2022/03/13 更新

写真a

ヤマナカ アツシ
山中 淳之
YAMANAKA Atsushi
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 2002年5月   京都大学 )

研究キーワード

  • 哺乳類

  • 発生

  • 進化

  • 形態

経歴

  • 鹿児島大学   准教授

    2010年7月 - 現在

  • 鹿児島大学   講師

    2008年1月 - 2010年6月

  • 鹿児島大学   歯学部   助手

    2001年4月 - 2007年12月

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本解剖学会

  • 日本人類学会

  • 日本進化学会

 

論文

  • Yamanaka A, Iwai H, Uemura M, Goto T .  Patterning of mammalian heterodont dentition within the upper and lower jaws .  Evolution & Development17 ( 2 ) 127 - 138   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwai H. .  Tissue-resident M2 macrophages directly contact primary sensory neurons in the sensory ganglia after nerve injury .  Journal of Neuroinflammation18 ( 1 ) 227   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Neuroinflammation  

    DOI: 10.1186/s12974-021-02283-z

    Scopus

    PubMed

  • Dhar Ashis, Kuramoto Eriko, Fukushima Makoto, Iwai Haruki, Yamanaka Atsushi, Goto Tetsuya .  The Periodontium Damage Induces Neuronal Cell Death in the Trigeminal Mesencephalic Nucleus and Neurodegeneration in the Trigeminal Motor Nucleus in C57BL/6J Mice .    54 ( 1 ) 11 - 19   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本組織細胞化学会  

    <p>Proprioception from masticatory apparatus and periodontal ligaments comes through the trigeminal mesencephalic nucleus (Vmes). We evaluated the effects of tooth loss on neurodegeneration of the Vmes and trigeminal motor nucleus (Vmo). Bilateral maxillary molars of 2-month-old C57BL/6J mice were extracted under anesthesia. Neural projections of the Vmes to the periodontium were confirmed by injecting Fluoro-Gold (FG) retrogradely into the extraction sockets, and for the anterograde labeling adeno-associated virus encoding green fluorescent protein (AAV-GFP) was applied. For immunohistochemistry, Piezo2, ATF3, Caspase 3, ChAT and TDP-43 antibodies were used. At 1 month after tooth extraction, the number of Piezo2-immunoreactive (IR) Vmes neurons were decreased significantly. ATF3-IR neurons were detected on day 5 after tooth extraction. Dead cleaved caspase-3-IR neurons were found among Vmes neurons on days 7 and 12. In the Vmo, neuronal cytoplasmic inclusions (NCIs) formation type of TDP-43 increased at 1 and 2 months after extraction. These indicate the existence of neural projections from the Vmes to the periodontium in mice and that tooth loss induces the death of Vmes neurons followed by TDP-43 pathology in the Vmo. Therefore, tooth loss induces Vmes neuronal cell death, causing Vmo neuro­degeneration and presumably affecting masticatory function.</p>

    DOI: 10.1267/ahc.20-00036

    PubMed

  • Goto T. .  Neurodegeneration of Trigeminal Mesencephalic Neurons by the Tooth Loss Triggers the Progression of Alzheimer's Disease in 3×Tg-AD Model Mice .  Journal of Alzheimer's Disease76 ( 4 ) 1443 - 1459   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.3233/JAD-200257

    Scopus

    PubMed

  • Yamanaka A, Iwai H, Kuramoto E, Goto T .  Three-dimensional gene expression pattern reconstructed from serial section in situ hybridization .  鹿児島大学歯学部紀要35   87 - 92   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanaka A, Yasui K, Sonomura T, Iwai H, Uemura M .  Development of deciduous and permanent dentitions in the upper jaw of the house shrew (Suncus murinus) .  Arch Oral Biol55 ( 4 ) 279 - 287   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanaka A, Yasui K, Sonomura T, Uemura M .  Development of heterodont dentition in house shrew (Suncus murinus) .  Eur J Oral Sci115 ( 6 ) 433 - 440   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanaka A, Gunji H, Ishida H .  Curvature, length, and cross-sectional geometry of the femur and humerus in anthropoid primates .  Am J Phys Anthropol127 ( 1 ) 46 - 57   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Yamanaka .  Biomechanical Investigation of Anthropoid Limb Bone Morphology in Terms of Bending Strength .      2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Comparison of limb structural properties in free-ranging chimpanzees from Kibale, Bombe, Mahale, and Tai communities.

    Carlson KJ, Wrangham RW, Muller MN, Sumner DR, Morbeck ME, Nishida T, Yamanaka A, Boesch C( 担当: 共著)

    Springer  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 歯の新知見

    山中淳之, 花村肇( 担当: 共著)

    スンクスの生物学, 東京: 学会出版センター  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 立体組織像構築によるジャコウネズミの歯の発生様式の研究

    山中淳之, 植村正憲( 担当: 共著)

    自然人類学研究, 京都: 金星舎  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 哺乳類の歯列の異形歯性と二生歯性の発生メカニズム 査読

    山中淳之

    鹿児島大学歯学部紀要   31   71 - 80   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The house shrew, Suncus murinus, as a model organism to investigate mammalian basal condition of tooth development 査読

    Yamanaka A, Uemura M

    J Oral Biosci   52 ( 3 )   215 - 224   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 山中淳之, Yasin Haider, 森田航, 岩井治樹, 倉本恵梨子, 後藤 哲哉 .  歯冠の発生メカニズムに基づいた「小臼歯相似説」の検証 .  第75回日本人類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    開催地:東京都  

  • 山中淳之, Yasin Haider, 田口うらら, 倉本恵梨子, 岩井治樹, 後藤哲哉 .  現生トガリネズミの大臼歯における咬頭形成の発生学的順番:中生代哺乳類のトリボスフェニック型臼歯の進化への発生学的考察 .  第126回日本解剖学会・第98回日本生理学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 山中淳之, 岩井治樹, 倉本恵梨子, Ashis Dhar, 後藤哲哉 .  非筋ミオシンIIによる上皮細胞内張力は歯胚上皮の陥入、形態形成に必要である .  第124回日本解剖学会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 山中淳之 .  実験動物スンクスを使った歯の発生と進化の研究 .  第124回日本解剖学会  スンクス研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市  

  • 山中淳之, 岩井治樹, 倉本恵梨子, Ashis Dhar, 後藤哲哉 .  歯胚上皮の陥入および形態形成過程における非筋ミオシンIIの役割 .  第60回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 山中淳之, 岩井治樹, 倉本恵梨子, Ashis Dhar, 後藤哲哉 .  現生トガリネズミ科の臼歯の発生は中生代化石哺乳類のトリボスフェニック型臼歯の進化を再現する .  第59回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山中淳之, Jimmy Hu, 後藤哲哉, Ophir Klein .  マウス切歯の形態形成における非筋ミオシンIIの役割 .  第58回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Atsushi Yamanaka, Eriko Kuramoto, Haruki Iwai,Tetsuya Goto .  Developmental process of modern shrew’s molar replays evolution of the tribosphenic molar in Mesozoic mammals .  TMD2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Porvoo, Finland  

  • 山中淳之, 安井金也, 岩井治樹, 倉本恵梨子, 後藤哲哉 .  トガリネズミの双波歯型臼歯における咬頭形成順序 .  第68回日本人類学会  第68回日本人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 山中淳之, 岩井治樹, 後藤哲哉 .  トガリネズミの上顎および下顎第1大臼歯の咬頭形成 .  第56回歯科基礎医学会  第56回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 山中淳之, 岩井治樹, 安井金也 .  トガリネズミの上顎臼歯の咬頭形成順序 .  第55回歯科基礎医学会  第55回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 山中淳之, 安井金也, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  トガリネズミのトリボスフェニック型臼歯の咬頭形成 .  第118回日本解剖学会  第118回日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:高松  

    国内学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  歯胚の遺伝子発現パターンの歯種間の相違 .  第53回歯科基礎医学会  第53回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • Yamanaka A, Yasui K, Uemura M .  Patterning of the heterodont dentition in the house shrew (Suncus murinus) .  10th Tooth Morphogenesis and Differentiation  10th Tooth Morphogenesis and Differentiation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:ドイツ  

    国際学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  ジャコウネズミの歯列形成過程における歯胚の発生順序 .  第51回歯科基礎医学会  第51回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 山中淳之, 植村正憲 .  哺乳類の歯列の異形歯性と二生歯性に関する分子発生学的研究 .  第114回日本解剖学会  第114回日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  食虫類ジャコウネズミにおける上顎歯列の形成と切歯縫合の関係 .  第50回歯科基礎医学会  第50回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 山中淳之, 安井金也, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  食虫類ジャコウネズミにおける乳歯歯胚と代生歯胚の関係 .  第113回日本解剖学会  第113回日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 岩井治樹, 植村正憲 .  ジャコウネズミにおける乳歯歯胚と永久歯歯胚の関係 .  第49回歯科基礎医学会  第49回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 山中淳之, 植村正憲, 安井金也 .  食虫類ジャコウネズミの異形歯性歯列の発生と前顎骨の形成 .  第60回日本人類学会  第60回日本人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    国内学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 田畑純, 植村正憲 .  食虫類ジャコウネズミにおける歯列の発生と前顎骨の形成 .  第48回歯科基礎医学会  第48回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 山中淳之, 薗村貴弘, 田畑純, 植村正憲 .  食虫類スンクスにおける歯種決定に関与する遺伝子の発現パターン .  第47回歯科基礎医学会  第47回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 山中淳之, 安井金也, 薗村貴弘, 田畑純, 植村正憲 .  食虫類スンクスにおける歯隙のない歯列の発生様式 .  第110回日本解剖学会  第110回日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山  

    国内学会

  • 山中淳之, 植村正憲, 安井金也 .  食虫類スンクスにおける歯隙のない歯列の発生様式 .  第58回日本人類学会  第58回日本人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 山中淳之, 安井金也, 薗村貴弘, 田畑純, 植村正憲 .  スンクスの歯の発生過程におけるPax9の発現パターンの解析 .  第46回歯科基礎医学会  第46回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 山中淳之, 田畑純, 薗村貴弘, 植村正憲 .  立体組織像構築によるスンクスの歯の発生様式の研究 .  第45回歯科基礎医学会  第45回歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Shhシグナルによるアクトミオシン細胞内張力を介した歯の形態形成の新たな制御機構

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 非筋型ミオシンIIが歯の幹細胞ニッチの形成とエナメル芽細胞の移動に果たす役割

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)