基本情報

写真a

一谷 勝之

ICHITANI Katsuyuki


職名

准教授

研究分野・キーワード

生殖隔離現象,農業形質の遺伝、遺伝的多様性、抵抗性育種

ホームページ

http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0005/

プロフィール

○イネの生殖隔離に関する遺伝学的解析 ○アワの遺伝的多様性に関する研究 ○イネの白葉枯病抵抗性に関する遺伝学的解析○野生イネを含めたOryza属の遺伝的多様性に関する研究○イネの農業形質,特に出穂期に関する遺伝学的解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 農業生産科学科 作物生産学,准教授,1998年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学, ,1998年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Rice Genetics Cooporative,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本熱帯農業学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本育種学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝・染色体動態

  • 遺伝育種科学

  • 植物育種学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Genotyping of the SiDREB2 gene in worldwide foxtail millet (Setaria italica (L.) P. Beauv.) genetic resources with special attention to Indian landraces., Genet Resour Crop Evol,2018年,Suehiro S, K Ichitani . E Domon,. K Fukunaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,High-resolution mapping and characterization of xa42, a resistance gene against multiple Xanthomonas oryzae pv. oryzae races in rice (Oryza sativa L.),Breeding Science,68巻 (頁 188 ~ 199) ,2018年,Busungu C, S Taura, JI Sakagami, T Anai, K Ichitani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Distribution of Hwc2-1, a causal gene of a hybrid weakness, in the World Rice Core collection and the Japanese Rice Mini Core Collection: its implications for varietal differentiation and artificial selection,Breeding Science,66巻 (頁 776 ~ 789) ,2016年12月,Ichitani K, S Taura, M Sato, T Kuboyama

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Identification and linkage analysis of a new rice bacterial blight resistance gene from XM14, a mutant line from IR24,Breeding Science,66巻 4号 (頁 636 ~ 645) ,2016年09月,Busungu C, S Taura, J-I Sakagami, K Ichitani

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Multiple origins of the phenol reaction negative phenotypein foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv., were causedby independent loss-of-function mutations of the polyphenoloxidase (Si7PPO) gene during domestication,Molecular Genetics and Genomics,DOI 10.1007/s00438-015-1022-x巻 ,2015年03月,Takahiko Inoue , Takahisa Yuo, Takeshi Ohta, Eriko Hitomi, Katsuyuki Ichitani, Makoto Kawase , Shin Taketa , Kenji Fukunaga

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,イネを巡るバングラデシュの旅,アジア遊学55号(特集)風土と野生イネ,勉誠出版,2003年01月,一谷勝之

    調査報告書,単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ジャポニカ型イネと品種「Jamaica」との間で見られる雑種弱勢,生物の科学 遺伝,別冊No. 21巻 (頁 230 ~ 233) ,2007年03月,久保山勉,一谷勝之

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第10回日本育種学会九州育種談話会優秀発表賞,2015年08月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本育種学会九州育種談話会,Constantine Busungu、一谷 勝之、坂上 潤一、 穴井 豊昭、 川口 祥輝、田中 孝尚、 河邊 弘太郎、田浦  悟

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会第134回講演会,国内会議,2018年09月,岡山大学,イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病抵抗性 V. あそみのり部分置換IAS系統(CSSLs)とIR24のF2におけるQTL解析,口頭(一般)

  • 日本育種学会第134回講演会,国内会議,2018年09月,岡山大学,イネ雑種弱勢の遺伝と病徴,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本文化財科学会第25回大会,国内会議,2018年07月,奈良女子大学,プラント・オパール形状を利用した野生イネの分化と変遷に関する基礎的研究,ポスター(一般)

  • 日本育種学会第133回講演会,国内会議,2018年03月,九州大学,イネ品種SurjamukhiとKissinの雑種後代に見られる雑種崩壊現象の原因遺伝子の連鎖分析,ポスター(一般)

  • 日本育種学会第133回講演会,国内会議,2018年03月,九州大学,イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 IV. インド型感受性品種IR24にコシヒカリを交配して作成した組換え型自殖系統の病斑伸長に関するQTL解析,口頭(一般)

全件表示 >>