基本情報

写真a

原口 みさ子

HARAGUCHI Misako


職名

准教授

研究分野・キーワード

CRISPR/Cas9, 上皮間葉変換EMT, snail, E-cadherin, Rho,rac migration

プロフィール

○CRISPR/Cas9システムを用いた上皮間葉転換誘導転写因子Snail欠失細胞の作製○Snailの細胞骨格維持における機能とその分子機構解明
○E-cadherin 欠失胃がん細胞、乳がん細胞を用いた細胞運動におけるE-cadherinとRho,racの機能的連関の分子機構解析
スキルス胃がんモデルブタ作成

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生化学・分子生物学,准教授,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 米国癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 細胞生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,1. CRISPR/Cas9n-Mediated Deletion of the Snail 1Gene (SNAI1) Reveals Its Role in Regulating Cell Morphology, Cell-Cell Interactions, and Gene Expression in Ovarian Cancer (RMG-1) Cells,PLoS One,2015年07月,Haraguchi M, Sato M, Ozawa M.

    DOI:10.1371/journal.pone.0132260 ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Snail modulates cell metabolism in MDCK cells. ,Biochem Biophys Res Commun.,432巻 4号 (頁 618 ~ 625) ,2013年03月,Haraguchi M, Indo HP, Iwasaki Y, Iwashita Y, Fukushige T, Majima HJ, Izumo K, Horiuchi M, Kanekura T, Furukawa T, Ozawa M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The transcription factor Snail expressed in cutaneous squamous cell carcinoma induces epithelial-mesenchymal transition and down-regulates COX-2.,Biochem Biophys Res Commun.,430巻 3号 (頁 1078 ~ 1082) ,2013年01月,Shimokawa M, Haraguchi M, Kobayashi W, Higashi Y, Matsushita S, Kawai K, Kanekura T, Ozawa M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 英語,The transcription factor Snail enhanced the degradation of E-cadherin and desmoglein 2 in oral squamous cell carcinoma cells. ,Biochem Biophys Res Commun.,430巻 3号 (頁 889 ~ 894) ,2013年01月,Kume K, Haraguchi M, Hijioka H, Ishida T, Miyawaki A, Nakamura N, Ozawa M.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Down regulation of c-Myc and induction of an angiogenesis inhibitor, thrombospondin-1, by 5-FU in human colon cancer KM12C cells.,Cancer Lett. ,270巻 1号 (頁 156 ~ 163) ,2008年10月,Zhao HY, Ooyama A, Yamamoto M, Ikeda R. Haraguchi M, Tabata S, Furukawa T, Che XF, Iwashita K, Oka T, Fukushima M, Nakagawa M, Ono M, Kuwano M, Akiyama S.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,The role of the transcriptional regulator snail in cell detachment, reattachment and migration.,Cell Adh Migr.,3巻 3号 (頁 259 ~ 263) ,2009年07月,Haraguchi,M

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,αカテニンとカドヘリン 細胞骨格と接着 ,蛋白質核酸酵素,51巻 6号 (頁 636 ~ 641) ,2006年05月,原口みさ子、小沢政之

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,チミジンホスホリラーゼ がん分子標的治療 2005, 3(2), 32-39,メデイカルビュー社,3巻 2号 (頁 32 ~ 39) ,2005年04月,原口みさ子、中島融一、池田龍二、古川龍彦、住澤知之、秋山伸一

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,The role of thymidine phosphorylase, an angiogenic enzyme, in tumor progression. ,Cancer Sci. ,95巻 11号 (頁 851 ~ 857) ,2004年11月,Akiyama S, Furukawa T, Sumizawa T, Takebayashi Y, Nakajima Y, Shimaoka S, Haraguchi M.

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会,国内会議,2014年12月,京都,CRISPR/Cas9システムを用いたsnail欠失細胞の作製、および細胞内代謝における変化解析,その他

  • 日本分子生物学会,国内会議,2013年12月,神戸市,Snail, slug発現誘導による細胞内代謝変化 ,その他

  • 日本生化学会,国内会議,2012年12月,福岡市,2012,その他

  • Keystone symposium,国際会議,2012年02月,Banff Canada,Snail reduces oxydative phosphorylation in MDCK cells,その他

  • 日本生化学会,国内会議,2011年09月,京都,snailによる細胞内代謝調節機構,その他

全件表示 >>