基本情報

写真a

石畑 清秀

Ishihata Kiyohide


職名

講師

研究分野・キーワード

顎顔面形態学、三次元分析、顎変形症,エンドトキシン,歯原性上皮細胞

プロフィール

・顔面非対称患者顔面の三次元形態分析 ・口腔外科領域患者のエンドトキシン活性値分析 ・歯原性上皮細胞の感染防御メカニズム解明に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター 口腔顎顔面外科,助教,2007年07月 ~ 2017年10月

  • 鹿児島大学, ,2007年07月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター 口腔顎顔面外科,講師,2017年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本集中治療学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎変形症学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔外科学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔インプラント学会,2015年12月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 顎顔面奇形

  • 口腔外科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Assessment of postoperative complications using E-PASS and APACHE II in patients undergoing oral and maxillofacial surgery,Patient Safety in Surgery,12巻 3号 (頁 1 ~ 14) ,2018年04月,Kiyohide Ishihata, Yasuyuki Kakihana, Takuya Yoshimura, Juri Murakami, Soichiro Toyodome, Hiroshi Hijioka, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura

    DOI:10.1186/s13037-018-0152-6,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Comparison of Postoperative Stability and Complications Following Orthogenetic Surgery between Patients with Skeletal Class III Deformity with/without Cleft Lip and Palate,ORAL HEALTH AND DENTAL MANAGEMENT,16巻 1号 (頁 1 ~ 9) ,2017年02月,Takako Okawachi, Etsuro Nozoe, Kiyohide Ishihata, Kouta Shimomatsu, Aya Maeda, Norifumi Nakamura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Modified Le Fort1 Osteotomy for patent with severe facial asymmetry and abnormal paranasal sinuses ,Oral Science in Japan 2014,2015年01月,Kiyohide Ishihata, Etsuro Nozoe, Takako Okawachi, Kouta Shimomatsu, Shouichi Miyawaki, Norifumi Nakamura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A novel ameloblastoma cell line (AM-3) secretes MMP-9 in response to Wnt-3a and induces osteoclastogenesis,Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiology,115巻 6号 (頁 780 ~ 788) ,2013年06月,Toshiro Kibe, Takao Fuchigami, Michiko Kishida, Mikio Iijima, Kiyohide Ishihata, Hiroshi Hijioka, Akihiko Miyawaki, Ichiro Semba, Norifumi Nakamura, Tohru Kiyono, Shosei Kishida,

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Newly developed endotoxin measurement method (the Endotoxin Activity Assay) may reflect the severity of sepsis,Open Journal Pathology,3巻 1号 ,2013年01月,Kiyohide Ishihata, Yasuyuki Kakihana,Tomotsugu Yasuda,Tohru Imabayashi,Norifumi Nakamura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,歯性感染病巣における上皮形成の意義,ニューサイエンス社,月間「細胞」,50巻 10号 (頁 537 ~ 541) ,2018年,石畑清秀,中村典史

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,歯性感染症における異種細胞相互作用ならびに細胞極性調節因子と感染防御能の関連解析,石畑清秀

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,歯性感染症病変形成時の上皮発現における上皮-間葉移行(EMT)の関与に関する研究,石畑清秀

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,歯原性上皮細胞の感染防御メカニズム解明に関する研究,石畑清秀

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 23rd International Conference on Oral Maxillofacial Surgery 2017,国際会議,2017年03月 ~ 2017年04月,ASSESSMENT OF POSTOPERATIVE COMPLICATIONS USING E-PASS AND APACHE II IN PATIENTS UNDERGOING ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY ,口頭(一般)

  • 第61回日本口腔外科学会総会,国際会議,2016年11月,口腔外科手術術後合併症予測因子としてのE-PASS, APACHE IIの有用性,ポスター(一般)

  • 第24回 日本顎変形症学会総会,国内会議,2015年06月,福岡,下顎枝矢状分割術術後の知覚異常発症に関連する因子の解析,その他

  • 第68回日本口腔科学会学術集会,国際会議,2014年04月,Expression of Antimicrobial Peptides and E-cadherin in Periapical Lesions,口頭(一般)

  • 第18回 口腔顔面神経機能学会,国内会議,2014年03月,鹿児島,下顎枝矢状分割術術後の知覚異常発症に関する因子の解析,その他

全件表示 >>