基本情報

写真a

山本 雅達

YAMAMOTO Masatatsu


職名

助教

生年

1972年

研究分野・キーワード

バクテリオファージ、ジーンターゲッティング、アポトーシス、自然免疫、ABCトランスポーター

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-5490

プロフィール

●乳酸菌の遺伝子工学的手法を用いた有効利用●caspase-1活性化因子ASCのノックアウトマウス●消化管腫瘍と自然免疫●薬剤トランスポータの機能解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座,助教,2005年05月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部, ,2005年05月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ribonucleotide reductase is an effective target to overcome gemcitabine resistance in gemcitabine-resistant pancreatic cancer cells with dual resistant factors,J Pharmacol Sci,127巻 3号 (頁 319 ~ 325) ,2015年03月,Minami K, Shinsato Y, Yamamoto M, Takahashi H, Zhang S, Nishizawa Y, Tabata S, Ikeda R, Kawahara K, Tsujikawa K, Chijiiwa K, Yamada K, Akiyama S, Perez-Torras S, Pastor-Anglada M, Furukawa T, Yasuo T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,Thymidine phosphorylase activates NFκB and stimulates the expression of angiogenic and metastatic factors in human cancer cells.,Oncotarget,5巻 21号 (頁 10473 ~ 10485) ,2014年11月,Tabata S, Ikeda R, Yamamoto M, Shimaoka S, Mukaida N, Takeda Y, Yamada K, Soga T, Furukawa T, Akiyama S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Expression of ABCB6 Is Related to Resistance to 5-FU, SN-38 and Vincristine.,Anticancer Res. ,2014年09月,Minami K, Kamijo Y, Nishizawa Y, Tabata S, Horikuchi F, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Tachiwada T, Chen ZS, Tsujikawa K, Nakagawa M, Seki N, Akiyama S, Arima K, Takeda Y, Furukawa T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Establishment of a primary hepatocyte culture from the small Indian mongoose (Herpestes auropunctatus) and distribution of mercury in liver tissue.,Ecotoxicology.,2014年08月,Horai S, Yanagi K, Kaname T, Yamamoto M, Watanabe I, Ogura G, Abe S, Tanabe S, Furukawa T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recombinant fusion protein of cholera toxin B subunit with YVAD secreted by Lactobacillus casei inhibits lipopolysaccharide-induced caspase-1 activation and subsequent IL-1 beta secretion in Caco-2 cells,BMC Biotechnology,14巻 (頁 38 ~ ) ,2014年05月,Yukihiro Hiramatsu, Masatatsu Yamamoto, Tomomitsu Satho, Keiichi Irie, Akiko Kai, Saori Uyeda, Yuki Fukumitsu, Akihisa Toda, Takeshi Miyata, Fumio Miake, Takeshi Arakawa and Nobuhiro Kashige

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,PPIX蓄積を示すAbcb10ノックアウトマウスを用いたがん悪性化モデルの作製 「がん支援班:がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」 採択 ,山本雅達

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,ABCB10ノックアウトマウスを用いたヘム合成不全による癌悪性化モデルの作製 「がん支援班:がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」 採択 ,山本雅達

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,腫瘍環境の鉄およびROS代謝のリプログラミングにおけるABCB10の役割,山本雅達

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 競争的研究資金,2010年04月 ~ 2012年03月,「南西諸島のマングースの水銀濃縮解明に関する研究」水銀濃縮機構の解析と重金属解毒系遺伝子の発現評価系の作製と個体での発現評価(分担)

    「南西諸島のマングースの水銀濃縮解明に関する研究」水銀濃縮機構の解析と重金属解毒系遺伝子の発現評価系の作製と個体での発現評価(分担)

    環境省

  • 競争的研究資金,2009年04月 ~ 2011年03月,「南西諸島のマングースの水銀濃縮解明に関する研究」水銀濃縮機構の解析と重金属解毒系遺伝子の発現評価系の作製と個体での発現評価(分担),山本雅達

    「南西諸島のマングースの水銀濃縮解明に関する研究」水銀濃縮機構の解析と重金属解毒系遺伝子の発現評価系の作製と個体での発現評価(分担)

    環境省

  • 競争的研究資金,2008年04月 ~ 2010年03月,「やんばる生態系をモデルとした水銀の生物蓄積に関する研究」水銀代謝機構の解析(分担),山本雅達

    「やんばる生態系をモデルとした水銀の生物蓄積に関する研究」水銀代謝機構の解析(分担)

    環境省

  • 公益信託 ,2007年04月 ~ 2009年03月,ミトコンドリアに局在するトランスポーターABCB10のノックアウトマウスの作製と機能解析,山本雅達

    ミトコンドリアに局在するトランスポーターABCB10のノックアウトマウスの作製と機能解析

    その他機関

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 霧島神経薬理フォーラム,国際会議,2015年08月,『遺伝子組換え乳酸菌を用いた腸管内DDSの開発と腸管疾患への応用に向けて』,口頭(招待・特別)

  • 生体制御・創薬研究ワークショップ,その他,2014年03月,鹿児島,Abcb10 knockout mice causes anemia with protoporphyrin IX and iron accumulation: Abcb10 is essential for heme biosynthesis in vivo,その他

  • 第8回トランスポーター研究会,その他,2013年06月,熊本,Abcb10はHeme合成に必須であって、その欠損マウスはProtoporphyrin IXと鉄 の高蓄積と血球分化不全を示す,その他

  • 第85回日本生化学会大会,国際会議,2012年12月,福岡,シンポジウム2S13 生体遷移金属のパラダイムシフト:生体内シグナル分子としての機能 『Abcb10はHeme合成に必須であって、その欠損マウスはヒトErythropoietic protoporphyriaと類似の病態を示す』,その他

  • 第7回トランスポーター研究会,国内会議,2012年06月,京都,Abcb10, the gene knockout mice exhibit similar to human Erythropoietic protoporphyria, is essential for Heme synthesis,その他

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • ホームページWG委員,2015年04月 ~ 継続中

  • 遺伝子組換え事前審査委員,2010年04月 ~ 継続中