基本情報

写真a

三浦 裕仁

MIURA Hirohito


職名

准教授

研究分野・キーワード

味覚、細胞分化、味神経、老化

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/physiol/Miura/Miura.html

プロフィール

「味蕾の維持」「味細胞の分化」「味受容とその調節」の分子メカニズムの解明

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座,准教授,2005年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 口腔生理学, ,2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 味と匂学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 感覚生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,During development intense Sox2 expression marks not only Prox1-expressing taste bud cell but also perigemmal cell lineages,Cell Tissue Res.,359巻 3号 (頁 743 ~ 753) ,2015年03月,Nakayama A, Miura H, Ooki M, Harada S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Sonic hedgehog-expressing basal cells are general post-mitotic precursors of functional taste receptor cells. ,Dev Dyn. ,243巻 10号 (頁 1286 ~ 1297) ,2014年10月,Miura H, Scott JK, Harada S, Barlow LA.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The glossopharyngeal nerve controls epithelial expression of Sprr2a and Krt13 around taste buds in the circumvallate papilla.,Neurosci Lett.,580巻 (頁 147 ~ 152) ,2014年09月,Miura H, Kusakabe Y, Hashido K, Hino A, Ooki M, Harada S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Decline of umami preference in aged rats.,Neurosci Lett.,577巻 (頁 56 ~ 60) ,2014年08月,Miura H, Ooki M, Kanemaru N, Harada S

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Diverse contributions of Tas1r2/Tas2rs within the rat and mouse soft palate to sweet and bitter neural responses. ,Neurosci Lett. ,569巻 (頁 63 ~ 67) ,2014年05月,Tomonari H, Miura H, Ooki M, Nakayama A, Harada S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,老化に伴うラット味覚嗜好性の変化,鹿児島大学歯学部紀要,2015年03月,原田秀逸、三浦裕仁

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,研究分野紹介ー口腔生理学分野ー,鹿児島大学歯学部紀要,2013年03月,三浦裕仁、中山歩、大木誠、岩松多美子、原田秀逸

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,「官能評価データの分散分析 パネルを使った実験の計画から解析まで、リー・ナース・ロズボッテン著、内田治・秋田カオリ訳」,日本味と匂学会誌,2011年08月,三浦裕仁

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,コロラド滞在記,日本味と匂学会誌,2010年08月,三浦裕仁

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,感覚機能成分,食品大百科事典,朝倉書店,2001年11月,三浦裕仁

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,味蕾を構成する細胞とその分化 (特集 味の不思議),JOHNS,29巻 1号 (頁 22 ~ 25) ,2013年01月,三浦裕仁

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,総説特集 味蕾培養系を用いた味蕾細胞分化メカニズム解明の試み-1特集にあたって,日本味と匂学会誌,18巻 1号 (頁 5 ~ 6) ,2011年04月,三浦裕仁、宮本武典

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Taste bud regeneration and the search for taste progenitor cells,Arch Ital Biol. ,148巻 2号 (頁 107 ~ 118) ,2010年06月,Miura H, Barlow L

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Cell lineage and differentiation in taste bubs. ,Arch. Histol. Cytol.,69巻 (頁 209 ~ 225) ,2006年12月,Miura H,Kusakabe Y,Harada S

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科研費,2014年04月 ~ 2017年03月,味蕾細胞分化モデルの実証/増殖能を失った前駆細胞を増殖させる培養系の確立,三浦裕仁、大木誠、中山歩、原田秀逸

    味蕾細胞分化モデルの実証/増殖能を失った前駆細胞を増殖させる培養系の確立

  • 科研費,2011年04月 ~ 2014年03月,基底細胞から味蕾へ:コンディショナル遺伝子改変によるターンオーバーの解明,三浦裕仁, 原田秀逸, 中山歩, 大木誠

    基底細胞から味蕾へ:コンディショナル遺伝子改変によるターンオーバーの解明

  • 科研費,2008年04月 ~ 2011年03月,味蕾細胞分化メカニズムの解明:味細胞と味神経の相互作用を再現する培養系の利用,三浦裕仁、中山歩、原田秀逸

    味蕾細胞分化メカニズムの解明:味細胞と味神経の相互作用を再現する培養系の利用

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第91回日本生理学会大会 シンポジウム 「口腔・脳・腸に発現する味覚センサーの部位特異性と機能連関」,国内会議,2014年03月,鹿児島,Development of the basal cells in taste buds and taste cell differentiation,その他

  • The 10th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory perception,国際会議,2012年11月,福岡,Shh-expressing basal cells are immediate precursors of Type I, II and III cells in taste buds. ,その他

  • XVI International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT),国際会議,2012年06月,スウェーデン (ストックホルム),Shh-expressing basal cells are immediate precursors of Type I, II and III cells in taste buds,その他

  • XVI International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT),国際会議,2012年06月,ストックホルム, スウェーデン,Basal cell markers and Sox2 during taste bud development and maturation. ,その他

  • XVI International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT),国際会議,2012年06月,ストックホルム, スウェーデン,Regional differences in gustatory responses to bitter substances between the soft palate and fungiform papillae.,その他

全件表示 >>