基本情報

写真a

一谷 勝之

ICHITANI Katsuyuki


職名

准教授

研究分野・キーワード

生殖隔離現象,農業形質の遺伝、遺伝的多様性、抵抗性育種

ホームページ

http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0005/

プロフィール

○イネの生殖隔離に関する遺伝学的解析 ○アワの遺伝的多様性に関する研究 ○イネの白葉枯病抵抗性に関する遺伝学的解析○野生イネを含めたOryza属の遺伝的多様性に関する研究○イネの農業形質,特に出穂期に関する遺伝学的解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 農業生産科学科 作物生産学,准教授,1998年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1998年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Rice Genetics Cooporative,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本熱帯農業学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本育種学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝・染色体動態

  • 遺伝育種科学

  • 植物育種学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Genotyping of the SiDREB2 gene in worldwide foxtail millet (Setaria italica (L.) P. Beauv.) genetic resources with special attention to Indian landraces., Genet Resour Crop Evol,65巻 (頁 1559 ~ 1564) ,2018年05月,Suehiro S, K Ichitani . E Domon,. K Fukunaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,High-resolution mapping and characterization of xa42, a resistance gene against multiple Xanthomonas oryzae pv. oryzae races in rice (Oryza sativa L.),Breeding Science,68巻 (頁 188 ~ 199) ,2018年04月,Busungu C, S Taura, JI Sakagami, T Anai, K Ichitani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Distribution of Hwc2-1, a causal gene of a hybrid weakness, in the World Rice Core collection and the Japanese Rice Mini Core Collection: its implications for varietal differentiation and artificial selection,Breeding Science,66巻 (頁 776 ~ 789) ,2016年12月,Ichitani K, S Taura, M Sato, T Kuboyama

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Identification and linkage analysis of a new rice bacterial blight resistance gene from XM14, a mutant line from IR24,Breeding Science,66巻 4号 (頁 636 ~ 645) ,2016年09月,Busungu C, S Taura, J-I Sakagami, K Ichitani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Multiple origins of the phenol reaction negative phenotypein foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv., were causedby independent loss-of-function mutations of the polyphenoloxidase (Si7PPO) gene during domestication,Molecular Genetics and Genomics,DOI 10.1007/s00438-015-1022-x巻 ,2015年03月,Takahiko Inoue , Takahisa Yuo, Takeshi Ohta, Eriko Hitomi, Katsuyuki Ichitani, Makoto Kawase , Shin Taketa , Kenji Fukunaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,イネを巡るバングラデシュの旅,アジア遊学55号(特集)風土と野生イネ,勉誠出版,2003年01月,一谷勝之

    調査報告書,単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ジャポニカ型イネと品種「Jamaica」との間で見られる雑種弱勢,生物の科学 遺伝,別冊No. 21巻 (頁 230 ~ 233) ,2007年03月,久保山勉,一谷勝之

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第10回日本育種学会九州育種談話会優秀発表賞,2015年08月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本育種学会九州育種談話会,Constantine Busungu、一谷 勝之、坂上 潤一、 穴井 豊昭、 川口 祥輝、田中 孝尚、 河邊 弘太郎、田浦  悟

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会第135回講演会,国内会議,2019年03月,アワSi7PPO遺伝子の塩基配列多型によるフェノール(-)型の起源の解明,ポスター(一般)

  • 日本育種学会第135回講演会,国内会議,2019年03月,千葉大学,野生イネ間の雑種第一代で見られる黄化現象の原因遺伝子の分布,口頭(一般)

  • 日本育種学会第135回講演会,国内会議,2019年03月,オーストラリアにおける野生イネ種間交雑の検証,口頭(一般)

  • 日本育種学会第135回講演会,国内会議,2019年03月,イネ品種PI231129のイネ白葉枯病に対する抵抗性. II. イネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa11の関与,口頭(一般)

  • 第13回九州育種談話会,国内会議,2018年12月,アジア栽培イネOryza sativaとオーストラリア野生イネO. meridionalisの交雑後代に見られた半不稔現象の遺伝解析,ポスター(一般)

全件表示 >>