Tanimoto A, Nabeshima A, Tasaki T, Wang KY, Kitada S, Noguchi H, Sasaguri Y .  Diffuse large B-cell lymphoma presenting with neurolymphomatosis and intravascular lymphoma: a unique autopsy case with diverse neurological symptoms. .  Diagnostic pathology7   94 - 94   2012年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-7-94

    Web of Science

    PubMed

  • Haruyama E, Ayukawa Y, Kamura K, Mizutamari M, Ooshima Y, Tanimoto A .  Morphometric examination for development of reproductive organs in male cynomolgus monkeys. .  Toxicologic pathology40 ( 6 ) 918 - 925   2012年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0192623312444620

    Web of Science

    PubMed

  • 永尾 聡子, 前田 ゆかり, 久木田 妙子, 皆倉 愛美, 梅北 善久, 谷本 昭英, 大井 恭代 .  神経内分泌への分化を示す非浸潤性乳管癌の細胞診断 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌43   51 - 56   2012年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    目的:神経内分泌への分化を示す非浸潤性乳管癌(Neuroendocrine ductal carcinoma in situ:NE-DCIS)の臨床所見と細胞像を明らかにする。方法:細胞診が行われたNE-DCIS 3例の臨床所見と細胞所見について検討を行った。成績:臨床所見では血性乳頭分泌を認めた(3/3例)。細胞所見は、出血性背景に多数の乳管上皮細胞が出現しており、充実性あるいは結合性に乏しい大小の重積集塊で、発達した血管を伴っていた(3/3例)。核は偏在性で緊満感があり均一であったが(3/3例)、一部に核形不整を認めた(1/3例)。細胞質はライトグリーン好染性で一部細顆粒状を示し、孤立細胞は明瞭な細胞質を有していた(3/3例)。診断は悪性で(3/3例)、組織推定はDCIS(2/3例)、充実腺管癌(1/3例)であった。結論:NE-DCISは細胞学的に特徴的な所見を示し、臨床所見なども考慮すれば、NE-DCISを推定病変として挙げることは可能であると思われた。(著者抄録)

  • Haruyama E, Suda M, Ayukawa Y, Kamura K, Mizutamari M, Ooshima Y, Tanimoto A .  Testicular development in cynomolgus monkeys. .  Toxicologic pathology40 ( 6 ) 935 - 942   2012年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0192623312444619

    Web of Science

    PubMed

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Takahashi Y, Yoshikawa T, Izumi H, Kawarasaki T, Miyoshi N, Tanimoto A .  Reference values of hematological and biochemical parameters for the world smallest microminipigs. .  The Journal of veterinary medical science74 ( 7 ) 933 - 936   2012年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.11-0571

    Web of Science

    PubMed

  • Kimura S, Tanimoto A, Shimajiri S, Sasaguri T, Yamada S, Wang KY, Guo X, Sasaguri Y .  Unilateral gynecomastia and pseudoangiomatous stromal hyperplasia in neurofibromatosis: case report and review of the literature. .  Pathology, research and practice208 ( 5 ) 318 - 22   2012年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2012.03.003

    PubMed

  • Yamada S, Tanimoto A, Nabeshima A, Tasaki T, Wang KY, Kitada S, Noguchi H, Sasaguri Y. .  Diffuse Large B-Cell Lymphoma Presenting with Neurolymphomatosis and Intravascular Lymphoma: A Unique Autopsy Case with Diverse Neurological Symptoms. .  Diagn Pathol. 7   94   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohi Y, Umekita Y, Sagara Y, Rai Y, Yotsumoto D, Matsukata A, Baba S, Tamada S, Matsuyama Y, Ando M, Sagara Y, Sasaki M, Tsuchimochi S, Tanimoto A, Sagara Y. .  Whole sentinel lymph node analysis by a molecular assay predicts axillary node status in breast cancer. .  Br J Cancer 2012107   1239 - 1243   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Higashi M, Fujibayashi M, Hori S, Yoshioka T, Umekita Y, Tanimoto A. .  A case of complete hydatidiform mole in a perimenopausal woman with diagnostic usefulness of p57kip2 immunohistochemistry and HER2 fluorescent in situ hybridization. .  Pathol Res Pract.208   118 - 120   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Guo X, Yamada S, Tanimoto A, Ding Y, Wang KY, Shimajiri S, Murata Y, Kimura S, Tasaki T, Nabeshima A, Watanabe T, Kohno K, Sasaguri Y. .  Overexpression of Peroxiredoxin 4 Attenuates Atherosclerosis in Apolipoprotein E Knockout Mice. .  Antioxid Redox Signal 17   1362 - 1375   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Haruyama E, Suda M, Ayukawa Y, Kamura K, Mizutamari M, Ooshima Y, Tanimoto A. .  Testicular Development in Cynomolgus Monkeys. .  Toxicol Pathol.40   935 - 942   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Haruyama E, Ayukawa Y, Kamura K, Mizutamari M, Ooshima Y, Tanimoto A. .  Morphometric Examination for Development of Reproductive Organs in Male Cynomolgus Monkeys. .  Toxicol Pathol. 40   918 - 925   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi H, Yamada T, Miura N, Takahashi Y, Yoshikawa T, Izumi H, Kawarasaki T, Miyoshi N, Tanimoto A. .  Reference Values of Hematological and Biochemical Parameters for the World Smallest Microminipigs. .  J Vet Med Sci.74   933 - 936   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeishi K, Horiuchi M, Kawaguchi H, Deguchi Y, Izumi H, Arimura E, Kuchiiwa S, Tanimoto A, Takeuchi T. .  Acupuncture Improves Sleep Conditions of Minipigs Representing Diurnal Animals through an Anatomically Similar Point to the Acupoint (GV20) Effective for Humans. .  Evid Based Complement Alternat Med.   472982   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Higashi M, Fujibayashi M, Hori S, Yoshioka T, Umekita Y, Tanimoto A .  A case of complete hydatidiform mole in a perimenopausal woman with diagnostic usefulness of p57(kip2) immunohistochemistry and HER2 fluorescent in situ hybridization. .  Pathology, research and practice208 ( 2 ) 118 - 120   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2011.11.005

    Web of Science

    PubMed

  • Takeishi K, Horiuchi M, Kawaguchi H, Deguchi Y, Izumi H, Arimura E, Kuchiiwa S, Tanimoto A, Takeuchi T .  Acupuncture Improves Sleep Conditions of Minipigs Representing Diurnal Animals through an Anatomically Similar Point to the Acupoint (GV20) Effective for Humans. .  Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM2012   472982 - 472982   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/472982

    Web of Science

    PubMed

  • Ohi Y, Umekita Y, Yoshioka T, Souda M, Rai Y, Sagara Y, Sagara Y, Sagara Y, Tanimoto A .  Aldehyde dehydrogenase 1 expression predicts poor prognosis in triple-negative breast cancer. .  Histopathology59 ( 4 ) 776 - 780   2011年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2559.2011.03884.x

    Web of Science

    PubMed

  • Furuno Y, Morishita T, Toyohira Y, Yamada S, Ueno S, Morisada N, Sugita K, Noguchi K, Sakanashi M, Miyata H, Tanimoto A, Sasaguri Y, Shimokawa H, Otsuji Y, Yanagihara N, Tamura M, Tsutsui M .  Crucial vasculoprotective role of the whole nitric oxide synthase system in vascular lesion formation in mice: Involvement of bone marrow-derived cells. .  Nitric oxide : biology and chemistry25 ( 3 ) 350 - 359   2011年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.niox.2011.06.007

    Web of Science

    PubMed

  • Umekita Y, Souda M, Hatanaka K, Hamada T, Yoshioka T, Kawaguchi H, Tanimoto A .  Gene expression profile of terminal end buds in rat mammary glands exposed to diethylstilbestrol in neonatal period. .  Toxicology letters205 ( 1 ) 15 - 25   2011年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.toxlet.2011.04.031

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Ding Y, Tanimoto A, Wang KY, Guo X, Li Z, Tasaki T, Nabesima A, Murata Y, Shimajiri S, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y .  Apoptosis signal-regulating kinase 1 deficiency accelerates hyperlipidemia-induced atheromatous plaques via suppression of macrophage apoptosis. .  Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology31 ( 7 ) 1555 - U172   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.111.227140

    Web of Science

    PubMed

  • Yokouchi M, Terahara M, Nagano S, Arishima Y, Zemmyo M, Yoshioka T, Tanimoto A, Komiya S .  Clinical implications of determination of safe surgical margins by using a combination of CT and 18FDG-positron emission tomography in soft tissue sarcoma. .  BMC musculoskeletal disorders12   166 - 166   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2474-12-166

    Web of Science

    PubMed

  • Wang KY, Tanimoto A, Guo X, Yamada S, Shimajiri S, Murata Y, Ding Y, Tsutsui M, Kato S, Watanabe T, Ohtsu H, Hirano K, Kohno K, Sasaguri Y .  Histamine deficiency decreases atherosclerosis and inflammatory response in apolipoprotein E knockout mice independently of serum cholesterol level. .  Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology31 ( 4 ) 800 - U188   2011年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.110.215228

    Web of Science

    PubMed

  • 畑中 一仁, 吉岡 孝子, 梅北 善久, 谷本 昭英 .  診断に苦慮した細気管支肺胞上皮癌の1例 .  診断病理28 ( 2 ) 126 - 129   2011年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    70代、女性。乳癌術後、右下葉に増大傾向のあるmixed-ground glass opacity陰影を認め、区域切除術を施行。組織学的には構造が保たれた肺胞上皮置換性の病変で、異型は弱く、粘液貯留や線毛を有する細胞が混在した複雑な像を認めた。免疫染色より転移は否定的で、粘液非産生性の単一な細胞の肺胞上皮置換性増殖より粘液非産生性細気管支肺胞上皮癌と診断した。粘液や線毛上皮の混在は背景の間質性変化に伴うものと考えられた。近年、末梢小型腺癌を診断する機会が増えているが、本症例のように異型が弱く、背景に間質性変化等が加わった複雑な像の場合には標本全体像の把握が重要である。(著者抄録)

  • Umekita Y, Ohi Y, Souda M, Rai Y, Sagara Y, Sagara Y, Tamada S, Tanimoto A .  Maspin expression is frequent and correlates with basal markers in triple-negative breast cancer. .  Diagnostic pathology6   36 - 36   2011年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-6-36

    Web of Science

    PubMed

  • Han B, Izumi H, Yasuniwa Y, Akiyama M, Yamaguchi T, Fujimoto N, Matsumoto T, Wu B, Tanimoto A, Sasaguri Y, Kohno K .  Human mitochondrial transcription factor A functions in both nuclei and mitochondria and regulates cancer cell growth. .  Biochemical and biophysical research communications408 ( 1 ) 45 - 51   2011年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.03.114

    Web of Science

    PubMed

  • Ohi Y, Umekita Y, Rai Y, Sagara Y, Baba S, Tamada S, Sagara Y, Kukita T, Yoshioka T, Hatanaka K, Sagara Y, Tanimoto A .  Mucocele-like lesions of the breast: a long-term follow-up study. .  Diagnostic pathology6   29 - 29   2011年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-6-29

    Web of Science

    PubMed

  • Yoshioka T, Umekita Y, Ohi Y, Souda M, Sagara Y, Sagara Y, Sagara Y, Rai Y, Tanimoto A .  Aldehyde dehydrogenase 1 expression is a predictor of poor prognosis in node-positive breast cancers: a long-term follow-up study. .  Histopathology58 ( 4 ) 608 - 616   2011年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2559.2011.03781.x

    Web of Science

    PubMed

  • Kawaguchi H, Miyoshi N, Miura N, Fujiki M, Horiuchi M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yoshida H .  Microminipig, a Non-rodent Experimental Animal Optimized for Life Science Research: Novel Atherosclerosis Model Induced by High Fat and Cholesterol Diet. .  Journal of pharmacological sciences115 ( 2 ) 115 - 121   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jphs.10R17FM

    Web of Science

    PubMed

  • Terahara M, Nagano S, Arishima Y, Zemmyo M, Yokouchi M, Yoshioka T, Tanimoto A, Komiya S. .  Exploration with 18F-FDG PET/CT of new ways of determination of safe surgical margins for soft tissue sarcoma. .  BMC Musculoskeletal Disorders12   166   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Furuno Y, Morishita T, Toyohira Y, Yamada S, Ueno S, Morisada N, Sugita K, Tanimoto A, Sasaguri Y, Shimokawa H, Otsuji Y, Yanagihara N, Tamura M, Tsutsui M. .  Crucial Vasculoprotective Role of the Whole Nitric Oxide Synthases System in Vascular Lesion Formation in Mice: Involvement of Bone Marrow-Derived Cells. .  Nitric Oxide, Biol Chem.25   350 - 359   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umekita Y, Souda M, Hatanaka K, Hamda T, Yoshioka T, Kawaguchi H, Tanimoto A. .  Gene expression profile of terminal end buds in rat mammary glands exposed to diethylstilbestrol in neonatal period. .  Toxicol Lett. 205   15 - 25   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Ding Y, Tanimoto A, Wang KY, Guo X, Zhi Li, Murata Y, Shimajiri S, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y. .  Apoptosis signal-regulating kinase 1 deficiency is an atherogenic factor in atheromatous plaques via suppressed macrophage apoptosis. .  Arterioscler Thromb Vasc Biol. 31   1555 - 1564   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang KY, Tanimoto A, Guo X, Yamada S, Shimajiri S, Murata Y, Ding Y, Tsutsui M, Kato S, Watanabe T, Ohtsu H, Hirano K, Kohno K, Sasaguri Y. .  Histamine deficiency decreases atherosclerosis and inflammatory response in apoE-KO mice independently on serum cholesterol level. .  Arterioscler Thromb Vasc Biol.31   800 - 807   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Tanimoto A, Wang KY, Ding Y, Guo X, Shimajiri S, Sasano H, Sasaguri Y. .  Non-functional adrenocortical adenoma: A unique case of combination with myelolipoma and endothelial cysts. .  Pathol Res Pract.207   192 - 196   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshioka T, Umekita Y, Ohi Y, Souda M, Sagara Y, Sagara Y, SagaraY, Rai Y, Tanimoto A. .  Aldehyde dehydrogenase 1 expression is a predictor of poor prognosis in node-positive breast cancers: a long-term follow-up study. .  Histopathology 201158   608 - 616   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi H, Narita R, Hiura M, Abe S, Tabaru A, Tanimoto A, Sasaguri Y, Harada M. .  A case of adult autoimmune hepatitis with histological features of giant cell hepatitis. .  Intern Med. 50   315 - 319   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohi Y, Umekita Y, Rai Y, Sagara Y, Baba S, Tamada S, Sagara Y, Kukita T, Yoshioka T, Hatanaka K, Sagara Y, Tanimoto A. .  Mucocele-like lesions of the breast: a long-term follow-up study. .  Diagn Pathol. 20116   29   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Han B, Izumi H, Yasuniwa Y, Akiyama M, Yamaguchi T, Fujimoto N, Matsumoto T, Wu B, Tanimoto A, Sasaguri Y, Kohno K. .  Human mitochondrial transcription factor A functions in both nuclei and mitochondria and regulates cancer cell growth. .  Biochem Biophys Res Commun.408   45 - 51   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohi Y, Umekita Y, Yoshioka T, Souda M, Rai Y, Sagara Y, Sagara Y, Sagara Y, Tanimoto A. .  Aldehyde Dehydrogenase 1 Expression Predicts Poor Prognosis in Triple-Negative Breast Cancer. .  Histopathology59 ( 4 ) 776 - 780   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umekita Y, Ohi Y, Dr, Souda M, Rai Y, Sagara Y, Sagara Y, Tamada S, Tanimoto A. .  Maspin is a better marker for basal-like subtype in triple-negative breast cancer. .  Diagn Pathol. 6   36   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi H, Narita R, Hiura M, Abe S, Tabaru A, Tanimoto A, Sasaguri Y, Harada M .  A case of adult autoimmune hepatitis with histological features of giant cell hepatitis. .  Internal medicine (Tokyo, Japan)50 ( 4 ) 315 - 319   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.4063

    Web of Science

    PubMed

  • Terahara M, Nagano S, Arishima Y, Zemmyo M, Yokouchi M, Yoshioka T, Tanimoto A, Komiya S .  Exploration with 18F-FDG PET/CT of new ways of determination of safe surgical margins for soft tissue sarcoma. .  BMC Musculoskeletal Disorders12   166   2011年

  • Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki, Horiuchi Masahisa, Ono Tomoji, Murakoshi Michiaki, Nishino Hoyoku, Nagata Ryoichi, Sahara Hisashi, Tanimoto Akihide, Yamada Kazuhiko, Yoshida Hiroki .  Microminipig: research models to break through cardiovascular disease .  JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES115   49P   2011年

     詳細を見る

  • Yamada S, Tanimoto A, Wang KY, Ding Y, Guo X, Shimajiri S, Sasano H, Sasaguri Y .  Non-functional adrenocortical adenoma: a unique case of combination with myelolipoma and endothelial cysts. .  Pathology, research and practice207 ( 3 ) 192 - 196   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2010.07.008

    Web of Science

    PubMed

  • Morisada N, Nomura M, Nishii H, Furuno Y, Sakanashi M, Sabanai K, Toyohira Y, Ueno S, Watanabe S, Tamura M, Matsumoto T, Tanimoto A, Sasaguri Y, Shimokawa H, Kusuhara K, Yanagihara N, Shirahata A, Tsutsui M .  Complete disruption of all nitric oxide synthase genes causes markedly accelerated renal lesion formation following unilateral ureteral obstruction in mice in vivo. .  Journal of pharmacological sciences114 ( 4 ) 379 - 389   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jphs.10143FP

    Web of Science

    PubMed

  • Izumi H, Wakasugi T, Shimajiri S, Tanimoto A, Sasaguri Y, Kashiwagi E, Yasuniwa Y, Akiyama M, Han B, Wu Y, Uchiumi T, Arao T, Nishio K, Yamazaki R, Kohno K .  Role of ZNF143 in tumor growth through transcriptional regulation of DNA replication and cell-cycle-associated genes. .  Cancer science101 ( 12 ) 2538 - 2545   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01725.x

    Web of Science

    PubMed

  • Shibata K, Yatera Y, Furuno Y, Sabanai K, Morisada N, Nakata S, Morishita T, Yamazaki F, Tanimoto A, Sasaguri Y, Tasaki H, Nakashima Y, Shimokawa H, Yanagihara N, Otsuji Y, Tsutsui M .  Spontaneous development of left ventricular hypertrophy and diastolic dysfunction in mice lacking all nitric oxide synthases. .  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society74 ( 12 ) 2681 - 2692   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-10-0277

    Web of Science

    PubMed

  • Bakhtiar Y, Arita K, Hirano H, Habu M, Fujio S, Kitajima S, Tanimoto A .  Prolactin-producing pituitary adenoma with abundant spherical amyloid deposition masquerading as extensive calcification. .  Neurologia medico-chirurgica50 ( 11 ) 1023 - 1026   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.50.1023

    Web of Science

    PubMed

  • Ding Y, Yamada S, Wang KY, Shimajiri S, Guo X, Tanimoto A, Murata Y, Kitajima S, Watanabe T, Izumi H, Kohno K, Sasaguri Y .  Overexpression of peroxiredoxin 4 protects against high-dose streptozotocin-induced diabetes by suppressing oxidative stress and cytokines in transgenic mice. .  Antioxidants & redox signaling13 ( 10 ) 1477 - 1490   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ars.2010.3137

    Web of Science

    PubMed

  • Zenmyo M, Tanimoto A, Sakakima H, Yokouchi M, Nagano S, Yamamoto T, Ishido Y, Komiya S, Ijiri K .  Gadd45β expression in chondrosarcoma: a pilot study for diagnostic and biological implications in histological grading. .  Diagnostic pathology5   69 - 69   2010年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-5-69

    Web of Science

    PubMed

  • Zenmyo M, Ishido Y, Terahara M, Yamamoto T, Tanimoto A, Komiya S, Ijiri K .  Intramedullary subependymoma of the cervical spinal cord: a case report with immunohistochemical study. .  The International journal of neuroscience120 ( 10 ) 676 - 679   2010年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00207454.2010.509894

    Web of Science

    PubMed

  • Noriaki Miyoshi, Masahisa Horiuchi, Yoshinori Inokuchi, Yoko Miyamoto, Naoki Miura, Satatoshi Tokunaga, Makoto Fujiki, Yasukatsu Izumi, Hiroaki Miyajima, Ryoichi Nagata, Kazuhiro Misumi, Toru Takeuchi, Akihide Tanimoto, Nobuhiro Yasuda, Hiroki Yoshida, Hiroaki Kawaguchi .  Novel Microminipig Model of Atherosclerosis by High Fat and High Cholesterol Diet, Established in Japan .  IN VIVO24 ( 5 ) 671 - 680   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Novel atherosclerotic lesions were induced in the Microminipig (MMP, registered with the Japanese Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries as a novel variety of swine), the smallest pig available for experimental use, by feeding a high fat (12%) and high cholesterol (5%) diet (HFCD) with sodium cholate (SC, 0.7%) (HFCD/SC) for three months. Three MMPs were used: a male fed with normal diet (M-ND), and a male and an ovariectomized female fed with HFCD/SC (M-HFCD/SC and Fx-HFCD/SC). HFCD/SC induced hypercholesterolemia accompanied by an increase in serum total cholesterol (T-Cho), low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C), high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) and cholesterol ester (CE) from the first week. Serum levels of T-Cho, LDL-C and CE reached a maximum in two to three weeks, and HDL-C gradually increased during the experimental period (duration). Serum lipoprotein analysis showed a dominant LDL-C fraction, as seen in humans, in all three MMPs. Body weight gain in the MMPs fed with HFCD/SC was greater than in the animal fed with M-ND. At the end of the experiment, computed tomography scans of conscious animals showed increases in subcutaneous and abdominal fat in those fed with HFCD/SC, suggesting the induction of obesity. Atherosclerotic lesions in systemic arteries (including external and internal iliac arteries, abdominal aorta, coronary artery, cerebral arterial circle), fatty changes, and foamy cell infiltration in the liver and spleen were histopathologically observed in the MMPs fed with HFCD/SC. Atherosclerosis and the pathological findings induced by HFCD/SC in MMPs were similar to the pathological changes associated with human atherosclerosis, suggesting that the MMP has the potential to be a suitable animal model for human atherosclerosis.

    Web of Science

    PubMed

  • Yatera Y, Shibata K, Furuno Y, Sabanai K, Morisada N, Nakata S, Morishita T, Toyohira Y, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y, Tasaki H, Nakashima Y, Shimokawa H, Yanagihara N, Otsuji Y, Tsutsui M .  Severe dyslipidaemia, atherosclerosis, and sudden cardiac death in mice lacking all NO synthases fed a high-fat diet. .  Cardiovascular research87 ( 4 ) 675 - 682   2010年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvq092

    Web of Science

    PubMed

  • Noriaki Miyoshi, Masahisa Horiuchi, Yoshinori Inokuchi, Yoko Miyamoto, Naoki Miura, Satatoshi Tokunaga, Makoto Fujiki, Yasukatsu Izumi, Hiroaki Miyajima, Ryoichi Nagata, Kazuhiro Misumi, Toru Takeuchi, Akihide Tanimoto, Nobuhiro Yasuda, Hiroki Yoshida, Hiroaki Kawaguchi .  Novel Microminipig Model of Atherosclerosis by High Fat and High Cholesterol Diet, Established in Japan .  IN VIVO24 ( 5 ) 671 - 680   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Novel atherosclerotic lesions were induced in the Microminipig (MMP, registered with the Japanese Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries as a novel variety of swine), the smallest pig available for experimental use, by feeding a high fat (12%) and high cholesterol (5%) diet (HFCD) with sodium cholate (SC, 0.7%) (HFCD/SC) for three months. Three MMPs were used: a male fed with normal diet (M-ND), and a male and an ovariectomized female fed with HFCD/SC (M-HFCD/SC and Fx-HFCD/SC). HFCD/SC induced hypercholesterolemia accompanied by an increase in serum total cholesterol (T-Cho), low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C), high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) and cholesterol ester (CE) from the first week. Serum levels of T-Cho, LDL-C and CE reached a maximum in two to three weeks, and HDL-C gradually increased during the experimental period (duration). Serum lipoprotein analysis showed a dominant LDL-C fraction, as seen in humans, in all three MMPs. Body weight gain in the MMPs fed with HFCD/SC was greater than in the animal fed with M-ND. At the end of the experiment, computed tomography scans of conscious animals showed increases in subcutaneous and abdominal fat in those fed with HFCD/SC, suggesting the induction of obesity. Atherosclerotic lesions in systemic arteries (including external and internal iliac arteries, abdominal aorta, coronary artery, cerebral arterial circle), fatty changes, and foamy cell infiltration in the liver and spleen were histopathologically observed in the MMPs fed with HFCD/SC. Atherosclerosis and the pathological findings induced by HFCD/SC in MMPs were similar to the pathological changes associated with human atherosclerosis, suggesting that the MMP has the potential to be a suitable animal model for human atherosclerosis.

    Web of Science

    PubMed

  • Wang KY, Tanimoto A, Yamada S, Guo X, Ding Y, Watanabe T, Watanabe T, Kohno K, Hirano K, Tsukada H, Sasaguri Y .  Histamine regulation in glucose and lipid metabolism via histamine receptors: model for nonalcoholic steatohepatitis in mice. .  The American journal of pathology177 ( 2 ) 713 - 723   2010年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2353/ajpath.2010.091198

    Web of Science

    PubMed

  • Matsuura Y, Kitajima M, Hachisuga T, Tanimoto A, Okura N, Kihara I .  Malignant mixed müllerian tumor with malignant neuroectodermal components (teratoid carcinosarcoma) of the ovary: Report of a case with clinicopathologic findings. .  The journal of obstetrics and gynaecology research36 ( 4 ) 907 - 911   2010年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2010.01238.x

    Web of Science

    PubMed

  • 王 克よう, 谷本 昭英, 笹栗 靖之 .  細胞外マトリックスと動脈硬化 .  産業医科大学雑誌32 ( 2 ) 195 - 203   2010年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:産業医科大学  

    動脈壁の細胞外マトリックスは、主に血管平滑筋細胞から作られる。動脈硬化病変においては、とくにI、III、IV、V、VIII型コラーゲンとエラスチンの高発現が確認されている。細胞外マトリックス分解に中心的役割を果たす酵素としてマトリックスメタロプロテアーゼ(matrix metalloproteinase;MMP)が知られており、動脈硬化の発症と進展、動脈瘤の発生と破裂、粥腫の不安定性などにMMPは関連している。MMP1、2、3、7、9、12、MT1-MMPなど多くのMMPが動脈脈壁に発現しており、主たるMMPの産生細胞は血管平滑筋細胞と動脈硬化病変に浸潤したマクロファージである。本総説では動脈硬化病変と細胞外マトリックスおよびその分解酵素でありMMPの関連について詳述する。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20100622060006&doc_link_id=110007618648&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F110007618648&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Hatanaka K, Tanimoto A, Umekita Y, Yoshioka T, Kanekura T .  Unusual anogenital apocrine tumor resembling mammary-like gland adenoma in male perineum: a case report. .  Diagnostic pathology5   42 - 42   2010年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1746-1596-5-42

    Web of Science

    PubMed

  • Yoshioka T, Harada M, Umekita Y, Taguchi S, Higashi M, Nakamura D, Suzuki S, Tanimoto A .  Necrotizing sialometaplasia of the parotid gland associated with angiocentric T-cell lymphoma: a case report and review of the literature. .  Pathology international60 ( 4 ) 326 - 329   2010年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2010.02518.x

    Web of Science

    PubMed

  • 王 克よう, 谷本 昭英, 笹栗 靖之 .  動脈硬化病変におけるヒスタミンの役割 .  産業医科大学雑誌32 ( 1 ) 63 - 71   2010年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:産業医科大学  

    ヒスタミンは、ヒスチジン脱炭酸酵素によってL-ヒスチジンから合成され、炎症、アレルギー、胃酸分泌、神経伝達といった生体反応を調節する生体アミンである。動脈硬化病変では、マクロファージ由来の泡沫細胞から産生されたヒスタミンは、血管平滑筋、血管内皮、炎症細胞に特異的ヒスタミン受容体を介して作用し、炎症反応に関わる多くの分子の発現を調節している。動脈硬化病変の形成と進展には、ヒスタミンネットワークによる慢性炎症反応の制御システムが関与している。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20100308220005&doc_link_id=110007588849&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F110007588849&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Morisada N, Nomura M, Nishii H, Furuno Y, Sakanashi M, Sabanai K, Toyohira Y, Ueno S, Watanabe S, Tamura M, Matsumoto T, Tanimoto A, Sasaguri Y, Shimokawa H, Kusuhara K, Yanagihara N, Shirahata A, Tsutsui M. .  Complete Disruption of All Nitric Oxide Synthase Genes Causes Markedly Accelerated Renal Lesion Formation Following Unilateral Ureteral Obstruction in Mice In Vivo. .  J Pharmacol Sci.114   379 - 389   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshioka T, Harada M, Umekita Y, Taguchi S, Higashi M, Nakamura D, Suzuki S, Tanimoto A. .  Necrotizing sialometaplasia of the parotid gland associated with angiocentric T-cell lymphoma: a case report and review of the literature. .  Pathol Int.60   326 - 329   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka K, Tanimoto A, Umekita Y, Yoshioka T, Kanekura T. .  Unusual anogenital apocrine tumor resembling mammary-like gland adenoma in male perineum: a case report. .  Diagn Pathol.5   42   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuura Y, Kitajima M, Hachisuga T, Tanimoto A, Okura N, Kihara I. .  Malignant mixed mullerian tumor with malignant neuroectodermal components (teratoid carcinosarcoma) of the ovary: Report of a case with clinicopathologic findings. .  J Obstet Gynaecol Res.36   907 - 911   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zenmyo M, Tanimoto A, Sakakima H, Yokouchi M, Nagano S, Yamamoto T, Ishido Y, Komiya S, Ijiri K. .  Gadd45beta expression in chondrosarcoma: A pilot study for diagnostic and biological implications in histological grading. .  Diagn Pathol.13   69   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zenmyo M, Ishido Y, Terahara M, Yamamoto T, Tanimoto A, Komiya S, Ijiri K. .  Intramedullary subependymoma of the cervical spinal cord: a case report with immunohistochemical study. .  Int J Neurosci.120   676 - 679   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bakhtiar Y, Arita K, Hirano H, Habu M, Fujio S, Kitajima S, Tanimoto A. 2010, 50: 1023-1026 .  Prolactin-producing pituitary adenoma with abundant spherical amyloid deposition masquerading as extensive calcification. .  Neurol Med Chir (Tokyo). 50   1023 - 1026   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yatera Y, Shibata K, Furuno Y, Sabanai K, Morisada N, Nakata S, Morishita T, Toyohira Y, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y, Tasaki H, Nakashima Y, Shimokawa H, Yanagihara N, Otsuji Y, Tsutsui M. .  Severe dyslipidaemia, atherosclerosis, and sudden cardiac death in mice lacking all NO synthases fed a high-fat diet. .  Cardiovasc Res.87   675 - 682   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ding Y, Yamada S, Wang KY, Shimajiri S, Guo X, Tanimoto A, Murata Y, Kitajima S, Watanabe T, Izumi H, Kohno K, Sasaguri Y. .  Overexpression of Peroxiredoxin 4 Protects Against High-Dose Streptozotocin-Induced Diabetes by Suppressing Oxidative Stress and Cytokines in Transgenic mice. .  Antioxid Redox Signal13   1477 - 1490   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang KY*, Tanimoto A* (*equal contribution), Yamada S, Guo X, Ding Y, Watanabe T, Watanabe T, Kohno K, Hirano KI, Tsukada H, Sasaguri Y. .  Histamine Regulation in Glucose and Lipid Metabolism via Histamine Receptors. Model for Nonalcoholic Steatohepatitis in Mice. .  Am J Pathol. 2010177   713 - 723   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Izumi H, Wakasugi T, Shimajiri S, Tanimoto A, Sasaguri Y, Kashiwagi E, Yasuniwa Y, Akiyama M, Han B, Wu Y, Uchiumi T, Arao T, Nishio K, Yamazaki R, Kohno K. .  Role of ZNF143 in tumor growth through transcriptional regulation of DNAreplication and cell-cycle-associated genes. .  Cancer Sci.101   2538 - 2545   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyoshi N, Horiuchi M, Inokuchi Y, Miyamoto Y, Miura N, Tokunaga S, Fujiki M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yasuda N, Yoshida H, Kawaguchi H. .  Novel microminipig model of atherosclerosis by high fat and high cholesterol diet, established in Japan. .  In Vivo.24   671 - 680   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shibata K, Yatera Y, Furuno Y, Sabanai K, Morisada N, Nakata S, Morishita T, Yamazaki F, Tanimoto A, Sasaguri Y, Tasaki H, Nakashima Y, Shimokawa H, Yanagihara N, Otsuji Y, Tsutsui M. .  Spontaneous Development of Left Ventricular Hypertrophy and Diastolic Dysfunction in Mice Lacking All Nitric Oxide Synthases. .  Circ J.74   2681 - 2692   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y .  [Extracellular matrix and atherosclerosis]. .  Journal of UOEH32 ( 2 ) 195 - 203   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7888/juoeh.32.195

    Scopus

    PubMed

  • Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y .  [Role of histamine in atherosclerotic lesions]. .  Journal of UOEH32 ( 1 ) 63 - 71   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7888/juoeh.32.63

    Scopus

    PubMed

  • Wang KY, Tanimoto A, Inenaga T, Yamada S, Shimajiri S, Ding Y, Guo X, Sasaguri Y .  Pulmonary capillary hemangiomatosis in chronic cardiac failure due to aortic stenosis. .  Journal of UOEH31 ( 4 ) 339 - 344   2009年12月査読

  • 大井 恭代, 雷 哲明, 久木田 妙子, 相良 安昭, 相良 吉昭, 馬場 信一, 玉田 修吾, 松山 義人, 佐々木 道朗, 土持 進作, 安藤 充嶽, 相良 吉厚, 吉田 愛知, 梅北 善久, 谷本 昭英 .  非触知乳癌の臨床病理学的特徴 .  乳癌の臨床24 ( 6 ) 762 - 763   2009年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    2003年5月〜2008年12月に根治手術を施行した非触知乳癌330例(全乳癌の12.6%)を対象に臨床病理学的特徴を検討した。MMG石灰化症例120例の確定診断は、生検組織診が77例、穿刺吸引細胞診が43例で、comedo typeでは穿刺吸引細胞診が有用であった。また、ステレオガイド下切除生検から低侵襲のマンモトーム吸引式針生検への移行がみられ、症例数は増加傾向であった。MMG/US mass症例127例は、非浸潤癌あるいは浸潤径の小さな浸潤癌が92例で、穿刺吸引細胞診は122例に施行され、不適率は4.1%、91.5%を悪性もしくは悪性疑いと診断しえた。鑑別困難例が7.7%あり、すべて低異型度癌であった。US massのみの症例86例の病理学的特徴は、MMG/US massとほぼ同様であった。乳頭分泌を発現契機とする症例43例は、23例がneuroendocrine differentiationを示し、同時期の非浸潤性乳管癌全体と比較して有意に高い傾向であった。pT2以上の症例は、3例が乳頭腺管癌、2例が浸潤性小葉癌であった。浸潤性小葉癌は穿刺吸引細胞診においてごく少数の小型異型細胞を認めるのみであった。非触知乳癌は画像所見や症状により病理学的特徴を有しており、それらを考慮することで、診断効率・精度の向上が期待できると思われた。

  • Yamada S, Tanimoto A, Wang KY, Shimajiri S, Sasaguri Y .  Stromal luteoma and nodular hyperthecosis of the bilateral ovaries associated with atypical endometrial hyperplasia of the uterus. .  Pathology international59 ( 11 ) 831 - 833   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2009.02454.x

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Tanimoto A, Matsuki Y, Hisada Y, Sasaguri Y .  Sclerosing encapsulating peritonitis (abdominal cocoon) associated with liver cirrhosis and diffuse large B-cell lymphoma: autopsy case. .  Pathology international59 ( 9 ) 681 - 686   2009年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2009.02427.x

    Web of Science

    PubMed

  • 林 海輝, 成田 竜一, 日浦 政明, 阿部 慎太郎, 田原 章成, 原田 大, 谷本 昭英, 笹栗 靖之 .  Giant cell hepatitisの組織像を呈した自己免疫性肝炎の1例 .  臨牀と研究86 ( 7 ) 945 - 946   2009年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 石原 善三郎, 大西 英生, 戸羽 直樹, 中村 利孝, 青木 隆敏, 谷本 昭英 .  脛骨骨幹端から骨端に進展したBrodie骨膿瘍の1例 .  整形・災害外科52 ( 7 ) 923 - 927   2009年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

    17歳男。2年前に誘因なく右足関節痛が出現し、前医でのX線で骨嚢胞性疾患を指摘されたが、疼痛が消失したため放置していた。今回、再び疼痛が出現し、MRIで内部がT1強調像で低信号、T2強調像で高信号を示す嚢胞性病変を認め、特に病変部に4層構造(病巣中心のT1強調像での低信号域、病巣内壁のT1強調像でのリング状高信号域、病巣外壁のT2強調像でのリング状低信号域、病巣外壁周辺のT1強調像での低信号域)を認めた。また、CTの矢状断像で骨幹端部から骨端軟骨下骨まで進展した病巣を認め、横断像で病巣部のfistulaを認めた。Brodie骨腫瘍と診断し、病巣の掻爬および洗浄術を施行し、術後はセフェム系抗生剤を3ヵ月間経口投与した。経過は良好で、術後2年2ヵ月経過した現在、再発は認めていない。

  • Shiota M, Izumi H, Tanimoto A, Takahashi M, Miyamoto N, Kashiwagi E, Kidani A, Hirano G, Masubuchi D, Fukunaka Y, Yasuniwa Y, Naito S, Nishizawa S, Sasaguri Y, Kohno K .  Programmed cell death protein 4 down-regulates Y-box binding protein-1 expression via a direct interaction with Twist1 to suppress cancer cell growth. .  Cancer research69 ( 7 ) 3148 - 3156   2009年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-08-2334

    Web of Science

    PubMed

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 島尻 正平, 笹栗 靖之 .  皮膚腫瘍papillary eccrine adenomaの1症例 .  診断病理26 ( 1 ) 58 - 61   2009年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    79歳男性の皮膚に発生したpapillary eccrine adenoma(PEA)の1例を経験したので報告する。右大腿部皮膚に軽い掻痒感を伴う腫瘤を自覚し、切除術を施行された。肉眼的に、径16×10×8mmで、黄白色調の境界明瞭な真皮内腫瘍であった。組織学的に、腫瘍はほぼ対称性の真皮中層から下層の病変で、拡張した腺管や嚢胞により構成されており、好酸性無構造物質の貯留を伴っていた。管腔の多くは異型のない二層性上皮で裏打ちされており、腔内へ乳頭状に突出する像や篩状様構造を呈していた。鑑別としてtubular apocrine adenoma(TAA)とaggressive digital papillary adenocarcinoma(ADPAca)が挙げられたが、前者は明らかな断頭分泌像を認めないことより、後者は細胞異型、構造異型の乏しいことより、PEAと診断した。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20090227260014&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2009%2F002601%2F014%2F0058-0061%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2009%2F002601%2F014%2F0058-0061%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Shiota M, Izumi H, Tanimoto A, Takahashi M, Miyamoto N, Kashiwagi E, Kidani A, Hirano G, Masubuchi D, Fukunaka Y, Yasuniwa Y, Naito S, Nishizawa S, Sasaguri Y, Kohno K. .  Programmed cell death protein 4 down-regulates Y-box binding protein-1 expression via a direct interaction with Twist1 to suppress cancer cell growth. .  Cancer Res. 69   3148 - 3156   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Tanimoto A, Matsuki Y, Hisada Y, Sasaguri Y. .  Sclerosing encapsulating peritonitis (abdominal cocoon) associated with liver cirrhosis and diffuse large B-cell lymphoma: autopsy case. .  Pathol Int.59   681 - 686   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada S, Tanimoto A, Wang KY, Shimajiri S, Sasaguri Y. .  Stromal luteoma and nodular hyperthecosis of the bilateral ovaries associated with atypical endometrial hyperplasia of the uterus. .  Pathol Int.59   831 - 833   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang KY, Tanimoto A, Inenaga T, Yamada S, Shimajiri S, Ding Y, Guo X, Sasaguri Y. .  Pulmonary capillary hemangiomatosis in chronic cardiac failure due to aortic stenosis. .  J UOEH.31   339 - 344   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小原 光祥, 岡 ハル子, 佐藤 斉, 藤原 仁, 岩井 幸子, 松山 篤二, 島尻 正平, 久岡 正典, 谷本 昭英, 濱田 哲夫 .  乳腺髄様癌の4症例 .  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌39   81 - 85   2008年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床細胞学会-九州連合会  

    いずれも乳房腫瘤を主訴とし、症例1(75歳)は定型的乳房切除術、症例2(31歳)は非定型的乳房切除術、症例3(40歳)と症例4(48歳)は乳房温存術(円状部分切除)を施行され、全例が4人の病理医により髄様癌と診断された。これら4例についてRadolfiらの3群亜型分類による再評価を行い、亜型分類とそれぞれの穿刺吸引細胞所見及び予後を比較検討した。Radolfiらの亜分類によるTMC(typical medullary carcinoma)に特徴的な細胞像は未分化な腫瘍細胞としての核・細胞質所見であると考えられた。

  • Sabanai K, Tsutsui M, Sakai A, Hirasawa H, Tanaka S, Nakamura E, Tanimoto A, Sasaguri Y, Ito M, Shimokawa H, Nakamura T, Yanagihara N .  Genetic disruption of all NO synthase isoforms enhances BMD and bone turnover in mice in vivo: involvement of the renin-angiotensin system. .  Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research23 ( 5 ) 633 - 643   2008年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1359/JBMR.080107

    Web of Science

    PubMed

  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Fan J, Shimajiri S, Kitajima S, Morimoto M, Tsutsui M, Watanabe T, Yasumoto K, Sasaguri Y .  Matrix metalloproteinase 12 accelerates the initiation of atherosclerosis and stimulates the progression of fatty streaks to fibrous plaques in transgenic rabbits. .  The American journal of pathology172 ( 5 ) 1419 - 1429   2008年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2353/ajpath.2008.070604

    Web of Science

    PubMed

  • Nakata S, Tsutsui M, Shimokawa H, Suda O, Morishita T, Shibata K, Yatera Y, Sabanai K, Tanimoto A, Nagasaki M, Tasaki H, Sasaguri Y, Nakashima Y, Otsuji Y, Yanagihara N .  Spontaneous myocardial infarction in mice lacking all nitric oxide synthase isoforms. .  Circulation117 ( 17 ) 2211 - 2223   2008年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.107.742692

    Web of Science

    PubMed

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 島尻 正平, 笹栗 靖之 .  腎のmucinous tubular and spindle cell carcinomaの1症例 .  診断病理25 ( 2 ) 121 - 124   2008年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    65歳女性の左腎上極に発生したmucinous tubular and spindle cell carcinoma(MTSC)の1例を経験したので報告する。生来健康であったが、健診時に偶然左腎腫瘍を指摘され、悪性を完全に否定できないため、左腎摘出術を施行された。腫瘍は径3.5×3×3cmの大きさで腎皮質に限局する境界明瞭な白色調の病変であり、内部に出血・壊死を認めなかった。組織学的に、腫瘍は主に管状に増殖し、間質には泡状変化の目立つムチンの沈着を伴っていた。一部では、紡錘形細胞の錯綜性増殖も見られたが、いずれにおいても、腫瘍細胞は異型の弱い小型細胞であった。鑑別としてpapillary renal cell carcinoma(papillary RCC)が挙げられたが、細胞異型が弱いこと、ムチンの沈着が目立つことなどより、MTSCと診断した。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20080515230014&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2008%2F002502%2F014%2F0121-0124%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2008%2F002502%2F014%2F0121-0124%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 島尻 正平, 笹栗 靖之 .  Neurolymphomatosisを合併したdiffuse large B cell lymphomaの1症例 .  福岡大学医学紀要35 ( 1 ) 71 - 72   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:福岡大学研究推進部  

  • Tanimoto A, Murata Y, Wang KY, Tsutsui M, Kohno K, Sasaguri Y .  Monocyte chemoattractant protein-1 expression is enhanced by granulocyte-macrophage colony-stimulating factor via Jak2-Stat5 signaling and inhibited by atorvastatin in human monocytic U937 cells. .  The Journal of biological chemistry283 ( 8 ) 4643 - 4651   2008年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M708853200

    Web of Science

    PubMed

  • Kamezaki F, Tasaki H, Yamashita K, Tsutsui M, Koide S, Nakata S, Tanimoto A, Okazaki M, Sasaguri Y, Adachi T, Otsuji Y .  Gene transfer of extracellular superoxide dismutase ameliorates pulmonary hypertension in rats. .  American journal of respiratory and critical care medicine177 ( 2 ) 219 - 226   2008年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1164/rccm.200702-264OC

    Web of Science

    PubMed

  • Wu L, Tanimoto A, Murata Y, Sasaguri T, Fan J, Sasaguri Y, Watanabe T .  Matrix metalloproteinase-12 gene expression in human vascular smooth muscle cells. .  Genes to Cells.8 ( 3 ) 225 - 234   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2443.2003.00628.x

    PubMed

  • Hashimoto M, Tanimoto A, Yoshiya T, Matoba S, Sawada T, Watanabe G, Seki K, Hashimoto H .  Mesenchymal tumor of the pancreas: report of a case. .  Surgery today37 ( 12 ) 1117 - 1119   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-007-3531-7

    Web of Science

    PubMed

  • 渡辺 次郎, 佐藤 圭, 松本 聡美, 中島 章, 大蔵 尚文, 谷本 昭英 .  Placental site trophoblastic tumorとの鑑別が困難であった子宮動静脈瘻を伴った胎盤遺残と思われる1例 .  診断病理24 ( 4 ) 445 - 447   2007年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    今回、Placental site trophoblastic tumor(以下PSTT)との鑑別に苦慮した、動静脈瘻を伴う胎盤遺残と思われる1例を経験した。本症例は当初、高度の筋層浸潤、静脈侵襲を伴う中間型トロホブラスト主体の病変であることからPSTTを疑った。しかしトロホブラストの局在が散在性であり、腫瘍としては腫瘤形成性に乏しい点から最終的には胎盤遺残と判断した。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20071203260014&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2007%2F002404%2F014%2F0445-0447%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2007%2F002404%2F014%2F0445-0447%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Akihide Tanimoto, Ke-Yong Wang, Yoshitaka Murata, Satoshi Kimura, Masako Nomaguchi, Sei Nakata, Masato Tsutsui, Yasuyuki Sasaguri .  Histamine upregulates the expression of inducible nitric oxide synthase in human intimal smooth muscle cells via histamine H1 receptor and NF-κB signaling pathway. .  Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology27 ( 7 ) 1556 - 1561   2007年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Histamine stimulates intimal SMCs to increase iNOS expression via H1 receptors and NF-κB signaling pathway. Histamine could be one of NO-regulating factors, by inducing iNOS expression in intimal SMCs, and may be related to atherogenesis.

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.106.139089

    Web of Science

    PubMed

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 松木 康真, 島尻 正平, 笹栗 靖之 .  Pancreatic hamartomaの1症例 .  診断病理24 ( 3 ) 335 - 338   2007年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    71歳女性の膵体尾部に発生した過誤腫の1例を経験したので報告する。2年前、上行結腸癌にて切除術を施行され、経過観察中の腹部CTにて膵尾部嚢胞性腫瘍が認められた。悪性を疑われ、膵体尾部脾合併切除術を施行された。腫瘍は径5×4×3cmの大きさで膵体尾部に限局する境界明瞭な白色調の病変であり、内部に出血と嚢胞性変化を伴っていた。組織学的に、充実性成分から嚢胞性成分への細胞密度の移行は緩やかであり、後者では上皮の裏打ちを認めなかった。充実性部分では、紡錘形から類円形の腫瘍細胞が無秩序に増殖しており、一部では硝子化した厚みのある線維性間質を伴っていた。鑑別として孤在性線維性腫瘍と胃腸間質性腫瘍が考えられたが、ラ氏島形成がなく、腺房細胞と介在導管上皮細胞の配置および構成割合に異常の認められる腺房組織を内在していたことより過誤腫と診断した。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20070810220011&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2007%2F002403%2F011%2F0335-0338%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2007%2F002403%2F011%2F0335-0338%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Koide S, Okazaki M, Tamura M, Ozumi K, Takatsu H, Kamezaki F, Tanimoto A, Tasaki H, Sasaguri Y, Nakashima Y, Otsuji Y .  PTEN reduces cuff-induced neointima formation and proinflammatory cytokines. .  American journal of physiology. Heart and circulatory physiology292 ( 6 ) H2824 - H2831   2007年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.01221.2006

    Web of Science

    PubMed

  • 堤 謙二, 宇田川 晴司, 木ノ下 義宏, 上野 正紀, 峯 真司, 江原 一尚, 谷本 昭英, 鶴丸 昌彦 .  リンパ節微小転移からみた早期胃癌における色素法によるセンチネルリンパ節/リンパ流域の検討 .  日本臨床外科学会雑誌68 ( 3 ) 540 - 546   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    色素法によるセンチネルリンパ節(sentinel node;SN)を指標としたリンパ節転移診断の問題点を微小転移の観点から検討した.早期胃癌57例を対象に,色素法によるSNおよびセンチネルリンパ流(Sentinel lymphatic basin,SB)同定率,SNおよびSBを指標とした微小転移を含む転移検出感度,正診率を検討した.微小転移は癌細胞1個をtumor cell microinvolvement,cluster形成をtumor clusterと定義した.M癌では2.9%(1/34),SM癌では60.9%(14/23)に微小転移を認めた.微小転移を指標としたSN同定率は100%,感度60.0%,正診率89.5%と感度が低く,一方SB単位で検討すると感度は86.7%,正診率96.5%と良好であった.早期胃癌におけるリンパ節微小転移頻度は高く,SNを指標とした場合の偽陰性症例の頻度を考慮すると,現状ではSNを指標とするよりもSBを指標とした方がより安全性の高い縮小手術が可能であると考えられた.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20070330020003&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.68.540&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.68.540&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Nakata S, Tsutsui M, Shimokawa H, Yamashita T, Tanimoto A, Tasaki H, Ozumi K, Sabanai K, Morishita T, Suda O, Hirano H, Sasaguri Y, Nakashima Y, Yanagihara N .  Statin treatment upregulates vascular neuronal nitric oxide synthase through Akt/NF-kappaB pathway. .  Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology27 ( 1 ) 92 - 98   2007年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.ATV.0000251615.61858.33

    Web of Science

    PubMed

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 笹栗 毅和, 松木 康真, 島尻 正平, 笹栗 靖之 .  子宮頸部に見られたendocervicosisの1症例 .  診断病理24 ( 1 ) 102 - 105   2007年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    47歳女性の子宮頸部に発生し、腟腔を占拠するendocervicosisの1例を経験したので報告する。約2年前より徐々に増大する下腹部膨隆が出現、卵巣嚢腫と診断され経過観察されていた。1ヵ月前より悪臭の強い帯下を認めたが精査出来ず、単純子宮全摘出術が施行された。病変は子宮腟部・後唇から突出する12×9×7cmの柔らかい腫瘤であり、腟腔を占拠していた。割面では粘液の貯留した多房状嚢胞性病変であった。腫瘤は大小の嚢胞性腺管により構成されており、異型のない内頸部型の粘液性円柱上皮が一層性に並んでいた。鑑別としてminimal deviation adenocarcinoma(adenoma malignum)とdeep nabothian cystが考えられたが、正常頸管腺との連続性がないこと、腺管の嚢胞性変化が見られること、および細胞異型が乏しいことなどよりendocervicosisと診断した。(著者抄録)

  • Tanimoto A, Sasaguri Y, Ohtsu H .  Histamine network in atherosclerosis. .  Trends in cardiovascular medicine16 ( 8 ) 280 - 284   2006年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcm.2006.06.001

    Web of Science

    PubMed

  • 山田 壮亮, 谷本 昭英, 松木 康真, 笹栗 靖之 .  マンソン孤虫症Sparganosisの1症例 .  診断病理23 ( 4 ) 296 - 298   2006年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    70歳女性の右乳房皮下に認められたマンソン孤虫症の1例を経験したので報告する。偶然右乳房B領域に硬結を指摘され、局麻下に腫瘤切除術を施行された。腫瘤性病変の主体は蛇行する虫体であり、周囲には肉芽腫の形成と好酸球の浸潤が認められた。虫体には、外側を覆う好酸性の外被、その内層に縦列する紡錘形の外被細胞、および疎な内部組織が認められた。内部組織には腸管などの分化した器官は見られなかったが、同心円状の石灰小体が分布していた。以上より、マンソン裂頭条虫の幼虫であるPlerocercoid(擬充尾虫)がヒトを第二中間宿主として寄生し迷入・迷走した皮膚爬行症creeping diaseseと考え、マンソン孤虫症Sparganosisと診断した。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20061107260012&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2006%2F002304%2F012%2F0296-0298%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2006%2F002304%2F012%2F0296-0298%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 山田 壮亮, 松木 康真, 谷本 昭英, 笹栗 毅和, 中野 盛夫, 笹栗 靖之 .  Aggressive digital papillary adenocarcinomaの1症例 .  診断病理23 ( 3 ) 193 - 195   2006年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    79歳男性の右拇指腹側に発生したaggressive digital papillary adenocarcinoma(以下ADPAca)の1例を経験したので報告する.右拇指腹側に,約3ヵ月の間に徐々に増大する径20〜30mm大の皮下腫瘤を認め,切開掻爬された.腫瘍は境界明瞭で,分葉状に充実性発育しており,内部に管状・低乳頭状構造を伴っていた.腫瘍細胞は円形から紡錘形で,核の大小不同,核分裂像の認められる異型上皮細胞であり,免疫組織化学的にAE1/AE3,EMAおよびS-100に陽性を呈した.Chondroid syringomaとの鑑別が考えられたが,細胞異型と特徴的な増殖様式よりADPAcaと診断した(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J03623&link_issn=&doc_id=20060817280004&doc_link_id=%2Fcd9jjodp%2F2006%2F002303%2F004%2F0193-0195%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcd9jjodp%2F2006%2F002303%2F004%2F0193-0195%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Y Kohno, Y Matsuki, A Tanimoto, H Izumi, T Uchiumi, K Kohno, S Shimajiri, Y Sasaguri .  Expression of Y-box-binding protein dbpC/contrin, a potentially new cancer/testis antigen .  BRITISH JOURNAL OF CANCER94 ( 5 ) 710 - 716   2006年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Y- box- binding proteins are members of the human cold- shock domain protein superfamily, which includes dbpA, dbpB/ YB- 1, and dbpC/ contrin. dbpC/ contrin is a germ cell- specific Y- box- binding protein and is suggested to function as a nuclear transcription factor and RNA- binding protein in the cytoplasm. Whereas ubiquitous dbpB/ YB- 1 expression has been well studied in various types of human carcinomas as a prognostic or predictive marker, the dbpC/ contrin expression in human tumour cells has not been reported. In this report, we provide the first evidence showing that dbpC was highly expressed in human testicular seminoma and ovarian dysgerminomas, and in carcinomas in other tissues and that its expression in normal tissues is nearly restricted to germ cells and placental trophoblasts. These results indicate that dbpC/ contrin would be a potentially novel cancer/ testis antigen.

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6602987

    Web of Science

  • 堤 謙二, 宇田川 晴司, 木ノ下 義宏, 上野 正紀, 峯 真司, 江原 一尚, 谷本 昭英, 鶴丸 昌彦 .  早期胃癌に対する幽門輪温存手術の適応からみた幽門上リンパ節微小転移の臨床的意義 .  日本臨床外科学会雑誌67 ( 2 ) 281 - 287   2006年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    早期胃癌における幽門上リンパ節(以下No. 5)への癌微小転移状況から,迷走神経幽門枝/右胃動脈を温存した幽門保存胃切除術(PPG)の適応拡大の可能性について検討した.D2郭清を行った中下部早期胃癌267例を対象にCytokeratin(CAM5.2)染色,HE染色によるNo. 5転移状況を検討.癌細胞が1個のtumor cell micro involvement(MI)が6例,cluster形成したmicro metastasis(MM)が2例,HE染色での転移は1例.M癌ではMIが1例.SM1癌では転移を認めず,SM2癌ではMIが5例,MMが2例,HE染色で1例,SM2癌は全体の9.3%(8/86)に転移を認めた.さらにSM2の小彎病変では16.7%(5/30),非小彎病変5.4%(3/56),組織型は全例,中・低分化型で,中低分化型・小彎病変の19.2%(5/26)に転移を認めた.微小転移の臨床的意義はいまだ解明されていないが,SM2癌でのPPG適応の際には慎重を期す必要がある

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20060228340003&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.67.281&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.67.281&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Yoshida T, Izumi H, Uchiumi T, Sasaguri Y, Tanimoto A, Matsumoto T, Naito S, Kohno K .  Expression and cellular localization of dbpC/Contrin in germ cell tumor cell lines. .  Biochimica et biophysica acta1759 ( 1-2 ) 80 - 88   2006年1月

  • T Yoshida, H Izumi, T Uchiumi, Y Sasaguri, A TaniMoto, T Matsumoto, S Naito, K Kohno .  Expression and cellular localization. of dbpC/Contrin in germ cell tumor cell lines .  BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION1759 ( 1-2 ) 80 - 88   2006年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The transcriptional regulation of the germ cell-specific cold-shock domain protein dbpC/Contrin was investigated, and the promoter region between -272 and -253 relative to the transcription start site was shown to be critical for the manifestation of cell-type specific transcription. In vivo footprint analysis demonstrated that the E-box located between -272 and -253 is protected in the dbpC/Contrin-positive germ cell tumor cell lines NEC8 and TERA1, but not in the dbpC/Contrin-negative bladder cancer cell line T24 or ovarian cancer cell line A2780. The promoter activity of the dbpC/Contrin gene was transactivated by co-transfection with c-Myc and the N-Myc expression plasmid. Western blotting analysis clearly showed that N-Myc is highly expressed in both NEC8 and TERA1 cells, and that c-Myc is expressed in both T24 and A2780 cells. These data demonstrate that cell-type specific dbpC/Contrin expression in germ cells is regulated by N-Myc. In addition, dbpC/Contrin is localized mainly in the cytoplasm of NEC8 and TERA1 cells, but is translocated to the nucleus when its C-terminal region is partially deleted. Our findings also suggest that dbpC/Contrin can be used as a molecular tool for the detection of germ cell tumors. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbaexp.2006.02.005

    Web of Science

  • Morishita T, Tsutsui M, Shimokawa H, Sabanai K, Tasaki H, Suda O, Nakata S, Tanimoto A, Wang KY, Ueta Y, Sasaguri Y, Nakashima Y, Yanagihara N .  Nephrogenic diabetes insipidus in mice lacking all nitric oxide synthase isoforms. .  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America102 ( 30 ) 10616 - 10621   2005年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0502236102

    Web of Science

    PubMed

  • 中村 雄介, 澤田 寿仁, 的場 周一郎, 横山 剛, 志田 勝義, 谷本 昭英 .  小腸capillary hemangiomaに対して腹腔鏡補助下切除術を施行した1例 .  外科67 ( 7 ) 851 - 855   2005年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    56歳男性.患者は貧血および血便を主訴に,精査加療目的で著者らの施設へ入院となった.入院時,正球性色素性貧血を認め,下部消化管内視鏡にてBauhin弁から約20cm口側の回腸に隆起性病変を発見し,腹腔鏡補助下小腸部分切除術を施行した.病理組織学的にcapillary hemangiomaと診断され,術後は経過良好であった

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2005&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20050629050020&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D67%26issue%3D7%26spage%3D851&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D67%26issue%3D7%26spage%3D851&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Sasaguri Y, Wang KY, Tanimoto A, Tsutsui M, Ueno H, Murata Y, Kohno Y, Yamada S, Ohtsu H .  Role of histamine produced by bone marrow-derived vascular cells in pathogenesis of atherosclerosis. .  Circulation research96 ( 9 ) 974 - 981   2005年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.RES.0000166325.00383.ed

    Web of Science

    PubMed

  • Murata Y, Tanimoto A, Wang KY, Tsutsui M, Sasaguri Y, De Corte F, Matsushita H .  Granulocyte macrophage-colony stimulating factor increases the expression of histamine and histamine receptors in monocytes/macrophages in relation to arteriosclerosis. .  Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology25 ( 2 ) 430 - 435   2005年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.ATV.0000148705.13411.65

    Web of Science

    PubMed

  • Shigeo Hara, Yutaka Yamaguchi, Shigeko Hara, Akihide Tanimoto, Kunihiko Seki, Hiroshi Matsushita, Shinji Tomikawa, Keihachiro Kuzuhara .  Long-term course of post-transplant mesangial IgA deposition: Clinicopathologic study of nine cases .  Clinical Transplantation, Supplement19 ( 14 ) 32 - 40   2005年

     詳細を見る

    We conducted the present study to elucidate the fate of post-transplant mesangial IgA deposit under the long-term observation. Out of a total of 45 cases with post-transplant mesangial IgA deposition, nine cases with more than 4 yr of follow-up term were enrolled in this study, and clinicopathologic characteristics were described. The study included three men and six women with a mean age of 34.2 yr. The average observation time from the detection of mesangial IgA deposition was 6.1 yr. Three cases were categorized as recurrent IgA nephropathy, while six cases were classified into latent mesangial IgA deposition. One case with hypertension developed end-stage renal disease. The significant improvement in microscopic hematuria was observed in one recurrent IgA nephropathy case. Microscopic findings included mild mesangial stalk thickening in all but one case. IgA deposition demonstrated a significant decrease in three latent mesangial IgA deposition cases. No apparent reduction in dense deposit quantity was observed on electron microscopy. There was no association between clinicopathologic findings and the regimen of anti-immunosuppressive agents. This study showed the improvement of the disease activity did occur in both recurrent IgA nephropathy and latent mesangial IgA deposition. Further investigation of latent mesangial IgA deposition may present the important clue to the pathogenesis of IgA nephropathy. Copyright © Blackwell Munksgaard 2005.

    Scopus

    PubMed

  • S Hara, Y Yamaguchi, S Hara, A Tanimoto, K Seki, H Matsushita, S Tomikawa, K Kuzuhara .  Long-term course of post-transplant mesangial IgA deposition: clinicopathologic study of nine cases .  CLINICAL TRANSPLANTATION19   32 - 40   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    We conducted the present study to elucidate the fate of posttransplant mesangial IgA deposit under the long-term observation. Out of a total of 45 cases with post-transplant mesangial IgA deposition nine cases with more than 4 yr of follow-up term were enrolled in this study, and clinicopathologic characteristics were described. The study included three men and six women with a mean age of 34.2 yr. The average observation time from the detection of mesangial IgA deposition was 6.1 yr. Three cases were categorized as recurrent IgA nephropathy, while six cases were classified into latent mesangial IgA deposition. One case with hypertension developed end-stage renal disease. The significant improvement in microscopic hematuria was observed in one recurrent IgA nephropathy case. Microscopic findings included mild mesangial stalk thickening in all but one case. IgA deposition demonstrated a significant decrease in three latent mesangial IgA deposition cases. No apparent reduction in dense deposit quantity was observed on electron microscopy. There was no association between clinicopathologic findings and the regimen of anti-immunosuppressive agents. This study showed the improvement of the disease activity did occur in both recurrent IgA nephropathy and latent mesangial IgA deposition. Further investigation of latent mesangial IgA deposition may present the important clue to the pathogenesis of IgA nephropathy.

    DOI: 10.1111/j.1399-0012.2005.00402.x

    Web of Science

    PubMed

  • 久保 孝利, 能勢 卓, 谷本 昭英, 笹栗 靖之, 森 陽, 伊東 晃 .  ウサギ関節軟骨の細胞外マトリックスおよびマトリックスメタロプロテアーゼ産生におよぼす加齢の影響 .  Connective Tissue36 ( 4 ) 197 - 205   2004年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本結合組織学会  

    ウサギ関節軟骨細胞を用い軟骨マトリックス合成の指標としてプロテオグリカン生合成,また分解の指標としてマトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs)産生におよぼす加齢の影響を軟骨組織の組織学的変化とともに検討した.加齢によりウサギ関節組織では軟骨細胞数の減少とともにマトリックス合成能の減少によるマトリックス維持能の低下を認めた.また,軟骨細胞への炎症性メディエーターであるIL-1結合能の増加が起こり,IL-1によるMMPs産生をはじめとするマトリックス分解系の亢進が誘発されやすくなることが示唆された.したがって,これらが総合的に加齢による変形性関節症をはじめとする関節疾患の発症頻度増大の原因となる可能性が示唆された

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2004&ichushi_jid=J04666&link_issn=&doc_id=20041222380001&doc_link_id=%2Fcc0conti%2F2004%2F003604%2F101%2F0197-0205%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcc0conti%2F2004%2F003604%2F101%2F0197-0205%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Ono C, Ashida T, Sugiyama T, Fujii J, Homma S, Tanimoto A .  [Rupture of a thoracic aortic aneurysm in a patient with hypertension, myocardial infarction, hyperlipidemia and operation for abdominal aortic aneurysm rupture after follow-up for 28 years]. .  Nihon Ronen Igakkai Zasshi41 ( 6 ) 670 - 674   2004年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A Japanese man who died at age 86 had been followed since the age of 58, when he presented with hypertension of 150/95 mmHg. The patient remained socially active until he died suddenly of a ruptured thoracic aortic aneurysm, although he experienced angina pectoris in August 1974, and myocardial infarction was identified on electrocardiography in October 1974. He underwent operation for rectal cancer in 1987, and an abdominal aortic aneurysm 38mm in diameter was identified at that time. The patient underwent an operation for rupture of the abdominal aortic aneurysm in 1991. A thoracic aneurysm of 40 mm diameter was identified in 1995, and this expanded to 53 mm by 1997. Autopsy revealed a thoracic aortic aneurysm in the arch (8 x 5 x 5 cm) and descending aorta (7 x 7 x 8 cm). A large volume (2,080 ml) of bloody pleural fluid was present

    DOI: 10.3143/geriatrics.41.670

    PubMed

  • Kato T, Ubara Y, Sawa N, Tagami T, Katori H, Takemoto F, Tanimoto A, Takaichi K .  A case of rheumatoid arthritis exhibiting accelerating rheumatoid pleurisy during low-dose weekly methotrexate therapy. .  Modern rheumatology14 ( 5 ) 414 - 418   2004年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10165-004-0337-y

    Scopus

    PubMed

  • 小野 周子, 芦田 映直, 杉山 卓郎, 藤井 潤, 本間 栄, 谷本 昭英 .  高血圧,陳旧性心筋梗塞,高脂血症で28年間経過観察中に腹部大動脈瘤破裂術後11年で胸部大動脈瘤破裂にて死亡した86歳男性の1剖検例 .  日本老年医学会雑誌41 ( 6 ) 670 - 674   2004年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    58歳男(初診時).労作時胸痛を主訴とした.50歳時に高血圧を発症したが無治療であった.心電図でV1-2に陰性T波,V3にq波を認め,心筋梗塞と診断し,患者の希望でプロプラノロール,イソソルビド硝酸塩を投与し自宅療養となった.以後発作は無かった.71歳時に直腸癌手術を施行し人工肛門を造設した.腹部大動脈瘤径38mmを腹部エコーで認めたが,β遮断薬による血圧コントロールで対処した.75歳時に腹痛と腹部膨満感が出現し,イレウスにて緊急手術を行ったところ,空腸腸間膜内に血腫を認め,イレウスの先進部と考えた.血腫の原因として,腹部大動脈瘤切迫破裂が考えられ,降圧療法後,腹部大動脈瘤に対して人工血管Y字グラフト置換術を施行した.77歳時に高脂血症に対してプラバスタチンを,高血圧に対してマニジピンを開始した.79歳時にCTで胸部大動脈瘤径40mmを認め,83歳時に62mmまで増大したが,患者の希望で手術は行わず,降圧薬内服による治療を開始した.86歳時に腹部大動脈瘤破裂で死亡した

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2004&ichushi_jid=J01214&link_issn=&doc_id=20041216130024&doc_link_id=10014285701&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10014285701&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Kohno Y, Tanimoto A, Cirathaworn C, Shimajiri S, Tawara A, Sasaguri Y .  GM-CSF activates RhoA, integrin and MMP expression in human monocytic cells. .  Pathology international54 ( 9 ) 693 - 702   2004年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2004.01682.x

    Web of Science

    PubMed

  • 奥田 逸子, 星原 芳雄, 宇田川 晴司, 小久保 守, 谷本 昭英 .  【Barrett食道癌 表在癌の境界・深達度診断】Barrett食道癌の境界を読む 範囲と深達度 X線の立場から .  胃と腸39 ( 9 ) 1223 - 1232   2004年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

  • S Kimura, KY Wang, A Tanimoto, Y Murata, Y Nakashima, Y Sasaguri .  Acute inflammatory reactions caused by histamine via monocytes/macrophages chronically participate in the initiation and progression of atherosclerosis .  PATHOLOGY INTERNATIONAL54 ( 7 ) 465 - 474   2004年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING ASIA  

    Previously we demonstrated that histidine decarboxylase (HDC), which produces histamine from L-histidine, was detected in monocytes/macrophages located in human atherosclerotic lesions. As monocytic migration is a key event of atherogenesis, we investigated whether histamine induces monocytic expression of monocyte chemoattractant protein (MCP)-1 and its receptors CCR2-A and -B, and also endothelial expression of ICAM-1 and VCAM-1. Furthermore, we studied the effect of interleukin (IL)-4, which inhibits the HDC expression, on the expression of MCP-1 and CCR2. Histamine stimulated monocytes, but not macrophages, to express MCP-1 and CCR2-A and -B. The expression of MCP-1 was inhibited by histamine H2 blocker. In contrast, IL-4 enhanced CCR2 expression but not MCP-1. Histamine stimulated endothelial cells to express ICAM-1 and VCAM-1. These results indicate that histamine and IL-4, which are both synthesized in the arterial intima, chronically participates in the pathogenesis of atherosclerosis via the enhanced expression of monocytic MCP-1, CCR2 and endothelial adhesion molecules.

    Web of Science

    PubMed

  • Tanimoto A, Matsuki Y, Tomita T, Sasaguri T, Shimajiri S, Sasaguri Y .  Histidine decarboxylase expression in pancreatic endocrine cells and related tumors. .  Pathology international54 ( 6 ) 408 - 412   2004年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2004.01641.x

    Web of Science

    PubMed

  • Ikota H, Tanimoto A, Komatsu H, Ozawa Y, Matsushita H .  Ureteral leiomyoma causing hydronephrosis in Type 1 multiple endocrine neoplasia. .  Pathology international54 ( 6 ) 457 - 459   2004年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2004.01642.x

    Web of Science

    PubMed

  • 山本 信彦, 星原 芳雄, 志田 勝義, 布袋屋 修, 飯塚 敏郎, 田中 達朗, 橋本 光代, 山本 敬, 乳原 善文, 谷本 昭英 .  内視鏡的切除にて診断された回腸毛細血管腫の1例 .  Gastroenterological Endoscopy46 ( 4 ) 949 - 954   2004年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    57歳女.ネフローゼ症候群と診断されており,腎不全にて血液透析が開始されていた.貧血に対してエリスロポエチン投与が行われたが徐々に進行し,当センター紹介入院となった.下部消化管内視鏡検査で回盲弁より10cmほど口側に径7mm大の隆起性病変があり,持続性に小量の出血が認められた.可動性があり内視鏡的切除可能と判断し,高周波ポリペクトミーを施行した.病理組織学的診断は毛細血管腫であった.切除後は貧血の改善がみられ,切除7ヵ月後に施行した内視鏡検査では,切除部位に瘢痕が認められるのみで,特に病変の遺残再発は認められなかった

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2004&ichushi_jid=J00192&link_issn=&doc_id=20040421450007&doc_link_id=10.11280%2Fgee1973b.46.949&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11280%2Fgee1973b.46.949&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Sasaguri T, Tanimoto A, Kimura S, Kohno Y, Hirasawa M, Matsuki Y, Abe K, Hashimoto H, Hamada T, Sasaguri Y .  Primary leiomyosarcoma of the vertebra: Case report and review of the literature. .  Pathology international54 ( 1 ) 73 - 76   2004年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2004.01582.x

    Web of Science

    PubMed

  • Sasaguri Y, Tanimoto A .  Role of macrophage-derived histamine in atherosclerosis-- chronic participation in the inflammatory response --. .  Journal of atherosclerosis and thrombosis11 ( 3 ) 122 - 130   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.11.122

    PubMed

  • Xu H, Tanimoto A, Murata Y, Kimura S, Wang KY, Sasaguri Y .  Difference in responsiveness of human esophageal squamous cell carcinoma lines to epidermal growth factor for MMP-7 expression. .  International journal of oncology23 ( 2 ) 469 - 476   2003年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  • Aita K, Tanimoto A, Fujimoto Y, Momomura S, Takemoto F, Hara S, Matsushita H .  Sarcomatoid collecting duct carcinoma arising in the hemodialysis-associated acquired cystic kidney: an autopsy report. .  Pathology international53 ( 7 ) 463 - 467   2003年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.2003.01502.x

    Web of Science

    PubMed

  • 自見 政一郎, 佛坂 正幸, 松本 伸二, 藤井 圭, 柴田 恵介, 谷本 昭英, 武田 成彰 .  術前に診断しえた瘻孔形成を伴う回腸原発T細胞性悪性リンパ腫の1例 .  日本消化器外科学会雑誌36 ( 4 ) 289 - 293   2003年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は64歳男性で,便秘・右下腹部痛を主訴に,近医の注腸検査で回盲部腫瘍を指摘され,紹介入院となった.小腸造影透視では回腸末端に潰瘍性病変を認め,回腸末端と上行結腸の間には約6cmの瘻孔がみられた.ガリウムシンチでは右下腹部に集積を認め,大腸内視鏡検査では回腸末端に一部潰瘍形成を伴う全周性腫瘤を認めた.生検にてT細胞性悪性リンパ腫と診断し,右半結腸切除術を施行した.切除標本にて回腸末端に潰瘍性病変を認め,潰瘍性病変と上行結腸の間には瘻孔が確認された.病理組織学的に異型細胞は消化管壁内に限局し,免疫組織染色にてLCAおよびUCHL-I陽性,CD2,CD3,CD4,CD5,CD7陽性を示し,回腸原発T細胞性悪性リンパ腫stage Iと確診した.術後,CHOP療法を4クール行い,術後2年8ヵ月経過した現在,再発はみられない

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20030417120008&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.36.289&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.36.289&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • LH Wu, A Tanimoto, Y Murata, T Sasaguri, JL Fan, Y Sasaguri, T Watanabe .  Matrix metalloproteinase-12 gene expression in human vascular smooth muscle cells .  GENES TO CELLS8 ( 3 ) 225 - 234   2003年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING LTD  

    Background: Matrix metalloproteinases (MMPs) play an important role in smooth muscle cell (SMC) migration and proliferation during vascular remodelling. To investigate the expression of MMP-12 by SMCs, we examined the protein secretion and mRNA expression of MMP-12 by cultured medial SMCs and intimal SMCs derived from human aortic atherosclerotic lesions. To further elucidate the molecular mechanism for MMP-12 expression in SMCs, we determined the sequence requirements for MMP-12 gene transcriptional activity.
    Results: Cultured medial SMCs and intimal SMCs showed substantial MMP-12 expression at both the protein and mRNA levels. A series of 5'-deletion and site-directed mutants of the human MMP-12 promoter demonstrated that an AP-1 site spanning -81 to -75 bp was critical for the MMP-12 promoter activity in SMCs. An electrophoretic mobility shift assay confirmed the AP-1 binding activity in SMCs and showed that the protein bound to the AP-1 site consisted predominantly of c-Jun, JunD and Fra-1. Two structurally different inhibitors of phosphatidylinositol 3-kinase, wortmannin and LY294002, inhibited MMP-12 transcriptional activity and AP-1 binding.
    Conclusion: These results indicated the expression of MMP-12 in vascular SMCs and showed that the MMP-12 gene expression was dependent on the AP-1 binding activity. Phosphatidylinositol 3-kinase signalling may be involved in MMP-12 transcriptional activation through AP-1 binding activity.

    Web of Science

  • Matsuki Y, Tanimoto A, Hamada T, Sasaguri Y .  Histidine decarboxylase expression as a new sensitive and specific marker for small cell lung carcinoma. .  Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc16 ( 1 ) 72 - 78   2003年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/01.MP.0000044485.14910.3A

    Web of Science

    PubMed

  • Sasaguri Y, Tanimoto A .  Multi-functional roles of granulocyte macrophage-colony stimulating factor in atherosclerosis. .  Journal of Japanese Colleage of Angiology43   585 - 594   2003年

  • R Padmanabhan, A Tanimoto, Y Sasaguri .  Transactivation of human cdc2 promoter by adenovirus E1A .  ADENOVIRUSES: MODEL AND VECTORS IN VIRUS-HOST INTERACTIONS272   365 - 397   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    Expression of the adenovirus oncoprotein E1A 12S induces the heterotrimeric transcription factor, NF-Y. NF-Y binds to the two CCAAT motifs upstream of the transcriptional start site of the human cdc2 promoter and is required for activation of the promoter by El A 12S in cycling cells. The observations that a number of eukaryotic cell cycle regulatory genes also contain the CCAAT motifs and NF-Y binds to them support the notion that E1A 12S could play an important role in deregulated expression of these genes through activation of NF-Y gene in cycling cells.

    Web of Science

  • 笹栗 靖之, 谷本 昭英 .  【動脈硬化と細胞外マトリックス】動脈硬化における細胞外マトリックスとマトリックスメタロプロテアーゼの役割(Atherosclerosis and Extracellular Matrix Extracellular Matrix and Matrix Metalloproteinases in Atherosclerosis) .  Connective Tissue34 ( 4 ) 327 - 336   2002年12月

  • Morishita T, Tsutsui M, Shimokawa H, Horiuchi M, Tanimoto A, Suda O, Tasaki H, Huang PL, Sasaguri Y, Yanagihara N, Nakashima Y .  Vasculoprotective roles of neuronal nitric oxide synthase. .  FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology16 ( 12 ) 1994 - +   2002年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.02-0155fje

    Web of Science

    PubMed

  • Imada K, Sato T, Hashizume K, Tanimoto A, Sasaguri Y, Ito A .  An antiprogesterone, onapristone, enhances the gene expression of promatrix metalloproteinase 3/prostromelysin-1 in the uterine cervix of pregnant rabbit. .  Biological & pharmaceutical bulletin25 ( 9 ) 1223 - 1227   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1248/bpb.25.1223

    Web of Science

    PubMed

  • Suda O, Tsutsui M, Morishita T, Tanimoto A, Horiuchi M, Tasaki H, Huang PL, Sasaguri Y, Yanagihara N, Nakashima Y .  Long-term treatment with N(omega)-nitro-L-arginine methyl ester causes arteriosclerotic coronary lesions in endothelial nitric oxide synthase-deficient mice. .  Circulation106 ( 13 ) 1729 - 1735   2002年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000029749.16101.44

    Web of Science

    PubMed

  • A Tanimoto, T Hamada, T Yamamoto, S Kimura, Y Matsuki, Y Sasaguri .  MALT lymphoma with extreme plasma cell differentiation of the rectum .  AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY97 ( 7 ) 1860 - 1862   2002年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0002-9270(02)04235-1

    Web of Science

    PubMed

  • Narita R, Oto T, Mimura Y, Ono M, Abe S, Tabaru A, Yoshikawa I, Tanimoto A, Otsuki M .  Biliary obstruction caused by intrabiliary transplantation from hepatocellular carcinoma. .  Journal of gastroenterology37 ( 1 ) 55 - 58   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s535-002-8134-0

    Web of Science

    PubMed

  • Yoshimura K, Tanimoto A, Abe T, Ogawa M, Yutsudo T, Kashimura M, Yoshida S .  Shiga toxin 1 and 2 induce apoptosis in the amniotic cell line WISH. .  Journal of the Society for Gynecologic Investigation9 ( 1 ) 22 - 26   2002年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1071-5576(01)00143-5

    Web of Science

    PubMed

  • A Tanimoto, Y Murata, M Nomaguchi, S Kimura, N Arima, H Xu, T Hamada, Y Sasaguri .  Histamine increases the expression of LOX-1 via H2 receptor in human monocytic THP-1 cells .  FEBS LETTERS508 ( 3 ) 345 - 349   2001年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 (LOX-1) is a member of the scavenger receptor family, and is known to be expressed in monocytes/macrophaaes. We investigated the effect of histamine on the expression of LOX-1 in cells of the human monocytic leukemia cell line THP-1. Histamine as well as forskolin and dibutyryl cyclic AMP (Bt(2)-cAMP) stimulated the THP-1 monocytes to express the LOX-1 gene at the transcription level. This histamine effect on LOX-1 gene expression, via the histamine H2 receptor-mediated cAMP signal transduction pathway, was reduced after differentiation of the cells into macrophages, even though forskolin and Bt(2)-cAMP still enhanced the gene expression. The alteration of the responsiveness of LOX-1 expression to histamine was related to suppressed expression of the H2 receptor in THP-1 macrophages. The switch of the predominant class of histamine receptors between H1 and H2 would modulate the effects of histamine on LOX-1 gene expression in monocytes and macrophages, and therefore, would play a certain role in the inflammatory aspects of atherogenesis. (C) 2001 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0014-5793(01)03073-3

    Web of Science

  • S Higuchi, A Tanimoto, N Arima, H Xu, Y Murata, T Hamada, K Makishima, Y Sasaguri .  Effects of histamine and interleukin-4 synthesized in arterial intima on phagocytosis by monocytes/macrophages in relation to atherosclerosis .  FEBS LETTERS505 ( 2 ) 217 - 222   2001年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We investigated the localization of histidine decarboxylase (HDC), which is the rate-limiting enzyme that generates histamine from histidine, in human aorta/coronary artery. RT-PCR and immunohistochemical staining revealed that the HDC gene was expressed in monocytes/macrophages and T cells in the arterial intima but not in smooth muscle cells in either the arterial intima or the media. A luciferase promoter assay with U937 and Jurkat cells demonstrated that interleukin-4 (IL-4) inhibited the expression of the HDC gene. In contrast, among a scavenger receptor family, IL-4 as well as histamine upregulated U937 cells to express the LOX-1 gene but not the SR-A gene, which genes encode receptors that scavenge oxidized lipids. These findings suggest that histamine synthesized in the arterial wall participates in the initiation and progression of atherosclerosis and that IL-4 can act as an important inhibitory and/or stimulatory factor in the function of monocytes/macrophages modulated by histamine in relation to the process of atherosclerosis. (C) 2001 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0014-5793(01)02823-X

    Web of Science

  • LH Wu, A Tanimoto, Y Murata, JL Fan, Y Sasaguri, T Watanabe .  Induction of human matrix metalloproteinase-12 gene transcriptional activity by GM-CSF requires the AP-1 binding site in human U937 monocytic cells .  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS285 ( 2 ) 300 - 307   2001年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    Matrix metalloproteinase-12 (MMP-12) is critical for the migration of monocytes/macrophages into inflammatory sites through the basement membranes. We previously reported that MMP-12 expression was initially induced by granulocyte macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF) in human peripheral blood monocytes and U937 monocytic cells. To further elucidate the molecular mechanism for the regulation of MMP-12 expression by GM-CSF in monocytes, we determined the sequence requirements for the MMP-12 gene transcriptional response of U937 monocytic cells to GM-CSF by using luciferase reporter and electrophoretic mobility shift assays. A series of 5 ' -deletion and site-directed mutation of the human MMP-12 promoter demonstrated that an AP-1 site spanning the -81 to -75-bp region is critical for the induction of MMP-12 promoter activity by GM-CSF. The electrophoretic mobility shift assay revealed that AP-1 binding activity was increased by GM-CSF treatment and that the AP-1 complex induced by GM-CSF consisted of multiple Jun and Fos isoforms. These results indicate that MMP-12 expression in U937 monocytes was initially induced by GM-CSF through the AP-1 binding activity. (C) 2001 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.2001.5161

    Web of Science

  • A Tanimoto, N Arima, R Hayashi, T Hamada, Y Matsuki, Y Sasaguri .  Teratoid carcinosarcoma of the ovary with prominent neuroectodermal differentiation .  PATHOLOGY INTERNATIONAL51 ( 10 ) 829 - 832   2001年

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING ASIA  

    We present what we believe to be only the second report of ovarian teratoid carcinosarcoma. The patient, a 59-year-old woman, was admitted to hospital complaining of a pelvic mass and of abdominal fullness. Advanced ovarian cancer was diagnosed, and a tumorectomy was done. The tumor occupied the pelvis, and metastasis was found in the liver and spleen. The solid tumor was composed of chondrosarcoma, squamous cell carcinoma, adenocarcinoma and malignant neuroectodermal components, which contained ganglioneuroblastoma-like and medulloepithelioma-like areas. Immunohistochemically, the neuroectodermal cells were positive for both neural and epithelial markers. This ovarian tumor consisted of frankly malignant components, with prominent neuroectodermal elements mixed with epithelial and mesenchymal elements in an organoid fashion; a quite rare tumor.

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.2001.01275.x

    Web of Science

  • N Arima, A Tanimoto, T Hamada, Y Sasaguri, E Sasaki, T Shimokobe .  MALT lymphoma arising in giant diverticulum of ascending colon .  AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY95 ( 12 ) 3673 - 3674   2000年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0002-9270(00)02207-3

    Web of Science

  • N Arima, A Tanimoto, R Hayashi, T Hamada, Y Sasaguri .  Ovarian yolk sac tumor with virilization during pregnancy: Immunohistochemical demonstration of Leydig cells as functioning stroma .  PATHOLOGY INTERNATIONAL50 ( 6 ) 520 - 525   2000年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE ASIA  

    A case is reported of yolk sac tumor occurring in the left ovary and complicated by pregnancy. The 22-year-old patient presented at 28 weeks gestation with virilization and elevated serum levels of testosterone and alpha-fetoprotein. The tumor showed the typical features of yolk sac tumor with a mixture of islands of Leydig cells. The accumulations of Leydig cells were well demarcated from the cellular components of the yolk sac tumor and were distributed throughout the tumor, although with predominant localization at the periphery. By immunohistochemistry the Leydig cells were intensely positive for vimentin and negative for cytokeratins, allowing clear distinction from the cell components of the yolk sac tumor, which were positive for cytokeratins and negative for vimentin. Testosterone was also identified in the cytoplasm of the Leydig cells. After tumor resection the testosterone and alpha-fetoprotein levels declined simultaneously; this, together with the immunohistochemical demonstration of testosterone, indicates that the Leydig cells were responsible for the endocrine manifestations. Furthermore, antibodies against inhibin alpha-subunit and calretinin could be used to detect the Leydig cells. The present case, a combination of yolk sac tumor and Leydig cells acting as a functioning stroma and causing virilization during pregnancy, is very rare.

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.2000.01073.x

    Web of Science

  • KY Wang, N Arima, S Higuchi, S Shimajiri, A Tanimoto, Y Murata, T Hamada, Y Sasaguri .  Switch of histamine receptor expression from H2 to H1 during differentiation of monocytes into macrophages .  FEBS LETTERS473 ( 3 ) 345 - 348   2000年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    It is known that histamine suppresses gene expression and synthesis of tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha) induced by lipopolysaccharide (LPS) in human peripheral blood mononuclear monocytes (HPM) or alveolar macrophages via histamine H2 receptors. We investigated the effect of histamine and differentiation in macrophages an the expression and secretion of TNF-alpha TNF-alpha-converting enzyme (TACE), and histamine H1 and H2 receptors by use of a leukemia cell line, U937, and HPM. Differentiation of U937 and HPM cells with 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate (TPA) enhanced the H1 receptor expression and rather suppressed the H2 receptor, resulting in up-regulation of the histamine-induced expression and secretion of TNF-alpha, modulated via TACE. Therefore, histamine failed to inhibit up-regulated expression of TNF-alpha induced by LPS in macrophages. The switch from H2 to H1 receptors during differentiation in the monocyte/macrophage lineage could participate in the pathogenic processes of atherosclerosis and inflammatory reactions in the arterial wall. (C) 2000 Federation of European Biochemical Societies.

    DOI: 10.1016/S0014-5793(00)01560-X

    Web of Science

  • K Yoshimura, J Fujii, A Tanimoto, T Yutsudo, M Kashimura, SI Yoshida .  Effects of Shiga toxin 2 on lethality, fetuses, delivery, and puerperal behavior in pregnant mice .  INFECTION AND IMMUNITY68 ( 4 ) 2254 - 2258   2000年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Shiga toxin 2 (Stx2) is produced by enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC) and is known as the major virulence factor of EHEC, The aim of this study was to evaluate the effects of Stx2 on (i) maternal lethality, (ii) fetuses, (iii) delivery period, and (iv) maternal behavior after delivery. Timed pregnant ICR mice were injected intravenously with Stx2 on day 5 of pregnancy (early stage) or on day 15 (late stage). In early-stage experiments, the number of normal fetuses of mice injected with Stx2 was significantly lower than that of control mice. In late-stage experiments, mothers injected with Stx2 delivered normal numbers of neonates, but could not take care of them. The lethal doses of Stx2 were not different for pregnant and nonpregnant female mice at either stage. We conclude that Stx2 is toxic to the fetus in early pregnancy and affects maternal puerperal behavior in late pregnancy.

    DOI: 10.1128/IAI.68.4.2254-2258.2000

    Web of Science

  • CY Kao, A Tanimoto, N Arima, Y Sasaguri, R Padmanabhan .  Transactivation of the human cdc2 promoter by adenovirus E1A - E1A induces the expression and assembly of a heteromeric complex consisting of the CCAAT box binding factor, CBF/NF-Y, and a 110-kDa DNA-binding protein .  JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY274 ( 33 ) 23043 - 23051   1999年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Cyclin-dependent kinases (CDKs) play an important role in the eukaryotic cell cycle progression. Cdc2 (CDK1) is expressed in late G(1)/S phase and required for G(2) to M phase transition in higher eukaryotes, The oncoproteins, SV40 large T antigen and adenovirus E1A, induce a 110-kDa protein which specifically recognizes the two inverted CCAAT motifs of the cdc2 promoter in cycling cells and plays an essential role in transactivation of the human cdc2 promoter. Since these CCAAT motifs also conform to the consensus binding sites for the ubiquitous heterotrimeric transcription factor, CBF/NF-Y, the role of CBF/NF-Y in the transactivation of the cdc2 promoter was examined in this study. Our results indicate that CBF/NF-Y and the 110-kDa protein interact with the CCAAT box motif to form a heteromeric complex. However, mutagenesis of the pentanucleotide CCAAT motif or in the presence of urea greater than 2.5 M, no heteromeric complex was formed. In contrast, the 110-kDa protein could still bind the mutant CCAAT motif or with the wild type motif in the presence of 2.5 M urea. Furthermore, E1A.12S induced the gene expression of all three subunits of CBF/NF-Y. Coexpression of E1A and a dominant negative mutant NF-YA subunit significantly reduced the E1A-mediated transactivation of the cdc2 promoter in a dose-dependent manner. These results support the conclusion that E1A protein mediates optimal transactivation of the human cdc2 promoter by inducing the expression and assembly of a heteromeric complex consisting of the 110-kDa protein and the CBF/NF-Y which interacts with the two CCAAT motifs of the cdc2 promoter.

    DOI: 10.1074/jbc.274.33.23043

    Web of Science

  • S Shimajiri, N Arima, A Tanimoto, Y Murata, T Hamada, KY Wang, Y Sasaguri .  Shortened microsatellite d(CA)21 sequence down-regulates promoter activity of matrix metalloproteinase 9 gene .  FEBS LETTERS455 ( 1-2 ) 70 - 74   1999年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    One characteristic elements in re promoter of the matrix metalloproteinase 9 (MMP-9) gene is the d(CA) repeat. To investigate whether this element regulates the transcription of the MMP-9 gene and its enzymatic activities, we sequenced the promoter region isolated from esophageal carcinoma cell lines. TE9 cells with low MMP-9 enzymatic activity had the number of d(CA) repeats shortened from 21 to 14 or 18, TE8, TE10 and TE11 cells with high MMP-9 activities had 21 or 23 d(CA) repeats, Luciferase assays using MMP-9 promoter containing 18, 14 or 0 d(CA) repeats showed transcriptional activities which were 50, 50 or 5%, respectively, of the level achieved with promoter containing 21 d(CA) repeats, Sequence analysis of the promoter of 223 Japanese subjects revealed that most had two alleles with 20, 21 or 22 d(CA) repeats, whereas six had one or two alleles with 14, 18 or 19 d(CA) repeats, We postulate that length alteration of the d(CA) repeat causes phenotypic: differences among carcinoma cells and that microsatellite instability may contribute to the polymorphism of d(CA) repeat length, (C) 1999 Federation of European Biochemical Societies.

    DOI: 10.1016/S0014-5793(99)00863-7

    Web of Science

  • T Sasaguri, A Tanimoto, N Arima, T Hamada, H Hashimoto, T Sasaguri .  Myoepithelioma of soft tissue .  PATHOLOGY INTERNATIONAL49 ( 6 ) 571 - 576   1999年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE ASIA  

    A myoepithelioma occurred in the subcutaneous tissue of the right shoulder of a 28-year-old man. The well-demarcated nodular tumor (3.0 x 2.8 cm) was located in the subcutaneous tissue with no adhesion to the deltoid muscle. The tumor was composed of a fascicular proliferation of spindle cells with variable amounts of stroma and showed areas of Sheets of epithelioid cells, In most areas, the tumor cells had uniform nuclei, but pleomorphic epithelioid cells were focally present. Mitotic activity was three per 10 high-power fields. No ductular structure was found throughout the tumor. Immunohistochemical and ultrastructural studies confirmed the myoepithelial origin of the tumor cells. The occurrence of myoepithelioma in the subcutaneous tissue has been rarely reported. Even though the tumor showed no aggressive behavior on the 2-year followup, it is still too early to comment definitely on the behavior of myoepithelioma of the subcutaneous tissue. This case provides further information about soft tissue myoepithelioma.

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.1999.00912.x

    Web of Science

  • A Tanimoto, T Hamada, K Higashi, Y Sasaguri .  Distribution of cadmium and metallothionein in CdCl2-exposed rat kidney: Relationship with apoptosis and regeneration .  PATHOLOGY INTERNATIONAL49 ( 2 ) 125 - 132   1999年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY  

    Male Sprague-Dawley rats were injected subcutaneously with 0.6 mg cadmium/kg bodyweight per day for 6 weeks. In each week of exposure, rats were killed and the localization of cadmium and metallothionein in the kidney was studied by histochemical and immunohistochemical methods. Although cadmium was localized throughout the proximal tubules during exposure, apoptosis and subsequent regeneration were observed mainly in the straight portion of the proximal tubules after 4 weeks of exposure. The distribution of tubular injury may thus not necessarily coincide with that of cadmium. Expression of metallothionein was also detected in the cytoplasm and nuclei of the convoluted and the straight portion of the proximal tubules, but the latter became positive in accordance with apoptosis and regeneration. These results suggest a close relationship between metallothionein distribution and tubular cell regeneration.

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.1999.00833.x

    Web of Science

  • T Hamada, A Tanimoto, T Sasaguri, N Arima, S Shimajiri, R Nakano, Y Sasaguri .  Apoptosis of human kidney 293 cells is promoted by polymerized Cd-metallothionein .  METALLOTHIONEIN IV   489 - 495   1999年

     詳細を見る

    出版者・発行元:BIRKHAUSER VERLAG AG  

    Exposure to 12.5 to 37.5 mu M CdCl2 induced apoptosis in transformed human kidney cells (293 cells) as confirmed by characteristic ultrastructural features, a ladder on gel electrophoresis of extracted DNA, and fragmentation of nucleosomes as detected by enzyme linked immunosorbent assay (ELISA). Higher concentrations of Cd were less effective in inducing apoptosis. Furthermore, addition of the protein extract from the serum-free medium used for Cd-exposure promoted apoptosis exhibiting the same features as that after Cd-exposure. The apotosis induced by the protein was dose-dependent. The molecular weight of the protein (Cd-protein) was shown to be 40 kDa by gel filtration. Two-dimensional electrophoresis revealed the Cd-protein as a single spot with a molecular weight of 6 kDa and pI of 4.5. Competitive ELISA showed that the Cd-protein reacted with anti-metallothionein antibody. The present findings suggest that apoptosis is induced not only by Cd itself but also by poly merited metallothionein (MT) molecules released from cells into the medium.

    Web of Science

  • Ying Yan, Ken Higashi, Akihide Tanimoto, Yukiyo Fukamachl, Hideaki Itoh, Tetsuya Abe, Taneaki Higashi .  Remarkable difference in the incidence of liver tumors by N- nitrosodimethylamine in carcinogen-resistant DRH rat and its parental strain Donryu rat .  Journal of UOEH20 ( 4 ) 307 - 314   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:University of Occupational and Environmental Health  

    The carcinogen-resistant inbred DRH rat strain was developed from the carcinogen-sensitive Donryu rat and showed a remarkably lower incidence of liver tumors than the latter after administration of either 3'-methyl-4- dimethylaminoazobenzene (3'-Me-DAB) or 2-acetylaminofluorene (2-AAF). In the present study, we examined the tolerance of DRH rat to another type of hepatocarcinogen, that is, N-nitrosodimethylamine (DMN). Male DRH and Donryu rats, 3 weeks of age, were given a single i.p. injection of 10 mg/kg body weight DMN and were sacrificed I year later. Five of 11 Donryu rats (45%) had macroscopically detectable tumors: 9 liver tumors in 4 rats and 1 urinary bladder tumor in the other rat. On the contrary, no tumors were detectable in the livers or other organs of 10 DRH rats under the same conditions. These results and other circumstantial evidence indicate that the different susceptibility of chemical carcinogenesis between DRH and Donryu rats is independent of individual pathways of metabolic activation of carcinogens.

    DOI: 10.7888/juoeh.20.307

    Scopus

    PubMed

  • Yan Ying, 東 監, 谷本 昭英, 深町 幸代, 伊藤 英明, 安部 哲哉, 東 胤昭 .  N-ニトロソジメチルアミンによる肝癌の発生における発癌耐性DRHラットとその親株呑竜ラットとの間での顕著な差異 .  産業医科大学雑誌20 ( 4 ) 307 - 314   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:産業医科大学  

    近交系の発癌耐性ラット(DRH)は,発癌感受性である呑竜ラットから単離・樹立され,3'-メチル-DABやアセチルアミノフルオレン等による肝癌の発生は著しく抑制されている.上記の肝化学発癌物質とは代謝的活性化の全く異なるN-ニトロソジメチルアミンを用いて両ラットで発癌実験を行った.N-ニトロソジメチルアミンを離乳直後の雄ラットの腹腔内に1回(10mg/kg)投与し,1年後での発癌状態を調べた.11匹の呑竜ラットで5匹に肉眼的に検出できる腫瘍が認められた.4匹の呑竜ラットで9肝癌と,他の1匹では膀胱癌が存在し,病理組織学的にも確認した.これに反し,10匹のDRHラットでは肝及び他の臓器で肉眼的に識別できるような腫瘍は皆無であった

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1998&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=19981211130003&doc_link_id=110001259973&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F110001259973&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • A Tanimoto, H Chen, CY Kao, E Moran, Y Sasaguri, R Padmanabhan .  Transactivation of the human cdc2 promoter by adenovirus E1A in cycling cells is mediated by induction of a 110-kDa CCAAT-box-binding factor .  ONCOGENE17 ( 24 ) 3103 - 3114   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:STOCKTON PRESS  

    Cyclin-dependent protein kinases (Cdks) are key regulatory proteins of the eukaryotic cell cycle. Cdc2 is expressed in late G1/S phase and functions in the G2 to M phase transition. Adenovirus E1A proteins are known to induce the expression of p34(cdc)2 and DNA synthesis in normal quiescent cells. In this study, mutational analysis of the human cdc2 promoter revealed that transactivation of the promoter by the E1A proteins in cycling cells is mediated through the two CCAAT box binding motifs. A 110-kDa protein (CBF/cdc2) was identified in nuclear extracts from monkey kidney (CV-1) cells stably expressing E1A as well as from adenovirus-transformed human 293 cells, Further, we show that this E1A-inducible CBF/cdc2 is related to the CBF which was shown to activate the heat shock protein 70 promoter. Analyses of the functional domain(s) of E1A required for the induction of the CBF and transactivation of the cdc2 promoter in these conditions revealed that E1A mutants which were defective in binding the pRB family of proteins or the cellular p300 protein were still active in assays measuring the induction of the CBF and transactivation of the cdc2 promoter, albeit with reduced efficiencies. But the E1A mutant which lost both functional domains was inactive in these assays. These results suggest that E1A has redundant functional domains for the induction of the 110-kDa CBF and activation of human cdc2 gene expression.

    DOI: 10.1038/sj.onc.1202236

    Web of Science

  • A Tanimoto, CY Kao, CC Chang, Y Sasaguri, R Padmanabhan .  Deregulation of cdc2 gene expression correlates with overexpression of a 110 kDa CCAAT box binding factor in transformed cells .  CARCINOGENESIS19 ( 10 ) 1735 - 1741   1998年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Eukaryotic cell cycle progression is regulated by an orderly and sequential activation of several cyclin-dependent kinases, which phosphorylate key substrates during this process. p34(cdc2), the catalytic subunit of cdc2 kinase, is expressed at the late G(1)/S boundary and is required for the G(2)--&gt;M phase transition. Transactivation of the human cdc2 promoter by the DNA tumor virus-encoded oncogenic protein SV40 large T antigen is mediated by induction of a novel 110 kDa CCAAT box binding factor (CBF/cdc2), To investigate whether induction of CBF/cdc2 is an intrinsic property of the viral oncoprotein or is a common event during transformation of normal cells, expression of CBF/cdc2 was analyzed in many human tumor cell lines and in rodent cells spontaneously transformed or stably expressing various oncogenes, Our results showed that CBF/cdc2 was overexpressed in all transformed cells examined, including human 293, MCF-7, HeLa and HepG2 cells. Moreover, expression of CBF/cdc2 was elevated in spontaneously transformed rat liver epithelial cells (C4T), but not detectable in the non-tumorigenic parental (RLE) cells. The elevated levels of CBF/cdc2 expression in C4T cells correlated well with increased cdc2 mRNA and p34(cdc2) levels. CBF/cdc2 was also overexpressed in a rat liver epithelial cell line (WB) stably transfected with various oncogenes, v-myc, v-Ha-ras and mutated rat neu and v-src, Using an electrophoretic mobility shift assay, specific binding of CBF/cdc2 to the CCAAT box motifs of the human cdc2, cycA and cdc25C promoters was detected, suggesting that transcription of these cell cycle regulatory genes are coordinately activated by CBF/cdc2.

    DOI: 10.1093/carcin/19.10.1735

    Web of Science

  • T Hamada, A Tanimoto, N Arima, Y Ide, T Sasaguri, S Shimajiri, Y Sasaguri .  Altered membrane skeleton of red blood cells participates in cadmium-induced anemia .  BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL45 ( 4 ) 841 - 847   1998年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS AUST  

    Poikilocytosis of red blood cells (RBCs) was observed to be associated with anemia in rats given subcutaneous injections of cadmium (Cd). Phase-contrast light and scanning electron microscopic examinations revealed that acanthocytes appeared in the early stages of administration, and that the number of RBC fragments increased later. Ultrastructural analysis of RBC ghosts by negative staining demonstrated that the normal lattice structure of the membrane skeleton was abolished. The osmotic fragility curve of the Cd-exposed RBCs disclosed that most of the cells were less fragile than control RBCs. These data indicate that the RBC membrane skeleton is initially altered by Cd-exposure, followed by deformation of the cell, thus promoting intrasplenic hemolysis, and resulting in anemia.

    Web of Science

  • Nishigaki, I, A Tanimoto, Y Sasaguri, K Yagi .  Glycated protein-iron chelate increases lipid peroxide level in cultured aortic endothelial and smooth muscle cells .  BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL45 ( 3 ) 519 - 526   1998年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS AUST  

    Formation of an iron chelate of glycated protein was demonstrated by the appearance of an absorption peak at approximately 270 nm after mixing glycated bovine serum albumin with FeCl3. This peak disappeared and a new peak appeared at approximately 420 nm to form an isosbestic point at approximately 340 nm by the addition of deferoxamine mesylate, an iron-chelating agent, to the mixture, thus confirming the formation of the iron chelate of the glycated protein in the mixture. The lipid peroxide level was increased markedly in endothelial cells and slightly in smooth muscle cells from bovine aorta incubated in the medium containing glycated fetal bovine serum-iron chelate. Morphological observation by phase-contrast microscopy and scanning electron microscopy revealed that the glycated fetal bovine serum-iron chelate caused intense damage to the endothelial cells. These results indicate that glycated protein-iron chelate provokes lipid peroxidation, which explains at least in part the mechanism of atherogenesis found in diabetic patients.

    Web of Science

  • T Sasaguri, N Arima, A Tanimoto, S Shimajiri, T Hamada, Y Sasaguri .  A role for interleukin 4 in production of matrix metalloproteinase 1 by human aortic smooth muscle cells .  ATHEROSCLEROSIS138 ( 2 ) 247 - 253   1998年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCI IRELAND LTD  

    Effect of interleukin 4 (IL-4) on the production of matrix metalloproteinase 1 (MMP-1) by normal and immortalized human intimal smooth muscle cells (SMC) was investigated. The production of the precursors of MMP-1 by intimal SMC was enhanced in a dose-dependent manner by addition of IL-4 to the culture medium, whereas the cytokine also showed an inhibitory effect on DNA synthesis in the cells. In addition, mRNA of IL-4 was found in the atherosclerotic and nonatherosclerotic areas of the intima. Although the production of MMP-1 and the proliferation of SMC are thought to play an important role in reconstruction of the intima during atherogenesis, our results suggest a possible role of IL-4 induced MMP-1 in inhibiting tissue remodeling caused by a variety of arterial disorders including atherosclerosis. (C) 1998 Elsevier Science Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0021-9150(97)00296-7

    Web of Science

  • M Kato, A Tanimoto, N Arima, M Morimatsu, Y Sasaguri .  Response to platelet-derived growth factor by phenotypically different cultured human aortic smooth muscle cells .  BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL44 ( 4 ) 815 - 823   1998年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS AUST  

    We investigated the effects of PDGF on DNA synthesis and mitogen-activated protein (MAP) kinase activity, and demonstrated that the adult intimal SMC was concentration-dependently stimulated by all PDGF isoforms in terms of both [H-3]thymidine incorporation and MAP kinase activation, with PDGF-BB and -AB being more potent than PDGF-AA. The intimal SMCs and the neonatal SMCs showed a similar response with regard to MAP kinase activation. On the other hand, the intimal SMCs expressed many more PDGF receptors than the adult medial SMCs, which expressed a greater amount of PDGF-A chain mRNA and showed a lesser response to PDGFs. These results suggest that the intimal SMCs have a relatively high potential to react to exogenous PDGFs, whereas the adult medial SMCs depend on endogenous or autocrine secretion of PDGF-AA.

    Web of Science

  • Tetsuo Hamada, Akihide Tanimoto, Nobuyuki Arima, Yoshihiro Ide, Takakazu Sasaguri, Shohei Shimajiri, Yoshitaka Murata, Ke-Yong Wang, Yasuyuki Sasaguri .  Pathological study of splenomegaly associated with cadmium-induced anemia in rats .  Journal of UOEH20 ( 1 ) 11 - 19   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:University of Occupational and Environmental Health  

    Splenomegaly was observed both in male and female Sprague-Dawley rats after 1 week of exposure to CdCl2 (0.6 mg Cd/kg/day). Spleen weight reached about double that in controls by 8 weeks of Cd exposure. Histopathological examination of the enlarged spleen revealed that iron- and lipid-laden histiocytes were clustered in the periarterial lymphatic sheath, and the red pulp appeared to be expanded. It is noteworthy that electron microscopy revealed marked poikilocytosis and Heinz body formation in red blood cells (RBCs) in both the sinus and cord. Histiocytes were swollen by a granular substance in the cytoplasm and also many secondary lysosomes. These morphological findings indicate that degradation of damaged RBCs induced by exposure to Cd might be promoted in the spleen and possibly cause splenomegaly. This RBC damage-hemolysis-splenomegaly sequence is also considered to be associated with the etiology of Cd-induced anemia. In addition to the abnormal RBC degradation, nuclei of lymphocytes in the Cd- exposed spleen exhibited high electron density, consistent with a preapoptotic state suggesting the immunosuppressive effect of Cd.

    DOI: 10.7888/juoeh.20.11

    Scopus

    PubMed

  • 濱田 哲夫, 谷本 昭英, 有馬 信之 .  カドミウム誘発貧血症ラットにおける脾腫の病理学的研究 .  産業医科大学雑誌20 ( 1 ) 11 - 19   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:産業医科大学  

    Cd誘発貧血症の発症機序について検討した.ラットでは脾腫はCdの慢性投与により,1週間後には明らかとなり,その重量は8週間では対照の約2倍となった.腫大脾の電子顕微鏡的検索ではハインツ小体(HB)の形成と著明なPCが目立った.Cdは初めに赤血球膜異常ついでPC増多症を引き起こし,この異常赤血球が脾で処理されるため皮腫が招来されることが示された

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1998&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=19980313300002&doc_link_id=110001261427&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F110001261427&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Y Ide, A Tanimoto, Y Sasaguri, R Padmanabhan .  Hepatitis C virus NS5A protein is phosphorylated in vitro by a stably bound protein kinase from HeLa cells and by cAMP-dependent protein kinase A-alpha catalytic subunit .  GENE201 ( 1-2 ) 151 - 158   1997年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Hepatitis C virus (HCV) has a positive-strand RNA genome that codes for a polyprotein precursor, which is processed co-and post-translationally by cellular and viral proteinases into three structural and at least six non-structural (NS) proteins. The NS5A protein, expressed in mammalian cells, exists in two phosphorylated forms of 56-kDa and 58-kDa. In this study, we provide evidence for a stable association between NS5A and a protein kinase from HeLa cells and hepatocellular carcinoma (HepG2) cells by co-immunoprecipitation and by affinity to immobilized glutathione-S-transferase (GST)-NS5A fusion protein produced in E. coli. This protein kinase could phosphorylate in vitro the native NS5A on serine residues, (GST)-NS5A, histone H1, and casein as substrates. In addition, the GST-NS5A was also phosphorylated in vitro by the cAMP-dependent protein kinase A-alpha catalytic subunit. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

    DOI: 10.1016/S0378-1119(97)00440-X

    Web of Science

  • T Hamada, A Tanimoto, Y Sasaguri .  Apoptosis induced by cadmium .  APOPTOSIS2 ( 4 ) 359 - 367   1997年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:RAPID SCIENCE PUBLISHERS  

    Cell death resulting from cadmium (Cd) intoxication has been confirmed to occur through apoptosis by morphological and biochemical studies, However it is still not clear whether Cd itself or metallothionein (MT) induced by Cd is the major factor responsible for the apoptosis, Although apoptosis is inducible by exposure of cells to various stimuli, the common pathway involved is generally accepted to be activation of endonucleases that induce internucleosomal cleavage of DNA, resulting in the 'ladder' formation observed upon agarose gel electrophoresis and the chromatin condensation seen by electron microscopy. Cd does not seem to activate the endonuclease in vitro. However, Cd itself can be associated with apoptosis through indirect oxidative stress by inhibition of antioxidant enzymes and possible interaction with zinc finger protein, In addition to the direct effect of Cd, MT appears to play dual roles in apoptosis induction: one as a Cd carrier by which Cd accumulates in the nucleus, and the other as an inhibitor of zinc finger proteins, which include transcriptional factors related to apoptosis such as the product of the apoptosis resistance gene A20. In this review, we demonstrated that the mode of cell death following Cd exposure is associated with intracellular movement of Cd and MT. A possible mechanism for Cd-induced apoptosis is also discussed.

    Web of Science

  • A Tanimoto, Y Ide, N Arima, Y Sasaguri, R Padmanabhan .  The amino terminal deletion mutants of hepatitis C virus nonstructural protein NS5A function as transcriptional activators in yeast .  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS236 ( 2 ) 360 - 364   1997年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    To investigate the biological function of hepatitis C virus (HCV)-NS5A, the NS5A was fused at its N-terminus with the DNA binding domain (DBD) of yeast transcriptional activator GAL4 (GAL4-DBD). The GAL4-DBD alone had no transcriptional activation function. However, a mutant of the GAL4-DBD/NS5A fusion protein, in which 129 amino acid residues were deleted from the N-terminus of NS5A, exhibited strong transcriptional activation in yeast cells, bearing the Escherichia coli lacZ reporter gene encoding the beta-galactosidase under the transcriptional control of GAL4 promoter and TATA box. Further mutational analysis of NS5A revealed that the region between the amino acid residues 130 to 352 were critical for optimal level of transactivation. This region includes two acidic domains and one proline-rich region which have been shown to be involved in the function of several transcriptional activators. (C) 1997 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1997.6967

    Web of Science

  • N Arima, Shima, I, S Shimajiri, Y Sasaguri, T Sasaguri, A Tanimoto, T Hamada, M Morimatsu .  Phenotypes of human esophageal squamous cell carcinoma based on matrix metalloproteinase production .  INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY10 ( 2 ) 269 - 277   1997年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:INT JOURNAL ONCOLOGY  

    We investigated the effects of epidermal growth factor (EGF) and transforming growth factor-beta (TGF-beta) on cell growth and on regulation of matrix metalloproteinases (MMPs) in four cell lines of human esophageal squamous cell carcinomas (TE8, TE9, TE10, and TE11). EGF stimulated the production of proforms of gelatinase B (MMP-9) by three cell lines that could synthesize EGF by themselves, with TE9 being the exception. Particularly, both the production of MMP-9 and DNA synthesis in TE10 were stimulated significantly by EGF. TGF-beta slightly stimulated DNA synthesis in two cell lines, TE9 and TE11, and TGF-beta secretion by TE9 was detected. The production of proforms of gelatinases A (MMP-2) and MMP-9 was gradually induced by TGF-beta in a concentration-dependent manner in all the cell lines except for TE9. Flow cytometric analysis revealed that all the lines expressed both EGF- and TGF-beta-receptors. In conclusion, our present results indicate that at least there are possibly two distinct phenotypes in human esophageal squamous cell carcinoma: one (TE10) depends on autocrine EGF production that enhances DNA synthesis and MMP-9 production; and the other (TE9) on autocrine TGF-beta that stimulates DNA synthesis but not in relation to gelatinase production.

    Web of Science

  • T Tanaka, K Hara, A Tanimoto, K Kasai, T Kita, N Tanaka, T Takayasu .  Determination of arsenic in blood and stomach contents by inductively coupled plasma/mass spectrometry (ICP/MS) .  FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL81 ( 1 ) 43 - 50   1996年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCI IRELAND LTD  

    Inductively coupled plasma/mass spectrometry (ICP/MS) was used and evaluated for the practical analysis of the arsenic content of body fluid samples without ashing. The calibration curve for arsenic in blood solution was shown to have good sensitivity, linearity and reproducibility. Blood obtained from normal volunteers was determined by ICP/MS, and compared with that determined by atomic absorption spectrometry (AAS). The arsenic contents determined by ICP/MS showed a linear correlation with that determined by AAS. Furthermore, arsenic was determined in the blood and supernatant of stomach contents obtained from a suicide autopsy case resulting from ingestion of an arsenic compound. It was therefore concluded that ICP/MS could be used rapidly and conveniently in the field of forensic toxicology in acute metal poisoning cases.

    DOI: 10.1016/0379-0738(96)01942-1

    Web of Science

  • A Tanimoto, T Sasaguri, N Arima, H Hashimoto, T Hamada, Y Sasaguri .  Endometrial stromal sarcoma of the uterus with rhabdoid features .  PATHOLOGY INTERNATIONAL46 ( 3 ) 231 - 237   1996年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE  

    A case of endometrial stromal sarcoma of the uterus with rhabdoid features, occurring in a 57 year old woman is reported. Electron microscopy and immunohistochemistry revealed that the rhabdoid cells contained intermediate filaments which were positive for vimentin, cytokeratin, alpha-smooth muscle actin, and muscle specific actin, but not for myoglobin and desmin. This indicated that the tumor in this case differed somewhat from the three rhabdoid tumors and an endometrial stromal sarcoma with rhabdoid differentiation previously reported and that, therefore, these tumors were heterogeneous.

    Web of Science

  • T Hamada, T Sasaguri, A Tanimoto, N Arima, S Shimajiri, T Abe, Y Sasaguri .  Apoptosis of human kidney 293 cells is promoted by polymerized cadmium-metallothionein .  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS219 ( 3 ) 829 - 834   1996年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Transformed human kidney cells (293 cells) exposed to 12.5 to 37.5 mu M CdCl2 showed apoptosis as confirmed by characteristic electron microscopic features, a ladder on gel electrophoresis of extracted DNA, and fragmentation of nucleosomes as detected by enzyme linked immunosorbent assay (ELISA). Higher concentrations of Cd were less effective in inducing apoptosis. Furthermore, addition of the protein extract from the serum-free medium used for Cd-exposure promoted apoptosis exhibiting the same features as that after Cd-exposure. The apoptosis induced by the protein was dose-dependent. The molecular weight of the protein (Cd-protein) was shown to be 40 kDa by gel filtration. Two-dimensional electrophoresis revealed the Cd-protein as a single spot with a molecular weight of 6 kDa and pI of 4.5. Competitive ELISA showed that the Cd-protein reacted with anti-metallothionein antibody. The present findings suggest that apoptosis is induced not only by Cd itself but also by polymerized metallothionein molecules (MT) released from cells into the medium. (C) 1996 Academic Press, Inc.

    DOI: 10.1006/bbrc.1996.0318

    Web of Science

  • R Nakano, N Murahashi, Y Sasaguri, A Tanimoto, M Soejima, N Arima, T Hamada .  Establishment and characterization of immortalized human coronary endothelial cells .  BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL36 ( 4 ) 715 - 722   1995年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    We established an immortalized cell line from endothelial cells derived from a human coronary artery, isolated at autopsy from 76-year-old male, by transfecting the cells with origin-minus simian virus 40 DNA. These cells showed SV40 T antigen in the nuclei and Ulex europaeus I agglutinin and factor VIII-related antigen, as endothelial cell markers, in their cytoplasm. This cell line synthesized prostacyclin, tissue-type plasminogen activator (tPA), and plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) as well as produced the preform of matrix metalloproteinase 1, which was activated by cultivating the cells with plasminogen. These findings reveal that this immortalized endothelial cell line retains characteristics of human coronary endothelial cells, indicating that this cell line is useful for studying atherogenesis of the coronary artery.

    Web of Science

  • T HAMADA, T SASAGURI, M HISAOKA, K HIRAKATA, A TANIMOTO, H NAKATA, Y SASAGURI, H HASHIMOTO .  MILD EMPHYSEMA - A NOVEL METHOD USING FORMALIN-FIXED LUNGS FOR COMPUTED-TOMOGRAPHY AND PATHOLOGICAL ANALYSES .  VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY426 ( 6 ) 597 - 602   1995年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    We evaluated a navel method of computed tomography (CT) analysis using formalin-fixed lungs of autopsy cases with mild emphysema. Eight formalin-inflated lungs (FILs) obtained at autopsy were examined using CT after draining off the formalin and air inflation with an air pump, and subjected to pathological study including pathological scoring of emphysema and microscopic image analysis (MIA). Satisfactory CT examination was carried out within 5 h of lung fixation. The mean alveolar area determined by MIA correlated highly with the lung volume (r=O.845) and CT score (r=0.722). This method is simple compared with conventional polyethylene glycol fixation for CT and enables CT examination of resected lungs without anxiety about biohazards.

    Web of Science

  • T TAKAGISHI, Y SASAGURI, R NAKANO, N ARIMA, A TANIMOTO, H FUKUI, M MORIMATSU .  EXPRESSION OF THE HISTAMINE H1 RECEPTOR GENE IN RELATION TO ATHEROSCLEROSIS .  AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY146 ( 4 ) 981 - 988   1995年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:AMER SOC INVESTIGATIVE PATHOLOGY, INC  

    Histamine in serum and arterial tissue contributes to the pathogenesis of atherosclerosis and the formation of coronary artery vasospasm As the effect of histamine at a given site will be mediated by its specific receptors, we investigated by in situ hybridization and Northern blot analysis the expression and localization of human histamine H1 receptor mRNA in the arterial wall and in cultured human aortic intimal smooth muscle cells (SMC) and immortalized SMC (ISS10) and endothelial cells (SE1). In situ hybridization showed that SMC and endothelial cells expressed H1 receptor mRNA in vivo and that the expression was increased in SMC in the thickened intima of atherosclerotic foci in both the aorta and coronary artery By Northern blot analysis, we also detected histamine H1 receptor mRNA in cultured SMC, ISS10, and SE1 and found that platelet-derived growth factor stimulated SMC to increase their expression of the mRNA in vitro. These results suggest that up-regulation of histamine H1 receptor expression by platelet-derived growth factor plays an important role in the initiation and progression of cardiovascular diseases.

    Web of Science

  • T HAMADA, T SASAGURI, A TANIMOTO, N ARIMA, R NAKANO, H MIYAYAMA, Y SASAGURI .  OVARIAN MUCINOUS CYSTADENOCARCINOMA WITH SARCOMA-LIKE MURAL NODULES .  JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY58 ( 3 ) 201 - 207   1995年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY-LISS  

    A rare case of ovarian mucinous cystadenocarcinoma with sarcoma-like mural nodules is reported. Macroscopically, nodular or granular lesions were scattered over the inner surface of a huge, multilocular tumor in the left ovary. The histopathological features were consistent with those of previously documented cases, except significant squamous metaplasia in the present case. The pleomorphic sarcoma-like cells showed a positive reaction for vimentin and alpha-antichymotrypsin but were negative for carcinoembryonic antigen and common epithelial membrane antigen by immunohistochemistry. Electron microscopically, the tumor cells had neither desmosomes nor secretory granules, but they possessed abundant intermediate filaments. Both immunostaining and ultrastructure suggested that the sarcoma-like nodules were derived from reactive proliferation of fibrohistiocytic cells. The fibrohistiocytic reaction seemed to occur in response to hemorrhage, because hemorrhage was reported to be associated with the mural nodules in most of the previous cases as well as ours. (C) 1995 Wiley-Liss, Inc.

    Web of Science

  • K SAGAWA, M MOCHIZUKI, K MASUOKA, K KATAGIRI, T KATAYAMA, T MAEDA, A TANIMOTO, S SUGITA, T WATANABE, K ITOH .  IMMUNOPATHOLOGICAL MECHANISMS OF HUMAN T-CELL LYMPHOTROPIC VIRUS TYPE-1 (HTLV-I) UVEITIS - DETECTION OF HTLV-I-INFECTED T-CELLS IN THE EYE AND THEIR CONSTITUTIVE CYTOKINE PRODUCTION .  JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION95 ( 2 ) 852 - 858   1995年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ROCKEFELLER UNIV PRESS  

    The immunopathology of human T cell lymphotropic virus type 1 (HTLV-I) uveitis was addressed by using T cell clones (TCC) established from the intraocular fluid of patients with HTLV-I uveitis. Proviral DNA of HTLV-I was identified in 55 out of 94 (59%) or 13 out of 36 (36%) TCC from the ocular fluid or the peripheral blood of these patients, respectively. Most of HTLV-I-infected TCC had a CD3(+) CD4(+) CD8(-) phenotype. HTLV-I infection on TCC was confirmed by analysis of the viral mRNA, nucleotide sequence, virus-associated proteins, and virus particles. HTLV-I-infected TCC, but not HTLV-I negative TCC, constitutively produced high amounts of IL-6 (1,336 +/- 1,050 pg/ml) and TNF-alpha (289 +/- 237 pg/ml) in the absence of any stimuli. HTLVI-infected TCC from the ocular lesion also constitutively produced high amounts of IL-1 alpha (12,699 pg/ml), IL-2 (61 pg/ml), IL-3 (428 pg/ml), IL-8 (1,268 pg/ml), IL-10 (28 pg/ml ), IFN-gamma (5,095 pg/ml), and GM-CSF (2,886 pg/ml). Hydrocortisone, a drug effective in vivo for the treatment of HTLV-I uveitis, severely depressed cytokine production in vitro in most cases. In summary, the results demonstrated direct evidence of HTLV-I infection of the eye and suggest that cytokines produced by HTLV-I-infected T cells are responsible for the intraocular inflammation in patients with HTLV-I uveitis.

    Web of Science

  • R Kouzuma, H Tasaki, T Komura, Y Nakashima, A Kuroiwa, A Tanimoto, O Koide .  Combined treatment of probucol with diltiazem regresses atherosclerosis induced by 1% cholesterol diet in rabbit aorta .  ARTERY21 ( 6 ) 337 - 351   1995年

     詳細を見る

    出版者・発行元:ARTERY PUBLISHING  

    To clarify whether probucol, an antioxidant, or diltiazem, a Ca2+ antagonist, favorably affect the regression of established atherosclerosis, rabbits were fed a 1% cholesterol diet for 10 weeks, then a standard diet for an additional 25 weeks (regression period). During the regression period, rabbits were grouped into a saline (S) group (n=8, 1 ml saline/d), a probucol (P) group (n=8, 1000 mg/d probucol), or a probucol and diltiazem (P+D) group (n=8, probucol 1000 mg/d in diet and diltiazem 30mg/d). We measured cholesterol in serum, lipoprotein fractions, and serum triglyceride or phospholipid concentration and found no significant differences among the three groups at 10, 15, or 35 weeks. After 10 weeks of the atherogenic diet, the ratio of macroscopic atherosclerotic lesions in aortic intima rose to 36.6 +/- 5.6%. After the regression period, the S group developed more atherosclerotic lesions (48.6 +/- 6.49%). The P+D and P groups, however, had decreased scores of 24.3 +/- 5.5% (p&lt;0.05 vs. S) and 32.3 +/- 5.6%, respectively. Moreover, these decreased scores were well correlated with the decrease in aortic tissue lipid compositions, but not the parameters for extracellular matrices. We concluded that P+D or P therapy might be effective in regressing established atherosclerosis by removing lipid contents but not extracellular matrices.

    Web of Science

  • S KATO, Y SASAGURI, S AZAGAMI, R NAKANO, T HAMADA, N ARIMA, A TANIMOTO, M MORIMATSU .  AMBIENT-PRESSURE STIMULATES IMMORTALIZED HUMAN AORTIC ENDOTHELIAL-CELLS TO INCREASE DNA-SYNTHESIS AND MATRIX METALLOPROTEINASE-1 (TISSUE COLLAGENASE) PRODUCTION .  VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY425 ( 4 ) 385 - 390   1994年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    In the present study, we investigated the effect of ambient pressure on [H-3]-thymidine incorporation and on the production of matrix metalloproteinase 1 (tissue collagenase/proMMP-1) using human aortic endothelial cells immortalized with simian virus 40 (SE-1). Incubation of cells at ambient pressures of 50 and 100 mmHg for 24 h slightly increased [H-3]-thymidine incorporation when directly compared with normal culture conditions. The amount of [H-3]-thymidine incorporated in SE-1 reached a maximum at 150 mmHg, while a further increase in pressure to 200 mmHg decreased incorporation. The same ambient pressure slightly stimulated human aortic intimal smooth muscle cells (SMC) to increase [3H]-thymidine incorporation but not medial SMC. Immunoblot analysis also showed that ambient pressure, ranging from 50 to 200 mmHg, like 12-O-tetradecanoyl-phorbol-13-acetate stimulated SE-1 to produce proMMP-1, an effect not seen with either intimal or medial SMC. The amount of proMMP-1 produced also reached a maximum level at 150 mmHg. We postulate that human endothelial cells are ambient pressure sensitive and that relatively lower ambient pressures play an important role in the growth of endothelial cells, while higher pressures injure endothelial cells, resulting in the initiation of atherosclerosis. This cell line may prove useful in the investigation of both the physiological and pathological roles of blood pressure on endothelial cell function.

    Web of Science

  • T HAMADA, A TANIMOTO, S IWAI, H FUJIWARA, Y SASAGURI .  CYTOPATHOLOGICAL CHANGES INDUCED BY CADMIUM-EXPOSURE IN CANINE PROXIMAL TUBULAR CELLS - A CYTOCHEMICAL AND ULTRASTRUCTURAL-STUDY .  NEPHRON68 ( 1 ) 104 - 111   1994年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:KARGER  

    A highly sensitive cytochemical method for demonstrating intracellular Cd using 8-hydroxyquinoline was developed and applied in the cytopathological study of primary-cultured renal tubular cells from beagle kidneys. The Cd-8-hydroxyquinoline emitted a yellowish-green fluorescence which first appeared in the cytoplasm within 30 min and in the nucleus about 60-90 min after exposure to 100 mM CdCl2. It was noteworthy that intranuclear Cd was stained in the nucleolar regions. The sensitivity of the cytochemical method for Cd was estimated to be about 1.0 pg Cd/cell. Ultrastructural features of the dead cells were consistent with those of apoptosis. We conclude that Cd absorbed by proximal tubular cells rapidly reaches to the nuclei and affects nuclear as well as cytoplasmic metabolism.

    Web of Science

  • Y NAKANO, MORIMOTO, I, O ISHIDA, T FUJIHIRA, A MIZOKAMI, A TANIMOTO, N YANAGIHARA, F IZUMI, S ETO .  THE RECEPTOR, METABOLISM AND EFFECTS OF ANDROGEN IN OSTEOBLASTIC MC3T3-E1 CELLS .  BONE AND MINERAL26 ( 3 ) 245 - 259   1994年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ELSEVIER SCI IRELAND LTD  

    We investigated the androgen receptor (AR), metabolism and effects of androgens in osteoblastic MC3T3-E1 cells. AR was proved as a transcript of a IO-kb mRNA and as a 110-kDa protein. An immunocytochemical study showed that AR was located mainly in the nuclei. Specific binding of [H-3]DHT was observed in both the nuclear and cytosol fractions. MC3T3-E1 cells possessed approximately 1190 binding sites per cell and most of the sites (1150 sites) situated in the nucleus. The apparent K-d value in the nuclear fraction was 1.35 nM for [H-3]DHT binding, and it was similar to that for [H-3]testosterone. In the competition analysis, there was not much difference in the displacement of the [H-3] DHT binding from AR between the addition of radioinert DHT and testosterone. In studies of 5 alpha-reductase activity and aromatase activity of the cells, both activities were lower than the respective values in classical androgen target tissues. Androgens stimulated the incorporation of [H-3]thymidine into the cell, and DHT and testosterone had a similar potency on the cell proliferation. Thus, these results suggest testosterone itself acts mainly on the osteoblasts without conversion to DHT.

    DOI: 10.1016/S0169-6009(08)80173-0

    Web of Science

  • T EZAKI, T OKAMURA, Y YOSHIDA, M KODATE, T SHIRAKUSA, A TANIMOTO, R HIRATSUKA .  FOREIGN-BODY GRANULOMA MIMICKING AN EXTRAHEPATICALLY GROWING LIVER-TUMOR - REPORT OF A CASE .  SURGERY TODAY-THE JAPANESE JOURNAL OF SURGERY24 ( 9 ) 829 - 832   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    We herein describe a 74-year-old woman with a foreign-body granuloma mimicking a liver tumor. Imaging studies revealed a pedunculated left lobe mass in the setting of chronic liver disease. She had a past history of a cholecystectomy as well as a previous gynecological operation. A left lateral segmentectomy was performed because of the possibility of a rupture. The dissected specimen showed a foreign-body granuloma caused by gauze. We believe this case to be a very unique granuloma, which should be kept in mind whenever making a diagnosis of a liver tumor particularly in a patient with chronic liver disease, who has a past history of abdominal surgery.

    DOI: 10.1007/BF01636316

    Web of Science

  • O YAMAMOTO, A TANIMOTO, H YASUDA, Y SUENAGA, M ASAHI .  A COMBINED OCCURRENCE OF NEUROENDOCRINE CARCINOMA OF THE SKIN AND A BENIGN APPENDAGEAL NEOPLASM .  JOURNAL OF CUTANEOUS PATHOLOGY20 ( 2 ) 173 - 176   1993年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:MUNKSGAARD INT PUBL LTD  

    A 76-year-old Japanese male presented with a subcutaneous nodule in the dorsal cubital region of the right arm. The center of the nodule showed typical features of neuroendocrine carcinoma of the skin. The peripheral portion showed epithelial islands of squamoid cells with horn cysts suggestive of benign appendageal tumor with pilar differentiation. The coexistence of two skin neoplasms in the same lesion would suggest that both tumors developed from common pluripotential stem cell.

    Web of Science

  • A TANIMOTO, T HAMADA, O KOIDE .  CELL-DEATH AND REGENERATION OF RENAL PROXIMAL TUBULAR CELLS IN RATS WITH SUBCHRONIC CADMIUM INTOXICATION .  TOXICOLOGIC PATHOLOGY21 ( 4 ) 341 - 352   1993年

     詳細を見る

    出版者・発行元:SOC TOXICOLOGIC PATHOLOGISTS  

    Male Sprague-Dawley rats were injected subcutaneously with 0.6 mg cadmium (Cd)/kg/day for 8 wk. The subsequent changes in renal proximal tubules were studied histologically, histochemically, and ultrastructurally. The urinary and tissue Cd concentrations were determined by atomic absorption spectrophotometry. After 4 wk of exposure, apoptosis was observed predominantly in segment S3 along with epithelial regeneration in the affected tubules, and these changes gradually became more pronounced as the experimental period was prolonged. The apoptotic cells were shed into the lumen and were found to contain a large quantity of Cd. Apoptotic cells were counted in paraffin sections after various periods of exposure to Cd. Nuclear bromodeoxyuridine uptake, mitotic count, and nuclear density were used as indicators of tubular regeneration. A correlation was found between the numerical increase of apoptotic cells and the rate of urinary Cd excretion, and the rate of increase in the tissue Cd concentration had a tendency to reduce after 4 wk as the rate of urinary Cd increased. These observations suggest that apoptosis might be helpful for the efficient excretion of Cd into urine. Progressive increases in the preceding indicators of regeneration were observed. From our results, it appears that Cd-induced tubular damage, i.e., cell deletion due to apoptosis, is reversible as a result of marked epithelial regeneration. On the basis of these histological changes, the critical concentration of Cd required to produce renal tubular damage was estimated to be 600 mu g/g dry tissue.

    Web of Science

  • T SASAGURI, M SOEJIMA, Y HINO, H SHIRAISHI, H DATE, M TAKASUGI, A TANIMOTO, A HORIE .  SYSTEMIC NECROTIZING VASCULITIS WITH RENAL INVOLVEMENT ACCOMPANIED BY REMARKABLE EOSINOPHILIA - A CASE WITH OVERLAPPING FEATURES OF POLYARTERITIS-NODOSA AND ALLERGIC GRANULOMATOUS-ANGIITIS .  JAPANESE JOURNAL OF MEDICINE30 ( 5 ) 477 - 482   1991年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    A 71-year-old woman was clinically suspected of allergic granulomatous angiitis (AGA) because of preceding allergic diseases including bronchial asthma, remarkable eosinophilia (14,300/mm3), mononeuritis multiplex, positive rheumatoid factor, elevated serum immunoglobulin E, and eosinophilic inflammation of the kidney. Autopsy findings, however, were characteristic of polyarteritis nodosa (PAN). Necrotizing angiitis was present in several organs except for the lung; focal and segmental glomerular lesions with crescent formation were observed in the kidney, and granuloma formation was not found. This case may be an intermediate type between PAN and AGA (an overlap syndrome) and provide useful information on the clinical entities of systemic necrotizing vasculitis.

    DOI: 10.2169/internalmedicine1962.30.477

    Web of Science

  • T HAMADA, S NAKANO, S IWAI, A TANIMOTO, K ARIYOSHI, O KOIDE .  PATHOLOGICAL-STUDY ON BEAGLES AFTER LONG-TERM ORAL-ADMINISTRATION OF CADMIUM .  TOXICOLOGIC PATHOLOGY19 ( 2 ) 138 - 147   1991年

     詳細を見る

    出版者・発行元:SOC TOXICOLOGIC PATHOLOGISTS  

    Histopathological, histochemical, and electron microscopic examinations were performed on beagles after a long-term oral cadmium (Cd) administration of &gt; 8 years. Although renal atrophy was remarkable in groups receiving doses of 50 and 100 mg/kg body weight/day, bone lesions could not be demonstrated by roentgenological and histopathologic examination. It was noticed that concomitant regeneration or recovery and cell death of the epithelium occurred in the proximal convoluted tubules. The cell death was consistent with apoptosis, a special feature of cell death, which was shown to play a major part in the tubular damage of cadmium by electron microscopic examination. Fatty degeneration of the pars recta tubules was seen to show dose-dependence. The intrarenal cadmium was localized predominantly in the cytoplasm of the proximal tubular epithelium by histochemical and ultracentrifugal cell fractionation examinations. Although no remarkable changes were found in the other organs, aggregates of siderophages in the liver and focal hemorrhage in the spleen, known as spontaneous lesions, might be related to Cd intoxication. In conclusion, the present study revealed that no bone lesions occur with Cd administration in adult beagles in spite of long-term administration. An excessive cell death to regeneration or recovery in the proximal tubules might result in the renal cortical atrophy. No remarkable changes were seen in the glomeruli and distal nephrons, which were in good agreement with Cd distribution.

    Web of Science

  • A. Tanimoto, T. Hamada, H. Kanesaki, K. Matsuno, O. Koide .  Multiple primary cancers in a case of chronic arsenic poisoning. An autopsy report .  Journal of UOEH12 ( 1 ) 89 - 99   1990年

     詳細を見る

    This is an autopsy report of multiple primary cancers observed in a patient who had clinically been diagnosed as chronic arsenic poisoning. An 88-year-old man, non-smoker, had worked in an arsenic mine for 6 years from the age of 47. He had undergone operations for Bowen's disease and gastric cancer at ages 80 and 86, respectively. At autopsy, squamous cell carcinoma of the lung and a polypoid lesion in the piriform recess were found. Furhermore, microscopic examination revealed latent prostatic adenocarcinoma and oncocytoma in the kidney. The polypoid lesion of the piriform recess appeared to originate from the duct of the minor salivary gland in the pharynx, showing an adenoid cystic carcinoma-like pattern with squamous cell carcinoma in part. The cause of death was thought to be respiratory failure due to bronchopneumonia and pulmonary edema as well as hydrothorax, and chronic heart failure following ischemic heart diseas. Bowen's disease was followed by four internal malignant tumors, even though the etiological relation between these cancers and arsenic is not clear.

    DOI: 10.7888/juoeh.12.89

    Scopus

    PubMed

  • T HAMADA, A TANIMOTO, M KAIDO, S MATSUMOTO, K IRIBE, O KOIDE .  DIFFUSE PLEURAL RHABDOMYOSARCOMA WITH PERSISTENT PLEURAL EFFUSION .  ACTA PATHOLOGICA JAPONICA39 ( 12 ) 803 - 809   1989年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE  

    Web of Science

  • 小出 紀, 海道 昌宣, 谷本 昭英 .  Cushing病に合併した急性壊死性膵炎の一例(第30回CPC) .  臨牀と研究66 ( 4 ) 1250 - 1254   1989年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • Nakano S, Iwai S, Tanimoto A, Koide O .  An ultrastructural observation of malignant mesothelioma cells in pleural effusion. .  Journal of Clinical Electron Microscopy22   5 - 6   1989年

  • Tetsuo Hamada, Akihide Tanimoto, Masanobu Kaido, Shigeru Matsumoto, Kaneshige Iribe, Osamu Koide .  Diffuse Pleural Rhabdomyosarcoma with Persistent Pleural Effusion .  Pathology International39 ( 12 ) 803 - 809   1989年

     詳細を見る

    A unique case of embryonal rhabdomyosarcoma arising at the left pleura of a 7‐year‐old Japanese girl is reported. The present case was characterized by persistent pleural effusion, and the malignant cells incidentally found in it were the first diagnostic clue. The tumor showed a rare growth pattern involving diffuse thickening of the parietal pleura. Biopsy of the thickened parietal pleura upon thoracotomy revealed embryonal rhabdomyosarcoma largely composed of immature mesenchymal cells. Immunohistochemical demonstration of creatinine phos‐phokinase MM was most helpful among several types of immunostain for the histopathological diagnosis. Ultra‐structurally, thin filaments with primitive Z bands could be seen in some tumor cells. Intensive clinical examination revealed only diffuse thickening of the parietal pleura, which was reduced by chemotherapy. This is the first documented case of rhabdomyosarcoma arising at the pleura. Previous reports of rhabdomyosarcoma arising at unusual sites are reviewed and the histogenesis of this tumor is briefly discussed. Acta Pathol Jpn 39: 803 809, 1989. Copyright © 1989, Wiley Blackwell. All rights reserved

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.1989.tb02433.x

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC

  • Adult T-cell leukemia/lymphoma presenting with ulceration of the digits(タイトル和訳中)

    Fujii Kazuyasu, Kirishima Mari, Yoshimitsu Makoto, Hashiguchi Takaki, Tanimoto Akihide, Kanekura Takuro

    The Journal of Dermatology   50 ( 5 )   e168 - e170   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【あの議論の決着はつきましたか?】病理・放射線関連 胆膵系腫瘍におけるムチン発現様式と悪性度は関係するのか?

    東 美智代, 横山 勢也, 谷本 昭英

    胆と膵   44 ( 4 )   345 - 348   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆膵系腫瘍の大部分が腺系であり,量の多寡はあるが細胞質内に粘液-ムチン-を有している。ムチンの発現様式と悪性度には関連があり,組織型と予後不良因子は以下のようにまとめられる。浸潤性膵管癌:MUC4,MUC16/CA125,膵IPMN:MUC1,MUC4,浸潤性胆管癌:MUC1,MUC4,MUC16/CA125,胆IPNB:MUC1。胆IPNBではMUC2発現が予後良好因子であるかもしれない。(著者抄録)

  • 【マイクロバイオームが切り拓く肝胆膵の新未来】胆道疾患 胆汁中細菌叢と膵胆道癌

    谷本 昭英, 横山 勢也, 霧島 茉莉

    肝胆膵   86 ( 3 )   363 - 367   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【中枢神経系腫瘍の病理II】病理診断 サポート 脳腫瘍のがんゲノム医療 カスタムがん遺伝子パネルによる統合分子診断

    谷本 昭英

    病理と臨床   41 ( 2 )   0153 - 0161   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

  • イピリムマブ+ニボルマブ+カルボプラチン+ペメトレキセド併用療法で視力の改善が得られた脈絡膜転移を有する肺腺癌の1例

    大庭 優士, 安田 俊介, 鶴薗 健太郎, 冨岡 勇也, 松山 崇弘, 三山 英夫, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅, 田畑 和宏, 谷本 昭英

    肺癌   62 ( 2 )   141 - 141   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  • Integrated diagnosis of adult-type glioma according to 2021 World Health Organization classification: Analysis of 184 cases using a custom-made next-generation sequencing panel(和訳中)

    Kirishima Mari, Akahane Toshiaki, Higa Nayuta, Yonezawa Hajime, Uchida Hiroyuki, Kitazono Ikumi, Higashi Michiyo, Yoshimoto Koji, Tanimoto Akihide

    Pathology International   72 ( 3 )   207 - 210   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 眼窩内に寄生したマンソン孤虫症の1例

    古江 惠理, 上笹貫 太郎, 平木 翼, 小牧 祐雅, 東 裕子, 谷本 昭英, 井戸 章雄, 坂本 泰二

    臨床眼科   75 ( 8 )   1031 - 1036   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>緒言:マンソン孤虫症は,マンソン裂頭条虫の幼虫であるプレロセルコイドがヒトに寄生する比較的稀な疾患である。皮下への感染報告がほとんどであり,眼窩内への寄生は,わが国での報告はわずかである。今回,眼窩内のマンソン孤虫症を経験したので報告する。症例:33歳,男性。2017年7月に右眼瞼腫脹が出現し,近医で右眼の結膜炎の診断を受けた。点眼加療で改善しなかったため精査目的で2018年10月に鹿児島大学病院眼科を初診した。右上眼瞼に移動性の腫脹を認め,さらに2年後の造影MRIでは右上直筋付近に占拠性病変が出現した。特発性眼窩炎症の疑いでステロイド内服加療を開始したが,その後の皮膚生検の結果からIgG4関連疾患の診断となった。ステロイド内服を継続したが,改善・増悪を繰り返し寛解には至らなかった。2020年6月に右眼結膜に白色病変を認めたため,摘出術を施行した。摘出後,右眼瞼腫脹は改善した。摘出された白色病変は,病理組織学的検査および寄生虫抗体検査でマンソン孤虫症であると考えられた。結論:眼窩内の寄生虫感染症は稀であり,特発性眼窩炎症やIgG4関連疾患と症状が類似しているため誤診されやすい。ステロイド抵抗性の繰り返す眼瞼腫脹や外眼筋炎の診断には寄生虫感染症も念頭に置くべきである。

  • EWSR1-FLI1融合遺伝子を伴う固形気管支内腫瘍 診断困難なEwing肉腫の1例(Solid endobronchial tumor with EWSR1-FLI1 fusion gene: A diagnostically challenging case of the Ewing sarcoma)

    Kirishima Mari, Kato Ikuma, Hisaoka Masanori, Nakatani Yukio, Harada Takeda Aya, Mizuno Keiko, Tanimoto Akihide

    Pathology International   71 ( 7 )   488 - 490   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 脳腫瘍に特化したがん遺伝子パネル検査の実臨床における有用性

    米澤 大, 比嘉 那優大, 内田 裕之, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology   38 ( Suppl. )   073 - 073   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 神経膠腫診断用パネル検査で見つかった新規EGFR variantを有する神経膠腫の病理組織学的特徴

    赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 内田 裕之, 米澤 大, 坂本 一平, 野原 祥夫, 吉本 幸司, 谷本 昭英

    Brain Tumor Pathology   38 ( Suppl. )   073 - 073   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 病理検査の品質管理: 診断〜報告:迅速診断も含めて 病理診断までのTurn Around Time(TAT)について

    西田 ゆかり, 竹下 かおり, 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 山元 陽子, 田畑 和宏, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本医学検査学会抄録集   70回   np127 - np127   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床衛生検査技師会  

  • 日本人のhigh grade glioma患者における遺伝子変異の特徴

    比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 内田 裕之, 藤尾 信吾, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 濱田 大治, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology   38 ( Suppl. )   074 - 074   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 子宮頸部原発明細胞癌の一例 液状化検体(LBC)での細胞像

    窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 田崎 貴嗣, 北薗 育美, 東 美智代, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   60 ( Suppl.1 )   230 - 230   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • Lower-grade gliomaの遺伝子プロファイル診断と予後についての検討

    内田 裕之, 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 米澤 大, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology   38 ( Suppl. )   077 - 077   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 脳腫瘍の病理 カスタムNGSパネルによる神経膠腫の統合分子病理診断の実践と応用

    谷本 昭英, 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 吉本 幸司

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   183 - 183   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 婦人科腫瘍診断用遺伝子パネルを用いた子宮内膜癌の解析 MSI/POLE症例の病理学的所見比較

    赤羽 俊章, 北薗 育美, 平木 翼, 霧島 茉莉, 田畑 和宏, 東 美智代, 田崎 貴嗣, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   245 - 245   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 充実性増殖部分を含む子宮内膜癌の統合的分子病理診断の試み

    北薗 育美, 赤羽 俊章, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   245 - 245   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • がん遺伝子検査を行った子宮体部・卵巣の同時性重複癌の2症例

    牛若 昴志, 簗詰 伸太郎, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 赤羽 俊章, 北薗 育美, 谷本 昭英, 小林 裕明

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   388 - 388   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

  • 子宮頸部腺肉腫の診断および治療 自験例7例の検討と文献的考察

    戸上 真一, 牛若 昴志, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 谷本 昭英, 小林 裕明

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   317 - 317   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

  • がん遺伝子検査を行った子宮体部・卵巣の同時性重複癌の2症例

    牛若 昴志, 簗詰 伸太郎, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 赤羽 俊章, 北薗 育美, 谷本 昭英, 小林 裕明

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   388 - 388   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

  • 子宮頸部腺肉腫の診断および治療 自験例7例の検討と文献的考察

    戸上 真一, 牛若 昴志, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 谷本 昭英, 小林 裕明

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   317 - 317   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

  • 悪性グリオーマのEGFR遺伝子変異とスプライシングバリアントの特徴

    比嘉那優大, 赤羽俊章, 米澤大, 内田裕之, 藤尾信吾, 横山勢也, 霧島茉莉, 浜田大治, 谷本昭英, 吉本幸司

    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集   21st   2021年

     詳細を見る

  • 【IPMN大全】IPMNの歴史的変遷 IPMNにおけるMUC発現とその評価の歴史

    東 美智代, 横山 勢也, 米澤 傑, 谷本 昭英

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1159 - 1162   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm:IPMN)の大きな特徴は「粘液の産生」である。ムチンは「粘液」の主成分であり、細胞の保護を行い恒常性維持に大きな役目を果たしている。ムチンの骨格であるコア蛋白が「MUC」という総称でよばれており、クローニングされた順に番号が付いている。IPMNは亜型によってMUCの発現形式が異なっていることは現在ではよく知られている。しかし、IPMNが認識されはじめた当初はMUC2(+)の症例がほとんどであった。症例数の蓄積とともにMUC2(-)の症例が認識され、臨床病理学的特徴も大きく異なることがわかり、2004年頃に亜型として確立された。MUC発現は亜型のみでなく予後などの悪性度とも関連しており、早期診断などへの臨床応用も期待される。(著者抄録)

  • 腫瘍穿刺細胞診にて癌の転移との鑑別に苦慮した血管肉腫の一例

    西田 ゆかり, 平木 翼, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 赤羽 俊章, 霧島 茉莉, 田崎 貴嗣, 北薗 育美, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   59 ( Suppl.2 )   565 - 565   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 遺伝子パネル検査で右乳癌の対側乳房内転移と診断された、乳管内病変を伴う左乳癌の一例

    新田 吉陽, 永田 彩子, 佐保 葉月, 野元 優貴, 赤羽 俊章, 平木 翼, 谷本 昭英, 夏越 祥次

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   267 - 267   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

  • 脳腫瘍の遺伝子診断とゲノム医療1 神経膠腫診断用パネルKBT-48で認めたEGFR mutation gliomaの病理組織学的所見

    赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 平木 翼, 北薗 育美, 内田 裕之, 米澤 大, 吉本 幸司, 谷本 昭英

    Brain Tumor Pathology   37 ( Suppl. )   064 - 064   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 神経膠腫診断に特化した遺伝子パネルによるGlioblastoma、IDH-wildの解析結果

    比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 米澤 大, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology   37 ( Suppl. )   091 - 091   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 未治療慢性リンパ性白血病と低ガンマグロブリン血症を有する患者に生じたEpstein-Barrウイルス陽性粘膜皮膚潰瘍(Epstein-Barr virus-positive mucocutaneous ulcer in a patient with untreated chronic lymphocytic leukemia and hypogammaglobulinemia)

    Inatsu Eri, Fujii Kazuyasu, Hatanaka Miho, Okubo Aoi, Uchida Youhei, Higashi Yuko, Hiraki Tsubasa, Tanimoto Akihide, Kanekura Takuro

    The Journal of Dermatology   47 ( 5 )   e204 - e206   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 気管支原発Adamantinoma-like Ewing sarcomaの細胞像

    竹下 かおり, 平木 翼, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 西田 ゆかり, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 東 美智代, 佐藤 雅美, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   59 ( Suppl.1 )   249 - 249   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 乳腺Cystic hypersecretory hyperplasia with atypiaの1例

    杉本 幸子, 平木 翼, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   59 ( Suppl.1 )   282 - 282   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 乳腺LBCの現状と展望 乳腺細胞診LBC検体を使用した遺伝子パネル検査の有用性と適正検体選択の重要性

    赤羽 俊章, 山口 朋美, 西田 ゆかり, 竹下 かおり, 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 平木 翼, 北薗 育美, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   59 ( Suppl.1 )   133 - 133   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 遺伝子パネル検査を利用した婦人科腫瘍の分子病理統合診断

    赤羽 俊章, 北薗 育美, 小林 裕明, 谷本 昭英

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   28   1 - 4   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    鹿児島大学病院では、これからのゲノム医療に対応するため、産婦人科学教室と共同で婦人科腫瘍の遺伝子パネル検査の臨床研究を昨年から開始した。高品質のホルマリン固定パラフィン包埋検体を作成する取り組みや、液状処理細胞診検体を使用したパネル検査の基礎研究を行っている。当講座では独自の遺伝子パネル検査を開発し臨床研究に使用している。産婦人科学教室との臨床研究で使用したパネルは、分子標的薬関連・ミスマッチ修復関連・NCCNガイドライン関連遺伝子を含む60遺伝子と17ヶ所のマイクロサテライト領域を標的としたオリジナルの固形腫瘍専用の遺伝子パネル検査である。本稿では以下の項目で解説した。1)遺伝子パネル検査、2)類内膜腺癌で認められる遺伝子異常、3)カスタム遺伝子パネル検査。

  • Hypermutatedな子宮内膜癌 カスタムパネル遺伝子検査とMMR免疫組織化学による検討

    北薗 育美, 赤羽 俊章, 堀之内 道子, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   370 - 370   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 胆道・膵臓腫瘍の遺伝子異常と病理診断 胆道・膵腫瘍の早期診断とバイオマーカー

    東 美智代, 横山 勢也, 平木 翼, 北薗 育美, 霧島 茉莉, 田中 貴子, 濱田 一正, 堀之内 道子, 米澤 傑, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   205 - 205   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 次世代シークエンサー解析で統合診断を行ったDiffuse Midline Glioma,H3 K27M-mutantの4症例

    霧島 茉莉, 赤羽 俊章, 平木 翼, 比嘉 那優大, 吉本 幸司, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   318 - 318   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 皮膚炎症性疾患のトピックス: 日常診断の際、知っておきたい最新の病態と治療 免疫チェックポイント阻害薬による皮膚障害

    平木 翼, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 堀之内 道子, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   221 - 221   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 胆管癌におけるDNAメチル化解析(DNA methylation analysis in bile duct)

    横山 勢也, 霧島 茉莉, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   348 - 349   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • Wnt10aの欠損はCYP19A1発現量とエストロゲン値の低下により不妊を引き起こしうる(Wnt10a deficiency can cause infertility by reduced expression of CYP19A1 and estrogen levels)

    田崎 貴嗣, 王 克よう, 周 倩, 張 家赫, 片渕 瑛介, 島尻 正平, 谷本 昭英, 東 華岳, 中山 敏幸

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   377 - 377   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 小細胞肺癌におけるPurkinje cell protein 4の発現と免疫組織化学への応用

    畑中 一仁, 濱田 大治, 田崎 貴嗣, 山田 壮亮, 北薗 育美, 中村 直哉, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   414 - 414   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • ヒト神経芽細胞腫由来細胞M17におけるPCP4/PEP19の神経分化に対する作用

    濱田 大治, 北薗 育美, 平木 翼, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   318 - 318   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • エンドサイト細胞診LBC検体を使用した遺伝子パネル検査によるEndometrioid Carcinoma mutation burden解析

    赤羽 俊章, 北薗 育美, 東 美智代, 平木 翼, 霧島 茉莉, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   313 - 313   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • TERT promoter wildtype-IDH wildtype glioblastomaにおける新たなサブグループの特徴

    比嘉那優大, 赤羽俊章, 横山勢也, 米澤大, 内田裕之, 霧島茉莉, 谷本昭英, 吉本幸司

    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   38th   2020年

     詳細を見る

  • 日本人グリオーマ患者の遺伝子変異プロファイル

    吉本幸司, 比嘉那優大, 米澤大, 内田裕之, 坂元顕久, 赤羽俊章, 霧島茉莉, 谷本昭英

    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   38th   2020年

     詳細を見る

  • ロボット手術の現状と未来 婦人科がんロボット手術の現状と未来

    小林 裕明, 神尾 真樹, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 河村 俊彦, 松本 純, 牛若 昂志, 福田 美香, 谷本 昭英, 吉浦 敬

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回   SSY13 - 6   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  • 子宮留膿腫に合併した子宮体部原発扁平上皮癌の一例

    窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 赤羽 俊章, 霧島 茉莉, 野口 紘嗣, 北薗 育美, 平木 翼, 東 美智代, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   58 ( Suppl.2 )   705 - 705   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • DNAメチル化解析結果を用いた計算機科学による膵癌予後予測(Predicted Prognosis of Pancreatic Cancer Patients by Machine Learning)

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本癌学会総会記事   78回   J - 3001   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  • 臨床医からの質問に答える パラフィンブロックから病理組織診断とゲノム検査の両方の検査を両立させるには?

    赤羽 俊章, 山口 朋美, 柳田 絵美衣, 西田 ゆかり, 西原 広史, 谷本 昭英

    検査と技術   47 ( 5 )   627 - 630   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>はじめに 今回,私(赤羽)が執筆するテーマは,"パラフィンブロックから病理組織診断とゲノム検査の両方の検査を両立させるには?"です.では,いきなり答えですが,完全に両立させる方法はありません……としてしまうと終ってしまいます.ですから頑張って続きを書きます.この病理組織診断とゲノム検査は,相反します.完全にそれぞれを理想的な状態で両立させるという意味では,"ありません"ということになってしまうわけです.というわけで,それぞれの落とし所を模索しながら本稿で述べたいと思います.

  • LBC残余検体を用いた遺伝子パネル検査のための基礎研究

    赤羽 俊章, 西田 ゆかり, 竹下 かおり, 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 平木 翼, 北薗 育美, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   58 ( Suppl.1 )   239 - 239   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 脳腫瘍診断に特化したOncoPanelの有用性

    比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 坂元 顕久, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   104 - 104   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  • 皮膚原発性リンパ球増殖性疾患の病理

    谷本 昭英

    日本皮膚科学会雑誌   129 ( 5 )   1021 - 1021   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

  • 鹿児島大学がんゲノム医療への取り組み 神経膠腫診断用遺伝子パネル検査の開発

    赤羽 俊章, 平木 翼, 比嘉 那優大, 東 美智代, 北薗 育美, 後藤 優子, 霧島 茉莉, 吉本 幸司, 西原 広史, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   312 - 312   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 【悪性腫瘍の病理・遺伝子診断に基づくプレシジョンメディシン】PI3K経路分子をドライバーとする悪性腫瘍の遺伝子プロファイル病理診断

    赤羽 俊章, 谷本 昭英

    医学のあゆみ   269 ( 3 )   207 - 213   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)経路に関わる遺伝子の変化は、さまざまな悪性腫瘍に認められている。そのため、治療標的や病理診断の補助マーカー、腫瘍マーカーとしても注目されるシグナル伝達経路である。本稿ではとくに、高率にPI3K経路の遺伝子に異常が認められる乳癌、子宮体部類内膜腺癌、神経膠腫について、実際の臨床例や臨床研究の結果とともに述べる。乳癌においてはPI3K経路の変異のほとんどがPIK3CAの変異であるが、AKT1変異を認めた乳癌の1例を経験したので提示したい。また子宮体部の類内膜腺癌は病理組織学的にはType 1とType 2に分類され、両者はゲノムプロファイルも異なることが知られている。当院のがん遺伝子診断外来症例のなかでERBB2増幅を認めたType 2類内膜腺癌の1例を経験したので紹介したい。神経膠腫は、先進的に分子異常と病理診断による統合診断がされてきた腫瘍である。神経膠芽腫におけるPI3K経路の異常としては、ホスファターゼテンシンホモログ(PTEN)に高頻度に機能欠失変異を認める。著者らの講座では脳腫瘍診断用の遺伝子パネル検査の臨床研究を行っており、そこから得られたPTENの知見も提示したい。(著者抄録)

  • HER2 FISH co-amplified/polysomyおよびmonosomy乳癌は抗HER2療法で効果が得られるか?

    大井 恭代, 四元 大輔, 相良 安昭, 梅北 善久, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   289 - 289   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 鹿児島大学がんゲノム医療への取り組み 神経膠腫用カスタム遺伝子パネルによる脳腫瘍統合診断

    平木 翼, 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 堀之内 道子, 吉本 幸司, 谷本 昭英, 西原 広史

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   414 - 414   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 粘液状結節を伴う紡錘形細胞性腫瘍の一例

    平木 翼, 松山 篤二, 久岡 正典, 谷本 昭英

    日本皮膚病理組織学会抄録集   35回   45,22 - 45,22   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚病理組織学会  

  • 胆汁うっ滞性肝損傷に関するPeroxiredoxin 4(PRDX4)の保護作用(Protective Effects of Peroxiredoxin 4(PRDX4) on Cholestatic Liver Injury)

    郭 シン, 張 ジン, 鄭 剣波, 塩谷 晃広, 陳 昊天, 孟 祥錦, 熊谷 泉那, 水谷 謙一, 谷本 昭英, 山田 壮亮

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   383 - 383   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 鹿児島大学がんゲノム医療への取り組み ヒトゲノム遺伝子解析センター(仮)の開設について

    谷本 昭英, 赤羽 俊章, 西田 ゆかり, 横山 勢也, 平木 翼, 東 美智代, 鈴木 紳介, 上野 真一, 西原 広史

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   302 - 302   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • ムチン遺伝子のメチル化情報を用いた機械学習による膵癌摘出術後の予後評価(Prediction of prognosis with PDAC by Machine learning models using mucin genes methylation status)

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   321 - 322   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • NOS阻害剤投与による超短期マイクロミニピッグ動脈硬化モデルの開発

    川口 博明, 谷本 昭英

    日本毒性病理学会講演要旨集   35回   86 - 86   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本毒性病理学会  

  • Lower grade glioma診断におけるOncoPanelと従来法との比較検討

    内田裕之, 赤羽俊章, 比嘉那優大, 霧島茉莉, 平木翼, 米澤大, 坂元顕久, 谷本昭英, 吉本幸司

    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集   20th   2019年

     詳細を見る

  • OncoPanelをもちいたLower grade gliomaの診断分類

    内田裕之, 赤羽俊章, 比嘉那優大, 霧島茉莉, 平木翼, 米澤大, 谷本昭英, 吉本幸司

    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   37th   2019年

     詳細を見る

  • Fibrosarcomatous dermatofibrosarcoma protuberans(FS-DFSP)の1例

    大久保 葵, 畠中 美帆, 坂ノ上 正直, 多田 浩一, 藤井 一恭, 東 裕子, 平木 翼, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎, 尹 浩信, 天野 正宏

    西日本皮膚科   80 ( 6 )   577 - 577   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

  • 体細胞核移植胚への直接 electroporation(GENTEP)は効率的なゲノム編集ブタ作製に有効である

    佐藤正宏, 三好和睦, 松永将伍, 渡部聡, 中村伸吾, 川口博明, 谷本昭英

    第41回日本分子生物学会年会要旨集(on line)   1P-0750   2018年11月

  • PDAC摘出術後におけるムチン遺伝子のメチル化解析を用いた予後予測法の構築(Construction of prognosis prediction for pancreatic ductal adenocarcinomas by methylation analysis of mucins promoters)

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本癌学会総会記事   77回   552 - 552   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  • 実験動物モデルを識る 世界最小のミニブタを用いた動脈硬化モデル クローン動物および遺伝子改変動物への展開

    谷本 昭英, 川口 博明, 大竹 正剛, 三好 和睦, 佐藤 正宏

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回   189 - 189   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  • 実験動物モデルを識る 世界最小のミニブタを用いた動脈硬化モデル クローン動物および遺伝子改変動物への展開

    谷本 昭英, 川口 博明, 大竹 正剛, 三好 和睦, 佐藤 正宏

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回   189 - 189   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  • 【肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ】膵疾患のエピジェネティクス 膵癌におけるメチル化によるムチン発現調節

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英, 米澤 傑

    肝胆膵   76 ( 5 )   945 - 950   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 網羅的遺伝子解析スクリーニングはLuminal AR乳癌に対するアンドロゲン受容体拮抗薬効果予測になりえるか?

    赤羽 俊章, 中島 恵, 川見 弘之, 難波 清, 原田 大, 飛田 陽, 谷本 昭英, 西原 広史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   447 - 447   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

  • MUC1およびMUC4遺伝子のメチル化解析による膵癌摘出術後の予後評価(Aberrant methylation of MUC1 and MUC4 are potential risk marker for prognosis after surgery of PDAC)

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   314 - 315   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • Overexpression of PRDX4 Protects Against Liver Injury Induced By Bile Duct Ligation(和訳中)

    張 晶, 郭 シン, 濱田 大治, 谷本 昭英, 山田 壮亮

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   368 - 368   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • MUC1およびMUC4遺伝子のメチル化解析による膵癌摘出術後の予後評価(Aberrant methylation of MUC1 and MUC4 are potential risk marker for prognosis after surgery of PDAC)

    横山 勢也, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   314 - 315   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 乳腺LBC細胞診の展望 乳腺LBC検体を使用したクリニカルシークエンスの実践

    赤羽 俊章, 西原 広史, 柳田 絵美衣, 山口 朋美, 大井 恭代, 原田 大, 飛田 陽, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   57 ( Suppl.1 )   134 - 134   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 切除心臓粘液腫におけるIgG4陽性形質細胞浸潤と臨床病理学的特徴との比較検討

    平木 翼, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 飛田 陽, 東 美智代, 野元 三治, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   499 - 499   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 診断に苦慮したfibrohistiocytic tumorの1症例

    平木 翼, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 飛田 陽, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本皮膚病理組織学会抄録集   34回   51,18 - 51,18   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚病理組織学会  

  • 細胞障害の制御とその破綻による病態発生 自然炎症メカニズムと粥状動脈硬化症

    谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   238 - 238   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 細胞障害の制御とその破綻による病態発生 自然炎症メカニズムと粥状動脈硬化症

    谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   238 - 238   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 肺腺癌の予後因子に関するTSHZ2後ろ向きコホート研究(Retrospective cohort study of TSHZ2 as a marker of prognostic factor of lung adenocarcinoma)

    水谷 謙一, 二ツ谷 千鶴, 熊谷 泉那, 塩谷 晃広, 相川 あかね, 中田 聡子, 黒瀬 望, 谷本 昭英, 山田 壮亮

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   418 - 418   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • Peroxiredoxin 4と肝細胞癌の発症および進行との関連性(The Association of Peroxiredoxin 4 with the Initiation and Progression of Hepatocellular Carcinoma)

    郭 シン, 塩谷 晃広, 張 ジン, 平木 翼, 黒瀬 望, 谷本 昭英, 山田 壮亮

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   368 - 368   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 小児甲状舌管嚢胞術後再発に関する臨床病理学的検討

    北薗 育美, 入江 理恵, 小川 雄大, 藤野 明浩, 金森 豊, 守本 倫子, 谷本 昭英, 義岡 孝子

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   496 - 496   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 切除心臓粘液腫におけるIgG4陽性形質細胞浸潤と臨床病理学的特徴との比較検討

    平木 翼, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 飛田 陽, 東 美智代, 野元 三治, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   499 - 499   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 乳腺LBC細胞診の展望 乳腺LBC検体を使用したクリニカルシークエンスの実践

    赤羽 俊章, 西原 広史, 柳田 絵美衣, 山口 朋美, 大井 恭代, 原田 大, 飛田 陽, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   57 ( Suppl.1 )   134 - 134   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • ミノサイクリンによる色素沈着を多臓器に認めた極めて稀な2解剖例(Extremely rare two autopsy cases of the minocycle-induced black pigmentation in multiple organs)

    田崎 貴嗣, 野口 紘嗣, 佐藤 奈帆子, 名和田 彩, 熊元 啓一郎, 島尻 正平, 谷本 昭英, 中山 敏幸, 王 克よう

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   504 - 504   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • PRDX4の過剰発現は胆管結紮誘発性肝損傷に対する保護作用がある(Overexpression of PRDX4 Protects Against Liver Injury Induced By Bile Duct Ligation)

    張 晶, 郭 シン, 濱田 大治, 谷本 昭英, 山田 壮亮

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   368 - 368   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    阿部 正治, 川口 博明, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久

    日本衛生学雑誌   73 ( Suppl. )   S266 - S266   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

  • 昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    阿部 正治, 川口 博明, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久

    日本衛生学雑誌   73 ( Suppl. )   S266 - S266   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

  • 昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    阿部 正治, 川口 博明, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久

    日本衛生学雑誌   73 ( Suppl. )   S266 - S266   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

  • 昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    阿部正治, 川口博明, 牛飼美晴, 大井紗弓, 柚川藍色, 吉川哲也, 和泉博之, 谷本昭英, 堀内正久

    日本衛生学雑誌(Web)   73 ( Supplement )   S266 - S266   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    J-GLOBAL

  • 昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    阿部正治, 川口博明, 牛飼美晴, 大井紗弓, 柚川藍色, 吉川哲也, 和泉博之, 谷本昭英, 堀内正久

    日本衛生学雑誌(Web)   73 ( Supplement )   S266 - S266   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    J-GLOBAL

  • 昼行性動物マイクロミニピッグにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立

    川口 博明, 阿部 正治, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久

    日本毒性病理学会講演要旨集   34回   102 - 102   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本毒性病理学会  

  • 膵腫瘍性病変の膵穿刺細胞診と生検組織との比較検討

    平木 翼, 東 美智代, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 北薗 育美, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 田中 和彦, 飛田 陽, 谷本 昭英

    日本臨床細胞学会雑誌   56 ( Suppl.2 )   670 - 670   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 印環細胞癌と扁平上皮癌の衝突癌が疑われた子宮頸癌の一例

    簗詰 伸太郎, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 田中 和彦, 西田 ゆかり, 竹下 かおり, 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 北園 育美, 平木 翼, 東 美智代, 谷本 昭英, 小林 裕明

    日本臨床細胞学会雑誌   56 ( Suppl.2 )   814 - 814   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床細胞学会  

  • 【血管生物学と疾患】日常業務でよく遭遇する血管病変の最新知見 粥状動脈硬化症の最新知見と病理

    谷本 昭英, 山田 壮亮

    病理と臨床   35 ( 8 )   700 - 706   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • ICTによる24時間牛体温遠隔モニターシステムの開発

    川口 博明, 安藤 貴朗, 畑添 至, 入來 俊久, 古賀 周治, 山田 峰也, 中武 貞文, 小澤 真, 三浦 直樹, 谷本 昭英

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回   452 - 452   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • 髄様癌との鑑別を要した浸潤性乳管癌

    野元 優貴, 喜島 祐子, 平田 宗嗣, 新田 吉陽, 江口 裕可, 中条 哲浩, 田上 聖徳, 夏越 祥次, 後藤 優子, 谷本 昭英

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   735 - 735   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

  • 診断に苦慮した右眉上部原発のMalignant Spiradenomaの1例

    山筋 好子, 野元 裕輔, 川平 尚生, 内田 洋平, 多田 浩一, 藤井 一恭, 東 裕子, 井内 寛之, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 平木 翼, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎

    日本皮膚病理組織学会抄録集   33回   52,29 - 52,29   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚病理組織学会  

  • 生下時より存在する前胸部隆起性病変の1例

    平木 翼, 田崎 貴嗣, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 北薗 育美, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英

    日本皮膚病理組織学会抄録集   33回   45,18 - 45,18   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚病理組織学会  

  • 右前額部に生じたmalignant spiradenomaの1例

    指宿 敦子, 山筋 好子, 東 裕子, 井内 寛之, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 平木 翼, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   33回   183 - 183   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

  • 腸間膜Lipomaの1例

    北薗 育美, 平木 翼, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英

    日本小児血液・がん学会雑誌   54 ( 1 )   91 - 91   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

  • ER陰性HER2陽性乳癌におけるEGFR発現は術前化学療法の治療抵抗性を予測する

    大井 恭代, 佐藤 睦, 相良 安昭, 玉田 修吾, 飛田 陽, 黒住 昌史, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   346 - 346   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 肝細胞癌に対する、抗酸化酵素ペルオキシレドキシン(PRDX)4の予防メカニズムの解析(The critical role of peroxiredoxin 4(PRDX4) in the progression of hepatocellular carcinoma)

    郭 シン, 山田 壮亮, 濱田 大治, 松尾 恵, 張 ジン, 平木 翼, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   412 - 412   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 粘膜類表皮癌においてMUC4とMUC6の発現低下から生存期間の短縮が予想される(MUC4 and MUC6 negative expression predicts a shortened survival in mucoepidermoid carcinoma)

    本庄 希江, 山口 壮亮, 平木 翼, 東 美智代, 吉村 卓也, 中村 典史, 野元 三治, 野口 紘嗣, 米澤 傑, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   300 - 300   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • コール酸はマイクロミニピッグのメタボリックシンドロームにおけるユニークな表現型を誘引する(Cholic acid induces unique features of metabolic syndrome in microminipigs)

    山田 壮亮, 川口 博明, 郭 シン, 松尾 恵, 濱田 大治, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   441 - 441   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • 主に肺静脈に存在して心房まで到達する肺のグロームス腫瘍の一例(A case of pulmonary glomus tumor with a main seat in the pulmonary vein and reached the atrium)

    後藤 優子, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 平木 翼, 東 美智代, 畑中 一仁, 山田 壮亮, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   431 - 431   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • メタボリックシンドローム動物モデルにおける、ヒスタミン・ヒスタミン受容体シグナリングの重要な役割(Critical roles of histamine and its receptor signaling in animal models of metabolic syndrome)

    山田 壮亮, 王 克ヨウ, 郭 シン, 谷本 昭英, 笹栗 靖之

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   311 - 311   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • NOと代謝・循環器・腎臓疾患 NOSs完全欠損マウスの解析から

    筒井 正人, 下川 宏明, 谷本 昭英, 柳原 延章, 尾辻 豊

    腎臓内科・泌尿器科   5 ( 2 )   177 - 184   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 食道扁平上皮癌におけてFilamin C発現はリンパ管侵襲とリンパ節転移を促進させる

    田辺寛, 田辺寛, 新里能成, 古川龍彦, 喜多芳昭, 南謙太朗, 河原康一, 山本雅達, 馬場研二, 盛真一郎, 内門泰斗, 前村公成, 谷本昭英, 夏越祥次

    日本ヒト細胞学会学術集会   35th   2017年

     詳細を見る

  • 中枢神経浸潤をきたした芽球性形質細胞様樹状細胞性腫瘍(BPDCN)の1例

    川平 尚生, 藤井 一恭, 久留 敏晴, 勝江 浩未, 多田 浩一, 下川 充芳, 東 裕子, 後藤 優子, 畑中 一仁, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎

    西日本皮膚科   78 ( 5 )   541 - 541   2016年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

  • い草染土塵肺の二例

    畑中 一仁, 栗脇 一三, 田崎 貴嗣, 岡本 賢三, 霧島 茉莉, 北薗 育美, 後藤 優子, 東 美智代, 谷本 昭英

    日本病理学会会誌   105 ( 2 )   102 - 102   2016年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

  • Alzheimer型認知症と鑑別を要した核内封入体病の一例

    崎元 仁志, 片野田 和沙, 瀬戸下 玄郎, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝

    精神神経学雑誌   ( 2016特別号 )   S516 - S516   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

  • マイクロミニピッグを用いる医薬品の安全性評価 マイクロミニピッグの毒性病理

    川口 博明, 堀内 正久, 谷本 昭英

    The Journal of Toxicological Sciences   41 ( Suppl. )   S66 - S66   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本毒性学会  

  • メトトレキサート関連リンパ腫様肉芽腫症の1例

    地村 望, 東 裕子, 吉満 誠, 義岡 孝子, 藤井 一恭, 河井 一浩, 谷本 昭英, 金蔵 拓郎

    西日本皮膚科   78 ( 3 )   316 - 316   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

  • 前頭側頭型認知症と鑑別を要した神経核内封入体病の一例 神経核内封入体病に対する頭部MRIと皮膚生検の有用性について

    崎元 仁志, 片野田 和沙, 瀬戸下 玄郎, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝

    老年精神医学雑誌   27 ( 増刊II )   195 - 195   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

  • 動物モデルではヒトの動脈硬化をどこまで再現できるのか? 実験に資する急性心筋梗塞モデルの開発 2/3腎摘NO合成酵素完全欠損マウス

    筒井 正人, 尾辻 豊, 田村 雅仁, 下川 宏明, 谷本 昭英

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   48回   108 - 108   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社