基本情報

写真a

岡村 浩昭

OKAMURA Hiroaki


職名

教授

研究分野・キーワード

有機化学、有機化合物の合成、不斉合成

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~okam/index.html

プロフィール

高立体選択的な合成反応の開発生理活性化合物の合成複素環の効率的合成法の開発

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻 有機生化学,教授,1992年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1992年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語, Total Synthesis of the Claimed Structure of (+-)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin,Journal of Natural Products,2017年04月,Kazuto Maeda, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, Hiroaki Okamura

    DOI:10.1021/acs.jnatprod.6b01116,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Base-catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction of N-Nosyl-3-hydroxy-2-pyridone with a Chiral Acrylate, and Its Application to the Synthesis of Aminocarbasugars,GSTF Journal of Chemical Sciences,2巻 1号 (頁 16 ~ 20) ,2015年10月,Ryuji Ohira, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, and Hiroaki Okamura

    DOI:10.5176/2339-5060_2.1.16,研究論文(学術雑誌),査読有り,研究の企画、指導、統括,共著,合成化学

  • 英語,Asymmetric Synthesis of Ampelomin A and ent-Epiampelomin A,J. Oleo Science・日本油化学会,64巻 4号 (頁 449 ~ 454) ,2015年04月,Yuji Koyanagi, Toshiyuki Hamada, Tetsuo Iwagawa, and Hiroaki Okamura

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Vibrational spectroscopic characterization of 4-acylamidobenzenethiol-stabilized gold nanoparticles,Vibrational Spectroscopy,73巻 (頁 10 ~ 14) ,2014年01月,Takuya Ishida, Yukina Takahashi, Hiroaki Okamura, Junichi Kurawaki, Sunao Yamada

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Base-catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction of 3-Hydroxy-2-Pyrone and Simple Aryl Vinyl Sulfoxide: Asymmetric Synthesis of Carbaketopyranoses,Bulletin of the Chemical Society of Japan,85巻 5号 (頁 631 ~ 633) ,2012年05月,H. Okamura, F. Urabe, T. Hamada, and T. Iwagawa

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,カルバ糖,有機合成化学協会誌,70巻 3号 (頁 285) ,2012年03月,岡村浩昭

    総説・解説(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 17th International Symposium on Small Particles and Inorganic Clusters (ISSPIC-XVII),国際会議,2014年09月,福岡,Spontaneous Formation of Gold Glyconanoparticles by Direct Reaction of ω-Glycosilated Alkylsulfanylanilines and HAuCl4,その他

  • 第57回香料・精油・テルペン化学に関する討論会,国内会議,2013年10月,埼玉,塩基触媒Diels-Alder反応を利用した有機合成,その他

  • ナノ学会第11回大会,国内会議,2013年05月,東京,金ナノ粒子表面上に機能性分子のみを高度に集積する方法の開発,その他

  • 第92回日本化学会年会,国内会議,2012年03月,神奈川,単糖および二糖-金ナノ粒子複合体の一段階調製法の開発,その他

  • 第92回日本化学会年会,国内会議,2012年03月,神奈川,PEG-ベンゼンチオール界面活性剤のミセル形成を利用した金ナノ粒子の調製,その他

全件表示 >>