基本情報

写真a

岩井 治樹

IWAI Haruki


職名

助教

生年

1979年

研究室住所

890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1

研究分野・キーワード

神経系, 味覚, 痛覚

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-6102

研究室FAX

099-275-6108

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/anatomy1/index.html

プロフィール

味覚の神経回路網に関する研究
三叉神経節の情報伝達に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座,助教,2007年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 歯科機能形態学, ,2007年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島看護専門学校,講師,2008年06月 ~ 継続中

  • 名古屋造形大学 造形学部,講師,2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 美術解剖学会,2004年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本解剖学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 北米神経科学学会 (Society for Neuroscience),2015年07月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態系基礎歯科学

  • 食生活学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 中枢神経における味覚の神経回路,2007年04月 ~ 継続中

    神経回路,国内共同研究,科学研究費補助金

  • 末梢神経における痛覚の情報処理機構,2015年04月 ~ 継続中

    ,国内共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Individual mediodorsal thalamic neurons project to multiple areas of the rat prefrontal cortex: A single neuron-tracing study using virus vectors,J comp neurol,525巻 (頁 166 ~ 185) ,2017年01月,Kuramoto E, Pan S, Furuta T, Tanaka YR, Iwai H, Yamanaka A, Ohno S, Kaneko T, Goto T, Hioki H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The effect of repeated stress on KCC2 and NKCC1 immunoreactivity in the hippocampus of female mice,Data in Brief,6巻 (頁 521 ~ 525) ,2016年03月,Tsukahara T, Masuhara M, Iwai H, Sonomura T, Sato T

    DOI:doi:10.1016/j.dib.2015.12.041,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Repeated stress-induced expression pattern alterations of the hippocampal chloride transporters KCC2 and NKCC1 associated with behavioral abnormalities in female mice,Biochemical and Biophysical Research Communications,17巻 2号 (頁 127 ~ 138) ,2015年08月,Tsukahara T, Masuhara M, Iwai H, Sonomura T, Sato T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Ascending parabrachio-thalamo-striatal pathways: Potential circuits for integration of gustatory and oral motor functions,Neuroscience,294巻 (頁 1 ~ 13) ,2015年05月,Iwai H, Kuramoto E, Yamanaka A, Sonomura T, Uemura M, Goto T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Three-dimensional gene expression pattern reconstructed from serial section in situ hybridization,鹿児島大学歯学部紀要,35巻 (頁 87 ~ 92) ,2015年04月,Yamanaka A, Iwai H, Kuramoto E, Goto T

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,表情筋は咀嚼にいかにかかわるか,歯科臨床研究,3巻 (頁 52 ~ 60) ,2006年07月,田松裕一,岩井治樹,島田和幸

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第71回解剖学会九州支部学術集会,国内会議,2015年10月,味覚神経回路と摂食行動の神経回路は、視床髄板内核群尾腹側部を介して結合する,口頭(一般)

  • Neuroscience 2015,国際会議,2015年10月,Projection pattern of the ventrocaudal part of the intralaminar thalamic nucleus to the caudate putamen in the rat brain,ポスター(一般)

  • 第57回 歯科基礎医学会学術大会,国内会議,2015年09月,摂食行動と内臓感覚とを結びつける新たな神経回路,口頭(一般)

  • 第38回 日本神経科学大会,国内会議,2015年07月,Ascending parabrahio-thalamo-striatal pathways in the rat brain,ポスター(一般)

  • 第120回 日本解剖学会総会・全国学術大会,国内会議,2015年03月,兵庫,Gustatory pathways from the parabrachial nuclei to the ventral part of the caudate putamen via the caudal part of the intralaminar thalamic nuclei in rat brain,その他

全件表示 >>