基本情報

写真a

鈴木 紳介

SUZUKI Shinsuke


職名

特任講師

研究分野・キーワード

成人T細胞白血病、分子標的治療、RI標識抗体療法、癌特異的増殖型アデノウイルス、白血病幹細胞

プロフィール

免疫療法、成人T細胞白血病の新規治療、T細胞型急性リンパ性白血病のNOTCH1遺伝子変異、白血病の分子標的治療、悪性リンパ腫のRI標識抗体療法、癌特異的増殖型アデノウイルスによる造血器腫瘍治療

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学研究科

    博士課程,2003年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),内科学一般(含心身医学),鹿児島大学,課程,2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 臨床腫瘍学講座(プロジェクト講座) 臨床腫瘍学講座,特任助教,2006年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 臨床腫瘍学講座(プロジェクト講座) 臨床腫瘍学講座,特任講師,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本がん治療認定医機構,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床腫瘍学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床血液学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血液学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科・腫瘍内科

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門医

  • 専門医

  • 専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A Retrospective Analysis of Treatment Outcomes in Adult T Cell Leukemia/Lymphoma Patients with Aggressive Disease Treated with or without Allogeneic Stem Cell Transplantation: A Single-Center Experience.,Biol Blood Marrow Transplant,21巻 4号 (頁 696 ~ 700) ,2015年04月,Kawada H, Yoshimitsu M, Nakamura D, Arai A, Hayashida M, Kamada Y, Maekawa K, Fujino S, Arima M, Arima N, Tabuchi T, Inoue H, Hamda H, Suzuki S, Matsushita K, Arima N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of exogenous interleukin-7 on CD8(+) T-cell survival and function in human T-cell lymphotropic virus type 1 infection.,Leukemia & lymphoma,54巻 10号 (頁 2243 ~ 2250) ,2013年10月,White Y, Yoshimitsu M, Kozako T, Matsushita K, Koriyama C, Uozumi K, Suzuki S, Kofune H, Arima N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Recombinant human soluble thrombomodulin for the treatment of hepatic sinusoidal obstructive syndrome post allogeneic hematopoietic SCT.,Bone Marrow Transplant.,47巻 3号 (頁 463 ~ 464) ,2012年03月,Nakamura D, Yoshimitsu M, Kawada H, Inoue H, Kuroki T, Kaieda T, Fujino S, Hamada H, Suzuki S, Matsushita K, Uozumi K, Arima N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Vincristine exacerbates asymptomatic Charcot-Marie-tooth disease with a novel EGR2 mutation.,Neurogenetics.,13巻 1号 (頁 77 ~ 82) ,2012年02月,Nakamura T, Hashiguchi A, Suzuki S, Uozumi K, Tokunaga S, Takashima H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Successful allo-HSCT with a minimal myeloablative conditioning regimen in an adult patient with Fanconi's anemia.,Bone Marrow Transplantation ,47巻 1号 (頁 159 ~ 160) ,2012年01月,Maekawa K, Yoshimitsu M, Fujiwara H, Matsushita K, Kawada H, Hamada H, Suzuki S, Uozumi K, Ohtsuka M, Hanada S, Yabe M, Yabe H, Arima N.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,亜急性連合性脊髄変性症,別冊日本臨床 血液症候群(第2版)(I)ーその他の血液疾患を含めてー・日本臨床社 (頁 123 ~ 126) ,2013年01月,鈴木紳介、魚住公治、有馬直道

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,慢性炎症に伴うび慢性大細胞型B細胞リンパ腫,WHO血液腫瘍分類~WHO分類2008をうまく利用するために~ (頁 389 ~ 392) ,2010年02月,蓮井和久、鈴木紳介、松下格司

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,白血病における免疫回避の機序.,Bio Clinica,17巻 4号 (頁 328 ~ 333) ,2002年04月,花田修一, 鈴木紳介.

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2017年03月,発がんウィルスであるHTLV-1を標的にした遺伝子組み替えウィルス療法

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2013年03月,成人T細胞白血病幹細胞の遺伝子治療,鈴木紳介

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2012年03月,白血病幹細胞を標的とした成人T細胞白血病の新規化学療法の開発,魚住公治

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会,国内会議,2012年10月,京都,Achieving clear status of recalcitrant psoriasis during low-dose dasatinib in a patient with CML,その他

  • 日本血液学会,国内会議,2011年10月,名古屋,Induction of cell death in Adult T-cell leukemia cell lines by survivin-responsive conditionally replicating adenoviruses.,その他

  • 15th Congress of European hematology Association,国際会議,2010年06月,スペイン王国,Induction of cell death in Adult T-cell leukemia cell lines by survivin-responsive conditionally replicating adenoviruses.,その他

  • 日本血液学会,国内会議,2008年10月,京都,成人T細胞白血病・リンパ腫のNOTCH1蛋白発現に関する研究,その他

  • 日本血液学会,国内会議,2007年09月,横浜,新しいNOTCH1変異、t(9;14)を持つ白血病細胞とgamma-secretase inhibitor感受性の解析 ,その他

全件表示 >>