基本情報

写真a

吉満 誠

Makoto Yoshimitsu


職名

准教授

研究室住所

鹿児島県鹿児島市桜ケ丘8丁目35番1号

研究分野・キーワード

血液内科学

研究室電話

099-275-5318

研究室FAX

099-275-5947

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~k-blood/

プロフィール

成人T細胞白血病リンパ腫、Fabry病に対する遺伝子治療

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学,血液内科学,鹿児島大学,論文,2013年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医学部・歯学部附属病院 診療センター 血液・内分泌・糖尿病センター,助教,2013年04月 ~ 2013年11月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 研究推進機構 難治ウイルス病態制御研究センター,准教授,2013年12月 ~ 2019年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座,准教授,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • International Society of Stem Cell Research,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ遺伝子治療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ血液学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本人類遺伝学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本リウマチ学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Follow-up of a randomised phase II study of chemotherapy alone or in combination with mogamulizumab in newly diagnosed aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma: impact on allogeneic haematopoietic stem cell transplantation.,British Journal of Haematology,184巻 3号 (頁 479 ~ 483) ,2019年02月,Ishida T, Jo T, Takemoto S, Suzushima H, Suehiro Y, Choi I, Yoshimitsu M, Saburi Y, Nosaka K, Utsunomiya A, Kobayashi Y, Yamamoto K, Fujiwara H, Ishitsuka K, Yoshida S, Taira N, Imada K, Kato K, Moriuchi Y, Yoshimura K, Takahashi T, Tobinai K, Ueda R.

    DOI:doi: 10.1111/bjh.15123. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A retrospective analysis of haplo-identical HLA-mismatch hematopoietic transplantation without posttransplantation cyclophosphamide for GVHD prophylaxis in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma.,Bone Marrow Transplantation,2018年12月,Yoshimitsu M, Utsunomiya A, Fuji S, Fujiwara H, Fukuda T, Ogawa H, Takatsuka Y, Ishitsuka K, Yokota A, Okumura H, Ishii K, Nishikawa A, Eto T, Yonezawa A, Miyashita K, Tsukada J, Tanaka J, Atsuta Y, Kato K; ATL Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.

    DOI:doi: 10.1038/s41409-018-0400-5.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The outcome and characteristics of patients with relapsed adult T cell leukemia/lymphoma after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.,Hematological Oncology,2018年09月,Kato K, Uike N, Wake A, Yoshimitsu M, Tobai T, Sawayama Y, Takatsuka Y, Fukuda T, Uchida N, Eto T, Nakashima Y, Kondo T, Taguchi J, Miyamoto T, Nakamae H, Ichinohe T, Kato K, Suzuki R, Utsunomiya A; ATL Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.

    DOI:doi: 10.1002/hon.2558.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The small molecule STF-62247 induces apoptotic and autophagic cell death in leukemic cells.,Oncotarget,9巻 45号 (頁 27645 ~ 27655) ,2018年06月,Kozako T, Sato K, Uchida Y, Kato N, Aikawa A, Ogata K, Kamimura H, Uemura H, Yoshimitsu M, Ishitsuka K, Higaki Y, Tanaka H, Honda SI, Soeda S.

    DOI:doi: 10.18632/oncotarget.25291. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Efficacy and Long-Term Outcomes of Autologous Stem Cell Transplantation in POEMS Syndrome: A Nationwide Survey in Japan.,Biol Blood Marrow Transplant,24巻 6号 (頁 1180 ~ 1186) ,2018年06月,Kawajiri-Manako C, Sakaida E, Ohwada C, Miyamoto T, Azuma T, Taguchi J, Mori T, Hasegawa Y, Kondo T, Yujiri T, Yoshimitsu M, Imada K, Kurahashi S, Kahata K, Ichinohe T, Hirokawa M, Atsuta Y, Nakaseko C.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Prevention of Human T-Cell Lymphotropic Virus Infection and Adult T-Cell Leukemia. ,T-Cell Leukemia - Characteristics, Treatment and Prevention,2013年,Yoshimitsu M, Kozako T, Arima N

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Transduction and Post-Translational Events in Gene Therapy Targeting Hematopoietic Stem Cells,Focus on Fabry Disease. Focus on stem cell research (editor Erik V. Greer) Chapter VII:by Nova Biomedical Books. Hauppauge, New York USA,2004年01月,Christopher Siatskas, Makoto Yoshimitsu, and Jeffrey A. Medin

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Prevention of human T-cell lymphotropic virus type 1 infection and adult T-cell leukemia/lymphoma.,Recent Results Cancer Res,2014年01月,Yoshimitsu M, Whilte Y, Arima N

    総説・解説(学術雑誌),共著

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 内藤記念科学奨励金・研究助成 ,2017年12月 ~ 2018年11月,CARD11を標的とした成人T細胞白血病リンパ腫に対する創薬基盤の樹立,吉満誠

    成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はHTLV-1ウイルスによって引き起こされる極めて難治性造血器悪性腫瘍である。現在の標準治療は抗がん剤ないしは抗体薬を併用した化学療法が中心であるが、その生存期間中央値は8.3-10.6か月と極めて短い。同種造血幹細胞移植の導入により長期生存症例を認めるようになったが、治療関連死亡率は3割以上にのぼり、また患者集団の半数以上をしめる65歳以上の高齢者では、移植療法はその毒性から制限され、非侵襲的な新規治療法の開発が急務である。

    近年網羅的遺伝子変異解析により、ATLを含めた非ホジキンリンパ腫に共通の遺伝子変異が複数報告されている。同定された変異遺伝子群は機能獲得型変異もあり、これを標的とした治療法開発は有望であると考える。ATLにおいて同定された変異遺伝子はT細胞受容体刺激経路の分子(図1)に蓄積しており、その中でもPLCG1/PRKCB/CARD11は機能獲得型変異によるNFkBの恒常的活性化をきたすことで腫瘍化の維持に関与していると考えられた。 当講座でのエクソーム解析においてもPLCG1/PRKCB/CARD11の変異はATL症例の約8割程度(図2)で認められた。PLCG1とPRKCBはCARD11を活性化することでNFkBの活性化をきたすことから、今回CARD11の活性化阻害剤を開発することを目的として本研究を立案した。共同研究者の原らはB細胞リンパ腫においてCARD11の機能獲得型変異がNFkBの活性化をきたす機序として、CARD11のSH3ドメインとGUKドメインのシス型・トランス型の会合が必須であることを報告した(図3)。本研究では特にCARD11のSH3ドメインとGUKドメインの会合阻害剤(first in class)の開発を目指す。

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Tandem BMT meeting.,国際会議,2015年02月,San Diego, CA, USA, Risk Stratification of Outcomes Among Patients with Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma Receiving Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation: A Retrospective Analysis of the JSHCT ATL Working Group. ,その他

  • 56th Annual Meeting and Exposition of the American Society of Hematology.,国際会議,2014年12月, San Francisco, CA, USA, The Efficacy and Long-Term Outcomes of ASCT in POEMS Syndrome: A Multicenter Retrospective Study in Japan.,その他

  • 19th Congress of European Hematology Association.,国際会議,2014年06月,Milan, Italy, In vitro and in vivo effect of ATO/IFN/AZT for adult T cell leukemia/lymphoma.,その他

  • T Cell Lymphoma Forum,国際会議,2013年01月,San Francisco, CA, USA,A case of newly diagnosed acute type ATL treated with the combination of arsenic trioxide, pegylated interferon, and zidovudine.,その他

  • 日本血液学会,国内会議,2011年10月,名古屋,HTLV-Iキャリア及びATLL患者細胞におけるPD-L1発現の検討,その他

全件表示 >>