基本情報

写真a

谷本 昭英

akihide Tanimoto


職名

教授

プロフィール

動脈硬化の病態解明、新しい動脈硬化や代謝症候群モデルの開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動脈硬化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本病理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 病理診断学

  • 動脈硬化

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Novel function of histamine signaling in hyperlipidemia-induced atherosclerosis: Histamine H1 receptors protect and H2 receptors accelerate atherosclerosis.,Pathol Int.,65巻 2号 (頁 67 ~ 80) ,2015年01月,Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle.,In Vivo.,29巻 1号 (頁 176 ~ 22) ,2015年01月,Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A rare case of internal jugular vein aneurysm with massive hemorrhage in neurofibromatosis type 1.,Cardiovasc Pathol. ,23巻 4号 (頁 244 ~ 247) ,2014年01月,Hiraki T, Higashi M, Goto Y, Kitazono I, Yokoyama S, Iuchi H, Nagano H, Tanimoto A, Yonezawa S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The hyaline vascular type of Castleman's disease of the ovary: a case report.,Int J Surg Pathol.,22巻 7号 (頁 652 ~ 655) ,2014年01月,Hatanaka K, Yoshioka T, Tasaki T, Tanimoto A

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Solitary breast metastasis from myxoid liposarcoma.,BMC Cancer. 2014 Jul 4;14:482. doi: 10.1186/1471-2407-14-482.,14巻 482号 ,2014年01月,Yokouchi M, Nagano S, Kijima Y, Yoshioka T, Tanimoto A, Natsugoe S, Komiya S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Significance of nitric oxide synthases: Lessons from triple nitric oxide synthases null mice.,J Pharmacol Sci.,127巻 1号 (頁 42 ~ 52) ,2015年01月,Tsutsui M, Tanimoto A, Tamura M, Mukae H, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Microminipig, a Non-Rodent Experimental Animal Optimized for Life Science Research -Novel Atherosclerosis Model Induced by High Fat and Cholesterol Diet. ,J Pharmacol Sci.,115巻 (頁 115 ~ 121) ,2011年,Kawaguchi H, Miyoshi N, Miura N, Fujiki M, Horiuchi M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, and Yoshida H.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Extracellular matrix and atherosclerosis. ,J UOEH.,32巻 (頁 195 ~ 203) ,2010年,Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Role of histamine in atherosclerotic lesion. ,J UOEH. ,32巻 (頁 63 ~ 71) ,2010年,Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y.

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2011年04月 ~ 2014年03月,骨・血管連関と新しいヒスタミンの機能: 閉経後の動脈硬化石灰化と骨粗鬆症,谷本昭英

    骨・血管連関と新しいヒスタミンの機能: 閉経後の動脈硬化石灰化と骨粗鬆症